2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

続・死ぬほどつまらなかった本は?

1 :金返せ!:04/02/15 21:20
スレタイ通り。

みんなが金と時間を無駄にしないためにも、
またあなた自身の精神衛生上の健康のためにも、
下らなかった本を挙げ晒せ!

まづは『バトル・ロワイヤル』。
深作と言う天才のおかげで売れただけの作品。
映画の原作にだけは最適。しかしマンガ小説。

(参考)
一方的兄弟スレ
【屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説は?Part5】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1067601771/


2 :無名草子さん:04/02/15 21:32
2?

3 :無名草子さん:04/02/16 00:17
いちおう前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1061103206/l50

4 :無名草子さん:04/02/16 12:23
>>1さん

おつです

5 :無名草子さん:04/02/16 20:22
太宰は駄目でした。
欝になる・・・チクショウ

6 :無名草子さん:04/02/17 00:57
「タイムスリップ・コンビナート」
どうして芥川賞なのか?!

7 :無名草子さん:04/02/17 02:38
あ、前スレ終わったんだ。別に前スレと>>1の文同じにせんでも
いいような気もするけど乙。

貫井徳郎「崩れる」
短編集。全部先が読めた。どっかで見たような話の詰め合わせ。
著者の得意げなあとがきが白けた。

8 :無名草子さん:04/02/17 04:19
元・阪神タイガース ランディ・バース著「バースの日記。」
ほんとにただの日記 なぜかその日使ったお金が使いみちまで細かく書いてある
書いてない日も多い 

9 :無名草子さん:04/02/17 04:21
バリわろた

10 :無名草子さん:04/02/17 06:16
クライブ・カッスラーのダークピットシリーズ。
なんか面白そうなんで、「古代ローマ船の航跡をたどれ」(上下巻)と
「スターバック号を奪還せよ」を買ったんだが、読むのがすげー苦痛だった。
訳者が悪いのかもしれんが文章が読み辛いし、話も冒険小説なのに退屈だし
主人公のダークピットにも全く感情移入できなかった。
でもこのシリーズたくさん出てるって事は人気あるんだよな・・・

11 :無名草子さん:04/02/17 08:57
サンクチュアリ出版の高橋歩の本

12 :無名草子さん:04/02/17 11:36
○りたい背中

インストールの方が面白かった。

13 :無名草子さん:04/02/17 16:08
世界の中心で(ry

14 :無名草子さん:04/02/17 23:25
>>12
最初は面白かったんだけどね・・・

15 :無名草子さん:04/02/18 17:38
船戸与一の本全部

16 :無名草子さん:04/02/18 20:06
「インストール」を最近読んだんだが・・・・
エロ知識が豊富な小学生って嫌すぎ。DQN
芥川賞の底が見えたな。しかも、ありきたりにネットネタだし。
2ちゃんえるやっていれば、騙りとかは常識だし。
作者はショタ決定だな。

17 :無名草子さん:04/02/18 20:55
>>15
一票。

18 :綿矢りさ雄:04/02/19 18:17
>>16
あら、私は2ちゃんねらーよ?

19 :無名草子さん:04/02/20 23:53
前スレで、一番の話題となっていた「リアル鬼ごっこ」を
ブックオフで100円で見かけたので迷わず買いました。
ここまで話題になるほどのものはやっぱり目を通しておきたいですからね。
まだ読んでませんが、楽しみです。

20 :無名草子さん:04/02/21 00:18
蹴りたい背中
ハッ。ていうスタンス。オオカナダモ?(苦笑)

蛇にピアス
文が下手で堪えられませんですた

21 :無名草子さん:04/02/21 00:47
渡部昇一 人間らしさの構造:評価42
会田雄次 合理主義:評価:47


22 :無名草子さん:04/02/21 01:51
ライ麦畑でつかまえては糞

23 :無名草子さん:04/02/21 03:57
石田伊良と伊坂幸太郎
評論家たちが褒める作品は読まないようにすることに決めました

24 ::04/02/21 04:08
2004年度の最低クズ本
3位『蹴りたい背中』
2位『蹴りたい背中』
1位『蹴りたい背中』

25 :無名草子さん:04/02/21 05:03
世界の中心で〜。最悪つまんね

26 :無名草子さん:04/02/21 05:14
『蹴りたい背中』はまだ分かるが『蛇にピアス』は何故選ばれたのだ?
>19
『リアル鬼ごっこ』は普通に面白いが、それ以降の作品は微妙かも・・・。

27 :無名草子さん:04/02/21 14:59
>>21渡部昇一、「知的生活の方法」はよかったんだけどね・・・

28 :無名草子さん:04/02/21 16:27
>23
『4TEEN』は普通に面白かったけどな…。
ちなみに石田「衣」良ね。「伊」ではなくて。

29 :無名草子さん:04/02/21 21:03
永遠の仔。
最後まで読んだが、瀕死だった。

30 :無名草子さん:04/02/22 12:19
『蹴りたい背中』
『インストール』
『蛇にピアス』
いい加減にしろよ……審査員までグズ揃いに思えてくるぞ。

31 :無名草子さん:04/02/22 20:31
だから、村上龍は記者会見で必死に言葉をさがしてたんだ。
同席した、京極夏彦なんか渋い顔だったし





32 :無名草子さん:04/02/22 20:41
ちんぽの食べ方、面白かったぞ

33 :無名草子さん:04/02/22 21:46
今回の芥川賞は作品より選評がおもしろかった。
特にドラゴン先生必死だな

34 :無名草子さん:04/02/22 22:10
「半落ち」

犯人の空白の一日を解明しなければ警察の不祥事になる?
アホか…現実の不祥事のレベルを考えろよ…

全部読んだあと、床に叩きつけました。

35 :撃沈:04/02/22 22:27
世界の中心〜(T□T){はぅぅぅっ
あまりの表現力の下手さと、泣けない内容…←これに泣けたよ!!
ま、皆そう思ってまつね(*^皿^*)

36 :無名草子さん:04/02/22 23:41
「石の来歴」とかを読むと「さすが芥川賞。私にはとてもこんな文章は
書けない」
となるが
「蹴りたい・・」「蛇」を読むと「これなら私も芥川賞?」
と勘違いし、古い原稿用紙をひっぱりだす作家断念組続出の悪寒

37 :無名草子さん:04/02/23 09:39
「タイムスリップコンビナート」
こんなもんありがたがって読む人間にだけはなりたくない

38 :無名草子さん:04/02/23 10:20
フローベール『感情教育』
作品のテーマが「純然たる曇りなき退屈」であったのなら神の仕上がりだが。

39 :無名草子さん:04/02/23 10:23
「ブリジット・ジョーンズの日記」
3行以上読めなかった。

40 :無名草子さん:04/02/23 11:09
「フェネガンズウエーク」10回 音読した奴は神。

41 :無名草子さん:04/02/23 18:06
「燃えあがる緑の木」(大江健三郎)
意味が分からん。途中で投げ出した。もう少し読書力つけてから読もう・・・

「世界の中心で愛をさけぶ」(片山恭一)
恐らく漏れの人生で読んだ本の中でワースト3に入るであろう糞本。買わなくてよかった。

「ほの暗い水の底から」(鈴木光司)
怖くない。表紙にだまされますた。


42 :無名草子さん:04/02/23 22:05
石原慎太郎は「蛇にピアス」に否定的だったな。
「蹴りたい背中」なんて選んでもないし

43 :無名草子さん:04/02/24 00:55
セニュリータ伊東「淫乱人妻クリトリス満員痴漢電車」

44 :無名草子さん:04/02/24 01:01
ガイシュツだが、ワースト1は
「世界の中心で、愛を叫ぶ」
恋愛小説スレで薦められてたので、定価で買っちまったw
主人公が病院からアキ(だっけ?彼女)を連れ出さなければ
ああいう結果にはならなかったのでは?

