2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★ファンタジー書きたいです☆★

1 :たむたむ:04/03/30 21:03
ファンタジー小説を書きたいと思っています。ところが私はあま
りそういった本は読みません。
昔、某有名小説(アニメにもなった)を読んだことがありますが、
どうも私には受け入れがたく。。
あの雰囲気はどうも敬遠したいです。
書いてみたいとしても、どういったのを作っていくべきなのか。
このスレでファンタジーに限らず創作という物における先輩方の
意見を求めてみたいと思います。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:05
書きたいけど、読みたくないの? ああ、そう。そうなの。ふーん。プゲラッチョゲラゲラ

3 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:05
2get

4 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:06
クソスレ立てんなヴォケ

5 :3:04/03/30 21:07
うわああああああああああああ、被ったああああああ!

6 :たむたむ:04/03/30 21:09
>>2
剣とか魔法とかそういったファンタジーを書きたいのですが、某文庫
本のようなノリは。。どうも目指している物と違うような気がして。
こうはいっていますが自分がどのように、何を書きたいのかがまだは
っきりとはしてないんです。

7 :3:04/03/30 21:09
まずは、アーシュラ・K・ル・グィンを読もう。
ゲド戦記とかね。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:10
釣りだろ?

9 :たむたむ:04/03/30 21:11
>>4
ゴメン。でも、自分がいろんな人の意見を聴いていく過程を、他のロ
ムしている人達とできたらな、と思ったんです。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:12
>>6
なにがかきたいかわかってからこようね。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:14
ライトノベルは書きたくない、でも剣と魔法は書きたい、と。


12 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:16
こんなとこでクソスレ立ててないで創作サイトでも作れば?
同じような悩みを持ったお仲間が集まってくれまつよ(プゲラ

13 :たむたむ:04/03/30 21:18
>>7
ググッてみました。ゲド戦記、面白そうですね。本屋行ってみます。

>>10
考えを正確に言うと、ある程度のものは有ります。だけど、書いた物
って人に読んでもらって意味が有る物ですよね。だとすれば人が読ん
で楽しめなきゃいけないと思うんです。
では、他の人はどういった物が読みたいんだろうか、と。意見を聞い
てみたいんです。
>>11
一言でいえばそうかもしれません。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:25
じゃあグインサーガでも……ごめん、冗談だ。

15 : ◆tXSA0RUZGU :04/03/30 21:25
>って人に読んでもらって意味が有る物ですよね。だとすれば人が読ん
>で楽しめなきゃいけないと思うんです。

他人が読むかどうかは他人に任せておけばいい

16 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:25
>>12
さぞかしイタいサイトになることでしょうな(プゲラリーナ


ヲチしたいんで、サイト作ったら報告に来てくだちい。以上。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:28
漏れも>>1と似た悩みを持ってるな。
AKIRAに憧れて、あんなの小説で書きたいと思ったが、
色々書いているうちに漫画向き、映画向き、小説向きの違いを
沸沸と自覚するようになって方向性を見失った。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:28
電撃とか角川スニーカーが嫌いなら早川FTの作品群を読もう。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:31
(´-`).。oO(春休みなんだな……)

20 : ◆tXSA0RUZGU :04/03/30 21:32
ロジャー・ゼラズニーを読めば参考になると思うよ

21 :たむたむ:04/03/30 21:36
今、みなさんがいくつか挙げてくれた本や、文庫を読んでみたいと思
います。また、そういった本がなぜ面白かったのか、ということもレ
スしてもらえるととても嬉しいです。

>>15さん、私は人が自分の勧めた物や書いた物が褒められるととても
嬉しいんです。ただ文章を書くのも楽しいんですが。
さらにそれをもしも、もしも誰か面白いって言ってくれるなら最高で
す。

22 :たむたむ:04/03/30 21:46
>>20さん、今軽く検索してみました>ロジャー・ゼラズニー

随分沢山書かれている方なんですね。とりあえずその中で特にお勧めとかはどれですか?

