2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの今創作している作品の概要を書いてみて2

1 :名無し物書き@推敲中?:03/08/06 08:00
前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1012395864/

2 :2get:03/08/06 08:02

3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、
夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。

しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。

はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。

次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じようにケツの穴に入れることを命じた。
三男は必死に頑張って、栗をケツの穴に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、三男は何故か笑ってしまい、栗はケツの穴からいきおい良く飛び出した。
三男は、そのまま父親に殺された。

三男は見てしまったのだ。 嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる長男の姿を・・・



3 :名無し物書き@推敲中?:03/08/06 08:14
概要か・・・
まあ、将軍出すよ、将軍
なんか将軍ってカッコいいじゃん。
金正日とかフセインみたいな奴がモデル
で、主人公が将軍倒す

4 :名無し物書き@推敲中?:03/08/06 13:41
「将軍様〜☆」
「ウヒョヒョヒョ、愛い香具師じゃのう」
『ドカン』
「ま、まさかお前が伝説の英雄だとは・・・!ぐふぅッ!!」



5 :名無し物書き@推敲中?:03/08/06 17:37
お兄ちゃん今夜は二人きりだって
お兄ちゃん今御飯作るからね
トントン・・・・
あ、お兄ちゃんダメだよハァハァ
交尾
しちゃったねでも後悔しないよ
実はいいづらいがアノ子は私たちの本当の子じゃないんだ。
ラッキー
もうお兄ちゃん遅刻しちゃうよ!先行くからね!
待ってくれー!あははっ
ジャンプ



6 :名無し物書き@推敲中?:03/08/07 18:57
夜中に突然誰かが恋しくなったときってありませんか?

まみはいつも恋してます。あなたに逢いたくてたまらない。

だからここで待ってます。http://www.gras-cafe.com
7日間会費無料、10分間もあなたに会えるの。早く逢いたいな。


7 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/07 21:17
 6が一番、面白いと読んだ。

8 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 00:38
確かに。
しかし、それはただの偶然だ。
偶然には何の栄誉も与えられぬ。

9 :志村健太郎:03/08/08 03:28
ソードフィッシュの始まりのようなのを連続させるような作品を結構考えて
るんだけど。



10 :志村健太郎:03/08/08 03:55
ある出口に向かっている乗り物に人間が乗っていて、降りる事ができないとする。
その乗り物は勝手に進んでいて、とめる事ができない。
その乗り物にはAとBと書かれたボタンが二つついてあって、あるポイント(道が二つにわかれている、AとB)
の少し前でどちらかのボタンを押せば、Aに進むかBに進むか決めれる。
Aの出口に待ちうけているものとBの出口に待ちうけているものはすでにわかっているとする。
どちらに進んでもダメージをうけるとする。
普通に考えてダメージの少ないほうに進むんじゃないかな。
ある出口に向かっている乗り物に自分が乗っているのか乗っていないのか
おそらく二分の一ですぐに結果がわからなかったり。
望みがほぼ通る交渉というのを考えてたんだけど。
人間Aが人間Bと交渉するとする。
上に書いたようにBを押さなければいけない状況を先に作り上げる。
100%とBを押すとはかぎらないけど。
Bを押して欲しいとして、AとBを押した結果にあまりさがなければ、ぶれる
だろうけど、さをつければつけるほど、Bを押してくれる可能性が高くなるんじゃないかな。
上に書いた勝手に進んでる乗り物を破壊してとめるという方法とかもあるだろうけど。
ややこしい説明だな。


11 :志村健太郎:03/08/08 04:05
題名は「キング」
一個人が国家などと交渉して、めちゃくちゃな要求をしたとして
それが通る状況というのを考えてたんだけど。
仕掛けを先に作れば通るかも知れない。
ソードフィッシュのはじまりがそんな感じなんだけど。
警察の目の前で語り始めて、そのまま捕まらずに堂々と歩いて通り過ぎていく。
ソードフィッシュをみる前から考えてた、ぱくりじゃないよ。



12 :志村健太郎:03/08/08 04:24
上に書いたような状況があって、AかBどちらかを押すか考えて選択する人間や
進んだ結果どうなったのか、満足したのか、後悔したのか、そういう所だけを
えがいても面白いかも知れない。
二つの道にわかれているポイントの少し前に統計がはってあって。
進んだ結果どうなるのか、確率であらわされていたり。
他人からすればあきらかに無謀だと思える道をえらぶ人もでてくるだろろうし。



13 :志村健太郎:03/08/08 04:41
もっと詳しく書きたくもあるんだけど、書いたらひかれそうだな。
キングの話はもういいか。

今まで地球上で死んで来た(死んだと思われていた)人間が実は生きていたというオカルト話もあるんだけど。
この話はオカルトすぎる・・・
ある状況(オカルト、非現実的な状況もオカルトと言ったりするんだけど)
での人間の動きや結果から教訓をえる事もできるだろうし、聖書にも非現実的な事がかかれてるけど
教訓や勉強にもなるし、作品にでてくる、オカルト、超常現象を悪くみないようになってきたな。


14 :志村健太郎:03/08/08 04:44
オカルト万歳・・・
オカルトマニア・・・
俺、志村健太郎。


15 :志村健太郎:03/08/08 04:45
ばいびー。


16 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 11:47
現代(近未来?)戦争系を執筆中です。
生温いSFじゃなくて、本格的な戦争モノです。
種なんて目じゃないぐらいに本格的ですw
学徒動員された少年たちが主観になってます。
まあ、技術的には現代より進んでいるでしょうか。

17 :志村健太郎:03/08/08 17:48
文字を一度3Dにして、角度をかえたり裏表を逆にしたりななめにしたりして、それを
本に印刷する。
文字の上を人間が歩いたり、ジャンプして別の文字にうつったりする。
文字の上を歩いてる人が喋った言葉が文字になっていき、文字の上を歩いている人間は、それ(自分が喋った言葉)
を道として進んでいく。
文字の上を歩いている人間が喋った言葉を読み、文字の上を歩いている人間の絵をみる。
今おもいついた、どうかな。
まだ書いてないから、スレ違いのような感じだけど、頭の中で創作してます。
パズルぽいの売れるかどうかわからないけど、よさそうです。

左ページにある文字のパズル(読んでも面白い、みて考えても面白い)をプレイしてるキャラクターを右ページに描く。
これどうかな。





18 :志村健太郎:03/08/08 18:09
漫画のようにある部分を拡大して、文字を固定し、絵(文字の上を歩いている人間)
だけを何ページか使い進行させるということもできるか。
文字が超巨大になって人間が文字よりはるかに小さくなり読者がみえなくなったという設定を
使えば、文章だけを連続で読むという事もできるか、文字(人間が喋った言葉)
から人間がおかれている状況を想像したりする。
ややこしいな。



19 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 18:19
朝、男がTVを見ていたら超能力者が未来予言を行なっていた。
「近い将来、薬学部を出た男性が癌の転移を阻む薬を開発する。
 彼は若くしてノーベル賞を取るが、両親は韓国人である」
男はその日、勤務先の製薬メーカーの研究所で、癌の転移を阻む物質を
発見してしまう。
「オレの両親は韓国人だったのか!」
男は絶望のあまり自殺するのだが、彼の業績は同僚の韓国人にぱくられ、
やがてノーベル賞は、その韓国人の手に渡る。

20 :名無し物書き@推敲中?:03/08/09 14:32
>>19
ニダーはいつもそうだ。
チョンはマジで逝ってよし。

21 :文学者さん:03/08/09 15:51
[全く新しい物語」を創造中。
ほとんど「戦争」みたいな極端なものが無い世界での、明るい人たちの物語。
懐かしい雰囲気もあるんだけど、そんなの誰も気にしてない、活き活きとした世界。
素敵で素直な物語。

22 :志村健太郎:03/08/10 02:15
自分が創作してる作品の概要とかアイデアとか書いたり、人に言わない方が
いいと思うよ、モチベーションさがりません?
モチベーションの意味がわからないんだけど・・・
アイデンティティの意味もわからない。

23 :志村健太郎:03/08/10 02:17
私もここに書いたりしてるんだけど・・・


24 :名無し物書き@推敲中?:03/08/10 03:15
>>22-23
なんか言ってることが支離滅裂になってるぞw

25 :名無し物書き@推敲中?:03/08/10 03:17
本当に良いアイディア浮かんだならここになんか書かないわけだし
自分で書けないかあるいは書いても意味がないと思ったときここに書くわけでしょ

26 :名無し物書き@推敲中?:03/08/10 05:15
彼らの時間は、その場所で止まっていた。
本当は止まってなんかいない、ただ、そこに逃げてきただけ。
そこは心地よく懐かしかった。
そう思えるのはそこが幻想だから。
彼らの時間は進まなくてはならない。
現実をみつめなくてはならない。
そこに、一人の少女が駆け込んだ。
春風とともに。
彼らの時間は少女を中心に動きだす。
もう戻らないかけがいのない思い出を胸に、彼らはその場所をあとにし、行くべき場所に進みだす・・・

27 :志村健太郎:03/08/15 08:17
いろいろ思いつくがそれを小説にするのが難しいんだな。
下手でもいいから少しでもひろげるのが大事かも知れないな。
本屋で新書を置いてるコーナーにある小説をかるく読んでみるとこじんまり
してるなぁと思う事がおおい。
ドストエフスキーの小説にでてくるキャラクターが語る言葉も現実では
あんまりでてこないような内容だったり長さだったりする事がおおいんじゃないかな?
下手だろうが非現実的になろうがひろげたり深くするという事を練習すればいいかも知れないな。


