2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新人賞{本格ミステリ系}限定スレ

1 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 01:32

 真面目なミステリ書き集合!



2 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 01:39
宮部みゆきの文章って読みにくいような気がする。


3 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 01:42
推理協会賞とか乱歩賞とか?

4 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 01:46
宮部みゆきってどこら辺が面白いの?


5 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 03:58
俺今日、宮部3冊と「ミステリーの書き方」って本を一緒にレジに持っていった。
レジのねーちゃんの営業用スマイルの端っこに、
「おまい宮部めざすつもり(プ」という嘲りの笑みがひっついてる気がして、
金を出しながら、いっそ逃げたいと思った。

でも、そこまでの精神的苦痛を乗り越えたのも、
すべては6月に迫ったオール読物推理小説大賞のためだ。

笑われたと勘違いして、書店員を罠にはめ殺す犯人の話でも書くか。


6 :言い出しっぺ:03/05/08 05:26

>推理協会賞とか乱歩賞とか?
 う〜ん。レスは嬉しいんですけど、
 協会賞は新人賞ではなく、乱歩賞は推理界最高級の新人賞
 ながら、実は本格系の新人賞ではなく、今はほぼ社会派オンリーなので、
 レスを立てる際、本格系としたのですが。

 そして、宮部さんも、文才は素晴らしいのですが、本格系と呼ぶには……
 なので複雑。
 でも、最初は大きくミステリ新人賞としてのペースで進めていっても
 面白いかもしれませんね。


7 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 07:09
で、小説推理新人賞に出してるヤシっていないのか?

8 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 07:24
本格系を歓迎→鮎川哲也賞、創元推理新人賞、カッパワン、新・本格推理、メフィスト。
本格系は不利→乱歩賞、松本清張賞
本格系もオーケーだが、受賞は少ない→その他の新人賞。

最近はこんなところじゃないかと思うが、どーよ。

9 :言い出しっぺ:03/05/09 02:11

>最近はこんなところじゃないかと思うが、どーよ。
 大枠では、そうですよね。付け加えると、本格系は不利→横溝賞
 とかもありますが。
 でも、その本格系の定義自体、今は難しくなってきてはいますが。

 特にレベルが高いほど、知名度が低い賞になっている点も問題かな?

 鮎川賞、創元推理新人賞、新・本格推理などが、いい例で。落選作にも、
 とんでもなく、高度な作品が結構あるのは、七不思議!

 では、受賞を狙ってる人たちは、どんな工夫してますか?


10 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 07:04
鮎川賞の応募数が毎年減っているのが気になる…

11 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 12:56
>>5
残念だったな、おれも応募するんだよ。
おれが応募するからには、みんな無駄な努力をやめろ。
って言いたいよな……、とほほ。
応募するのは本当だから、まあお互い頑張ろう!

12 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 16:02
オールの賞金は50万円か。小説推理は100万円だったが……
大出版社の余裕かな。応募数はオールの方が倍ぐらいあるんだよね。

13 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 16:22
>>12
そうだね。応募はオール読物が500件、小説推理が250件くらいラスィ。
受賞作家のその後も圧倒的に読物が上。宮部・赤川・西村…。
推理では、大沢在昌と本田孝好、永井するみしか知らんぞ。

14 :8:03/05/09 20:05
>>9
横溝賞は本格系の受賞作はあまりないかもしれんが、選考委員に綾辻が入っているし、
今年も密室物があと一歩のところで受賞を逃しているから、本格不利とはいえんだろ。

本格限定というスレタイはどうも書き込みにくい。この板はミステリ書きが少ないんだよね。
限定なしの[ミステリ新人賞情報局]といった新スレを誰か立てて欲しいところだが、どーよ。


15 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 20:48
>>14オマエが立てろ。

16 :名無し物書き@推敲中?:03/05/09 23:13
>>14
本格でなくてもいいじゃない。
ミステリ関係新人賞はここで。

17 :言い出しっぺ:03/05/10 01:43

>本格限定というスレタイはどうも書き込みにくい。
 確かに、狭き門なところがありますからね。
 だからこそ、少数精鋭が集まるかなと、意図しまして。
 実は、ミステリ新人賞は、ポイントが大切なので。
 大きくはエンタメなるも、社会派と本格、その中間にポジションを
 置いている賞では、審査基準が大幅に異なるはず。
 ではないでしょうか?純文も、そうではないですか?

>限定なしの「ミステリ新人賞情報局」
 誰かが立ててくれるまで、このスレを大きな器としてご利用なさってくれても
 いいですが。
 確かに、何事もまずは、人集めが肝心かもしれませんし。


18 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 01:45
すごく初歩の質問かもしれないが、
ミステリーって必ずしも人が死ななきゃいけないってことはないよね

19 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 02:15
はい


20 :18:03/05/10 02:28
よかった。
昔は好きでよく読んでたんだけど、なんかだんだん人が死ぬのが嫌になってきて、
しばらく離れてたんだ。
でも、宮部の「我らが隣人の犯罪」を読んで、こういうのもありなら
またチャレンジしたいなと思った

21 :動画直リン:03/05/10 02:29
http://homepage.mac.com/hitomi18/

22 :言い出しっぺ:03/05/10 09:55

>ミステリーって必ずしも人が死ななきゃいけないってことはないよね
 主に、手品的なトリックを主題としたものには、
 手品の種を解くことを目的としているので、
 消失や数合わせなどのミステリとなることが多く、
 決して殺人を扱わなくても、作品を面白く仕立てる
 ことができることが多々あるのではないかと思います。

 殺人抜きで高度な本格推理の一例として、
 「本格推理」文庫13の村瀬継弥さんの「教授の色紙」
 これは傑作です!


23 :mog:03/05/10 09:55
◆遊びながらもPC1台あれば副業でSOHOが開業できる!!
↓     ↓     ↓
http://www.mahou.tv/mogmog/partner.htm

用意された貴方専用の宣伝HPで活動するだけで収入に!
5000円の報酬が翌日払い。
1件に付き5,000円又は3,000円!
平均20,000円の報酬が毎日貰える!

24 :言い出しっぺ:03/05/10 09:56

訂正
>「本格推理」文庫13
 「本格推理」文庫14の間違いです。
 失礼。


25 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 14:02
悪徳勧誘業者に大人数で押し掛けるオフ2
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1051699975/l50
★ついに、第1回東京オフ決行!★

26 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 12:17
>7さん 僕、小説推理新人賞に出しました。最終選考候補作、すでに決まってるころなのに連絡なし・・
たぶん落ちたなー 

27 :bloom:03/05/13 12:29
http://homepage.mac.com/ayaya16/

28 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 13:02
あるホームページで見つけたんだけど、東京創元社は、応募者全員に結果の通知をしてくれるそうだ。
3月末〆切の創元推理新人賞の予選落ちの通知が、5月上旬に届いたそうだ。
他の出版社も見習って欲しいよね。

29 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 15:25
御意。

30 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 16:35
>>26
最終候補に残ると連絡あるのですか、小説推理も?
今月末の雑誌には一次、二次選考をパスした10件くらいが中間発表されるハズ。
最終候補5件は確かにそろそろ決まるころですね。


31 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 17:17
小説推理ではよくわかりませんが別の賞では二重投稿していないかどうかの確認がありました
ふつう、その確認はやるようです

32 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 17:34
乃南アサと花村萬月と森村誠一に認められて小説推理新人賞受賞、そして佐野洋にこきおろされる、−それがぼくの夢です
佐野洋好きだから、どんな批評もぼくは謙虚に受け止めます

33 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 17:40
去年の小説推理の選評読んだ人いるかな?
座談会形式で候補作が徹底的に叩かれていたね。
読めば勉強になることは確かだが、作者は結構つらいと思うよ。

34 :言い出しっぺ:03/05/13 17:53

>東京創元社は、応募者全員に結果の通知
 確か私の時{数年前}は、通知来なかったような?最近はあるのでしょうか?
 新本格推理の通知は届きましたが。{もちろん落選}

 小説推理目指されてる方、多いんですね。
 最近は、どんな作品が受賞されているんでしょう?
 結構、ジャンルはマチマチですか?


35 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 18:07
>>33
選考評読みますた。ボロクソでしたね。読んで唖然としますた。
しかし正直昨年の受賞作「過去のはじまり未来のおわり」は
ミステリとしてはイマイチと思いました。
文章はさすがに上手いなあ、と思いましたが。
オ−ル読物推理新人賞の「フクロウ男」の方が好きです。

36 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 18:14
>33
でも俎上にのるだけでも嬉しいってのない?

37 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 18:36
「過去のはじまり未来のおわり」は、乃南が好みそうだね。
萬月は文章重視だし、ミステリ性を重視するのは森村誠一だけかな。
今の選考委員の顔ぶれだと本格物には厳しい気がするね。

>>36
そりゃ、予選落ちするよりずっといいことは間違いない。
ただ、最終落ちすると、次が大変だと思うよ。
選考委員に指摘された課題を克服しなければならないし、
また、それ以上の物を書かなければならないプレッシャーも働く。
それで書けなくなる人もいるんじゃないかな。

38 :ryou兵:03/05/13 18:38


























                秋

39 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 18:52
>>34
ミステリ作家を目指している人のホームベージがある。
新人賞に関する情報が充実しているし、応募作も載せてある。
個人のサイトなので、リンクは張れないけど、いろんな新人賞の名前で検索して、
たどっていけば、わりとすぐに見つかると思う。

40 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 19:32
>>39
いとうさんのとこ?
あのサイトはミステリ書きの心の支え!

41 :39:03/05/13 19:37
今、見てきたら、そう。いとうさんだった。

42 :名無し物書き@推敲中?:03/05/13 20:00
森村誠一の公式サイトで山村正夫賞受賞として作品さらされてるのも、いとうって人で、おお、ついにやったか思鱈、下の名前ちがってた。いとうさん、がむばってね

43 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 01:30
小説推理の落選作を書き直して、オール読物推理に応募しようなんて考えたら、いけないか?

44 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 02:01

>いろんな新人賞の名前で検索して、
>たどっていけば、わりとすぐに見つかると思う。
 たどりつけなかった。新人賞の名か、いとうさんの下の名前を教えてください!


45 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 02:12
「応募修行人」で検索して、リンクたどるとすぐだよ。

46 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 07:51
>>43
リライトの問題は↓を見れ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/986879379/l50

47 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 08:19
鈴木輝一郎の「何がなんでも作家になりたい」(だっけ?)に、
ミステリ短編のリライト投稿の勧めみたいなことを書いてたぞ。
長編は下読みの兼任が多いから、やめた方がいいようだが。

48 :知り合いにいません?:03/05/14 08:53
<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
http://www.ypdc.net/asuperugar.htm
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/
●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうこと
がある。人を傷つけるということには鈍感です。年配の先生に向かって「おばあさん
先生おはようございます」と明るい大声で挨拶する生徒もいる。こういった言動をす
る場合にも彼らには悪意はない。
●小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
●融通が利かないことも学校生活で問題になる。時間割の変更や突然の教師の欠勤と
いう事態で不安を感じたりかんしゃくをおこしたりする。あまりに規則に厳格なため
に、遅刻した同級生に延々と注意をしたり、修学旅行などで消灯時間をかたくなに守
り、他の生徒の顰蹙をかったりすることがある。
●行動・興味・活動のパターンが貧困で反復常同的なことも自閉症の特徴である。すな
わち、日常の活動の様々な面にわたって柔軟性のないルーティン(決まった手順や日課)
を押しつける傾向、これを慣れ親しんでいる習慣や遊びのパターンだけでなく、たいてい
は新しい活動にも押しつける。そしてルーティンや個人的な環境の細部の変化(家の中の
置物や家具の移動によるなど)に対する抵抗がみられることがある。
●揺れる木の葉を見続ける子どもは興味のレパートリーが狭いとも言え、視覚的な敏感さ
があるといっても良い。
●精神遅滞を伴うものと伴わないもので大きく分かれる。100%果汁のオレンジジュー
スを思い浮かべてください。それにだんだん水を加えて薄めて行くと終いには水にごく近
くなる。一口飲んで「オレンジジュースだ!」とわかるものは自閉症、水に近いけれどな
にかオレンジの味が混じっているのがアスペや高機能・・。その濃度はさまざま。濃いオ
レンジジュースであったとしても早期の療育や周りの対応によって水に近づいていくこと
は可能。しかし間違えてはいけないのはオレンジジュースが一滴でも落ちている場合は
「純粋な水」にはなれないのです。


49 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 09:50
>>43
いけなくない。小説推理の落選確定時期とオール読物推理の締切日考えると、そういう香具師多そうだけど。


50 :49です:03/05/14 11:46
書記長!議事録の削除・訂正御願します
誤)そういう香具師多そうだけど。
正)僕もひそかにリライトくん。

51 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 13:30
>>言い出しっぺさん
 村瀬さんの作品は、「藤田先生と人間消失」はなかなか面白いが、その他の作品
はどうかな? 光文社の「本格推理」に載った中でも、「教授の色紙」は最低の出
来だと思う。ザルの使用方法など、あとからとってつけたという感じで、村瀬氏独
特の「ほのぼの感」をむりやり演出してるって感じがする。

>>創元推理の当落通知
 昔は知りませんが、今年はありましたよ。それもEメールで。インターネットし
てない人には、郵便で通知があったのかな?

>>このスレは「本格推理」に限定するかどうかについて。
 言い出しっぺさんがそう書いているのだから、「本格推理」に限定すべきだと思
う。その他のスレは、ミステリー掲示板にいくらでもあるんだから。
 そもそも、いまだに「本格推理とはなにか」が分からずに書き込んでいる人が見
受けられる。これは悲しいことだ。「本格推理」を私なりに簡単に定義すると、

・謎が提示され、それを解くための情報が読者に提供される。その上で、その謎を
 解くこと自体を楽しむこと、あるいはその謎が解けずに、最後に真相を読んでそ
 の謎解きのすばらしさに快感を得ること主目的とした小説。
・いわゆる「フーダニット(who done it)」「ハウダニット(how done it)」、
 つまり、誰が殺したか、どうやって殺したか、を追求した小説。

 ってところでしょうか。

 ところで、その手の「本格推理」の短編がたっぷり読めるシリーズとかあったら
教えて下さい。


52 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 19:50
>>51
定義はよく分からんが、本格推理と本格ミステリとは、ちと意味合いが違うのでは?
あと、この定義だと、原りょうも本格推理に入ってしまうと思うが、どうなの?

53 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 20:20
秘密厳守で女性に好評!

http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/

54 :名無し物書き@推敲中?:03/05/14 23:34
51です
>>52
 本格推理と本格ミステリが違うというのは島田荘司さんの決まり文句でしょう。
というか、彼を中心とした人達の極めて狭い定義であって、市民権は得ていないかと……。
少なくとも、文壇でメジャーな考え方にまではなっていないと思います。
 ま、それはともかく、このスレは本格だけで行きたいですね。


55 :言い出しっぺ :03/05/15 02:28

>51さん
 骨太なご意見、参考になります!
>「藤田先生と人間消失」はなかなか面白いが、
 これは傑作、間違いナシですね!
 でも、私の視点では、「教授の色紙」は「藤田先生と人間消失」と並ぶぐらい
の作品ではと感じています!
 単に好みかもしれませんが。そして51さんは、
>ザルの使用方法など、あとからとってつけたという感じ
 とのお考えみたいですが、前例さえなければ、このザルが壺にはまった私
としては、あの味が好きなのです!

>「ほのぼの感」をむりやり演出してるって感じがする。
 面白い意見ですね。私はむしろ、むりやりというより、トリックが先で、
 トリックに相応しい最大の演出がああだったのでは?と感じましたが。
 でも、一つの作品でも、視点一つで色々と見れるのは面白いですね!

>52さん
 最初、本格推理限定か、本格ミステリ限定か迷いましたが、大枠として本格系で
いいと思われます!{違いは、綾辻&島田氏「本格ミステリー館」を参考にしてみ
てください}
 ただ、原さんの作品、未読なので、噂程度でしか知りませんが、おそらく
 本格系ではないと思われます。純粋に、ハードボイルドでしょう。


56 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 11:35
プロアマを問わず、二言目には本格!本格!と鼻息荒い人って、
そこまで言うなら凄いの読ませんるだろうな? と読み手を、
どこか喧嘩腰にさせてしまって、かなーり損してる気がするのは俺だけ?


57 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 14:00
51です。
 56さんだけに言うのではないのですが、私などは、「本格推理」もそこそこ好き。
というだけで、「なにがなんでも本格だ〜!」というのとは違うんですよね。そうい
う人もいるとは思いますが。
 それと、私の個人的な感想では、本格物は短編の方が好きです。なぜなら、長編を
読んでも結果的に出来が良くないことも多々あり、読むための労力が惜しくなるからです。
 その点、短編ならすぐに読め、ハズレであってもあまり惜しくありませんから。


58 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 15:41
ここは創作文芸板なんで、ミステリ書きが集えばよろしかろう。
あまり「本格」のみ限定だと誰も書かぬぞよ。
創作と関係ない「本格とは何か論」は、ミステリ板が似合いでは。

59 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 17:49
ミステリの多くは本格を基本として発展してきた部分もあるわけだし、
本格に全く興味のないミステリ書きはいないと思う。
ただ、交通整理のために、ここは言い出しっぺさんを中心に、
本格系の新人賞(東京創元社と光文社)や本格作品について語るスレということにして、
ミステリの新人賞の総合スレを別に立てようと思うが、それでいいかな?

60 :.:03/05/15 19:47
>59
落ち着け。51さんも「本格云々ぬかすのは売れっ子プロになってから銀座のクラブのおねーちゃんにでもします」といってるんだから、しばらくここで馴れ合いしようよ。プロの馴れ合いは醜いけど俺らまだアマチュアなんだから。
ところで、オール読物推理の選考委員てことし誰?

61 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 20:27
>>60
同じじゃないの:大沢在昌、高橋克彦、西木正明、宮部みゆき

ちなみに小説推理は、森村誠一、花村萬月、乃南アサ

62 :名無し物書き@推敲中?:03/05/15 20:57
>>61ありがと
燃えるメンバーだ。俺の小説でグゥの音もださせぬやうにしつつギャフンといわしたる。


63 :言い出しっぺ:03/05/16 02:17

>58さん
>ここは創作文芸板なんで、ミステリ書きが集えばよろしかろう。
 大筋では、それでいいと思います。
>あまり「本格」のみ限定だと誰も書かぬぞよ。
 一理ありますね。ただ、失礼ですが、
おそらく、余り落選経験の少ない方だと思われるのですが?どうでしょう。

 私も以前は、大まかに推理小説をとらえていましたが、
最近、ジャンルにはジャンルの法則みたいなものが、
暗黙の了解として存在していることを痛烈に感じていまして、
こういうスレを立てた次第です。{鍛錬の場として}
 でも、本当に一理あるので、大きくは推理掲示板でもいいと思われます。

 そこで、皆さんは、どんな努力をしてるかという点に大きな興味を持ったのですが。
 本格論も求めたいですが、おそらく論だけだと、どの掲示板でもやっていて、
客観的にしか言えませんが、そこからの収穫は余りダイレクトに創作に直結
していない印象を抱いているので、少し皆さんが書くために行っていることや、
現場の感覚、生活背景に関するコメントとかが欲しいと思っています。

 例えば、人間観察のために、人の余り行かない店に通ってるとか。
ボランティアしてるとか、好きでもないけど、こんな所へ取材に
行ってきたとか。もちろん、自分のネタ{主にトリック}に触れる
必要はないです

64 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 02:18
>63
省略される文章は、読みたくねえよ。

65 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 02:28
>>1
( )で囲む必要はあったのか?

66 :動画直リン:03/05/16 02:29
http://homepage.mac.com/hitomi18/

67 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 14:50
>イイダシペ大将
天気、気候、日の出・日の入時刻ごときのミスにつっこみ入れられたくないので、
そのへんのことは、気象庁、暦計算室のサイトで、一応調べてます


68 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 23:12
51です。
 私は本格ものも時々書く人間なのですが、読む数が少ないせいか、どうも、自分で
書いたものが市場で受けるかどうか判断に苦しむことがあります。「これは良い」と
思って出した作品が一次選考で落ちるかと思うと、「これはチャチくてダメだな」と
思った作品が採用されたりとか。短編はたまに本格ものを書きますが、特に長編では
本格ものが不得手で、まだひとつしか書いたことがありません。
 ま、こう言っても所詮は個人の愚痴なので、もう少ししたら、メフィスト辺りに本
格推理ものの長編でも書いて送ろうかと思っております。読者の度肝を抜くようなも
のを書こうと意気込んでいます。

(私の心の声:本格も良いけど、お前自身の本来の路線はどうなってんだよ!)

