2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[くねくね]芥川賞[にょろにょろ]

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 00:46
新スレッドです。
受賞したくねくね(綿)とにょろにょろ(金)について
語りましょう。

2 : :04/01/24 00:50
【1:1】[くねくね]芥川賞[にょろにょろ]
1 名前:名無し物書き@推敲中? 04/01/24 00:46
新スレッドです。
受賞したくねくね(綿)とにょろにょろ(金)について
語りましょう。


3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 00:50
山田りさとは関係ない話だけどさ、ちょっと聞いてくれよ。

女って自分を否定できないからね。
中古女になってしまった女の言い訳ってほとんどが、
「人間としての魅力」とか抜かすんだよね。これがまた痛すぎる。
ブ男に散々尻穴を振りまくってブ男のチンポしゃぶって喜ばせて精子まで
飲んできた中古女のどこに「人間としての魅力」などがあるのか、と。
むしろ人間とすら見れない。チンポ咥えて精子なんか飲む生き物なんて。
生きていて恥ずかしくないの?将来の旦那様以外の男のチンポ咥えてきた人生を
幸せだと思ってるの?アホというかバカ女まるだしだよね。
こんなのと結婚したら不幸になるだけ。付き合って捨てるのが普通だろ。

つーか中古女でも妥協して結婚してしまう負け組のおまいらは、
せいぜい2ちゃんで中古女を擁護してろ( ´,_ゝ`)。
どーせ「童貞の考え方だな」としか反論できないくせに(w。
それとも中古女にしか相手にしてもらえない肝DQNか。

4 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 00:50
でもさ、もしおまいらの将来の結婚相手が
過去に、それも女子高生ぐらいの頃に男とヤリまくってたらどーする?。
それに中絶の過去まであったらもう超最低。
おまい以外の複数の男に「世界で一番大好っき!えへへ」とか抜かしてたんだぜ?。
精子飲んだり、万個を舐められまくり。ブ男のチンポがバンバン入ってた万個を
おまいは舐めるんだよ。チンポ入れるんだよ。
されで女の頭の中では「初めての時のHより感激しない気持ちよくない」とか思ってる。
汚れてる。人として終わってるよな。
それでも、おまいらは中古女と結婚できますか?。

5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 00:52
中古とか新品って、、、
女っていうのは人間じゃなくてモノなんだね。

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 00:54
簡単に体を許すから「モノ」扱いされるんだろうな。
女のすべてがそうというわけでは無かろうが。

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:02
>>5
お前は女か? おれは女だ。
こんなアホスレ相手にすんな。
>>6 めちゃキモイ。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:04
話を芥川賞に戻そう

9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:04
でも、中古男のチンポつっこまれる女の身にもなってやれよ……
他の女のマムコに突っ込んだり他の女に舐められたチンコを突っ込まれるんだぜ……
どっちもどっちじゃねーの?

10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:04
抱かれないと生きていけない女にキモイとか言われたくないな。
寂しいだろうけどガンガレ。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:06
>>9
処女信者は掃いて捨てるほどいるが、童貞信者って少なくね?
その辺りが女の性欲の深さを物語っているのかも。

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:10
今回の受賞に相応しい幕開けですね。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:10
文学の話をしろ!!



14 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:11
>>13
はげどう

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:12
他のスレでみかけたけど、
りさたんのコラム、あれはどうなの?
漏れは、相当ヤヴァいと思ったんだが。
引き出しの多い子かな? と思っていたのに、ちょっと軽いめまい。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:12
>>11
童貞は完全に自己申告だからな。
処女はわかるじゃん、ヌッコメば。
そこらへんに違いって出てきてるんじゃね?

つか、もともと日本の風習の中にそういう価値観があるんだけどな
男が多くの女を抱くのは甲斐性で
女が多くの男に抱かれるのは淫蕩だって。

つか、塵川賞の話しようやw

17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:13
>>15 これでつか

「図書館教育ニュース」2002年7月18日
17歳で作家デビュー 新鮮!綿矢りささん
コラム「忙しい合間に見つける読書の世界が新鮮!」

 しかしその他の場所では、その場所を縄張りにしている友人がいないと遊べない。
 慣れない場所に一人で行って、緊張しながら遊ぶのは、暇以上の苦痛だからだ。
 情けない。ま、あんたを相手にするのは、私だけでしょ。という感じで、本はいつ
 も通り、私をじっと待っている。・・・忙しすぎる生活のなかで、不意に訪れたオ
 アシスのような暇、一瞬の休息でなければならないのである。たくさんの遊びのな
 かから、あえて本を選ぶという、このスタンスの重要さ。私は・・・

文章の書き方やボキャブラリーだとか
あまり期待しちゃいけないかも。
小説、読書感想文、コラム、
どれも似たり寄ったりの内容。。。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:15
>>16
それはわかるんだが、「童貞じゃなくちゃ嫌。気持ち悪い!」っていう
腐女子が少ないのはなぜかのぉ、と。

うまいとかリードしてくれるとかいうことより、性病とか怖くないのだろか。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:15
>>17

それだ。
このコラムの趣旨って、まさに蹴りたい背中なんだが、
このコラムが蹴りたい〜の草稿って考えてよろしいか?

20 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:17
>>19
これは一応、インストール受賞後の取材で応えたってことになっとりますな。

「蹴りたい」はいろんな原稿をつなぎ合わせて作ったんじゃないか、という
推測が初代スレでも出てたけど、そういうことかもしれん。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:18
>>18
道程だとリードしてもらえないという不安があるとか。
まぁこの話はこの辺で終わりにしようや。

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:19
若いうちは、あんまり使いまわししないほうがいいとは思うんだが。
いずれ、枯渇したときに、使いまわせばよい。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:20
>>22
枯渇済

24 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:24
「作家の将来性に与えるものではない」か・・・

かといって、一瞬の輝きに与えるものでも無かろうに。
せめて数作は世に出しておくれよ>くね&にょろ

25 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:25
そうだ、
青春輝き賞!
に改名してはどうだろう?

26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:27
>せめて数作は世に出しておくれよ>くね&にょろ

しかし、今回はどう考えても
賞を与えた大人のほうが悪い。
はじめてのおつかい
じゃないんだから、子供にあまり冒険を期待するな

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:35
これも

 子供の考えを理解できなくなった大人達

っていう現象の一つなのだろうか。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:36
でも

子供たちは大人の考えを理解している

ってことに早く大人が気付かないと利用されるばっかだぜ

29 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:38
真面目に考えれば考えるほどスタア誕生の主催者側の問題である
事がはっきりしてくるな。
 彼女達にはむしろ頑張ってもらいたいものだ。
(何しろ芥川新人といえばすぐ消えてしまう代名詞。)
 っていうこのスタンス、受賞当日から随分変化してきたものだ。

30 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:39
綿矢祭りも沈静化してきたな。
受賞者がカワイイってだけでアクセス過多だったこの板も
常連だけに戻りつつある模様。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:41
大人世界を子供たちはちゃんと知っていて、「賢く」生きていこうとしてる。
したたかなんだろうね。

そんな子供たちが日本の未来を背負ってくれるんだ。
日本の未来は明るいなぁ〜♪




_| ̄|○ とは思えないよね。。。隙間産業が流行ってるのと同じだもんな。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 01:54
>>31
子供たちは大人世界が読めるからこそ『賢く』生きていける

問題は大人世界に入ったときに『賢く』生きていけるか、だ
他人の世界を生きるわけでなく、自分が世界を作る側になったときに
いかに生きるかが人間の大きさじゃないかと思う、今日この頃

ワタヤとかキンパラはまっとうな大人になれるのか、否か

33 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:06
りさたんの受賞後の言葉がなかなか出てこないんで、
「もしかして、大人たちがてんやわんやで校正してんのか?」
って冗談で思ってたんだ。
あくまで、冗談で、


でも、冗談ではないような気がしてきますた。
なんか、大変なことになりそう
_| ̄|○

34 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:07
「文学アイドル発生学」
(少女革命ウテナ調で)

35 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:10
>ワタヤとかキンパラはまっとうな大人になれるのか、否か

キンパラたんは、内容はどうあれ、ちゃんと寄稿の仕事を次々とこなしていた。
根は真面目な人だと思うんで、ちゃんとした大人になれると思う。

36 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:18
>>1
久々にスレタイでワロタww

37 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:20
>>36
 前スレで今回の芥川賞とは?についてくねくね、にょろにょろ
との結論?が出たからね。

38 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:28
ゼーレの老人:「操りやすいものだ、大衆というものは。我々が餌を
ぶら下げただけで、こうして勝手に盛り上げてくれる。我々は最初の
一撃を与えるだけで、後は大衆が代わりに仕事をしてくれるのだからな」

「その為の2ちゃんねるだよ」

「左様」

39 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 02:42
くねくね「私があの作品を? 覚えてないの……きっと私は「三人目」だから)」
ファーストチルドレンの衝撃的告白。
(ってにょろにょろがセカンドチルドレン?)

40 :筒井西京:04/01/24 03:35
>>33
寝る前に少しだけ。
校正できる文と、出来ない文がある。
さて、彼女達はどっちでしょう?




41 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 03:57

山田梨沙が本名と言うことは
「直木賞のすべて」で推薦してるのは本人?
芥川賞より直木賞を取りたかったんだろうね。

最年少で芥川賞を受賞するのでは、と呼び声が高い綿矢りさ氏ですが、
実は直木賞にノミネートされるのではないでしょうか。
三島賞、野間文芸新人賞と純文学系の賞で落選続きだけに、文芸春秋の配慮が
期待されます。
エンターテインメントにおいてこそ、彼女の実力が評価されるべきです。
出身の文藝賞も多くの直木賞作家を輩出しています。
井上ひさし辺りが推しそうな気がします。
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/senkoh/index.htm

42 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 04:01
>>41
痛いな

43 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 04:06
>>42
どこが?

44 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 04:09
>>43
ワタヤが

45 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 04:18
ありえねえよ
本人なら尊敬するなw

46 :文学?無駄無駄 早稲田のコネのある奴以外は絶対に不可能だぜ ゲラ:04/01/24 09:17
タレントのタモリ(54)=本名・森田一義さん=が今月6日、東京・目黒区八雲の都道で車
を運転中に人身事故を起こしていたことが13日、分かった。碑文谷署によると、現場は信
号機がない交差点。同日午前10時50分ごろ、タモリ運転の乗用車が左折した際、2人乗
りのオートバイに接触。バイクに乗っていた男女が転倒し、自営業の男性(24)が足に
軽いけがをした。同署ではタモリに過失があった可能性もあるとして、近く事情を聴いた
上で書類送検する方針。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2000/05/14/04.html


47 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 12:51
>>45

いや、もう、なんか。
りさちんならやりかねないと、ここ数日で思えるようになりますた。
つか、三島も野間も落選してて、芥川賞っていうことは。
芥川賞はいつのまにか落選者の救済的な役割に回ってしまったんですね。
以前は、反対だった気もするんですが。

48 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:55
>>47
たしかにそうだ。
なんで三島、野間落ちた奴が芥川??

三島、野間取った奴はどこいったの?



49 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:01
>>48

>三島、野間取った奴はどこいったの?

候補にすら挙がってない人もいるのでは?
つか、候補対象となる、その期間内に該当雑誌に掲載すらさせてもらってないとか。
各出版社とも、自分らが一押しの新人をその期間にあわせて作品書かせてているようですから。
一押しされていない新人作家は、きっと掲載も難しいと思われ。

50 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:33
小野正嗣、星野智幸、島本理生の三人が他の賞では綿矢を破って受賞しています。


51 :吾輩は名無しである:04/01/24 14:42
>>50
なぜ一番目立つ芥川だけ綿矢だったんだ?



