2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

馬鹿厨房の俺に読んでおくべき本を紹介してください

1 :吾輩は名無しである:04/04/02 14:57
お願いします。もう馬鹿なんて言われたくないんです。
今度中三で来年受験なので切羽詰ってます・゚・(つД`)・゚・  
読書暦は学校の朝読書だけです。
厨房の為になる本をぜひ紹介してください。


2 :吾輩は名無しである:04/04/02 15:03
                                 ー-、二二))二 ̄
                                       l|'  ̄\
                                    // ノノ    |
                                     /ノl、
                                   /+++゙ヽ
       やった!                ハニャッ!? /++++∧+`i ハニャーン!!
       ∧_∧      ∧_∧           /++゚0T|l)+>0+ヽ
     ↑( ・∀・)    ↑( ・∀・)           ⊂++++++++つ+i
      と    つ    と    つ         、 ヾ+++++++++/
      | 人  Y      | / ,へ ヽ       ´⌒(;//`ヽ、++ヽ)+ノ
      (__(__)      (_) (_)     (´⌒ノノ;'⌒//゙ ̄ ̄" ざざっ
           

3 ::04/04/02 16:06
教えてくださいよぉ〜
⊂(゚Д゚,,⊂⌒`つ≡≡≡

4 :吾輩は名無しである:04/04/02 16:11
ライ麦畑でつかまえて
J・D・サリンジャー(白水Uブックス)

読んでみそ

5 ::04/04/02 16:23
>>4
ありがとうございます。ぜひ読ませていただきます。
ところで家に「車輪の下に」という本があったのですがどういう内容でしょうか?
読んでみりゃ分かる話ですがw

6 :吾輩は名無しである:04/04/02 16:32
書を捨てよ、町へ出よう

7 :吾輩は名無しである:04/04/02 17:50
>>5ヘッセだったら
荒野のおおかみ(新潮文庫)


8 ::04/04/02 18:00
何人もの著者の本を読むのではなくて
数人の著者に絞りたいと思うのですが誰がいいでしょうか?


9 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:10
舞城王太郎

10 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:15
文学青年への道は
ドストエフスキーから入るのが定説。

長編が多いけど、ドストエフスキーさえ読めれば、
大抵の作家は読みこなせる。
がんばれ。>>1

11 ::04/04/02 18:21
>>10
ドストエフスキーの作品で最初に読むべき作品はどれでしょうか?


12 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:24
チェーホフの短編から入るのが良いんじゃないの?
ドストで挫折したら二度と読もうとは思わなくなるだろう。
教養云々で言えば漱石、鴎外の代表作で充分。
それさえも読んでない奴はかなり多いけどね。
プロの作家でもいるよ。
これがゲーテ、マン、トルストイ、ドストクラスなんかになると
もっと少なくなる。

13 ::04/04/02 18:27
ぐぐってみたんですが
「貧しき人びと」ってのが面白そうです。


14 ::04/04/02 18:29
>>12
家の本棚にもたしか坊ちゃんくらいはあったと思います。
とりあえず家の本棚を調べてよさそうなものをかき集めてみます。

15 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:32
最初からそうすりゃよかったんぢゃないか…

16 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:41
矢沢永吉の「成り上がり」だな。
お前の人生が変わるだろう。

17 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:41
最初に貧しき人びとはやめたほうがいい…

賭博者
白夜

がいいと思うが

18 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:55
ほんとに頭悪いんだったら簡単なやつから読めばいいよ。
星新一とかオー・ヘンリーとか。

本読んでいればそのうちに自分が何を読めばいいかわかってくるはずだよ。

19 :吾輩は名無しである:04/04/02 18:58
切羽詰ってるっていうのはどういう状況なんだろう。

卒業するまでにクラスメイトに「あいつは小難しい本を読んでいた」って印象づけたいんだろうか。

20 ::04/04/02 18:58
>>18
ぐぐってその著者のこと調べてみたんですがさすがにやめときます。
ドストエフスキーの本とチェーホフの本から読み始めようと思います。

21 ::04/04/02 19:02
>>19
なんか自分はなんていうか幼稚なんですよ。
このまま行きたい高校行ってもずっとこのままだと思うとさすがにヤバいと思いましてねw
まず持続力がないんで受験勉強とか乗り切れるかも分かりませんしw
だからせめて何か精神の支えみたいなものがあったらいいと思ってまして
それでここで読んでおくべき本を紹介してもらおうと思ったんです。


22 :吾輩は名無しである:04/04/02 19:33
>>1
かわいい奴だな。
アドバイスしてあげよう。

ドストは『虐げられた人々』あたりから、読むのがよろしいかと。
んで、『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』
『地下室の手記』『死の家の記録』
あたりでも読めば、これで君も文学青年だ。


23 ::04/04/02 19:44
>>22
新潮社の文庫ならamazonで見たんですが結構安かったので注文しました。
何巻も続いてるのはやめてとりあえず一冊で終わってるやつを注文しました。
本って一冊1000円ぐらいすると思ってたんですが文庫はこんなに安かったんですねw


24 :吾輩は名無しである:04/04/02 19:45
精神の支えですか〜。

・・・・・太宰はどう?

25 ::04/04/02 19:48
>>24
教科書で走れメロスを読んだキリですねぇw
他のもできれば読んでみたいです。

26 :吾輩は名無しである:04/04/02 19:53
こっそり1に吉川英治の宮本武蔵を薦めてみる

27 :吾輩は名無しである:04/04/02 21:02
1は前立線肥大

28 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/02 22:46
>>1
おとなの言うことなど信じるな!
みんな1をからかうのはやめれ!
中学生にドストエフスキーだの漱石だの滅茶苦茶。
宗田理や灰谷健次郎、江戸川乱歩、三浦綾子などから入りなさい。
でないと読書がつまらないものだと思ってしまうから。
上記した著者の本は中学生の今でしか楽しめない本です。
そういうものを大切にしないと優越感で読書をするいじけた人間になる。

29 :じじい:04/04/02 22:50
マーク・トウェイン
スウィフト
ジュール・ベルヌ

完璧

30 :吾輩は名無しである:04/04/02 23:29
O・ヘンリ、一度読んでみるのも悪くないと思うんだけど(´・ω・`)

31 :吾輩は名無しである:04/04/03 00:22
確かにドストエフスキーは重いかも…。
自分も小学生の頃に、ドストエフスキーの作品で、ラストで登場人物が銃殺されるやつを読んでぞっとした。

O・ヘンリーは激しくオススメ。人生への考え方が楽観的になる。

32 :吾輩は名無しである:04/04/03 00:31
受験生はヘッセの車輪の下は読むなよw


33 :吾輩は名無しである:04/04/03 00:35
>>28
死ねブス
ドストエフスキーを読ませておけばいいんだよ

34 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:02
とりあえず小林よりのりの「ゴーマニズム宣言」を進めておく
漏れが去年中三だったときにはまって価値観がかわったし
どんなDQNも短時間で適当に知識つくから
これを呼んだらなぜかやる気がでてきて
志望校のランクが2,3あがるくらいに
勉強に集中できるようになった
だが作中のことを鵜呑みにしてしまうとコヴァになってしまう危険性が
高いので(漏れも実際にコヴァだった)
もし気が向いて読むようなことがあれば注意してほすぃ

あと夏目漱石なら「こころ」くらいは基本中の基本なので
軽く読んでおくことをおすすめしておく


35 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:30
中学生なら自分の読む本は自分で決めろ。そういう時期だ。

36 :吾輩は名無しである :04/04/03 01:35
≫28
わからないからといって読書の楽しみが全く無くなるわけではないのでは…
下学の知です。お薦めは百閨B



37 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:44
中学生でドストエフスキーは無いだろw
俺は中学生は村上春樹すら読むべきではないと思う。
とくに読書初めの段階ならなおさらのこと。
村上春樹は読みやすいけど内容は子供向きじゃない。
危険すぎるんだよ、希望を失って絶望感の中、思春期を乗り越えるハメになる。

お勧めは、宮沢賢治。マークトウェインもいいと思う。
フィクションでなくてもいいなら、シートン動物紀やファーブル昆虫記も。
ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」とか。
トールキン「ホビットの冒険」も。
ヘッセ「車輪の下」。

ただ、一度読んで理解もしないうちから次から次と読まないことだな。
一つか二つ好きなのを見つけてぼろぼろになるまで読み返すべき。
読書は数より質。

38 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:45
自分が読むべき本は自分が一番良く知っているはずだ。
まずは自分の頭の中に浮かんだ本に興味をもて。
そして探せ。本一冊の影響力をなめてはいけない。
恐ろしいぞ?その時期に周りに流されて本を読むということは。

39 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:58
ゲーテ「ファウスト」
ジョイス「ユリシーズ」
プルースト「失われた時を求めて」
ユゴー「レ・ミゼラブル」
ドリアン助川「ベルリン発プラハ」

40 :吾輩は名無しである:04/04/03 02:05
安部公房は面白くて変なのばっかでおもろいよ
面白くて途中で飽きない。

41 :吾輩は名無しである:04/04/03 02:17
ま、王道は「ライ麦畑でつかまえて」だろうな。
一度読んで完璧に理解できる人なんてまずいないだろ。
だからこそこの「ライ麦畑でつかまえて」を薦める。
繰り返し読んで血肉と化させたらいい。


42 :吾輩は名無しである:04/04/03 02:23


   香具師に、釣られた馬鹿が、うようよいるな。(爆


43 :吾輩は名無しである:04/04/03 02:41
>>40
安部膀胱は始めだけ面白いという意見もあるけど
独創的なのは賛否両論だねぃ

44 :吾輩は名無しである:04/04/03 03:11
マルキドサドを読め

45 :吾輩は名無しである:04/04/03 07:14
マークトウェインというか、ハックルベリィは読んだほうがいいと思います。
サリンジャーもいいですね。フラニーとゾーイなんか読んでみてください。
内田百間もいいんだけど、1が求めているのはちょっと違う気がするな。

あとブルーハーツなんか聴いてるのもお薦めです。

46 :吾輩は名無しである:04/04/03 08:09
ライ麦畑でつかまえてでいいよ

47 :吾輩は名無しである:04/04/03 19:33
「ライ麦畑でつかまえて」一冊だけ毎日持ち歩いて読み返したら?
もし自分も学校で孤立して学寮もうまくいかないなんていう状況だったら、すぐハマる。

48 :吾輩は名無しである:04/04/03 20:09
>「ライ麦畑でつかまえて」一冊だけ毎日持ち歩いて読み返したら?
>もし自分も学校で孤立して学寮もうまくいかないなんていう状況だったら、すぐハマる。


>>1に小泉を暗殺させる気か?

49 :吾輩は名無しである:04/04/03 20:26
暗殺希望リスト。

1・ブッシュ
2・金正日


50 :吾輩は名無しである:04/04/03 23:36
そんな純文学にこだわらなくても、楽しく読めればそれでいいのでは?
読むのが楽しくなったら、そのうち苦もなく読めるようになるから。
どうしても純文学読みたいなら短編から始めることを私はすすめるよ。
夏目漱石の『夢十夜』なんかよいのでは?
短編なら島崎藤村なんかも読みやすいと思う。

51 :吾輩は名無しである:04/04/04 00:11
名作っていわれるものをどんどん読んだ方がいいよ
そのうち自分の嗜好がわかってくる

ひとつ、ふたつの作家しか読まないで
信者みたいになるのは絶対だめだからね。

52 :吾輩は名無しである:04/04/04 03:33
唐揚げが多いんだな、このスレ。
この前南欧文学やっている人にボルヘスの話しを振ったら
ボルヘスはオタクだと言われた。



53 :吾輩は名無しである:04/04/04 04:56
>>1
ニーチェを読みなさい。

54 :    :04/04/04 07:47
>>1
レーニン全集&我が闘争

55 :    :04/04/04 08:01
つけたし:『失われた世界』A・R・ルリア

56 ::04/04/04 13:24
さっき本棚にあった坊ちゃん読み終わったんですが
本を読んで面白いと感じたことが無かっただけにとても楽しく読めました。
やっぱり昔からあるのは面白いです。
注文したのが来るまでこれも本棚に入ってたものですが
「チップス先生さようなら」(?)でも読んでみようと思ってます。


57 :吾輩は名無しである:04/04/04 13:27
ヒトラー「我が闘争」マジでお勧め

58 :吾輩は名無しである:04/04/04 16:53
三島由紀夫の金閣寺はオススメできる。

59 ::04/04/04 17:09
今日、官能小説に目覚めてしましました。これからは官能小説だけを読んでいきたいと思います。
みなさんアドバイスありがとうございました。

60 :吾輩は名無しである:04/04/04 17:15
>>1
高校生になったら太宰治を

61 :吾輩は名無しである:04/04/04 17:28
太宰は諸刃だろ。へんな解釈して嫌な人間にならないていどにしないと。
とりあえず、太宰の中では、比較的まともな「富嶽百景」あたりか?
それも、あまりにも教科書的な選び片かな。


62 :吾輩は名無しである:04/04/04 17:30
1はもう引退するのか?
なら漏れが二代目厨房を引き継ぐ!

63 :吾輩は名無しである:04/04/04 19:22
中島義道の「不幸論」と
池内紀の「無口な友人」を読みなさい。

64 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 19:54
59は偽者です。
偽者が出たのでトリップ付けます。

65 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 20:06
ちょっと質問させてください。
自分はまだ本を読み始めたばっかりで全然読むスピードがかなり遅いんですよ。
それで、本を読んでればそのうち本を読むスピードが速くなるでしょうか?
それから斜め読みというのを知ったんですがこれはどういうものですか?


66 :吾輩は名無しである:04/04/04 20:36
本を読む早さに良いも悪いもない。
自分が読みやすい速さで読むのが一番。
人によって、何百冊読んでも読む早さが変わらない人もいる。

それと、小学生くらいの子供が本を読むのが早かったりするが、
それは夢中になって集中して読書をしてるから。
本当にその本に夢中になると、「本を読んでいる」っていう感覚が無くなり、
まるで映画のスクリーンでも見ているように話が進み
あっというまに読み終えてしまうなんていうことがある。

内容が自分にとって難しかったり言葉が難しかったりしても
本を読む早さが遅くなったりするし、内容が易しければ
ほとんどの場合に読む早さは増す。
自分の感性やリズムに小説の内容がシンクロすると
大抵の人は早く読んでしまう。

でも読書は手段で、その手段を用いて物語の世界を楽しむものだし
書かれている日本語の表現を楽しむものだから、速さは関係ない。


67 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 20:46
受験勉強の合間に読書・・・・カクイイ
勉学の一環としてじゃなく、>>29で言われるように精神の支えとして、
息抜きや趣味的な要素を含んだ範疇の読書をしてるところがイイ(・∀・)理知的です。
僕も1さんと同じ新中3の者ですが、残念ながら僕は読書とは無縁の環境で人生の大半を
過ごしました。今更読んでみたいという気も起こらんし。1さんは立派。
影ながら応援してます。その灯火を絶やすな。

68 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 20:48
>>66
すいませんでした。その通りですね。
やっぱり楽しく読むから早く読んでしまうんですよね。
自分も本を今以上に楽しんで読めるようにします。
とくに自分などが速く読んでもただ読んでいるだけで
頭には何も残らなかったという事態が起きてしまいそうですし。

69 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 20:48
レス番間違ったし・・・
>>29>>21

70 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 20:51
>>67
ありがとうございます。
でも人生の大半を過ごしたってのは違うと思いますよ。
まだまだ4分の1にも満たないわけですから(どれだけ生きるかわからないけど)w
とにかく自分などのように何かそこいらにある本を手にとって読んでみると、
それがきっかけで本を読むことにハマるかもしれませんよ。

71 :吾輩は名無しである:04/04/04 20:53
↑中3で人生の大半を生きたつもりになっているなんて、
とてもかわいそうな人ですね。

人生の大半を生きたと思ったら、さっさと地獄に落ちろ。

勉強の一環として文学を読む人なんて滅多にいないよ。

とくに子供のときには。

頭悪すぎて

72 :吾輩は名無しである:04/04/04 20:55
>>65
世の中には遅読のすすめなどというものもあるから、気にするな。
早く別の本が読みたいと読書中に思うんなら、さっさと読むか、やめるかさ。

73 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 20:56
>>70
うーん、この先天的な活字嫌いが果たして改善されるかどうか・・・藁
まあ実はちょっと読書始めてもいいかなとか思ってるんですけどねw
じゃなければ文学板に来る理由がない。

74 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 20:57
積読っていうのはやっぱり悪いことでしょうか?


75 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 21:04
>>73
結構活字を見ていると慣れてくるもんですよw
それに本なんて読んでる奴はマジメだ。なんて印象を持っていましたが
今思えばそんなことを思ってた自分は愚か者ですよw
やっぱり本を読む人と読まない人では大きな差があることに気づけてよかったです。


76 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 21:09
>>71
>勉強の一環として文学を読む人なんて滅多にいないよ。
いやいやwそんなことないですよ。
読解力をより研ぎ澄まされた鋭いものにする勉強法として一番手っ取り早い
のは読書ですよ?論理的文章ならば社会や文化の動向に対して明確な意識を
培えるし、文学的文章ならば、表現の意味する内容を考えながら読んでいったり、
物語全体の流れをしっかり掴んで読むよう心がけていれば読解力は確実に磨かれます。
実際の入試で、客観問題では明らかに誤答とわかる選択肢なんて皆無なんです。
だから敏感な感受性と読解力が要求される。普段から文章と接していることが大切なんですよ。
記述問題なんかではそれプラス表現力を問われているんです。表現力なんか机に向かう勉強で
そうそうアップするもんじゃない。

77 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 21:13
受験国語と結びつけて読書をすることは大切ですが、
趣味としての読書を純粋に愉しめている1さんを、僕はうらやましいなあと
思っただけです。

78 :吾輩は名無しである:04/04/04 21:27
受験受験と1にも2にもその話を持ち出しがちになる典型的なガキの視野の狭さに気づけよ。
まさにガキだな。
自意識過剰で他人から自分を認めてもらいたい欲求ばかりが一人歩き。
いつまでもパパとママにいい子いい子してしてもらいな。
ある時は「自分はもう子供じゃない」と一人の自立した人間をアピールし、
都合が悪くなるとすぐ「僕はまだ子供ですよ。大人のくせに必死にならないでください」と
開き直る。
都合の良い生き物だよ、ガキって奴は。
女のひとりでも喜ばせてから大人を語れ。


79 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/04 21:33
先公のせいにするつもりはありませんが
先公が受験受験と言うもんだからこっちも受験受験になってしまうんです。
どうか多めにみてください。

80 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 21:35
>>78
人格批判に走らないでくださいよwまあおおせの通りガキですけど
まあ、このスレの主である1さんにも悪いんで止めにしませんかね。

81 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/04 21:36
>>79
フォローどうもw

82 :    吾輩は名無しである:04/04/05 00:52
>>79>>78
お前ら、こんなところにきてる暇あったら一冊本読めるぞ?ガタガタ言って
ないで行動に移せよ。マジで中学生なのか?外で遊んで、暇なときに本読め

83 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 07:12
積読ってやってもいいですか?

84 :吾輩は名無しである:04/04/05 12:08
だめ
100冊以上積むと呪われる

85 :吾輩は名無しである:04/04/05 13:45
三冊以上積むと確実に宇宙人に連れ去られる

86 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 19:30
注文した本が来ないです・゚・(つД`)・゚・  

87 :東海厨房 ◆Uxjl4yWl9o :04/04/05 20:05
何注文しました?

88 :吾輩は名無しである:04/04/05 20:05
宮本輝 「青が散る」

89 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 20:15
>>87
とりあえず
・ライ麦畑でつかまえて
・地下室の手記
・金閣寺
・仮面の告白
・不道徳教育講座
・三四郎
を買ってみました。
仮面の告白は家の本棚にあったのを気づかずに買ってしまいました・゚・(つД`)・゚・  


90 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 20:17
チェーホフの短編集は24時間で発送の物でそろえたので今回ははずしました。

91 :吾輩は名無しである:04/04/05 20:19
買うだけで満足しないようにね

92 :吾輩は名無しである:04/04/05 20:20
大塚愛ってあんまかわいくないね

93 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 20:54
>>91
三島由紀夫とか難しそうだけどがんばります。

94 :吾輩は名無しである:04/04/05 20:56
>>92 あの歌かかり杉。うざい。

95 :吾輩は名無しである:04/04/05 20:57
最初「おつかい」というユニットかと思ったよ

96 :吾輩は名無しである:04/04/05 21:03
大塚愛はアイコのぱくリ。+ヤイコ

97 :吾輩は名無しである:04/04/05 21:09
もういっかい♪ってのがうざいよな

98 :吾輩は名無しである:04/04/05 21:19
>>1
とりあえずネット控えて2ちゃんもやめるのが吉かと。

99 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/05 22:29
本を読むときに線を引きながら読んでる人いますか?
線を引きながら読むと良いそうですね。

100 :吾輩は名無しである:04/04/05 22:45
>>99
棒が状態で読みながら、鬼神のごとく註釈を加えていく
これが線引き読書の最終段階。

101 :吾輩は名無しである:04/04/05 22:47
ああ、アア、先輩、ぼうがが、棒がに、忘我なのに……。

102 :吾輩は名無しである:04/04/06 13:46
売れた本を読んだほうがいいよ。ほんとに。

103 :吾輩は名無しである:04/04/06 15:50
厨房の>>1をいっぱしの文学青年に育てるスレはここですか?

104 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/06 17:22
>>103
ぜひよろしくお願いします。

今日、本が届きました。今は「ライ麦畑でつかまえて」を読んでいます。
野崎という人が訳したものですが7P読んだあたりからわけがわからなくなりました。
だから今はもう一度初めから読んでます。


105 :吾輩は名無しである:04/04/06 18:07
遠藤周作の「白い人・黄色い人」、「海と毒薬」は良い刺激になると思う。
オーウェルの「1984年」も。
1さん、小説を読みながら線を引くことはないのでは?学術書じゃないんだから。

106 :吾輩は名無しである:04/04/06 18:19
俺も今年に入ってから小説本を読み始めたけど、
太宰治は読みやすくていいよ。てゆうか太宰しか読んでない。
ほかは志賀直哉の「城の崎にて」だけ高校の教科書に載ってたから読んだけど、
これは文章が簡潔すぎて逆に読みづらかったり、なんかあっさり
イモリとかが死んでいく所とかが怖かった。でもおもしろかったけど。

107 :吾輩は名無しである:04/04/06 19:45
児童文学から入ったら?嫌味ではなく。
読書する楽しさの基礎がないのにいきなり純文学作品を読むのはいかがなものか。
プロイスラー「クラバート」ケストナー「エミールと探偵たち」などおすすめ。


108 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/06 21:00
>>105
海と毒薬は家の本棚にもあったのでぜひ読んでみます。

>>106
太宰治は教科書の走れメロスしか読んだこと無いのでいつかは読んでみたいです。

>>107
もうライ麦畑でつかまえてとか買ってしまったので後には引けないんですよ。
なんとか純文学に慣れて楽しめるようになりたいと思います。

109 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/06 21:02
ライ麦畑でつかまえてをさっきまで読んでたんですが、
初めの10P位読んだらやっと流れがつかめてきました。
なんか最初のほうでどことどこの話が繋がってるのが分からなくて大変でしたよw


110 :吾輩は名無しである:04/04/06 21:08
「ライ麦畑」を不良少年を主人公とした小説、と
捉えるのはいまいちズレているような気が。
ホールデンは、ありゃどうみてもイイ子ちゃんでしょ?
気質もとってもブルジョア的だよ

111 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/07 07:40
ライ麦畑の主人公の名前がわからないんですが

112 :吾輩は名無しである:04/04/07 08:20
ホールデンコールフィールドだったと思う。

113 :吾輩は名無しである:04/04/07 08:52
どうでもいいよボケ
他人の読書なんかに興味はないね
ましてや自分がすでに読んだ本の感想なんて最悪
勝手にひとりで読めよ馬鹿って感じだ

太宰がいつか読んでみたいです?
ライ麦畑読み始めました?
だんだん内容がつかめてきただぁ?