69 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 23:38
>>68
リラックス、リラックス


70 :言い出しっぺ:03/05/17 01:07

>65さん
 立ち上げ当初、( )を大切にしたいと思って、( )しましたが。
 流れ的に、当面は幅広路線で、よかと。

>51さん
 長編は不得手とのこと。この意見、以前発言された

>本格物は短編の方が好きです。
 の趣向から、読み取れますが。確かに長編は難しいですよね。
 私は、短編一冊読むより、長編一冊読む方が読みやすいと感じていて。
 理由は、短編はストーリーが複数な分、それぞれ0からの把握。
 反面、長編は一本の線なので、大きなラインを押さえれば認識できない個所
 あってもOKと感じてまして、

 よって、長編の方が書こうと気負えば、書きやすい
 と思ってるんですが。もちろんライト系本格ミステリであって、
 バリバリの本格に関すると、この論理は当てはまらないですが。






71 :名無し物書き@推敲中?:03/05/17 01:23
>>68
お兄ちゃん
頑張ってね!

72 :名無し物書き@推敲中?:03/05/18 17:57
新本格の募集要項にある[規定の印税料]っていくらぐらいになるの?
100枚以内の募集で著作権が著者に帰属するのって珍しいね


73 :名無し物書き@推敲中?:03/05/18 19:43
>>68
村上春樹でさえ、大ベストセラーになった「ノルウェイの森」を編集者にみせるとき、不安だったというようなことをエッセイ(たぶん『遠い太鼓』)で書いてるし、
岡嶋二人のかたいっぽのほうも『やっぱりミステリーがすき』でそんなことを書いてたような気がする。その類の発言は、探せばもっとあると思う。
結論 そういう不安は、誰にだってある。悩むのは程々に。

74 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 01:50
>>72
>新本格の募集要項にある[規定の印税料]っていくらぐらいになるの?
 それって、光文社の「新本格推理」のことですか?
 よく分からないけど、二十万円くらいにはなると思います。
 根拠は、以前の50枚の時の印税が14万円くらいだったからです。

>100枚以内の募集で著作権が著者に帰属するのって珍しいね
 著作権は基本的に著者に帰属するでしょ。そうではないと書いてあるのもあるかも
しれないが、著作権ははっきりと明文化した契約とかで譲渡しないかぎり、著者に
属するものと聞いていますが?


75 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 03:41
>以前の50枚の時の印税が14万円くらいだったからです。
それって原稿料だろ。


76 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 08:15
>>75
いや、本格推理シリーズは基本的に印税計算だよ。
漏れは「本格推理」と「新・本格推理」の両方に採用された経験があるけど、
応募枚数が50枚の頃は1冊の本体価格が800円として、初版が30,000部、印税率が10%、
一冊あたりの採用人数が13〜14人だったから
800×30,000×0.1÷13(もしくは14)で
17万円から18万円。
そこから源泉徴収されるから、手取りは15万円から16万円というところだろう。
ちなみに現在の「新・本格推理」では、初版が20,000部、印税率が8%に下げられてしまったので、
1冊あたりの採用人数は少なくなっても、印税の手取りはそんなに変わらないね。
とても20万円は貰えないよ。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 10:28
>>77
>漏れは「本格推理」と「新・本格推理」の両方に採用された

神認定いたします。単行本出てたら教えてください。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 14:46
>>76
 74です。

>ちなみに現在の「新・本格推理」では、初版が20,000部、印税率が8%に下げられてしまったので、

 へえ、8パーセントですか? 角川NEXTもそうだけど、こっちもそうなんですか。
 なんだか、応募する意欲が萎えてしまいますね。

 それと、私が50枚の時の本格推理に最初に採用されたときは、初版が二万部でした。
但し、あとで5000部の増刷があったような……。
 2回目の採用の時は初版がどれくらいかは忘れましたが、手取りはほとんど同じだった
と記憶してます。

 しかし、初版の部数が減っているということは、やはりマンネリ化や活字離れ、さらには
少子化などで需要が減っているということでしょうか。なんだか悲しくなりますね。


79 :44じゃないけど:03/05/19 21:01
>>39-40
もうちょいヒントくれ。
「応募修行人」でリンク辿ってもさっぱり
ひらがなで「いとう」なの?


80 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 21:03
50枚で一冊になるの?


81 :名無し物書き@推敲中?:03/05/19 21:18
>>79
おいおい。「作家を夢見て」で検索汁。

82 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 01:33
>>80
 ちょっと初歩的すぎる質問だな。けど、マジレスするよね。

 光文社の「鮎川哲也・本格推理」シリーズは、50枚以下の短編が13作、「新・本格推理」
シリーズは、100枚以下の短編が8作のようですね。一部例外はあるかもしれませんが。


83 :言い出しっぺ:03/05/20 02:37

 個人的に、印税どうこうに目を奪われていると、よい作品ができない
 というか、作家の目を曇らせる考えているので、話題を傍観中ですが、
 実際、「新本格推理」の選に残るのは難しく、落選作に光る作はたく
 さんあると思ってます。そして、凄い作品を書いている人ほど、金ほしさ
 というか、金欲が感じられず、完璧、トリックやロジックが一番。金は二番
 という志のような気が!?

>気象庁、暦計算室のサイトで、一応調べてます。
 の67さんは、志高そうですね!?


84 :76:03/05/20 08:04
いや、印税の額についてはあくまで参考ということで…。
実際、「本格推理」シリーズに応募する人は「まだ実績はないけれど、本格ミステリーを
書きたいと思っているアマチュア」が大部分なので、ほとんどの人は印税のことなど度外視
しているんだろうね。漏れもそうだったし。
ただ、将来的に本気で作家を目指すのだったら、印税の計算式くらいは知っておいても損は
ないと思うよ。金額うんぬんではなく、自分の作品がどの程度評価されているかの目安としてね。
「本格推理」シリーズはあくまで「アマチュアの書いた本格ミステリーの短編を紹介する場」だから、
採用イコール作家デビューとは中々なりにくいよね。あくまでここは「筆ならし」の場と考えて、
より大きな目標にチャレンジするのがいいのかも知れない。現在の出版業界では、全くの新人が
短編ひとつでデビューするのはまず無理だろうからね。
漏れは現在書いている長編が完成したら、メフィスト賞かカッパ・ワンに応募してみようと思っている
のだが…。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 08:35
>>83
気象庁の暦計算室ではなく、気象庁と暦計算室ですよ。念のため




86 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 08:40
85の続き ちなみに暦計算室は国立天文台サイト内
>67さんは、志高そうですね!?
いいえ、金の亡者です

87 :51:03/05/20 11:36
51=54=74=78です。そろそろコテハンでいこうかな?

 私は金のことを気にするのは健全な態度だと思いますね。もちろん私は、
「空前絶後のすごい本格推理を書いてみたい」という意欲もありますが、それとは
別に、いや、それ以前に、「プロで食っていける実力が欲しい」と思います。
「プロで食っていくこと」=「金を稼ぐこと」ですからね。
 実力のある人がより金銭的に有利な環境を求める態度があるからこそ、出版業界
や作家間に競争が生まれ、よりよい作品が書かれ、発展するものだと思っています。
 一部、漫画の世界や本格推理の世界の同人誌などでは、自分たちの書きたいものだけを
追求し、採算を度外視したものがあるようですね。それはそれで存在価値があるし、認
めますが、私はそういうのはやりたいとは思いません。
 余談ですが、大阪人は金のことを言うが、東京人は金のことを話題にするのは、はしたない
という風潮があるようですね。私は個人的には大阪人の方が好きです。ひとつのエピソー
ドとして、「大阪人は、自分の持っているものをいかに安く買ったかを自慢する」のだそ
うですが、私もそうです。「いかに高いものを持っているか」よりもよほど価値があるこ
とだと思っています。
 まあ、日本人全体が、ともすれば、「金のことを言わない方が潔い」という考えをもつ
傾向にあるので、言い出しっぺさんのようなコメントになるのでしょうね。言い出しっぺ
さんを批判するつもりはありませんが、金のこと言わない人は、私はアマちゃんだと思っ
ています。でも、さらに言うと、「心で金のことを思っていても、公式な場所ではそれを
言わない」という方が、さらに賢明というか、狡猾かもしれませんね。

> 実際、「新本格推理」の選に残るのは難しく……

 そうなんですか? じゃあ、私も一度書いてみましょうか。50枚の時は書いたので
すが、 最近はもっとビッグなタイトルばかり狙っていました(というより、本格もの
は書いていない)が、50枚の時に比べてレベルが上がっているなら、腕試しとしての
価値があるかもしれませんね。


88 :79:03/05/20 13:25
>>81
すぐに見つかったよ。さんくー

89 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 16:38
おそらく今日辺りが小説推理新人賞の最終選考日。
今回のは自信作だったけど、連絡が来ないからそこまで残れなかった……。
あとは27日の雑誌の中間発表で、一次か二次か、はたまたゼロ次かわかる。
ヤケ酒飲んで出直します。

90 :吉本ばなな:03/05/20 18:19
>>89
5/20が最終選考日というのは昨年のはなしでしょ?
もう2,3日、森村誠一、花村萬月、乃南アサに向けて「おれの作品を選べ」と電波を送ってもいいのでは?(ビ笑



91 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 18:24
90の名前:吉本ばなな はミス板前で使ったのが残っていただけ。漏れ、逝ってよし


92 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 20:15
本格に限らないけど、知人の編集者に「横溝賞」が狙い目だと聞いた。
かなり応募数も少なくレベルも低いらしい。


93 :名無し物書き@推敲中?:03/05/21 07:57
>>92
そう?昨年の受賞作である「水の時計」は昨年の新人賞の中ではかなりレベルが高いと思うよ。
むしろ光文社の「日本ミステリー文学大賞」の方が狙い目だと思うがなあ。
ただ本格ミステリーに限るなら。鮎川賞、メフィスト賞、カッパワンのどれかだろうね。


94 :_:03/05/21 08:08
( ´Д`)/< 先生!!こんなのが有りますた。
http://togoshi.ginza.st/2ch/2ch05.html
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/2ch03.html
http://togoshi.ginza.st/2ch/2ch02.html
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/2ch08.html
http://togoshi.ginza.st/2ch/2ch06.html
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/2ch10.html
http://togoshi.ginza.st/2ch/2ch04.html
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/2ch07.html
http://togoshi.ginza.st/2ch/2ch01.html
http://www.togoshi.ginza.st/2ch/2ch09.html

95 :名無し物書き@推敲中?:03/05/21 18:36
350枚も無理でつ

96 :名無し物書き@推敲中?:03/05/21 18:55
↑ 350枚は長編としては最低ラインでしょ。それくらい頑張って書きましょう。
  また、短編だけではプロになれないように思えますが。
  その気がなければごめんなさい。

97 :名無し物書き@推敲中?:03/05/21 19:07
>93
いやいや「水の時計」の作者は前年最終まで残ってて、
すでにその頃から担当がついてたという噂。
今年は該当作なしだったけど、ほんと相当低かったらしい。
>出してた人いたらすまそ。
なので狙い目というのは信憑性あるかも。「日本ミステリー」
よりは知名度もあるし。


98 :山崎渉:03/05/22 02:39
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

99 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 08:35
おかしいな?どうしてどのスレもこんなにsagaってるんだ?
誰かがスレたてまくってんのかよ?求む名推理。

100 :吉本ぱなま:03/05/22 08:54
ミステリー作家は才能(アイデア)が枯渇するまでのスパンが短いから
気をつけなさいね。
ちなみに純文学はもっと短いですよ。

101 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 20:52
>>99
描写不足。推理するもなにも、どのような状況なのか、わからない。
と朱筆を入れてみる





102 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 23:12
犯人は山崎

103 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 23:19
旧『本格推理』では、石持浅海さんの「暗い箱の中で」が良かったですね。
石持作品は全部で3作採用されていましたが、どれもハイレベルでした。
昨年出た長編『アイルランドの薔薇』も、
本格ミステリとしての骨格に優れた秀作で、非常に感心させられました。

104 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 23:53
↑ 「アイルランドの薔薇」は、カッパ・ワンの最初の4作のなかでは、私は下から
  二番目と評価しています。意見は分かれるのは当然ですが。私なりに言うと、

1.双月城の惨劇
2.密室の鍵貸します。
3.アイルランドの薔薇
4.見えない精霊

 まあ、カッパ・ワンに採用されたのですから、それなりにレベルが高いのでしょうね。



105 :言い出しっぺ:03/05/23 03:48
私のカッパ・ワン

  題       理由
1 双月城の惨劇 =密室トリックのオリジナル度は、古今東西でもトップクラス!まれにみる傑作!
2 アイルランドの薔薇=ロジックの出来は、四作中最高!
3 見えない精霊=メインの手品トリックには、本当に驚かされたので!
4 密室の鍵貸します。=ロジックだけに焦点を当てるなら、四作中、二位なるも、
  メインとなる刺殺{アリバイ}トリックは、過去、芦辺さんがデビュー作でやってるし、
  加賀美さんも新本格推理02でやってるので、踏襲が惜しい。{創造者はヴァン・ダイン
  との噂も}


106 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 08:25
まあ、この四人はそれぞれ独自の特徴を持った本格ミステリを書いているから、
あえて誰が一番ということもないでしょう。
加賀美氏は壮大な物理トリックとゴシック趣味。
林氏は魔術的なイリュージョン。
石持氏はリアリティ溢れる国際感覚とロジックの展開。
東川氏は軽妙な文体と独特のユーモア感覚。
読者の方で、一番自分の好みに合った作風の著者の作品を選べばいいんじゃないかな。
そういう意味では、カッパ・ワンは結構作家の層が厚いのかも…。

107 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 08:55
>>105
お前さあ、そういうのをネタバレって言うんだよ
メル欄くらい使えっての。まだそれ読んでねぇよ馬鹿

108 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 09:20
↑ ここにもアラシがいるのかな? っていうか、105くらいの情報では、
  ネタバレにもならないでしょう。少なくとも、読んだことのある私でさえ、
  え、そうだったっけ? と思うくらいだから。


109 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 21:25

カッパワンのスレからのコピペしてみました

・200枚〜1000枚
・別紙に題名、梗概、原稿枚数、応募者の住所、氏名、連絡先電話番号、年齢、職業
 性別、応募歴、作品発表歴を明記して添付。
・ワープロの場合、A4の紙に、1行30字詰め、20〜40行。
・原稿には通しナンバーをつける。ホチキス止め、糊付けは不可
・締め切りは毎年6月と12月末(当日消印有効)
・優秀作品は随時刊行を予定。
・宛先 〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6 光文社 ノベルス編集部「カッパ・ワン」係

質問。梗概は原稿用紙にして何枚必要なんでしょう?

本来あっちきくのが筋なんでしょうが、書き込み頻度の高いこっちの方が回答が早そうなので。丁度カッパ・ワンの話題になってるので。

110 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 21:31
>>108
アホかお前は

111 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 21:40
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  <ケンカはやめれ! 漏れの質問に答えてくんな晴れ



112 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 22:08
「新・本格推理」募集要項
「新・本格推理」は、第3回に引き続き、第4回作品を募集中です!

募集内容 本格推理作品。本格の定義については、「本格推理」、「新・本格推理」シリーズをご参照ください。
応募資格 規定はありません。
原稿枚数 400字詰め原稿用紙に換算して100枚以内。ワープロ原稿が望ましい。
ワープロの場合、特に理由がない限り縦書きとし、A4用紙(横置き)に30字×30〜40行でプリントアウトしてください(上下に充分な余白を取り、読みやすさを心がけてください)。
お願い  別紙に、お名前(ペンネーム使用の場合は併記。ふりがな必須)、タイトル、連絡先の〒、ご住所、電話番号、E-mailアドレス、簡単な略歴を書き、添えてください。
また、原稿整理の都合上、クリップや紐など、簡単に外せるもので原稿の右上を綴じ、通し番号をふってください。
締切り  2003年9月末日(当日消印有効)
発  表 2004年1月末日までに全員に通知。
稿  料 印税支払い。著作権は本人に帰属します。
送り先  〒112-8011 東京都文京音羽1−16−6
     光文社文庫編集部「新・本格推理」係
編集長 二階堂黎人

113 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 22:18
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  おお、ありがと・・ぐえ、新・本格推理やんか


114 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 22:58
>>109
カッパの本の巻末に出てた募集要項では「簡単な梗概」としか書いていない。
そんなにこだわらないという意味だろう。全体の枚数に応じて適当に。
>>105
ネタバレの基準を立てるのは難しいが、特定できる過去の作品とトリックが同じと書くのは、
その過去の作品を読んだ人にはネタバレとなるので、要注意でしょ。

115 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:00
「トリックが同じ」は書かないでほしいな。

116 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:13
>114


  ^ ^
( ´∀`)y━・~~~ <ありがとうございます!  





117 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:14
ホントにトリックが同じなんか? 誰かおせえて!

118 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:21
>>117
おいおい、ネタバレを誘発する気か。この件は終了ということにしようよ。

119 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:33
^ ^
( ´∀`)y━・~~~ <眉毛がずれたので、もう一度。ありがとうござます。114さん。

このスレの住人はカッパ・ワンを目標にしてる人が多い? オール読物推理はパス?

120 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:34
だめだ。余計ずれた。

121 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:46
本格書いてるけど、カッパ・ワンなんてはじめて知ったよ。
メフィストとネクストしか知らんかった。

122 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:52
<速報>
日本推理作家協会賞は、長編および連作短編集部門で、
浅暮三文の「石の中の蜘蛛」と、
有栖川有栖の「マレー鉄道の謎」の2作。

評論その他の部門で、新保博久、山前譲編著の「幻影の蔵」。
短編部門は該当作なし。


123 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 00:11
  ^  ^
( ´∀`)y━・~~~ >>121
ボクもここで初めて知りました。ネクスト同様、下限200枚ってのがいい!



124 :言い出しっぺ:03/05/24 01:54
 私が{関係者を通じて}小耳に挟んだ出版サイドの情報を一つ。

 カッパワンの選に残るのは大変そうらしいです。
 事実、純粋な新人賞ではなく、プロも応募でき、かつプロでも
 出版に到れなかった人が数名もいたらしいという実状。

 その証拠に、{この先は、二階堂黎人サイトを参考}
 第二弾で出るミステリは、今月の新刊「首きり坂」一冊。
 つまり、この一年で、第二弾で選に残ったミステリは、これ一冊という厳しさ!
 溜め息。

125 :言い出しっぺ:03/05/24 02:07
>107
>114
 このスレに来ている方なら、一年前の話題作ぐらい読んでいるはずと、勝手な思い込みがあり、
 ミステリも一年程経てば少々時効かという自分の軽さと、過去の作に類似があることを知らぬ
 まま周囲が正当に評価できるのだろうか?
 という疑問があり、つまり考えるきっかけになれないかという意図があり、記載しましたが、
 少々、軽率だったかもしれません。以後、気をつけねば。


126 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 02:09
俺は文庫になってからしか買わねえしなあ。

127 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 02:16
>>125
煽る気はないけどさ、「読んでるはず」だと思うなら
わざわざここにトリック書く意味すらないでしょ。

128 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 02:35
>>125
>過去の作に類似があることを知らぬ
>まま周囲が正当に評価できるのだろうか?

