2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「笑う」だけで1000目指せ!【語彙合戦】

1 ::03/07/14 21:08
微笑む

2 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:08
大笑いをする

3 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:09
顔をくしゃくしゃにする

4 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:09
微笑する

5 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:09
失笑する。

6 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:10
泣き笑い

7 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:11
目を細める

8 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:12
ケケ
夭い


9 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:13
破顔

10 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 21:15
苦笑

11 :山崎 渉:03/07/15 11:39

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

12 :tina ◆OcfLN77Pak :03/07/19 11:12
>>11
 これっていつものですよね。
 でも、見た瞬間、手をたたいて笑ってしまいました。

13 :名無し物書き@推敲中?:03/07/20 02:52
^^

14 :(^O^)/tina :03/07/20 08:26
(^O^)/

15 :tina ◆OcfLN77Pak :03/07/21 18:41
箸がころんでも笑う年頃……は過ぎてしまいました(汗)

16 :tina ◆OcfLN77Pak :03/07/23 23:54
 きょう会社でこんなこと言われた。
 わたしが怒ってるのは見慣れているから平気。
 笑顔見せてる方が何かありそうで怖い、と。
 はぁ……

17 :たぶんtina:03/07/24 00:20
ここは紋切り表現を練習するスレですか。

18 :きっとtina:03/07/24 00:22
しいっ、ほっといてあげなよ。この人しろうとなんだから。

19 :やっぱりtina:03/07/24 00:24
>>17-19
ジサクジエーン!

20 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/07/27 05:23
(^o^)

21 :山崎 渉:03/08/02 01:42
(^^)

22 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/04 02:12
 お見合いをすっぽかして逃げてしまいました。
 ……
 すみません。すみません。

23 :これもtina:03/08/04 03:12
 名前欄に
 (^o^)/Катюша#ティナでした!
 っていれると、あら不思議
 (^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI
 ……
 すみません。すみません。

24 :400:03/08/04 04:03
馬鹿ッ!好い加減にしろ!(泣)
俺を含めたみんなが、どんな気持ちでいたか分かるか?
ま、良いや……元気だから、それで。
無理にとは言わんけど、創作文芸に出来れば居続けて下さいね。

25 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/04 06:05
 ごめんなさい。
 スレ違いにならないよう少し茶化して書きました。
 どう見ても周りに迷惑かけまくり状態です。わたしの場合最後はいつも
こんな感じになってしまいます。どうしよう。しばらくおとなしくしています。


 
 
 

26 :名無し物書き@推敲中?:03/08/04 11:17
 そんな事、気にしないでさ、短い文章で良いから株版のみんなとか安心させて
あげるべきだと思うよ。結局、書き手は何かを書く事でしか自分を表現出来ない
んだからさ。それは2chって言うメディアも一緒でしょう?書かなきゃ申し訳
ない、って気持ちだって伝えられないじゃない。
「誠意と言う字は、言って成る」
 生意気でゴメン。でも言わなきゃ何も伝わらないのは本当だよ。あまり畏まらずに
Катюша さんとtinaさんを、足して二で割ったくらいの感じで、気楽に書けば良い
んじゃないかなぁ。みんなに待たれているtinaさんは幸せだよ。その事をもっと自覚
しなくちゃ。早く元気になって下さいね。

27 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/04 13:01
 すみません。しばらく両親と同居することになりました。昨晩は寝静まってからパソコン
に向かいましたので遅くなりました。何人かのかたが待っておられたご様子で、心から
感謝しております。まだお話したいことがありますが、それはいつものところに書かせて
いただきます。


28 :名無し物書き@推敲中?:03/08/04 18:08
 了解しました。>>24では、無礼な言い方をして、すみませんでした。
 いつもの場所でいつもの様に頑張って下さい。

29 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/07 23:12

.                      __
                   , ' ´     `  、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /      . _   ヽ   |  ゆっくり休んでくり……(本音)
                 /       /  ~゛''〈    \_  ._______
                ,'        ヽ  ,.- }        |/
.                     |          i /,1./                 ,、,、,、
                !     ,'ヾヽ l.   .リ丶、              ヾζノ
                `、    、 ヽ.i }  ''~  r              .£|
                 ヽ、   ノーヽ.j 、.  i           _,,、-‐χ、
             , -‐- 、rヘr'ー '.   丶 ヾ=.           /  r ´ .〕 .i
           /       \ヽ、        i´          /   ""´ ソ}   ,
         /        ヽi\ / `ヽ、___ノ           l        ''´/
        /           )l >、                l     ,、‐'´
      /     i        `i ソ              ,、r'  _, -'´
    /       ヽ        \            /`ヽ.ヽ/
    /        `=ゝ        \          /     ヽ'
  /.            \        \      /        }
 /              \        \ _ _ /        /
./               /ヽ、         〃         /



30 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/10 07:37
日記をつけていると、意外な自分にはっとする。例えば、
わたしはきゃあではなく、きゃんって叫ぶ。
……(汗)

31 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/10 19:44
  ,,:'`:、    ,:'`:、:
             ;"  `'''"""''` : : ;;
          .;;          : :;; No news is good news.

          ;;       ノ(  : :;  あんしん、しますた……★
          :;  \    /  : :;
           ::、 ●   ●  ,,'、: : :
           ,,,:'''  −  ''" `、: :
           ,,"          `;;: : : :
              :;    ;     ;   .,:: ;;: : : :            
      : …ーー;;   `:.、┃  ,:'   .,:'ー‐、: : : : : :
        : :  : 、、:    ゙┃;、;、: _ノ : : : : :
       :   : ./``"''"`′""`"ヽ: : :
         /   :        /
          `"''…、、、:   ./
               `"‐`


32 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/12 03:33
 2年くらい前かな。2chに初めて書き込みした時、わたしはなんと実名を使っています!
空売りスレではありません。念のため。
 疑い深い人、多いのかなぁ。続くレスにはネカマとこきおろしの文章でした。あんまり好い
気分しなかったけど、今考えると……
 あぶなかった〜(笑)



33 :あややなtina:03/08/12 04:07
.      |i:¨ ̄ ,、    ̄¨:;i|
        |i: /ヘ\    :i|
       |i:〈`_、/´_`>.、  :i|
      |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~: ノノノハ)
.        |i`::;:':::::;;;;;:;':::::::::::从‘ 。‘从<ちょっとほろ酔い気分……
.       |i:::`::::´:::::::::::::::::::(っ へ.へ.
.      |`ー=====一゛ ヽλ__)__)
       `ー―――‐一´ """""""゛""


34 :tina ◆OcfLN77Pak :03/08/13 03:54
 父と母は数日前に九州へ帰った。気持ちが落ち着いてくると、ばか娘でも大人は大人と
認めてくれるのかな。いつもと違う神妙なわたしに、本音はばれてると思う。
 幾つになっても、親の前では子供に帰れる。あたりまえのような、そうでもないような……
 今夜もちょっとほろ酔い気分。スレ違いは気にするな、と。

今日も1日おつかれさまでした おやすみなさい


35 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/14 13:27
                              ,r'"゙ヽ
          _                /    `、
            /`'-、             、"     `i、 あっはっはは
        .,/    ヽ、           ,:'        ヽ はっはは 
       /      `-、            ,!         ヽはっはは  
       .i        ゙'、_,,,.,--‐'''''"'''ー′          " っはははっ
       .!         `                    i、っははっはは  
       .|                                ゙lははっはは  
       .゙l                               !ははっはは
       │                              |はっはは    
       !                       /⌒ヽ       !はっっはは      
       |            /⌒ヽ                     ,!はっはっはは  
 ⌒     ;                        ''"´       ;   ⌒ はっはは  
 ⌒      ヽ      '''''''    \______/        ,:' .  ⌒ っははっはは 
         .ヽ             \     /        ,:' ,,-‐'""`'.  あっはっはは   
..r'"""゙''''''''ー-、、゙i、               \   /       ,:' ,:'      ヽっはは
.l゙         ゙i、              \./       ,:',、"        丿 丿ノ  
.l゙          `-、                   _,,,,-'"          ,/っははっはは     
`i、           ``'ー-、、,__、  ._,,,,,、、--‐''''"`            ,/ あっはっはは
 \、               `゙゙゙``                      '

すみません。すみません(汗)

36 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/14 19:24
 か…かわいい……☆

37 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/15 01:07
大底到達記念カキコです。ご協力に感謝いたします!
    ,〃.⌒ノノ      〃.⌒ノ   ぃ.⌒       . ⌒ノ     .⌒ノメ       .〃⌒ソノ
    ( (((!´゙リ))    (ミ ((! ´)  (  )ノ .)   ((!´´リ形)  ((( ´゙!リ))ヽ    ( (((!´゙リ)) 
    )ヽl.゚ ヮ゚ノl.    ノヽミ||゚ヮノ  ノ ノ  リ     !、ヮ゚ ノ )   i、゚ヮ ゚|.ソ. (     )ヽl.゚ ヮ゚ノl. 
キタ━ ( ⊂)У}つ━━.( ( l ._(つ━( (.  (つ━━⊂) ( (━━⊂У(つ )━━( ⊂)У}つ━━ !!!
    )ノんムゞ     )ノ.ん., ヾ  )ノん .ゞ     ん  )ノ    んムゞヽ(     )ノんムゞ
      UU       (ノU     しU       Uヽ)      Uヽ)        UU


38 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/15 01:15
    | .::. ::ヽ::丶 \ /                   ヽ  
    :|:::::.:::::ヽ::::\//..:/ /:/     ..:::::  .:..       ヽ  
    : :|:::::::::::::ヽ:::://.::/:/::/ / / .:/ .:::::::// .::::.       |  
   ..: :|:::::::::::; --/ |::::|/::::| / / ::/:::::::::///::::::|:/ .::. :  .:: |         
   .:: ::|::::/ '⌒| |::::||:::::|ル'1::j|..::::::///::::::::/ /::::..:. .:. .:: |    
  ..::: ::|:::{  r' | ||::ハ::::::::::::ハ|`i::::/|/|::::::::/::/::::::::,イ:: .:::/    
  .:::: ::|:::ヽ   (|: !:::: ヽ:::::::|:::「l:::i:::::::::`|:::::/:::/:::::::/ |::/l/     
  ::::: :::|::::::ヽヽ|::    ヽ;::|::::::::::::::::::::::j///:::::::/ j/〃    
  .:::::: ::::l::::://‐|::      | ヽ! ::::::::::::::: 〃 r'イ:::/  /            
 .:::::::: ::::||::||:! |:::    |         ! ´   
 .:::::::: :::::|`ヽ、 .|:::  |  |            ヽ                
...::::::::: ::::::|   `|:|  |  |     、   ,.. --'         
:::::::::::: ::::::|   |:|  |  |     `_y'′        
:::::::::::: .:::::::j   |:!| |:.  |     //     フフフ……  
:::::::::::..:::::::/     ||l |:::. | ヽ、__.ノ::|          
:::::::〃:::::/  ...  |∧|::::::..| ||::::::::|::|      
:::::/:::::::/ ★   `''-ヽ、:::| ||::::::::| |
/::::/          `ヽ.||::::::::| |  
::::/              ヽ:::::::| |
'                   ヽ:::| |  
ほとんどわたしが放りageたけどね。
……
すみません。すみません(汗)


39 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/15 12:17
  |  山崎を回収に来ました。                
    |__  ________                  
     ,_∨_______       γ===============┐..  
   . γ;二二二, ll .__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//  \______/ )\ゥアア・・
. _  // ∧_∧ |.|| | .|    東京都   .l l,,,,,,,,,,,,,,,,,,\____/ /__\
[_].//( ´∀`).| || | .|           ヽヽ丶    |8|| ̄ / / ̄ヽ  ||
.└/l__/__  ).| || .|__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ ヾ-ー「:l|_/ /__∧ ヽ  ||
  |    (_/ [||| --|_________ヽヽ  ゞ |.:ll ./ /;.( ^^ ) ミ. ∧_∧ ポイッ
  lフ  ,------|.l_|二二l_l/ ̄ ̄/l /γ二二..ヽヽ __ヾ |.:|/. 山崎\ヽ⊂(∀`  )ミ
 [ll三// ̄ヽ\|.\===l二二l__l /// ̄ヽ\~ヽヽ_匚|]二||二二二||_.(⊂  )
  └--l .※ ..l ..凵======-l/.l .※ ..l |_l~(\__/~'==l=======l==/y  人
    丶  ./_/   丶_/_/    .丶  ./_/_/ ̄~~丶_/_/_/ ̄ ̄ ̄ (___)__)
山崎回避age

40 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/15 12:19
あれ?あがってないぞ。
もういっかい逝け〜


41 :山崎 渉:03/08/15 14:14
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

42 :(^o^)/Катюша ◆6d2EwylCkI :03/08/15 16:20
>>41
次はsageてね(^o^)/
ほーあほーあ

43 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/15 20:24
凄腕の相場師さんのいるスレッドはここでつか……?絶好調ですねw

44 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/22 23:41
         _,,..-─20─‐- .、.._. 
            ,. ‐''" _,,..-─19─‐-.、.._. ``'‐.、
           ,.‐´ ‐''"´ _,,..-─18─‐- .、.._.``'‐.、`‐.、
          ヽ ,.‐´ ‐'',"_,..-─17─‐- .、.._.``'‐.、` /
           ヽ,.‐´ ‐''"´_.-─16─‐- .、.._.``'‐.、`/
           ヽ,.‐´ ‐''~_,,.-─15─‐- .、.._. ``'‐./
            ヽ,.‐´ ‐''_,,.-─14─‐- .、.._.``'..,,/
             ヽ,.‐´ ''._,,.-─13─‐- .、.._.``'.,/
             ヽ,.‐ ''"._.-─12─‐- .、.._.``'/
              ヽ,.‐''"_,,-─11─‐- .、.._.`,/
              ヽ,.‐''"_,,.--10--‐-.、.._.`/
               ヽ,.‐''_,,....--9---.、..._. '/
               ヽ,.‐'_,,...--8--.、.._.`'./
                ヽ,.'_,....,--7--.、.._.`/
                ヽ,_,.._..,,-6-..、.._.`/
                 ヽ,._,...,,-5-..、.._'/
                 ヽ,.,,...-4-.、.._/
                  ヽ,..,.-3-,、_/
                  ヽ,..-2-、./
                ミ   ヽ∧_∧
                ⊂ヽ(・∀・ )  ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
                ∩ ゝヽ ⊂_ノヽ 
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``' 、
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``、 |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\||
               |    18   |> .>
               _ .\_____/| |
               | ヽ________ノ i
               ヽ___________,ノ


45 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:15
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄





46 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:16

             ,、‐-‐ァ      _,,、--;-ァ
        ,;へ、,j´ ン _/ _,、-‐'" ̄   _ノ"
      _/ヾ〃-ト;-'" ̄        _,∠,、_
      `'ー-ァ,,ソ|i,!       `'='"ヾ、   ̄',>
       /   ! !i,            ヾー-‐'"
       /    | ヾヽ          _ i
      /     }〃`ヽ      ,、‐'" ̄ `!i
    /       i_,, _/ヽ,   r'      (ソi
     !      ト" ̄ 、ヽ   ヽ、   /ノ
    i       ヾr` ヾ' >、  `'ー'" <
     !        \ >`"ヽ、_   ,、‐;>
   /ヽ         ヾ、 _,r=イ`'ー'"゛
  ` ̄~ヽ、            ̄   |,_Q_ノ
       `''‐、,_  y、   ン    /
            ̄"-`ー-‐-―'"



47 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:18

              lヽ          /ノ
           ヽ,ヽ, - ー‐-、/、ノ     , -ー- 、
           /        \   く   ●  ヽ
           /              ヽ   \, --、 _l
          l   _____    ____     lヽ   >^ヽ'
        /, , ':::::::::::::', ,':::::::::::`ヽ   ヽ, ':::::::::::::ヽ
      /  l l、ー- 、::::::l l:::::::, -ー ァ) , /:::::::::::::::::::::l
     /ヽ  l l:::` ー ゜ソ. ヽr'_゜- ´:ノ / /:::::::::::::::::::::::::l
     /:::::::::ヽ ',ヽ、;;;;;;ノ   ヽ-ー ' ノ l::::::::::::::::::::::::::::l
   /:::::::::::::::::ヽ、`- ,,_l ___   __,,  ', -':::::::::::::::::::::::::::::::l
.  /:::::::::::::::::::::::::::`:二ニゝー- イ--- 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  l::::::::::::::::::::::::::/            ` 、:::::::::::::::/
  l::::::::::::::::::::/                \:::::::::l
  l:::::::::::::::/                   ヽ:::::l
.   l:::::::::::/                      ヽl
   l::::::::/                       l
  ヽ::::::l                           l
    `'イ                          l
     l                       /
      l                        /
       ヽ                    ,イ
       ヽ` 、              , ':::/
        ヽ:::::::` ー─-------ー‐ ':::::::::ノ
           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           ` ー‐-ー'''''‐----‐ '




48 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:20

         -‐ ̄ ̄|| ̄‐-
      /___  ||  __\
    //-─‐ヽヽl─‐//──、、\  
    ///    //二二、、   \、 |          ____
   /| |   ////||\\\   || |        /
   |、二ニ=/ /===、 \二ニ/ヽ|      /  ん
   |\二二ニ/|川川川川=、二ニ//∩ヽ__   |   
   |/‐/川川 ̄二 ヽ、_/ 二   川 ||-、| | | |_  |   ち
 /─、川   / | |‐| | |    |人 ‐┼ヽl |  |   
 | |  ||l、      / |      /l |)     |  |   ゃ
 | |  ||l|\ 〃  / " \_〃_/ ||/\   / <   
 l│  ||l|   ̄ ̄ /ニ|   ̄  |/   ─/   \  ! !
  ̄‐‐//|..、     |  |     /    /      \
    \/||\    |‐‐|   //、    /         ̄ ̄ ̄ ̄
    l_l // ヘ─\ニ/─" ||||\  /、ノl
  ((_/|//|川|          |川  ̄川 ̄
    / / |川          川   川ヽ
   /_ /__川リ==ニ二二ニ=川==ノ川ノ
   / ̄|二─‐l‐l ̄ ┐‐| l l ̄─lノ‐|
  / l |     ─--| |ニ-‐    /
  \ニ|       ̄| /__     |
     |       ̄ | ̄   _---|
     ヽ─===〒〒=─┬"
        |____| |_____|
       ノニ─---||─-ニニヽ_
     /レ/ヽノ    | レ ヽ/ ̄  \
    /__──ニ二┴二二ニ=─ノ
         ̄ ̄ 


49 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:23

             ー-、_,..‐
          ,..‐'⌒'´  ̄``ヽ、
         ,/   ∧      \
         | /ノ/  \\     ゝ
         i/      `‐`ー-、_ ,、)
         ._| へ、i r'  ___   |/
        ( 〉 '⌒・ヽレ∠,-、`  '⌒i
       /  `ー'r' __,.`ー '´   '´/
      /     /         ヽ.
      {    r'´ ̄ ̄         }
      \               /、__
_,..--‐‐'´「 ̄`ー-、       ,. --‐‐<   |`ー-、
   ニニ/|     `r-、_,..‐'´     }.  |   `ー-、
   / |   `ー--| /___,. -‐、   /   |ニニ==
  /   |     └{_       〈    |
∠.-‐‐、_|  _,..‐'´ \      /    |
      `ー<     /\_______/⌒``ヽ、_|
         \  /



50 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:24
    / ,.-‐'´∠ -‐‐- 、
     ( (_/         ヽ
     ゝ             \
    /               \
  /    ,、              ヽ
 / ,   / |  ,      ヽ、     ヽ
/ /   /  | |  | |      \      ヽ
| |   /'´ヽ、\\ \.__      \     l
!、|  ./ゞニ二ゝ、\!_,'へヽ、  ヽ、 |     |
 |  ./|ヽヽ、__,゚'  ヽー‐-。<ヽ\ | .|       |
  `| .| l::::|   ノ   ` ー‐' 〉/ 〉,| .|      |
  ヽ| l::∧   ` ___,   ヽ、_ノoソ::::|/        |
    ヽヽ::::\  `'´    ./´:::::::::|       |
     \:::::\      /::::::::::::::::|       |
       `ーr::`7´  ト、:::::::::::::|        |
        |冂 ̄ ̄ ̄7::::::::::|        |
    _,..-‐'´ ̄`‐--‐'⌒ ̄ ̄


51 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:24
   ヽ、    _,.. -‐─‐- 、ノ)
     __,ゝ`'ー-<ニニニ==- 、   ヽ、
   ∠,             ``ヽ. \
    / ,ィ'    , r'´、   、   、  i  ヘ
    l//   /l/| ト、\  \  \|rへハ
    .|  ./, '⌒ヽ! \ゝ ⌒ヽ   |⌒V^|
      l,ヘ |  >ヘ、    >ヘ、\|    |
      .〉 l (.(:゚|     |:゚) ) |    .|
      |  〉∵`´ r'‐  `´∵ /    l
     .| {     'ー―ァ    |    /
      |  \    ヽノ   _,.|   /
    r‐┤  _.>ー-、.__, イ‐-|  iノ‐-r-、
    ヽ、レ'´‐、>-/´`ー-‐'´`ヽレ′  ∨
    /ノ  `V ∠ /,∧'\  .| |‐'´   ノヽ、
    / ( ヽ、/ / ヒ/||i`ー'`ーr'  |_,. <  ヽ
   (  `ゝ .|   ̄ ̄{i] ̄ ̄   .ト、`` ノ   |
   ゝ-(__ |       _     |  〈 .__ノ
    | ̄/ |ー-‐‐‐     ``‐-´'ヾー'´二|


52 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:26

     / //  \ /            二二ヽ、_ヽ \  ヽ
-=ニ二 イ//      `         `丶、   \` ̄`、  |   〉 `ヽ
    // /  /        ⌒ヽ    `ヽ、  `ヽ、`ヽ\  ヽ | / /   \\
‐==彳 /  /   /  「    \    \ \ \\ \ \ハ | |  | ト、 \
   / / / /  // / !       \ \ \ \ \\ \//} Lノ  |\| `ー
  ./ / / / / // //∧ ト、  ヽ `、\ \ ヽ\\ ヾヽフ┬トレ'^ll | |}  \
  / /// / / ,' l | | | ハヽヽ`、\ ヽ >‐ T\|l \\ヾミく_/Y′ ヽ!リ八   \
  l /| / / /  | | |_|ハ { ヽヽヽ丶/|  \|_ヾ|l  ヽトミレ⌒ハ    ヽトト\
  l/ | ll | l   | | j||`ト|、 ヽlヽX| ヽレィ'´)トヽ/ヾll  l \ヾ)  }     ||^ヽl|\
  l! !|| ハ ||l ハl |〈卞¬ミ、ヽ ヽl!/  ト-し1}  || i│| ヽ乂∠ __  ||   ||
    ! l| | ||l || リ}|| ヽ トjノ}       --ゞ='″ || |│|ト、\` ̄ ̄   ll   ||
      l! l ||| || | | ハ-ゞ┘ノ             || |│|厂 ``      !   !
        ヽ|ヾl| }  | ハ   ヽ             || | l jl|
        |   | ∧ ||\   -;;;‐        リ |j /ハ
          j/  l| |ト、 | ヽ、       /   j|/|/|」┴──┐
           〃  | ||ヽ l || | lヽ--rイ     ,ィ|/| jll       |
               | |l|ヽハ|| | jハ j| |   / /j/|/ l!     |
               |/ll || || |川 lル' |__/   /〃       |
            jj l! j| ヾllハ }}リ//      ,  --───┴ 、
             〃 !  j  !| j///    /             ヽ}
                    //    /             ヽ