45 :無名草子さん:04/02/24 18:10
>>44
創作にたら、ればをいっても仕方ない気がするけど・・・
糞なのは確かだな

46 :無名草子さん:04/02/28 12:58
age

47 :無名草子さん:04/02/28 13:05
辻一なり
「海峡の光」

48 :無名草子さん:04/02/28 13:18
「海峡の光」は良かったと思うけどな。


49 :無名草子さん:04/02/28 14:20
>>48
うむ。でもちょっとカコつけすぎのかんもあったような気がしたが・・

50 :無名草子さん:04/02/29 00:04
このスレで大評判の「世界の中心で、愛を叫ぶ」は三年前の遺物だというのに
朝のテレビで六位になってたぞ!


51 :無名草子さん:04/02/29 00:12
>>50
映画の公開が近付いてきたから、バーターでは?

52 :無名草子さん:04/02/29 00:12
>>42
自分だってろくなもん書いてないじゃん。
芥川賞取った時、古株の作家から酷評されたしな。
近親憎悪ですか?(プ

53 :無名草子さん:04/02/29 01:13
既出だが「蛇にピアス」は強烈につまらない。
これは作風というか、作品の世界観を軽蔑しているわけじゃないし
作者の人柄を嫌ってというわけでなく、純粋にひどいよ・・これ。
何を評価して賞を与えたのだろう


54 :無名草子さん:04/02/29 03:28
アルジャーノン

55 :無名草子さん:04/02/29 04:29
世界の中心で愛を叫んだもの 
エリスン
受賞:ヒューゴ賞、ネビュラ賞



はよかった。

56 :無名草子さん:04/03/01 09:19
56げと

57 :無名草子さん:04/03/01 10:47
>世界の中心で愛を叫んだもの

それも便乗本ですか?

58 :無名草子さん:04/03/01 10:52

ドストエフスキーの罪と閥
冷静と情熱のあいだ、のほうが恋愛を描くのがうまい。ドストは大した事ないな

59 :無名草子さん:04/03/01 11:03
>>57
つ、釣られないぞ

60 :無名草子さん:04/03/01 11:43
おなじく「世界の中心で愛をさけぶ」片山恭一に一票。
話題になりたてのころに買って、「ふざけんじゃねえ!」と
床にたたきつけた。昔の作家で子どもが本を踏むかまたぐか
したのを目撃したとき激しく叱責したというエピソードがあった気がするが、
その昔の大作家だって、この本なら踏んでも怒らないと思う。


61 :無名草子さん:04/03/01 14:46
リセットボタン 伊藤たかみ

62 :無名草子さん:04/03/01 23:21
「弟切草」「彼岸花」「寄生木」「死人花」長坂秀佳

なんでこんな文才ない糞が小説家やってるわけ?
ただのオナニー小説としか思えん。
文章の半分以上は会話文だし、ホラー書くくせに描写もろくにできねえなら
マンガの原作かゲームやドラマのシナリオやってろ。

63 :無名草子さん:04/03/01 23:29
俺の小説も半分会話だよ。だから生き生きしてるんだ☆

62一手よし

64 :無名草子さん:04/03/01 23:37
「キャッチャー・イン・ザ・ライ」
村上春樹がダメなのかサリンジャーがつまらないのかどっちだろう?
ちなみに「ライ麦畑でつかまえて」は読んでない。

65 :無名草子さん:04/03/01 23:45
大江健三郎の「われらの時代」つまらない。くどい。神経質。

66 :無名草子さん:04/03/01 23:46
「蹴りたい背中」に一票。
あれは今だけ流行する作品。
時代を越えて残る普遍性はもっていない。

67 :無名草子さん:04/03/01 23:48
三島由紀男の「潮騒」

なにこれ、紀行文エッセーでしゅか。。。ブクオフに埋葬します

68 :無名草子さん:04/03/01 23:49
>>63
あれのつまらなさは、そんな「会話文が多い」というだけで語られるようなものではない。
読めば分かると思うが、酷すぎ。「彼岸花」しか読んでないけど愕然とした。
ラストあたりの展開。なんじゃありゃ。つまんないよ。ホントに。

69 :63:04/03/01 23:52
よし明日立ち読みしてみよう☆ 「彼岸花」な

70 :無名草子さん:04/03/01 23:56
保坂和志

「この人の閾」

睡眠薬みたい

71 :無名草子さん:04/03/02 00:09
>70
それはそれで使い道があっていいね。
ドリエル他いらず。

レスだけなのでsage

72 :無名草子さん:04/03/02 00:12
ホラーは謎が解けるから面白いのに、長坂の弟切草三部作のうち
とくに彼岸花は(゚Д゚)ハァって感じ。ま、弟切草も寄生木も悲惨だが。
ゲームの弟切草が面白かったからといって、このシリーズを絶対に買ってはいけない。

73 :無名草子さん:04/03/02 15:33
ダニエル・スティールの小説の殆ど全て

74 :無名草子さん:04/03/02 15:34
>>64
村上春樹の訳は読んでないけど、
ライ麦畑でつかまえては読み進めるにつれて
良くなってきた。
まあ、慣れるまではつまらなかったけど。

75 :無名草子さん:04/03/02 16:07
黄色い部屋の秘密

76 :無名草子さん:04/03/04 07:53
鴎外「ヰタ・セクスアリス」
つまらなかった

77 :無名草子さん:04/03/04 14:36
馳星周「クラッシュ」
薬とオンナとケンカしか出てこない。
対象は厨房か工房か。
もうこの作家読まない、懲りた。

78 :無名草子さん:04/03/04 22:04
カラマーゾフの兄弟とか昔の小説は全部面白いの?


