2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

屁理屈抜きで一番おもしろかった本(小説以外)

1 :無名草子さん:03/09/17 08:51
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1052886053/l50
勝手に姉妹スレです

小説以外の本でおもしろかった本を上げてください

2 :無名草子さん:03/09/17 08:53
∇初代1の言葉
作品の評価はともかく(←ココ重要)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたがいままでで、一番時間を忘れ夢中で一気に読んでしまったような本を教えてください。
一番といっても、複数あってもかまいません。

∇書きこみ時のルール
【題名】
【著者名】
【出版社】(文庫と単行本の区別はできるだけ付けて下さい)
(感想・推薦文)

これを守りましょう。 (全く守られてないけど、集計人しやすいように守ろう)
これを書いていないものは無効票ということにします。
既出でも、最低限。題名と著者名は書くようお願いします。
出版社はGoogleやネット本屋で調べれば大抵出てくると思います。
それでも分からない場合は「不明」と書いて下さい。


3 :無名草子さん:03/09/17 10:39
【題名】パリ左岸のピアノ工房
【著者名】 T.E.カーハート著 村松潔訳
【出版社】新潮社(新潮クレスト・ブックス)

ピアノ購入がきっかけで出会うことになる個性的な人物と筆者との
やりとりが面白い。
翻訳が非常に優秀。



4 :無名草子さん:03/09/17 13:43
【題名】ものぐさ精神分析
【著者名】岸田秀
【出版社】中公文庫
色々なところであげられているので読んでみた
最初の日本は精神分裂病とか意外なことが書いてあって面白かった

5 :無名草子さん:03/09/17 13:55
【題名】JAPAN UNDERGROUND〈2〉
【著者名】内山英明
【出版社】アスペクト
日本の地下に広がる空間を写した写真集
まるで未来世界のような光景ばかり広がる地下世界は
想像したこともないような光景だった

6 :無名草子さん:03/09/18 04:17
【題名】大江戸死体考
【著者名】 氏家 幹人
【出版社】平凡社新書

刀剣試し切りを家業にしていた、山田浅衛門の仕事っぷりと江戸時代の検死マニュアル。
クダラン知識を増やす快感とグロ趣味がお好きな同志にお勧め。

7 :無名草子さん:03/09/18 08:13
森達也の本すべて。

A撮影日誌(角川文庫)
職業欄はエスパー(角川文庫)
放送禁止歌(光文社知恵の森文庫)
世界はもっと豊かで、人はもっと優しい(晶文社)
ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー(角川書店)

どれも凄いよ。面白いとかそんな範疇ではなく、
マジに人生観やモノの見方が変わる本だと思う。

8 :無名草子さん:03/09/20 15:53
age

9 :無名草子さん:03/09/20 19:12
評判の良い森達也の本を俺が読みたくないのは
氏がインタビューで語る話や信条があまりにうすっぺらすぎて
「本当にこの人が書いた本が凄いんだろうか」と疑ってしまうため

ノンフィクションなんだから
そんなことだけで判断しきれない部分はあるだろうけどね

10 :無名草子さん:03/09/22 19:40
とりあえずこのスレ見て「パリ左側の」と「ものぐさ精神分析」
と「A」買ってきました 面白いのを期待

11 ::03/09/24 21:09
ぜひ感想書いて下さい

12 :10:03/09/26 15:57
ものぐさ精神分析読みました
かなり気持ちが楽になった感じいきなり大当たりでした
物の見方が変わります
>>3さんお薦めの「パリの」読みますから3さんは「ものぐさ精神分析」
読んで感想書いてくれませんか?

