2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高橋源一郎スレPart4 自分語りはいいかしら

1 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:03
前前前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1001562108/
前前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035861204/
前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062592168/

高橋源一郎の話題で、盛り上がりましょう
荒らしコテハンTeeDeeのカキコは放置でおねがいします(事例は前スレを参照)

2 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:04
なんばんだー

3 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:05
乙。
前スレの最後見てみるともう来ないっぽいけど、
いつまた戻ってくるかわかんないからね。

4 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:06
セックスを題材にする作家は腐る程いるが、AVを題材にする作家は珍しい。

5 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:39
阿部和重と源ちゃんって関係あるんですか?仲いいんですか?

6 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:06
TeeDeeさんにお別れの挨拶をいおうと思ったら、ハスミニストと思われる人に、
ヤラレちゃった・・。「その人」が、ハスミンだったら、すごい!
名無しと看板ありでは、全然読む姿勢が違ってくる。
そんな、こっちゃ、いかんとです、ばってん。
「その人」は、教育者だとは思う、まちがいない!
つーことで乙!



7 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:08
「あだると」は現代文学の白眉

8 ::04/01/30 22:16
982さんって、俺がしってる人?だったら面白いのに。

9 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:38
凄くわかりやすく、馬鹿丁寧に言わないとわかんない自己陶酔コテだったのか・・・・・・
982は本当辛抱強く接したもんだよ、あんなクズに。できた人に違いない。

10 :吾輩は名無しである:04/01/30 23:08
源一郎の作品は文庫化しないね。

11 :吾輩は名無しである:04/01/30 23:46
過去に文庫化されたものみても
解説が無いのばっかりなのは何故?

12 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:04
>>11
本人の希望でしょう。
読解の範囲を狭めてしまうと思ってるんじゃないのかな。
講談社文芸文庫の「ギャング」が出たとき
どうなっているか見たら解説があったのでびっくりした。
そういえば村上春樹も解説がないね。

13 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:09
源ちゃんと阿部重と保坂和志は仲がいい。

14 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:47
>源ちゃんと阿部重と保坂和志は仲がいい。

癒着みたいな印象あるな。
互いに誉めあってる姿見ていると、なんか悲しい。
それぞれいい作家だとは思うけど…

15 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:57
>>14
保坂氏が講演会で話してたんだ。2人は彼が認めてる数少ない作家なんだって。

16 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 11:51
>>1-3,(>>6),>>9

お前(ら)そんなこと言ってると今度はおれが常駐するぞwww
おれと彼とどっちがいいか考えてみろ!

前スレはまれにみる名スレになってるよ
消える前に保存しとかないとな
愛読者を失望させただと?あれで失望するんなら
最初からお前(ら)は源なんて愛読してなかったんだよ!
お前(ら)の下らない自意識のために
おれから読みたい数少ないスレを奪わないでくれ!

それから、な、言いたいことはひとりで言え!
こそこそ「みんな」の影に隠れるな(ガイドラインの「頭のおかしい人」嫁)!



17 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 12:01
これな!
 ↓
※参考リンク:「2chおやくそく。頭のおかしな人には気をつけましょう」
http://info.2ch.net/before.html



18 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 12:14
TeeDee=鶏インフルとか言う奴が出てくる前に言っとくが
おれは良コテ支援コテ(今だけ)だ
でも逆に迷惑になるかもしれないからとりあえず消える

ここも嫁!
 ↓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1075515360/

19 :赤西仁の乳輪がでか過ぎてたまらない&rlo;スャシレプ&lro;:04/01/31 12:21
古本で100円で売ってたの買ってきた。

20 :吾輩は名無しである:04/01/31 19:13
つまんないよ、そのキャラ。面白いと思ってんのおまえだけだろ

21 :吾輩は名無しである:04/02/01 00:09
>>16-18
コテ叩きは削除対象ですが、マジレスつけると、依頼は、はねられるようです。
そういう意味では、TeeDee叩きを巧妙に支援してまつね。
特にスレをクリックすると常に表示される>>1にTeeDee叩きが含まれていて、
それが、あぼーん、されなくなったとなると、効果は絶大です。

そういうわけで、
ともあれ>>1、スレ立て、乙っす!

