2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【やっぱ】芥川賞研究スレ【欲しい】

1 :MJ ◇MJ/axTXDJk :04/03/06 23:26
なんやかんや言っても『芥川賞』は純文系新人賞の最高峰。
巷ではレヴェルダウンした、なんて声も聞くが、そんなこともないっしょ。
マジレスで傾向と対策を研究してみませんか?

最近の受賞作 <綿谷/背中、金原/ピアス、大道/ドライブ、吉田/パークライフ、長島/猛スピード
ちょっと前 <笙野/コンビナート、藤野/夏の約束、藤沢/ブエノスアイレス、柳/シネマ とか
かなり前  <村上/ブルー、とか
おおむかし <吉行/驟雨、安岡/悪い仲間、遠藤/白い人、古井/ようこ、小島/アメリカンスクール とか


2 :ターゲット:04/03/06 23:29
>>1
おお! 傾向と対策研究しましょう!

3 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:30
おや、さんくー。>1

べつにレベル落ちてないよね。

4 :ターゲット:04/03/06 23:33
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1073135320/l50

俺はこのスレによく書いています。ただし、スレ立てたのは俺じゃありません。

芥川賞の「傾向と対策」のために、第1回受賞作の「蒼茫」から、今回の
「蹴りたい背中」「蛇にピアス:まで、芥川賞の全受賞作と、全選評を読破
しました。そのうち、もう一度、読破にとりかかるつもりです。

5 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:34
今回、おれは
背中>>ピアス、と思ったが
選評ではピアスが満場一致だったらしい。

6 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:36
>>4
すげー人だな、あんた。w
印象的なのはどれだった?
4のスレと被ってたらすまんが。w

7 :ターゲット:04/03/06 23:37
俺も、蹴りたい背中は受賞レベルに余裕で達しているが、ピアスはすばる
は受賞しても芥川は候補止まりくらいだと思った。
でも、後で何を言おうが、受賞してしまったという事実は動かせない。
「受賞した」という事実を素直に受け入れて、「傾向と対策」の一環に
加えるしかない。

8 :ターゲット:04/03/06 23:41
>>6
俺が好きな芥川賞受賞作は、「赤頭巾ちゃん気をつけて」「感傷旅行」
「祭りの場」といったあたり。
>>1で例に挙げられている「タイムスリップコンビナート」「夏の約束」
も、受賞作としては好きだし、特に、「タイムスリップ・・・」のよう
な作品を受賞させたということは、芥川賞も捨てたものではないと思う。
ただ、笙野だったら「居場所もなかった」藤野だったら「少年と少女の
ポルカ」が好きだけど。

9 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:42
>>7
いま、レス4を見てきた。
あんた、大塚のノルマをこなしたんだな。(えらい!)
おれもあの本持ってるが、おれがどっかのスレで紹介したら
反響がでかくて、すんごいサイトになった。
次レスで挙げる。

10 :ターゲット:04/03/06 23:45
俺は芥川賞については、受賞作掲載号の「文藝春秋」のバックナンバーを
平成7年からずっと保存している。
でも、選評を読みたかったらバックナンバーを見たりしなくても、文藝春秋
が出している「芥川賞全集」という、現在19巻まで出ている全集には、
受賞作と一緒に選評も載っている。俺も平成6年以前はすべてこの全集で
読んだ。

11 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:46
これね。↓

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/5336/

>、「赤頭巾ちゃん気をつけて」「感傷旅行」「祭りの場」
三つとも読んでないや。w

おれが最近のものから選べば
「猛スピードで母は」「ブエノスアエレス午前零時」「水滴」かな。
疑問なのは
「エーゲ海に捧ぐ」「ぼくって何?」



12 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/06 23:52
印象深いのは
「喪神」五味こうすけ、「アメリカンスクール」小島信夫
「過ぎ越しの日」作者忘れた(女流)
「蛇を踏む」川上弘美、「家族シネマ」柳美里

かな。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 23:57
あれがいい、これが好きとか言っていて、傾向と対策になるのか?
あの作品のこういうところがいいとか、評価されたのはこの点じゃないかといった、
具体的な話をしないと意味がないだろ。
といっても、本当にわかっている奴は簡単には手の内は明かさないだろうな。

14 :ターゲット:04/03/06 23:59
>>11
プロット作りソフトってかなり便利かも。
ただ、俺は最初は「大塚メソッド」を忠実に一通りこなしたあとで、
色々と便利なツールを使おうかと思っている。