79 :無名草子さん:04/03/04 22:21
官能小説が芥川賞W受賞した

このことは後世に語り継がれるのは「間違いない!」

80 :無名草子さん:04/03/04 22:39
ハリー・ポッターと賢者の石

作者=J.K.ローリング
出版=静山社
値段=1,900\
採点=40/100

ハリー・ポッターという平凡ないじめられっこが、魔法使いとして生活する話。

内容は最悪。いかにもありがちな話の代表作。三流子供向けアニメの典型のような話が、ただ延々と続くだけ。少なくとも、大人が読むことに耐えられ
る話では ない。また、子供に対しても、やはり おすすめできない。こんな平凡な日常生活をまったりダラダラ書いたような話よりも、もっと おもしろ
い冒険話やミステリー小説が山ほどあるからだ。こんなクソ小説を読んで本を嫌いになるくらいなら、もっと夢や冒険や愛やロマンの詰まった話を読ん
だほうが良い。

本自体も異様に重くて大きい。電車で読めるような大きさでは ない。この本が役に立つのは、漬物石が見つからない時だけだ。


81 :無名草子さん:04/03/05 14:46
大人が読むに耐えられないのは同意だが、子供は読んでもいいだろう。
アホみたいなテレビばかり見てるよりは、よほどマシ。

82 :無名草子さん:04/03/05 15:04
隋唐演義

講談社 安能 務

読みづらい上に話がやたらズルズルと続いていく
田中芳樹の方を買えばよかった

83 :無名草子さん:04/03/05 16:26
不夜城

もう在り来たりすぎてやんなっちゃった。

84 :無名草子さん:04/03/05 17:37
>>80
流行本としてチェックした奴が多いけど、
あれ児童書だから

85 :無名草子さん:04/03/05 18:09
でも帯に「大人でも楽しめる」と書いてあるのだから、大人がよんだ場合の批評を受けるのは当然。


86 :無名草子さん:04/03/05 21:30
ここ10年くらいの芥川受賞作品

87 :無名草子さん:04/03/06 03:39
なんと言っても「リアル鬼ごっこ」山田悠介
産まれて初めて読み終わった後、怒りを覚えた。
こんなもん、本にするな〜!と。

88 :無名草子さん:04/03/06 07:03
佐藤正午「Y」 帯に『究極のラヴ・ストーリー』『各雑誌、新聞等の書評で絶賛の嵐』とあったので買ってしまった…。 誰が絶賛したんだ?金返せっ

89 :無名草子さん:04/03/06 08:44
>>87
1ページ目で気づけよ

90 :無名草子さん:04/03/06 10:21
「そんなバカな!」竹内久美子

確かにそんなバカな!ってな内容でした

91 :無名草子さん:04/03/06 13:17
川端康成。
だって・・・。

92 :無名草子さん:04/03/06 16:19
「点と線」松本清張

なんか強引すぎ、不自然すぎ。偶然が多すぎる。
無駄がないから、何でもなさそうなことを書いてると
絶対に後でキーポイントになるんだなってわかってしまう。
行動にしても有り得るって話だけで、実際そんなことするかよって
突っ込みたくなるところもあった。
理論上は可能ってことばっかり。

93 :無名草子さん:04/03/06 19:38
>92
発売当時に読めばまた違ったのかもね

94 :無名草子さん:04/03/06 19:59
恩田陸 ドミノ

くそすぎる

95 :無名草子さん:04/03/06 21:56
ドミノはおもろいやろ

96 :無名草子さん:04/03/06 22:34
古臭いしかっこわるい。読んでるだけで恥

97 :無名草子さん:04/03/06 23:21
正史三国志

98 :無名草子さん:04/03/07 09:35
>>92
ただあの作品はいままで日本になかったアリバイ崩しを題材にした推理小説という
新ジャンルを確立した点では偉大だと思う。

99 :無名草子さん:04/03/08 16:09
チンシュンシンの諸葛孔明

100 :無名草子さん:04/03/08 16:18
100

101 :無名草子さん:04/03/08 16:19
町田康の夫婦茶碗。目がつかれる。

102 :無名草子さん:04/03/08 18:59
>>101
夫婦茶碗は名作ですよ。

103 :無名草子さん:04/03/08 21:43
面白くない理由ってなんなんだろ。
結局自分の感性なり価値観にそぐわなければ、名作と呼ばれるものも
つまんなくなってしまんだろうな。

104 :無名草子さん:04/03/08 22:05
町田康の夫婦茶碗。目がつかれる。

105 :無名草子さん:04/03/08 22:22
前田英樹『倫理の力』講談社現代新書

「なぜ人を殺してはいけないのか」論議がブームの頃
出版された便乗本のひとつ。くそつまんねー


106 :無名草子さん:04/03/08 22:25
岩月謙司『女は男のどこを見ているか』ちくま新書

斎藤美奈子曰く「めまいを起こしそうな本」。
すごいよ、この本は。

筑摩書房に苦情のメールを送りたい勢い。金と時間返せ

107 :無名草子さん:04/03/08 23:26
正史三国志は学者が論文を書くとき読むような本。いわば精米前の米。
中国文学者あたりが読みやすくまとめた本を読まなければ絶対につまらんはず。

108 :無名草子さん:04/03/09 20:33
川端康成の雪国。17ページでやめた。あの本のどこが名作なんだやら。


109 :無名草子さん:04/03/09 20:37
堺屋太一「平成三十年」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/

「油断!」(オイルショックを予測し、的中!)
「団塊の世代」(90年代の中高年のリストラ、財政赤字の急拡大などを予測し、的中!)

・・・そして堺屋氏は、また新たに長期の未来予測を描いた問題小説を放った!

――平成三十年(2018年)に一体何が起こるのか?――

110 :無名草子さん:04/03/09 20:40
 死ぬほどつまらん本って最後まで読んでないから、実際は何とも言えない
私です。
 死ぬほどつまらんだろうと思っていて意外と面白かったのは「康熙字典」。
中国人の友人のお父さんに見せてもらったんだけど、全部漢字だったから(当たり前だが)
適度に分かって、かなり興味深かった。(スレ違いスマソ)

111 :無名草子さん:04/03/09 20:43
今、思い出したけど、80年代の「国際化」関係の本は、つまらんかった。
誰も彼も国際化、国連・・・その後の「グローバリズム」関係よりはマシだろうが、
グロバ関係の本は読んでもいないから分からんw

112 :無名草子さん:04/03/11 19:40
ノルウェイの森
主人公キモイ。直子うざい。現実味がない。

113 :無名草子さん:04/03/15 17:57
脳内革命
脳内革命2

買ってはいけない
買ってはいけない2

114 :無名草子さん:04/03/15 18:15
Deeplove。

友達に勧められて、読んだが時間の無駄だった。

115 :無名草子さん:04/03/15 22:13
大江健三郎「われらの時代」くどい長い、いらつく。

116 :無名草子さん:04/03/19 23:24
>>88
佐藤正午、昔読んだけどほんとにつまらなかった。たぶん永遠の1/2だった
と思う

117 :無名草子さん:04/03/20 09:05
「世界の中心で愛をさけぶ」(片山恭一)
たいしたことない。ただただ気持ちが滅入る小説だった

「Deep Love」(yoshi)
内容自体は面白いけど文章が幼稚な気がした
10代の子向けの本


118 :無名草子さん:04/03/20 11:27
宝島

作者=スティーブンソン
出版=新潮社
採点=0/100

宝島の地図を手に入れた少年が、宝を求めて冒険する話。内容は最悪。すべ
ての文章が冗長で不親切。非日常用語の勢ぞろい。テンポも最悪、ストーリー展開もひどい。しかも、主人公が一人称で話す文章だが、その主人公が誰なのかという説明が無いため、感情移入もクソもない。意味不明。