23 : ◆tXSA0RUZGU :04/03/30 21:53
>>1
剣と魔法だったら外道の市かな

24 :たむたむ:04/03/30 21:59
今調べてみたら魔性の子というお話の続編のようですね。二つ合わせ
て読んでみます。

25 : ◆tXSA0RUZGU :04/03/30 22:05
魔性の子は面白くないから読まないほうがいいよ

26 : ◆tXSA0RUZGU :04/03/30 22:09
続編ってことになってるけど、読めばわかるんだけど別に続編じゃないし

27 :たむたむ:04/03/30 22:11
>>◆tXSA0RUZGU さん。
じゃあ、外道の市買ってみますね。ありがとです。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 23:00
三国志演義は? 中華ファンタジーだよ。妖術やら、仙人という魔法使いも出てくる。
もちろん凄腕の剣士や豪傑もいるし、陰謀、裏切りなどなど、物語のネタの宝庫。

29 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 00:57
たむたむさん1回此処遊びに来てください
リレー小説やってます気楽にどうぞ
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/game/11311/1079424793/

あ、過去ログだけは一応読んでください

30 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 04:18
ライトノベル板があるのだが

31 :たむたむ:04/03/31 20:16
>>28さん、三国志って妖術とか出てくるんですか? 初めて知ったです。
>>29さん、おじゃまさせてもらいます。
>>30さん、私が考えているのはどうもライトノベルとは違ってきそうなので。。


32 :名無し物書き@推敲中?:04/03/31 20:27
はてしない物語嫁と小一時間

33 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 03:06
ハリーポッターでいいじゃん。

34 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 06:05
山田風太郎嫁。

35 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 09:36
ロードオブ座リング見ろと
失禁&失神するかも

36 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 16:20
>>35は素人、でFA?

37 :p3039-ipad66marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp:04/04/01 16:27
1はいままで小説書いたことは?

38 :たむたむ:04/04/01 22:01
いくつかお勧めの列挙ありがとうございます。随時読んでいきたいと思いま
す。

>>37
あまり経験は有りません。短編を十本弱、程度です。

39 :たむたむ:04/04/01 22:21
↓参考までに私の拙い文章をファンタジー物で。>経験

 ジャンの剣を握る手は震える。剣先には彼を睨み、手にかけようと
する男が三人。いずれも長剣や戦斧を構え、不敵に笑う。
 今、ジャンは初めて命の遣り取りをしようとしているのだ。その握
る剣の震えには、そのまま彼の心の怯えが写る。
 男達はじっくり一歩一歩にじり寄る。右から、左から。ジャンは見
回す。息づかいが荒くなる。まるで病に倒れ、末期のように。
 男達は乾いた笑い声を上げる。指先震え、膝が微かに笑うジャンを
見据えて。追いつめられた少年は、猛獣に囲まれた哀れな一匹の兎か
のようだ。冷たい汗が瞳に流れ落ちる。痛い。けれど、彼には拭う暇
すらも許されはしないのだ。

……私の文章はこんな感じですね。短くて分かりづらいかもですが。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 23:41
台詞はわざとはぶいた文章なのかな

41 :名無し物書き@推敲中?:04/04/01 23:56
>>1はなぜスレ立てる前によそで質問しなかったのかと小一時間(ry

42 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 01:22
>>41
ほんとにな。
春休みになると「俺のスレ」「私のスレ」が乱立してウザー

自作の評価が欲しいなら、そういう創作系サイトに逝けばいいのに。

43 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 01:29
 たむたむのキーを叩く手は震える。モニターには彼を煽り、馬鹿にしようと
する>>40 >>41 >>42が三人。いずれも皮肉や暴言を書き込み、不敵に笑う。
 今、たむたむは初めてレスの遣り取りをしようとしているのだ。その叩く
キーの震えには、そのまま彼の心の怯えが写る。
 >>42達はじっくり一歩一歩にじり寄る。右から、左から。たむたむは見
回す。息づかいが荒くなる。まるで病に倒れ、末期のように。
 >>42達は乾いた笑い声を上げる。指先震え、膝が微かに笑うたむたむを
見据えて。追いつめられたたむたむは、猛獣に囲まれた哀れな一匹の兎か
のようだ。冷たい汗が瞳に流れ落ちる。痛い。けれど、彼には拭う暇
すらも許されはしないのだ。