53 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:27
    _,,.ノ//  /  ,. -=‐、 ヽV./ /-─-`ヽ、\
/´ ̄    //  /   /zニミヽ ヽ l/ / __ `ヽ`、. i
       |!  //  /'"´    ` `'  /'´三ゝ、`ヽ、i | |
      /l //  /             ーヽ  i ||. |
_,. -‐'´ ̄/   | !  /           n      `'i  | |! |
     i  /  /      o 0  U 0 o    ハ | |. |
  ,. -‐ |  /  /,. -‐- ..,_          ,. -‐、/! l | | |
/  r‐-、 /.  ノ  ___  `ヽ     '"   / | i ! !
.   !r^ヽ l  /、_,ィ::::::::ヾミ‐、.      ,.、‐'スi | | | | |l
   | r'〈! .! /  ゝ─一'- `ヽ    ./:::レ个! ! / /.l |i
  /!ゞ‐'' / /.               r'"´ .,' // / !l|i
. / ヽ__/ /                  {,   l // /  | |!
ノ    /. /               ノ  //r'´  | !
    /| |  ヽ     `ヽーァ‐'' ,.イ // /    l |
  ,ノ | |    `ヽ、    ``  /! | /!| !    //
      ヽヽ     ハ`ヽ、 _,,..イ | | l | ヽ|   /'′
 /   i |    ! \(/  ノソ ノ ハ  

54 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:28
        _, -‐‐、,r'レ‐−−- 、
             ,r‐''´ ̄ ̄`ヽ、// ̄ > 、 `ヽ、
            ノァ´ / ̄ ̄\V ///二コ   l ヽ
           //_,//,ィヘヽヽヽ|,i{ レ'/r'二ー{. n lヽ,i
            {,// ,イ//三        ´ ̄ー} j | | l|
           l! ! /l|l E             !l } i |l
           | ! j |l F            ノ !l { i |l、
           | l/ |  |__,,,,,_       ___,,,ヽil l| |l、 `'!
           // ,/j l l| ___ ゙''‐、   ‐''"___ `'、l i! lトヽ、}
           // // ノ/ デ{':::jヽ 、    テ'i':::j`ァ i'、 ヽ}ノ|l }
         // //イ   `''´''  !     `'´''゙  !,ヽヽレjli′
          Yr'/,rfソ{!.       ,j        iハト、Y!|!
         /////ハヽ!.    〈{、-        /_/llヽ|l|lト、
        .{〃/ {/ Tハ,    __,.- ___     /〃八 }l |l}ハ
         l|l j/l| l! }.|{ヽ'i、     二      イ〃r/ハヽイYソj
         ツ'lノ人ヽ/八 } }|\.       / |l |l {トヽ}lj}リ l〃
          /// ,/ノ jリノ| /`}−‐/´) .|l、lトヽlXlリl l |l{
        ト{lレl//_,//‐'/ _/‐''"  イ   トミ三|l‐ノイノノ!ヾ-、、
      _/l| ジ///,イ / /   / /     イ/,ィ7/`ナハ})}
  __,、-'ヘ!  `'{ { / ,ィソ /| / /      /| ___/,イl/ l{ // ノ|! `''‐ 、,




55 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:41

   、__   ヽ ヽ _ ヽ、゙!:.. Y レ' ..::/:::::::/   ' ,.、-──ァ
    ヽ、`゙゙'''─=ニ二__ `ヽ、  ,,.、、,._`'ヽ、     ....::/
   、--`ー‐‐'  ,、-''__,,...::,.-'" ゙ヽ、 `゙ヽ、`   ..::,. -‐‐,
    フ''""´  ,.、-'" .//   .:             ヽ、、.,___
  ∠_::::::::::::::::.....           .:: :.   、     \:::::::::::::::::::::/
     `>::::./  .../ ..:/ /i::: ::::.  i:::. ゙i ヽ  ヽ;:::::-=ニ、,._
   ‐=ァ::::///::/ /..::/,イ /i.:|::. |i::i:::.. |、:i:.. |゙、゙i::.゙i. ゙、::::::<,._
 -‐''"´::::// /::i/::! /:::// |./ i:!|::::.||::!i::. ! ゙:!__.!__!:::::.゙i、゙!:::::::::::::::゙''フ
  ‐、.,_:::::i/i /::::::゙゙|/::/‐!.、.|:i .!i ゙!:::|゙i:|,i:::|'"_!i:::|、:ヽ;::::|__!::::_,,.-''"´
    /::/:::i.|::::::i:! v|/i''o‐-、ヽi! ゙!:|´i!r;;o;;;;゙i゙i:|ァi:::゙i:::|`i|:、:ヽ、
    //´゙7:|::::|゙'i l. ゙、;;;;;;;ノ゙   ゙i.  ゙、:;;;;;;;ノノ i|リ!゙、! .}:! ``
    _,.∠;::゙i::|゙、゙! `‐--‐'  .i    `ー‐‐'  ,.-‐ /゙!
        ゙! ゙''i      ゙''    _,     /i‐i"
            ゙、   ヽニニニニソ    /:i:ハ|
            ゙ヽ.、  `ー─ '´   /!::/リ
               `''i 、    ,.-'"   !/
                  | ` '''"´    ゙、
            _,,_,.ィ;i"´         i;!ヽ,..、
         _,. -'" | i;;!       /    .i;! /  `゙''- 、_
      / i    ト.i;;!、、,._ 、   / _____,;',' /     /`ヽ、
      /   !     | i;;!   `    '´  ,;,' /     /    ゙ヽ
     /   ,'    ヽi;;!          ,;;''"     /       ゙!




56 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:42

             ,-‐  ,ヘ,            ヽ~´l | ̄/
              !:::| /:::::>             ヽ::| |:::/  .., 、、、
       .., =二ヽ、 .l:::|./::/,_ ---─--─── 、ヽl |:/., ‐'".., ‐''``'ー、
     / ., ‐'"´二.\!:|l::/'"´三三ミミ  ミ三三三彡\l::ヽ-‐'"三``'' ー-,'、
    // / ,.、-‐─--|::::/∈三-‐'''"~   -‐'''─、 彡 ヽ-‐- 、二二ミ   |
  / / ///., ‐'"´ ̄フミ/             ヽヽ彡 |   `' 、\\\ |
  | / //.//     i' / / / / / l |ヽヽヽ、、ヽ ヽ |     \ ヽヽ l
  .l/ // ./       l(  / |./ .| ト |  | .| iゝ、、ヾ i .| .!       ヽ .|.| .|
  .ヽl | /        ヽi l巛.レ-+i'"v  V .ル`''ーl-lヽ | l/        ヽ | /
   | | |          ,ヽ!  ,‐二-、    ,‐二-、ソレ.i-.、'         i//
   ヾ |          l l,゙'ハ  l i'。::::ヽ    .i'。::::`i.l  lヘl l         l/
    ≡         \ゝ i 、.!::::::::l    .!:::::::::!, /_, ./         /
  、'"/           `ー.i `''ー'"  _'_  `"'''" /ー'''"        ≡
   ヽ_             \   l´ `l   ./            l ヽ
     /        _     `' .,、 ヽ .ノ , イ_          、--└┘\
   /`"'‐、    / ̄;;;;;`"'''‐/ ̄"ー`,ー'"., "  ヽ-‐'';"~゙;ヽ     \ 、-‐''"
   `'‐、 /  ./:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     "''~    丿;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     \i
    く /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;L,,,、  ン‐--、   i'‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ┌─''_


57 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:43

            ____
       ,.. -‐''"~....::::::::::::::::::::`ヽ,
     /..::::::::::::::::::::.....:::::::::::::::::....:ヽ,
    /;' '''''""' :,,;:::::::::::::.....::::::::::::::.......::i
    /       ";::::::::::.......::::::::::::::.....::i
   i        ,:::::::::::::......:,:-、:::::::::::::i
.   i-‐  ,.     ";::::::::...;‐;'Aヽ.i::::....:::i
   | ,./二__     ';;::::::;゙ i=; 〉;i::....:...:|    /    /
.  入` ヘ;:}./     " ;:,゙  L! /:::....:::::ヽ、 /'  、.  /|
   /  ''~        '  [三]ヽ...:::::::ヾ|!i |,  | |i ;i | /` , /
   /              (。 ) );:;::;::;i゙//.i.  ||/|ノ ノ/ ,/ /
   `‐=;             `'"  ヽ,.、// i゙》';/!i' '/ ~i// ,/i、/ ̄`
    ヽ.─            ,. -;;''~:::ヘ//|/  〆,,.. -‐'^, -‐''"'ニ=、
     ヽ,         ,.. ‐;'"‐::~::;:::::::/, | ///_,∠/__, -‐''~
       !,__ ,.∀,,.. ‐',~‐'~:::::i|::::/(/// ,.='/ _'_, =三'~二,==、
           l~;‐''~:::::/::::/レ' 彡 // ,/,.::‐'~:::::(⌒ヽ!
          ./| |:::::;;::/.i::;/// ノツ  ///::::::::::::::::i



58 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:45

                    ,.へ、
                  /| ̄| ヽ
              /  |  |  ヽ
         _,. -─′ |  |   ヽ、_
        /        ̄       `ヽ、
       _く_      ,へ、___, ヘ、      `ユ、
        |  ト 、__/  |(ヒ)    (ヒ)| ヽ_, イ .|
        |  |   l   ト、'' ー一 ''ノl.  l   |  |
        |_l   ヽ__ノ ,>   <、_ヽ__ノ   |_|
      ,. -──‐''´/ /     ヽ \`` ー---、_
    ∠、     ノ'''ーJ `ー‐' ト、シ、      `ヽ、
      `〜'⌒´   ヽ_,r─、丿   `ー‐〜'⌒´




59 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:46


                                   /,1
                                 // ll
                               //  ll
         ______ __           //   ll
   、、     \ 、──‐ -- -、ヽ.     ,ィ  //   〃
   j ヽ、 ____\ヽ、       ヽ\_ ノ└‐''7_ク 〃
    l         ヽ、ヽ ___ゝゝ'´        `く
     l.          `ヽー──‐'テ    ,ニ、   r、l
      l           ヽ     /l   l丶l    ト'll
      ',           j   / l    ト、j  _ L.ハ
       ヽ、           ノ  ̄ l   〉、   ̄  rァ ノ
        丶、____ , イ    l ,'  ` ー- ,-‐、<
                   j    レ,     j  } リ
                   /  ,.‐,-、レヽ、   ノ   ル'′
              /   / /  ヽ  ヽ   ,rイ
                 l  〈 ヽ、_〉、  Y  j
               'ー'‐'′      ヽ_j_jノー'′




60 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:47
            , --──‐-- 、
              / l / ̄ ̄\ l \
              /  | l_/二ヽ_l |  \
            |    l   (  )   l     |
            │    \   ̄  /    |
          , イ,二`)´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽノ
      / , <ヽ,、_________ノ ̄>
     / ,へ_ノ<_// n、X,ィ   ノアnく |   \
    l   ヒソ ハn| | ト1l  |  ,/´l ト1│h、     \
    |    ノ トl| l__U_j  レ   l_U__l |l'j    ∠´
    〈____,ノ `>ヽl  N   〈!   N  レ'     /
   〈    ,ノ∠___〉、    ー─‐'   へ  _/
.   /` ̄7   , <  丶、       ,/  、ー`
.   /   ム-<   ヽ. \ ` ー ,<、 ̄l ̄
  /    l   ヽ \  \ \ヽ,ハ / ヘ、
. /    l、   ヽ  l\   ヽ //   , へ 、
 l     l l    |  l  i ヽ__V,/_, へ   ト、
 〉   ノ |    |  |   l     0 ト 、 ヽ. l〈
 ヽ____/   / /  /    ̄ ̄ ̄  l   l | |
   \∠__/ /  /          l.  | | |
      / ハ /  /            l. | |│
     / /  ∨`V                レ'__」│




61 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 21:48
           rr┐
         ,r‐y-‐、     fj l 「`l-、
       ,ィ  /   _」、  |   ' レ'
      ぐ、〉、ハ ,.くヽ \ ノ   丿
       lfij   l.i_j_」   ノ  / ,/
      〈´、 ,  ___」 ノ _//
      ` く ̄´ __ノ  /
         Y´ _/  ,/
        /    /l_    _,r─-、
       /  ==   =l  ̄ ̄ヽ_)_ノ」}
      /  '´ ̄  `L ─‐-´‐'ー'"
     /           ノ、
    _ノl         ' \
 ∠___ノ    _        )
    /   /  `ヽ   く
   /   丿     L___〉
   ヽ_/       


62 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:07

                      /|_____ノヽ
                    〈〈___/´|彡_ノノ
             /|    /| ー-しイ‐‐'′
            ト、/  !,イ__「i/ レイ  {_,r┴、
           | ,r'7  /、L-─¬、  i_/⌒ヽ
       「了_,r// /  \   /\`Y´ ̄ヽ
   ト、 f^ソ、 |// ̄\    !_ ヽ ヽ Y´ ̄ヽ
   rト、\!_{_iY∠---─┴-、   ノ  |  !`Y´ ̄ヽ
   {」 Y´-く`ー‐r┬‐ァ' ̄ ̄,イ ̄ /   | レ─-!
ヽ、 〉-ヽレ-、\ `'┴'r-─‐く_ノ--‐'     _人ノ   │
  } `ー┤ レ! !   `ーr─┴、____/  !-─-、!
 ノ   ル'⌒ヽ!|  ,-─' ̄`ー/⌒ヽ    _ノヽ、   !
 ||  /! |   /ノ,イ_ ̄\__厂    i─‐‐'´  | ヽ ノ
 ヾ、_八_`ーイ' 厂! | \ く  ,-─-、 ヽ    ノ  /´
   ̄  `ー‐'′ ! l   `┘ノ厂 ̄`  `ー‐匕__/
          `'====''′



63 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:08
                             , -‐ァ
                            ,  '´ ∠___
                           /        /
                         /        ∠_
           -‐ '  ̄ ̄ ̄ ` 'ー--く           ` ヽ
        , '´               `ー─ァ      _  \
       /                    <_      __\  ̄ ̄
        /                       \    ヽ ̄
     /              ヽ           ヽ_z-、 \
     i    /   /\         ト 、        ヽ!    ̄
      |  / , -‐/─-、、   ト、  ト!-‐ヽ- 、  |    \
      ', レ'!  /_,-、.  ヽト、! \! ,-、_.\   ト!       ヽ
      ヽ |/レ' ,'イ^!`        'イ^!ヽ ヽト、!    , -‐‐┘
       Y⌒!   |ノ!        |ノ!   i⌒i  ∠
         i 〈 i  _|__|_         _|__|_   i 〉├‐'´
        \_」        i〉       L./
          Oi       r‐ァ─‐‐ァ    /O
          ‖\     ∨    /   / ‖
          O   `ヽ 、 \ _/ ,  '´  O
               i ` ─ ' ´|
              r┴‐-y-─┴、
      ,r‐' ´ ̄ ̄ ̄ヽ _ ノノ  _ / ̄ ̄ ̄`ヽ 、
     /       く7=- '´              ,!
      ト、   く7〃L>                  / |
     | ヽ  / L>              ヽ / .|
      |   ∨                   ∨   |
     |   |         / !           |   !
       !   i        ヽ !         i   |


64 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:09

   ト、    ∧
   | l   / !
  ノ ノ-‐ /ノ! |             ,イ-┐_r'7
  Y´ /_⊥ ̄/ヽ          / `ー' ̄ /
  |   ,イ} ヽ  \_        i     <_
  /_,  ' ̄_ヾ |   >       !   r‐' ̄
  `ーr‐┴'′ ノ   └ー一'7了 ノ   ノ
    `フ_ノ   ̄!人        ̄ ̄`く
     `!       ヽ          ヽ
       |       `ー-、,√`ー-、_  く
      ヽ    l    l  __、    ト、 ヽ
       i  \_\|\|ヽへ \__ 厂ヽ`ー┘
       |`' ̄|  ̄ヽ  ヽ !  | ヽ  i
      ノ  ノ   |   |イ_ ノ ノ  |
     ∠! r-/   ノ  「`ー'´ ∠!┬y′
        ̄   ∠∠!ュノ       ̄



65 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:10

               リ
             r'"         /iヽ
     ==、、    _{_         /' l lk
          ゙゙⌒y',-、`ヽ       /'  l  ll
           ノ ヒ」}  ヽ、    /'  /  ll
.           { ´         \_ノ'   /    ll
         冫、_ノ _, -、   ヽ‐、,/    〃
         /     `入`i─\ _ `く    〃
     ,/     /  ヽl二フ´ /  `ヽ〃
    ,∠-‐´ ̄ヽム--、ノL/  ,イ   /ハ
            /´  kゥvvノ_l   ´ l.
               lスュノ仁___レ'´ ヽ. k
         , --─∠l____,/      ヽヽ
          /   /  |___/      l |
      /   ___{  l___l         l ,!
     /   /    \ \__,,へ.      / /
     / ,/      /  /\_ノ \   {'´
.   〈__/       (7ス__/      ̄ 〉   ヽ
                        `くX_jフ


66 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:11

           ,ノヽハr─ -- 、_
       ハ. /       ヽ、、 ̄ Z__
       r'^ レ'         ,ゞ\r-‐-、\
     、j               ヾ、ヾ.\   \〉
      l                 〉"ス ヽ
    _ノ             jヽvヘlV (l l│
   __丿  __        {    }    ヽl l
   \  \ ̄ニ_゙ー'^丶、__rl    〈ノ
     ,ゝ   \\  ̄ ̄`ヽ、`丶、 ノ`トヘ
      `ヽ.     >、ー----z´ ,r;-、  fj、 j
      ム、 / _> ̄ ̄ヽ、`ー'   。ノ 〈
        7   `i       丶、 ゞア′ j
.          l    〉        ̄    ソ
         j  , イ゙ーz       _ , イ
          /  /  l.  l` ̄'rー-ー'(_j_jノ
        j   l   !  ll  l
         l、,_,ノ   `‐'‐l   l、
               ヽ_j_,j〉



67 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:11
                  ,ハ
                           /   !
                        ___〈  ノ
          /|           \  `   ヽ、
         _r7 └、 _            `ー‐'´ll  l
        N、//_∠_〉/ ヽ、              〈l  l
      ハ、/''´ ,.-、ヽ_∠ ン-‐ァ       〈l   l
.     〈`lハ,/ __ ヽ_/ __〈        〈,l  l
      ハ〉  〈ソ_ノ ∠ニ-ァく         〈 j.  l
      ヽ.〈゚、_,      r‐--'  ム-、_,-、_,-、_,ノン   l
       ノ丶、 __ / \、 〈----‐──一'     l
       `ヽ、/   l ヽ ノ  ̄            /
        ´  ̄`ヽ/´               r′
             ヽ、 ー 〉   /___ヽ     l、
                  ヽ/   〈  ヽ、 \__   `i
              /   / ヽ    ̄〉  ハ  l
                /  ハ  l    /  / j  l
             /   /  j   j.  (,_,ノ (,,_,_ノ
            ''‐'ー'′ 'ー'′


68 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:14
    ___           l l   ,ィ7
       \`\_   ト、 l l  ,/ /
           \ \  ! レ l /  /  ,ィ7
  ,. --─ -、z- 、\ ヽl. l l /  / / /‐-、
∠ -‐─-- 、_  \ ヽ. V レ   ム'´ /´ ̄\)
       _> -、ヽゝ } ,/ / ,/ ⌒ヽ、
    _/ ̄   ,.-‐-、 ,ゝ ‐ < /,.-─く \二>
  ∠.-‐''´ ̄kゥ tゥ ,/ <'ハワ V t'ゝ 'ス\>
        ,,{`==' { `マニマ' } lマ ̄Y'l
        ムヘ、__人_    _人 ヽこVノ
            / _二 -‐ヘ`  ̄´
             ,' ̄       ヘ
              l   _ ,,, --─}
              {  ̄     /⌒ゝ、_,ム、
            \       ヽ / /,--、゙マ
             {`ー-‐'ス´ ̄\{{   }/
               ヾー‐'' l     ヾ==イ
                 ムニkj




69 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:14
                      __
            , - ‐ -、 _       (  )
         _ _,/      ´   `ヽ     ゙i::゙i
     ,/´  `ヽ、_          jヽ、 }__l
.    ,.ィ´ハ (⌒j /:::/ヽ.        V::::::!
   ヾl l:::〉 -:::'`ヽ::( (::〉  "'' ゛   ノー-l
    `{9; :::::::(9;::〉-ー´         ' ヽ丿
      !: ::::::::::::::;/             j
.      {ヽ、 , :::ノ     "'' ,,     , イ
     ヽ,  ̄                }
       丶   (        ノ    ,___ノ
       `i--イヽ、 ___,,ィ`ー- ィ:::::l
          l:;:::/   l:::::/ー'     l:;:::ノ
         `"     ゙ー'       `"


70 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:18
     r 、
        r 、_ .⊆ヽ`二ミヽ、
      (`_ー-=r‐ァ゙=,三ミ、`、 } _
        ,⊆三彡' / ,r===゙゙'---‐¨=丶
       ,ゞ=,.= ‐' /              .:i
        し¬_r=彳、            .:::i
            }c`'ー--- ───---:::'{
          ,. ¬、_O   ___O__...::::::_2!、
        /      .. ̄..  ....::::: ̄:: .:::::ヽ
        /         ,.-t_r‐テ=:.‐ャrテ‐x`.::::::::ヽ
     /      ,. イ `こニ ´゙  Fニ´「[`ヽ、:::::ヽ、
    , '"    ,.r‐'i"「:..._゙ゝ‐-ー- 、r  レ;z亠ッ`'ー゙=ミ- '
  ,f=‐:-,,-<. i::. l:. l:_,≦-`    ` -'" ´_=ミー"_,.:ヽ
 /.:.    `:.  ゙ヾ. l:..ヽ、彡,´        、ミミ゙ー"⌒:ヽ
_/.:._     :.   `'ー-、〃;"   ,,  ,、 、ヾツ   ...;;ヘ
⌒゙ー:...._   `;,,_   ''≠彡ッ彡;,ソ,,リ、,ミ_゙ 丶-‐....::::;;〉