有名な小説だから読んでみたが、最悪最低のクソ小説だった。時間を返せ、
金返せ。


119 :無名草子さん:04/03/20 12:30
源氏鶏太の本

120 :無名草子さん:04/03/20 13:27
既出だけど「ライ麦畑でつかまえて」 なんで名作って言われてるのか分からない。

121 :無名草子さん:04/03/20 13:38
ry、
             / / }
           _/ノ.. /、
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆


【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

122 :無名草子さん:04/03/20 21:35
高橋克彦「総門谷」

歴史小説は評判良いみたいだけど、俺はこれを最初に読んで、もう読めなくなった。
「炎立つ」とかはましなのかな?
今思えば、清涼院の方がはるかに良かった。

123 :無名草子さん:04/03/20 21:47
家族シネマ

意味わからんかった。

124 :無名草子さん:04/03/21 09:42
らせん・ループ・バースデイ


リングだけで終わらせときゃよかったものを

125 :無名草子さん:04/03/23 17:09
神様のパズル 機本伸司

結局テーマに及び腰。「宇宙の作り方、分かりますか?」って
帯に書いておきながら「やっぱ作れんわ」じゃな。

126 :無名草子さん:04/03/23 21:12
まず村上龍の作品はプロットが平凡で、結末が想像出来るので、
暇つぶしにもならない。とくにブルーはね。
村上春樹はエッセイは面白いのもたまにあるが、小説家としての
文章力は貧弱で、アイディアも寒いし、不必要に観念的なので、ペケ。
代表はノルウェイね。この人の本が売れてることが、日本の出版界のレベルの低さを
象徴してる。


127 :無名草子さん:04/03/24 02:02
「ジャンヌ・ダルク」

テンポ悪っ

128 :無名草子さん:04/03/24 13:42
「フーコーの振り子」 エーコ

面白いって人がいたらどこが面白いのか聞いてみたい。

129 :無名草子さん:04/03/24 14:01
心室細動

ストーリーに盛り上がりもないし引き込まれるものがない

まったく同じ本を、医者以外が出していて、本当に賞が取れたんだろうか・・・。

130 :無名草子さん:04/03/24 14:12
「蹴りたい背中」

冒頭を少しだけ読んだのだが、
これ→(苦笑)が出てきた瞬間一気に読む気が失せた。
全部は読んでいないが確実につまらなさそうだ。

131 :無名草子さん:04/03/24 14:23
スタンス にこっちが苦笑>蹴りたい背中

132 :無名草子さん:04/03/24 14:23
でもつまらなくはない。スケールが小さいだけ>蹴りたい

133 :無名草子さん:04/03/24 16:48
そんなバカな!(竹内久美子)
ユダヤが解ると世界が見えてくる(宇野正美)
脳内革命1・2(春山茂雄)
聖書の暗号(マイケル・ドロズニン)
買ってはいけない(週刊金曜日)

ベストセラーの中にはトンデモ本がイパーイ


134 :無名草子さん:04/03/24 16:51
風の歌を聴け(村上春樹)
とにかくキモイ、つまらない

135 :無名草子さん:04/03/24 17:03
「蛇にピアス」
SMだらマリワナだら読んでるこっちが恥かしくなった


136 :無名草子さん:04/03/24 17:12
浅暮三文の「針」
俺はダメだった、触覚が異常に発達した人間の話。
50ページほどで断念。

137 :無名草子さん:04/03/24 17:27
サンクチュアリ出版の高橋歩の本

138 :無名草子さん:04/03/24 20:46
買ってはいけない
買ってはいけないは買ってはいけない
買ってはいけないpart2
買っていいとも

便乗本がいっぱい

139 :無名草子さん:04/03/25 12:22
ぺん○んしょぼうの、
福音の少年
マジつまらない

140 :無名草子さん :04/03/25 15:32
読んでいてつまらないと途中分かっても、皆さんはとにかく最後までは読むようにはしているんでしょうか?
最近、読書の面白さに気が付き本を読むようになったのですが、上でも話題の「リアル鬼ごっこ」にぶち当たりました。
まだ読みかけで、もう止めて他の本にしようか迷ってまして・・・

141 :無名草子さん:04/03/25 17:10
以前はつまらなくても最後まで読んでいたが、
今はそんな気力はないので
つまらないと感じたら読むのをやめる
無論、その作家は読書リストから削除

142 :無名草子さん:04/03/25 17:27
>>140
今すぐ他の本に変えましょう。
読書嫌いにでもなったら厄介です。

143 :140:04/03/25 17:56
>>141
読書リストからも削除してしまうのですか。
私もこの作家の作品はしばらく手にとれません。
>>142
そうすることにしました。

144 :無名草子さん :04/03/25 19:18
恩田陸 「上と外」(文庫版で全6巻)

とりあえず1巻がうざい。
とある家庭の描写が唐突にですぎで、
しかもその家族みんなが、かっこいい、かわいい、運動神経抜群、さえてる、
って完璧にかきすぎでうざいの通り越して鬱になった。
なんだ? それはオレへのあてつけかと。。。。。

まあでも内容は、マヤ文明なんかの考古学関係で、
途中中だるみはあるけど割と楽しめたかな。。。1巻糞だけど。

145 :無名草子さん:04/03/26 00:07
>>140
亀レスで申し訳ない。
買った本ならとりあえず最後まで読む。
図書館で借りた本なら速攻で返却ポストに投げ込む。(閉館時)

>>144
その本、自分は6巻のラストで萎えた口。
折角盛り上がった所で、いきなり後日談になってんだもん。

146 :無名草子さん:04/03/26 21:03
長塚節著「土」。 ただもう坦々と‥小作民の‥苦しみが‥。

147 :無名草子さん:04/03/27 02:17
死ぬほどではないが、自分が買ったなかでトップクラスの糞本は…
「トンネル」...
(゜Д゜) ハア?? て感じな内容でした。同じ作者の「かげろう日記」は割と面白かったのだが。

148 :無名草子さん:04/03/27 13:29
佐藤正午のジャンプ
最後まで読んだこととこんな本を買ってしまった自分にイライラした。
世界一無駄な時間を過ごしたと思った。

149 :35歳主婦 ◆baeGuFHffI :04/03/27 20:45
日本文学ばかりだね。
つまり日本文学は糞ってことでいい??