22 :吾輩は名無しである:04/02/01 05:36
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
DeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

23 :吾輩は名無しである:04/02/01 05:38
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

24 :吾輩は名無しである:04/02/01 09:57
378,396,
402,408,411,415,417,432,434,476,477,485,494,498,
502,517,530,535,536,536,544,586,587,588,597,
601,603,604,611,617,618,638,639,649,662,673-675,682,688,689,691,693,694,699,
733,734,783,744,746,748-751,760-762,767,768,770-772,774-780,783,788,786,792-793,795,798,799,
802-804,809-811,813,817,823,832,839,847,848,852,853,857,860,864,865,870,872-874,881,885,888,895,
900,919,924,925,925,929,940
んじゃ。


25 :吾輩は名無しである:04/02/01 20:46
age

26 :吾輩は名無しである:04/02/01 21:03
オサレかんけいしゅつえn

27 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:10

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT


28 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:11
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT




29 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:13
室井卯月の旦那ですよね?

30 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:14

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
Tsi

eDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
si


31 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:15
誰かうっってください。

32 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:16
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTee氏
ウオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

33 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:19
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!

34 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:00
室井祐月がおしゃれ関係で源一郎のこと大嫌いだって言ってたね。
古館がその発言に大喜びしてた。


35 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:09
>>34
反応としてズレるけど、それにひきかえ男って哀しいねー
死にそうな病気とかしたり、文学史を小説にしたり・・・




36 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:24
あと『すばる』の「ミヤザワケンジ全集」は、
激怒してる賢治研究家がいるらしいね
まあ真面目に怒ってくれるのは、この場合いいことだと思うけど

たとえば「祭の晩」は、賢治作品の方は、素朴な少年と
不器用な山男との心温まる交流っていう受け止め方がされてるけど
高橋氏のでは、その少年が老人になってボケて何もわかんなくなって
昔の女性とのいろいろを断片的に思い出している時に、不意に、
子供の頃、祭りの晩に感じた風景が、体を過ぎるってことになってる
それで、まあ単純に言えるのは、ぜんぜん異質な情景と繋げることで
賢治の作品を、自己完結した美しい世界として消費する人達に対する
批評を試みてるってことになるのかなあ
としたら、怒った研究家は、美しい世界を汚された気がしたのかな


37 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:40
あとやっぱ、こういう少年が大人になって
しかも現代に生きることになったらどうなるか考えてみろよ!
てこともあるのかな?〈少年=純粋〉の表象に酔うことと
いまの時代、子供の世界もふくめて、「性」的なものに
溢れてるような環境と、折り合いをどう付けるんだ?とか、
そんな〈純粋〉は、ある意味、「ボケ」の中でしか得られないんじゃないのか?
とか賢治を〈読む〉ことの意味が、この作品では問われてるのかもしれないとも思う。



38 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:41
まあ賢治を読んでくと、絶対、賢治を読むことと
今の身の回りの現実への対応との関係っていう問題に突き当たるんだよな。
で多くの場合、世知辛い現実からの、つかのまの逃避、いやしとして
賢治を使うってとこに落ち着くんじゃないかな
だからこの作品では、そういう〈美しい世界〉を求める人に
強烈な違和感を与え、間接外しをし、外に目を向けさせるってのは
その限りではいちおう有効な戦略かもしれないなあ。


39 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:56
ただあえて言うなら、そういう戦略を取ることによって
高橋氏のこの作品自体が、いわゆる「賢治ファン」的な読みと同じ
賢治=〈美しい世界〉っていう枠組みを、引き受けてしまって、
そういう次元でしか、作品の意義を主張できなくなってしまっている、
ていう面もあるのかもしれない。これはただ、賢治にはもっと
多様な可能性があるぞってことだけじゃなく、なんかこう
ミイラ取りがミイラになるみたいな共犯関係を、「賢治ファン」との
間に結んじゃってるんではないかな、という気がしなくもないんだなあ。
だから、いわゆる「ズラシ」みたいなのは、どこまで有効なんだろうって思ったりもするんだよなあ

・・・とこれからもずっと続ける力はおれにはありません。
みなさんの力で復興してください。スレ上ってのは、複数の話題が
同時進行しててもいいわけだから、TeeDeeさん的なものと、そうでないものが
どちらも自己完結せず、併行してくのも可能なわけで。そういう複数性ってのこそ、
あえていえば「源一郎的」なものなのかもしれません。まあ俺には
高橋氏を語る力も意欲もそんなにないですけど。



