2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幸田露伴スレ

1 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:44
ないので、つくりました。

2 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:45
2げっと?

3 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:45
2get

4 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:46
露伴って読みにくい。

5 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:46
岸部露伴スレはここですか?

6 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:46
岸辺露伴は名文家やね。

7 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:47
お、まだ2げといけるか!?



8 :吾輩は名無しである:03/08/27 20:48
雑談はこっちでやれよ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1055943621/l50

9 :1:03/08/27 22:13
ここは大いなる露伴のスレ。雑談ではない。

10 :吾輩は名無しである:03/08/27 22:18
では具体的に作品名をあげて、作品論を展開してくれ。

どうぞ ↓

11 :吾輩は名無しである:03/08/27 22:50
「型」という観点から、齋藤孝が再評価を促しているね。

12 ::03/08/27 22:55
露団々はどうだろう?
ユウモア溢れるとか言われているけど、明治時代のギャグのさぶいな、と思われ。

13 :吾輩は名無しである:03/08/27 22:58
もちろん五重塔。ああいう職人は実物見たら汗くさくて遠ざかるが、文学作品だからこそ楽しめるのではないかと思われ。

14 :吾輩は名無しである:03/08/27 23:15
>>11
そうだけど、齋藤は一応版権の切れた文章が素材だから、
露伴だけじゃなく皆を再評価中の趣き。悪いことじゃない、
小学生から古典を読むべきなのは確かだし。

谷崎潤一郎なんか、消防の頃の先生に恵まれて
量質ともに凄い古典をばんばん読んで体内に蓄積したことが
後に花開くもとになった。  おっと、横レスだな、スマソ。

15 :吾輩は名無しである:03/08/29 10:12
期待age

16 :吾輩は名無しである:03/08/29 10:17
ピンクダークの少年が最高傑作?

17 :吾輩は名無しである:03/08/30 12:41
露伴スレ、前もすぐ落ちてしまったがいったい何なんだろうね。今度は期待している。
文豪露伴と言われるが、漱石ほどその作品がそれほど流通してないのが問題だ。
日本の文学者の中でも最高の怪人だろう。稲垣足穂(決してキライじゃないが)もケツをまくって逃げ出すような。
泉鏡花もなるほど良いだろう。 謡曲的という点では、「薬草取」や「草迷宮」もなるほどよい。
しかし現代性という観点から言って露伴の「対髑髏」にはかなわないだろう。
実際、色々と読んでいく内に露伴と鏡花と芥川、(石川淳も)ぐらいしか口に合わなくなってきた気がする。

18 :吾輩は名無しである:03/08/30 13:26
わしは石川と、芥川と森しか口に合わん。露伴の史伝が好き。森の史伝が好き。石川淳のエッセーが好き。なんか馬鹿みたいな文章になっちゃった(テヘ

19 :吾輩は名無しである:03/08/30 22:43
あげ

20 :吾輩は名無しである:03/08/30 22:54
対髑髏が好き。
風流仏も好きだな。

21 :吾輩は名無しである:03/08/31 11:41
>>18 >>20
どういうところが?

漏れは幻談が好き。なんか余談が多くて笑える。

22 :18 ◆H8ql8ppqKE :03/08/31 12:35
>>21
う〜ん、わしも幻談ですな。どんな所が好き? って? そりゃあ、第一に文章ですな。名文だよ。第二には…なんだろう。21さんの言うとおり余談かな? まぁ、笑えるよね。

23 :吾輩は名無しである:03/09/02 03:46
松山巌が山田風太郎は露伴の影響を受けていると言ってるのですがどうです?

24 :吾輩は名無しである:03/09/07 08:54
芭蕉の七部集おもしろいぞ。

25 :吾輩は名無しである:03/09/10 22:23
ageておきましょう。
風流仏はどーよ?