28 :志村健太郎:03/08/15 08:19
小説ほとんど書いた事ないやつがかたっとる。


29 :志村健太郎:03/08/15 08:34
>>27
何が言いたいのかよくわからんレスだなぁ。

できるだけ長く細かく深く、(よく)、していこうとして、していったらいいん
じゃないかなと思ったんだけど。

30 :志村健太郎:03/08/15 08:49

AさんBさんCさんDさんEさんFさんGさん
登場人物を7にんにしたとして。
主人公と友人、兄弟、親、先生、社長、知人。
こういうありふれた関係は書きやすいだろうけど、もっと複雑な関係の方が面白く
なりそうな。
でも書くのが難しそうなんだよなぁ。
うまくまとまらないような。


31 :志村健太郎:03/08/15 08:52
まあなんだかんだ言いつつもう小説は書かないと思うけど。

32 :志村健太郎:03/08/15 08:57
冗談、完全に書かない事はないと思う。
あんまり強い意気込みのようなものはないかな。


33 :名無し物書き@推敲中?:03/08/15 09:05
ひょんなことからネクロノミコンを手にした女子高生グループが、日常を取り戻すためにニャルラトテップ様などと死闘を繰り広げるドス黒い小説。

34 :志村健太郎:03/08/15 09:28
概要のようなもの一つ書いていこう。

パラレルワールドが存在して、その一つ一つの世界に住む人間が一つの
空間のある場所に集まる事になる。
今考えてる。
パラレルワールドのすべてをみれる神のようなやつが、人間一人一人の一生を
幸福であったか不幸であったかわける。
幸福であったか不幸であったか、神のようなやつの基準なんだけど。
100こ(もっとおおいんだろうけど)ワールドがあったとして。
一つのワールドの幸福量がおおくなるとき、他のワールドの不幸量がおおく
なる事に気づく。
その一つ一つの世界に住む人間が一つの空間のある場所に集まる。
ある一つのワールドにほかのワールドでは死んだか存在していないすごい能力を持った
人物が居る事に気づく。
そして神のようなやつが、またもとの世界に人間を戻す。
もう一度だけ、神のようなやつの力により、一つ一つの世界に住む人間が
一つの空間のある場所に集まれるという事を知ったすごい能力をもった人間が住む世界以外の
世界に住む人間達がその時まですごい能力をもったやつを死なせないために自ら不幸を招いていく。
破綻してるかな。
パラレルワールドからいくつかのワールドを神のようなやつがきめて、その神のような
やつが決めたワールドの人間が集まるという事でもいいかな。
あんまり考えずに書いた。

35 :山崎 渉:03/08/15 11:46
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

36 :志村健太郎:03/08/15 15:16
A国は近年の経済成長が実に目覚しく、もはや先進国の一員といっても過言ではない。しかし発展に弊害はつきもので、A国はB国との貿易摩擦という頭痛の種を持っていた。次第に悪化する両国の関係。B国はとうとうA国に対し経済制裁を加えると言ってきた。
これを受けて、A国内はビックリ。下手に出てB国との関係を取り戻すか?それとも絶交するか?議会のみならず、一般の民衆の間までもが議論に浸された。
そんな中で最も騒然たる相を見せたのがA国立大学。血気盛んな若者達は学部問わず日々論戦に明け暮れ、友好派と断絶派との確執は深まるばかりであった。
A国立大学に今年入学した一人の青年。彼はこの国の外務大臣の息子である。当然大学内の混沌の渦の中に巻き込まれていくのでありますが、どういうことになりますことやら。

37 :名無し物書き@推敲中?:03/08/15 20:12
>>34
なんつーかもっとわかりやすく書いてくれ。そんなわかりにくい文で小説書くのか?

38 :志村健太郎:03/08/16 23:05
>>36
やめてくれ〜。

久しぶりににせものがでた。



39 :志村健太郎:03/08/16 23:21
>>37
わかりにくいですね。

ある程度は読んだ人が自分なりに考えたり想像したり組み立てたりして下さいというところがあるんだけど。


40 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 23:56
>>39
漏れは37じゃないけど、>>34は単純に悪文だと言われてるんだと思いますよ。
一読しただけじゃ理解できない文章が、自分で考えた結果「かちり」と音を立てて組み立てられる、なんてのや、
まるで説明の足りない文章なのに、頭の中には広々とした精密な世界が現れている、なんてことはありますが、
>>34はそういうったのとはまるで別物で『下手』なのだと思いますよ。
まあ、考えたことを考えたまま書いた文章なんて、悪文になってもしかたないとは思いますが、
それで小説を書いちゃあ読んでくれる人は少ないですよ。

と、>>39>>37の問いに肯定を返したのかなと読み取ってのレスですた。

41 :志村健太郎:03/08/17 20:04
>>40
文章が下手なのは自覚してます。

34に書いたのは断片みたいなものでもありますね。
断片というかネタちょうに書いてる下書きみたいなものと言った方があってるかな。
34に書いてあるのからつけたしたりけずったりしながら、どんどんひろげていく。

42 :志村健太郎:03/08/17 20:35
>>34
>自ら不幸を招いていく。
昨日かおとといぐらい考えてたんだけど。
ほかのワールドの一人の人間の為に自ら不幸を招く人間、不幸主義者と言おうか。
一個人の不幸も一つのワールドの不幸量にカウントされるけど、それだけでは少ないと思い
他の人間を不幸にしていく不幸主義者とかでてくるんだろうな。
ほかのワールドの一人の人間(すごい能力をもった人間)をすくおうとするのは
すごい能力を有効利用しようとしてるんだろうな。
ほかのワールドの一人の人間(すごい能力をもった人間)のために自分を犠牲にはできない
幸福になってやるという人物もいて、ぶつかりあったりするんだろうな。
なにが不幸で幸福なのかよくわからないけど。

43 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 21:13
俺、今決めた
マスク被ったヒーロー出す

44 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 22:24
カトリックの少年が主人公。
ある日少年の住む町に賊が攻めてきて(時代は昔ね)親やら友達やらが
殺されていくわけ。少年は必死で守ろうとするんだけど、守れないわけ。
信仰ってなんだったんだろうと、幼い頭で考える話。
・・・のタイトルを「クロスボーイ」って決めたんだけど
同じ名前の工具があるんだよね。

45 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 01:01
年中雪景色のどこか異国の山の中にきれいな湖がある(凍ることもあるでしょうな)。
その湖のほとりに直径20センチぐらいの枯れ木が立ててある。
湖から少し離れたところにポツンと木の家があり、そこから湖まで続く道(誰が作ったやら)
を金髪の女が歩いてくる。女は枯れ木に、黒(いコートを着た)男へのメッセージを(炭かなんかで)書き残して、
去っていく。そのうち黒男がやってきて枯れ木に女へのメッセージを書き、また去っていく。
女と黒男はそうやって日々のことを語り合う。繰り返し。
木の家のシーンでは、女がいることもあれば、黒男が映っていることもある(紅茶を飲んだりしてる)。
ある日黒男が「この湖に名前をつけよう」と言いだす(書いたんだけど)。
(考察シーンが入って)「じゃあ君の好きな色は何?」「青よ」「僕も青だよ」
・・・「じゃあこの湖はきっと青色ね」「じゃあブルーレイク(テキトーだなあ・・)にしよう」
(で、それがタイトル)
ある日木の家で女が着替えをしていたらなにやら表のほうで車の音がする。なんだろうと思って
ドアののぞき窓からのぞくと本道からこの家に続くわき道に入るところで一台の車が止まって、
男がその周りをぐるぐる回って、あちこち点検して、やがてこっちのほうに歩いてくる。
女は急いで服を着る、ノック、あける「やあ車が故障(よく知らない)しちゃって・・」女は
手伝う、直る、男ととりあえず知り合う。男はなんとなく気になったその女をうまいことやって
車に乗せ、都会へ連れてき、何日か過ごす。女に「黒男となんてほんとは・・・」な雰囲気を出させる。
が互いに打ち解けられず、男は女を家まで送り返す。「もう来ないで」状態の女を木の家に残して男はとりあえず帰る。
んでまた来る。男がドアをノックすると木の家から黒男が出てくる。口論が始まる。
「彼女、君(黒男)とじゃいやだってさ」「君(男)が彼女を困らせてる」(張り詰めた雰囲気・・・)
「もう来ないでくれ」黒男がドアを閉めようとしたとき、男はなんとなくそのそぶりにはっとして
黒男の頭にさわる。黒いかつらが落ちる、バッと金髪が現れる。
(一同全員)「(女、君は)なにをやってるんだぁ・・・」
(つまり延々一人二役やってた女に本当の恋人ができちゃったぁって話)


46 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 02:17
>>45
ようわからん

47 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 07:54
宇宙人が降って来た夏

僕は高校1年生。爆弾成金賞を目指して生きる僕が寮で作業している
と、大質量を持った物体が屋根を貫いた。隕石かと思いこんでいた
僕は、落下地点を観察して愕然とする。そこには人間の少女と見紛う
ばかりのヒューマノイドがいたんだ。体細胞のサンプルを見れば君も
信じざるを得ないだろう。この生物の細砲は、地球上のそれと似ても
似つかない。意志疎通は出来るだろうか。僕は何としても、壊された
屋根を弁償させて、真っ当な生活に戻らなきゃならないわけなんだが。

48 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 00:12
>>47
ラストはどうなるの?

49 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 00:42
>>46
それって概要か?

50 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 00:43

>>46×
>>45

51 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 06:39
ENDLESS MYTH

 変えられない過去
 止められないいま時間
 誰も 望まぬうんめい未来
神の紡ぐ 終わらないいと神話

 魔法の術と力が失われつつある大陸で
 少女は
 祈り 願う
 ただひとつだけの

 奇蹟を

これはヒト人間の起こした最後の奇蹟


52 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 06:47
  _、_
( , ノ` )    いいと思うが・・・
  \,;  シュボッ
    (),
    |E|
http://homepage3.nifty.com/manko/

53 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 16:31
ENDLESS MYTH

 変えられない過去
 止められないいま時間
 誰も 望まぬうんめい(未来)
 神の紡ぐ 終わらないいと(神話)

 魔法の術と力が失われつつある大陸で
 少女は
 祈り 願う
 ただひとつだけの

 奇蹟を

 これはヒト(人間)の起こした最後の奇蹟



 ビミョーにちっがーう♪

54 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 16:58
タイトルは「13の貢ぎ者」

敵は女帝。
主人公(?)は31歳のお姉さん。

一応ファンタジー

55 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 19:19
タイトルは『空き泣き』

OLが呪縛から逃れて
逃れたのはいいがなにしょっかなぁーという所に

そんな夜に淫乱症の姉が怒鳴り込んできて
喧嘩しながらHなイタズラされたり顔が変形したり核を発動させたり

ガイアが暴発したり、暴露しまくって、前世までばらす始末 で

最後は人類のサーガとして大円団を向かえる話

56 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 23:58
>>55
ガイアって何?人類のサーガとして大円団って何?