バーカ
糞くだらねえこと言ってんじゃねえよ
厨房だろうがなんだろうがな、
ここは厨房だけが集まる中学校じゃねーんだぜ
調子こいて延々とくだらねえこと言ってんなっつーの

ここもひとつの社会なんだぜ?
公共の場で他人の前でして恥ずかしいことはここでも恥ずかしいことなんだよ

これだから厨房はうぜーんだよ
お前みたいな奴は夏休みや春休みになるといっつも大発生する

受験とオナニーのことしか頭にねえような厨房が
高校生・大学生・社会人と対等に会話しようなんて十年早いんだよ

馬をわきまえろ糞餓鬼

114 :吾輩は名無しである:04/04/07 08:56
高校の教科書だぁ?
しょぼ!

んな話は受験版の同類でなれあってろボケ

115 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/07 11:07
>>113
2chは高校生・大学生・社会人だけが来ているところではありません。
2chでは「厨房」という言葉があるとおり中学もいます。
それに嫌ならわざわざこのスレにも来なくていいです。
たしかに調子こいていたところもあったかもしれませんが
気をつけて敬語を使ってきたつもりです。
公共の場で他人の前でして恥ずかしいことはここでも恥ずかしいことだというのは、
確かにその通りですそのところは気をつけます。

116 :厨房3号 ◆olAXyOeB/c :04/04/07 11:11
>>113
>ここもひとつの社会なんだぜ?
おいおいやめろよ冗談は。
おまえさんの文章からどんな社会性が漂ってくるのかな?

117 :厨房3号 ◆olAXyOeB/c :04/04/07 11:17
>>115
気をつけなくていいって。
厨房は厨房らしく勝手にふるまえばいいじゃんか。
厨房には冷静さは無用。情熱さえありゃいいよ。
1よりおれのほうが厨房っぽいぞ(ホントは高2だけど)。

118 :吾輩は名無しである:04/04/07 12:17
臭っ!

119 :吾輩は名無しである:04/04/07 18:25
1は臭うね。思春期の汚いにおいがプンプンする。

120 :吾輩は名無しである:04/04/07 19:45
なんか、イカ臭いよ。栗の花の臭い。

121 :オナニーマシーン:04/04/07 20:03
新すれ誰かたてて

   ■■文学板厨房部■■

122 :吾輩は名無しである:04/04/07 20:54
>>121
隔離っすか?

123 :吾輩は名無しである:04/04/07 21:24
敬語の問題じゃねえよなあ。
ここをどこだと思ってるんだろ?
2ちゃんねるでっせ。
態度と内容がすべて。
実年齢と話し方は関係ない。
自分が厨房だろうと中年だろうと関係ない。

むしろ、自分の年齢を明かしてそれを前提に話をしようとすることが、イタイ。

いかにも、「自分は世間知らずなガキじゃきに、大人の皆様、ぼくちんに優しく接してちょ!」みたいな、
「俺はお前らよりも若く右も左もわかんねえだから、ハンデけろ!」みたいな、

卑怯なやつら、ここに生息する厨房。

周りのスレ見てみろ、お前らみたいにわざと年齢明かして話するやつそんなにいるか?

でも実際社会でもここでも、自分の年齢明かすのは「十代」までなんだよ。
20を超えたとたんみんな「若さでは戦えない」ことを悟るからさ。
逆に「十代」の奴は「若さ」だけが取り得で、かつ「若い」というハンデをもらえるから年齢を明かす。

自分の若さだけに頼って馬鹿みたいに粋がってる厨房、失せろ。
つづけたきゃ、馬をわきまえろ。
ここは中学校・高校のクラスルームじゃねえ。
そんな話したきゃ学校でしろ。
友達がいればの話だが。

124 :吾輩は名無しである:04/04/07 21:28
ここをどこだと思ってるんだろ?
2ちゃんねるでっせ。

長文マジレス恥かしいぜ。

125 :吾輩は名無しである:04/04/07 21:36
と、平凡なマジレス判定w

126 :吾輩は名無しである:04/04/07 22:26
まぁ123の言ってることは尤もだろ。


127 :吾輩は名無しである:04/04/07 23:21
そうかぁ?
俺はむしろ、>>78>>113>>123は、なに相手の年齢あげつらって、攻撃してんの?って感じ。
社会の道理を説いてるけど、別に読書に目覚めた中高生が、おすすめの本読みたいって、板違いじゃないしなぁ。
俺にはただのスレ違いのイチャモンにしか見えんよ。

しかも>態度と内容がすべて
つって、123両方最悪だし。大人の態度じゃない。

>20を超えたとたんみんな「若さでは戦えない」ことを悟る
>逆に「十代」の奴は「若さ」だけが取り得で、
>自分の若さだけに頼って
>つづけたきゃ、馬をわきまえろ。

このスレの厨房くんたち、若さ誇ってる感じじゃないのになぜこうも叩く。
単なるおっさんのコンプレックスじゃないのか。俺もおっさんだが、別に腹も立たんぞ

128 : :04/04/07 23:37
>>127
ごもっとも。
若さへの嫉妬と妬みの説教おっさんの長文は確かにイタイ。
心の狭さがレスから漂ってる。まるで波平おじいちゃん。

129 :吾輩は名無しである:04/04/07 23:39
>>108
芸術を楽しもうというときに、「後には引けない」なんて焦りは無用ですよ
逆にいえば、あなたは何のために本を読もうとしているのですか?
買い貯めてしまったものを消化するため?
まあ「ライ麦」は、若い世代に支持される作品としての評価を、長年に渡って与えられ続けている。だから今あなたが読んでみて、得るものはあるかもしれない。
でも行き詰ったら戻れば良いと思う。「積読」だって構わないと思いますよ。


130 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:00
>「後には引けない」なんて焦りは無用ですよ

焦ると、「なに俺娯楽で焦ってんだろ」とか我にかえることありますねw
まあ、でも中高生くらいのころは、逆にそれもまた楽しんでたりするんだよなぁ、、。
俺は最近積読ばっかw



131 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:10
年齢隠して2chに溶け込んでいる俺にとっては気に入らない。

132 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:14
気に入らなきゃスルーすればいいじゃん。>131

133 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:22
洋楽板では、おっさんが馬鹿にされたりするから、逆にここの>>1は謙虚でいいと思ふ

134 :吾輩は名無しである:04/04/08 03:10
コルタサルやガルシア=マルケスはまだ読まないほうがいい。
ヘミングウェイ、フォークナー、フィツジェラルドもまだやめとけ。
形容詞や副詞の使い方、その他構成が難解で、理解できないまま「退屈」だ
と感じてしまう。俺の弟がそんな感じだ。

簡単な文章構成の本から入れよ。わかりやすい人称で語る作品とか、
複雑な場面展開、語り手の交代が起きないような作品。海外だと
お勧めはスタインベックだな。俺はスタインベックとマーク・トウェイン
から海外に入った。批判はやめてくれ。以上

135 :吾輩は名無しである:04/04/08 03:11
何はともあれ佐藤正男の「酒」よめ

136 :吾輩は名無しである:04/04/08 10:59
バカの壁はどうですか?

137 :吾輩は名無しである:04/04/08 11:20
まさか中高生特有のマイノリティーに浸る愚行に読書が
加わるなんて思っても見なかった。


138 :吾輩は名無しである:04/04/08 14:12
ちょっとページ数が多いけど、カミュの「ペスト」はどうかな。
ペストに冒されて外部から一切封鎖された街で普通の町医者がガンバル話。
絶望的な状況で人がどう生きていくか考えるきっかけになるかも。
受験って成績上がらないと、ゼンブ投げ出したい気持ちになるだろうし。

ノーベル賞作家だし、タレントのセイン・カミュの親戚だよ。
でも、同じカミュが書いた「異邦人」は受験勉強が終わるまで読まないほうが
いいよ。

139 :吾輩は名無しである:04/04/08 15:47
>>1
文学を読む最初の動機なんて、なんだっていいのさー。
ファッションだろうと、ナルシズムだろうと。
とにかく、きっかけが大事だ。

で、そのうちハマると、最初の動機なんて、もうどうでもよくなるから。
俺がそうだった。


140 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 16:15
みなさんイロイロとありがとうございました。

ライ麦畑を読み終わりました。漱石の坊ちゃんと少し似てました。



141 :吾輩は名無しである:04/04/08 16:52
文学もいいが、時には哲学書も読んだほうがいいぞ。
ソフィーの世界、ありゃ駄目だ。意味なく厚い

142 :吾輩は名無しである:04/04/08 18:40
>>140
横槍いれるようだが、
野崎訳のライ麦畑読み終わったあとに漱石の坊ちゃんと似ているという感想は恥ずかしいぞ。
だっておまえ、それ翻訳者の解説のなかでどうどうと「坊ちゃんに近い」と書かれているからな。
それを読んだ後で自分が坊ちゃんと似ているなんて堂々と言っちゃいけない。
いかにもって感じ。

143 :吾輩は名無しである:04/04/08 19:08
えへへ♪

144 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 19:19
>>142
すいません。解説のがその通りだと思ったのでつい言ってしまいました。
解説がなかったら自分などはあの作品を3割ぐらいしか理解し切れなかったところです。

145 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 19:21
これから遠藤周作の「海と毒薬」でも読もうと思います。

146 :吾輩は名無しである:04/04/08 19:24
え?え?え?
なんで一度読んだらすぐ他の本を読み始めるんだ?
ライ麦畑はまだ理解できてないんだろ?
だったら普通はライ麦畑をもう一度読み返すだろ。

読書っていうのは読み通すってことじゃない。
読書っていうのは読み込むってことだ。

147 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 19:36
>>146
阿保厨房なんですいません。
本を一度にいっぱい買ってしまったので消化してからにしようと思ってます。


148 :吾輩は名無しである:04/04/08 19:37
小説の概略を知りたいだけなら最近いろいろ出ている文学の概略が集められたやつでも買って読めばいいじゃん。


149 :吾輩は名無しである:04/04/08 19:40
>阿保厨房なんですいません。

こういうのがダメだって言われてんのがわかんねえかな。

150 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 19:44
>>149
すいません。厨房というのは理由になりませんよね。
やっぱり読み返してみます。

151 :吾輩は名無しである:04/04/08 20:13
みんな、1の保護者みたいになってるな(w
いいよ、読み返さなくっても。
たぶん、1にとってライ麦畑はなにも心に残らなかったってことだろう。
つまんなかったんじゃないかな。

「ライ麦畑」って10年ぐらい前に小泉今日子が
「おもしろい」なんて言ったもんだから、若い女の子にバカ売れした本だぞ
俺も当時の彼女につられて読んじゃったよ。

でも、嫌味じゃなくて、感想が「坊ちゃん」みたいって、しかも解説どおり
っておもしろいな。たぶんこの板じゃ今後出ないよ。
次の本読んで感想聞かせてくれ。




152 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/08 20:23
>>151
>みんな、1の保護者みたいになってるな
自分にとってはありがたいことですよ。本当に感謝しております。

>つまんなかったんじゃないかな
ライ麦畑はおもしろかったですよ。
ライ麦畑を読んだおかげで(?)今日の始業式と入学式は楽しかったです。
インチキの先生達がこぞって”ガンバレ、ガンバレ”みたいなことを言うんですw
一体何を頑張るんでしょうね。頑張るだけでホントにいいのか怪しいものです。
でも影響うけたところは解説読まないと気づきませんでした。
解説は本当に理解するまで読まないほうがいいですね。

153 :吾輩は名無しである:04/04/08 20:31
オマンコシヨウ

154 :吾輩は名無しである:04/04/08 20:34
チキショウメ

155 :吾輩は名無しである:04/04/08 20:40
ヤッコサン

156 :吾輩は名無しである:04/04/08 20:46
>>152
かなりセクシーな気分だな。

157 :笑い男:04/04/08 21:01
チュウボウが正直に「わからないんで教えて下さい」と言ってるのに、そこにさらに中傷を加えるヤツがいるいるんだね。2ちゃんねらーの底意地の悪さにビックリ。
ライ麦畑や坊ちゃんもいいけれど、>>1には否定的価値観ばかりに影響されて社会性の発達を阻害されないようにして欲しい。
個人的には森鴎外を推薦します。「青年」とか「ウィタ・セクスアリス」は相等に難しいけれど、山椒太夫や、舞姫なんかは比較的わかりやすいし、鴎外の人情が溢れる作品です。
読書は批判的精神と人間的な側面(humanity)をバランスよく育てることが重要だと思ふ。

158 :吾輩は名無しである:04/04/08 21:25
鴎外、昔読んだけど、ほとんど内容覚えてない。


159 :吾輩は名無しである:04/04/08 21:40
死に至る病

160 :吾輩は名無しである:04/04/08 21:54
2ちゃんねる住人の底意地の悪さってw
今にはじまったことかよ

いまでは「 ゴルァ 」も言ったことがねえ2ちゃんねらーばっかだろ。
昔の2ちゃんえるは、本当に凄まじかったよw

161 :吾輩は名無しである:04/04/08 22:00
だって、ここ数年の間に、2ちゃんねるが「市民権」を得てしまってるからね。
2ちゃんねるの異質さの度合いもそりゃ薄まるさ。
だから学校で「真面目君」みたいな人間が平気で2ちゃんねるでも「真面目君」で登場する。
昔は2ちゃんねるとYAHOO掲示板の間に確執もあったものだ。
最近は「普通の掲示板」としての2ちゃんねるになってしまったけどね。

2ちゃんねるで「常識」肩ってどうするってことだ。
ああ、そういえば俺も角が取れてやわくなったな。
来年の高校受験に備えてここはすこしリアルに戻って勉強するか・・・

162 :吾輩は名無しである:04/04/08 22:09
m9( ゚,_ゝ゚)プッ!!

163 :吾輩は名無しである:04/04/08 22:19
なんか2ちゃんの歴史にやけに詳しい人がいるけど
そんなに何年もここに住み着いてるの?
別にそれが悪いってわけじゃないけど。

164 :吾輩は名無しである:04/04/08 23:32
「アンチオイディプス」はまじでお勧め

165 :吾輩は名無しである:04/04/08 23:45
>>152を見て、>1は非常にイイ感じの読書体験中だと思ったのは漏れだけ?
良いじゃんすごく。解説読もうと何しようと良いんだよ。感じるままにゴー

でも現実(日常)生活も大切にネ



166 :吾輩は名無しである:04/04/09 15:30
わかっていないことと言語化できないことは全く別だからね。
その辺は変に気負わなくて良いと思う。>>152みたいに何かを感じることが大切なんだと思うよ。

167 :吾輩は名無しである:04/04/09 20:38
さっきまで遠藤周作の海と毒薬読んでました。
まだ少ししか読んでませんが暗い感じの話ですね。
遠藤周作にはこういう作品が多いのですか?
この本は凄く気に入りました。


168 :吾輩は名無しである:04/04/09 20:58
だから、何?

169 :吾輩は名無しである:04/04/09 21:04
僕もリア厨なのですが、上の方で
>児童文学から始めたほうがよい。
>本を読む楽しさの基礎がないうちから純文学は頂けない
みたいな意味のことが書いてあってちょっと心配になりました。
小学生の間は全く興味がなく(小説に興味がなかったという意味です)中1
になってからアガサクリスティの推理小説から始めました。
面白くて面白くて夜遅くまで読んでしまったことを覚えています。
それからドストエフスキーへと入り太宰治、川端康成に入りました。
ドストは罪と罰が非常に面白くカラマーゾフの兄弟を読もうとしたのですが2巻の最初で
挫折しました。
太宰は人間失格が非常に面白く斜陽を読んでみたらまた面白くそれ以来読んでます。
川端はとにかく表現が美しく本当に映像化が勝手に進んでいくので気に入ってます。
ほかには指輪物語など流行物も読んでみました。
今は白い巨塔を読んでます。
こんな僕はやはり児童文学から入るべきなんですかね?
長文&乱文すみません。

170 :169:04/04/09 21:06
連投すみません。
一応夏目漱石も読んでみました。
坊ちゃんを読んでみて、我輩は猫であるを読んでいたのですが
うっかり川端康成へと浮気して以来読んでいないので白い巨塔を読み終わってから
読んでみたいと思っています。
個人的には読書はなかなか面白いものだと思っているのですが、、


171 :吾輩は名無しである:04/04/09 23:05
そんなの知りませんよ、好きなようにしたらいいじゃないですか。
本を読んでいるのにそのくらいのことを自分で考えて決断する頭もないのですか?
君達みたいな人間がオウム真理教みたいな邪悪な宗教に入りやすいですよ。
なぜなら、自分で物事の価値が測れず、何か絶対的な価値や方法を外に求めるからです。
何を読むかどう読むか、面白かったか難しかったか、そんなのこっちの知ったこっちゃないですよ。
それとも、何か褒めてあげたらそれで満足するんですか?

172 :吾輩は名無しである:04/04/09 23:31
あああ、自己主張したい糞厨房ってホント腹立つな。

173 :169:04/04/10 00:21
>>171
失礼ですが一応僕はこの分野に対しては初心者なわけなので、
絶対的な価値観を自分の中に見出すことがなかなかできないわけです。
そういうわけなので自分の外に聞いてみたわけなのですが。
もちろん、初心者だからということで質問などをやたらとするのは僕も良くないとは思いますが。

>>172
僕の文がまずかったのでしょう。
自己主張であると思われたのであればすみません。
ですが、決して自己主張の意味で書いたのでなく上記の意味として書いたつもりですので
宜しくお願いします。


174 :吾輩は名無しである:04/04/10 00:25
児童文学を読んでから決めりゃいいだろ。
おもしろいかどうかで本嫁よ。

175 :吾輩は名無しである:04/04/10 00:50
>>173
君が初心者かどうか何の初心者かどうか知りませんけどね、
誰にも絶対的な価値観なんて持ちえているものではありませんよ。
誰もが寝て起きれば違うことに興味が動きます。
絶対的な価値観という、存在しないものを求める時点で話しにならないし、
そんなことを人に聞けば教えてくれるのかななんていう考えが浅はかです。
君は結局「誰からも尊敬されるような頭の良い人間」になりたいんでしょ?
そのために最も手っ取り早く頭が良くなれる方法を知りたいってことでしょ?
でも一ついえることは、近道を求めることが一番の遠回り、とはいえるかもしれない。
君が理想に描いているような頭の良い人というのは結果的にそうなっただけであって、
頭の良くなる階段を一歩ずつ昇っていったわけではないし、そんな階段もありません。
君達が何故しつこい自己主張をしているように他の人からみえるかというと、
「自分は〜なんです…」っていう君達の自分の状況をしつこく語るからですよ。
そんな他人の性癖を延々と聞かされたら、そりゃ気分も悪くなりますよ。


176 :吾輩は名無しである:04/04/10 00:56
プッ
「聞かされてる」だってよ。自分で読みに来てるくせに

177 :吾輩は名無しである:04/04/10 01:57
焦らないほうがいいと思うよ。
中学生で漱石猫読んだりするのは秀才だけです。
大学卒業する年齢になれば、
いやでも読んであっはっはって笑えるようになるから。

分相応の本を見つけて段階的にユニークな教養を身につけるべきよ。
べきべきでやってたらくそ知識しかつかないし第一つまんないよ。
高校卒業まで景山民夫しか読んだことがなかったおいらも
今ではカラタニ&ナカガミ&ハニャ&オオエしか読みません(嘘だけど)。

178 :吾輩は名無しである:04/04/10 02:00
「資本論」はまじでお勧め


179 :吾輩は名無しである:04/04/10 10:11
ここみてると2chにもゆとり教育世代のヒネガキが本格参入してきたって感じだね
1の謙虚な姿勢はいいと思う。ただ2chじゃないとこでやった方が無意味に傷つけられなくていいんじゃないかな

180 :107:04/04/10 13:12
「読書を楽しむためには、必ず児童文学を読むことから始めなければいけない」と言いたいのではなく、まずは楽しさの基礎を知る必要があるのでは、という意味で、児童文学を勧めました。
あなたの場合はアガサ・クリスティーを読んで、「面白くて面白くて夜遅くまで読んでしまった」経験があるのだから、読書を楽しむ基礎はできているのではないでしょうか。
だから児童文学を読まなければいけない、ということはないと思います。
そもそも「〜しなければならない」などということはないのです。自発的に、理由もなくのめり込んでしまう何かがあって、学校や仕事やその他もろもろの現実を越えて、それが作用してくる。
それがとても大切に思える。本当に貴重なのは、そういうことです。全ての文学的営為の根本には、そういうものがあるはずです。

このスレの「何を、どのように読んだら良いのだろう?」という問いに、批判的な書き込みが多くされています。
それは、その問いの自発性の無さに対する反発もあるのだろうと思います。本質的に読書とは、文学とは、他人に導かれ強制されてするものではないからです。


181 :107:04/04/10 13:15
>>180>>169です

182 :105:04/04/10 17:27
>>167
遠藤周作はユーモラスなものも書いています。
さくらももこと対談したこともあるようです。
「暗い感じ」の作品を中心に読んでいるので、詳しいことはわかりませんが。

183 :馬鹿糞小便厨:04/04/10 17:29
大好きな作家の全集買おうと思ってるんですが、どこにいけばありますか?

184 :吾輩は名無しである:04/04/10 17:33
>>183
本屋

185 :馬鹿糞小便厨:04/04/10 17:33
無いみたいなんですよ

186 :馬鹿糞小便厨:04/04/10 17:36
種村季弘コレクション買ってくださいよ

187 :吾輩は名無しである:04/04/10 18:22
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309620019/qid=1081588603/
これかな?お母たまに買ってもらってね。

188 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/10 19:17
>>182
ユーモラスなのも書いてたんですね。
でも自分は暗い感じのほうが好きですね。

189 :吾輩は名無しである:04/04/10 19:27
へえぇ〜、暗い感じがすきなんだぁ〜、だから何?

190 :(゚Д゚)y─┛〜〜:04/04/10 19:33
とりあえず太宰よんどけ で、大人になったらもう一回読め 違うもんが見える。

191 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/04/10 19:33
1よ。俺はお前いいと思うそ。
こんなとこで長文垂れ流して自分のるさんちまんこを解消しようとしてるクズなんてしかとしてればええやないか。

192 :吾輩は名無しである:04/04/10 19:33
>>189
もうやめとけよ。

193 :吾輩は名無しである:04/04/10 19:38
俺も1には悪感情持っていないな。
群がってくる自己顕示欲バリバリの厨房はどうかと思うが。

194 :馬鹿糞小便厨 :04/04/10 19:49
先程の厨ですが、誰かブレヒトの全集僕に100円で売ってくださいよ

195 :吾輩は名無しである:04/04/10 19:54
きょうはてんきがよかったよかったのお

196 :吾輩は名無しである:04/04/10 20:04
1はそれでもいいんじゃないか?
俺はお前みたいな奴は好きだぜ。
頭の禿げた中年オヤジの独り言なんて虫しとけ。


197 :吾輩は名無しである:04/04/10 20:12
中学・高校の間は偏向した思想の本は読まない方がよろしいでしょう。
あまり早くから偏った思想にかぶれるとイラクで捕まりますので、
(しかしこの事件も不自然なところが多いな。なんか自○自○っぽい)
まずは普遍的なものから始めましょう。ということで、

遠藤周作の「沈黙」と「おばかさん」がお薦めザンス。



198 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/10 21:01
>>197
ぜひ他の作品も読んでみます。
沈黙は本棚にもあるので読んでみます。

最近本を読み始めてからPCとかテレビ見る時間も減ったし、
何よりも本を楽しく読めるようになってきました。
これも皆さんのおかげです本当に感謝しています。


199 :吾輩は名無しである:04/04/10 21:02
まず学校の勉強をしっかりしろよ。
数学も理科も国語も社会も体育も美術も。
中学のうちから文系だ理系だ体育系だって言ってんじゃねーぞ。
本を読めねえ科学者は馬鹿だし、数式が恐い文学者も馬鹿だ。
まず、学校の勉強してろ。


200 :吾輩は名無しである:04/04/10 21:05
>>198

は??
何言ってんのお前?
独り言多い奴だな。

201 :吾輩は名無しである:04/04/10 21:46
本を読むことに意味を求めてるように見えるな。

202 :吾輩は名無しである:04/04/10 22:54
は??
何言ってんのお前?
独り言多い奴だな。

203 :厨房:04/04/10 23:10
>>1 理系進めよ。とにかく貪欲になれ。高2までに高校全範囲終わらせろ。

204 :吾輩は名無しである:04/04/10 23:32
このスレには厨房の表と裏がたっぷりだな。
いかにも青臭い教えて君と、気に入らないレスを次々に仕返しする糞餓鬼。
次はどのレスを「最高に頭の悪そうな発言をしてください@文学板 」にコピペするのかな?w

205 :暴走半島:04/04/11 00:26
勉強はほどほどでいいから、身体を鍛えた方が良いよ。
社会に出たらどんな仕事でも体力が勝負ってとこあるからさ。
それに身体を鍛えると精神も鍛えられる。
おれも中学・高校ともっと基礎体力をつくっとくべきだった。
もちろん本も適度には読んだらいいし。

206 :吾輩は名無しである:04/04/11 01:08
>>204
それは禁句です

207 :吾輩は名無しである:04/04/11 01:14
自演ですか?

