2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文章力は学歴と関係ある

1 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:02


2 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:04
2げっと

3 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:04
高卒の文章力は著しく低い

4 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:06
で、このスレを立てたバカの最終学歴は?

5 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:10
大学でも三流大卒はやっぱレベル低いな

6 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:14
裕香ー

7 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:15
中学までで文法の基本はほぼマスターできる

8 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:16
ない

9 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:47
ジュンブンでもっとも華麗な文章を書く金井美恵子、
もっとも引き締まった文章を書く丸山健二、
もっとも力強い文章を書く中上健次、彼らはみな高卒だ。
「小説における文章力」に限れば「学歴」とは一切関係ないだろう。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 22:58
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )  司馬遼太郎。大阪外国語大学。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:24
昔は進学率が低かったから、高卒でも十分だったが、
今の20代で、高卒なんていったらほんとにイメージ悪いね。
だって、ヤンキーだって大学に行っている時代だよ。
Fランクにも2部にも引っかからない人間って、いったい何なの?
しかも、そのことを何とも思っていない。
寧ろ作家になるには高卒がいいとでもいいたげな姿勢。
脳の構造がどこか普通と違うんじゃない?

12 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:26
なんだかこのスレみてたらピザ食いたくなってきた。
ピザを頼んでいいですか?大卒です。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:28
最近の高卒はダメだね、見所のある高卒はいなくなった。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:34
だな。>>9 でちょっと煽ってみたが、
言われてみれば、いまの時代、高卒で根性あるやついなくなったもんな。
金原は例外中の例外かな?

15 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:34
>>12
どこのピザ?

16 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:36
>>15
ピザー


17 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 23:37
昔は頭いいが、親が金なくて高卒というのがいたが
今の高卒はバカしかいない。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 01:36
だらだらと三流大へ進む香具師より、潔く高卒で就職するヤツの方がマシだ。
(ここで言う高卒は、大学へ進学できない香具師を除く)

19 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 03:14
>>14
>>17
「今の高卒は〜」って……この国の全ての高卒の30%すら見てないのによく言えるね。
視野が狭すぎだよ。

ちなみに俺は高卒じゃないから、攻撃してもムダだぞw
俺はただ「現代の○○は昔に比べてダメ」とか言う奴に反論したくなるタチなだけ。
自分達がどれほど狭い世間に住んでるか再認識してから言って欲しいもんだ。

20 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 03:32
>>19
 学校基本調査(文部科学省)と同速報から学歴別に「新卒フリーター」数を計算してみると、
一九九〇年から二〇〇三年にかけて、高卒は九万人から十三万人に増加しています
 一方、九〇年から〇三年までの就職者は減っています。とくに高卒は六十一万人から二十一万人に激減。卒業者全体に
占める就職者の割合(就職率)は34・4%から16・4%になりました。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 03:36
高卒就職者の約半数が入社3年以内に離職
日経連「高校新卒者の採用に関するアンケート調査」2001年

22 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 09:40
多少は関係あるんじゃないかな。
例えばあるテーマについてネットで議論すると、
学歴の低いと思えるひとは語彙を知らない上、
論理性が弱いから相手を納得させることができないケースが多い。


23 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 11:55
相関性はあるが絶対的ではない。

以上下らんスレはおわり。

24 :19:04/03/13 12:00
>>20
デフレの最中に失業率が上がるのは当たり前だろ。
その弊害が卒業者より高卒に多く降りかかったってだけで。
何故これが「高卒は頭悪い」という事の証明になるんだ?

25 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 12:04
>>22
どれくらいの学歴を「学歴が低い」って呼ぶのかによるよね。
俺の考えでは、とりあえず少しは名前が知られている大学を出てれば十分
語彙や理論性は期待できると思う。
それでも語彙や理論性がないヤツは早稲田慶応を出ててもいるし。

26 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 12:30
>>22
議論を始める前に、最終学歴の紹介でも行なうのかね?

27 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 13:11
>>21
世間の目が冷たいってのもあると思うよ。
学歴なんて関係ないはずの創作を扱う板でさえ、
こんな侮辱的するようなスレが立つんだしな。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 13:13
話題になっている「半落ち」を買おうとしたが、
作者がわけのわからない大学の卒業生であったため、
京都大学の大学院生が書いた「太陽の塔」を買った。

29 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 22:14
内容で判断しろ、立ち読みして

30 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 23:08
ぶしつけな質問で悪いけど、
理工系の学部卒で文学者になった奴っている?

31 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 00:44
>>28
作者の学歴を見てから買うのね。
裏カバーのあらすじや、最初の数ページを覗くことすらしないのね。

アホ

32 :名無し物書き:04/03/14 01:36
>>28
きみの文章にには、無教養さが滲み出ているな。小説は学歴じゃない。知識でもない。
才能を教養で磨いて書くんだよ。きみのように、知識だけで教養の欠片もないような
輩が、いま、様々な事件を勃こしているんじゃないか、と思う。著者の学歴見て本を
買うなんて言ってるようじゃ、誰も相手してくれないだろう。きみのような奴は、おそらく、
恋愛も何もかも、バーチャルでしか出来ないで、自慰に没頭するしか術がない日々を
送り続けているんだろう。低学歴を馬鹿にしているようだが、俺にはとても、きみが
高学歴だとは思えないね。まるで雑種にペンキを塗って、どうだい、綺麗だろう、って
吠えて、嗤われているようにしか思えないな。鏡で顔を見て、この世で一番凄いのは僕、
などと酔いしれて、涎でも垂らしてるんじゃないのか。


33 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 02:51
「高学歴=文章力がある」ではない。

しかし文章力がある人は高学歴なことが多い。

まあ、そういうこった。

34 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 08:03
文章力=社会経験+本人の努力+才能なのでは?
松本清張は「小説は40歳を超えなければ書いてはいけない」と
いうことを言っていた。ちなみに清張は大卒ではない。
現役の作家、とりわけ超売れっ子の宮部みゆきとか、京極夏彦、
真保裕一とか、大卒ではない。