57 :名無し物書き@推敲中?:03/08/21 22:42
だれかー

58 :名無し物書き@推敲中?:03/08/22 21:21
>>55
電波キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!

59 :152:03/08/24 01:31
オムニバス風の、人間の生涯を書いています。
話の最後に変な死神が出てきて、次の話で前の主人公が死神として出てくる

60 :肉月 ◆RC6l01HYVY :03/08/24 10:31
ある日東京のど真ん中に東京タワーほどの巨大な女性器が現れる。
しかもその女性器は生きていた。
性に目覚める思春期の子供たちとPTA。回春する老人たち。
性転換する大物政治家。etc...様々な人々に様々な影響を与えていく。
その女性器が出現してから一ヶ月が過ぎようとする頃、
ついに生理がやってくる。巨大な女性器から溢れる生理は
きっと東京に大ダメージを与えるに違いない。人々の期待と共に
ミサイルをつんだF−16自衛隊戦闘機が厚木基地から飛び立つ。
はたして東京は救われるのか?人々の運命は?

で、なんとなくだけど主人公はミサイルを打つ役の自衛官。


61 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 12:10
北欧神話の、巨人の女の股から流れる血で川ができたという記述を思い出したよ


62 :名無し物書き@推敲中?:03/08/24 15:45
カメのような巨大怪獣が宇宙から飛来する。だが、着地に失敗してあぼーん。
その死体を解剖した医師は腹から卵を見つけて連絡すると国の命令で研究用にその卵を育てることになる。
生まれてきたのは小さなカメだった。
最初は研究材料としてしか見ていなかった医師だが、そのうちに愛着がわいてきた。
五ヶ月後にかなり大きく成長したカメだったが、国のエージェントが実験に使うといって連れて行こうとする。
しかし、それを拒んだ医師は射殺されてしまう。
その時、カメが突然怒って暴れ出しエージェントたちを踏み殺す。
怒り狂うカメは街に出現し人間たちに襲い掛かる。

63 :名無し物書き@推敲中?:03/08/25 17:32
>>60
>>62
電波キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!

64 :62:03/08/25 20:00
>>63
お、俺もなのか・・・

65 :名前はいらない:03/08/26 00:22
カメって...

66 :名無し物書き@推敲中?:03/08/26 03:43
「そこにあるもの(ファンタジー風味世界観)」

季節は、そろそろ雪がちらつき始める頃。

ある街の権力者の暗殺を請け負ったアサッシンの少女。
暗殺には成功するものの、逃走に失敗し怪我を負う。
そんな彼女を手当てした青年神父。
自らの素性を隠しながら、その青年の保護を受ける少女。
世の中の暗いところだけを見てきた少女。
世の中の明るいところだけを見てきた青年。
そんな相反する二人だが、いつしかその間に築きあげられる関係。
だが、破局は思いのほかあっさりと訪れる。
少女の正体を知った青年神父。
少女を責め立てる青年神父、そして彼女は選択する。
白昼の大通り。
血塗れた服をまとい、駆け抜ける少女。その目は何も映していない。
街中に起こる騒動。
騒動を聞きつけた衛兵が、彼女を取り囲む。
多対一。決着はあっさりとついた。
自身が流した血の海に沈む彼女。
そんな彼女の上に降り積もり始める、雪。
最後に、彼女は生きてきてはじめての涙を、流す。

うム、臭いな

67 :名無し物書き@推敲中?:03/08/26 14:59
現代ファンタジーもの
『天使のポートレート』

天上界で昇級試験に万年落第している天使が、落ちたら地上降格決定の試験で
こともあろうにカンニングをして地上に落とされてしまう。落ちた場所はある
男子高校生のアトリエとしてつかわれている離れだった。屋根をつきやぶって
降ってきた彼(彼女?)にとまどう男の子。天上界は天使に一年の追放処分を
課したので、なくなく天使は彼の家に居候することになる。
少年は風景画の画才はあるものの、人物像となると下手な落書きより悪くなる
欠点があった。ある日少年は天使にモデルになってくれるよう頼んでみる。全
く無気力でいい加減な性格の天使は始め適当に付き合う程度だったが、彼が学
校で美術教師との確執があったり、家族が別居中であるのを知るにつれ、彼に
協力的になっていく。天使は家族の絆を取り戻すことが自分にできる恩返しだ
と考えた。何度もデッサンを重ねた結果ようやく少年は肖像画をうまく書ける
ようになった。期限の一年がたったとき、家族は元通りになっていた。そして
少年は最も完成度の高い肖像画を天使に送り、お互いに別れを告げるのだった。

68 :名無し物書き@推敲中?:03/08/26 18:09
>>62
ガメラ1の設定のほうがおもしろい。

69 :志村健太郎:03/08/27 11:29
人間と直接(しゃべったりして)コミュニケーションをとれない天使が
ある人間にその場所は危険(地獄とか)だという事を伝える為に悪魔が
描かれた絵や悲惨な状況が描かれた絵をかき、人間におくるというアイ
デアがあった。
他のスレに書いたんだけど。
映像で、天使と天使が描いている悪魔が描かれた絵や悲惨な状況が描かれた絵を
同時にうつすと、アンバランスさがいいと思ってるんだけど。
詳しく知らないけど古い時代にそういう絵(悪魔が描かれた絵や悲惨な
状況が描かれた絵)をかけば捕まったり、へんなめでみられていたんじゃないの?
今思いついたんだけど、その天使の絵をうけとり、自分が居る場所が危険だと分かった
人間が、危険な場所から逃れる、天使がくれた絵は不気味だが、自分が居た危険な場所
の事を忘れない為、絵を壁にかざっておくか保管しておく、その後、その絵をみつけた
別の人間が天使にもらった絵を所有している人間を悪魔を崇拝する者、異端者と騒ぎた
て、天使にもらった絵を所有している人間が死刑になる。
悪魔が天国のような絵をかいて人間をまどわすとかもあるな。


70 :志村健太郎:03/08/27 11:32
67のをみて思い出した。


71 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 11:42
人間と直接(しゃべったりして)コミュニケーションをとれないカメが
ある人間にその場所は危険(地獄とか)だという事を伝える為にカメが
描かれた絵や悲惨な状況が描かれた絵をかき、人間におくるというアイ
デアがあった。
他のスレに書いたんだけど。
映像で、カメとカメが描いているカメが描かれた絵や悲惨な状況が描かれた絵を
同時にうつすと、アンバランスさがいいと思ってるんだけど。
詳しく知らないけど古い時代にそういう絵(悪魔が描かれた絵や悲惨な
状況が描かれた絵)をかけば捕まったり、へんなめでみられていたんじゃないの?
今思いついたんだけど、そのカメの絵をうけとり、自分が居る場所が危険だと分かった
人間が、危険な場所から逃れる、カメがくれた絵は不気味だが、自分が居た危険な場所
の事を忘れない為、絵を壁にかざっておくか保管しておく、その後、その絵をみつけた
別の人間がカメにもらった絵を所有している人間をカメを崇拝する者、異端者と騒ぎた
て、カメにもらった絵を所有している人間が死刑になる。
カメが天国のような絵をかいて人間をまどわすとかもあるな。

72 :志村健太郎 :03/08/28 17:09
>>71
ひたすらカメがでてきて、なんか面白かった。

73 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 19:43
影法師 -Daylight-

田舎に憧れた主人公・啓太が念願の田舎へと引っ越す。

引越しの初日は穏やかに過ぎて、二日目。
不審な人影が啓太のTシャツを奪って逃げ、啓太はそれを追う。

その人影は森に入って行き、だんだん奥に入っていく。
いつしか、啓太は人影を追い詰めた。

その人影の正体は、一人の女の子だった…

18禁ぽい、そんなお話。

74 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 18:12
>73
そりゃ、エロすぎる。

75 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 11:30
影法師 -Daylight-

田舎に憧れた主人公・哲太が念願の田舎へと引っ越す。

引越しの初日は穏やかに過ぎて、二日目。
不審な人影が哲太のTシャツを奪って逃げ、哲太はそれを追う。

その人影は森に入って行き、だんだん奥に入っていく。
いつしか、啓太は人影を追い詰めた。

その人影の正体は、一匹のカメだった…

76 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 13:30
>75
そりゃ、カメすぎる。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 15:47
このスレは亀を題材にプロップを考えるスレになりました

78 :名無し物書き@推敲中?:03/08/31 06:00
>>69
サイレントエンジェルっつー、それっぽい小説あったなあ。
あれは別に天使じゃないけど、喋れないとか絵が出てくるトコとか。

79 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 16:35
探偵志望の若い男女が有名な探偵事務所を訪れる。
二人ともそれぞれに抱えている自分に関する事件があり、
それの調査を依頼するとともに、所長に弟子入りをお願いしようとしていたが、
事務所にいたのは小さな所長の娘一人だけで、所長は行方不明になっていた。
仕方なく、二人は探偵として所長が見つかるまで事務所をやっていくことにする。
最初はちっぽけな人捜しの依頼から始まり、それが背後に見え隠れする
大きな事件を浮き彫りにし、所長がそこに絡んでいることを知る。
恋愛要素はあまりなく、友情を深く描きたい。

80 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 17:00
カメ志望の若い男女が有名なカメ事務所を訪れる。
二人ともそれぞれに抱えているカメに関する事件があり、
それの調査を依頼するとともに、所長に弟子入りをお願いしようとしていたが、
事務所にいたのは小さなカメのメス一匹だけで、所長は行方不明になっていた。
仕方なく、二人はカメとして所長が見つかるまで事務所をやっていくことにする。
最初はちっぽけなカメ捜しの依頼から始まり、それが背後に見え隠れする
大きなカメを浮き彫りにし、所長がそこに絡んでいることを知る。
恋愛要素はあまりなく、カメを深く描きたい。

81 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 23:08
性転換した男女が世界中の精子バンクやDNAチップを
乗っ取り、優秀な科学者たちを新人類として洗脳し、作り
変え、擬似環境ホルモン物質を大量生産する工場も作り、
世界をジェンダー不信の混沌へと向かわせる。
そこにはセクハラもパワハラもなく、一代限りの生を謳歌
する純粋な人間たちのエデンの園が出来上がるはずだった。
が、しかし・・・
みたいなのって平凡?

