2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前衛<アヴァンギャルド>文学

1 :一億総退屈化:04/04/29 16:09
そこらにありふれた小説や詩に飽き飽きしませんか?
半月もすれば古本屋で安く大量に出回ってくる、ベストセラーなどを
買う価値がありますか?
もっといい退屈しのぎになるものを知りませんか?

2 :吾輩は名無しである:04/04/29 16:32
テロとかデモとかボランティアとか

3 :吾輩は名無しである:04/04/29 16:49
ナチがやったように糞を焚いてしまうのはおもしろいだろね

4 :吾輩は名無しである:04/04/29 19:22
まだ文学なんてやってるのがいること自体が不気味

5 :吾輩は名無しである:04/04/29 19:41
文芸誌や小説に金はらう気のするやつは働いてないやつだけだろ?

6 :吾輩は名無しである:04/04/29 20:04
たとえば、1だったら、どんな作家が前衛的だと思うんすか?
ちょっと例が欲しいな。

7 :吾輩は名無しである:04/04/29 20:15
田口ランディ。顔がアヴァンギャルド。つーかキュビスム。

8 :吾輩は名無しである:04/04/29 20:16
田口ランディ『富士山』の表紙は間違いなくアヴァンギャルド。

9 :吾輩は名無しである:04/04/29 20:24
うん。アヴァンギャルド。


10 :吾輩は名無しである:04/04/29 21:16
三浦俊彦とか?

11 ::04/04/30 03:32
批評家が、人物像とか作品世界とか書いてる作品は全部ゴミ

12 :吾輩は名無しである:04/04/30 03:34
紙に印刷された文字をメディアにしてるものは紙屑

13 :吾輩は名無しである:04/04/30 04:24
もうおらんか

14 :吾輩は名無しである:04/04/30 09:49
田口と三浦が日本の前衛文学を代表する二人

15 :吾輩は名無しである:04/04/30 10:27
なんだブルトンのスレじゃねえのかよ。

16 :吾輩は名無しである:04/04/30 10:40
>>1
学術用語的な意味での第一次大戦頃の『アヴァンギャルド』作品を
指しているのか?
単に前衛的あるいは斬新な形式を伴った昨今の小説のことを
言ってるのか?
どっちだ??

17 :吾輩は名無しである:04/04/30 10:51
ロシア・アヴァンギャルド
イタリア未来派

18 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:24
>>15 いまさらシュールレアリズム宣言でもないだろ
>>16 全然前衛的でも斬新でもない昨今の小説の氾濫に飽き飽きしてんだよ

19 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:26
( ´_ゝ`)フーン

20 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:27
確実に落選するテーマ

●既成作品のパロディー
●既成作品の続編
●既成作品の番外編 etc...
 同人誌でやってください。
 あるいは、誰からも文句を言われない有名プロ作家になってからやってください。
●既成作品のそっくりさん
 登場人物の名前や固有名詞などが違っているだけで、設定もストーリーも既成作品にそっくり、あるいは、既成作品が思い浮かぶ、というもの。
 とにかくオリジナリティーのない作品は問題外です。
  例:巨大ロボット戦闘アニメ系
  例:テレビゲームのRPGのような剣と魔法のパーティーもの
 この二つは非常によく見かけます。
 もちろん、そういうテーマで募集されている賞であるのならば別ですが。
●作者のおしゃべり
 小説の地の文に作者が登場しておしゃべりや解説をする作品。
 99%作者の自己満足で書かれています。
●作者自身が登場するメタ小説
 その小説の作者自身が登場人物の一人として小説の中に出てくるようなもの。
 よほどの勝算がない限り、素人が新人賞への応募作品では、やらないほうが無難です。

いまどきこんなこといってるやつに、前衛小説を理解できるんでしょうか。
僕は作家志望です。


21 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:35
ぼ、、ぼく、アヴァンギャルドです(爆)

22 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:37
>>20
小説家志望 ウケタ)

23 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:38
メタフィクションだと新人賞の応募作としてはきらわれますか?

24 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:38
>>16
前衛的あるいは斬新な形式を伴った昨今の小説:
それって誰の何?