208 :吾輩は名無しである:04/04/11 01:24
高校3年ぐらいの年におすすめの本を教えてくれませんか?
今まで本をよまなかったんですが、ある人に春樹の本をもらって春樹の長編をほとんど読みました。
今は龍の本を読んでます。この次ぎなにを読むべきかおすすめの本を教えてください。

209 :吾輩は名無しである:04/04/11 01:52
>>208
大江健三郎の初期作品。

「死者の奢り」「芽むしり仔撃ち」「性的人間」
「万延元年フットボール」「われらの時代」
この辺。

春樹や龍なんか読むよりも、数倍も刺激的だ。

210 :吾輩は名無しである:04/04/11 07:08
>>208
君にこそドストエフスキー読んでほしい。
罪と罰が良いのではないかと。

211 :吾輩は名無しである:04/04/11 08:04
「純粋理性批判」はまじでお勧め



212 :吾輩は名無しである:04/04/11 10:37
こんだけガキいれば板が荒れるわけだ

213 :吾輩は名無しである:04/04/11 11:36
げ!中学生が「仮面の告白」読むのか!


と一瞬思ったのだが、俺が仮面の告白読んだのも中学生の時だった。

214 :cava?:04/04/11 12:14
>>65
焦らなくても読書のスピードは自然にあがるものです。
このスレが終わる頃には上がっているのではないでしょうか。
まずは普通に読書を楽しんでください。

>>74
積読は悪いことじゃないです。
どんどん買いましょう。
手元にあったら読めるけど、なかったら読めません。
「いっぱしの文学青年」になるれかどうかの分かれ道はここにあるとも言えます。

>>99
> 本を読むときに線を引きながら読んでる人いますか?

わたしは引いてます。ただし、内容次第ですが。
線や書き込みは、読書の目的にもよるでしょう。
今はどんどん読み進む時期で、線を引く必要はないと思いますが、
気になるなら付箋を貼ることをおすすめします。
細めの付箋を買い、気になった箇所の真上にペタペタと貼っていくのです。
これだと読書ペースが落ちません。


215 :cava?:04/04/11 12:20
>>198
遠藤の「沈黙」を読んだら、芥川の「神神の微笑」を続けて読むといいと思います。
これは短篇なのですぐに読めます。
なぜこれをすすめるのかは読めば解かります。

収録している文庫。
新潮文庫『奉教人の死 改版』、\380
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_contents.cgi/404ceebb57e160101723?aid=&bibid=02082148&volno=0000&cntfg=1
ちくま文庫『芥川竜之介全集 4』、\840
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_contents.cgi/404ceebb57e160101723?aid=&bibid=00463224&volno=0000&cntfg=1






216 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 12:58
>>214
さまざまなアドバイスありがとうございます。
自分も「いっぱしの文学青年」になれるようにがんばります。

>>215
沈黙を読み終わったらぜひそちらのほうも読ませていただきます。
詳しい情報もありがとうございました。

217 :208:04/04/11 13:00
>>209,210
ありがとぅ。読んでみます。

218 :吾輩は名無しである:04/04/11 14:43
>いっぱしの文学青年

はて?
なろうとしてなるものかね?
まあ厨房ならしょうがないだろうけど
どうせなら実用的な能力の鍛錬でもしておいたほうがいいと思うけど。
高校さえ出れば大学さえ出れば職に就ける時代ではないからね。
文学青年になろうと必死で文学追って、ふと気づいたら文学語るしかできない大人にならないように。
中学のうちから一つのことに集中するのはもったいないね。
しかも文学青年になれるようにってw
まあいいけど、新聞くらいは毎日読もうね。

219 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 15:19
>>218
浮世離れはしませんよ。
自分はオタクになるつもりではありません。

220 :吾輩は名無しである:04/04/11 15:42
じゃあ、どうしたいの?
本読んで、何をしたいの?
ここで、何をしたいの?

221 :吾輩は名無しである:04/04/11 15:53
>>220
絡むのやめなよ。大人気ない。

222 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 15:53
>>215
>遠藤の「沈黙」を読んだら、芥川の「神神の微笑」を続けて読むといいと思います。
かなり通だね、その薦めかた。
遠藤周作は「沈黙」を書いたとき、「神神の微笑」を読んでいなかったらしいけど(w

関係ないけど、わたしはアーサー・ミラーの「るつぼ」を読んで「沈黙」を思い出した。

>>1
いまどき本なんて読んでも何の見栄にもならない。
読書なんて時間の無駄。
読書の麻薬的な快楽を知らぬうちに「逃げてー逃げてー」。

223 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 15:56
>>218
きみは正しい。
わたしのように新聞をバカにして読まない大人になっちゃダメ。
だけど読書を続けるとこうなってしまう。
見よわたしを反面教師を。書を捨てよ、

224 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 16:04
>>1
立派な大人になるためにはまず新聞を読むこと。
朝日新聞なんてお薦め。
天声人語は毎朝、声に出して朗読すること。
人間、社会への理解が深まる手っ取り早い方法。
社説はわからなくても読む。
成人の日の社説は毎年、正座をしながら読むこと。
「声」欄も悪くない。
団体職員やリタイヤ老人、主婦の意見は実生活の理解に役立つ。
文学書を読むひまがあったら新聞をよく読んだほうがよほどためになる。

225 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 16:18
法則。

「他人に本を薦めたがる人はたいてい読書量が少ない」。
「中高生が文学にはまる理由は満たされぬ虚栄心である(悪いとは言ってない)」。
「大人になっても文学から卒業できない人間はたいがい負け組である」。

226 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:22
文学青年って嘲笑的な意味合いをいまは含んでいないのか。
おばさんの行ってること真に受けるなよ。
自分の能力不足を読書のせいだとでもいいたいのかわからんが。
まぁ現役中棒のやつらにはもっと読書に勤しんで貰いたいな。
優秀だったら甘い汁すえるからな。
まぁ、馬鹿なら、本なんて読まないでもっと稼ぎに繋がるような勉強しれ。
分相応が大事だな。今のところは、実生活に影響が出ない範囲で読み、
社会的な基盤が固まった後にでもいっぱい読めばいいのさ。


227 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:22
>>220
>じゃあ、どおしたいの
質問の対象がなんなのか自分にはわかりません。
>本読んで、何をしたいの?
自分は趣味として読書をしたくて本を読んでます。
>ここで、何をしたいの?
大人の方々から本を紹介してもらったり、イロイロなアドバイスを受けています。

>>222
>いまどき本なんて読んでも何の見栄にもならない。
本を読んだことが自慢になるとは思っていません。
>読書の麻薬的な快楽を知らぬうちに「逃げてー逃げてー」。
ぜひその麻薬的な快楽を教えてください。

228 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:30
>>223
あなたのことはよく知らないのでどこをまねてはいけないかわかりません。

>225
>「他人に本を薦めたがる人はたいてい読書量が少ない」。
自分は本を薦めてもらっているのです。
薦めてくださったかたには感謝しています。
>「中高生が文学にはまる理由は満たされぬ虚栄心である(悪いとは言ってない)」。
自分は恥ずかしながら読書を趣味として楽しみたくて読んでいるつもりです。
>「大人になっても文学から卒業できない人間はたいがい負け組である」。
きっとそのなかにも立派な人がいることでしょう。
できれば負け組みの定義を教えてください。


229 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:33
>>225
あなたのいう法則が成り立つには根拠が無さ過ぎます。
できれば根拠としてなりたつ例を示していただきたいです。

230 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:34
文学板における「負け組」=沢山お金をかけて文学部を卒業したのに結局2ちゃんねらーにしかなれなかった人。
       「勝ち組」=出版社勤務、教授、教員、批評家、作家など専門知識を生かした仕事ができる人たち。


231 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:35
>>230
自分にとってはどっちでもいいですね。
むしろ負け組であるよりは勝ち組であることを望むことは確かですが。

232 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:38
専門知識を生かした仕事ができている人たちも必要ですが、
コンビニのレジをやっている人だって必要ですよ。

233 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:40
>専門知識を生かした仕事ができている人たちも必要ですが、
>コンビニのレジをやっている人だって必要ですよ。

そんな一般論言ってもしょうがないだろ?
要は、お前がなにをしたいかだよ。

234 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:41
愛すべき1は読書に飽きて2chに没頭している模様。

235 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:41
>>233
何に対して何をしたいのか聞いているのですか?

236 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:44
レジうちはいくらでもいるしかえって多すぎるくらいなので、
使う側としてはわざわざ高い給料はらわなくてもいいからな。
最低の賃金で、こき使われてるのをみてるとかわいそうになる。


237 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:44
誰だ厨房の言うことにまともに言い返せないのはw

238 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:46
だいたい、使ってくださいといってくるから、使ってやってるの。
代わりなんていくらでもいるっつーの、レジうちなんて。
だけど、専門職は違うよねぇ。もちろん違うよ、給料も。肉体的な負荷も違う。

239 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:47
>>236
レジうちの人は賃金を得る為にやっているのですからしょうがないですね。
正規の社員ではなくアルバイトなので賃金が安いのも仕方がありません。
雇う側でも仕事に見合う賃金でなければ困りますしね。
あなたが雇う側ならアルバイトにたくさんの賃金を与えますか?
自分は与えません。

240 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:48
実際1を叩く要素はないと思う。
ただ、どこかに下心みたいなものが見え隠れして鼻につくのもわかる。
とりあえず自分は今の段階で1を引き摺り下ろせる自信はない。
誰かがんばって。

241 :吾輩は名無しである:04/04/11 16:49
まぁ1は、レジうちなんかしないですむような大人になってくださいよ。


242 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 16:51
>>241
勿論自分はレジうちであるよりは自分の好きなことを仕事にしたいです。

243 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:02
>>1よ、お前にはもう教えることは無い。
これからは、ドストでもなんでも好きなものを読むがよい。

244 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:09
>>239

何言ってんだお前?w
お前は、レジ打ちになりたいのか?
それとも、コンビニの店長になりたいのか?
何の話だよw
遠藤周作を読んでみろってアドバイスは受け入れられても
新聞読めとか専門的なものを身につけろとか学校の勉強をしっかりしろという
アドバイスは受け入れられないのか?
読書なんてものはな、学校の勉強や夢実現の努力を妨げてまでして必死でするもんじゃないんだよ。
せいぜい学校や仕事と勉強の合間、テレビを見ずに本を読む程度のことなんだよ。

厨房が何を読んだらいいですか?って、その質問が漠然としすぎなんだよ。
そんなもんは、好きな本読めばいいじゃねえかって言うしかないだろ。
それに、別に中学3年間で「ぼくらの七日間戦争」一冊しか読まなくても問題ないし、
中学で何も本を読んで無くても高校で読みたい本が自然に増えたりすることもあるだろうし、
社会人になってからでも大学入学してからでも初めて読書に目覚めて本を読み漁る人だっている。
もちろんこんなことは一般論だけどさ。
お前が自分で「専門の人間もレジのアルバイトも社会には必要」って言ったように、
中学で読むべき本も高校で読むべき本も大学で読むべき本も無いんだよ。
そんなものは「趣味」の次元だからな。
ただ大人や経験のある人間がいえることは、
社会で自分が生きていく力や能力は最低限身につけたほうがいい、とはいえるだろ。
フリーターが悪いとは言わないけど、フリーターでもいいなんていう人間にならないためだ。
お前が頭がよくなりたいのなら、新聞を毎日できるだけ細部まで目を通すことだ。
フィクションの小説なんかを何十冊読むよりもはるかに早くはるかに頭が良くなる。
「頭が良い」の定義は分からないが、よりマシな人間になれるってことだ。

245 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:09
>>244
なんでそんなに必死なんですか?

246 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 17:11
>>244
こんなバカなガキのために長文を書ける新聞礼賛者のきみにほれたかも。

247 :135:04/04/11 17:13
このスレは馬鹿厨房に説教ぶちかますことによってカタルシスを感じる人間によって支持されています。
彼らの必死さは、溜まっているものの大きさに比例します。
ストレスが溜まっているのでしょうが、負けずにがんばってください。お幸せに。


248 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:21
日本人なら『 俳句 』しようよ♪

古池や 蛙飛び込む 水の音 …

五月雨を 集めてはやし 最上川 …

赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり …

外にも出よ 触るるばかりに 春の月 …

249 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:24
街をゆき 子供の傍を 通る時 
  
  蜜柑の香せり 冬がまた来る

250 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 17:24
244は中高と優等生。
大学で浪人してちょっとだけ文学に触れる。
大学時代は親友ができずひまな時間を読書に費やす。
それがまじめな性格と好意的に受け取られある社団法人の会社に就職。
3年がたち、ほどよく社会がわかったという自己認識がある。
がんばったら必ず報われるものだと先日、高校の後輩に説教をした。
お酒は飲まない。金の無駄だからである。最近、感動したのは「バカの壁」。
芥川賞受賞作品も読んだが、こんなのは文学の衰退だと嘆いた。

251 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:26
244はまともに読書したことがない厨房だろ?
なんで文学板いるのかワケワカラン

252 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:30
>>248

閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声?

253 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:35
>>250
あなたは洋楽板のホイミンと少し似てますね。

254 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 17:38
>>253
知らないから誉められたのかけなされたのかわからない。

255 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 17:38
>>244
>何言ってんだお前?w
あなたの言っていることのほうがよっぽど理解できません。
あなたこそ何を言っているのですか?
>お前は、レジ打ちになりたいのか? それとも、コンビニの店長になりたいのか?
むしろレジうちであるよりは店長であることを望みます。
>何の話だよw
レジうちの賃金についての話です。
>新聞読めとか専門的なものを身につけろとか学校の勉強をしっかりしろという アドバイスは受け入れられないのか?
そのことについて否定しているようなことは言った憶えがありません。



256 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:43
あ〜あ

257 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:44
1よ、中途半端だな。

258 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 17:44
>>244
>読書なんてものはな、学校の勉強や夢実現の努力を妨げてまでして必死でするもんじゃないんだよ
自分は趣味の範囲としてやっております。
>厨房が何を読んだらいいですか?って、その質問が漠然としすぎなんだよ。
  そんなもんは、好きな本読めばいいじゃねえかって言うしかないだろ。
自分は文学については素人なので大人のかたがたにどのような本がいいのか
アドバイスを求めただけです。作家の名前もろくに知りませんでしたから。
>社会人になってからでも大学入学してからでも初めて読書に目覚めて本を読み漁る人だっている。
それなら中学校から読書をはじめてもいいではないですか。
>中学で読むべき本も高校で読むべき本も大学で読むべき本も無いんだよ。
自分の質問がよくありませんでした。
>そんなものは「趣味」の次元だからな。
趣味の次元で教えてください。
>お前が頭がよくなりたいのなら、新聞を毎日できるだけ細部まで目を通すことだ。
何度もいいますが自分は趣味の次元でやっております。


259 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:46
1 名前:吾輩は名無しである 04/04/02 14:57
お願いします。もう馬鹿なんて言われたくないんです。
今度中三で来年受験なので切羽詰ってます・゚・(つД`)・゚・  
読書暦は学校の朝読書だけです。
厨房の為になる本をぜひ紹介してください。

260 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 17:50
>>259
わかりました。私の負けです。
結局新聞でも読んどけってことですね。
厨房がえらそうに読書なんてするなとも言いたいみたいですね。



261 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:52
新聞も読まない大人も、結構いるなぁ〜

262 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:54
社会人になってから文学を一切止める人も、かなりいるなぁ〜

263 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 17:54
新聞を読むと>>244さんみたいに「ましな」人間になれるYO

264 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 17:57
>>263
どういうものがマシな人間の定義か教えてください。
ぜひ自分もあなたのいうような「マシ」な人間になりたいものですね。

265 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 17:59
定義とか説明とか、人生は教科書みたいに書けないYO

266 :吾輩は名無しである:04/04/11 17:59
>>264
皮肉たっぷりやなw

267 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:00
>>265
そんなこと言わないでくださいよ。
何のために哲学があるんですか?

268 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:01
1よ、気を静めろ。2ch的にはNGだがお前は間違ってないぞ。
本読んで来い。

269 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:04
>>264
それ以前に自分が中三で受験ひかえていて馬鹿と言われたくないから厨房のためになる本を教えてと言ったときの焦りの原因を追求してろ。
自分で「マシ」な人間になりたいと思ってたくせにわざわざ揚げ足とってまでその答えを他人に聞くなよ。
趣味なんだろ?ただの趣味。それなら「マシな人間」とか関係なくないはずだろ。

270 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:06
>関係なくないはずだろ

(訂正)関係ないはずだろ

271 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:09
>>269
「マシ」になりたいのなら数学でもやってろっていう話ですよね。
わかりました。自分も虚栄心の塊ですね。
自分には到底趣味として楽しめることはできていないようです。


272 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:12
ぶちキレた餓鬼ほど性質の悪いものはない。


273 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:15
すごい粘着質だなお互いに。
1は放置の仕方が中途半端なんだな。

274 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 18:15
>>271
こんなあほな中学生を相手にする学校の先生もたいへんだと思いました。
ひと殺さないでね。性犯罪もだめ。新聞読んで新聞、ましなオトナになりなさい。
コンビニの店長が将来のきみにはお似合い。

275 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:22
僕は一生フリーター主義ですね。そのほうが気が楽だし。誰にも迷惑かけていませんのでね。

276 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:31
>>273
>>200の様にどのような解釈をされてもかまわなかったのですが、
なにしろこっちは餓鬼ですから、頭にきましてねw

>>274
あなたも中学生の頃はたいそう扱うのはむずかしかった事でしょうね。
自分のことはさておき私を責めるとはなんとも卑怯ですね。
あなたは自尊心がお強いようだから自分は大丈夫だったと思っておるようですが。

277 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:34
おい>>1よ、
こんな社会の掃き溜めどもの集まる掲示板で叩かれたくらいで
文学から離れないでくれよ。
自分の興味の赴くままでいいから、文学を読むことを諦めないでくれ。

278 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:38
私が昔なんとなく本を読んでみたくなったとき
何を読んだらいいのかと聞くことが恥ずかしかった。
昼休みや授業などが退屈で暇だったこともあり
空き時間に図書館へ一人でいっていろいろ物色してた。
面白そうなタイトルがあったのでそれをまず読み始めた。
そうしたらこれが面白くて夢中になって読めた。
実際、読んでいるときは読書をしているという感じはせず
映画を見ているような感覚だった。
それからその作者のありとあらゆる本を読み漁り
それに近いタイプの作家の本を探しては読み漁った。
冒険小説・推理小説・エロ青春系小説・ノンフィクション・エッセイ・・・と、いろいろ読んだ。
今思うと読み始めのときに誰かにアドバイスをもらわなくて良かったと思う。
もしアドバイスをもらっていたらアドバイスどおりに読んでいたような気がするし、
これほど広い分野にわたって読むことはなかったと思うから。
本は最高の暇つぶしですよね。
文庫ならあれだけ小さいものでどこででも映画を見ているような感覚になれる。
まさに本の虫ですよ。

279 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:38
>>274
だから何だ?こっちが下手にでているのをいいことにさも
自分が大人の見本でもあるような発言をしてんじゃねーぞ。
あんた見たいなのを餓鬼から見ると詰らん中年の売れ残りの女なんだよ。

280 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:39
1は中学生じゃないっぽいな。

281 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:40
さも←     うーーん30歳ぐらいと見たり

282 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:41
>>278
だから何だ?聞くことが悪いとでも言うのか?
俺とあんたは根本的に違うようだな。


283 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:42
>>278
だいたいあんたの私的体験を俺に教えて何になるんだよ

284 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:43
>>281
どんな解釈をするかは個人によって違いますが
自分は中学生です。

285 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:44
1の変貌振りはすごいな。

286 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:48
大人というのは虫がすかん。
自分たちが俺を煽ったくせに
俺が反論すると理屈を並べ立てて自分たちを正当化する。


287 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 18:48
>>278
たしかに他人に読む本を聞くガキって最低。
わたしなんか他人からすすめられたら、
それだけはぜったいに読まないとかたく誓ったもの。
この1は何事にも答え(定義)があると思っているのかも。
読むべき本というものがあると思っている。
つまらない優等生。平凡な人生がきみを待っている。

288 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:50
>なにしろこっちは餓鬼ですから、頭にきましてねw

なにかにつけてガキだと強調せずにいられないようですね。
随分上の方のレスにもあるようですが子供の立場を利用して
大人に媚売ろうというその態度が反感を買うのですよ。
それは女が女の立場を利用して特別視してもらおうとするようなもの。
もしそういうことをしている女が男女同権などと謳ってるなら
反感買うだろうし、同じく都合が良い時だけ自分を子供じゃないと言って、
都合が悪くなるとまだ子供だよなんていうなら当然反感買いますよ。
だから、これだから女は・・・、これだからガキは・・・、って言われるんですよ。

289 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:50
>>287
>この1は何事にも答え(定義)があると思っているのかも。
答えが無い問などは存在しない。
そのために学問がある。

290 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:51
>>288
あなたも俺が子供であることをいいことに
そんなことを言っているようですが?

291 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:52
読書しなきゃ読書しなきゃっていう強迫観念かしら

292 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/11 18:52
答えがないから文学者は書くの。書くしかないの……。

293 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:53
>>287
いや、確かに自分の読む本は自分で見つけてくるというのが
基本だが、ある分野を齧ろうと思ったらどうしても抑えておかないと
いけない本っていうのがあるだろう。
初学者がそれをその道の先達に聞こうという態度は間違ってないと
思うが。

>わたしなんか他人からすすめられたら、
>それだけはぜったいに読まないとかたく誓ったもの。
これは極端すぎるだろw

294 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:54
おちついて本よみましょうよ。
そんで本について語りましょ。
大人げないですよ。
>>1
何が言いたいのかはよくわかるぞ、おれも年齢が近いから。
けどさ、おちつこうよ。
進められた本でも読んで寝ようぜ。


295 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:54
>答えが無い問などは存在しない。
>そのために学問がある。

うわ!うわわわわわ!うわー!やべ!コイツ、マジ馬鹿だ…


296 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:55
>>292
わざわざあんたみたいなのが来てこのスレ荒してるんですよ。
>>286で言ったように自分たちが俺を煽ったのが原因であることに気づけ。」

297 :吾輩は名無しである:04/04/11 18:56
答えを探すために学問が

298 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:57
>>293
まったくあなたの言うとおりですよ。
自分が言いたかったのはそのことですよ。
温故知新という言葉があるとおり。

299 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/04/11 19:00
とりあえず避けるべき本を挙げる。

高橋和己「非の器」

フォークナー「アブサロム! アブサロム!」

レーモン クノー「地下鉄のザジ」



300 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:01
つーか1よ、もうみんなお前の本性なんか見破ってんだよ。
なんのためにこんなに1を煽ったと思ってんだ?
本性を暴くために決まってんだろーが!
やっと正体を現しやがったやがったな!
これでもくらえー!