82 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 23:13
>>81
面白そうじゃんか。俺は支持するね

83 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 23:14
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60232-9

84 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 23:26
>>81
もうひとひねり欲しいかな

85 :しむっち:03/09/01 23:38
>71
これが前に書いたやつ。

837 名前: 不夜塔 投稿日: 03/02/02 19:39

男が今自分が立っている地が地獄であるという事を知る。
それを他の人間に伝えようとする。
人間に化けた悪魔が、美しい、絵や音楽をつくり、男の心を癒す。
人間に化けた悪魔が男に、もしここが地獄であるならば、こんな目立つ所に人の心を癒す
作品が置かれていれば、悪魔が持ち去るか、破壊しているはずだ、それに地獄にこのよう
な人の心を癒す素晴らしい作品が存在する事ができるのだろうかと言う。
人間に化けた悪魔が薬をつくり、男の体を癒す。
人間に化けた悪魔が男に、もしここが地獄であれば、このような体を癒す薬があるはずがないと言う。
人間に化けた悪魔が絵の横に銅像をつくり、石化した神だと男に言う。
男はそれを信じ、銅像を崇拝し、逃げるのを完全にやめる。
悪魔に痛めつけられ、絵や音楽に心を癒され、薬で体を癒され、祈り、また悪魔に痛めつけられ、また
絵や音楽に心を癒され、また薬で体を癒され、また祈る、それを何度も繰り返す。
天使が空から男にその地は地獄です、逃げなさいと書いた手紙を落とす。
男は心を癒す作品があるし、体を癒す薬があるから地獄ではない、それに石化した神がおられるから
この地から離れたくないと言う。
天使が男が悪魔に痛めつけられている絵を何枚も書き空から落とし、暗く不吉な音楽を男のまわりにながし
嫌な事がおきたらそれを忘れないように記録していきなさいと書いた手紙を落とす。

このアイデアどうかな、どこかおかしい所あるかな。
地獄という事にせず、悪魔が住む地という事にした方がいいかな。



86 :しむっち:03/09/01 23:40
838 名前: 不夜塔 投稿日: 03/02/04 00:19

悪魔が地獄に、悪魔が書いた美しい絵を置いたり、悪魔が作曲した愉快な
音楽をながす。
人間がすぐに地獄だとわからないようにする。
人間たちは素晴らしくて、愉快な場所だと思う。
悪魔が人間を、ばれないように連れ去る。
天使が人間に地獄であるという事を気付かせようとする。
悪魔の絵や悪魔に痛めつけられている人間の絵を書き飾る。
不吉な音楽や暗い音楽をながす。
人間たちは怒り、悪魔の絵や悪魔に痛めつけられている人間の絵を破壊したり
不吉な音楽や暗い音楽をとめる。

>このアイデアどうかな、どこかおかしい所あるかな。
>地獄という事にせず、悪魔が住む地という事にした方がいいかな。
この2行もコピーしてしまった、コピーしなくてよかったな。

87 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 00:54
占い師(女)と疲れた顔したサラリーマン(男)の話

88 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 01:52
性転換したカメが世界中のタイやヒラメを乗っ取り、優秀な
乙姫たちを新カメ類として洗脳し、作り変え、擬似玉手箱を
大量生産する工場も作り、世界を御伽噺不信の混沌へと
向かわせる。
そこにはいじめっ子も浦島太郎もなく、一代限りの生を謳歌
する純粋な人間たちの龍宮城が出来上がるはずだった。
が、しかし・・・
みたいなのってカメ?

89 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 04:01
>>88一代限りの生を謳歌する純粋な人間たちの龍宮城

「惜しい。あくまでもカメで徹するべき↑だ」と
カメの頭からクレームがついたのでNG

90 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 06:22
占い師(カメ)と疲れた顔したサラリーマン(カメ)の話

91 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 20:31
カメが地獄に、カメが書いた美しい絵を置いたり、カメが作曲した愉快な
音楽をながす。
カメがすぐに地獄だとわからないようにする。
人間たちは素晴らしくて、愉快な場所だと思う。
カメが人間を、ばれないように連れ去る。

・・・竜宮城?

92 ::03/09/21 15:08
亀頭市
盲目のあんま師、カメ。だが彼は、居合切りの達亀であった。
甲羅に隠した、仕込み刀で悪亀どもを、バッタバッタと切り倒す。
痛快時代亀アクション。

93 :名無し物書き@推敲中?:03/09/22 12:53
目標:ちょっとほんわかラブコメ(手玉に取られる編)

舞台を高校と設定、主人公が「他人に対して素直に何か言おうとすると
恥ずかしくなって顔が赤くなる」奴とし、ヒロイン役が「なんとなく
相手の心理を察するのが得意」な奴とする。
主人公は厳格な家庭に育ち、感情的な表現のやりかたがわからなかった。
同性とはそれなりに話もするが、異性とはさほど。
ヒロイン役は「人と接する機会が普通の人より遥かに多く、嘘を付いた奴や
本音を言う奴」を数々見ているうちに心理を読むことが出来るようになった
(父が外交官とか、そういう類の仕事)。

なーんて嘘に決まってんだろゴルァ!

戦艦大和がホーネットを叩き落すと見せかけて、逆に航空爆弾で沈められるまでの話を
ただ単にかきつらねるだけですた。

94 :名無し物書き@推敲中?:03/09/30 01:51
もっと、いろいろ聞かせてくれよ。

95 :名無し物書き@推敲中?:03/10/01 05:35


96 :名無し物書き@推敲中?:03/10/05 02:32
『犬蟻』

奈良時代末期、突如鎮西に犬程もある巨大な蟻の集団が出現し、各地の村々を
次々に襲い滅ぼしていった。この報が京に届くと帝はこの化け物たちを京に近
づけてはならないと、各鎮守府の将軍たちに通達を出した。太宰府が壊滅して
数カ月後、鎮西に渡った調査隊は各地の被害状況と蟻たちの生態を詳しく調べ
た。その結果、蟻たちが信じがたいことに中国から渡ってきたことを知る。も
しもこの蟻たちが海峡を渡って本州になだれこんだら大変なことになる。そこ
で将軍たちは軍隊も通用しないこの犬蟻たちを一つの村に誘き寄せ、村を封鎖
して一気に焼き殺そうと考えた。こうして数万に及ぶ恐ろしい犬蟻との絶望的
な防衛戦がこうして始まろうとしていた。


「もののけ姫」っぽい展開なんだけど、自分はこの時代に詳しくないし・・・むずい

97 :名無し物書き@推敲中?:03/10/05 03:04
『鬼娘』

ある日村を一人の老いた僧侶が訪れた。村人達は丁重に迎えたが彼は一人の少
女を連れていた。そして村の者にこの少女を預かってくれないかと尋ね、ちょ
うど子供のいなかった夫婦がいたので彼らが預かることになった。僧侶はその
夫婦にいくつかの約束事を言い渡した。それはまずこの少女に言葉を教えない
こと、そしてもう一つは髪を切ってはならないことだった。子供を授かったこ
とがうれしいので夫婦は二つ返事でこの奇妙な約束を守ることを誓った。
それから五年が過ぎ、夫婦は次第に少女の異変に気づいてくる。少女はなぜか
言葉がしゃべれなかった。親の言うことをまねることもなく、黙り続けていた
のだ。またある日風呂に入れないのを不憫に思った女がこっそりと少女を風呂
に入れて五年分のあかを落としてやろうと考えた。しかし少女の髪をとかして
いるときに彼女の耳が異様に長いのに気づいてしまった。このことはすぐに夫
にもしれたが、二人はこのことを村びとたちには隠すことにした。
さらに歳月は過ぎ、少女は人の子とは思えないほど美しく成長した。彼女があ
る日軒先に立っていたところ、一人の若い侍が前の道を通り過ぎた。侍は彼女
の美しさに目を奪われた。・・・


ファンタジーのつもりなんだけど昔話みたいな展開になるかも

98 :しむっち:03/10/17 01:52
あげっち



99 :しむっち:03/10/17 02:08
売れる売れないか、そこだけで作品をつくるより、実験的な事をやって
いっても損はしないと思うな。
本屋に並べる事ができるであろうと時には、実験的な作品を並べずに手堅く
いった方がいいかも知れないけど。
思考の何割かを実験的な方向へ向けるというのでもいいだろうし。
わしは実験的な事をやるの普通に面白いと思うな。
たかだか知れてるかも知れないけど、前に書いたやつのしておこう。

100 :しむっち:03/10/17 02:09
231 名前: 不夜塔 投稿日: 02/11/15 02:15


(文章Aの領域)
男Aが○ 男Aという文字を眺めている。
身長17 6cm、体重70kg。
私、文章A は、この男Aが私の文章から抜け出れるとは思わない。
男Aが私の 文章に唾を吐きかけた、おどかしてやろう。
この先には 地獄がある。
死死死死死 死死死死死
苦苦苦苦苦 苦苦苦苦苦
殺殺殺殺殺 殺殺殺殺殺