52 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:21
芸スポ板いってみ。



今月発売のフライデーでジャニオタでギャルで、不良好きだったことが
発覚。


53 :吾輩は名無しである:04/01/24 15:24
あんた情報ふるいね。しかも「今月」って・・・


54 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:30
今月はまあ間違いじゃない。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:17
正確には「ちょっと不良っぽいジャニーズ系のカッコイイ子が好きだった」だな。

56 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 17:33
綿矢が三島賞取ったら俺は暴れるよ。

57 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:04
「図書館教育ニュース」2002年7月18日
17歳で作家デビュー 新鮮!綿矢りささん
コラム「忙しい合間に見つける読書の世界が新鮮!」

  本と二人きりにされると、泣きたくなるときがある。暇すぎるときだ。遊
 ぶ予定や、やらなければいけないことが、一つも無い日。そんな日に図書館
 で借りた本だけが、部屋のすみで私を待っているのを見ると、泣きたくなる。
 私の友達は、これか。外はハイキングであろうが、ショッピングであろうが、
 どんな遊びでもどんと来い! という感じで晴れているというのに、私は
 背中まるめて読書なのか!?
  まあ、そんなことを思うなら本を放り出して・・・



58 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:17
芥川を取ったから、これまで持ってた世界観が変わるんだろうな。
そんな殊勝な悩みなど無くなる。どんな風に作品に現れるか楽しみでもあるけど。

59 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 18:30
> 文芸春秋の配慮が期待されます。
配慮があっての受賞なの?
年齢等、実力以外の要素が重要ってわけね。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 23:43
今回の芥川賞はヤラセだったかもと新聞に載ってたね
って言ってた人を電車でみたんだけど、
そんなこと書いてある新聞ってみましたか。

そんな話をしているのは2ちゃんだけだと思ってたので、
いつのまにか世間に風評が広まっているみたいなのに驚きました。

61 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 00:05
>>60

うちのおかんとか近所のおばさんとか
「同じヤラセやるんでも、もっと上手くやればいいのにねー、みえみえよ」
と噂しています。
もちろん、受賞作なんて読む気はさらさらない、おばちゃんたちです。
当局はイメージアップしたつもりでしょうが、どうも逆効果のようです。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 00:11
次回作が楽しみだな

63 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 01:09
自分は暗いロボットアニメで人格形成した人間ですが、2ちゃんねるで人格形成した世代が
既に表に出てきているわけですよね……。ガンダム世代とモナー世代じゃ人格違いますよねきっと。
ネットなど社会からの情報によるトラウマを解消しつつ、その過程で創作物を生み出すこと
が期待されます。

2ちゃんねるガイド本2004年版に、祭り好きの人のためになりそうな記事がありました。
「漏れモナー」精神を忘れるなと。プロレスとしての2ちゃんねるとは何か。

ところで上戸彩が「インストール」主演、非常に分かりやすいけれど、女を値踏みする男の
視線を感じてしまうのは、ちょっと敏感すぎるでしょうか。本人はたぶん本当に出演を
喜んでいるのだろうと、記事からそう読み取りはしましたが。

10代に2ちゃんねるがどう見えているのだろうか。
エロサイトのバナーがあるようなところである、ネオ麦茶をいじめまくって
追いつめたような場所である、管理人のお仕事は裁判に通うことってところや、
2ちゃんねるの価値を認めた大人の社会について知ってなおかつ生きるには。
それとも何の葛藤もなく受け入れているのだろうか?まさかなぁ〜。

親殺し少年事件に関連して思うのだけれど、何を言われても腹立つ時ってあるでしょう。
親からの何気ない一言さえ殺意に変わるくらいの思春期。

読み返すとバラバラな話題で、とうてい10代向けとは思えない。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 03:30
にょろ(金)の方は、にょろパパのプロデュースで成功したんだな
ということが、受賞後の寄稿文とかを見たり、
ふたり揃って仕事を受けたりしてることから、明白にわかるな。
それに、集英社の戦略もしっかりしてたということが、
対談の予定やコラムの寄稿先などを見れば、一目瞭然。
それに引きかえ、くね(綿)の方は、スポーツ新聞やゴシップ誌ばかりに取り上げられている。
出版社選びの重要さを、わかりやすく教えてくれるな。

65 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 03:48
くねくねの賞味期限は短そうだな。
見た目は宇宙人だとしても、カネゴンは、
にょろにょろ谷で、にょろパパやにょろママ、
にょろカレに、にょろフキン・・・
たくさんのにょろにょろたちと、しあわせに暮らすのだろう。
くねくねは、もっと無茶な売り出し方をされながら、
声優をしたり、CDを出したりしそうだけど、
結局は、いつのまにか消えていくのだろうな。

66 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 04:17
そういえばワイドショーか何かで、どういうわけだか太宰治の墓参りに行かされてた。
(デーブスペクターとかテリー伊藤なんかが出てるヤツ)
しかも共演の友だち(?)からは、リッチーとか呼ばれながら、編集ですらごまかしきれない寒い会話をしてた。
色々な意味で恐かった。

67 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 04:40
 >>66
 どんな会話をしていたのか興味アリ!
 うろ覚えでも良いから教えてください。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 06:19
>>67
たしか民放のワイドショーか何かで、尺は5分ぐらいだった。
なんか全体的に、ものすごくぼかしがかったプロモ風な映像だった。
うろ覚えで思い出してみると、
コテコテの漫才みたいな関西風の喋りで、友だちが話題を振るものの、綿矢がくねくねと笑顔でかわすから、すぐに沈黙ができる。
(うちらって、ほら、別にそんなに仲良くなかったじゃん?的なスルー)
仕方がないので、スタッフの声もトークに混じる。
それで友だちが、学校とかでの綿矢について無邪気に語り始める。
しかしリッチーと呼ばれるたびに、綿矢の顔がヤンキーになっていた。
VTRが終わると、そのままCMに入ったために、コメンテーターの感想はなし。
もうひとりの受賞者についても、ノータッチ。
以上、がんばってみた!

69 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 06:44
恐いよくねくね恐ろしいよ

70 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 07:08
不発弾は処理しておいたほうがいいぞ、リッチー。

71 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 08:15
若くて感受性が強い時期にいい物書けるってほうがあたり前。
老いてゆけば知識は増えても感動性はなくなるから、
これからが勝負なんじゃないの?

72 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 09:06
夕べの読売新聞に掲載されていた、ふたりのイラストもかなり恐いぞ。
くねくね(綿)は、まあ、少女マンガならありえなくもないが、
にょろにょろ(金)の方は、どこのどいつがどんな眼鏡をかけて見れば、あんな美少女になるのか?というぐらいの美化のされ方だった。
漏れはもう世の中が信じられなくなりそうだ。

73 :吾輩は名無しである:04/01/25 11:21
>>60
週刊朝日と朝日新聞はそんなにおいが感じられた。


74 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 12:23
文学板とかのりさ萌えヲタさんたちを見ていると、
「愛と死をみつめて」の作者?(というか日記の本人)が、過剰な幻想と妄想を浴びるだけ浴びて、そして、その作者が結婚したとたん激しくバッシングされた様を
思い出す。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 12:27
「愛と死を見つめて」は小説じゃないだろ。
なんで極端な例を挙げてまで叩こうとする?

76 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 12:47
>>75

叩いてんじゃないの。
小説とか作品だけで、作者の私生活まで勝手に美化してハァハァするのは、
結局作者本人のためではないと、キモヲタに対して思っただけ。

愛と死をみつめてのバッシングは、そりゃ、すごかったと、
ママンがことあるごとにガクブルしているよ。
リサタンが、キモヲタやマスコミに潰されないことを祈る。
書く力はあるんだから。


77 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 12:49
愛と死をみつめては、小説ではないが、限りなく小説に近い書簡集だよね。

78 :吾輩は名無しである:04/01/25 12:51
キモオタに潰されるってことはないだろ。
マスコミに潰されるってのは大いにありうる・・・
特に女性誌・・・・
松たか子とかもボロクソに叩かれてたよな。女の妬みは怖いね。

79 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 12:57
>>78

でもさ、女性誌を作っているのって、男じゃん。
男が自分の気に入らない女をとりあげて、女にバッシングさせているだけなんじゃ?
松たかこも、ヘビースモーカーだったことが原因か、おじ様ファンが激減したよね。

80 :吾輩は名無しである:04/01/25 12:58
>>79
いや男が作ってるにしても需要に合わせて作ってるでしょ。
女にうけることを探して。


81 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:00
>>80

>女にうけることを探して

探してんじゃなくて、押し付けているの。



82 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:24
>>66
それは高校時代のV。

83 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 13:31
>>76
キモヲタにつぶされるくらいならとっとと潰されてくださいってスタンス。

84 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:19
 >>67
 サンクス。
 ところで、
 >しかしリッチーと呼ばれるたびに、綿矢の顔がヤンキーになっていた。
 というのは、少し怒ってヤンキーっぽい表情になったという解釈でよろしいか?

85 :吾輩は名無しである:04/01/25 15:23
>>68
そんな番組があったのか。
見たいな。
それの短くカットしたやつなら見たことあるけど。


86 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:24
 >>82
 それは高校時代に(インストール受賞の頃に)撮った映像を流したわけ?

87 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:35
>>86
そういうことでつ。

88 :吾輩は名無しである:04/01/25 15:39
あれって長いバージョンがあるんだ?

見たいな。どこにも流れてないかな??



89 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 16:00
 >>87
 なるほどね。(サンクス
 高校生のときの綿矢の表情はつんとしていて、ちょっと小生意気なところがあるんだよね。
 学校のアイドルで演劇部の主演を張り、府の大会で朗読で優勝した上に、17歳で文学賞を取れば
当然といえば当然といえるけれどもね。
 芥川賞の会見シーンと比べて観てみたいものだ。
  

90 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 16:54
このスレの住人がくねくねのそばにいても、
>きもっ
の一言で終りだろうな。話すきっかけもなし。

その点、にょろにょろは言葉で騙せばやれそうだ。
新興宗教の教義のようにうまく洗脳できればだが。
変に頭が先行してるタイプだから。

やれない くねくね と やれる にょろにょろ。

みんなはどっちをとる?


91 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 17:00
どっちもいらない。

92 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:16
ばかガキども、今後の人生で死ぬほど苦労するだろな。

93 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:17
>>92
それが、そうとも言えないのだ。だから、全部話しておきたいんだ。

94 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:30
>>92
苦労してない、おさーん発見!

95 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:34
キムはうどんのように細い糞をしそう
メンは3週間糞詰まり

96 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:36
苦労は、買ってでもしろ(諸葛亮孔明)

97 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:37
どうせ、メスどもは餓鬼を産んだら、別のコンテクストにはいるのさ。

98 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:39
ばかがきより二つ年上でもおさーんになるのか。ああ無情

99 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:44
93だが、私は94のような意味合いであのレスをしたわけじゃない。
ただ、社会のシステムはそういう事もあるということを言いたかっただけ
なんです。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:47
アフリカの或る昆虫の調査結果では、体の模様が美しい昆虫は子孫を残し
やすいとい結果が出ている。

101 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 18:51
くねくねは、河出の社運をかけた作品(あの女そのものが)だし、
にょろにょろは、親父の添削が無茶苦茶入っている人造文芸女だ。
まあ、一般人が本を買う価値はゼロに近いってことじゃないの。
何年かすれば、それまで言葉を温めていたあの女どもの同年代の奴が、
蝉みたいに一斉に文壇に出てくる筈だ。
その時、恥ずかしい思いをするのは、あの女どもじゃないか。
瀕死の出版業界人どもに踊らされて、、、

102 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:12
1・29号の週刊文春の記事を読みましたか、
「両親が語ったわが娘を芥川賞作家にした『教育』」
という見出し。

この時点で、芥川賞は地に落ちていますね。

なぜなら、親がうまく教育したから、娘が賞を取れたという文脈ではないですか。
大人社会が小娘を曲芸回しに使ったというのが見え見えです。


103 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:32
それでも、歩かなくちゃならないんだよ。金原さんと同じ土俵で勝負した
いのならね。それでも、歩くんだ。報われなくても、歩くさ。だって、
小説を書くって楽しいだろ?
>>102

104 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:33
>>102

ほんとか。
もう、これ以上ぐちゃぐちゃにいじるなよー。
イメージがどんどん薄汚くなってしまう。
作者さんはどうでもいいが「本」が可哀相ではないか。

105 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:44
「くねくね」「にょろにょろ」という名前、よく考えたな。おもしろい。

106 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:46
主人公がブクオフでバイトしてたら一次ではねられるかな。

107 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:53
それ、ブックオフは「出版界の敵」だから、そんな奴を
主人公にした小説はケシカランと顰蹙を買って落ちるだろう、
という意味ですか。

108 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:54
>>106
そうです。

109 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:56
業界ネタはキツいのでは。
よっぽど知っていないと、危ない。
古書店の経営経験がある人とかが書けばまた別だけど……。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 19:59
ブクオフは経験って言うほどのモンじゃないよ。
考えなくてもできるようにできてるし、工夫なんかしちゃいけないんだから。
スーパーのチェーン店と一緒。売れれば店大きくして、売れないと閉店。
感慨なんかはないんだよね。そういう感じで書いてみたい。

111 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:19
ドラマ砂の器見てる?
「若さなんだよ、若さ、経験は必要ない!」
と、某劇団の主催者も言ってます

112 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:20
>>111
でも、老刑事に追い詰められるんだぜ?

113 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:23
>>112

違うの。某劇団をモデルにした響っていう劇団の主催者が、
12年選手のヒロインに対して言ったの。
これって、文壇のパロデイともみれる。

114 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:25
ふーん。
言われている女優は原田知世か?

115 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:26
>>114

松雪たん。
松雪たんの役は、ドラマオリジナルですね
主役を「若くないから」という理由で下ろされたシーンは、ちょっと泣けました。

116 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:54
若さ故に書けるものもあるし、経験に裏打ちされた傑作もまたある。
これらを楽しめる純然たる読者は選択する楽しみがあるが、
読者でもあり、また書き手でもある私たちのようなものは、
いつでも身につまされて落ち着かない気分にさせられる。

117 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 22:39
>ちなみにこの本,1月15日の夜芥川賞受賞が決定して,1月17日にはすでに真っ赤な「賞帯」の本が平積みでした。
1日おいて「賞帯」が出回るなんて…準備良すぎませんか?どうなってるの?すでに…14刷でした。

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g14605589


やっぱり出来レースだったみたいね。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 22:50
>>117
そんなのが出来レースの根拠とは.......

賞帯なんて予め作って用意してあるんだろ。受賞しなかったら廃棄するだけ。



119 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:00
プロ野球の優勝が決まった時、
宿泊先のホテルなどで祝賀会の用意がされていたら、
>>117は「出来レースだ!」と思ってしまうのであろう。

120 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:21
>>118
それじゃ候補作品全てに賞帯が作られてたって事?
いくらなんでもコストが高すぎる気がする。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:24
>>120
1枚1円で1万枚刷ったらいくらすると思う?

