2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『岩波文庫 100冊』 を読破するスレ

1 :吾輩は名無しである:03/08/22 08:13
リストは自己発見してください。


2 :吾輩は名無しである:03/08/22 08:38
get

3 :吾輩は名無しである:03/08/22 10:21
質問の7とか、文学界の10とか、
優良スレの新しいのがなかなか立てられない一方で、
こんな糞スレが平気で立てられるのはおかしいじゃん。

『岩波文庫でこそ読める、あの作品』とか、
色々考えようがあるだろ。

でも、こいつはちょっと人の目をひきたかっただけ。
つまりはただの馬鹿。夏厨。
人間以下の存在、ごみ。

4 :吾輩は名無しである:03/08/22 12:28
リストはマダー?

5 :吾輩は名無しである:03/08/22 12:29
>3
>『岩波文庫でこそ読める、あの作品』とか、

うまいね、キャッチ・コピーのセンス良し。


6 :吾輩は名無しである:03/08/22 13:03
????

7 :吾輩は名無しである:03/08/22 14:19
岩波は翻訳があまりよくないんだよな。
あまりお勧めはしない。

8 :吾輩は名無しである:03/08/22 15:23
まあ、そう言うな。
『南総里見八犬伝』とかも岩波ならでは。

9 :吾輩は名無しである:03/08/22 15:40
岩波文庫100冊って、もしかして「あなたが選ぶ〜」とかいうやつのこと?
それなら岩波のHPに出てたよ。

10 :吾輩は名無しである:03/08/22 16:00
復刊希望リスト

ヂェイムズ・ヂォイス『ユリシーズ』
ボズウェル『サミュエル・ヂョンスン伝』
マキャベリ『マンドラゴラ』
ホフマン『黄金寶壷』
北村透谷『北村透谷選集』
ゲーテ『色彩論』
ラスキン『建築の七灯』
ジェブ『古代希臘文學總説』
ライプニツ『形而上学叙説』
バイイ『言語活動と生活』
ヒューム『人生論』

11 :吾輩は名無しである:03/08/22 19:35
岩波文庫100冊読むくらいなら、HMVが推薦する
名盤100枚みたいなの聞いたほうがマシ。

岩波は60年代で時代が止まってる。

12 :吾輩は名無しである:03/08/22 19:57
>>11
お前がすべての古典を読み尽くしたというのなら、それでよい。

13 :吾輩は名無しである:03/08/22 21:34
>>12
おまえ、ほんとに分かってないね。
岩波に代表されるような教養主義はもう流行らないんだよ。
竹内洋「教養主義の没落」でも読め。

14 :吾輩は名無しである:03/08/22 21:56
馬鹿に迎合するつもりはない。
その竹内なんとかは、プラトンやカントよりも偉いのか?

15 :吾輩は名無しである:03/08/22 21:58
だめだこりゃ。

16 :吾輩は名無しである:03/08/22 22:01
最近の馬鹿は図々しいので、知らないことを自慢げに語るぞ。

「高山樗牛、何それ。ぜーんぜん知らね」とかね。

17 :吾輩は名無しである:03/08/22 22:03
>>13
音楽が好きなら音楽板に行け。
わざわざこんなところに来るなって。

18 :吾輩は名無しである:03/08/22 22:06
議論も出来ず、「だめだこりゃ」で逃げるのか?

19 :吾輩は名無しである:03/08/24 22:56
俺様がお読みになられたのは
『坊っちゃん』『金閣寺』『潮騒』『異邦人』『海の毒薬』etc

20 :吾輩は名無しである:03/08/24 23:13
>>13
教養主義の問題点はいろいろあると思うけど、
「教養」そのものは叩くべきじゃないと思うんだ。
しかし、岩波100冊か・・・。俺多分30くらいだな・・・。

21 :吾輩は名無しである:03/08/24 23:57
ごくろうだが、誰かリストをうPしてみればいいじゃないか?
25冊くらいずつ、4連レスで済むだろ。話はそれからだ

22 :吾輩は名無しである:03/08/25 00:21
『岩波文庫の赤帯を読む』みたいなスレですね。

23 :吾輩は名無しである:03/08/25 00:41
どこかのスレに、
岩波文庫所有数が500を超えたという書き込みがあったのだが・・・
どのスレだったか忘れた。
そいつを降臨させろ!

24 :吾輩は名無しである:03/08/25 11:44
>10

ヒュームは『人性論』(全4冊)である。
1995年に復刻版が出た時に購入した。

25 :吾輩は名無しである:03/08/25 11:49
>23
岩波文庫のコレクターの人がホムペ運営しているじゃない。
500冊どころじゃないはず、所有数。どんどん読んでいるみたいだし。
でも、文学よりも人文関係が多いかな。そこへ行って呼んできたら?

26 :吾輩は名無しである:03/08/25 18:21
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

27 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/25 19:47
 岩波だけは、確か書店の買い取りシステムだった筈だから、ここの
みんなのお陰で本屋さんも、きっと喜んでいる筈だよw

28 :吾輩は名無しである:03/08/25 19:53
ほむぺ

29 :吾輩は名無しである:03/08/25 19:55
>>1 は夏厨じゃなくて、本屋だったのか?

30 :吾輩は名無しである:03/08/25 21:10
ほむぺ

31 :吾輩は名無しである:03/08/25 21:11
もう1回上げときます  (右端の娘に注目)
http://sweel.s14.xrea.com/seem/image/cgi-bin/img20030630021261.jpg


32 :ACE:03/09/07 04:38
500冊ですかぁ!すごいですね。
私は、
赤帯     140冊前後
青帯      40冊前後
緑・黄帯など  0(1)冊かな?
ですよ。赤帯を4年ぐらいで100冊そろえてそれ以降、
めぼしいものを読んでしまって、伸びていないという。
岩波書店は「買い取り」で「委託」じゃないから、小さ
な書店は、置きづらいという話もあるし、欲しいの本は
あるけど、重版してくれないし、重版は活字と歴史的仮
名遣いが読みづらくて。「教養的読書」が廃れてきてい
るから……。


33 :吾輩は名無しである:03/09/07 13:31
>>32
偏ってるな

34 :吾輩は名無しである:03/09/07 14:35
俺岩波文庫ってどうも苦手なんだよね…
もうちょっととっつきやすさ、読みやすさを考えてくれって感じ。
まあどうしても官庁的なイメージのある岩波としては
難しいところなのかもしれないけどさ。
新潮とかぶってるやつだったら新潮の方とっちゃうし。
岩波は今までに1、2冊読んだくらいだよ…

35 :吾輩は名無しである:03/09/07 15:36
でも本棚に並べると綺麗だぞ。

36 :ACE:03/09/07 15:41
いい感じの本は、岩波と新潮など他の文庫も購入。
岩波は、全部並べると約3mはあるから綺麗キレイ。


37 :吾輩は名無しである:03/09/07 18:37
いい本を廃刊するなヴォケ岩波めが。

38 :吾輩は名無しである:03/09/07 18:48
プルターク英雄伝復刊して欲しい・・・・

これがすごく欲しいんだけどな・・・・


39 :吾輩は名無しである:03/09/07 22:47
俺は「アエネーイス」キボン

40 :吾輩は名無しである:03/09/08 23:18
岩波文庫の100冊は、岩波でなくても読めるのが多いね。

>>39
「アエネーイス」は京都大学出版会から新訳が出ているので,なかなか復刊しない気がする。


41 :ACE:03/09/08 23:27
 プルターク「英雄伝(対比列伝)」は、ちくま学芸文庫(全3巻)ではだめ?
3年前ぐらいに本屋で見かけたきりで、岩波文庫はかなりの冊数になっていたよ
うな気が?



42 :吾輩は名無しである:03/09/08 23:58
今月からサッカレー「虚栄の市」の新訳の刊行が始まるみたいだ。
来年映画やるからだろうな。
主演はリーズ・ウィザースプーン!ハマり役で超期待。
…なぁんてスレ違ひ。

43 ::03/09/09 12:20
13 :吾輩は名無しである :03/08/22 21:34
>>12
おまえ、ほんとに分かってないね。
岩波に代表されるような教養主義はもう流行らないんだよ。
竹内洋「教養主義の没落」でも読め。

44 :38:03/09/09 23:05
>>41
ちくまは抄訳だから(しかも対比じゃない)、できれば完訳版が欲しいのです。
前回の復刊が1991年3月だから、もう、そろそろ復刊のタイミングだと思うのだけど。

45 :ACE:03/09/10 00:36
>>44
 なるほど。ちくま学芸文庫版を持っているのですが、読んでなかったもので、
 岩波文庫は完訳が多いのか?
 それと、話は変わるのですが(他の文庫にも言えるけれども)、
 岩波文庫の謎1
  何でこうも値段が違うの? ほぼ同時期の発行で初版という条件でも。
 岩波文庫の謎2
  本の冊数が減ったりしているものがあると思えば上下巻に分けられて見たり。
  上下巻あわせてもページ数の少ない本もあるし。

46 :吾輩は名無しである:03/09/10 00:44
聊斎志異とかは岩波が抄訳で角川の方が完訳だね

47 :吾輩は名無しである:03/09/10 07:58
流行る流行らないに関わらず、
教養を身につけることは悪いことではない。
ところで、リストって、これ
ttp://www.iwanami.co.jp/bun100/top100.html
ではないよね?

48 :吾輩は名無しである:03/09/10 08:38
15 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:03/08/22 21:58
だめだこりゃ。


49 :ACE君の謎:03/09/11 07:11
ACEくんって文章がハチャメチャで何言ってるのかわからん。
>>45はその見本ですけど、何が言いたいのかな?

50 :吾輩は名無しである:03/09/11 09:59
>>45
そうです、値段のこと、おかしいと感じますねー、
分冊の仕方もですが…。文庫によって随分違いますね。


51 :吾輩は名無しである:03/09/11 13:54
>>50
ACEくんのおちゃめさん!w

52 :アウレリャノ:03/09/11 16:56
今「赤と黒」読んでる。
岩波ででてる「ドイツ文学案内」読んだら、ちょっとウェルテル読みたくなってきた。
でも最近は、ちょっと体系的な読書を心がけるようにしている。


53 :吾輩は名無しである:03/09/11 17:41
>>52
『赤と黒』の翻訳者が、岩波新書で『文学入門』って本を書いてるんだが、
なかなかの良書。読んでみては。


54 :吾輩は名無しである:03/09/11 18:04
いまさら桑原武夫なんか埃くさくって読めません。

55 :吾輩は名無しである:03/09/11 18:15
読むなよ。

56 :吾輩は名無しである:03/09/11 18:30
>>54
じゃあなに読んでるだよ!言って見ろ

57 :吾輩は名無しである:03/09/11 18:38
構って君ハケーン!!

