2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【オリジナル】私が編んだ短篇集【アンソロジー】

1 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:12

タイトルorテーマと収載作品を挙げてみるスレッド。
読書家の人じゃないと書き込みはちょっと難しいよ。
・・・・とか煽ってみるけど、そんなに難しくない、たぶん。


2 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:24
人間失格と東大一直線

3 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:27
去年の名編10とかなら割とできそうじゃない?
面白そうだし

4 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:38
10もないよ。

5 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:40
短編限定は難しいよ・・・ぶっちゃけ
短編のタイトルとか内容とかって
すぐ忘れちゃう気がする・・・

6 :出版社員:04/03/20 23:41
いいアイディアは遠慮なくパクらせていただきますのでヨロシク。

7 :吾輩は名無しである:04/03/21 00:31
じゃあとりあえず『様々な女たち』って題で
1,ローベルト・ムージル「ポルトガルの女」
2,マルセル・シュオッブ「ミイラづくりの女たち」
3,トンマーゾ・ランドルフィ「ゴーゴリの妻」
4,シュペルヴィエル「セエヌ河の名無し女」
5,シュニッツラー「ギリシャの踊り子」
6,イタロ・カルヴィーノ「偽のお祖母さん」
7,ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」
8,シュテファン・ツヴァイク「女家庭教師」
9,カフカ「ちいさな女」
10,マッシモ・ボンテンペッリ「太陽の中の女」

8 :35歳主婦 ◆baeGuFHffI :04/03/21 00:31
短編で記憶に残るのなんて本当に一握りだね。

短編上手の作家といえば誰かな?

モーム
アラン・シリトー
ハーディ
大江健三郎

9 :吾輩は名無しである:04/03/21 01:06
大江とかが昔、短編の傑作ベスト10
みたいのをつくってたのをみたこと
あるけど・・・出てたのはヘミングウェイ
のタイトルは忘れたけど・・・男が酒場で
なんかごちゃごちゃやる話が一位で
アポリネール”オノレ・シュブラックの〜”
ロアルド・ダール”賭博者”
フォークナー”エミリーに薔薇を”
あたりが挙がってたかな(タイトルうろ覚え)

10 :吾輩は名無しである:04/03/21 01:14
今度は『変な男たち』って題で
1,マルセル・エーメ「壁抜け男」
2,江戸川乱歩「押絵と旅する男」
3,ハンス・ヘニー・ヤーン「庭男」
4,エリアス・カネッティ「引きのばし男」
5,ボルヘス「敷居の上の男」
6,坂口安吾「風博士」
7,トルーマン・カポーティ「夢を買う男」
8,アポリネール「アムステルダムの水夫」
9,ジェイムズ・サーバー「虹をつかむ男」
10,モーパッサン「ジュール叔父」

11 :吾輩は名無しである:04/03/25 21:25
誰か完成させてみてくれませんか。。。
1,「一きれのパン」ムンティアヌ
2,「二壜のソース」ダンセイニ
3,「三人姉妹」チェ−ホフ
4,「四人の申し分なき重罪人」チェスタトン
5,「五つの壷」 M・R・ジェイムズ
6,「六月半ばの真昼どき」カシュニッツ
7,「第七官界彷徨」尾崎翠
8,
9,
10,「夢十夜(抄)」夏目漱石

12 :吾輩は名無しである:04/03/26 13:15
では、補完を。

1,「一きれのパン」ムンティアヌ
2,「二壜のソース」ダンセイニ
3,「三人姉妹」チェ−ホフ
4,「四人の申し分なき重罪人」チェスタトン
5,「五つの壷」 M・R・ジェイムズ
6,「六月半ばの真昼どき」カシュニッツ
7,「七」花田清輝
8,「八岐の園」ボルヘス
9,「九つのいのち」ル・グィン
10,「十年」阿部昭