35 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 08:06
文章力=社会経験+本人の努力+才能なのでは?
松本清張は「小説は40歳を超えなければ書いてはいけない」と
いうことを言っていた。ちなみに清張は大卒ではない。
現役の作家、とりわけ超売れっ子の宮部みゆきとか、京極夏彦、
真保裕一とか、大卒ではない。

36 :名無し物書き@推敲中?:04/03/14 14:14
やべー今時の若者はだめだとかいってるよw
そんなの聖徳様の時代から言ってるのによ

37 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 04:36
>>34,35
わかりきったことを必死で2重カキコするなや。
糞スレにマジレスしてると馬鹿になるよ。

38 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 05:42
どうも!
面白そうなテーマだったんで、寄ってみました。
私は、23歳の女です。
さて、私の学歴を、以下の文章を読んで当ててみて下さい。

春がきたね。
春生まれの私にとっては、一番大好きな季節。
でももう、1年以上も彼氏いない…。寂しいな。
春はまだいいんだけど、夏はきついよね…。
花火大会とか、海とか、行きたぁい!!!
早く高学歴の彼氏をゲットしたいなぁ。コンパ行くべ。

正解は、マジレスで答えます。当ててねっ。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 06:36
>早く高学歴の彼氏をゲットしたいなぁ。コンパ行くべ。
そこそこの大きさの会社のイマドキのOLっぽい。
近年、高卒は就職が厳しいので、短大か4大卒。
就職をきっかけに彼氏と別れたのなら4大だけど、わざわざ高学歴と言っているところから短大卒。
あまりお嬢さん学校の出身でもなさそうなので、共立女子短大くらい?

でも、社会人なのにこの時間帯の書き込みも妙。
就職が決まって浮かれている女子大生? 一浪ならあり得る。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 06:40
>>38
ばーか。
俺は高校中退だけど、ギャンブル大好きで、一億3千万儲けたよ。
ぜってー大卒の女なんて付き合わねー。
俺のこと学歴で判断しねー中卒の女のほうがいい。

41 :39:04/03/15 06:52
ちなみに俺は、東大と英ケンブリッジ大学院卒だけど(マジで)、あんまり文章はうまくない。

42 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 06:54
>>41
作家にならなくてもいいのでは!?

43 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:25
>>41
何学部?

44 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:31
2ちゃんやってる時点で馬鹿。
頭のいい人間は、もっと有効なことに時間を使うのですよ。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:32
>>44
おまいも2ちゃんにいるわけだが。

46 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:33
しかも、朝っぱらから。

47 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:34
俺はハーバードとソルボンヌ(マジで)


48 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:34
>>44
おいらなんか、好きな人にメールしたもんね(ウワァァソ

49 :44:04/03/15 07:34
だって俺日大だもん

50 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:35
44の考える有効なこと


51 :44:04/03/15 07:35
育毛

52 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:35
オナニー

53 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:36
>>44
自演乙

54 :44:04/03/15 07:37
>>51
騙るな。おれが44だ

55 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 07:37
もまいら、朝から悲しくなるから、やめなさいよ!

56 :38:04/03/15 17:37
>>39 一浪してる女子大生は、当たりです!!
中堅私大で、就職は決まらなかったので、これから田舎帰って、
家事手伝い(無職)しながら結婚相手を探します…。
国文学専攻なんで、このスレに興味を持ってやって来ました。

>>40 中卒でも、中卒の男を嫌がる女はいるし、大卒でも、
全然馬鹿にしない女はいますよ☆高学歴にこだわるのもどうかと思いますが、
逆に低学歴にこだわるのもどうかと。。


57 :名無し物書き@推敲中?:04/03/16 01:43
>>38
ネカマっぽい

58 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 01:09
例えば文章を書かせると一発でわかります。文章というのは「論理性」「発想力」「他者への想像力」等がわかるのですが、評価は見事に偏差値に比例します。
ある論作文の担当者から聞いた話です。でもあきらめないで下さい。その逆があることも事実なんです。
偏差値の低い大学でも「頭の回転、知識量、バランス感覚など」に優れた学生はいるのです。僕もそんな学生にたくさん会ってきました。
ただそういう人を探し出すことは企業にとって非効率的ではあるのですよね。

http://st.u2b.co.jp/forum04/column03/column14.html

59 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 01:30
>>58
偏差値って、どの教科の偏差値に比例するの?
国語?

60 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 05:26
学歴のない奴は「そんなもの関係ない」、学歴があると思い込んでる奴は「やっぱり関係ある」、学力が本当にある奴は「取り合えず何か書いてみたら」と言う。

61 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 13:14
学歴高い奴でも屑な文章書く奴はいる
学歴低いのに良い文章書ける奴もいる

唯一の事実は、後者の数より前者の数の方が少ないという事な。
学歴で線引くとそれなりの文章書ける奴に恵まれるのよ。

ていうか学歴ないと言われるのが悔しいなら付ければいいじゃんのよ。
誰も現役生じゃないとダメだなんて言ってないんだし

62 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 22:00
学歴のない者同士の結束は強いw

63 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 22:17
>>62
じゃあアタイとアナタの結束は強固なのねw

64 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 22:19
ttp://www.unnmei.com/iq.html
↑IQテスト
ライトノベル板の雑談所のあったので持ってきた
ラ板の有名コテが130
学生っぽいワナビのコテが126ポイントらしい

65 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 22:52
がんばってみたけど、116点だったよ。

66 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 23:02
>>64
130出たけど……
でも、これって大人がやると信頼性低そうだな。

67 :名無し物書き@推敲中?:04/04/30 03:53
>>64
俺はIQ130で高校では知能検査一番だった。
でも高卒で無職。来年専門学校に行く予定。
頭良くてもこの境遇、なんと世の中不公平なものか。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 19:04
逆方向から考えてみよう。文章力があれば大学受験に有利なのか?

