2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

テネシー・ウィリアムズかアーサー・ミラーか

1 :アーサー・ミカー:03/09/09 13:41
戦後アメリカの二大劇作家について語るスレです。

2 :吾輩は名無しである:03/09/09 13:49
2?

3 :吾輩は名無しである:03/09/09 13:49
現在、ふつうに書店で購入できる作品は――。

テネシー・ウィリアムズ
「ガラスの動物園」(新潮文庫)
「欲望という名の電車」(新潮文庫)
「呪い」(白水uブックス)*短編小説集
「焼けたトタン屋根の猫」(新潮文庫・絶版)*まだ売っている本屋もあるはず。

アーサー・ミラー
「ア−サ−・ミラ−全集1」(早川書房)
(内容)「みんな我が子」「セールスマンの死」
「ア−サ−・ミラ−全集2」(早川書房)
(内容)「橋からのながめ」「るつぼ」
「ア−サ−・ミラ−全集3」(早川書房)
(内容)「転落の後で」「ヴィシーでの出来事」
「ア−サ−・ミラ−全集4」(早川書房)
(内容)「代価」「二つの月曜日の思い出」
「ア−サ−・ミラ−全集5」(早川書房)
(内容)「世界の創造とその他の仕事」「アメリカの時計」
「ア−サ−・ミラ−全集6」(早川書房)
(内容)「壊れたガラス」「大司教の天井」
「アーサー・ミラー自伝」(早川書房)

4 :吾輩は名無しである:03/09/09 13:58
戯曲を読んでる人って少ないと思うけど
語っちゃってくださいな

5 :吾輩は名無しである:03/09/09 16:26
美香がきたら二度とこない。

6 :吾輩は名無しである:03/09/09 16:41
てゆうか1が美香なんですけど。
アーサー・ミカーって…

7 :吾輩は名無しである:03/09/09 18:25
美香がきたら三度くらいならくる。
(それ以上は不明なり)


8 :吾輩は名無しである:03/09/09 21:23
ミカーーーーーーーーーーーーー!

9 :吾輩は名無しである:03/09/09 21:39
スレタイをできることなら「世界の戯曲」とか
にしてほしかったと思うのはわたしだけだろうか。

10 :吾輩は名無しである:03/09/10 20:06
むしろ一の名前が(略

11 :吾輩は名無しである:03/09/10 23:45
テネシー・ウィリアムズ小説「ガラスの動物園」はいいよ。

映画「ガラスの動物園」は小説を読んでから見ることをお勧めする。
先に読んでないと映画は何のことやら分からないと。
とても静かで悲しく、暖かいブルースのような作品。(我ながらグダグダな喩えだな〜w)

12 :吾輩は名無しである:03/09/12 23:41
アーサー・ミラーは御健在なんですか?

13 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/09/13 11:08
>>12
たぶんまだ生きていると思う。
「現代演劇 no.15 特集アーサー・ミラー」(現代演劇研究会編/英潮社)を読んで、
アーサー・ミラーはとりあえずシメだ。自伝は高いし厚いから読むのやめた。
全集6巻のなかでおもしろかった(再読した)のは1、2、4巻です。

アーサー・ミラー全集を読んでの感想か。
あるいはテネシー・ウィリアムズとの比較。
ぶっちゃけ、どちらもこれでもかというぐらいに「おもしろい」。
ギリシア悲劇やシェイクスピアと比べたら雲泥の差。
戯曲ってこんなにドキドキハラハラ読めるものなのかと。
王様もででこないし、権力闘争も尼寺もでてこない。
でてくるのは夢はあるが貧乏な青年やくたびれたセールスマン。
アメリカ。コーラーの国、ハンバーガーの国、アメリカ合衆国。
アーサー・ミラーからは特に強くアメリカを感じた。

14 :吾輩は名無しである:03/09/13 11:15
俺、アメリカ在住だけど、アーサー・ミラーを朝見たーよ。

15 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/09/13 11:28
>>11
アーサー・ミラーの「二つの月曜日の思い出」(全集四巻)は、
「ガラスの動物園」と(どっかしら)似ていた。
感傷的で切なくて透明で淡くて純粋で。
読めなんていわない、全集高いから(もしつまらなかったら)リスクでかすぎ。