私は沢山あるけど一番最近の時間の無駄な読書は
ノーマン・メイラー「鹿の園」とかいうやつ。


150 :無名草子さん:04/03/28 01:13
じゃあ、
「12番目の天使」
も入れとく
最初っから最後まで泣かすための演出がやりすぎ
家族殺して、子供殺して

一番卑怯な方法だよな、大映でもここまでせんぞ。w

151 :無名草子さん:04/03/28 08:45
>>149
それは言いすぎ(w

小林恭二「カブキの日」
悪文で読むのが耐え難い

152 :無名草子さん:04/03/28 15:16
>>149 時代にずれが生じてきたため、致し方ないこと。 倉橋由美子著『聖少女』←も表現法にずれが生じてキてるw。

153 :無名草子さん:04/03/28 17:07
紙の無駄だと思う作家を以下にあげよう。 中上健次 古井由吉 大江健三郎 永井荷風 森博嗣 金井美恵子
大西巨人 三島由紀夫 綾辻なんとか

154 :無名草子さん:04/03/28 17:28
たしかに正しい日本語なんてものはない
TPOは重要だが、そんなことを言ってるからいつまでたっても
旧態依然として
新語 造語の類を許容する現代性にかけるのだよ



ぬるぽ。


155 :無名草子さん:04/03/28 17:35
片山なんとかの「世界の中心で、愛を叫ぶ」
ひと昔前の、青春ドラマみたい。

156 :無名草子さん:04/03/28 17:45
大江健三郎の万延元年のフットボール
ひたすら退屈。たけしがほめてたので読んでみたが
やはり世代間ギャップであろう。受け付けなかった。凄みも感じなかった。

157 :無名草子さん:04/03/28 17:53
比留間久夫の「100%ピュア」
もう売っぱらってしまったので詳細は覚えてないけど
イマドキの若者(注:'94〜95年頃ね)の性行動と病理をなんとなく網羅してみました、的な
安っぽいヒロイズムと自己陶酔に満ちた文体、物語世界のウソ臭さにうんざりした。

買ってから売るまでの期間が、自分の読書歴の中でおそらく最短だったと思う。
心底買わなきゃよかったと思った本、という意味では印象深いけど。

158 :無名草子さん:04/03/30 00:27
比留間久夫は「刑事達の夏」しか読んでないが、
これは時間の無駄だった。
こんなにつまらない刑事物を読んだのは初めてだった。

一作読んでカスだったら、他も推して知るべしなんだろうな。

159 :無名草子さん:04/03/30 07:38
秘密の友人
ダラダラしすぎ。主人公吐きすぎ。

160 :無名草子さん:04/03/30 08:40
>>158
それは作者が違います。
久間十義「刑事たちの夏」

161 :無名草子さん:04/04/02 22:24
ジョイス、全作。分からん。

162 :無名草子さん:04/04/02 22:52
     〃〃 ガッx7
    ___〃  ∧_∧
    |  |  (・∀・ )
   .=|  |==○○=  ヽ
   从|__|イ∩ ヽ  、(⌒)っ
  ( `Д´)/   ヽ_)
      /←>>837


163 :無名草子さん:04/04/02 22:58
馬鹿の壁

164 :無名草子さん:04/04/03 08:15
期待したのに詰まらなかった本

・世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(村上春樹)
・東京デザート物語(林真理子)
・蹴りたい背中(綿谷りさ)
・燃えよ剣(司馬遼太郎)
・鱗姫、デウスの捨て子(嶽本野ばら)
・モモ、果てしない物語(ミヒャエルエンデ)これは幼児向けか…?

もっとあるが今のところこれだけ


165 :無名草子さん:04/04/03 13:48
村上春樹全般。自分に酔いすぎ・・・

トマス・ピンチョンの「重力の虹」
30ページほどで断念。でもこれは、自分の読書力が足りないせいかもな。何年か経ったら読み返してみよう。

166 :無名草子さん:04/04/03 18:24
俺の好きな作家が一度も挙げられてないことに意味もなくホッとした

167 :無名草子さん:04/04/04 01:38
柴咲○ウ絶賛の「世界の中心で 愛を叫ぶ」

168 :無名草子さん:04/04/04 05:25
さんざんガイシュツだけど、やはり「ライ麦畑でつかまえて」
題名のイメージとは正反対の話。名作名作って言われてるから期待して読んだのに
がっかり。なぜこれが名作なのかと小一時間(ry

最近のでは金原。
まあこれは予想通りという感じだけど。

169 :無名草子さん:04/04/05 16:18
村上春樹より村上龍の方が最近ダメポ・・・
「希望の国のエクソダス」とか世間受け狙いすぎ。

170 :無名草子さん:04/04/12 14:35
ミルクから逃げろ
ラブリー・ボーン
ビューティフル・ボーイ
砂の女

171 :無名草子さん:04/04/12 15:17
盛田隆二「夜の果てまで」

172 :無名草子さん:04/04/12 15:28
ラミア虐殺
硝子細工のマトリョーシカ


本ミスとかで絶賛してるひとがいたから読んだけど
もう人間が描けてない云々以前の問題。
トリックだけ書いて一頁で済ませたらいいのに


173 :無名草子さん:04/04/12 15:59
横山「半落ち」

メディアの騒ぎほどではないと思う。


174 :無名草子さん:04/04/12 23:22
鈴木光司「バースディ」
らせんで終わらせておけば良かったのに。
…百歩譲ってループまで許すとしても、
これ読んでホントがっくり。

175 :無名草子さん:04/04/14 01:01
確かに、あの一連のリングシリーズは、
どんどん読者の求めているものから離れていくよな。

176 :無名草子さん:04/04/17 03:02
ニール・スティーブンソンの「スノウ・クラッシュ」ってどこがおもしろいの?
キャラが魅力的だとはおもえないし、ストーリーは進むほどおもしろくないし。
ヒロインのラブストーリーみたいなのはつまんねえし、キャラ同士の因縁も
複線なんてあったのか?みたいな唐突で萎え。

177 :無名草子さん:04/04/19 21:21
村上龍『共生虫』。
久々に龍を読んだけど、いつからこんなにつまらなくなった?
文学的価値は別にしても、昔は、少なくとも、面白くはあったのに。

178 :コリン・タッジ:04/04/19 21:48
平野敬一郎「葬送」(新潮社)
週刊朝日の匿名書評で「この本を途中で投げ出さずに
読む人は存在しないだろう」と書いてあったので、
頑張って読了したものの、苦痛しか残らなかった。

179 :無名草子さん:04/04/22 09:56
キモゥィ・オサーンヌ・ドゥ・ノヴァーラ



エミリー

180 :無名草子さん:04/04/22 11:38
>>179
同じ作者の、
(一瞬誰かとオモタよ

『ツインズ』(続・世界の〜
 →どこかの自称精神系サイト見てる気分に。
  『世界の〜』は好きだったけど。映画はこっ恥ずかしかったが。
『鱗姫』
 →惰性でとりあえず最後まで読み、ラストに激萎え。


181 :無名草子さん:04/04/23 22:48
>>34
カルシウムが足りなくてよ?