40 :吾輩は名無しである:04/02/02 16:34
高橋源一郎を読もうと思ってるんですが
これは読め!っつうのと、読まないほうがいいのを教えてくれ

41 :吾輩は名無しである:04/02/02 16:48
まず、「坊ちゃん」。それから「雁」だな。

42 :吾輩は名無しである:04/02/02 20:14
この荒らしはTeeDeeの工作だな。たぶん
示し合わせたように「TeeDeeがいたほうがよかった」ってカキコが出てくるよ。

43 :吾輩は名無しである:04/02/02 22:52
TeeDeeがいたほうがよかった

44 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:02
TeeDeeがいないとやっぱり盛り上がらないよね!

45 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:03
teeDeeこそこのスレの目玉!
TeeDeeがいたときの源チャンスレはほんとに輝いてた!

46 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:11
TeeDeeのレスで実際オナりまくってた!

47 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:20
TeeDeeがいると、不愉快だが、実際面白い。
・変体オナニー見せ付けられるのは、気持ち悪いが、
 笑わせてもくれるので、見てる分には面白い。


48 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:26
やっぱり源一郎スレはTeeDeeの糞まみれじゃないとつまんないよ!

49 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:31
ていうか、まともな人は頼むからteedeeって言葉をつかわないで。

50 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:01
>>34
室井は実力的には本を印刷する紙が勿体ない位なんだけど、本人は実力派作家だと勝手に思い込んでるらしいから。その室井が文壇を眺めてみて、
春樹(信者が恐い)
慎太郎、龍(政治力が恐い)
詠美(ズタボロに負かされそうで恐い)
綿矢(若さが恐い)
笙野(恐い)
近年の芥川賞作家(賞も獲ってない自分は大きなことを言えないし、知名度が低い)
源一郎(勝てる)

51 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:05
でも源ちゃんは今の文壇で結構重要な立ち位置だと
思うんだけれど、そうでもないのかな。

52 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:20
たぶん源一郎は今の作家の中では、かなり良い人の部類に属するのだろう。
女流相手に何か言おうにも、自分一人の妄想で勝手にキレる笙野や、ネット上でキレる柳美里などは相手にしたくもないはず。

53 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:01
鶏インフルさん、乙。
あんたが、ここまでやるとは思わなかったわ。
そうか、宮沢賢治の実際の作品との比較をくそまじめにやって、その差異を、
「感想」として書くってゆーのは、ありかもしんまい。

室井が14で医者に頼んでやってもらったって、彼女の著作にあったけ。
「官能・・」まんまじゃん。
猪瀬の「ピカレスク」で太宰はアレンジの天才、真逆にいうとタネ本がないとなにもできんという
印象をもったが、室井傷ついただろうなあと思う。
自分のコト書かれて。
小説書きというのは色んな人を傷つける因果な商売だと思いました。

あと、源ちゃんは、ゲンちゃんでも、大槻ゲンヂかよー、みたいな

んじゃ!


54 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:04
室井はどんなことであれ、自分の事を書いて!書いて!ってタイプに見えるが
じゃなきゃあんなべらべらしゃべらないだろ

55 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:31
わしもそう思う。

56 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:41
ゴーストバスターズって面白いんですか?

57 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:49
>>56
自分は他の作品の方が好き。

58 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:53
>>56
自分は他の作品の方が好き。

59 :吾輩は名無しである:04/02/03 18:38
>>54
でもさぁ、
作中で、桃水と夏子が二人三脚で一葉を作り上げていくわけだけど、
これを描いちゃうのってどうかと思うんだ。
結局夏子は桃水捨てて作家として独り立ちしていくにしても、ね。


>>53
話題と関係ないですが、前スレでは面白い意見を色々拝見しました。
引き続き今スレでも頑張って下さいね。
と、無責任に期待してますんで。

60 :吾輩は名無しである:04/02/03 18:40
>>56
時間と手間は凄いかかってる作品。

61 :吾輩は名無しである:04/02/03 22:18
>>56
悪いことはいわない。
ゴースト・バスターズだけはやめとけ。


62 :吾輩は名無しである:04/02/03 22:31
失敗してないからね、ゴーストは。
源の小説は、破綻しひび割れた部分から世界が広がっていく感じが、よいのに。


63 :62:04/02/03 22:34
ところで、
源が選んだ吉本隆明の詩集がでるってホント?