25 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:38
あまりうまそうな釣り餌でもないが

26 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:39
アヴァンギャルドなどという大時代的な言葉を誤ってスレタイに
用いてしまう時点で前衛などというものが理解できるだけの
読み込み度量がないことを露呈している>>1の悪戦苦闘を観察するスレ。

27 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:39
>>23
才能ないからやめとけ

28 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:40
だいたい今時読んで面白いと思えるものがあるか?

29 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:41
メタフィクションていつのまにか廃れてきたね。なんでだろうか。

30 :16:04/04/30 11:42
>>24
あっ、ごめん紛らわしい書き方だったかな?

:が昨今のもののなかにあるとするならば、そういうものを
志向してるの?
ってゆー>>1への確認だっただけ。

31 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:43
>>26
avntgでなくっても何でもいいんだよ、面白ければ
娯楽にすらならない文学なんかいらない

32 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:43
メタフィクションだと新人賞の応募作としてはきらわれますか?
論理的な説明しやがれ、この豚のチンカスやろう。ぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!!!!!

33 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:44
>>32
くすくす

34 :1:04/04/30 11:45
結局ないんだろ?
確認できてる時点でこのスレは終わりだな

35 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:45

今は、メタフィクションなんて前衛じゃないと思うんだが。。。。

36 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:46
どうしよう。32に惚れてしまいそうです。

37 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:47
僕はメタフィクションしか書けない。楽しんで書きたいんだ。だめっすかねえ???

38 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:48
>>32
単純にまちがいなく嫌われますよ。

ところで他者が他者を「嫌う」ことに論理的な説明が必要なんでしょうか?
あるいは可能なんでしょうか?
この辺の論理の整理がつかない時点で、メタなんてやめておいた
ほうが良いでしょう。

39 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:52
>>35
何が前衛なんだ?
はよいえ!

40 :32:04/04/30 11:52
38、頭良すぎて、何言ってるかよくわからん。俺のは実験作と思うんだよなあ。
スパイダーマンのDVDからぱくったんだけど、音声解説なんだけどね。
作品が進行しながら、いちいちツッコミが入るというやつ。

41 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:53
>>40
童貞ですよね?

42 :32:04/04/30 11:54
>>41  いいえ、違いますよ。26歳だし。

43 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:56
俺は32まで童貞だったぞ!

44 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:58
32さん、ここは匿名掲示板です。
無理しなくてもいいんです。
ホラ、こわくない。。

45 :32:04/04/30 11:59
まあとにかく、新人賞は僕のものですね。だって斬新なんだもん。可能性のある奴にポストイットするのは
自然な感情でしょ。難なく僕の作品が受賞でしょうね。

46 :32:04/04/30 12:01
あと、ここのスレ見て、俺の方法論パクっても、無理だからな、お前等は。
入れ物が同じでも、問題なのは中身だからな。。。ふふふふふふふふ!!!!!

47 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:02
形式で斬新なものを作るのはもうしばらくは難しいかもしれない。
形式にこだわるよりはエクリチュ―ルそのものをモマイら磨けよ。
俺はこれからはエクリチュ―ルによる打開しか、とりあえず
ないとおもう。
               ↑
あっ、これから何か書こうって人はね・・・。


48 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:05
>>47
つまり、今お手本になるような作家は皆無だと思ってるんだろ?おまえも

49 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:06
以前、出版社の読みの人が言ってたけど、本当に「おもしろい」
小説ってのは、予選落ち作品のなかにあるんだって。
それこそ前衛、斬新の宝庫らしいよw

50 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:07
皆無に決まってるじゃん。眠くなるだけだよ、今の小説は。
もしくは読後なにも残らない、すっかすかの綿矢とか。

51 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:08
綿矢の話すると某コテが(藁

52 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:09
バースとピンチョンとバーセルミはどこが前衛なの???????????????


53 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:13
>>49
出版社ねえ。君には用がない。
それで、オレこそ前衛だかァヴァンだか、面白いのを知ってる(かいてる)
というヤツはここにいないのか?

