2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

**文庫本に関する本**

1 :無名草子さん:03/09/05 09:33
ちくま文庫から
『新刊! 古本文庫』北原尚彦
が出ました。
文庫について書かれた本について語ろう



2 :無名草子さん:03/09/05 09:38
××文庫解説目録

3 :無名草子さん:03/09/05 09:55
岩波文庫目録の別冊

4 :無名草子さん:03/09/05 10:25
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

5 :無名草子さん:03/09/05 11:27
岩男淳一郎という人の「絶版文庫発掘ノート」がよかった。
けっこう売れたらしく、模倣する企画の本が今でも出たりする。


6 :無名草子さん:03/09/05 16:09
1です。
『絶版文庫発掘ノート』はもう20年以上も前の本です。
先駆的な本ですが、著者の気取った書き方が嫌いでした。
「模倣企画」として同じ青弓社から
『絶版文庫の漁誌学』すずきゆたか
『絶版文庫交響楽』近藤健児
とかも出ました。

7 :無名草子さん:03/09/09 22:56
保守

8 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/09/11 20:35
『新刊!古本文庫』 中々面白かったです。
他にもこう言う本っていっぱいあるんでしょうかねぇ?

9 :無名草子さん:03/09/15 19:25
文庫本は消耗品だと思った方がいい

10 :無名草子さん:03/09/16 05:56
>8
1です。亀レスすみませんです。この本がおもしろかったとのこと、
うれしいな。
ほかに私の知ってるのは6で書いた以外では
近藤健児/田村道美/中島泉『絶版文庫三重奏』
田村道美/近藤健児/瀬戸洋一/中野光夫『絶版文庫四重奏』
田村道美/近藤健児/中野光夫/瀬戸洋一『絶版文庫嬉遊曲』
奥村敏明『文庫博覧会』『文庫パノラマ館』
則枝忠彦『文庫びっくり箱』(以上青弓社)
これらはどれも面白いでしょう。ちょっと傾向が違いますが、
坪内祐三『文庫本を狙え』(晶文社)
司悠司『文庫ハンターの冒険』
門谷建蔵『岩波文庫の赤帯を読む』『岩波文庫の黄帯と青帯を読む』(青弓社)
もあります。ただし最後の門谷建蔵の本は私は大嫌いです。アイドルタレント
の写真を切り取って栞代わりに使うだとか愚にもつかないことをぐだぐだと書く、
白雉爺のたわごとが、岩波文庫に泥を塗りたくったようなDQN本です。

11 :無名草子さん:03/09/16 07:28
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

12 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/09/16 22:50
>>10
へぇー。いっぱいあるんですねぇ。
時間を見つけてちょこっとづつ読んでいきたいと思います。
お勧めしてくれてありがとうございますー。

13 :無名草子さん:03/09/17 11:33
岡崎武志という人の「文庫本雑学ノート」というのもある。
たしか2冊。

14 :無名草子さん:03/09/17 20:35
>>13
1です。岡崎武志『文庫本雑学ノート』『同2冊目』もありましたね。ご指摘ありがとう。
この人、自分で「文庫王」とか名乗ってますが、私に言わせればちょっとあつかましい。
文庫本についてなら奥村敏明か中島泉の博識に比べて、かなり見劣りがするのに。

15 :無名草子さん:03/09/17 21:39
文庫王岡崎って
西荻窪にある興居島屋って古書店がやっている「おに吉古本案内」って
フリーペーパーの変酋長(笑)をやっているおっさんだろ。
んで興居島屋の主人・石丸某はケンカがえらく強い、だなんて
「チンピラのイキがった落書き」みたいな自慢話を店=フリペのヨイショ記事にしている提灯持ち。
ケンカが強い、なんて糞ガキみたいな自慢話をする奴もする奴だが(いくつなんだよ?笑)
それを真に受けて書いて近隣の同業店や池袋リブロなんかに配布するなや。

16 :無名草子さん:03/09/17 22:54
>>5
青弓社のやつじゃよね。

17 :無名草子さん:03/09/17 22:56
>>6
> 『絶版文庫交響楽』近藤健児

これは結構シリーズが出てるよね。
あとは、2chでやたらと評判の悪い北九州の
文庫専門の古本屋の店主とか紀田順一郎とかが
出していた「日本文庫大全」だったかな?もありますね。
この本、件の古本屋の目録をそのまま載せてるっていう
凄いトンデモ本だけど。