64 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:08
>>62
でも、昔の作品ってああ見えて、かなり推敲を重ねられてるらしい。

65 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:45
室井は、田中の「ぺろぐり・・」や永井の「断腸亭・・」などの日記文学についての批評でMとして登場してるよね。
あと、「退屈な読書」で龍絶賛の「熱帯・・」を書評で取り上げている。
あれ噂真の前だから、書評で取り上げて、誰かが仲介して、できちゃったというのが、
私の想像なんだ。
「官能・・」にでてくる、夏目、森、樋口の居酒屋シーンね。

そういうこと想像するの、「走れメロス」が、宿代の人質になった壇だったという具合に、
面白いんだけどなぁ。

まあ、小説作品と、事実を比較(想像)するなんで下司ねぇ

といわれればそれまでなんだけど。


66 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:47
ゴーストバスターズって何やりたかったのかさっぱりなんですが
誰か教えてください。
細かい所ではペンギン村とかドン・キホーテ以降の作家の決意表明とか
いろいろあってわかるんだけど、
作品全体としての目的とかは、ぜんぜんわかりません。

67 :吾輩は名無しである:04/02/04 00:27
>>54 室井は自虐的というか、自己破滅的なところがあると思う、それが真逆に出ているだけで、やっぱ、
爆弾かかえてると思う。祐歌くんの写真見てると、その爆弾は当分爆発しそうになさそうだけど・・。

スバルの朗読会の2度目に源ちゃんは、ゲロの短編を朗読したんだけど、もでるは室井の友達で、
それは「官能・・」のイオナのような気もするけど、つーか、そのゲロを食べるビデオを私は観てないが、
室井は、私の友達をネタにするのぉ?って顔してた(あなたの作品ぜんぜんわかんなーいって顔じゃなかった
(ような気がする))。

小説を書くってのは、無から書くなんてとうてい、できっこない技だし、
やっぱ「罪つくり」だと、私、思うわ。

>>59 せっくす!じゃない、さんくす!

68 ::04/02/04 00:35
え?それは君が代のことかな?
あれって室井の友達なの?
卯月妙子がモデルだと思ってたんだけど。
てか、卯月を読め!

69 :吾輩は名無しである:04/02/04 00:43
>>68
誰それ?面白いの?

70 ::04/02/04 00:46
ボーダーの漫画家。エロティクスとかに書いてるよ。
源も書評してるよ。
悲しくて切なくて可笑しくて。もう!わらうしかないって感じ。
でも、ちょっとあとずさりするような。

71 :吾輩は名無しである:04/02/04 01:29
ボーダーと聞いて、狩撫麻礼がエロティクスに!?と思ってしまいました。

72 :吾輩は名無しである:04/02/04 03:14
この装丁は・・・買いにくい・・・

ttp://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-7976-7114-9&mode=1

73 :吾輩は名無しである:04/02/04 14:44
>>72
いまは誰と結婚してるの?
もう直子さんとは戻らないんだろうか・・・悲しい

74 :吾輩は名無しである:04/02/04 15:29
室井のエセーによると資産家の娘だと


75 :吾輩は名無しである:04/02/04 19:08
源ちゃんの作品のワーストはなんですか?

76 :吾輩は名無しである:04/02/04 19:56
>>75
取り敢えず、ペンギン村

77 :伝説をもつ男・山本が出てきた :04/02/04 21:30
http://uno.law.seikei.ac.jp/~tomita/whatsnew.html
http://homepage2.nifty.com/ikariwoutae/starthp/subpage04.html
http://zenkyoto68.tripod.com/todaiz00.htm
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/eijitkn/mondai/Q03.html
山本義隆は、どこの党派にも所属していなかった。
ただ、大学管理法反対闘争の時に安田講堂前で一人テントを張って抗議したという伝説をもつ男であり、
全共闘以前は「東大ベトナム反戦会議」で地道な反戦運動を続けていた。
当時、教養学部の生物学教室の助手として闘争に参加した最首悟は語る。
「あいつはとにかくとてつもなくできる男なんだということで、山本にはみんな一目置いていました。
このままいけば、東大の理論物理をしょって立つ男なんだろうなということは、
僕たちだけでなく教授たちも同じ認識だったと思います。
それが闘争に飛び込んでくるとなれば、これは将来を捨てることになる。
これが大きな衝撃でねえ。
山本が出てきたというので、
『これは職業的革命家が指導する学生運動じゃないんだ』
ということになってきたわけです」