71 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:19
                   _.、-‐'''''''''''ー‐‐- 、
                         /           \
                        /              ヽ
                       /                `;
                      ノヽl、l         .l      }
                     /   `゙゙ー==、,,,,,,,,_/__/|___/ノ,.、ノ|
                    ./         /`゙''ー/●-‐‐''"´ `!
                   /    , 、   ///!//、::/ヽ、 | l /l/
                   !/    !ヽ.|./|/ー、=、 '´  :/_,.、=、〉//ヾ
                   〈 /  ヽ '| ,、-ソ```'" / '〈ソ"/.:/  |
                    `"!| / \_,、 |::::!` .,.,,、  l ´l::::// j |`
                      `'!/l / |:、゙:::| "´´   '゙ /:::/ヽ |//
                      .´ ``! .|/\'、 ‐‐,‐- .// |"
                         .| ./  ` 、   ./  /
                _,.、---、、-‐ヽ-‐/     `''''l"´\,/
               /     | `゙;:ヽ'ー-- 、,,_   _,、二| ̄`、 ̄``'ヽ
              /,.、      .|  .゙ .'、    ` '゙   ヽ  `、.    ヽ
             ./ 彡      .|    '、          |:;  ヽ     '、
            / ξ      .|    ゙`ー‐-、     .ノ゙ ,、 |     l
            / "     ,、  |  .:       `''゙゚゙゚゙'''''゙´  ,ξ |     l
           /●ミヽ   /  .ノ ::::              炎 .l     l


72 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:20
                       ,,-┐二ニ=-_、、
                      /↑::| f,,-─-、、_`ヽヽ
                    /  ,/::人\     ヽ,ハヽ
           ,,, --─‐ニ=-、.,/ /:/ \:::::丶‐-,ノ::,∧,ヽ
       ,..-彡"::::::::/~~,,..。-‐-レ::::/ __..tttt二ニ‐--へ∧ |
     ノ /::::::::/ /:::::::::::::::::::Y,、,,大ヽヽ、=-、\ミ、\、λ| |
.    / /:::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::イ::i/_,,,,,,,_`ヾ-=,≡、``\ R、llノ
    l /:::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::::::'ヘヽ 'で)`i   ‘‐'.'  .YLヾ、
    \l::::::::::::::::::::::::::;、人::l\、::::、::::Yl   (、       /κ):.\、
      ヤ::::::::/う,v″┴=、- ヽl\::`l   ___...、   //,ノ::::l`ヽ)
      ヤ::::::|δ    (ノ.'   ,,-,ヽ)::ヽ  ヾ--‐'  ノ,l::::,、;;ι‐'′
       \::\,        i-',イ,(l:;:::\、 ~  ,,/''~.ト'″
.         Y' ヽ       ' ' f' ``'  ∠l`''""-−'''"~ス、__
         /  \    ‐- ノ_,,.......-:::フ`‐-V~-−'''"ブ''フ‐::"ニ=‐-、、
.        / ,, -−‐-、、 ,,/''" /:::::::f      ,//"::::/″     ヽ、
     ,.-‐ζ'"      \/   /::::::::::|     ,///:::::::/         l
    ,/`~",         ヽ 、 /:::::://ソ、、 /,/ ./:::::::/     _,.,.,.,.,.,__ ヽ
    /  /          ヽ|/::::::f ' ' 'λ' ,/  .l:::::::::|  ,/'"     `\
  /~l.  |        、、  lV:::::::::l   |'″    l:::::::::Y/          ヽ
  (~~)  |          `` )ヽ::::::l   l      l:::::::( ,           ヽ
.  (~,) 、|            ヽ ヽ::::)  ノ       l:::::::V   ,,..-'''"~~`


73 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:20

         __ト、 _,、 _ _
        -z ̄         ̄ `ヽ、
    _/               ヽ、
   ∠_                ,、,ヘ
  _/         ,      ノ 人ハハ
  ,>        ,..-‐'"       , ,  {
  ラ     . . . ..:Z_ ,  ,   _ ,..イノリV ノ
 ´フ" . : : : : .:::´_フ, zノレ._´'´  ´,.,;ィ k'´
  ´'‐z_: : : : .:.::._irゞ{  'でッ`゙'   :^ー' iノ  ,..-- 、
    `¬'ラ'´ ヽ.`'    ̄   , 〉  l' ̄′ , '   ⌒,ゝ--、
      i′ .  ♂^ 、     ___   ∧ ;  ,'     ´    `''‐- .._
      {.  レ'⌒ヽヽ`、、  ´ー / ゛i ,′
       l、 ! ,ヘ. い⊥_>-_,'.- 、 l. i:.
        ゙Vレ   〉 _゙′ /,/  __  ヽ丶ミ
          i′ / / ゙'¬ ~ _,/ ヽ ト、ヾ、
        l、 { {  / /"     レ′丶ヽ
        ヾ_,ゝ `ー'" 〈          ミ>- .
         ∨゙`ー¬  ー'^}      ミミ/′   `ー- .. __
             ヽ   ー-‐'"       ミ/           ヾ



74 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:23
   ,.-─‐- 、      /⌒ヽ、
                       /       ヽ     /.:.    ヽ
                    /::.:.       ゙、   /.:.:.       ゙、
                      /:.:.:.   ー- 、  ゙i, /::./      ゙i,
                  /:::.:.:.:.      ゙ヽ.:i'''ヽ::.:.:-‐     |
                  i':::::::::.:.:.:.:.:.:..... ,,.-‐'''"""''''‐- 、 .: : : : |
                  |:::::::::::::::.:.:,.-'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、.:.:ノ
                 ヽ,--,::./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;` =-
                      /;;;/:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙i|、;;;;;;;;;;;;゙、
                   ,i';;;;i::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/;;;;ノ;;/ノ ゙、;;;;;;;;;;;i
                 i';;;;;;|:l;;;;;;;;;;/;;/////;/i;;;/    ゙i;;;/i;ノ
                  /;;;;;;;;lj;;;;;;;;/i/''__,,,' ,,,,,'"  i;/__,,,,,,_  i';;l
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! !´ r'i'''゙iヽ     /'i'"i` ./;;;;|
                  ,i';;;;;;;;;;;;;;;r'ヽ;|   ヾ‐' '    i、ヾ-' ' i゙i;;;;;゙i
              |;;;;/;;;;;;;;;;l ヽ,゙    〃    '′ 〃l,ノ;;;;;;|
              ゙i;;,i;;;;i;;;;;;;;ヽ、             i;;;;;;;;;i'
               ゙、i、;|、;;;;;;;;i;l;;`'゙、     -─‐    /;;;;;i;ノ
                 ヽヽハ!|i、i、;;i;;ヽ、         /レi;ノ
                        ヾ''|゙'' - .,,_ _,. i''" '"
                         ノ.:.:.:.:.:.:. : : |


75 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:24

       \        _____  ,:'_" ̄::`ヽ.、
ヾ        `、__,,,,、-‐'''''::::::::::::::::::: ̄`ヾ;;:::::::::::::ヽ、
     `、 、   `、;;;;;`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;::::::::::::::'::,
     、\`>、,, `,:;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',;:::::::::::::::ヽ
      ヽ、`ヾノ' |;;;;;::/l;;;,イ::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::;|;;::::::::::::::::::|
        ̄ヽ `、;;/ レ'_,|ハ、! ヽ|::::::::v‐、:::::::;;!;;;:::::::::::::::::|
    __       `:、 ´、,, -_  ヽ:|;;:::「`!l:::;;;;|;;;;;:::::::;:::::::::|
::、  '"、` 、      ヾ:、  (ノ   |;;;:::〉 /;;;;;;ハ;;;;;;;::::;;::::::::::|
::::ゝ   \___,,,,____  ヽ:、    l;;;:::ノ'、;;;;;/__|;;;;;;;;;;;;:::;:::::::!
 ̄ ̄ ̄ ̄  _     `ヽ ヾ、 ノ ,:'" ̄ ̄`'-、::|;;;;;;;;/!:;;ハル'
''''' ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ̄r-‐-、,ノ  ``:、-|::::::     ` 、;;/ レ'
  ̄`''‐z_:::` r'ニニ ̄`  \, ,  lヽ!::::,、-―-,,,_ 、 ヽ
__,,,,,---―`'-ヾ三,,,_    ヽ、,|,ル'":::::.:.:.:.:.:.:.`:|ノ-|
__,,,,,,、--―――'` ,,、:::: ̄`、 ヽヘ(::::,::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.| .:.:|
            `'ー‐r':|   V::::ソ::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| .:.:.!
             |  |:.:|  ',:/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! :.:.:|
            | |:.:|  〈ヽ、:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.|



76 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:27

                   _  |ヽ,
                   |:\ |:::ヽ
                    |:::::::ヽ:::::ヘ
                     |::::::::::ヽ:::::ヘ
                       |:::::::::::::ヽ:::::ヘ
                   |:::::::::::::::::ヽ:::::',
                      |:::::::::::::::::::丶┴..、
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             , - ─‐-"、_::::::::::::::::::::::, -、:::::::`ー 、
           /        `ヽ、; ::::::::{ ・ }::::::::::::::'、
          /             \:::` ‐´:::::::::::::;r:!,
            /              、\:::::::::::::/   ヽ
         l           _    ヽ ヽ:::::/  ,,;;;,, ;'l,
          |              ̄_, =-‐'" ̄|;''';;, ';'|
            !           /'":::::::::::::::::::ト ̄` ,|    |
          \        _ノ:::::::::::::::::::::::::::::| ` _ノ     |
         _ _>-、_, -‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::ノ| ̄      |
     .,r─'" ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_::::::_/::::|         l
     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::ノ       l
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.      /
       `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      /
          ̄ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   /
              `ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /
               `ー- 、_::::::ヽ:_:;;::-イ- '"
                    `'' ``" ゙




77 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:29
               ,.‐‐,.r''''""'''''‐- .、
                    ,.r''´,.rヽ `ヽ、     ) 、
                   ./ /__,,,__ヽ、 `''' ‐‐''´ ,.ソヽ
                   .|/ '´::::::::、`''‐.、‐ .,,___ヽ´ 〉, ',
                  ィ'´:∧:::',‐-.ニミ,v.,、ヽ    ヽ/, .}
            _ ,,..,, _  .レ、:j '"_‐ヽ '´,. -,、 .ヽ.  ,.r‐ 、、j
         ,..、/..,,⊃_.ヽ ヽ‐.,.ヽ', '゙f:j,   .〈:リ  | .l' ・ ・',}
        ./  ',   `゙`''‐'‐'、 l  'ィ'.         .| .l, ・  j
        |   |        `'‐ .,_        | ヽ,,,.r'.>
        ∧ ̄/ ̄ ̄ .i ̄ ̄ ̄`'''''''`'?-      .,ィ|   ./゙::`''-‐く
      ,. ‐' i ヽ.'....,,,,,,,,,,,,ヽ,____,. -‐'''、ゝ´    ,. ' .l|  /:::::::::::::::::ミ、
     r/       .,,,,,___,,,,....) .l  iヽ .. - '´   |  /-、::::::::ヽ::::ji
    /l      ̄'''" }      l  | (,,..-|   ,. - | l '  l''l___::::lレ
  / ヽ、 : : : : : : : :ノ  ._   ,,.. -l_/‐'´/-‐''7'´:::::,. ',,ノ  | |  `"'''‐- .、
 ./    `''''‐‐‐--‐'.ト‐‐'"`''´   /  {:::l:::::|=,.r_'_    .l l   ,. : : : : `',
...i      : : : : : : : :.}、   .| ./,,...,_ .〉-:::/,.-‐‐- .,____/  /  : : : : :'‐、
 |     : : : : : : : /.|: : : :.', | '- '´  /:,.r''' ´         /    ,.r '´: : : `ヽ、
 |     : : : : : :./ /: |: : : : :',|: :/   /´           l   /   

78 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 22:33
 i l l            ヽ    ヽ\\
        ヾy ‐- ̄ ̄ ̄ ヽ、    \    ヽ ヽ
         ィ   ヽ ̄\    ヽ        ヽ `、
        /         ー-、      \     `、
        /   ヽヾヽ\ ヽ\  ヽ、          、
       // /  |\      ヽ、   ヽ ヽ  |   l`、
       / |  |   l , 、\\\\       \  |   l 丶
       | l   |.   、! \ \ ー '''' ヽ、ヽ     l  |  | `
.      |.l  |  r'} 、 \,,、  、__,,、-‐''`ヽ  | |  |  |
       l.l  |  ( {  `ー''丶   '''ー- '´  |/ヽ | | | ii  |
        l   |  ヽ;      |         |' i| l | | |  i
       ヽ  .l   `i.     i       ノ, / / ///  /
         \. l   ヽ.    ヽ      /`" / // | ̄ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ.    ヽ  _,,,,,,_     /r、 / /  |   |  <取り敢えずこの辺で…… 
           \ /llヽ  ‐-、`'   /1| ヽ / /|   |    \__________
            /  ||∧.      / | |  \-‐'   |   |
        _ ,、 -/l   ||{ ヽ,,,,,,,,,/  .| |   |ヽ、、 |   |
    _,、- ' ´    |.   ||{        | |   |ヽ、 ゛|   |、,,_


79 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/28 23:43
      ,、-‐''"´  ̄ ̄`´`"''ー、,._
            ,-'",,  ''' ,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ; '''';;;;;;;;`‐、
           / ''' ,,, ;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, '';;;;;;;;;ヽ
          /,, ;; ; ; ; '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;`、
         / '' ,, ;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;',
        / ,,''' ,,;;;;;;;;;;;;;;;''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ; ;',
        ,';; ,, ,,; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        i'',, ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        l''';;;;; ; ; ; ;;;;;;;;;;;;,、-‐''''''''''''''''''''''‐-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        '; ''; ; ; ; ; ;;;;;;/‐、         ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        '; ; ; ;;;;;/ `   \__  __,、-''"`` '´ i;;;;;;;;;;;;;'
         `、; ; ;;ヽ ai  `‐-‐'´   `‐-'"´ b ノ;;;;;;;;ノ
      ,-‐、  ヾ;;;;;;;`‐、  〃      〃  __ノ;;;;;;;ノ
     ,' フ ',   `‐、;;;;;;;',    、 ,   X ,';;;;;,、-'´
     i. フ .i       `i、  ヽ‐--‐'´'´ /-┐   キ
     l フ l        ',``、  ニ'´ ,-'´ ,-' × ラ
     l  : l        l  ',\_./  '´´>    |
     ',  ,'      _,、'´i  `‐-‐'´/   / ヽ   ン
      `‐'´    ,、-'´``‐-l    /  / / ヽ -、
         , -'´      ',        / /   ` ‐、
       /         ヽ     / /       `‐、._




80 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:45

        j j  | .,l"//|,! /i  | \  l     l"i l:、  r_,!,}  l |
    l     ハj j  l!ノノイ' ,!,/ |  | }   l.  l } | } |_ヽ,/│|| l  }j
   | |     lノ |  ,!! ,!l ,!/;-|  |イ |  | l  l |,,;;;;!;''ヽ-'  、ハ  ノ
 ,.-'1l .:::   ,! ,|  L! H イ___,! /|| |  l |,,;'''/;;;;'",. ,.' |  | .V/
'" '"l .:::  ,! ,!|  ,! l ,! ,!/j..... j,,,!',!,!'j,,!,,j   イ'ー''"!-"│  l 丶
  -'"|. ::::::  |/ l / //,,;;;;;;;;;;;-'         " ̄   l   l  `、
 ''' _!.ll:::::  { /'",;;;;;;!'"",          、   /" `V   j   }
''"`ー:!、l:::::  |."/;;:ヘ_,. _',!,.          `、  ,イ  ,/,!   ,!  ,!
  / `、l:l  l、 `ゞー'''"            `<  '",ノ    l  ,!
、  ! :ii''i ヽ:!、 、`                .. /    ;'    l  |
.i、 ヽ`-−ヽi'' ''ヽ                  ,!    l     `   |
、 `ー、.__`ヽ  }  `、             _,..ゥ'    ,!       ,!
 li  l `,ヽ、,∧  `、         ¬'ヽ、:/    !`      /
| |:| l | ヽヽ  `、、ヽ'、            /           /
.lj l l| ; ヽ}_,.一、、ヽヾー_、_        l           /
 | } | ;  lj_,... --ヽ.._`ヽ `~`=ー- _____,.イ.          /
 l l|_ノ,-''"      `ー-、  `ヽ ヽ//i|          /
 l,,-'"             `ヽ、 \/イ li        〈
,/           jヽ     `ヽ.ト" /jヽ          ヽ
            ,ノ \  \  `i、"ノ \       `、
  ,/         /    \   ̄ ̄`i    lヽ      `、
. /        _/      `ヽ 、___ \   |:|'、       `、





81 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:46


           ., ‐'"´ ̄ ̄ ̄`''‐ 、
     _ .., ‐'"´       三  ヾヾ.,゙ ‐''~ ̄ ̄|
  , ‐'"´/  /    ヽ    三/ /l~\──┘
./  / / /   |  l ヽ  |  /  / / |  ヽヽ,
   / //  | /.l |'i |ヽ、 .| |  \/ /.| .| |ヽ ヽ\
   / //.|.|| | |,..| l-‐ヽ-、| | |. |  / / | | | | ヽ.\
  l l || | | |ト.| W `"  .i,| l || | |/ /二'i | |  |. |\\
  | l ||_l_|, |レ、  / ̄bヽ ソノ| |/ /-‐、 | | | ヽ ヽ.| ヽヽ
  l l |ヽ、'_     . |:::::|   |/ /l ~//ヽヽ| ヽ ヽ ヽヽ
  ヽゝヽヽi^。、.   ヽ」-‐  / / .| 、_/|| ∧ .l |ヽ l\ i !
       l!l::.l        / / ||  |  |ヽ,l | \ ` l l
       .| < 、      //| | .|.l  | | | ヽ, .| | |ヽ //
.       ヽ  _,    l/. | //  | | |  | ヽl |. | //
        \      | \//   .| || .| | | |  |l ヽ,
          `' 、 __., -ヽ l-''"三| .|、| |/ | | |  |/
               /./ /l;;"~─| |,,,| .| | | | |  |ヽ
.              l/ ̄/-‐'''''‐! |__| .| | | | |  .|\
              //.'"     | | |  | |   |  .|\\




82 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:47

        /                   `、
        /                     l
       ,!                       |
       {    /i  i    i   、        |
       l    / | /l    |`、、  |ヽ  l    ト,-,,,;;iiiiiii
    __ ∠{   / | L| | .ト |`ーi H |_ヽl |l | | l)ll!''''''''iiii、    
    }||llllll{  、 l ̄ゝ'、 `|`N |  >,ゝ-、V! | .| | ノ、,,} ヽヽ     
     ‘|| \ ∨、i"{::;:i       "{.:;}}" |ノノイ’}i;, l ヽヽ    
      {/{ 〃`i.、 、_ヽ:ノ       `-´´ '!7",!)ノ '!i;, | | `    
      ’,ii!'  l l : : : : : :     : : : : : :   / /"l j ノ!|liヽ}     
     ,;ii!''∧  |│    `         / / l/イ:/:: `||,,}、    
    ,ill!"/ ∧ 、│|\    c-==ュ    ,イl l,! /"j/l |./|||| ''''   
   l|||-"─--`、.|_!-、`;. 、_       ,. " l ,! l'" .'"  '1 |||l           
   /   /''7⌒「| .i|/ |'''` -−'  __// /l     |
  /    / ,! / |  |`ー、_−-、   /r--==¬ヽ     |
  /    l '  {   `i、~`-`ミー-='┴─''_'-/--,┬─-、l
  |     l  、     ヽ.\  ` ー一''''',ri:i"/i,、.//,--、. \
 .|    /\       l r-、- 、_   ' l  !、\ ̄   `i ヽ
 ,|   /   \      |' `---、_ ヽ、  `i `; /     l   i




83 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:51
            ,.、 -‐‐ー‐‐- ..,,
.            ,.、‐'"´         .:::゙' 、_
           ,. '"               :::''   `゙''‐、
.        ,. '゙                '       ヽ
.       /                .        ゙、
.      ,.' , ,       ,'  .,        ::..  、     ゙、
.     ,',.'./   ,'  .;:l  .::!i:.       .::::,:,:. i...  ,.   ',
     l,.i ! .,' l  .:,','! ::::,',';;、,,_     _;;、;',、l,,_,''!:.  .:!.   ',
.     ll. !l:. ! .i', ::ll:l,.r、'i゙ ゙、::.    .:::,、'/' !:ソ''ト、.::::j    ',
      '! ゙';:. {、 !:゙、 :r'、 ゙,,.;=-,'、:::.. :::,r' ;::rー-、, l:::゙':ノ    .',
        ゙'、',゙、、::゙''、 ,;''',' ,,r ! `'ヽ'´  .!,,、r'}゙'、'.-i':::      .',
        `,'!``::::'、'i! .i"u:::l       l::0:::l ;'' i:::::  .!   ',
         ,' l.  ::::::l',` ヽ--''       '.、''   !::::  .l::..  ',
.       / .l.  ::: ::l,.!     ,....'..... ,..      ,' :    !::::.  ',
.       ,'  !.   : :::!゙'.、    !;'   ゙' .!     ,r' .:   l:::::::.  i
.      ,'  :|   ::.:::!  ゙'‐ 、,, ',   .,' ,.、-.', ,' .::::  .l::::::::::  l
.      ,'  .::|.  .:::..:l  、   `゙゙''''''''''""´ ,、 './.::::::   !、::::::::::  !
.     ,'  .::::!   :::::::l.  ゙ヽ、    ,,..、 ‐'" .,':::::::   ,':.:.゙.、:::::::   !
      ,'.  ::::::',.   ::::::',,    ゙'' - 、,_    /::::::::  /:.:.:.:.:.゙、:::::.  l
.     i  ::::/:.゙、   :::::',゙'、.、,_     `  ..,.,':::::::   ,イ:.:.:.:.:.:.:.:,'、:::.  l
     l  ::,.':.',:.:.゙.、.  :::::',:.:ヽ,:.゙ヾ;、''''/",,,! ,'::::::  , ' .l:.:.:,.::.:,'.,':.:.',:   l
     !  ,':.:.:.:',.:::::i'、  ::::',:.:.:.:.゙'i:、ヾヽr'"! i::::: ,r'  l:.:.:!:://:.:.:.:.',   !