301 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:03
メラ

302 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:03
美香の連続投稿


303 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/04/11 19:06
とりあえず避けるべきではない本を挙げる。

井上ひさし「ブンとフン」

高村光太郎「智恵子抄」

ヘルマンヘッセ「デミアン」

304 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:07
美香は実は叶姉妹だった。

305 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:11
>>300
醜い大人ですね。めんと向かってあのような煽りをうけて
怒らない馬鹿がどこにいるというのだ?


306 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:13
>温故知新という言葉があるとおり

おさえておくべき本なんてないよ。
あるとしてもそれは国語の教科書や資料集に紹介されているはず。
読書に初学者も糞もあるかね?
薦められたものではなく、自分の読みたいと思ったものを読まないと、
後で飽きるよ。
自分の興味の赴くままに読んでいればそんなことないけど。
一番読書の参考になるのは何といっても国語の教科書と資料集。
それと学校推薦図書。

307 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:14
何とか言い返してみろや大人なら。
それとも大人気なかったと謝るか?

308 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:14
300出て来い

309 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:16
>>307>>300へのレスです

310 :300:04/04/11 19:17
頭悪いから自分を厨房に設定して読みやすい本の情報仕入れようとしただろ。いいから不細工な彼女でもつくってオネンネしてなっつうの。

311 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:17
>>306
漱石も読んでないくせに文学が語れるか。

1よ、とりあえず漱石はおさえとけ

312 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:19
>>305

でた!今度は大人不信だ!
人を大人か子供かの二者択一でしか見ないやつ。
自分が子供で子供である自分を責めるから悪いのは大人か?

ここをどこだと思ってんだ?

家族団欒の場でも学校の教室でも、YAHOO掲示板でもないんだぜ。

それが嫌なら失せろ。

313 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:19
>>310
偽者うざいよ。
あんたみたいなのは無駄に年食ってるだけなんだよ。
そんなことして楽しいのか?

どうやら300は出てこれずにいるらしいなw

314 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:19
なんかすごい祭になってるぅ。。。
>>293に禿胴衣。
>>1はブロクにひっこしたらどぉ?
遊びに逝ってあげるよん。

315 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:20
引っかかったね。自作自演くん。

316 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:20
>>312
でた!今度は厨房不信だ!
自分が間違っていたのに謝ることもできないんだ!

317 :310:04/04/11 19:21
1=300

318 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:22
blogってどうなの?
2ちゃんより面白そうだなぁっておもってるんだけど、
はじめの一歩が踏み出せない。

319 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 19:22
>>315
あんたみたいなのと低レベルな議論はしたくない。
もう一度高校でも逝ったらどうですか?

320 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:22
>自分が間違っていたのに謝ることもできないんだ

臭っ!

321 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:23
>>318
コメントが書きこみやすいのでいいと思った。
2ちゃんみたく煽りが入らないのもいい。

322 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:25
頭悪すぎだ1、煽られてキレて謝罪求めるだって・・・

323 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:25
>>321
運営するのに特別な知識が要るの?

324 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:25
thx>>Cava
ちょっと試してみる。いまのツーちゃんは煽りかネタだからなぁ、移動考えてみる。
2ちゃんもそろそろ終わりだろうねぇ。ずいぶん人流れてるみたいだし。

325 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:27
ブログ始めたら自サイトの日記更新が滞りそうな悪寒

326 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:28
>>325運営するのに特別な知識が要るの?


327 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:28
>>323
いらない。すごく簡単だよ。
これなんかだとぐーぐるにヒットしないみたいなので、
日記感覚でこっそりできると思う。
http://blog.livedoor.com/

有名どころだと「はてなダイアリー」かな。
あたしははてなはちょっと怖いけど。。。。


328 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:31
>>324
2ちゃんに真剣に書き込む気起こんないもんね。。。
すぐ煽られるし、議論ふっかけても逃げられるし、もったいネタもあるし。。。

329 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:32
>>327
はてなって何か問題あるんですか?

330 :323:04/04/11 19:33
かばさんありがとうございます。

331 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:34
>>329
人目に触れやすいのでびびってるだけです。。
知人にすぐ発見されてしまいそうでw

332 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:35
>>331
なるほど。

333 :197ざんす:04/04/11 19:41
う〜ん、残念ながら美香タンの意見には全然不同意だねえ。
こういう方って結構多いですよね、実際。でもね、こういう方に限って
読書傾向が偏向しちゃうんですよねえ。で、自説に凝り固まってしまって
他者の意見が自説に対する挑戦としてしか受け取れなくなってしまう。
あのね、入り口なんてどうでもいいんですよ。誰かに薦められたから読む、
書評でいいこと書いてあったから読む、本屋で立ち読みして気に入ったから読む、
何でもいいんです。とにかく、右であれ左であれ中道であれノンポリであれ、
いろいろな本をたくさん読んでいくことで、自分の読書傾向なり、思想なりが
形成されていくんですから。アプローチの手段なんてどうだっていいんです。
今回1くんは2ちゃんで先達の意見を聞くという方法を取ったというだけであって、
これはこれで一つの手段である訳でね。些細なことです。
ここで薦めてもらった本の中から1くんが興味を持った本、自分に合った本を
取捨選択していけばいいのであって、それに対して他者がとやかく言うことは
ハッキリ言ってただの「おせっかい」に過ぎないのですわw
我々は自分の薦めたい本を書き込めばいいのですよ。それだけのことです。

>1くん
きたない言葉で噛み付くってのは、私はあまり感心しませんな。
煽りに噛み付くのも楽しみのひとつだとは思うどね、無視する方が
効果的ってこともあるんですよ。自説をガリガリ書き込む人って、
反応してもらえないと悲しくなっちゃうもんですからね。



334 :cava ◆Ci3UmwhFqY :04/04/11 19:41
>>330
かばさん。。。かわいい。。

1は少し落ちついたかな?
あきらめずにがんばってね。
また見にくるよん。

335 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:49
かばって名前見ると、ダンサーのかばちゃんを思い出す。。

336 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:56
だからさ、学校の教科書が一番手っ取り早い文章読本なんですよ。

337 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:57
プ

338 :吾輩は名無しである:04/04/11 20:01
1は今御飯を食べています。

339 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 21:00
鴎外の短編でも読んで寝ます。

340 :吾輩は名無しである:04/04/11 21:12
読書するのもいいが
数学や理科社会をやるのも教養だよ

341 :吾輩は名無しである:04/04/11 21:22
>>339
結局、自分で選んで読んでるんじゃねーかよ。カマトトぶるなアホ。

342 :吾輩は名無しである:04/04/11 21:49
違うんだよ、1はさ、頭が良くなる裏技をこっそり知りたいんだよ。


343 :吾輩は名無しである:04/04/11 21:58
    l≡l   .l≡l
    |:::└┬┘:::|
    |:::┌┴┐:::|
   ノ::::::丶 /:::::::\
  (::(,,゚Д゚)(゚Д゚,,)::) 記念パピコ
   |:∪::::| |::::∪::|
 〜((((:::::))(((:::::)))〜
   ∪ ̄U U ̄∪

344 :吾輩は名無しである:04/04/11 21:58
おい、みんな酔ってんのか?

1。気にするな。
礼儀が正しくて、いい子ちゃんみたいな返事が多いから
みんなの気に障っただけだろう。
それで、「本音を吐け」「おまえはそんな奴じゃないだろう」
「本性さらけだせ」みたいなこと言われて、そりゃ厨房だって怒るよ。
気にするな。

345 :吾輩は名無しである:04/04/11 22:20
すげえ、人ってここまで変われるんだな

346 :吾輩は名無しである:04/04/11 22:27
286 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/11 18:48
大人というのは虫がすかん。
自分たちが俺を煽ったくせに
俺が反論すると理屈を並べ立てて自分たちを正当化する。

反論?どれ?

347 :吾輩は名無しである:04/04/11 22:32
1よ。今日はオナニーを3回して寝ろ。
アレが溜まると怒りっぽくなってしまうのはもう知ってるだろ?
あとおじさんたちも同じ。ただし回数は一回でよし。
あとおばさんは…意識がなくなるまで酒でも飲んでください。

348 :吾輩は名無しである:04/04/11 23:00
もうこのスレ終わりだな
やっぱり厨房は所詮厨房だ

349 :ちくま消防 ◆x8Zvhkd046 :04/04/11 23:04
ひまなおじさんおばさんって多いんだな。。。
厨房先輩頑張ってくださいよ(エール
21世紀はぼくたち消防、厨房のためにあるんだから。
cava ◆Ci3UmwhFqYさんてカコイイ!


350 :吾輩は名無しである:04/04/11 23:14
1を支持します

とは別の話で、上の方で勝ち組・負け組なんて言葉を使ってるけど。
読解力というか思考力のある人間なら、まさにこの言葉にこそ「負け組」的意識が働いているとは思わないのだろうか?
仮にもここは文学板だろ。日本の現代社会が、さまざまな意味で世界基準に照らしあわされ始め、勝者と敗者の差がはっきり現れるようになったのは良い。
しかしなぜその二つを「組」にする必要がある?「僕は勝ち組だからずっと勝ち。あなたは負け組だからずっと負け!」と言い張りたい心理がそこにはある。
今日の勝者が明日には敗者になり得る。その逆もあるのが今後の世界。「勝ち組・負け組」などと言いたがる椰子こそ、この現状を認める強さを持たない者。
ようするに過渡期の言葉ってことだな

こういうこと書くと「そういうこと書くおまえは負け組」と言い出す椰子が現れるんだろうな。はぁ



351 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/04/11 23:16
なんだこの馬鹿ども、、

352 :吾輩は名無しである:04/04/11 23:24
「虫がすかん」とか「もったいネタ」とか、どこの田舎の言葉?

353 :吾輩は名無しである:04/04/11 23:39
九州やろねえ。ばってん自信のなかとやけど。

354 :りさ子:04/04/11 23:40
あたしの本読んで寝なさい★

355 :吾輩は名無しである:04/04/12 00:21
なーんだ、朝鮮人か、納得。

356 :吾輩は名無しである:04/04/12 02:47
「構造と力」これ定説


357 :吾輩は名無しである:04/04/12 04:17
中学の時ドスト読んでたので、一芸入試でそれを言ったら早稲田に
入学できますた。これ定説

358 :吾輩は名無しである:04/04/12 10:52
>>357
早稲田ってやっぱりバカなんだね

359 :吾輩は名無しである :04/04/12 13:18
>1
要するに、小説か評論書いて賞を取れば、少なくとも勉強せずに
早稲田ぐらいはいけるのです。
何歳になっているかは知らないけど プッ

360 :吾輩は名無しである:04/04/12 13:51
>>358
盗撮教授を雇ってるくらいですから

361 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 16:29
ドストの地下室の手記でも読みます。

362 : ( ^,_J^)えっマジで:04/04/12 16:57
>>1
なんだか片っ端から読んでないか?脈絡ないぞ。

363 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 18:28
虫けらにすらなれなかったこと以外読み取れませんでした。
難しいです。

364 : ( ^,_J^)えっマジで:04/04/12 18:32
>>1
ドストはカラマーゾフから入りなさい。

365 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 18:47
>>364
だまされませんよ。

366 :吾輩は名無しである:04/04/12 18:51
1は本当に古典文学が読みたいのかなー。

ライ麦おもしろかったんだろ?
ならもっと違うものも読んでみていいと思うけどな。

367 : ( ^,_J^)えっマジで:04/04/12 18:52
ひどい!

でも中学生がドスト読むなんて関心だなあ。難しい本でもひたすら
読めば理解できるよ。そしたら高校の授業なんて受ける意味なくなる
かもね。

ガンバ

368 : ( ^,_J^)えっマジで:04/04/12 18:54
>1
最後に。君のように片っ端から読み漁るんなら、いっそのこと文学全集
買ったらどうだい?古本屋で安く売ってるやつあるよ。俺新潮社の文学
全集45冊10000円で買ったよ。

369 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 18:54
>>366
星の王子様ってどんな感じですか?

370 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 18:56
>>368
金持ってないのでちょくちょく買います。

371 :吾輩は名無しである:04/04/12 19:06
恥ずかしながら「星の王子様」は読んだことがありません。参考にならなくてスマン。
ただ気になったんなら読んでみればいいんじゃないかな。
自分の知識を深めるために古典文学を読むのは素晴らしいことだと思うけど、
読書の楽しさってそれだけじゃないし、自分の体裁しか考えてないようなスノッブはやっぱり嫌だしな。

そんなわけで、中島らものエッセイなんか読んでみてくれよ。おもしろい作家の名前も出てくるし。
ブコウスキーも読んでみたらおもしろいと思う。
中原中也の詩なんか感じるものがあるはず。

372 :吾輩は名無しである :04/04/12 19:07
遠い昔の話だからあんまり覚えてないけど、星の王子様より
夜間飛行と城砦のほうが面白かったなあ

373 :吾輩は名無しである :04/04/12 19:08
あっ、夜間飛行も城砦もサン=テグジュペリだよ

374 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 19:09
>>371>>372
アドバイスありがとうございました。

375 :吾輩は名無しである:04/04/12 19:12
いえいえ。
押し付けのつもりじゃないかから、
古典文学に疲れた頃にでも思い出してくれると嬉しい。

376 :吾輩は名無しである:04/04/12 19:47
自作自演が4つか。


古典ばっか読んでる、ダサ男

377 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 19:48
地下室の手記難しすぎでした。
挫折しました。とりあえず今は保留しときます。
かわりに漱石の草枕でも読んでみます。

378 :じじい:04/04/12 19:49
>376
いや、372は俺だ

379 :イエローキャバ社長:04/04/12 19:50
>376
そして373は俺だ

380 :イエローキャバ社長:04/04/12 19:50
>1
おいおい変なタイミングに出てくるなよ。お前をかばったのに

381 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 19:51
>>376
自作自演なんかして遊ぶ年齢じゃないですよ俺は。

382 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 19:54
めんどくさいけど勉強やってきます。
数学わがんね。

383 :吾輩は名無しである:04/04/12 19:54
1童貞なの?

384 :んなこたない:04/04/12 19:59
風俗で済ませますた

385 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 20:52
>>383
童貞です。

386 :吾輩は名無しである:04/04/12 20:59
どうでもいいだろーが。まったく。それよりもなぜこいつは、古典しか

387 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 21:01
>>386
どのぐらいまでが古典なんでしょうか?
最近のって蹴りたい背中しかしりません。

388 :吾輩は名無しである:04/04/12 21:08
古典とは村上龍以前である。

389 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/12 21:15
>>388
13歳のハローワークなら学校においてあったよ。
でもあんなのしか書いてないんですか?

390 :吾輩は名無しである:04/04/12 21:24
>>353
正しくは、
「九州のごたる。ばってん自信はなかとよ」
じゃないか?

391 :吾輩は名無しである:04/04/12 21:36
>>387
どこまでが古典なのかというのは難しい問題だ。
漏れは一応、死んだ作家の作品は古典だと思っているが、
これも色々と問題の或る基準だからな。
つか、古典だとか現代とか気にする必要ない気もする。

392 :吾輩は名無しである:04/04/12 21:51
古典とは、岩波文庫に名のある作家

393 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:00
>でもあんなのしか書いてないんですか?

マジレスすると、図書館に無かったら書店にいけばどんな話を他に書いてあるのかなんてわかるでしょ?
書店に行かなくても、これだけ作家別のスレが乱立してるんだから、
気になった作家のスレッドに目を通してみれば大体わかるはず。
すこしは自分の頭使ったほうがいいよ。

394 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:05
田舎者で貧乏人の息子の厨房相手にマジレスするのはいかがなものかと。

395 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:05
どうせ村上龍を馬鹿にしてるんだろ。
現在活動してる作家の中じゃ結構好きだけどな。

ハローワークにしても悪くない本だと思うよ。「13歳」だし。

396 :13歳の筆頭株主:04/04/12 22:08
>1
アダム・スミスの国富論を読んで8000字以内のレポートを提出しなさい。


397 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:13
>>1の十年後を予言してみる。

二流大学文学部に在籍、中学で読んだ作家達のことは基本的にレベルが低いと決め付け、
自分が中学時代に読んだ作家を呼んでいる友人を軽蔑する。
卒業を控え、就職活動に精を出すが、思いのほか「文学部」の就職の厳しいのを悟り、
理系に進んで理論や技術を身に着けていればと後悔する。
とりあえず就職活動を先延ばしにして、資格取得に熱中し無事2、3の資格を取得する。
実用的な資格を取っておいたおかげで商社・旅行代理店・広告代理店あたりに就職。
入社後一年間は覚えることばかりで生活の余裕がない、しかし2年目にはその余裕が生まれ
連日の飲み会と合コンに精を出す。
間違って部長の娘に手を出してしまい、会社を首にされる。
絶望感に打ちひしがれ、ぼーっとしているとふと中学・高校時代の青春の日々を思い出す。
友達づきあいが悪く帰宅部だったために華々しい青春ではなかったことを思い起こす。
しかしひとつだけ熱中したものがあった、それが読書だったことに気が付くのだが、
すべてはそこに元を発しており、もし自分が読書ではなくもっと実用的な特殊な能力があったら
こんなことにはなっていなかったのではないだろうか、と今の自分を過去のせいにする。
挫折がきっかけでもうすでに生きる気力と希望を失った>>1は、
自分の部屋で足を中に浮かせた・・・・

398 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:20
中学生なら、宗田の「ぼくら」シリーズを全部読破しておくべきだ。
こういったものを楽しめるのは子供のうちだけだからな。
夏目漱石や太宰治などは何歳になっても読めるし、漱石も太宰も主人公や設定の年代が大人だからな。

399 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:48
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は何度読んでもいいよなぁ
宮沢賢治はその日本語の文章の簡素性においてヘミングウェイに匹敵するものがある。
ただその簡素ということが幼稚とか子供向けと一般的に思われているけど
もし宮沢賢治のような簡素な文章で奥の深い壮大な物語長編でも書くような作家が現れたら
それはものすごい作家になると思うよ。

400 :稲川会系龍神組:04/04/12 22:54
『ヤクザに学ぶできる男の条件』山平重樹(祥伝社)

401 :吾輩は名無しである:04/04/13 00:17
椎名誠「岳物語」は、いいなあ。

402 :吾輩は名無しである:04/04/13 00:35
>>398
中学生なら、撲殺天使ドクロちゃんを。

403 :吾輩は名無しである:04/04/13 02:05
ノンフィクションなら、沢木耕太郎『テロルの決算』をオススメする。
安保闘争とか、当時の出来事を少しは知ってないと面白くないかも知れんけど。

404 :吾輩は名無しである:04/04/13 02:41
「春樹シリーズ」は学生には刺激が強い。これ定説

405 :吾輩は名無しである:04/04/13 02:42
因みに「イデーン」はマジお勧め

406 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 06:18
こんど↓買おうと思ってます。他にオススメの本はありませんか?
・五分後の世界 - 村上 龍
・新編銀河鉄道の夜 - 宮沢 賢治
・壁 - 安部 公房
・使いみちのない風景 - 村上 春樹
・夜間飛行 - サン=テグジュペリ

金が入ったらのことですが・・・。

407 :吾輩は名無しである:04/04/13 07:30
ちょっと変わったところで、シェイクスピア「ハムレット」

408 :吾輩は名無しである:04/04/13 10:00
とりあえず色んな作家を読むのもありだが、
気に入った作家の作品を全て読んでみるのもありだぞ。
いまだ好きな作家には出会えてないのかい。

409 :吾輩は名無しである:04/04/13 11:15
中学生なら本なんて買う金無いだろ。
読むなら図書館か一冊だけこれはっていうものを見つけて
それ一冊を深く読むほうが楽しいと思うけどな。
だって中学生で金も無いんだし、小遣いは本以外にも使いたいことがあるだろ。


410 :吾輩は名無しである:04/04/13 11:29
>>1はなんかいやらしくて嫌だな。
なんか必死だし。
下心がみえみえだし。
ところでライ麦畑でつかまえては読み返したのか?
どうせ読み返してないだろうけどさ。
なんだかなー
中学で「壁」なんて楽しめるわけねえじゃんw
絶対「うわ!なんかすげえ、不思議。わけわかんねw」って思うだろうよ。
みんなも不親切だよな。
>>1の馬鹿厨房がなによんだらいいですか?って質問に。
厨房が読むべき本っていうよりただ自分が好きな本薦めてるだけだからな。
朝読書(俺が中学のときはそんなのすらなかったなぁ)以外に読書をしたことがない厨房だぜ。
つまり、読書の楽しみを知らずに読書への憧れだけで読書をしようとしている厨房だ。
作品の良し悪しよりも本人の興味と非読書人にも得られる面白さのあるやつ進めるべきだろ。
なんたって「ドストエフスキーはすごいらしい、これを読めば俺はすごいかな」と思って読んで失敗する奴だからなw

411 :吾輩は名無しである:04/04/13 12:22
本を進めるバカw

412 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 16:39
>>410
どんなところが下心ですか?
ただ本を紹介してくれるだけで結構です。

413 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 16:45
じゃあもう一度買う本選びなおします。
面白い本を紹介してください。

414 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 16:50
1500円内で買える文庫本でお願いします。

415 :吾輩は名無しである:04/04/13 17:12
ワンピース。


416 :吾輩は名無しである:04/04/13 17:34
なんで紹介せなならんのだろ?
たとえば「志賀直哉」を薦めたとして
それを君が気に入るとも限らないし
読んでみて結局読めませんでした意味分かりませんでは
教え甲斐もない。
ある作家を薦めたとしても一度読んで
適当な軽い感想言って「他になにか教えてください」
では教えた側としては虚しささえ感じる。
「ただ本を紹介してくれるだけで結構です。」って言うけど、
上で君が趣味として読書をしていないことを暴露したように、
何かの意図のために読書をしその手っ取り早い選択として
何を読んだら・・・いいですか?ってことじゃないですか。
それならそうと、紹介してくれる人にわかりやすく、
その君の意図を伝え、それにピッタリな本を紹介してもらったらどうだろう?
「とにかく中学生に本を紹介してください」という要求だったら、
「ぼくらの七日間戦争」でも「ズッコケ」でも薦めたら読んでみようと思う?
君なら思わないだろうね、それでは紹君が介してもらってまでして本を読もうとする意味がないからね。
どうせ一度読んですぐ次の本を読み出すなら、金の無駄だから、図書館から借りてんだらどう?
学校の図書館なら中学生に薦める本で溢れてるから、だからといって馬鹿にしてはいけないよ。
漱石や太宰や芥川など文豪もいっぱいあるはずだから。
まずそこからだ。

417 :吾輩は名無しである:04/04/13 17:41
司馬遼太郎「竜馬がゆく」

これ読んでなきゃ恥ずかしい。

418 :吾輩は名無しである:04/04/13 18:10
>>416
大学は出ましたか?日本人ですか?
まともな日本語を書けないあなたから教えてもらおうとは思いません。

419 :吾輩は名無しである:04/04/13 18:11
スラムダンク読め。

420 :吾輩は名無しである:04/04/13 18:15
図書館とか本屋に行って自分で探すのが一番いいよ。
本を探す過程も読書の楽しみの一つだと思う。
人に選んでもらったものを受け身で読んで嬉しい?

421 :吾輩は名無しである:04/04/13 18:48
>>418
なにいってんだこいつw

422 :吾輩は名無しである:04/04/13 18:53
誤爆?