54 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:14
>>48
言語の肉体的な存在感という意味で、最近だったら町田康などは
いい線いってるかとおもう。今後はわからんが・・
ベテランだと古井由吉あたりは完璧にイッツオンリーワンだ。
批評をせせら笑う肉体性、それすなわち天才なのだよ。

55 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:19
古井は前衛だけど、退屈ですよね。難解だし、、、はぁ

56 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:20
「前衛」というものは所詮頭の中で戦略的な分析が加えられた
相対的な出来栄え、あるいは創作態度を表す言葉にすぎん。
(相対的といっても、自己相対化のそれではない)
蓮実重彦の「陥没地帯」あたりを読んで、そのような試みの
つまらなさを、とっくりと味わってみてくれ。

57 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:21
>>54
どっちも因習的で退屈なうえに、個性の欠けた無内容の極み。

58 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:24
町田は個性的だと思うが。。。。。

59 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:28
島田雅彦⇒ダヴィンチ⇒文豪⇒大江大岡古井中上⇒

60 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:28
>>56
そんな話じゃねえ
オサーンがおもろいと思うのは何なの?

61 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:29
そうだそうだ具体名をあげてくれ。つまらなかったら許さん。

62 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:30
>>57
それはあれが本当の意味で読めるか読めないかによる。
ここで仮に言うところの前衛なるものを、今本気で追おうとすれば
一見、個性の欠けた無内容な表情を纏わざるをえない状況に文学が
立ち入っているということに気づけ。
いまや文学は音楽に嫉妬しながらも接近していくしか術が
なくなっているのだよ。

63 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:32
>>62
その認識はよし

64 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/04/30 12:33
音楽は肥大化しすぎた。風船の膨張。文学は同じクリスタルボックスの中で、もはや破裂寸前だ。



65 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:33
>>60>>61
具体例か?
それはな・・ふふふ・・

66 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:35
っははははは!

うおー!はははははっ!!

67 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:36
笑いすぎてウンコでちゃった。

きょうはもう寝ます。

68 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:39
↑童貞

69 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:43
↑わし鼻

70 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:46
↑「先っぽだけぇーー」

71 :吾輩は名無しである:04/04/30 12:48
前衛小説が読みたいんだよーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーー(ゲップ)−−−−−−−−−−−−−





(^。^)

72 :吾輩は名無しである:04/04/30 14:24
>>71
前衛でなくてもいいんだけど退屈じゃないやつないか?

73 :吾輩は名無しである:04/04/30 14:30
>1
>72

                | ̄``''- 、
                |      `゙''ー- 、  ________
                |    ,. -‐ ''´ ̄ ̄`ヽ、_        /
                |, - '´ ̄              `ヽ、     /
              /               `ヽ、ヽ   /
             _/                    ヽヽ/
           / / /   /  /  /            ヽハ
          く  / /!   |   〃 _/__ l|   | |   |  |  | | ||ヽ
           \l// / |  /|'´ ∧  ||   | |ー、||  |  | l | ヽ
            /ハ/ |  | ヽ/ ヽ | ヽ  | || /|ヽ/!  |/ | ヽ
            / |  ||ヽ { ,r===、   \| _!V |// //  .!   |
            | ||   |l |ヽ!'´ ̄`゙   ,  ==ミ、 /イ川  |─┘
            | ハ||  || | """ ┌---┐  `  / //  |
            V !ヽ ト! ヽ、    |     !    / //| /
               ヽ! \ハ` 、 ヽ、__ノ    ,.イ/ // | /
    ┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ` ー‐┬ '´ レ//l/ |/
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||      | \  〃
  r'´ ̄ヽ              | |.ト     /  \
  /  ̄`ア               | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二)  知ってるが     | | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                 | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |   お前の態度が   | |<二Z二 ̄  /     ',
  |   | |                 _r'---|  [ ``ヽ、      ',
  |   | |   気に入らない   >-、__    [    ヽ      !
  \.| l.                ヽ、      [     ヽ    |
    ヽ|                \    r'       ヽ、   



74 :吾輩は名無しである:04/04/30 14:50
退屈そのものだな

75 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:04
>>56はオウム

76 :吾輩は名無しである:04/04/30 17:08
56は鳥なのでつか?