かと言って、ネタバレされてもなあ・・・。


129 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 03:02
俺は芦辺の方を読んでないのだが

130 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 11:06
俺は両方とも読んでるが、あれを同じトリックというべきだろうか?
 言われてみて、はじめて、そうかな〜? てな感じ。

131 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 11:13
 しかし、カッパ・ワンは、「ジャンル不問」と言っておきながら、結局は本格推理
に特化してしまったか。漏れはそれが正しい道だと思う。いまさらメフィストやNEXT
のまねをしてもしょうがないから。

132 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 11:59
http://elife.fam.cx/



133 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 19:54
メフィストは、雑誌での作品の評価やこれまでの実績が大きい。
ネクストはコメントシートが売り。
これらに比べて、カッパワンにはあまり魅力を感じないのだが……


134 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 20:18
いや、キュウリの好きな奴はカッパが好いと思うはずなり。

135 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 21:44
メフィに比べて競争率は低いかなぁと思ってたんだが、厳しそうだな

136 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:06
>>133

 NEXTはコメントシートが売りかもしれませんが、返答が来るのが非常に遅れて
おり、しかも、第1弾がライトノベル系だったことから、その権威が最初から薄れて
いるようです。また、印税も8パーセントだし。
 光文社の新・本格推理も8パーセントとのカキコがありましたが、カッパ・ワンは
何パーセントなんですかね? 過去の受賞作の質からすると、私は、

 メフィスト>カッパ・ワン>NEXT

 だと思うのですが……。


137 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:24
でもカッパワンなんて存在すら知らなかった。

138 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 08:10
そうかな? 少なくとも最近のメフィストの本格系の作品(「クロック城」や「フレームアウト」、「蜜の森の凍える女神」)よりは
カッパ・ワンの本格ミステリの方が作品的には優れていると思うが。
「本格ミステリベスト10 2003」にも、カッパ・ワンの四作品は全て30位以内に入ったのに、
メフィスト系の昨年デビュー組は西尾維新だけじゃなかったっけ?
現在刊行されている「首切り坂」も、なかなか評判いいみたいだしね。
後発の賞だから知名度は今一つだけど、挑戦してみる価値はあると思うよ。

139 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 13:21
136です。
>>138
 単年度で比較するとそうかもしれませんね。私の上の比較図は、質もさることながら、
長年の実績を考慮したものだと思って下さい。また、個人的な見解がずれるのは当然ですし。
 但し、「蜜の森……」がイマイチなのは認めますが、「フレームアウト」は、ある意味
すごい作品だと思いました。ジャンル的に本格なのかホラーなのか曖昧な点があるので
損をしていますが。


140 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 14:52
まあ、本格とホラーは両立するわけだが

141 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 16:50
NEXTはコメントシートを5ヶ月以内にくれて、カッパ・ワンは受け取り確認通知を
くれる、とどこかで聞きましたが、カッパ・ワン受賞の発表はどのような形で、いつなされるんでしょう?


142 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 17:11
>>141
基本的にカッパ・ワンには授賞式というのはないからね。
本人宛に編集部から刊行する旨の通知が行く以外は、本ができあがるまで公式な発表と
いうのはないみたいだよ。
今回の第二弾の刊行も、四月新刊の折り込み広告で発表されたくらいだし…。
出来れば「ジャーロ」誌上ででも発表してほしいよね。


143 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 19:18
>>142 なるほど。回答、ありがとうございます

うーん、NEXTにすべきか、カッパ・ワンにすべきか、迷うなぁ。五ヶ月経っても
NEXTはコメントシートをくれないという話も聞くしなぁ。

144 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 20:52
少なくともこの板での盛り上がりは明らかに
ネクスト>>>>>>メフィスト≒カッパ・ワン
なんだけどな……。

145 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 21:01
>>141
カッパワンの応募者は落選をどうやって知ることになるのかな?
半年ぐらい経って、出版の連絡がなければあきらめろということなのか?

>>144
この板での盛り上がりといっても、ネクストの場合、
第一弾発表前→小説すばる新人賞に対抗できるエンタメ一般の賞という期待。
第一弾発表後→ライトノベル系エンタメの新人賞という期待。
であって、ミステリ書きにとっては、それほど期待できるもんではないと思うが。


146 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 21:03
 ベスト新書 > プロ作家養成塾 小説の書き方すべて教えます>/ 若桜木虔/著
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30956051

実際に教え子を何人も作家デビューさせたことがある現役作家先生が
小説の書き方などについて書いてある本です。
本気で小説家を目指している人は是非お読み下さい。

147 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 21:04
俺はネクストスレ住人だけど、第1弾発表以降送る気は完全に失せたな。
いまのところ第1志望メフィスト、第2志望カッパワンだ。
ちなみにカッパワンはこの板に来てはじめて知った。

148 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 00:31
>>145
>カッパワンの応募者は落選をどうやって知ることになるのかな?
>半年ぐらい経って、出版の連絡がなければあきらめろということなのか?
えっ? 141のボクにきいてんの? わかりまてん。
142さんにきいてみよう。どうなのさ? 142さん。






149 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 00:52


142じゃないけど。
 カッパ・ワンは、応募者一人一人に封書で通知が来るよ。但し、以前、「新・本格推理シリーズ(仮称)」
として、「本格推理」に二回以上取り上げられた人を対象として長編を募集していた際はかなり詳しいコメン
トを書いてくれていたようだが、カッパ・ワンは、単に「落選しました」とか書いてあるだけで、内容につい
てのコメントはないらしい。

150 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 01:03

ありがとうございます。
ええと、で、その「落選しました」とか書いてある通知は、いつ頃くるのかまでは、
わかりませんか?

151 :言い出しっぺ:03/05/27 05:07
 どうもカッパワンは、NEXTをお手本にする傾向に移ってきたような気が? 最初は本格系からスタートなるも、
 いきなり、本格の受賞作は一作のみ。でも「首切り坂」は、あれとあれに似ているし……でも充分、オリジナリティも
 あるのでよかったですが。去年と比べると、ちょっとダウン……。カッパワンではありませんが、柄刀一さんの「アーサー」
 が凄すぎたので、あれを読んでいなければ……と。
 そして私も、メフィストやカッパ。あと、このミス大賞に魅力を感じてる一人ですが、賞の方針が曖昧なので、年度によって、
 難易度も変わってきそうですね。実際、本格のレベルに関すると、現在日本のトップクラスを走ってるという印象の柄刀一さんも
 落選してるし、その反面、高里さんや中島さんのように、推理小説として、非常にレベルの低い作品が受賞。やはり年度により差が
 あるのでは?

152 :言い出しっぺ:03/05/27 05:10

 訂正
>印象の柄刀一さんも落選してるし
>印象の柄刀一さんもメフィストには落選しているし
 の間違いです。

 あと、この前の書き込みの際、いくつか改行に失敗しました。


153 :_:03/05/27 05:14
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz02.html

154 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 05:20
貯金貯金

155 : :03/05/27 05:39
ニッポン放送社員が江戸川乱歩賞受賞
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200305/gt2003052721.html

156 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 06:37
>>155  サンクス
>赤井三尋氏が「二十年目の恩讐」で第49回江戸川乱歩賞を受賞した。
>また「マッチメイク」で不知火京介氏も受賞した。

不知火氏は25回小説推理新人賞でも2次通過者に名前有りますた。

157 :降臨?:03/05/27 08:23
>>154 貯金貯金、か。 なんか意味ありげなこと書いてるなぁ。
もしかして乱歩賞か小説推理新人賞でもとったのか? 


158 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 09:20
ミステリ読み且つミス板に棲息する俺から言わせれば
ミス板的認識は以下のとおり

メフィスト:ネタ提供、いつもご苦労さま
ネクスト:板で話題にもならない
カッパワン:期待してたが死ぬほど地味
このミス大賞:なんでもかんでも出版すなボケ
乱歩賞:カビがはえてます
横溝賞:かつてクズ賞、今再評価

まぁメヒ以外、新人賞は話題にもならない過疎板なんで参考にはならんナー

159 :158:03/05/27 11:14
うち、スレがあるのはメヒ・ワン・乱歩・このミス。
住人のカキコ状況も上の順序だと思われる。良くも悪くもメフィスト賞は話題のタネですが、巻末討論なんかが話題になることはメッタに無いですな。
新人もほとんど話題にならない。
むしろ京極以降のキャラ路線の是非を問う、みたいな話題が多い。
まぁ、ミステリとして面白ければなんでもいーんで、皆さん頑張ってくださいな。
生暖かく見守っています。

160 :やじうま推理:03/05/27 12:28
>>155
小説推理新人賞の選考日が5/20で 、乱歩賞が5/23
不知火京介氏乱歩賞受賞の発表を受けて、小説推理はどう動くのか?
小説推理新人賞も受賞が決定しているのなら、なんの問題もない。
だが、落選しているとなると、乱歩賞作家の作品を捨てることにもなりかねない。
漏れ、不知火氏が小説推理新人賞でも佳作以上の賞を受けるに、200ペソ



161 :やじうま推理:03/05/27 12:33

155ではなく、>>156でした。まぁ、どっちでもいいか


162 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 17:41
>>158
まあ、ネクストはまだ(本格)ミステリは出してないしな。
しかし書き手のほうであるこの板では、なんでネクストが盛り上がって
メフィストやカッパワンは盛り上がらないんだろう。

まあたぶん、メフィストやカッパワン志望の人はこんなところ
見る間も惜しんで書いてるってことだろうな……。

163 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 19:20
>>160
小説推理新人賞に佳作なんてないぞ。
ネット検索したところ、不知火氏は今年の横溝賞で一次通過止まり。
赤井氏は二年前に日本SF新人賞一次通過止まり、というのがでてきた。
別名義もあるかもしれない。
二人とも、地道に努力して栄冠を勝ち取ったということだろうな。

164 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 19:28
>>163
やっぱり最終選考常連のツワモノが受賞していくんだね。

去年のオール読物推理新人賞の朱川湊人氏は、今年のホラー小説大賞短編賞
もゲットしてる。さすがだね。

165 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 20:03
昨年まで、乱歩賞の予選委員だった吉野仁のHPを読んでビックリ。
「予備選考の段階でダントツの支持を得て最終に残った2作品は落選した」そうだ。


166 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 21:07
選考委員に嫌いな作家が居座っていると悲劇だよな。
こいつにだけは見てもらいたくねえよ、みたいな。
俺の場合、カタカナ語大好きな「村○○」はいやだ。

167 :やじうま推理、ふたたび:03/05/28 10:03
>>163
いや、漏れが言いたいのは、乱歩賞作家になってしまった不知火氏との今後の関係を考えて
選考会で不知火氏が落選しているのなら、小説推理がなんらかの賞を急遽、用意するだろう、ということ。
だから、佳作という名称ではないかもしれない。「編集部賞」なんていうものかもしれない。
まぁ、そのへんは商売だから、漏れは生暖かく見守っているけど。

168 :山崎渉:03/05/28 10:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

169 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 11:25
いいだっしぺさんに質問。 
カッパワンの選考委員っているの? 編集のみ? 二階堂黎人もからんでいるの?
以前、いいだっしぺさんが、カッパワンの厳しさについて言及されたとき、詳しくは二階堂黎人のサイトを
見れ、とおっしゃってましたが、それがサイトのどこに書かれているのかみつかりませんでした
おしえてちょ


170 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 11:32
169訂正
誤:いいだっしぺさん

正:言い出しっぺさん


171 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 14:38
>>169
漏れは言い出しっぺさんではないが…。
基本的にカッパ・ワンはノベルズ編集部内での選考になるため、
選考委員というのはいない筈だよ。
但し、第一回の時は佳多山大地などの探偵小説研究会の連中が下読みをして、
そこからセレクトしたものを更に編集部で絞り込んだらしい。
ちなみに佳多山が担当した原稿の中に加賀美の「双月城」があって、
その出来の良さに驚いた佳多山が、編集部に強力に推したのが
加賀美がデビューするきっかけになったらしいよ。
二階堂黎人は「本格推理」シリーズのみの担当で、
カッパ・ワンの選考には絡んでいない筈。


172 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 14:39
アダルトDVDが安い!

http://ime.nu/www.net-de-dvd.com/


173 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 15:14
>>169
言い出しっぺさんが言っている「二階堂のHP参照」というのは
「カッパ・ワンの第二弾の中で本格ミステリは『首切り坂』一篇のみ」
という部分であって(5月21日の恒星日記参照)、
選考の厳しさ云々は言い出しっぺさん個人の意見ではないのかな?

174 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 15:37
>>171 ありがとうございます
すると、nextと同様ってことですか。
ちなみに、予選通過歴とか掲載歴があると、早く合否が出るなんてことは、
あるんですかね?  えーと、本格推理で採用されたことのある方、
そのへんはどうなんでしょう?



175 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 15:51
>>173 なるほど。読みますた。ありがとうございます

漏れの拙作、ばりばりの本格ではなく、本格風味なんですが、5ヶ月以内に
カッパワンの合否がでるなら、奥手みようと思ってます。普通、どれくらいで来るんでしょう?



176 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 16:50
>>175
これは一概に言えないんじゃないかな?
と言うのも、編集部の方できちんと半年毎に受賞作を出すかどうかが確定していないからね。
現に今回の第二弾は、昨年の八月末に締め切った分と十二月末の分から三篇を選出しているし。
販売政策上の問題から、半年毎に一篇の受賞作を出すよりも、
一年間のスパンで複数の受賞作を同時に出した方が有利という考えかも知れない。
そうなれば当然、早い時期に投稿した人のところへ結果の通知が来るのは遅くなるよね。
まあ、半年経って何の連絡もなければ、編集部に問い合わせてみるのもひとつの手段かも。
「選考に関する問い合わせには応じられない」と要項には書いてあるけれど、
投稿者には自分の作品の採否を尋ねる権利がある筈だからね。
半年も待っていれば、編集部もむげには断わらないと思うよ。


177 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 17:37
>>176 なるほど。
ますます悩む。本格風味だけにますます悩む。
ちなみに、まだ13枚しか書いてないけど。
176さんは進んでます?


178 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 19:29
>やじうま推理
甘いと思うよ。出版社や編集の人間のものの考え方がわかっていないようだね。
小説推理を出版している双葉社は、講談社に比べたら、弱小出版社かもしれない。
だが、編集の人間のプロ意識というのを軽く見てはいけないよ。
講談社が力を入れる新人に俺たちが手を貸してやる必要はないだろうといった意識だと思うよ。
雑誌に連載載せたがる有名作家はたくさんいるし、無理して新人のために枠を増やす必要はないのさ。
乱歩賞受賞といっても、たかが新人作家一人に媚を売るようなまねはしないだろうよ。

179 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 20:29
>>166
>カタカナ語大好きな「村○○」
  ↑これ誰のこと? もすこしヒントくらはい
漏れもカタカナ語を多用するやつは嫌い。そんなのが選考委員をやってるんすか?



180 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 23:24
>>179
芥川賞だか直木賞の選考委員の人でしょ?
むかし、「日本はださい、アメリカの言葉はかっこいい」みたいなことを
平気で言ってた人。
あの賞はほかにも、石○慎太郎とか林真○子とか、
作家としてあまり好きじゃないのが多いなあ。

181 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 07:24
>>179 村八分

182 :名無し物書き@推敲中?:03/05/30 08:27
>>177
今書いているのは孤島の連続殺人もので、原稿用紙で500枚くらいまで書いたよ。
でもまだ予定の半分もストーリーが進んでいないんだなあ。
この分だとカッパ・ワンの上限である1000枚を超えてしまうかも……。
そうなったらメフィストに応募してみるよ。
ただ、余計なことかも知れないけど、まだ作品を完成させていないうちは
特にどの賞に応募しようなんて決めない方がいいんじゃないかな?
要は自分が一番書きたいと思うものを書けばいいんであって、
出来あがった作品の傾向から応募先を探しても遅くはないと思うよ。
まあ、お互いに頑張ろう。


183 :直リン:03/05/30 08:28
http://homepage.mac.com/yuuka20/

184 :通りすがり:03/05/30 18:22
>>182
おお…なんか大人だ。頑張って下さい、応援します。

結構本格ミステリを読んでいる方だと自負していたのですが
ネクストって賞があるのは今初めて知りました…。

185 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 16:25
なんだなんだ、数日間書き込みがなくて下がっているじゃないですか。

 んでは、漏れも本格推理に挑戦しようと思います。まずはメフィストでやってみましょうか。

 そこで質問です。
(その1)
 6月中に応募したら、次の号でもう評価は出るのでしょうか? 確か次は9月発行
と思ったけど。但し、出るのは8月でしょうから、ギリギリだとは思いますが。
 もしダメだとしたら、次号に載せるためには、いつまでに応募すれば良いのでしょうか?
すでに、8割がた書いているので、急げばあと一週間くらいでも出せなくはないです。
(その2)
 メフィスト向けの応募原稿って、30文字×30行なんですね。これだと、1枚あたりが
原稿用紙2枚プラスαくらいにしかならないので、印刷枚数がかなり多くなりますよね。
他の(もちろん、読みやすく見やすい)書式ではいけないのでしょうか? まあ、編集部が
その書式を指定しているのだから、それに従うのが一番なんでしょうが。


186 :名無し物書き@推敲中?:03/06/03 03:41

 よく和歌欄が、8月上旬発売と考えて、7月下旬には原稿上がり。それに間に
合うには、遅くとも6月の半ばくらいまでに応募(到着)する必要があるのでは?


187 :名無し物書き@推敲中?:03/06/03 13:44
185>>
 今月いっぱいなら間に合うそうだよ。それ以降は次号に回されるって。
直接問い合わせたから確かだよ。
 書式については、う〜ん……。

188 :名無し物書き@推敲中?:03/06/09 15:00
 お〜い、みんな、もっと本格推理系の新人賞についておおいに語り合おう。このスレ下がっていると寂しいよ〜。

189 :アダルトDVD:03/06/09 15:01
女性だってエッチなDVDが見たいそんなときは!
ここがいい!!

http://ime.nu/www.net-de-dvd.com/


190 :名無し物書き@推敲中?:03/06/09 21:36


あ〜あ、せっかく上げたらこれかよ。


191 :言い出しっぺ:03/06/10 01:50

 久々にレスを!
 これぐらい何でも多様化してきた今の時代、読者がミステリに求めるものが
 わからなくなってきているんですが。

 なかでも本格は、先達の築いてきた線路の上を保守的に進んでいける
 要素は高いもの、それでも多様化してきてますよね。
 一体、時代はどんな推理小説を求めているんでしょうね?


192 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 07:53
最近の本格ミステリの動向を見ていると、あまりにも増殖・拡散しすぎた現代のミステリを
統合・再編しようとする動きがあるようだね。
有栖川有栖の『マレー鉄道の謎』のような純粋な謎解きミステリが推理作家協会賞を
受賞したのがいい例だろう。
一時期脱格系ミステリの総本山だったメフィスト賞も、ここ最近はオーソドックスな本格
ミステリが受賞しているし、カッパワンの第一期の四作品などは王道を行く本格ミステリ
だもの。
結局、本格ミステリという小説形態は、時代の影響を受けつつもひたすらに自己完結を
目指すものなんじゃないのかな?
漏れとしては、変に時代に媚びることなく、能や歌舞伎といった古典芸能のように、
時代の流れに流されない確固とした砦を築いてほしいと思うのだが…。

193 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 10:42
「死都日本」は正統派の本格ミステリ

194 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 11:30
>>193
いや、あれと「それでも警官は笑う」は例外ということで…。
あくまでミステリ系の受賞作で見た場合だね。

195 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 12:16
「フレームアウト」も、「死都日本」と「それでも、……」ほどではないが、やはり
本格ミステリとは全然異質だと思う。

 ところで、本格ミステリを読む人は、「俺の力で犯人を当ててみせる」と意気込んで
読んでいるのだろうか? それとも、「どうせ解けないから、結末見てびっくりさせて
もらおう」と思って読んでいるのかな?


196 :_:03/06/10 12:23
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz07.html

197 :直リン:03/06/10 12:31
http://homepage.mac.com/yuuka20/

198 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 12:38
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page002.html

199 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 19:26
メフィスト賞が無くなったって本当?別の板で見たんだけど・・・

200 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 19:28
わたしもそれが知りたい。ずっと気になっていた。

201 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 22:08
え、まじで。>メフィスト賞
本屋に寄るか……。

おいらはミステリを読む時は何でもいいので
「驚き」を期待しながら読みます。その驚きの
先にもう一つ何かがあるとなおよし、かなぁ。

202 :39181:03/06/10 22:10
http://pink7.net/masya/
Hな出会い
http://ran.sakura.ne.jp/~deai/cgi/rank.cgi?dokiri


203 :名無し物書き@推敲中?:03/06/10 22:36
このミス賞に興味ある人はいないの?