423 :吾輩は名無しである:04/04/13 19:04
>>418
あんま調子乗ってると、荒らしにギャフンと言わされるから、
ちょっと黙った方がいいよ。俺はそうする事を進めるね。

424 :吾輩は名無しである:04/04/13 19:06
宮沢賢治といえば風の又三郎
どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹き飛ばせ
すっぱいかりんも吹き飛ばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

425 :吾輩は名無しである:04/04/13 19:13
>>423
進めてくれてありがとう。

426 :吾輩は名無しである:04/04/13 19:23
>>425
( ´,_ゝ`)ハイハイ

427 :吾輩は名無しである:04/04/13 20:02
実際、2ch住人のほとんどが若者で中学生なんてザラ。
だからわざわざ自分が中学生だなんて言わない。
小学生も中学生も高校生も大学生も中卒も高卒もヒキコモリも
みんな一緒になって同じ空間で同じ立場の中で
どんどん壊れていく。
頭が悪い奴はすぐ自分が中学生だとか高校生だとか言って媚を売る。

428 :吾輩は名無しである:04/04/13 20:23
論語でいいんじゃね?

429 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 20:55
じゃあ三島由紀夫のやつ全部読むことにします。

430 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:32
どうぞご勝手に。

431 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:33
紹君を介していただきかたじけない。

432 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:40
>>431
大学は出ましたか?日本人ですか?
まともな日本語を書けないあなたから教えてもらおうとは思いません。

433 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:40
とりあえず図書館から借りてんだらどう?

434 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 21:44
結局どうすればいいんだ_| ̄|○
あるもの全部読み終わってから出直してきます。


435 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:47
そういえば中学も高校も図書館が大盛況のイメージないな。
小学校くらいではいつも図書館に篭ってる奴がいつも数人いたけど。


436 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/13 21:48
>>435
多分、マジメだから堅苦しいとかのイメージがあるんだと思います。
内の学校も図書館に篭ってるのはほんのわずかです。

437 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:49
>>434
図書館篭ってろっつってんだろうが!

438 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:52
(´-`).。oO(「紹君が介して」を「紹介する」の語源かなんかだと思って辞書を引いたのはナイショだ)

439 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:52
>>434
三島由紀夫全部読むんじゃなかったの?ん?

440 :吾輩は名無しである:04/04/13 21:55
「借りてんだらどう?」って長野県あたりの方言ですか?

441 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:04
読書に夢中になるきっかけが欲しいんだったら
まず宗田理のぼくらシリーズをどんどん読んでいくことを薦める。
とくに有名な「ぼくらの七日間戦争」は昔の左翼運動賛美だという話もでたりして
とにかくこのへんから読むのが妥当だと思いますよ。

442 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:06
あ、ごめん、中学生なら左翼とか右翼とかは分からないか。

443 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:15
1は典型的な統合失調症だね。
2ちゃんやインターネットやっても統失は治らないぞ。
医者いけ。薬のめ。

444 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:24
>統合失調症

なにそれ?

445 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:27
オナニーしてればいいもの  あんたばかぁ1111111??????

446 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:37
本を読む前に、チンコの皮を剥いたほうがいいですよ。
病気になるから。

447 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:38
大江は皮をふさいで
その中に発射するテクをもっていたらしい
僕も挑戦中だ

448 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:54
>>447
俺は初めてオナニーしたとき
(ガチガチのチンコ擦りながら)
ああ…なんか気持ちいい…なんか体が痒い…熱い…ハァハァ…あ!なんか出る!
とっさにチンコの皮の先をつまんで何か出るものを閉じ込めようとした。
そしたらなんどもビクッビクッとしながらどんどんドクドク白いものが溢れてきて
「ハアァァ〜」ってなんて、臭いを嗅いだら変な匂いがして、どうしていいのかわからなかった。
あの夏の日。

449 :吾輩は名無しである:04/04/13 22:58
俺、ガキのころ親と妹の前で勃起するところ見せまくってたわ。
一、二、一、二、って立たせたり寝かせたりするの見せてた。
母ちゃんどういう気持ちで見てたんだろ。俺何の恥ずかしげもなく見せたけど。



450 :吾輩は名無しである:04/04/13 23:06
>>449
うわぁ、キツッ!ガキの成せる業だな。

451 :13歳の筆頭株主:04/04/13 23:12
>1
いいからオナニーして寝ろや

452 :吾輩は名無しである:04/04/13 23:13
>>448
ですぎ

453 :吾輩は名無しである:04/04/13 23:16
おまえら、カッコイイなw

454 :吾輩は名無しである:04/04/14 00:29
図書館から借りてんだらどうよ?
俺はそうすることを進めるね。

455 :吾輩は名無しである:04/04/14 01:06
とりあえず図書館にある全集を全部読め。話はそれからだ。

456 :吾輩は名無しである:04/04/14 01:37
>>406
・カフカ - 変身
・新編銀河鉄道の夜 - 宮沢 賢治
・砂の女 - 安部 公房
・夜間飛行 - サン=テグジュペリ
・僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 - 中島 らも

買うならこんな感じがいいな。
ほんとは本屋で少し読んでみてからのほうがいいと思うけど。

457 :吾輩は名無しである:04/04/14 02:08
とにかく図書館にある自分にあったレベルの面白そうな本を読み漁れ。
中学生で金をかけてまでして本を買って読むべきじゃない。
学校の図書館でなくても、公共図書館が必ずあるだろ?
それと、運動しろ。
若いうちに体を動かさないと、後悔するぞ。
運動すると運動神経に刺激になるからな。
頭にもよい影響がある。

458 :吾輩は名無しである:04/04/14 02:15

        (⌒⌒)
   ∧_ ∧( ブッ ) 哲学的に
  <`∀´ > ノノ〜′
    (⊃⌒*⌒⊂)
     /__ノ''''ヽ__)



459 :吾輩は名無しである:04/04/14 04:47
そしええ

460 :吾輩は名無しである:04/04/14 05:11
「哲学のモノサシ」 西研 NHK出版
マジでお薦め

461 :吾輩は名無しである:04/04/14 07:52
友達から借りてんだらどうよ?
俺はそうすることを進めるね。

462 :吾輩は名無しである:04/04/14 21:51
age

463 :吾輩は名無しである:04/04/14 22:20
太宰治『人間失格』カミュ『異邦人』
沼正三『家畜人ヤプー』 ゴールディング『蝿の王』
漱石『こころ』 江戸川乱歩『芋虫』
ジャック・ケッチャム『隣の家の少女』 
スティーブン・キング『トミーノッカーズ』 サド『ソドム百二十日』
以上、希望に満ちた青少年におすすめです

464 :吾輩は名無しである:04/04/14 22:43
そして絶望の淵に突き落とされろオー!
ま、間違いなく廃人になるかヒキコモリになるね

465 :吾輩は名無しである:04/04/14 22:47
比較的能力の高い青少年は
幾ら本読んでも引きこもりとか俳人にはならない。


466 :吾輩は名無しである:04/04/14 23:04
本当に能力が高かったら、わざわざ他人に聞く必要は、ないなあ。

467 :吾輩は名無しである:04/04/15 02:32
>>1
読書しかしてない奴も馬鹿呼ばわりされると思うがな。
読書するのと同じくらい漫画を読んだり映画やテレビを観るべき。

468 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 05:46
絶望の淵に突き落とされたいです。

469 :吾輩は名無しである:04/04/15 11:39
段々1がネタに見えてきた。

470 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 16:01
マジメにやってくれないからです。

471 :吾輩は名無しである:04/04/15 16:12
文学ではないものも含まれているが、読みやすいものを。

O・ヘンリ「O・ヘンリ短編集」
原田宗典「19,20才」
鷺沢萠「駆ける少年」
アン・マキャフリィ「ゲド戦記」
村上春樹「パン屋再襲撃」
清水義範「永遠のジャック&ベティ」


どうでもいいが、宗田理だけはやめておけ。あんなの幼稚園児の読むものだ。ズッコケシリーズのほうがまだマシだよw


472 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 16:33
>>471
ありがとうございます。
O・ヘンリは前にも薦められたので読んでみます。

473 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 16:41
こんな感じで選んでみました。今度はどうでしょうか?
・パン屋再襲撃 - 村上 春樹
・駆ける少年 - 鷺沢 萠
・かもめ,ワーニャ伯父さん - チェーホフ
・O・ヘンリ短編集 (1) - O・ヘンリ
・斜陽 - 太宰 治
・老人と海 - ヘミングウェイ

何かあったらどんどんツッコんでクダサイw

474 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 17:12
鷺沢 萠って人は自殺したんですか?

475 :吾輩は名無しである:04/04/15 17:19
>>1
君は自分の買う本を他人に評価してもらって、何がしたいの?w

476 :吾輩は名無しである:04/04/15 17:20
図書館から借りて読めって言ってんのにこのガキは

477 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/04/15 17:22
>>471
>どうでもいいが、宗田理だけはやめておけ。あんなの幼稚園児の読むものだ。ズッコケシリーズのほうがまだマシだよw
わらった。まったくだ。

オレからは、ベタで読みやすいものを。

サリンジャー  『ライ麦畑でつかまえて』
ヘミングウェイ 『老人と海』
村上春樹、   『TVピープル』
井上靖     『あすなろ物語』
吉田ばなな、  『キッチン』『TUGUMI』
吉田修一    『パレード』


478 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/04/15 17:27
>>473
『パン屋再襲撃』は、読解も楽しめるように作ってあるので、
入り口としては理想的だと思うよ。読むたびに、新しい発見がある。
ヘミングウェイにしても、チェーホフにしても、いいチョイスだと思います。


479 :吾輩は名無しである:04/04/15 17:30
>476
確かに、借りて読んだ方がいい。
100冊読んで、本当に何度も読み返すいい作品に出会えるのなんて
2〜3冊だもん。後は、二度と読まない。読んだっていう自己満足だけ。
でも、それは、買いまくって、読みまくって得る結論だから
1が昼飯抜いて小遣い削って本買うっていうのもいいんじゃないかな。
誰でも通る道だよ。


480 :吾輩は名無しである:04/04/15 17:36
>>1

>>477のようなヒッキーのクズの言うことは、全然ダメだから
相手にするなよ。
学校の読書暦でいいから、まず自分の感覚にヒットしたものを読む。
その作家の別の作品を読んでみる。
その作家と同時代の作家や、関わりのある作家へと、視野を拡大する。
分厚い古典作品でも、
とっかかれば面白くてやめられない作品が多い。ドストエフスキーでも
トルストイでも、優れた作品の特徴は「面白い」ということ。



481 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 17:44
>>476
俺期日まで読めって言われるとなんか自信なくなるんで・・・。


482 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 17:45
これ買うことにしました。注文しました。
・パン屋再襲撃 - 村上 春樹
・駆ける少年 - 鷺沢 萠
・かもめ,ワーニャ伯父さん - チェーホフ
・O・ヘンリ短編集 (1) - O・ヘンリ
・斜陽 - 太宰 治
・老人と海 - ヘミングウェイ


483 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 17:49
>>482
「あすなろ物語」を追加したんでした。

484 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:03
ちゃんと書店で買ってんだらどうよ?
俺はそうすることを進めるね。

485 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:08
注文だってw
たかが文庫本で。
期日まで読めといっても一週間に一冊借りて読めば
2、3日で読み終わるし、つまらなかったら返せば済む。
初めから文庫本をどさっと買い込んで読むのは無駄だな。
読書って自分の興味と感覚が強く影響するから
他人に薦められた本ならなおのこと気に入る本になかなかならない。
しかも一度読んで、すぐ他の本を読むだけなら、金の無駄。
読書の面白みをしらない奴が適当に一括買いして勿体ない勿体ない。
本当に読書好きで好きな作家、例えば太宰治が好きなら
その作家の本一冊あるだけでもその作家の文庫しかなくても
楽しくてしょうがなくなるんだけどな、自分の宝物みたいになるから。

486 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 18:28
>>485
そうなんだ。
でも俺だって薦められた本が面白そうだったから買ったんだぜ。


487 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 18:29
>>484
俺もできればそうしたいんですが探すのめんどくさいんですよw
横着者でスマソ。

488 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:42
デキゴトロジー
面白いよ

489 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:46
ところで左翼と右翼の違い知ってる?

490 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 18:49
>>489
わかりません。


491 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 18:52
今まで草枕読んでたんだけど難しい・・・。
積んどきます。

492 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:56
親のクレジットカード使って好きなだけアマゾンで買ってんだらどうよ?
俺はそうすることを進めるね。

493 :吾輩は名無しである:04/04/15 18:57
おー。注文したか。おつかれ>>1
読んだら感想聞かせてくれー。それによってまた閑静にあったもの薦められるかもしれないし。

494 :吾輩は名無しである:04/04/15 19:06
また間違えた…_| ̄|○
訂正。
× 閑静
○ 陥穽

495 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 19:25
>>492
アマゾンで買ってますが、親のクレジット使った分は払ってますよ。

>>493
              /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /   ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ / U         ::::::U:::::\
  | |       //       \  :::::::::::::::|
  | |       |  ●      ●    ::::::U::::|   な・・・・なんだって?!
  | |       .|           U :::::::::::::|   
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/  
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::< 
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|



496 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:10
>>491
予想どおり。
読めない本をいくつも自費で買ってバカバカしく思わないのが不思議。
それに人に薦められた本ほどハズレが多い。
だって推理小説嫌いな奴に推理小説薦めても読めないようにさ、
よく考えたら絶対面白いと感じないだろうって本を他人が薦めて
それをまんまと買う馬鹿って、明らかに遊ばれてるなw
中学生に無駄金浪費させて、つまらん読めないつまんない本を
部屋に山積みさせて、もう愉快犯にはウハウハだw

497 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:18
読書にはまる典型は推理小説やミステリー小説から。
リング・らせん・金田一もの・江戸川乱歩・スティーブンキングとか。
読んでいると、背筋がゾクゾクして恐くてでも読むのがとまらなくなる。
なかなか本の世界に入り込めない人は、こういう恐怖ものからはいるといい。


498 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:21
1は典型的な統合失調症だね。
2ちゃんやインターネットやっても統失は治らないぞ。
医者いけ。薬のめ。


444 名前:吾輩は名無しである :04/04/13 22:24
>統合失調症

なにそれ?


445 名前:吾輩は名無しである :04/04/13 22:27
オナニーしてればいいもの  あんたばかぁ1111111??????


446 名前:吾輩は名無しである :04/04/13 22:37
本を読む前に、チンコの皮を剥いたほうがいいですよ。
病気になるから。


447 名前:吾輩は名無しである :04/04/13 22:38
大江は皮をふさいで
その中に発射するテクをもっていたらしい
僕も挑戦中だ


499 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:25
予想どおり。
俺の予想どおりになりたくなかったら、俺の進める本を読め。
ウハウハだぞ。

500 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:27
500get

501 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:44
>1よ、いつまでこのスレ続けるつもりだ。そろそろ終わらそうぜ。

502 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:46
>>497
その文脈でキングの名を持ち出すとは…
おまえ、ITの郷愁と恐怖の混交した至高の美、本当にわかってるんか?とか勘繰っちゃう

503 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/15 21:18
今回買った本はそう悪くないと思うけどなぁ・・・。

504 :吾輩は名無しである:04/04/15 21:34
>>1
田口ランディの富士山はお勧め!
文学板でも話題沸騰だよ!

505 :吾輩は名無しである:04/04/15 22:03
俺は進めないけどね。

506 :吾輩は名無しである:04/04/15 22:23
1は今のところ何読んだの?
2週間あるから3冊位は読めた?

507 :吾輩は名無しである:04/04/15 22:33
>>1はとりあえず、買った奴を一冊一週間かけて読むとよかろ。
電車とかで移動するときには必ず携帯するんだぞよ。携帯でメール打ってないで。

508 :吾輩は名無しである:04/04/15 22:59
最後まで読む必要ないぞ。つまんなかったら壁に叩きつけて捨ててしまえ。
そのうち君の閑静に合う本が見つかるさ。そうなればもうウハウハ。

509 :吾輩は名無しである:04/04/15 23:01
また間違えた…_| ̄|○
訂正。
× 閑静
○ 慣性

510 :吾輩は名無しである:04/04/15 23:05
感性

511 :吾輩は名無しである:04/04/15 23:13
プ

512 :吾輩は名無しである:04/04/15 23:21
(・∀・)ニヤニヤ

513 :吾輩は名無しである:04/04/15 23:49
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

いくら読書しても、人格の向上とは全く無関係ってことが証明されるスレです

514 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:01
「パンセ」コレは常識


515 : ( ^,_J^)えっマジで:04/04/16 01:04
ドライサー読みなよ。

516 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/16 05:53
>>506
今まで読んだ本は5冊読みました。
・坊ちゃん
・海と毒薬
・高瀬舟
・チップス先生さようなら
・ライ麦畑でつかまえて

>>507
そういうふうに無理なく、ジックリ読みたいと思います。

>>508
思い切りが大事のようですね。

517 :吾輩は名無しである:04/04/16 06:48
でも、ライ麦畑でつかまえては、まだ一回しか読んでないんだろ?
じっくりねぇ・・・・一度読んだだけでわかる奴なんてまずいない。
どうみてもただのコレクターにしか見えないな。
コレクターとか積読趣味の奴って、集めるだけ集めて全部読んだ気になって満足してるんだよな。
CDに本に漫画に・・・・読みも聞きもしないくせに・・・・って思うよほんと。

518 :吾輩は名無しである:04/04/16 07:41
このスレに常駐してる人で、
絶対に自分の意見を曲げないし、相手の意見も聞かない人が1人いるね。
しかも考えが浅い。

519 :吾輩は名無しである:04/04/16 08:35
必死だなwコピペ収集w

520 :吾輩は名無しである:04/04/16 09:08
ほらね、早速コピペだw

521 :吾輩は名無しである:04/04/16 14:32
「羊たちの沈黙」 トマスハリス 新潮文庫

522 :吾輩は名無しである:04/04/16 14:56
「中学生日記」NHK出版 

まああるかどうかはしらないがw

523 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/16 15:42
>>517
いつか読むんや
>>521
自分には難しいですね
>>522
一回テレビで見たときあるけど・・・


524 :吾輩は名無しである:04/04/16 17:57
>>523
「羊たちの沈黙」だよ?
何が難しいの?
ライ麦畑よりはるかに易しい。

525 :吾輩は名無しである:04/04/16 18:11
草枕よりも

526 :吾輩は名無しである:04/04/16 18:13
実をいうと

527 :吾輩は名無しである:04/04/17 03:20
ライ麦はそこまですごくなかった
「饗宴」コレ常識

528 :吾輩は名無しである:04/04/17 05:43
1よ、
ある程度参考にできたらここから逃げるんだ。
暇人の餌食になることはないよ。

529 :吾輩は名無しである:04/04/17 06:15
んんんばぼー!

530 : ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 07:45
2代目は俺が引き継ぐ!

531 :吾輩は名無しである:04/04/17 09:42
はぁ?馬鹿いってんじゃねぇよコラ!

532 :吾輩は名無しである:04/04/17 11:51
>>522=1
×見たとき
○見たこと

533 :532:04/04/17 11:52
スマソ
>>523

534 :吾輩は名無しである:04/04/17 12:03
>>1
                                ∧_∧
                               ( ^∀^)     ∧_∧
                              /    \    ( ^o^  )
________               __| |     | |_  /    ヽ、
||\          .\             ||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\\          \           .||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  \\          \           ||. . (    )     ~\_____ノ|  ∧_∧
    \\          \    (;゚;ё;゚;´).  _/   ヽ          \|  (゚ー゚* )
      \\           \ ./    ヽ.  |     ヽ          \ /    ヽ、
       \\          / .   | |  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
         \\       .(⌒\|__./ ./  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ ./
          \\       ~\_____ノ|   ヽ、.___.(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧
            \\          \|          _/   ヽ          \|   (´∇` )
             \\           \        |     ヽ          \ /    ヽ、
               \\           \       |    |ヽ、二⌒)       / .|    | |
                \\           \.     |    ヽ \\       (⌒\|__./ ./


535 :吾輩は名無しである:04/04/17 12:03
1さん、とりあえず大江健三郎の初期の作品などいかがでしょう。
「セヴンティーン」とか「芽むしり仔撃ち」とか。
まずは「奇妙な仕事」でもどうでしょう。
図書館に行けば大江の作品は必ずありますよ。

536 :吾輩は名無しである:04/04/17 15:21
1さん、とりあえず三島由紀夫の初期の作品などいかがでしょう。
「優国」とか「仮面の告白」とか。
まずは「禁色」でもどうでしょう。
図書館に行けば三島の作品は必ずありますよ。

537 :吾輩は名無しである:04/04/17 15:30
1さん、とりあえず小林よしのりの初期の作品などいかがでしょう。
「東大一直線」とか「おぼっちゃまくん」とか。
まずは「ゴーマニズム宣言」でもどうでしょう。
図書館に行けばよしりんの作品は必ずありますよ。


538 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 15:43
みなさんすいませんが、おいらにも本を紹介してください。
通学中の電車の中で読むため文庫でお願いします。
大江健三郎は「飼育」とか2作ぐらい読んで
三島由紀夫は「仮面の告白」だけ読んで
「ライ麦畑」と「星の王子様」は数年前に読んで
ドストはこの間「カラマーゾフ」を始めて読んで
高橋ゲンイチロウはほとんど読んだという経歴です。
ちなみに身長180cm、体重65kg、おうし座、A型。
つい最近ようやく童貞じゃなくなりました。
好きな言葉は「イッツオールライト」。
ちなみに二人目の彼女を募集中です。

539 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 15:57
をめーらはよー教えろや!

あ、誠に申し訳ございません。
つい素が出てしまいました。

540 :吾輩は名無しである:04/04/17 15:59
「飼育」「ライ麦」「カラマゾフ」の感想と、
高橋源一郎だけが持つ素晴らしさを述べてみてください。

541 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:02
「飼育」と「死者のなんとか」は全体的に暗かったです。
「ライ麦」はフワフワしてましたがあんまり覚えてないっす。
「カラマーゾフ」は面白くないことはなかったけど
なんかまだるっこしい感じが現代には合わないんじゃないかと。

542 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:03
じゃあとりあえずは、それらの本を読み返してみるのが良いのではないでしょうか。

543 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:03
それからゲンイチロウは昔のほうが良かった。
もう読まないつもりなんで。

544 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:04
小林秀雄が言うには ある作家の全集を読破しろと
たとえばトルストイ全集を半年なら半年間 それしか読まないようにするとか。
しかしそれを実行した奴は1人もいないって付け加えていたけど

大江は小林の言うとおり実行しているらしい

545 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:05
まーおれさまのすぐれた感性を刺激できるような文学は少ないんだろーな。

546 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:08
ドストエフは『悪霊』を読んでないんでなんともいえないけど
『カラマーゾフ』は過去の遺跡だと思った。
>>544
うーん、文学を専門にやるわけじゃないんで
あんまり1人の作家にのめりこめる時間がないんっすよ。

547 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:08
さむっ

548 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:09
1さん、とりあえず川端康成の初期の作品などいかがでしょう。
「伊豆の踊り子」とか「舞姫」とか。
まずは「雪国」でもどうでしょう。
図書館に行けば川端の作品は必ずありますよ。

549 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:09
>>547
シベリアにでも住んでるの?