69 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 19:13
>>68
その逆説は成り立つんだよね。
だって小論だけで大学に入れる時代だし。

しかし学歴だけでは文壇に入れないな(笑)

70 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 19:19
では
小説的な文章表現力があれば大学受験に有利なのか?

71 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 19:22
その小説的文章表現能力がどのレベルにまで達しているかによる。

72 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 21:42
>>71
とりあえず同意。

大学が求めてるのは既成の文章表現。
売れるためには斬新な表現が必要。
ただし、大学入るためだろうが売れるためだろうが
「斬新な発想」は力になる。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 21:53
>>72
>既成の表現

もう少し砕いて言えば、論理的な展開法に基づいた説得力を求めている。よくも悪くも、今の大学は実学主義だから。
でも文学は本来、実学とは対極に近い位置にあるもの。だから、実学中心の日本の大学を出ても文学に直結するとは安易に言えない。

74 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 21:59
補足サンクス。
大学が求めてるのは論理的な文章だな。同意。
例えば法学部はまさのその典型。
判決文を読んだことある香具師いるか?
ありゃあ文章じゃねえよ。
漢字と平仮名をつかったデータ集だ。
情報の羅列といってもいい。
あういうものが書けるから文章力があるとは言えないな。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:01
 社会に出ちまえばあとは吸い取られるだけ。自分の持ってる価値・能力は仕事のために吸い尽くされるだけだから、18やそこらでそんな境遇に陥ってそれでもなお「作家」たりえた者は、本物だ。
 大学はモラトリアム遊園地。それなりの能力のある奴が行けば、あとは時間がなんとかしてくれる。ここから生まれる「作家」は玉石混淆。

 漏れは大学時代ひたすら読んで書いて、自分が瓦であることに気づいた。それだけでも大学で4年間を過ごした価値はあったと思ってる。
 変な幻想を抱いたまま社会に出てずっとくすぶってるようなことになるよりはよかった。


76 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:13
学歴と文章力に関係があるって言うか、思考方式と文章力に関係がある。
今の学生は理系学問が壊滅的に出来ない。理系学問が壊滅的だから、科学的・論理的思考能力があちこちで欠落していく。

「蝶」が「桜」や「菜の花」にとまる、と言った内容の、春を歌った童謡がある。
文系の人間に、「この童謡の歌詞を読んで明日までにイラストを仕上げろ」と宿題を出すと、だいたいの学生は印象的な色使いを心がけたり、抽象絵画風にしたり、酷いのでは感想をポエムにして絵に添えたりしてくる。

で、肝心の桜や菜の花はと言えば、菜の花の背丈が桜の木の半分もあったり、菜の花がひまわりやチューリップのような花弁をしていたり、桜の花の部分をワタアメか入道雲のように描いたりしている。
極めつけは、98%の学生が、「蝶」にモンシロチョウを選ぶ。
モンシロチョウは菜の花にはとまるが、桜の蜜は吸わない。

山桜の蜜を吸い、菜の花にもとまる蝶はべつに存在するが、文系人間は実物考証をあまり重要だとは考えないのが致命的だ。
理系の脳味噌を持って、文系の表現能力を有する書き手が極端に少ない。

文系の思考方式と違って、理系の思考方式はほぼ「教育機関」で与えられるから、そう言う意味では学歴はある程度文章力に関係してくる。

77 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:21
>>74
基本的には同じことを言ってるからな。まあ、言い換えただけだ。
完璧に私情が削ぎ落とされた判決文は、時に最高にストイックで美しい。けど文学じゃねぇわな。
誰が読んでもなるだけ単一の見解に至るように書くのが論理的文章だが、叙情的文章ではどれだけ読者の想像力を掻き立てられるかが問われる。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:22
<<76
なんか、そんな文章ってつまらんそうだね。
論文読みたいわけじゃないから。

79 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:26
>>78
リアリティを作品に持たせられない厨房が増えてる、って意味でない?<>>76

80 :78:04/05/03 22:36
小難しい事は俺は馬鹿だからよくわからんのだが、
名文ってのは。

簡単な事は簡単に、難しい事を簡単に。説得力を持ち、簡潔。
それでいて味わい深い。
これこそが名文の要素なんじゃねえのかと思ってる。

理系の書く文章で多いのが難しいことをもっと難しく言っている様な
気がするんだよね。文章って誰にでも分ることが重要だと思うんだが。
それとも、わからん奴は放っておけというスタンス?
もしかして難しいことをさらに小難しく言い回すことをわざとやって
いるのかな? 優越感で。

81 :78:04/05/03 22:39
だから、文章力と実物考証云々はどう関係すんの?

82 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:42
どこまでを文章力と捉えるかの問題なのでは。
綺麗だと思ったものを、綺麗だと思わせるように書く。それだけでいいなら、感性だけでいいと思う。

83 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:46
>>81
このスレがこの板にあるってことは、文章力が「小説文章を書く力」なんだと自分は捉えた。
説得力のある物語文章には、事実考証能力も必要とされると考えたんだが、どうか。

84 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:47
「〜あるってことは、文章力が…」
→「〜あるってことは、ここで言う文章力が…」

誤スマソ。

85 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 22:47
(‥)←これ3文字なんだけど、書ける??

86 :78:04/05/03 22:55
>>83
それには同感できる。ただ。説得力のある物語文章ってやつは、小説
の場合つまるところ、感情移入できるかどうかにかかってるんだと思
う。
感情移入できれば、事実考証しちまえば嘘とすぐに分ることでも
どうでもよくなるし。
まあ、それ以前に嘘くさく、まるっきり対象のこと理解してない文章
じゃ感情移入どころではなくなるんだろうが。

87 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:07
>>86
なるほど。つまり、読者を作品に引き込む文章力が第一で、読者の感情移入を阻害するような無理な設定やデタラメを排除する能力はその次にくると。

88 :78:04/05/03 23:14
>>87
そうだな、そうかも。

>無理な設定やデタラメ
それもひっくるめて作品世界に読者を入り込ませられたらな、と思う。
むしろあり得ない設定、デタラメすらも読者を引き込む要素にでき
るかも。

なお、ここで言うデタラメとは安っぽい類の考証不足のことじゃない。
例→横浜市内の殺人事件を警視庁が捜査するetc みたいなのは×

89 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:14
>>86
じゃあ、感情移入させられるかが一番大事な文章力だとして、それには程度まで学歴が関係している?