26 :吾輩は名無しである:03/09/11 00:33
受験現代文で出てくるね。
幸田露伴についての批評が。


27 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

28 :純文学団長 ◆4ZyQ37vgo6 :03/09/16 21:52
露伴はね、あれが良いと思う。ほんと、短編やけどね、「利休の妻」ってのがね。

29 :吾輩は名無しである:03/09/16 21:53
>>28
どういいのですか?具体的に書いてくださいませんか?
読むときの参考にいたしますので。

30 :吾輩は名無しである:03/09/17 01:57
>>28
知らん。詳細キボンヌ。ってか版出てるのか?

31 :純文学師団長 ◆4ZyQ37vgo6 :03/09/17 15:46
>>29
 やはり露伴特有の文章のリズムのよさや、描写。そうや、描写がぴか一。石川淳の「そろりせつ」(漢字面倒くさいのでごめん)もこーゆーのを模倣したのかな、と思ったり。
>>30
 ごねんね。露伴全集にしか載っていない。

32 :30:03/09/17 23:00
描写っつうか喩え話が漏れは好きだ。

>>31
なるほど。ありがd。露伴全集もってんのいいね。

33 :吾輩は名無しである:03/09/18 14:03
うーん

34 :吾輩は名無しである:03/09/20 22:24
露伴はんのためにアゲまっせ!

35 :吾輩は名無しである:03/09/20 22:36
帝都物語に出てる人だね。

36 :吾輩は名無しである:03/09/21 01:13
>>35
いつか言われると誰もが恐れていたことを言ってしまったね。
「五重塔」が好き。「男性的な」っていう形容が多いけど、
情景の描写はかなり繊細だと思うのだが・・・。

37 :吾輩は名無しである:03/09/27 18:04
露伴は良いが、玉は駄目だね



38 :吾輩は名無しである:03/10/04 22:27
保守age

39 :吾輩は名無しである:03/10/18 00:15
近所の本屋で「五重塔」が平積みに!!

40 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/10/18 17:22
>>39
うそこけ

41 :吾輩は名無しである:03/10/18 17:35
露伴の文学は、書物的であり、当時の自然主義文学とは全く異なるエクリチュールである。

42 :39:03/10/18 22:41
>>40
くまざわ書店相○大○店
レビューも書いてありました。

43 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/10/19 21:14
>>39
へー。珍しい所もあるんだな。

44 :39:03/10/20 00:02
例の岩波のヤツだったんで、文庫フェアの義理だったのでしょう。
そうでもなければ幸田露伴は陽の目を浴びることはないのかな・・・。
口惜しかったので「金色夜叉」の文庫の背をを裏返しておきました。w

45 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/10/21 22:46
その店、神か馬鹿かどっちかだよ。岩波は買い取り制だから、返品不可能。つまり、山積みにした本が売れなかったら、全部書店持ち。
かなり凄い所ですね。

46 :吾輩は名無しである:03/10/22 23:49
3人ものがたりってなに?随筆?
読みたいんだけど

47 :吾輩は名無しである:03/10/29 17:38
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336032181/qid=1067415629/br=1-10/ref=br_lf_b_9/249-5549593-4834739
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336040141/qid=1067415783/br=1-2/ref=br_lf_b_1/249-5549593-4834739
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061975560/qid=1067416420/br=1-7/ref=br_lf_b_6/249-5549593-4834739
いかんせん値が張っておいそれと手が出せませんが、この上の三つ読んでみたいと思います。
読んだ事のある人、感想聞かせてください。


48 :吾輩は名無しである:03/10/29 21:07

たして高くねえじゃん。
よっぽどの極貧か単なるケチですね(w

幽情記は絶対のお薦め!!