少年の物語。
大学入学のためのお金をかせぐために少年は自動車部品工場でバイトをはじめる。
そこに働く個性豊かな労働者といったら。
アル中のひと、オールドミス、不倫中のふたり。
その中のひとり、移民してきたばかりの青年は詩を好み、少年に読んでやる。
みんな口は悪いが気のいいひとばかり。社長がきたらみんなでアル中社員をかばったり。
しかし毎日、毎日がおんなじ単純作業の繰り返し。
昨日も今日も変わらない、明日もおんなじことがわかっている。
そして少ない給料。なんにも希望なんてない、けれども生きなければならない、ほがらかに。
半年がたつ。少年はお金もたまりバイトをやめる日。
新たな世界に旅立つ日。そう、自分だけが希望をもって。
もう二度と会うことがないだろう、このひとたち。
自分とはちがってあすもあさっても、ここで同じように働く愛すべき彼ら。
少年に詩を教えてくれた移民の青年はすっかり酒びたりになり、詩もあらかた忘れてしまった。
彼ら彼女らにどうもうまく「さようなら」がいえない少年。
ひとりだけ夢へ旅立っていく少年に周囲も動揺している、無視するしかない心持ち。
少年は工場を独りでていく。あなたたちのことは生涯忘れませんと誓い。

16 :吾輩は名無しである:03/09/13 14:45
消・え・ろ。


17 :11:03/09/14 01:58
>>15
「二つの月曜日の思い出」(タイトルがいいね!)
概略読んだわ。一言で言うと他人事じゃねぇ物語。っうか俺のこと?なんてw
もちろん少年と呼ばれる年齢じゃないっす。
けど状況が似てる。おれも年内に実家に帰るし。(グッバイ東京!)
仕事仲間は愛すべき奇人変人がたくさんいるし。(別れが辛い・・・)

買ってみるよ。読んでみる。
まぁ、駄目なら駄目でしゃーないでしょ。一期一会を大切に。
T.ウィリアムズも当たりだったから信用してみるわ。





18 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/09/14 10:33
>>17
読まなくてもいいようにストーリーを書いちゃったわけなんだけど(w
ネタばらしみたいなのはやらないようにしているけど、
あまりにおもしろかったからつい紹介したくなった。
全集の四巻目だからほとんど読んでいるひとはいない作品なんだろうけど、
どうしてどうして、ひょっとするとわたしがアーサー・ミラーでいちばん
好きな作品かもしれない>「二つの月曜日の思い出」
アーサー・ミラーの作品の中で唯一泣いちゃった作品であることは本当です。

アーサー・ミラーの代表作といえば全集の1、2巻に入っている作品
というのが定説になっています。「セールスマンの死」とか「るつぼ」とか。
でもこの4巻に入っているのも、それに劣らずおもしろいんです。
もうひとつの「代価」というのも、非常に「楽しませてくれる」作品です。
それに登場人物が四人しかいないのでとても読みやすい。
ちなみに定価は「2524円+税」です。

アーサー・ミラーはテネシー・ウィリアムズと並べられることの多い劇作家です。
デビューしたころがちょうど同じ、第二次大戦後まもなくのころで。
アーサー・ミラーは同時代作家、ウィリアムズの
「ガラスの動物園」「欲望という名の電車」に強く刺激されたと語っています。
また「世界を変えようとする演劇」を作ろうとしている唯一のライバルだとも。