550 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:11
>『カラマーゾフ』は過去の遺跡だと思った。
「過去の遺跡」という言葉を僕が知らないのは、己の無知によるものだと思いますが、
これはどういう点においてそうなのしょうか。

551 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:12
>あんまり1人の作家にのめりこめる時間がないんっすよ。

バーカ
だったら本なんか読むな
内容もつかめずに一回読んで満足できるんだから、
お前は幸せな奴だなw
失せろ

552 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:15
>>550
厨房にあんまり丁寧な言葉を使わなんといてくださいよ。
こっちがしゃべりにくくなるんで。
『カラマーゾフ』は現代人が読むとしらけてしまうんじゃないかと
おいらにはそう思えたんですが、どうっすかねえ。

川端康成は『山の音』をついこのあいだ買ったっけ。

553 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:17
時代背景が古いものを読んで「過去の遺跡だと思った。」だとw


554 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:17
>>551
うん、幸せな人間だ。てめーは不幸な人間なのか?
同情したから「お前が失せろ」とは言わないでおいてやる。

555 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:19
『カラマーゾフ』は時代背景が古いんじゃなくて精神が葛藤する世界が古い。

556 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:19
自分の感想は大切に持ちつづけましょう。
文学というものが何なのかはわかりませんが、大切なのは
「何を読んできたか」ではなく「読んで何を感じたか」だと思います。

それと川端康成なら、「伊豆の踊子」が読みやすいですよ。

557 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:19
>>554

うん、じゃあ、お前は失せろ♪


558 :自称荒らし:04/04/17 16:20
      いいからこれを読め!!クソ虫共

諸君、私は女の子が好きだ。諸君、私は女の子が好きだ。諸君私は女の子が大好き
だ。小学生が好きだ。中学生が好きだ。高校生が好きだ。大学生が好きだ。Aカップ
が好きだ。Bカップが好きだ。Cカップが好きだ。Dカップが好きだ。Eカップが好き
だ。学校に。マンションに。隣家に。会社に。コンビニに。病院に。神社に。ゲーセン
に。喫茶店に。レストランに。この地上に存在するありとあらゆる女の子が大好き
だ。下心丸出しの台風の強風が轟音と共にスカートを吹き飛ばすのが大好きだ。
空中高く放り上げられたスカートが竜巻でばらばらになった時など心がおどる。
左手首の操る中指の第二間接のところがブラジャーを撃破するのが好きだ。プル
ンと揺れて外れたブラから飛び出してきたおっぱいを右手で揉みたおした時な
ど胸がすくような気持ちだった。チンポの先を揃えた童貞の横隊が女の子の集団
を蹂躙するのが好きだ。恐慌状態の童貞が既にイッている女の子を何度も何度も
刺突している様など感動すら覚える。露出趣味の女の子達を街灯上に吊るし上げ
ていく様などはもうたまらない。喘ぎまくる女の子達が私の振り下ろした手の平
とともに振動音を上げるバイブにズボズボと犯されるのも最高だ。哀れな女の子
達が雑多なSM道具で健気にも立ち上がってきたのを80m股間砲の4.8t精液弾が処
女膜ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える。助平な女王様団に滅茶苦茶
にされるのが好きだ。必死に守るはずだった股間部が蹂躙され尻の穴が犯され挿
れられていく様はとてもとても悲しいものだ。巨乳の物量に押し潰されてイかさ
れるのが好きだ。パイずりで果てさせられミミズの様に萎えたチンポを指で弾か
れるのは屈辱の極みだ。諸君、私は女の子を、淫乱で巨乳の女の子を望んでいる。
諸君、私に付き従う変態戦友諸君。君達は一体何を望んでいる?更なる魔乳を望む
か?情け容赦ない糞の様な陵辱を望むか?助平手技の限りを尽くし三千世界の女
を犯す嵐の様な乱交を望むか?女の子!!女の子!!女の子!!よろしい。ならば女の
子だ。


559 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:21
みなさんあんまり難しい言葉を使わなんといてくださいよ。

560 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:21
>>555
古いのではなく、キリスト教を理解し難いのではないでしょうか。
「古さ」でもいいですが、それは表面的なものでしかないと思いますよ。

561 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:22
1さん、とりあえず芥川龍之介の初期の作品などいかがでしょう。
「鼻」とか「蜘蛛の巣」とか。
まずは「羅生門」でもどうでしょう。
図書館に行けば芥川の作品は必ずありますよ。

562 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:24
>>556
>>560
なるほど、そうですか。ちょっと再考してみまっす。

みなさんはカラマーゾフが古いとは思われないんですか?

563 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:24
本質的に古い作品じゃん。あほですか?

564 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:25
>『カラマーゾフ』は時代背景が古いんじゃなくて精神が葛藤する世界が古い。

おまえ、自分で自分が何言ってるか分かってないだろw

565 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:27
本コネェヨ。注文受けましたのメェルも来ないんだけどどうかしてるのアマゾン?

566 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:28
「古典」というものを知らない馬鹿

567 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:29
いっとくけど『カラマーゾフ』が書かれたのがいつかなんてのは関係ない。
『ドン・キホーテ』にも『トリストラム・シャンディ』にも現代性があるんだよ。
ニヤリ。

568 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:30
パンや再襲撃早く読みティ

569 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:30
>>567
現代性ってどんなもの?

570 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:31
>>565

しらねえよ馬鹿
思ったとおりの馬鹿だなお前は
だから自分で直接買えって薦めてるのに
書店で買うか図書館で借りていれば今頃一冊は読み終えてるのになw

死に晒せ

571 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:31
>>570
うぜぇよオッサン

572 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:32
>>568
あ、1さんちょっとお邪魔してますよ。おれも厨房なんで。

573 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:32
>>572
ちゃんと助言してくれる神も居ますので気長にどうぞ

574 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:33
570がおっさんだということが、排除するための正当性なんですか。

575 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:33
どうせ厨房しかいない板なんで。

576 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:33
>>574
はぁ?

577 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:34
>>569
1さん、ごめん。おいら厨房なんで感覚的にしゃべってるんで
「現代性」がうまく表現できないんすよ。

578 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 16:35
排除もなにも、罠にハマッちゃダメだってば。
2ちゃんは厨房の遊び場なんで。

579 :厨房4号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:36
誰もが感覚でしゃべるだけで、言葉の受容性なんかないです。
コミュニケーションの能力もないし
第一、誰かとマジで語ろうとか思ってない。

580 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:36
>>577
俺もわからないけど。

581 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:36
>いっとくけど『カラマーゾフ』が書かれたのがいつかなんてのは関係ない。
>『ドン・キホーテ』にも『トリストラム・シャンディ』にも現代性があるんだよ。

うわ!頭わる!
それ現代性って言うんじゃねーよ。
「普遍性」だ、バーカ。
それがなきゃ古典なんか学者しか読まねえよ。
時代を超えた「普遍性」があるから古典でも読まれるんだろ。
古さとか「現代性」とか関係ねーからw


>ニヤリ。

↑なにこれ?

582 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 16:37
おれも「現代性」は表現できないよ。
さみしいから構ってほしいだけ。

583 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:39
現代性=普遍性、なんだよ。

どんな時代に書かれたものでも、「いま」という時代にフィットするものが
「現代性を有している」といい即ちそれが「普遍性を孕んでいる」と
いうことと同じなわけだ。

584 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 16:41
>>583
そうだね。古典が読まれるというのはそういうこと。
古典は、
常に新しい読者を獲得する。
いつの時代にも通用するから、特定の時代限定のはやりものとは違う。

585 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:42
カラマーゾフ良く読めたなと思ってるよ。
俺は挑戦するのは何時になろうか。

586 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:42
ありゃーなんか結構人が増えてきたーっ(ニヤリ
つい最近『アメリカの夜』って本を読んでみたんすよ。
そしたらなんかこーちょっとグッとくるものがありまして
なんか「現代性」みたいなもんを感じたんすよ。
最近の作家でも古典的なのと現代的なんがあると思うすけど。

587 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 16:43

流行ものは、消えるのはたしかだ・・・

588 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:43
>>584
論語とかも教科書に載ってるからね

589 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:43
>>586
現代性=現代的では?

590 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:45
>現代性=普遍性、なんだよ。

辞書で調べてみろアホ

>どんな時代に書かれたものでも、「いま」という時代にフィットするものが
>「現代性を有している」といい即ちそれが「普遍性を孕んでいる」と
>いうことと同じなわけだ。

そろそろ黙ったほうがいいぜお前。駄目駄目だ。
小説は時代に読まれるのか?
人間個人に読まれるんだよ。
今という時代にフィットするってなんだそれ?

そういうのを詭弁っていうんだよ。

591 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:45
>>586
古典風な作風と、イマ風な作品、の区別はある。しかし
将来「古典」として生き残る作品=ホンモノ
いずれ儚く消えていくような作品=流行モノ、いわゆるただの読み物

592 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 16:47
古典の意味が
まるでわかっていない厨房も混じっているようだ・・

593 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:47
>>583
現代性=普遍性というのはちがうんじゃないんすか?
普遍性という言葉が今じゃ昔ほど有効じゃないと思うんだけど。

594 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:48
>>576
ネット書店で注文することに対して、多くの人(僕も)が反対していたんですが。
あとからぐずぐず言うのはおかしいですよね。

>>583
現代性のあるものが必ずしも普遍性を持っているわけではありません。
イコールで結ぶのは暴論でしかないですよ。

595 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:48
話は変わるが近代文学と古典文学の境がわからないのは俺だけですか?
なんか最近近代文学も古典文学って言われたんだけど。

596 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 16:49
現代=いま、読者が生きて読んでいる、その時代。

だから、大昔に書かれた作品でも「いま現在」の読者に深い影響を及ぼす力を
もっているものは、現代性を有する=普遍性をもっている、わけ。
言葉を、少し勉強した方がいいよ、591は

597 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:49
>>594
スマソ。阿保ですね俺。
でも近くの本屋に漫画くらいしか置いてないもんで。

598 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:52
要するに、
時代を超えて読み継がれてきた作品を「古典」とよぶわけだ。

古典を読もう!!


599 :厨房6号 ◆t./Jqe5lBg :04/04/17 16:52
現代性=普遍性

べつに間違ってないでしょ?
勉強が足りないよw

600 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 16:52
古典を読んでれば、まちがいないすか?・

601 :厨房7号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 16:53
おれらバカ厨房には難しいと思われ。

602 :厨房8号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 16:54
むずかしくないよ、
俺は古典を読むのが好きでっす。図書館だけど

603 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 16:54
>>601
長いから駄目なんだ。
短編ならいけると思うよ。

604 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:54
まあ、「よんでおくべき」というのなら
古典だなあ。

605 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 16:55
おいらが思うに
古典でも今読んでイキイキしてくるものと
もう眠くなって仕方がなくなるもんとがあると思うすけど。

で、「普遍性」という言葉はもはや現代的じゃなく古典的かと。

606 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:55
このスレッドもはやギャグでしかないじゃないですか。
1は本屋に行って裏表紙についてるちょろっとした解説を読んで選ぶのが良いかと思います。

607 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:55
現代性を有する=普遍性

だから詭弁だってw
一旦現代性と言ってしまったもんだから
後から指摘されて出てきた「普遍性」に
むりやり繋げてあたかも初めからそういいたかったかのような態度。
一回言い出した「現代性」を引き下げてしまうと間違いを認めることに
なるから、引き下がれないんだねw

608 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 16:56
ちょっと読んでみて、感覚的に合うのを読めばいいと思われ。

609 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:56
>>605
だったら「蹴りたい背中」でも読んでろよ。
お前はどういうのが読みたいんだよ?

610 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 16:57
>>603
古典にも短編いくらでもある。

611 :厨房6号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 16:57
ほとんど
チャットだねW

612 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:58
お前等ラウンジはこんなもんじゃないぞ

613 :吾輩は名無しである:04/04/17 16:59
まずこのスレの今後について話しておこうか?

614 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 16:59
「よんでおくべき」の「べき」が、限定してるなあ。
「べき」なら
教科書で取り上げる本の全てとか、文学史に残る名作のほとんど。
とか全部入ってくるべ。

615 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:00
チャットにしては面白くない。
全然。

616 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 17:00
これからは
「馬鹿厨房に文学教えてください」
でどうですか?

617 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 17:01
>>606
1さんはもうかなりの本を手に入れたようだから。

>>609
だからそれを教えてほしんじゃんか。
ゲンイチロウの昔のやつとか阿部みたいなイキイキした作家を。

618 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:02
>普遍性」という言葉はもはや現代的じゃなく古典的かと。

アホだ・・・
古典が読まれるのは
そこに時代や文化の壁を超えた人間共通の普遍性が存在するから
その物語に”いつの時代の”人間たちに感動を与えるんだよ。
それを普遍性というんだよ。
日本を舞台にした小説でも全く文化の違う国でも読まれるものというのは、
背景や文化の壁を越えた人間共通の普遍性があるから違和感を感じないんだよ。
わかるか?
わかんねえだろうな。
現代性なんて言葉は、こういう場合は使われないんだよ。
その現代性っていう言葉を使うこと時代が間違いなの。

619 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:02
>>617
安部公房の短編か「壁」か「箱男」のどれかがいいと思うよ。
多分、箱男は楽しめると思う。

620 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 17:02
>>616
それは、なお問題かもしれない。軽薄なくせに教えたがりだの
自分語りをやりたがりだの、愚か過ぎるヤシが混ざってくるから
君が迷惑するんじゃないかな。

621 :厨房8号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:03
>>617
安倍公房は「砂の女」がおもろかた。

622 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 17:04
>>620
何かいいの考えてくれませんかねぇ。

623 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:04
>>617
とりあえず安部公房がオススメだ。

624 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 17:05
公房は晩年の、なんだっけアレ・・・あ〜〜アレ
タイトルが出てこない

625 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:05
>>617
まだ坊ちゃん読んでないなら読んどいて損ないぞ

626 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:06
安倍公房は演劇的だけど、
とっつきにくい感じしたよ、好きな奴はものすごく好きみたいだが。

627 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:06
>>626
あんたホントに厨房なのか?

628 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:07
( ・∀・)<エロいな

629 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 17:07
>>622
いいのっても、君が好きでないと続けて読めないだろう?
ゲーテとかドストとかトルストイとか
俺はツルゲーネフにもはまったけどもさ。

630 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 17:08
安部公房は読んだよ。良かったけど、もう飽きちゃった。

>>618
>そこに時代や文化の壁を超えた人間共通の普遍性が存在するから
>その物語に”いつの時代の”人間たちに感動を与えるんだよ。
>それを普遍性というんだよ。

おいらがいってんのは↑のような考え方が古くて(古典的で)ダサイということ。
わかるかなあ、わかんねえだろーなー。

631 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:08
( ・∀・)<エロいな

632 :厨房8号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:09
>>629
同じ作家でも、合う作品ってあるよね。
ジイドの「贋金つくり」がイイ!絶対イイ!と思う。

633 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 17:09
>>629
難しいのは駄目なんですよ。
難しすぎず純文学の本無いですか?

634 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:11
>>630

じゃあ、新しくてクールな考え方を教えてください♪



635 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:11
>>627
厨房だけど、なにか?

636 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:11
( ・∀・)<エロいな

637 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 17:11
安部公房は難しいと聞いたんですが?

638 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:12
>>635
そうか・・・。ならいいが。

639 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:12
( ・∀・)<エロいな

640 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:13
( ・∀・)<エロいな

641 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 17:14
>>633
難しいかどうかも、個人的差があるからな・・。
君が自分で、自分の程度に合うのを探すしかないよ、それじゃあ。
いわゆる「古典」が難しいとは限らない。
多くの人に読まれるから古典になったんだし、けっして難しくはない。
おもしろいんだよ、とにかく、古典は。

642 :厨房2号 ◆yHRYv51ctI :04/04/17 17:14
>>637
安部公房はぜんぜん難しくなかったよ。
読み方のレベルってのもあるんだろーけど
なんかSFみたいに読めたんすけど、


643 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:14
( ・∀・)<エロいな

644 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:15
>>641>>642
アドバイスどうも

645 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:15
>>633
ここで時間つぶしてる間に、図書館逝って自分で見つけれ!


646 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:15
( ・∀・)<エロいな


647 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:16
>>641>>642
アドバイスどうも



648 :厨房8号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:16
>>642
同意! 公房はSFっぽい。スピードもあるし、物語性もあるし。
楽しいよね、読んでて。

649 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:17
( ・∀・)<エロいな

650 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:17
>>641>>642
アドバイスどうも

651 :厨房7号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:18
>>645
ププッ。それが結論かもしれね。
人がおもしくても自分が楽しめないなら
読書はだめやし。俺も読書しよ

652 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 17:19
チャット、つまらなくなったね。

653 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:19
>>641
有名なのは大丈夫そうですね。
>>642
短編から入ってみます。

654 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:20
>>641
有名なのは大丈夫そうですね。
>>642
短編から入ってみます。


655 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:20
( ・∀・)<エロいな

656 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 17:21
>>651
あー、
本が積んである・・・。読もう!

657 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:21
>>641
有名なのは大丈夫そうですね。
>>642
短編から入ってみます。


658 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:22
PC切って本を読もう、て結論? ださ・・

659 :厨房8号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:23
>>652
厨房ばっかしだからだよw

660 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:23
( ・∀・)<エロいな

661 :厨房7号 ◆Q97MacXWrs :04/04/17 17:24
結論。

厨房は本を読もうーーーーーーーーーーー、
でないとチャットにもついていけないぞ。

662 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/17 17:25
これから新潮文庫の「走れメロス」でも読もうと思うよ。
なんかイロイロ他にも入ってるみたいだな。
なんか得した気がするよ。

663 :厨房3号 ◆fxUoGXKGHU :04/04/17 17:25
ま、古典をたくさん読むことだね。

664 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:25
【結論】

厨房は本をくら読んでも厨房でした。
もちろん象徴的な意味でだよ。



665 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:26
( ・∀・)<エロいな

666 :厨房4号 ◆l/Imz5sfVs :04/04/17 17:27
皆で、読書する、ということで、めでたくチャンチャン!


あー、文学板らしい結論だなあ・・

667 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:27
お前等本なんて買わないでちゃんねるboxで連載してる
「毎秒12万アクセスのスレッド」でも読め

668 :厨房5号 ◆ZcsxmdaFAo :04/04/17 17:28
書を捨てよ、街へ出よう、て
言ったの誰だ?
寺山修司か。俺も、PC切って街へ出よう! 読書なんか、せんぞ

669 :吾輩は名無しである:04/04/17 17:29
>>668
勝手にしろ。
読書したくないならさっさと此処から消えてくれ。

670 :ク祖:04/04/17 17:33


ち  ん  ぽ  君

671 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:04
くら読みは厨房にはむずかしいよ。
もちろん象徴的な意味でだよ。

672 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:10
くら読みってなに?

673 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:12
クラシックスを読みこなすことかな。

674 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:14
フランス書房

675 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:14
間違えた
書院だっけ?

676 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:18
>>664
ハゲドー
厨房にくらアドバイスしても無駄。
もちろん象徴的な意味でだよ。

677 :吾輩は名無しである:04/04/17 18:21
くらくら日記

678 :吾輩は名無しである:04/04/17 19:11
厨房にくらアドヴァイスは早すぎるんじゃないか?
俺は普通のアドヴァイスを進めるね。
もちろん象徴的な意味でね。

679 :吾輩は名無しである:04/04/17 20:14
そろそろ黙ったほうがいいぜお前。駄目駄目だ。
そういうのを詭弁っていうんだよ。
くらアドヴァイスっていう言葉を使うこと時代が間違いなの。

680 :吾輩は名無しである:04/04/17 20:31
もちろん象徴的な意味でね。

681 :吾輩は名無しである:04/04/18 01:36
「存在と時間」コレ常識

682 :吾輩は名無しである:04/04/18 01:51

              ,.r:::::::::::::::::::::::-.、
            ,.r:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    「哲学原理」マジでお薦め
             i':::::::::::::::::::;彡;r;〃ヾ ヽ:::::::::ゝ
          ./::::::::::::::::::/,,,.z、,,_     ヾ:::ヽ、
         ,r::::::::::::::::::r' ",.r  、",'  ..::ニ_'ヽ!::::!
       .ィ::::::::::::::::::r;'   ''ワヾ   i:tラ-;:.i::::jj
       /:;:::::::::::::::::::ヾ;     ´    l:: ' :!::::::ミ、
      ,.j::::::::::::::::::::::ナl       ‐'´ 、 _j:. .::l::::::::::ヾ
     r';::::::::::::::::::::::::::ミ   ,,;;;;:::::::'''''':;;;;; :::i::::::::::::::!
    ,i/::':'';:i;:::::::::::::::::ミヾ.       ̄二フ'''::/:::::::::::/
   r'::::::::::::::::::::::::::::jヾ  ` 、,.    ''".::;r':::::::::::::ir、
 r'7:::::::::::::::::::::::::::ノフ      ` -、,.;,,.:/::::::::::::::::::jlr
  ヾ:::::;r::::::::::::::::::ヽ          ヽ:ヽ::::::::::::;ミr'
  ,r'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、          ヽヽ:::::::r
,r:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、   ,..-:::':´::.  lヾ'j!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.r'´::::::::::::ヾ:: /


683 :吾輩は名無しである:04/04/18 02:57
いきなり難しい本読んでも普段から本読んでないと萎えるだろうから読みやすそうなのを。
宮部みゆきとか若者に人気あるみたいだし読みやすいそうだからお勧め。

684 :吾輩は名無しである:04/04/18 03:01
>>675
書院だな。ちとワロタ。
フランス書院専門の本屋でもあるのかと思うた

685 :吾輩は名無しである:04/04/18 11:49
おまえらアク禁されたんだろw

686 :吾輩は名無しである:04/04/18 11:51
俺は宮部みゆきから読書の楽しさを学んだ男前だけどよ、
今余裕でムージルとか読んでっから。マジ宮部最強チェケラッチョ。

687 :吾輩は名無しである:04/04/19 13:56
age

688 :吾輩は名無しである:04/04/19 16:47
明日ぐらいには届きそうだ

689 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/19 16:53
>>688にハンドル入れるの忘れてた

今ふと思ったんですが森鴎外って独逸にしか留学してないのに
なんでフランス語とかロシア語まで知ってるんですか?

690 :吾輩は名無しである:04/04/19 17:06
↑暇人だから
閑人蟄居して〜〜〜

691 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/19 17:15
>>690
なんでこんなに横文字使うんでしょうか?
いちいち巻末の説明みたいなの見るのメンドクサイです。

692 :吾輩は名無しである:04/04/19 17:23
医学者でもあったからね。
けど、この人、かなり独りよがりな文章を書くよね。


693 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/19 17:34
鴎外の作品で出てくる哲学の本も本当にあるものなんですか?
こんどチェックしてみます。

694 :吾輩は名無しである:04/04/19 23:08
医者でもあったというより、当時のインテリは教養の幅が違うからな。
中でも鴎外は別格だし。

で、1は「かのように」は読んだ?

695 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/20 05:39
>>694
まだ読んでないです。

696 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/20 05:43
松井秀、3打数3安打 試合はレッドソックスに敗れる
http://www.asahi.com/sports/update/0420/005.html

久しぶりに3安打です。

697 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/20 05:44
>>696
かちゅ使ってるんで誤爆してしまいました_| ̄|○
どうぞ気にせずに。

698 :吾輩は名無しである:04/04/20 06:20


ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱいウンチ出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!!


699 :吾輩は名無しである:04/04/20 10:21
>>1
無駄レス多いなぁお前。
お前、友達いないだろ?
若いうちは本よりも友達の方が大事だぞ。
フィクションの物語よりも現実の人間関係のほうが人を成長させるからな。
最近人間が壊れてきているのは人間関係の希薄さが原因。
「キレる」なんてその典型。
そういうくだらんレスしてないで、
そういう話は学校の友達としろ。


700 :吾輩は名無しである:04/04/20 10:37
700(σ´∀`)σ ゲッツ!

701 :吾輩は名無しである:04/04/20 11:42
>>699
しかし、本をたくさん読んでいるひとと話すのはおもしろい。
人付き合いも大事、本を読むことも大事、要はバランスの問題、程度の問題。

ただ、2chっていうのは解らんなあ…、実になってるのかどうか。

…という俺は読書の習慣なんぞ無く、たまたま今、太宰の斜陽を読んでいる。

702 :吾輩は名無しである:04/04/20 11:51
>>699
おまえ恥ずかしいくらいなにかの受け売り感丸出しだな
とくに後半

703 :吾輩は名無しである:04/04/20 13:58
俺はグルメさんだからそんな餌では(ry

704 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/20 16:39
>>701
俺にももうすぐ斜陽が届きます。
あ〜楽しみだ。

705 :吾輩は名無しである:04/04/20 17:57
自分で稼いだお金を財布に入れて本屋に行くわけだけど、
そのときに乗るバスから見える風景が、俺にとっては大切だな。
アマゾンで注文するとそれが失われてしまうから駄目だ。

706 :吾輩は名無しである:04/04/20 22:14
俺は太宰好きだけど斜陽は嫌いだな。


707 :baka :04/04/20 22:32
太宰読むなら魯迅も読めよな

708 :吾輩は名無しである:04/04/21 19:49
けけけ

709 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/21 21:21
明日やっと本届く

710 :吾輩は名無しである:04/04/21 21:51
けけけ

711 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:03
どうでもいいが1は読んだ本の感想とか言ってる?
読むべき本教えろだの注文しただのもうすぐ届くだのばっかりのような気が。
コレクター?