58 :吾輩は名無しである:03/09/11 18:39
放置で。<56

59 :ACE:03/09/11 21:00
>>49の方へ、
ごめんなさーい。支離滅裂気味で。
45の内容は、
1.「プルターク英雄伝」は「ちくま学芸文庫」にもありますと紹介
したが、自分自身読んでいなかったので、ごめんなさいという内容。

2.44の方のお話ですと「英雄伝」は、岩波は完訳であるとおっしゃ
っている。よくよく考えてみると岩波文庫は「完訳」が多いのでしょ
うかと言う質問。こんな本が岩波だと「完訳」でよそだと「抄訳」だ
よという情報がもらえるといいなぁ。くださいという内容。

3.文庫(特に岩波)に感じることで、値段の差が大きいなぁと思い
ませんかという質問。この本はこの値段はないだろうというという情
報がほしいなぁという内容。

4.文庫(特に岩波)に感じることで、何を基準に分冊化しているの
でしょうか、ごぞんじですかという質問。

5.他にも文庫(特に岩波)に感じることてありますか?謎その3を
期待してます。なぜ、本の上の部分が凸凹なのかなど。

でも長文は読み飛ばしされそうで……。

60 :ACE:03/09/11 21:10
>>51の方へ、
ほめられちった(アラレちゃん風)。支離滅裂気味で。
45の内容は、
1.この本は岩波文庫だとこうだけれども、他の文庫だとこうだよ。
という、話題でスレが伸びるといいなぁ。

2.完訳て重要ですかという質問。という、話題でスレが伸びると
いいなぁ。

3.岩波でも商業主義だと思いませんかという質問。という、話題で
スレが伸びるといいなぁ。

4.厚い文庫て読みづらくないですかという質問。という、話題でス
レが伸びるといいなぁ。

5.なんでもいいから、スレが伸ばそうという無力。

私は、日本文学が弱いので、「文学板」では、口をはさめる場所が
少ないので……。
でも長文は読み飛ばしされそうで……。

61 :吾輩は名無しである:03/09/14 19:35
>>59-60

岩波だと完訳で世界の名著だと抄訳というのが良くあるパターンという印象ですね。

>なぜ、本の上の部分が凸凹なのか
埃が積もらないようにわざとぎざぎざにしているというのをどこかのスレで読みました。


62 :吾輩は名無しである:03/09/14 19:39
めんどくさいのと、コストを抑えるためだろ。
そうやって出版社の口車に乗ってしまう奴はおめでてーよなあ。
岩波は買い取りだから関係ねえけど、
他のはヤスリかけまくりだしな。

63 :吾輩は名無しである:03/09/14 20:24
>>61
 嘘。天アンカットという製本技術は、実はスピンを入れるための製本機を流用しているから。岩波書店は「高級感が出る」と自社の雑誌(月に1回出る紹介雑誌みたいなやつ「波」だっけ?)で説明していた。

64 :吾輩は名無しである:03/09/14 21:43
お気づきでしょうが,岩波文庫の小口(背を除いた三方)のうち二方は
カットされて滑らかですが,天だけはアンカットです(むしろこの方が
製本所さんにとっては大変),フランス装風の洒落た雰囲気を出すため
ということなのですが,いかがでしょうか。ちなみに解説目録(在庫目
録)は天もカットされています.比べてみるとやはり,と思いますが,
これは好き好きでしょうね。

ttp://www.iwanami.co.jp/hensyu/bun/mametisiki.html

65 :吾輩は名無しである:03/09/14 22:58
慎重文庫もそうだよ

66 :吾輩は名無しである:03/09/14 23:49
早川モナー

洋書だと三方とも裁ってないのもあるよね

67 :肛門院菊子:03/09/16 18:41
岩波文庫っていつ頃から今みたいなツルツルカバーになったの?

68 :吾輩は名無しである:03/09/16 20:20
>>67
>>64

69 :純文学団長 ◆4ZyQ37vgo6 :03/09/16 21:42
教えて君ですまん、と一言言っておこう。
岩波文庫の読者の人気ベスト百教えてくれ。
書いてくれるの辛いだろうが…。まぁ、無視してくれてもえーよ(w

70 :吾輩は名無しである:03/09/16 21:45
>>69
岩波のサイト見ろカスが。
そんなんで団長名乗ってるんじゃねーよクズが。

71 :吾輩は名無しである:03/09/16 21:47
70にはげどう

72 :純文学団長 ◆4ZyQ37vgo6 :03/09/16 21:49
岩波のサイトのどこに載っている?

73 :吾輩は名無しである:03/09/16 21:50
こりゃダメだ(プゲラ

74 :吾輩は名無しである:03/09/16 21:54
>>72
死んじゃえば?

75 :純文学団長 ◆4ZyQ37vgo6 :03/09/16 21:58
ごめ〜、最近行ってなかったんで。70-74よ、罵倒してくれたけど一応、あんがと。

76 :吾輩は名無しである:03/09/16 22:36
10月の新刊はまだ決まっとらんのか

77 :ACE:03/09/17 00:26
ワイド版は人気があるのだろうか?
私は、ワイド版は0冊です。

32の続き
そういえば灰色が20冊ぐらいあった。

78 :吾輩は名無しである:03/09/17 00:28
>>76
とっくに決まってると思うぞ。新刊情報がきになる人間なら『図書』嫁。

79 :吾輩は名無しである:03/09/17 00:28
ワイド版って老人用だろ?


80 :ACE:03/09/17 00:32
高齢化社会に向けてということですか?
そのうち文庫はすべてワイドサイズがあたりまえになったりして……。
でも老人がいまさら「ハムレット」とか読むの。もう読んだでしょ、
岩波版も新潮版もXX版も。


81 :吾輩は名無しである:03/09/17 00:32
>>80
あまり読書しない老人用じゃないのか?

82 :吾輩は名無しである:03/09/17 00:35
>>80
老眼対策でしょうね。

83 :吾輩は名無しである:03/09/17 01:14
>>78
>>76
ttp://www.iwanami.co.jp/shinkan/date/2003/10.html
の事を云っているのだと思う。

84 :吾輩は名無しである:03/09/18 07:16
「読書のすすめー読者が選んだ<私の好きな岩波文庫100>−」という小冊子が
出てるね。なかで、立花隆「非<読書のすすめ>」という文章が出色。
なんと、人気百冊リストなんてくだらない、という趣旨で書いてる。

85 :吾輩は名無しである:03/09/18 09:52
>>84
最近、そういうの多いよ。
岩波じゃなかったかもしれんけど、「私は野球少年で本読まなかった」とか
書いてる人とかいたし。

86 :吾輩は名無しである:03/09/18 13:14
ふうん。それも文章なのにね。
そいつが今でも野球してるんならすごいけどな。

87 :吾輩は名無しである:03/09/18 18:45
>>76
10月の新刊は
近藤信行編 『山の旅 大正・昭和篇』
芥川龍之介 『河童 他二篇』 改版
シェリー/石川重俊訳 『鎖を解かれたプロメテウス』
ブルガーコフ/水野忠夫訳 『悪魔物語・運命の卵』

ちなみに重版は
尾崎喜八 『山の絵本』
田部重治/近藤信行編 『新編 山と渓谷』
串田孫一自選 『新編 山のパンセ』
ウィンパー/浦松佐美太郎訳 『アルプス登攀記』 全二冊
ウエストン/青木枝朗訳 『日本アルプスの登山と探検』

毎月10日ごろに神田神保町の岩波ブックセンター信山社で
翌月の新刊案内が入手できます。

88 :ACE:03/09/19 07:15
お、おれ、ばっかだも〜ん。

89 :ACE:03/09/19 07:16
いけね、あげちゃt

90 :ACE ◆qBLXpo7Q9Y :03/09/19 22:52
>>88,89さんは偽物ですね。
初心者のACEは、最近トリップを覚えました。


91 :吾輩は名無しである:03/09/20 03:30
岩波の本、地味に復刊されてないか?

92 :吾輩は名無しである:03/09/20 03:43
毎月何点か復刊されてますが、何か?

93 :吾輩は名無しである:03/09/20 03:53
>>92
いや、なんかコッソリと復刊されてる本もある気がしたもんで。
気のせい・・・だよな、スマン。

94 :吾輩は名無しである:03/09/21 11:04
個人的に岩波文庫は好きなんだけど、外国作品の訳はもうちょっとどうにかならんのかえ?
ありゃー糞以下じゃよ。

95 :吾輩は名無しである:03/09/21 11:07
外国作品は岩波文庫なんか読まなくったって原書買って読めよ、
へたすると岩波文庫よりやすいよ。

96 :吾輩は名無しである:03/09/21 11:34
>>84
確かによくしらん識者の思い出話をぐたぐた書かれてもつまらんもんなあ。
あの立花史の文章は的確だと思う。ちょっと見直した。

97 :吾輩は名無しである:03/09/21 12:41
>>96
岩波がああいう、いわばキャンペーンの趣旨を否定するような原稿を
ボツにしなかったことはえらいね。


98 :吾輩は名無しである:03/09/21 13:34
>>95
英米ならともかく、ドイツ語とかフランス語とかロシア語とかイタリア語とか
ギリシャ語とか中国語とか、一人で全部読める奴いるのかよ

99 :佳子 ◆o77ehnrsws :03/09/21 15:21
>>98
そのうち3つ4つの言語は原書で読んでる、っていう人は少なくないでしょう?


100 :吾輩は名無しである:03/09/21 15:24
まじ? 俺英仏しか読めねえよ。

101 :吾輩は名無しである:03/09/21 16:35
プラトンとタキトゥスとオシアンとハイヤームとダンテと
トルストイとニーチェとキルケゴールとランボーに
興味のある私はどうすれば良いのか。

102 :101:03/09/21 16:42
第一次情報に接するというのは重要とは思うけど
費用対効果であきらめざるをえないんだよね。

原書をすらすら読めるまでに要する労力、
そのレベルに維持するための労力、いずれも手間かかりすぎ。


103 :101:03/09/21 16:43
(誤)そのレベルに
(正)そのレベルを

104 :吾輩は名無しである:03/09/21 16:45
ぜーんぶブックオフに売り飛ばしてやった。ザマアミロ ウケケケッケ

105 :吾輩は名無しである:03/09/22 07:47
>>101
まあ、オシアンは英語訳がいいし、ハイヤームは・・・ゲーテ訳があるんじゃないの?
そんなふうに工夫すれば、あとは問題なさそう。ん?キルケゴールは?ドイツ語で読んどきゃいいでしょ

106 :吾輩は名無しである:03/09/22 08:06
岩波文庫の翻訳って、大学の授業でのアンチョコ用だって
聞いた覚えがあるな。原文を読むときの、サブとして使うように。
それ単体で味わうためには作られてない。

107 :吾輩は名無しである:03/09/22 14:16
>>106
まさか!へんなこと言うもんじゃありません!め!

