2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おまえら、今の文芸の流れを認めているのか?

1 :世界物理演歌:03/04/24 21:30
変えようぜ、俺といっしょに。

ここは、俺はこう違うんだ、私は、こうこう、こうして流れを変えるなど、具体的な妄想を語る場です。

2 :名無し物書き@推敲中?:03/04/24 21:31
具体的に今の流れってなによ?

3 :世界物理演歌:03/04/24 21:37
基本的に今の文芸は間違った方向に進んでいるという視点で。
あるいは、たとえ正しくても、さらにその流れを無理やりにでも
変えてしまう、力ある妄想をまっております。

4 :名無し物書き@推敲中?:03/04/24 21:40
どういう点が間違ってると思うの?
あんたの意見をちゃんと聞かせてくれる?>>1


5 :世界物理演歌:03/04/24 21:43
ここは、このような意気込みだけの妄想を持つ能力者がそれぞれに語る場です。

6 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/04/24 21:53
もともと今の文学作品はほとんど読まないからなあ。

けど、大衆文学はとにかく易しく、純文学はとにかく難解になってる感はする。
それは駄目だと思う。

というわけで、ほとんど誰にでも読めてしかも内容の深い文学を俺が書くことにします。

7 :吾輩は名無しである:03/04/24 21:58
きっと何もかもが違う!
何もかもが違う!!
何もかもが違う!!!

夜の街で風が吹くたび、俺達は煙草を吹かし
最後の一本を吸い終えると、帰る金にさえ足りなくなっちまう。
一体何ができる!?
今夜こうして夢見たみたいに、俺は生きていきたい。
だからもっとはやく!もっともっと輝くまで
俺達は走り続けていかなければ。

8 :世界物理演歌:03/04/24 22:08
あまり叫んでは危険だ。
ささやくように、話さなくてはいけない。
我々は能力者だ。
狙われている。
それを忘れてはいけない。
我々だけにカスカーナに聞こえる声で話してくれ。

9 :世界物理演歌:03/04/24 22:27
>>6
なかなかの妄想だが、妄想度は低い。
初期のレベルだ。
だから、君はまだ若いのだろう。
今の君のその能力では、流れを変えることはまだできない。
しかし君の年齢のよってはだが、将来に期待が十分持てる。
その君の妄想に磨きをかけ続けるんだ。

10 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:40
あなたからは伝説のコテの臭いを感じる。
兄貴、ついていきますよ。

11 :名無し物書き@推敲中?:03/04/24 22:44
>1
まず叩き台が欲しいな。
「いや、それは違う」「おれはこう思う」ってのは、
まず叩き台あっての議論だろう。

12 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:47
まずは村上春樹叩きからですか、兄貴。
ヤツさえ消せばこっちのものですぜ。

13 :◆LAIN.UrtZ6 :03/04/25 06:29
兄貴のことを知りたい。

【性別】
【年齢】
【職業】
【趣味】
【星座】
【血液型】
【好きな作家】
【好きな作品】
【嫌いな作家】
【嫌いな作品】

14 :(σ´W`)σレイン ◆LAIN.UrtZ6 :03/04/25 06:29
 

15 :名無し物書き@推敲中?:03/04/25 19:07
2chで議論して何が生まれるんだよ
何か変るのかよ

16 :名無し物書き@推敲中?:03/04/25 19:10
>>15
反鯨運動のきっかけは無名の青年だった、
とか海原雄山も言ってたぞ

17 :世界物理演歌:03/04/26 00:33
我々は心の能力者だ。
誰もが意識ず、普通では伝えることが不可能な領域、
それを言葉に変換して、その力を発揮する。
それには強い自分だけの、他の人間には理解しがたい妄想が必要だ。
変えるんじゃない、
それを聞いた他の者が、いや応なしに変わってしまうんだ。

18 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 00:42
それゆえに、今の現状を良しとする者たちに、危険な存在として狙われる。
さあ、聞かせてくれ、我が息子たちよ。
お前たちの、美声を

19 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 03:38
彼らは、我々を恐れている。
我々が真の能力を発揮することを。
我々は何も恐れる必要なはない。
だが、力が解放されるまでは、我々は弱い存在だ。
彼らに太刀打ちできない。
君たちがまだ未熟なうちに一人で闘って負けない様、
ここで、語え。
君たちは一人ではない。
他の能力者たちの声が、君たちの能力を激しく変化させる。

20 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:24
あーあまじつまんねえな、つかさあラノベオタクの低脳かよ。