182 :無名草子さん:04/04/24 03:51
随分昔の事になるがある人から薦められて読んだ本の名前はもう忘れてしまっ
たけれど確か赤川 次郎だったと記憶している。

なんかこの人の本を読んでみて余りにも物書きの文章にしては技巧が稚拙すぎ
で中途半端な筋展開に生理的に嫌気がさしてきた。(当然今でもうけつけない)



183 :無名草子さん:04/04/24 08:09
我輩は猫である

夏目漱石の作品中、唯一読み終えるのに月単位かかってしまった。
他の作品は好きなのに。

184 :無名草子さん:04/04/24 10:43
>>183
赤川次郎は力入れて書くのは年に数本だからね。
残りは電車の中で読めるような軽いものが多い。

185 :無名草子さん:04/04/24 11:21
俺はどんな本でもそれなりに楽しめるんだけど、さすがに
「リアル鬼ごっこ」にはシビれた。地雷踏んだなーって。

ただし、もし俺が小学校高学年くらいの歳で、そろそろ活字本でも
読んでみっかなぁ、ってところにこの本渡されたら・・・絶賛したと思う。

186 :無名草子さん:04/04/24 13:24
朗読者


187 :無名草子さん:04/04/25 02:39
>>184


188 :無名草子さん:04/04/25 03:19
>リアル鬼ごっこ
そう言えばどっかのスレで、
「あまりにも酷かったから最後の1ページだけ読まずに捨てた」
ってヤツがいたなあ。

189 :無名草子さん:04/04/25 03:37
「世界の〜」は俺的にはかなりつまらなかった。 なんで人気があるのか不思議??

190 :無名草子さん:04/04/25 18:26
>>189
柴崎コウが推薦文書いたからだよ

191 :無名草子さん:04/04/26 00:37
山本 一力 ワシントンハイツの旋風

1000倍希釈エロ小説。
普通のエロ小説呼んだ方が1000倍マシ。

192 :無名草子さん:04/04/26 18:53
松本人志『遺書』
なんで300万も売れたのかわからん
まあ松本すきだけどさ

193 :無名草子さん:04/04/26 23:30
壬生義士伝
テレビ見て買ったからかな・・・

194 :無名草子さん:04/04/28 02:25
>松本人志『遺書』
>なんで300万も売れたのかわからん

同意。あくまで「松本ひとし」の名前で売れただけ。内容は つまらない事が延々と書かれているだけ。


195 :無名草子さん:04/04/28 12:47
辻仁成「ピアニシモ」

196 :無名草子さん:04/04/28 16:32
【ブッシュ犯罪家族】

プレスコット・シェルダン・ブッシュ=ジョージ・W・ブッシュ現大統領の祖父。1918年、スカルアンドボ
ーンズ入会儀式として、アメリカインディアンの戦士ジェロニモの墓から遺骨(頭蓋骨を掘り出して、コ
ネチカット州ニューへヴンのスカルアンドボーンズの本拠地に飾っていたという不気味な疑惑がある。
第二次大戦時代にナチスドイツの軍資金運用の実績があり、それがブッシュ家資産の礎となっているとみ
られている。
プレスコット・ブッシュ・ジュニア=現大統領の叔父。1989年、米国が中国との貿易を禁止していた時期
に、プレスコット・ブッシュ・ジュニアの関係企業は唯一貿易を許され、中国政府への通信衛星の販売に
関与していた。
ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ=大統領の父。ブッシュ父は今日のブッシュファミリーの
犯罪性の礎を築いた重要人物といえる。J・F・ケネディ暗殺時に現場付近に居て、事件直後に当時のFBI長
官フーバーと会談し、暗殺についての真相を隠蔽しているという疑惑。(暗殺当日の1963年11月22日、ジ
ョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュと名乗る人物がFBIヒューストン支局に電話でケネディ暗殺発
生の危険性を通報していたというFBIの記録があるという。)
オクトーバーサプライズ疑惑と、それに連なるイラン・コントラ事件で中心的役割を果たしていた疑惑。
レーガン大統領暗殺未遂に関与していた疑惑。実行犯のヒンクリーはブッシュファミリーと家族ぐるみの
つきあいがあった。
石油ビジネスを通じて、サウジ王族、ビン・ラディンファミリーと深い関係にあった。この関係を重視し
たブッシュ家はCIAを通じてアルカイダ、ビン・ラディンの調査の大部分をストップさせ、多くの警告があ
ったにも関わらず、911テロを未然に防止できなかった。またテロ当日にビン・ラディン兄と会談、テロ直
後に米国内のラディン家族とサウジ王族を密かに本国に送還した事実が確認されている。
http://www.hereinreality.com/familyvalues.html
http://news4florida.tripod.com/index1.html
http://biz.yahoo.com/prnews/040321/nysu007a_1.html


197 :無名草子さん:04/04/28 20:43
ネシャン・サーガ
ベロニカは死ぬことにした
十二番目の天使
マディソングンの橋

198 :無名草子さん:04/04/28 22:50
石丸元章「アフター・スピード」
クスリのノンフィクション系にもかかわらず、非常にぬるぽ
中島らもの本の方が数倍面白い


199 :無名草子さん:04/04/28 23:11

  ( ・∀・). | | ガッ
 と    ) | |
   Y /ノ 人
    / ) <  >__Λ∩
  _/し'  . V`Д´)/
 (_フ彡      /  ←>>198


200 :無名草子さん:04/04/28 23:17
ハリー・ポッター。

子供読めば面白いのか?

201 :無名草子さん:04/04/28 23:18
山本七平「小林秀雄の流儀」

202 :無名草子さん:04/04/28 23:21
>>199
本人降臨?
立派な2ちゃんねらーらしいしw

203 :無名草子さん:04/04/28 23:23
198がぬるぽって言ったからだろ

204 :無名草子さん:04/04/28 23:24
花村萬月 『イグナシオ』
キオスクで買って下車した駅のホームで捨てたYO

205 :無名草子さん:04/04/28 23:28
>>199,203
それで?

206 :無名草子さん:04/04/28 23:29
アッシュベイビー
俺としては落書き?ハッていう(ry

207 :無名草子さん:04/04/28 23:30
>>205
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1081767646/

208 :無名草子さん:04/04/28 23:55
>>177 同じく。引きこもりは社会的希望を拒否しているのかもしれない・・・
「かもしれない」ってw つまんなさすぎ。ドラゴンの最近の小説は映画資金のために書き殴っているのかな?


