2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済・企業小説を語りませんか?

1 :無名草子さん:03/08/27 06:40
いかがでしょう。

2 :無名草子さん:03/08/27 06:46
ん?

3 :貸本しかないだろ!:03/08/27 06:52
どうせ読むなら、
清水一行の「小説兜町(しま)」とか
城山三郎の「価格破壊」とか「乗っ取り」
「総会屋錦城」などから読むと良いよ。

4 :無名草子さん:03/08/27 07:17

薄っぺらいけど読みやいから高杉良が好き。

5 :無名草子さん:03/08/27 07:19
金融腐食列島

6 :無名草子さん:03/08/27 18:41
清水一行てダレ?

7 :無名草子さん:03/08/27 19:12
山崎豊子の「沈まぬ太陽」って
企業ものに入りますか?

8 :無名草子さん:03/08/27 20:38
..7
入るっていえば入るけど、入らないっていえば入らない

9 :無名草子さん:03/08/27 21:53
マネー・チェンジャーズ  アーサー・ヘイリー

これが一番おもしろかった。
経済小説は、リアリティが一番とかいう人もいるが、
やっぱり小説である以上、面白いということが重要だと思う。
このマネー・チェンジャーズの面白さを推したい。



10 :無名草子さん:03/08/29 18:45
どうでも良いけど、佐高信は経済小説のことがまったくわかってないね。

11 :無名草子さん:03/08/30 09:28
>>10
機知外だもん

12 :無名草子さん:03/08/31 18:07
経済小説と銘が打たれていても、不況をただの小道具というか味付けに
使っていて、結局はバブルのころの感覚で書かれている小説がおおい。

13 :無名草子さん:03/08/31 18:08
誤爆
と言うかなんでこんなとこに誤爆したんだろ

14 :無名草子さん:03/08/31 18:20
幸田真音とか服部真澄とかは?

15 :無名草子さん:03/09/01 03:57
ザ・ゴールを読めよ

16 :無名草子さん:03/09/01 12:14
マインは真っ当な経済小説で良いね。文書下手だけど。
ハットリは経済小説じゃないね。面白いし文章上手いけど。
ザ・ゴールはハウツーものだね。ツマランかった。

17 :無名草子さん:03/09/02 19:43
作家が不勉強なのが目に付く。
現場を無視したり神聖視したりつまらないものが多い。

18 :無名草子さん:03/09/04 22:12
>>17
そうでもしなけりゃネタにならん。
ただの演出だよ。

19 :無名草子さん:03/09/06 18:52
>>18
演出でも限度が有ってほしいんだが、、、。

20 :無名草子さん:03/09/06 23:30
19にはノンフィクションを勧める

21 :無名草子さん:03/09/09 04:35
マイン後に、ちゃんとした企業小説が出てない。
相変わらず、邦銀ヨイショの莫迦杉良がモテはやされてるし。

ま、作家志望の人の多くがまともなリーマン経験や企業活動なんて
やったことない人ばかりだから、日本では、この分野は意外と穴場かもね。

22 :無名草子さん:03/09/10 22:47
>>21
同意あげ

23 :無名草子さん:03/09/11 04:19
高杉良って、なんで売れてるの?意味分からん。

小説日本興業銀行や一勧合併で、興銀や一勧を褒めまくって、
その都銀が次々と事件を起こして書いたのが「金融腐食列島・呪縛」
これがベストセラーになったが、どこ見ても一勧経営陣のヨイショと
「検察の不当な捜査」というノリしかない。銀行への批判・追及はゼロ。

で、ザ・外資で、馬鹿みたいに外資系をコキ下ろしてるが、結局は
日本の銀行は素晴らしいと言いたいらしい。その日本の銀行は、
どこも経営危機で貸し渋り、貸し剥がしの挙句、税金で救済されてる。

高杉って、もしかしたら単なるヨイショ作家?
業界紙出身って書いてあるから、いわゆる「取り屋」か?

山崎豊子の爪の垢でも飲ませたい。

24 :無名草子さん:03/09/11 20:30
高杉良を読んでるのは、たいてい駄目リーマン。
自分で仕事をつくって稼げる真実のビジネスマンは読まないし、
ましてや、レベルの高いエンターテインメントに慣れた読者は
見向きもしない。それだけ日本に駄目リーマンが多いってこと。

ほな、さいなら

25 :無名草子さん:03/09/11 23:37
山崎豊子、そんなにいいかな?
『沈まぬ太陽』限りでは、情報量は確かにすごいけど、それ以上のものはあまり感じられなかった。
心理的な描写もありきたりだし、無駄に長いと思う。
それにこの人盗作疑惑あったよね?

26 :無名草子さん:03/09/12 01:55
盗作疑惑はあったし、爪の垢飲ませたいなんて思ったりはしないけど、
まあ結構キライじゃないな。

27 :無名草子さん:03/09/12 04:05
盗作は、『二つの祖国』だっけね。でも、山崎は高杉良より何百倍もマシ。

28 :無名草子さん:03/09/14 21:27
「会社を変える戦略」講談社現代新書
これ面白い。小説じゃないんだが、小説スタイルで最新の経営理論を解説している。
ご一読を。

29 :無名草子さん:03/09/14 21:39
高杉良は『あざやかな退任』しか読んだことなかったから、
逆に高杉良のほうがマシなのかと思ってたよ。
でも、山崎豊子もあれだけの取材力があるなら、
小説にこだわらなくてもいい気がするな。
国民的ベストセラーなんて言われて、
つい期待しすぎちゃったのかもしれないけど。