122 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:26
商売人は最善の場合と、最悪の場合を考えるもんだ。

123 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:30
>>120

受賞したのに帯がない場合の逸失利益×受賞確率:帯制作費×(1-受賞確率)

で期待値を考えるんだよ。大学レベルの知識だぞ。

124 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:33
で、金やんの本は、どうだったの?帯

125 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:36
>>124
金やんの本、大型書店で積まれているのを見たけど、帯は「すばる文学賞受賞」
だった。芥川賞という帯が付いているのは無かったな。

126 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 23:50
ていうか、書店でバイトしてるんだけど綿やんの帯
二種類、発表の当日送られてきてたよ。
一方は「最終候補作」って奴ね。
河出も商売人だぁー

127 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 01:52
一応ネタフリ。
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_wataya.html

128 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 03:17
これ、いい記事だね。インタビュアーがどう彼女の作品を
読んだかが解るし、それを通して彼女が何を綿矢さんに訊こうとしたかもよく解る。
そういう質問に対して綿矢さんが正確に答えたことを、過不足なくまとめた感じ。

若い感性ウンタラという、読んでも読まなくても成り立つ記事ばかり
目に付いていた自分には新鮮でした。情報サンクス。


129 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 06:54
>>96
 諸葛亮孔明×
 諸葛孔明または諸葛亮

諸葛亮孔明と書かれている本は間違いだそうです。

130 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 06:58
>>129
ググるとじゃんじゃん出てくるな。「諸葛亮 孔明」「諸葛亮・孔明」
ならまだ間違いじゃないかな。

131 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 14:14
くねくねとにょろにょろって、馬鹿がきどもの戸惑いと挙動不審さと、
人格が未形成な部分がぷんと香ばしく漂って、よいいいかたじゃ。
(あおりだから、くね厨はむやみに反応すんなよ)

132 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 15:58
620 名前:吾輩は名無しである :04/01/26 14:05
村上龍のコメントが出たよ。

私は金原の作品を推した。すると文藝春秋に記者会見を頼まれた。
記者会見は嫌いなので一度断った。しかしピアスが主題なので村上さんなら
対応できると思うので、と再度頼まれた。どういう意味だ?と怪訝に
思いながらも引き受けた。
記者会見の最後の方で、候補作に若いのを並べたのは出版不況対策ではないか?
と聞かれたが、候補作を選んだのは私ではないので、そういうことは
文藝春秋に聞いてくれ、と答えた。
現在の出版不況は構造的なので若い女性二人がデビューしたぐらいで好転する
はずがない。
この若い女性二人の将来にどういう期待をするか、と最後に聞かれ、
他人には期待しません、と私は答えた。


133 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 16:01
>>132
ドラゴン(゚∀゚)bカコイイ

134 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 16:06
綿谷さんには、魔性の魅力があると思う。
でも、その魔性は、別名「さげち○」というのだ。
男は気をつけたほうがいい。
と、妙に人を見る目がある、うちのおばさんがいってました。


135 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 17:58
低学歴(中卒)のおまえやおまえのおばがなにをいおうが、
世の中は変わるまい

136 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:00
世の中を変える?アナタちょっとアニメの見過ぎじゃありませんか?

137 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:02
↑白痴


138 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:04
漢字をよく知ってるのはわかったからsageなさいw

139 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:05
魔性の女にハマる香具師は、
どのみち、道を踏み外すのは、世の常だよな。
でも、応援しているよ、綿ヲタさんたち。
がんばれ。

140 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:07
そーいや、
葉月りおな、とかいうタレントも魔性の女とか言われてけど
すし屋と結婚して、それからどうなったの?

141 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:08
ここんとこ低学歴の反応が多いな、早く社会の下積みだと知れよw

142 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:13
>>140
案の定、3か月ぐらいで別れたよ。

143 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:13
魔性の女になりましょう。

144 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:35
http://www.bookin.jp/?id=2ch

145 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:47
自分は河出の出している海外文学ものが好きなので、
とりあえず河出は倒産しないで済みそうだとほっとしました。

そういう問題じゃないんだろうけどさ。

146 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 18:55
>>134
「さげち○」じゃなくて「さげま○」だろうが。

147 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 19:32
>>146

あ、言われてみれば、そうっすね。
でも、おばさんは、確かに、ち○と。
おばには、綿さんが♂に見えたんだろうか?

148 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 20:05
出版社はその利益の大半をベストセラーでまかなっている。
出版される本の九割は、ほとんどプライマイゼロにしかならない。
社員の給料をまかなえるのはベストセラーが出るか否かにかかっている。
綿矢のおかげで文藝も文藝賞も河出書房も成り立っている。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 20:27
>>143
高山氏ね

150 :高山昇 ◆QTTsPqzxtE :04/01/26 20:30
>>149
いやしくもここは創作文芸板。
そんな小学生並みの悪口は、てめえの肛門の中にでも突っ込んで、
ママにでも鑑賞してもらえや!

151 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:13
>>446
中脇初枝、読んでくれた?
“○×文学賞受賞”と銘打った作品の中では、
この人の作品が頭ひとつ出てる感じがする。以下は選評。

●景山民夫
中脇さんの「魚のように」は十七歳の高校生の心理を描き、テーマ的にはけして
明るいとはいいきれないものではあるが、その世界をよく理解させてくれた。そ
ういう意味で魅力的だし、新しい青春小説となっている。

●椎名誠
この人の文章とその世界は、技巧とか訓練とか学習といったものが一切介在しな
い、ひとつの犯すべからざる純粋な精神感覚の源から発せられているように思う。
要するにこれがつまり“才能”というものなのだろうな、と思うのだ。

●高橋源一郎
こういった文学賞の候補作品は大きくふたつに分かれる。作品であるという意識
もなく、まったく好き勝手に書いてるか、逆に小説であることを過剰に意識して
極端に文学っぽくなっているか、だ。そして、これはどちらも文学としては大き
な欠陥を抱え込んでいるのである。大賞の「魚のように」にはその大きな欠陥が
ほとんど見られない。単に文章がうまいとかセンスがあるとかではなく、小説を
水の中の魚のように自然体で書いているのである。ただ自然に書いて、それが文
学作品たりうるという驚き。十七歳と聞いてさらに驚いた。

152 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 22:25
「魚のように」は自分にとっての傑作。
たとえ17歳の女子高生でなく57歳のおじさんが書いたとしても、
この本への私の尊敬は変わらない。

153 :151:04/01/26 22:46
>>152
そうなんですよ、何度も読み返したくなる。
でももう絶版なんですよね。
もっと読まれてもいい作品だと思うけどなあ。

154 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 23:49
復刊ドットコムを見に行ったらリクエストが一票入っていたので
復刊を願って投票してきたよ。

http://www.fukkan.com/

155 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 03:05
>>132
>現在の出版不況は構造的なので若い女性二人がデビューしたぐらいで好転する
はずがない。

 するはずがない……か。含みがあるように感じたのは俺だけか。
ヤラセがあった事実を認めつつ、それでうまく行く訳じゃないからと
言い訳をしているような気が。俺は関係ないと言っているようにも
聞こえるが?

156 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 04:45
たしかにそうとも聞える。

157 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 05:57
逃げた。龍。

158 :吾輩は名無しである:04/01/27 16:07
>候補作を選んだのは私ではないので、そういうことは
>文藝春秋に聞いてくれ、と答えた。

逃げだよな。
選考委員なら芥川賞候補の対象になる作品を全部読んだうえで
文藝春秋の候補選びはオカシイ、とかおかしくはない、とか
答えられるだろうが。
自分が選んだんじゃないから知らない、って。
無責任な奴だな。だったら引き受けるなよ。


159 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 17:48
いずれにしても馬鹿がき二匹の本の売れ行きの伸びはとまった
こいつらの背伸びした(させられた)作品なんて、
人工真珠みたいなもんさ
勘違いしたまま、馬鹿二匹、一生苦しんで生きるんだな



160 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 18:16
>>159
そういうお前はどんな種類の馬鹿ですか?

161 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 18:41
どうして止まったといえるの?
もしかして書店員さんですか。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 19:59
そうでつ、馬鹿は氏ね

163 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:20
インストールは60万部突破
蹴りたい背中は40万部突破

印税1億の世界。
すごい19歳だ。

164 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:37
女は顔に自信があるなら芸能界を目指すより、小説でも書いた方がいいってことだな。

165 ::04/01/27 20:39
蹴りたい背中読んだよ・・
やっと入荷しやがって、レジ持っていくと店員が嬉しそうだった。
俺が毎日入荷チェックに来てるのを知ってるからだろうが。

で、読んだ。
いいんじゃない? いいよ、あれ。
俺は好き。

166 ::04/01/27 20:48
うまく言えないんだが、あの集団になじめなくて疎外されてる
(自らしてる?)感覚がすごくよかった。
あの男と女が恋愛感情のような微妙なよくわからん感覚、
色々混ざった「蹴りたい感覚」。あんなのを書けるのは羨ましい。
っていうスタンス。

言語感覚も新しくていいんじゃないの?
実際に高校生が使いそうな言い方で書いてるね。
読んだ後の感覚がすごくよかった。

167 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 20:48
>>165
彼女と同世代の人間に、なら受けると思う。
私も蹴りたい背中は好きです。

……30、40の大人が読んで楽しめる小説じゃないことは確か。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:51
そうか、糞だなw

169 ::04/01/27 20:51
>>167
その辺はよくわからん。
主婦からのファンレターが多いと言っていたが。
あと、やっぱりエロいね。

>自分のタオルの中を覗き込むとそこはすごくHな空間になる。
>私は自分の股間を見ながら体の奥が熱くなっていくのを感じた」

とか。ドキドキしながら読んだよ。
あと必然性もなく、ライブハウスから出た後の描写で「ピンクチラシ」に目を向けたり、
いつもいつも口癖みたいに言ってるが、無意識か、これは。
こういう部分が官能的、というか、羽で肌を撫でられるようなこそばゆさと気持ちよさがあった。

170 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:54
キムと山田は、しょせん大人の商売の道具さ
週刊文春のがきどものグロい顔ったらありゃしない
サーカスの曲芸メスどもだな

171 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 20:55
>あの集団になじめなくて疎外されてる(自らしてる?)感覚がすごくよかった。
これははげしく同意。

>あの男と女が恋愛感情のような微妙なよくわからん感覚、色々混ざった「蹴りたい感覚」。
ここは本当にスゴいっす。

えっちぃ部分は、……そうでもなかった。
そこを期待して読むと、多分、ぜんぜん面白くない。
ただ、性的なモノに対する視線は結構、新鮮に感じましたね。
(ブラジャーで刺繍が云々のところとか)

172 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 20:57
氏ねよ若禿!

173 ::04/01/27 20:58
>>171
男的なエロさとか、もう身も蓋もなく言えば「抜く」ためのようなエロさでは決してない。
もっと、恥とかの意識と絡み合った濃厚な感覚で、俺はそれにやられちまった。
「美少女痴漢電車、濡れたスカート」(フランス書院)なんかよりずっと俺には心地よかった。

あの目線は確かに新鮮だった。
ってか、何故かキスしちゃうでしょう? あれはどういう意図?
ってか恋愛ではない、と言ってるが、本当に微妙で、タイトルに戻ってくるんだろうなぁ。

174 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 21:04
イチロー見るので、落ちますが。
>>173
フランス書院は読まないので、比較は難しいですがw
>恥とかの意識と絡み合った濃厚な感覚
これは、もう完全に彼女の持ち味ですね。
インストールではまだそれほどでもなかったと思います。
蹴りたい背中で急激に、発揮されてきた、って感じかな。

>何故かキスしちゃうでしょう? あれはどういう意図?
えー、どこでしたっけそれ?
読んだのが半年近く前(文藝秋号で読んだ)だからw あとで探しておこう。

175 ::04/01/27 21:05
>>174
乾いた唇にできた傷を見て、
それを舐めちゃうところ。

176 ::04/01/27 21:23
ってか読まない批判が多いなぁ・・
俺も読まずに感想言ってたクチだから文句言えないけど。

学校のアイドルで演劇で主役で朗読大会で優勝、
文藝賞とって芥川か。すさまじい人生だな。
その生活を少し想像していい気持ちに浸れる。
挫折とか失敗とかはないんだろうか。華やかな人生だな。

177 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 22:18
見つけましたよ、キスシーン。
話もだいぶあとですね。

意図なんてあるのかなぁ……
ただ、ハツの感覚とにな川の感覚のずれが極端に出てるところ、のような気もします。

178 ::04/01/27 22:22
>>117
あれは恋愛だと思うか?
それとも違うものだと思うか?
作中内でも色々絹代の言葉で代弁されてて
どっち付かずなのだが、どっちだと思う?