108 :ヴェルレーヌは禿げ親父:03/09/22 15:52
ウェーヘッヘッヘ
今日は夫婦の日なので夫婦仲良くしようね。



109 :吾輩は名無しである:03/09/23 10:07
>>107
----------
文学部哲学科前期授業:カント精読A 2単位
Kantの「純粋理性批判」を原文で1年かけて精読する。受講者には中級以上のドイツ語能力が求められる。
ドイツ思想史の受講も望まれる。
----------

みたいな授業でつかうアンチョコでしょ

先生がいて解説してくれて、原文があって、翻訳して〜な状況で
自分の解釈が間違ってないか見るために岩波文庫を読むんだよ。


110 :吾輩は名無しである:03/09/23 13:53
岩波のカントは誤訳だらけと
むかし教授に聞いたけど。

111 :吾輩は名無しである:03/09/23 15:08
今日マックス・ヴェーバーの「プロ倫」買ってきた。
じっくり線でも引きながら読みます

112 :吾輩は名無しである:03/09/23 23:57
>>111
俺は6,7年前に買ってからまだ1行たりとも読んでいない。

113 :吾輩は名無しである:03/09/24 00:24
>>111
俺はキリスト教の知識の土台がなかったんで、むしろ
「へぇ〜、プロテスタントって勤勉だったんだ」って感じだった(w

114 :吾輩は名無しである:03/09/24 22:10
>111
読んだけど何も覚えてない(w


115 :111:03/09/25 13:49
今180Pくらいまで読んだけど、結構面白いぞ。
ただ人によっては注の多さにうんざりするかも。
けどその注に意外と重要くさいことが書いてあったり。

俺別に岩波の関係者じゃないけど、この本オススメだ。
是非1も読んでくれ

116 :吾輩は名無しである:03/09/25 19:41
>>115
生姜と同じ事言ってんじゃねぇよ ったく

117 :吾輩は名無しである:03/09/25 22:10
>>116
あ、バレタw
ただ本当にそう感じるよ

118 :吾輩は名無しである:03/09/25 22:21
>>115-117
ワラタ

119 :吾輩は名無しである:03/10/05 00:01
age

120 :吾輩は名無しである:03/10/05 00:28
1の自己発見という言葉に突っ込みたい

121 :吾輩は名無しである:03/10/05 02:53
今月の新刊にブルガーコフが。涙。

122 :吾輩は名無しである:03/10/05 04:52
 

123 :吾輩は名無しである:03/10/05 06:41
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

124 :イワナーミン:03/10/10 17:19
岩波文庫11月の新刊・14日発売
丸山一彦校注 『一茶 七番日記 (上)』
福地桜痴 /佐々木潤之介校注 『幕末政治家』
室生犀星 『或る少女の死まで 他二篇』(改版)
サッカリー/中島賢二訳 『虚栄の市 (二)』
近藤信行編 『山の旅 大正・昭和篇』 (10月予定が11月に延期)

重版
谷崎潤一郎 『卍』
シラー/久保栄訳 『群盗』
コンディヤック/古茂田宏訳 『人間認識起源論 (上)(下)』

現代文庫の新刊
井上清 『井上清史論集T 明治維新』
W・ベンヤミン/今村仁司・三島憲一ほか訳 『パサージュ論 第5巻』
玉上琢彌 『源氏物語音読論』
シオドーラ・クローバー/行方昭夫訳 『イシ ―北米最後の野生インディアン― 』

11月11日には秋の一括重版があります。
24点31冊、題名は面倒なので挙げません。あしからず。

125 :吾輩は名無しである:03/10/10 19:49
シラー欲しぃかも。

126 :吾輩は名無しである:03/10/10 19:56
>>124
11月の一括重版の話しってソースどこ?『図書』にも岩波HPにも載って無いような。

127 :吾輩は名無しである:03/10/10 21:44
>>124
貴重な情報、ありがとう。
できれば、だが、岩波文庫売れてる順番100冊というのもw
機会があれば紹介してもらいたい。マジで

128 :吾輩は名無しである:03/10/10 22:29
岩波、ドストの未成年重版してくれないかな・・・。

129 :イワナーミン:03/10/10 22:58
秋の一括重版
気が向いたから、寛大なる慈悲をもって教えて遣わす。
(上)(中)(下)は省略。

緑帯
宮本百合子 『伸子』
牧野信一 『ゼーロン・淡雪 他十一篇』

赤帯
魯迅/竹内好訳 『故事新編』
渡辺照宏訳 『タゴール詩集 ―ギータンジャリ― 』
高津春繁 『アイスキュロス テーバイ攻めの七将』
メレディス 『エゴイスト』
酒本雅之訳 『エマソン論文集』
シンクレア・ルイス/斉藤忠利訳 『本町通り』
レッシング/斉藤栄治訳 『ラオコオン ―絵画と文学との限界について― 』
ミュッセ/進藤誠一訳 『戯れに恋はすまじ』
アナトール・フランス/伊吹武彦訳 『シルヴェストル・ボナールの罪』
ベッケル/高橋正武訳 『緑の瞳・月影 他十二篇』
ラーゲルレーブ/イシガオサム訳 『キリスト伝説集』

130 :イワナーミン:03/10/10 22:59
青帯
表章校注 『世阿弥 申楽談義』
荻生徂徠/辻達也校注 『政談』
兜木正享校注 『日蓮文集』
アグネス・スメドレー/阿部知二訳 『偉大なる道 ―朱徳の生涯とその時代― 』
ニム・ウェールズ、キム・サン/松平いを子訳 『アリランの歌 ―ある朝鮮人革命家の生涯― 』
スピノサ/畠中尚志訳 『知性改善論』
キルケゴール/桝田啓三郎訳 『現代の批判 他一篇』
ベルクソン/平山高次訳 『道徳と宗教の二源泉』
波木居斉二編訳 『カルヴァン小論集』

白帯
小川正恭訳 『ヒポクラテス 古い医学について 他八篇』
L・H・モルガン/青山道夫訳 『古代社会』

131 :イワナーミン:03/10/10 23:05
>>126
ソースは >>87 をみて。

>>127
私は業界の人間ではないのでそんなことは出来ません。
つまり・・・ >>87 をみて。

132 :イワナーミン:03/10/10 23:27
それから、岩波文庫・新書の2003年の解説目録が出たぞ。

133 :吾輩は名無しである:03/10/10 23:40
>>132
お。ブックセンターでしたか。
ありがとうございます。

134 :吾輩は名無しである:03/10/10 23:56
赤版メインの俺にはちと寂しいないようだなぁ・・・

135 :吾輩は名無しである:03/10/11 11:24
>>129-132 
ありがとう!

>毎月10日ごろに神田神保町の岩波ブックセンター信山社で
>翌月の新刊案内が入手できます。

↑読んだけど…逝ってるヒマないんだもんw 情報はうれすい


136 :吾輩は名無しである:03/10/11 21:15
>>129-130
なんか、ちょっと前まで普通に見かけたような感じのラインナップが多い
気がするな

137 :吾輩は名無しである:03/10/12 10:58
>>136
それは君が年をとった、という事だ。

138 :吾輩は名無しである:03/10/22 02:58
ageとく

139 :吾輩は名無しである:03/10/25 01:40
>>137
うるせえ

140 :吾輩は名無しである:03/10/25 21:58
>>129-130
イワナーミンさんどうもです。
いくつか買います。

141 :吾輩は名無しである:03/10/29 02:58
11月の新刊/重版期待age

142 :吾輩は名無しである:03/11/09 18:44
age

143 :吾輩は名無しである:03/11/09 19:15
赤や青の違いはジャンル分け??

144 :吾輩は名無しである:03/11/09 19:16
岩波文庫コレクションしてる人は珍しい??

145 : :03/11/09 20:30
岩波文庫って振り仮名が多くて、漢字の読めない僕には助かるよ。
学生向けだね。

他に、漢字の読めない人間にお勧めのシリーズはある?

146 :吾輩は名無しである:03/11/10 00:25
>>144
え〜っと俺は、以前もどこかのスレに書いたが、
岩波文庫を500タイトル以上持ってる。
でも、もっと持ってる人もたくさんいるよ(あたりまえだよ!

147 :吾輩は名無しである:03/11/10 21:43
岩波文庫ってなんか集めたくなる。

148 :吾輩は名無しである:03/11/10 21:46
>>147
はげどぅ。並べると背表紙綺麗なんだよ。
ウチには100くらいしかないけど。

>>143
赤は海外文学
青は哲学思想
とかそんな感じ。詳しくは書店にある目録をご覧あれ。

149 :吾輩は名無しである:03/11/10 22:54
岩波文庫がたくさん持っている人ってブックカバーしていない人が多数派なのかな?

おれは、新刊はカバーかけたまま。

150 : :03/11/10 23:04
>>147
なります。僕のコレクター心を刺激してくれます。
此間1冊はじめて買いました。
多分これからは、岩波中心になります。

151 :吾輩は名無しである:03/11/10 23:16
>>149
背表紙が見たいから、カバーは付けてもらわない。読むときうざったくてかなわんし。
読むときは、ビニールのカバーや帯も外して裸で読む。

152 :吾輩は名無しである:03/11/13 20:55
岩波文庫の言う「古典」も国民国家の誕生とともに
18世紀に作られたもんなんだyp

153 :イワナーミン:03/11/14 20:05
12月の新刊・16日発売
千葉俊二・坪内祐三編 『日本近代文学評論選 明治・大正篇』
日本戦没学生記念会編 『新版 第二集 きけわだつみのこえ ―日本戦没学生の手記― 』
丸山一彦校注 『一茶 七番日記(下)』
ベーコン/川西進訳 『ニュー・アトランティス』

重版
二葉亭四迷 『平凡 他六篇』
ロンゴス/松平千秋訳 『ダフニスとクロエー』
ジョージ・バークリ/大槻春彦訳 『人知原理論』
桂川甫周/亀井高孝校訂 『北槎聞略 大黒屋光太夫ロシア漂流記』

現代文庫
井上清 『井上清史論集2 自由民権』
バチェラー八重子 『若きウタリに』
莫言/井口晃訳 『赤い高梁(こうりゃん)』
鎌田慧 『日本列島を往く(4) ―孤島の挑戦』

154 : :03/11/14 20:25
月ごとに新刊ってあるのですか。
ということは、廃刊も?

155 :吾輩は名無しである:03/11/14 20:25
リクエスト復刊ってどこでリクエストしてんだ??