30 :無名草子さん:03/09/14 22:46
高杉良は、企業を褒めるしか出来ないから、リーマン連中には嬉しいかもね。
まぁ、作家としては山崎の方が圧倒的に上なのは言うまでもないというか
比べるのも変。

31 :無名草子さん:03/09/14 22:58
俺の大学の経済学の教授は、課題に清水一行の小説を指定する
ナイスなおっさんです。


32 :無名草子さん:03/09/15 00:24
高杉良!  かんべんしてくれよ。
・・・どうしょーもないオヤジ作家。

金融腐食列島シリーズの「再生」。めずらしく(・・・かどうか知らない。
それほど読んでない)濡れ場が出てくる。
主人公のオヤジ銀行員が、部下のOLとオフィスラブするんだが、
このシーンが、もー情けないの一言。
主人公のオヤジ、自分ではなーんにも出来ない。
OLから誘ってもらい、OLにホテルに連れてってもらい、OLが自分で服脱いで、
アレもOLがリードしてヤル。・・・ホテトル嬢じゃねー、つーの(笑
読みながら、こんな情けねーオヤジが日本の金融界を支えているのなら、
いっそ日本の銀行は、全て滅んだ方が日本のためじゃないかと思った。

33 :無名草子さん:03/09/15 00:34
赤いダイヤなんかどうだ?絶版だけど。
峰富士子みたいなキャラがでてくる。


34 :無名草子さん:03/09/15 00:38
>>33
おっぱいになんかはさんでるの?

35 :無名草子さん:03/09/15 00:40
>>高杉良は、企業を褒めるしか出来ないから、リーマン連中には嬉しいかもね

別に高杉の肩を持つわけじゃないけど,リーマンを糞みそにこきおろしたら
読む人いなくなるよ 高杉だって,リーマンの限界を知りつつ,
リーマンに頑張って欲しいとおもって書いているんじゃないかい

金融腐食列島は小説としては表現等で凡庸だけど,
おれは読んでよかったと思ったな








36 :無名草子さん:03/09/15 10:58
やっぱ嬉しいんだな。現実を直視する小説こそ、経済小説・企業小説には
必要なんじゃないか?今の日本には特に・・・・・・・

37 :無名草子さん:03/09/15 16:26


38 :無名草子さん:03/09/17 00:14
>>36
まあそれは好き好きということでしょうな。
理想化したのを鵜呑みにするのはアレだけど。
あくまで娯楽小説として考えれば。


前出、服部真澄の「ディール・メイカー」なんかは企業小説といえる?
結構面白かったけど。

39 :無名草子さん:03/09/17 20:41
まいんちゃん、週刊新潮で不動産ファンド関連の連載予定みたいよ。

40 :無名草子さん:03/09/17 20:42
牛島信「株主総会」
おすすめ

41 :無名草子さん:03/09/17 23:18
ポール・アードマン「ゼロクーポン」もおすすめ。

42 :無名草子さん:03/09/18 09:46
>>41
おぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!読んでた人がいたか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはマジでお勧めだな。
文庫で買えるし、アメリカの経済小説のレベルの高さが分かる。
『ゼロクーポンを買い戻せ』じゃなかったっけ?

43 :無名草子さん:03/09/18 10:44
「リスクテイカー」川端 裕人(著)
「マネーロンダリング」橘 玲 (著)
「通貨が堕落するとき」木村 剛 (著)
とか、おもろかたです。

小説でないけど、「家康くんの経済学入門―おカネと貯蓄の神秘をさぐる 」
わかりやすかったです(w





44 :無名草子さん:03/09/18 13:22
希望の国のエクソダスが一番面白い

45 :41:03/09/18 22:13
>42
補足、参楠。原題が「Zero Coupon」だった。
「無法投機」や「暗号名スイス・アカウント」も欧米金融事情が手っ取り早く
分るのでお勧め。

46 :無名草子さん:03/09/19 11:31
>>45
原書読んでるの?

47 :無名草子さん:03/09/19 16:26
架空取引 マイケル・リドパス
債券市場がよくわかる、ストーリーもおもしろい。

48 :41:03/09/19 22:52
>47たんは>42たんでつか?

何だか自分と好みが似ています。おいらも「架空取引」も好きでつ。

49 :42:03/09/20 11:14
>>48
いえ、別の方です。

日本の経済小説に物足りなさを感じたら、やっぱり米モノがいいですな。
「虚栄のかがり火」は、どうも最後のほうがイマイチでしたが・・・・・・。
これは厳密には経済小説ではないけど。

50 :無名草子さん:03/09/20 15:33
日本人作家では・・・・・・・

幸田真音
江上剛
黒木亮

あたりかな。いずれも実業界出身者ばかり。
山崎豊子もいいけど、企業小説だけの作家じゃないし。
東京相和銀行(現東京スター銀行)に勤めてた山田智彦は死んだんだっけ?

他の人たちといえば、高杉良、江波戸哲夫、清水一行、城山三郎・・・・・
どれをとっても、企業ヨイショ作家ばっか。サラリーマン出身じゃない作家が
企業ヨイショしか書けないのは、ネタ元との関係だろうが、
このあたりが日本の企業小説、経済小説作家の層の薄さを物語ってるな。

51 :無名草子さん:03/09/20 23:39
池井戸潤(「果つる底なき」)も某大手都市銀行の出身だけど、ドブ板営業
のことあたりまできちんと書けていたなぁ

松島令の「証券検査官」はノンキャリの検査官の実情が上手く書けていて
いいのだけど、いかんせん、官能描写が多すぎる……


52 :無名草子さん:03/09/21 10:03
>>51
日本の経済小説はなんか濡れ場が異常に多い気がする。
それがないと話にならねえだろうみたいな。
濡れ場の描写がどぎつくて、途中でよく読むのが嫌になる。