90 :78:04/05/03 23:17
学歴っていうか、そいつのセンスの問題じゃね?
そして人生経験も豊富な方がいんじゃないか。

91 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:19
>>88
もっと高尚な意味でのデタラメだろ?
たとえばJ・R・R・トールキンの指輪物語は歴史から世界観から種の分岐まですべてがトールキンの空想だが、ぐうの音も出ないほどそれらが緻密に構成されている。

魔法もエルフも大魔王も人間のデタラメだが、世界中の人がその世界観を支持してるよな。

92 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:21
>>90
学歴があってもなくても、そりゃセンスは命だわな。
俺的にも学歴<センス+人生経験。

93 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:26
>>88
犯罪が深刻化・甚大化して、広域緊急配備とかかかれば警視庁が乗り出してくる。
極端な話、横浜市で大規模爆弾テロが始まれば、警視庁も防衛庁も出てくる。
ここまで考えが及ぶか及ばないかの差が、果たして学歴の差なのかどうか?って論議をしてるんじゃないか?

94 :78:04/05/03 23:31
>>93
>88のたとえ話での言いたいことは分るだろう?
それともわからんか? どっちだ。

おまえは一は分っても十はわからんタイプか?

電子顕微鏡は小は分っても、大はわかんねえぞ。

95 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:36
>>94
待て待て。粘着ではない。
意味は分かる。

じゃあ、結局学歴はどこで絡んでくるんだと言いたかったんだ。

96 :78:04/05/03 23:43
>>95
そりゃあ、知識だろ。色々知ってる分にはネタも豊富じゃん。

問題はその知識の使い方だろうなあ。
同じ知識でも、活きるか死ぬかは書く奴しだいだろうし。

地球と太陽の距離の話だって、ただのうざい語りになるか、飲み屋の
ねーちゃんすら小笑いさせるほどの小ネタになるかは喋る奴次第。

97 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:47
まあな。加えて言えば、知識の引き出しがあればいいだけの話で、引き出しの中身に正確な知識が整頓されている必要はないと思う。
俺は太陽から地球までの距離を現時点では知らんが、ぐぐればもっともそうなものからいかにも嘘くさいものまであっと言う間に情報が手に入る。

てことは、文章力に必要なのは学歴ではなく教養ってことになるが、どうか。

98 :78:04/05/03 23:54
同感。ところでつまるところ、小説に関して限らずだが教養って何?
これって学歴云々を話す上で要点になると思うんだけど。

99 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 23:58
立花隆ってブックリーダーがいるが、こいつが「東大生は馬鹿になったか」で教養について辛辣に考察してるな。
文庫本でも出てるが、東大生がメタメタにされてて痛快だ。やっぱ、学歴は関係ないな。教養だ。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:00
100GET'S!

101 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:01

教養の後から学歴がついてくる、と俺は思いたい

102 :78:04/05/04 00:03
余談。ちなみに俺の中での、頭の良さの定義を超大雑把に書くと、
【知識】+【知力】×【考え方】=【頭の良さ】
なんだが。

知識も大事だ。知力(記憶力・計算速度=回転の速さ)も大事だ。
だが、それに×(かけ)るのは【考え方】。
物事の処理の優先順位が間違っていたり、センスが悪い(小説に限ら
ず、仕事等でも)と最悪だ。

どんなにプラスの数字でも、マイナスの数字をかけたら
全部マイナスになっちまうだろ?

まあ、上の計算式は俺の勝手な脳内オリジナル意見だが。
出典も根拠もなんもない。

103 :78:04/05/04 00:06
>>102
間違えた。

×【知識】+【知力】×【考え方】=【頭の良さ】



○(【知識】+【知力】)×【考え方】=【頭の良さ】

まあ、俺は馬鹿なのは既に言ってるからこんなことに突っ込むなよ。
中学・高校の数学すらよく覚えてねエヨ。

104 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:08
>>102
そこなんだがな。知識と思考力を足したものが、教養なんだよ。
つか、思考しながら知識を「身に付けた」ものが教養。

105 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:10
>>103
いや、むしろその必死な訂正にワロタ。(笑
だって俺もふつーに気付かなかったし。でも意味は取り間違えてなかったし。
数学じゃありません。算数から出来んですたい、先生。

106 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:12
>>101
実際、小説を書くための文章力に限定して言えば、学歴の必要度は教養の足下にも及ばん。

107 :78:04/05/04 00:15
笑えい! 笑え〜!! (ケッ

λ.................

108 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:17
結局、センスと教養の両方がなければ小説は書けないってことか?

109 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:17
>>107
あ、じゃあ俺も見抜けなかったから帰らねばな。(笑

λ..........λ...

110 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:19
>>108
しかし、現実を見ると無教養な奴がごまんと執筆活動をしてるし、その中のごく少数に限って言えば売れてるような気がするのは何故だ。
読者がみんなアフォなのか?

111 :78:04/05/04 00:22
>>109

λ..........λ...

↑なんかワロタ

ところで恥かきついでにきくけど、あれって算数だっけ?
算数って、足し算・引き算・かけ算・わり算じゃね?(いや、マジで

112 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:25
>>111
いやいや、小学校で習う部分までが算数だろ。四則は勿論だけれども。

って俺に聞くな。俺が不安になるだry

113 :108:04/05/04 00:26
>>110
無教養だが売れる作家(読者はアフォ)と、
教養があり、そこそこ売れる作家(作品は良質)と、
どっちになりたい?

