2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬱のときの読んではいけない本

1 :吾輩は名無しである:04/03/11 06:48
とりあえず「ライ麦畑」は危険

2 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:18
あいだみつを著作全般

3 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:19
ハリーポッターと賢者の石

4 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:21
ドラゴンボール17巻

5 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:22
スージーとタイガーウッズ 下巻

6 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:23
烏龍茶と西洋哲学

7 :吾輩は名無しである:04/03/11 07:24
茎のスジの煮込みとワンダーランド

8 :吾輩は名無しである:04/03/12 05:38
>>4
すげー気になる。
話的にはどのあたり?
チャオパイパイのあたりか?

9 :吾輩は名無しである:04/03/12 05:38
ポールオースターのニューヨーク三部作。
発狂しそうになる。

10 :吾輩は名無しである:04/03/12 05:53
男たちへ

11 :吾輩は名無しである:04/03/12 07:55
シオランを読んだことのないやつは鬱を語る資格なし

12 :Hage&Aska:04/03/12 11:34
『ニジンスキーの手記』なんて読むとまいりそうだな。

13 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:19
そもそも鬱のとき本読むべきではない

14 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 12:25
ていうか鬱のとき本読めないだろう。

15 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:33
>>14
経験者は語る

では漏れも。
本よりも音楽の方が、強制的に聞こえてくるからヤバイ
個人的にはさわやかで良質なポップスが危険だった。

16 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:56
鬱というほどではないが、長時間読んでると集中力がなくなってきって
読んでるときにほかの事を考えてしまうことがある。
気がつくと1、2分くらい同じところで止まってたり。

>>15おれは音楽の方が無心になれていいな。
特にオーケストラとか、ストリングスものがいい。メロディアスな映画音楽なんかね。
単純に旋律や和声展開に意識を委ねられる。

17 :吾輩は名無しである:04/03/12 14:11
>>16
カーペンターズみたいに実は毒満載のポップスはヤバイよ
同じ理由でビーチボーイズもヤバイ。
美メロのエッセンスが適度に薄まっている映画音楽は問題ないな。

18 :吾輩は名無しである:04/03/12 20:56
「耳をすませば」

19 :岡崎ワールド:04/03/12 20:58
@大平光代の「だからあなたも生きぬいて」
A春山秀樹「脳内革命」
それまで活字に接してなかった人が急に1〜2冊読むときに、
いきなりこれに出会ったりしてもヤバイ。有害。

@は実は読んでないけど、表紙の斜め上を見上げる視線が宗教くさくて
近づいてはいけない!とアラームがなった。誤解だったら悪いが。
でも読む気もしない。

20 :吾輩は名無しである:04/03/12 21:09
>>19
@はタイトルからやばそうだな。
そのタイトルだけで欝になりそうだ・・・・

21 :吾輩は名無しである:04/03/12 21:10
BEATLESのSEXY SADIEを聞いてはいけない。

22 :吾輩は名無しである:04/03/15 19:36
>>16
同意。まだ経験中だけど、あんまりひどいと本を開いても字が滑っていく感じ。
しかしかといって音楽を聴くという気分にもなれない。
DVDやビデオならなんとか。それもワンチャイみたいなやつ。


23 :16:04/03/15 20:09
>>22

最近見つけた解決方法が声に出して読む。それだととりあえずは集中できる。
でもここ数ヶ月本ばかり読んでたせいかかなり調子が悪い。
一ヶ月くらいは読書やめてみようと思う。。。

24 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:28
とりあえず、鬱で迫り来る罪悪感をさらに
増幅したいなら、ずばり、加藤締三だと思うよ。
でも、最近この人見かけないけど、死んだ?