44 :名無し物書き@推敲中?:04/04/02 01:42
>>43
ワロタw

45 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 08:34
>>39 = 1
自分はどうやって想像の世界で飛べばいいか分からないと見た。
具体的に言えば、ある場面を想定した際、木々のざわめきなどが聞こえない。
どうしても分かりやすいところだけ書いてしまう、という具合かな。

例えば……
「手は震える」
それだけか? 手のひらに汗をかいているかもしれないぞ?

「不敵に笑う」
どういう笑い? 大げさに口を吊り上げて「お前をバカにしているぞ」と
言っているような笑いじゃないのか?

「にじり寄る。右から、左から」
以下の「乾いた笑い声」、以前の「不敵な笑い」と相反する。
つまり相手は、主人公をバカにしている。
だから、彼らは油断し、慎重さに欠けてしまうだろう。
いくら主人公が武器を持っていたとしても、主人公の剣の範囲外ギリギリまでは
にじり寄らず堂々と歩いてくる可能性だってある。

「息遣いが荒くなる」
間隔が短くなるってわけだな。鼓動は早くならないか?汗はかかないか?



46 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 08:43
とりあえず、>>1は、ある場面で考え付くこと全部盛り込む訓練をしてみろ。
つまり、想像力と書き方を養う訓練だな。
慣れてくると自然に出来るようになる
(数ヶ月〜年単位で訓練が要る。プログラム、作曲、絵画その他と一緒だ)。

書く際は、絶対にいきなり長編を書くな。
ヒヨッコが42.195km走るようなもんだ(完走できるわけがない!)。
原稿用紙3〜5枚程度、小学校レベルから。
出来るならもっと(3語スレ辺りまで)短い方がいい。

自然にアレコレ盛り込めるレベルになれば、
とりあえずInfraRedからRedクリアランスになれるだろう
(意味が分からない?じゃあ、ド素人からモノカキ最下層)。
そこからレベルを上げるには、どれだけ短く分かりやすく文章を書けるか、による。
この時点で、初めて人のものを参照する意味が生まれると思うよ。
逆に言うとそれ以前に本を濫読しても、ただ面白いなと思うだけだろうね。

47 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 15:07
>>45-46
マジレスすんなよ…だから調子にのるんだってば。
こんなのいちいちスレ立てずに質問スレ逝くなり文章批評スレ逝けば
いいんだから。

1も甘えてないでここでさらして来いや↓
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/bun/1080199058/l50

48 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 17:55
>>47
おまいも結構親切だなw

49 :たむたむ:04/04/03 20:18
みなさん、色々ご指摘やアドバイスありがとです。その中でも>>45さんのよ
うに考えて書いたことも無かったので、何やら新鮮な驚きです。
小さな頃から読み書き親しんできた文章というのも、より高度に計算された
文章もあるんだ、と。
なお、誤解されている方もいるので陳謝しますが、別にこのスレは私が文章
発表の為に立てたのではありません。スレを立てた理由は私がファンタジー
物を作っていくうえで、そして何よりこの2チャンネルを見ている方がファ
ンタジーの創作をより建設的、なおかつ私のような初心者でも分かり易くで
きるようにという趣旨です。
>>39の書き込みは私自身の筆力をおおよそ判断して頂くためのサンプルのよ
うなものだと思って下さい。自然と、初心者向けでも取っつきやすいスレに
なるでしょうから(自傷気味に苦笑

50 :たむたむ:04/04/03 20:20
また、昨日ゲド戦記一巻買いました。そのまま夜、テレビもつけず音
楽も鳴らさずにひたすら読んで一巻を読破しました。
みなさんお分かりの通り文章の初心者の私なので具体的にどうだった
とか、アイデア、世界観がここは気に入った、ここは気になるなどと
述べるセンスも力も無いですが。
一つ言えることは、『面白かった』です。
ご紹介ありがとうございました。以降、他の紹介作品も手に入れたい
です。