13 :荻野目洋子萌え:03/09/28 23:20
【題名】ももの缶詰
【著者名】さくらももこ
【出版社】-
ベストセラーだしね。続編出すごとにおもしろくなくなっていったが、
この本は最強だろう。


14 :荻野目洋子萌え:03/09/28 23:21
【題名】日本原論
【著者名】爆笑問題
【出版社】-
彼らの漫才をそのまま文章にしたものだから、爆笑が好きな人なら
大受けのハズ。
序章の文章は国語の問題に出したい程。
これほどの名文は読んだことが無いって冗談抜きで思う。

15 :荻野目洋子萌え:03/09/28 23:21
【題名】アホでマヌケなアメリカ白人
【著者名】マイケル・ムーア
【出版社】柏書房
映画「ボーリングフォーコロバイン」がスマッシュヒットとなり、カンヌだっけ?で
特別賞をとったマイケルムーアのベストセラー著書。
訳がヒドイけど、このヒトのブラックユーモアっていうのかな?
毒舌は好き。アメリカの汚い部分を読みやすく書いてるよ。

16 :荻野目洋子萌え:03/09/28 23:21
【題名】リンダリンダラバーソウル
【著者名】大槻ケンジ
【出版社】メディアファクトリー
この本は、バンドブームを知ってる人限定だね。
ジュンスカ、筋肉少女隊、ブルーハーツ、たま、から
最近「プロジェクトX」で有名な田口トモロヲ、若き日のミスチル桜井・・・
いろんな人が出てきておもしろい

17 :無名草子さん:03/10/04 17:26
重複スレが立てられたのであげとく

18 :無名草子さん:03/10/05 21:56
リンダりんダラバーソウルって読んでないなあ

19 :無名草子さん:03/10/08 07:14
保守

20 :無名草子さん:03/10/09 00:39
20

21 :無名草子さん:03/10/09 09:58
age

【題 名】暗号解読 〜ロゼッタストーンから量子暗号まで〜
【著者名】サイモン・シン(訳:青木薫)
【出版社】新潮社

暗号を作る者、その暗号を解読する者の静かながらエキサイティングするバトル。


【題 名】フェルマーの最終定理
【著者名】サイモン・シン(訳:青木薫)
【出版社】新潮社

「x^n + y^n = z^n  n≧3 の整数の場合、x,y,zに整数解は存在しない」のアレ。
難しい数学理論を最小限にして、なおかつおもしろさを保つ
著者(及び訳者)の技量はすばらしい。

22 :無名草子さん:03/10/12 21:17
【題名】私説博物誌
【著者名】筒井康隆
【出版社】新潮社
最近はやりの「へぇーへぇーへぇー的雑学」を山藤画伯の挿し絵
とともにいかがでしょうか。
 軽い気持ちで読めますよ。




23 :無名草子さん:03/10/14 17:27
【題名】みんなこどもだった。
【著者名】土橋周平
【出版社】日本文学館

無名作家の本の中では、あたりの本だった。
最初はつまんねーって思ってよんでたけど、こんな人もいるんだな…
世間って広いなって思った一冊。引き込まれてしまった。


24 :無名草子さん:03/10/31 16:03


25 :恩知 はじめ:03/10/31 16:41
【題名】沈まぬ太陽
【著者名】山崎 豊子
【出版社】新潮文庫(1)〜(5)
かの有名な御巣鷹山での飛行機墜落事故を題材に
その航空会社の社員であり、主人公でもある恩知
はじめのすさまじい人生や人間の弱さ、汚さなど
が描かれていて、自分自身と比べてみてもそんな
に違いはないんじゃないの?疑いながら読んでい
たらあっという間に読み終えてしまいました。


26 :無名草子さん:03/11/11 19:34
【題名】 セックス障害者たち
【著者名】バクシーシ山下
【出版社】幻冬舎
AV監督のバクシーシ山下が自作を解説していく本ですが、はっきり言って
笑えます。ちょっと壊れた人ばかり使ってますので撮影現場でトンチンカンな
事ばかり起こってて電車の中で読んでて笑いを堪えるのに苦労しました。


27 :無名草子さん:03/11/16 22:22
ここのすれ

28 :無名草子さん:03/11/18 14:38
お、『ここのすれ』がやっとでましたか。
稀少本なのでここに上げてよいか悩んでいました。
小部数の発行だったし、出版元のアルメ社がつぶれてしまったしで、もう日の目をみないものと諦めていました。
数年前、神田の赤報堂に置かれていたのを見ましたが、犯罪的といってよい値つけがされていたので驚いた記憶があります。
作者のAHさんがあのようなことをされなかったらと残念でなりません。
前非を悔い、更正されて戻ってくることを祈ります。