21 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:27
おいおい糞たらしてんじゃねーよ低脳。

22 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:31
おまえらのやってる事なんてオナニズムだろ。
程度の低いオナニー。
永遠に現実化・成就しえないオナニー。


23 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:43
対象(リアル)との対立の中にしか幻想や妄念の
根拠を見出せないってのは、おまえらが疎外
されたクズだからだ

仮像を現実に投影し、悦になる馬鹿。

永遠に完結しないオナニーや妄念で内面
を満たしていく馬鹿。

現実との弐項対立で自己幻想・作家死亡を維持しようとするルサンチマン

アングラ糞の便所という監獄で生きる狂人



クビ吊って死ねよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 05:47
まだシュガーいたの?
天才ならよ、こんなとこで弱い者イジメなんかしてねえで、
いいかげん2ちゃんから卒業しろよ。

そして俺の世界まで来い。大井町で待ってるぞ。

25 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:49
幻想・妄念の根拠として文学を語る、糞を垂らしつづける。

アングラ便所で糞を垂れ流し内的根拠を確認する

疑心暗記の低脳おやじ・ひき・オタ

26 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 05:52
おまえらの糞や幻想なんてリアル・大衆に
かえりみられねーんだよ。

一生やってろ亜種・偽者の作家死亡もどき野郎(プ

27 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 05:55
朝から元気だな(ワラ

シュガーと名乗って一生やってるのか?

ははっ、楽しいやつ!

28 :神シュガー ◆7N56EpT5.c :03/04/26 06:01
2ちゃんはたまにしかやんねえ、まとめて書いて、
その内、見るだけ。時間の無駄じゃん。
馬鹿とかオタクは何時間もいてリロード押してまってんだろうけど、
そんな暇じゃないし。慣れあいうざい。

もう、馬鹿いたぶってんの飽きたし着えるかなあ

29 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 06:13
>シュガー

そのスタイルなら、メガBBSってとこのほうがヤリがいがあるぜ。
一度逝ってみ。俺みたいに2ちゃん語を楽しむわけじゃないなら、叩きがいがあるぜ。

30 :オリジナルノイズ ◆KJQVF4h9Ug :03/04/26 11:08
厨どうしが…(以下略)

31 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 11:13
>>30
オマエモナー

32 :名無し物書き@推敲中?:03/04/26 11:20
いや、お前だけだろ。

33 :名無し物書き@推敲中?:03/04/27 08:30
偽装はよせ。
君は日々、能力者として追われる身であったから、
偽装せざるをえなかったのは当然であるし、それは仕方がないことだ。
だが、本来の自分役目さえもその偽装で、忘れてしまったというのか。
今、気づくんだ。
そして思い出せ。
自分が能力者であることを。
君は本来使うべきその能力を、偽装することによって、
敵を欺くはずが、自らがそれにあざむかれてしまっているんだ。
この事実。
あまたの能力者の末路を見てきた私だが、
このことほど、私を嘆かせることはない。

34 :名無し物書き@推敲中?:03/04/27 08:49
えっと、今日は横浜勝つかな・・・?最近そればっか気になって・・・。
ん?>>33 あんたここは病院じゃないよ。


35 :世界物理演歌:03/04/29 09:30
ここで、我々の能力を否定する者たちは、
我々の能力自体が、なんであるか、
この世界に何を齎すのかを知らない。
能力者自身も知らない者が多いだろう。
また能力者自身も、自分が能力者と知らないものが多い。
私は、この能力の因子を持った者とすれ違うとき、いつも思う。
力を解放してやらなければならない、と。
だが、できない。
なぜなら、キャリアのままでいた方が、ごく一般的な生活という世間的な狭い意味での幸せを手にすることができるからだ。
ここで、この場で、能力者たちを繫ぎ合わせたい。
だから我々が持つ能力が、なんなのか、知りたければ、
ここで、語るしかない。
語るんだ、まだ見ぬ能力者たちよ。







36 :名無し物書き@推敲中?:03/04/29 11:35
>>35
なんか、危ない宗教勧誘みたいでステキ

37 :名無し物書き@推敲中?:03/04/29 12:11
        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴───┐
       /   つ.; スカラー波警報│
     〜′ /´ └─┬┬───┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛


38 :名無し物書き@推敲中?:03/04/30 15:57
>>35
ぐるぐるマークを貼れよ


39 :世界物理演歌:03/05/06 03:20
言葉の猟人達よ。
なぜ君達が沈黙を守っているのか、私は十分に分かっている。
妄想の捕虜。
縛られ、囚われ、あらゆる拷問を受けている。
なんという痛みだろう。
それが今の君達の唇を啓くことを許さない。
今中途半端に言葉にしてしまえば、永遠に牢獄に閉じ込められてしまう。
いや、命を奪われてしまう。
すべてが、それが言葉として発せられた瞬間、宙に消え去り、
自らの中からもそのすべてが消滅してしまう。
そんな風に考えているはずだ。
君達の口のなかは、日々の拷問によって深傷だらけだ。
どの道、言葉を発することはできない。
ここで、それを語れというのは酷かもしれない。
だが君の言葉が、まだ完成していないその言葉が、
君が何とかつむぎだしたその言葉が、
他の同じ、囚われた者を解き放つ。
忘れてはいけない。
忘れては。
拷問と絶望の中、
君が紡ぎだそうとしている
その言葉を。
その心を。
私には聞こえる、その君の声が、言葉にならない声が、かすかに、わずかに、
ほんの少しだけ、なにも震わさない程小さく、轟く君の悲鳴と共に、
聞こえてくる。


40 :名無し物書き@推敲中?:03/05/06 03:24
詩人だねえ。


41 :名無し物書き@推敲中?:03/05/06 03:34
http://www.yahoo2003.com/betu/linkvp2/linkvp.html

42 ::03/05/07 02:10
今、僕がこのレスの送信ボタンを押した瞬間、
あなたの試みは既に成功した、と言えるでしょう。
釣りにしろ、遊びにしろ、真面目なものにしろ、
どのような意図を持って、このようなスレに
なったのかは分かりませんが。
僕がこれまでこのスレに書き込まなかった理由は二つ。
ただ単に、この板の住人ではないために
その存在に気付かなかった、ということと、
どのような形(ここでは文学)であれ、
結局は伝わらないという真実を既に知っているからです。
伝わらない。
そのことが分かっているのに、それをしようとする行為は
極めて愚かな態度でしょう。だから口をつぐんでいるのです。

43 ::03/05/07 02:10
そして、
それでも、
僕が、今、こうして書き込んでいるのは
二つの理由があるからです。
ひとつは、あなたが「あまり叫んでは危険だ。」と
指摘していること、です。
あなたが、どのようにしてその答えに辿り着いたのかは
分からないし、またその結果どうなると思っているのかも
分からないけれど、答え自身は僕が持っているものと同じです。
答えを持っている人間に出会った感慨。
それがこれを書かせています。
そしてもうひとつは、あなたがこのスレで行っている方法論を
僕は新たに得ることが出来た、ということからです。
人に影響を与える方法は、既にいくつか取得しているのですが
このスレで行われている方法には、始めて触れました。
これは僕にとって、リアルな価値に換算すると
二十三万円くらいになります。僕はそれを得ました。
結果、僕はあなたに、二十三万円ほどの借りが出来ました。
だから、愚かしく空しい行為と知りつつも
こうして書き込んでいるのです。
そして
今、こうして僕が書き込むことによって
既に流れは変わっています。
それは、「文学」という枠を遥かに越えて
世界が、既に変わっているのです。

44 :世界物理演歌:03/05/07 12:54
君の最初の言葉の旋律は、私を悲しませる。
君は本気で信じ込んでしまっている。
「結局」とは何か?
君はそれを「真実」と名づけた。
君は感じているが、まだ知らない。
まだ、覚醒するに至っていない。それができずにいる。
言葉にできないから、信じることができないし、
その存在の実感さえないはずだ。
だが、君の言葉の裏に隠された思いが、私を喜こばせる。
ここでひとつ享受しておく。
言葉は突然やってくる。
そしてその言葉たちは瞬時に繋がる。
その瞬間、過去今まで言われてきたあらゆる「真実」を越える。
いま君が抱いている真実という認識さえ変えてしまう。
君はそのとき、叫ばずにはいられない。
それは一人の力では難しい。
すべての能力者が、覚醒せずに終わりを迎えている。
それはなぜか?
君の後半の言葉の旋律は、すばらしい。
聞く者にとっても、そして、言う者にとっても。
しかし、無理にウソを言う必要はない。
言葉はそのためにあるのではない。
君が本当に叫ばずにいられない言葉を、叫ばねばならない。

45 :世界物理演歌:03/05/07 17:21
だが、君の奏でた旋律が、
皆の心に雪を降らせた。
あたたかい、真っ白な雪を。
その雪は融けることがない、
それに触れた者の心を融かすまでは。