53 :無名草子さん:03/09/21 12:13
『三本の矢』だっけ?
旧大蔵省の役人が書いたってやつ。
あれは面白かったなー。


54 :無名草子さん:03/09/21 12:28
結論的にいうと、ビジネス経験のない作家のかいた企業小説は、つまらんってことだな。

55 :無名草子さん:03/09/21 18:34
高杉良は、サラリーマンの俺が読んでもつまらん。
ただ、新幹線や飛行機で何となく読むための本という位置づけでは?
内容はマンガちっくだし、表現も平凡、レトリックもトリックもどんでん返しもない。
予想通りのストーリー展開で、予想通りに結末を迎える。ただ、それだけ。何も残らない。
新大阪や東京駅のゴミ箱からは、高杉の文庫本がたくさん捨てられるそうな。

56 :無名草子さん:03/09/21 20:15
黒木亮と川端裕人は面白いなあ。
幸田真音は、あまりにも嘘ばっかりなので閉口したがそれなりに楽しめた。

経済小説では「インビジブルハート」ラッセル・ロバーツがお奨め。

57 :無名草子さん:03/09/21 22:16
もう、高杉なんて終わったも同然だろ。月刊現代に載ってる高杉の
「ノンフィクション」もどきや「竹中批判」を読んだが、もはや旧時代
(高度経済成長)の化石みたいな発想でしかない。こんな記事を載
せる講談社の編集者のセンスを疑うばかりだ。

やはり、幸田真音 江上剛 黒木亮 あたりが本命では?

58 :無名草子さん:03/09/25 13:23
俺、今まで携帯ショップとか浄水器販売とかのビジネスマン経験が
あるんだけど、このキャリアを生かして小説家になろうと思ってる。

おまいら、どんな経済小説が読みたい?
今なら、まだ無名だからリクエストに応えられるぜ。

59 :無名草子さん:03/09/25 18:11
よく、幸田まいんなんて読めるね。
読んでて赤面しないの?

60 :無名草子さん:03/09/25 23:33
勃起します

61 :無名草子さん:03/09/26 00:06
脱肛しそうです

62 :58:03/09/26 23:10
恥ずかしがらないでリクエストしろ

63 :無名草子さん:03/09/27 15:11
俺が読みたいのは、民間のシンクタンクの話。
偉そうにしてるくせに、如何にアホらしいことをやっているかということを。


64 :58:03/09/27 18:24
>>63
タンクってなんだ?石油会社にはいなかったから分からないぞ

65 :無名草子さん:03/09/28 22:02
>>58
浄水器販売の小説なんか、面白そうだな。
ウラ話たっぷり書いてくれ。

濡れ場も、リアリティ重視で、
「奥さん。奥さんの下半身の蛇口にも、浄水器が必要なんじゃないですか。
ほら、こんなにぐしょ濡れじゃないですか。へっへっへっ・・」
てな感じで頼む。


66 :58:03/09/30 01:52
>>65
ありがとう。
そのシーンは使わせてもらうことにするよ。
後書きに、あなたの提案を取り入れたことは明記するし、サイン本も進呈する。

『浄水器マン 〜 昼下がりの営業』
『愛と野望の浄水器』
『ピンク色した浄水器の陰謀』

あたりがタイトルかなぁ。創作意欲が沸いてきたよ。

67 :無名草子さん:03/10/02 15:59
人気ないな

68 :無名草子さん:03/10/04 02:24
http://www.zakzak.co.jp/top/top1003_1_20.html

「竹中留任は亡国の道だ!」高杉良氏が酷評
「米国の手先」で日本国民は不幸になる


竹中平蔵氏の留任に対し、「亡国の選択」と批判する高杉良氏
 『竹中不況』に警鐘を鳴らす経済小説の第一人者、高杉良氏が、あす4日発売の
月刊誌『現代』11月号で、『竹中平蔵留任は亡国の選択である』と題する論文を
発表する。日本経済の危うい舵(かじ)取りを続ける竹中氏を「米国の手先」と
改めて批判し、日銀OBの木村剛氏の新銀行構想も一刀両断。
みずほフィナンシャルグループ(FG)の前田晃伸社長にも面会し、
直接辞任を迫ったというのだ。



69 :無名草子さん:03/10/04 06:58
高杉はもういらないよ

70 :無名草子さん:03/10/08 10:53
山崎豊子の沈まぬ太陽とか不毛地帯

71 :無名草子さん:03/10/09 20:11
じゃ、政治家にもなれっつーの高杉は。

72 :無名草子さん:03/10/10 03:04
一言でいうと、高杉は馬鹿

73 :無名草子さん:03/10/10 03:34
>>63
山形浩生のインタビューを読んだことがあるけど、バブル期は山形も、地方のリゾート・
テーマパークのプランニングとか、相当に怪しい仕事をしてたみたいだぞw

ところで山形は都市工学専攻か。大学の工学部の人間も、そのテの商売につ
いては露骨なところがあるみたいだな・・・地方のトンデモ開発のブレーン
が、有名大の教授だったりする。
税金で喰ってる国公立の人間が、国土を破壊していいのか? と考えてみたりしてw

74 :無名草子さん:03/10/21 11:39
ホント人気ないのね...ここ(´・ω・`)

75 :無名草子さん:03/10/23 08:34
2chはガキの遊び場だからな

76 :無名草子さん:03/10/23 11:21
↑自覚症状のないガキはけーん!!

