2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我々は所詮言葉に操られてるだけ

1 :吾輩は名無しである:04/01/02 03:31
虚しい、、、

2 :吾輩は名無しである:04/01/02 03:32
バカ。

3 ::04/01/02 03:55
名スレ

4 :吾輩は名無しである:04/01/02 04:12
ちなみにマジレス禁止です、、、

5 :吾輩は名無しである:04/01/02 17:08
何このスレ

6 :吾輩は名無しである:04/01/02 17:09
いや、1の言うとおりだよ。

7 :吾輩は名無しである:04/01/02 17:18
そもそも何に意味を見いだすか

8 :吾輩は名無しである:04/01/02 18:18
              __,,,,,,
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
     (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
        !       '、:::::::::::::::::::i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ                         
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \>
             謹 賀 新 年

9 :吾輩は名無しである:04/01/02 20:38
8はAAに操られ、ネットに操られている。


10 :吾輩は名無しである:04/01/02 20:39
1よ、「虚しい」という言葉にも操られないようにな。

11 :吾輩は名無しである:04/01/02 20:46
うっっっ、、、、まけぼの。。。

12 :吾輩は名無しである:04/01/02 20:50
しかし、とにかく素晴らしいスレタイだな〜

13 :吾輩は名無しである:04/01/02 21:15
8は曙だったのか…

14 :吾輩は名無しである:04/01/02 21:33
人間にとって言葉ってどういうものだっけ?

15 :にゃっ太:04/01/02 22:24
>>14
生命

16 :吾輩は名無しである:04/01/02 23:43
生命は言い過ぎ

17 :吾輩は名無しである:04/01/02 23:45
           ,-―、           カァ〜〜〜〜〜〜ン!!
    , ― 、_, - /9:::::┤          歴史のゴングが今鳴ったァァッ!!
   〈::::::::;::::::::::::::: ー┘- 、
    ,>::〈::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
   |:::::::|::、::_::人_:::::::ノ ,イ、_ イ、
   ヽ_::::\:::::::::::::::::::::::/  〈:::::::::ヽ
   〈::::::ノ´ \:::::::::::::/    \::::ノ          ,--:、
  ,っ/::::/    ):::::::::ノ      〈::::)        __,r==ミ}
 (ξ,- ´    / ̄~ 、 )   ⊂(::::ヽ     ,r'''" i  ´ ̄` `ヽ、
        \   |/     UUUU      } _.ノ        l
         〈__j              | ↓        li .
         /:〉::::::)              レ`} :      レ'..
        /::〈:::::::|               (,、-─-、,,,__.ノ
       (:::<  |:::::|               _.ノ /::::::::;r−、|:
        ~ ´  )::|              ,:' .ノ ./:::::::⊂-ぅっl
           \_`っ            フ:/ /::::::::::"''一''"::|.
                           i゛`'''ゞ-−−L___::| .
                           .|  (      >- ノ
                          .ヽレミ)}     ,'  .ノ.
                            .!,,_|.    ノ /.
                                 ノ7´..
                                 ヽ 》、..
                                  ヾ、ぅ


18 :吾輩は名無しである:04/01/02 23:46
井上ひさしが言うには、若者の言葉が乱れてるのは健全であるらしい。例えば「〜っぽい」というのは日本語として正しいらしい。
にちゃん用語は日本語として正しいのだろうか?日本語破壊に繋がっていないだろうか?

19 :匿名希望:04/01/02 23:55
私は今、この匿名掲示板で言葉を打ち込みながら
誰に何を語りかけていることになるのだろうか?
言葉を使っているつもりで、言葉に操られているのだろうか?
言葉は味方のようにみえて、本当はペテン師なのか?

20 :匿名希望:04/01/03 00:20
それとも言葉を味方にできる人間と
そうでない人間がいるのだろうか?

21 :吾輩は名無しである:04/01/03 06:36
言葉の発生起源を知りたい

22 :吾輩は名無しである:04/01/03 11:10
>>18
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896917367/250-4924688-6587420
説によると2ちゃん用語には必然性がそれなりにある。

2ちゃん用語が語尾がe音で終わる言葉になるのは、そうすることで緊張感をなくす効果があるためでは?だそうな。

たとえば否定的に扱われがちな韓国ネタだが、韓国語「マンセー」はポピュラー化した。
原因は「万歳」より響きが間抜けっぽくて2ちゃん向きだからだろう。

23 :ナジャ:04/01/03 20:17
>>20
同じ人間でも時と場所によって
言葉が先走りして空回りしてしまうときと
言葉に血が通って力に満ちる時があります。

24 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:28
どうすれば言葉に操られずに味方にできるのだろう?