84 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/09/02 03:02
 取り敢えず笑ってみるテスト!

 ニヤリ……

85 :名無し物書き@推敲中?:03/09/12 16:12
頬がゆるむ

86 :名無し物書き@推敲中?:03/09/12 16:14
哄笑

87 :名無し物書き@推敲中?:03/09/12 17:34
ポップコーンが弾けたよう

88 :名無し物書き@推敲中?:03/09/12 18:36
禁笑を失し得ない。

89 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/09/12 19:27
 ↑ワロタ!

90 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/06 19:38
 コテに慣れてしまった所為か名無しだと疲れる(苦笑

91 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/07 00:57
 さぁて、寝ますか。それでは皆様おやつみん……☆

92 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/08 20:37
 いよいよ肌寒い季節となり、漸く職場にも暖房が入った。終始ぽかぽかしていて少しだ
け幸せな気分になる。が、反面眠くなって仕様がない。寒ければ寒いで不平が頭を擡げる
癖に、人間とは全く手前勝手な生き物である。
 明日明後日は、隣席の某先生と共に他校との研修会に出席するために出張である。本来
ならばこうした行事の出席は教頭の役目なのだろうが、良い機会だから学校経営の実際や
今後の在り方について学んで来い、との事だ。教頭からすれば教育の理想論を掲げている
だろう我々に、少しは世間の風に吹かれて頭を冷やして来い、と言う事なのだろうが、こ
れは寧ろ逆効果に終わる可能性が高い。こちらの発表する内容は既に私がこの二日間で纏
め終えているし、それを発表する立場の某先生は弁が立つ。普段から行われている会議の
規模が大きくなり顔ぶれが変わっただけで、結局は現行通りの在り方に固執する連中の錆
び付いた固定観念に風穴を空ける事など不可能なのかも知れないが、ならばこちらも譲ら
ずに彼等の言う、甘っちょろい理想論、と言う奴をぬけぬけと標榜するだけである。
 どうせ研修会など名ばかりで、互いに馴れ合いのおべんちゃらでも言い合っている内に
宴会の時間にでもなれば、最終的には芸者でも上げて大騒ぎするのが目的である。当然、
女性である某先生は男共の痴態に馬鹿馬鹿しくなり中座するだろうし、こちらも土日はお
世辞を言うのが半分仕事みたいなものだから、お世辞を言われる立場は非常に窮屈である。
だから同じ様に中座して温泉にでも浸かってゆっくりと寝る事にする。
 紅葉には些か早い事だけが返す返すも残念である。
 月見れば ちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど――
 と、ここまで書いてスレ違いである事に気付いた。と、ぬけぬけと呟いてみるテスト……w
 (早く何処かに去らねばと反省……汗)



93 :名無し物書き@推敲中?:03/10/10 01:39
くちばしをつりあげる

94 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/10 20:22
 木曜の朝、都内にある某先生のお宅までバイクで伺い、一度だけ面識のある彼女のご両
親に御挨拶をして目的地へと出発した。私のマーチでは遠出は辛い事と、兼ねてから某先
生に要請されていたバイクの二人乗りを私が執拗に拒んだために、彼女の愛車を使い私の
運転で出張先に赴く事になった訳である。他者の車の運転をする事は決して私の本意とす
る所では無いが、バイクの後部シートに彼女を乗せてその命まで預かる事を思えば、まだ
しも気が楽だったからである。
 相も変わらず舌打ちをしたくなる都内の渋滞を抜けて高速道路に入ると、薄曇りの空の
向こうに心休まる風景が開けた。何処までも続く稜線に左右から見下ろされ、時折渓谷に
流れる河の煌めきに心奪われながら回すハンドルも軽やかに、ミッドシップの安定した走
行感を愉しむ。途中のドライブインで釜飯を食し、ついでにKOOLmildを調達しようと
したが無い(涙)仕方なく一度も吸った事の無いメンソールの煙草を買って再出発した。
 それでも道中、密かに期待していた紅葉を愉しむ事も出来た。まだそれ程昼夜の温度差
が無いためか、所々黄色が混じっており鮮やかな真紅と呼ぶには些か心許ないが、それで
も都会のそれとは一線を画す見事な艶やかさであった。
 午後二時には指定されたホテルに到着し、三時よりの研修会、六時からの宴会とほぼ予
想通りの展開で進み、やがて芸者さん数名が現れた事に依り日頃余程肩の凝る思いをされ
ているのだろう男性群が一斉に馬脚を現すと、少数派であられる女性方は眉を顰めながら
次々と中座し始めた。私も乗り遅れては拙いとばかりに、客膳の向こうに笑顔で正座し、
お銚子を手に取る芸者さんに、「酒で無く、そろそろご飯をよそって下さい」と注文を出
して周囲の者達を大いに白けさせた。
 そして部屋に戻りタオルを肩に掛けると、兼ねてから仲居さんに聞いていた露天風呂に
向かう事にした。時期的に湯治目的の逗留客が僅かに滞在しているだけで団体客もその日
は少ない事から、貸し切り状態なのだそうである。途中、ホテル内の大風呂に向かう某先
生と他校だが講顔馴染みの女性講師と偶然出会して、後からトランプやるから部屋におい
でよ、と誘われたが、長時間の運転で些か疲れていたので丁重に辞退しておいた。



95 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/10 20:24
 その後、フロントで露天風呂の場所を聞くといきなり懐中電灯を手渡された。何でもホ
テルの裏口を出て、石段を二百段だか二百五十段だか下方に下りてゆくそうである。灯り
は一切無いそうなので、呉々も用心する様に、との事だ。最後に、お気を付けて、と念を
押して意味深に微笑んだ係りの者の顔が妙に気に掛かった。何だかお化け屋敷にゆく様な
気分になり、わくわくどきどきするも、裏口の扉を開けた瞬間に引き返したくなった。鼻
を摘まれても分からない状態とはこの事である。だが今更引き返すのも癪なので、漆黒の
闇だけが無造作に転がっている空間を、足下を照らす懐中電灯の心許ない光だけを頼りに
下降して行った。遙か下方から河のせせらぎが響いて来る所をみると、恐らく昼間にでも
訪れれば絶景なのだろう。が、その時の自分の心持ちは地獄巡りでもしている様な心境と
言えば一番近かっただろう。何度も引き返そうと思ったが、嫌味な笑みを顔に貼り付けた
係りの者の顔を思い出すと意地でも引き返す事は出来ない。つまらない所で意地を張るの
が子供の頃からの悪い癖と分かっていても、体の方はすっかり闇に慣れてしまったのか、
足だけはリズム良く石段を駆け下りて行ってしまう。さっさと入って、さっさと出て来る。
これが正解だ。と、胸で繰り返していた様に思う。今思えば、かなりのスピードがついて
いたのだろう。気が付いたら、
 ざぶざぶざぶ……!浴衣のまま腰の辺りまで露天風呂に浸かっていた、と。(……汗)
 石段からいきなり露天風呂に直結していたのである。脱げたスリッパが空しく温泉の湯
に揺られている。幸いな事と言えば懐中電灯を濡らさずに済んだ事だけだ。万一それを駄
目にしていれば、俄座頭市状態で手探りしながら引き返さねばならない所だった。やけく
そになり浴衣と帯を露天風呂の奥にある欄干に掛けると湯船を泳ぎ始めた。


96 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/10 20:25
 その後、濡れ鼠のまま人目を忍ぶ様に部屋に戻り、新しい浴衣に着替えて「白い巨塔」
を見ながら、やはり財前五郎は田宮次郎しか居ないな、と納得。里見先生は山本学じゃ無
ければイヤンな感じだ。太地喜和子の方が色っぽいやい!と、ぶつぶつ言いながら就寝。
 翌朝は早起きをして再び露天風呂に赴く。薄もやのかかる早朝に見ると、思った通りの
絶景である。欄干でたなびく昨夜持ち帰り忘れた帯を見て、私は自嘲気味に笑った。

(おお!最後は綺麗に決まった!これでスレ違いじゃ無いよね?ね?ね〜!良いや、別に自分さえスレの趣旨で書いたと思い込んでいればネ。はっはっは〜っ!!!)
  ↑ 自棄笑い……汗。


97 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/10 20:33
 兼ねてから ×
 予てから  ○

 すっげぇ恥ずかしい!!!

 と、苦笑い……

98 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/10 23:43

        -─-  
     rク´ o    oヽ
      i'  ,. -====-.ュ
.     | /'´ノルノハリハソ)
    l i' ド,.-、  ,.-、|'、 無垢な笑み……☆
     '、ノ、._j '' 、_, ''ノノ
      ,バ ''ー   ‐く

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Lynx/3062/tomorrow_never_knows.html

99 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/12 22:50
 落ちたか……。

 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、か
つ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またか
くにごとし――

 今日は笑わない……。

 http://www.din.or.jp/~jokei00/ffx.html

100 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/13 07:24
;;} };;〉 },,,, i' :::::::::::::::::::::::::.:.:.:.. . ./\.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙!;:::i'゙´j..
;:! j;:i  j;;: ,} :::::::::::::::::.:.:.:.:.:. . ./   \. .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::: {;;:::l _i;;
:j |;::i  !;' .,! .:.:.:.:.:.:.: . . . . ./. ┌─┐ \. . . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. };;::::レ´!;:
| .!;::{  {!,,,,i. . . . . . . .  /   │└│   \. . . . . . . . . . I;;'"::;;/i:;
 l;;::|  i!,.7l.      /     └─┘    \       i;;;;::::i' i!;,:
 |;;::} j!:' !      |                  |       j;;:::: i! |,':
 i;;:::l || ,;|       |   l⌒! ┌i┐ l⌒i   |       {;;:::: ,! j,;:
__|;;::;l__l!, ;| __________|   ├l┤ ├l┤ ├l┤   !_____________ };;:;:;:;!/....
‐|;;;;:.|‐j!,,. ! ‐‐┬‐┐   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ┌‐┬‐‐┬ {::;;;:: /,,;;:
‐|;;::;;l‐{i, ''; } ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ i!;;::,.i! ::''.
 };;;;;|,j|  ,.i| ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ 1;:::::| il ,,
 i;;;;;;;1l ;;i}{ ‐‐┼‐┤   ├l┤ ├l┤ ├l┤  ├‐┼‐‐┼ !':::::l i|.:.: 

 晴れて良かった……☆

101 :Rock ◆REnl01ZFgY :03/10/13 23:56
 実は午後から豪雨が降ったりした訳で……何かすげえ疲れた訳で……も、寝よ。

 http://homepage1.nifty.com/mrjsroom/midi/words/kimio.htm

102 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/14 18:13
   -= ノノノハヽ
  -=≡ 川*゚ヮ゚*)ノ ♪〜
    -= [ つ┯つ
  -=≡.くノ爪|ハ ゝ
  -=≡. し'/l_ノ
   -= (◎)~~)~)

 わーい♪ やっとモニター買って来たよ〜!コテも戻って万々歳!!!
 15インチ液晶で三万弱……モニターも安くなったなぁ。
 と、至福の笑みを浮かべてみる。



103 :Rock ◆46AiixYWp. :03/10/14 18:19
 ん?今までのコテの方が良いかな?

104 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/14 18:25
 ありゃりゃ???おかしいな?全然違う……やぱ、元に戻そう。

105 :Rock  ◆3rcHZnzJgY :03/10/15 00:12
 あ〜〜〜何か今日は2chで一杯遊んじゃった。やぱ自分のパソが良いね、と実感。
て事で、もう暫くしたら他板に引っ越します。

 今日も一日おつかれまさでした おやすみなさい

106 :Rock  ◆3rcHZnzJgY :03/10/15 00:14
↑また、打ち間違えてるし……w ホント馬鹿だ、俺って。

107 :YOSHIHIRO:03/10/15 00:56
よその板に行くのか。残念だな。

108 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/15 07:16
 残念がってくれる人がいるとは……何だかとても嬉しい。
 ありがとう。YOSHIHIROさん。

109 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/15 20:50
 毎朝立ち寄る川縁で今夏に生まれた子猫も大分大きくなり、最近では母猫と行動を共に
している事も少なくなった。子猫は確か三匹生まれた筈だったのだが、最近では目にする
のは一匹だけである。後の二匹はどうなったのだろう、と考える度に嫌な考えが胸を過ぎ
る。が、出来るだけ深く考えない様に心掛けていたりする自分が居る。本当に勝手な話な
のだが、胸を締め付けられる思いに囚われる事を少しでも避けたい意識から発露する、こ
れは心の安全装置の様なものである。
 ならば最初から関わりを持たなければ良いとも思うのだが、結構猫達に慰められる部分
があったりするものだから、姑息にもぎりぎり傷付かずに済む程度の安全圏から手を差し
伸べたりして、そんな己の行動を偽善的で忌々しいと思いながらも、早朝に僅かな安らぎ
を与えてくれる彼等との関係を断ち切れない酷く矮小な自分が居る訳である。
 安全な場所から施しを与える事に依り、自己欺瞞に依る歪んだ満足感を得る私とは別に、
彼等はこれから本格的に寒くなる冬と現実に対峙してゆかなければいけない訳である。そ
れを思うと私の心は再びそこに囚われそうになり、慌ててまたそこから目を逸らそうとし、
その度に心の針の振り幅は大きく揺れ動いて正と負の境界を往き来し、結局、許容量の著
しく小さい私の心は疲弊してしまうのである。だがそんな心の疲弊などは、彼等が現実に
立ち向かわなければならない冬の厳しさに較べれば、どれ程のものだろう。
 せめて今年が暖冬であれば良いと願うのも、これまた自己欺瞞であり偽善でしか無いの
かも知れない。私がどう思いを巡らそうと彼等に訪れる現実の冬に何等変化は無いのだか
ら。だがそれが分かっていても願わずにいられない時、私は文字を綴ってしまう訳である。
 スレ違い申し訳ない。俯いて寄る辺なく自嘲する事頻りである。


110 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/17 22:34
 仕事帰りにクィーンズスクエアの辺りをぶらつく。橋の欄干の凭れ掛かり、暗い波間に
視線を落とす。僚友がハネムーンで居ないために明日明後日は凄く忙しいのに、店長代理
の俺がこんなでどうする、と思うのだが……今は自分を奮い立たせる何かを失っている。
 仕事中はそれに埋没していれば良いからまだしも楽だが、こうして独りになると何をし
て良いのか分からない。執筆も読書も今は身に入らない。どちらも使命感からしている事
では無いから、愉しいと言う感覚が欠落してしまえば苦痛でしか無い。
 でも笑おう。あまりスレ違いばかりでは失礼だもんね。
 かっかっかっかっ!……ふぅ (溜め息)  

111 :YOSHIHIRO:03/10/18 03:43
どうやら女の方がしっかりしてるみたいだなあ。
軽々しくアドバイスはできないが…
しばらく創作のことなど忘れてしまってもいいのでは?!


112 :YOSHIHIRO:03/10/18 03:51
Natural      nokko

涙は星より重く 
立ってるだけで精いっぱい
夜明けはやさしく 
始まりはいつも澄んだ空 
迎えに来た
口笛なんて吹いてないよ
軽いふりよりそのままで

抱きしめた胸の青い鳥は 
高く舞いあがる時を待ち
名前のない日に名前をさがしてる
大空に歌を響かせ 
静かに歩きはじめた

空き地の自転車 
遠い昔にこわれた約束
どうしてなんて もう聞かない
風の強さを受けとめて

抱きしめた光 
ときめく日は高く舞いあがり
時のない愛を見つけだして 
少し大人になる
大空に歌を響かせ 
静かに歩きはじめた


113 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/18 07:23
 ん。女の方がしっかりしている、と言われて何か持ち前の負けん気が戻って来た。
 今日明日と見事に店長代理を勤め上げやしょう。創作からは暫く離れます。

 発破を掛けてくれて、ありがとう。nokkoさん

114 :☆ロック☆:03/10/22 10:11
未だ規制解けず。携帯では長文も打てず。教頭が躾の悪い生徒でも見る様な目つきで睨んでいるので、今日はここまで……☆(汗)

115 :☆そろそろ規制に慣れたロック☆:03/10/23 12:41
昼に食べたエビフリャ〜定食最高!しゃ〜わせ感じる秋の午後

116 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/24 20:34
 『銀の龍の背に乗って』

 あの青ざめた海のかなたで
 今まさに誰かが痛んでいる
 まだ飛べない雛(ヒナ)たちみたいに
 僕はこの非力(ヒリキ)を嘆(ナゲ)いている

 急げ悲しみ 翼に変われ
 急げ傷跡 羅針盤(ラシンバン)になれ
 まだ飛べない雛たちみたいに
 僕はこの非力を嘆いている

 夢が迎えに来てくれるまで
 震(フル)えて待っているだけだった昨日
 明日(アシタ)僕は龍の足元へ
 崖(ガケ)を登り 呼ぶよ 「さあ、ゆこうぜ」

 銀の龍の背に乗って
 届けに行こう 命の砂漠へ
 銀の龍の背に乗って
 運んでゆこう 雨雲の渦を

 http://momo-mid.com/mu_title/ginno_ryuuno_seni_notte.htm

 書く事が好きだから、この板に残って、少しずつだけどもう一度始める。
 心配かけて、ごめんなさい。もう大丈夫だから……ありがとう。


117 :YOSHIHIRO:03/10/24 21:28
よかった。
ご褒美にいいこと教えてあげよう。
女の方は地下でとっくに再開してるよ。
ただし、黙って見守ってあげてください。

118 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/24 23:09

 ☆             ☆         |l≡≡≡|ミ|  ☆     ☆
    ☆                 ☆  |l≡≡≡|ミ|              ☆
          o。_。_lコ<o>     |l≡≡≡|ミ|_<o>_。≠_〇o
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF|。 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|EEEEEEEEEEE|lll| .。+
  * o  o.   |l|FFFFFFF / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     。。oo  |l|FFFFFF | よぉぉぉぉし!おいらもがんばろう。レスしたいけど、ここは我慢にゃん……
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF \
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFF     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF.。   ヘ⌒ヽフ  |l≡o + +! + 。 〇   +
   lミl.」」.」〇 ++ +  ( ´・ω・) o  〇 。 o  +   〇 。 +
  __〇___。_゚__/ ~つと)____o______〇__o___。
  二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ::::::::::::::::::::........................................  ..    .   . .. ...............::::::::::::::::::::::::
  ───────────────────―──────―
 ゜      〇  〇 〇〇             *     〇 o *
   *  ゜  +    ,:'           : +       丶   +
 〇     +   ゜ ,-'             i              ヽl゙   〇
     〇    _  l/            l!               \「     
         _  i/             ll                \「
       − l/               |l              \「
    −_ ~l/                  |.l
  −__ l/                  } |


http://momo-mid.com/mu_title/amaotowa_chopin_no_sirabe.htm

119 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/24 23:47
 実は本当に先週までは余所に引っ越す事を考えていてね、もうこの板のみんなに対する
さよならの挨拶とか、新板での挨拶とか書き上げていたんだ。で、載せようとしたらアク
セス規制になっていたと……(汗)
 でも、これはきっと神の思し召しだネ。(全然神様なんて信じちゃいないけどw)
 偶々、今度の行き先と考えていた板で知り合ったコテさんと批判板で、偶然にも一週間
同衾?していて、その人には近々引っ越す事も告げていたんだけど、時間が経つ程に創作
文芸を離れがたくなって……その時に、やっぱり俺はここが好きなんだなぁ……って。
 だから今日、仕事から帰って来てその人にもレスを寄せたんだ。

15 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/24 20:20
 そだね。過ぎ去ればみんな良い思い出だ。
 でも、暫くは規制はゴメンだなぁ。今回の事で気付いたんだけどさ、おいら
やっぱり創作文芸板が好きなのなぁ。携帯から盛んに書き込んでパケ代で真っ
青な訳よ。だからここに自スレ立てるのは、やっぱり無理そうにゃん。
 それでも今まで通り頻繁に遊びには来るけどネ♪
 今度、規制に巻き込まれた時にも、○○のワンマンショーを楽しみにしてるよ〜。

 て事で、明日明後日はまだ店長代理の任を解かれていないので無理かもだけど、月曜辺
りからぼちぼちとウォーミングアップしてゆくつもり。
 スレ違いだけど、もう気にしない。ここは三度目のRockの部屋だ〜!
 って、1さん、ごめんなさい……(汗)
  
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/cosmos.htm 

120 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 07:22
 何か非常に心配……って、こう言うレスもいけないのかなぁ……。
 ま、良いや、独り言って事で。
 体調不良には栄養に睡眠。読書、創作は疲弊するので厳禁が鉄則。
 アルファー波がびんびんに湧く出る音楽でも聴きながら静養するべし、かも…。
 http://homepage2.nifty.com/usc/sub04.html
 
 http://homepage2.nifty.com/m-marvel/contents/title101.html

 と言う所で、今日も出撃にゃん。

121 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 20:25
              ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :::::::::::::',
              ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ....::::::::::::`'ー-、、、,.___
                ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ノ
                '.;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,、-'´
               ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, 、-‐''"´
               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,、-'":::::::::::::::::::::::::::::::_, 、 -''"´
               ヽ_:::::::::::::::::::::__,、-'´_____,、ァ‐i''"´ /
               i:::::::: ̄ ̄ ̄::,'"´ _./:::::::::/   ,'´ i::::ノ  (
                 `、::::::::::::::::::::::i  / i::::::::::i      `´   `‐
                ヽ、:::::::::::::::::', '., ゝ、::';:',          , '´
                  ゝ:::::::::::::::ヽ、`‐- ``        _.,'
              ,、-''"´(:::::::,、i::://ノ` ‐ 、.__ノ           ノ
           ,、-'´  /´''"´ '´                i 、
     _ , 、 -‐'"´ /   /                  _.  ノ  `‐、.__
-‐ー''"´       i   ',                   / ̄         ̄

http://homepage3.nifty.com/sinbunyadou/midi/room3/AIGA8P_b.htm



122 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 20:41
 『落花流水』

 穏やかに流れる河面に焦がれた一輪の花がそこへ散ったなら、流れる水もその焦がれる
心を受け止めて何処までも運ぶのだろうか――

 そう、彼女が私の前に現れたのは実に五年振りの事だった。十月中旬の日曜日、午後六
時過ぎの事だ。翌日に結婚式を控えた僚友KやA美が居ないためにサロン内は閉店間際
の慌ただしさで、スタッフ全員が殺気立っていた時刻である。
「大変申し訳ありません。本日の営業は全て……」
 女性スタッフの一人が儀礼的な応対で対処しかけた時、先ず師匠がその姿に気付いて一
際嬉しそうな声を上げた。それでも私の方はブローの最中だったのでまだ彼女に気付く事
も無く、師匠の知り合いでも訪ねて来てこれから飲みにゆくのだろう、くらいにしか思っ
ていなかった。好い気なもんだ。この糞忙しい時に、と内心舌打ちしながら鏡越しに視線
を振った先に微笑む彼女の姿を捉え――私は一瞬にして固まった。
 互いの視線は無機質な光沢を放つ鏡の中で刹那絡み合い――
「ちょっとぉ、少し熱いわよ!」
 次の瞬間には、怪訝そうに鏡の世界に割って入ったクライアントの険のある視線に遮ら
れて、私は深々と頭を垂れながら謝罪し、暫し現実の世界に舞い戻った。
 それから閉店まで、どう言う手順で顧客を回して行ったのか良く覚えていない。まさか
結婚式の前日に彼女がサロンに訪れるなどとは夢にも思っていなかった事から、気が動転
していたのかも知れない。終始、希薄な現実感に支配されながら覚束ない足取りでスタッ
フルームに向かい、そこで初めて彼女と目を合わせた時にも、どんな挨拶をして何を喋っ
たのかさえ記憶が曖昧である。覚えている事と言えば師匠に、久し振りなんだから今夜は
二人で食事でも行っておいでよ、と部屋から早々に押し出されて、その時に耳元で、
「分かってるだろうけど、H子にはもう亭主も子供も居るんだよ……」
 と囁かれた事くらいだろうか。