77 :無名草子さん:03/10/24 07:09
高杉良人気ないな。確かに当たり外れ大きいが。
漏れには「破滅への疾走」が面白かった。
金融物はどうも漏れのツボには入ってこない。

女の登場人物が揃いも揃って類型的なのは諦めた。

78 :無名草子さん:03/11/01 00:22
   _
   /〜ヽ
  (。・-・) プリン
   ゚し-J゚




79 :無名草子さん:03/11/02 12:07
何で橘の『マネーロンダリング』が無いんだ?

80 :無名草子さん:03/11/03 03:09
いまライブで、おまんこなめなめしている。
ちょっとしょっぱい

81 :無名草子さん:03/11/03 03:23
>>80
それはチンコだね

82 :無名草子さん:03/11/03 20:05
じゃあ、漏れのチンコな。

83 :無名草子さん:03/11/04 13:48
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その8●●● http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html
84 名前: ○○○ 投稿日: 02/01/31 01:15 ID:l3fSW81R
>>78
たぶん、君が書いている通りだよ。確信犯だ。テレ朝が、俺の電話を盗聴
したネタを使っているのは、ずいぶん前から確認している。俺だって、メディアに
ネタを提供するために生きて行くつもりはない。ついでに書くが、フジの「恋のちから」
をチラッと見たが、盗聴からヒントを得ている。盗聴は盗聴。いいかげんにしろ。

87 名前: 86 投稿日: 02/01/31 04:04 ID:7TpZZIy4
>>84
調べ直したが、「恋のチカラ」はデザイナーの話だね。
その番組には俺のネタも多数含まれているよ。
主役の「藤子」も読みは「ふじこ」ではなく「とうこ」で、
去年のHNK大河ドラマ「北条時宗」の水軍の娘と同じ発音だね。

>>55
>人によっては「脅迫」すら感じとるようだ。
デザイナーの話の「恋のチカラ」が始まったのは2002年1月10日だが、
その次の日の1月11日に「グラフィックデザイン第一人者 田中一光氏死去」というニュースがあった。
死因は急性心不全で、死亡は偶然だろうけど、その日(2002/01/11)夜のTV朝日「トリック2」は
「毎年1月11日になると誰かが死ぬ」という話だった。


84 :無名草子さん:03/11/08 23:08
小説じゃないんだが、「タイタン」読みたいね。
例のロックフェラーの評伝だ。上下二巻でそれぞれ二段組み600ページの、
大作なんだけど、分厚くて重いんでこのまま買って読む気がしない。
日経さん、文庫で出してくれよ(笑

それにしても思うんだが、ロックフェラーとカーネギーの評伝て無いね。
ロックフェラーは「タイタン」があるが、未だカーネギーの評伝は
見たことが無い。
誰か知らんかね?

85 :無名草子さん:03/11/09 01:57
前に外資証券に勤めてる奴と話したとき外資証券とかの勝ち組が
読んでめちゃくちゃ面白いのが「三本の矢」とかだそうだ。
反対に社内のリストラリーマンが読んでめちゃくちゃ泣けるのが
高杉良だそうだ。

86 :無名草子さん:03/11/09 04:01
経済・企業小説じゅなくて「政治小説」が読みたい!

何かお薦めありやせんか?

87 :無名草子さん:03/11/09 04:14
>>85
高杉良読んで泣いてるようなリーマンにだけはなりたくないな。

88 :無名草子さん:03/11/09 05:10
>>86
まさに『三本の矢』じゃねーの?あれは経済小説というより政治小説だ。

>>87
高杉良は結局、旧興銀が好きで好きでたまらないんだな。
自分の息子が旧興銀という雑誌の記事もあったし。最近はちょっとデンパっぽい。


89 :無名草子さん:03/11/09 06:26
>>88
高杉は、過去に興銀、一勧ヨイショして、辻褄合わなくなってるんだろ。
だから、無理やり日本の銀行を褒め称えて外資叩き。アホ丸出し。

90 :無名草子さん:03/11/10 23:15
もう高杉なんてどうでもいい。以後、高杉ネタは放置で

91 :無名草子さん:03/11/10 23:43
黒木亮っていうのもアマゾンのレビュー見ると萎えるよ。
どの小説も発売と同時に絶賛レビューの嵐で、ちょっとでもマイナス評価が
入ると徹底的に「参考になりましたか→いいえ」攻撃。

編集者か本人か知らんがありゃ露骨すぎ。あれ見て買うのやめた。

92 :無名草子さん:03/11/11 05:35
amazonのレビューなんて見てるヤツがいたのか・・・・

93 :無名草子さん:03/11/11 15:59
そういや黒木亮ってマイナーな割にこのスレにもよく名前が出てるな

94 :無名草子さん:03/11/11 16:39
>>92
「三本の矢」についてもかなり批判的なレビューがあるな。
でも本当に「銀行株が下がっているという描写で、信用金庫や信用組合の株が
下がっていると書いてあ」ったり「預金が引き出されて債務超過になる」なんて
いう記述があるとしたら、ただのDQN本だと思うが・・・。

95 :無名草子さん:03/11/12 11:37
黒木亮・・・ニヤニヤ

96 :無名草子さん:03/11/12 11:47
黒木亮=アマゾン王=書評・評価者数/売り上げ(推定1位)

97 :無名草子さん:03/11/12 23:08
>>94
ほんとに、「信金、信組の株が下がる」とか書いてあるのかよ!