179 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 22:25
>>178
ハツは恋愛一歩手前、で、にな川はようやくハツを人として認識してきた、って感じでしょうか……

背中をけりたくなる気持ちは、よくわかりましたよw

180 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:25
愛によく似た好奇心のようなもの。

181 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:35
言語感覚が新しいっていうよりも、太宰と町田の融合型では?
蹴りたいの後に改めて太宰とか読んでしまうと、がっくしきてしまう。
ああ、確かに太宰のファンなんだね君は、と。。。

182 ::04/01/27 22:41
ageよう。
俺はあれも恋愛なんだと思うよ。
恋愛ってのが無限の形を取りうるものだと仮定してだけど。

・・ってか感情の世界を言葉で区切るのは無理があると思う。
やっぱ、あの小説を読んで感じるしかない感覚だよ。

183 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:44
期待して読んで、期待が裏切られなかったんだね。

184 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 22:48
あれが恋愛だとしたら、相当変わってるw
でも、そんなのもありかな、とも思う。
>小説を読んで感じるしかない
そうですね、まさに、小説じゃないと表現できない。
共感するかどうかは、また別ですね。
……同世代じゃないと共感は難しいかもしれない。

185 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:48
著者本人は「恋愛小説は書けない。書かない。」と言ってたが。

186 ::04/01/27 22:55
>>184
恋愛小説に出てくる恋愛じゃない。
かといってそれがそうでないわけではない。
ああいう形もありうると思うよ。

>>185
「世間一般で言う」恋愛小説ではない、とは思う。
けど、ああいうのが普通の、てらいもない恋愛なんじゃないかとも思うが。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:59
>>169
>あと必然性もなく、ライブハウスから出た後の描写で「ピンクチラシ」に目を向け
たり
ロッキン・オン・ジャパンの椎名林檎インタビューでそんな話があったような・・・・・

188 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/01/27 23:02
恋愛、というとちょっと範囲が狭すぎるようには思います。
ある特定の男女の、特定の状況下における、特定の人間関係w
いや、適当に言ってますけどw

>てらいもない恋愛
それはあるかも。
実は徹底的なリアリズムw

189 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:04
とりあえず、おれの書き込みがスルーされていることだけは感じた。

190 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:09
>挫折とか失敗とかはないんだろうか

たぶん、そういう負のものから遠く離れた人なんじゃないかな?
たぶん、これからも、のほほんとそれなりにラッキーに生きていくと思う。
そういう運命を持っているよ。
だって、受験すら一度も経験していない。
だから、負に引かれる私は、彼女の作品の底に流れる天真爛漫さが全然だめだったわけなんだが。

でも、ツボの人はずほずぼハマると思う。
それこそ、宗教のように。
それが悪いというわけではないよ。
だから、綿矢を認めない人のことも責めないでね

191 ::04/01/27 23:11
>>190
少なくとも文学に負がいらないことだけは明らかになった。
いや・・作品を読んだ限りでは。うーん。
どの程度幸せなんだろうな。

「溶け込めない」感覚を描いているし、どうなんだろう。
本当は弱い女の子なんじゃないの? 知らんけど。
あまり作者に興味は持たないので。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:17
>189
2ちゃんのスルー率はそれ程高くない
書きこみ回数増やせ

193 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:18
いずれにしても、芥川賞という色眼鏡つきで評価されているよね、アマゾンレビューとか見ると。
この子、そのままほっていとも、それなりにいい感じで脱皮できただろうに。
芥川賞で、世間にフィルターがかかった。
これは、やっぱり、一種のいやがらせなんじゃないかと思うよ。

でも、本人は、そのいやがらせすら利用してステップアップしそうなので、彼女の悪女の階段物語を傍観していこうと思います。

194 :吾輩は名無しである:04/01/27 23:21
やっぱ頭おかしいヤツの小説じゃないとな。
綿矢はそれほどおかしくないからな。


195 ::04/01/27 23:23
まあ、俺は否定しない派ということで。
このまま成長してほしい。

・・で、そろそろ俺も日の目が欲しい。
カモン、時流。

196 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:24
綿矢は容姿やルックスで得しているっていうけど、その逆の気もするんだが。
とくに、文学や学問分野では、そのルックスが邪魔になると思うよ。
なにやっても、その仕事内容よりルックスのほうが重要視される。
普通の会社でも、美人ゆえにうだつのあがらない人は実は多い。
で、不倫に走る確立も高し。

197 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:30
美人は、人の三倍努力しないと、その実力を本当の意味で認めてもらえない。。みたいなことを誰かがいってた。
実は、美人・美男というのは損だったりする。
美人・美男=馬鹿で下専門…というイメージが定着しすぎ。


198 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:33
小は読む前の方がいいこと言ってたな。

199 ::04/01/27 23:34
>>197
俺の見た実験データでは同じ成績でも見た目がいい方が高く評価されてたが。
無意識にね。性格も良く評価されていた。
出世もしていく率が高い。
残酷だがデータとしてこういう事実があるねぇ。

反面、美貌を武器にし始めたときの風当たりの強さは不美人の非ではないが。
美貌を武器にした犯罪の場合、美しければ美しいほど判決が重いっていう結果が出てる。

200 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:35
>>198

自分で創作する人は、あまり他人の作品を読まないほうがいいと思うときがある。
影響受けやすい人は、知らないうちに、文体をのっとられる。

201 ::04/01/27 23:36
>>198
何を言ってたっけ?
育ちの良さとかがいいっていうのは未だに持論だが。
育ちのいいお嬢様自体がマイノリティだから、
そういう感覚ってのは文学的に価値があると思う。

202 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:36
>>198
 小は読まない内から作品内容の感想をいろいろ書いていたな。
まだわりと若くて頭が柔軟?だから、感受性も強いと思うんで、
読んで影響受けたのかもしれないな。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:39
>>199

それは、その場限りの実験だからじゃないかな?
長い目でみると、10人並でとりたて美人じゃないが愛嬌のある顔が、異性同性からも支持されると思う。
美人は、はじめはいいけど、途中から浮くんだよ。「あの人はどうせ、顔だけでしょ」みたいな感じで評価されて。
ま、うちの会社の場合だけど。

204 ::04/01/27 23:39
>>202
いや、いい作品だって。わからんけど。
俺の言ってるのは「自分と学校が近い」「話題作」
などなども含めての俺に与える全事象を区別なく「作品」として
味わってるわけだから、それを踏まえて読んだ経験は良かった、と。
影響を受けてもかまわん。文体も知らん。
乗っ取るなら乗っ取れ。ってスタンス。

205 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:41
>>204

文体リズムが、すでにリサイズムになってますねん

206 ::04/01/27 23:42
>>203
アメリカの大統領の身長がアメリカ人の平均よりも高い、とか、
東大の大学院は何故かかわいい子が多い、とか(面接があるんだよな)
法務省の受付の女の人がいやにかわいい、とか、
見た目で「見た目」が必要ない部分まで評価されるのはよくあると思うが。

まぁ、スレ違いなので。
見た目も含めて「作品」と言ったら殺されるか?
俺は太宰とか三島の死に方も含めて「作品」だと思ってるが。

207 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:45
>法務省の受付の女の人がいやにかわいい、

受付嬢の末路は、そりゃ、悲惨なものですよ。。。
花の季節は短くてっていうのは、いわゆる会社『顔』に採用される女の子たちを見ていると一番実感できる。

208 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:47
>見た目も含めて「作品」と言ったら殺されるか?
>俺は太宰とか三島の死に方も含めて「作品」だと思ってるが。

そういう意味では、綿矢は、古いタイプの私小説家なのかもしれんね。。。
容姿込みでひとつの作品ってことで。

209 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:51
>>204
もちろんそれでいいんだ。

210 ::04/01/27 23:54
>>208
だって必ず顔写真が文庫についてるだろ。
小説ってのはあの「本」なわけで、
それを買うときに顔もついてくるならそれはセットで作品だろ。
あんま込み入った作品論はやりたくないから逃げよう。

・・で、芥川賞に怒ってる人にこんなのを拾ってきた。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~av8s-med/MICHIKO/HONN/AKUTAGAWA/AKUTAGAWA.htm

見た感じ、売れるか売れないか、残るか残らないかは博打のような賞らしい。

211 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 23:56
>>210

梶井もとじろうも、あの容姿と作品をワンセットで考えるから、余計、複雑な感情が沸いてくるのかな?

212 ::04/01/27 23:57
>>211
ワラタ。

ありゃ逆効果だ。

213 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 00:01
まあ・・女性の方は栗本薫(ベストセラー作家ですよ!)
を見て元気出せってことだな。
高橋留美子(らんまとか書いた人)も相当売れてるし。
googleのイメージ検索行って来な。希望が湧くよ。

214 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 00:03
>>213
>栗本薫
 化粧をしたジャバ・ザ・ハットか

215 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 00:08
まあ、顔がどうあれ売れるってことで。
確かにかわいいほうがいいけどね。
幸せだろうけどね。
モテるだろうけどね。
・・・

216 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 01:34
>>41
> 三島賞、野間文芸新人賞と純文学系の賞で落選続きだけに、文芸春秋の配慮が
期待されます。

これって、綿矢に失礼じゃないか?

217 :名無し物書き@推敲中? :04/01/28 02:53
産経がやってるアンケートで、芥川賞のアンケートやってたが、
あんまりいいコメントがなかったな。
でも、産経って、社説と産経紗で思いっきり持ち上げてたと思うんだが。


218 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 03:09
これだな。

ttp://www.sankei.co.jp/edit/anke/kekka/040126akutagawa.html

>>綿矢(わたや)りささん(19)と金原(かねはら)ひとみさん(20)が
>>芥川賞受賞を決めたことに関連し、

どうでもいいようなことなんだが、なんで綿矢の名前を先に持ってくるのかね?
2CHじゃあるまいし、かりにも天下の全国紙だぞ。
たとえ1歳でも目上の金原を先に持ってくるのが常識だろ?

219 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 04:11
産経は全国紙だが、「天下」とは言えないだろ。日経より発行部数少ないからな。
まぁ、俺は産経とってるんだが。

220 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 04:49
>受付嬢の末路は、そりゃ、悲惨なものですよ。。。

スレ違いかもしれないがよろしければ「末路」を教えてください。
よく行く某自動車会社に、惚れ惚れするような美人がずらりと
並んで受付してくださいます。21、2歳ぐらいかな。

これからどうなるんだろう……って、今が綺麗なだけに心配になってしまうのです。
いっぽうで好奇心もあるという、複雑な心境に、見るたびなります。


221 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 05:18
受付嬢の末路の悲哀を題に小説を書いたら売れそうかな?

222 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 05:34
林真理子とか、上手そうだね。

223 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 08:25
いつの間にか、まともな批評ばかりになっちまったな
で、どーする
これからも2人を買い支えすんのか?

224 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 08:28
買い支えるも何も本屋になかったんだよね...

225 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 10:18
日蝕のヤローと同じ末路を辿らんように…
黒人大好き女みたいにがんばれ

226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 13:16
>>220

受付嬢は、今では派遣や外注に振っている場合が多いのでは?
派遣なら長期でも1年が限度なので、旬が過ぎればさっさと切って、新たな美人をあてがう。
バブル期は受付嬢も正社員であることが多かったけど、やっぱりチヤホヤされるのは1年ぐらいかな?
新入社員が入れば、2年生はもう年増。
いずれにしても、美人は使い捨て度が高い(しかも、つまみ食いもされるし)。
ちやほや期にいい気にならないで、キャリアアップした子はそれなりに生き残るけど、どっちにしろ、顔がモノをいうのって、はじめの短い期間であるのは確かだと思う。


227 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:09
>>218
>兵庫県、男子中学生(一四)「自分のクラスで活字の本を読んでいる人を見たことがない。
>エロ本や漫画、兵器の雑誌を読んでいるのはいるのだが」

すげえな。

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:32
>>227

エロだろうが兵器だろうが、本読んでいるだけ、まだまし。

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:47
エロといえば、エーゲ海に捧ぐってエロ本だとずっと思ってたんだけど、
あれも、芥川賞だったのね。最近知って、ちょっとめまいが。
芥川賞とエロって、切っても切り離せない関係なんだろうな。

230 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 16:56
故池田センセーの奥様は佐藤愛子さんだっけ?
この人も芥川賞取ってるんじゃなかった?

231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:02
>>230

佐藤愛子って言えば、確かにそいう名の作家はいるが。。
マスオの嫁は、バイオリニストじゃなかったか?
熱海でみかけたことがある。夫婦(籍は入ってないらしいが)で歩いているのを。

232 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:02
それはバイオリニストの方だと思うが。

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:02
げっ、結婚か?


234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:08
芥川賞の受賞史みたいなのを、今回、改めて見てみた。
結構、アレな作品も多いんだよな。
今回の受賞は、取り立てて変ではないと、つくづく思った。
自分が勝手に、芥川賞=日本一の文学賞=日本を代表する勝れた小説に与えられる
と、勘違いしていただけだった。

235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:11
ガキの頃、エーゲ海に捧ぐ(映画の方ね)で抜きまくったことがある。
親が留守のときに盗み見ていたビデオコレクションの一本だった。

思えば、オレの外人好きが始まった原点だったなあ......今でも日本女には興味なし。

あのチチョリーナも今は50歳手前くらいか.......ああ、年がバレそう。

236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:45
世間の注目は、
渡辺兼アカデミー助演男優賞ノミネート、たそがれせいべい外国語映画賞ノミネートに、すっかり移り変わってしまった。
芥川賞最年少受賞から、半月も経ってないのに
(´・ω・`)

237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:50
>>236
大丈夫。今年のノーベル文学賞は「蹴りたい背中」だから(w



238 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 17:55
ても、蛇にピアスは、芥川賞でもいいと思ったよ。ドラじゃないか、よくできている。
しかし、背中はどうなんだろうな…。
いいとこ、文芸賞どまりだよな…。

239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:04
選考査員の評価は金原>綿矢。
2chラーの評価も作品では金原>綿矢で、ルックスだけは綿矢>金原だと。

作品で綿矢>金原って言ってるのは福田ぐらいのもんだな。
コイツ、何考えてんだろ。

240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:10
つまみ食いしてえんじゃねえか

241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:11
だから、金は親父の添削がばしばしに入ってるんだって

242 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:11
どっちも読む気しねぇ……

243 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:14
新聞の寄稿文なんか見るとただの馬鹿としか思えないけどな、ニョロのほうも。
きっと>>241が正解なんだろう。

244 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 18:16
だからいってんじゃねえか
2匹とも人造文芸女だって


245 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 00:17
若い子でも取っ付きやすい、活字無縁世代の文学への道案内
少女マンガ感覚で読めるブンガク、堅苦しさがなくていい

などの、商品的魅力が?
あるとされ、今回受賞に至る企業の論理が

あったとすれば、そしてそれが実現され活字に親しむ人が
増えたとすれば(結論はありませんが)

246 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 00:27
っていうスタンス

247 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 00:33
ハッ

248 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:02
キラークイーン、こいつを爆弾にしろ!