○が絵(人)
面白く動かすのが困難。
ページごとに○を移動させるという事はできる。

(文章Bの領域)
「男Aって俺のことかな」
「やっぱり俺の事みたいだ、俺の身長と体重が書かれてある」
「なめやがって」
男Aは地獄という文字に唾を吐きかけ足で蹴った。
「かたいなぁ」

映像にすれば、文章Bの領域の男Aが喋る部分を普通に喋ってもらうだけですむ。
上から映せば文章Aの領域の文字が読みやすい。
徐々にスクロールさせていく。


101 :しむっち:03/10/17 02:09
232 名前: 不夜塔 投稿日: 02/11/15 02:16

文章Aの領域
殺殺殺殺○ 殺殺殺殺
私が書い  ているのだよ。
お前は私  の文章から一生でられない。
そうだ、  だからお前は一生でられない。

文章Bの領域
「この文章は誰が書いてるんだ!」
「お前がひつこく文章を書くから道が出来て出られないんだろ!」

男Aは走りながら文書の迷宮を抜けようとするが、文章Aが文章の壁(迷宮)を前方に作るから抜けられない。
一定の間隔で文章Aの文章作成が止まる、男Aはその文章作成が止まる瞬間を見計らい全力で走り抜け出ようとするが
文章Aも自分の文章作成が止まる瞬間をわかっているので文章作成がとまる前にあらかじめ長い文章の壁(迷宮)を
つくっておく、男Aは文章Aと知的な攻防戦を繰り広げ文章の壁(迷宮)からぬけでようとする。
男Aは文章と会話しながら文章の迷宮から抜け出ようとする。
男Aは声で喋り、文章は文章で喋る。


102 :しむっち:03/10/17 02:10
514 名前: 不夜塔 投稿日: 02/12/01 23:58

メモ帳のように縦にめくれる小説を3つぐらいくっつける。

1つめの何ページ目かと2つめの何ページ目かと3つめの何ページ目かをあわせれば絵が完成するようにする。
絵を完成さして、その3つのページをたもったまま裏返せばそこに物語が書いてあったり。
パズルのような絵本。

いろいろ変化をつけたりする。
橋(絵)を完成さして裏に書かれた何かを獲得して進んでいく。

ゲームだとザッピングというのかな。
ザッピングもできるかな。


103 :名無し物書き@推敲中?:03/10/19 23:01
引き篭もりっぽい高校生が深夜、コーヒーを買いに行ったら、
何故か悪魔に襲われて下僕にされた挙句、一週間に一度人間を殺す事を強要される。
んで、嫌々ながらも殺すんだが、何故かたまたま殺す相手が非現実的なやつばっかり。
というラノベっぽい設定でありながらメインは哲学っぽい思想と言う小説。
なんか紹介するとあんま面白く無さそうだな。

104 :しむっち :03/10/20 00:54
>>103
わしの文体ぽくしてないか?
きのせいか?

連続投稿規制で前にのせれなかったやつ。
567 名前: 不夜塔 投稿日: 02/12/11 03:09

少年Cは探しの旅に出た。
あった。
あの次にいがあった。
何食わぬ顔でそこに居やがった。
あの次にい
あといで愛・・・。
あといをあわせた、あいという二つの文字の組合せが欲しかったのではない、少年Cが探しているのは、ばらばらに、一つ一つとして存在する、一文字達だ。
まだ終わりじゃない。
「どこだ」
時計を見た。        
23:22:41
23:22:42
23:22:43
23:22:4う4
23:22:45
23:22:46
23:22:47 「あ、あった」
23:22:48
23:22:49


105 :しむっち:03/10/20 00:54
568 名前: 不夜塔 投稿日: 02/12/11 03:10

「戻れ、戻れ!」
少年Cは一瞬に潜むチャンスを逃がした。
少年Cはメモした。
2003年8月10日23:22:4う4
少年Cは毎日23:22:44に近づくと、じっと時計の中を見張りうの捕獲を狙った。
しかしうは現れなかった。
時は過ぎ、少年Cは老人Cになった。
老人Cは病気になり、余命半年程だった。
「後少ししか時間がない」
2066年2月11日11:23:44 「開始だ」
老人Cは範囲を広げた、23:22:44の近くだけを狙うのはやめ、四六時中時計の中を見張りうの捕獲を狙った。
老人Cはずっと時計を見ている。
しかしうは現れなかった。
時は2066年8月10日23:22:28 大きなチャンスが近づく、後はもうない。
23:22:29
23:22:30
23:22:31
23:22:32

106 :しむっち:03/10/20 00:55
569 名前: 不夜塔 投稿日: 02/12/11 03:11

23:22:33
23:22:34
23:22:35
23:22:36 「まだだ」
23:22:37
23:22:38
23:22:39
23:22:40
23:22:41 「今だ!」 
23:22:42 老人Cは時計を投げた。くるくるくるくる。
23:22:43 くるくるくるくる。 
23:22:4う4 パリン。
ううううううううううううううう
ううううううううううううううう
ううううううううううううううう
ううううううううううううううう
ううううううううううううううう
時計が割れ中から数多くのうが勢い良く飛出した。

107 :しむっち:03/10/20 00:56
956 名前: 不夜塔 投稿日: 03/02/12 13:09

人が入った部屋を2つ置く。
部屋と部屋の距離は離れている。
部屋の中に居る人は自分で外に出る事ができない。
片方の部屋には食料がたくさんあり、もう片方の部屋にあなをあける道具などがある。
少し隙間があり、隙間からものを交換する。
ものを交換するために部屋と部屋の間に糸をはる。
口は塞がれているので口で会話する事ができない。
ペンや紙がない。
鉄でできた文字があり、それを糸の上にのし、相手の部屋に運び、会話する。

部屋と部屋のあいだにはられた糸の上を鉄の文字がころがる。
この映像いいかも。
鉄の文字だと、ころがしながら文章をつくれるから、食料やあなをあける道具を
転がすよりいいかも。

>ころがしながら文章をつくれるから



108 :名無し物書き@推敲中?:03/10/20 09:24
>>107
口を塞がれているなら食料があっても意味ないな。

109 :103:03/10/20 17:36
>>104
そもそもしむっちの文体を良く見て無かったから真似では無い。
気のせいさ。

110 :しむっち :03/10/20 22:29
推敲あんまりしないからな。

声が届かないぐらい部屋が離れていたら、糸をはるの難しいか。
はじめから糸がはられていたより、部屋にあった糸の先におもりをつけ
そのおもりを相手の部屋の方に向かってなげ、投げられた方がうけとる
というほうがいいからな。
鋼鉄のマスクを顔につけられていて喋れなく、口から食料をいれれないが
鼻から食料(水などに粉々にしたパンなどいれまぜるなど)をいれるという
のもなんか駄目だな。




111 :しむっち:03/10/20 22:31
>鼻から食料(水などに粉々にしたパンなどいれまぜるなど)をいれるという
>のもなんか駄目だな。
映画とるならこういうリアルだがよさそうだが。
ケンタッキーフライドチキンを買った女が早く食いたくて、駅の便所で
ケンタッキーフライドチキンを食うというの、リアルでいいなと最近思ったんだが。

112 :しむっち:03/10/20 22:33
後、前すれに「山田」というがある。

わしは推敲あんまりしないからつっこまれる部分がある事がおおい。

113 :しむっち:03/10/20 22:42
>>107
>>110
木や鉄などでできた文字を転がしたり、動かしたりし会話しなければいけない
状況というのは考えればいろいろつくり出せるだろうな。

ばいびー。



114 :名無し物書き@推敲中?:03/10/21 01:34
『HAKAマイリっ!』
メインヒロイン、葉華舞梨。決め台詞は「マイリ参っちゃう!」。
サブヒロインに幼馴染、勝気、天然、弱気、お嬢様、金髪、交換留学生、
姉(巫女という職業を誇りに思っている)、妹(ダサくて地味な職業である
巫女を嫌っているが姉に言われ仕方なく手伝っている)とあらゆるオタクの
ニーズに応え、主人公は神社の長男。
これも霊力を高める為にはしなくちゃいけないことなんだっ。パンッパンッ。

http://www2g.biglobe.ne.jp/~takahara/mairiindex.htm

115 :名無し物書き@推敲中?:03/10/23 22:40
http://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/product/detail/author?accd=31195847

116 :名無し物書き@推敲中?:03/10/24 00:33
題「魔輪禍INゼンバ」(まりんか いん ぜんば)

神奈川県伊勢原市
善波トンネル付近にある
奴隷調教所で、ヌードウエイトレスの募集志望で応募してきた女が
雌奴隷として調教されていく様を隠し撮りする
企画エロビデオ製作会社のカメラマンの話。エロ小説ですわ。
その地元付近にまつわる逸話なんかを混ぜて
不気味で妖しい感じになれば良いなと、メルマガで執筆中です。
http://www.mapa.jp/main/mag/mag_detail.php?MAG_NO=452&B_CD=00017&BK=2


117 :名無し物書き@推敲中?:03/10/24 01:13
善波トンネル…あそこって心霊スポットなんでつがw

118 :名無し物書き@推敲中?:03/10/24 01:47
>>117
そそ、「もう死なないでじゅんいち」近辺のお話です♪

119 :シムシム:03/10/26 02:45
age!
今日うどん食って、あげた。

120 :シムシム:03/10/26 03:26
何回か書いたんだが、発明の事やパテントビジネスの事が書かれた本、結構おすすめ。
アイデアを金に買えるビジネス、たしかパテントビジネスという。
本をあけると、切込みがいれられていて、絵が飛び出てくる仕掛けのある本
ありますよね。
そういうのを考えていくのもよいと思うな。

小説じゃないんだが、この板に書いたアイデア。
財布にコインケースをつける。
釣竿の先をふたつにして、糸を2本にし、つりやすくする、これは糸が
からまりそうなんだが。

121 :シムシム:03/10/26 03:51
物語の結末をどうするか、迷う事がおおいと思うけど、複数の結末を作ると
いうのもいいと思うな。
これも前に書いたんだが、買ってからでないと本を読めないようにして
おいて、複数の結末のどれの結末が書かれてるかわからないようにする。
レアな結末をつくったりして。
ネットオークションでとりひきされたりするんじゃないかな。

122 :シムシム:03/10/26 03:59
昔タモリがでてたイフというテレビ番組ありましたよね。
終盤でAかBどちらに進むか迷う登場人物がでてきて、Aに進んだ
パターンとBに進んだパターンというのにわけるというのでもいいと思うな。


123 :シムシム:03/10/26 04:16
いろんな色の文章を使って何かできそうなんだが。
どこかで使われてそう(雑誌とかなら普通に使われてるだろうな)
だけど、本格的に使ってる小説ってあるのかな。

そろそろおちよう。


124 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 12:55
どこにも応募してない次点で、こんなところでかいたら盗作されるかもとおもうと
投稿できません。このスレの趣旨はなんですか? 