98 :無名草子さん:03/11/13 00:12
黒木亮の商社マンセーも鼻に付くけどな。
日本の投資銀行業務は商社が担ってきたとか言われてもなあ。

99 :無名草子さん:03/11/13 01:37
高杉良の息子は興銀

100 :無名草子さん:03/11/13 10:09
>>98
商社は投資銀行業務というより援助利権を牛耳ってきただけだわな。
だから、今、どこの商社も倒産寸前。今頃、脱皮を図ろうとしても無理。
日本の投資銀行業務は、良かれ悪しかれ興銀と野村だろ。外資には勝てんが。

101 :無名草子さん:03/11/13 10:24
>99
通報しますた

102 :無名草子さん:03/11/13 10:41
>>101
どこに?なにを?

103 :無名草子さん:03/11/13 12:14
幸田真音(元外資債権ディーラー)>>>黒木亮(商社の自称投資銀行家)

104 :無名草子さん:03/11/13 18:53
>103
通報しますた


105 :無名草子さん:03/11/13 20:16
黒木が降臨したようです。イジって遊びましょう

106 :無名草子さん:03/11/13 20:33
先生がお嫌いな作家名がこのスレ読むとよくわかります。
先生、お勧めの経済小説家は誰ですか? 黒木ですか。
日本で投資銀行に強いのはどこですか? 商社ですか。

107 :無名草子さん:03/11/13 20:37
先生、僕の知り合いのリーマンのMDが、先生のことを、
「あいつ単なる馬鹿だよ」と言ってました。先生の反論を聞かせてください。

108 :無名草子さん:03/11/13 20:46
>>106

>>50

>日本人作家では・・・・・・・

>幸田真音
>江上剛
>黒木亮

>>56
>黒木亮と川端裕人は面白いなあ。

>>57
>やはり、幸田真音 江上剛 黒木亮 あたりが本命では?

黒木先生、あまり売れてない割に2chやアマゾンじゃ大人気です!!

109 :無名草子さん:03/11/13 21:39
ひまなんだね。作家って。

110 :無名草子さん:03/11/13 22:08
アマゾンの書評を見てきました(内容は工作だらけだから
読みもしないけど)。
黒木先生の初版本に対する書評が、幸田マイン先生の
ベストセラーを上回っていました。それも幸田先生のは
くそみそに叩いた書評が多いのに、黒木先生のは絶賛の
オンパレードでした。
たまに黒木先生の作品を批判した書評には恐ろしい数の
「参考にならなかった」攻撃がされていました。
黒木先生が密かに人気作家だということを初めて知りました。
なのになぜ増刷されないのか疑問に思いました。

111 :無名草子さん:03/11/13 23:58
ちなみに、マインは債券セールスじゃないの?

112 :無名草子さん:03/11/14 02:40
マインはセクレタリーだったという説もある。
当時のバンカーズ・トラストだからDQN集団で、
セクレタリーからディーラーに転じることができたとか。
(よっぽど白人のボスに気に入られたんだろうがw)

真偽知ってる人、教えてくれ。

113 :無名草子さん:03/11/14 02:47
>>112
もいもい、いくらなんでもセクレタリーからディーラーに転ずることは出来んだろw

114 :無名草子さん:03/11/14 02:51
黒木は高杉におべんちゃら使ってデビューしたって感じだな。
一応、元本職らしくアイバンカーの噂には強いみたいだが、
それを適当に煮込んで不味い料理のまま汚く皿に盛られても
食えたもんじゃないよ。

115 :無名草子さん:03/11/14 13:27
>>112
最初はセクレタリで、その後内債ディーラーを経て外債セールスみたいね。
彼女がディーラーになったころ(80年から90年くらいかな)は、日本の
金融機関マンセーのころで、米証券も人材が不足してたんでしょう。

116 :無名草子さん:03/11/14 17:47
>>115
当時の外資、特にBTなんて邦銀で落ちこぼれた奴らの掃きだめ
だったのだろう。あるいは上司にうまく取り入ったか。

マインは自分が京都女子大卒だということも隠しまくってる

京都女子大じゃセクレタリ上がりってことがばれるからだろうね。

117 :無名草子さん:03/11/14 17:54
みんなキッツイなぁw

118 :無名草子さん:03/11/14 20:08
しかし、外人にモテそうな顔じゃないけどな。
日本人の中年親父にはかわいがられそうなタイプだが。

119 :無名草子さん:03/11/14 22:00
たしかに。マインたんの八重洲とか日本橋丸善のサイン会はドメの中年オヤヂ
ばっかりだ。この前も特大花束持って並んでいるヤシが何人もいた。

120 :無名草子さん:03/11/15 14:15
黒木先生はマインたんのことはお嫌いみたいですが、
他に自分を並び称された江上先生のことはどうお思いですか?

121 :無名草子さん:03/11/16 02:21
黒木、江上、マイソ・・・・・・揃いも揃って文章ど下手だな

122 :無名草子さん:03/11/19 17:44
高杉良「小説ザ・ゼネコン」、高嶋哲夫「虚構金融」これから読みます。

123 :無名草子さん:03/11/20 05:32
黒木先生のご降臨がばれてからレスが伸びなくなったなw

>>121
江上はまだ多少マシ。他の二人は救いがない。特にマイン。

124 :無名草子さん:03/11/20 10:03
黒木の好き嫌いがよくわかるスレだ。自分以外の経済小説家はほとんど嫌いみたいだが。

125 :無名草子さん:03/11/20 23:24
このスレ読んでて思うのは。
なぜか大御所の作家の名前が出てこないこと。

アーサー・ヘイリーとか、城山三郎、清水一行。
もう、このへんの人たちは読まれないのかね。

126 :無名草子さん:03/11/21 00:59
清水一行は濡れ場が鼻に付くしなあ。
城山三郎は産業政策、官僚大好きってのが鼻に付くしなあ。

やっぱ黒木亮でしょ。

127 :無名草子さん:03/11/21 11:00
>>125
だって前半戦は黒木亮が半分近くレスしてたんだもん。
アマゾンであれだけ激しく活動してる奴は2chにも当然現れるだろ。

128 :無名草子さん:03/11/21 11:09
>>123
江上の文章こそ最悪だろ。人物描写じゃマインが最悪だが。
黒木っていうのは読んだこともない。

129 :無名草子さん:03/11/22 12:08
>>128
黒木を読まない人間が、このスレに参加する資格は無いって何度言ったら分かる?