249 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:03
スタンド使いのこの俺の背中を蹴れるというのか?


250 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:18
っていうスタンド

251 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:19
蹴るどころか、見られただけで死ぬし。俺。

252 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:28
誰か導入部の4,5行キボン

253 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:30
>>251
 めっちゃ弱いな。

254 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:30
>>252
どっちの?

255 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:38
     ζ
    / ̄ ̄| /| ̄ ̄\
   /     | |iiiii|     \
  /\   ⌒| |iiii|  ⌒  |
  |||||||    | |ii|(・)  (・) |
  (6------| |ii|-◯⌒つ |  
  |    | |iii|_||||||||| | 
   \ / | |iiii|\_/ /    
     \_| \|__/

      ___
    /∵∴∵| /|:\
   /∵∴∵∴ | |iiiii|∴\
  /∵∴∴,(・)│|iiii|(・)∴|
  |∵∵/   │ |iii○ \|
  |∵ /  三 | |iiii|三  |  
  |∵ |   __| |iiii|__  | 
   \|   \│ |ii|_/ / 
     \__│ \|_/


256 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 01:43
小はどんなものを書いているのか?
よければ教えて欲しい。

257 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 03:17
>>254
背中のほう

258 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 04:13
どっかのページでダウンロードできた。ウンコビューアとかいうのも
インストールしないといかんけど

259 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 09:01
>>251
チープトリック乙

260 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:55
人間は平等ではない。明らかに才能のアル人間というのはいる。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:55
その諦観から出発するしかない。

262 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:57
自分がどっち側に属するのか?

263 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 22:58
>>260

山崎豊子は確実に才能あると思うよ。
来週も白い巨塔が楽しみだ

264 ::04/01/30 00:49
>>256
内容を話すと自分の中で薄らぐので、
もっと一人で追い込みたい。
テーマは「生存」。
とてつもなく残酷な話だよ。
生き残るために他の生き物を殺して搾取しなきゃいけないことについて。
生きていくことすら不可能な限界の中でどう生きるかみたいな話。

265 ::04/01/30 01:02
あー、簡単に言うとそうだが、
もっと色々なことを詰め込んでる。
三人称の多視点を久々にやってるので、
小説的な展開自体が今までとは違う。
もっと大きな視点での物語かと。

266 :吾輩は名無しである:04/01/30 01:06
>>265
どこに出すんだ?


267 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 01:12
二作とも読んだが、今回の受賞は筆者の力量というよりも
10代の女性の風俗が受賞させたんだと思う。
マンコやチンコだの、口内射精のことをあんなにリアルに
等身大で書かれては30代以上の作家はかなうはずがない。
選考者には興味深くて、エネルギッシュに見えたんだろう。
しかし、文学と呼んではいけないんじゃないかとも思う。

268 ::04/01/30 01:13
>>266
文学界?
小松左京賞かなぁ?

「ヘル」が載る雑誌なら「dog」は載る気がする。ジャンル自体で弾かれるかどうかで言えば。
今書いてるのは完全にSF的な世界観を作って書いてるので、
そっちの方じゃなきゃ厳しい気がする。
現実の隠喩ですよーと宣伝する寓話は嫌いなので。

269 ::04/01/30 01:14
>>266
スレチガイだからコテスレにでも。

270 :吾輩は名無しである:04/01/30 01:14
>>267
金原の話?
俺はあれは読めない。20代だが無理。キモイ。


271 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 01:21
金原で感心したのは性描写だけです。

272 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 02:28
エロイの嫌い。

273 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 03:42
>>268
岩明均の寄生獣みたいな話か?

274 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 13:11
バトルロワイヤルより残酷かね?

275 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 14:13
>>274
バトルロワイヤルが残酷かね?

276 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 14:28
バトルロワイヤルは韓国かね?

277 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 15:34
バトロワはフェイントで、ほんとはザ・ワールド・イズ・マインみたいな話だろ

278 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 16:36
殺人鬼より残虐かね?

279 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:10
やっぱ、綿矢の場合、普通なら次回作に期待となるところを
次の会では10代ではなくなるので、話題作りのためにゴリ押ししたってのが真相か。

280 :りさぴーかわいい:04/01/30 19:37
 りさの場合,事実上『インストール』に対する授賞。
しかし,17歳の高校生の作品に与えるとなると世論が沸騰する恐れがあった
ために大学入学後に書かれた2作目を代わりに授賞させたのではないか。
金原さんの受賞作が19歳でのデビュー作であることを考えれば十分考えられる

281 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:53
綿矢、早生まれでよかったのか悪かったのか

282 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:55
>>279

それにしても、2作目出るの、遅かったよね。
忘れかけた頃に発表された感じだけど、1年半も作戦が練られたってことだろうか

283 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 19:56
他に強力なライバルが、この時期に限っていなかったことも気になる。

284 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 20:50
>>283
つまり、アレか?

綿矢を売り出すために、才能はあってもルックス的に×な若手が犠牲になってると?

285 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 22:17
大衆を欺く為に、僅かな成功者がいる
綿矢のウリは、存在の勢いで資本主義に乗っていける解り易さ
彼女の平板なアニメ的キャラで権力の中枢に食い込むことができる構造は、
オウム真理教を発展させた日本の構造と全く同質



286 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 22:21
オウムに心酔したのは一部の人間だし、
事実総選挙では惨敗してるだろ。

287 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:24
あえて言うテストだけど、直木賞を受賞した京極夏彦よりいいんじゃない?
京極みたいな蘊蓄小説、情報小説、つまり小説本来の筋よりも蘊蓄たれる
事を売りにしているのが一頃大流行したけど、(むろん京極はそれだけじゃ
ないよと反論されるだろうけど)そういうやつより小説本来ってのは
こういうものじゃないかね? 彼女たちの方がまともだ。あんなの(京極)
小説として面白いと言えるのかね? 筋だけで勝負しろよ。また、
取材はもっと筋に必要な設定として折り込んでいけるようでないと、
あんな生なまんまで書き並べて、あるいは本を横において書き写し?
そういうが増えて小説の顔されたり、小説として面白いみたいな風潮は
いかんね。

288 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:30
>287
一理あるな。

289 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:31
>>287
芥川賞と直木賞は能と歌舞伎ぐらい異なっているので、
そういった根底から比較して論じるのはもはや無意味なのでは?
「違ってて当然」との暗黙の了解がある。
それをいちいち問題にするのはスレ違いだし、
エンタメ>純文学とか必死で書いている馬鹿に燃料を与えるだけ。

290 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:39
>289
こっちも一理あるな。

291 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:42
>>288
 サンクスコ

>>289
 自分は純文とエンタメの違いは業界の事情でしかないと思っている。
売り方の口実。現代ではね。以前はそうじゃなかっただろうけど、
もはやその違いは書き手がどこの賞に出すかとか、その事を意識して
作品を書くかという事だけであって、小説としてはもはや純文も
エンタメもなかろうと。それに、この場合はエンタメとしての京極が
アリなのではなく、エンタメとしても京極はどうなんだろうとね。
いや、その蘊蓄を楽しんでいる読者も居るから一概に駄目とは
言えないけどさ、蘊蓄小説が蔓延して、小説本来の筋の面白さとは
違うところで売ろうとしているのが魂胆見え見えの馬鹿らしいのが
増えた事があったんでね。その先駆けともいえるカレの作品は
本当に小説としてそんなに優秀かな?と疑問があった。
蘊蓄っていっても、司馬遼太郎みたいに自分の足で稼いだり、
膨大な文献を読み込んで書いていけば価値も出るが、それこそ
書き写してるだけじゃないかと言いたくなるようなものを、小説と
読んでいいんだろうか?と思っていた。
 小説として平凡でも、くねくね達の方が正直に小説と言えると
思う。

292 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:44
京極のは読んだことがなかったが蘊蓄小説なのか。
俺もあんまり好きじゃないな、そういうの。

293 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:45
> それにしても、2作目出るの、遅かったよね。
> 忘れかけた頃に発表された感じだけど、1年半も作戦が練られたってことだろうか

一ヶ月ちょっとで書けたらしいけど
出版社側としては映画化の発表とタイミングを合わせる必要があったみたいよ。


294 :名無し物書き@推敲中?:04/01/30 23:56
>>292
 キャラクター達が作家の代わりに知識を並べ立てる。というか
本の書き写しみたいな感じなので、盗作だと言われた事もあるようだ。
それが1シーンで何ページも何ページも続く。この方式で書き写して
いったら自然と本が分厚くなるよな、と皮肉も言いたくなる。
 一応、断わっておくが「魍魎の匣」は好きだ。だらだらとした蘊蓄が
続くところは変わらないが。これは筋自体が良かった。しかし筋は
ともかくそれどころではないくらい過剰に蘊蓄が続く本もあるので
勘弁、という感じ。もしそんなものを読むのならば、それについての
専門書を読んだ方がいいと思われ。

295 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:08
>>291
とりあえず、京極が薀蓄小説だというのは同意。
くね&にょろの小説が平凡だというのも同意。

ただ、その論理で
小説ではなく作家本人で売ろうとしている
くね&にょろの小説を誉めるのは無理だと思う。
丸写しでも小説の中に書いている京極の方が真っ当では?

296 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 00:16
>>295
 作家本人で売ろうとしている、アイドル小説(アイドルが書く本みたいなの)
って事? 別に誉めてはいないよ。平凡だなと思うだけで。
 蘊蓄/情報小説が今も流行してるかどうか知らないけど、あれが蔓延
するといやだったんだ。筒井康隆も言っていたけどね、それも京極に
向かって。「いや君は別物だよ」みたいな感じだったんだけど、本当は
彼に対して言いたかったんじゃないかと。

297 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 01:23
それと京極の「ルー・ガルー」は激しくつまらなかったな。

298 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 02:41
>>296
ふむ。
結局、どちらも及第点はついていないのね。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 08:22
ついでだから書いておく。京極は擬古文体でカッコつけて古い表現を
たとえば「ページ」なら「ペエジ」といった風に書き、不必要に
漢字をワープロで出るがママに使い(ダサい)それにルビを振る事に
史上の喜びを覚え、ゴテゴテとした文章で、それがカッコイイ文章
みたいに考えてでもいるのかもしらんが、そういうのではなく、純粋に
シンプルな文章で優れた文体を作り出すべきじゃないかというのが
本来だと思う。
 蘊蓄部では、セリフが蘊蓄大行進な訳だがそれが多い分描写が極端に
少ない。これは小説か?
 京極のミステリーは、キャラ萌え小説だろう。それが悪い訳ではないけど
コスプレっぽいキャラ萌えである事は確実。マンガ好きにはたまらないだろう。
 文献からの引用不可能な近未来小説、ルーガルーは酷い、つまらない、
あんまりな最低の小説だった。ダラダラと詭弁全開なキャラ達、それに彼の
キャラ萌えはオッサンキャラに限る。美少女は無理。
 一応今回の直木賞を取った京極に苦言を並べてみた。

300 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 11:44
ぶははは。その通りなので笑っちゃいました。
自分は森田思軒の十五少年漂流記を古本屋で見つけたとき、
総ルビの冒険小説ってなんてワクワクするんだろうと感動し、
しばらくルビ本を集めたことがある。京極さんが出てきたときは、
ソレの平成版作家がついに出たかと思ったが撃沈。
ルビがありゃワクワクするってわけでもないんだと痛感しました。

でもルビ本ってええよ。

301 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 15:06
>>299
なんかこのレスだけ見てると、京極って、
文章書きはじめたばかりの作家志望が陥るようなただのワープロ漢字変換厨で、
それに加えて学歴コンプレックスからくる衒学趣味満載の薄っぺらい人間に思えてくるんだが、
本当にそんなやつなのか?

だったら読む気しねえな。

302 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 15:49
>301京極の小説を読んで確認してくれ。頼んだぞ。

303 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:46
京極夏彦の文章が助長すぎるのは確かだ。
だが純文学とは違いエンタメは文章を演歌のごとく飾り立ててもよいではないか。
一行で済むところを無駄に一ページ使ってしまうのもエンタメならでは。
内容がないから読むのも大変ではないし、すらすらページをめくっていける快感も
味わえる。
京極の文章はうまいとか下手とか言うよりも、お子様向きである。
だがそれでいいじゃないか、大衆文学と名言しておきたい。

304 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 16:54
東野圭吾は資料の丸写しで枚数を稼ぐ小説家を非難しているが
京極の小説を読んでいると、いろんなことを勉強できて楽しいよ。
多分、資料そのものはつまんないだろうし。

305 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 17:23
東野圭吾は龍のことを言っているのでは?