712 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:43
話題もなくなったことだし、
そろそろこのスレ、sageてったほうがよくないか?

713 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:53
過去レス読めばわかるだろうけど
>>1は感想といってもあとがきや解説にある話を
そのまま自分の感想や物語への意見にするようなアホだからな。
おまけに読めもしない本ばかり買って読んでみたら難しくて
話半ばで捨て置くやつだ。
だからといって>>1にも読める読みやすい易しい本を薦めれば無視。
難しい本を薦めれば「もっと簡単なの教えて」だ。
こんな頭の悪いガキに付き合ってられるかよ。

714 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:54
過去レス読めばわかるだろうけど
>>1は感想といってもあとがきや解説にある話を
そのまま自分の感想や物語への意見にするようなアホだからな。
おまけに読めもしない本ばかり買って読んでみたら難しくて
話半ばで捨て置くやつだ。
だからといって>>1にも読める読みやすい易しい本を薦めれば無視。
難しい本を薦めれば「もっと簡単なの教えて」だ。
こんな頭の悪いガキに付き合ってられるかよ。


715 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:55
二重ゴメソ

716 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/23 05:49
やっと昨日本届きました。
チェーホフの「かもめ」から読み始めてます。
こういう形式で書かれてあるのはなんという形式なんですか?

717 :吾輩は名無しである:04/04/23 10:17
>>716
戯曲
演劇の台詞だ
何から読み始めようと勝手だけど
だから、なに?


718 :吾輩は名無しである:04/04/23 12:10
けけけ

719 :吾輩は名無しである:04/04/23 17:09
「沖ノ鳥島は岩」中国が認識、排他水域適用外狙う
【北京=竹腰雅彦】日本と中国の外交当局は22日、北京で、中国の海洋調査船
の活動に関する協議を行った。この中で、中国側は、「日本側と見解の相違があ
る水域」として、尖閣諸島と並んで、沖ノ鳥島を挙げた。

中国は沖ノ鳥島については、日本の領土であることを認めているが、国連海洋法
条約が規定する「島」ではなく、排他的経済水域(EEZ)を設定できない「岩」
との認識を示した。

日本政府筋によると、今年中国が実施した違法な調査活動11件のうち、沖ノ鳥
島周辺水域は半数を占めた。中国の見解は、これらの調査活動を正当化するものと
言える。(読売新聞)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/territorial_dispute/

720 :吾輩は名無しである:04/04/25 08:37
279 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/11 18:38
>>274
だから何だ?こっちが下手にでているのをいいことにさも
自分が大人の見本でもあるような発言をしてんじゃねーぞ。
あんた見たいなのを餓鬼から見ると詰らん中年の売れ残りの女なんだよ。

721 :吾輩は名無しである:04/04/25 08:37
286 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/11 18:48
大人というのは虫がすかん。
自分たちが俺を煽ったくせに
俺が反論すると理屈を並べ立てて自分たちを正当化する。

722 :吾輩は名無しである:04/04/25 08:38
289 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/11 18:50
>>287
>この1は何事にも答え(定義)があると思っているのかも。
答えが無い問などは存在しない。
そのために学問がある。


723 :吾輩は名無しである:04/04/25 08:39
300 吾輩は名無しである sage 04/04/11 19:01
つーか1よ、もうみんなお前の本性なんか見破ってんだよ。
なんのためにこんなに1を煽ったと思ってんだ?
本性を暴くために決まってんだろーが!
やっと正体を現しやがったやがったな!
これでもくらえー!




724 :吾輩は名無しである:04/04/25 14:56
ショーペンハウアーの「読書について」は絶対読むべき。
ページ数は少ない、内容も難解ではない。
読め。
2ちゃんの捏造情報に踊らされるようなバカな大人になりたくなければ。

725 :吾輩は名無しである:04/04/25 16:03
ぷぷ

726 :吾輩は名無しである:04/04/25 16:25
恥ずかしいよな724は。気づいてないとこがまた。

727 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:21
がーん、だって中学のときの推薦図書にあったんだよう

728 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:28
推薦図書がいいっていうなら国語の教科書読めばいいじゃねえかw

729 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:37
じゃあ>>724への批判してよ。

730 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:44
誰だおまえ

731 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:56
724です。

732 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:56
ホント、誰だよお前

733 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:56
「ライ麦畑でつかまえて」は本がぼろぼろになるまで読んで、
内容の場面を全て覚えられるほど読んで、
言葉も暗記するほど読んで、
はじめて小泉暗殺が可能になる。

さあ!がんばって何百回も読め!さあぁぁぁぁああ!

734 :吾輩は名無しである:04/04/25 18:00
おれのちんこを読め  いいから読んでみろ 誠実にな

735 :吾輩は名無しである:04/04/25 19:52
730 :吾輩は名無しである :04/04/25 17:44
誰だおまえ

732 :吾輩は名無しである :04/04/25 17:56
ホント、誰だよお前

こいつは一体誰だ?

736 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/26 14:35
やっとアク禁解除されました。
そのあいだO・ヘンリの短編読んでみました。
「警官と賛美歌」は裏表紙にあったけど本当に凄いと思いましたよ。
特に最後の場面で警官に男が捕まったところは凄いと思いましたね。
せっかく人間らしく生きようとしたときにはすでに遅かったってことなんでしょうね。
自分も遅くなる前に人間らしくします。
かもめも読んだんですがさっぱり意味がわかりませんでした。

737 :吾輩は名無しである:04/04/26 14:58
銀行の振込待ち中にマジレス。
安部公房「死に急ぐ鯨たち」
カート・ヴォネガット「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」



738 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/26 15:16
>>737
安部公房は一度読んでみたいとは思うんですが、
難しくないんですか?

739 :吾輩は名無しである:04/04/26 16:44
本を推薦して、感想聞いて、だから何って感じ。

なんで本を薦められたいのだろう?
そしてなんで感想を伝えたいのだろう?

くだらね

740 :吾輩は名無しである:04/04/26 17:42
10冊くらい買って、まともに読めたのはライ麦とOヘンリの短編だけってことを自覚しろよ。
人の話を聞かないで見境無く買うからこうなるんだ。
それを踏まえてスレを読みなおしてみなさい。

上にも書いたと思うが、安部公房なら「砂の女」が読みやすいぞ。
それ以外は読んでも理解できまっせーん。

741 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/26 17:57
>>740
身の程知らずだったってのは自覚してます。
これからは気をつけます。

742 :吾輩は名無しである:04/04/26 18:10
坂口安吾、太宰、このへんはよみやすいとおもいますよー
わたしは外国文学がどうしても馴染めないので、
(登場人物の名前がカタカナだったりとか)日本文学を推します。

谷崎潤一郎『痴人の愛』をおすすめします



743 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/26 18:12
>>742
谷崎潤一郎『痴人の愛』なら家の本棚にありました。
恋愛小説なんですか?
自分はそういうのは避けてたんですが読んでみます。

744 :吾輩は名無しである:04/04/26 18:52
薦めるほうも、ちょっと考えてからにしようぜ。
自分が好きだからとか、文学史に残る傑作だからと言って薦めたって、
1が理解できなきゃなんの意味もないよ。

といったことを考慮して、夏目漱石の「こころ」が定番だと思いますがどうでしょうか。

745 :吾輩は名無しである:04/04/26 22:22
つーか1、お前が決定的に馬鹿なところはだな、
自分が読んでみて難しいと感じた本や読みきれなかった本を
そのまま放り投げてしまって次の新しい本に手を伸ばすところだ。
読めなかった本も意味がわからなかった本も2回目には必ず前回より少しは読めるしわかるし
読み返せば返すだけ読めるようにもなるし理解が深まるようにもなる。
それをお前は、「難しかったです。意味がわかりませんでした」言って次にいくってさ、
馬鹿だよ馬鹿。だから図書館で借りて読めばいいものを。
人の薦めた本をホイホイ買って、挙句の果てに読めなくて意味わからなくて。
易しい本を薦められても読まず、難しい本は却下だと。
自分で買った本は少なくとも読める理解できると思ったのだろうけど、読めずわからず。
それで何度も読んでがんばるのかと思いきや、「次のお勧めおねがいします!難しいのはなしで!」だと。
”一回”読んでみてなんとなく話の”流れ”がわかった本についてはまるで適当な粗筋を元に下手な感想文だと。
まさに「知ったかぶり」だな。
ところでライ麦畑でつかまえては”2回目”読んでみたか?w

746 :吾輩は名無しである:04/04/27 09:26
本なんて、好みで買ってつまらなけりゃ読み捨てるもんでしょ。
興味の持てない文章、無理して読み継いだって長続きしないよ。
次から次へと斜め読みで引っかかるのを探すってのは悪くないと思うんだな。
ただ取っ掛かりが「他人のお勧め」て事だけだと持続しないのも道理かなと。
興味があるなら安部公房、内容の割に平易な文章で入りやすいと思うよ。


747 :吾輩は名無しである:04/04/27 11:38
作品を「難しい」「おもしろくない」ってのは読解力だけじゃないよ。
経験とか生活とか環境で変わってくる。

1は厨房なんだし、別に文学で飯食ってくわけじゃないから
押し付けることはないんじゃないかな。
極論だけど、いろんな本を読んだ結果、1が「文学は面白くないです。
漫画のほうがいいです。皆さん、今後は面白い漫画を教えてください。」
って言い出すこともありだと思うよ。それはそれで面白いよ。

748 :吾輩は名無しである:04/04/27 14:31
宮本輝とか読みやすいやつから読んでみてはどうでしょう。
読みきることで少しずつ読解力もついてくると思うし。
で、あまりにも文化とか時代的背景が今の日本とかけ離れてるのは
厨房にとっては難しい(理解しがたい)ものになるので注意されよ。


749 :吾輩は名無しである:04/04/27 14:52
漏れが厨房のときに感動した本
「アンネの日記」
私の夢は死んでからも生き続けること。このアンネの言葉一発でやられました。
死が近づきつつある切迫感(日記自体にも感じられるが、実際にナチ収容所に
送られたことを知ってる読者のもつ切迫感)と限られた空間での生への
切実なる思いにおもわず涙。


750 :吾輩は名無しである:04/04/27 14:55
「 ぼくらの七日間戦争 」あたりがいいんじゃないかな?読んだことないでしょ?
素直に面白いし大人や社会に反旗を起す少年少女の設定が今読んでも新鮮。
読みやすいだけでなく読み返してみるとかなり深い内容に気が付くと思うよ。
それを何度も読みながら今の日本社会の現状や自分達が考えるべきこととか考えるのは
若いうちだからこそ必要なことなんじゃないかな?
ただ背伸びした読書をして技術的な能力を身につけるよりも
こういう本を読んでこれから自分が生きていくうえでの土台になるような思考を繰り替えして
地に足のしっかり立って物事を考えられるようにする必要があるんじゃない?
だから私は「 ぼくらの七日間戦争 」を薦めますよ。


751 :吾輩は名無しである:04/04/27 15:12
>>749-750
中高生が主役となってる本のほうが読みやすいだろうね。
僕らの〜は読んだことがないけど。
アンネの日記も13〜14歳くらいの話だったよね。

高樹のぶ子だったけな。「光抱く友よ」これも女子高生が
主人公で読みやすいよ。


752 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:14
>>749
アンネの日記なら家の本棚にあります。
女向けだと思ってたので読もうと思いませんでしたがなんかよさそうですね。






753 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:18
そういえば俺が高1の時に〇〇市の高校生で「ぼくらの七日間戦争」をみんなで集まって読もうとかいう集会があったな。
ちょうど夏休みの読書感想文で「ぼくらの七日間戦争」について書いたところだったから担任に誘われた。
行かなかったけどな。
読書感想文といえば中学のときに推薦図書の名前は覚えていないが自然に囲まれた田舎少年黒い大きなチョウを追って
山に入っていったら幽霊のようなものが現れて・・・とかいう俺の記憶だと幻想的で夏のすがすがしさとか感じたな。
学校とかの推薦図書もなかなか捨てたもんじゃないよ。
推薦するくらいだからレベル的に中学生向けとかいうよりも若い中学生の成長を助けるようなものが選ばれてたりするからね。

754 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:22
本棚にある本をついでにうpしておきます。他人の本棚ですがw
このなかでいいのがもしあったら教えてください。
・痴人の愛 谷崎潤一郎
・悪魔の標的 星新一
・できそこない博物館 星新一
・アンネの日記 アンネ・フランク
・こころ 夏目漱石
・雪国 川端康成 
・(?)タセクス・アリス 森鴎外 (?)読めなかった箇所
・野火 大岡昇平
・たけくらべ 樋口一葉


755 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:25
ライ麦畑でつかまえて

756 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:27
なんで人に聞くんだ?
すでに家にあるなら、他に買わずにそれらを全部読んでみたらいいじゃないか。

757 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:29
>>755
あの本の微妙なサイズに慣れられないんですよ・・・。
本を読むときはいすに座って読んだほうが集中できますか?
再読開始します。

758 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:30
>>756
なんかひらがなが変なんですよ。

759 :蛍原:04/04/27 17:30
なんだその蔵書は?基地外の本棚みてーだな

760 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:31
ひ→い ぐらいはわかるんですが。
たとえば 森鴎外の作品も初めの一文字がわからないんですよ。
なんたらタセクス・アリスとか。

761 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:31
>>757
なんで読書に集中する姿勢を他人に聞くんだ?
それこそ他人に聞いてもしょうがないだろ。

762 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:32
>>759
おやじの本棚だからなw

763 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:32
>>760
だったらもっと読みやすいの読んだらいいだろ?

764 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:33
>>761
じゃあ座って読むよ。

765 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:37
「ぼくらの七日間戦争」宗田理

766 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:41
ttp://www.aozora.gr.jp/

ここで無料で本が読めるらしいんですけど多すぎて何を読んだらいいかわかりません。
ここに置いてある本の中の範囲で読んだらいいホンを教えてください。

767 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:43
無料であろうが自費で本を買おうが、読みたい本を読むだけだろ。

768 :蛍原:04/04/27 17:45
おいお前ら馬鹿か?こんなのに構ってたらいつかは1000行くぞ?

769 :中学男子1-6:04/04/27 17:49
歴史的かなずかいがつかはれてないやつ

770 :中学男子1-6:04/04/27 17:50
高校入試に出る

771 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:53
>>770
まぁ大体はわかるんだけど時々知らないやつがでるから。

772 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:54
ところで>>1はぼくらの七日間戦争読んだことある?

773 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 17:55
>>772
無いです。
なんかあまりにもいっぱいでてくるので罠かとおもってるんですが違うんですか?

774 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:57
1は
そうだおさむを知らないみたいだな

775 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:57
なんの罠だよw
君は中学校の推薦図書にどんなものがあるのか確かめてみたことある?


776 :吾輩は名無しである:04/04/27 17:59
宗田理のぼくらの七日間戦争は大ベストセラー。
宮沢りえが出演して映画化されたくらいだからね。

777 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:00
教養主義の没落

778 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:05
>>774>>775>>776
777になにか意味深な言葉がありますがとりあえずチェックしてみます。

779 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:08
ハリーポッターシリーズ・ホビットの冒険・指輪物語・トムソーヤの冒険・・・いろいろあるじゃん。
まさかこういうのを馬鹿にしてるわけじゃないだろうね?
僕からいわせてもらえば、本を夢中になってむさぼり読む楽しさをしらずに
ただ小難しい文学だけを追って結局意味もわからずにただハリーポッターなどを馬鹿にしている
君が馬鹿だよ。

780 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:09
「7日間戦争」は、今だとライトノベルっていわれてるジャンルになるのかな。
まあ、2時間もあれば読了できる程度の本だし、それこそ図書館で借りて
試しに読んでみれば。買わなくてもいいと思うよ。

781 :776:04/04/27 18:11
だれかあの中で言い本教えて

782 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:12
>>779
ハリーポッターは読んでもしょうがないんじゃないか?

783 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:12
>>779
ハリーポッターとか別に馬鹿にしてませんよ。
指輪物語だって何巻もあるので読む気になれませんでしたが、
映画でみましたし。どちらも面白かったですよ。
それにダレンシャンとかハリーポッターは読んだことありますよ学校で。
でもあれ高いんだよねw一冊1500円とか文庫本2冊は買えますから。

784 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:13
>>780
ちょうど連休があるのでそうすることにします。
返しに行く自信はありませんがw
どのぐらいまで期限むしできますか?

785 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:14
なんで金もないのに買いたいの?

786 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:15
>どのぐらいまで期限むしできますか?

そんな無駄口は学校で(ry

787 :釣り吉三平:04/04/27 18:15
1は中学校も高校も大学も会社もお嫁さんも全部他人に聞いて決めるの?

788 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:21
2chはこうも子供に悪影響を与えるのか・・・
2chばかりしているとあらゆる情報が入るから
現状の価値に時間をかけてゆっくり浸ったり楽しんだりすることができないんだ。
インターネットがまだ普及してなかったときの子供は情報量が限られているから
その限られた情報のなかで限られた楽しみを見つけたりする力が働く。
しかしインターネットで無限に開かれた情報の窓のせいで
はい次、はい次、はい次と、自然に生き急いでしまう。
俺は中学の時は放課後部活動でのサッカーができるだけで毎日が楽しくて仕方が無かった・・・

789 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:22
>1
おい、期限は守れよ(W
もし図書館になかったら本屋で立ち読みしてもいいんじゃないかな。
まあ、その程度の本だ。

ちなみに、本棚の本は☆新一から読めば。多分今日中に読み終わるだろう。
その感想はいらないぞ。
☆の感想なんて書き込んだらまたみんなからいろいろ言われるぞ。


790 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:28
>>785
手元にあったほうがなんか安心するんですよ。

>>787
文学についてはまったく無知のんで聞いてるんですよ。

791 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:31
文学な無知な中学生でなにが問題ある?
君のいう「文学について無知でない」状態とはどんなものですか?






792 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:33
>>788
いいな〜。俺も部活選ぶ時もっと体を動かすのにしとけばよかった。
アーチェリーはオススメできません。
変化があまりないんでやってると眠くなりますw
>>789
なんとか期日は守ろうと思います。
今日はなんもないんで☆新一でも読んで寝ます。
ライ麦は20ページまでは今日読みおわるつもりです。

793 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 18:34
>>791
まぁ、どういう本があるのかあまり知らないことですかね。


794 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:40
上で1が「文学青年になりたい」と言ってるから答えるけど、
文学的思考を少しでも身に着けたかったら2ちゃんねるなんかせずに
睡眠と食事と授業中と勉強以外の時間をすべて読書に当てることだな。
きょうは「とりあえず00ページ読もう」なんていう考え方は捨てることだ。
2ちゃんねるもNETも止めて、とにかく本を読むことだ。
同じ本を何度も読んでもいいし、一回読み捨てでもいいからとにかく開いた時間を
すべて読書に費やすこと。TVをみるのも止めて。そして新聞が読めるように毎日挑戦してみて。
他人からお勧めの本をいくら紹介されても何にもなりませんよ。
そんなことを聞いている暇があったら本を読め。夢中になって。
本の選び方は、なんとなく「面白そう。よさそう。」と思った本をどんどん読んでみることだ。
もし金がなくて買えないならそれこそ図書館を活用するべきだ。


795 :zzz:04/04/27 18:48
【19:282】綿矢りさだってオナラぐらいするんだぜ?
1 名前:吾輩は名無しである 04/03/14 10:16
どうでもいいけど、そこんとこわかってる?君ら。


796 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:51
椎名誠の岳物語とか

797 :吾輩は名無しである:04/04/27 18:55
>まぁ、どういう本があるのかあまり知らないことですかね。

だったら最近話題の「あらすじ」本買って君が読めば、きみはたちまち文学通だねw

798 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/27 19:22
>>794
いいアドバイスありがとうございます。
新聞も毎日、コラムぐらいは読むようにしてみます。

>>796
どういう本かしらべてみます。

>>797
あらすじ本買うより此処で聞いたほうが速いしタダ。

799 :吾輩は名無しである:04/04/27 20:58
ここで聞くよりも自分で調べた方が更に早いと思うけれど。

800 :zzz:04/04/27 21:15
800

801 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:17
この掲示板の文学板に常駐しているようなら毎日辛ぇだろ?
思考力も落ちるだろうし文学できてねえんじゃないの?
世間に出なきゃそのまま鬱で悶え死ぬんじゃねえのガキとオッサン達?
幼中年ヒキコで2ちゃんで妄想繰り返してりゃ自殺指向になる罠(w
己の考え一編捨てて社会出てから考え直した方がアタマよく回ると思うが
ガキとオッサン達そこまで腹括れるか? 
ハッキリ言うが、ここはガキとオッサン達の妄論オナニー道場じぇねぇんだよ。

802 :794:04/04/27 21:21
>>798
勘違いしてほしくないのが、新聞を読めとひとこと付け加えたのは文章とか読解の能力云々の為にという意味ではなく、
世の中の出来事をちゃんと把握できるように新聞読んでおけと言ったの。
だから新聞でなくてもいいんだよ、テレビのニュース番組を毎日見るのでも。
でも中学生の君なら新聞なんて読んでも「社説(社説くらい聞いたことあるだろうけど・・・)」すら理解できないと思うよ。
でも君が自分を成長させるために必死で難しい本を紹介してもらって挫折してを繰り返すんならさ、
新聞という文章レベルも知識も語彙も常識的教養もほとんど常に一定なものがあるんだから、
これを活用しない手はないだろ?
初めは意味不明でも、毎日できるだけ多くの新聞の記事を「読んでみる」ことで、だんだん知らない単語の意味が理解できるようにもなる。
自然に語彙が増えてくるし、世の中の流れもつかめるようになる、だんだんとね。
君みたいな人間ならなおのこと、新聞を読むことだ。それもできるだけ「全部読んでみよう」という気持ちで。
新聞なら家に毎日届くから金もかからないしね。

803 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:22
星新一は単純なエンターテイメントだけじゃないから凄いんだ。
妄想銀行かようこそ地球さんあたりがあると良かったな。
でもどの作品でも確実におもしろいから、楽しんでくれ。

ちなみに「ヰ」は「うぃ」だよ。

804 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:32
ここはガキとオッサン達の妄論オナニー道場への予備校なんだよwww

805 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:33
これより先


       「妄想オナニー道場」



806 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:35
【ネット】「いたずらで済まされぬ」 "2ちゃんねる"の書き込みで警視庁公安部動く
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/news/532/1083068995/l100

807 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:35
このスレッドは天才チンパンジー「アイちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

アイと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                         霊長類研究所

808 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:38
このスレッドは天才乳児「>>1ちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

>>1と研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                         早期教育研究所


809 :始まるよ〜:04/04/27 21:45
__                   _
 | \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄\
 | |\ \     (●),   、(●)  ::::::::::::::::\
 | | | \ \      ,,ノ(、_, )ヽ、,,   :::::::::::::::::::::::\
 | | |  \ \     `-=ニ=- '   ::::::::::::::::::::::::::::::\
 | | |    \ \          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 | | |     \ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | | |      | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ..|
 | | |      | | |             |||   || ..|
 | | |      | | |             |||   || ..|
         | | |                  .|| ..|
         | | |                  .|| ..|
         | | |                  .|| ..|
          | | |                  .|| ..|
          | | |                  .|| ..|


810 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:48
>>1
あなたの書いた内容から、私は特に知的な刺激は受けませんでした(だって内容が稚拙だもの)
さらに具体的な論点を何一つ提出していないくせに、
まるで御大層な問題提起でもしたかのような語調にかなりうんざりしました。
「発言すること」に酔って、自分の主張の内容も省みることもなければ、
応答不可能のコミュニケーション(笑)を垂れ流している見苦しさにもまるで気づいていない
あなたのような方の相手まで親切にしてあげなければ「逃げた」と罵られるのでしょうか?
結構、そうしたければそうするといいでしょう。
私はそれが恥ずかしいことだとは思いません。
誰にだって、応答不能の内容を掲示板に書き殴って喜んでいる程度の
人間とのコミュニケートを拒否する権利はあるからです。