77 ::04/04/30 18:02
分かりやすい書き方をしたつもりが大げさに受け取られすぎたみたい。
いちおう以下のように定義しとく。

1 稿料や印税を一切受け取らない(出版社などメディアの搾取を拒否)
2 複写、抜粋、作品の部分変更を含めて、全ての著作権関連の権利を放棄する
3 作品はインターネットなど、可能な限り低コストのメディアで読者に配布する
4 文学作品の定義は、文字または、それに準ずる記号によって構成されたもの
  であって、他の定義は必要としない。

とりあえず以上に賛同できる方、万一いらっしゃるなら連絡下さい。

78 :吾輩は名無しである:04/04/30 19:05
前衛とか言ってる前に、大江健三郎の全著作を読破しような。
それからそういうことを語ってもいいんじゃないか?(藁

79 :吾輩は名無しである:04/04/30 19:20
なるほど。前衛というのは作品それ自体とは無関係に規定される
ものなんだね。なかなか卓見ですな。

80 :吾輩は名無しである:04/04/30 19:44
前衛という言葉はどうでもいいんですよ。

81 :吾輩は名無しである:04/04/30 19:53
>>78
そいつは焚書第一号だな

82 :吾輩は名無しである:04/04/30 20:56
>>78
ひまそうだなオマエ

83 :吾輩は名無しである:04/04/30 20:58
>>82
暇がねえからこそ大江なんだろ。

84 :吾輩は名無しである:04/04/30 22:06
>>83
すくなくともめくらだ

85 :吾輩は名無しである:04/04/30 22:07
>>78
大江の優良消費者

86 :27歳OL:04/05/01 02:30
大江さんの小説は優等生的にまとまりすぎていてとても前衛とは思えません。
大江さんの小説からはインパクトを感じることができないんです。
今一番先鋭的な思想や見識を持っている人達を代表してうまく小説にしてみます。
こんな匂いがするのが大江さんの小説。それも初期だけだとおもいます。。
でも、私にはそういうのが、悪いことだとは思えないな。
真の前衛なんていうものが、そもそもおもしろいのでしょうか?
というか、お金をもらうビジネスである小説というものに前衛なるものが
存在しうるのでしょうか?
あるいは、ボランティアの立場で書くという姿勢が前衛を産むのでしょうか?
私はそれも違うとおもう。
>>49>>56は本質を突いているとおもいます。


87 :吾輩は名無しである:04/05/01 02:46
この板にしては珍しく伸びたな。
瞬間最大風速5メートル級という所か。
やっぱりみんな文学論が好きなんだね。

88 :77:04/05/01 06:50
>>86
提起したものは77であって、前衛という言葉は反応を見るために
あえて使ったに過ぎないのです。
強いていうならば「お金をもらうビジネスである小説という」あり
方そのものを否定することは前衛的かもしれませんが。
「ボランティアで書くという姿勢」でもありません。
しかも、それが問題提起の全てではありません。
真面目に考えて下さってありがとうございます。

89 :吾輩は名無しである:04/05/01 07:34
フィネガンでいいんじゃないか。
特に英語やラテン語に造詣もない日本人が
辞書無しで読む。これほどエキサイティングなことがあるか。
あるいは中国の古典を漢字の雰囲気だけで読む。

語学に堪能な人には無理な遊びだ。

90 :吾輩は名無しである:04/05/01 09:13
>>88
マジレスしちゃうと「前衛」というのは
元々は軍隊用語で前線部隊のことね。
これがロシアマルクス主義の中で「前衛」となっちゃっただけなんで、
社会主義リアリズムでも「前衛」にはなる。
ただ、世間一般で「前衛」とされるものは
実験的な手法で書かれたものであって
君の言うようなモノではない。
分かりやすく言いたかったら「実験的」と言えばいいんであってね。
商業主義に毒されてないものでいいのなら、
日共の文芸部門や青空文庫にリンクされてる素人小説や
大学の文芸部が発行している同人誌とか読めばいいんですよ。
ただ、競争や品質管理といったハードルをクリアしてないから、
書き手の脳内読者以外には受け入れられないものが
殆どでしょうけどね。