306 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 18:43
ここも、そろそろご臨終か

307 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:54
ランディさんは資料の写しを非難されて失脚させられたよね。
他の作家でOK、というかスルーの人がいるのは何故?
出身出版社の力比べなのかな。

308 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 21:59
>>307
いや、他人が小説中で使った表現を資料にした人とは較べない方が。

309 :名無し物書き@推敲中?:04/01/31 22:05
そっか。
ランディさんは
「資料」を「表現」に書き換えたのではなく、
「表現」を引用しちゃったのか。

310 :名無し物書き@推敲中?:04/02/01 23:47
京極夏彦、この名前とコスプレ?が全てを物語る。

にょろにょろの名付け親だが、今日ようやく近くの本屋で
彼女の本を手にする事ができた。やっと入った。
……で、見た感想は、にょろにょろとしか言い様がなかった。

311 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 07:54
にょろにょろこそ、次回作で真価が問われる、作家として。
奇抜な設定のお話を続けるのか? それとも別の路線へ
いくのか、あの一作だけでは、どういう作家になっていくのか
よく分からない。

312 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:08
どうせエログロしか書けんだろ。
女作家ってそんなのばっかり。

313 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 15:21
アルパーク天満屋の中にある広文館に行ったら、
金原ひとみのポスターが貼ってあった。
集英社の技術を駆使して美人に撮ってあった。
「誰?」と思ったぐらいだもん。

天満屋らしく入口のところに、
「ご声援、ありがとうございました・坂本直子」の
ポスターがあったが、こちらは普通の写真だった。

同じカメラマンが撮れば、坂本の勝ちだと思うのだが。

314 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 18:39
 或るパーク?

315 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 23:12
祭りも一段落した今、ネタこそ乏しいが、
だからこそこれまで語られる事の少なかった金原ひとみに
ついて、誰か熱いヤツ降臨キボンヌ

316 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:14
金原買ったよ。読んだよ。キツかったよ。イケてないよ。
いかにも龍が好きそうなエログロだったけど
パンクなデザイアだのマッドなやつらだのもう借り物って感じ。
わざと語彙を落としている感じもちょっとあざとい。
たまに読んでて恥ずかしい。セックス描写もイマイチ。
隠語が直接出て来るだけ。オチも中途半端。
これなら綿やんの方がマシ。おい辻、何が「持っている」だ。
読んだみんなどうよ。

317 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:23
>>316
 確かにあのテの世界が物珍しく思われた時代は前の事だからね。
俺も立ち読みしただけなのでエラそうな事は何も言えないが、
綿矢ちゃんの主人公の気持ちは青春時代に心当たりがあったりして
そちらの方が「どっちか」っていうと好きだな。

 読んだ人感想書こうぜ。

318 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:28
とにかくどっかでみたことのあるネタというのがダメ。
綿矢さんのは、前スレでも出ていたけど、十年前のマンガ+町田康の七五調の亜流、
金原さんのタトゥネタは五年前のネタ。(東京の某所で流行った)

新人のうちは真似でもいい、って誰かいってたけど、五年前とか十年前って
イケてないよまじに。まだ古典の焼き直しのほうがマシ。

319 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 00:50
>>318
渋谷辺りかな。

320 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 05:45
いっそ聖書の焼き直し。たぶんめちゃ新しい。

321 :吾輩は名無しである:04/02/04 11:48
古事記の焼き直しは?

322 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 14:56
日経みたらくねくねの蹴りたいが50万部って・・・・・まじ?

323 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:03
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/best_wa.cgi?subj=tanko
インストール(19位)の健闘も光ってるね。

324 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:55
308 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 04/02/04 15:47
週間読書人という新聞があるんだけど、そこで篠原一が二人を論じていたよ。

要約すると、綿矢に関しては
「蹴りたい背中」よりも「インストール」のほうができが良かった。
「蹴りたい背中」で芥川賞をあげるなら「インストール」でやれば良かった。
蹴りたい背中はインストールよりも世界観が小さくなっていて、
もう息切れしているのか? そんなことで大丈夫なのか?
作品よりも作者の心配をしてしまう。 

309 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 04/02/04 15:49
で、金原については

扱っている内容はエキセントリックだけれども、
それを冷淡な調子で書き綴っているから浮いていない。
題材だけで引いてしまっている読者でも引き込まれるだろう。
彼女はこれからも深部をえぐっていくような小説を書くようになるだろう。

と書いている。


325 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 15:56
310 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 04/02/04 15:53
冒頭では、
こんなことが起きるなんて年はとってみるものね。
でも、
二人ともこんな早くに芥川賞をとってしまっていいの?
大丈夫なの?
花の命は短いのよ。
といった事が書かれてあった。

自身の文学界新人賞に関しての思い出も少し書いてあった。
かなり話題になったけれども、一つの新人賞に過ぎないから
自分ではそれほど大変なこととは思わなかった、と。

最後には、二人の成長を見守りながら、私は私の小説を書いていくとあった。

そんな感じ。

326 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 19:20
>>322 俺みたいに普段本を買わない香具師が踊らされて買うからだろ。

327 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 02:06
エロ女きらい。

328 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 05:12
>>132
>村上龍のコメント
>私は金原の作品を推した。すると文藝春秋に記者会見を頼まれた。
>記者会見は嫌いなので一度断った。しかしピアスが主題なので村上さんなら
>対応できると思うので、と再度頼まれた。どういう意味だ?と怪訝に
>思いながらも引き受けた。
>記者会見の最後の方で、候補作に若いのを並べたのは出版不況対策ではないか?
>と聞かれたが、候補作を選んだのは私ではないので、そういうことは
>文藝春秋に聞いてくれ、と答えた。
>現在の出版不況は構造的なので若い女性二人がデビューしたぐらいで好転する
>はずがない。

繰り返すが、おかしいぞこれは。村上龍は今回のもう一人の主役といっていい。
聞いてくれだの、はずがないだのという前に、まずヤラセの事実がないなら
はっきり無い、と否定するべきだろう。こんな曖昧な答弁で茶を濁して
逃亡を計るとは何事か。知っていて誤魔化しているのではないか、後ろめたい
気持ちが先に立ち、こんな表現になったのではないかと思うが如何か。
ヤラセはあったかなかったかはっきりと、イエスかノーで答えてください。


議長:内閣総理大臣小泉・村上龍・純一郎君。

329 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 05:14
くねくね作:綿製品

にょろにょろ作:金製品

330 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 00:25
>>328
 俺は龍だ! 芥川も龍だ! 龍は正しいんだ!!

331 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 10:32
http://pukapuka.s1.x-beat.com/img-box/img20040120163815.jpg


332 :名無し物書き@推敲中?:04/02/07 14:23
金原の方だけ先に届いたのでとりあえず読んで見ますた。
チンコとマンコと描いてあるだけで
2チャンネラーのほうがよっぽどオモロイ話がかけるんじゃないのと
思ってしまいました。
何こらへんが純文学かよく解かんないけど
徹底的に最初から最後まで「チンコとマンコ」で埋め尽くした方が
よっぽどいいと思うが。
だいたい一人称で書かれているのに全然感情が伝わってこない。
もう生きる気力がない香具師はとにかく氏んでくれ
そう祈る私でした。

333 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 02:32
芥川賞って、芥川龍之介賞っていうんだよね。
村上龍之介も取ってるね。

334 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 04:29
いきなりハードの話をするが、
蛇ピをみたとき、マティスが下書きして捨てたみたいな表紙は
何とかならんかいと思った。なんで地色が黄なんだ。意味不明。
河出のほうが装丁のセンスがいいと思う。

335 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 05:54
>>334
蛇にピアスの表紙を見ただけではどんな内容なのかわからないのが良いと思うのだが。
かといって女性的過ぎる表紙でもないので、手に取っても恥ずかしくはない。
地色が白だと汚れると目立つし、黄色でよいのでははないかと思う。
蹴りたい背中のほうが時代性にマッチしたデザインで、ブームが過ぎれば古臭く見えるデザイン
だと思うけどいかが?

336 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 21:25
じゃあ次回は長瀬愛にあげようよ!

337 :名無し物書き@推敲中?:04/02/08 21:26
実行されます。当グル−は、この情報をいち早くキャッチしました!
国内で破産、ブラックの方々でもオ−ストラリアで大口融資が可能にな
ることから金融業界に激震が走ることは間違いありません!ご興味のあ
る方はいますぐ下記をクリックしてください。
http://home.owari.ne.jp/~arowania/top.html

338 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/02/09 14:26
アッシュベイビー読んだ人いる?

339 :ちんちん男優:04/02/09 14:26
8日午前10時45分ごろ、東京都港区赤坂9の都道「外苑東通り」で、日産自動車のカルロス・ゴーン社長(49)運転の乗用車が2人乗りのバイク(125cc)と接触、バイクは転倒し、会社員男性(29)と無職女性(29

340 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 21:14
朝日新聞の家庭欄に、「うちの娘は感性が鋭い」とする母親からの
投書がのっていた。舌ピしてタトゥしてるんだって。それはNZランドへの
留学先で教わり、今はピースボート(!)に乗っているという、その娘。
芥川受賞作のヒロインのよう、と自慢する親ってどういう神経だ?

親からの理解を得て舌ピして親の金でピースボート乗るな。

341 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :04/02/10 00:26
とりあえず、あげ。
綿矢さんと金原さんの話はとりあえずここでしましょー。

342 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 00:41
>>340
そのうちに、社民党から立候補。舌ピ・タトゥーの国会議員誕生。

343 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 00:48
>>340
その投書を載せる朝日も突っ込みどころ。

344 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/02/10 00:49
おれは綿谷に蹴られたい。w

345 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 01:13
>>340

そのうち、漫子を連呼する娘が尊ばれることでしょう。
いや、もうそうなっているか。
電車の中で、女子中学生が平気で、『朕仔曼粉』言っていて、絶望的な気分になった。
この国は大丈夫かな。。。。

346 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 02:33
ヤッターマン・コーヒー・ライター
なんて絶望的な言葉なんだ

347 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 03:03
「感性」という言葉、つくづく手垢がついたな。
あと三年くらいは見たくない活字。

348 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 05:53
このスレは終わった。レベル低すぎ。

349 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 08:53
選評読んだが、何だ宮本輝が両方を推してるのか
いつもの選評では受賞作を貶しまくりなのに今回は絶賛してるのが情けなさ過ぎ
山田詠美も文学界新人賞選評での罵詈雑言は息を潜めているw
石原はいつもと変わらないスタンスで批判しておりそれは好感
個人的には金原の作品は嫌いで綿矢の方が好みだが、賞を与えるとしたら
金原ひとりでよかったようには思う
蹴りたい背中という題が秀逸だという選評が多くて唖然
確かに内容からすると適切な言葉だとは思うが、ここ数年の受賞作と比べて
それほど絶賛するほどのものか?
やっぱり年寄りが受けている印象と我々若者が感じている印象が微妙に
食い違っているように感じるのは漏れだけか?

350 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:03
>>349
今日発売の噂の真相に何かかかれていないか気になる。
やはり文壇と出版社の思惑が一致しての出来レースという感がぬぐえないんだよね。
選評を読む限りではべた褒めなんだけれど。

351 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:18
出来レースということはないと思うが、年寄り選考委員がいつもは
青年〜中年あたりの候補作に対して投げつける辛口批評が、
今回に限りほとんど見られないのがポイントだと思う。
何と関わらせて考えればいいかというと、老人たちの女の子に対する卑屈な態度だな。
中年以上の金持ち親父が、女子高生に一回五万、十万とふっかけられても
好々爺のような笑顔でよしよしと言っている姿とすごく被るんだが。

352 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:22
老人たちの

1.若い肢体への欲望(現実に抱けるわけではないが、そういう気持ちが少しは左右しているはず)
2.自分は年寄りだが君たちを理解してあげられるんだよという若者への媚び

こういった卑屈な心理が垣間見えると思う

353 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:24
ねえ、ちゃんと選評読んだ?
あと、芥川賞の選考委員には女性もいるのですが。

354 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 09:36
たしかに老人が日本を滅ぼしているね
糸山○太郎だっけ?買春国会議員て

355 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:04
選考委員の辛口批評を聞きたいのなら
次回の芥川賞選考会を待つべしw

356 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:05
おれの駄作が新人賞を取って、候補になれば袋叩きだぜ。

357 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:09
最終選考委員に対するアプローチはなかったと思うが
最終候補作を選ぶ下読み委員に対しては出版社サイドから
なんらかのアプローチはあったろうね

358 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:16
それはどの出版社もやっていると思われ。

359 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:21
いや、金品の授受レベルの話

360 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 11:56
554 :吾輩は名無しである :04/02/10 11:23
だから、
綿矢は、まだ自分が何を書きたいのかまったく分かってないんだよ。
だから、もともと持ち合わせた文才と編集能力でもって、あちこちから借りてきたモチーフをきれいにつなぎあわせてまとめているだけの段階。
いわば、模写段階。
それなのに、皆様勝手に自分の都合にあわせて彩色を施し足りない部分を深読みで補っている。
自分が綿矢の作品がどうしてもうけつけないのは、「心」が感じないからだ。
編集ツールが作り出した上質の作品って気がしてならない。
このあたりを見抜けない古い大人たちの存在のほうが気になる。
若い世代になればなるほど、綿矢作品の胡散臭さは見抜かれているようだけど。


361 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 15:40
>>318
そのとおりだよ、本当に。
でもね、綿谷はあの歳でいったい何千万の貯金があるんだ・・・
受賞作がもっと売れて、前作とあわせりゃ一億行くんじゃないか?
しかもあと十年は執筆で確実に細々とは食ってけるだろうし、
金持ちと結婚するチャンスも多いだろう。あのキャラだと。
俺みたいに生活するためにノイローゼになることも無いのだろう。
羨ましい。本当に。羨ましい。

362 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 20:41
いやいや問題は
チンコとマンコが受賞していいのかということだ。
チンコとマンコは解禁なのか?