156 :吾輩は名無しである:03/11/14 21:25
>>154
廃刊じゃなくて品切れだろう。
定番商品のほかに、何年かに一度(あるいは何十年かに一度)の重版あり。

>>155
岩波文庫の編集部に葉書でリクエストするんだよ。

157 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/11/14 22:46
>>155および>>156
これも御願いね。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1066667080/l50

158 :吾輩は名無しである:03/11/15 01:08
岩波文庫の100冊、読破ですか?
がんばってください。
おうえんしています。


『寺田寅彦随筆集』はかなりイイですよ。

159 :吾輩は名無しである:03/11/15 12:27
岩波、ドストの「未成年」を・・・頼みますよ

160 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:07
>>159
前にメール送ったことある。
援護射撃頼む。

161 :吾輩は名無しである:03/11/15 21:44
なんで「未成年」が読めないんだろう・・

新潮も絶版だし。
なーに考えてるんだ〜??


162 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:22
今日、古本屋で毛沢東の『実践論・矛盾論』をみつけました。
百円でした。
買いました。
これって、もう、絶版になってるんでしょうかね?

163 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:54
大学の図書館で読んだな、未成年
援護射撃しとくか

164 :吾輩は名無しである:03/11/15 23:27
じゃあ、俺も未成年の援護射撃しとくか

165 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:42
「未成年」まで読もうという人はかなり稀という現実がそこにあると思われる。


166 :イワナーミン:03/11/16 11:42
『未成年』か・・・前の重版で買っておいてよかった。
漏れは重版より、いま出ている本の改版をきぼんぬ。
たとえば『カラマーゾフの兄弟』とか『葉隠』とか『共産党宣言』とか・・・。

167 :吾輩は名無しである:03/11/20 21:04
僕のアソコも未成年です。

168 :38・44:03/12/04 22:48
2月の復刊で「プルターク英雄伝」復刊♪
38・44にも書いたけど、待ってたよ・・・・。そろそろくるとは思っていたけど。

他にも、スピノザの「神学・政治論」とか人気ありそうだね。

1月には「リヴァイアサン」復刊だし、最近岩波の復刊はいい感じ。

169 :吾輩は名無しである:03/12/05 05:09
>>168
訳は変わってるの?

170 :168:03/12/05 23:09
>>169
リクエスト復刊なんで、前と同じ、河野与一氏ですね。

岩波書店HPのブックサーチャー使って、
今度のリクエスト復刊(重版予定という表現で)おそらく全て引っかかるよ。
ttp://www.iwanami.co.jp/search/bunko.html

171 :169:03/12/08 20:41
>>170
さんくす
そういうシステムになってるのね


172 :イワナーミン:03/12/12 21:48
1月の新刊
柴田稔彦編 『対訳 シェイクスピア詩集 ―イギリス詩人選(1)―』
サッカリー/中島賢二訳 『虚栄の市(三)』
ディケンス/藤岡啓介訳 『ボズのスケッチ 短篇小説篇(上)』
キケロー/中務哲郎訳 『老年について』

重版
湯浅信之編 『対訳 ジョン・ダン詩集 ―イギリス詩人選(2)―』
ジンメル/清水幾太郎訳 『社会学の根本問題 ―個人と社会』
ホッブス/水田洋訳 『リヴァイアサン』(全四冊)
土屋文明自選 『土屋文明歌集』

現代文庫
ミシェル・フーコーほか/田村俶、雲和子訳 『自己のテクノロジー ―フーコー・セミナーの記録―』
井上清 『井上清史論集3 日本の軍国主義』
戸板康二 『歌舞伎への招待』
井筒紀久枝 『大陸の花嫁』

173 :吾輩は名無しである:03/12/22 01:11
リヴァイアサン復刊記念age

174 :吾輩は名無しである:03/12/22 01:22
キケロは早くも文庫落ちか。

175 :吾輩は名無しである:03/12/22 01:54
キケローは泉井久之助訳『老境について』(青611-1)の改訳だろ?

176 :イワナーミン:03/12/24 23:58
規制に掛かって5日も遅れてしまった。

春のリクエスト復刊 2月24日

青帯
福住正兄筆記/佐々井信太郎校訂 『二宮翁夜話』
広瀬豊編 『吉田松陰書簡集』
松浪信三郎訳 『パスカル 科学論文集』
スピノサ/畠中尚志訳 『神学政治論 ―聖書の批判と言論の自由―』全2冊
フッセル/池上鎌三訳 『純粋現象学及現象学的哲学考案』
カーライル/石田憲次訳 『衣服哲学』

白帯
ホブスン/矢内原忠雄訳 『帝国主義論』全2冊

黄帯
永積安明校訂 『十訓抄』
玉井幸助校訂 『東関紀行・海道記』
伊藤松宇校訂 『風俗文選』
伊藤松宇校訂 『蕪村七部集』
本居宣長/村岡典嗣校訂 『玉くしげ・秘本玉くしげ』
松平忠信/松平定光校訂 『宇下人言・修行録』
仲田勝之助編校 『浮世絵類考』



177 :イワナーミン:03/12/24 23:59
つづき。

緑帯
二葉亭四迷訳 『あひゞき・片恋・奇遇 他一篇』
伊良子清白 『詩集 孔雀船』

赤帯
岩本裕訳 『インド古典説話集 カター・サリット・サーガラ』全4冊
バイロン/小川和夫訳 『マンフレット』
サッカレ/平井呈一訳 『床屋コックスの日記・馬丁粋語録』
シラー/相良守峯訳 『メッシーナの花嫁』 51年ぶりの復刊
ジョルジュ・サンド/川崎竹一訳 『彼女と彼』
フランシス・ジャム/三好達治訳 『散文詩 夜の歌』
チェーホフ/神西清訳 『シベリヤの旅 他3篇』
湯浅芳子訳 『チェーホフ 妻への手紙』全2冊 44年ぶりの復刊
ゴーリキイ/湯浅芳子訳 『追憶』全2冊
サァディー/沢英三訳 『ゴレスターン』

美装ケース入り
河野与一訳 『プルターク英雄伝』全12冊セット


178 :吾輩は名無しである:03/12/25 00:35
>カーライル/石田憲次訳 『衣服哲学』
>湯浅芳子訳 『チェーホフ 妻への手紙』全2冊 44年ぶりの復刊
>ゴーリキイ/湯浅芳子訳 『追憶』全2冊
ここら辺楽しみやねえ。

179 :吾輩は名無しである:03/12/25 02:09
岩波最近頑張ってるな。

180 :吾輩は名無しである:03/12/25 02:11
フッセル読みて〜w

181 :吾輩は名無しである:03/12/25 20:29
沢山名著の版権持ってるくせに絶版してんじゃねー!!

182 :吾輩は名無しである:03/12/25 22:36
『ゴレスターン』がうれしい。
近所の古本屋では1000円の値がつけられていたが、我慢してよかった。

183 :吾輩は名無しである:03/12/26 00:08
>>175
キケロー選集第9巻の「老年について」の文庫化と思われる。

最近シラーがたくさん出ているね。一時期ぜんぜん出てなかったのに。



184 :吾輩は名無しである:03/12/26 06:36
『神々の復活』

185 :吾輩は名無しである:03/12/26 11:22
ありがとう。イワナーミン

186 :イワナーミン:03/12/27 01:17
そうそう、日本橋の丸善と八重洲ブックセンターで僅少本フェアをやってたぞ。
どれもこれも褪色していたが・・・。

187 :けっち ◆1kwkfceTyE :03/12/27 01:39
明日逝ってみます、ありがとうイワナーミンさん。

188 :吾輩は名無しである:03/12/27 06:52
戦前のものも 復刻してほしいよ。
とくにロシア文学。

ユリシーズ全5巻は場末の古本屋で3,000円でゲット。
伏字多すぎで面白いよ。

189 :イワナーミン:03/12/27 13:10
復刊・重版より改版をきぼんぬ。

190 :吾輩は名無しである:03/12/27 16:45
もれなく贈呈しているという蔵書票をもらった人いますか?
てゆうか蔵書票って何?

191 :吾輩は名無しである:03/12/27 19:04
文庫なら読んだあと破ってもいい。
椎名誠の真似はヤだけどね。

192 :イワナーミン:03/12/28 11:46
>>190
きょう届いたぞ。
大きさは10×7.5(cm)、20枚入り。
周囲は文庫表紙の唐草模様。中央は赤・緑・黄・青・黒のいずれかに塗られ(各色4枚ずつ)、
各色によって中央の図柄も違う(梟・船など)。
中央上に『EXLIBRIS(蔵書票の意)』『IWANAMI CLASSIC LIBRARY』の文字。
中央下に書名を書き込む欄有り。

193 :吾輩は名無しである:03/12/28 22:02
>>192
アレ漏れも貰ったけど、どうやって使えばいいのかまったくわからん。

194 :吾輩は名無しである:03/12/28 22:20
菊池寛の『無名作家の日記』ってたしか調べたら絶版だった気がするけど
神保町あたりに行けばどこかに売ってるかな。
『若杉裁判長』はいってるかなあ

持ってる人おしえて

195 :吾輩は名無しである:03/12/28 23:52
今日『図書』が届いた。
二月に「ダブリンの市民」が発売かぁ

文庫では無いけれど個人的に
『ファーブル博物誌(全六巻)』(五月)よりが気になる。
『昆虫記』の翻訳はよかったので、今回の翻訳はどうなるかね。
林達夫の名訳となれべば買うんだけれどね。

196 :吾輩は名無しである:03/12/29 00:24
>>193
本に貼り付けて、自分の持ち物ってことをアピールする。
ようするに名札だ。

197 :吾輩は名無しである:03/12/29 00:25
>>195
林達夫は、昆虫記しか訳してないだろ?

198 :吾輩は名無しである:03/12/29 01:05
ちなみに、『図書』の広告以外のトコ読んでるやつ、どれくらいいる?