俺もサラリーマンをしながら芥川賞をめざしていて(芥川賞より先に
まず文學界新人賞あたりを受賞しなければならないけど)、家に帰っても
小説の勉強をする気にならなかったり、すぐ寝てしまうことも多くて、
芥川賞受賞作を全部読むのに1年半もかかってしまった。

15 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 00:00
福田和也は、春樹、<島田、エイミー、源チャン、
に芥川賞を与えなかった文壇だいけん、みたいなこと言ってたが
吉行マンセーなおれは複雑な思い。
島田は何度も候補になりながら、
毎度吉行のダメだしでゲトできんかった。
それはべつとして、島田って全然おもろくないのだが。w


16 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 00:04
>>13
雑談するうちにポイントがしぼられるっしょ。
例えば、15で挙げた作家たちは、いまや業界の重要人物だし。
彼等が受賞できなかった背景とか考察すれば何かが見えるかも。

17 :ターゲット:04/03/07 00:04
>>13
そうだな。嫌いな作品、つまらないと思う作品ほど、「こんなのがなぜ受賞
したのか」と、分析しなければならないのかも。
大学受験、国家資格試験でも、好きなことしか勉強しなかったら、不合格。
受賞のためには、イヤなことも無理してでもやらなければならないというの
は、常に自覚している。

18 :ターゲット:04/03/07 00:10
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1034551741/l50

芥川賞ではないが、俺の賞というものに対する考え方は、俺が詩・ポエム板
に立てたこのスレをちょっと見てもらえればなんとなくわかると思う。
俺は芥川賞をめざすのと同時に、「詩の芥川賞」のH氏賞、「演劇の芥川賞」
の岸田戯曲賞の受賞もめざしていて、笙野頼子とは違った意味での「三冠王」
になりたいと思っている。

19 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 00:17
詩か。
たしかに散文でもポエジーなスパイスは欲しい。
つか、目指してるが、その企みの効果を
他人に聴きづらいのが難点。w

20 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 00:18
ピアスのように<XX新人賞=芥川>という例はまれで、
芥川賞研究は、新人賞狙いにはあまり役に立たないのではないか?
新人賞は、その名の通り、いままでにない新しい才能があるかが基準の賞で、
芥川賞は、末永く文壇の一翼を担ってもらえるかが基準のはず。

もっとも中学生でも、プロ野球選手にあこがれ、
それを手本に練習するのは大いにかまわないわけだが……

21 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 00:24
>>20
「文学界」や「すばる」ゲトした者が候補になるのだからあながち無駄ではないとふんでスレたてた。(代理人だたてたのだが)
実社会の「今」というか「事象」と受賞作の関連性を話し合うだけでも意義があると思うのだが。


22 :ターゲット:04/03/07 00:34
啓タンのように新人賞をすっとばして芥川を受賞するのにこしたことはない。
でも実際のところ、いわゆる五大新人賞を受賞→数作書き、2〜3回候補
になってから、「文學界」に掲載したものが受賞、というパターンがとて
も多い。
新人賞にしても、現在は文學界新人賞が圧倒的に有利。文學界新人賞を受賞
すれば、遅かれ早かれ、だいたい一度は候補にはなる。
絲山のように受賞作で候補になることもあれば、吉村萬壱のようにしばらく
たってから突然候補になってストレートで受賞したり。
吉村萬壱は・・・文學界で同時受賞だった、しかもずっと年下の20代の
長嶋有が最初から候補になってあっという間に芥川を取ってしまったのに、
吉村はデビュー作は候補にもなれず、しかもああいった作風ではもうダメ
だろうと思われていたが・・・。
年齢的にも立場的にも、俺はまず、吉村を手本としたい。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/03/07 00:35
>>21
20 だけど、スレに意義を否定したのではないよ、念のため。
芥川賞のレベルのものが書ければ、新人賞など楽勝なのだから。

ただ新人賞には新人賞の対策があると思ったので。
例えば、どうやって下読みさんを(良い意味で)騙すか、とか。

24 :ターゲット:04/03/07 00:52
ところで、芥川賞をめざすのと同時に三島賞をめざそうと思ったことがあった。
でも、ちょっと思いなおした。
「文壇」とやらでは、三島賞は芥川賞とほとんど肩を並べる賞。年一回しかないし、
単独受賞が多いので芥川賞より難しいかもしれない。
ところが、これだけ難しい三島賞、世間一般では( ´_ゝ`)という程度なのだ。
コストパフォーマンスを考えると圧倒的に 芥川賞 >>>>>>> 三島賞