51 :たむたむ:04/04/03 20:24
ふと、ゲド戦記に関して。
真の名前が意味を持つというアイデア、面白いですね。言葉が力を持
つというの。ただ魔法の優劣のみではなく真の名前を暴く心理戦とい
う戦いの表現もできると思いました(例えば漫画のジョジョのように)

52 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 20:38
着眼点は悪くないだろうが、問題はそれを
(今、未来どっちでもいい)書けるかだ。

ハデな戦闘を書くのは比較的簡単。
が、心理戦を書くのは意外と難度が高いんでね
(膨大なウソの数と、全てのウソが矛盾しないことが要求されるから)。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 20:46
ファンタジー小説化志望の人
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/bun/1077460970/l50

【幻想】ファンタジー小説書いてる奴逝け【妄想】
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/bun/1044404843/l50


54 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 20:51
歴史的ファンタジー一覧
(指輪物語以前)
「オルランド狂乱」     著:ロドヴィコ・アリオスト(1516年)
「ヴァテック」       著:ウィリアム・ベックフォード(1786年)
「リリス」         著:ジョージ・マクドナルド(1895年)
「サンダリング・フラッド」 著:ウィリアム・モリス(1897年)
「アルクトゥルスへの旅」  著:デヴィッド・リンゼイ(1920年)
「ウロボロス」       著:E・R・エディスン(1922年)
「エルフランドの王女」   著:ロード・ダンセイニ(1924年)
「ゴーメンガースト」    著:マーヴィン・ピーク(1948-59年)
「折れた魔剣」       著:ポール・アンダースン(1954年)

55 :54:04/04/03 21:00
(ヒロイックファンタジー)
「火星」シリーズ 著:E・R・バローズ(1917-48年)
「コナン」シリーズ 著:R・E・ハワード(1932-36年)
「終末期の赤い地球」 著:ジャック・ヴァンス(1950年)
「ハロルド・シェイ」シリーズ 著:S・ディ・キャンプ&F・プラット(1941-60年)
「ファファード&グレイ・マウザー」シリーズ 著:フリッツ・ライバー(1951-70年)
「エルリック・サーガ」 著:マイクル・ムアコック(1961年-)
「アトランティスの女王」シリーズ 著:ジェーン・ギャスケル(1963-77年)
「真世界」シリーズ 著:ロジャー・ゼラズニイ(1970-79年)


56 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 21:02
>>54
実はいい人だな。

57 :54:04/04/03 21:10
(新作ファンタジー)
「最後のユニコーン」 著:ピーター・S・ビーグル(1968年)
「ゲド戦記」三部作 著:アーシュラ・K・ル・ゲイン(1968-73年)
「グウィネド王国年代記」三部作 著:キャサリン・カーツ(1970-73年)
「イルスの竪琴」三部作 著:パトリシア・マキリップ(1976-1979年)
「魔法の国ザンス」シリーズ 著:ピアズ・アンソニイ(1977年-)
「闇の公子」 著:タニス・リー(1978年)
「アイルの書」五部作 著:ナンシー・スプリンガー(1979-83年)
「はてしない物語」 著:ミヒャエル・エンデ(1982年)
「ベルガリアード物語」五部作 著:デヴィット・エディングス(1982-84年)
「アヴァロンの霧」 著:マリオン・ジマー・ブラッドリイ(1983年)

58 :54:04/04/03 21:13
誰に頼まれたわけでなくまとめてみた。
既出のものでかぶっているやつもあるけど、勘弁してくれ。
あとこれ、おれが持ってる小説講座っていう本からそのまま
書いたから、「こんなん知らん」とか言われても困るゆえ、
ご了承を。

59 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 21:14
リチャード・バックの「イリュージョン」って
ジャンルはファンタジーになるのかな?