49 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/10/29 22:43
取り敢えず、一番下のだけ買っとけ。それが一番お勧めの選択種だ。

50 :吾輩は名無しである:03/10/30 11:57
>>48,49 レスサンクス
取りあえずは幽情記は買っときます。他のも余裕があれば是非買って
読んでみたいです。
48さんの言うように極貧な上いろんな人の本を欲しいと思っているので
一冊あたりの本の値が少しでも高くなるとどうしても渋っちゃいます。
まぁ、ケチということですね(´д`;


51 :吾輩は名無しである:03/11/09 18:09
↑ケチということですね

そのとおり。
極上の本だったら、5000円くらいでも全然安いと思うぞ。

52 :校長が強盗:03/11/09 18:20
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


53 :吾輩は名無しである:03/11/13 20:52
絶版品切れ大杉!!
最近興味持って読もうと思った漏れみたいな厨は
図書館で読むしか手段がない!!

54 :吾輩は名無しである:03/11/21 22:07

神保町に行けば、結構掘り出し物有るんですが・・・




55 :吾輩は名無しである:03/11/22 15:15
>>46
『三人ものがたり』そんなのありましたか。
『三人冗語』ならわかりますが。

56 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:15
一葉を入れて、四人囃し

57 :吾輩は名無しである:03/12/08 00:17
>>46
気になって『三人ものがたり』と言うのを調べましたが、まったくでてきません・・・
それって存在してるタイトルなの?

58 :吾輩は名無しである:03/12/12 21:37
谷中五重塔

59 :吾輩は名無しである:03/12/18 19:47
官能寺ですね

60 :吾輩は名無しである:03/12/20 17:35
露伴、一葉、緑雨で3Pやったって本当?

61 :吾輩は名無しである:03/12/23 19:59
露伴物を書いた森まゆみはデブでブス過ぎる!

62 :吾輩は名無しである:03/12/26 17:27

森まゆみが不細工なのは認める!
間違いない。




63 :吾輩は名無しである:03/12/29 20:52
>>61
森まゆみはブスのくせに、
ぶくぶく肥えて旦那に捨てられました(w

64 :吾輩は名無しである:04/01/02 17:00
>>62-63
スレ違い!!

65 :吾輩は名無しである:04/01/04 17:54

おいおい、本人が怒ってるよ(w

66 :吾輩は名無しである:04/01/05 09:58
>>55>>57 本にはなっていないのかな? 明治23年くらいにかかれたやつ。確か。 正岡子規がモデルになってるとかなんとか。 なにかの年表で「三人ものがたり」と確認はとれたけど 読んでみたいんだが無理かな。

67 :吾輩は名無しである:04/01/10 18:37

明治23年じゃ、子規と露伴はまだ会ってないだろ!
それに子規はまだ単なる学生じゃん(w

68 :吾輩は名無しである:04/01/10 21:09
子規年譜なんかだと、67氏の言う通りなんだが。
66氏の年表とは何なんだろう。
露伴全集あたってみたが見つからない。もっとも全巻持ってるわけではないので、
小説・随筆・評論の明治23年頃の所を調べたにすぎないが。
42巻43巻の補遺の巻は持ってないので、持ってる人「三人ものがたり」を
調べてくれないかなあ。

69 :66:04/01/10 22:52
23年っていうのは明らかに間違いだ。スマソ
でも露伴関連書の年譜で確認したときは
子規が訪ねたすぐあとに出されてるなあと思った記憶はある
確か新聞に発表したとかいてあった気が…
つーか悪い、殆んどうろ覚えだわ

70 :吾輩は名無しである:04/01/10 23:49
子規の露伴訪問なら明治25年だね。
それ以降のことになるのかな。

71 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/01/11 12:26
露伴全集を探したけど無かったよ。

72 :吾輩は名無しである:04/01/12 13:59
検索してもひっかからなし、全集にもないんじゃ読むのは無理かな

73 :吾輩は名無しである:04/01/12 19:17

ちゅうか、初めから存在してません(www



74 :吾輩は名無しである:04/01/12 19:23
ピンクダークの少年は絶版?