199 :195:03/12/29 11:58
>>197
その林訳とならべるような名訳だったらいいな、ってことなんだけど。


200 :吾輩は名無しである:03/12/30 07:44
>>198
はいっ。1月号は64頁のうち50頁くらい読むことになるかな。
高校時代は、えりごのみせず、全部読んでた。
それが、わたすの教養の基礎になった。岩波さまさまです。

201 :吾輩は名無しである:03/12/30 11:02
おれは今でも全部読んでる。
斜め読みだけど

202 :吾輩は名無しである:03/12/30 16:26
>>192
スレの趣旨に沿って、何買ったか教えてyo
自分はぼく(漢字出ない)東綺譚しか買ってないので、
応募出来ないけど。


203 :イワナーミン:04/01/05 18:58
皆の衆、あけおめ。

>>195
>二月に「ダブリンの市民」が発売かぁ

え? マジ?
集英社文庫から『ユリシーズ』が出たから、
これを機に先に『ダブリン』読もうかと思ったけど、新潮文庫が改版してくれなくて・・・。

他に情報あったらUPきぼんぬ。
漏れは9日に神保町に行くから、新刊案内があったら・・・。

204 :イワナーミン:04/01/05 19:09
>>194
『岩波文庫解説総目録』をみれば、どの短篇小説がどの本に入っているかが分かる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000027808/qid=1073297303/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/250-1119065-0273803
『総目録』は市販されているが、図書館の資料室にあると思われ。

岩波の本を探すなら山陽堂書店。
神保町交差点そばの岩波ブックセンター信山社の2階と
神保町交差点から靖国神社方向にもう1店。
ただし、ちょっと値段が高い。

205 :吾輩は名無しである:04/01/05 21:59
>>194
http://opac.ndl.go.jp/ 
で検索すればわかるよ。

206 :吾輩は名無しである:04/01/06 11:23
あけおめ。
今年も岩波文庫をがんがんよんでいきましょう(´, _ `)ゝ
・・・私はとりあえず、途中で止めたウィルヘムマイスターの修行時代の一巻の続きを読むことにしよう・・・。

207 :吾輩は名無しである:04/01/08 00:21
岩波文庫はセット箱で買いましょう

208 :イワナーミン:04/01/08 20:50
>>203
>漏れは9日に神保町に行くから、新刊案内があったら・・・。

持病の発作につき、明日は神保町にいけない。

209 :吾輩は名無しである:04/01/09 01:10
>フッセル/池上鎌三訳 『純粋現象学及現象学的哲学考案』(上・下)

↑これって『イデーンI』の翻訳だったんだね。
掃除してたら、前回復刊されたときに買って忘れてたのが出てきた。

210 :吾輩は名無しである:04/01/10 01:11
>岩波現代文庫 2月
>井上清史論集(4)天皇の戦争責任 井上 清
>果てしなき探究(上)知的自伝 K・ポパー森 博
> 続歌舞伎への招待 戸板康二
>マーラーと世紀末ウィーン 渡辺 裕

211 :吾輩は名無しである:04/01/11 00:58
ハルナックは全部復刊してもらいたいものだ

212 :吾輩は名無しである:04/01/11 01:22
>>13
竹内洋は教養主義が時代の流れの中で相対化された事実をまとめただけ。
それすら理解できずにそのようなレスをしているお前は負け組決定=頭悪い。

213 :吾輩は名無しである:04/01/12 00:21
古本屋で絶版岩波文庫セールやってて買い捲り

214 :吾輩は名無しである:04/01/12 00:26
>>213
詳細キボンヌ

215 :吾輩は名無しである:04/01/12 00:32
>>212
>>13みたいな奴なんざどうでもいいが、あれは良書だ。

216 :213:04/01/12 01:23
詳細ってなんの?
買った目録なら
ユリシーズ
神々の復活
魅せられたる魂
英雄伝
とかだよ。

217 :吾輩は名無しである:04/01/12 02:39
>>215
212だが、俺も良書だと思う。
ただ、>>13みたいなアホが量産されてると予想されるから一言書いてみた。

218 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/12 18:51
大雑把でスマソが、2月の新刊。

ディケンス 『ボズのスケッチ 短篇小説篇(下)』
『嬉遊笑覧(二)』
ジョイス 『ダブリンの市民』
ブロンテ 『嵐が丘(上)』新訳

ソースは本屋の文庫新刊の貼り紙。現代文庫まではフォローできない。

219 : :04/01/13 09:05
プラトンいきます

220 :吾輩は名無しである:04/01/13 10:45
新刊情報乙

『嵐が丘』いいな。今度から新潮買うのやめて、岩波優先にしようかな

221 :吾輩は名無しである:04/01/13 10:58
最近岩波がんばってるなぁ。

222 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/13 20:58
サッカリー「虚栄の市」ってよく見かけるけど
サッカリーって有名なの??

amazonで見ても「虚栄の市」しか見つからないし・・

223 :吾輩は名無しである:04/01/13 21:11
>>222
サッカレー、サッカレイとも表記

224 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:02
>>223
虚栄の市は改訳だったはずだよね?

数年前まで「サッカレー」名で岩波文庫に品切れせずラインナップされてた覚えがある。
原作は読んだ事が無いので、有名な『岩波文庫の赤帯を読む』の384ページに言及があったので読んでみた。
それによると、ナポレオン戦争時のイギリス社会を風刺したような作品で恋愛もの、のようだ。
著者もつまらなそう、と書いているが、俺もつまらなそうだと思う。

225 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:40
悪名高き『岩波文庫の赤帯を読む』

226 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:43
あれ悪名高いの?

素直に楽しめたんだけど。
どうせ素人の意見だし、いろんな意見があっていいと思うから。。。

ただ、巻末に登場作品・作者の索引は付けて欲しかったなぁ。
それがあるのと無いのとじゃ、全然本としての出来が違うと思う。

227 :223:04/01/13 22:48
>>224
はい、新訳です。
先日第1巻を読み終わったところ。これは第4巻まである!
意外にコメディ・タッチのシニカルなドラマ。
主人公のベッキーちゃんがなかなかのくせ者です。
作者は描写の合間にやたら顔を出してあれこれコメントしたがるタイプ。
それがときにおもしろく、ときにうるさい。
ベッキーの今後が気になるので、2巻以降も読む予定。

228 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:57
名前がべっきーだと、どうしてもタレントのベッキーのイメージで統一されてしまいそうだw

229 :吾輩は名無しである:04/01/15 21:45
場末の本屋が狙い目

230 : :04/01/15 22:29
プラトンとかショウペンハウアーなんて面白いのか?


231 :吾輩は名無しである:04/01/15 22:44
面白いよ でも僕はラプラスが一番よかった。

232 : :04/01/15 22:55
んじゃ買ってくる。
饗宴、薄いのに500円するんだよな。

233 :吾輩は名無しである:04/01/15 22:56
いや まて 万人受けはしないぞ

234 :吾輩は名無しである:04/01/15 23:48
>>232
プラトン読むなら、饗宴・ゴルギアス・弁明のどれかにしろ。
全部読んでさっぱりぷーなら、合わなかったと思って諦めろ。
5年後10年後に、あぁ、あれはこのことを言っていたんだ、って思う時があるかもしれない。

235 :吾輩は名無しである:04/01/20 12:39
プラトン読むならまずお勧めするのはやはり「弁明」かな。
饗宴とか初心者には退屈でプラトン嫌いになっちゃいそうだ。

それでもし少しでも興味が湧いたら、田中美知太郎の随筆でも読んでみる。
するとプラトン全集を読みたくなるはずだ。

236 :吾輩は名無しである:04/01/22 01:07
>>222-224>>227
「虚栄の市」、俺は6巻本の旧訳で読んだけど面白かった。
ちなみに今年映画化されるよ。

>>235
まずは「プラトン入門」という手もある

237 :吾輩は名無しである:04/01/23 21:16
>『岩波文庫 100冊』 を読破するスレ
リストを読破するスレですか?

238 :吾輩は名無しである:04/01/23 21:18
そうです

239 :吾輩は名無しである:04/01/24 17:15
1970年代までなら
「岩波文庫を全部読んだ」というのが
知識人として認められるかどうかの一つの基準になっていた。

240 :吾輩は名無しである:04/01/24 18:16
俺も岩波文庫は全部読んだ。家にあるやつは。

241 :吾輩は名無しである:04/01/24 19:43
>>239
つまらん基準だ・・

242 :吾輩は名無しである:04/01/25 10:37
>>241
そう、「つまらん基準だ」などと言えてしまうところが
すでに70年代以降の考え方として、すっかり定着してしまっている。
けど、70年代までは確かに、知とは階段を一歩一歩昇っていくように
蓄積していくものだという考えが大勢を占めてた。
その確かな知を提供するのが、岩波文庫の役目だったわけ。
それが70年代以降、知の見取り図が明らかに変化、80年代には
浅田彰の登場で、知は蓄積するものではなく、消費するものであると
いう認識が確立した。


243 :吾輩は名無しである:04/01/25 13:43
>>239
そんな事実はないよ。


244 :吾輩は名無しである:04/01/25 15:27
>>239
ソースは?

245 :吾輩は名無しである:04/01/25 16:42
>>239の「岩波文庫」を「マルクス」に変えると、ほぼ時代の雰囲気を表していると思う。

246 :吾輩は名無しである:04/01/25 17:55
>>239
「岩波文庫を《全部》読んだ」というのがまちがい。
そんな奴がいたら怪物だよ。
「岩波文庫に収められているような定評ある古典を
かなりの数読んだ」とでもいえばいいかな。


247 :吾輩は名無しである:04/01/26 23:12
>>245
それは国民文庫と改造文庫ですよ

248 :吾輩は名無しである:04/01/26 23:59
岩波日本文学にはそろそろ戦後派入れてもいいんじゃないか?
たとえば、野間宏とか、埴谷雄高とか、
武田泰淳とか。

249 :吾輩は名無しである:04/01/27 06:45
よそでだしてるのに?
版権の問題もあるんだけど

250 :吾輩は名無しである:04/01/27 10:39
そんなのいらねーから在庫切れなくしやがれ

251 :吾輩は名無しである:04/01/27 16:00
同意

252 :吾輩は名無しである:04/01/27 16:06
>>244
岩井克人『ヴェニスの商人の資本論』に
収められている文章が参考になるぞ

253 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:00
>>250
はげどぅ

254 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/27 21:17
それよりも改版だ、改版!
新潮文庫は『カラマーゾフの兄弟』を改版したぞ。

255 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:29
むしろ改訳を頼む。北御門二郎さんのトルストイ翻訳を文庫にしてくれ。

256 :吾輩は名無しである:04/01/28 18:57
>>248
武田泰淳はそろそろ出る予感。
新書の文庫化になると思うがなw

257 :吾輩は名無しである:04/01/29 01:17
>>256
泰淳は現代文庫に入りそう。

258 :吾輩は名無しである:04/01/29 01:31
モンテクリスト伯が好きなんですが、この翻訳はいい方なんでしょうか?