19 :吾輩は名無しである:03/09/14 11:35
か・え・れ。

20 :吾輩は名無しである:03/09/14 12:10
>>17
>まぁ、駄目なら駄目でしゃーないでしょ。一期一会を大切に。

ププッ、どっかで聞いたセリルだな、をい、牝豚よ。
またぞろジエン糞スレ立てか。どあほ。24時間2CHか、糞まくなw

21 :糞ジエンスレ乱立アラシ:03/09/14 12:12
       巛彡彡ミミミミミ彡彡 ジエン厨犯 糞ころ/美香/淳一/幕の内/ころにゃん…etc.etc.
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡   自称29&24歳(実は厨房)、無職のひきこもり。
   r、r.r 、|:::::           |  2chに貼り付いて一日中ジエン。
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |  自己顕示欲の為に2CHを利用し
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|  マジ板に糞スレ乱立。他者を誘い込み 
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ  釣っては嬲り、下司レス垂れ流し。 
  | )   ヽノ |.          ,| 山ほどのHNと名無しでジエン、良スレを
  |  `".`´  ノ     ノ ̄i  |   煽り、マジレスを茶化して他者を罵倒し、
  人  入_ノ´    ヽニニノ ノ\    ジエンで自分をほめ上げるのが特徴。
/  \_/\\       /|\\     都合が悪いと<血液型O型>コピペや
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ   エロコピペを貼りまくる。
     /      ` ─┬─ イ     i i 嫌味と憎悪と煽りのレスで板全体に
    /          |      Y  | | エロと低劣なムードをまきちらし
★★コピペ自由★★ジエン見たら貼れ       砂漠のように荒らす最悪犯人。


22 :吾輩は名無しである:03/09/14 13:10
美香のいないスレッドはないのかよ。。。
マジで迷惑。お願いだからここにはもうこないでくれ。

23 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/09/16 19:30
戯曲、楽しいよ♪

24 :吾輩は名無しである:03/09/17 20:40
演劇のおもしろさがわからないせいなのか、
戯曲のおもしろさがわかりません。

アーサー・ミラーは自伝の方を読みたい。


25 :吾輩は名無しである:03/09/20 18:38
11月に青山円形劇場でやる「欲望〜」の篠井ブランチは必見。


26 :吾輩は名無しである:03/09/20 18:54
自分の好きな作家が美香に読まれてると思うと腹が立つ

27 :吾輩は名無しである:03/09/20 19:19
>>26
一週間前に引退したよ、あれは。

28 :吾輩は名無しである:03/09/20 19:21
>>26
その気持ち凄くよく分かる

29 :吾輩は名無しである:03/09/20 19:22
テネシー・ウィリアムスは一歩手前でしょ。
ニューオーリンズのフレンチ・クォーターで
読むとやりきれなさがいっそうつのる。
あのジャズの町、ミシシッピーでザリガニの取れる町。
あの町で長いこと「欲望」という名をつけた路面電車が
飾って合ったそうだけど、動けないくせに轢いちゃったのね、
たくさんのアメリカ人を。

30 : ◆Hd6iVFPOKk :03/09/20 21:08
>>16、19、21、22、26、28へ
「牛の涎の如く」スレの133に伝言を置いたのでヒマなときにでも。

31 :吾輩は名無しである:03/09/20 21:59
>>25
スタンリーが古田新太、ステラが元宝塚。
日本の舞台俳優は人材不足なんでしょうか?

32 :吾輩は名無しである:03/09/20 22:33
いや、篠井ブランチが全て。

33 :吾輩は名無しである:03/09/24 14:48
やっぱホモには勝てないね。
ホモの繊細で女々しい感性に憧れちまうぜ、まったく。
受け専でなきゃ見えない世界ってのが確かにあるんだろうね。

34 :キッド ◆kQOyJA.DgI :03/10/03 20:05

エリア・カザン監督が亡くなりました。ご冥福をお祈りしましょう。

http://movies.yahoo.co.jp/m1?ty=nd&id=20030930-00000023-spn-ent

35 :吾輩は名無しである:03/10/03 21:03
>>34
そですか。南無阿弥陀仏・・・

36 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/02 14:09
ちょっと情報が古くなるけど。
雑誌「テアトロ」11月号にテネシー・ウィリアムズ「ナイチンゲールではなくて」が掲載されている。
なんでもこの作品はテネシー・ウィリアムズがメジャーデビューするまえの習作。
偶然、近頃どこかの図書館?で発見されたとのこと。
近々読むので感想を書きますね。
テネシー・ウィリアムズは「ガラスの動物園」「欲望という名の電車」で
才能を使い果たして、晩年は目も当てられなかったという評価が一般的なので、
この習作時代の「ナイチンゲールではなくて」はひそかに楽しみにしています。

37 :吾輩は名無しである:03/11/02 17:47
書かなくていいし二度と来るな。

38 :吾輩は名無しである:03/11/23 06:49
ニール・サイモンについて情報求む。

39 :吾輩は名無しである:03/12/27 11:34
だれ?