29 :無名草子さん:03/11/18 16:43
すべったようだネ

30 :無名草子さん:03/11/18 17:04
テヘヘ

31 :無名草子さん:03/11/18 17:21
悲しい

32 :無名草子さん:03/11/18 17:39
あのさあ、例えつまんなくてもさ、笑ってやるのが優しさだと思うんだよね。
笑ってやれよ、みんな。>28 だって好きでつまんないこと言ってるんじゃな
いんだぜ。みんなのこと思えばこそ、座をなごませようとして、冗談を言っ
たんだしさ。これでまったく受けなかったら >28 の心の傷になっちゃうかも
よ。だから笑ってやろうよ。笑おうと思えば笑えるはずだよ。 >28のことを
心配しているなら笑えるはずだよ。無理にでも笑おうよ

33 :無名草子さん:03/11/18 18:19
うわははは

34 :無名草子さん:03/11/18 20:29
落合博満。『コーチング』『プロフェッショナル』




35 :無名草子さん:03/11/19 01:11
>>28
ガハハハ

36 :無名草子さん:03/11/19 02:45
【題名】不逞者
【著者名】宮崎 学
【出版社】幻冬舎アウトロー文庫

表舞台では語られなかったカリスマの魅力を通して昭和史の裏側が描かれている。

37 :無名草子さん:03/11/19 03:40
【題名】永仁の壺  -偽作の顛末-
【著者名】松井 覚進
【出版社】講談社

昭和の陶芸史最大のスキャンダル、永仁の壺偽作事件の真相を追う。
名陶工として既に名をなしていた加藤唐九郎は、どのような動機で贋作を作ったのか?
それを重要文化財に認定した文部技官、小山富士夫の運命は?


38 :無名草子さん:03/11/19 17:00
>>36
コレ面白かったっす。893と愚連隊の違いをやっと把握出来ました。

39 :無名草子さん:03/11/20 19:42
age

40 :無名草子さん:03/12/07 05:06
                   

41 :無名草子さん:03/12/07 17:23
【題名】 銀の三角
【著者名】 萩尾望都
【出版社】小学館

これは挙げていいんだろうか…。
世界のほころび調律(調整)者の話…かな。


42 :無名草子さん:04/01/06 23:37
漫画を持ってきたら板違いだろうな

43 :もえっちょ君 ◆AIo1qlmVDI :04/01/07 04:58
【題名】深夜特急
【著者名】沢木耕太郎
【出版社】新潮文庫

旅行記はこれしか読んでないんで、読み比べることは出来ないけど、
このジャンルに全く興味が無かった自分でも、素直に楽しめた作品。
色んなエピソードがあるし、海外の話なので、単純に視野が広くなった気になる。
特にカジノの話は読んでて楽しい。

44 :無名草子さん:04/01/14 01:00
【題名】タイ怪人紀行
【著者名】ゲッツ板谷
【出版社】角川文庫

元、パチンコ必勝ガイドの「金角」。怪人紀行シリーズは読んどけ!
インテリ女性向きかも。こいつは才能あるよ。



45 :無名草子さん:04/01/21 00:43
【題名】そして、奇跡は起こった! ーシャクルトン隊全員生還ー
【出版社】評論社

図書館でまちがって借りた。まちがって読み出したら、止まらなくなった。
南極探検の話だが、写真がすごい。
おまいらも読んでくれ。

46 :無名草子さん:04/01/22 02:26
『フェルマーの最終定理』読みました。
凄く面白かった。文系でも十分読めました。
こういうのでアルゴリズムの面白い本とか知りませんか?
このスレ好きなので頑張ってください。
私のオススメは

【題名】CPUの創りかた
【著者名】渡波 郁
【出版社】毎日コミュニケーションズ
CPUというブラックボックスの中身が少し分かったようになる本
内容は難しいけど文章は読みやすいのでガンガン進んでいける