75 :吾輩は名無しである:04/01/14 22:10
露伴は曾孫まで自分をネタに食ってるのをどう思ってるんだろう

76 :吾輩は名無しである:04/01/18 17:39

しょうがない、夏目房の介もいけしゃあしゃあと
じいさんで稼いでるし



77 :吾輩は名無しである:04/01/20 21:11
秋尾敏という人の著作を、読んだ人いるかな。

78 :吾輩は名無しである:04/01/20 22:30
塩谷賛『幸田露伴』、見つからん

79 :吾輩は名無しである:04/01/20 23:26


伝 説 の 美 香 語 録


「オイディプスの両目潰しはいつか真似してみたい」



       ( ゚д゚)・∵.




80 :吾輩は名無しである:04/01/27 12:33
露伴には、
紅葉・漱石と違って、
弟子が少ないようだ。
どうしてだろう。

81 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/01/27 15:45
ま、まさか三人冗語では・・。<三人物語

木の精<弟子が少ない

82 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:44
>>80
弟子なんかに出入りされたら、
文との近親相姦がばれちゃうじゃない

83 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:36
松本哉は著述業者として、志しが低すぎる。

84 :吾輩は名無しである:04/02/10 18:52
人の寄り付かないスレだ(w

85 :吾輩は名無しである:04/02/11 23:06
寄り付かないって
露伴に失礼だろなんか(w

86 :吾輩は名無しである:04/02/12 20:11
露伴が世に知られるには百年を要する。


昭和22年 追悼式で 谷崎潤一郎

87 :吾輩は名無しである:04/02/28 01:08
露伴は現役時代のほうが世に知られてた。


88 :吾輩は名無しである:04/03/01 15:07
学歴は無かったのに、難しい文体だ
教養の深さが現代人とは隔絶してる

89 :吾輩は名無しである:04/03/02 13:21
>>88
露伴はそもそも御坊主衆の家系なので、教養の高さは家柄に由来すると思われ。
ちなみに露伴は、新しい漁法を開発したのでも有名

90 :吾輩は名無しである:04/03/02 13:25
>>14
湯川秀樹は小さい頃から漢文を祖父に読まされてたらしいね。
英才教育ってこんな感じなのかな。

91 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:45
湯川ってそもそも中国文学の専門家の家系だったよね。兄貴と弟は京大の教授だったり、
父親もそうかな?

92 :吾輩は名無しである:04/03/07 16:26
露伴の全集、私はネットで調べて関西の本屋さんから購入しましたが
古本の価格って全国でばらついてますね。
神田神保町を規準に考えると、概ね京都や大阪、福岡が安いようです。
と、保守のついでに。

93 :吾輩は名無しである:04/03/12 22:52
45冊近くを置く場所があるだけ羨ましいことです。


94 :吾輩は名無しである:04/03/24 11:11
ちくま文庫から作品集出してくれないかな?
鏡花みたいに。
岡本その子よりゃ売れると思うんだがなぁ。

95 :吾輩は名無しである:04/03/24 11:15
岡本綺堂も中卒だよな。
昔の人の教養は学歴なんて関係ないんだな。

96 :吾輩は名無しである:04/03/26 04:10
露伴全集って絶版なのに古本屋の値段は結構安いよね。
40冊以上あっても3万円台で売ってたりするし。
でも全部はいらないなぁ。紀行文とかは興味ないし。

97 :吾輩は名無しである:04/03/28 18:24
>>92
神田神保町はほとんど全ての本の入手が可能ですが、
町の古本屋で探せば手に入る物でもバカ高かったりしますよ

98 :吾輩は名無しである:04/03/28 21:22
確かに露伴全集、安いかもしれませんね。
全集で3〜4万円としても、一冊千円もしないことを思うとちょっと複雑な思いも。
全集に収録されている谷崎潤一郎や和辻哲郎を交えた座談会が面白かった。
谷崎たちとフグを食べて死ぬ死なない、死にたくないなどと言い合っているの。
うらやましいほど贅沢な座談会なんだなぁ。

99 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:47
ねじくり博士が好き

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)