209 :無名草子さん :04/04/30 07:31
pay day! 山田詠美は好きだけど
作者の名前だけで世に出てきたってー作品、がっかり。

210 :無名草子さん:04/05/01 09:50
インストール、蹴りたい背中。綿矢作品は、私には合わない。まるで国語の教科書を読んでいるみたい。

211 :無名草子さん:04/05/01 09:54
キング「グリーンマイル」 これでおれの小説lifeはおわった。

212 :無名草子さん:04/05/01 13:22
>>210
国語の教科書⇒優等生
優等生と合わない⇒210
210よ前向きに生きろ
他人を羨んでも始まらないぞ。

十把握一からげにされる著者達もかわいそうだ。

213 :無名草子さん:04/05/01 14:39
村上春樹「風の歌を聴け」
構成や文体の盗用ってのは裁きがたいんだね。小狡い作品。
エグニカオリ?全般。おしゃれ感性はもうわかった。
辻仁成「刀」。未読でもわかるぜ。
世界の中心で〜。はた迷惑なタイトルに却下。レジに持って行ける男は偉い。

214 :無名草子さん:04/05/01 17:30
自分は優等生羨んじゃいないけど綿矢作品どこがいいのか分からん。

215 :無名草子さん:04/05/01 18:21
>>213
「風の歌を聴け」ってどこからパクったの?
春樹の中で唯一好きなのでちょっとショックだ。

216 :無名草子さん:04/05/01 19:11
恐い恐いと絶賛されていた「蛇棺葬」「百蛇堂」三津田信三
百蛇堂はなかなかだったけど、その作中作である蛇棺葬の
あまりのつまらなさにビックリした。死ぬほどつまらないとは
まさにこのことなんだろうと思った。

217 :無名草子さん:04/05/01 20:53
『インストール』(わたや作品がわからん・・・)
『蛇にピアス』

『DEEP LOVE』
これは本当に小説か?

218 :無名草子さん:04/05/01 22:10
DEEPLOVEとかLOVESTORYとか世界の中心〜が出てから純愛もんがブームなのか?
上の3つは全部糞

俺的には綿谷も春木も好きなんだけどなぁ

219 :無名草子さん:04/05/02 14:24
そこは感性の違いだろーよ。
俺は春樹信者だが綿谷は……うーん。

220 :無名草子さん:04/05/02 18:26
>>215
パクったというか、文体を真似してるってことかな?
作中でもそのこと出てこなかった?

221 :無名草子さん:04/05/02 20:13
「高慢と偏見」
どこが面白いのかわからん。買った本は全部読むことにしているので
読んだが、よく読み通したものだと思う。

222 :無名草子さん:04/05/02 20:50
さんざん既出だが「リアル鬼ごっこ」。 金返せ。

223 :無名草子さん:04/05/02 22:05
202は198か?ぬるぽ→ガッのお約束知らずに2ちゃんねらー云々言うのも。

224 :無名草子さん:04/05/03 11:06
オトタケくんの五体不満足 単に手足がない珍しさと、明らかに自分より不幸な人間を見て安心する大衆心理で売れただけじゃねぇか。

225 :無名草子さん:04/05/03 14:10
>>224
オトタケ氏って顔がいいから売れたんだと思う。
同じ内容の本を、超絶不細工が出しても、みんな引くだろ。

226 :無名草子さん:04/05/03 14:21
ホーキング青山とか?


227 :無名草子さん:04/05/03 14:49
つまり、みなさんのいう面白い本というのは、わかりやすく、よみやすく、テンポよく、
自分の人生観、価値観と照らし合わせて、共感できる部分が多い小説ということでしょうか?
みなさんからのご意見、ご指摘お待ちしております。

228 :無名草子さん:04/05/03 14:55
宮部のRPG あれクソだわ

229 :無名草子さん:04/05/03 15:17
宮部の小説なんか糞だらけ

230 :無名草子さん:04/05/03 20:15
>>224
でもオトタケ君は被害者ぶらないのがイイ。
2ちゃんでネタにされても笑って済ませてたし。
川田龍平なんか見てみろ・・・あの「僕はかわいそうなんですぅ〜」な態度・・・

231 :無名草子さん:04/05/03 21:40
笑って済ませたのか、男前だな。

一部岩波文庫。
日本語が目茶苦茶で読むに耐えないときがある。
漏れは本の評価に文体の美しさが入ってるんで特に。

232 :無名草子さん:04/05/03 23:25
岩波の訳には結構酷いのが混じってるな。
それからマジでキレそうになったのが「ここの文章には著者の主観が入っているので削除しました」ってやつ。
アレ以来岩波を信用しなくなった。

233 :無名草子さん:04/05/03 23:54
村上春樹の本はだいたい

234 :無名草子さん:04/05/04 00:05
>>232
そいつはひどい。
訳が悪いっていうか、古いのは多いね。


235 :無名草子さん:04/05/04 00:12
ホーキング青山の「笑え!五体不満足」は面白いぞ。2chでもヤバイようなネタが満載。
こんな本を図書館で普通に借りれるのが怖いw。

236 :無名草子さん:04/05/04 00:17
13階段
あのぐだぐだな終わり方はなんとかならんのか?と思った。

237 :無名草子さん:04/05/04 14:10
吉田修一「日曜日たち」
お願い、お金返して!

238 :無名草子さん:04/05/04 14:27
>>236
あれはあれでいいと思う。天国への百マイルはつまらんかった。

239 :238:04/05/04 14:28
天国までの、だな。

240 :印・セイン:04/05/04 14:44
赤川次郎

241 :無名草子さん:04/05/04 17:19
西村京太郎

242 :無名草子さん:04/05/04 17:46
>241
句読点の多さにびっくりした。

243 :無名草子さん:04/05/04 21:32
>>241さん、>>242さん、キョーちゃんのどこが面白くないというのですか?
他のみなさんからのご意見もお待ちしています。

244 :無名草子さん:04/05/04 21:42
西村といい、片山といい。
キョーのつく物書きって…

245 :無名草子さん :04/05/04 23:16
吉田修一「パークライフ」

何も起こらない日常の事を書きたいのだろうが
だから何?って感じでした。


246 :無名草子さん:04/05/04 23:22
桐野夏生「リアルワールド」
ラストがどこにでもあるようなオチでがっかりした。

247 :無名草子さん:04/05/04 23:45
>>243
別につまらないわけじゃないが、本出しすぎで中身が薄いというか・・・
好きな作品もあるけどね。

248 :無名草子さん:04/05/05 00:49
結局、西村京太郎も赤川も大量生産するようになってから、中身がガクッと落ちたんだよね。
宮部も東野も年2,3冊。そのくらいが高品質が保てるということね。

249 :無名草子さん:04/05/05 09:34
仮面ライダー555劇場版のノベライズ

「金返せ!」を通り越して「慰謝料払え!」といいたくなるほど屑だった。


250 :無名草子さん:04/05/05 10:59
リアル鬼ごっこ、世界の中心で愛を叫ぶくらいならわかるが、
大江、綿谷、村上を批判してる奴は文学を語る資格はない