259 :吾輩は名無しである:04/01/29 06:46
改訳とか改版は、岩波の経営状況から行って、かなり無理してるんだよね。

260 :吾輩は名無しである:04/01/29 19:44
>>259
岩波は、そこまで経営はやばくない。やばいのは平凡社。

261 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/29 21:53
3月の新刊
文庫
サッカリー/中島賢二訳 『虚栄の市(四)』
エミリー・ブロンテ/河島弘美訳 『嵐が丘(下)』
モーパッサン/高山鉄男訳 『脂肪のかたまり』
千葉俊二、坪内祐三編 『日本近代文学評論選 ―昭和篇』

現代文庫
K・ポパー/森博訳 『果てしなき探求(下) ―知的自伝― 』
渡辺清 『砕かれた神 ―ある復員兵の手記― 』
西村秀樹 『北朝鮮抑留 ―第18富士山丸事件の真相― 』
柳澤桂子 『癒されて生きる ―女性生命科学者の心の旅路― 』

重版
http://www.iwanami.co.jp/shinkan/repub/2004/03.html

262 :吾輩は名無しである:04/01/30 17:17
サーンクス

モンテスキューの法の精神かあ
それより
早くペルシア人復刊してくれ

263 :吾輩は名無しである:04/01/30 18:07
>>254
まじか!

264 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/30 23:06
>>263
マジ。現在は上巻のみ。
ちなみに、カミュの『ペスト』も改版したぞ。

スレ違いなのでsage。

265 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/01/31 04:29
>>261
を、モーパッサン。
新潮文庫の『脂肪の塊』が見つからなくて困っておったのです。

266 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/31 11:07
>>265
今でも売っていますよ。
http://shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISBN=201402-0

267 :吾輩は名無しである:04/01/31 15:05
>>254
いつごろカラマーゾフは改版されたんですか?
どういう風に変わりましたか?


268 :吾輩は名無しである:04/01/31 15:53
こんなひどい会社でも生存してるのは
お堅く、良質な出版社のような自己宣伝に成功してきたから。
全体主義、体制や強者に盲従する人、権威主義的な発想の人々から支えられきた。

昔から自分の頭で物事を判断できる自立した人間、民主的な人々は
岩波を批判してきてる。
他の出版社は週刊誌や漫画だろうが出版し、実力で生き残ってるわけだが、
岩波はちょうど逆。自社に内実の無い権威付けを図り、
それに奉仕する人々の上にあぐらをかいて
命脈を保った。一種のアジア的専制と言って良い。
つまり構造としては
岩波=天皇絶対主義者

似たもの同士は近親憎悪で叩き合う事が多い(ワラ。


269 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/31 16:09
>>267
>いつごろカラマーゾフは改版されたんですか?
>どういう風に変わりましたか?

いつごろかは奥付を見ていないので分らない。
たしか54刷からだったような気がする。

もう少し詳しく書くと、表紙が変わった。文字が大きくなった。
改訳はしていないと思われ(これは推定)。
帯は濃緑色で(無い場合もある)、『世界文学遺産ナンバーワン』というコピーが。
現在は上巻のみで、いずれ中・下巻も同様になると思う。

最近は『悪霊』も見当たらないからひょっとして・・・。

スレ違いにつきsage。

270 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/01/31 18:20
追記。
1月20日第54刷。

271 :吾輩は名無しである:04/02/01 08:40
>>268
保守論壇からのありふれた批判ね

272 :吾輩は名無しである:04/02/01 13:08
>>269
サンクス


273 :吾輩は名無しである:04/02/01 17:50
岩波は左翼なんだがな。無知な釣師は哀れだな。

274 : :04/02/02 04:43
>>268が意味不明。

275 :吾輩は名無しである:04/02/02 04:58
岩波文庫が選ぶ100冊?ってどこにのってますか?
岩波のHPとか見たんですが、全然分かりません…。

276 :吾輩は名無しである:04/02/02 05:02
>>275
釣りなのか馬鹿なのか知らぬが。
「岩波文庫が選ぶ100冊」というのはありえないぞ。
岩波文庫は紙とインクでできているものであって、
何かを選定するような人間のようなことはできない。
人間が選んだ100冊なら岩波のサイトにあるぞ。
これを見た上での質問なのか? もしかして俺はしつこいか?
ttp://www.iwanami.co.jp/bun100/top100.html

277 :吾輩は名無しである:04/02/02 05:39
>>276は「うどんは太らないよ」と言われたら、
うどんが太りにくい食べ物とは思わずに、「ウドンそのものが太らない」と思うのか?


278 :吾輩は名無しである:04/02/02 06:24
>うどんは太らないよ
慣習による問題

>岩波文庫が選ぶ100冊
慣習によらない問題

素直に非を認めろよ、みっともない

279 :吾輩は名無しである:04/02/02 06:26
「は」と「が」の区別ができてない。
嘆かわしいことじゃ。

280 :吾輩は名無しである:04/02/02 06:27
100冊リスト、リンク切れだな。
『銀の匙』が三位だったやつだっけか。

281 :吾輩は名無しである:04/02/02 15:40
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/bun/
これで行けない?

282 : :04/02/02 19:33
岩波文庫は、本ではなくて、会社のことでしょ。


283 :吾輩は名無しである:04/02/02 19:34
うわぁ・・・苦しい。

284 :吾輩は名無しである:04/02/02 19:44
たとえ 岩波文庫が 岩波書店を示していたとしても、残念ながら、「読者が選んだ100冊」だ

285 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:20
なんかすんんんんんごい低レベルなスレですねここわ

286 :吾輩は名無しである:04/02/03 02:13
そりゃなんつっても岩波文庫の100冊も読んでない奴がうろちょろしてますから。

287 :吾輩は名無しである:04/02/03 06:57
>>285
日本語が下手で、間違いを認められないみっともない人がいるからね

ところで
倉田百三の『出家とその弟子』いいな。
でも僕のレベルでは僧1から僧9(ぐらい)がいっぺんに問答するシーンは、
読むのが大変。
最近は山陽や河村にもいけないから、もっと復刻してほしいものだよ。

288 :吾輩は名無しである:04/02/04 15:36
275です、Fランク大学生なのでアホなのです、すいません、ブヒブヒ

289 :吾輩は名無しである:04/02/04 16:00
岩井が岩波100冊の思い出を書いてたな。
昔の岩波文庫の後ろにリストを発見した。
20冊×5で テーマを5つにして段階的に読み進めていくものだった。
時代を感じるなぁ

290 :吾輩は名無しである:04/02/04 17:30
>>277
「は」と「が」など主格を表す助詞の使い方にはいろいろと難しい問題が絡んでるわけですが、
哲学的観点からひとこと言うと、「うどん〜」の文章は主語と動詞が連想可能な概念であるのにたいし、
「岩波文庫」と「選ぶ」には相互に通底するものを読む人が事前に予測推測不可能である点に、
その文章もつ違和感の原因が収束しているんですね。

291 :吾輩は名無しである:04/02/04 21:22
みなさん、K・ポパー『果てしなき探求―知的自伝― 』は買いですぞ。

292 :吾輩は名無しである:04/02/04 21:23
その自伝はポパーの性格の悪さが伝わってくると言われているが・・・

293 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:35
自伝や日記はそういうのも含めて楽しめないとな

294 :吾輩は名無しである:04/02/05 00:21
新潮の改版された「カラーマーゾフの兄弟」は
表紙の題字がどことなく週刊誌のようで
(ゴシック体で斜めになっている。)
よろしくない。

みなさん、どう?

295 :吾輩は名無しである:04/02/05 11:19
96 名前:  投稿日:03/05/14 15:00
知的自伝を読んでこの人の性格のひどさに吐き気をもよおしました。
世界でもトップくらすでしょ。宮台なんか比較にならん

296 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:19
それが良いんだよ

297 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/02/06 23:00
>>267
追記(遅レス)。
新潮文庫版『カラマーゾフの兄弟』は中・下巻も改版済み。
紀伊国屋書店新宿南店にて確認。

なお『悪霊』は、12月に上巻が重版されたばかりで、改版は当分無さそう。
スレ違いにつきsage。

298 :吾輩は名無しである:04/02/07 23:46
ヂィドロ 盲人書簡

299 :吾輩は名無しである:04/02/11 12:08


といいますか、フォトリーディングの本持ってない人は
買ってから速読について考えてみてください。
今のところフォトリーディングを超える速読法って無いと思います。
速読さえ身につければ、英語だろうがどんな学問だろうが、研究者並に
習得できると神田さんが言っています。
どんな本にも対応しています。
もしかしたら、年間1000冊も夢ではないかもしれません。
現に、セキュリティサイトのアカデメイアの管理人イプシロンさんなんかは
年間1000冊以上読んでいます。
あの人にはマジビビリました

ソース:http://atkinson-web.hp.infoseek.co.jp/atkinson/news_book.htm




300 :吾輩は名無しである:04/02/23 23:10
あげるか

301 :吾輩は名無しである:04/02/23 23:28
ダブリン市民て身長文庫版持ってても買う価値ある?解説とかどう?

302 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/02/27 18:52
4月の新刊。
文庫
慶応義塾編 『福沢諭吉の手紙』
キケロー/中務哲郎訳 『友情について』
ポール・ヴァレリー/清水徹訳 『ムッシュー・テスト』
ブレヒト/岩淵達治訳 『肝っ玉おっ母とその子どもたち』

重版
http://www.iwanami.co.jp/shinkan/repub/2004/04.html

現代文庫
姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ ―近代文化批判―』
アーネスト・メイ/進藤栄一訳 『歴史の教訓 ―アメリカ外交分析―』
※“栄一”の“栄”は旧字体
土屋恵一郎 『元禄俳優伝』
佐藤忠男 『キネマと砲声 ―日中映画前史―』
※“砲声”の“声”は旧字体

新書(アクティブ新書は省略)
大塚和夫 『イスラーム主義とは何か』
入江曜子 『教科書が危ない ―「心のノート」と公民・歴史―』
奥村宏 『判断力』
小室等 『人生を肯定するもの、それが音楽』

303 :吾輩は名無しである:04/02/27 22:18
>>302
「榮」って機種依存文字?

304 :イワナーミン ◆v/5CS0W.v. :04/02/27 23:33
>>303
わからないが念のため。

305 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:19
初めてこのスレに来ましたが、>>276に失笑しました。
「岩波文庫[編集部]が選ぶ100冊」
この程度のことも読みとれないアホがいるんですね〜。

ところで4月の新刊、現代文庫の
姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ ―近代文化批判―』
楽しみだなあ。

306 :吾輩は名無しである:04/03/13 00:09
>「岩波文庫[編集部]が選ぶ100冊」
「岩波文庫[読者]が選ぶ100冊」
この程度のことも読みとれないアホがいるんですね〜。

307 :吾輩は名無しである:04/03/13 00:21
305は素で間違えた予感

308 :吾輩は名無しである:04/03/13 00:37
姜読んでる奴なんてこの程度のもんだよ。
だから別に驚かない。

309 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:05
>>306-308
>>276をもう一回読んでみな。
それが実際にどういうものであるかではなくて、その文言から何が読みとれるかっていう話だよ。
「岩波文庫が選ぶ100冊」という文字列を解釈する場合、いきなり「読者」を補完するやつはいないだろ。

310 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:11
>>309
いないのか?