教養があり売れる作家は無しねw


114 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/05/04 00:27
何このスレ?
扇子がだいじじゃろ。
必要な語彙を備えるに、
学力や学歴<<言葉に対する扇子/感性じゃろ。

115 :78:04/05/04 00:29
読む人にとっては面白いからでしょ?
小説なんて絶対に高尚じゃなきゃいけないって原則ないし。
高尚さを狙った文章ってあざとくてうざい。

つーか、高尚な文章、小説を書きたいのなら。
文章はその人の人間性が滲み出るもんだから、ある程度高尚さを描け
る、作者自身の人物の高尚さ(気高さ、強さに限らずコンプレックス
も含んで)は必要じゃね?

116 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:30
>>113
もちろん売れる作家。
書くことの最終目的は一人でも多く作品を読んでもらうことであって、凡人を超越した知識を披瀝することではない。

117 :78:04/05/04 00:31
あざといもの。
例えるならば、中学生が村上春樹風を狙って書いた小説。

……うざそうだ。

118 :109:04/05/04 00:32
>>115
後半分かりづらかった。
再度言葉を変えて説明キボンヌ。

119 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:35
>>117
しかし笑えることに最近の文学厨房は村上春樹すら読んでないと言う始末。

120 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:35
>>114
文章にはセンス、内容には教養が必要。

121 :78:04/05/04 00:36
>>113
知識披露は別にしたくも無いし、だいたい、んなもんねえけど。
でも心に残る作品は書きたい。

だから、教養は除いたとしても、作品は良質の後者になりてえ。

122 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:36
センス/感性を身につけるには知性が要る。
まったくのバカじゃ、センス/感性を身につけるのも無理だろw

知性がある奴が頑張れば、いい大学にも入れる。
よって、センス/感性のある奴は、学歴もそこそこいい奴が多い。

別に、センス/感性に学歴が必要条件ということではない。

123 :78:04/05/04 00:39
>>118
『おちんちんのついてる奴には、生理痛の痛みは表現できない』

124 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/05/04 00:39
>>120
>内容には教養が必要。
教養に学力や学歴は関係ない。
と言いたいが、実際は学力と学歴を持つものが
教養を持つ場合が多いね。w

125 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:40
>>122
センスは学歴の十分条件だが、学歴はセンスの必要条件ではないと。

126 :78:04/05/04 00:42
>>123
追記。

『おちんちんのついてない奴には、ボールが股間に当たったときの痛みは分らない』

127 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:43
>>123
んー、突飛すぎてイマイチ。
要するに、高尚な奴じゃないと真に高尚な文章には至らないと言うことなのだと思うが、どうか。

128 :109:04/05/04 00:44
>>126
あ、それ採用。
スレ違いではあるが(笑

129 :78:04/05/04 00:45
まあ、センスにも色々細かくわけられるけど。

勉強のセンス。運動のセンス。仕事のセンス。人間関係のセンス。
いろいろあるよな。

130 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:46
ボールが股間に当たった時に痛いのはキンタマだろ?女かこいつ


131 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:47
>>124
つーのは、やっぱ知識の大海の概要図を示してくれるところが、日本では(狭義の)教育機関に限られてくるっつー点に絡んでくるんだろうな。

132 :78:04/05/04 00:48
>>127
その通り。つーか、ウケ狙っちゃった。スマン。

やっぱし逝ってくる。

λ..............

133 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:49
>>122

いや、知性が共通して、学歴とセンスの必要条件だということ。

要するに、学歴がなくてもセンスのいい奴、学歴があってもセンスの無い奴は
いるが、バカではどっちも得られないということ。


134 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:50
>>130
そのツッコミは>>88->>93でやったのであるが、不評であった。

135 :78:04/05/04 00:51
>>130
おちんちんのついてない奴=男
別に金玉云々じゃない。

『きん○ま』とか『ち○こ』とか書くといくらなんでも下品だろ。
まだおちんちんの方が可愛くね?

136 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/05/04 00:52
>>131
ちがう。
学力や学歴着のある椰子が
ものごとを考える癖がついている
というだけのこと。
そういう時間的な余裕も
高卒で工員になったりコック見習いになった椰子より
多いだろ?
教育機関は、この場合全然関係ない。



137 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:53
>>132
λ..........................................λ...)))

おい、あんまり逝きすぎるとついていけないと思うのだが、どうか。

138 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:53
教養はヒマがないとできないからね

139 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 00:57
>>138
教養がある奴は暇人なのか……
まあ、暇がなきゃ小説は書けないけどね

140 :78:04/05/04 00:59
>>137
じゃ、戻る。

141 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:01
>>136
しかしなあ。
センスセンスっつっても…

たとえばアイザック・ニュートンとアルバート・アインシュタインの違いを知ってるのが教養だったとして、
義務教育を通さずに子供がニュートンとアインシュタインに興味を持つ確率はどれほどか?

まあ、ニュートンとアインシュタインはどうでもいいんだが、知識に触れる場としては教育機関にも意味があるだろ?
んで、知識を扱うセンスも、基礎はそこで学ぶんじゃないか?

142 :109:04/05/04 01:05
ここでは

センス=感性
≠教養
≠学歴

と扱われてるのか?今?

143 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:08
>>141
教育機関を通っても学問的なものに興味を持たない人もいるがな。
そういう人に教養はあまり無いと思う。

144 :MJ ◆MJ/axTXDJk :04/05/04 01:10
>>141
>義務教育を通さずに
極論。
おれは、いまの大学進学率とかを踏まえて話している。
知識に触れる場が学校とするのは正しい。
でもほとんどは、いやいやながら大学や専門学校まで行くのだし。
そこで居心地の悪いと感じる椰子が、教養を身につけてないとは思えない。


145 :78:04/05/04 01:13
蒸し返して悪いんだけど結局教養って何?
>>104で抽象的には分ったんだが具体的に、
これだ! っていうのが一例でもいいから欲しい。

146 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:16
>>144
あああ…まあな。ただ、学校が心地良いか心地良くないかは問題外だが。
たしかに、大学へ進学する程度にまで教育を受けた後なら、学歴はセンスとそんなに密接な関係にならないな。

147 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:19
>>145
教養ってのはその性質上、カテゴライズ出来ても例を一つ出す、ってのは無理なんじゃないか?
カテゴリーの大項目の内の一つを挙げろってことか?