あと、カメを題材に考えるのは難しすぎです。
あ、山椒魚みたいな亀のハナシとかどうですか?

125 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 13:02
小説家志望の男が、小説を投稿する。
(選考者)作家がその男の原稿を見るなり「これは使える!」と思い、密かに持ち帰り、
自分の家でその小説をアレンジして小説を書く。
その小説で、川端康成賞を受賞。
男はその小説をみて愕然とする。
オレがかいた小説そのままではないか――――と。
男は作家を殺すべく、男は小説を書くみたいにその作家の殺人計画を書き上げる。
作家を見事に殺す。
それを小説にして、新人賞に応募する。
見事大賞受賞。
でめたしでめたし。

―――――と、速攻で思いついたものを書き出しましたがいかがですか?

126 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 17:27
>125
いいね。おもしろそうだ。
ありがとう。
さっそく執筆して、川端康成賞に送る事にするよ。

127 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 18:44
126に死の宣告が為されますた。

128 :リョン・ヒョンホン:03/10/28 05:51
根本的なものだったらぱくられてもよかったりする。
独占せずに使用を許可した方が豊かになっていく事があるからな。


129 :リョン・ヒョンホン:03/10/28 06:12
   /⌒ヽ  
  / ´_ゝ`)「僕は怪物じゃないよ、お茶好き星人だよ!」
  |    /
  と__)__) 旦~
誰かが書きつらねた恨みの文章が集まってできた怪物が出現して
怪物の体を研究して何かにたどりつく、今思いついたんだけど。

130 :リョン・ヒョンホン:03/10/28 06:15
  /⌒ヽ  
  / ´_ゝ`)「飛行機!」 
  |    /
  と__)__) 
ーーー飛行機

131 :リョン・ヒョンホン:03/10/28 06:17
ちょっとずれた。
   /⌒ヽ  
   / ´_ゝ`)「飛行機!」 
   |    /
   と__)__) 
ーーー飛行機


132 :リョン・ヒョンホン:03/10/28 06:26
上に書いたような息抜きも大事だと思うな。
自分で言うのもなんだけど。


133 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 11:41
盗(・∀・)作

134 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 14:37
激しく私小説

イカ臭さ満載。

135 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 20:43
俺もオナニー小説。ってか読者に媚びへつらうような事はしたくない。
読んでもらって面白いとは言ってもらいたいけれども。
世間ではこれをわがままと言うらしいが。

136 :リョン・ヒョンホン:03/10/30 08:53
イカ小説書いて、読んでもらって、面白いと言ってもらいたいというのは
わがままでもなんでもないと思うけど、わしはいろんなパターンがほしいな。
わしはイカ小説を書く事をすすめたいぐらいだ。


137 :名無し物書き@推敲中?:03/11/01 22:10
色んなパターンって具体的にどういう事よ?

138 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 22:09
色んなパターンの他者の反応、他者の批評。
わしは場合によっては面白くないとも言ってほしかったりする。


139 :リョン・ヒョンホン:03/11/02 22:14
名前がぬけてる。

まあ小説ほとんど書いてないけど。
文章にするの難しいんだよな、よく書いてたらなれてくるかも知れないけど。

140 :名無し物書き@推敲中?:03/11/05 23:55
いいから、とっとと書けや。

141 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 04:56
殺死愛する小説

142 :名無し物書き@推敲中?:03/11/07 04:30
三国志なら人いっぱい死ぬぞ。
赤壁とか官渡とか。曹奐…いや、壮観。

143 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 01:13
日本人留学生ふみ子の好物は、マーブルチョコクリーム。
いつかお腹いっぱいマーブルチョコを舐めるのが夢。
そのふみ子にお熱を上げてるナイスガイ、ジョンとチャーリー。
二人はついにふみ子をめぐって勝負することになる。それぞれの背中に取り付けられた小型爆弾。相手の爆弾のボタンを押せば、起爆スイッチが入り、相手は爆死。残った方がふみ子とねんごろになれるというルールだ!
「私のためを思うならバカなことは止めて!」
「ふみ子、ほっておいてくれ。これは男と男の戦いなんだ」
ふみ子の止めるのも聞かず、ついに爆殺勝負が始まる!
黒人のジョンと白人のチャーリーの息をもつかせぬ追いかけっこ。時には追う立場に。そしてその直後に追われる立場に。手に汗握って見守るふみ子。
やがてジョンとチャーリーは、互いの背中を追いかけて、一本の木の周りをぐるぐる回り始めた。
ものすごい速度で追いかけあう二人。どんどん加速する!
あまりにも速く動き過ぎた二人は、ついにどろどろに溶けて混ざり合い、白と黒のクリームになったのだった。
「マーブルチョコだわ!」
歓喜の声を上げて、ふみ子はジョンとチャーリーで出来たマーブルチョコをバケツに集めて家に持ち帰りました。そしてお腹いっぱいになるまで舐め続けましたとさ。

おしまい。

144 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 12:24
それ、ちびくろサンボだろ!

145 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 12:27
おなかいっぱいになるまでマーブルチョコ……
ウェ……。

146 :まもなく1000です。祭最高潮:03/11/08 12:40
>>145
★アホと一言言われただけで数百レスの自作自演で連日煽りっぱなし★
43というコテハンが、過去スレで「能無し」みたいな事を一言言われただけで激怒
丸3日、自作自演で「バカはお前」「激同」と煽り続けてる。自演丸出しなので、通りすがりの人が呆れ様に書き込むと「43に煽られた奴キター」と、全部同一人物と妄想し更に煽る。
毎晩徹夜で自作自演。 通りすがりに一言43を煽ると、数時間後、恐ろしく(レス数も執念も)反論がついてます。
学校や仕事に出掛ける前に、一言煽って出掛けると、帰宅時に自分がどれだけ煽られてるか、スレを開いてみるのが楽しいかもしれません。
ミニゲームとして楽しむスレです。 現在新展開、なんと43は
「 稚 拙 」を「 せ っ し ゃ 」 と 読 む と 思 っ て た 事 が 発 覚。
伝説の目撃者達は43を神厨と崇め、2ch公式用語辞典に正式に「稚拙(せっしゃ)」を申請する方向で話が進んでいる。FLASHも製作中の神光臨の噂も。
ますます火に油をそそいでしまったマヌケな43から今後も目が離せない
スレはあっと言う間にPart3まで
ttp://life.2ch.net/test/read.cgi/hage/1068209161/2-3

147 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 13:15
ヒモの小説なんて書きつくされてる?
孤独だった青年が生まれて初めてできた恋人を
愛しているにも関わらず風俗で働かせる。
ってつまんないかな?

148 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 13:21
その手のあらすじだと完全にあんたの力量次第な気が

149 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 15:05
★アホと一言言われただけで数百レスの自作自演で連日煽りっぱなし★
43というコテハンが、過去スレで「能無し」みたいな事を一言言われただけで激怒
丸5日、自作自演で「バカはお前」「激同」と煽り続けてる。自演丸出しなので、通りすがりの人が呆れ様に書き込むと「43に煽られた奴キター」と、全部同一人物と妄想し更に煽る。
毎晩徹夜で自作自演。 通りすがりに一言43を煽ると、数時間後、恐ろしく(レス数も執念も)反論がついてます。
学校や仕事に出掛ける前に、一言煽って出掛けると、帰宅時に自分がどれだけ煽られてるか、スレを開いてみるのが楽しいかもしれません。
ミニゲームとして楽しむスレです。 現在新展開、なんと43は
「 稚 拙 」を「 せ っ し ゃ 」 と 読 む と 思 っ て た 事 が 発 覚。
伝説の目撃者達は43を神厨と崇め、2ch公式用語辞典に正式に「稚拙(せっしゃ)」を申請する方向で話が進んでいる。FLASHも製作中の神光臨の噂も。
ますます火に油をそそいでしまったマヌケな43から今後も目が離せない
スレはあっと言う間にPart4まで
http://life.2ch.net/test/read.cgi/hage/1068263598/20-23

150 :名無し物書き@推敲中?:03/11/08 17:52
>>60
ミサイル撃つんじゃなくて、巨大タンポンをぶち込む方がいいなあ。

151 :名無し物書き@推敲中?:03/11/09 18:34
すっごい単発での思いつきなんだけど、半獣人のチーム(騎士が主)が
自国の護り神を使える人間の姫様と共に掠われた女王(母)を取り返しに行くのって
ガイシュツまたは本になってたりしてますでしょうか?
想像が膨らんできたのはいいけど、これ系のファンタジー山ほどありそうだι。
ま、公表するつもり無いのでかぶっててもしかたないのですが…。ご存知の方いませんですか?