130 :無名草子さん:03/11/22 18:53
ネット王者の黒木先生!

アマゾン書評数/売り上げ書籍数 堂々の1位! 圧勝!
アマゾン絶賛書評数/売り上げ書籍数 さらに圧勝!! だんとつ1位!!
本スレ絶賛レス数/売り上げ書籍数 圧勝中の圧勝! 黒木先生以外は手厳しい批判が集中!!

黒木先生、頑張ってください!!

131 :黒木逝ってよし:03/11/22 21:57
おい、このスレ。まさか黒木降臨スレになってるんじゃないだろうな。(W

132 :無名草子さん:03/11/23 01:08
とりあえず黒木良を読んでから経済小説は語るべし。

133 :無名草子さん:03/11/23 01:16
高過ぎ亮なら読みますたが、なにか?

134 :無名草子さん:03/11/23 07:16
>>131
今さら気づくなよ。

>>130
アマゾン見たら黒木すごいな。ほとんど褒め殺しにも見えてくるよ。
このスレでの黒木注目度もすごいが。ていうか、こやつ売れた小説ないだろ。w

135 :無名草子さん:03/11/23 18:44
高杉良が叩かれているこのスレでは聞きにくいのですが、
「青年社長」のような最近の企業の実名立志伝のような
小説を紹介していただけませんでしょうか。

136 :無名草子さん:03/11/24 00:27
>>135
高杉は叩かれてません。無視されてます。

137 :無名草子さん:03/11/24 01:03
高杉には黒木もデビューを後押ししてもらった借りがあるので。
アマゾンでも他ほど叩きまくってません。
ほんとわかりやすいスレだ。w

138 :無名草子さん:03/11/24 04:23
>>135
日本興業銀行は実名だな。

ていうか、黒木を叩く奴は素人。

139 :無名草子さん:03/11/24 14:55
http://breeze.hs.cuc.ac.jp/student/www01/h9910119/

この人ですか??



140 :無名草子さん:03/11/24 15:26
黒木の良さが分からないヤツは時代遅れだな

141 :無名草子さん:03/11/24 23:47
なんてったって黒木はナウいからな

142 :無名草子さん:03/11/25 02:44
黒木先生、ネットでの人気を売り上げに結びつけましょう!!


143 :無名草子さん:03/11/25 05:19
黒木必死だなw

144 :無名草子さん:03/11/25 08:27
ナウなヤングは黒木作品でフィーバーさ。
そうだろ?アーリーバード君。

145 :無名草子さん:03/11/25 12:02
やっぱ日本の投資銀行の雄は商社よ
なにせ商社はナウでイケてる。
仕事もないから小説書くのも余裕でオッケー
ネット対策も商社は万全




146 :無名草子さん:03/11/25 14:48
黒木はバッチグー

147 :無名草子さん:03/11/27 13:43
黒木は粋でイナセで涙もろい

148 :無名草子さん:03/11/27 15:01
amazonの幸田真音の書評から。w

お話の内容は新聞記事を小説風に書いただけ。不良債権の飛ばしや
損失先送り商品の現場での臨場感まなく、ただただ読まされた。
是非作者には、「アジアの隼」を読んで欲しい。宣伝文句に騙された
私がアホだった。



149 :無名草子さん:03/11/27 21:52
このスレで得た有益な知識:黒木は幸田マインと榊投稿がお嫌い

150 :無名草子さん:03/11/28 14:49
うん。黒木先生の知識と取材力には瞠目させられるよな。

151 :無名草子さん:03/11/28 23:44
粗にして野だが卑ではない






152 :無名草子さん:03/11/29 00:16
安田二郎って作家、たしか今、ウワシンにコラム連載してるんだったっけ?
マネーハンター刊行時は結構注目されていたような記憶があるんだけど。

153 :無名草子さん:03/11/29 04:32
>>148
ワラタ。
黒木先生のネット活用術はすごい。
自分を売り込み、ライバルを蹴落とすにはこれくらいやらないと。
経済小説はそういう世界。

154 :無名草子さん:03/11/29 11:12
>>152
バブル期までの兜町事情しか知らない。
バブル崩壊後、外資が席巻した後ととではまるで違うからね。

やっぱ黒木だねw

155 :無名草子さん:03/11/30 01:55
マーケットの最前線で働いてる俺からすれば、評価できるのは黒木と橘のみ。

156 :無名草子さん:03/11/30 04:55
とりあえず黒木は他に1名ほど道連れにしてマンセーする戦略を取ってるようだ。

ただ道連れにしてる奴に比べて黒木は売れてなさすぎ。w
江上、幸田、橘はベストセラー出してるが、黒木は初版本泡沫作家。

アマゾンのマンセー書評の数も黒木より10倍売れてる作家より
多いから黒木のネット人気は本物だなw




157 :無名草子さん:03/11/30 13:38


黒木最高





158 :無名草子さん:03/11/30 16:48
>>156
ワラタ。
初版本を買った数千人がこのスレやamazon書評には妙に集中しているということでしょう。

159 :無名草子さん:03/12/01 10:04
黒木チョーイケてるw

160 :無名草子さん:03/12/01 11:33
たしかにちょっとあのアマゾンはやり過ぎだな。

161 :無名草子さん:03/12/06 09:36
俺は米系投資銀行本社勤務のcool guyだ。
もちろんフロント。今年のインセンティブ・ボーナスは30万ドルを呈示された。
でももう辞めて故郷の島根に帰るつもりだ。
何故かって?
黒木作品を読む方が、実体験より数倍もホットでスティミュラスだってことに気付いたからさ。
とりあえず帰国は来年になる予定だ。
では、Merry Christmas to You ALL!

