2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

その作品のどこが面白いの?

1 :読者:04/02/03 09:11
世の中にはたくさん本がありますから、人それぞれ好きな作家や作品も異なると思います。
でも、ベストセラーで、メディアでも話題になり、日本の有名な文学賞までとってるのに、
自分はどうもその作品を理解できない、楽しめないというのはありませんか?
このスレッドでは、「あの作品はどこが面白いの?」と尋ね、
その面白さを知っている人からその面白さを教えてもらいます。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 09:18
おもしろい試みだと思うが、書くのが面倒なので2だけ獲っておく。

3 :読者:04/02/03 09:19
吉本ばななの作品なんですけど、有名ですし、ファンも多いですし、
賞も取り巻くっています。
友人も全集を持っていて、すごく好きで感動したりしてるんですけど、
僕は、どうも彼女の作品で感動できません。
安っぽいメロドラマを見ているような感じがするんです。
文章自体は、まあ独特でいいんじゃなかなって思うんですけど、
ストーリーとか内容がよく分からないんです。
女性にしか分からない感性なのでしょうか。
登場人物のセリフのあののろのろした感じのせいかもしれません。
それに、特に重要なこととか書かれてませんよね? 新しい知識になることとか、
新しい視点になることとか。
メロドラマをスローモーションで見てるような感じで、メリハリがないというか。
行間から何か読み取らないといけないですか?
彼女を好きな人がいっぱいいるのに、自分だけ理解できないのはちょっとした劣等感を感じます。
彼女の世界観って、何かすごくぼんやりしたものが眼前にあって、それがただただ消えて行くような感じがするんですけど。
恋愛が人生の全てだと思ってるような人向けの話なのかなあ。
どういう気分で読めばいいのか教えてください。



4 :読者:04/02/03 09:25
どうしてこんな風に思ってるのかというと、
例えば「ハリーポッター」の面白さが分からないって場合なら、「ああ、あれは子供向けだからね」
って説明できるんですけど、吉本ばななだと、文学界でも認められてる人っぽいし、
すごくファンも多いし、センター試験の問題でも出題されるくらいだから、
かなり高尚な内容を持っているのかなという気にさせられるんです。
でも、僕にとっては、やっぱりよく分からないし、世界に認められている文学作品を理解できないというのは、
自分の読解力や感性に問題があるのかもしれないという気がして本当に不安なんです。
ちなみに僕は司馬遼太郎みたいに素っ気無くても深みのある文章は好きなんですよね。
ばななはやっぱり女性の空想力をかきたてるもので、思いっきり女してるんでしょうか?
男性の方でばななに共感できる人っていますか?
やっぱりあれは女にしか理解できない作品なのですか?


5 :(σ・3・)〜♪エージェント ◆Kb0AgaLLxA :04/02/03 09:28
江国「きらきらひかる」の面白さを教えてくれ。あと唯川恵。

6 :読者:04/02/03 09:46
やっぱり、恋愛が人生の全てだと考えてる人には面白い作品なのかもしれないと思った。


7 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:55
吉本ばななみたいな糞を読むお前は負け組。
適当に5千冊くらい読んでこい。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 12:58
>>7
しかしモマエはバナナを超えられないわけだが。

とか言う自分もバナナの作品「白河夜船」しか見てないが、苦手だった。
選んだ本を失敗したのかと思ったが、そうでもないんだな。
けれどファンは多くいるし、評価も高い。
あれが理解できない自分には、売れる小説は書けないと実感したよ。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 13:11
私もぜんぜん吉本ばななは読まない。
どこがいいんだか全然分かりません。
でも劣等感は抱いていませんよ。
「吉本ばななのおもしろさが分かんない」って思う自分が誇らしいです。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 13:20
俺もバナナは苦手だが、30ヶ国語以上に翻訳されて、
世界中にファンがいるのだから、
彼女の現代作家としての存在意義は、
認める認めないのレベルはとっくに超えている。

>>7
きみが糞ではないと思う小説家を挙げて味噌。

11 :7:04/02/03 14:08
>>10
三浦哲郎、坂東眞砂子だよ

12 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:15
>>11
三浦哲郎は俺も短篇を幾つか読んでいるから、作品世界の雰囲気が分かるが、
坂東眞砂子は、まったくイメージが湧かない。「死国」を書いた人だよね。
スレタイに戻れば、どこが面白いの? 面白そうなら読んでみるし。

13 :7:04/02/03 14:29
>>12
直木賞作の山妣読んで腰抜かしそうになったよ。
緻密な描写と張り巡らされた伏線、
なにより圧倒的な世界観にぐいぐいと引き込まれた。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 14:39
>>13
tks.
今度本屋行ったら手に取ってみるよ。