25 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:32
なるべく考えたり喋ったり読んだり書いたりせず、ハミングで
メロディーを奏でたり、細い筆で絵でも描いたり、体を動かす。

そして「どうだ? 言葉よ、たまには使ってもらいたいかい?」
と思い出したように声をかけてやるんだね。

26 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:39
自分だけの言葉をつくれば良いのでは?

27 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:42
でも、ここで観察していると、「操られる」ほどに言葉に
翻弄されたり、言葉の煉獄に囚われているようなレスは
少ないかな。。。

28 :吾輩は名無しである:04/01/04 10:16
>25
 おお!そっか!君、天才(と自分なりに勝手な解釈で膝打ちする、とw)

29 :吾輩は名無しである:04/01/04 11:19
24の高校生です。ぼくは詩を書いています。
26さんがいうように「自分だけの言葉」を捜しているけど難しい。
いい詩が書けた、と思っても、他人の言葉の影響に後で気付くことも多くて。
25さんのいうように、言葉に対して禁欲的になるべきでしょうか?

30 :25:04/01/04 13:02
26さんの言うのは「エスペラント語」のような言語の発案も含めて
冗談めかしているのかもしれないな。

詩を書く高校生ならマジレスを…。
「言葉に禁欲的になれ」ということでなく、焦らずに生活をひとつ
ひとつ喜びで満たしていくように発見を大切にすべき…と。
小さくてもいいから旅に出て、自分の知らない暮らしや自然に触れる
こと、音楽や絵画に触れることで心の振幅回数を増やす。そうすれば
自然に内から湧いてくる、表現しなきゃいられないものがにじみ出て
くるのではなかろうか。振幅しやすい内面を築けば、「喜びの感動」
表現だけでなく「哀しみの感動」「怒りの感動」も豊かになるだろう。

読み手として、閉塞状況に自分を追い込み言語を弄んだだけのような
「息詰まる」「痩せ細った」詩など読みたくないもので。


31 :吾輩は名無しである:04/01/04 14:59
★火の鳥未来編★僕のレビューを評価して下さい
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1073194889/l50

32 :吾輩は名無しである:04/01/04 15:19
>25
それにプラスして、必ずそれを伝えたい人間がいなければ
ならないと思う。自分の「声」を聞く人間への言葉、メッセージで
ある必要がある。
そうでなければオナニー的な自分よがり名感動、
>閉塞状況
を打破できない。

33 :吾輩は名無しである:04/01/04 15:31
そこには我々でなく言葉がいるのである。
これが哲学の初学者が嵌るという虚無思想か。

34 :吾輩は名無しである:04/01/04 15:38
そこなんだよなぁ・・・あぁ矛盾。

35 :吾輩は名無しである:04/01/04 16:37
24です。30さんありがとうございます。
これまでマジレスもらったことは数えるほどしかないので
久々にうれしい思いを味わいました。
ぼくも気取らなくて古びていない力のある言葉を求めています。

36 :吾輩は名無しである:04/01/05 20:54
言葉を支配したい。
結局のところ読書量でしょうか?

37 :吾輩は名無しである:04/01/05 22:39
言葉にからめとられたい。

38 :吾輩は名無しである:04/01/11 09:54
精神状態をピュアなものにしておかないと
言葉に操られてしまうときがある。

39 :吾輩は名無しである:04/01/11 12:17
>38
はげど

40 :吾輩は名無しである:04/01/11 22:45
>>36
必ずしも「=読書量」じゃないと思う。
やはり感性が問題かと。天性のものであれ磨いたものであれ。
たとえば武田百合子のような、書けそうで書けない「生き」のある言葉。

41 :吾輩は名無しである:04/01/12 03:22
愛のことばああああ

42 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/12 08:44

初めに言葉ありき、
言葉は神と共にありき、
言葉は神であった。

新約聖書「ヨハネによる福音書」第一章一節(A.D.90頃)より

……1900年も昔から言われていることですね。
しかもここでは、「言葉」と「神」が同等の存在として語られているのです。
「言葉」を作り出す作業はそもそも神の仕事であり、
だからこそ名作というものは、常に神がかりの状態で産み出されるのでしょう。