んなわけないじゃーん。君が補完できなかったからという理由で、
他の全ての人が補完できないって結論を導くのは間違ってるよん。

個人的意見としては、
>>305はネタにマジレスしてる時点でカス
>>305はマジレスしつつ素で間違えてる時点でカス
>>305は見苦しくも>>309で屁理屈捏ねてまだ自分の正当性を主張してる時点でカス
>>305は羹なんて読んでる時点でカス
と、4カス君認定なんですがw

311 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:13
「岩波文庫が選ぶ100冊」という文字列を解釈する場合、いきなり「編集者」を補完するやつはいないだろ。


312 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:31
>>311
そう?>>311なら何を補完する?
たとえば和民っていう居酒屋の店内に「和民が選ぶつまみ100皿」って書いてあったとして、
おれなら「和民[の店員]が選ぶ100皿」だと思うね。「和民[の客]が選ぶ100皿」とは考えない。

313 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:36
俺は両方の可能性を考える
自分が馬鹿だからって人まで馬鹿と思うな
第一ネタにマジレスしてる時点でお前は大馬鹿

314 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:41
俺は客と解釈するがね。
店員が選んだって意味ねーだろw
そんなの勝手にやってろやって話なわけだが。

客が選ぶからこそ100皿に意味が出るんじゃねーか。
多種多様な意見から大多数の支持を得る皿はどれか、
というのがわかることこそが価値。

315 :吾輩は名無しである:04/03/13 01:54
まあはっきり言っちゃうとどっちともとれるんだろうが、客と解釈するなら主語がおかしいな。
岩波”が”選ぶ、和民”が”選ぶっていうんだから当然主語に当たるものは岩波、和民の内部ととる方が自然。
「学校が決めたルール」は「学校[の生徒]が決めたルール」じゃないだろ?

316 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:01
不毛

317 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:06
学校と岩波は別
アホか

318 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:07
ルールと100冊もかなり別

319 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:09
岩波書店はお客様に支えられて出版活動をさせて頂いておりますので、
「岩波書店が」と言う場合には当然お客様もその中に含まれているのでございます。

320 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:17
>>317
例えにいちいち反論するのはネタにマジレスするのと同じくらいアフォ

321 :吾輩は名無しである:04/03/13 02:40
岩波とは別の出版社が新訳(訳がよくない)でだしたから当分重版はないのだろうな。
しかもそんなダメな翻訳なのに4000円というボッタクリ価格。
原書も読んだけど、日本語で気楽に読みたいのだよ。

322 :吾輩は名無しである:04/03/13 03:08
お前らおかしいんじゃねえの?
そもそも「岩波文庫が選んだ100冊」なんて存在しないぞ。
それなのに「俺は客と解釈するがね」だってさ。エスパーですか?フ
310、313、314あたりはいっぺん死ねば〜?

323 : :04/03/13 03:11
>>322のいう通りだ。サイトを見てみろ。

324 :吾輩は名無しである:04/03/13 03:20
「読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉」
http://www.iwanami.co.jp/bun100/

325 : :04/03/13 04:58
>>324
そのページは、TOPページの何処からはいるの?

326 :306:04/03/13 08:34
わるいまたあたまのわるいひとに反応してしまって。

327 :吾輩は名無しである:04/03/13 09:42
お前らおかしいんじゃねえの?
そもそも「岩波文庫が選んだ100冊」なんて存在しないぞ。
それなのに「俺は編集部と解釈するがね」だってさ。エスパーですか?フ
305あたりはいっぺん死ねば〜?

328 :吾輩は名無しである:04/03/13 13:27
240 名前:美香 ◆FE5qBZxQnw 投稿日:04/03/11 01:12
>>237
不等号はけんかになるからちょっと……。
むかしは好んでそういうことをやっていたけど。
まあ、それに近いことをやってみよう。不眠症だし。

工藤(知識B 文章C 即興B 体力C)
淳一(知識B 文章D 即興C 体力A)
おさむ(知識D 文章E 即興B 体力A)
団長(知識D 文章E 即興D 体力D)
旭橋(知識C 文章D 即興B 体力E)
ライチ(知識C 文章C 即興C 体力C)
ixion(知識A 文章F 即興D 体力D)
林彪(忘れた)
ファルロスマン(知識C 文章D 即興B 体力B)
ミス板(知識B 文章C 即興F 体力A)
美香(知識C 文章B 即興B 体力A)
創作ノオト(知識D 文章C 即興D 体力B)
35歳主婦(知識E 文章E 即興E 体力E)
白石昇(知識C 文章C 即興F 体力A)

ほかにだれがいたっけ?

241 名前:美香 ◆FE5qBZxQnw 投稿日:04/03/11 01:18
ころにゃん(知識A 文章A 即興A 体力A)
幕ノ内(知識D 文章C 即興B 体力E)
鰯(知識C 文章B 即興B 体力D)
矢部(知識B 文章E 即興D 体力D)
C(知識B 文章E 即興E 体力A)
G(知識D 文章D 即興D 体力D)


329 :吾輩は名無しである:04/03/13 13:55
>>all
ネット弁慶コレクションに入れておきました
ご協力感謝

330 :吾輩は名無しである:04/03/13 13:58
>>314
こいつ恥ずかしいな

331 :吾輩は名無しである:04/03/13 14:30
>>322に指摘されるまで>>327に気付かないのか。。。
頭悪いんだな。特に>>306 >>310 >>314はあまりにも的外れ。

332 :吾輩は名無しである:04/03/13 15:30
正直、その話題はもういいよ。飽きた。

333 :吾輩は名無しである:04/03/13 16:39
まあ 読者が選んだって事。小冊子や図書に書いて有るんだけど。あれ帯にも書いてあったような気がする。

334 :吾輩は名無しである:04/03/13 17:25
読者がえらんだ私の岩波文庫100冊 だったよ

335 :吾輩は名無しである:04/03/13 17:39
ばーか
俺が選んだんだよ

336 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:54
俺ならあんな100冊は選ばない。

337 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:11
>>335 >>336
もう みっともないよw
ところで俺は投票人参加してるから「俺が選んだ」っていえるけどなー。

338 :吾輩は名無しである:04/03/15 15:36
>331 結局一番みっともないねぇw

339 :吾輩は名無しである:04/03/16 00:54
最初に勘違いした>>306が一番みっともない。

340 :吾輩は名無しである:04/03/16 01:48
>>275
つーか最初の>>275のどうでもいい勘違いをここまで引っ張るおまいらみんな石頭。

341 :吾輩は名無しである:04/03/16 07:27
>>306 あってるよ
>>339
>>340
 もうやめほうがいいよ、なんで「間違ってた」の一言いえないの?

342 : :04/03/16 10:55
一言も言わなくていいから、もうやめろ。

343 :吾輩は名無しである:04/03/16 14:05
>>341
間違い認めて早く消えろよ。明らかに>>306が間違ってるだろ。

344 :吾輩は名無しである:04/03/16 20:17
↑ ? 読者が選んだ100冊だけど?何言ってんのw

345 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:08
>>344
○「読者が選んだ100冊」
×「岩波文庫[読者]が選ぶ100冊」(>>306
>>306は「岩波文庫が」を主語にしてる時点で見当違いなんだよ。

346 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:15
読者が が主語で 岩波文庫 は倒置表現 ですが?

347 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:38
>>346
>>305辺りから読み直せ。キーワードは「補完」。

348 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:52
あら 補完 なの?そんなつもり 「読者が」 って書いてないんでねぇw

349 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:58
>>348
書き込みは日本語でお願いします。

350 :吾輩は名無しである:04/03/16 23:11
あらら ごめんごめん。
君は[]の中身を補完と考えてるわけだね。
でも僕は

「岩波文庫[読者]が選ぶ100冊」

[読者]という新たな主語を補ったわけよ。
つまり最初に提示されたものとは、文章の意味(意義のほうね)が違うんだよ。

351 :吾輩は名無しである:04/03/16 23:48
だめだこりゃ。

352 :吾輩は名無しである:04/03/17 01:39
もうこのスレ終了しろよw

353 :340:04/03/17 01:50
>>341
俺はこの一連の不毛な議論には初参加だったんですけどね。
強いて言えば>>285のレスはしましたが…

あんたら、こんな超どーでもいいことで何いつまでも盛り上がってるわけ?

354 :吾輩は名無しである:04/03/17 02:48
>>353
なんで終わりかけた話を蒸し返すわけ?

355 :吾輩は名無しである:04/03/17 03:17
305 名前:吾輩は名無しである 投稿日:04/03/12 17:19
初めてこのスレに来ましたが、>>276に失笑しました。
「岩波文庫[編集部]が選ぶ100冊」
この程度のことも読みとれないアホがいるんですね〜。

ところで4月の新刊、現代文庫の
姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ ―近代文化批判―』
楽しみだなあ。


どう考えてもこいつが間違ってるだろ
勝手に編集部を補って得意になってるアホ

356 :吾輩は名無しである:04/03/17 07:29
>>353
みんな君とどうレベルなんだね

357 :吾輩は名無しである:04/03/17 10:52
>>355
粘着きもいよ。

358 :吾輩は名無しである:04/03/18 23:40
みなさん。
100円ショップダイソーの近代文学シリーズ全30巻は
ご覧になりましたか?

