2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★文藝―ユリイカ―現代詩手帖―リトルモア★

1 :吾輩は名無しである:03/12/01 17:34
この辺の雑誌読んでる人はいますか?

2 :1:03/12/01 17:37
『文藝』 河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/
『ユリイカ』青土社
http://www.seidosha.co.jp/
『リトルモア』 リトルモア
http://www.littlemore.co.jp/

『現代詩手帖』 思潮社はHPなし?

3 :吾輩は名無しである:03/12/01 17:52
リトルモア、休刊したでしょう。
思潮社、以前はホームページあったような。
で、この雑誌の組み合わせに何か意味は?

4 :吾輩は名無しである:03/12/01 19:52
>>1の四冊に+
『InterCommunication』『Cahiers du Cinema Japon』
『早稲田文学』『重力』『批評空間』『美術手帖』
あたりを読んだりしてました。
最近は良い特集があれば読むくらいです。


5 :吾輩は名無しである:03/12/01 20:33
早稲田文学に載ってたよりたんの切れっぷりはすごかった。

6 :吾輩は名無しである:03/12/01 20:51
ユリイカ来月の特集はくまのプーさんだってよw
んで、増刊はロラン・バルト
なんだこの差は

でも、上の四つの中では一番好き。

>>1
俺もこの組み合わせの詳細を知りたい。
文学界、群像、新潮とかに比べてややサブカルよりってこと?

7 :吾輩は名無しである:03/12/01 21:28
つぶれそうってことだろ

8 :吾輩は名無しである:03/12/01 21:43
思潮社ってホムペ作ってほしいよマジで。
今は現代詩手帖を常に立ち読みできるところに住んでないので、
新詩集刊行の情報とかチェックしたい。


9 :吾輩は名無しである:03/12/03 21:59
不便?

10 :吾輩は名無しである:03/12/09 19:32
不便

11 :吾輩は名無しである:03/12/10 18:06
快便

12 :吾輩は名無しである:03/12/10 18:07
宿便

13 :吾輩は名無しである:03/12/10 18:08
和田便

14 :吾輩は名無しである:03/12/15 22:15
郵便

15 :吾輩は名無しである:03/12/20 17:59
宅配便

16 :吾輩は名無しである:03/12/25 23:45
簡便

17 :ユリイカ2004年1月号:03/12/29 10:48
特集*クマのプーさん
■インタヴュー
はじめに魔法の森ありき 石井桃子 聞き手= 安達まみ
■魔法の森の内と外
クリティックなんて「プー」! A・A・ミルン文学の「プー」ラドックス 高山宏
ヴァーチャルなクマとブタ 〈森の王〉と〈森のおまけ〉 安達まみ
物語の中の「子ども」/外の「おとな」 クリストファー・ロビン・ミルンは幸福だったか? 早川敦子
ただ、女がいないだけ フレデリック・クルーズ 訳・解題= 本間裕子
■詩
クルエル・クリスマス 阿部日奈子
Pooh on the Hill。 田中宏輔
■キャラクターとしてのプーさん
キャラクターのアルカディア 『ヒキガエル館のヒキガエル』から「プー」作品を読み解く 横田順子
失われたプーさんを求めて ディズニー・アニメで喪失されたもの 小田島則子
キャラクターと対象性 『クマのプーさん』における身振りの定式 石岡良治
百エーカーの森の病理??A・A・ミルン作品にみる発達障害 セーラ・E・シェイ他 訳・解説= 手塚俊文
■鼎談
退屈とくだらなさの擁護 金井久美子 金井美恵子 丹生谷貴志
■これもプーだ!
願わくばバッドテイストに クマのプーさんグッズ考 近代ナリコ
プーさんとドキュン 矢部史郎+山の手緑
プーの低俗唯物論とディス・グノーシス 清水知子
この頭の悪いクマに気をつけろ! クマプー人生論・哲学書・ビジネス本総まくり 栗原裕一郎
キャラクター・グッズとしての人間 「今はまだ」と「もうすでに」の間で 遠山純生
■資料
クマのプーさん書誌 横田順子
クマのプーさん年表 本間裕子

18 :吾輩は名無しである:04/01/03 22:24
ユリイカ立ち読みした。
まあまあ面白かったよ。

19 :吾輩は名無しである:04/01/08 23:27


20 :吾輩は名無しである:04/01/08 23:28


21 :吾輩は名無しである:04/01/08 23:52
丹生谷のTにワラタ

22 :吾輩は名無しである:04/01/09 12:53
DO IT AGAIN!
AND AGAIN!
AND AGAIN!
……

23 :吾輩は名無しである:04/01/13 07:06
みなさん、現代詩手帖はどうやって買ってますか?
うちの地元はユリイカと現代思想はあるんだけど、現代詩手帖は手に入らないです。

24 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:40
>23
私も入手方法が知りたいです。

25 :吾輩は名無しである:04/01/14 03:24
直接思潮社に注文すれば良いと思うけどダメかな?
確か詩手帳のバックナンバー購入とか年間購読とかあったよね。
立ち読みできなくてホムペも無いが、毎号毎号買う気は無いので、
バックナンバーだけ買おうかなと思ってますが。いかがです?