123 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 20:41
 それでも昔からの行き付けのパスタ店で、そこの男前のマスターに散々冷やかされなが
ら食事をしている内に時間は徐々に過去へと遡り、遡り、遡り――
 気が付けば、ロウライズのジーンズにデニムジャケットと言う昔通りラフな出で立ちの
彼女をバイクの後ろに乗せて横浜へと向かっていた。彼女が宿泊するホテルが横浜だった
事と、若い頃に二人で良く行った公園に行ってみたい、と彼女が言い出したからだった。
 その高台の公園からは横浜港の海が一望出来る。暗い海に架かる艶やかなネックレスの
様なベイブリッジに、ぼんやりと明滅するマリンタワーの灯り。冷たい潮の香りが鼻先を
擽り、そこで大きく息を吸い込んだ彼女の鼻は僅かに赤く染まり、泣いている様な錯覚を
覚えた私は無意識に彼女の首に腕を回して引き寄せていた。
 埠頭を渡る風が一際強く、冷たく吹く――
「相変わらず下手なキスだね……?」
 と囁く彼女に私は、ふふん、と鼻で笑い、お前は上手くなったかもね、と心にも無い言
葉を呟いていた。
「そんな事……」
 言わないでよ、と言って彼女は視線を逸らすと寂しそうに公園の柵に凭れ掛かった。そ
して同じ言葉を途切れ途切れに何度も呟いて項垂れた。私はそんな彼女の肩に掌を伸ばし、
 良かったら、俺の家に来ないか……
 何度もそんな言葉を胸裡で繰り返していた様に思う。だが、掌が彼女の肩に届く事は無
く、胸裡の言葉も遂に口を衝いて出る事は無かった。代わりに煙草を銜えて何度も何度も
煙を吐き出した。言い出せない言葉は紫煙と形を変え、冷たい夜空に舞い上がると消えた。
 やがて夜の帳を伝い落ちる様に雨が降り出して来る。
「行くぞ。風邪でも引いて明日二人とも欠席してみろ、Kに何て言われるか分からない」
 私は彼女にヘルメットを渡した。すると彼女は頷き、


124 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 20:42
「明日はSちゃんと、あまり喋るな、ってK君に釘を刺されていたの。だから今夜、店
の方に顔を出したの」
 怖ず怖ずと切り出すそんな言葉に私は舌打ちした。七月の末に別れた恋人がA美の親
友である事からの気遣いなのだろう。お陰で、これだ……と自分の意志の弱さをKの所
為にして、私はバイクに跨るとリアシートに乗ろうとする彼女に手を貸した。
 海縁に建つホテルに着く頃には降ったり止んだりだった雨も本降りに近くなっていた。
「Sちゃん好きな人が居るんだって?」
「え……?」
「K君に聞いたよ。はっきりとじゃ無いけれど、多分そう言う人が居るんだろう、って」
「へぇぇ……同じ釜の飯を食った仲間だけは誤魔化せねぇや」
 それよりお前、今幸せか?と、続けて言ったそんな私の言葉に彼女は大きく頷き、私も
大きく頷き返すとアクセルを噴かしながらミッションをロウに入れた。それで無くとも重
いバイクの車体が路面に張り付く様に低く沈む。スタートの合図を待ち、高く腰だけを上
げるスプリンターの姿勢の様に。彼女は寂しげな笑顔で何度も頷きながら、
「きっと素敵な人なんでしょう?」
 と訊いた。私は苦笑すると、
「もう、振られた……」
 と答えてクラッチを緩めた。濡れた路面を滑り出す様にバイクは走り出し、太く大きな
タイヤは路面に滲んだ街灯の光を跳ね散らかしながら暗い闇を切り裂いた。バックミラー
越しに映る彼女の姿に何度も酷い自己嫌悪に苛まれながら、突然強くなった雨足さえ天の
配剤の様に思えた。そう、私はずぶ濡れになって然るべき間違いを犯し掛けた。天網恢々
疎にして漏らさず、とは良く言ったものである。だが罰はそれだけでは終わらない。
 ――その晩。
 モニター上で、落花流水を願った花は泡沫(うたかた)の中に沈んでおり――
 私は思い出深いそこを遂に去る事に決めたのだった。
(了)


125 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 20:45
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/s1997/o-shimada.htm

126 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 21:20
 久々の執筆はこんな所かなぁ。ま、先々週辺りはそんな心境だった私も、アクセス規制
やらYOSHIHIROさんの激励などがあって、こうしてまたここに居着く事になった訳だけ
ど。何かこれで良かった様な気もしています。この方が互いに遠慮無く伸び伸びとやれて、
良いのかも知れないし。因みに私の場合は、これまでの様に毎日更新では無く、不定期更
と言う形で行こうかと考えています。YOSHIHIROさんは「自分日記」と言うスレッドを
御存知ですか?そこの彼はかな〜り短文なんだけど不定期更新と言う形を取っていて、結
構長く続いているんですよ。私も時折、そんな彼に激励のレスなどを寄せさせて頂いてま
す。独り言板にも「ひとりがたり」と言うスレッドがあって、この人も不定期更新ですが
最近はバリエーションに富んだ創作をしています。作品の完成度は創作文芸板の住人のレ
ベルからすれば拙いものかも知れませんが、楽しみながら努力している姿勢に感銘を受け
て、ここの方にも時折レスを寄せさせて頂いています。レスを寄せた事が励みになってい
る様なので、YOSHIHIROさんも暇な時にでも是非覗いて見てあげて下さい。
 そうした不定期更新と言う形が一番望ましいのかなぁ、なんて大分以前から考えていた
のですが、これまで書くのを苦痛だなんて考えた事が一度も無かった事から、偶には休も
うと思っていても、ついつい書いてしまい、結局はあまり触れたく無い過去の事まで書い
てしまって心がオーバーヒートしかけていたのかも知れません。ですから私は敢えて不定
期更新と謳う事に決めます。結果的には毎日書いちゃうのかも知れないけれどw
 って所で、今日はここまで……☆(久々に言えて気持ち好いにゃん♪)


127 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/25 23:24
 さぁぁて!寝ようかな……と思ったら、相棒がベッドでお漏らししてるし……
「なんじゃ!こりゃああああ!!!」
http://homepage3.nifty.com/sinbunyadou/midi/room4/GPAN_88P_b.htm
 って……(汗)
 
 それでは皆様、良い休日をお迎え下さい。 おやつみなさい……☆

128 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/26 07:18
『この空を飛べたら』

空を飛ぼうなんて 悲しい話を
いつまで考えているのさ
あの人が突然 戻ったらなんて
いつまでも考えているのさ
暗い土の上に 叩きつけられても
こりもせずに 空を見ている
凍るような声で 別れを言われても
こりもせずに 信じてる 信じてる

ああ 人はむかしむかし
鳥だったのかも しれないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい

飛べるはずのない空 みんなわかっていて
今日も走ってゆく 走ってく
戻らないあの人 私わかっていて
今日も待っている 待っている
この空を飛べたら 冷たいあの人も
やさしくなるような 気がして
この空を飛べたら 消えた何もかもが
帰ってくるようで 走るよ

ああ 人はむかしむかし
鳥だったのかも しれないね
こんなにも こんなにも 空が恋しい
http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/th2211/MIDI-Room/ka-gyou/konosorawo-t.htm

129 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/26 22:43
 今日の昼過ぎの事である。スタッフルームで一気にカロリーメイトを飲み干し、徐に煙
草を一本銜えた所で師匠が部屋に入って来た。やばッ!と内心叫びながら銜えていた煙草
をごみ箱に放り投げる。ストラ〜イク!バッターアウト!などと叫び、拳を突き上げなが
ら媚びた目つきで、へへへ……と愛想笑いをして早速業務に戻ろうとした所で、
「良いから、そこに座れ」と命じられた。
 煙草一本吸おうとしてたくらいで、なんでい!と思いながらも笑顔だけは絶やさず、俯
いて煙草を銜えた師匠に透かさずライターの火を差し出す。(まるでヤクザの舎弟だ……泣)
「お前、大分腰の調子好さそうじゃん」
「お陰様で。この所、腰に悪い事は哀しいくらい致しておりませんし……」
 ここで頭を一発引っぱたかれて、お前も吸え、とcamelを勧められ、本当は好きじゃ無
いけれど一本引き抜いて渋々と火を付けた。苦い……つうか喉がひりひりする。
「お前、Tの事をどう思う?」
 Tとは現在、本店の店長を務めるKの直ぐ下でサブを務める我々よりも一年後輩のス
タッフである。実直で控えめな性格の好人物である。コンクールでの実績こそ華々しいも
のでは無いが、その人柄から顧客の受けも良い。だからその通りの感想を告げ、ついでに、
年頃の娘でも居れば嫁にやりたいくらいです、と余計なジョークまで付け加えて再び頭を
張られる。
「物足りないんだよね、あたしから見るとさ。店長にするは、お前みたいに調子が良くて
図々しいくらいで丁度良いんだ」
 と言われても、喜んで良いのだか悲しんで良いのだか分からないので、ははぁ……と曖
昧に頷いた。聞けば、年明け早々に三店舗目の出店を企画しているらしく、そこを任せる
店長の人選に悩んでいるそうである。結婚後もKは今まで通り本店で店長を務めるもの
のA美の方は支店に移転する事になっている。普通ならTを新店舗の店長に抜擢し、経
験年数は浅いものの実績のあるA美をサブに持ってゆきたい所なのだろうが、若いスタ
ッフで編成されている本店の管理を、新婚夫妻で任せる事を憂慮しているらしいのだ。


130 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/26 22:43
「そこで、お前を来春からサロンに呼び戻そうかと考えていた矢先なのよ」
「へ……???」
「取り敢えず新店舗の店長はTに任せて、四月からはSに引き継いで貰いたいんだよ」
「ちょっと待って下さいよ」
 そんな事を突然言われても返答のしようが無い。これまで一生懸命やって来たTも気
の毒だし、学校の方だって漸く慣れて来て、某先生と共闘してこれまでのカリキュラムの
見直しを学校側に要請し続けている最中だ。自分がここで突然、学校を辞めてしまえば彼
女は孤立無援に陥る。言い出しっぺは自分なのに、屋根の上に登らせておいて梯子を外す
訳にはいかない。それではあまりにも無責任だ。なのに師匠は四月からの店長としての年
俸について早速説明を始めて、私がその話を受けるものと勝手に解釈をしている。条件は
悪く無い。現在の学校の給料及びサロンの臨時収入を合わせても遙かに上回る金額だ。
 ――だが。
「申し訳無いですけど暫く考えさせて下さい。俺の一存ではとても決め兼ねます」
 その言葉に師匠の目が一瞬吊り上がり、続いて、
「良し。良く考えてみろ。お前がどんな結論を出そうが、あたしはそれを根に持つ様な事
はしないから……」
 そう言って乱暴に煙草を揉み消すと溜め息と共に、さっさと業務に就け、と呟いた。
 だから現在家に戻って来てからも悩んでいる。今まで色々世話になった師匠の要請を無
下に断る訳にもいかないが、今後も学校に勤め続ける某先生の立場を思えば如何なる理由
があろうと逃げ出す訳にはいかない。Kの下でこつこつと努力してサロンを支えて来たT
だって、長い間サロンを空けていた私の代走ではあまりにも気の毒だ。下手をすれば他店
に移ってしまうかも知れない。
 困った……と、ここで愚痴っても仕方ないんだけど。取り敢えず今日はここまで……★


131 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 22:47
(・∀・)



132 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/26 23:06

    _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)
    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。


133 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 00:20
 『埠頭を渡る風』

  蒼いとばりが 道の果てに続いてる
  哀しい夜は 私を隣に乗せて
  街の明かりは 遠くなびくほうき星
  何も言わずに 私のそばにいて
  埠頭を渡る風を見たのは
  いつか二人が ただの友達だった日ね
  今のあなたは 一人傷つき
  忘れた景色 探しにここへ来たの
  もうそれ以上 もうそれ以上
  やさしくなんて しなくていいのよ
  いつでも強がる姿 嘘になる

  セメント積んだ 倉庫の陰で
  ひざを抱える あなたは急に幼い
  だから短い キスをあげるよ
  それは無くした 写真にするみたいに
  もうそれ以上 もうそれ以上
  やさしくなんて しなくていいのよ
  いつでも強がる姿 好きだから
  白い吐息が 闇の中へ消えてゆく
  凍える夜は 私を隣に乗せて
  ゆるいカーブで あなたに倒れてみたら
  何も聞かずに 横顔で笑って
  蒼いとばりが 道の果てに続いてる
  哀しい夜は 私を隣に乗せて
  街の明かりは 遠くなびくほうき星
  何も言わずに 私のそばにいて
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/futoowo_wataru_kaze.htm

134 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 01:20
 別に、ここがageられた事は一向に構わないのだが、「書いてます」スレが
度々ageられている事に少々苛ついている。相変わらず頭の悪い名無しが居る
らしいな。
 なもんで以前書いた、載せるつもりは無かった筈の創作文芸板に対する
お別れの挨拶文を参考までに載せておこう。

135 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 01:21
 『2ちゃんねるとの出会い』

 それでは最後の御挨拶代わりに私と2chとの出会いについて少し触れておこう。
 私が初めて2chを訪れたのは去年の一月頃の事だったと思う。以前からその名はパソ
コン雑誌のアクセスランキングなどで何度も目にしていたのだが、正直に言えば「巨大掲
示板なんて何処が面白いんだろう?」くらいにしか思っていなくて、どうせオタクの巣窟
だろうと高を括って敬遠していた。(今やどっぷりと浸かっている訳だが……汗)
 だから最初に2chに訪れたのは偶然の出来事だったのである。当時の私は数年振りに
創作を再開して、角川の「日本ホラー大賞」に向けって執筆中だった。元々、純文学志向
だった私がエンタメ、しかもホラーに投稿しようと考えたのには理由がある。当時の私は
若輩の分際にも拘わらず建て売りの戸建てを勢いで買ってしまい、同時に当時の恋人との
結婚などを漠然と考えていた時期だったので兎にも角にも金が欲しかった。多ければ多い
程良い。そう考えた時に純文より売れ筋のエンタメに流れる事は必然であった訳だ。新潮
社の「ホラーサスペンス大賞」も考えたが、デビュー後の事を考えれば実績のある角川に
軍配が上がる。一次予選も通過するかどうか分からないのに、そんな先まで読んで行動す
る所が創作を志す者の脳天気な所であり、同時に妄想の強い偏執狂的な特徴なのである。
 さて、そうして不純な動機からそれまで書いた事も無いホラーを書き始めた訳だが、元
々私はホラーに関しては門外漢だから肝心の「日本ホラー大賞」に関する情報が殆ど得ら
れない。そこでネットで検索を掛けた際にヒットした中に2chの「日本ホラー大賞スレ
ッド」が、あった訳である。所がそこからは殆ど何の情報も得られず、だから2chには
それきり行かなくなった。が、投稿予定だった作品は二千枚以上書いても終わらずに、結
局〆切に間に合わなくなり、同時に次回まで一年の猶予がある事から私はエンタメの文体
に慣れるために今度は「角川NEXT大賞」に向けて書き始めた訳だ。コメントシートが
全員に返信されるとの事なので、ここである程度の手応えは把握出来ると考えたのである。


136 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 01:23
 執筆期間二ヶ月で八百枚、十一月末にメール添付で送信した訳だが、三ヶ月経ってもコ
メントシートは送られて来ない。それで今度は2chの「NEXT」スレで投稿者の意見を
ROMしたり愚痴を零す書き込みをしたりする様になった。この当時の「NEXT」スレは
創作文芸板でも珍しくまともな意見が交換されていて、スレッドの伸びも凄まじく数週間
もすればたちまち1000まで埋まってしまう勢いだったのを記憶している。が、その後つ
まらない行き違いに依り「NEXT」スレが二つ立ってしまった頃から、単に角川を罵倒し
たり、受賞作より自分の投稿した作品の方が優れていると言う負け犬の遠吠え的な書き込
みばかりが横行する駄スレに成り果ててしまったので、自然と行かなくなってしまった。
(それでも最近は再び良い雰囲気に戻っている様なので密かに喜んでいたりする)
 その後は「真面目に批評します」スレなどに於いて、作品の善し悪しの批評は私の場合
意図的に避ける(個人の捉え方で評価は幾らでも変わってしまうから)傾向がある事から、
明らかな文法のミスなどについて幾度かレスさせて頂いた。だが一度、論理を超越した反
撃に遭い(所謂、基地外の逆襲)2chとはつくづく怖ろしい所だな、と思って「物言え
ば、唇寒し、秋の風」と書き残して、それ以来そこにレスを寄せる事もやめた。大体に於
いて私は、スレッド上で議論ならまだしも口論をする気など毛頭無いので、雲行きが怪し
くなれば大抵はそのスレッドから落ちた。相手の姿が見えないからこそ悪し様に罵る事な
んて出来ない。だからスレッド上に於いて、野卑な言動で他人に噛み付いている者の殆ど
は恐らく気の小さい人間なのだろうと私は踏んでいる。目の前に相手が居たら殴られるの
が怖くて真っ当な意見すらろくに言えない弱い人間だと思っている。そんな事から、一応
は創作文芸板などと謳っているものの、恐らく本当に創作をしている人間なんて一割かそ
こらだろうと私は思っていた。だから正直な気持ちを言えば腹の底の何処かで、この板の
住人の事を冷笑していた部分があったと思う。


137 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 01:25
 だが、そんな人間ばかりで無い事を私はこの春先に思い知らされた。或るスレッドに出
会ったからだ。その辺の経緯は既に書き尽くしてしまったので割愛するが、そのスレッド
に出会った事から、それまでの己の傲慢さに気付いた。何処かで他者を見下していた自分
の姿に気付かされた訳である。そして生き生きと描かれるその文章に魅了された。金が目
的で再び書き始めた自分を酷く卑しい人間だと思い恥ずかしくなった。その文章に創作を
始めたばかりの頃の自分の意気込みや冒険心を垣間見たからだ。文句無しに面白かった。
 だから、いつだったか先日落とした私のスレに、『ビギナーズラックなど芸術の世界に
は存在しない。素人だから見える物があるなどとほざくバカさ加減を反省したまえ(w』
 などと言う偉そうな書き込みをしたお馬鹿さんがいたが、ちゃんちゃら可笑しくて吹き
出しそうになってしまった。文面から察するとプロは最初からプロだったとでも言わんば
かりの認識不足を露呈している上に、私の書いたコメントの趣旨を正確に把握する事さえ
意図的に拒み、ビギナーズラックと言う言葉尻だけを捉えて難癖を付けている知性の欠片
も感じられない杜撰なコメントである。(厳し過ぎる様だが、sage進行のスレを意図的に
ageる、こうした礼儀知らずには、このくらいが丁度良いコメントだ)
 こうした既成概念に囚われた物の考え方をする人間は、先ず作品を評価する立場の読者
が概して素人であると言う前提を見逃している上に、数々の文学新人賞に於いて、言わば
素人と言える未成年者が幾度と無く受賞している事実を見逃している。勿論若年で受賞し
てしまった者の先行きは創作の蓄えが無い事から険しい道のりになるだろうし単発で消え
て行ってしまう可能性も少なからずあるだろう。が、少なくとも一作目に関しては駆け引
きの無い素直な、言わば素人の感性から得られた勝利である事は疑いようの無い事実であ
る。逆に創作歴うん十年などと言うキャリアだけが無駄に長い輩に、そうした十代で受賞
する者が書いた感性の作品を書いて投稿するだけの勇気があるだろうか。私ならば無理だ。
キャリアが長ければ長い程、人間は守りに入ってしまうから冒険なんて出来ず、結果的に


138 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 01:26
は技巧に走ってしまって在り来たりで無難な作品を書き上げてしまう。果てに選考委員は
見る目が無いなどと己の感性の魯鈍さを棚に上げて責任転嫁をするのが落ちなのである。
 と、一応ここで稚拙なコメントに対する反論をさせて頂いた。あの時はとにかくこれ以
上煽られるのが非常に拙いタイミングだったから黙っていたが、これが私の本音である。
今ならば守るべき相手が居ないから、幾らでも喧嘩を買うよw
 さて、大分話が脇道に逸れてしまったが、結論だけ言えば色々な意味でここに常駐する
理由は何も無くなってしまった訳である。先般記した様に創作からも暫く離れようと思っ
ている。だからスレ違いを叱られない内にこれでお終いにする。歌を忘れたカナリヤは、
何処かで独り言でも呟く事に致します。そこならば専門板で無い事から枠が広く、何を書
こうが何を貼ろうが心置きなく出来るしね。でも「しりとり」だけは名無しでやりに来る
と思う。意地でも今度は1000を取りたいし……w
 また書ける様になったら戻って来て常駐するかも知れない。だから、さよならは言わな
い。さよならはこの数ヶ月で既に三年分は言ってしまったからね……w 
 この過疎板をこよなく愛していたよ。心配性で、おっちょこちょいで、意外に短気で、
素敵で魅力的な文章を書くあの人と同じくらいにねw
 それじゃあ、いつかまた会おう、孤高で偏屈で理想高き創作文芸の皆さん……☆
 (全て自分に返って来る言葉なのが哀しいネ……w)
 