162 :無名草子さん:03/12/06 12:48
おいおい、amazonの書評見ろよ!
Ryoってcoolだぜ!絶賛だぜ!マインこき下ろしだぜ!
なんでその割に売れないかって?
お前、ウォールストリートやシティじゃベストセラーばく進中よ。
Ryo Kurokiのcool and realなnovel読みたいってdealerたちがバルク買いよ。


163 :無名草子さん:03/12/06 16:04
>>162
おまえ、事情通だな。
確かに奴らは、Kazuo Ishiguroは知らなくてもRyo Kurokiは知ってる。
ここシカゴでも、“Ryoは読んだか?”が挨拶代わりになってるよ。

164 :無名草子さん:03/12/15 09:26
褒め殺し?

165 :無名草子さん:03/12/15 15:04
黒木先生のご降臨が取りざたされ始めてからぜんぜん上がらなくなったなw

黒木先生、これくらいでめげてたらだめだよ。だって日本の投資銀行を引っ張る
商社にお勤めなんでしょう!!
日本の投資銀行のリーダーの商社ってでもリーダーのくせに小説連載したり、
ネット対策をやったり、ずいぶんとお仕事が少ないようで。GSとかリーマンの
奴が羨むよ。(羨まないかw)

166 :無名草子さん:03/12/15 17:56
ここはいつからクロキの板になったんだろう?
そもそも彼の板ってないの?じゃあつくれよーと思うけど。

167 :無名草子さん:03/12/15 18:39
いた・・・・

168 :無名草子さん:03/12/15 20:20
そもそも、ろくに売れてない黒木が、幸田、高杉、榊、橘、あたりの
ベストセラー出した連中以上に話題になっていたのがおかしいのだが。
しかしアマゾン見れば誰もが納得するよ。アマゾン書評数じゃ黒木は
すごい。それもほとんど大絶賛。

169 :無名草子さん:03/12/16 21:13
黒木を話題にしないとレスもつかない厨房がヌカすな

170 :無名草子さん:03/12/22 16:38
ネットの帝王、黒木亮センセイ、万歳!age

171 :無名草子さん:03/12/25 07:32
幸田真音って、素で文章下手だな。。。。。。

172 :無名草子さん:03/12/25 11:14
アマゾンの奴に聞いたことがあるんだが某経済小説家が書評とかで
クレームつけたりで大騒ぎだったんだって。
このスレ読んでよくわかったよ。

173 :無名草子さん:04/01/20 13:02
黒木先生の話が出てからいきなりレス数が減ったなww

頑張れ、黒木先生age!

174 :無名草子さん:04/01/20 14:52
自分を褒めちぎるのはまだ可愛らしいが、ライバルを叩くのは頂けないな。

175 :無名草子さん:04/01/20 22:03
誰だよ、黒木って。話題について行けない。ロムる気もおきない。

176 :無名草子さん:04/01/23 14:15
>>175
黒木亮。初版本作家だが、ネットでは王者。

177 : ◆re0.1MINTs :04/02/19 14:31
最近初めてマインさんの本読んで経済小説好きになりました。
サイン会に行ってみようかなぁ、と思ってるんですが
整理券ってすぐなくなってしまうものでしょうか?
予約分で全部なくなるケースも多々あるんでしょうか?
初めてのことなんでかなり緊張(w
皆さんはよくサイン会に行かれてらっしゃるんですか?

他には黒木さんの本がオススメみたいですね。
今度読んでみようと思います。

178 :無名草子さん:04/02/19 15:08
黒木の自作自演疑惑が持ち上がってから、このスレ全く
上がらなくなったな・・・。

179 :(1/2):04/02/19 16:20
一応、このスレで挙がった作家とそのタイトル

清水一行:「小説兜町」
(作家短評:濡れ場が鼻に付く)

城山三郎:「価格破壊」「乗っ取り」「総会屋錦城」
(作家短評:産業政策、官僚大好きってのが鼻に付く)

山崎豊子:「沈まぬ太陽」
(作家短評:取材力は認めるが、心理描写ありきたり。冗長。)

幸田真音:
(作家短評:真っ当。、人物描写が最悪との声も)

高杉良:「金融腐食列島・呪縛」「破滅への疾走」
(作家短評:「邦銀ヨイショ、検察の不当な捜査」ノリばっかりで薄っぺらい。
      予想通りのストーリー展開で、予想通りに結末を迎える。
      女の登場人物が揃いも揃って類型的)

池井戸潤:「果つる底なき」
(作家短評:ドブ板営業のことあたりまできちんと書けていた)

松島令:「証券検査官」
(作家短評:ノンキャリの検査官の実情が書けていているが、官能描写多すぎ)


180 :(2/2):04/02/19 16:21
服部真澄:「ディール・メイカー」
牛島信:「株主総会」
川端 裕人:「リスクテイカー」
橘 玲:「マネーロンダリング」
木村 剛:「通貨が堕落するとき」 (著)
村上龍:「希望の国のエクソダス」
マイケル・リドパス:「架空取引」 
榊東行「三本の矢」
高嶋哲夫「虚構金融」
アーサー・ヘイリー:「マネー・チェンジャーズ」
ポール・アードマン:「ゼロクーポンを買い戻せ」
ラッセル・ロバーツ:「インビジブルハート」