47 :無名草子さん:04/01/22 02:26
【題名】上海の西、デリーの東
【著者名】素樹文生
【出版社】新潮文庫

旅行記本はけっこう読んだけど、これが今のところ一番面白かったかな。
深夜特急を読んで面白いと感じた人にはお勧め。
基本的には落ち着いた文章を書く人なんだけど、
ところどころにストレートに笑える表現があったりして飽きが来ない。

48 :無名草子さん:04/02/08 19:26
age

49 :綿矢りさ萌え ◆JR7xCuj28Q :04/02/19 00:27
【題名】  プロレス 至近距離の真実 〜レフリーだけが知っている表と裏〜
【著者名】 ミスター高橋
【出版社】 講談社α文庫
【評価】  ★★★★★

この本は、プロレスが好きだった人限定だね。
好きじゃなくても昔ゴールデンタイムで猪木を見ていた30代や、長州の必殺技を答えられる
人ぐらいなら十分楽しめる。
この人は後に暴露本を書くのだが、この本はギリギリのところで暴露本になっていない。
しかし外人係をやっていた人なので、タイガージェットシンがとても紳士な人だったとか、
ハルクホーガン、アンドレ、ブロディなどの本当の素顔を教えてくれる。
その当時、ガチンコなら誰が一番強かったのかもきっちり書いてあって、興味深い。
2日で読んでしまった

50 :綿矢りさ萌え ◆JR7xCuj28Q :04/02/19 00:28
【題名】  流血の魔術 最強の演技 〜すべてのプロレスはショーである〜
【著者名】 ミスター高橋
【出版社】 講談社α文庫
【評価】  ★★★★

ベストセラーになったらしい、いわゆる暴露本。
でも、プロレスが八百長であることは、馬場の16文キックを見せられた世代としては
中学生でも分かっていたことなので、特に衝撃はない。
プロレスファンでも今さら驚くような内容ではないが、細かいことは分からなかったわけで
ヘー、ヘーなるほどなーって感じでこれも2日で読んじゃった。
この人は、猪木を平気で批判できる人なので、そこらへんは凄ーくおもしろい。


51 :パウロ ◆.O.Q.n.6.6 :04/03/10 13:50
【題名】  女盗賊プーラン
【著者名】 プーラン・デヴィ/著 武者圭子/訳
【出版社】 草思社
チョト前に話題になった本です。
たまたま知り合いの家にあったので軽い気持ちで借りました。
上下巻一気にいけました。読んだ後もしばらく頭から離れませんでした。

52 :無名草子さん:04/03/10 14:07
【題名】二十歳のころ
【著者名】立花隆編
【出版社】新潮社

いろんな人の人生体験談みたいなのをまとめたような。少し人選が
偏ってる気もするが、話の中に人生のヒントがいっぱい詰め込まれてる。
人生唐草模様。

53 :無名草子さん:04/05/05 18:01
【題名】東京アンダーグラウンド
【著者名】ロバート・ホワイティング
【出版社】角川文庫

メインは胡散臭いイタリア系アメリカ人の半生。
これにやくざや政治家等が絡む、戦後日本での話だ。
面白かったよ。

54 :無名草子さん:04/05/06 02:04
あげ

55 :無名草子さん:04/05/06 03:52
【題名】かなり気がかりな日本語
【著者名】野口恵子
【出版社】集英社新書

最近は結構いろんな文章指南の本が出ていますが、どれも似たりよったり
だと思うんです。でも、この本は若者の言葉遣いの分析や、いろんな視点から
考察された内容がすごく斬新で面白かったです。

56 :無名草子さん:04/05/06 12:03
【題名】活字狂想曲
【著者名】倉阪鬼一郎
【出版社】時事通信社、幻冬舎文庫

著者は社会不適合者を自認する怪奇作家。
性に合わないながらも、11年間勤めた印刷会社での不合理な日常と私憤を、
ユーモア溢れる文体で綴るエッセイ。つーか、抱腹絶倒の書!
なんか、このヒトの生き方に憧れてしまった漏れ。
小谷野敦だか宮崎哲弥だかも、この本どっかで絶賛してた。
平日の昼間っからこの板にいるような香具師は必ず共感するハズ。


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)