26 :吾輩は名無しである:04/01/14 06:43
>>25
詩手帳って店売りしないものなの?
手紙で注文すればいいのかな?

27 :吾輩は名無しである:04/01/14 10:09
>>26
店で売ってるよ。
ただ近くの書店で売ってないと書店で取り寄せてもらわないとしょうがない。


28 :吾輩は名無しである:04/01/14 12:15
スレ違いなんだけど早稲田文学が欲しくて大阪の結構大きな書店回った
のに一冊も無かった・・ファウストやエンタクシーは置いてるのに。
あと、現代詩手帳はもちろん美術手帳もなかったりする。

29 :吾輩は名無しである:04/01/14 12:49
京都のデカイ本屋はどれも置いてるけど

30 :吾輩は名無しである:04/01/14 18:42
博多にもあります。
おそらく大阪がDQNの街だからと思われます。

31 :吾輩は名無しである:04/01/21 05:40
ユリイカって売れてないんでしょうかね。漫画特集がやけに多いけど。

32 :吾輩は名無しである:04/01/21 05:45
道頓堀に飛び込めばユスリカならごっついまっせ。

33 :吾輩は名無しである:04/01/21 06:23
雑誌ってのは商品が安い割りに嵩張って輸送コストが高くつく。
雑誌は全部一括して東京で刷ってるから、地方にトラックで運ぶわけだ。
だからいくら名古屋、大阪などの大都市でも、雑誌は売切れてくれる
くらいしか置かれない。もしくは売れ残りも買い取ってくれる本屋。
その反対に関東地区なら雑誌が絶対売れ残るのがわかった上で
店頭に山積みする。雑誌と言うのはあながり東京首都圏の文化であって
地方には根付き難い。
地方から上京して最初に気付くのは、なぜ東京の書店やコンビニには
明らかに売れないまま雑誌が山積みされているのかということだ。

34 :吾輩は名無しである:04/01/21 21:43
文藝別冊の夢ムックってどう思う?
なんか感想文ともいえない駄文ばかり載ってて個人的にはイヤだ。
新興出版社がちょっと若者を啓蒙しようと思って出した本ならば
いいんだけど、伝統的に「〜読本」を出してきた河出(→新社)
がこういうの出すのはちょっと欝。

35 :吾輩は名無しである:04/01/21 21:45
そうだったのか!



36 :吾輩は名無しである:04/01/22 19:37
詩手帳の今月号注文したよ。

37 :吾輩は名無しである:04/01/27 01:20
>>34
来月出るのは「武田百合子」だってね。
武田花へのインタビューや、村松友み×川上弘美の対談、
未収録文章、作品リストなんかが出るらしいが、
既存の二番煎じかな。

38 :吾輩は名無しである:04/02/25 01:18
リトルモアとかウェイストランドが消えたことが象徴的。
文学はやっぱり若者文化にはなりえなくて、
青春から脱却しようとしている人がはまりこむの文化なのかなと思う。

39 :吾輩は名無しである:04/02/25 02:44
ブンガク is dead

40 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:55
38>
イギリスとか、その気で開き直って文学シーンを開拓しているよね。
日本でも、「文学は大人のもの」と言っていた作家がいた。
若くしてデビューする作家もいるが、それはご本人の精神が
「老けてる」だけのことだとゆう。

大人の晴耕雨読用に書かれたイギリス文学が、自分はわりと好き。
無理して若ぶっていないので、じっくり本の世界に浸れる。
河出や、休刊前・リニューアル後のリトルモアは、無理して芸能人に小説論
語らせたり作家をアイドル風に撮影したりして、痛々しかった。
本は本文化(活字文化とはちょっと違う)のものであって、若者文化でも
老人文化でもないと思う。

41 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:58
本を若者文化に取り入れようとして成功しかかりコケたのは、
角川の「野生時代」ではなかったっけかな。再刊した今はどうなっているんだろ。

42 :吾輩は名無しである:04/04/07 01:11
「本文化」ってちょっとキモイ。
活字好き特有のフェチを感じる。
しかもそこから真の名作は生まれそうにない気がする。


43 :吾輩は名無しである:04/04/09 21:41
リトルモアって文芸誌だったんだ。


8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)