25 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:39
>>24
生きてましたな・・しっかり

http://www.kato-lab.net/

26 :吾輩は名無しである:04/03/16 01:02
木村敏
異常の構造

小説じゃないが

27 :吾輩は名無しである:04/03/16 01:05
…絶望に絶望を重ねるようなことはもうやめ給え

28 :吾輩は名無しである:04/03/26 18:24



29 :吾輩は名無しである:04/03/26 18:47
恋愛小説全般

30 :吾輩は名無しである:04/03/26 19:22
ウィリアム・バロウズ 裸のランチ

31 :吾輩は名無しである:04/03/27 01:03
>>16
あー結構前からそんな感じだ…
仕事辞めて時間あるから今のうちにイパーイ本読もうと思ってたのに全然読めない。
ヘルマンヘッセの読みやすそうな薄いペラペラの本でもすぐ止まる。

32 :吾輩は名無しである:04/03/27 02:45
マンガだけど
つげ義春

33 :吾輩は名無しである:04/03/27 03:26
定番 夏目漱石『こゝろ』

34 :ちょっと通りましたので:04/03/27 03:31
>>1に同意。わかるよ、その感じ。
>>21にも同意。あとフィクシンガ・ア・ホールもヤバイ。
で、ポール・オースター、ニジンスキー、シオラン、木村敏
どの書き手も好きなタイプなんだが。。。もしかして鬱傾向ありかな?

35 :吾輩は名無しである:04/03/27 04:40
>>24 しめぞーになってる

36 :吾輩は名無しである:04/03/27 05:13
俺は軽度ながら4、5年に渡って鬱状態が続き、
貴重な20代前半という時期を無駄に過ごした経験を持つが、
確かに本を読んでも勉強しようとしても集中出来ないってのはあった。
でも不思議と怪奇小説は結構読んでた・・・
音楽はジャンルにこだわりなく割と聴いてた。

37 :カテハン:04/03/27 12:05
>>36
今はどうなん? 鬱状態脱出したん?

38 :吾輩は名無しである:04/03/27 17:59
>>36
わたしは今23で軽い欝状態なんですが、どのようにして脱却されたんですか??なんか一生こうなのかと思うとまじで辛いのですが…

39 :吾輩は名無しである:04/03/27 19:29
俺メンヘル板いってくる

40 :カテハン ◆2tajBL3Q4s :04/03/27 19:38
manic-depressive psychosisの場合は躁状態もあるんだろうけど。
鬱だけじゃなく躁のときも読書はしづらいんじゃないか。。。

41 :吾輩は名無しである:04/03/27 22:02
文学じゃないが加藤諦三の本。
経験者より。

42 :吾輩は名無しである:04/03/27 22:27
文学じゃないが『ツァラトゥストラ』。
経験者より。

43 :吾輩は名無しである:04/03/27 23:38
2chに居ること自体鬱である証左のよな氣がしてきた

44 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:03
>>37
脱出した。・・・と自分では思ってます。
今でも時々カウンセリング受けたりするけどね。
>>38
うーん、正直自分でも分からない。
時間が解決してくれたとしか言い様がないです。
俺の場合は入学した大学の勉強に興味を持てなかったことと、
両親を失ったことが原因だったと思うんですがね。
そういう相談は別に専門の掲示板が2ちゃんねる内にもあるんじゃないですか?
そこで聞いた方がいいかと。

45 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:54
確かに時間だけが特効薬ってものもあるよな。
で、躁鬱病、パラノ、スキゾ、自閉症、虚言癖、妄想癖などなど
人間の精神状態を別の人間の精神がいろいろ名づけているわけだけど
まぁ多かれ少なかれ多くの人間にそういう病的な要素はあるわけで
何を言いたいわけでもなく、なんとなくこう書き込んでみたりするのも
ある種の病的要素がなせるわざといえないこともなかったりするわけで。
文学などの芸術というものもそんな人間のアウトサイドにかかわるんかな。

46 :吾輩は名無しである:04/03/28 02:31
確かに2ちゃんにいること自体、「鬱」な気はします。
自分、分裂で入院中に、「ドグラマグラ」読んで、悪化しました。
あと、何気なく「ノルウェイの森」読んで、なおさら鬱になりました。