60 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 21:19
ファンタジーといっても幅が広い。
ほぼ共通の世界観で書かれてると言い切ってもよいライトノベルから、
歴史構造から文化まで独自の世界観を築き上げてる作品まで様々だ。
前者を書くつもりなら同ジャンルの小説を読むのも参考になるだろうが、
後者を書きたいならまず現実の歴史を徹底的に学ぶのが先決。

61 :名無し物書き@推敲中?:04/04/03 21:32
いきなり世界観の大きいものを書こうとして
風呂敷を広げすぎて詰まる初心者って多いよ
まずは小さくまとまったものを1本
とにかく1本書き上げてみましょう

62 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 00:15
いわゆる、けなげで一途な美少女ヒロインや、なにげに幸運と1セットの悲劇的な運命を背負った主人公と
いったものを避けるだけでずいぶんと違うはずだ。


63 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 00:16

 というか、>>1の文章は明らかにラノベ系なのだが……。
 別にラノベで書いてもいいんじゃないのかと。
 >>1の力量では重厚なファンタジー世界など書けそうにないし。


64 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 00:28
既存の書物では物足りない、というのは執筆動機の重要な要素だが、
>>1の場合、これだけの隆盛を誇るライトノベルの成功の本質を検討したかどうかは
疑問だな。
例えば、今のテレビのバラエティは気に入らないから、古典落語を
学びたいと言っても、いま現在注目されるのは古典落語ではないよな?


65 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 09:01
ここのリレー小説いま2〜3人でしか
回ってないんでどなたか興味あったらお願い
全部読むの面倒だったら>>49からでOKです

http://jbbs.shitaraba.com/game/11311/

66 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 13:54
上の正確にはこっちでした
気楽にお願いします。

http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/game/11311/1079424793/

67 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:07
和風のファンタジー物ってありますか?

68 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:43
>>67
サクラ大戦とかサムライディ−パーKYOとか火の鳥とか。

69 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:45
>>67
山田風太郎嫁。

70 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:55
>>69
澁澤龍彦、中井英夫、久生十蘭、初期の谷崎潤一郎、といったところも追加でお願い。
まあ俺の好みなんだがな。

71 :たむたむ:04/04/10 20:46
お久カキコ。色々アドバイスなどありがとうございます。

さて、現在ファンタジー物の構想に入っています。そこで単刀直入にお聞き
します。みなさんは異世界に召喚されるという設定に関してどう思われます?

また、その上でこんな展開は飽きた、というのはありますか?
色々周りに話を聞いてみると結構似たり寄ったりの話が多いそうなので。

72 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 20:57
んー、自分ではどう思っているのかな?てかなに読んだん?


73 :たむたむ:04/04/10 21:11
『主人公が異世界に召喚』、安直かもしれません。が、主人公がその
舞台世界の人間という設定よりも、同じ世界、同じような価値観のキ
ャラの方が描きやすく心理描写もしやすいように思うからです。

私自身は描き方次第、かなと。出来ないながらに頑張ってみようと思
ってます。

>てかなに読んだん?
田舎の為、お勧め本をなかなか集めることが難しいです。ゲド戦記は
二巻を探しているところ。今は『はてしない物語』を読んでます。
(色の砂漠で死のライオンに出会ったところ)

74 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:17
>>71
そもそも、この手の古典であるバロウズの火星シリーズが異世界召喚ものだ。
現代人の視点で異世界の設定を紹介しながら進められる、という点で楽だから流行った。
ヘビーな読者じゃなくても感情移入もしやすいところも魅力。

ただ、召喚されることで絶対的な能力を得るような設定は正直見飽きた。
未開な現地人を科学知識で啓蒙していくってのも、もう時代遅れだからヤメレ。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:18
とりあえず、十二国記の1、2巻を読むと、言葉が通じないということや
風習を知らないという事がどれだけ困難かわかる。
おすすめ。


76 :たむたむ:04/04/10 21:27
>>74さん
>召喚されることで絶対的な能力を得る
>未開な現地人を科学知識で啓蒙していく
そういった方向にはしない予定です。ごく一般的な学生(男)を
主人公として剣と魔法の世界に飛び込ませる、という物です。