46 ::03/05/09 08:29
確かに、僕はあなたが言う
覚醒せずに終わりを迎える
数多くの人間の一人でしょう。
能力すらないのかもしれません。
ただ、そうだとしてもあなたが言うように
本当に叫ばずにいられない言葉を
叫ばねばならないとすれば
「言葉って伝わりますか?」
と叫ばなければならないでしょう。
どうですか?
言葉は伝わりますか?
あなたが言うように僕は本気で信じています。
言葉は万能ではない、と。
そしてそれが真実だと。
だから僕は逆に文芸を信じてはいないのです。
ただ、今の文芸と呼ばれているものの
流れを変えることに付いては賛成です。
それでこのスレに書き込みました。
僕の認識としては、このようなスレがあるだけで、
既に何かが変わり出している様に思います。

47 ::03/05/09 08:45
それと、言葉についての享受ありがとうございました。
覚醒せざる僕は、まだそれを体感出来ていませんが。

雪を降らせたことについては、素直に謝っておきます。
すいませんでした。

雪融けを敏感に感じ取るというナルシスの花を待ちたいです。


48 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 09:05
病院いってください。おまいら。

49 :世界物理演歌:03/05/09 09:38
どうして伝わらないと思っているものが伝わるだろう。
どうしてそれを叫ぶ必要があり、どれだけ叫ぶに値するだろう。
君が黙っていても、誰の心にも埋め込まれてしまっているその言葉を。
それは君の言葉ではない。
君は日々の彼らからの拷問のために力を失いかけている。
私が危険だといっているのは、そうした組織に洗脳され支配された発想、考えを
君が彼らに代わって知らず知らず代弁してしまうということだ。
私が「組織」、「彼ら」というのは特定された団体ではない。
人間が長い歴史を通して、不自然に作り上げてきたものの総称をいう。
君の身近にいる人さえ、ここから逃れている者はいないはずだ。
君もまた残念ながらそれを受け入れてしまっているその一人であり、一員なのだ。
それはなぜか?
彼らが教えを説く、
君は、子供を生み、また、君は自分の子供にその組織と同じ教えを知らず知らず説く。
永遠に逃れられない。
胸に手を当ててみるといい。
君の言うその「真実」が、君の求めていた「真実」か、
君の求めている「言葉」か、
君が壮絶な闘いの末に、自ら生み出したもしくは、生み出た言葉かどうかを。


50 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 09:41
オレもう貯金6千万あるから、趣味で書いてます。

51 ::03/05/10 00:47
それは
売れっ子作家の受け売りなどではなく
紛れも無く僕の言葉です。

でも、あなたが言うことも分かってはいます。
人が遺伝子から逃れられないように
ミームからも逃れられない、
逃れ難い、ということでしょう。

僕は既に僕の頭の中で
既にミームの範疇には納まっていません。


52 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 01:14
難しいなぁ…
俺、今別媒体で書いてるんだけどそろそろ文芸やろうかな
ささささーーって流れなんか変えちゃうかも(^^;

53 :世界物理演歌:03/05/19 13:43
君の気持ちが私の胸に、突き刺さる。
君は、そのヤリを、多くの者の胸に突き立てている。
それが君の言うところの真実の実態だ。
その人を苦しめ、その胸を引き裂く。
私には君の気持ちがわかる。
言葉は、その誕生から今に至るまでに、何を残してきたか?
人類の歴史は残酷極まりない。
しかしその中で言葉は何の役割をしてきたか?
そして、言葉の歴史は、今の我々に何を享受したか?
なにもない・・・なにも・・・
我々は、過去の歴史の言葉から何も受け取ってはいない。
君が言葉歴史から受け取ったその言霊は、真実でもなんでもなく、
残酷にも人を傷つけ、貶め、蔑み、殺す言葉の最たるひとつのものであるのだ。
君がどちらの言霊を飲み込むのか、それは好きにすればいい。
しかし、この事実を知った以上、さわりだけであるにしろ、
本当の叫びがなんであるか、知った以上、君は能力者としての道を進まなければならない。
また、そうならざるを得ないはずだ。
君はまだ目覚めていない。
だからこそ、覚醒したとき、普通に開花した能力者以上の力を発揮する。
君のその生存ぎりぎりまでの葛藤を孕めば孕むほど、
いままで歴史上なかった言葉が、君の口から、
七色の虹の波動となって、誰の心をも透き通らせるだろう。