363 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 20:44
>>360
その心のなさみたいな感じが
今の同世代の感覚だと思ったのだが・・

俺が白眉だと思ってるところを欠点だと思う人もいるのね。

364 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 21:50
今月中に100万部超えるそうです。
蹴りたいだけで印税一億円!!!
税金取られたとしても、かなりの収入ですね。
高額納税者番付、載るかな!?

365 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:09
インストールは32万部でしょ?
芥川賞受賞でもう何万部か行くだろう。
すると蹴りたい背中とあわせて、税金もってかれても一億行くかも。
鬱だ。インタビュー読んだら俺のほうがはるかに勉強してるのに・・・
俺には小説を書く才能が無い。金も無い。死にたい。
古井先生も褒めてるのか・・・鬱だ・・・仮往生伝試文を書いた人が・・・文庫化してくれ・・・鬱だ・・・
仕事が決まらん・・・リストラだ・・・鬱だ・・・死にたい・・・金がない・・・

366 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:10
うだうだ言ってないで氏ねって。

367 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:22
変なキャッチコピー1作と、短編2作。
これがりさちんの全作品。
全部あわせても、原稿用紙300枚にも届かない。
それが、1億円ですよ。
すごいですね。。。。


368 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:25
その点、金原のほうが、沢山小説書いている。
受賞後もコラムの仕事次々こなして、受賞1作目も書いた。
しかも、作品の評価は、金のほうが上。
才能があっても仕事頑張っても、所詮容姿がものをいうっていうのが日本の現状だと思うと、ちょっとやる気はなくすね。

369 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:26
古井先生はマンコにしか興味がないから。

370 :吾輩は名無しである:04/02/10 22:40
>>360>>363
10代20代の女が何を考えているかはこの世代が書かなければ分からない、
とか村上龍が言ってたからね。

ジジババには若い年代の考えていることを知ることが出来るだけで
新鮮というか興味深いのかね。
同世代にとっては当り前すぎて何の中身もない感動もない、
としか言いようがない。

371 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:43
綿矢さんの作品を読んでわかるのは
綿矢さんが考えたことだけ。

10代、20代というひとまとめな言い方が馬鹿っぽい。

372 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:44
結局「蛇にピアス」のラストがわけわからん
誰か説明して

373 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:46
>>371
その世代の代表的な感覚を表してると思われるから選ばれたんだろ。
共感性があるってことなんだから。

374 :吾輩は名無しである:04/02/10 22:47
>>372
書いた本人も分かってないからね。

「結論を求める人間はつまらない人間だ」ってことだろ。

375 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:52
>>363

555 :吾輩は名無しである :04/02/10 11:30
なんだよ心って


559 :吾輩は名無しである :04/02/10 11:35
>>555

作家として「これだけは書いておかなければ」というテーマ。
でも、インタビューとか読むと、
「うーん、私の書くスタンス、というたら
変やけど、これまで職業で書いているという気持ちもないし、自分が作家だとは思えないし、書くことが
楽しくて、生き甲斐で書いているというわけでもないんです」
ってことだから、本人の思惑を無視して周囲が祭り上げているだけなんだろう。
本人的には、インストールは受験の一環で書いただけで、幸いそれで一芸入学がかなったわけだから、それで終わりだった。
でも、実際は違ったんだよね。
本当の意味での自業自得は、これからはじまる。
本人が今、一番「???」って状態だよ。

376 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:54
>>374
即レスあんがと。
ヒップホップとラップが何を形容してんのか気になるんだよなあ
生徒に聞かれてさ。教師という立場上それなりのことをいわんといかん
誰かいい知恵ないか?
うまくガキをクルッと丸め込むぐらいの、ラストの解説。

377 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 22:58
「これはこうである」という意味を求めることはナンセンス。
それが純ブンガクだ
とでもいっておけば?

378 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 00:21
それで納得するような生徒はそもそも質問しない。

379 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 00:42
>376
男性が見たヒップホップの夢は
敢えて言えば、自分の罪に対する無意識下の後ろめたさ
もしくは逮捕への恐怖みたいなもんなんじゃないかなあ。
主人公は背中の入れ墨に目を入れた事によって、それは自立を
意味しているようにも読み取れる。
だから自分の中に川が出来たということは、
それが主人公本人では自覚がないけど
自分に芯が出来たという事をあらわしているんじゃないかな。
類推するに、主人公も男性も漠然と犯罪に対して
逮捕される事を予感している風にも読めるよね。
だから主人公は端的には独りでもやっていける、という事を
暗示しているのではないかなと。
自分はそうは思わないけど、
一般的な寓話的解釈だとこうなるんじゃないかな。
これでどうか。

380 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:00
四十代のオッサンがまったく同じ作品を書いたら
芥川賞とか、それ以前に文藝賞、すばる新人賞とか取れるのかな?


381 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:17
>>380
断言できる。
ぜってぇ獲れねぇ。

382 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:24
>>371
>その世代の代表的な感覚を表してると思われるから選ばれたんだろ。
共感性があるってことなんだから。

ああ、それあるよね。
思うに、売れる小説って、「私の考えてることを表現してくれた」と
錯覚を起こさせるマジックが、中に込められているとおもう。ユーミンの
歌みたいだが。
それがあるかないか。って、大きい。
吉本ばななもそれで売れたのだとおもう。

ただ、綿矢さんの作品については、「私が考えてることを表現してくれた」と
感動する(ひっかかる)同世代は、まあ、そういない。
オヤジが「十代二十代の考えていることを表現した」と錯覚しました。



383 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:32
要は年齢にあった作品を書けということだね。

文藝の前回の受賞者の一人、伏見さんは40歳だし、
森敦が芥川賞を取ったのは60代だからね。

384 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:35
>>382
綿矢さんの小説は、全体的に読みやすく楽しめるものであったのですが、
あのクラスに微妙に疎外されている、誰にでも出せるような空気間出していて、そこが芥川賞の選評でも評価されている感があったのですが、

>>ただ、綿矢さんの作品については、「私が考えてることを表現してくれた」と
>>感動する(ひっかかる)同世代は、まあ、そういない。

これはどういう意味か気になりまして。
現代の若い人達は、外向的な人が多くて、ああいう内向的な人の気持ちが分からないということなのでしょうか?
それとも、そんな浅いものではないよ、何か安易だ、というののどちらに近い意味なのでしょうか?


385 :384:04/02/11 01:36
すいません、誰にでも出せるような→誰にでも出せないような
でした。

386 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:38
>>384

自分はもうその世代じゃないからよくは分からんけど、
近所の若い娘さんとか見ていると、絹代の生き方にこそ共感覚える子が多いのでは?
みんな、群れからはぐれないように必死なんだよ。
その必死な様子を、冷めた目でみているハツや、群れからはずれてマイペースなおたくは、
むしろ、ウザいだけなんでは?

387 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:41
今の学校内で起きている人間関係の距離とかをずばり表現するなら、
絹代を視点にするべきだとも思う。

388 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:43
綿矢はあれでいいのよ。
ふだん文学なんて見向きもしない層に、文学がアピールできたのだから。
綿矢も、まだデビュー前の作家志望の俺たちも、
広い意味での同業共同体にいるんだし、すべてひっくるめて考えれば、
彼女の受賞はそれなりに意味があった。

あとは、自分の小説をどう書いて人に認めてもらうかだよ。

389 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:44
>>388

いや、申し訳ないが、自分は作家志望ではなかったりする。
ごめん。

390 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:45
>>389
じゃ、どうしてこの板にいるの?

391 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:49
>>390
だから、あやまっているじゃないか。
今回の受賞の騒ぎのどさくさで、気がついたらここに流れていた。

392 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:53
>>391
謝ることはないよ。
でもそうなのか。それほど今回の芥川賞はインパクトがあったのか。
きみもこれを機会に何か書いてみたら?

393 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:56
>>392
漏れは、もともとは、アニメ、漫画板の住人。
創作板は今回はじめて訪れたが、なかなか楽しくてもう一ヶ月も居座っている。
でも、そろそろお暇を考えている。

394 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 02:00
イノセンス、話題になってますか。
明日、人形展見にいくよ。



395 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 02:04
>>393
せっかく来てもらったのに残念だな。
自慢できるほどの板じゃないけど、
これからもまたたまには寄ってくださいな。

396 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 09:21

  主人公に共感した、と言ってる貴方。
  ハツは陸上部で記録を期待できるほどに
  運動能力の優れた 体 育 会 系 の女の子ですよ。
  多分、貴方とは全く違う世界の人間だと思いますが。


397 :ー=・=- -=・=ー:04/02/11 09:23
で? っていうカボヅカ

398 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 09:23
>>396
だったら共感しちゃいけねーのかよ?
馬鹿じゃねーの、こいつ。

399 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 09:25
おもえもな〜

400 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 09:29
そもそも、誰からも疎外されてるような人が体育会でやっていけるのかな?
あの世界こそ耐え難いものだと思う。部活の部分の記述は誰かから聞いたもの
をそのまま写したように感じたけど、作者が「主人公はクラスで居場所が
ないけど、部活があるから救われている」といってるから、そこをつっこんで
言ってしまったら作品自体成り立たないんだろうね。

401 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 09:43
陸上部(だったよね?)ってのがポイントかと。
俺は昔、陸上部員だったけど、他の部、特にチーム系の部活とは違って、
個人個人の習練が絶対的にものを言う世界だった。完全に個人能力の世界。
一匹狼でも、何とかこなしていけるのが陸上部で、逆を言えば、
この作品は、陸上部以外では成り立たなかったのかもしれん。

402 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 10:08
綿矢の経験値が少ないというのは勝手だが、
お前らの経験値が一体どれだけあるとでもいうのか?

403 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 10:12
とりあえず、経験値なら金原の方が綿矢よりも持ってそうな感じ。

404 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 12:13
セックスの経験値?

405 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 13:51
おまんこ
この一言につきる

406 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 16:36
金原より綿矢のほうがセンスある。

407 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 16:50
顔を出さずに売れ続けたら
綿矢は本物の作家だ。

408 :372:04/02/11 17:43
>>379
悪ィな。工房の為に。
成程そーゆー解釈か。漏れの解釈と近い。
379がもし来たら答えて欲しいんだが、要するに男はタイ−ホが怖くて、
それが自分の身近なヒップホップという状況に反映された夢を見たっつーこと?
主人公は主人公で、アマが死んじまってすっかりシバに頼ってるわけだが、
そいつがアマを殺したとわかったせいで
開き直りに近い強さを手に入れ、もしくは手に入れたいと思い
麒麟に目を入れ、川が流れたと。

要するに2人のヤバイ男を通して、サディズムに似た強さを得た。

そんなんでどうだ?

409 :372:04/02/11 18:10
追伸
379じゃなくても頼んだ(w

410 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 00:38
蛇にピアスのラストは現実逃避でファイナルアンサー!
夢だ。疑問が事実になるまで夢を見ようってこと。

411 :379:04/02/12 00:55
レス付けたもんですが、皆さんの解釈でGOODです。

>夢だ。疑問が事実になるまで夢を見ようってこと。
これ個人的に凄くステキ。嫌味がましくてGOOD!

412 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 23:10
おい、喪前ら!
2chに本物の綿谷りさタンが降臨してるぞ!
創作の裏話とか、いろいろ書き込んでる!
本人しか知らないような話とか、どうやら本物っぽい。とにかく見てみそ!
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news7/1076656479/

413 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 01:40
授賞式見たか? 綿矢ちゃんはういういしい感じ。
金原ちゃんはにこにこしていた。

414 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 04:56
>413
二人とも大人になったな……。

415 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 08:29
>>413
え〜〜、二人ともそっぽ向いて立ってる映像が流れてたぞ、
イスに座ってくつろいでる映像も別にはあったが


416 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 21:40
小野不由実読んでる方が1000倍おもしろい。
おもしろいってとても重要。金出して本買おうと思う。
この2つ。全然面白く無いし、金のほう、普通にDQN書いただけでキモイだけ。
選考者たちって、世代断絶有り過ぎるせいで、DQNの内情が新鮮なのかも。
文体も、漫画のガンツ読んでるのかと錯覚したよー。

417 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 21:47
だったら、それでいいじゃんか。
いちいち書くな。

418 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:01
本当に才能あって個性的なものは、お偉方は評価しないものだ。
むしろ、無難で平均点前後で自分たちの世界に取り込んで飼いならせそうな者ばかり選ぶ。
文壇を含む日本の芸術界っていうのはそういうもんだ。
だから、世界に誇れるものが芸術の分野からはなかなかでない。
アニメとか漫画とかゲームとか、大衆が直接いいかわるいか選べるものばかりが、世界に進出できる。
今日の不思議発見をみて、つくづく思ったよ。
本当に才能ある香具師を見殺しにするのが、日本の芸術界だ。

419 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:02
ふたりは結局あれでいいんじゃないか?というあたりで
俺はファイナルアンサーにする。最初の頃よりがらりと
変わった。むろん、商業的成功を含めてね。
本が売れるのはいい事だし、こうして嫉妬心が他の連中の
作品を生み出す原動力にもなるだろう。

420 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:03
だったら、それでいいじゃんか。
いちいち書くな。


421 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:03
日立がスポンサーをしてる番組が、君の教科書かい?