204 :名無し物書き@推敲中?:03/06/11 02:47
え゛え゛っ、メフィスト賞がなくなった?

 それはないでしょ。このあいだ文三に電話して、次回の締め切りとか聞いたばかり
だから。
 おっと、他のスレも見てみようっと。


205 :名無し物書き@苦悩中? :03/06/11 08:06
ミステリ原稿をダチに読んでもろたら、プロットOK、読みやすい、
でも比喩が消防レベルと言われますた。漏れはどうすればいいでしょう?


206 :名無し物書き@推敲中?:03/06/11 08:12
>>199
無くなるのではなくて、誌名が「ファウスト」と改題されるのに関連して
リニューアルされるらしいよ。
「ファウスト賞」となるのかどうかはまだ未確認だが。

207 :名無し物書き@推敲中?:03/06/11 08:15
>>205 比喩をきたえなよ

208 :名無し物書き@推敲中?:03/06/11 08:53
>>206
メフィストとファウストは別雑誌だろ


209 :名無し物書き@推敲中?:03/06/14 20:40
「新・本格推理」〆切まであと100日ちょっと。
そろそろ気合いを入れようっと・・・。

210 :名無し物書き@推敲中?:03/06/14 22:55
 漏れは、新・本格推理向けの短編を既に書き終えているよ。まあ、合格するか
どうかはわかんないけど。それと、同じくそれ向けに書こうと思って考えていた
作品があるんだけど、内容が複雑になり、しかも、非常に斬新なトリックを思い
付いたので、長編にしてもっとビッグな賞に応募したくなった。


211 :名無し物書き@推敲中?:03/06/15 00:02
おまえらよく短編思いつくな。

212 :名無し物書き@推敲中?:03/06/15 11:30

 短編の本格推理って、一番書きやすいんじゃないかな? 小説初心者の人でも
とっつきやすいような気がする。「思い付く」というのは、トリックさえ思い付
けばいいんじゃないかな? 短編ならワントリックに肉付けするだけで良いから。
 

213 :名無し物書き@推敲中?:03/06/15 22:57
つうか面白い短編書くのは長編より難しいと思う。
つまらん短編は簡単だが。

214 :名無し物書き@推敲中?:03/06/16 01:20
 212だけど、「本当に面白い長編」を書くのは、「本当におもしろい短編」
を書くより更に難しい。そして、「作者の力量があまり高くなくても、そこそこ
読める本格短編」というのは、わりと書きやすい。というのが小生の考え。
 まあ、ひとそれぞれ多少の意見のズレはあるでしょうね。ですから他の考えも
決して否定するつもりはありません。

215 :名無し物書き@推敲中?:03/06/16 21:49
松本清張賞が変わったね。エンタメ一般の賞ということで、選考委員を一新。
賞金も500万円にアップし、枚数は300〜600枚、〆切は12月20日となった。
本格志向の強い人には関係ないことかもしれないけど、
ミステリとして認められるかどうか微妙なものを書いてる人にとっては、朗報だね。

216 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 00:53
 そうなんですか。以前は確か、400枚以下だったと思いますが、これで、完全に
長編が対象の賞になったわけですね。
 歴史とミステリーと、両方受け付けるのかな? 
 そのサイト、よかったら教えて下さい。


217 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 00:55
文藝春秋のホームページの各賞の紹介というところ。

218 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 03:46
よし松本清張賞に送ることに決めた。
清張の本は読んだことないが。

219 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 07:55
おまいらミステリ好きか?
別にどーでもいーや、って感じだな。
そんなに作家になりたいんか?
ミステリだとデビューしやすいから?

ナメんなカスども。
おまいらみたいな糞ワナビーがバカ詐欺先生の作家講座を受講したりするんだろうな。
おめでたい話だ。

220 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 08:35
>>219
現在の出版状況からすると、むしろ本格ミステリはデビューしにくいだろ。
それでも「自分は本格が好きだから」と、あえて挑戦する
この板の人達を漏れは応援するよ。
少なくとも自分は何の努力もせずに他人の揚げ足を取ることしか出来ないお前より
人間的に数段マシだものな。

努力が必ずしも報われるとは限らない。
しかし努力しない奴が報われないのは確実。
まあ、お前のような奴は一生他人の成功を妬んで、
2ちゃんねるに女々しい書き込みを続けるのがオチだな。


221 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 10:56
>>220に同意。
だけど、219のような中傷だけ生き甲斐の人間って意外に多いんだね。
彼等は何が楽しくて、或いは何が辛くて、スレ汚しを続けるのか、
それだけが分からないんだな。


222 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 12:36
>>218

>よし松本清張賞に送ることに決めた。
>清張の本は読んだことないが。

 ここは本格推理限定スレッドなので、ちょっと趣旨はずれるが……。
 私個人としては、「松本清張」という人物は極めて偉大で、他の多くのビッグタイトル
の名となっている先達(つまり、直木三十五、芥川龍之介、江戸川乱歩、横溝正史、etc)
よりもむしろビッグだと思っている。ただ、「歴史的に先に活躍した」という事実はいか
んともしがたいので、清張がよりビッグな人としてタイトルになることは考えにくいが。
 松本清張賞に応募するのであれば、少なくとも氏の作品を十以上は読んでおく方が良い
と思う(絶対必要条件とは言わないが)。ちなみに、私は彼の作品はほとんど読破してい
る。それだけで本棚がいっぱいになるくらいあるよ。

223 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 13:52
>>222
スレ立て人が>>63で、本格に限定しないことを明言しているので、スレ違いではない。
清張は、俺としては短編集、とくに新潮文庫の短編集(五)(六)はお勧めだと思う。
だが、現代の書き手にとって参考になるミステリーの長編は、ちと思い浮かばない。
長編でお勧めといえるのが何かあるかな?

224 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 17:02
 確かに、清張の主立った作品(出来の良い作品と言い換えても良い)は、主として
新潮社から出ているものに集中していると思う。
「現代の書き手にとって参考になるミステリーの長編」と言われるとちょっと困るが、
逆に、「犯人の心理描写や、社会的背景などを駆使したストーリーテリングは、どの
作品をとっても、時代を問わず参考になるものばかりだと思う。「広義のミステリー」
などという言葉自体、彼がいなければ産まれなかったかも知れないのだから。
 これという作品をピックアップするのは難しいくらい、どれを取っても秀作だと思う。
新潮文庫で出ている長編はどれを取ってもかなり読めるし面白いから、適当にピックア
ップして読めば良いと思う。
 ただ一つ気を付ける必要があるのは、「彼が活躍したのは主として昭和三十年代であ
る」ということだろう。それを念頭に置いて読むことが必要だと思う。ようやくテレビ
が普及し始め、コンピュータなどというものはない。コピーは青焼きとよばれる旧式の
ものしかなく、車は今よりずっと少なかった。通信手段は電話や電報以外になく、人々
の所得も少なく、海外旅行は一部の人しか行けなかった。そんな時代なのである。




225 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 18:13
ミステリ読者をナメンナっつってんだボケ

226 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 18:14
ミステリ読者をナメンナっつってんだボケ

227 :名無し物書き@推敲中?:03/06/17 22:28
権田万治は「日本で一番トリックを考え出したのは清張」と言っている。
これは狭義のトリックを指してのものだけれど、
清張は、【社会派】というレッテルの持つ偏見にとらわれなければ、
本格の文脈でも十分語れる作家だと思うよ。

228 :名無し物書き@推敲中?:03/06/18 01:23


>本格の文脈でも十分語れる作家だと思うよ。

 確かに語れますね。但し、作品全体に占める「本格推理の味わいのある作品」の数は、
やはり少数派ですね。ざっと、2割もないかな、というのが私の感想。それでもかなり
ありますね。解決のプロセスや文体などが違うだけで、有名な「点と線」はまさに本格
推理ですね。
 私は清張のファンではありますが、「社会派」として彼をくくるのは適切ではないと
思っております。


229 :名無し物書き@推敲中?:03/06/18 01:25
>>225
>>226

 あ〜あ、二回も書き込みしちゃって。それにまたつまんない突っ込み入れて、そんなあんただから
バカにされるんだって。

230 :言い出しっぺ:03/06/18 02:45
219さんへ
>おまいらミステリ好きか?
 好きですよ。それが悪いとも思いませんが?

>別にどーでもいーや、って感じだな。
 世の中は、相対的なものなで「どうでもいい」と、「どうでもよくない」どちらも正論では?
 よって、私の視点から見ると、219さんの発言は、「どうでもいい」と思っているのですが?と言うか、あなたの発言の意図自体がわからない。
 推測でしか言えないので申し訳ありませんが、219さんの「ミステリだと、デビューしやすいから?」という{内実を知らない、一人相撲な}発言から、
 219さんが例えば「俺は難しい純文学の賞を狙っているんだよ。だから、ミステリを仲介して作家デビューを狙っている奴が、小さく見える」とか思っているなら、
 むしろ219さんの方が、表現に対する見解が狭いのではないですか?

231 :言い出しっぺ:03/06/18 02:47

>ナメんなカスども。
 カスという人が、カスなのでは?
 ご自身の知性に自信がおありなのではと察しますが、
 逆に、理に落ちているのは、あなたの方ではないでしょうか?

>おまいらみたいな糞ワナビーがバカ詐欺先生の作家講座を受講したりするんだろうな。
 私は受講者ではないですが、その発言からプロファイルするに、
「自分は独学以外は認めない」というスタンスのようなものを感じるのですが?
 そのような極論を言う場合、それなら原点から向き合わなければならないのではと私は思うのですが?

 例えば、人間と動物を区切る決定的なもの。そう「言葉」や「知識」を教えていただいた義務教育自体に感謝するべきでは?と。
学ぶことに感謝する気持ちがあれば、そのような短絡的な発言自体、軽々とは行ったりはしないのではと思いますし。


232 :言い出しっぺ:03/06/18 02:48

 しかし、その自信の裏付け自体、219さんがそれまで培ってきた学歴や、日々の学習に
よる裏づけあってこそ、ご自身の知性の凄さをここで歪曲的に披露してしまっていると
いう{推理小説に言うなら}論理が、ある意味、成り立っていると思われるのですが。

 結局、人が批判する時は、何事もうまくいっていないことが多いと、自分の経験からも
理解はできるので、毒づくお気持ちはわからないことはないですが、批判する前に、本格
ミステリという概念を、まず理解されてみられてはどうでしょう?

 確固としたジャンルが出来上がっていると言うのは、そこに必ず歴史が存在しています
し、ミステリを馬鹿にすることは、その歴史自体を非難することにつながりかねないので
、その辺も、理解しただいたうえで、今後、発言の方、お願いいたします。


233 :言い出しっぺ:03/06/18 02:49

 それと、作家を目指されているのでしたら、もう少し視点を広く持たれた方がいいと思
われますが。

 物事の奥行きを無視して、認める、認めないとか、好き嫌いも含めて、普段から物事を
表面的というか、単純に見ているのでは?と、私には感じ取れましたし。これでは、発言
を誤解された場合、言い訳が効かなくなる場合も多々、あると思われますし。

 小説は、普段の物の見方、言動があからさまに活字に表れるジャンルなだけ、作者の視
点が狭いと、偏った作品しか書けなくなり、結果、読者の気持ちをつかむことも難しくな
ると思うのですが?
 以上。

234 :名無し物書き@推敲中?:03/06/18 02:50
>>230
煽りは無視しろよ。スレ立て人なんだからさ、少しは考えろ。
本格ミステリを書いている立場から、清張についてなんかコメントはないのか?

235 :言い出しっぺ:03/06/18 02:57
訂正
>230
>世の中は、相対的なものなで
 世の中は、相対的なものなので

>232
>{推理小説に言うなら}
 {推理小説的に言うなら}

 他にも多々、敬語の表記などに間違いがありますが、
内容に触れるほどではないので、訂正はこの二点にしておきます。

>234さん
 清張賞がチェンジすることを聞き、驚いています。
 なので、考えもまとまらない次第。まとまり次第、またレスする予定です。

236 :名無し物書き@推敲中?:03/06/18 10:15
>それと、作家を目指されているのでしたら、もう少し視点を広く
持たれた方がいいと思われますが。

フーン

237 :名無し物書き@推敲中?:03/06/19 19:55
ミステリーはデビューしやすいか?
真面目に考えてみると、微妙な問題だね。
純文学やエンタメ総合の新人賞の場合は、応募数千通を越えるのが普通。
これに対して、ミステリの場合、最も多い新人賞でオール読物推理の五百通程度。
本格の長編の新人賞の鮎川哲也賞は、百通を切っているよね。
応募数だけで単純に比べると、確かにデビューしやすいとも思える。
だが、受賞レベルの作品を作り上げる難しさは、他のジャンルとそんなに変わらない気がする。
新しいトリックを思いつくのは至難の業だし、文章力や人間を描くことも要求される。
応募数だけみて狙い目と考えるのは甘いと思う。
俺としても、好きだからミステリを書いているだけで、競争率はあまり気にならない。

238 :名無し物書き@推敲中?:03/06/20 02:52
好きこそものの上手なれ(だっけ?)

いい言葉だと思う。おいらもミステリが好きで
書きだしたクチだし、それでいいと思う。
本当にミステリを好きな人がおもしろいミステリを
書けると思う。

>>237に激しく同意 という事を一般論に近い形で書いただけ…)

239 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 19:16
オール読物推理の投稿原稿がだいたいできますた。
お〜い誰か、出す人いませんか?
応募要綱みると、この新人賞は概要がいらないのかな?

240 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 19:37
>>239
俺もほぼできている。
3週間ぐらいかけて推敲して、5回も刷り直したから、もういいかなと思っている。
早く次の作品に入りたいので、二、三日中に応募する予定。
梗概は募集要項で必要とされていないから、いらないだろ。

241 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 20:08
一部だけ読ませてよ。
5行くらい。
どんな文章なの?
おれ興味ある。

242 :_:03/06/22 20:10
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

243 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 20:40
>>241
5行くらい読んで何がわかるんだ?
面白い奴だな、おまえ。

244 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 20:45
下手の横好き……

245 :名無し物書き@推敲中?:03/06/23 23:57
中には高村薫のように「私をミステリ作家と呼ぶな!」なんて発言する作家大先生もいるしな。
桐野夏生も同じ趣旨の発言をしているし。
ミステリを卑下するような作家にはなるなよてめーら。

246 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 16:55
「このミス」2回は170作か少ないな〜。

247 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 17:22
 この時期、ミステリー関係の募集はないのかな? 本格でもそうでなくてもいい
けど。長編で、NEXTでもカッパ・ワンでもメフィストでもないやつ。


248 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 17:35
>>246
少ないね。高額賞金や同時期の〆切だったサンミス大賞が終わったことから、
かなりの応募数があると予想していたんだけどね。
少し考えてみたが、どれが主な原因だろうか? 
1.去年の受賞作への疑問? 
2.書評家たちへの不満?
3.出版社への信頼のなさ?
4.賞金で釣ろうとしていることへの反発?

>>247
9月末〆切の角川の横溝賞がいちばん近い。

249 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 17:48
>>248
足りないおつむで考えたんですけど、
おっしゃられるように、1,2,3あたりの要因が大きいのかなと思います。
1に関しては逆に、このくらいなら俺も、って考えるかもしれませんね。
それとプラスして、
・宝島社がミステリー後発であること、文庫化の際のネームバリュー。
・賞金はランポ賞が初刷り5万あるので、実質賞金1800万となり、
賞金的には多いと思われる点。
・賞の名前、もっと権威ある名前にして〜という意見も良く聞きます。
・映像化の際のコネ
このミス出身のが確固たる作家が出てくれば人気も高まると思いますから、
受賞作よりも受賞第2作目に注目ではないでしょうか。

松本清張賞がジャンル括りが弱くなったので、作品はそっちに流れていくかも
しれませんね。もし、推理作家協会賞や直木賞狙うなら、その道で強い出版社でしょうから。

250 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 18:01
本格には厳しい時代が続く。
新・新本格まで出尽くしちゃったからね・・
なんかメフィストも本格排除するような動き見せ始めたし・・・

251 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 18:07
アマゾンのレビュー見ても若い読者賞層は圧倒的に舞城や西尾指示してますからね。
ライトタッチな物書きにとっては、そっちはそっちで望ましいのでしょうが。

252 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 18:48
このミス第1回の応募数はどれくらいだったんですか?

253 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 18:59
1回の応募総数は見たことないです。
少ないので公表してないのでは?

254 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:02
俺のメモ書きによると、このミス第一回は、163作。
参考に、ミステリ長編のの最新の応募数を挙げると、
横溝→146、鮎川→67、乱歩→355、日本ミス→138だね。

255 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:14
>>254
ということは、応募数増えてますねw>このミス

256 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:18
おすすめ
http://pleasant.free-city.net/


257 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:30
第1回は、募集開始が遅かったんだよ。確か年末のこのミス誌上ではじめて、募集をはじめたはず。
サンミスは毎年300前後、年によっては400以上、応募があった。
それが去年で終わったのは、同じ時期を〆切にしたこのミス大賞がはじまったのも理由の一つだと思う。
このミスはホームページで予選から選考経過を公表するなど、派手なやり方だったから、
応募者の関心をもっと引くと思っていたんだがね。

258 :38729:03/06/24 19:40


♂♀  http://pink7.net/masya/


259 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:48
第1回このミス大賞受賞作が、全然ミステリーじゃなかったのと、
東野圭吾「秘密」のパクリだったのが、痛かったのかも。

260 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 19:59
あいたたた……。
取って付けたようなヘリ事故が発端なのも……。

261 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 20:10
それに対する書評家どもの大絶賛。ここ十年の新人賞の最高傑作だってさ。
このミス誌上では、匿名で辛口批評、叩きやっているくせに。
金のためなら何でも言う奴らには、ほとほと愛想が尽きたぜ。

262 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 20:48
「ホラサス大賞」と「このミス」、いい作家が出てこないとヤバいよね。
どっちが先にブレイクする作家が出せるかだと思う。


263 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 21:14
http://www.konomys.jp/

264 :名無し物書き@推敲中?:03/06/25 15:15
このミスって締切が時期的に乱歩賞落選原稿がそのまま回ってもいい時期だね。
第2回は昨年を上回るレベルってHPに書いてる。

265 :名無し物書き@推敲中?:03/06/25 16:41
>昨年を上回るレベル

それは社交辞令かと

266 :名無し物書き@推敲中?:03/06/25 18:34
>>264
乱歩→サンミスの乗り換えはたくさんあったと思うよ。
講談社→文藝春秋社だったら、ままいいかと考えることができるからさ。
でも、乱歩→このミスというのは、躊躇する人が多かったということだろ。

267 :名無し物書き@推敲中?:03/06/25 19:36
ちょっとした疑問です。

原稿を郵便局から送るとき、「中身は本ですか」と訊かれません?
原稿を送るのと、本を送るのでは料金が違うのでしょうか?

268 :名無し物書き@推敲中?:03/06/25 21:46
>>267
本だったら書籍小包になり3割くらい安いけども、中身が本であることがわかるように
封筒の頭をちょっと切られるよ


269 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 01:02
>>264
>>266
 このミスは5月末締め切りだが、乱歩賞の(公式な)発表を待っていては応募に
間に合わない。しかし、候補作(三次選考通過)は5月中旬にはわかるので、それ
までに連絡がなければ自分は落選と考えて、リライトにかかることは確かに出来ま
すね。ただ、私個人としては、そんなに短時間でのリライトだけではどのみちあま
り良い線行かないと思うので、「乱歩賞落選、即このミスに応募」、とはしたくあ
りませんね。
 いや、それ以前からリライトすることも可能ではあるが、そんなことするという
のは、自分が落選することを前提として乱歩賞に応募していることになる。やっぱ
りやりたくないな。
「自分の作品はすぐれている。それが落選するのは下読みや選考委員の見る目がな
いからだ!」と思う人は、リライトもせずに出すのかも知れませんが……。

270 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 05:57
去年のこのミスの二次選考の選評で選考委員の一人が、
リライト投稿にかなり否定的な意見を述べていたんだよね。
プロ志望だったら、新作書くべきだというのはわからないではないが、
思い入れのある作品をより高いレベルに仕上げるというのも大事だよね。
自分の納得のいくような長編を次々と書き上げるのは簡単じゃないし、
リライト投稿でデビューした作家もたくさんいるわけだしさ。

271 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 10:57
リライトでデビューした作家って誰がいます?