139 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 03:02
http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/th2211/MIDI-Room/gaikoku/asunikakeruhasi.htm

140 :Катюша ◆6d2EwylCkI :03/10/27 12:22
お心遣いありがとうございます
前スレのお返し〜♪


    lii;;,.   "!li;;、.
        ''!!l|li;;,   ''!|||li;、
        , -'"~  ̄ ̄"""''ー、.
      /           `ヽ、
     /               \
     |il|||lli:.  ,il||||||||lllii;,.  ,     \
     ===・  ======・;ll  i      `、
   .'  |!|||l!;,.  ''!lll||||||||l!!'  ノ  .,;;iilll|||||||lii;;、
 (~.   `y''_         , ' ,;;i|||||||||||||||||l|||li;.
  _),_,,,ヾ ̄  ,, -‐…ー-‐'".,;;il|||||||||||||||||||||||||||li;
  l!__;-‐''jjiii;;;"T!;,.   .,,,;;;;iill||||||||||||||||||||||||||||||||||i;
    ,;ill|||||||li;''!||||ll|llil||||||||||||||||||||||||||||||||||||ll!'''""''!i;
   ;i|l|l||||||||li; !'"  "''!l||||||||||||||||||||||||||||!'"    `.
   |l|||||||||||||l   .;iil|||||||||||||||||||||||||||||!'       !
   '!l|||||||l||l!'  .,il|||||||||||||||||||||||||||||||!:       j
  i||ii災災''"  .;il||||||||||||||||||||||||||||||l!''         !
  ;i||||||||||||i ,' ,;i|||||||||||||||||||||||||||l!''"        ,'
  '!|||||||||||||i; '.,;;ii|||||||||||||||||||||ll!''"          /
  ';!||||||||||l!'i|||||||||||j||jj||||||||||||||||li;,、       /
   ゛"'''''il||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||i;,     ノ
      "''!l|||||||||||||||||||||||||||||||||||||i;,,_,,- '
         """"''''''''''''''''''''''''''"""


141 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 19:15
 おひさです、Катюша さん♪
 お返し……???
 何か昨日はムシャクシャしてて発作的に載せてしまったんです。
 何か色々書いてあってゴメンナサイ……あなたは全て忘れ〜る、と催眠術でもかけられ
れば良いのですが。トホホ……
 そのAA良くありましたね?ちょとビクーリしてます。
 約束通り黙って見守ってます……けど、一つだけ言わせて。
 
 残り香、すごおく良かたです。普通に出版されている小説の一場を抜粋したかの様
な描写と臨場感に驚かされました。マジで男のYOSHIHIROさんが書いている感じ。
 あまり言うとまた消えちゃうかもだから、もう、よすけどw

 ではまた後ほど……☆ 

142 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 21:06
『雲雀』

 四月からは五年生に進級しようかと言う春休み。私は父に連れられて伯父の家に泊まり
に行った。埼玉のとある場所。最寄りの駅からバスに三十分程揺られ、下車した停留所か
ら更に二十分程歩く、片田舎と言う形容に実に相応しい場所だ。
 背が高く常に早足で歩く父の背を見つめながら、何とか後れを取るまいと、半ば走りな
がら息を切らせて後を付いて行った事を記憶している。既に日は暮れかけていて、街灯一
つ無い畦道で置き去りにされる事を考えると不安で堪らなかったからである。
 漸く辿り着いた伯父の家は畑や田圃に囲まれた一角にあり、驚く程広い敷地の中に平屋
の住居、そして寂れた町工場の様に見えるトタン張りの納屋があった。遠くに霞む山々の
稜線は黄昏時の所為か鈍く朱色に帯び、それは美しいと言うりも、まだ幼かった私にただ
ただ物悲しさと寂しさを齎した。まだ着いたばかりだと言うのに早くも家に帰りたいと思
い、母や姉の姿が胸に浮かんだ。
 住居に向かうために納戸の前を横切ると、その並びに木造の粗末な小屋が建てられてい
る事に気付いた。正面の部分はまるで座敷牢の様に格子の木枠で覆われており、その裏側
には金網が張られている。中の様子は薄暗くて容易に窺う事は出来ない。が、そんな情景
全体が醸し出す陰鬱さに、子供心にも気味の悪さを感じて思わず父の手を握ろうと手を伸
ばした。が、その手は直ぐに振り払われる。
「臆病者め」
 父のいつもの言葉だ。怖いんじゃ無いよ、寒いんだ。私はそんな言い訳をする。父に嫌
われたく無いからだ。だがそんな虚勢はいつまでも続かなかった。小屋の奥から地の底か
ら湧いて来る様な獣の咆哮を聞いたからだ。私は笛の音の様な悲鳴を小さく漏らすと父の
体に夢中でしがみついた。


143 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 21:06
「豚だよ……お前は全く臆病だな」
 呆れた声音で呟く父の言葉に、私は恐る恐る格子の中を覗き込んだ。牛か熊ほどの巨体
の獣が暗がりで蠢いているのが分かる。体は真っ黒に見え、荒い息が異臭を発している。
 これが……豚?豚ってこんなに大きいの?お父さん、僕の事からかってんだよね?
 立て続けの質問を父は黙殺し、住居へと再び早足で歩き始めた。私は駆け足でその後を
追う。後ろから今にも黒い獣が追い掛けて来る様な気がして背中が粟立った。既に辺りは
とっぷりと暮れていて、灯り一つ無い庭先で私は空を見上げ、生まれて初めて夜空が明る
い事を知った。都会では街の明るさに負けて、夜空はただただ暗く深いだけである。
 伯父夫妻には子供が無く、私の事を物珍しい玩具の様に扱い、二人で交互にちょっかい
を出しては私をくすぐったい気持ちにさせた。大人に構われるのは子供なら誰でも嬉しい
ものである。ましてや共稼ぎの両親の下であまり構われずに育った子供なら尚更である。
 だが父は嬉しそうに戯れるそんな私の様子が面白く無い様で、「明日は早起きするから、
もう寝るぞ」と言って私の腕を掴んだ。今思えば焼き餅を焼いていたのかも知れない。素
直な感情を表せない自分を歯痒く感じていたのかも知れない。だがまだ幼かった私にはた
だの気紛れにしか感じられず、いつも父親の顔色を窺って遠慮していた様な気がする。そ
れでも父の事は大好きで、寝床でぼそりと呟いた父の言葉に胸が弾んだ。明日の朝に雲雀
の雛を捕ってくれると言うのだ。好い声で鳴くらしい。木枠の鳥籠に入れて擂り餌を与え
て育てるそうだ。私はその晩、嬉しくて一睡も出来なかった。
 翌朝になると父は私を連れて近所の畑まで繰り出した。都会育ちの私にはそれが何の畑
であるのか皆目見当も付かなかったが、青々とした草原の様に目の痛む緑が何処までも広
がっている。私は目を細めて耳を澄ませた。すると空の高い場所から姦しい鳥の鳴き声が
響いて来た。とても綺麗な声だ。


144 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 21:07
「あれは、『一升貸して二斗取る、利取る、利取る』って鳴いているんだぞ」
 父がそんな事を言って笑う。そして、そんな風に聞こえないよ、と怪訝そうに眉を顰め
る私の頭を撫でながら、もう片方の手で畑の方向を指差した。
「見ろ。親鳥が舞い降りて来る。雛の所に餌を遣りに行くんだ」
 雀より少し大きめのその鳥は高い空から急降下すると緑の中に消え去った。
 あそこに雛が居るんだね?そんな私の言葉に父は無言で首を振った。黙って見ていろ、
と言う事なのだろう。私は息を呑んで暫し畑に見入っていた。するとまるで見当違いの場
所から先程の親鳥が垂直に飛び立った。
「雛はあそこにいるんだ。親鳥は雛の居る場所を外敵に知らせないために、巣に戻る時に
は遠くに舞い降りる。だが所詮鳥の浅知恵で飛び立つ時には巣から飛び立ってしまうんだ」
 父は得意そうな顔でそんな風に解説すると、畑の中に入って行った。私は可愛らしい雛
の姿を想像して胸を躍らせた。すると再び甲高く澄み渡る様な鳴き声が響き、私は空を見
上げた。親鳥が一生懸命に餌を探して飛び回っている。腹を空かせた雛のために、そして
その雛を守るために再び親鳥は見当違いの場所に舞い降りるのだろう。だが、その頃には
既に雛は居なくなっているのである。


145 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 21:08
 そんな事を想ったら私は途端に哀しくなってしまった。だから父の腕を引いた。
 やめよう?可哀想だよ、親鳥が。僕、いらないから……雛なんて欲しく無いから。
 私のそんな言葉に父はがっかりした顔つきで振り向き、
「全くお前は誰に似たんだろうな?男の癖に女みたいな奴だ。可愛いんだぞ、雛?」
 僕……雲雀なんて嫌いだ!だって気持ち悪いじゃん!全然可愛く無いよ、あんなの!
 私は叫ぶと伯父の家の方向に向かって駆け出した。途中で雛の事が心配になって振り向
くと、父が呆れ顔でこちらに戻って来る所だったので漸く安心した。
 澄み切った空に雲雀の囀りが響き渡り――
 私は垂直に顔を上げると胸一杯に春の息吹を吸い込んだ。
 春休み。
 雲雀。
 そして雛を見逃してくれた父。
 ――だから私は彼を恨めない。
 彼が雛を置いて飛び去ってしまった一羽の雲雀だったとしても――
 今も何処かの空を自由に、幸せに飛び回っている――そんな風に思いたいのである。
 
 うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり 情悲しも 独しおもへば――(大伴家持)
(了)
  http://momo-mid.com/mu_title/hitotoshite.htm

146 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 22:27
『まちぶせ』

夕暮れの街角 のぞいた喫茶店
微笑み見つめ合う 見覚えある二人
あの娘が急になぜか きれいになったのは
あなたとこんなふうに 会ってるからなのね

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる

気のないそぶりして 仲間に加わった
テーブルをはさんで あなたを熱く見た

あの娘がふられたと 噂にきいたけど
わたしは自分から 云いよったりしない
別の人がくれた ラブ・レター見せたり
偶然をよそおい 帰り道で待つわ

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
もうすぐわたしきっと あなたをふりむかせる
あなたをふりむかせる
http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/th2211/MIDI-Room/ma-gyou/matibuse.htm

 師匠の好きな歌でイヤンになるくらい泊まる度に聞かされた憶えがある。
 歌っていた人がB型肝炎で引退したとかしないとか……元気だったら第二弾が
出たかも、とか言うので、「多分『まちぶせ』の次だから次は『不意打ち』ですね」
 と、やって頭を張られた記憶があるw

147 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/27 23:49

        -─-  
     rク´ o    oヽ
      i'  ,. -====-.ュ
.     | /'´ノルノハリハソ)
    l i' ド,.-、  ,.-、|'、 しりとりなぞなぞ面白かた〜ヨ……☆
     '、ノ、._j '' 、_, ''ノノ
      ,バ ''ー   ‐く
 それでは皆さん、またあした♪ おやすみなさ〜い……☆

 http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/kimiwo_nosete.htm

148 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/28 19:07
 今日は朝から雨、雨、そして雨……って感じで、昼時なんてバケツをひっくり返した様
な雨。だからと言う訳じゃ無いけれど珍しく電車通勤。近頃都心では未成年のおねえちゃ
ん含むアンポンタングループに痴漢の冤罪を着せられて、お金を強請られちゃうケースも
少なく無いので、必ず両手で吊革にぶらさがる事にしている。そんな所まで気を遣わない
といけないなんて実に厭な渡世な訳だが、座頭市宜しく「おまえさんがたぁ、何かい?」
とか言いながら仕込み杖を振り回す訳にもいかないからストレスばかりが溜まる。
 生徒達の学科試験が近いために今日は学科の受業が多く、実習担当講師は退屈で欠伸が
出そうになる。こんな日は2chにでも繋げたい所だが、最近は全くと言って良い程職員
室では無理。だから携帯から「しりとり」スレに繋ぐ程度だ。しかもトイレとか喫煙室と
か、なるべく人目に付かない所でw(そこまでして、やらなくとも良いと思うのだが…)
 某先生なんて暇を持て余して、最近職員室に持ち込んでいる編み物を始めちゃうしw
 好い度胸してますね、教頭先生が睨んでますよ?と声を掛けても涼しい顔で、
「だって教頭先生に編んであげてるんだもん♪ ベスト」
 とか聞こえよがしに返す。教頭の目尻は瞬時に下がる。が、んなこたぁ無いッ!つのw
 どう見ても子供用のサイズだ。可愛がっている自慢の甥にでも編んでいるのだろう。そ
れにつけても壮年男とは幸せなものである。私も今にあんな風になるのかな。不惑の年は
疾うに過ぎているだろうに惑い過ぎだ。あまりに退屈なので毛糸を少し頂いて、私は一人
あやとりを始めた。男だてらに、かな〜り得意だ。
 他の先生方が、うおおおおお!凄いな!とか感嘆の声を上げると更に調子に乗ってブリ
ッジを作ったり、手品風の「指ぬき」を始める。勿論、手品では定番の「オリーブの首飾
り」を口ずさみながら。そんなだから、「好い加減にしなさい!」と教頭に叱責されてし
まう。某先生宜しく、だって教頭先生に見せているんだもん♪とか甘ったるい声を出した
所で、心証を悪くするだけなので、謝罪しながら肩を落とした。
 小人閑居してあやとりを為す――w    と言う所で今日はここまで……☆
 http://www.jvcmusic.co.jp/ram_v/sora/20021210.ram



149 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/28 23:42
『雨の物語』

 化粧する君の その背中がとても
 小さく見えて しかたないから
 僕はまだ君を 愛しているんだろう
 そんなこと ふと思いながら
窓の外は雨 雨が降ってる
 物語の 終わりに
 こんな雨の日 似合いすぎてる

 誰もが物語 その一ページには
 胸はずませて 入ってゆく
 ぼくの部屋のドアに 書かれていたはずさ・
 とても悲しい 物語だと
窓の外は雨 あの日と同じ
 肩を濡らした 君が
 ドアのむこうに 立っていたのは
窓の外は雨 雨が降ってる
 いく筋もの 雨が
 君の心の くもりガラスに
http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/th2211/MIDI-Room/a-gyou/amenomonogatari.htm
 夜になり雨も止んで、私の瞼にも漸く鳩が舞い降りてまいりまいた。この二日程、店長
問題でささくれ立っていた私の心も、誰かさんと久々にレス出来たお陰で癒された様です。
 金は天下の回り物。何処に行ったってお天道様と米の飯はついてまわる。と言う事で、
講師を続けてゆく事に決めました。相談した祖母ちゃんに一喝された所為もありますがw
 「坊ちゃん」の清とはえらい違いの婆さんですw 短い余生をおいらの家で一緒に暮ら
そう、と幾ら言っても聞き入れませんしね。だったら、さっさと墓に入って、首を長くし
ておいらがゆくのを待っていれば良いものを、余程憎まれ者なのか、そう言う気配もあり
ません。困ったもんだ……w それでは、よ○○さん、おやすみなさい。
 今日だけは感謝の念を込めて、お一人だけに挨拶させて頂きます。


150 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 19:56
 今日も退屈な一日。って、こんなで給料頂くなんて何か非常に申し訳なく思う。それで
も、今月はお手当半分で結構です、と申し出る程気っ風の好い男じゃ無いけれど(笑)
 いつも教頭に対する愚痴ばかり零しているイメージがあるけれど、この人、実は結構人
間臭くて好い人物である。ただ、どうしても立場上、一言も二言も多い私を叱責する機会
が増えてしまうだけである。だから私自身いつも、黙っていろ自分、と胸裡で念じ続けて
いるのだけど誰かがしている会話で面白い事を思い付くと、もう黙っていられない。
 (やめろ!考え直せ!) 《馬鹿!言うんだよ!絶対受けるって!》
 などと、善いカツオ君と悪いカツオ君が常に心の中でせめぎ合う。こんな時に姉さん(サ
ザエさん)が居てくれたら叱ってくれるのに……って、バカw
 今日も今日とてよせば良いのに教頭にくだらないコメントを返してしまった。
「最近血圧が高くてねえ。全く不安だよ。出来れば畳の上で極楽往生といきたいのだがね」
 他の先生との会話である。ここで私は馬鹿な事を思い付いて、でも思い付いた事はあま
りにくだらない事なので言い出せず、一人で含み笑いをしていた。すると私と付き合いの
長い某先生が直ぐに気付き「言って良し」などとチャネラー風にGOサインを出す。そこで、
「教頭先生、畳を背中に背負って歩くんですよ!腰の辺りで紐で縛って。これなら絶対安
心です。極楽往生間違い無し!運良く助かっても、そのまま運べば担架も要らない便利ア
イテム。救急隊員に感謝されます。いや、尊敬されます、立派な人だ、と……」
 それまでしんみりとしていたムードの職員室が爆笑の渦に巻き込まれる。教頭の頬がひ
くひくと引き攣る。そんな光景に思わず他の先生方は咳払いなどをして笑いを噛み殺す。
教頭はじっと私の顔を睨んだままだ(汗)
 (ああ!姉さん助けに来て!ワカメでも良い!ヘルプ・ミー!ギブ・ミー・マスオ!)
 そんな意味不明の言葉が胸を錯綜している時、その絶体絶命のピンチに某先生、編み物
の手を休めて、

151 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 19:56
「駄目よ、そんなの。俯せに倒れたら畳の下敷きになって死ぬじゃない。畳の下で悶死、
とか新聞に面白可笑しく書かれちゃうでしょう?恥ずかしい……」
 そんな事を、しらっと言う。少しの間をおいて再び、吹き出す声や、笑いを必死に噛み
殺す苦しげな声が職員室に満ちる。
(おお、ジーザス……!!火に油注いで、どーすんだ!このイスカリオテのユダ!神の子
を売りやがって!)と私は内心で毒づいたが、意外な事に教頭は相好を崩して、
「○○先生(某先生の本名)は本当にジョークが上手い。やはり接客業をされていた方は
違いますね。うん、面白い。今度誰かに言ってみよう」
 などと一人、悦に入りながら編み物をしている某先生の手元を見ている。ははぁ……そ
う言う事ね?期待しちゃってる訳ね、可哀想に。私は何だか教頭が気の毒になってしまっ
て、某先生に、「所でそれ、いつ頃出来上がるんです?」と少し意地悪を言ってみた。
 すると某先生はゆっくりと上げた視線で、キッとこちらを睨み、
「逝って良し!」
 多分、その意味とその文字が心に浮かんだのは私だけだったろう。周りの人間は意味不
明の返答にただただ首を傾げるだけである。
「多分クリスマスイヴまでには、ね。でも家で編んでいるマフラーにするかも知れない」
 などと某先生忌々しそうな表情で呟き、教頭が満足そうに頷きながら自分の席に戻り、
他の先生方も各自のデスクに視線を落とし始めると、小声で囁いた。
「後で半分出しなさいよ……ディスカウントでマフラー買うんだから」
 って、俺のバカァ……(涙)
 物言えば……懐寒し秋の風。って所で今日はここまで……★ 


152 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 20:59
ん……?

153 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 21:01
「ERROR:ロックは人生だ。」って何だろう???
長文が書き込めない。。。

154 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 21:08
『言の葉舟』
 彼は心の湖畔に跪くと 蒼白い両手を差し出し 
 浅き湖底に沈む言の葉を掬い上げる 何度も何度も掬い上げる
 だが言の葉は常にゆらゆらと揺れながら逃げ回り
 掬い上げたと思った僅かな言の葉さえ 指の隙間から洩れ落ちてゆく
 だから掌に残るそれはいつも 常に物足りない僅かな言の葉でしか無い
 それを丹念に組み合わせ 何とか満足を得られる様にと工夫する
 素敵な言の葉舟を創り上げたい
 それを緑の湖面に浮かべたい
 ただそれだけの事なのに 心囚われ 心弾む
 やがて出来上がったのは粗末な舟だ
 それを沈まない様に注意しながら そっと湖面に浮かべる
 すると舟は風も無いのにゆっくりと湖の中央に動き出し
 漸く彼は満足そうに微笑んだ
 気の遠くなるような長い間 
 来る日も来る日も彼はそんな作業を繰り返してきた
 だから湖面には数え切れないほどの舟がゆらゆらと漂っている
 明日こそもっと素敵な舟を
 浮かべてみよう 流してみよう 舟が湖面を覆い尽くすまで
 彼が湖に背を向けた時 湖面は新たな舟を迎え入れる様に
 黄金色に輝くと 彼の背を優しく照らした
http://web1.incl.ne.jp/yokogawa/tukinosizuku.htm


155 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 21:10
 あ、書き込めた。最近話題になってる「あなた騙されてますよ」エラーと良い、最近の
2chって変だなぁ。

156 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 21:20
↑ お!!!あそこに並んだ!やはり質より量作戦で、こっちが先に沈むなw

157 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/29 22:10
 ♪胸にしみる空の輝き 今日も遠く眺め 涙を流す
  悲しくて 悲しくて とてもやりきれない
  この やるせない モヤモヤを 誰かに 告げようか♪
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/kanashikute_yarikirenai.htm
 高校時代の親友や彼女が籍を置いていた軽音楽部の部長先生お気に入りの曲である。西
日の差し込む部室の隅のパイプ椅子に腰掛け、綺麗なテノールで歌っていた。
 当時の私にとって、それこそこの歌詞は胸に染みて、知らない間に溢れて来る涙を隠す
ために部員達に背を向けては窓辺に凭れ掛かり、二の腕で目尻を擦ったものである。
 ストイックで傷つきやすい薄幸の美少年は(Pu)十年経ったら、やたらとくだらない
ジョークを飛ばす、お馬鹿な小父さんになっていた、と(汗)
 私立だから部長先生は今でもあの学校にいるだろう。まだ、あのテノールで歌っている
のだろうか……好い小父さんになってしまって高い声が出なくなっていたら、ちょっと悲
しいな。向こうも現在のおいらを見たら相当悲しむかもしんないけど……(汗)
 明日は先生の顔でも思い浮かべて走ります。それでは皆様、おやすみなさい……☆