15 :読者:04/02/03 17:26
でもまあ、ばななの作品はそれはそれでいいんじゃないかという気がしてきました。
自分にとってつまらなかったので、それは作品に問題があるからだと思い込みたかったのですが、
彼女の作品は彼女の作品としてのスタイルがあるだけで、それがいいとか悪いとかいう問題じゃないんですね。
たまたま僕の感性に合わなかったというだけで。
そういう風に考えて納得することにしました。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 17:29
結局は嗜好の問題だものね。
因みに漏れは、果物のバナナの方が好きだ。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 20:40
今すごく人気の「世界の中心で愛を叫ぶ」
アレのどこが感動するのか全然分からない。
何も感じる事なくふっつーーーーに読み終わってしまった・・。
色んなトコで感動する!って聞いたから期待しすぎたってのもあると思うのだけれど。
ここまで何も感じずに本を読んだのも珍しいってくらい何も感じなかった。
別に恋愛に関して無頓着なワケじゃないのにな

18 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:00
俺がよく不思議に思ってること

ベストセラー小説として祭り上げられるものには、物理的に
すごく分厚い(何冊組とか)か
すごく薄いか、そのどちらか両極端のものが多い気がすること

印象だけどね

19 :名無し物書き@推敲中?:04/02/03 21:08
ばななを男の漏れが無理やり褒めてみると・・・
ストレイトな感想を述べるセリフ→すごく素直
イヤミの無い独り語り→ウザさがない!整理整頓的な気持ちよさ
なのではないかな
設定なんかは現実的じゃない、漫画チックともいえるよね
問題なのは父親のほうがもっとわからんという、漏れ自身の学の無さだな

20 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 04:46
男だけどばななは最高にいいと思うよ。
初期と最近のものはよくわからんが中期の「白河夜船」あたりは最高に酔える。
本人がどこかで作品を書く際に一番心がけているものは「トリップ感」と言ってたけど、
まさにそれがある。理屈ぬきでわかりやすいファンダメンタルな情動。優しさとか悲しみとか。

有名どころでいけば僕が理解できないのは大江と村上春樹。全体的にいってがさつって感じしか受けない。
もちろん一部すごく好きな作品とか一節もあるけど。それに比べて龍は男性的で乱暴でありつつもすごく繊細なとこがあって惹かれる。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 12:12
大江健三郎は初期の短編はなかなか良かったような
「奇妙な仕事」「人間の羊」「セブンティーン」等
長編は「遅れてきた青年」で新聞小説なんかな、と思うような
ショボイ終わりかた。打ち切られたのかと思ったよ。ダメだめ

ノーベル文学賞で大喜び+日本の賞は無視しちゃおう!ってとこに
女々しさ、チャチさを感じる。サルトルでも見習え、と。
もし東大に落ちてたら、全て終わりだった・・・そんな作家だなー

22 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 14:15
吉本ばななの小説の良さというのは、ドラマチックな人間描写にある。
(一概には当然くくれないですが)
例えば病気を抱えた美少女とか 何らかの「物語の萌芽」がありそう場面を
提示して、そこで「あたりまえのこと」を書くとドラマチックになる。

しかしあれは一見して「女」が望むような姿を描写しているように見えて
(最近のは知りませんが)「男」がのぞむような「女」像を描いているような
そんな印象を受ける。 のびやかとか奔放とか結局は「男」がそう判断しているので
あって、「女」自らがこれが「のびやか」だとか「奔放」だとか思ってやっているのか疑問だ。

男性的な社会の抑圧・ルールを逸脱することが=「奔放な女性」
とするロジックは間違っているような気がする。
何故ならそれは男性側の抑圧・ルールが消えれば、奔放でも自由でも「何でもない」こと
になってしまうからだ。 その意味で最近は村山由佳・吉本ばななとかは読まない。
読んでいた時期はあったけど、今はあんまり覚えていない。
そういえば林真理子はたまに読むな。 吉本ばななとかとは対照的な意味で

吉本ばななとか村山由佳の最近はどうなの? 詳しい人どんなの書いているか
教えてよ。 後、これは「真に」女性的な姿を描いたと思われるような作品/作家も
あわせて教えてください。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/02/04 22:08
女性的な姿を描いてる作家なんて全員ゴミだよ。人間を描かないと。
女性特有の心理や葛藤を抽出した構成の作品はもういい。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 11:00
>>18
固定ファンのついてる大長編か、絵本かって感じだよね〜
芸能人のお勧めとかは、出版社から働きかけてそうだけどね〜

25 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 11:14
重力ピエロ

重い問題を軽いタッチで描いている。すばらしい。新しい同時代文学。
絶賛の嵐……
(すこしネタバレ注意)
でも……人を殺しておいて、反省のない兄弟。
自分たちを正当化する兄弟。人殺しも、みんなでやれば怖くない。
今の若者感覚で正しい? 本当に?
この本読んで、結末読んで、みんなで絶賛するのが怖いよ〜〜〜

26 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 02:02
吉本バナナねぇ。
模擬試験に出たときは結構面白いと思って読んだけど
絶対暇な時間を潰してまで読みたくはないね。
まあこれは大半の模試の問題に言えることでもあるが。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)