91 :吾輩は名無しである:04/05/01 10:15
「前衛」という言葉にひっかかてくれたのは作戦が成功したようですが
そこから先に進んでもらえないみたいですね。
「商業主義に毒されていない」「素人小説」とは目的が違います。
「著作関連の権利放棄」と「複製・改変の自由」を読み手に与えること
にも注意してください。
品質管理という言い方が適当ではないかもしれませんが、一種の競争は
認めないといけないと思います。

92 :吾輩は名無しである:04/05/01 10:18
>>89
それは確かにエキサイティングですね。ジョイスでは試してないですが
プルーストやセリーヌは個人的に好きです。
ただし、それでも受動的な遊びであることにかわりないようです。


93 :吾輩は名無しである:04/05/01 10:53
>>91
いや、ひっかけたというより、言葉の選択を誤っただけでしょうw

だから、停滞してる。。

94 :吾輩は名無しである:04/05/01 11:28
>>91
>「複製・改変の自由」を読み手に与えること

与えるも何もバルトのように無許可でやってる奴がいるでしょう?
日本では芥川、石川淳、中島敦、太宰治、三島由紀夫のように
勝手に書き換えたりしている奴らもいる。
最近では村上春樹の作品をリミックスと称して
書き換えている奴もいる。
「前衛」なんて言葉を使うんだったら
ロシア・アヴァンギャルドとまでは言わないが
小林多喜二の短編ぐらいは読んでおきましょう。
もともと小説なんて
どう読み書きしてもいいものなんですよ。
詩と違って規範がありませんから。

95 :EATcf-146p248.ppp15.odn.ne.jp:04/05/01 12:40
にゃ?

96 :吾輩は名無しである:04/05/01 12:55
>>94
小林多喜二は悪くないですね。
ロシア・アヴァンギャルドは美術とか音楽しか知りませんが。
前衛が本来の意味を離れていろいろに拡張して使われてるのを
ご存じであれば、それにそうこだわられる理由がわかりません。
ナップコップが商標登録しているわけでもないですから。
この板の他のスレタイを見ると、これほど正攻法なレスがもらえるとは想像できませんでした。
77に関して、反対意見を述べられてるわけではないですね。

97 :吾輩は名無しである:04/05/01 13:12
要は、出版ふくめて日本の今の文化状況に満足できるかどうかだろ?
1ー77さん孤軍奮闘だけど、オレは大いに共感したね。ただし無料で小説書けっていわれて、どれだけのものができるか自信ないな。
94みたいな知識のひけらかししてるやつは、いいもの喰っていい家にすんでるんだろう?
小林多喜二も泣き笑いだぞ

98 :吾輩は名無しである:04/05/01 16:31
age

99 :吾輩は名無しである:04/05/01 20:41
「いいもの喰って、いい家に住んでる」ってことは素晴らしいことだと思うが?
そんな香具師こそ、いい小説が書けるような気がするし、そうであるべきだ。
もちろん、これは統計学的な話で、例外もあってしかるべきだが・・・

100 :吾輩は名無しである:04/05/01 20:42
100ゲッツ

101 :吾輩は名無しである:04/05/01 21:23
寺山修司の家出のススメを読んで、実際に家出してみよう!
キミもやくざになれる! >>1


102 :1:04/05/01 23:21
>>101
想像力貧困ですね。

103 :吾輩は名無しである:04/05/02 07:10
貧乏臭い小説は貧乏人が読めばいいだけでは?
俺は無理して前衛だがなfff

104 :吾輩は名無しである:04/05/02 13:22
>>102
何で想像力貧困なんだよ

105 :吾輩は名無しである:04/05/02 15:37
>>104
やばいよw
1はきっとヤクザだよ

106 :吾輩は名無しである:04/05/04 01:50
>>94
著作に関する権利を放棄するという態度については具体的に評価されてないようです。
これは意図的ですか?

107 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:26
ぼくはおなにーしている中一からはじまったかな。どこでやりかたをおぼえたのだろう。
エロ本ではなくて、普通の雑誌だったかな。忘れたよ。とにかく、その本に載っていた
ピストン運動の図解が衝撃的だった。ちんこがほんとにピストンみたいな形をしていたからだ。

108 :吾輩は名無しである:04/05/04 18:30
age

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)