158 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 23:33
うひょ

159 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/30 19:15
 『椅子』

 私は月に最低一度は祖母の家を訪れる。その度に亡くなった祖父の位牌に手を合わせる。
 祖父は私が生まれる以前に亡くなってしまっている。だから祖母の家にある写真でしか
見たことが無い。仏間には額縁に入れられた写真の他にカンバスに描かれたその当時の祖
父の自画像、そして祖母の肖像画が並べて置かれている。両方とも五十号もの大きさであ
り、しかも他にも沢山のカンバスが重ね置かれているものだから、それでなくとも狭い仏
間を更に窮屈なものとしている。だから、そこを訪れる度に何か壊しはしないかと私は神
経を尖らせてしまう。他人から見ればただのガラクタだが、祖母にすれば塵一つにも大切
な思い出や愛着が宿っているからである。
 祖父は若い頃に師範学校を出ると市立中学校で美術を教えていたらしい。祖母の方は女
学校を出た後に小さな会社に就職をし、やがて二人は共通の友人の紹介で巡り逢ったそう
である。その時代のロマンスとは如何なるものか一度聞いてみたいものだ、と常々思って
いるのだが祖母の口は堅く、その辺の経緯について詳しく聞かされた事は一度も無い。
 ただ、旅行の好きな人だった様で、若い時には二人で様々な土地を見て歩き、祖父はス
ケッチを、そして祖母は詩歌などを詠んだそうである。終戦後の貧しい時代だったために
見知らぬ土地に訪れた際には必ず観光客が多く訪れる寺社に赴き、そこで観光客の似顔絵
などを描いて旅の小遣いに当てたらしい。その内に母が生まれ子育てに追われる様になる
と、今に子供が手を放れたら再び二人で旅をしようと語らっていたらしいが、その夢も母
が高校生の時に儚く消えたそうである。煙草の好きな人で、喉頭癌で亡くなったそうだ。
 声を失い、呼吸困難を起こし、その時代であるから有効な治療法も少ない上に、痛み止
めも現在の様に効くものが少なかったらしく最後はかなり苦しんだらしい。だから祖母は
私が喫煙する事をいつも注意し、そんな物は早くやめてしまえ、と目を吊り上げる訳だが、
こちらはまだ然程、寿命に頓着する年齢では無い事からその度に、「煩いな、俺の寿命な
んだから好きに遣わせてくれ」と、憎まれ口を叩く訳である。


160 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/30 19:16
 肖像画を見る限り母は父親似の様で、優しげな目元などそっくりである。その横に並べ
られた若き日の祖母も、モダン(当時は努めてそう表現したのだろう)なベージュのブラ
ウスに黒いタイトスカート姿で、現在でも書斎に置かれている祖父の椅子に腰掛けている。
 ――若い。不思議な感じである。
 人生も、そう捨てたものじゃ無いよ、良く祖母が口にする言葉だが、なるほど若き日の
二人の肖像画を見るに付け、そうなのかも知れないな、と思う。今は納戸兼仏間と化して
しまった祖父のアトリエに、当時の二人の給金の一ヶ月分を費やしたと言う西洋風の椅子
を持ち込み、時間を掛けて丹念に描き上げたのだろう。祖父自身を描いた自画像よりも出
来が良い事は、然程、絵心の無い私にも容易に分かる。幼い頃から何度もその絵を目にし
ていたためか、偶々祖父の書斎の扉が開け放してあってその椅子を見掛けたりすると、何
故かそこに若い頃の祖母が座っている様な錯覚を覚えて立ち止まってしまったりする。
 そうした時、やはり人の想いと言うものは心の中だけで無く、物や匂い、そして共有さ
れた空間にまで残っているものなのだな、と気付き、何か胸が切ない気持ちに満たされた
りするのである。そして、母や私がそれぞれ自分達の住まいに同居する事を幾ら勧めても
頑として首を縦に振らない祖母の気持ちが痛い程に理解出来るのである。
 祖母の心は多分今も若い時のまま件の椅子に腰掛けていて――その正面には優しい目を
した若き日の祖父が画材を持ったまま佇んでいるのだろう。
 そう思う度に私は何故か温かい気持ちに満たされ、口元を綻ばせてしまうのである。自
然と仏間にゆき、祖父の位牌に手を合わせてしまうのである。
 そしてその椅子に子供の頃から中々座らせて貰えなかった理由が、最近になって漸く理
解出来るのである。だから成長した私はその椅子を偶に掌で撫でるだけで、決して座ろう
とはしない。
 ――そこには幸せそうな瞳で祖父に見入る、若き日の祖母が今も座っているのだから。
 (了)


161 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/31 19:36
 私の後輩に国内最大手と言われている(らしい)お見合いクラブ(て、言うのかな?)
に入会している女性が居る。年齢は二十四歳。最近ではもっと若い年齢の会員も多いらし
く、そう言う話を聞かされる度に私は首を傾げてしまう。異性との出会いの多い職業柄、
如何に拘束時間が長いとは言え、その気になりさえすれば相手など幾らでも見つかるだろ
うと思ってしまうからだ。入会金数十万を払って月会費数万円を払ってまで何故見合いと
言う形に拘るのだろうと思い、一度その辺りを問うた事がある。
 すると彼女は呆れた様な笑みを一瞬口元に浮かべた。
「恋人なんて今だっていますよ。私は結婚相手を捜しているんです」
 何処が違うの?と訊こうと思ったら彼女は直ぐ様、後を続けた。
「恋人を選ぶときに最初から年収やら家族構成やら訊けませんよね。お見合いなら、そう
言ったデータが全て事前に紹介されている多くの人の中から会いたい人を選べば良いんで
すから面倒臭くなくて良いですよ。少し出費を覚悟すれば医者とか弁護士とか高年収の人
ばかりが集うパーティーにも参加出来ますし。結婚してお金で苦労するなんて嫌ですもん」
 ははぁ……私はぽかんと口を開けたまま頷いていた。確りしてると言うか、打算的と言
うか、夢が無いと言うか、いやいや、それは個人の考え方だし個人の人生である以上、他
人がとやかく感想を差し挟める事柄では無いのだろうけれど、なんだかなぁ……。
 で、三人に一人くらいはやはり出会ったその日にラブホに誘うそうである。信じられな
い事である。自分は男だが、そう言う立場で逆に女性の方にいきなり誘われたら完璧にし
らけてしまうと思う。だから、エッチしたいんなら風俗行けよなぁ、と相槌を打った。


162 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/10/31 19:37
「本当ですよ。会費払うお金で月に一回くらい行ける金額なんだから。要するにそう言う
男はケチなんですよ。一回寝ればそれからは只で出来ると思ってる。だからそう言う男は
高年収でも、それっきり会いません。男は太っ腹じゃなくちゃあ」
 おいおい。じゃあ太っ腹だったら寝ちゃうのか?と訊くと、不思議そうに目を剥いた。
「高年収で私のためにばんばんお金遣ってくれるんなら文句ありませんよ。出来れば、や
っぱり医者がベストですね。一度、プライベートでお医者さんと上手く行きかけたんです
けど、もうお金の遣い方が半端じゃ無いんです。あれ味わっちゃったら同業者の男なんて
貧乏臭くて、もうイヤッって感じ。私、最低でも外車に乗ってなくちゃ嫌だしぃ…etc」
 こんな女ばかりが世の中に溢れる様になったら大抵の男に取っては受難の時代である。
いや、札束で頬を張る様な真似をする男が悪いのか。いや、それも貧乏人の僻みか。良く
分からないけれど恋愛に夢を見られない人間が多くなった事だけは確かな様だ。
 まだあげそめし前髪の――などと胸を締め付けられる忍ぶ恋などはもう古臭いのだろう
が、良くも悪くも便利で豊かな時代と言うものが人間に取って大切な何かを一つ一つスポ
イルしていっている気がするのは私だけだろうか。侘びしく感じ入る事頻りである。
 と言う所で、今日はここまで……★


163 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/11/01 18:16
 某ホテルの地下駐車場にバイクを乗り入れ、ヘルメットを脱ぐと直ぐにバイクのサイド
バックからムースとブラシを取り出して、サイドミラーを鏡代わりに身嗜みを整える。今
日はホテルの仕事なので正装しネクタイもきちんと締めている。エレベーターで1Fま
で上がると、ロビーには既にアシスタント君が到着しており、普段はサロンに置いてある
私の商売道具の入ったバッグを胸に抱えて落ち着き無く目を泳がせていた。彼は私の姿を
発見すると安堵の表情を浮かべながら小走りで近付いて来た。
「緊張しましたよ。○○さん、来ないかと思って」
 彼のそんな言葉に、
「そんときゃあ、お前がやれば良いんだよ。経験、経験……」
 そんな無責任な返答をしながら、私達はホテル内にある美容室に向かうためにエレベー
ターに乗った。
 今日は馴染みのクライアントからの要請で、ホテル内の美容室で業務に就く訳である。
本日はクライアントのお嬢さんの結婚式があり、ご本人と下のお嬢さん、そして親戚の方
二名に、最後はお嬢さん本人のヘアーメイクを担当させて頂く訳である。こう言う事は決
して珍しく無い。が、ホテル内の美容室のスタッフにしてみれば面白かろう筈が無い。プ
ロが何人も居る上に、余所者にフロアを開放しなくてはならないのだから、これは屈辱で
ある。勿論フロアの賃借料は当サロンがクライアントに別途請求し、ホテルのサロン側に
支払う訳だが、そんな事で彼等の溜飲が下がる筈も無い。だからかなり気を遣う仕事と言
って良い。互いに会釈しあい、本日は宜しくお願います、などと型通りの挨拶は交わして
も余計な会話は一切交わさないので、張り詰めた空気に耐えきれずに、気分が悪くなって
倒れそうになるアシスタントも偶に居る。それでも私の方はもうそんな雰囲気は慣れっこ
なので、マイペースで施術を始める。こちらの仕事を覗き見ながら、向こうのスタッフ達
がひそひそ話をして時折、挑発する様に吹き出す声が聞こえるのも、いつもの事である。


164 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/11/01 18:16
 だが、そんな事に一々腹を立て、集中力を乱しては仕事にならないので、いつものポー
カーフェイスで淡々と仕事こなした。
 花嫁さんが目を真っ赤にして時折涙を零すものだからメイクが中々乗らない。ガーゼで
何度も目尻に溜まった涙を吸い取りながらの作業に骨が折れると同時に、つい貰い泣きし
そうになり、まだまだプロとしての自覚が足りないな、と自分自身が情けなくなる。とは
言え、アシスタント君はそんな光景も屁の河童なので、単に性分の問題なのかも知れない。
 そう言えば、あの気の強いA美も泣いていたな、と数週間前に挙げた僚友達の結婚式
を思い出し、同時にメイクを担当した嘗ての恋人の姿も思い出した。A美と二人で瞳を見
合わせる度に肩を震わせて泣くものだから、途中でメイクを代わってやった事を憶えてい
る。思わず初めて会ったコンクールの日の事を思いだして懐かしさに苦笑しそうになった。
 そこへゆくと男同士はさっぱりしたもので、僚友Kのブローをしている最中は互いに
いつも通り軽口を叩き合い、終いにはたわい無い冗談に吹き出したりするものだからA
美の親族に顰蹙を買ったのを記憶している。それでも式のクライマックスでは両親共々涙
を浮かべていたKの姿が忘れられない。滅多に泣く様な男では無いのだが、それを見て
こちらも目頭が熱くなったものだ。スタッフ達と同じテーブルで無ければ、意地を張る事
も無く子供の様に泣き出していたかも知れない。過去の様々思い出が胸を過ぎったからだ。
 ――どっちと同じ席のテーブルにするんだ?時間が無いんだ、はっきり決めろ!
 行き付けのパスタ店でKと喧嘩になった時の彼の言葉だ。
 こちらは当初からスタッフ達と同席すると言っているのに聞かない。だから終いには殴
り合いになった。どっちもこっちも無い。一人は人妻で、もう一人はこれ以上傷付けたく
無い相手で誰よりも今後の幸せを願っている相手だ。だから当日は二人とは殆ど会話を交
わさなかった。そろそろ様々な過去と決別して先へ進み始めても良い頃だろう。そう思っ
た。どちらも自分に取って掛け替えの無い大切な人であった事は事実だけれど、そこにい
つまでも囚われていては先へ進めない。終始そんな事を思っていた気がする。


165 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/11/01 18:18
 今日は午前中の仕事をこなしながら、ずっとそんな事を考えていた。
 同時に愛とは何だろう?と考え続けていた。答えなど出る筈も無いのに。
 クリチャンに於ける愛とは無償の愛。つまり見返りを求めない神に対する愛情である。
哲学的に考えても男女の愛はかなり低い位置にランクされる愛情の様である。幾ら相手を
愛していると唱えても、大抵はその相手に自分を愛して貰いたいと言う自己愛である場合
が多いと言う。つまりエゴイズムだ。確かにそうだろうと思う。だから信仰を持ち、そこ
に無償の愛情を注ぎ込める人間は幸せだと思う。或いは強い信念を持ち、自己責任に於い
て一人で生きてゆこうとする人間は立派だと思う。
 私は心からそう言う方達の幸せを願って止まない。また、そう言う方達の妨げにならな
い自分でありたいと常に願っている。と言う所で今日はここまで……☆

 ※ 実はプライベートな都合で、ここに毎日載せていた長文は明日から二三日お休みに
なるかと思います。或いは一週間くらいになるかも知れません。毎日読んで下さっている
方には申し訳無く思いますが、ご了承下さい。一応、ここでお断りしておきます。

 P.S プライベートの内容については語れませんが、不意のアクシデントと言う事で、
それ以外には特別な理由は一切無い事を念のために付け加えておきます。


166 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 22:47
    o  。   o        。     ○       o        o
               。    o           o              ◯
  ○   O             o       。
       ............。..............           o       *   ....................O......
.    o r――――――t ________o_____. r――――――t   *
      | |三三三三三| | |::::::/::::::::::::::/||`、::::::::::/:::::::.| | |三三三三三| |
      | |三.O三三三|:||:|//:::::::::::ノ. || O、://::::::::|:||:|三三三三三| |   o
 。   * | |三三三三三| | |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ| | |三三三三三| |
      | |三三三三三| | |::::ノ::::/    ☆   \`、::::::::| | |三三◯三三| |  o
  o  。 | |三三三三三| | |::::,´ノ     ノノノノヽヽ `、::丶:| | |三三三三三| |  o
      | |三三三三三| | | ノ,ノノノノヽヽ(`.∀´ ).....ヽ、 | | |三三三三三| |
. o    | |三三三三三| | | ノ( `.∀´)つ . ノノノノヽ ( | | |三三三三三| | 。
      。 | |.o.三三三三| | |ニi (つ .ノハヽヽ(`.∀´ ) iニ| | |三三三.o.三| | o
      | |三三三三三|:||:|i i| ( )( `.∀´>⊂_ )...|i i|:||:|三三三三三| |
  O     | |三三三三三| | |li |  ̄ ( つ⊂) ( ( (  | il| | |三三三三三| |
 。      '―○――――:|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^゙ |:――――――'
          o      | ̄U ̄u ̄ ̄∪ ̄ ̄U ̄u ̄ ̄U ̄|    ◯    o
        o        |____U___________________|            。
     o      。   :::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o    。         o
                    。      O                  *
  ○   。     O            。           o
                  o                    ○



167 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/01/30 23:14
 おいらが書き込みをやめた途端にageられる事も無くなったね、ここ。
 何処の基地外か知らないけど、ゴクローサンって感じだわな。今となっては。
ここも思い出深い場所だから保守の意味でカキコ。
 今日は、これからKと飲みにゆく。
「段々、つまらねぇ男になってゆく様で気が滅入るよ」
 と言う、おいらに、
「それが所帯を持つって事だろ?」
 と、したり顔で呟くK。
 そんなものだろうか……? でも、そんなものなんだろうな……。
 
 久々に、
 
 良い休日をお迎え下さい。おやすみなさい……☆

 と、カキコしておこう。
 

168 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 19:40
∴∴∴_∴∴◆
∴//_ ∴ ◆※◆ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∴||@\\◆∴∴∴_∴∴◆◆〓〓〓〓□□□□□□□□□<
|\\_||∴ ∴//_ ∴ ◆※◆□□|〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∴\__/∴∴ ∴||@\\◆◆〓〓〓〓
∴∴∴∴∴◆◆ |\\_||∴
◆※◆\∴ ※◆∴\__/∴∴〓〓
◆◆◆ ◆◆ ∴∴∴∴∴◆□□□〓〓
◆※∴∴∴_∴∴ \∴◆ 〓〓□□|〓〓〓
∴//_ ∴◆※◆◆ 〓〓□□□|〓〓〓
∴||@\\◆◆◆ 〓〓〓□□<
|\\_||∴ 〓〓〓〓
∴\__/∴∴
◆∴∴∴∴∴
◆◆※◆ \∴



169 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 22:55
いつか帰るかも知れないから保守

170 : ◆IU.1sGgN02 :04/04/06 07:52
おはよ〜♪
何か状況に変化があったらここに書き込んで下さい。
向こうはだめぽ。
私も打開策を考えてみます。

171 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/06 08:56
 あれから色々考えてみたのですが、その方も悪意が無さそうだと言う事ですから暫くは
肯定も否定もしないで様子を窺うのが一番では無いでしょう。
 別に私もあなたも悪い事をしている訳では無いのですから堂々としているべきだと思い
ます。私が逢いたいと書きました時も、あなたはやんわりと拒否していますから、立場的
にも責められる様な事はしていませんよね。
 時間が経てば先方もやがて忘れると思います。そんな事は無いと思いますが、もし先方
がその事を用い、あなたに危害(あなたの立場を悪くするとか、男の欲望を満たそうとす
るとか)を加える様な動きがある様でしたら私が黙っていませんから、必ず打ち明けて下
さい。
>これまでみたいには書きにくいです。
 それは、そうですよね。
 これは一つの案ですけれど、あなた自身の占有スレを立てたらどうでしょう?
 そうすれば、私がそちらのスレッドに行って雑談を交わす事も出来ますし、時には何か
長文を載せても構いません。また、そうする事に依って私のスレッドは私しか書き込まな
くなりますので、何れその方も飽きて見る事をやめると思います。
 私が考えついた対応法は以上の様な事です。あまり善い案では無いかも知れませんが、
試してみる価値はあるかと思います。
 ともかく一番大事な事は不必要に不安を感じない事です。神経が参ってしまいますから。
 それでは暇を見てレスを下さい。

172 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/06 08:57
×無いでしょう。
○無いでしょうか。

173 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/06 18:04
朝からずっと心配しています。明日の朝までにはレスを……

174 :名無し物書き@推敲中?:04/04/06 19:59
ageられることをある程度覚悟してますが、それにしても二週間全く書き込みが無かった
のに、わたしの最初のレスから二時間足らず、最後のレスからはたった二十分。
すごい!

いじょ!

175 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/06 20:49
誰なんでしょうね?一体……
良かったらメールでヨロ。


176 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/06 20:51
でなければ同僚は無視して向こうにカキコ ヨロ。
このままでは釈然としません。

177 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:34
http://www007.upp.so-net.ne.jp/suzuka/chiharu.html?chiharu/koi.mid

178 :509:04/04/21 18:19
さっきスーパーで買い物してたら、ぜんぜん知らない人にハンドルネームで
呼びかけられました。
何て書いていいのかわかりませんので、とりあえず書き置きです。これも
読まれてるんだろうか…

179 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/21 20:22
 どうして分かるんだろう???
 あそこでは地元の人に分かる程、情報流していませんよね。 うーん……分からない。
 でも、ここは読まれていないでしょう? 何かありましたら、またこちらに書き込んで
下さい。しかし……トワイライトゾーンみたいなお話ですね。もっと具体的に聞かないと
分からないですけど気持ち悪い……YO!
 ここの板にある私の秘密基地も乗っ取られたの、もう御存知ですよね? 尤もスレの趣
旨からしたら妥当なので「1000まで頑張れ」とレスをしておきましたが。
 後、私が何れ乗っ取ろうと考えていたスレも軒並みageられています。だからもう後は
ここをageられたらお終いですね。正しく最後の砦……(汗)

 取り敢えず今日の分は向こうにUPします。
 何かありましたら、またこちらに宜しくです。


180 :千夏:04/04/21 20:26
もう、引退しる。ちょうどG.Wだし。
交代。


181 :千夏:04/04/21 20:31
>179
かぶったw


182 :千夏:04/04/21 20:34
いじょ!

183 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/21 20:43
何だか訳ワカメだけどOK!
勝手に汁!

184 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 21:06
取り敢えず向こうは今日中にパンダで落としてしまいます。

いじょ!

185 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/21 21:30
きちんとした理由も分からず、あなたが2chを引退するのかと思い激高してしまいました。
今日は冷静なレスを寄せられる自信が無いので取り敢えず落ちます。
不安な気持ちは良く分かります。
だから向こうには、もう書き込まない方が良いです。ここに書いて下さい。
冷静になったならば明日にでもレスを返します。
今日は短気を起こして、すみませんでした。

186 :Rock ◆REnl01ZFgY :04/04/22 09:05
レスが無い様ですので、向こうの532が私に対する最後のレスと言う解釈で良いですね。
でしたら私もあそこを続けてゆく意味を失いましたので、
これ以上続けてはいけません。また落としてしまった方が
これ以上あなたに迷惑も掛らないと思います。
ですから適当にコピペで落としてしまいます。ご了承下さい。
良ければ名無しでOKと書き込んで頂ければ結構です。
私の予想では恐らく最初にあそこ気付いた例の方が知り合いにでも喋って、
それを聞いた方が面白がってハンドルで声を掛けた。
それしか考えられません。ともかく犯人は地元の人です。

187 :ロック:04/04/22 09:10
ごめんなさい。531のレスの間違いです。


188 :千夏:04/04/22 12:47
なぜ、532があなたへのレスだなんて考えるわけ?
わたしに声をかけてきた人に決まってるじゃありませんか。

メールが入っていました。お察しの通り地元のかたでした。お会いしたことは
ありませんでしたが、以前ホームページのお話を読んでくださっていた人で、
メールをいただいたこともあります。2chで見つけたのは偶然だそうです。

コピペで落とされるくらいなら、続きはわたしがやります。
わたしを疑うのもいい加減にしてください。

189 :千夏:04/04/22 12:57
531も同じ。
ひと言もやめるなんて言ってません。

190 :千夏:04/04/22 13:00
もう、けんかなんかまっぴらです。
向こうはわたしが続けます。

191 :Rock ◆REnl01ZFgY :04/04/22 14:34
私はあなたを疑った事など一度もありません
531では板を引っ越しハンドルを変えるとあったので
私の知らない場所へ消えるのだと解釈してしまったのです。
それでは私があそこを続けても仕方がないと判断した訳です。
あなたに読んで貰うためにどんなに忙しくとも続けて来たからです。
落とす事があなたのためになると書いたのは
同僚の方に見られてる事をあなたが気にされていたからです。
携帯のために言葉が足らず不快にさせて申し訳ありませんでした。
向こうはあなたの好きな様に使って下さい。
私は暫く休みます。本当にすみませんでした。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/04/23 19:43
書き置きです。

向こうは私が責任を持って落としますので、もう書き込まない方が良いです。

193 :よっこ ◆OcfLN77Pak :04/04/23 22:35
 |  |ノハヽ   
 |  |。‘从 ……。
 |_と )
 |  | ノ
 | ̄|

 |  |ノハヽ   
 |  |。‘从 <昨日はわたしの早とちりでした。ごめんなさい。
 |_と )
 |  | ノ
 | ̄|

 |  |
 |  | サッ
 |_|)彡
 |  |
 | ̄|



194 :シュン ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/23 23:23
 ノノノハヽ   全然 気にしてないし…… よっこちゃんも気にしな〜い♪
 川*゚ヮ゚*)ノ
--○---○-    んじゃ、明日は早朝出勤ですので寝ま〜す♪

195 :山下なつき:04/04/24 13:21

   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ …………。
 (⌒)(⌒)/     / 


196 :山下なつき:04/04/24 13:22

   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ とりあえず、モニターの外に追い出そう。
 (⌒)(⌒)/     / 


197 :山下なつき:04/04/24 13:23





   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ どうだっ!
 (⌒)(⌒)/     / 







198 :山下なつき:04/04/24 13:25

   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ ほっと一息。
 (⌒)(⌒)/     / 


199 :山下なつき:04/04/24 13:25

   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ …………。
 (⌒)(⌒)/     / 


200 :(^O^)/natuki:04/04/24 13:30

   ノハ\ヽ      
 从‘ 。‘从 ____ なつきが200GETだー(^o^)/
 (⌒)(⌒)/     /  よ… と。


201 :☆ロック☆:04/04/24 16:15
なっちゃん200ゲトおめ(*^-^*)

今日は激しく忙しいので向こうはお休みかも…(/-\)
そろそろカウントダウンなので、ばたばたしながら書かないで
記念日が過ぎても良いから穏やかな物を載せる様にしますね♪

202 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/24 22:28
『守ってあげたい』松任谷由実

You don't have to worry, worry,
守ってあげたい あなたを苦しめる全てのことから

初めて 言葉を交した日の その瞳を 忘れないで
いいかげんだった 私のこと 包むように 輝いていた
遠い夏 息をころして トンボを採った
もう一度あんな気持で 夢をつかまえてね
So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから 'Cause I love you, 'Cause I love you.