47 :吾輩は名無しである:04/03/28 02:48
>>17
いまカーペンターズBSでやってる…耽美的だw

48 :吾輩は名無しである:04/03/28 03:02
カーペンターズはお子様推奨音楽とされているが、
あれこそ大人にも危険。
けどそこがいいとも言える。

49 :吾輩は名無しである:04/03/28 03:28
>>45
でも鬱の場合はちょっと重くなると命に関わるから
時間で解決とか悠長なこと言ってられないところもある。
重度の鬱になると自殺する気力すらないって聞くけど。

50 :吾輩は名無しである:04/03/28 03:35
>>38
中村真一郎は鬱になった時、頼山陽の浩瀚な伝記を
一日何頁と決めて少しずつ読んでたそうな。
単調な作業を日々の日課として続けたことがなかなか効果的だったんだと。

51 :38:04/03/28 04:03
>>44
そうですかぁ。アドバイスありがとうございます。専門板にも是非いってみます(^^)。ところで、44さんはいまはどのような趣味をもたれているのですか?教えてくださるとありがたいです

52 :38:04/03/28 04:04
>>44
そうですかぁ。アドバイスありがとうございます。専門板にも是非いってみます(^^)。ところで、44さんはいまはどのような趣味をもたれているのですか?教えてくださるとありがたいです

53 :吾輩は名無しである:04/03/28 14:46
欝の時は語学やるのもいいらしい
会話関係じゃなくてリーディング。

54 :吾輩は名無しである:04/03/28 18:05
>>46
入院中に「ドグラマグラ」はアカンやろ。
あれかなり好きな作品だけど。
>>50
手を使った単純作業が心に平静さをもたらすことはあるね。
ハサミとか刃物はまずいかな。

55 :吾輩は名無しである:04/03/28 18:10
平中 悠一

56 :吾輩は名無しである:04/03/28 20:47
ノルウェイの森読みながらモーニング・スーサイド聴くと鬱になれる

57 :マッドDJ:04/03/28 22:02
ハーイえぶりばでぃ!
チューニングは44.4mhzで四六四九(ヨロシク)!
四六時中オンエアでエアコンはオン!
電波の調子はどうかな?
えっ? をまえが電波だろって?
イエースイエースざっつらいと!
りすなーのみんなからのリクエストもお待ちしてますdeathよハイ!
来る4月4日4:44からは特別番組「自殺したくなる名曲50」を
あっぷとぅでいとにおおくりしまーす。おーいぇー!
今宵は井上陽水『傘がない』からいってみよう!
太宰『人間失格』を片手にどーぞ。

58 :吾輩は名無しである:04/03/29 04:09
ドグラマグラ、案外楽しいかもしれんよ。
別に暗い気分になる小説でもないし、マニア的に色んな側面から
楽しんでそればかり読んで時間潰したり。
でも鬱だとやっぱ小説を楽しんだり出来ないかね?

59 :吾輩は名無しである:04/03/29 18:09
地下室の手記

60 :吾輩は名無しである:04/03/29 18:17
とりあえずキルケゴール『死に至る病』は避けたほうがいい。

61 :カテハン ◆2tajBL3Q4s :04/03/30 00:33
鬱ってわけじゃないんだけど、
周期的に頭痛に悩まされてる。
読解能力と思考能力が著しく衰える。
ってまぁ普段でもたいしたことないんだが。
いやはや、やれやれ、困ったもんだ。

62 :吾輩は名無しである:04/03/30 05:29
>>61
ニーチェじゃん
やったな

63 :吾輩は名無しである:04/03/31 21:19
age☆

64 :吾輩は名無しである:04/03/31 21:29
文学ではないが、トマス・H・クックのミステリーとか。
つーか、これはむしろ平常な人間を鬱にする本と言った方がいいかもしれん。

65 :吾輩は名無しである:04/04/02 23:48
加藤諦三@ニッポン放送の名言

変えられることは変える努力をしましょう。
変えられないことはそのまま受け入れましょう。
起きてしまったことを嘆いているよりも、
これからできることを皆で一緒に考えましょう。