272 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 11:11
>>267
ちゃんと書留で送らないと怖いよ。いやまあ聞いただけだろうが。

273 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 17:06
>>271
リライト作品でデビューしたという事実は、隠すのが常識みたいね。
デビュー前の落選の事実を隠したがる作家は多いし、
出版社や下読み人に対する気配りみたいなものがあるかもしれん。
対談やインタビューなどで、読んだことがあるので、今思いつくのは、
姉小路裕、綾辻行人、本多孝好、日明恩ぐらいかな。

274 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 17:58
>>271
有栖川有栖

275 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:07
リライトを悪く言うのは下読みの保身目的のみじゃないのか。

自分が一次で落としたのが、他の賞で最終に残ったりしたら拙いから。
プロ志望なら新作書けというのは、論理のすり替えだろ。
誰か下読み経験者はいないのか?

276 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:26
>>275
同意。
「アルジャーノンに花束を」だってリライトした名作だしね。

277 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 22:52
269っす。
 リライトは私もしたことあります。それも何度も。私が言いたいのは、「乱歩賞
の落選が決まってから『このミス』の締め切りに間に合うような短時間では、満足
なリライトは出来にくいのでは?」ということです。



278 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 22:54
>>275
俺もリライトした作品を別の公募に出すのは肯定派だが、
プロ志望なら新作というのもわからないではない。それくらい
数をこなせないとプロとしてはなかなか通用しないしね。


279 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 23:42
リライト投稿する時、ペンネームか題名は変えるべきかな?
予選通過して、雑誌に名前が出ていた場合はまずいという気がするけど。

280 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 23:58
>>279
異なる会社間でそういう情報交換はあるのか?

281 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 00:01
長編の場合、会社は違っても、下読み人は一緒という場合が多い。

282 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 08:42
このミスはまだカテゴリーの傾向がないので、
明らかに社会派の乱歩賞落選作品でもリライト無しでイケる場合もあるんちゃいます。
乱歩賞でも本格派やそれ以外ジャンルで投稿してる人もいるっしょ。
新作書けばそっちも出して、リライトと両方出すのが得策やと思いますけどな。


283 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 08:43
乱歩賞は4月の終わりには受賞者に電話通知があるでしょ。

284 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 13:54
>>283
4月の終わりに連絡があるのは、受賞者じゃなくて、最終候補者だろ。

285 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 07:42
乱歩賞や横溝賞狙いの方ってメフィストはアウト・オブ・眼中なのでしょうか?

286 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 13:00
>>285
俺はそんなことはないが、弾数がまわらない。

287 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 00:17
メフィストはね、競争率が低いよ。
あれを新人賞として捉えて良いなら、どんな新人賞より飛び抜けて倍率が低い。
(年三回の審査の上、受賞作をポンポンししゃもみたいに出す)
問題は減点法で採点しないってところ。
そこが同じミステリ系でも、乱歩や横溝と一線を画してる点だと思う。

288 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 00:51
メフィストは、編集が力を入れてくれるみたいだし、
受賞作以後、2作は面倒を見てくれるという話があるのが魅力だね。
でも、せっかく高額賞金の賞がたくさんあるのに、
賞金なしに賞に走るのは勇気がいる。専業を目指す人には賞金は大きいよ。
乱歩賞の傾向にあった作品を書ける、あるいは書きたいんであれば、
まずはそっちに挑戦して、ある程度行き詰まってから、考えればいいかと思う。

289 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 01:19
確かに乱歩賞とこのミス、ホラサスは大賞獲ってつつましく生活すらば
かなりの年数暮らせますね。
福井さんもあれだけぶ厚いのに専念できたのも頷けます。


290 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 14:38
作家専念なんて景気いい話っすね。

こちとら仕事の雑用に日々追われてます。
やっとこさ「オール読物推理新人賞」用の短編直して、投稿してきますた。
次は11月末の「小説推理新人賞」に向けてプロット考えないと…。

291 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 21:55
>>285
>乱歩賞や横溝賞狙いの方ってメフィストはアウト・オブ・眼中なのでしょうか?

 私は乱歩賞ねらいだけど、最近メフィスト賞にも少しずつ興味を持ちつつあります。
しかし、そこでちょっと問題が……。
 乱歩賞は推理作家協会の主催とは言え、講談社が窓口やってますよね。そして、メ
フィスト賞も講談社です。まあ、前者は下読みがいるので、メフィストの分三の人が、
(タイトルが同じで予選通過リストに出ていない限り)「あ、これ、以前乱歩賞に出
していたヤツだ」と気付くことはまずないと思うのですが……。



292 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 22:22
↑ 逆に、メフィスト賞取った人が乱歩賞に応募しても問題ないのかな?

293 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 22:34
>>291
メフィストは、編集者の好みで決めるから、リライトかどうかはあまり関係ないのでは。
日明恩の受賞作は某賞の最終作品だったよね。

>>292
乱歩はプロも応募できるから、問題はないはずだよ。
でも、それでせめて最終ぐらいに残らないと、恥を掻くことになる。
かえって、仕事上マイナスの恐れがあるんじゃないかな。
たしか、去年、サンミス大賞の受賞経験者が乱歩二次通過止まりだったね。

294 :名無し物書き@推敲中?:03/06/30 00:56
>>290
>やっとこさ「オール読物推理新人賞」用の短編直して、投稿してきますた。
 オール読物推理新人賞って、ここ
http://plaza.harmonix.ne.jp/~asobo/tounyuu8.html
 によると、梗概5枚ってかいてあるけど、ホント? 短編で梗概が必要なんて
聞いたことない。 

295 :名無し物書き@推敲中?:03/06/30 01:41
応募する人は、ネット情報や公募ガイドだけではなく、
雑誌の応募要項をきちんと確認すべきだぜ。
オール読物推理の応募要項では梗概は必要とされていない。
ちなみに小説推理の方は、去年の応募要項では、
400字以内の梗概が必要とされていたよ。

296 :名無し物書き@推敲中?:03/06/30 04:15
 それの応募要項がキチンと載っているサイトって、どこかにないかな?
 昨日思い付いて、古い短編書き直してるけど、雑誌を見るヒマはないので。


297 :名無し物書き@推敲中?:03/06/30 17:38
>295

有り難う。不要だと思っていたが念のため
入れておこうかとも考えていた。

情報は最新で、正確でないと無意味だな。

http://compe.japandesign.ne.jp/ap/now/lite.php3

は〆切順で使いやすい。

 

298 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 00:12
296です。みなさんありがとうございました。
 昨日から思い立ち、今日、応募してきました。もちろん、リライトものですけど。
 これがダメだったら、さらにリライトして小説推理かな(ダメか……)?
 

299 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 01:40
つぎの乱歩賞の〆切はいつですか

300 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 03:05
 乱歩賞は毎年1月末と決まっているよ。もう長いこと変わっていないと思う。
少なくとも俺が初めて応募してからは変わっていないから。
 しかし、たまには乱歩賞でも本格推理が受賞してもいいと思うんだが?
 乱歩賞で本格ものってあったっけ?


301 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 04:34
>>300
私は小説は書かないのですが、受賞作には興味があります。
私の価値観でしかないのですが、乱歩賞は時代遅れではないでしょうか?
妙に俗っぽかったり、一般受けしそうな路線を狙っていそうです。
はっきりいうと、審査員の平均年齢が高いのではないでしょうか?
ここ数年まったく面白いものはありません。

302 :_:03/07/01 04:54
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku10.html

303 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 06:53
>>300
乱歩賞も15年以上前は、本格物の受賞が多かったと思う。
最近は、レベルの高い本格物は、最初から他の賞に流れる傾向にあるみたいだ。

>>301
>妙に俗っぽかったり、一般受けしそうな路線を狙っていそうです。

エンタメの賞である以上、これは当然のことではないでしょうか。
もっと文学性を高めろという意味ですか、それとも、
もっとミステリー性を高めろという意味ですか?
もし、斬新さを強く求めるのだったら、
メフィスト賞受賞作を読んだ方が面白いかもしれません。

304 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 07:03
「13階段」は、設定や展開がなかなかおもしろかったと思う。
「モノクローム」はダメだな。描写はうまいが、プロットがひどい。

305 :_:03/07/01 08:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku10.html

306 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 12:57
300さんへ

○浅草エノケン一座の嵐
○剣の道殺人事件
○放課後
○高層の死角
 とかは本格だったと思うけど……。

301さんへ
>妙に俗っぽかったり、一般受けしそうな路線を狙っていそうです。
 それはあなたの個人的「偏見」でしょう。まあ、ひとそれぞれですから……。

302さんへ
>最近は、レベルの高い本格物は、最初から他の賞に流れる傾向にあるみたいだ。

 それは言えていますね。逆に、どんなにレベルが高くても、乱歩賞の傾向からは
あまり歓迎されないような風潮がありますから。そんな中、乱歩賞の選考委員の一人
が、「たまには本格ものが選考に残って欲しい」というコメントをしていましたね。


307 :_:03/07/01 13:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku10.html

308 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 22:44
モノクローム、読みながら寝ちゃいました。
釣りに興味がない漏れには苦痛でした。

309 :名無し物書き@推敲中?:03/07/02 08:28
森博嗣の自宅ガレージ改造本出てましたね。
なんかイヤーンな感じでした。
公務員は副業許されるのか、イイナあ。

310 :名無し物書き@推敲中?:03/07/03 11:33
 話を「本格」に限定すると、「斬新なトリック」はとっても重要。
 みなさんはこれまでに読んだ中で、「これはには度肝を抜かれた」というような
 斬新なトリックがありましたか? それをこの場で披露(といっても作品名だけ)
 してもらえませんか?


311 :名無し物書き@推敲中?:03/07/03 12:17
ミステリー板の方が意見が集まると思いますが。

312 :名無し物書き@推敲中?:03/07/03 22:29
310です。
 それもそうですね。考えときます。

313 :名無し物書き@推敲中?:03/07/05 01:24
小説推理の今年の受賞作、選評を読んだ人いないかな。
選評で問題となった「他人を敬え」という決めゼリフには、
その唐突さに、プッと吹き出しそうになりましたが、
自分が一次落ちしたことを思い出し、必死に笑いをかみ殺しました。

314 :名無し物書き@推敲中?:03/07/05 06:00
>>313
おお、同士!私も一次オチでした。受賞作のあまりのスケールの小ささに
泣きました。自転車ドロボかよ。(文章はさすがに上手いと思いますが…)
あの決めセリフは作者のセンスが凝集されていますね。
昨年の受賞作といい、小説推理はああいう系が好みのようです。

315 :名無し物書き@推敲中?:03/07/07 16:35
最終選考に乱歩賞受賞の方が残ってましたね。
この方、ライトノベルの1次選考通過でも見かけました。
今年は気合いが入ってたみたいですね。

316 :名無し物書き@推敲中?:03/07/07 20:39
>>315
不知火京介とかなんとかいう御仁ですな。
「ミステリ作家をめざして」のサイトでは佐藤何某になってましたが


317 :名無し物書き@推敲中?:03/07/08 22:03
「本格推理」って、確かに推理するのも面白いが、それよりも「斬新さ」
の方が大切だよね。トリックはいくつも思い付くが、「斬新さ」がないと
良いトリックとは言えない。文章力で少しはカバーできても、絶対的な
ポテンシャルがないとどうしようも無いとも思う。最近、毎日トリック
を考えているのだが、どうしても自分に納得いくものが出来ない。
 やはり、これを乗り越えないと本格推理系で受賞は無理なのか?


318 :名無し物書き@推敲中?:03/07/08 23:12
写真集だよん
http://www.sexpixbox.com/pleasant/sexy/index.html


319 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 08:07
遅まきながら「すべてがFになる」読んだのですが、
普通の人に犯人が残した「すべてがFになる」の意味がわかるのでしょうか?
僕は元プログラマなので途中でわかりましたが。
本格推理ってトリックも大事ですが、犯人の動機もそれ以上に重要だと
思います。僕が最近読んでいるものではトリックよりも犯人の動機に
納得ができないものが多いです。
そんなで人殺すか! って。
特に天才だから常人と考え方が違う。特殊な精神状態だから……というのは
安易な気がします。
とはいっても動機が怨憎でも状況次第では安易ですけどね。

320 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 11:40
>>319
そんな理由でというのは、俺も思うことがあるが、実際の殺人事件の方がよりいっそう「そんな
理由でやるか」と思うものが多い。ミステリの場合は、動機に凝れば凝るほど嘘臭い動機に
なり易いし、並の動機にすると陳腐になる。まあ、難しいもんだね。

321 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 14:53
>>319
 「すべてがFになる」については、かなり同意見。わちきも元コンピュータ関係
の人間だから、読む前からのそんなところだと思っていた。でもこれは枝葉末節
なことだからどうでも良いと思う。
・動機が納得行かないのは激しく同意。
・とはいえ、あの斬新なトリック(殺したのが実は○○だったということ)は二重◎
・犯人がある方法で入れ替わってやって来るところは、鮎川哲也の短編に似たトリックがある。
(タイトルは忘れたが、ピエロの格好をした犯人がやって来て、人を殺して出て行った
 と思っていたら、実は、出て行ったのが先で、やって来たのが後、つまり、犯人は内
 部にとどまっている、というトリックだった。ネタバレスレスレ御免)
・若桜木虔が「前半が冗長だ」というのには賛成。
 というわけで、「F」は、あのトリックの斬新さだけが取り柄ということになる。

322 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 15:08
乱歩賞の1次、2次の作品名って発表になったの?

323 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 15:12
>>322
小説現代7月号に載ってるよ。
1次から受賞までタイトル付で掲載されてるよ。


324 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 16:12
>>323
うpキボンヌ

325 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 16:40
若桜木虔って偉そうだが、ご本人の著作はどの程度のレベル?

326 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 17:12
最近の新進作家って、碌なのいない。やたらと知識をふりかざしたようなのばっかじゃない?

327 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 18:47
蘊蓄も適度にって感じだね。
でも知識の披露がないというのも、読者はきっとつまらないと思う。
要は語り方の問題じゃないかな。
京極さんのは半分以上は蘊蓄だと思うけど、それが好きな人もいるし
そうでない人もいると思う。
僕はどちらかというと作家の信条を主人公や登場人物を通して、何度もくどく言われる方が嫌です。

328 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 18:57
薀蓄作家最強は「ジュラシック・パーク」の原作者。
ミステリというよりSFだけど。
彼の小説はどれも
全編の半分以上が科学理論や科学思想の薀蓄で占められる。


329 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 19:44
薀蓄が嫌いな人は死んで(・∀・)イイ!!よ

330 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 19:57
厨房並は来るな

331 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 20:04
>>323
漏れもうpキボンヌ

332 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 22:20
本筋と関係ないうんちくはうっとうしいだけ。

333 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 01:07
 話はガラリと変わるけど、来年の乱歩賞の選考委員は、今年の北方謙三が抜けて、
代わりに綾辻行人が加わるらしい。ということは、乱歩賞も少しは「本格推理への流れ」
を取り入れようとしているわけか? 期待して良いのでは? 但し、最終選考に残らない
と意味ないけど……。



334 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 01:22
↑ 綾辻をいれたのは講談社の(っつうか、推理作家協会の)パフォーマンス
  だな。「乱歩賞はなんで本格に冷たいんだ!」という声に、仕方なく入れ
  たというところだろう。おそらく本格はひとつも最終選考には残らないだ
  ろうから、綾辻は場違いというか、よそよそしい気持ちを味わうに決まっ
  てる。
   とは言っても、俺も出したいな〜、本格推理で。ダメポ?

335 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 01:22
>>317
斬新さももちろん必要だとは思うけれど、
凡庸なトリックでも見せ方ひとつでがらりと変わるよね
まあその見せ方が難しいわけだが

336 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 01:27
北方の人生観にはついていけないところがあるからよかった。
といっても、乱歩賞に送るつもりはないが。

337 :sage:03/07/10 02:33
「このミス」から何の連絡もこない・・・
これって、一次も駄目だったってことか?
密かに期待していたんだが・・・


338 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 03:42
いけね、mail欄じゃなくて名前んとこにsageって書いちった
てへ

339 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 12:42
>>334
俺の想像だが、下読み人つまり予選委員は、選考委員の顔ぶれを多少は考慮すると思うよ。
本格がひとつも上がってこないと、綾辻が選評で文句を言うかもしれん、
というプレッシャーが働く可能性があるからね。
問題はむしろ、不利を承知で乱歩賞に応募する勇気のある本格の書き手がいるかどうかだろ。

340 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 13:05
 乱歩賞に本格推理の応募があるかどうかは興味津々だね。ただ、仮に本格推理
だとしても、今流行のいわゆる「新本格」はどうかな? よほど自分の世界を持
った佳作でないと最終は難しいだろう。逆に、社会派的な要素を持った写実本格
とでもいうか、そういうのなら受け入れられやすいと思う。

341 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 16:21
>>333
乱歩賞の選考委員の交代というのは、北方→綾辻というよりも、
北方→真保、北村→綾辻とみるのが的確じゃないかな。
若返りを図ったというところだろ。

>>340
社会派という言葉は、社会問題派という意味に誤解されている気がする。
むしろ写実派というか、社会生活上のリアリティのある物語と理解すべきじゃないかな?
清張も初期は、新・本格派を名乗っていたんだよね。
最近の受賞作を読んでも、パズルゲームやライトノベル的なぶっ飛んだ話でない限り、
本格が乱歩賞の傾向から外れているとは言えないと思う。



342 :名無し物書き@推敲中?:03/07/10 20:39
脱本格派である舞城や西尾みたいな文体で乱歩賞の予選が通過できるかですね。
雰囲気無理っぽいと思ってしまう。
根拠はありません。
乱歩賞は映像化も意識していると思うので、本格派でもそれなりのビジュアル要素
があるものが好まれるのではないでしょうか?

343 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 02:06
 たとえば、以前、島田荘司の「占星術殺人事件」は乱歩賞の最終に残ったけど、
いま、あのレベルのものが出てきても、最終に残らないんじゃないかな?
 綾辻の有名な作品であっても、やっぱり無理なのでは? 
 それよりも、純粋なミステリーでなくても、京極くらいの筆力があれば残るかも。
但し、長さではねられるだろうが。

344 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 02:14
>>最近の受賞作を読んでも、パズルゲームやライトノベル的なぶっ飛んだ話でない限り、
本格が乱歩賞の傾向から外れているとは言えないと思う。

同感…かな。最近、"本格"という言葉の範囲がずいぶん新本格側に流れてるような気がする。


345 :荒らしてすみません:03/07/11 02:20
http://www.freepe.com/ii.cgi?3nensei
向上高校・自修館生の現役・OB、又は両校のいずれかを知ってる人は是非おいでください。
(BBSです。)


346 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 16:42
「本格」ということで最も大事なのは「謎解きの論理性」じゃないのか。
孤島とか雪山とか名探偵とかの「コード」ばかりじゃ、だめだね。
…てな感じで島田センセがen-taxiに書いてた気がする。漏れもそう思う。
プロももう少しまともな「本格」作品を書いてほすぃ。


347 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 18:00
舞上や西尾みたいな文章書かないと「若手」としては失格なの?
自分も二十代前半だけど、
無理して書いてみたら一週間で三枚ぐらいしか進まない。。。

348 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 19:42
島田壮司って文章へたくそだよな。

349 :名無し物書き@推敲中?:03/07/11 20:16
↑ 有栖川有栖はもっとヘタだけどね。ヘタすると厨房並み。

350 :8716:03/07/11 20:24


アダルト・タウンhttp://x.peps.jp/adalutocity


351 :名無し物書き@推敲中?:03/07/12 00:55
ミステリ作家で、文章が上手いのは誰だ?