私のこのレスを読んでまた、「発言したい欲望」が沸きあがり、
あなたは顔を真っ赤にしてキィボードを叩くでしょう。
しかしあなたは気づくべきです。
その「発言したい欲望」があなたを愚劣にしているのだと。
これ以上のレスは結構です。
私は、あなたの発言にも考えていることにも興味がありません


811 :吾輩は名無しである:04/04/27 23:35
斉藤孝「読書力」
まずこれ読んで読書の基礎を知れ
入門には相当いい本だと思うぞ

812 :吾輩は名無しである:04/04/28 16:15
文学に精通するの意味とは、作品の数を知っていることではなく、作品の内容理解の深さである。
つまり文学とは、一冊だけでも事足りうる。
むしろ一つの本をどこまで深く広く多角的に読むことができるか、物語を血肉化できるかが問題。
数ではない。

813 :吾輩は名無しである:04/04/28 17:30
ごめん。割と1に好意的に考えてたけど
798の>797読んだら冷めた。

おい1よ。いままで少しでもおもしろ作品紹介しようって書き込んでできた人達に
失礼すぎるよ。
このままいったら君が軽蔑しているこのレスで君を煽ってる人間みたいに間違いなく
なるよ。君は、とりあえず文学より受験をがんばれ。

814 :吾輩は名無しである:04/04/28 18:03
>>1
あまりムキになるな。
馬鹿と思われたくないから本を読むって、なんか聞いてて悲しくなってくる。
面白い本はいくらでもあるけど、読むべき本なんて別にないよ。
漏れも本好きだから、>>1の意欲まで否定するつもりはないが、
>>1の姿勢(いきなり文学板に来ちゃう辺りも含め)を見てると、
将来は読書量を鼻にかける本物の馬鹿になってしまうんじゃないかと不安だ。
も少し肩の力を抜け。

といった気持ちを込めて
曽野綾子『太郎物語』を薦めておきます。

815 :吾輩は名無しである:04/04/28 18:09
>>798読み過ごしてた。
>>1よ、やっぱ太郎物語読まなくて良いや。君にはまだ早い。
まずは礼儀を覚える所から始めよう。


816 :吾輩は名無しである:04/04/28 19:03
>1には残忍な殺人者の資質がある。

817 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:44
このスレの中間あたりでの>>1のキレようというか壊れようというか正体というかが最高に笑えるw

818 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:45
中間とはいっても>>200あたりからだな

819 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 21:50
やっとアク禁解除されたよ。
plalaアク禁多すぎです。

820 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:51
361 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/12 16:29
ドストの地下室の手記でも読みます。

821 :結果:04/04/28 21:52
377 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/12 19:48
地下室の手記難しすぎでした。
挫折しました。とりあえず今は保留しときます。
かわりに漱石の草枕でも読んでみます。

822 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 21:54
あんたらの言う礼儀ってのはどういうものですか?
いったいあんたらとはどう接していいのかわかりません。
敬語使えば下心があると思われるし、
普通に話せば生意気だと思われ、
意味分からんです。


823 :結果:04/04/28 21:55
491 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/15 18:52
今まで草枕読んでたんだけど難しい・・・。
積んどきます。


824 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:55
429 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/13 20:55
じゃあ三島由紀夫のやつ全部読むことにします。

825 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:56
434 1 ◆ccqXAQxUxI 04/04/13 21:44
結局どうすればいいんだ_| ̄|○
あるもの全部読み終わってから出直してきます。

439 吾輩は名無しである sage 04/04/13 21:52
>>434
三島由紀夫全部読むんじゃなかったの?ん?


826 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 21:56
815 名前:吾輩は名無しである 投稿日:04/04/28 18:09
>>798読み過ごしてた。
>>1よ、やっぱ太郎物語読まなくて良いや。君にはまだ早い。
まずは礼儀を覚える所から始めよう。

↑この人さっさと答えてくださいよ。

827 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 21:58
議論吹っかけると逃げる、年だけ食ってる大人ばかりなんですか?

828 :厨房13号:04/04/28 21:58
いやーこのスレって人気あるんだねー。
1ヶ月もたってないのにもう800超えてるし。
1 ◆ccqXAQxUxIさんは集客力があるんだなあ。
注目を浴びやすいタイプとお見受けしました。

829 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 21:59
>>828
何言ってのあんた?
どうせあんた大人が語ってんだろw

830 :厨房13号 ◆z81gXHd6h. :04/04/28 22:02
トリップつけたよ。
まあまあ1さんクールに。

831 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 22:04
>>830
あくまで俺をおとしいれたいらしいな。

832 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 22:05
今日はもう寝るよ。

833 :厨房13号 ◆z81gXHd6h. :04/04/28 22:05
sageで1さんのレスをせっせと引用してる奴って陰険だね。

834 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 22:06
>>833
あのスレか。まぁ俺も悪いんだがね。

835 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:06
2chで規制解除ずっとまってたり必死で書き込みしている暇があったら読めなかった本を読み直したほうがいいかと・・・

836 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:07
あのスレか。

837 :厨房13号 ◆z81gXHd6h. :04/04/28 22:08
誤解があるようなんで言っておくけど
おいらは828で初めてレスしたんだよ。

838 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/28 22:10
>>837
どうやら本当らしいな。
すまなかったよ。


839 :厨房13号 ◆z81gXHd6h. :04/04/28 22:16
>>838
まあそれはいいんだけどさ。
こういう場所では粘着してくる人間もいるから、
あまり感情的にならないほうがいいよ。
煽りをユーモアやウィットで切り返せるようになるといいと思う。
それじゃあ。

840 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:19
イェーリングの「権利のための闘争」は読むべし。

841 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:22
谷崎潤一郎の「卍(まんじ)」も読みやすいし面白いからお勧め。

842 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:26
>議論吹っかけると逃げる

はて?議論ってあの「マシの定義」のこと?それとも「問いには必ず答えがある」のこと?はて?

843 :813:04/04/28 22:28
おい、1よ。
815はもうこのスレには来ないと思うから説明するけど、
815は、若い1が折角本を読もうってやる気になってるから、丁寧に理由まで
書いた上で親切で「太郎物語」を挙げたんだよ。(これは煽りじゃないことは
分かるよな?)

ところが、後で798読んだら、君がここで本を紹介してもらってる理由が
「速いしタダだから」ってことに気付いて「礼儀を覚えろ」って言ったんだよ。

なあ、確かに煽りはひどいけど、
これだけいろんな本を薦めてもらって、その挙句(あげく)に
この「速いしタダだから」って発言が、礼儀を欠いてるって気づいてるか?

ちなみに,この場合の漢字は「速い」じゃなくて「早い」だぞ。
もう、このスレには来ないから返事はいらないよ。

844 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:38
>あんたらの言う礼儀ってのはどういうものですか?

これかなあ?
俺は礼儀の話はしてないんだが。
代わりに答えてもいいけど

>あらすじ本買うより此処で聞いたほうが速いしタダ。

↑これは君の発言でしょ?たぶんその礼儀の話はこの発言に原因があるようだけど。
その発言の何が失礼にあたるかというと、せっかく親切におすすめ本をおしえてあげても教わった君自身が
「あらすじ本買うより此処で聞いたほうが速いしタダ。」と考えていたのでは
教えた側としては「せっかく教えたのに、知りたい知識はいわゆる『あらすじ本』程度のことかよ!」って気持ちなわけで
読書を楽しんでいる人間にとって「あらすじ本」程度を読んで「知ったかぶり」されることに強い不快感が湧き上がるわけですよ。
考えてみれば当たり前でしょ?君自身が「金があれば『あらすじ本』買ってもいいけど、ここで聞いたほうが早いしタダ」みたいなこと
言ってるんだから。教える側としては君にとっては「『あらすじ本』と同じ立場で、しかもタダで教える都合の良い相手」でしかないわけだよ。

こんな失礼な話があるだろうか?
それをわからない君も頭が悪い。
礼儀の話をしだしたのは俺じゃないけど、でも話の流れで何を言わんとしているかは大体分かる。
そう簡単に、何もしらない本の読み方も知らないくせに、知った気になって大人を馬鹿にしてはいけないよ。
ママに言われなかったかい?
「パパやママにそんな口をきいてはいけません!あなたは子供なんだから。」って。

845 :吾輩は名無しである:04/04/28 22:39
かぶっても〜た!

846 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/28 22:51
まだやってたの(苦笑

847 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/28 22:53
他人に本をすすめたがるひとって多いよねー。
なんでだろ。
それを自分が書いたもののように思うのかも。
これで感動できる自分のような人間になれ!!!!

848 :吾輩は名無しである:04/04/28 23:08
「蛇にピアス」金原ひとみとか読んでみたら?

849 :吾輩は名無しである:04/04/28 23:33
このスレに「あらすじ本」以上のことを教えることができる人間がいるとは思えないが…

850 :吾輩は名無しである:04/04/29 00:06
確かにw
そもそもここの>>1が安部公房や漱石やドストエフスキーすら読めないのに「あらすじ本」の内容程度の名作を教えても意味が無いわな。
>>1に必要なのはなんといっても「馬鹿厨房が読んでおくべき本を紹介すること」だからな。
中学生ならまず中学校の推薦図書を参考にしてみるもんだが、それすらもできない馬鹿厨房ではここで教えるほうがアホってものだなw

851 :吾輩は名無しである:04/04/29 01:58
ってことで、そろそろマジでみんなあきれているよ?>>1

もうそろそろお開きにすれば????

852 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/29 07:40
>>844
早いしタダってのは確かに失言だったので悪かったと思います。
でも他に礼儀を欠いている人もいるのではないでしょうか?
自分はさておき俺を叩くような奴はどうかと思いますが。


853 :吾輩は名無しである:04/04/29 08:30
>>852
素直に謝っておこうぜ。>>826なんかひどすぎるぞ。
どう考えても悪いのおまえなんだから。

854 :815:04/04/29 09:42
また来てみた。
>>826
さっさと答えろって、無茶言うな。俺は寝てたんだよ。
まぁ、答えるよ。礼儀ね。

礼節には礼節をもって応えるべし。
煽りには沈黙をもって応えるべし。

以上だ。
もう来ないよ。

855 :吾輩は名無しである:04/04/29 09:50
>>852
そう。自分のことは棚に上げといて他人の批判ばっかり言うやつっているね。
口では小利口にうまく言うが中身がないっていうのは一番きらいなタイプだ。

856 :吾輩は名無しである:04/04/29 12:25
その自分のことは棚にあげて他人に批判ばかりしているのが>>1なんだよ。
大人は悪い?卑怯?ずるい?にげる?
そもそも大人とは誰のことですか?
ただ君が自分だけ中学生で他はみんな大人と勝手に勘違いしてるだけでしょ?
誰が大人かも知りえないのに自分が中学生だというだけで大人に敵意を見せるのは稚拙。
そしてその君が勝手に大人と思い込んだ人たちに本を紹介してもらいたいんですか?
だったらせめて”本を読めるように”してから教えてもらいなさい。
四方八方に手をだして結局読めずに積んでおく人には教える気も萎えますよ。
無理して自分に読めない難しい本を選ばずに、純粋に自分が面白いと思う本を選ぶべき。
君の一番の問題は本を読めないのに偏見だけは固まっているということ。
易しい小説は質の悪さを表すものではない。
とにかく趣味として読書をするなら、自分が面白いと思う本を選んで、ただ楽しむこと。

857 :吾輩は名無しである:04/04/29 12:40
ほんとにもう飽きた

858 :吾輩は名無しである:04/04/29 12:52
お願いして何かを得ようとしているのは>>1でその要求にこたえるのが他の人なんだろうけど
他の人にとっては>>1がどうなろうと興味は全くないんだ当の>>1にとってはお願いして
教えてもらいたいわけだよね?そうなるとここで一方通行の関係が生まれるの。
教える側と教えられる側。GIVE and TAKEという双方向の公平な平等な関係ではないの。
学校の先生と生徒の関係にも似ているけど学校は GIVE and TAKE の関係が一応成り立ってるからね。
教師は生徒に勉強を教え給料をもらわなきゃならないし、生徒はお金を払って勉強を教わらなきゃならない。
でもここでは、教えてもお金はもらえないし、教わってもお金を払う必要はない。
だから教える義務や教わる義務も生まれない。
だから、ここで「教えて欲しい」と言う場合はかなり慎重に発言しなきゃいけない。
教師は生徒の発言が失礼でも教えなければならないが、ここでは失礼と思えば教える必要は全くない。
大人とか子供とかは関係ない。それを強調するほうが不自然。

859 :吾輩は名無しである:04/04/29 16:30
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」はもう読んだ?

860 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/04/29 16:45
>>856
自分が面白いと思う本を選べる力があったらそりゃ自分で選んで本を読みますよ。
でも自分は作家の名前もろくに知らないのでいい本を聞いてるんです。

861 :吾輩は名無しである:04/04/29 16:55
図書館で軽く立ち読みして「おもしろそう」と思った本を読めばいいじゃん

862 :吾輩は名無しである:04/04/29 17:02
>自分が面白いと思う本を選べる力があったらそりゃ自分で選んで本を読みますよ。

これは、ありえない。
君がおもしろいと思った本を読めばいいんだよ。
それができないわけないじゃん。
君はいままで読んだ本のなかで面白いと思った本はないの?
もしあるならそれに近い感じの本を探せばいいじゃん。
もしなければ、無理して本を読む必要はないよ。

863 :吾輩は名無しである:04/04/29 17:13
1は書評原稿に困った作家のネタさがしかと思った。
ここで出たのを書くつもりかと…。

864 :吾輩は名無しである:04/04/29 18:13
9: 馬鹿厨房の俺に読んでおくべき本を紹介してください ( )
   ↑
                       釣られた人間の数

865 :吾輩は名無しである:04/04/29 20:09
ま、罵り愛も2chの洗礼だからそのうち慣れるよ>1
最近それが快感になってきた俺

866 : :04/04/29 20:14
>>865
自分が「罵り愛が快感になってきた」というのはいいけども
他人も自分と同じように感じるとは思わないでくれよな。

867 :吾輩は名無しである:04/04/29 21:32
>>1はタダで色々教えてもらって良かったね。
後は自分でお金と時間使って調べなさい。
という事でsage

868 :吾輩は名無しである:04/04/30 00:00
十二国記>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>ライ麦



コレ真実

869 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:09
868

870 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:21
1=厨房13号

871 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:44







終           わ             り






872 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:46
>>868
はげどう!

873 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:58
 十二国紀>>>>>>>>>>>>>>>>>愛生会病院


愛生会病院

        http://www.aiseikai.or.jp/

        ボリューム上げてから飛ぶべし


874 :吾輩は名無しである:04/04/30 18:12
>>873
ワラタ

875 :吾輩は名無しである:04/04/30 18:43
>1よ、次スレ建てようなんて思ってないよな?

876 :吾輩は名無しである:04/05/01 10:37
age

877 :吾輩は名無しである:04/05/01 11:07
   .______
   |         |  殺伐としたこのスレに救世主が!
   |  ,.==-..   =. |
  ヽ |  ーo 、   ,..o-|ノ
   |    ̄  i  ̄ . |
   |     r _ j   |
   |.   'ー-=ゝ.  |
   |.      ̄   |
   |__________|  劣化ウランマン
      |   |   


878 :吾輩は名無しである:04/05/01 17:51
あげ

879 :吾輩は名無しである:04/05/01 17:58

18歳の 行動するヤングマン=すぐに英国大学留学に

   激しく嫉妬してやまないのは、

   何一つ自分でやったことのない長年ひきこもりの2チャンネラーWW


880 :吾輩は名無しである:04/05/02 01:14
普通に三国志とか真田太平記とか宮本武蔵とかじゃだめなん?

881 :吾輩は名無しである:04/05/02 01:47
新潮文庫の100冊、とりあえずこれで作家の名前を覚えるといい。

882 :吾輩は名無しである:04/05/02 02:20
太宰治の人間失格にこういうくだりがある

(それは世間が、ゆるさない。)
(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう。)
(そんなことをすると、世間からひどいめに逢うぞ。)
(世間じゃない。あなたでしょう?)
(いまに世間から葬られる。)
(世間じゃない。葬るのは、あなたでしょう。)

・・・省略・・・

(世間とは個人じゃないか)


太宰治を馬鹿にしてはいけない。

883 :吾輩は名無しである:04/05/02 18:28
もうこのスレの結論は877でいいよ

884 :吾輩は名無しである:04/05/02 19:31
おれおれ、>>877は。うほ!

885 :吾輩は名無しである:04/05/02 21:34
1死亡。

886 :吾輩は名無しである:04/05/03 00:04
最後は礼ぐらい言えよ!

887 :吾輩は名無しである:04/05/03 00:10
まあ、1がこんな奴だったなんてことは、初めから見抜いていたけどよw

888 :吾輩は名無しである:04/05/03 00:22
888

889 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/05/03 11:33
ところで最後に聞きたいのですがお勧めの本は?

890 :吾輩は名無しである:04/05/03 12:17
十二国記

891 :吾輩は名無しである:04/05/03 12:59
1頭悪すぎw

892 :吾輩は名無しである:04/05/03 13:17
>>889
お前なぁ・・・・

893 :1 ◆ccqXAQxUxI :04/05/03 13:28
教えてくれた方ありがとうございました。


894 :吾輩は名無しである:04/05/03 13:58
はい、さようなら。

さようなら。

さようなら。

さようなら。

895 :吾輩は名無しである:04/05/03 13:59
893 1 ◆ccqXAQxUxI age New! 04/05/03 13:28

896 :I◇ccqXAQxUxI:04/05/04 17:02
みなさんわたすにもオススメの本をながい!

897 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:13
あはははははははははははははひゃはははははははははははぶわははははははははははは
っっっっっっっっっっっっっっっはらいてちぇえええええっっっあぶはははははははははははははは
うーうーうーーんぶわっはははっっつはらいちぇーーーっっぐわふぁっっっーーうーーーー
んーーーぶふふふふっちんぶふふふふふふふちんこかいーーーーーーぷぷっっっぷはっっっっつつつわーーー
わーーーーーーーあああ母ははっっっはははははははははははっっっっっ




898 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:33
>>896

↑うわ!こいつ馬鹿だぁ!

899 :馬鹿厨房:04/05/04 18:03
ところでお勧めの本は? あははははは

900 :馬鹿厨房:04/05/04 18:06
ここの1は本当の馬鹿厨房ではなかった。
このスレタイにふさわしいのはわたしなのだ。
よってみなのものわたしに本を勧めるのだ、
あははははは。

901 :吾輩は名無しである:04/05/04 18:27

右翼CH出来ました。今日の保守や拉致問題、核武装等について協議しよう!
http://jbbs.shitaraba.com/news/1672/





902 :馬鹿厨房:04/05/04 23:30
ところでお勧めの本は? あははははは

903 :吾輩は名無しである:04/05/05 00:40
>>902

他人なりすましに失敗したからってキレてんじゃねーよボゲ

904 :馬鹿厨房:04/05/05 15:28
ところでお勧めの本は? あははははは


905 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:50
>>1
太宰治四どけ

906 :吾輩は名無しである:04/05/05 19:12
マルクス・エンゲルス「資本論」

907 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/05 19:31
にほんのほんがいい?
がいこくの?
じゅけんにやくだつの?
これはすぐにはむり(w

まじめにきいてるの?

908 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:16
>>904
太宰治の「晩年」

909 :吾輩は名無しである:04/05/05 21:13
夜中に台所で僕は君に話しかけたかった 谷川俊太郎

910 :馬鹿厨房:04/05/05 21:16
なんて親切なお方なんだっ!
太宰は「トカトントン」が良かったです。
谷川はたしか「コカコーラレッスン」読みました。

911 :馬鹿厨房:04/05/05 21:22
今日はこどもの日なんでみんな親切なんだな。

912 :吾輩は名無しである:04/05/06 02:29
実を言うと、
高校のころは友達を外で遊んだ方が精神的にもいいよ。楽しいし。

ちなみに、夏目漱石は書簡の中で自分の書いたほうを子供に読ませるのはまずいと
いってる。

913 :吾輩は名無しである:04/05/06 03:11
三島由紀夫の潮騒なんかどうだろう?

914 :うんこ:04/05/06 03:26
吉本ばななとかワタヤリサとかくらいでいいんでないの?
ドストエフスキーとか読んだら(理解できたとしたら)
3ヶ月くらい精神的に不安定になると思う。

915 :吾輩は名無しである:04/05/06 17:46
>>914
最初はそれでいいかもしれないけど
難しい(古典文学)と呼ばれているものも読んだほうがいいと思う。
そういう軽い物ばかりだと狭いから。

916 :吾輩は名無しである:04/05/06 20:20
>そういう軽い物ばかりだと狭いから。


誰にとって?どんな人にとって?
あんたは史上最大に大きな誤りをおかしてる。

917 :吾輩は名無しである:04/05/06 20:54
>>916
狭いというのは誤りかもしれないけど
古典は難しいから読まないというのは怠慢でしかないと思う。

918 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:05

せっかくネットに繋ぐのなら、世界のサイトに眼を通せ。
多少は馬鹿がなおる。2ちゃん中毒のアホに構ってると生涯馬鹿だ。

ttp://english.aljazeera.net/HomePage

919 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:08
椋鳩十
「大造じいさんとがん」

920 :馬鹿厨房:04/05/06 21:20
>>912
中学までは部活で体を鍛えたクチの体でっかちです。
>>913
「仮面の告白」は読みました。
>>914
最近のものは評価がわかんないし当り外れも多そうなんで読んでません。
>>918
英語は苦手なんでダメっす。
>>919
文庫で読めますか?

921 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:30
>最近のものは評価がわかんないし当り外れも多そうなんで読んでません。
名作と評価されたものしか読まないのは、ただの臆病だよ。

922 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:32
>>920
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/403650620X/qid=1083846633/sr=1-14/ref=sr_1_2_14/250-0286651-3813002

923 :馬鹿厨房:04/05/06 21:33
ベストセラーになったものでもすぐに古本屋に出回って誰も見向きもしないやつもいっぱいあると思うんで。

924 :馬鹿厨房:04/05/06 21:36
>>922
リンクはってもらってどうもです。
講談社文庫の「マヤの一生」はどうっすか?

925 :馬鹿厨房:04/05/06 21:41
>>921
あーでもやっぱ最近のものも読まないと駄目ですよね。ちょっと考え直します。

926 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:49
馬鹿厨房=>>1

出没時間が同じw

927 :馬鹿厨房:04/05/06 21:51
>>926
何か用でも?

928 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:09
馬鹿厨房くんに軽くあしらわれた926であったとさ。

929 :馬鹿厨房:04/05/07 00:36
自作自演なんてしてないからね。

930 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:18
ダウトー!w

931 :じゆん ◆U4bs4k4qTI :04/05/07 03:12
読書はしたいときに読み、勉強はするべき時にするべし

932 :吾輩は名無しである:04/05/07 13:50
ひまだからレス
舞城王太郎 煙か土か食い物
最近の本が読みたいのならおすすめ
講談社ノベルスだがミステリ以外の所が面白かった。

933 :吾輩は名無しである:04/05/07 14:01
ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟は、読んでおこう。最低2度。

934 :吾輩は名無しである:04/05/07 18:30
残念な事に読書好きな奴の中には、>1みたいな人格障害者がいるんだよなぁ。

935 :吾輩は名無しである:04/05/07 21:01
934よ、他人転嫁はよくないぞ。

936 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:18
他人転嫁の意味を理解してからこい

937 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/08 00:19
えへえへえへ

938 :人格障害者:04/05/08 00:26
934=936はなかまだなかまだやほーいへらへらぷっぽー

939 :吾輩は名無しである:04/05/09 19:36
あげ

209 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)