「文学賞」のことを考えていると、ついつい、「世間一般」のイメージを忘れて、
マイナーな賞をめざしたりしてしまいそうになる。
資格試験でいえば、日商ワープロ検定(現・文書技能だが)の1級を取った人間
が、次に日商のビジコン検定の1級をめざしてしまうのと同じように。
「世間一般」でいえば、ビジコン1級なんて( ゚Д゚) ハァ? にすぎない。そんな
ものを取るくらいなら簿記検定2級でも取るべきだろう。
芥川賞をめざすには「とにかく作家にならなければ」ということでミステリ系や
歴史系の新人賞、あるいは太宰賞に応募するといったことは絶対にしてはならな
いだろうな。

25 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 00:55
おれも各誌の新人賞〆きりが被ってるのを昨日知り、
各誌の傾向と対策、を考えたのだが、
優秀(と審査員が認めたもの)は芥川賞の候補になる、と仮定してスレたてた。
「文学界」からの受賞者が多いのは、ケチつけたらキリがないのでしない。
今回は文藝とすばるだったし。w

26 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 01:05
>>24
それは単に、社会通念上、文藝春秋社>新潮社、てことでは?
トヨタ>日産、みたいなもので。

>芥川賞をめざすには「とにかく作家にならなければ」ということでミステリ系や
歴史系の新人賞、

おれは、それが出来ればやるかも。w
出来ないと痛切に感じる。
キング原作の映画の幾つかやコーエン兄弟の映画を見ると、
脚本から逆おこしで直木賞ゲトできるっしょ。

27 :ターゲット:04/03/07 01:15
>>26
直木賞と芥川賞についても、たとえば、芸能人が小説書くとき「直木賞をめざす」
という人間が多い(サトエリのように珍しく芥川賞と言うのもいるが)ように、
もしかすると俺がよく言う「世間一般」とやらでは 直木賞 >>> 芥川賞
なのかもしれない。
そういうことを考えると、そもそも芥川賞ではなく直木賞をめざすべきか? という
気がしなくもない。
ただ、俺の場合、芥川賞の先に「ノーベル賞」という最終目標を見ているので、
やはりエンタメではなく純文学を・・・ということだ。

国体に出るだけなら空手をやるのがいいかもしれない。しかし、オリンピック出場
を視野に入れるならテコンドーをやるのがいいだろう。そういうのと同じ。

28 :ターゲット:04/03/07 01:38
コーエン兄弟・・・
バートン・フィンクは、俺はそこそこ面白いと思ったのだが、「なぜこんな
つまんねえのがカンヌグランプリなんだ!」という意見が多いようだ。
しかし、日本人がいくらつまらんと言っても、バートン・フィンクがグラン
プリ(当時の名称)・監督賞・主演男優賞の「三冠」を取ったことは事実だ。
俺が映画監督になるとしたら、賞には無縁だが「多くの観客に見てもらえる」
職人監督ではなく、ミニシアターでしか上映できないが国際映画祭で賞を
取れるような監督になりたい。

俺は監督になるつもりはないが、映画脚本も書けるようになりたいと思っている。
ここでもやはり「傾向と対策」を考えていて、アカデミー賞作品賞の受賞作を
週に一本くらいのペースでコツコツと観続けるというのをやっていて、アカデミー
賞作品賞の受賞作の70数作のうち、50作くらいは観た。
作品賞受賞作をすべて観たら、「オリジナル脚本賞」「脚色賞」の受賞作や、
カンヌパルムドール(以前のグランプリ)・ベルリン金熊・ベネチア金獅子の
受賞作を全部観るということにも挑戦しようと思っている(というか、もうす
でにかなり見ているが)。
アカデミー賞はともかく、カンヌで時々出る(毎年は出ない)脚本賞あたりを狙
いたい。

29 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/03/07 01:44
まー、我が国では川端と大江だからね。<ノーベル賞
川端は、エキゾチックな極東の島国、で受賞。
大江は、ガルシア・マルケスふうの、四国の山奥の村、で受賞。
おれはマジョリティの共感を得るものよりも、
マイノリティの心をがっちり掴んで離さないような作家がすき。
だからノーベルなんて引いてしまう。w
とはいえ「百年の孤独」は素晴らしかったけどね。
つい最近マジョリティ系に目覚めたっす。w

落ちます。つきあってくれてサンクスでした。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)