18 :無名草子さん:03/09/18 00:13
文庫王岡崎って
西荻窪にある興居島屋って古書店がやっている「おに吉古本案内」って
フリーペーパーの変酋長(笑)をやっているおっさんだろ。
んで興居島屋の主人・石丸某はケンカがえらく強い、だなんて
「チンピラのイキがった落書き」みたいな自慢話を店=フリペのヨイショ記事にしている提灯持ち。
ケンカが強い、なんて糞ガキみたいな自慢話をする奴もする奴だが(いくつなんだよ?笑)
それを真に受けて書いて近隣の同業店や池袋リブロなんかに配布するなや。

19 :無名草子さん:03/09/18 06:15
>>15
自称文庫王岡崎程度の男が朝日の読書欄でコラムを書いてること自体が信じられん。
そんなに人材難なのか? おそらくこの男がコネと提灯持ちで渡り歩き続けた果てのことと思うが。
古本の雑文とかだけで飯食おうと思うと、そうでもせにゃならんのだろかね。

20 :無名草子さん:03/09/18 07:45
ただいま連載中の岡崎小コラム(朝日・夕)、
ありゃひどいね。四コママンガ以下。
「おに吉」(荻窪・西荻窪・吉祥寺の頭文字の合成)も
第二号は出ないだろ。
子供の使いじゃないんだよ。

21 :無名草子さん:03/09/18 11:25
>>17
そういえば『ニッポン文庫大全』というのもありましたね。後ろのほうの目録ですが、
あれは過去に売った本のリストなんだそうで、その時点で北九州の某店にある本ではないそうな。
全く無意味とは言わないが、各社文庫本の目録をまず載せて販売実績価格を書いたほうが有益に決まってる。
2Chで某店主が評判悪いとのことですが、あの人は唯我独尊だからだね、きっと。
今ではクズ同様の過剰在庫の本を抱えて、従業員に現金収入も与えず、開店以来の
上限価格1280円の壁もプライドと一緒にかなぐり捨てて、相場以上の値をつけて、
やっぱり売れずに困窮しているとか…。
この前この店に行った友人は、「最期を見届けた気分だった」といっていた。
合掌。

22 :無名草子さん:03/09/19 21:46
1です。
>>15 >>20
「おに吉古本案内」というのがあるんですか。地方在住のため知りませんでした。
岡崎武志お得意の均一本や新書の話かな。
>>17 >>21
ありましたね、『ニッポン文庫大全』。私もあの本の中で重宝しているのは、北九州某店主以外の
人が書いた文章です(w)。たとえば春陽堂文庫考とリスト、横溝文庫の収集記とかですね。
そういえばこの本の中にあった「文庫で世界の名作を読む」という文章が、増補修正されたのが
近藤健児『絶版文庫交響楽』でした。こんな本が出るといいなと思っていたら、出ましたからうれしかった
記憶があります。

23 :無名草子さん:03/09/28 05:52
岩波文庫の赤を読むみたいな本あったけど
とんでもない糞だったな

24 :無名草子さん:03/10/03 22:15
>>23
1も言ってるけど、いくら素人が書いたといってもあれほどのクソ本は珍しい。
出版社ではちゃんと中身を呼んで編集会議してるのか?

文庫に関する本じゃないけど、最近tomita.netの掲示板がにぎやかしいな。
あそこに出てくるQとかいうおっさんも、相当にヘン。日本語に不自由なのか?
あんたはもしかして門谷建蔵か?と聞きたい。

25 :24:03/10/03 22:17
呼んで→読んで。
スマソ。

26 :無名草子さん:03/10/28 19:06
>>1 頑張って上げろよ。消えちまうぞ。

新書本に関する本とかはないのかな…。


27 :無名草子さん:03/12/23 23:07
ではage

28 :無名草子さん:03/12/23 23:53
「岩波文庫の赤帯を読む」がボロクソのけなされようだな(w
おれは図書館で借りて読んだけどボールペンで添削してやったよ。ウソダケドネ
確かヘミングウェイが好きじゃねーとほざいてたが、その理由が片腹痛かった。

29 :無名草子さん:04/02/03 20:44


30 :無名草子さん:04/02/27 08:42
新潮新書『関西赤貧古本道』を書いた山本善行に言いたい。
あんたの文章は中身もスタイルも何一つ旧友の自称文庫王岡崎の
ものと変わらない。中身にくだらないことが多いことはさておき、
いい年してこんなに没個性で恥ずかしくないか?


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)