できるだけ数字から始まるものに置き換えてみました。

13 :吾輩は名無しである:04/03/26 21:15
>>12
すばらしい!(7は「七階」ブッツァーティもあるよ)

14 :吾輩は名無しである:04/03/26 21:29
「夜」をテーマにして誰か作ってみてけれ。

15 :吾輩は名無しである:04/03/27 20:42
12です。ブッツァーティで「七」なら「七人の使者」もあって、はじめこれを
いれようと思ってたんだけど、「〜人」が三つになってしまうのでやめました。
短篇にこだわるなら「三人姉妹」の代わりに「三匹の蟹」大庭みな子って
いうのもありますね。

16 :吾輩は名無しである:04/03/27 20:58
ごん狐 はりいますか

17 :吾輩は名無しである:04/03/27 22:49
では『一日』という題で

薄明の彷徨 安部公房
朝の悲しみ 清岡 卓行
正午なり 丸山健二
午後の恐竜 星新一
なまぬるい春の黄昏 遠藤周作
秋宵 山尾悠子
夜はいま 古井由吉
真夜中から黎明まで 豊島与志雄

十個は探せなかった。

18 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:02
>>17
いいねえ! 「アップルパイの午後」尾崎もあるで。

19 :吾輩は名無しである:04/03/28 15:48
最後の方がきっちり決まってないのですが、とりあえず。

1,「水」 古井由吉
2,「水滴」 目取真俊(orブッツァーティ)
3,「雨蕭蕭」 永井荷風
4,「水晶幻想」 川端康成
5,「くずれる水」 金井美恵子
6,「波と暮らして」 オクタビオ・パス
7,「シビレル夢ノ水」 笙野頼子
8,「心の中を流れる河」 福永武彦
9,「過酸化マンガン水の夢」 谷崎潤一郎
10,「私は海を抱きしめていたい」 坂口安吾

番外
みずから我が涙をぬぐいたまう日 大江健三郎

20 :吾輩は名無しである:04/03/28 16:36
暗いね、、、みんな

21 :吾輩は名無しである:04/03/28 17:49
>>19
もしかして、徐々に字数が増えてるの!?
芸が細かいなぁ(w

22 :カテハン ◆2tajBL3Q4s :04/03/28 21:35
>>14
方向づけのためにまず少し挙げてみて。
結構あると思うよ。
>>16
動物をテーマにしたらいいんじゃないの。

ちょっと思ったこと。
ミュージシャンはアルバムでトータルコンセプトを考えてる場合が多いけど
作家の短篇集はそういうのは少なく、寄せ集め的なケース多いんかな。
もちろん連作短篇集みたいな試みはチラホラあるんだけど。
そういう意味じゃ>>19のアンソはなんとなくカラーもまとまってる。
5は藤枝静男「壜の中の水」でもOKかなかな。

23 :14:04/03/28 22:22
「夜」がテーマつうことで
俺が考える夜のイメージは静けさ、切ない感じ。
あえて限定するなら「月夜」もしくは「あの世」で、こんな感じ。

1.「母を恋うる記」谷崎潤一郎
2.「蟹」庄野潤三
3.「なめとこ山の熊」宮沢賢治

上の三つに何か感じる所があった人は補足よろしこ

24 :吾輩は名無しである:04/03/28 23:13
4「Kの昇天」梶井基次郎
5「乳母車」氷川ろう
6「かくれんぼをした夜」筒井康隆

25 :吾輩は名無しである:04/03/29 00:03
7「夜の香り」古井由吉
8「月光騎手」稲垣足穂(or「夜の好きな王の話」)
9「月」吉田健一
10「猫の泉」日影丈吉