78 :吾輩は名無しである:04/02/04 22:52
66>>「ゴースト・・」なにをしようとしたかは、源ちゃんが単行本の帯に書いているよ!
あの、児童文学のような、みずみずしい書き出しがいいよね!
まず「ゴースト」とは何かってことだけど、私的に、今のところ、「繰り返すこと」がゴーストじゃないかな、と
思う。繰り返すと、ほら、作業で小説書けるじゃない。
機械のようにカタカナでしゃべるようになるしさ!(←ほんとかよ)
「ゴースト・・」は、やっぱ、軽さ、速さ、正確さ、視覚性、多様性だよね。
うけうりだけど。
そこんとこ加藤典洋とか、傑作だというんだったら、詳細な評論を書いてほしいな。
小森陽一のような歴史的に女子高生にむけて書くってのも、あり!


79 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:22
ゴーストバスターズって小説内世界が閉じていく感覚を強く覚えたのは記憶してるけど、
他はあんま覚えてなかったりするんだよなぁ。
最後に転生みたいな事があったような気がしないでもないけど(そうしないと源ちゃん自身やってられんだろうし)
あんまり印象に残ってなかったり。
源ちゃんの行き詰まっている状況がよく伝わるなぁ、と勝手に思ってました。


80 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:48
「官能・・」は私小説なのでしょうか?どこまでが本当で、どこまでが嘘なんでしょう。
一葉に手ほどきする桃水は、あのミステリー作家のことなんでしょうか?源ちゃんなら、あの「秘密」も源ちゃんのことなのでしょうか・・。
ゲイであるということ。

源ちゃんは伝言ダイヤルにはまって、実際、援助交際をしたのでしょうか?
啄木のどうしようもない性癖は源ちゃんのものなのでしょうか?
そうしたら、それはとてもすごい「告白」です。

援助交際において、源ちゃんは、そこにはなにもないと書きます。たぶん、そうかもしれません。
文学が音をたてて崩れてゆく現場(ラブホのベットの上)から、源ちゃんは言葉を使って帰還したとも読めます。
私にとっては、最近、源ちゃんが書いている風俗ものの単なる報告でしか、ないともいえなくもないですけど・・。

でも、今日、「・・セクスアリス」の章が、私小説のように読めて、少し、せつなくなりました。

んじゃ

81 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:53
>>79 最後は、中上の「軽蔑」に似てたよね。警察がガザ入れにはいる冒頭のシーン
にを「繰り返す」んだけど、前と違う、みたいな・・。

炎に向かう少年は、「ナイス」なものに向かう、「さよなら・・」にも似てたけど・・。


82 :吾輩は名無しである:04/02/05 00:42
>>80
ワタシは、源ちゃんの分裂した心理を桃水と鴎外に投影していているのかなぁ、と思ったり。
源ちゃんの小説は大抵私小説的要素が強いけど、そのものではないという微妙な感じですね。
「君が代は・・・」の素数でちょろっと出てきた15歳のヒモのヤクザも実在の人物らしいし。
だからといってイコールで結べるはずは当然ないですがね。

>>81
あのラストは、いかにも「とってつけた」ようなラストだなぁ、と感じました。
ギャングたちのラストはカッコイイ!と痺れたものですが・・・。

83 :吾輩は名無しである:04/02/05 15:28
「ゴースト〜」の、くるっと一周して閉じて、
でもなんとか前進している…とゆう感じがスキデス。


84 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:20
ペンギン村に陽は落ちて、ってどういう話ですか?
面白いですか?

85 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:27
>>84
わたしはそんなにきらいじゃない

86 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:30
ペンギン村はいかにもコンセプチュアル・アート丸出しすぎて、嫌いだなあ。
ワン・アイデアつーか。
刊行された頃の時代はありだったのかもしらんが。

87 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:41
ペンギン、惑星P13、ゴーストが、ワースト3かな。
あの時期のは、読むのが辛かった。
あの時期の私生活も気になるね。緊張感のない生活をおくっていたに、
まーちがいない!