小説じゃないもの
山本 真司 「会社を変える戦略」講談社現代新書
(小説スタイルで最新の経営理論を解説)

内田 勝晴 「家康くんの経済学入門―おカネと貯蓄の神秘をさぐる 」
エリヤフ・ゴールドラット 「ザ・ゴール」
ロン・チャーナウ 「タイタン」ロックフェラーの評伝

181 :無名草子さん:04/02/19 16:23
作家短評の無い>>180は、タイトルが挙がっただけで
全くといっていいほど語られていないんですが。

182 :無名草子さん:04/02/19 16:31
一応しっかり語られたのは高杉良くらいですか・・・

183 :無名草子さん:04/02/19 18:39
>>179-180
なぜわざわざ黒木亮を外す???
このスレで繰り返し語られたのは黒木亮マンセーでしょう。
はっきり言って、並んで語られた他の作家に比べるとあまりに
マイナーだったことと、アマゾンにおける(売れてる本の数に
比べると)あまりの絶賛評価の多さから、自作自演疑惑が
持ち上がったわけです。その途端、それまで賑わっていたこのスレが
全く上がらなくなったわけです。

184 :無名草子さん:04/02/19 18:51
>>183
もう黒木の話題は飽きた

185 :無名草子さん:04/03/04 12:21
「金融腐食列島」100円で買ったから読んでみようかな

186 :無名草子さん:04/03/04 14:01
自分の小説を絶賛するのはいいが、ライバル作家をけなすのは
よくないな。アマゾンの奴がそう言っていた。
クレームも多かったらしいしあそこではマーク済み。

187 :無名草子さん:04/03/08 00:01
どの作家から読み始めるのが良いのでしょうか

188 :無名草子さん:04/03/08 19:11
石田衣良「波のうえの魔術師」
これも一応経済小説か?読みやすいよ

189 :無名草子さん:04/03/08 19:33
詩的じゃないからつまらない

190 :無名草子さん:04/03/08 20:56
堺屋太一「平成三十年」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/

>いつの時代どこの国でも、世の中の根底にある発想と体制を改革することは難しい。
>すべてが行き詰まり、みんなが苛立ち、改革を唱える。それでも、仕掛けの改良
>(リストラクチャリング)に停まり、発想と体制を変える大改革(レボリューション)
>にはならない。織田信長が歴史の舞台に登場した1570年代もそうだったが、今から十年後
>の2010年代もそうなりそうだ。

191 :無名草子さん:04/03/10 10:27
>>188
ビッグマネーの原作、だっけ?

192 :無名草子さん:04/03/10 20:44



193 :無名草子さん:04/03/10 21:29
堺屋太一「平成三十年」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/

「油断!」    →オイルショックを予測し、的中
「団塊の世代」 →90年代の中高年のリストラ、財政赤字の急拡大などを予測し、的中

・・・そして堺屋氏は、また新たに長期の未来予測を描いた問題小説を放った・・・

――平成三十年(2018年)に一体何が起こるのか?――

194 :無名草子さん:04/03/10 23:08
>>191
そうです。だがドラマの方がおもしろい。

平成三十年・・・畏れながら平成は三十年までもつんだろうか。

195 :無名草子さん:04/03/11 07:20
で、ためになるのはどれなのよ?

196 :無名草子さん:04/03/11 07:37
>193
過去の著作一つのためにわざわざサイト作って応援してんのか。
おもしろい人でつね。

197 :無名草子さん:04/03/11 15:46
堺屋さんは小説よりも評論のほうが評価高いんですよね?

198 :無名草子さん:04/03/15 04:34
黒木亮先生のご降臨がないと盛り上がらないな。

199 :無名草子さん:04/03/16 01:52
佐野眞一「カリスマ」はどうだろうか?小説じゃなくノンフィクションだが。
高過ぎ量より数百倍優れていると思う。

200 :無名草子さん:04/03/16 06:42
>>198
amazonでは相変わらず大絶賛書評が連発してるよ。
批判してる書評への「参考にならない」レスも異様に多いし。

201 :無名草子さん:04/03/16 21:24
今週の東洋経済

緊急インタビュー 孫 正義/ソフトバンク社長
情報流出防止策は極端に過剰にやる!
「そりゃぁ一時的とはいえ加入者数の伸びは減りますよ
パラソル部隊も自粛しているわけですから・・・」

おい!孫ハゲ!日本中のブースは稼動しているぞ!
すぐウソをつくクセはLCRのころから直ってないな!ボケ!

それから東洋経済!なんの検証も無くペテン師の発言を
そのまま掲載するなんて提灯持ち以下の外道だぞ!クズ!

202 :無名草子さん:04/03/17 13:21
「卑劣」 倉橋康介(著)
よみやすくて、おもろかったです。

♪よぉ〜くかんがえよぅお金は大事だよぉ〜


203 :無名草子さん:04/04/22 17:13
 

204 :無名草子さん:04/04/22 19:17
『巨象も踊る』

205 :無名草子さん:04/04/26 16:46
小説以外のものも含んでいるが、とりあえずは紹介。
「預金封鎖(副島隆彦著:祥伝社)」
「マネーロンダリング(橘玲著:幻冬舎)」
「小説地下銀行(車田康明著:新風舎)」
「白昼の死角(高木彬光著:角川文庫)」
「ヤミ金融王−東大生・山崎晃嗣と『光倶楽部事件』(保阪正康著:角川書店)」
他にも色々あるはずだ。

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)