359 :けっち ◆1kwkfceTyE :04/03/18 23:45
リストうpきぼん

360 :けっち ◆1kwkfceTyE :04/03/18 23:55
さがしたらありました

1 夏目漱石 I 「坊っちゃん」
2 夏目漱石 II 「こころ」前編
3 夏目漱石 III 「こころ」後編
4 夏目漱石 IV 「三四郎」前編
5 夏目漱石 V  「三四郎」後編  
6 樋口一葉 「にごりえ」「たけくらべ」ほか
7 宮沢賢治 I 「注文の多い料理店」
「銀河鉄道の夜」ほか
8 宮沢賢治 II 「風の又三郎」「オツベルと象」ほか
9 宮沢賢治 III 「春と修羅」ほか
10 芥川龍之介 I 「鼻」「河童」ほか


361 :けっち ◆1kwkfceTyE :04/03/18 23:55
11 芥川龍之介 II 「羅生門」「奉教人の死」ほか
12 芥川龍之介 III 「蜘蛛の糸」「侏儒の言葉」ほか
13 新美南吉 「ごん狐」「おじいさんのランプ」ほか
14 太宰治 I 「桜桃」「人間失格」
15 太宰治 II 「斜陽」
16 太宰治 III 「走れメロス」「ヴィヨンの妻」ほか
17 森鴎外 I 「雁」ほか
18 森鴎外 II 「山椒大夫」「舞姫」ほか
19 種田山頭火 「草木塔」
20 中原中也 「山羊の歌」「在りし日の歌」


362 : :04/03/18 23:56
>>358
読みたいけど、「ダイソー」という文字を見るとひく。

363 :けっち ◆1kwkfceTyE :04/03/18 23:56
21 北原白秋 「まざあ・ぐうす」
22 萩原朔太郎 「月に吠える」ほか
23 菊池寛 「父帰る」「恩讐の彼方に」ほか
24 梶井基次郎 「檸檬」「城のある町にて」ほか
25 島崎藤村 「若菜集」
26 正岡子規 「歌よみに与ふる書」ほか
27 石川啄木 「一握の砂」「呼子と口笛」
28 与謝野晶子 「みだれ髪」「舞姫」ほか
29 有島武郎 「生まれいずる悩み」「カインの末裔」
30 伊藤左千夫 「野菊の墓」「奈々子」ほか

ってスレ違いだすまそ

364 :吾輩は名無しである:04/03/19 00:40
305 名前:吾輩は名無しである 投稿日:04/03/12 17:19
初めてこのスレに来ましたが、>>276に失笑しました。
「岩波文庫[編集部]が選ぶ100冊」
この程度のことも読みとれないアホがいるんですね〜。

ところで4月の新刊、現代文庫の
姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ ―近代文化批判―』
楽しみだなあ。


ネタにマジレス。精神障害者だなこりゃ

365 :吾輩は名無しである:04/03/19 01:16
岩波文庫が選ぶ読者100人


てめーら暇そーだから挙げてみな

366 :吾輩は名無しである:04/03/19 04:44
まだやってたのか

367 :ナンパできない地獄 ◆chKErBtdFM :04/03/19 11:13
岩波文庫は字が読みづらいです。
岩波新書は読みやすいですけど。

368 :吾輩は名無しである:04/03/19 14:52
>>364
>>357

369 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:32
岩波文庫はにおいが好き(ただし新刊の場合)

370 :吾輩は名無しである:04/03/21 20:04
うちの近所のダイソーで百円近代文学見たら、種田山頭火の
減り方が速い。いま文庫に入ってなくて珍しいからだろうか。
結局私もそれを買って帰った。

371 :吾輩は名無しである:04/03/22 13:00
ダイソースレたてなはれ

372 :吾輩は名無しである:04/03/22 14:38
305 名前:吾輩は名無しである 投稿日:04/03/12 17:19
初めてこのスレに来ましたが、>>276に失笑しました。
「岩波文庫[編集部]が選ぶ100冊」
この程度のことも読みとれないアホがいるんですね〜。

ところで4月の新刊、現代文庫の
姜尚中 『オリエンタリズムの彼方へ ―近代文化批判―』
楽しみだなあ。



こいつアホだなw

373 :吾輩は名無しである:04/03/23 00:03
粘着キモ

374 :吾輩は名無しである:04/03/23 00:32
>>372
>>372読んで間違い認めて消えろ。粘着うざいし迷惑。

375 :吾輩は名無しである:04/04/16 23:26


376 :吾輩は名無しである:04/05/03 22:16
それで100冊のリストはどこに?

377 :吾輩は名無しである:04/05/03 22:29
これか
http://www.iwanami.co.jp/bun100/index.html

378 :読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉:04/05/03 22:51
1 こころ 夏目漱石
2 坊ちゃん 夏目漱石
3 銀の匙 中勘助
4 吾輩は猫である 夏目漱石
5 君たちはどう生きるか 吉野源三郎
6 新版 きけ わたつみのこえ 日本戦没学生記念会 編
7 忘れられた日本人 宮本常一
8 古寺巡礼 和辻哲郎
9 罪と罰〔前3冊〕 ドストエフスキー/江川卓 訳
10 新訂 福翁自伝 福沢諭吉/富田正文 校訂
11 モンテ・クリスト伯〔全7冊〕 アレクサンドル・デュマ/山内義雄 訳
12 論語 金谷 治 訳注
13 寺田寅彦随筆集〔全5冊〕 寺田寅彦/小宮豊隆 編
14 新訂 徒然草 西尾 実,安良岡康作 校注
15 三四郎 夏目漱石
16 草枕 夏目漱石
17 新訂 新訓 万葉集〔全2冊〕 佐佐木信綱 編
18 童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇 宮沢賢治/谷川徹三 編
18 日本唱歌集 堀内敬三,井上武士 編
20 破戒 島崎藤村
21 人間失格 グッド・バイ 他一篇 太宰 治
22 学問のすゝめ 福沢諭吉
23 レ・ミゼラブル〔全4冊〕 ユーゴー/豊島与志雄 訳
24 芭蕉 おくのほそ道 付曾良旅日記奥細道菅菰抄 萩原恭男 校注
25 戦争と平和〔全4冊〕 トルストイ/米川正夫 訳

379 :読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉:04/05/03 22:52
26 雪国 川端康成
26 歎異抄 金子大栄 校注
28 善の研究 西田幾多郎
29 摘録 断腸亭日乗〔全2冊〕 永井荷風/磯田光一 編
30 風姿花伝(花伝書) 世阿弥/野上豊一郎,西尾 実 校訂
31 ジャン・クリストフ〔全4冊〕 ロマン・ローラン/豊島与志雄 訳
32 新編 啄木歌集 久保田正文 編
33 後世への最大遺物・デンマルク国の話 内村鑑三
34 五重塔 幸田露伴
35 北越雪譜 鈴木牧之/岡田武松 校訂
36 夜明け前〔全4冊〕 島崎藤村
36 カラマーゾフの兄弟〔全4冊〕 ドストエーフスキイ/米川正夫 訳
38 武士道 新渡戸稲造/矢内原忠雄 訳
39 ハムレット シェイクスピア/野島秀勝 訳
39 車輪の下 ヘルマン・ヘッセ/実吉捷郎 訳
41 羅生門 鼻 芋粥 偸盗 芥川竜之介
42 宝島 スティーヴンスン/阿部知二 訳
43 ブッダのことば スッタニパータ 中村 元 訳
44 ソクラテスの弁明・クリトン プラトン/久保 勉 訳
45 唐詩選〔全3冊〕 前野直彬 注解
46 風土―人間学的考察― 和哲郎
47 東綺譚 永井荷風
47 赤と黒〔全2冊〕 スタンダール/桑原武夫,生島一 訳
49 それから 夏目漱石
50 古事記 倉野憲司 校注

380 :読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉:04/05/03 22:54
50 平家物語〔全4冊〕 梶原正昭,山下宏明 校注
52 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 マックス・ヴェーバー/大塚久雄 訳
53 藤村詩抄 島崎藤村 自選
53 特命全権大使 米欧回覧実記〔全5冊〕 久米邦武 編/田中 彰 校注
55 山月記・李陵 他九篇 中島 敦
56 完訳 三国志〔全8冊〕 小川環樹,金田純一郎 訳
57 古代への情熱―シュリーマン自伝― シュリーマン/村田数之亮 訳
58 五輪書 宮本武蔵/渡辺一郎 校注
59 源氏物語〔全6冊〕 紫 式部/山岸徳平 校注
59 出家とその弟子 倉田百三
59 ドン・キホーテ〔全6冊〕 セルバンテス/牛島信明 訳
62 千曲川のスケッチ 島崎藤村
62 ヘンリ・ライクロフトの私記 ギッシング/平井正穂 訳
64 友情 武者小路実篤
65 小僧の神様 他十篇 志賀直哉
65 イソップ寓話集 イソップ/中務哲郎 訳
67 にんじん ルナアル/岸田国士 訳
68 にごりえ・たけくらべ 口一葉
69 不思議な少年 マーク・トウェイン/中野好夫 訳
69 代表的日本人 内村鑑三/鈴木範久 訳
69 史記列伝〔全5冊〕 司馬遷/小川環樹,今鷹 真,福島吉彦 訳
69 エミール〔全3冊〕 ルソー/今野一雄 訳
69 完訳 ファーブル昆虫記〔全10冊〕 山田吉彦,林 達夫 訳
74 方法序説 デカルト/谷川多佳子 訳
75 童話集 風の又三郎 他十八篇 宮沢賢治/谷川徹三 編
75 三銃士〔全2冊〕 デュマ/生島一 訳

381 :読者が選んだ〈私の好きな岩波文庫100〉:04/05/03 22:55
75 童話集 風の又三郎 他十八篇 宮沢賢治/谷川徹三 編
75 三銃士〔全2冊〕 デュマ/生島一 訳
75 「いき」の構造 他二篇 九鬼周造
78 仰臥漫録 正岡子規
78 ルバイヤート オマル・ハイヤーム/小川亮作 訳
78 茶の本 岡倉覚三/村岡 博 訳
81 森の生活(ウォールデン)〔全2冊〕 ソロー/飯田 実 訳
82 完訳 グリム童話集〔全5冊〕 金田鬼一 訳
82 魔の山〔全2冊〕 トーマス・マン/関 泰祐,望月市恵 訳
82 自省録 マルクス・アウレーリウス/神谷美恵子 訳
85 門 夏目漱石
85 中国名詩選〔全3冊〕 松枝茂夫 編
87 菜根譚 洪自誠/今井宇三郎 訳注
88 ロミオとジューリエット シェイクスピア/平井正穂 訳
88 ガリヴァー旅行記 スウィフト/平井正穂 訳
88 若きウェルテルの悩み ゲーテ/竹山道雄 訳
91 日本童謡集 与田凖一 編
91 共産党宣言 マルクス,エンゲルス/大内兵衛,向坂逸郎 訳
93 中原中也詩集 大岡昇平 編
94 山椒大夫 高瀬舟 他四篇 森 外
94 西遊記〔全10冊〕 小野 忍,中野美代子 訳
96 病牀六尺 正岡子規
96 赤光 斎藤茂吉
96 デイヴィッド・コパフィールド〔全5冊〕 ディケンズ/石塚裕子 訳
96 民話集 人はなんで生きるか 他四篇 トルストイ/中村白葉 訳
100 ガリア戦記 カエサル/近山金次 訳


382 :吾輩は名無しである:04/05/03 23:12
読むぞ、コラ。

383 :吾輩は名無しである:04/05/04 00:26
読んだことあるのは52だった

384 :吾輩は名無しである:04/05/04 02:05
>>383
ヴェーバーだけ?

385 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:56
>派手な本が一瞬で消えていく店頭に岩波文庫がならんでいると
>ホッとします.そして熟読.そんな本をこれからも届け続けて
>下さい.待ってます.(32歳 男性)

正直、一瞬で品切れになる岩波文庫の棚を見るのが一番ハラハラするけどな。

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)