88 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:04
ペンギン村ってどういうストーリー?
ドクタースランプと関係あるの?

89 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:05
>>84
愛と哀しみのサザエさん、連続テレビ小説ドラえもんなど。

90 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:34
でも「追憶の〜」はおもしろい

91 :吾輩は名無しである:04/02/06 12:49
ある程度野球に通じているなら
「優雅で感傷的な日本野球」(河出書房)
は面白く読めると思うよ。
楽しみが半減するかもしれないので
詳しくは書かないけど、
野球への愛と文学への愛が
コインの裏表になっていてうまくできている。

92 :吾輩は名無しである:04/02/06 16:16
「あ・だ・る・と」はどうですか?

93 :吾輩は名無しである:04/02/06 22:24
>>87
ゴーストはそうでもないと思うが。

94 :87:04/02/06 22:53
たしかに、ゴーストはペンギンやP13に比べれば「同情」できるかな。
ペンギンとP13は、日本野球の物語解体路線の延長で、
解体しすぎて中身がなくなってしまったような空虚さを感じた。
ゴーストは煮つまった感じで、つらいんだよね。

あだるとはいいと思うよ。


95 :吾輩は名無しである:04/02/06 23:00
げげっ!素数のヤクザって実在してたの?数学の部分は、みかさんのHPで誰かかいてたけど、
(名前忘れて、すまそ、どかべそ)、まんま本の写しだということだった。
源ちゃんは、「ベンヤミンの「複製技術時代の芸術」の悲劇を一身に体現しているのだ」
筒美京平みたく。
ところで、「官能・・」で、「ギンギラギン・・」が「愛のコリーダ」とかいう指摘の羅列は、
源ちゃんオリジナルなんだろうか?だとしたら源ちゃんは、POPに精通している?
どうよ、そのへん!


96 :吾輩は名無しである:04/02/06 23:39
「ペンギン村・・」は、ハスミンの「小説から・・」を受けて書かれたのだから、それ相応の読みがあったもいいと思う。
物語の解体=小説?
それから、「ペンギン村」は、皆が夢の中を生き始めるという事件が起こる。
これは大江の「同時代ゲーム」でも起こった事件で、大江の「さや」=「懐かしい場所」が、
中上の「路地」、島田の「間」と同様、源ちゃんの「ペンギン村」というのも、ありかな。
最初は「波」の「ゴヂラ」に所有されて、後に「ゴースト・・」に引越ししたスッパマンとはるばあさんの愛と死は、
「ペンギン村」だからこそ起こった事件かもしんまい。
「ペンギン村」=「石神井」という読みもできて、すると「追憶の・・」は1989年の石神井公園付近を
「懐かしい時」とする何度でも書く手紙かもしんまいという読みも出来る。
いや、またもや、妄想か。


97 :吾輩は名無しである:04/02/07 01:22
源ちゃんの本出たよ!
「この4年間のあいだに2回のケコーンと離婚をした。
死ぬかと思った」
みたいな文が帯にあった。
私生活ってタイトル。
あんまりもろには書いてなかったけどな……。



98 :吾輩は名無しである:04/02/07 09:30
最近、ふと思ったんです。
高橋の小説は、建築でいう、トラス架構の大屋根のようだと。
自由な接合と軽さにより、世界を包みこんでいくような。
でも、その接合部がはずれてしまっていたり、
がちがちに固まってしまうと、面白くなくなってしまう。

99 :吾輩は名無しである:04/02/07 11:50
おお、「私生活」。朝日新聞の新聞広告で見ました!集英社?「すばる」関係の書き下ろし?
これはこれは。つーか、「プレイボーイ」じゃんねえ。あの鎌倉とか沼袋とが、午前3時とかいうやつじゃ。
連載全部フォローしてないけど。
「私生活」・・、キャッチ-なタイトルだけど・・。
1700円・・高い。
「月刊プレイボーイ」のそれだったら赤裸々さはないわな。
小遣い前借で、買いにいこ!


100 :吾輩は名無しである:04/02/07 12:43
立ち読みでほとんど読んだけど、赤裸々さはなかった
売れるためにああいった帯にしたんじゃねーかと。集英社必死だなw
1700円で出すんだったら文庫で安く出した方が売れるんじゃねーの

131 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)