148 :78:04/05/04 01:23
一つでもいい。なんか分かり易いやつ希望。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:28
辞書で調べたが、

きょうよう けうやう【教養】

(1)おしえそだてること。
「父は其子を―するの勤労を免かれ/民約論(徳)」
(2)社会人として必要な広い文化的な知識。また、それによって養われた品位。
「―を身につける」
(3)〔英 culture; (ドイツ) Bildung〕単なる知識ではなく、人間がその素質を精神的・全人的に開化・発展させるために学び養われる学問や芸術など。


具体性が無いな。

150 :109:04/05/04 01:33
>>148
自然科学、物理、化学、文学、政治学、行政学、法律、芸術、歴史、言語、地理学etcと、それらの最新時事トピックスなんかの(浅くてもいいから広くの)知識を
借り物じゃない、自分の言葉で語れる程度に個人の中で熟成させたもの。
どうか。

151 :78:04/05/04 01:33
>>149
わざわざありがと。

152 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:35
109は教養がありそうだな

153 :109:04/05/04 01:36
そしていざ自分で>>150とまとめてみたらば、「小説書くのに学歴はいらんが教養は必要」と言った癖に
行政学や哲学や心理学をいったい小説のどこにぶち込むのかと言う疑問が浮上した。

154 :78:04/05/04 01:38
>>150
つまり、人間が文字を使うようになってからの
情報、感情、思想(考えるパターンという意味で。考え方)を
『知り』、なおかつ自分自身で吸収、『理解』。
そしてそれを実践、応用していくということ?

155 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:39
>>152
MJも教養ありそう?

156 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:40
>>154
概ねその通りだと思われ。
しかしそれ実践したら小説家じゃなくて学者になりそうだよな(笑

157 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:41
>>153
行政学 社会派サスペンス
哲学  分からん
心理学 犯罪心理学ならミステリーか

無理か?

158 :109:04/05/04 01:49
>>157
>無理か

ここに猛スピードでワロタ。(笑
しかし実際、教養ないしは知識をそのまま小説に使おうって魂胆が元からしてあざといのかも知れん。
78が言ったように、筆者の性格としての高尚さが滲み出した程度くらいがちょうどいい「高尚さ」なのではないかと思った。中庸な。

159 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:49
学者は小説家にはなれんのか?

160 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:52
>>159
メフィスト賞の第1回受賞者の森は国立大学の教授だったような。
もちろん文章が小説になれば学者も作家になる。

161 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 01:58
>>160
一番作家になれそうな教養人はどれ?

理系の学者
文系の学者
医学系の学者
哲学者
宗教家

162 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 02:02
>>161
宗教学は教養だろうが、宗教家が教養人だとは思わない…のは偏見だろうか。
まあ、人畜無害でやたら賢い坊さんとか普通にいそうだが(笑)

一番作家向きなのはやっぱ文系の学者なんじゃ?素地が近い気がする。
でも個人的にもう文系の作家は食傷気味。理系の作家にも台頭してきてほしい。

163 :うんこ:04/05/04 03:29
教養無いと困るでしょ
どすとえふすきーとか読んでると思わない?

164 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 15:51
ドストエフスキーとチャイコフスキーとモロゾフの違いはちゃんと分かる必要があるからな。
教養は必要だな。

165 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 15:56
ドストとチャイコはわかるが、モロゾフて何?
チョコレートか何か?

166 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 18:24
モロトフ−リッベントロップ会談

167 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 20:40
>>165
そうそう(笑)
まあ、冗談はさておき。日本の学歴ほどあてにならんものはない。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 21:55
学歴があるからと言って仕事ができる訳ではないが、仕事ができる能力がある
奴はいい大学にも入れることが多い。

学歴があるからと言って巧い文章が書ける訳ではないが、巧い文章が書ける
能力がある奴はいい大学にも入れることが多い。

何の能力もない奴が学歴を叩くのは、単なるひがみでみっともない。

169 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 23:01
学歴学歴と言うが、いわゆる高学歴の中でも社会から見て「ツカエル」学歴と言うのは明確に存在するらしい。
たとえばメジャーなところで言えば、大企業の中堅役付社員に評価させると断然

京大>東大

になる。東大は要するに詰め込み式のマニュアル人間製造工場みたいなもんだ、と。じゃあ当然、文章力が比較的高い「学歴」もあるんじゃないかと。

170 :名無し物書き@推敲中?:04/05/04 23:19
>>162
森博嗣は理系。結構売れてるっぽい。
以下俺の記憶からのあやふや引用。


一日中方程式と向かい合っていた
あの素晴らしい時間はどこへ行ったのだろう


文系には解らん世界だ。

171 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 00:16
小説の書き方を教えるスクールもあるにはあるけど
それを受講しても学歴とは呼ばないよな。
つまり小説自体を勉強しても
学歴があるってことにはならないんだよね。

172 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 01:18
>>171
面白い視点だな。

173 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 01:20
>>170
工学部の教授なんだろ。たしか。
メフィスト受賞作しか読んだことないが、謎解き場面が数字とアルファベットだらけで笑った。(笑

174 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 06:50
文章力があっても、自分の表現力の高さをひけらかす様に、回りくどい比喩表現をする作家とかたまにいる。
勉強にはなるが、非常に読む気が失せる。
藤原新也の印度放浪とか。
自分はインドに興味があるからインドに関する本を集めているんだけど、この人の本はヒドイ。
簡単に言うと文章のナルシストだな。
回りくどい比喩表現ばかりなので、さっさと結論を言え!と突っ込みを入れたくなる。

175 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 17:47
>>174
どこまで文章を簡潔に書けるか、というのも作家の文章力が影響すると
本で読んだ気がする。
簡潔に書くという点で俺は論文とかが思いつくが、小説と論文ではやはり
別世界の存在か。