このごろ沈んで 見えるけれど こっちまで ブルーになる
会えないときにも あなたのこと 胸に抱いて 歩いてる
日暮れまで土手にすわり レンゲを編んだ
もう一度 あんな気持で 夢を形にして
So, you don't have to worry, worry, 守ってあげたい
他には何ひとつできなくてもいい 'Cause I love you, 'Cause I love you.

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/mamotte_agetai.htm


203 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/04/25 06:55
  キ タ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       △       △           △         △   ┃
     oO¶¶¶Oo   oO¶¶Oo    oO¶¶¶Oo   oO¶¶lOo ┃
┏━━¶¶*゚ヮ゚*)¶ ━ ¶¶¶¶¶¶¶ ━━¶¶*`ワ´*)¶━ ¶¶¶¶¶¶¶l ┛
┃(( ⊂[ヾ∀ji〉]つ   ii_____ji]つ (( ⊂[ヾ∀ji〉]つ   ii_____ji]つ
┃  ⊂く爪ハゝ (( ⊂く爪ハゝ      くハ爪ゝつ  くハ爪ゝつ ))
┃     l.ノ        l.ノ        l.ノ       l.ノ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ !

祝 一周年記念カキコ !!


204 :(σ・3・)〜♪ ◆Rock/3eB9. :04/04/25 21:20
ただ今帰りますた。
あ〜〜〜あそこも終わるなぁ…… 暫くのんびりして、なぁーんも考えずにウダウダと過
ごす予感。しかし……果たして明日の文章が載る程あそこは容量残っているのだろうか?
ま、良いか。ともかく少し早いけれど、お疲れ様、自分。お疲れ様、ティナさん。
紆余曲折はあったものの見事に完走。つか、まだゴールテープは切っていないかw
しりとりして寝よ。明日も仕事じゃああああ!!

http://www.fk.urban.ne.jp/home/kazuaki3/utagoe15.htm


205 :(σ・3・)〜♪ ◆Rock/3eB9. :04/04/26 17:33
がーん!途中で終わってしまったYO

206 :(σ・3・)〜♪ ◆Rock/3eB9. :04/04/26 17:34
 『明日に架ける橋』サイモン&ガーファンクル

君が落ち込んで、しょげているなら 瞳に涙があふれているなら
その涙を乾かしてあげよう 君の側にいるんだ、どんなにつらい時でも
友達が近くにいなくても 荒れた海にかかる橋のように この身を横たえよう
荒れた海にかかる橋のように この身を横たえよう

君がうちのめされ 行くあてもなく 道で立ちすくんでいて
ひどい夕暮れになったら 慰めてあげよう 君の代わりになる
暗闇が襲い 痛みでたまらないなら
荒れた海にかかる橋のように 僕が体を横たえよう

銀色の少女よ、帆をあげて漕ぎ出そう あの素晴らしい輝きを見てごらん
夢のかなう時がやってきた 友達が必要なら いつでも僕がそばについている
荒れた海にかかる橋のように その心を和らげよう
荒れた海にかかる橋のように その心を和らげよう

122 :100 :03/06/25 22:42
like a bridge over troubled water I will lay me down

123 :tina ◆OcfLN77Pak :03/06/25 23:51
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind

そして……遠く隔たる距離を越えて、私達は互いの心に橋を架けたのである。
――永遠に忘れ得ぬ橋を。


207 :(σ・3・)〜♪ ◆Rock/3eB9. :04/04/26 17:36
 バレンタインデーに立てて頂いたこのスレッドも、これで漸く終了です。
 たった二ヶ月の間でしたが様々なイベントが発生して、ここも今までのスレッドと同様
に、非常に思い出深いものとなりました。
 あまり固い挨拶をしてしまいますと何だか直ぐにでも2chから去らねばならない雰囲
気になってしまいますので、それは避けます。
 取り敢えずこの場をお借りして、スレ立てをして頂いたティナさんにお礼を言わせて頂
きます。ありがとうございました。
 また、ここをROMって下さっていた皆さん、お見苦しい点も多々ありましたでしょう
が、若輩暴走野郎の戯言と割り切り、早急に記憶から削除して頂きたく思います。好い子
の皆さん、そして立派な社会人の皆さんは決して真似をしません様に……(笑)
 以前にも多少触れました様に、当分は占有スレを持たず勝手気儘にのんびりやっていこ
うと思っています。何処かで出会した折には、気楽に声を掛けて頂けたならば幸いです。
 風の吹くまま気の向くまま、
 After all, tomorrow is another day.
 の信条を胸に今後も小さな事にくよくよ囚われずに生きてゆく所存です。
 それでは短い間でしたが、私の駄文にお付き合い頂いてありがとうございました。
 実を申せば、ティナさんにはここへの書き込みを控える様にお願い致しましたので、こ
れで最後となりますが彼女からの挨拶は一切ありません。やはりリアルで知る方達に見ら
れている事は精神的重圧となるものです。その辺の女性の心理は、是非お酌み取り頂きた
く思います。他意は一切ありません事を補足しておきます。
 それでは今日も一日お疲れ様でした。おやすみなさい、は早いのでまだ言いませんw
 んじゃ……☆
        Rock ◆nT8Fm9wg1Y 並びに  tina ◆OcfLN77Pak より
  

208 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 17:52
∴∴∴_∴∴◆
∴//_ ∴ ◆※◆ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∴||@\\◆∴∴∴_∴∴◆◆〓〓〓〓□□□□□□□□□<
|\\_||∴ ∴//_ ∴ ◆※◆□□|〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
∴\__/∴∴ ∴||@\\◆◆〓〓〓〓
∴∴∴∴∴◆◆ |\\_||∴
◆※◆\∴ ※◆∴\__/∴∴〓〓
◆◆◆ ◆◆ ∴∴∴∴∴◆□□□〓〓
◆※∴∴∴_∴∴ \∴◆ 〓〓□□|〓〓〓
∴//_ ∴◆※◆◆ 〓〓□□□|〓〓〓
∴||@\\◆◆◆ 〓〓〓□□<
|\\_||∴ 〓〓〓〓
∴\__/∴∴
◆∴∴∴∴∴
◆◆※◆ \∴


209 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 20:54


        。 ◇◎。o.:O☆οo.
       。:゜ ◎::O☆∧_∧☆。∂:o゜
       /。○。 ∂(*゚ー゚)O◇。☆
     /  ◎| ̄ ̄∪ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|:◎:
    /    ☆。|.. お疲れさまでした。. |☆
  ▼       。○..io.。◇.☆_____| 。.:
∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.




210 :名無し物書き@推敲中?:04/04/27 21:04
『銀色の道』

遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる ひとり ひとり 今日も一人
銀色の はるかな道

ひとりひとり はるかな道は 辛いだろうが 頑張ろう
苦しい坂も 止まれば下がる 続く 続く 明日も続く
銀色の はるかな道

続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ 近い 近い 夜明けは近い
銀色の はるかな道

続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ 近い 近い 夜明けは近い
銀色の はるかな道
はるかな道 はるかな道
はるかな道 はるかな道

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/ginirono_michi.htm



211 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 21:35
落ちたか……

http://homepage3.nifty.com/sinbunyadou/midi/room5/EVERYTH2_b.htm

212 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 21:54
落ちましたね……

213 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 22:26
うぃっす。寂しいですね……

今度は早くご自分のを立てて下さい。遊びに行きがてら長文を載せたいし(←無責任な自分勝手野郎w)
首を長くして待っています。本当に……

214 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 22:40
良い連休を……

おやすみなさい……☆

215 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 22:45
スレ立てのタイミングを外してしまいましたね。
気持ちが乗って来ません。2chで遊んだり読書してるだけで
時間が無くなってしまいます。
株板と夢板はもうお気に入りから削除しました。これからは
創作文芸板にだけ来ます。以前よりも、ずいぶん雰囲気が
良くなっていると思いませんか。

216 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 22:51
今年は5月2日だけがお休みで、あとは通常勤務です。
旅行も無し。
海外向けの注文がひっ迫していまして、やっぱりこうなって
しまいました。まあ、予想はしていましたけど…

217 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 23:19
>215
 確かにそうですね。やはり私もここが好きです。色んな思い出の匂いがしますしね。
 そこで良かったらここへ 書いたらどうでしょう?
 またーりと間隔で週に一遍くらいのペースで。私もそのくらいのペースで載せて行けた
らな、と思う事があります。あそこは落ちるのが怖くて苛々しますし。
>216
 残念です。旅行のお話でも聞かせて頂けるかと密かに期待していたので……(笑)
 こちらは今週は月曜日も開業しますので、都合三週間休み無しになります。
 お互いに頑張りましょう!
 それでは本当に おやすみなさい。
 明日は八時に予約で一杯です。暇を見て、またしりとりでもやりに来ますw

218 :名無し物書き@推敲中?:04/04/29 23:25
「八時から」に訂正ですな。ヨッパライはこれだから困りますw んじゃ。ノシ

219 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 20:52
『今はまだ人生を語らず』吉田拓郎

朝日が昇るから起きるんじゃなくて 目覚める時だから旅をする
教えられるものに別れを告げて 届かないものを身近に感じて
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

嵐の中に人を見たら 消えいるような叫びを聞こう
分かり合うよりは確かめ合うことだ 季節の巡る中で今日を確かめる
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

あの人の為の自分などと言わず あの人の為に去り行くことだ
空を飛ぶことよりは地をはう為に 口を閉ざすんだ 憶病者として
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

遅過ぎることはない早過ぎる冬よりも 始発電車は行け風を切って進め
目の前のコップの水を一息に飲みほせば 傷もいえるし それからでも遅くない
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず

今はまだ人生を語らず 目の前にもまだ道は無し
越えるものは全て手探りの中で 見知らぬ旅人に夢よ多かれ
越えて行け そこを 越えて行け それを 今はまだ人生を 人生を語らず


220 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:20
『どうしてこんなに悲しいんだろう』 吉田拓郎

♪悲しいだろう・・ みんな同じさ 同じ夜をむかえてる
風の中を一人歩けば 枯葉が肩で ささやくよ♪

♪どうしてだろう・・このむなしさは 誰かに逢えば静まるかい
こうして空を見上げていると 生きてることさえ虚しいよ♪

♪これが自由と言うものかしら・・自由になると淋しいのかい
やっと一人になれたからって・・涙だ出たんじゃ困るのさ
やっぱり僕は 人にもまれて みんなの中で生きるのさ♪

♪人の心は温かいのさ 明日は も一度触れたいな
独り言です 気にとめないで 時にはこんなに思うけど・・
明日になると いつものように 心を閉ざしてる僕さ♪


221 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:34
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


222 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:34
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


223 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:35
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


224 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:35
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


225 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:36
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


226 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:36
            ,、-‐r__,、_,
              ,、‐'" ̄     `ー-=-、_,
             /       、,、_,、_,'ヽ、 ミ‐
            /  ,  ;   ,  `ー'^ー'`J  ヽ
           j  〃 ,〃  /   i  `;      }
            !^ 〃 〃 j__ン_ン! i'!  ,レ1 ,  ハ!
           !,  r‐、r'"_,ゞ;_ヾ!ノノ ,ン,_/ィ  リ
           ヾ ! 1|| “ /。/  ̄,‐, ソ/  ソ
              _,ゞ ヽ',i、 ‐ゞ'   ,t゚//彡'"
           ,ィ´ __,;ヘ=>、_    _, ,ノ
        ,ィ´ ゝ'"  ̄!i `ー二>-='"⌒ヽ
     ,、=‐'" /!   ミ、!ヽ、 / |> 〉 !'  i
    </  / |    `ヾ、`c==o  ヽ  i
    1  /  !      ヽ、  |    |  i
     `ー'   ‘、        |c=|=o _ノ  ノ ,、-、,_
           ヾ、     ヽ、~/ , 1 レ"   `ヽ、
       / ̄`''-,j       |./  ノ  ヾ,       !
      /      ゝ-、   ,_)、/,、-‐-、 ノ       {
      |       `1、 / _= ̄`'ァ  、、〉      ヽ
       !         \  ,、-=、ヾ-、 r'          ノ
     |           `<   Y /‐' _ ,、, ノ/ r'
     ゞ、           \ ヽ-ニ‐<  ̄ミ;ソ /
       \_         _  ヾ、、 i i レ'  ソ‐'"
          ̄`ヾ、      ̄`ー>jレ'' ̄`'"
             `ー、,__,、,_  __,/
                  ̄


227 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 21:34
いよっし!レスしまくりの一日終了。 おやすみなさい……☆

228 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 21:51
『サボテンの花』

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて 
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に
編みかけていた手袋と 洗いかけの洗濯物
シャボンの泡が ゆれていた 君の香りが ゆれていた
絶え間なく ふりそそぐ この雪のように
君を愛せばよかった
窓にふりそそぐ この雪のように 
二人の愛は 流れた

想い出つまった この部屋を ぼくも出てゆこう
ドアに鍵をおろしたとき なぜか涙がこぼれた
君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は終った
この長い冬が終るまでに 何かを見つけて生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで・・・・・

この長い冬が終るまで
何かを見つけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで・・・・

http://www.fk.urban.ne.jp/home/kazuaki3/utagoe-a017saboten.htm



229 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/05/09 19:37
 ――連休前の独り言 「兎」――

 サロンの近辺に小さなペットショップがある。
 週に一度はそこで相棒の玩具やおやつなどを買うために、そこのお姉さんともすっかり
親しくなってしまい、最近では珈琲などを振る舞って貰い雑談を交わす事も少なくない。
 店頭のウインドー側に並べられたケージでは可愛い子犬や子猫が、昼寝をしていたりお
腹を出して一人遊びをしていたりして実に可愛らしい。
 店の奥にはトリミングルームが設けられており、必ずと言って良い程そこでは年若いス
タッフ二名が作業を行っている。
 ¥6500と、結構高い料金に最初の内は驚かされたが、良く業務内容を観察していると
中々手間取る作業の様なので最近では、もう少し貰っても良いんじゃないかな、などと抱
く感想も少しずつ変化して来ている。
 彼女等とも何度か話した事があるが、トリミングする犬や猫は大人しい子ばかりでは無
い様で、傷だらけの手を見せられて驚いた事がある。何針も縫う様な怪我を負う事も珍し
く無いそうである。 
 そこへゆくとこちらはお客様に噛み付かれたり引っ掻かれたりする事は絶対に無いの
で、怪我をするとすれば自らの不注意からシザースで指の皮を飛ばす程度だ。酷い時には
縫う程の傷を負う事もあるが、大抵はバンドエイドか水絆創膏で誤魔化せる程度のもので
ある。とは言え、その傷口にシャンプーならまだしもコールド液などが入ったりすると飛
び上がる程痛い。おまけに出血が酷い時はシャンプーの泡がピンク色になったり毛髪を振
り上げた時に血飛沫が飛んだりするので実に不衛生である。


230 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/05/09 19:38
 エイズやB型肝炎の例を出すまでも無く、血痕の付着した器具は全て消毒を済ませた
後で無いと仕様出来ない規則となっているので(保健所に知れたら下手をすれば営業停止)
負傷したスタッフは或る程度出血が治まるまでスタッフルームで休む事となる。だが私の
場合は休み無しに予約指名のお客様数人を回しているために休む訳にはいかない。だから
少々乱暴だがアロンアルファで無理遣り止血してしまう。悲鳴を上げそうになる程痛いが
暫くするとあまりの痛さに痺れて来てしまい感覚がなくなるから麻酔の効果もある(笑)
 他店では止血用にボスミンを使う所もあると聞いた事があるが、これは本来医師が扱う
薬品で我々が扱っては拙いので万一の事を考えて師匠が絶対に仕様を認めない。
 今は街の薬店も競争が激しい様で、そんな違法販売もするのだろうが、何か事故が起き
てからでは遅いのでスタッフ個人として使用する事も私は厳禁している。
 今日も、明日から休みとなるために手の空いた時間を利用して、件のペットショップで
相棒のおやつを買った。あまり時間も無かった事から珈琲は辞退して直ぐに帰ろうと思っ
たのだが、そこのお姉さんに手招きをされて店の奥に連れてゆかれた。そして彼女はケー
ジの一つを指差しながら目を輝かせて微笑む。
「この子、可愛いでしょ?」
 真っ白い兎の赤ん坊である。とても可愛い。
「抱いてみる?」
 彼女がケージから兎を出そうとしたので私は慌てて首を振った。
 実は兎には辛い思い出がある。
 子供の頃に姉が両親にせがんで兎を飼って貰い、まだ小さかった私は決して抱かせて貰
えなかったのだ。が、或る日、「お姉ちゃんばかりずるいよ!」と半ば無理遣り姉から奪
い取ってしまい、驚いた兎は私の腕から突然飛び降りてしまったのだ。


231 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/05/09 19:39
 次の瞬間には兎は片足を真っ直ぐに伸ばしたまま然も痛そうに床の上を転げ回ってい
た。何とか立ち上がろうとするのだが弱々しい息を吐くだけで起き上がる事も出来ない。
「だから言ったじゃない!」
 姉は私を突き飛ばし、急いで兎を抱き上げた。すると兎は辛そうな呻き声を一つ上げた。
 二人で近所の動物病院へ連れてゆく間も、私はずっと泣きながら謝っていた。姉にでは
無く兎に。治るよね? 何度も姉に問い掛けたが途中で姉も泣き出してしまったので、私
はそれ以上何も言えなくなってしまった。
 その後、病院で手術を勧められたが金額を聞いたら、とても姉や私の小遣いで何とかな
る金額では無く、仕方なく家に戻って両親に相談をした。
 今思えば、その頃の我が家は店舗兼住居を構えたばかりで家計もかなり大変な時期だっ
たのだと思う。だからこそ、たかが兎を飼うにも両親は渋っていたのだと思う。
 だから苦渋の表情で父が言った。
「野生の動物はみんな自分で怪我を治すんだぞ。少し様子を見てからで良いだろう」
 治る訳が無いよ!と姉は泣き喚きながら父に食い下がったが無駄だった。文句ならば落
としてしまったSに言え!の一言で終わりである。母は黙って俯いていただけだった。
 それから数日間、それこそ私は学校が終えると一目散に家に戻って来て、兎に色々な物
を食べさせようした。骨折してからの兎は、脚の痛みの所為か餌を一切受け付けず、ケー
ジの中でひたすら蹲っているだけとなってしまっていたからだ。
 愛くるしい瞳が涙に滲んでいる様に思えて、私は何度も謝りながら背中を撫でた。頼む
から餌を食べてくれ、と願っていた。だが数日後、学校から戻ると兎は冷たくなっていた。
幾ら抱き締めてもあのしなやかさが戻る事は無く、まるで固くなったモップの頭でも抱い
ている様な味気ない感触だった。


232 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :04/05/09 19:39
 私は嗚咽しながら裏庭に穴を掘った。本当に哀しい時には泣き声すら出ない。しゃくり
上げる度に笛の音の様な音が喉から洩れるだけで、後はひたすら涙が零れ落ちるだけだ。
 穴を掘っている途中で姉が学校から帰って来て私の姿に気付き、
「Sの所為じゃ……ないんだから」
 と絞り出す様に言うと私の頭を乱暴に抱え込み、それを合図に互いの体にしがみつきな
がら号泣した事を記憶している。それ以来、私は兎を抱いた事は無い。ただの一度も……
 そんな幼い頃の追憶に暫し浸っていた私に、兎を抱き上げた彼女は、
「赤ん坊を抱くよりも簡単よ?全然危なく無いから」
 そんな事を言いながら両腕を突き出すと、半ば無理遣り私に兎を抱かせた。子兎は私の
腕の中で小さく丸まり、その匂いは幼い頃の郷愁と共に、小さな化石となってしまってい
る罪悪感を呼び起こさせた。だからそのしなやかな毛の肌触りは私には辛く、同時にその
兎が当時死なせてしまった兎の様に思えて、本当にごめんな…… と、何度も何度も心の
中で囁きかけていた。
「どう、可愛いでしょう?良かったら飼ってみない?」
 彼女は覗き込む様な瞳で問い掛けたが、私は小さく頭を振った。
「三匹も育てられる程、生活力無いし……」
 そんな台詞を返しながら苦笑し、丁重に兎を彼女の腕に戻した。そして最後にもう一度
だけ兎の頭を撫でながら踵を返し、誰にも聞き取れない程の小さな溜め息を一つ吐いた。

 本当に気紛れに、月に何度か、自分の気が向いた時にこのスレで独り言でも呟いてみま
す。と言う所で久々に、今日はここまで……☆ おやすみなさい……☆
 

180 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)