352 :名無し物書き@推敲中?:03/07/12 22:18
山崎某のせいで400番台まで落ちてたのでサルベージ

353 :名無し物書き@推敲中?:03/07/12 23:11
笠井潔

354 :名無し物書き@推敲中?:03/07/12 23:17
泡坂妻夫とか連城三紀彦は文章うまいと思う

355 :ぶんぶんだったきようてい:03/07/14 06:17
文章うまいのは、けっこういる。
綾辻行人、京極夏彦、貴志祐介、折原一、真保裕一など。
でも、ナンバーワンは、連城三紀彦だろう。

新人賞に文章力はあんまり関係ないと思う。
そこそこのレベルでいいんじゃないか。
求められているのは完成された原稿ではなく、
荒削りでもきらりと光る才能。

356 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 12:25
折原一はなにげに文章力トップクラスなんじゃないかと思ったりする。

357 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 20:34
倉知淳は読みやすい。

358 :山崎 渉:03/07/15 11:39

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

359 :名無し物書き@推敲中?:03/07/15 22:20
とりあえず、ageとく

360 :名無し物書き@推敲中?:03/07/17 04:45
↑意味なく上げても意味ないんだけどな……。

 さて、私は、来年の江戸川乱歩賞にむけて始動始めました。
 最近ではめずらしいバリバリの社会派で行くつもりです。すでに、基本構想
 は出来つつあります。これからが難しいのだが……。

361 :_:03/07/17 05:18
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

362 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 09:38
新本格用原稿、全然進まないや。
今15枚。90枚くらいになる予定なので、推敲の時間を考えると、
そろそろ馬力掛けなくちゃね・・・。

363 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 17:11
>>362

>新本格用原稿、全然進まないや。
>今15枚。90枚くらいになる予定なので、推敲の時間を考えると、
>そろそろ馬力掛けなくちゃね・・・。

 それってすごく意外です。っていうのは、僕の場合だと、書き始めているってこと
は、既に構想ができあがっているという意味だから。だとすると、あと75枚なんて、
はやければ1日か2日で書けるし、推敲も二、三日あれば充分、と思ってしまう。
 締め切りは9月末でしょ? 全然余裕だとおもうけど……。

 しかし、構想が出来ていないで書き始める人(362さんもその一人?)もいるみ
たいなので、まあ、こういうケースもあるんでしょうね。


364 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 17:34
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  激安アダルトDVDショップ   ★
★    開店セール1枚500円!急げ! ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        激安でDVDをGET!
      http://www.get-dvd.com
   何と! 1枚 500円均一 セール中!

   インターネット初!「きたぐに割引」
  北海道・東北の皆様は送料も激安!!
      http://www.get-dvd.com
       ゲットDVDドットコム!
   
    今すぐアクセス  Let's go !!!!!!!


365 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 17:51
構成練っても、
何気なく書いた一文で綻びが出始め、
遂には作品全体があさっての方向に行くことはよくある。
バタフライ効果ってやつ。
自分はメフィスト用原稿のプロット練ったけど、
120枚で収集不能な矛盾が発生した。削除しても改正しても
後付け設定がさらなる矛盾を生んで雪ダルマ式に膨れ上がっていく。
で、結局最初から書き直すはめに。
プログラマーがバグ取りをするのと同じだな。
一応いつも強引に締め切りには間に合わせてるんだけどね。
それとも自分が理系出身で気にしすぎているだけなのか・・?

366 :362:03/07/18 21:36
プロット(トリック・展開を含む)は出来ていて、メモにしてあるんだけど、
具体的に小説として書いていくと、どうも詰まるというか。
ちなみに、15枚は、頭から書いて15枚ではなく、急所の場面を飛ばし飛ばし書いたものが15枚。
プロットメモの延長のようなものかな。

367 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 22:53
363です。

>構成練っても、何気なく書いた一文で綻びが出始め、
>遂には作品全体があさっての方向に行くことはよくある。
>バタフライ効果ってやつ。

 そういうのもあるんですかね。私の場合ですと、確かに細部では少し違うことは
あっても、構想というのは「これ以上は煮詰められない」というところまで煮詰めて
いますので、大きな破綻が起きることはまずありません。これまでに二十以上の作品
を書いてきましたが、そういう経験は一度もないです。
 

368 :名無し物書き@推敲中?:03/07/18 23:17
>>367
で、受賞歴は?

369 :名無し物書き@推敲中?:03/07/19 00:28
 363です。
 自分で言うのもおこがましいのですが、地方自治体の主催する文学賞では大賞
を受賞したことがあります。
 中央の商業出版を目的としたものでは、大賞受賞はありませんが、短編が2作
入賞し、出版されました。自分ではまだまだ駆け出しとすら呼べないと思ってお
ります。


370 :名無し物書き@推敲中?:03/07/19 14:40
 光文社の本格推理、以前より合格レベルが上がったって本当ですか? むずかしくなったのかな?


371 :名無し物書き@推敲中?:03/07/19 14:44
>>369
是非出版作品名を教えてください。

372 :名無し物書き@推敲中?:03/07/19 15:18
>>370
レベルがどうではなく(1割通りますからね)、
選者の好みで、道具立てで「本格」という感じのが受かるようになってるようです。
地味で堅実な奥ゆかしげなのは不利と思われます。
わたし個人としては、そういうのが好きで読みたいのですが・・・。

373 :名無し物書き@推敲中?:03/07/19 18:17
カッパ・ワン第2弾の「首切り坂」を今読了した。
 明治末期が舞台だが、明治っぽい文体と描写には感心する。しかし、最後の「特殊な坂道」と
「首の動き」のトリックはちょっとご都合主義が過ぎる(ネタバレじゃないので許して!)。
とはいえ、それなりに面白く読めた。
 作者が28歳と聞いて驚いた。

 ところで、カッパ・ワンシリーズの幻神伝を次に読もうと思う。それと、「リアル・ウォー」
はもう出たのかな? これは仮称だったと思うけど、タイトルはどうなったの?


374 :名無し物書き@推敲中?:03/07/21 18:01
新しい松本清張賞はどうかな?
選考委員:浅田次郎・伊集院静・大沢在昌・宮部みゆき・夢枕獏


375 :名無し物書き@推敲中?:03/07/22 08:03
>>373
「リアル・ウォー」は「S・I・B(セーラーガール・イン・ブラッド)」と改題して
現在刊行中。
ミステリ板では結構評判いいみたい。

376 :名無し物書き@推敲中?:03/07/24 21:12
だれか教えてくれ。
地方の文学賞で、ミステリーを募集しているのは、九州佐賀文学賞だけなのかな?
北区内田康夫賞というのが去年あったけど、あれは一回きりだったの?

377 :名無し物書き@推敲中?:03/07/24 23:01
 北区は今年もやるよ。漏れは去年応募したんだが、第2回の募集要項が送られてきた。
すでに募集期間は始まっていて、5月1日から9月30日(必着)までらしい。

378 :名無し物書き@推敲中?:03/07/24 23:11
>>376
>>377
北区が舞台じゃないと通りにくいのかな(W

379 :376:03/07/24 23:20
>>377
サンクス。北区のホームページに行って確認してきたよ。
ttp://www.city.kita.tokyo.jp/mystery/index.htm

>>378
選考には関係ないといっているけど、北区を舞台にして困らないんだったら、
そうした方が無難かなという気はするね。

380 :名無し物書き@推敲中?:03/07/25 01:24
>ミステリー作品の短編小説で、日本語で書かれた自作未発表の作品に限ります。
>なお、北区の地名・人物・歴史などを入れ込んだ作品を歓迎します。
>ただし、このことの有無が選考の基準とはなりません。




381 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 13:05
 九州佐賀文学賞とか北区内田康夫賞が、ちゃんと出版と営利を目的とした
ものであれば、応募する価値はありますが、そうでないとちょっとね……。
 どうなんでしょう?



382 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 17:17
痴呆文学賞は出版社主催じゃないから取っても後がない、と作家になりたいヤシ向け
の本にあったな。鈴木輝一郎著だったかな。

383 :名無し物書き@推敲中?:03/07/29 12:32
 同人誌やパンフレットに、「クロスワードパズル」を載せませんか?
 ぐっと内容が充実しますよ。

 世界にひとつだけ、オリジナルのクロスワードパズルをお作りします。
 「速い、安い、上手い」
 短納期にも対応。最低3時間から!
 クロスワードパズルのご注文はこちらまで。
http://www1.bbiq.jp/hakobune/crossint.html
 その他、新聞、雑誌、ミニコミ誌、社内報、学校新聞、その他定期刊行物に。
 コンサート/ミュージカル/演劇等のプログラムやパンフレットにも。
 イベントのアトラクションにも最適!


384 :山崎 渉:03/08/02 01:06
(^^)

385 :名無し物書き@推敲中?:03/08/09 09:37
みなさん、進んでますか?

386 :山崎 渉:03/08/15 12:18
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

387 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 16:47
そろそろ「オール読物推理新人賞」の選考は終わってるのだろうか・・・
と書いてアゲておく

388 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 20:25
>>387
オール読物推理には今年はじめて応募したんで、情報はないんだけど、
他の新人賞のケースだと、雑誌に予選通過者の名前が出る頃に、最終選考会が開かれていて、
その一カ月ぐらい前に最終候補が決まっていて、候補者にその旨の連絡があるようだ。
逆算すると、遅くとも8月中には最終候補者に連絡がある、と思っているのだが、どうかな?

389 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 20:31
>>388
漏れも今年初応募です。日程はおそらくおっしゃる通りでしょう。
昨年は予選通過発表と最終審査がごく近い日付:9月末でした。

390 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 14:16
レスが止まってる…みんな、執筆で忙しいのか?

391 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

392 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 23:10
↑ あのよ、その電話番号って、北九州市だと思うんだけど……。どこが横浜市だ。

393 :名無し物書き@推敲中?:03/09/19 23:23
「オール読物推理」中間発表出てますた。
635篇から一次予選通過が107篇。太字の二次通過が38。
厳しい結果ですた…。

394 :名無し物書き@推敲中?:03/09/20 10:39
>>393
発売日まだだろ? ソースを明かしてくれ。

395 :名無し物書き@推敲中?:03/09/20 10:50
都会の書店には並んでいる。
厳しい結果ですた…。

396 :名無し物書き@推敲中?:03/09/20 10:57
>>394
定期購読で昨日届いたよん。

397 :名無し物書き@推敲中?:03/09/21 20:30
どーれ、一踏ん張り・・・。

398 :名無し物書き@推敲中?:03/09/26 12:39
横溝賞の〆切が迫ってるぞ。
みんな、追い込みかけてるか? 俺はもうあきらめたw

399 :名無し物書き@推敲中?:03/09/26 17:28
やったあ、オールの2次通過だ
これは、もしかしたら、もしかするのかあ!

400 :名無し物書き@推敲中?:03/09/26 18:36
>>399
えっ、そうなの? 
現時点で連絡がないということは最終残りはないということじゃないの?
いや、俺も二次は通っていたけどさ。

401 :名無し物書き@推敲中?:03/09/26 21:38
当然、最終審査は終わってる頃だよん。
でも、二次おめ。38/635なんだからね。

402 :名無し物書き@推敲中?:03/09/30 22:10
みんな、「新・本格推理」は出したかい?

403 :名無し物書き@推敲中?:03/10/01 18:15
次は十月末日締め切りの鮎川哲也賞だな。

404 :名無し物書き@推敲中?:03/10/01 18:41
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SC/PrizeInform?SHOUCD=012
オール推理。これ、決定ですか?
ちなみに俺は一次までだった(ノД`) 一応名前が載ったのを励みに、来年がんばろう・・・


405 :名無し物書き@推敲中?:03/10/02 01:10
>>404
おい!何でこれこんなに早いんだ??

406 :名無し物書き@推敲中?:03/10/05 14:48
オールで本格ものって、最近受賞してる? 記憶にないけど。

407 :名無し物書き@推敲中?:03/10/05 23:22
>>406
本格のとらえ方次第じゃないの?
去年の受賞作は、謎解き探偵物じゃないけど、本格テイスト。
一昨年も女性刑事が殺人事件を解決する話だから、本格の範疇だと思うが。

408 :名無し物書き@推敲中?:03/10/06 03:03
本格の定義ってなんだろう?
自分は去年も一昨年のも本格ではない気がするのだが、
そこは人それぞれなんだろうな。


409 :名無し物書き@推敲中?:03/10/06 04:27
本格もの=本格推理=謎解き

原義ではこう



410 :名無し物書き@推敲中?:03/10/06 14:27
 409さん、シンプルなご指摘ありがとう。
406だけど、去年と一昨年は全然本格ものじゃないよ。まだ「本格もの」とか「本格推理」
の意味が分かっていない人がいるんだね。本格推理ってのは、いわゆる「フーダニット」や
「ハウダニット」ものってことだから、このスレにオール読物の賞が出てきた時点でおかし
いと思っていた。
 別の言い方をすれば、

「先ず謎があり、それを解くためのヒントがあり、謎を解くことを主体とした小説」、

 が本格推理でしょう。「本格的なミステリーとか」「リキ入っているから本格もの」
と思っている人がまだいるのかな?



411 :名無し物書き@推敲中?:03/10/06 21:32
光文社の日本ミステリー大賞新人賞はどんなもんでしょう?
過去にも少し話題になったようですが。
知人が2次まで残ったそうですが、
新人賞のレベル、評価はどれくらいなのかなぁ。

412 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 01:19
>>411
こういってはなんだが、全賞のうちで、実績・将来性・水準
ともに最低だと思います。まあ、歴史が浅いから実績はしょうがないが。

413 :411:03/10/07 09:20
412さん、そうですか
他(オール、江戸川だったかな)では一次までしか残ったことないらしく、
ちょっとは成長したのか、と思ったのですが。
過去の受賞作でも読んでみることにします。

414 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 17:09
>>402
遅れすだけど。。。
新・本格推理出したYO!
レベル低いらしいので
落ちたらショックが大きい罠

415 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 17:38
412>>413
ひょっとしたら穴狙いで今年は猛者が集った(一時期の横溝賞みたいに)かも
しれません。その中で2次に選ばれたのならたいしたものです。


416 :名無し物書き@推敲中?:03/10/07 19:14
>>414
 まあ、確かにレベルが高いとは言えないが、入選するのは応募者の1割弱だから、
落ちてもそれほど悲観する必要はないと思うよ。もちろん、プロ指向の人が落ちたら
恥だけど。

417 :411:03/10/08 10:15
415さん 優しいお言葉ありがとうございます。
作家になると宣言してから2年くらいの人なので
とりあえずこれからも暖かく見守ってやろうと思います。

418 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 18:35
新本格推理、応募数79作だったってね。
7作減ったね。

419 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 21:24
↑ それって、今年の9月末締め切りの分? 出典はどこなの?

420 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 22:10
編集長禿人のHPぐらいチェックしとけよ。

421 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 23:30
>>420 死ね

422 :名無し物書き@推敲中?:03/10/11 22:18
421=419?

423 :名無し物書き@推敲中?:03/10/12 11:03
420さん
 HPのどこにあるの? URL教えて。


424 :名無し物書き@推敲中?:03/10/12 11:57
420じゃないけど、
なぜこういうこと聞くひとが絶えないのだろう。
yahooでもgoogleでもすきなところで検索すれば
簡単に見つかるわけだが。
別に批判じゃなくて単純に不思議。

425 :名無し物書き@推敲中?:03/10/12 22:55
 423です。
 424さん、まあそうおっしゃらずに、教えてくれたら良いじゃないですか。私も
二階堂黎人のサイトをかなり見たのですが、どこに書いているか発見できませんでした。
だからこそ聞いているのですから。もちろんぐぐってみましたが、それでも応募総数に
ついては発見できませんでした。

426 :名無し物書き@推敲中?:03/10/12 23:19
2003.10.10
『新・本格推理04』の応募作品は、最終的に79編だったらしい。
ttp://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/NISSI/NISSHI.htm

427 :久しくレスできず申し訳ございません:03/10/15 02:09

 スレを立ち上げておいて、所要に追われ、レスできず申し訳ございませんでした。

414さん
 新・本格推理に投稿されたそうですが、レベルが低いというのは、おそらく
 投稿回数が少ないからではと察します。私は過去四度ほど投稿していますが、
 全作落選の原因は、自分のレベルの低さが原因ではなく、どうも採用者のレベル
 の高さが原因ということに気付きました。実際、私の作品、編集関係者からも
 評価されたりしましたが採用には到りません。

 新本格推理に採用されるには、かなりの技量と運と、実力が必要だということに
 最近気付きました。
 皆さんも、頑張ってください。


428 :名無し物書き@推敲中?:03/10/18 16:20
>>411
そこの新人賞を受賞した大石某(『パレスチナから来た少女』)が、
プロアマ問わずの別の新人賞を受賞して、最近本を出してる。
あとがきによると、3作目を出したところでさっぱり売れず、
以後注文が来ずに、新人賞に再チャレンジしたという。


429 :名無し物書き@推敲中?:03/10/22 14:48
age

430 :名無し物書き@推敲中?:03/10/22 17:16
オール、本屋で少し立ち読みした程度だけど、最終七作のうち二作が幽霊物で、
ミステリの新人賞にふさわしくないという理由で選考委員がすぐに却下したらしい。
編集部と選考委員との考え方には大きな開きがあるんだね。

431 :名無し物書き@推敲中?:03/10/22 18:04
>>430
作品を読んでないが、それだけが理由だとしたら馬鹿馬鹿しい話だ。

432 :名無し物書き@推敲中?:03/10/27 16:27
『オール読物』の推理新人賞受賞作読んだよ。
ラストがもうひとつだったな。

>>431
審査員の宮部が映画のシックスセンスを引き合いに出して
説明してたな。

433 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 12:54
小説推理の締め切りが近づいてきた。
なかなか進まない…

434 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 23:18
ウチは今週末から推敲に入る予定だよん

435 :名無し物書き@推敲中?:03/10/31 20:47
オール読物推理新人賞受賞作、読んだ。
すでに言われている通り、オチが今一つ。でも、レベルは高いと感じた。
この作者はペンネームを変えているけど、4年連続最終候補だったそうで、
ほんと、お疲れさま、という感じだね。

創元推理短編賞の二作も読んだ。誰か話せる人いないかな?
「インディゴの夜」は文章は上手いし、面白みはあるけど、ミステリ性が弱い。
ちなみに、前年のオール読物推理で同名の作品が二次通過止まりだったので、改稿投稿のようだね。
「神国崩壊」の方は斬新なトリックを成立させるため、中国の歴史物風の世界を作り上げた点が面白かった。
これは本格物といえるのかな? 新・本格の一種なのかな?
第1回ミステリーズの傾向はどうなるか。本格に限らない方向になる気がするけど、どうかな?

436 :名無し物書き@推敲中?:03/11/01 19:21
新本格、来年もアレが選者かよ・・・

437 :名無し物書き@推敲中?:03/11/05 00:33
 ところで、今期のメフィスト賞の期限は、いつなんだろうね?


438 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 04:37
2003.11.21 恒星日誌
 光文社文庫の「新・本格推理04」の候補作が送られてくる。
全81編中の19編である。

439 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 09:34
そっとHPで候補作名アップしてほすい

440 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 23:31
鮎川賞に送った人とかいないの?

441 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 17:13
>>440

前回の応募者が全国で67人だからね・・・
かれらが2ちゃんのこの板のこのスレ覗いてる可能性は
それこそ天文学的な数字の確率に。

442 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 00:44
「このミス賞」のレベルってどうなのでしょうか?
第一回の受賞作を近所の本屋で探してみても見つからないんだけど、出版されてないの?

443 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 00:47
>>441
いちおう本格ミステリ界のビッグネームである、鮎川哲也の名を
冠した賞なのに、それだけしか応募がないとは寂しいね。
やっぱ地味な賞だからかな。

444 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 10:27
鮎川哲也賞は今ひとつ傾向が読めなくなっている。
加納朋子の「ななつのこ」が受賞したあたりから。
応募者が少ないってことは、チャンスかな? 
それともその67編はレベル高いんだろうか?

445 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 17:55
それにしても、名無し物書き@推敲中?さんとは、さぞやすごい作家先生の匿
名書込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。

   小説現代☆ショートショートコンテスト 優秀賞受賞
   文 学 界 新 人 賞 応 募 2ちゃんねる作家  阿部 敦良


446 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 23:14
鮎川賞、今年の応募は112編に増えたみたいだけどね。

447 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 23:44
>>446
どの賞も応募が増えてるのかな?
不景気のせい?