その上で、ごくごく一般的な主人公がこちらの世界と比べて危険な世
界でどのように戦っていくのか、と考えました。
とりあえず今の構想では使用する武器の威力で序盤は進めさせるつも
りです。

77 :たむたむ:04/04/10 21:29
>>75さん
>十二国記

小説ですか? 買ってみますね。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:37
>>67
和風のファンタジー=時代小説ではないかい?
>>71
いいと思うよ。
そのほうが書きやすいんだったら、それで書けばいいと思う。
>>75
十二国記は確かにオススメ。従来の異世界召還物と違って
召還されることによってネガティブになるとこがすごい。
他には、テリー・ブルックスの「ランドオーヴァー」シリーズなんかも
発想がすごいと思う。発想はね。スターウォーズのエピソード1の
原作者だから、内容的にはそこそこ。

79 :たむたむ:04/04/10 21:47
>召還されることによってネガティブ
それは、私自身の構想でも少しあります。正確に言うと戦うことその
ものがネガティブ。
生き残り、元の世界に帰るためにも戦わなければいけない。それは避
けようが無くて、でも主人公は本当は戦いたくない。
しかも、自分の身を守り、敵を倒していく武器はそれを使うことその
ものが主人公にとって物理的・精神的に苦痛となる、魔剣で。
でも自分自身が生き残るためには戦うしかないわけで。泣きながら敵
を血に染めていく、そんなお話です。

80 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 21:52
>>79
じゃあ、十二国記は必読作品だね。とりあえずあれは参考になる。

81 :たむたむ:04/04/10 22:00
はい、本屋行ってみますね。

82 :たむたむ:04/04/10 22:06
あと、甘えついでに質問。
こんな登場人物は食傷気味だ、というのはありますか?

83 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 22:26
>>82
──剣と魔法の世界に召喚された普通の男子学生
みたいなパターンがすでに食傷気味ですが。

ありきたりの題材をあえて選ぶのだから、そう言われて当然だということを自覚しておくとよい。
処理の仕方次第では面白くもなるかも・・・とはいえ、それは初心者には無理な話だ。
習作のつもりでがんがれや。

84 :たむたむ:04/04/10 22:39
>>83さん
まさにその通りですよね。どうにか、なんとか、出来ないなりに歯を
くいしばって娯楽品として楽しめるよう頑張ってみたいと思います。

85 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 00:07
>>84
召喚のエピソードを工夫してみるとか…。
例えば、普通だと望みもしないのに召喚されるところを自分で望んで行った。
…しかし戦い続けながら苦悩し始める。自分が望んだ世界なのに何故…。

で話をその"何故"を織り込んで進めたり。

まあ、がんがれ。

86 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 00:46
主人公の初期状態は、戦いに対してネガティブだとすると。
……んー、通過儀礼の方向かな? 
その場合、話の結末では戦うことを受け入れるポジティブな状態にもっていく必要あり。
戦いにどのようなプラスの意味を見いだすか、その辺は書き始める前に考えておいた方がいいよ。



87 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 00:54
>>86
何かエヴァっぽいぜ

88 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 01:21
……と、これだけでは説明不足かな。もうちょっと補足。
「通過儀礼」つーのは、ある状態から別の状態へ移行する際に行われる儀礼のことね。
元は民族学用語なんだけど、例えば子供が大人に変わる際、行われる儀式なんかを指す。
その一つの様式として、「親元から離れ、未知の場所で一定期間を過ごしてくる」という
のがあって、これがよくファンタジーのモチーフとして使われるわけだ。
未知の場所=異世界とおいて、そこでの経験で主人公が成長していくパターンね。

んで、この書き方をする場合には、成長させる要素を決めて、そこに試練を与える必要がある。
79を見てると、試練を「強制された戦い」と置いているようだから、ならば、これを
どう受け入れていくか、という点が話のテーマになるだろうなあ。
……とまあ、そういう意味です。