43 :吾輩は名無しである:04/01/12 10:25
神は死んで、我々はバベルの世界にいるのだ。

44 :吾輩は名無しである:04/01/12 11:08
恥丘は丸い、て言ったらどう操られるのかな

45 :吾輩は名無しである:04/01/12 11:42
女性の恥骨結合の前方、すなわち陰部の上方の皮下脂肪に
富んでふくらみのある部分。恥丘(ちきゆう)。

     ・・・・・・・・・・・・・・( ´_ゝ`)フーン

46 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/12 17:41

こんな僕の愛でも、恥丘を巣食うことができますか?

47 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/12 17:44

『お言葉天国』

「言葉、言葉、言葉!」
 言葉を喋ると
「言葉、言葉、言葉!」
 頭が良くなる

「言葉、言葉、言葉!」
 言葉を喋ろう
「言葉、言葉、言葉!」
 言葉は僕らを待っている

48 :吾輩は名無しである:04/01/12 17:45
ムリ

49 :吾輩は名無しである:04/01/12 17:47
ぬ。そう「かもしれません」。

50 :吾輩は名無しである:04/01/13 20:05
>>46-47
そういうダジャレや替え歌は自分のHPか創作板でやれ。間抜け。

>>36
>>40さんがいうように必ずしも「=読書量」ではないだろうが
ピュアな精神状態を保つために読書があり、先人との対話があるとも思う。
あとは現実の生活の中で、人との交流の中で、感性を磨いていくことやね。

51 :吾輩は名無しである:04/01/13 20:15
>>43
たしかに現代は「バベル」の世界かもしれんと思う。
ベンヤミンが何か言ってたっけ。

52 :吾輩は名無しである:04/01/13 20:19
★2ちゃんねるオマンコ情報★今がチャンス★
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=ero&vi=1073992166

53 :吾輩は名無しである:04/01/13 20:22
「お前はそれで本当に読んできたのか?本を見ながらでもまとも
にわかってないじゃないか!」
「はい、一応読んできましたが…」
「お前は本の行間を読んでいるのか」
「はぁ〜、そのつもりです」
「阿呆!お前は行間を読む前にまず行を読め。」


54 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:06
>詩を書くという24さん
詩と言葉、経験についてはリルケのマルテの手記が
参考になるのではないでしょうか。ご存知ならばご容赦。

・・・詩はほんとうは経験なのだ。一行の詩のためには、あまたの都市、
あまたの人々、あまたの書物を見なければならぬ。・・・
(リルケ「マルテの手記」p24、新潮文庫)

全てが自分と同化したとき、ふとした偶然に最初の言葉が湧き上がってくる
とのことです。詳しくはp24-25をご覧下さい。

55 :吾輩は名無しである:04/01/18 17:15
24です。54さんありがとうございます。
読んでみたいと思いました。


56 :吾輩は名無しである:04/01/18 18:58
操られるのも悪くない、願わくば操られていると
感じないほど酔わせ狂わせて欲しいと思う。
純粋な人間は人間じゃない、陳腐な言葉に価値はない。それだけだ。

57 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:50
>>56
退廃主義者

58 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/21 23:13
我思うゆえに我あり、を自己存在の根拠にしてた哲学者がいたけど、
所詮「我思うゆえに我あり」も「存在」も言葉であって
自分が能動的に考えてるんじゃなく言葉によって受動的に考えさせられてる。
あるいはね、むしろこういったほうがいいのかもしれないなと思う。
考えさせられているのでもなく、考えていると思わせられている。

59 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/21 23:19
よく作家が天からのインスピレーションで書くとか
少し書き始めると勝手にペンが動いてくみたいなことを
話したり書いたりしてるのを見聞することがあるけど
それって言葉に操られてる状態とは違うものなのかな?


60 :吾輩は名無しである:04/04/25 11:58
>1
言語を制度化すれば操られることになるな

61 :吾輩は名無しである:04/04/25 12:15

    あなたが虚しく過ごしたきょうという日は

    きのう死んでいったものが

    あれほど生きたいと願ったあした



62 :吾輩は名無しである:04/04/25 12:21
無意識(無次元)への認識とその否定


13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)