422 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:04
芥川賞の選考委員に作家なんて使うなよ。
日立の広報で決めなさいよ。それでお前は満足なんだろ???????

423 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:06
NHKで今やってる番組でも見ろって。
あっ、山瀬まみのあれを見るので大忙しか。大変だねえ。

424 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:06
>>421
どうして、日立の話題が唐突に?

425 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:09
>>418
音楽の世界もいろいろと大変だが、音楽にはまだ世界が残っている分いいんじゃないだろうか?
小説なんて、それこそこの狭い日本の中で認められる以外生き延びる道がない。
だから、頭を病んで野垂れ死にする香具師が絶えないんだろう。
結論。
文学なんて、もうやめろ、若人よ!

426 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:11
日立に入れ。inspire neztだ

427 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:17
>だから、頭を病んで野垂れ死にする香具師が絶えないんだろう。
・゚・(ノД`)・゚・



428 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:19
だったら、それでいいじゃんか。
いちいち書くな。


429 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:20
>>428タンは、いろんなところに出没しているな。。。。

430 :名無し物書き@推敲中?:04/02/21 22:32
>>429
428タンは、匿名だけど、我が強いお方なのでしょう。
2chが最高の活躍の場ですね。

431 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 00:55
君たち>>418>>419が別人である事に気づいてないのか?まさか。

432 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 01:01
親が文藝を買ってきて読んだんだが、蹴りたい背中なんて起承転結からやり直せよって思うぐらいだったぞ
正直、文芸小説界が出版氷河期を脱するために話題性とアイドル性を取り立たせて若い奴らを引き込もうという魂胆なんだろうなぁ
だが、小説界で最も売れていると言われるラノベ界に手を出さないのは彼らなりのプライドなのだろう
そりゃあ、萌えとかロリとかに手を出したくない気持ちも分かるが、まぁ……ねぇ

433 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 01:05
売れたという既成事実が残る
これが今後に影響する
賞の性質、その他

434 :くし:04/02/22 01:15
綿矢も金原も僕よりはずっと上手い。
それ以外のことはどうでもいい。

435 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 05:00
ああ、あれがそうか

436 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 08:52
400年ぶりです。綿矢さん、とても好きです。
綿矢さんに若い男性のファンが多いことを知り
ちょっと驚きました。
あなたは苦笑いしていることでしょうね。
といっても、私もあなたがすきなんですが。
ハッ。というこのスタンス!!
それはあなたの言葉だ。
私もあなたのように生きたい。
とても好きです。


437 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 18:48
綿谷が使う形容表現って、わざとらしさ通り越して、気持ちが悪い。

味噌汁の、砂が抜け切っていないあさりがなんとかとか、ポテトチップスとか。


438 :名無し物書き@推敲中?:04/02/22 19:57

作品を選ぶ選考委員がびみょーだ

439 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 00:41
ttp://mytown.asahi.com/okayama/news01.asp?kiji=4031

NHKでやってた。
高校生作家(ライトノベル系)

440 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 10:39
↑顔と名前(真紅蓮)と出版社(文芸社)が・・・

441 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 13:17
まず名前からしてヲタク

442 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 13:26
許してやれよ。
あんなもんだろふつうは。

443 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 21:50

            ゚ ;
           O 。
               o  ∧∧ ハニャーン♪
     ドピュッ!   ; (゚ヮ゚*)
           /⌒と   |
           (_  ⊂__)〜
              |  |
              |  |
              |  |  ウッ…!
              (*´0`)
           (  |
            U U

444 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 23:08
顔?

445 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 19:28

マケナイヨ            イッショニ ウンチシヨ♪
  ∧∧ 、、,.,         (,,、、,, ∧∧
  (*゚ー゚)  )〜       (   (゚ワ゚*)
    UU"''U゙:.∴ .,;;,..∴:て_ U"U"
    ブリュブリュ      ブリョリョリョ〜

 イッパイ デタネ♪        ナカヨク ワケヨッ♪
     ∧∧      ∬   ∧∧
     (*゚ー゚)  ∫ ・〜   (^ー^*)
     ∪  |     ∬    と  つ
    .〜(;;,:,; |   ∴;;,.,';,.    |;,;,..,)〜
      U"U  ,.,・;●;∴;;,.,;,  U"U
         `゙"'' "゙`' "゙ `"
 チョット      〜・     コリコリシテ
 ヤワラカカッタカナ?    ∬   オイシイ♪
     ∧∧ ∬ ・〜   ∧∧
     (*゚ー゚) ∬  ∫ (^ヮ^*)
     |つ●O .,;;,.∴;, O∵と|
   〜(O;;,;,つ.,;・∴;;,・.,;,.と;,,;,O)〜
        `゙"'' "゙`' "゙ `"

446 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 21:12
超名門の東大生、高山知幸が「鬼畜にも劣る残忍非道な犯行」を平気でする香具師だったり
日本の純文学の新たな担い手に送られる芥川賞が
チンコ&マンコだったり
こんな香具師らと同じ日本人なんて恥かしくて恥かしくて非常に鬱です。

447 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 22:27
                              |
                              |┏━━━━━━━
                              |┃ ヽ ノ _ ―: °
                              |┃  ノ     ノ
                              |┗━━━━━━━
                              |
                              |____
                              ||     ||
                ∧ ∧         ||     ||
                (*゚ー゚)       ||     ||
                U  |        ||0    ||
                |  |        ||     ||
          (( (( (( (ノ`J        ||     ||____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

448 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 01:38
インストールの頃の綿矢さんには 宇多田ヒカルさんや倉木麻衣さん それに広末涼子さんなどには感じなかった派手なものへの嫌悪感のようなコンプレックスがあったように思います。 凄くリアルというか 慎ましいというか。

449 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 01:45
ゆえに 僕は彼女に何か新しい事を期待してしまいました。 かといってハロー娘のように媚びることのないものです。

450 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 01:50
でも 今回の作品ではすでにに文芸賞をとり それだけで発言力があったにも関わらず 大学という過去に存在している飾りのようなプラスアルファを欲張ってしまいました。

451 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 01:54
しかも 現在ではなく昔の高校生を描きました。 その上 その経緯がどうであれ それまでは社会的に影響力を持つとされていた文学賞を受賞してしまいました。

452 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 01:59
どいゆう事かと言いますと 大学に行ったということは 本人が自分はまだ未熟かと思っていたか 嫌らしい野心があったのかに関わらず 本人の計画にも また僕のようなファンの期待にも反してしまったという事です。

453 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 02:02
他の業界 いや社会全体に向けての文学界のイメージを変えることは出来たでしょう。 でも 僕は思います。

454 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 02:06
∧_∧
         (´Д` )
         /   /⌒ヽ ← 448-453
      _/⌒/⌒/ / |__
     / (つ /_/ /\ |  /\
   /  (_____/  ヽ/   \
  /| ̄ ̄         ̄ ̄|\   /
/  |   かまって     |  \/
    |   ください     |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


455 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 02:06
もしもこの先 彼女がこれ以上完璧さや社会的意味を求められ 精神的 社会的に追い込まれる事があったならば それは尾崎豊さんなどに見られたファンのせいではありません。 彼女を祭り上げた人達のせいです。

456 :454:04/02/25 02:09
ずれた     逝きます

457 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 02:11
言葉は悪いですが この先何があっても 見捨てるような事がないよう 本人が悪いんだと責任転換することのないよう 暖かい目で見守ってくださることを願うばかりです。 あまりに報道が派手で危なさを感じましたので。

458 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 02:36
綿矢さんのほう、多少共感できたよ、自分の高校のときを思い出して
気分わるくなった。
気づいたらグループができていて、気づいたら隣にちょっとヘンな男の子が
いた。(一度も話してないけど)
そこからすべてはじまって、部活だけがたよりで学校へ行って
やっと卒業。
二度と学生時代には戻りたくない。
あんな気分悪いの読まなければよかった。


459 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 03:03
そんな気分にさせたってことは
よくできた小説だってこと

460 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 19:34
                /\    /\
              /    \ /   \
             ゝ              ヽ
            /                 \
           /     ○           ○ヽ
            |  \|/                |
            |  /|\ ヽ――――――     |
             ヽ                    /
            \                /
              ―――――――――'' "
                    |
                ∧∧∩
                (*゚ー゚)'  
                (/  |     ぶりゅぶりゅぶりゅぶりーー
                〜|  ,,つ
                ((  し"∵。 
                  ゚ ●:゚。
               .゚:●::: ●..。 
             : : : : :● :。 。・
          : : : : ●: : : : : :● :
   : : : : : : : : : : : ●: : : : : ●: :           

461 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:16
てゆーか、俺はマジで作品に惚れた。あの文体を19歳で完成させるなんて、天才以外の何者でもない。
俺としては、作品に惚れて、その次によく見てみれば顔もかわいかったっていうだけ。この板にいる大部分のオタク
と一緒にしないでほしい。彼女は早稲田に合格できるくらいに頭もいい。話す言葉も、京都なまりはあるけれど
知的だ。綿矢りさと同い年で、あれだけ的確な表現を使ってしっかりと受け答えできるやつはめったにいない。授賞式
の映像は少ししか見ていないが、一流の作家としてのオーラを感じた。ぶくぶく太って長ったらしい作品を書くことしか
出来ない京極や、少女小説めいた駄文を書くことしか出来ない江クニを、綿矢りさは近いうちに追い抜くだろう。
これは学歴がどうとか顔がどうとかではなく、持って生まれた素質がそうさせるのだ。
俺は彼女のファンである。彼女がどんな作品を書こうとも、常に期待に胸を膨らませながら読み続け、そしてその度
新しい感覚の鮮烈さに、驚くことだろう。

462 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:22

ハヤクブチコンデヨー!
 ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧∧ 
  ∧∧ (; ゙Д゙)
 (*゚ワ゚)⊂   つ 
  (つ つノ   ヽ
 〜O(i)  (/ ヽ)
                ハァハァ
    _ ∧∧  λ∧__
    |____(*゙ヮ゙) (゙∀゙メ) _|
.     !|\と _,〜´ ̄ ̄'ヽ、\ヾ
    | .\ノ   ゞ   ヾ)) \  ギシギシ…
    \/ \(( _,. - 、_,. - 、._ \ ::
      \   \________\
      ヾ \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| i
         \||________|

463 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:33
>>461
どこを立て読みですか?
釣りイクナイ

464 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:37


    ハニャーン♪ シィノオナラ! シィノコウモン! シィノ(自粛)!              
___________________________________
         |   _________________/
         |   |    ∧∧    ∧∧    ∧∧  _||_||_
         |   |ブゥ!  (*゚ワ゚)   (*゚ワ゚)   (,*゚ワ)  |__|       
     || | (´⌒(;:⌒i  つT  i  つT  i  つT _||_||_     
  .  ⊂|ニ(;;(⌒≡〜(   ノ .|〜( *,つ.|〜O(i) ノ.|.|    |    
     || \  ~ヽ◎ ̄ヽ) ̄ ̄ ̄ヽ) ̄ ̄ ̄ヽ) ̄ ̄  /         
        \__====================_回回/      

465 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 21:53
削除依頼出すのが面倒なので、
そろそろAAコピペはやめてくれないかな。

466 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 22:06
 26 名前:名無し草[sage] 投稿日:04/02/25 22:04
   創作文芸板
   [くねくね]芥川賞[にょろにょろ]
   http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1074872804/
   443,445,447,460,462,464
   削除対象区分:[レス削除]   
   削除対象アドレス:
   削除理由・詳細・その他:
     5. 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿
     故意にスレッドの運営・成長を妨害
     6. 連続投稿・重複
     コピー&ペースト

  アク禁にしてくれ。しつこすぎる。




467 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 22:45
>>461
どこを斜め読み?

468 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 22:51
>>461
おめでたう。
まあ、そのくらいの信者もいないと、ブームにはならないだろう。
ただ、大人が読める作品ではないと言っておこう。
それに、彼女が年を取ってもあんな文章をかけるのかね?

469 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 13:04

         ______________
        || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||       見たよー!!       ||
        ||                    ∧∧ クスクス
        ||_________∧ ∧ (゚ー゚*) ∧ ∧
                      クスッ (*゚ー| ̄ UU. ̄|ー゚*) ジー
                        〜( ⊃|____| ⊂ )〜

470 :シュレーディンガーの猫:04/02/29 17:34
まぁ、問題は次回作ですね。
「蹴りたい背中」も「蛇にピアス」もそんなに悪くなかった、と思います。
(ストーリーはいまいちですが)

でも、何というか、最近の若者はエロイですね。良いことです。


471 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 18:16
>>470
エロを入れれば「19歳ながら過激な描写が話題を呼ぶ」とか「問題作」とか言われると思ってる浅い奴らなんだよ。
・・・まぁ、幾分かは成功してるけどね。

472 :吾輩は名無しである:04/03/01 11:36
だいぶ成功してるだろ。
しかしこの板は金原のスレの方が多いような。


473 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:35
どうみても綿谷のほうが多い。

474 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 15:37
芸能雑誌でもくねくねのプッシュばっかりでにょろにょろは触れられてすらいないな。

475 :名無し物書き@推敲中?:04/03/22 06:35
くねっとな

476 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 05:12
おいっス!

119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)