152 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 08:49
今時、既存の作品とまったく被らないストーリーを考えるって方が無理だ。
自分の考えたものを書く。それが物書きに出来る唯一の事だぞ。

153 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 11:38
タイトル未定

少年は毎夜うなされていた。悪夢である。
ところが、ある日を境にそれが止まる。不審に思った少年はある思いつきを実行した。
「ある日」の深夜――悪夢の止んだ日――頭周辺を何かが飛び回っていた気配があったのだ。
少年はぼんやりとした意識の中でそれを感知していた。
そして、また深夜。また気配がした。寝たふりしていた少年は意を決してそれを掴み取ろうとする。
それは、見たことも無い奇妙な、果たして生命体であるかさえ微妙な姿をしていた。
それは少年に語りかける。おれはバクだ、と。
バクは少年に教えた。おれはこの町の夢を食べている。最近食いがいのあるどでかい悪夢が増えた。このままでは人間は夢に食い尽くされてしまう、と。
少年は悪夢に囚われている人達を助けることにした。
この物語は少年とバクが様々な悪夢を解決してゆくファンタジーである。

まあ漫画みたいです。ここに書くくらいだからそんな気の入った話ではないのだけど、概要の書き方がよく分からんので試しに書いてみました。

154 :マジレスおぢさん ◆gdjEowoico :04/01/05 14:40
ごめんなさい。企業秘密です。

155 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:20
まじかよ。企業化にしてまで、創作しているのかよ。

156 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:16
どうも最近思うんだが
(このスレとは内容的には関係ないけれど 3次的な関係者が見るのだろう)
なんか 露骨に 搾取している奴、世の中にいる?

俺の周りにはいないかな?なんか一々否定してる奴はいる。
一々報告する奴も、どこかにはいるらしい。

報告しているその先に、妙な奴らが取り付いているとか。
なぜか文句が言えないのか。

ちょっとした言葉のニュアンスにその違いを見る。
それくらいで、誰か話しているのか?結構話しているのか?



157 :156:04/01/31 00:25
誤爆スマン

158 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 01:57
中だしで放たれた精子が、卵子にたどり着くまでの道程を戯画化して書こうと思う。

投稿するとしたらどこがいいだろう?

159 :吝嗇 ◆G.VR4wY7XY :04/02/01 10:50
ファンタジー「人知の神」
西暦と紀元前の境目の頃の中国の「ような」国に降りた女神と
人間の叡智に通じた少年のお話

人知を越えた能力と、剣技と用兵の能力を備えた戦闘と常勝の女神
ある国が、常勝の女神に率いられた軍に蹂躙され、王家の者が皆殺しになる
少年、書院の長、閑職に任せて書物で得た知識の実践だけを楽しみに暮らしてたが
父が王族の娘を娶った結果王位継承権の末席にあったため
王家の唯一の生き残りとして生き延び、女神に命を狙われる事になる

・「一万尺の悪魔」
5千M級の山々が連なる高地、2千の軍に対する一人、味方は近代登山術
・「父と母の星」
強引な書物強奪で武勇を轟かせた書物探索人の父、人間の叡智を教えてくれた母
「其が父は母と共に星となる、夜来たりば父と母の星を見よ」
遺されたのはカシオペアと北斗七星による測位と測距の技術
少年は「まるで太陽のない夜でも方位や距離が見えるかのような魔術」で窮地を脱する
・「題未定」
女神の陣に侵入した少年は、神の用兵をことごとく予測し先手を取る
心眼の予測の素は、ファーブルの如き地味な観察と臨床心理学
・「フクロナガサには改良が必要な点は何一つ無い」(鍛冶氏遠藤ケイ氏の言)
少年は重く走れない長剣を持たず、マタギの狩猟刀「フクロナガサ」を持つ
後のサバイバルナイフの手本となった強靭な構造、棒があれば大物狩りの槍になる
当時の猛者の自慢の刀剣に対する槍の優位性は言うまでも無い
・「
追い、追われ互いに傷ついた二人が、逃れた村で鉢合わせ、
自らの安全のため、盗賊に蹂躙される村を救うために女神と少年が連携する

160 :吝嗇 ◆G.VR4wY7XY :04/02/01 10:51
後半

・「鷹」(*設定では女神は鷹の翼に乗って空を飛びます)
ぼくはかんがえることができるんだ、そらもみんなよりたかくとおくとべるんだ
でもおかあさんはだめだっていうんだ、みんなはことばをはなさない
むしをとるときかんがえない、みんなよりとんじゃだめだっていうんだ
あのふしぎなひとがあらわれた、たかくとおくへとばないか、おおきなえものをとらないか
さよならさよならみんな、ぼくはかんがえないととれないようなおおきいえものをとりにいく
ありがとう、おとうさん、おかあさん、ぼくはとおくへとんでいく、ずっととおくへとんでいく
・「弾道」
天然の砦で膠着状態、投石戦となった時、少年の投げた石はことごとく当たる
彼が知ってたのは放物線と2次方程式
・「我、我、詐欺」
ガメツく蓄財を重ねた国、女神の軍に肩入れをしようとしたその国から
財宝を根こそぎ奪う計画を立て、少年は王の子息を装った書簡を出す

結末は、神の力に人が勝つとこまで考えてるけど
その後、この二人をくっつけて、いかなる武力を持ってしても殺せなかった
少年が病いに倒れ、自らの意志で「人知の妖精」に転生するって話で続けるか
いかなる神の能力を持ってしても彼の命には触れられなかったって事で
スパっと終わらせるか

続けりゃ毎回のお話が、科学技術の豆知識っぽくなって面白そうなんだけど
女神とくっつけちゃうと話が甘ったるくなりすぎる気がする

161 :ラピュタ:04/02/01 16:59
魂がとんでもないはやさで人間から人間へ移動しているというアイデアがあったな。
地球に1億人(1億じゃなくてもいいんだけど)人間が居て、人間たちは1億個の魂が存在
していると思っていたが、実は魂は一個しか存在していなかった。
人間Aが人間Bを殴るんだけど、実は自分を殴っていたという事なんだけど。

162 :ラビュタ:04/02/01 17:13
人口を増やせば増やすほど理論はおかしくなっていくか。
最短距離で人間から人間へ魂が移動したとして、人口が多すぎると可能だと
言われてるはやさの限界をこえてしまうかも知れない。
100人とかでも、距離がはなれれば不可能かも。
人口が増えるにつれて、魂も増えていくという設定でもいいけど。
魂Aのグループ、魂Bのグループ、魂Cのグループとわかれていたり。
自分と同じ魂の人間を探していくというのもいいかも。

163 :ラビュタ:04/02/01 17:19
神話書くなら、上に書いたような理屈があった方が面白くなるかも。


164 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 21:38
エリは18歳で肌は片栗粉のように白い。
わがままで愚か者でけちでひがみっぽい女だ。
本人が言うのだから間違いない。
身長は1705mm体重は48000gすまし顔のふたかわ目。
早く言ったら美人だ。
ストーンズが好きらしい。レットイットルーズとか言いながら
きっちり稼いでる嘘つき具合がいいんだと。
エリはヤタラと顔を近づけて話してくる。息は梅ガムのにおいだ。


165 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :04/02/01 23:48
>>162
それ面白いですね。ヴォネガットの小説で似たかんじのがあったな。
魂のグループがある、みたいなのが。猫のゆりかごのボコノン教だったかな。

166 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:58
エリに言わせると俺はくだらない男らしい。
俺はエリのこと好きだけど、エリはやだという。
友達は沢山いる。エリには。
男女を問わずだ。
つけこむ隙が無い。

167 :名無し物書き@推敲中?:04/02/02 00:04
そんなエリがある日突然、旅に出た。
「ムツなんとかの王国にあらかじめ裏切られた革命を」
それが彼女の別れの言葉だった。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 08:02
>>161
>>162
作品の中にでてくる魂はどういうものであるのか。
機械を動かす時に必要な電池みたいなものなのか。
データを記録するメモリーカードのようなものなのか。
精神のようなものなのか。
魂を精神の要素、記録の要素、動力源の要素をもちあわせたものとして。
全然詳しくないんだけど、物質の重さが重いほど動く時、はやくなりにくいのかな。
ゆらいでる光のようなものとしたら、かなりはやくなるのかな。
この世で一番はやくなれるものってなんなんだろうな、光とかかな。
魂とかの説明をはっきりしないでも、いけるとは思うけど。
適当すぎたり、しったかすぎるのもどうだろうな。

169 :ラビュタ:04/02/05 08:03
名前ぬけてる。
うぐぅ

170 :ラビュタ:04/02/05 08:13
魂は一つなんだが、体の種類はいっぱいあって、魂と体の組み合わせに
よって自分(ある体と魂の組み合わせによってできるもの)の事がよくわか
り他人の事はよくわからないという事がおきるとか。
体は違っても魂は一緒だから、大きく共通しているというか。
あんまり細かく説明しようとせず、さらっとしあげる方がいいかもしれないな。
恐怖小説にでてくる幽霊とかも説明しようとしだしたら、中々すすまんし
説明自体無理か。

171 :高2:04/02/05 18:41
一度も会ったことの無い、職業も年代も違う6人が、ある日同じ夢を見る。
「7人で劇団を作り、舞台に立っている」という夢。
その翌日、7人は同じ電車に乗って、その中の一人、
元・某劇団トップ女優のエリがきっかけになって、劇団を作る。
(多分、その劇団の名前が小説のタイトルになると思う。)
最初は皆バラバラだが、互いの境遇などを察し、
まとまりのある物になっていく。しかし、初公演は上手くいかず、
公演後エリの怒りが爆発して、啖呵を切る。
我に返ると皆引いている。エリは涙ぐみ、走り去る。
実はエリはその高飛車な態度ゆえ、元いた劇団で孤立し、
劇団を追われていたのだ。
劇を練習していた公園の野外ステージ、雨に濡れるエリ。
そこにやってきたメンバーはエリを説得する。
そしてエリは心を開き、また一緒にやっていこうと言う。
そして数年後、舞台に同じ6人。
あの日見た夢の中に、彼らは立っているのだ。