448 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 21:24
>>444
おいおい加納とも子って第三回目じゃん。

449 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 22:07
>>448
そうだっけ? 
めんご。

450 :選考終わったみたい:03/12/19 21:56
『新・本格推理04』の収録作をほぼ決定する。ほぼというのは、1作に関しては加筆修正が可能なら収録しようとのこと。さて、どうなるか。
今年度は、常連さんと新人さんがほぼ半分ずつという形になった。内容もバラエティに富んだものになったので、かなり面白いと思う。刊行されたらぜひ読んでみてほしい。

451 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 00:47
選考age

452 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 16:01
鮎川哲也賞の情報、なんかないの〜?

453 :名無し物書き@推敲中?:03/12/20 20:20
清張賞出してきたぞ。
推敲が間に合わなくて、最後の二週間はワンワンオフィスにこもりきり。
これで駄目なら、もう書くのよ止めるよ。

454 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 18:10
>>442「このミス賞」のレベルってどうなのでしょうか?
第一回の受賞作を近所の本屋で探してみても見つからないんだけど、
出版されてないの?

「四日間の奇蹟」かな。
読んでみて、少なくとも「本格」(謎解きを楽しむ)ものではまったくないと
思った。だいたいミステリーにもなっていない。

思うに、どんな小説も謎は必要。恋愛小説を書くのだって、「この女はどの男と
くっつくのか」「なんでこんな女をこの男が好きなのか」「人はどうして人を
好きになるのか」って謎をいくつもちりばめて引っ張っていくわけだし。

「四日間の奇蹟」にも、そういう謎はある。知的障害の少女にどう楽器を
教えるのか、教えた結果、男と少女の関係はどう変化してまわりに波紋を
なげかけ、それが二人の運命をどう揺さぶるのかといった「謎」で、
長編を読ませる。(筋立てが「ハルモニア」とほぼ同じなのは、言いっこなし
ということで受賞したみたいだ)
しかし、それは「筆力がある」ということで、「ミステリ」ということには
ならないだろおおおお。

自分は、謎解きが好きなので、「九マイルは遠すぎる」とか北村薫作品が好きだ。
あれを本格もの、というのは間違いなのかな?ちょっと、詳しい方のご意見を
まじに聞きたいけど。

逆に清張作品とかは、少なくとも犯人の動機が「貧乏」「社会の矛盾」とかいった、
社会のありネタに起因しているので、社会派エンタテイメントとしてめちゃめちゃ
面白いが(点と線、徹夜で読んだ)、本格推理小説という感じではどうもないのだな
……。

455 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 22:42
「広義のミステリー」か・・・
広義と言われると本格も含むのだろうが、
そもそも本格って?

456 :名無し物書き@推敲中?:03/12/22 10:36
そのほうが本(このミス自身)が売れるからという理由だけで、
このミスがなんでもかでもミステリーということにしてランクづけしやがった。
すべての元凶はこのミス。

457 :名無し物書き@推敲中?:03/12/23 01:43
やっぱりな。実は私もそう思ってた……(と便乗。でも本当にそう思うよ)

458 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 00:26
メールで結果を通知してくれる鮎川哲也賞に応募したけど、いまだ連絡なし。
12月中に一次選考の結果は出てるはずだから、見事落ちたな……

459 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 01:42
>>458
俺も横溝落ちたー

460 :458:03/12/27 02:08
メールが来るとしたら、仕事始めの1/5以降か。
その頃って、東京創元のHPに選考結果がアップされる頃じゃん……。
メールで通知を頼んだ意味があんまりないな。
メールでの結果通知って、落選にしろ通過にしろ、それが決まった
時点ですぐ来るのだと思ってたよ。

461 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 11:47
通過した人にはすぐ送るよ。今後の良い付き合いに発展する可能性が高いわけで。
落選した人は後回し。急いで通知する必要もないので。

462 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 22:46
鮎川賞は、最終に残ると、たとえ落ちても、受賞作を送ってくれる。
横溝賞は、受賞を逃すと何もくれないです。

463 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 22:49
「季違いじゃが、しょうがない」とか言ってくれるのでは……

ゴメン……巫山戯て。

464 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 23:30
次の応募って何だ?
江戸川乱歩賞か?
おまいら、応募汁のか?

465 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 23:52
創元のミステリーズ短編賞に送ろうかと思う。

466 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 00:17
>>464
応募するよ。今は推敲の段階に入っている。
「このミス」に限らず、どの賞でも本格ミステリーって今どきは受けないのかな?
そういう傾向について詳しいやついたら、おせーて!

467 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 00:50
本格ものが受けるのは、
○ズバリ、光文社の新・本格推理
○鮎川哲也賞
○創元推理短編賞──あれ、名前変わったかな? ミステリーズ短編賞だったっけ。
  まあ、これはそれほど本格ばっかりとは言えないか。
○光文社の カッパ・ワン登竜門

 くらいかな? 他にもマイナーなのはあると思う。こう考えると、創元社と光文社は
わりと本格ものが好きみたいだね。
 本格ものが受けないとは言っても、う〜んとデキが良ければ、それなりに評価
されると思うよ。


468 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 07:41
>>466

>8 :名無し物書き@推敲中? :03/05/08 07:24
>本格系を歓迎→鮎川哲也賞、創元推理新人賞、カッパワン、新・本格推理、メフィスト。
>本格系は不利→乱歩賞、松本清張賞
>本格系もオーケーだが、受賞は少ない→その他の新人賞。



469 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 10:28
>>467-468
丁寧に、どうもありがとう。
今年から松本清張賞はミステリー限定ではなくなったよね。
自分は本格ではないミステリーを書いているから、やっぱり乱歩賞向きだ。
・・・といいながら自信はもちろんないわけで。

470 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 10:29
乱歩賞応募作はすべて、「そのまま出版できる」くらいレベルが
高いと聞くけど本当なのかな?

471 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 11:31
スマソ。ここは本格スレだったのか。
邪魔して悪かった。469のことは忘れてくれ。

472 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 12:42
>>470
 乱歩賞のレベルが高いのは確かですが、応募作すべてが「そのまま出版できる」くら
い高いということはないでしょう。初心者でも応募する訳ですから。ただし、一次でも
通過したレベルであれば、「それなりに面白く読める」くらいには達していると思いま
す。その他の賞であれば、「書式が整っていれば一次は通過」というのもあるくらいで
すから、やはりそのレベルの違いは推して知るべしでしょう。
 ちなみに、ある選者は、「乱歩賞の受賞作には、プロの第一線で活躍している作家が
通常発表するレベルよりもやや高いくらいのレベルが要求される」と述べておりました。
 ついでに私の過去の経験を話すと、私の処女作は、ミステリー好きの人(友人の知り
合い。つまりは赤の他人)に読んでもらったところ、「今すぐ書店に並べられるほどの
レベル。文章は重厚でトリックも精緻で面白い」との評価を文書でもらいました。しか
し、一次選考も通過しませんでした。その後も何度か挑戦しましたが、二次選考通過が
最高で、いまだに最終には進めません。

 それから、このスレは、「本格限定」ではありませんよ。どうぞお気軽にカキコして
くださいね(私はスレ立てでもありませんが……)。

473 : ◆xAG4.Wd6wQ :03/12/28 13:23
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

474 :言い出しっぺ:03/12/29 08:35
472さん
経験者の方からの貴重な意見、ありがとうございます。実は472さんのようなレスを
待っていました。それは多くの方が、応募数の少ない賞なら、書いて投稿すれば審査
にひっかかるだろう。そんな軽い気持ちでいる方が多いと言いますか。そういう雰囲気
に対して、どうしてそんなに自信を持てるのだろうと、戸惑っていたからです。
 私も投稿を始めた頃はそうでしたが、回を重ねる度に小説の難しさがわかってきて、
今では例え受賞作より自分の作品の方が優れてると思ったとしても、すぐに自作の欠点を
くまなく探していますし。そして見直すほど穴が見えてきて……。

 ただ一つ。本格限定ではなくてもよいですが。何故本格スレにしたか、その動機を話し
ますと、推理小説を書く上で、やはり焦点を絞らなければと思ったからです。
 つまり推理小説を学習する際、本格から学ぶべきではと。つまり、ミステリの宝庫
がそこにあるのではないかと。
でも広義のスレにして下さい!

475 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 00:44
>>474
確かにね。予選に残るのは宝くじに当たるぐらい難しいもんだって、
オレも最近思いだした。

476 :春蕾:03/12/30 13:56
http://www11.ocn.ne.jp/~syunrai/top.html

小説初めて書いてみたんですが評価してくれる人が少ないので誰かうちの作品を
評価していただけませんか?(;´Д`)人

477 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 16:33
>>476
この板で聞くならば、基本的な文章の書き方をまず学んでからのほうがいい。
たとえば、句読点の有無とか。ついてたりついてなかったりで読みにくい。

あと、ネカマカコワルイ

478 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 18:56
472です。
 乱歩賞は今回(2004年1月末締め切り)もチャレンジしようと思っていますが、
今年はいろいろと忙しく、まだ一枚も書いていません。それどころか、構想もまだ出
来ていないのです。これではちょっと無理っぽいですね。
 乱歩賞応募組のみなさん、頑張りましょうね。


479 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 20:27
流れから逸脱して申し訳ありません。
西尾維新と言う作家がおりますが、書店にてどうも手に取り辛い。
彼は掻い摘んでどの様な作家なのでしょうか?
教えて頂けたら幸いです。


480 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 20:56
>>479
森博嗣に清涼院流水を足して二で割ってから萌え萌えパウダーをまぶした感じ。
登場人物は全員JDCの探偵を萌え萌えにしたような感じの奴らでミステリ仕立てになっている。
デビュー作は読んでみてもいいよ。
結構良い出来だし。
あとは同じ。
だんだん悪くなるけれど、雰囲気が好きなら続けて読めばって感じ。

481 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 21:08
>>480
分かり易い説明ありがとう。
才能と若さのみで走っている青年ですか・・・

482 :名無し物書き@推敲中?:03/12/31 16:37
>才能と若さのみで走っている青年

この文には否定のニュアンスが漂っているんだが
才能があって若さがあり走ってるんなら完璧だぞ。

483 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 01:27
そろそろ、えどがーらんぽー賞の締め切りだけど、
今回出した香具師は、いるのか?

484 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 03:56
>>483
 まだ締め切りまでに一ヶ月近くある。出すつもりでも、まだ出してない人が大半では?
もし、もう書き上がっているなら、しばらく時間をおいて、読み直して推敲する方が良い
と思うが……。
 ちなみに漏れも出すつもりだ。

485 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 08:54
自分は本格系のミステリなので、乱歩賞はスルー。
応募する方、がんがってください。

486 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 13:19
>>483

この一ヶ月が勝負。
今年で4回目だけど、毎年締め切り最終日ギリギリまで葛藤しています。
翌日になる直前に宅急便にのせるという、時間との闘いです。
こうなる前に、もっと早く仕上げればいいんですが、原稿の神様はいつだってギリギリにならないとおりてこないんですよね

487 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 21:55
>>486
 478です。私もどちらかというとそうですね。大まかな構想は早く出来ても、煮詰め
はギリギリになりないとできない質です。仮に早く書き上がっても、やはり「もう少し
良くならないか」と、やはり締め切りギリギリまで推敲を繰り返します。だから、いつ
も1月は時間との戦い、というより、体力との戦いなんですよね。
 こうしている間もこうそう考えた方がよいのですが、今はちょっと気分転換中です。
486さん、お互い頑張りましょう。

488 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 02:22
締め切りギリギリだと、他の書類なんかに埋もれてしまうという噂もあるが、どうなんだろうか?

489 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 03:21
>他の書類なんかに埋もれてしまうという噂もあるが……

 まあ、それは杞憂だと思いますよ。私は毎年31日に出しますが、選考に残ったことも
あるということは、捨てられてないということでしょう。だいたい、締め切り有りの公募
だと、ほとんどが締め切りぎりぎりに集中するらしいですよ。

490 :486@休憩中:04/01/05 12:39
>>487さん、お互いに頑張りましょう。もう一ヶ月は切りましたが。

>>488
489さんのおっしゃるとおりです。
31日の23時過ぎに宅急便に乗せていますが、自分も選考に通ったことはありますんで、捨てられたり忘れられたりすることはまずないと思います。
という自分も、それまではちょっと疑ってましたが(笑)


491 :488:04/01/05 18:15
噂は噂ってことなんですね。
なら、まだ乱歩賞は間に合う!
がんばらねば

492 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 17:07
そういう噂が出るほど、乱歩は応募者全体のレベルが高いってことだろうな。
他の賞で予選通過の経験のある人が、自信作を乱歩に送ったが、あっさり一次オチ。
信じられない!と思うんじゃないかな。俺も去年一次落ちして、そう感じた。

493 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 19:36
乱歩賞に限らず、そういった噂は絶えないよ。
締め切りギリギリだと応募が集中して、下読みの読み方も適当になるとか・・・

494 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 20:06
>レベルが高いってことだろうな

角川ねくすと賞に、乱歩賞の二次通過作品を送ったら、B評価がひとつもなくて惨敗みたいな書き込みったけど、
本当だとしたら、なにか微妙ですね。
でも、他の賞に出したものを手直して応募するのはルール違反ではないが不利だって聞いたから、それが理由かもしれない。

あと、カラー違いは、出来のいい作品でも落とされるというし。

495 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 20:50
>>他の賞に出したものを手直して応募するのはルール違反ではないが不利

これは書評家があちこちの賞の下読みを兼任しているからだろ。
ネクストの場合、建前としては編集部員が直接読むらしいから、
乱歩の落選作は大丈夫だと思うけどな。

496 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 23:08
たしか、メフィスト賞を受賞した新堂冬樹氏は、乱歩賞で落ちた物を応募したんだよね

497 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 00:38
>>他の賞に出したものを手直して応募するのはルール違反ではないが不利

 その理由は下読みが兼任だから? それもあるかもしれないが、そのカキコの場合、
予選通過作は雑誌に発表されるから、それでチェックされたのかもな。


498 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 00:44
>>494

乱歩賞の一次通過作品は、なかなかの評価だったらしい。
で、次ぎに二次通過の作品を応募したら、ガックシな結果だったらしい。
これは、二度もお下がりを送ったから、審査が厳しくなったのかもしれないと思った。
やっぱり、新作でチャレンジしたほうがいいんじゃないかな?
お下がりばかり送られてきたら、出版社だっていい感じはしないと思う。
落選作品は、デビューまでとっておきましょう…とどっかの本で読んだ。

499 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 02:26
>>落選作品は、デビューまでとっておきましょう

確かに、よく聞く話だけど、建前にすぎない気がする。
姉小路祐「推理作家製造学入門」
北森「パンドラボックス」
鈴木輝一郎「何がなんでも作家になりたい」
(どれも題名は少し違うかもしれない)
なんかを読むと、みんなビシバシ、リライト応募をやってるよ。

500 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 03:44
>>落選作品は、デビューまでとっておきましょう
デビューできなきゃ、とっておくだけ無駄だ。
使える資源はフルに使ってデビューするべし!

501 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 11:45
>デビューできなきゃ、とっておくだけ無駄だ。

確かに。
でも、当方は他の賞に応募して落選したのは寝かせておく。
落選したのには、それだけ欠点があるんだろうから、そんなものにしがみついていたら前進しない、と考える方。
実際、しばらくして過去の落選作品を読み直すと、「落ちて当然」と痛感する。

角川ネクスは、過去の応募作品は突っ返すっていう方針に変えたみたい。
それだけ、お下がりが多かったんでしょうね

とにかく、新作を作り続ける。
でなきゃ、幸いプロになっても続かないと思う

502 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 12:36
>角川ネクスは、過去の応募作品は突っ返すっていう方針に変えたみたい。

 確かに、NEXTスレにそんなことが書いてあったね。でも、あれは同一作を
改作した場合じゃなかったの? 他の賞に応募したのもそうなのかな? 


503 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 13:48
NEXTは編集が直読みだから、突っ返すんじゃないかな?
下読みさんが読むような賞の場合は、同じ作品だったら読まれないかと……

504 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 16:53
472です。

>本格系は不利→乱歩賞、松本清張賞

 確かに、乱歩賞では本格物は不利のようですね。但し、昨年の乱歩賞受賞作(2
作)に限って言うと、少しですが、「本格推理」への回帰現象が見られるような
気がします。どちらも広義の「本格推理」の要素、つまり(謎の提示、ヒントの提
示、それの合理的解決)を持っていますし、特に「マッチメイク」の方は、かつて
本格作品で受賞した、「剣の道殺人事件」や「放課後」などと共通した空気を感じ
ます。
 近年、ある選者が「本格物でも最終選考に残るようなものが欲しい」と述べてお
られたように、少しですが、乱歩賞においても、本格物にも門戸を開放する傾向が
強まっているのではないでしょうか。


505 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 15:36
新人賞じゃないけど、ミステリー板によると、光文社の新本格推理04の入選者が決まったようです。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1010315197/l50


506 :名無し物書き@推敲中?:04/01/19 14:58
東京創元社の『ミステリーズ』短編賞っていうのはどうなんだろう?

507 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 10:41
乱歩賞は間にあいそうにないし、200枚くらいでおさまりそうなので、別の賞を目標にしようかと思っているしだいなのですが
小説すばるってどうなんでしょう? 選考委員をみるかぎり、ミステリーも歓迎! な感じなのですが。
やっぱり、本格物、出すなら素直にカッパワンすか?




508 :名無し物書き@推敲中?:04/01/20 12:17
507です。
小説すばるのスレ、読んできました。解決しました。愚問でした。上記、スルーでお願いします。
素直にカッパワンにします。

509 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 08:00
↑ あの、乱歩賞、いまからでも間に合うよ。そのスレで書き込んだ者がいうから確か。
でもまあ、200枚じゃ無理か。

510 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:22
乱歩賞の締め切りまであと1週間か……
この時期って、乱歩賞にみんな応募するから
他の賞が手薄になるやもしれんと企んでみているんだけど
この時期に締め切りな賞ってありますか?

511 :1:04/01/23 18:11
1月末ってのはちょっとないんじゃない?


512 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 18:12
 あれ、1ってのが名前に残ってた。スマソ

513 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 16:07
乱歩も締切り過ぎたことだし、三月末締切りのミステリーズの話でもしない?
誰か応募予定の人いないの?

514 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 16:14
カッパワン、やめておけ
例の横領事件のあおりで、非採算的な出版は
かなり厳しくなってるぞ

515 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 17:56
↑ 例の横領事件って、なに? ニュースに疎くてごめんなさい。

516 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 19:22
「光文社」などでくぐってミレ
自分で何でも調べないやつに、推理小説なんて到底書けないぞ

517 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:20
一部の管理職の事件だから、カエって襟を正していいんじゃない?
応募する人にはほとんど関係ないっしょ

518 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:40
>>513
三月末締め切りのミステリーズって短編賞じゃないの?

519 :コースケ:04/02/02 01:08
>>518
そうそう、創元推理短編賞が名称変更して今年から、
第1回ミステリーズ!短編賞になったね。
最近は短編も注目されるようになったし、
短編でとりあえずデビューを狙うのも悪くないんじゃないの?

520 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 01:20
創元推理短編賞の時に出したけど、あそこは、一次通るのが難しいよ。
レベルが高いという意味ではなく、一次の人数を極端に絞るから。


521 :コースケ:04/02/02 01:30
そうだね。
確か250作ぐらい応募があって、一次通過が10作程度だったはず。
雑誌がリニューアルしたから、人気が出る気もするが、どうなのかな。

522 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 01:33
短編でミステリーって難しいよね。
漏れには100枚以内でオチまで持っていく技術はない・・・

523 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 01:35
>>519
短編デビューだと、本を出版する事ができないから
夢の印税生活は遠いけどな(w

524 :コースケ:04/02/02 01:46
>>522-523
500枚の長編書くとすると、俺の場合、構想から推敲まで半年はかかる。
それで一次オチとなると、目も当てられん。
短編の方が定期的にオール読物推理、小説推理、ミステリーズと応募して、
しかも、リライト投稿もできるとなると、結構楽しめる。
短編賞を獲ってから、編集に鍛えてもらうことも期待できる。
まあ、短編向きの人と長編向きの人がいるのは当然のことだけどね。

525 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 01:58
>>522
>漏れには100枚以内でオチまで持っていく技術はない・・
光文社の旧本格推理とか、50枚だったよ。中には30枚に
満たないものもあった。ちゃんとオチはあった。


526 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 13:12
>>523
>夢の印税生活は遠いけどな
長編でも、ベストセラーにならないとかなりきついよ。
年に三冊くらい出せれば充分食っていけそうだけど。


527 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 14:54
1冊、60万ぐらいの印税と考えたら三冊じゃつらいべ・・・
連載も抱えたりしないと食ってはいけんぞな

528 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:07
1500円のハードカバーを初版一万部でだせば印税は150万。その3倍で
450万。これなら食っていけるのでは? という意味です。
一冊で60万の印税というのは、文庫の場合?