251 :無名草子さん:04/05/05 10:59
神々のプロムナード
鈴木光司は終わったと思った。

252 :無名草子さん:04/05/05 11:15
辻仁成全般

253 :無名草子さん:04/05/05 13:03
「博士の愛した数式」 小川洋子

二十分で立ち読みしたせいかもしれん。


254 :無名草子さん:04/05/05 13:09
>>248
あの2人は大量生産を売りにしてるからそれはそれでいいと思う。

255 :無名草子さん:04/05/05 13:16
物理の教科書

256 :無名草子さん:04/05/05 13:17
蹴りたい背中 芥川賞はこんなもんかあって感じでした。

257 :無名草子さん:04/05/05 13:17
「パラサイト・イヴ」瀬名秀明
「玩具修理者」小林 泰三

でろでろのぐちょぐちょで悪臭だったわ。だけで
ホラーになると思ったら大間違いだと言いたいのだが
どっちも賞とってるんだから世の中わからねえ

258 :無名草子さん:04/05/05 14:21
256>>
蹴りたい背中をきちんと理解した上で言っているのかと小一時間問い詰めたい。
どうせにな川の「にな」の字がカタツムリを連想させるだとか、
鞄を背負ったにな川の影が異様に伸びてたりだとかいう描写は流し読みしかしてないんだろうな。

259 :無名草子さん:04/05/05 14:23
>>252
ECHOSの歌詞はいいのに不思議と受け入れられない。

260 :無名草子さん:04/05/05 14:29
本当の名作を生むような天才じゃないけど 綿矢は一応文才あると思う。
それなりのね。

261 :無名草子さん:04/05/05 14:42
>>258
そもそも流し読みさせる程度の魅力しかない本はその程度ということだ

262 :age:04/05/05 14:52
必見!!
余湖三千雄の半生をつづる名著
「いまある自分を打ちこわせ! 落ちこぼれだから明日がある」
ホームページ

あの名著が、今甦る……
http://www.angelfire.com/ab7/yogomichio


2チャンネラーでヒッキーの藻前ら、感動すんなよ!!


263 :無名草子さん:04/05/05 15:00
261>>
俺は普通に読めたけど。
純文学で魅力を感じるかどうかってのは、どっちかっていうと作者よりは読む方の問題じゃない?

264 :無名草子さん:04/05/05 15:09
話し合うまでもないんじゃないですか、
このスレじたい無理があると思います。


265 :無名草子さん:04/05/05 15:47
ここまででなぜ乙一が一度も出ていないのかとても気になる。
話題性と構成力だけで保ってるが内容がうすっぺらすぎ。
物語で「無駄がない」って逆にマイナスだと思うが。

266 :無名草子さん:04/05/05 15:53
「貧困の思想」中野孝次
読んだ自分を恨みたくなるほど
ほんっっっっっと、つまんなかった!

267 :無名草子さん:04/05/05 16:12
「おもしろホームページ制作・運営・管理マニュアル」かずやん
タイトル通りの内容を期待したら
たまごっちブームに乗ってアクセス稼いだお調子者の自慢話だった
初めて本の内容と買った自分に吐き気がしたな

268 :無名草子さん:04/05/05 17:48
稲中卓球部の秘密


まるで中学生が書いたかのような文章と底の浅い内容

269 :無名草子さん:04/05/05 17:55
文章がしょぼいってのが最近はかなり多いよな。
暴露本とかは特に

270 :無名草子さん:04/05/05 20:32
絶対に、キョーちゃんの悪口だけはいけません。
もし、言ったらオシオキを開始いたします。

271 :無名草子さん:04/05/05 20:42
キョー極夏彦?


272 :無名草子さん:04/05/06 01:33
いた〜いブンガクおたくが来てたようだな
他人がつまらないと思うものにごちゃごちゃ文句を言うなっての
馬鹿じゃねえのw

273 :名無し草子さん:04/05/06 09:57
おまえもそういう言い方はヤメレ

274 :無名草子さん:04/05/06 19:50
まあ万人に好かれる作家なんていないしね。
いろんな人が絶賛する村上春樹とかでも好きじゃない人はいるんだし。


275 :無名草子さん:04/05/06 20:19
なんか2ちゃんでは叩かれてる姿しか見てないんだがw>春樹



276 :名無し草子さん:04/05/07 01:04
2ちゃんには話題性のあるものはなんでも叩こうとするひねくれ者が多いからな

277 :無名草子さん:04/05/07 08:31
真保裕一「奇跡の人」

嫌杉

278 :無名草子さん:04/05/07 09:14
林まりこ
不機嫌な果実

・・・・ただのセフレオンナの話。
渡部ズン一の失楽園と同列に語る「不倫話」ではない。


279 :無名草子さん:04/05/07 09:24
椎名誠のエッセイ。友人が勧めるので読んでみたら…
ただのオヤジの愚痴ばかり。自分のこと棚にあげて若者叩いてどーする

280 :無名草子さん:04/05/07 12:46
「リアル鬼ごっこ」の作者は文才なさすぎ!!

281 :無名草子さん:04/05/07 13:14
うん、リア鬼は真実糞だった。買うんじゃなかった。

282 :無名草子さん:04/05/07 17:09
失礼な! キョーちゃんとは京極氏ではありません。わたしがいうキョーちゃんは、
国民的なベストセラー作家で、長者番付でもおなじみの、神崎京介です。

283 :無名草子さん:04/05/07 17:13
>>182
まぁ赤川次郎は話の構成もさることながら
「人間が描けていない」

284 :無名草子さん:04/05/07 18:33
宮部みゆき「地下街の雨」
田中啓文「異形家の食卓」
あと、「ダレン・シャン」の何が面白いのかが分からない……

285 :無名草子さん:04/05/07 19:57
>>275
叩きかれながらもどこか愛されているのが春樹なのですよw

>>279
椎名誠のエッセイは初期のやつは結構面白いです。
後期のは糞。紙くず。

286 :無名草子さん:04/05/07 20:01
>>279
原田宗典も同じ傾向だったな
初期エッセイは面白いんだが
だんだんオヤジの愚痴ばかりになった

287 :無名草子さん:04/05/07 20:11

 何で、ホスト、ホステス、芸者の本が売れるんだろう。

ますいさくらの男の見分け方シリーズ
祇園の教訓
ホスト零次の女を口説くシリーズ。

全部つまらんかった。

あ!もちろん買う価値ないから図書館で借りたんだけどね

288 :無名草子さん:04/05/07 20:19
結果的に正しかったとしても
買う価値があるか無いかは読み終わるまでわからないと思うが

289 :無名草子さん:04/05/07 20:35
世界の中心で愛を叫ぶ

時間と金返せ。ありゃなんだい?りぼんかよ?

290 :無名草子さん:04/05/09 01:21
>>265
遅レススマソが。
彼は(いい意味で)ラノベからあまり出てきて欲しくない作家。
スニーカー文庫のやつとかジャンプノベルのやつは読めるんだが。

291 :265:04/05/09 13:34
初期作品は俺も嫌いじゃなかった。
でも華歌とか優子あたりから妙に気取った感じを出し始めて、
今じゃもともと持ってた持ち味をすっかり台無しにしてる。

292 :無名草子さん:04/05/09 13:39
門田クソ明


293 :無名草子さん:04/05/09 15:19
>>291
リア鬼の山田悠介の100倍マシ

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)