40 :吾輩は名無しである:03/12/29 14:44
>38
スレ違いだし、
ニール・サイモンは演劇関係の板の方が情報集まるんじゃないかなあ?

41 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:18
ピーター・シェーファーについても語ってください。

42 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:21
汚れのオバサン自演うざい

43 :吾輩は名無しである:04/02/02 07:06
サム・シェパードの話題はここでいいのですか?

44 :吾輩は名無しである:04/02/02 08:22
削除依頼だしてこい

45 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/02 23:23
今日、日焼けしてぼろぼろの「夏と煙」(新潮文庫)を150円で購入。
テネシー・ウィリアムズ著。はたして読むのかどうか。

46 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/03 20:39
流山児★事務所が『ガラスの動物園』をやっている。
ベニサン・ピットで (1/30 - 2/11)だってさ。
笑えるのが小田島雄志訳ではなく鳴海四郎訳を使っていること。
おそらく著作権料をけちったんだろう。
あー、貧乏くさい。だれが行くか。

行かれるひとはどーぞ。
http://www.ryuzanji.com/r-glass.html
http://www.ryuzanji.com/

47 :吾輩は名無しである:04/02/12 08:35
age

48 :杏奈:04/02/12 16:59
もう一昨年のことか?
ク・ナウカがやっていた「欲望〜」はちょっと面白かった。
個人的には、それと「Orpheus Descending」「Vieux Carre」「Suddenly Last Summer」が好き。
後は、和訳は出てないけど「A Lovely Sunday for Creve Coueur」「The Red Devil Battery Sign」もいいと思う。
でもやっぱり駄作って見なされているの?

49 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

50 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/06 09:26
>>48
すいません。英語で言われてもよくわからない。
「テネシー・ウィリアムズ一幕劇集」に入っているのかな……。

51 :吾輩は名無しである:04/03/06 09:33
糞スレを上げるな

52 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 00:15
テネシー・ウィリアムズ(1911-83) 邦訳作品
http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/ishikawa/amlit/w/jp/williams_t21_j.htm

53 :吾輩は名無しである:04/03/22 01:21
美香さえ消えれば参加する。おまえマジで死ね。

54 :吾輩は名無しである:04/03/22 08:58
『ガラスの動物園』
教養のときに、原著を読まされて。。。
いまだに拒絶反応が。
トラウマ救出班希望。
もとい、演劇にくわしくないのでつ。


55 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/23 19:39
>>54
それは貴重な体験を。でも無理やりはつらい……。「欲望」は読んだの? 
わたしは小田島雄志さんのすばらしい翻訳から入ったからウィリアムズ大好き。
でもいろいろ読んだ結果↓

オニール>ウィリアムズ=ミラー>シェファー>ワイルダー>リリアン・ヘルマン

56 :吾輩は名無しである:04/03/24 20:10
>>55
欲望という名の電車
読みましたよん。

57 :吾輩は名無しである:04/03/24 20:11
何年も前のこと。。。


58 :吾輩は名無しである:04/03/24 20:12
タメぐちを
きかれてるから
タメぐちに
しようとおもう
春の夕暮れ


59 :吾輩は名無しである:04/03/24 20:13
おお!


60 :吾輩は名無しである:04/03/25 00:03
テネシー・ウィリアムズかアーサー・ミラーか 、って、ずいぶん古めかしいスレだね
今なら、マイケル・クライトンかジョン・グリシャムか、ってな感じでしょ。
これでも一昔前のおもむきだけど…

61 :吾輩は名無しである:04/04/15 21:40
>>60
君ちょっとずれてるのね。

62 :吾輩は名無しである:04/04/25 05:50
>>48
「この夏、突然に」はおもしろいのか。
これが入っている「今日の英米演劇1」を買ったから楽しみ。

ここが英米演劇全般を語るスレになるといいな。

63 :吾輩は名無しである:04/04/27 01:45
やっぱテネシーよ。断然

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)