26 :14:04/03/29 01:17
>>24-25
おお。サンクス

ではもう一発。
「子供」がテーマ。イメージは子供ゆえの残酷さ。
または無知ゆえの傲慢さ。悪い意味でのイノセンス。でこんな感じ。

1「少年」谷崎潤一郎
2「海の方の子」山田詠美
3「空の怪物アグイー」大江健三郎

上の三つに何か感じる処があった人は補足よろしこ

27 :吾輩は名無しである:04/03/29 01:25
そのテーマだと「アグイー」より「飼育」とか「芽むしり子撃ち」の方がいいような…


28 :14:04/03/29 01:36
>>27
そうかも。
でも「アグイー」のラストで石礫を突然投げられる所がすげー残酷っつうか
理不尽さを感じたから選んでみたんよ。(たしかに「飼育」のほうがいいかも・・)

29 :吾輩は名無しである:04/03/29 16:11
安部公房の「なわ」。

30 :カテハン ◆2tajBL3Q4s :04/03/30 00:54
無垢で残酷な「子供」のテーマかぁ。このへんどう?

「頑是ない歌」中原中也
「ごくつぶし」ミルボー
「人の顔」夢野久作
「ミリアム」カポーティ

31 :吾輩は名無しである:04/04/05 00:06
「春」というテーマでいい短篇っていうと何かな?
思いついたのは「桜の森の満開の下」。

32 :吾輩は名無しである:04/04/05 03:02
>>10
すごい!!面白そうだね。
>>19
センス抜群。
「水晶幻想」と「くずれる水」を続けて読むと船酔いしそうだけど(笑)。

>>31
村上春樹「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」
はどうでしょうか。
「カンガルー日和」に収録されてる。

33 :吾輩は名無しである:04/04/05 03:27
>>26
金井美恵子の「兎」とか「血まみれマリー」はどうですか?
少女らしい残酷さがよく出てると思う。

>>31
またまた金井で申し訳ないです。
「春の画の館」。

良スレの予感age。

34 :吾輩は名無しである:04/04/05 16:44
「顔」というタイトルで。

1「メタモルフォセス群島」(筒井康隆)
2「バルザックの寝巻姿」(吉行エイスケ)
3「神虫」(川上弘美)
4「死顔の出来事」(川端康成)

・・・もう思いつかない。

35 :吾輩は名無しである:04/04/05 16:47
>>31
独歩の「春の鳥」をいれやがれぇぇぇ〜

36 :吾輩は名無しである:04/04/20 03:07
意外と伸びないなぁ。
応援age。

37 :31:04/04/20 23:28
レス遅れてあいすません。どうも。>>32>>33>>35
安吾「桜の森の満開の下」
春樹「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」
金井「春の画の館」
独歩「春の鳥」
ときたけど、やっぱむずかしいなぁ。。。あと
平井呈一「エイプリル・フール」があったっけ。

38 :吾輩は名無しである:04/05/08 09:52
短編といえばチェーホフにモーパッサン

39 :吾輩は名無しである:04/05/08 18:31
愛の悲哀
ゴーゴリ「外套」
ゴーゴリ「狂人日記」
ゲーテ「若いウェルテル」
ゲーテ「クラヴィーゴ」
ドストエフスキー「ブロハルチン氏」
トーマス・マン「トビアス・ミンデルニッケル」
トーマス・マン「トニオ・クレーガ―」
ゴーリキー「チェルカッシ」
バーベリ「オデッサ物語」
モーパッサン「テリエ館」
プーシキン「ベールキン物語」

40 :吾輩は名無しである:04/05/08 18:45
どなたか下記の短篇集を編める方がいたらお願いします。
『後藤明生の傑作短篇集』
『大江健三郎の傑作短篇集』
『村上春樹の傑作短篇集』
そのほか個別作家のもの歓迎です。

41 :VON・トーマス・マン:04/05/08 21:11
異質の狂気
「狂人日記」ゴーゴリ
「狂人日記」魯迅
「狂人日記」トルストイ
「狂人日記」ディケンズ
「オルラ」モーパッサン
「狂女」モーパッサン

42 :吾輩は名無しである:04/05/08 21:33
>>41
どうしてそこに色川武大『狂人日記』(抄)を入れないんだぁっっ!

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)