176 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 19:49
>>175
論文と小説では、文章として削るところが違うと思う。

177 :174:04/05/06 05:52
小説で回りくどい比喩表現をするのは構わない。
旅行記でやられると萎える。
小説等は作家の名前とタイトルで買うが、旅行記は(ほぼ)地名で買う。
論文は題材の答えを解りやすく伝えなければならない。
旅行記に求める物は、起きたことをあるがままに書いて欲しいと言う事。
そこに作者の芸術はいらない。
小説なんかは、斬新な表現を期待してるかも。
要するに、必要の無い場所で己の力を孤児しなくていいよ、みたいな。
近所のコンビニに行くのに、自慢気に買ったばかりのカーナビに案内してもらっちゃってる奴の心境に似てる。

178 :78:04/05/06 22:44
>>177
最後の二行に特に同意・共感。似たような事って文章以外でもあるよな。
必要も無くうんちくたれる奴とか。
周りの人間は「さようでっか」と引いているのに。

>>164
ドストエフスキーって読んだことねえけど、面白いの?
日本人にも分る読み物?

179 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 22:48
>>178
罪と罰しか読んでいないが、深い強い衝撃を受けた。
>日本人にも分る読み物?
日本人、っつーより聖書の知識が必要不可欠。
岩波のやつだと注がいっぱいついていてとても親切だ。

180 :78:04/05/06 22:56
ふ〜ん、今度読んでみるよ。

そういえば179のレス、聖書のくだりで思い出したんだけど。
これだっけか、ドストエフスキーか誰かの話の中で、聖書のヨブ記をモチー
フにしてんのって?

うろ覚えだし耳知識だから、あってるやらどうやらわからんが。

181 :78:04/05/06 23:07
俺、ヨブ記にはいろいろ思うところあって、以前それをモチーフに女
の子を主人公で読み物書こうと思った時期があってね。
むずいんでネタのストックになってんだけど、ヨブ記は素材として、
ホント興味を惹かれる。

聖書って、創作だけに絞ってもなかなか含みがあんのかもしれない。

なんかレスの繋がりが無いけど、教養つながりってことで勘弁。

182 :179:04/05/06 23:17
ヨブ記をモチーフにした小説……カラマーゾフの兄弟かな。

183 :179:04/05/06 23:19
ヨブ記をモチーフにした小説……カラマーゾフの兄弟かな。

184 :179:04/05/06 23:20
……二回も言わなくていいだろう俺。

吊って来る。

185 :78:04/05/06 23:23
>>184
あんがと(笑
でも、逝くな。

186 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 23:33
原罪の意識のない日本人にとって、
八百万の神を信仰する日本人にとって、
(キリストもブッダもいっぱいいる神様のひとりでしかないんだよ、日本人にとっては。
だから結婚式は教会で、お葬式はお寺で、初詣は神社で、なんてことをするんだ)
聖書ってそれほど大事な書物なんだろうか。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 00:18
>>186
しかし教養を語る上では外せないな、キリスト教の世界観は。
何せ二千年も世界の中心に君臨してきた宗教だ。西欧型文明の席巻はそのままキリスト教の大伝播だった。文学も多大な影響を受けている。

188 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 00:37
二千年も世界の中心に君臨してきた宗教?
世界の中心=ヨーロッパ?

189 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 04:09
交通手段が限定されていた古代で、世界の中心とかよくわかんね。
世界の中心になったのは近代だと思うし。
問題なのは、キリストと言う聖人が白人の地に生まれたと言う事なのだと推測。
人間本来の価値観は、白=陽で、黒=陰だと思う。
でなければカーストもアパルトヘイトも無かっただろうし。
生まれついた時点で、白は黒よりも美しいと認識してる気がする。白人も黒人も。
白人が黒人を迫害する立場にいられたのは、自尊心からくるものが原動力だったりして。
一概には言えないけどな。
で、たまたまキリストが白人で、白人はその自尊心からの原動力で世界の中心的存在になりました。
なので、今キリスト教が世界で最も力を持つ宗教と言うのは、キリストの力では無く、白人は白かったから、と言う説もあるかもしれない。
ブッダが白人だったら、仏教が広まってたかもよ。
これ論文書けそうだな。
教養の話からずれたから、スルーしていいです。

190 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 12:30
神がいる前提で語る心の狭い宗教なんて嫌いだ。
いや他の宗教に理解示してくれる宗教者はおk

イスラム行ったら死ぬな俺

191 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 23:52
>>190
誰も神がいる前提で語ってなんかいない。宗教の背後にあったのは、常に人間自身の弾圧と救済だ。

192 :名無し物書き@推敲中?:04/05/07 23:53
そして宗教学は教養か。
しかし宗教に詳しいと小説が書けるか?

193 :名無し物書き@推敲中?:04/05/08 00:30
宗教に関して言えば、
「宗教があって、人がそれを受け入れる」という常識とは逆の発想が必要かも。
原始部族とかの研究で、「社会構造の反映としての宗教」ってのがあるわけで、
その社会自体の象徴として宗教を止揚すると言うのかな。
(古事記とかを見れば)農耕民族の神話として、「畑荒らし=天つ罪」みたいに
神話ということにして実際には現実の社会を語っている場合が多い。
集団的な心性の表現としての神話なり宗教なんだと思うが。
プロテスタントと近代の関係なんてのはいわずもがなだが。

194 :名無し物書き@推敲中?:04/05/08 14:58
>>193
たしかに、宗教は常に人間の社会現象から派生してきてるな。
昔神戸の中学生事件の時、ニュースステーションが16歳の「子供を統率するには法律か宗教しかない。日本にはそのどちらも確立していない」って投稿ハガキを取り上げてた。
この際「親は?」てツッコミは愚問だが。

195 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 08:40
まあ日本の場合は低学歴も高学歴も目糞、鼻糞な訳だが。
灯台ですら大学ランクで世界の100位にも入れない。外国人に灯台
出てますって言ったって「それで、、、、何と言ったら、、、」
と言われてお終い。あるかどうか知らんがグアテマラ大学とか、
ホンジュラス大学と同列で何とも思われない。日本人の学歴の優劣
なんて土人がキンタマの大きさで張り合ってるのと同レベル。藁藁

196 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 10:31
なんで世界を引き合いに出すのかわからん。
日本で作家として認められるだけでは世界に通用しないからダメだって言いたいのか?