529 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:14
>527ではないけど。

>>528
新人の初版だと一万部だしてくれないところも増えたね。
本格ミステリだとハードカバーは少ないから
ノベルス900円×7000部で60万。
まあ、こんなものでしょう。

530 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 15:24
新人だと重版掛からないで終わっていく場合もあるからなー

531 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 20:04
ま、とにかくだ。そゆことはデビューしてから考えろ。

532 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:23
 デビューしてからじゃ遅い場合もあるよ。
食っていけないと最初から分かっていたら、
作家なんか目指すのやーめた、ってことにもなるから。


533 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 23:59
今は不況だ。
作家で食っていこうと思っても初版部数も減っている。
だから、そんな夢みたいなことを考えるな。
作家は副業で本業をきちんと持った方がいいぞ

534 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 09:40
島田荘司氏が講演会を開催するそうだ。
http://www.mystery-z.com/mysteryn.htm

入場料は3000円だって。タダなら漏れも行くが……。


535 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 11:21
作家になりたければ地方公務員になることだ。

536 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:30
↑ なぜなぜ? なぜなぜ坊やより。

537 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:46
>>536
・収入が安定している。
・休みがそこそこ多い。
・残業が少ない。
・リストラもされない。
⇒執筆時間が確保できる。

538 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:19
 それはそうだね。しかし反面、ハングリーさがなくなって良い作品がかけないかもしれない。


539 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 13:08
本当に書ける人はハングリー精神とか
関係ないんちゃう?

540 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 00:55
 本当に書ける人はね。でも、大半の作家は最初はそれほど書けなくて、一所懸命に
努力することで書けるようになると思う。となると、やはりハングリー精神は重要と
ワタクシは思いますが。


541 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 19:56
丁度いま本格物の短編ができそうなんだけど、ミステリーズの賞金30万より分のいい
賞ってある?

542 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 20:45
短編で賞金額を基準にして応募するのは、どうかな。
オール読物推理(賞金50万円)は、本格物もOKだと思うし、
過去の実績はピカイチといえるが、レベルが高い。
ミステリーズの方がデビューがしやすいという印象がある。

543 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 22:54
 短編で金が目当てなら、光文社の「新・本格推理」がお勧め。一位じゃなくても
金は手にはいる。ミステリーズの半額程度だが、0よりはよほどよい。ましてや、
書いたのが本格物であれば。しかし、締め切りはだいぶ先だね。


544 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 13:39
>>543
それって確実に出版されるの?

545 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:24
>>544
ミステリーズで一位になるのに比べれば、はるかに確実だよ。上位の1割弱に入る
自信さえあればね。

546 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 21:46
ミステリーズの賞はガチガチの本格より日常の謎のが有利っぽいな。
第一回だし。日常の謎は創元社のカラーだし。
選考委員は明らかに前者寄りだが。
仮に二作同時受賞だと賞金は半額になるのか?

547 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 00:01
>仮に二作同時受賞だと賞金は半額になるのか?
 多くの賞ではそうみたいだね。おそらく創元社もそうでしょう。
日常の謎、それでありながら本格、というと、北村、加納路線か?

548 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 02:45
>>546
むしろ専門家にど真ん中よりも、ちょっと外したほうが
評価は甘くなりそうだよね。

549 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 19:43
 賞が新しくなって、傾向とか変わるのかな? といっても、特に情報はないと
おもうけど……。


550 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 00:11
今日もプロット作りで終わってもーた。

551 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 06:50
月末〆切だよ、ミステリーズ短編賞


552 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 15:20
>>551

当日消印有効なのか必着なのか、告知に明示してほしい・・・

553 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 16:36
必着だよ。

554 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 19:24
>>553
サンキュー
久しぶりに応募するつもり。

555 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 18:50
>当日消印有効なのか必着なのか、告知に明示してほしい・・・

本当だ、HP(http://www.tsogen.co.jp/reception/syo.html)にも明記してないね。
でもまあ、そんなときは必着と思えば間違いないね。その二、三日が惜しい人もいるだろうが。


556 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 16:08
6月に入らないと入選したか分かんないの?
二次選考とか通過した時点で連絡とか来ないの?

557 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 20:06
>>556
ミステリーズの話だよね? 
去年の創元推理短編賞の場合、一次落ちの結果通知(おそらくメール)が五月の上旬に来たらしい。
最終選考会が6月3日だったから、5月上旬に、一次落ちだけではなく、
一次通過、二次通過(=最終候補)の通知もあったんじゃないかな?

558 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 04:28
だれかミステリー関係の新人賞の締め切り一覧作ってくれ。

559 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 04:39
【長篇】
江戸川乱歩賞・・・一月末日
横溝正史賞・・・・
鮎川哲也賞・・・・10月末日
角川ホラー大賞・・
ホラ・サス大賞・・
このミス大賞・・・
シェラザード賞・・



560 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 04:39
【中・短篇】
松本清張賞・・・・
オール読物・・・・
小説推理・・・・・
ミステリ−ズ・・・3月末日
本格推理・・・・・9月末日

補完ヨロシク

561 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 05:22
【中・短篇】
松本清張賞・・・・12月末
オール読物・・・・
小説推理・・・・・11月末
ミステリ−ズ・・・3月末日
本格推理・・・・・9月末日


562 :代打名無し:04/03/09 11:14
【長篇】
江戸川乱歩賞・・・一月末日
横溝正史賞・・・・ 9月末日
鮎川哲也賞・・・・10月末日
角川ホラー大賞・・
ホラ・サス大賞・・
このミス大賞・・・ 5月末日
シェラザード賞・・


あとは知らん

563 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 13:22
ミステリーズにさっき出してきた。初投稿。
受領通知は来るのかな。

564 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 15:27
いいんじゃない?
死んだら死んだで。
ネタにするし、されるだけ

565 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 17:11
>>557
ありがと。
いや六月に親が実家で警察の試験受けろってうるさくて。
もし投稿して運良く通ったら、六月前に分かれば対応のしようが……
みたいに淡い夢を見てたもんで。

566 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 17:35
創元の短編賞受賞者でその後長編出せた作家はいませんよね。

567 :名無し物書き@推敲中?:04/03/09 17:46
ちょっと変則的だけど倉知淳。

568 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 01:16
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDD×10

50円玉を20枚書くAAスキルない・・・・・・ orz

569 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 17:54
【中・短篇】
松本清張賞・・・・12月末
オール読物・・・・11月15日
小説推理・・・・・11月末
ミステリ−ズ・・・3月末日必着(30〜100枚程度)
本格推理・・・・・9月末日


570 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 18:40
おいおいここでいう「オール」は「オール讀物推理」のほうだろ?
というか、この程度のことを自分で調べられないやつが
推理小説に必要な資料を集められるの?

571 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 20:20
てか、長編は鮎哲、メフィスト、カッパワン
短編はミステリーズと新・本格推理だけでいいよ
本格物をこれ以外に応募する奴なんているの?

572 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 22:14
>>565
十年警察で頑張って、緻密な警察ミステリーを書いてくれ。

573 :名無し物書き@推敲中?:04/03/10 23:27
>>572
警察になったら余計に書けなくなるよ
守秘義務がつきまとうから

574 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 00:51
元警官の佐竹一彦とかはいいのか?

575 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 08:52
本日は、光文社の「新・本格推理04」の発売日です。

576 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 14:03
採用者いないの?
裏事情教えて

577 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 17:08
公表しても大丈夫な情報とダメな情報は何処にでもあるだろ。
警察に限らず、どこの企業でもそれはあると思うぞ

578 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 20:33
【中・短篇】
松本清張賞・・・・12月末
オール読物・・・・6月末日(50〜100枚以内)
小説推理・・・・・11月末
ミステリ−ズ・・・3月末日必着(30〜100枚程度)
新・本格推理・・・・・9月末日(100枚以内)


579 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 20:59
>>578
ちょっと資料が古いよ。
清張賞は長編だよ。
締め切りも12月末ではなく、20日では?


580 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 23:49
【長篇】
江戸川乱歩賞・・・一月末日
横溝正史賞・・・・ 9月末日
鮎川哲也賞・・・・10月末日
角川ホラー大賞・・
ホラ・サス大賞・・
このミス大賞・・・ 5月末日
シェラザード賞・・
松本清張賞・・・・12月15日


581 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 06:42
〆切うざい
いつまでやってんだよ

582 :代打名無し:04/03/12 12:22
別にうざくない。というか、過疎スレで何言ってんだよ?w
うざがるほど他のカキコねえじゃんw

583 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:20
>>582
〆切書けない馬鹿と同程度、それともお前が本人か?
過疎でも馬鹿は見苦しいんだよ。消えろよ

584 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:31
>>583
過疎でも馬鹿は見苦しいんだよ。消えろよ


585 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:34
>>584
過疎でも馬鹿は見苦しいんだよ。消えろよ


586 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:34
全部同一人物が書いてると思ってるのか?w

それぞれが自分の知ってる部分を追加していってるだけだろうが。

587 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:36
文句があるなら、さっさと完成させてくれよ。
俺は長編ミステリ分しか知らんから、関係ない部分は埋められない。

588 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 15:37
>>586
過疎でも馬鹿は見苦しいんだよ。消えろよ


589 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 19:11
9/30 40〜80枚 北区内田康夫ミステリー文学賞
12/31 250〜400枚 富士見ヤングミステリー大賞
随時 200〜枚 カドカワエンタテインメントNEXT賞

590 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 00:10
ジサクジエン(・∀・)デシタ

591 :名無し物書き@推敲中?:04/03/23 15:32
漏れの創作近況など。。。
ミステリーズ!短編賞に送る作品「見えざる時の韻律(しらべ)」脱稿しました。
まぁ、脱稿と言ってもまだあんまり推敲してないし、みなさんに感想いただいていろいろ手を入れるつもりです。
目標はずばり最終選考に残ること。それ以下はありえません。つまり、たとえ一次を通過しても最終選考に残らなかったら、
落ち込むということ。本音を言っちゃえば一気にとれちゃえば最高なんだけど、そこまで甘くはないだろうな。
 でも、ネタとしてはそれだけの力があると思うんですよね。扱ってる題材に新味はあるし、取材もしっかりしてるし。その上電ミスで合評までするんだから、これで駄目だったらもう僕の力不足ですよ。ゼッテー最終選考だぜいぇい。


592 :吾輩は名無しである:04/03/26 14:42
そうですね

593 :名無し物書き@推敲中?:04/03/26 19:13
>>558
ttp://www.cam.hi-ho.ne.jp/kohei_i/writing/sho.html

594 :名無し物書き@推敲中?:04/03/28 03:32
558>>593

便利なトコ教えてくれてありがとう。

595 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 22:43
誰かミステリーズ応募しましたか? 明日までだけど。

596 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 06:42
>>595
>>591

597 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 10:21
ミステリーズ短編賞・創元推理短編賞の
過去受賞作の傾向について、詳しい方、
教えてください。

598 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 10:51
受賞作なし。佳作だけ。のことが多い。のも傾向か

599 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 11:34
>>597

ミステリーズ短編賞
 第一回 「殺人喜劇の13人」芦辺拓
 第二回 「不連続線」石川真介
 第三回 「ななつのこ」加納朋子
 第四回 「凍える島」近藤史恵
 第五回 「化身アヴァターラ」愛川晶
 第六回 「狂乱廿四孝」北森鴻
 第七回 「海賊丸漂着異聞」満坂太郎
 第八回 「未明の悪夢」谺健二
 第九回 「殉教カテリナ車輪」飛鳥部勝則
 第十回  受賞者なし
 第十一回「建築屍材」門前典之
 第十二回「スクリプトリウムの迷宮」後藤均
  

600 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 11:37

創元推理短編賞
 第一回 「あきらめのよい相談者」剣持鷹士
 第二回 受賞者なし
 第三回 「高塔奇譚」井伊圭
 第四回 受賞者なし
 第五回 受賞者なし
 第六回 受賞者なし
 第七回 受賞者なし
 第八回 「とりのなきうた」氷上恭子
 第九回 「昆虫記」山岡都

601 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 11:59
>>599 は鮎川哲也賞だね。

602 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 20:51
ミステリーズ短編賞間に合わなかったので別の賞にまわすかな。

603 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 00:55
 私は昨年の創元推理短編賞に出して落ちた作品を、光文社の新・本格推理に出した
ところ、入選しましたよ。やはりレベルが違うんでしょうね。


604 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 02:00
本格推理と似ている、ミス板のメフィストスレによると
メフィストは有り得ない位、文章がメタメタでも通ることがあるそうだ。

創元や江戸川乱歩、鮎哲は文章力も査定に入っている。(予想)
その違いではないかと思う。

605 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 06:35
レベルはわからんが、
本格推理=大仕掛けのトリック。荒唐無稽も可。
創元推理短編賞=日常の謎も可。

のような気がする。

606 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 06:46
選評読むと
創元推理=完成度
本格推理=将来性

のような木も。

607 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 06:58
光文社文庫『新・本格推理03』収録の、「Y駅発深夜バス」青木知己が、6月刊行予定の
本格ミステリ作家クラブ編『本格ミステリ04』に選ばれた。
また、「とむらい鉄道」小貫風樹が、本年度の日本推理作家協会賞の短編部門の候補に
選ばれた模様(まだ正式発表はされていないが)。編者としてとても嬉しい。もちろん、どち
らの作品も優れていたからこその結果ではあるが、「新・本格推理」(と、そこから登場する
作家たち)が業界に認知され、注目されてきた証でもある。

608 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 07:44
>>607
おいおい、まさか禿人本人が書いたんじゃないだろうな


609 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 10:16
>>603 は作品名教えたまへよ

610 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 15:16
新・本格推理の編者が「日常のなぞには飽き飽き」とかほざいてるから、
ミステリーズ短編賞受賞作が新・本格推理に採用されるかも疑問。

611 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 17:21
密室には飽き飽き

612 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 17:32
奇天烈な苗字+性格の自称名探偵にも飽き飽き

613 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 19:07
日常の謎は飽きるが、密室は飽きない、て北村薫が「推理短編六佳撰」で言ってたな

614 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 14:12
>>613
その北村自身の作品は、どっちかってーと日常の謎的ではないだろうか?


615 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 14:24
北村は大人、二階堂は子供ということだよ

616 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 01:35
これからの時期、締め切りが近いミステリー系の賞って、なにがあるのかな?


617 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 09:17
>>613
そんなこと言ってたの? 読売新聞の「本格名作紹介(タイトル忘れた
すでに終了)」では、北村薫は「密室物は(仕組みがわかってしまうと)
もう一度読みたいと思わないものですが……」(文章うろ覚え)と言って
いたがな。まったく逆だ。

618 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 10:56
>>617
北村が言う「飽きない」は、同じものを読ん
でも飽きないという意味ではないでしょう。
それだったらどれでも飽いて当然。
新たな密室ものだからこそ、飽きずに読める
のだと思いますが。


619 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:42
第10回創元推理短編賞・応募総数235編
第1回ミステリーズ! 短編賞・応募総数439編

620 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 23:27
トリックなんて出尽くしてね?

621 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 00:47
そんなに増えたのか、出さなくて正解だった。あそこは過去は一次通過が大変だった。


622 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 16:29
621は通過したことあるの?
いつ頃どんな連絡が来るの

623 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 14:52
621ですが、通過したことはありません。ないので「大変だった」と言ったのです。
四回応募して一度も一次を通過しませんでした。一次通過だけで言うと、おそらく、
創元推理短編賞(≒ミステリーズ短編賞)は一番難しい部類ではないでしょうか?
それだけ(一次選考の)レベルが高いとも言えますね。これは賞全体のレベルが高
いからではなく、一次選考の段階で極端に人数を絞るからでしょう。
ちなみに、乱歩賞では何度も一次と二次は通過した経験があります。

624 :名無し物書き@推敲中?:04/04/18 11:35
なあ、メフィストスレで言われてたんだけど
どうもメヒ賞はこれからラノベ路線でいきそうな感じがある。
なら、長編本格はどこに出せばいいのかな?
鮎川賞は地味だし、メヒも乱歩もカラーが違うし。本ミス大賞か?

625 :名無し物書き@推敲中?:04/04/18 18:45
KAPPA登竜門は?

626 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 12:04
>>624
メフィストのスレでそう書いてあったのかもしれないが、漏れはそんなことはないと
思う。あそこは、本格もの、ラノベもの、ハードボイルドものなどもあるが、全体
としては高級化路線を目指している気がする。
ラノベ路線はやっぱ、NEXT賞でしょ。
カッパワンは、なんだかんだ言っても本格中心だろうね。それが強みなんだから。


627 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 13:33
>>626
ラノベ路線かどうかすら判らないのがNEXT賞。角川だし。

628 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 13:13
鮎川賞

神津慶次朗 「月夜が丘」
1984年、大阪市生まれ。現在アルバイト中。

岸田るり子 「屍(しかばね)の足りない密室」
1961年、京都市生まれ。パリ第七大学理学部卒業。現在会社員。

629 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 02:49
ミステリーズ短編賞一次予選通過作品発表!

熱田ミハル 「管理の良いマンション」
粟屋 裕 「大江山―小式部の謎」
梅村 昌未 「焼け跡の幽霊」
荻原 桂一 「半狂児」
小島 秀紀 「ふみくら」
汐原 早紀 「見えない顔」
相馬 冬 「蜃気楼の教室」
夏野 夢弥 「おぼろ心象(しんしょう)」
稗島ゆう子 「フェアリーテイルを探して」
笛吹 太郎 「ハロウィン密室」
福田 和代 「英国館で死が唄う」
守屋 久 「鈴の音」
和喰博司 「逆転の天気図(メッセージ)」

630 :13/439:04/04/29 11:14
ミステリ−ズ短編一次もう発表なのか。早っ。
撃沈ですた。


631 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 13:56
>>629
 3月末が締め切りだったはずなのに、すごい早さですね。しかも、今年は
 昨年よりもはるかに多くの作品が送られてきたというし……。
 でも、一次通過作品の絶対数は、増えはしましたが、やはり確率から言う
 と、かなり低いですね。この賞は、創元推理短編賞のころから、一次通過
 で大きく絞り込むのが特長でしたから、一次通過がもっとも困難な賞のひ
 とつでした。ですから630さん、お気になさらずに。

632 :名無し物書き@推敲中?:04/04/30 05:53
>>629
それって、ネット上で見れるサイトある?


633 :名無し物書き@推敲中?:04/04/30 08:14
>>632

ttp://www.tsogen.co.jp/tanpensho/index.html

634 :名無し物書き@推敲中? :04/05/01 22:16
すいません質問です。

『受賞作の出版権及び映像化権等はすべて弊社に帰属します。
 また当該権利料は賞金に含まれます。』

これの「当該権利料」というのは印税も含みますか?

635 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 22:48
ミステリーズ短編一次って、選考・発表早いんやな。
試験管より狭い世界で、鼻息荒くほざいてた鵜林……>>591は、
自分の書き込み消したいやろな。

636 :名無し物書き@推敲中?:04/05/02 18:15
>>634
常識的に見て、印税は含まないと考えるべきでしょう。
但し、短編賞は雑誌に掲載されるのでしょうから、単行本として出版されない限り、
印税は支払われないと思います。

637 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 02:42
GW明けたら、翌週はミステリーズ短編賞の2次選考ですね。
そしてその翌週あたりが乱歩賞かな?

169 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)