54 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 01:44
`

55 :山崎渉:03/05/22 02:42
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

56 ::03/05/23 23:58
あなたの言葉はストレイトで
何の回り道も経ずに心に浸透して来ます。
そのことは、確かに示していました。
言葉の可能性を、凝り固まった僕の心に。
もしも言葉に何の力も無いのなら
そもそもこのスレに惹かれる訳がなかったのです。
本当のことを言うと
僕はただ逃げていたのかもしれません。
言葉が完璧でないということに全ての責任を負わせて
それに正面切って向き合う恐怖から。
感じることしか出来ずに
覚醒することはないかもしれませんが
戦ってみようと思います。
それは辛くて悲しくて
とても苦しいものになると思いますが。

堅固な岩で出来ていると思ったものは
実は氷の固まりだったようです。
それは季節の移ろいと共に
徐々にではありますが解けてきました。
もう初夏の声も聞こうという頃、
とても遅い雪融けではありますけれど。

57 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 09:21

文芸よりも芸になってるぞ!(ワラ

58 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 13:01
ハンパな似非詩人だなあ、おまえら。

59 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 17:55
内容がないのに長く書けるなんて
うらやましい。


60 :山崎渉:03/05/28 10:30
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

61 :名無し物書き@推敲中?:03/06/11 23:59
中村屋

62 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 20:17
62

63 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 16:26
認めない。

64 :山崎 渉:03/07/12 11:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

65 :山崎 渉:03/07/15 11:58

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

66 :山崎 渉:03/08/02 01:26
(^^)

67 :山崎 渉:03/08/15 13:27
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

68 :世界物理演歌:03/08/27 00:39
言葉はある。
真実もある。

〜真実は言葉でもってしてでしか、感じることはできない。
言葉は感じることなしに、使うことはできない。〜

このことが私たちが人類が真実を言うことができない理由だ。
しかし言うことができるのだ。
そう、君が言うことができれば、世界は救われる。
君が言うことができなければ、君は救われない。

さぁ、いうんだ!
君の取っておきの妄想を。
迷うな!
その中にヒントが隠されている!




69 :世界物理演歌:03/08/27 00:45
いまこそ、叫び挙げるんだ!!

70 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 17:57
自分に向かって、言い放て!

71 :名無し物書き@推敲中?:03/09/03 06:55
流れ変えるぞおおおおおお

72 :名無し物書き@推敲中?:03/09/03 10:33
現役高校生の身として、西尾維新は打倒すべき存在であると思う。
もちろんあの才能に自分はまだ届かないことを認識した上で。

73 :名無し物書き@推敲中?:03/09/12 02:36
今の流れ、がどういうものか、それすら上手く感じられない……
ダメだな、俺。

74 :世界物理演歌:03/11/14 23:59

aha スベテが消えていく
何もかもが、真実の偽りだ
酒? 金? 愛? 感動? 真実? 永遠?
その一瞬に至り そして何もない
どこへ?
わからない
確かなのは そのぼくが、胸を締め付けられることのないあなたがいるだけだ
なのに だれかが 立ち上がれない
なぜだ?
瞳を閉じることはできる
そうすれば もう涙を流さなくて済むよ
けれど 次には 別のものを流れてくる
シーツが 夜 深紅に染まる
不思議だね
どこも痛くないだろ?
そう もう何もいるものなんてないだろ
捨てるものも 手に入れるものもない
そもそもなぜ手に入れる
痛みを少しでもやわらげるためさ


75 :世界物理演歌:03/11/15 00:00
ああ それならわかる。
でもいま 痛みなんかないって言ったばかり
やあ 痛みがないからさ
じゃぁ 痛みの暈はなくなっていくね
快楽も痛みもその感情もあってないならきみは何しているんだい?
あぁ 眠ったまま生きているのさ
きみを見たまま、眠っているのさ
ナミダを止めるために
なぜ 痛みを喜びもないのに泣くんだい?
目 乾くのがわからないからだろ
あぁ そうか
じゃぁそれは、ぼくの涙だね
どうして?
誰かの涙が きみの瞳に刺しているんだ 
だいじょうぶさ 
いたくないんだ     

            〜

76 :世界物理演歌:03/11/15 00:00
ああ それならわかる。
でもいま 痛みなんかないって言ったばかり
やあ 痛みがないからさ
じゃぁ 痛みの暈はなくなっていくね
快楽も痛みもその感情もあってないならきみは何しているんだい?
あぁ 眠ったまま生きているのさ
きみを見たまま、眠っているのさ
ナミダを止めるために
なぜ 痛みを喜びもないのに泣くんだい?
目 乾くのがわからないからだろ
あぁ そうか
じゃぁそれは、ぼくの涙だね
どうして?
誰かの涙が きみの瞳に刺しているんだ 
だいじょうぶさ 
いたくないんだ      〜

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)