66 :吾輩は名無しである:04/04/04 03:02
加藤諦三は避けたほうがよさそうだ

67 :吾輩は名無しである:04/04/10 22:16
ナサニエル=ホーソーンの作品中、9割は
鬱の時には避けたほうがよろしいかと。。。

68 :ロ羊:04/04/10 22:22
鬱は誰にも必ずやってくる。本人が気付かないあいだに
鬱になっている
鬱はこころの病気でもあるが、前頭葉に穴が空く。SSRIなどで埋めていく。


69 :吾輩は名無しである:04/04/10 22:36
春樹は全般的にダウンするのであまり読まないようにしてる

70 :吾輩は名無しである:04/04/11 13:36
鬱のほうがましだ。
躁が出ると最悪

71 :吾輩は名無しである:04/04/11 13:42
>>70
どんな感じになるの?
じゃべりまくるとか?

72 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:25
 >>70じゃないけど。
 躁状態だとちょっと疲れててもなんでも頑張れる、と思ったり、人と交流したり
するのが楽しくて遊びまわったり、すごいテンション上がる。その代わり
その後にくるウツがきつかったりする。死にたいという衝動は減る。外から見ると
妙なハイテンションを保ち続けている。
リアルメンヘラより。
 ウツのとき避けるのはサリンジャーかな。梨木香歩も避ける。でも太宰は読む。

73 :吾輩は名無しである:04/04/11 20:02
>>72
テンションが上がるだけならまだしも、
重症になるとちょっとしたことでキレるみたいね。
躁状態の人が知り合いでいて、
話してることはとびまくるし意味不明だし俺に危害を加えそうだった。
浪費する人もいるみたい。

74 :吾輩は名無しである:04/04/12 19:02
梶井基次郎の短編小説を読んでいたときに、彼の小説世界に
没入していくと、果てしなく鬱にコミットしそうで怖くなって中断しました。

75 :吾輩は名無しである:04/04/17 19:24
鬱になると前頭葉に穴が開くって
やばくないか?
脳の機能衰えるじゃん
うわー
なりたくねー

76 :吾輩は名無しである:04/04/19 01:53
一つのメンヘル 中原中也
いい詩です

77 :吾輩は名無しである:04/04/19 02:09
蟹工船

78 :吾輩は名無しである:04/04/19 03:09
馳星周の作品。救いがない気持ちになる。好きだけど、鬱状態の時は
止めとく。

79 :吾輩は名無しである:04/04/19 09:43
あたしンちは絶対にやめとけ!マジで氏にたくなるぞ。

80 :吾輩は名無しである:04/04/19 21:13
カフカ「化身」
死ぬしかないことが身に染みて分かる

81 :吾輩は名無しである:04/04/19 21:19
銀河鉄道の夜(乗りたくなってしまう)

82 :吾輩は名無しである:04/04/20 03:39
あ、トルストイの「人生論」
これは鬱の時に読んだらやばいですよ。かなり死ねますね
沢山良いこと書いてあるだけに、行間読まずに文章を追うと即死ですね(w
死にたい人は試してみる価値あり?

83 :紙石鹸 ◆fP8/p/c8pk :04/04/26 09:59
山田風太郎『人間臨終図鑑』特に「小林多喜二」の死に様は壮絶極まりない。

84 :紙石鹸 ◆fP8/p/c8pk :04/04/26 10:20
山田風太郎『人間臨終図鑑』特に「小林多喜二」の死に様は壮絶極まりない。

85 :紙石鹸 ◆fP8/p/c8pk :04/04/26 19:13
あ、、あれ? なぜに? 2回? すみません。

86 :無名草子さん:04/05/08 09:36
ゲーテの「若いウェルテル」

87 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:11
鬱になるような内容の文学というのは
たいてい風刺が込められてるもの
なんだろうけど共感して終わって
しまう、風刺だとわかりつつも
風刺として受け止めないで一緒に
堕落してしまう。

88 :吾輩は名無しである:04/05/08 12:35
鬱になると本読めなくなるよね。とくに小説。
でも私は活字中毒というか、他に時間をつぶせる方法を知らないので、
ひたすら下らない雑誌とか読んでるな…
あとは2ちゃんにどっぷりか(ワラ

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)