こんな感じのあらすじを考えているんですが。
けど舞台脚本いっつも書いてるから小説はちょっと無理ぽ。
映画用脚本にして自主制作するか…。

172 :東助教授の総回診です:04/02/05 22:05
>171
舞台を演劇ではなく、ポルノ撮影現場にしたほうがいいな。
>元・某劇団トップ女優のエリ
ではなく、
元・某劇団ストップ女優のエリ
の方がいいと思うぞ。最後は六人が入り乱れて……。

173 :東助教授の総回診です:04/02/05 22:08
あぁ、ストップ女優じゃなくて、
ストリップ女優だ。

>しかし、初公演は上手くいかず、
これはもちろん、男優が勃たなかったという理由からだ。

174 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :04/02/05 23:28
>>168
そもそも魂が空間中を移動しなくてもいいんじゃ? 魂なんだし。

175 :ラビュタ:04/02/07 23:16
>>174
もんちゃん、魂って魂だよ。

魂を野球のボールのかわりにして魂野球をするのというのはどうだ。
魂どまんなか、すとらいくぅ〜。
ぶひぃ。

176 :ラビュタ :04/02/07 23:26
>>174
他に代用がきく設定があればそっちを使ってもいいし、複数の作品つくってもいいし。

クロマティ高校とかしぶい漫画読んでるんだな。
わしはボーボボのような漫画が得意だ。

ねむくなってきたのでおちるんです。
バイビーベイベーシャンハイハニー。
風が呼んでるぜ寒いぜ。

177 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 02:19
ここは、糞スレですね

178 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 16:36
>>161-162
小さい頃生まれ変わりは時代の逆行あると思いこんでた俺みたいだな。
時代も逆行するから魂は一つで、みんな同じ人の過去と未来なんだと思ってたよ。
子供って面白いこと考えるよな。
今の俺にはそんな発想思い付きもしないのに。

179 :ラビュタ:04/02/09 13:50
わしが考えこんでいた問題に対する、非現実的な答えなんだよな。
わしの場合、先に問題があったから、この非現実的な答えがでてきたのは結構普通かな。
魂というものがどんなものであるのか設定した方が面白くなるかもしれないな。
魂の中心部とその中心部をおおってる部分があって、中心部には一つの独立した精神、意識が
あっていろいろ考えたりしてて、その中心部をおおってる部分が人間と一体化した時に人間を
動かすときのエネルギーになっていて、人間の精神、意識は基本的に魂の中心部にある精神、意識
を見る事はできないが魂の中心部にある精神、意識は人間の精神、意識をよくわかっていて。
人間がなんらかしらの方法をとって魂の中心部にある精神、意識の声をききとったりするとか面白いかも。

180 :ラビュタ :04/02/09 13:55
他人を殴ったりした時に実は自分を殴っていたという事にするにはどのよう
な設定がいいか考えていて、これを思いついたというか。
他にもあるけど。
肉体は死んでも魂は生きてるから、肉体が死んだ後の魂の活動領域を天国や地獄ともいえるかも知れないな。


181 :ラビュタ:04/02/09 14:08
>肉体は死んでも魂は生きてるから、肉体が死んだ後の魂の活動領域を天国や地獄ともいえるかも知れないな。
そうでもないかな。
人間側の精神、意識、肉体が死ぬ時、魂の中心部とそれをおおってる部分の間に人間の精神と意識だけが
移動して魂と一緒に人間から人間へ移動していくという事にすれば、天国や地獄と言えるかも。
まあ非現実的だけど。



182 :ラビュタ:04/02/09 14:17
魂とか天国とか地獄とか書いてて思い出したけど。
昔かなしばりにあった時、黒い幽霊のようなものがみえたんだけどあれは夢だったの
だろうか。

183 :ラビュタ :04/02/10 05:18
まあ全然答えになってないけど。


184 :しったか野郎:04/02/10 05:21
しったか野郎でいこう。

「空に夢があるかぎり、地にも愛がある」


185 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:19
不思議の国のアリスを自分らしくアレンジしなければならないのですが…
アリスを不思議の国ではなく大阪に飛ばそうと思ってます
でもその先を全く考えてないんです
あぁ…今日〆きりなのに全くいい案が浮かばない

186 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 11:17
>>185
その設定なら、いくらでも考えが浮かぶ罠。使えるかどうかは別問題だが。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 08:00
物凄いベタで済まんが

・主人公は三人、共通点は無し
・よくある魔王を設定、主人公はそれを倒す破目になる
例えばベタに呪い、ヒロイン奪われた、本人にしか持てない剣持った、
なんか誘惑される指輪を火山の…こりゃ違うな。
・彼らは、時系列的には並列して存在していない。
つまり、主人公Aは、主人公Bより前に生まれて死ぬ。
・一人目の主人公は占い師に「お前絶対死ぬわ」
「お前の記憶は断片的に誰かに行くんと違うかな」といわれる。
・主人公は真っ向から魔王に挑んでマジで死ぬ。
・二人目も同様。ただし、一人目が魔王につけた古傷を
もう一度傷つけるとか、正攻法以外とかで良い線まで行く。
・三人目は搦め手乱打で魔王をヌっ頃ス。
・一人目、二人目と死んでいく毎にその世界は暗いムードに。
某王国が陥落とか、虐殺とか、そんなの。

ベタベタすぎてはずかすぃ(;゚Д゚)y─┛~~

188 :187:04/02/12 08:09
ΣΣ(゚д゚lll)<ロマサガ2かYO!

189 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 14:31
>>188
なるほど、ロマサガ2だな…

190 :187:04/02/14 01:48
じゃあニ発目

・主人公とサブは捕虜となった兵士、計4人
・舞台設定はふるーい時代のローマとか
架空のそれっぽいところ
・まず4人は二人に分けて別々に牢屋へ放置
・ンヵ月後、全員をまとめて一箇所に。
例えば街の中央に据えられた鉄格子に突っ込まれて見世物とか。
・敵兵士が
「おまいらンなかで誰か一人死んだらその次の日に出してやる、
死亡理由は問わず」
・なんやかや殴り合い罵りあいがある
・一人が死んだフリして、他三人が牢屋から出された瞬間
敵兵士ブン殴って武器奪ったりで脱出

(´ヘ`;)<逆バトルロワイヤル?

191 :187:04/02/14 01:49
三発目と思ったら、「うわドラゴンヘッド!」の為中止。

192 :概要@某スレにて展開中:04/02/29 02:37
虫人間誕生@兄
巻きでバックストーリー展開
得ろシーン
放出1発目
<――ここまで書いた―――>
静華先輩登場
真理Aベクターの脆弱性
孤独相と群生相
発汗性フェロモン
歯科医な父親「ハハハハハハッ! ○○がまるで蟲のようだ!!」

研究室の会話
白薔薇のお姉さまとの百合話
カニ鍋
命に関わる放出制限@処女縛り
観音ちゃんの挑戦状(勝てばロザリオ、負ければごにょごにょ)
バッタ人間vs蜘蛛人間←後輩?
暴力二男
(ねずみ男@浮浪者&千葉遊園地男@著作権団体)
研究室の会話@秘密組織設立?

逞しくなった兄
健気な妹@バッタのおんぶはメスが背負うんだよ
初めての結びつき

どこまでかけるのかわからないけど、今のうちに概要書き。

193 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 08:26
まさに自分の為だけのあらすじかw
でも実際思い付いて即書くときってこんな感じだ

194 :192:04/02/29 12:10
放置スレだと思ってたのに、人いたのね(汗

書き貯め無しで、30行仕上がるたびに、載せていってるから、
オチを先読みして指摘されると、辛いっていうのがあって、
実はちゃんと構成ができてたんだぞーと言えるように、ここで載せてみた。
概要っていうより、あらすじになってたのね。スマソ

<ここまで書いた>の部分までで既に原稿用紙30枚。
スレのみんな、ネタのくせに、実はこんなに長編構想になってるが、
できれば今のままレスをほとんど付けることなく、盛り上がりすぎないでー。
だれちゃうと困るから、スルーっぽくお願い。
ちゃんと、最後まで書いてみたいからさ……。

そんなジレンマを今のうちに放出。

195 :ゼロ:04/03/13 22:17
初めまして ゼロと言います
私のは、主人公は下級市民ですがある事で騎士になります
しかも 最強といわれた騎士の末裔です・・・・その名は
まだまだあるけど皆様の感想が・・・・ここまでの感想お願いします 
続く

196 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 22:32
>195
これだけじゃさっぱり分からん。もう少し続き書いてくれ。

197 :ゼロ:04/03/13 22:51
はい
黒騎士の末裔です
たが先祖は黒騎士としての能力が薄れてきているが
主人公はその能力が備わっている
騎士になる理由は・・・・・・・
すいません・・・おちょくっているのではなく・・
感想が・・・・・
続く

198 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 22:26
まあ、ありがちだな。書くのは本人の勝手だけど。

199 :ゼロ:04/03/15 20:59
ははぁ
騎士になった理由は最愛の妹が敵国につかまったので志願した 義理のだけど
主人公 「私は、妹をとりかえすため・・・・そして、戦争で両親を無くした子供達の
ため・・・・こんな戦争を終わらせたい」
主人公は優しいが故 時々死にそうになる
次回 黒騎士の能力説明
妹の名前 考えてください
続く



200 :ダークネスナイト:04/03/15 21:04
アーマード・コアの小説・・・・いいと思うが・・・・・


201 :ゼロ:04/03/15 21:05
アーマード・コアの小説・・・・書いてみないか?・・・・・


202 :ゼロ:04/03/17 18:10
げげっ
ダークネスナイト!!
貴様・・・・生きていたのか・・・・・


203 :ダークネスナイト:04/03/17 20:24
ふっふっふっ あたりまえだ
ここのルールにしたがって小説でバトルだ

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)