197 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 10:37
自分に学歴がないから、
「日本でトップクラスの東大出たって
世界じゃ通用しなんだぞ!だから学歴なんて関係ないやい!」
と言って安心したいんだろう。

って言うかラストに 藁藁 ってつけるところを見ると煽りだな。

198 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 14:29
現行の大学は(アンチ東大も含めて)すべて東大がモデルなんだから、どこも世界的に評価低くて同じ。
ただ、ノーベル賞学者を輩出するという点では京大のがネームバリューあるかも知れん。

東大は元々官営大学だったから、実学優先でカリキュラムが組まれたし、その東大を卒業した奴らが後発の大学で教鞭を取ってた歴史があるために、
結局日本の大学はみんな「社会ですぐ役立つスキルの勉強」を教えている。

「学問」することが大学の第一存在理由に掲げられてる西欧の大学中に入れば、東大と言えども教養がない専門馬鹿を量産しているに過ぎない。

199 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 14:32
>>198
あなた、かなり頭悪いでしょ?論理が自壊してますよ。
電波な文章書かないでください。

200 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 14:55
>>198
論理の破綻だけではなく、
事実誤認もある。

201 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 18:12
>>200
どのへんが誤認なの?

202 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 20:30
いやいや、確かに「富国強兵」とか「殖産興業」とか言われてて
近代化のちょうど真っ最中に、同じように近代化の遅れていたドイツを手本にした
近代化の一環として「東大」も作られたのは事実。
東大の学部編成だってドイツの何とか大学(失念、失礼)を手本にして作られたわけで、
基本的には実学優先だった、って事実はあるだろうな。
ラテン語で「スカラー(学者)」の語源である「余暇」の意味はなくなって
利益追求の姿勢が割と求められたのは事実なんじゃないのかな。

元々の大学って、あれでしょ。
奴隷に働かせて自分は楽してその間に形而上の探求。
それが学問だったんだから。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 20:45
学歴と文章力なんてどー考えても関係ないだろ?
突飛も無いスレタイだなw

204 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 20:45
文章力と学歴の関係は、知識と読書量の関係のようなもの。
本をたくさん読んでても狭い考えしかできない人や頭が混乱してる人はいる。
でも全体的にみれば知識と読書量は比例してる。
学歴あるからといって文章力があるわけではないが、
統計的にはなんとなく高学歴のほうがマシということになる。

205 :203:04/05/09 20:46
>>204
ああ、なるほど、統計的にいったら確かにそうかもしれんなw

206 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 20:48
でも、本格的に本読むのって大学入ってからじゃない?
受験から解放されて・・

207 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 20:56
低学歴の人と高学歴の人に実際に文章(小説)書いてもらえばいいやん。
中卒、高卒、大卒、院卒、名乗れ。

208 :78:04/05/09 20:59
>>207
いいね、マジで面白いかも知れない。イヤ、ホントに。
ちなみに俺は中卒。

でも、どの場で?

209 :78:04/05/09 21:00
正確には高校中退だけど。

210 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 21:05
どうやら中卒が最強だな。

211 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 21:22
低学歴でそんなコンテストに出ようって人はその時点でモチベーションは
高いだろうな

212 :78:04/05/09 21:42
>>211
別に変な底意は無いよ。単に自分自身が知らない『考え方』、
『知識』を知りたいだけ。
逆にその中で自分はどういう人間なんだろかと改めて考えられる
チャンスじゃん。


213 :名無し物書き@推敲中?:04/05/09 22:00
学歴 大学院

私が屋敷に巣喰う得体のしれないあかやしに導かれるように部屋の中に足を踏み入れると、女は部屋の扉を閉めた。
「さあ鞭を持ってちょうだい、そして、わたしを打ってちょうだい。
女に本当の快楽を与えるときは鞭で打たなければだめなのよ、さあ、早くして、お願い、」
キリスト教では人は原罪をもち生まれてくるという、仏教でも人は前世や先祖の罪である宿罪をもつという。
それならば、生まれただけで謂われのない罪をもつ人は、罪を認めて贖罪に服すことで幸福を得るのであろうか。
私は、細く長い革紐が何本か合わさり先端で玉のように結びつけられた鞭を女から受け取った。
そして、静かに床に四つんばいになっている夫人に近づくと、夫人に向かって力一杯に鞭を振り下ろした。
びしっ、という透き通るような鈍い音がして、目の前の女が突きだしている尻に鞭が当たった。
痛みに顔を歪めた夫人の真珠を思わせるような白い尻に赤い傷がついた。それなのに、夫人は嬉しそうに微笑んで快感を表情に示す。
そして私も快感を感じた。
いったい、夫人は、どのような罪を犯して、このような戒めを受けなければならないのだろうか。
それとも、これは戒めなどではなく、美しいものへの唯一の到達点である悪なのだろうか。
ボードレールの詞のごとく、愛の到達点は悪を為す確信の中にあり、
生まれながらに男も女もすべての快楽が悪の中にあることを知っているにちがいないのだから。
それならば、この部屋は現実の世界とは別の世界なのだろう。猥褻と欲望が満ちた菜穂子夫人の世界なのだろう。
すべての快楽は猥褻と欲望により、最高の位へと高められるにちがいない。
私の身体にもこの部屋に満ちている猥褻と欲望が侵入し、私の心を侵食するように巣喰いはじめた。
そして、私は、目の前で真珠のような白い尻を突きだし、深く暗い森に囲まれて呪いに掛かって
死んだような屋敷にすむ魔女に向かって鞭を振り下ろし続けて快感を感じ続ける。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)