まあ、難題押しつけたみたいだけど主人公の方にテーマ与えるならそういう方向かなと。
他にも85さんみたいな方向もある。
主人公にテーマを与えないなら、狂言回しにする手もあるし。
色々考えてみるといいよ。

>>87
エヴァも通過儀礼の話だからね。語り始めると長くなるんで省略するけどw




89 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 16:07
山田風太郎を読め読め言われてるのが良く解る。
彼こそ「忍者」というファンタジーヒーローを定着させた人間だからだ。
1も歴史に埋もれた何かを誇張してヒーローにしてみてはどうだろうか。

90 :たむたむ:04/04/14 20:59
こんばんは。


91 :sage:04/04/14 21:03
晒してしまったあとでそれを消すまでに時間がかかった。
だからいろいろな不都合ができてそれを回避するために
あるとあらゆる方向を考えてきたわけだね。僕は自惚れては
いない、全てはそういったこととは関係ないところの思惑とか
もみ消しのための思索なのだから

92 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 21:07
浸っていやがる。


93 :たむたむ:04/04/14 21:09
>>85さんや、>>86さんの仰る主人公の心理・精神状態は物語の主要な
縦糸になる予定です。
私としては、戦うということそのものを主人公の成長により肯定する
のではなく、最終的には哀れみと共感と優しさをもって、相対する真
の敵と戦うことにさせていく構想ですね。

主人公は敵の思想に同感はできないけれど、けれど一人心傷つきなが
らも何かを叫び訴え続ける敵に痛ましさと、切なさすら感じて。
主人公自身も戦い、生きている中で傷ついて、それでも自分自身に芽
生えた信念の為に魔剣を取り続ける。そして、顔で怒って心で泣いて、
そんな中で最初は憎み恐れるだけであった敵とどこか深いところでの
共感を覚えていく、という感じです。

94 :たむたむ:04/04/14 21:11
>>91さん。>>92さん。
……?

>>89さん。
>歴史に埋もれた何かを誇張してヒーローにしてみてはどうだろうか
そういうのっていいですね。忍者とといえば、日本的な物でいうと私はやは
り武士が好きですね。武士にも時代区分により色々型が別れるところでしょ
うが、特に好きなのは幕末・戊辰戦争時と平安時代末期の武士です。
名こそ惜しめ、の精神は実に清々しいですね。

95 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 21:32
【幻想】ファンタジー小説書いてる奴逝け【妄想】
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/bun/1044404843/l50

に一本化しない?

96 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 22:13
>>94
幕末じゃさすがにファンタジーにならないだろうよ。
せいぜい戦国期まで。
できれば鎌倉以前のほうがホラ吹きやすいぞ。

97 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 22:36
同意、たむたむ>>95に来いよ〜

98 :名無し物書き@推敲中?:04/04/14 23:11
この板の人は優しいなぁ ε-(´ー`*)

99 :たむたむ:04/04/15 20:08
>>95さん、>>97さん。
おじゃまさせていただきますね。

>>96さん。
武士そのものを題材にするとなると、知識に乏しいので考証が相当必要にな
ってしまいます。なので、もしかしたら異世界の戦士達が戦いの中で名乗り
を上げさせてみたりはどうだろう、などと考えてみました。
「我こそは○○の郷、騎士□□の息子、△△! いざ、尋常に勝負!」等。
……結構難しそうですねぇ。
機会が有れば武士物を書いてみたいと思います。平家物語風の。
「もののあわれ」を描いてみたいなぁ、と。
敦盛や能登守教経、義経、那須与一宗高、など大好きです。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/04/15 20:46
>>99
考証が面倒だからラノベなファンタジーでも書いてやれって発想はわからんでもない。
また、時代小説あんまり読んだことないのもよくわかった。
だが俺が思うに、おまいは本当は心の底ではファンタジーを馬鹿にしてるのではないかな。
それなりに説得力ある設定を構築するのも大変だが、逆に嘘っぽい設定で
嘘っぽくない物語作るのも、実はとっても大変なんだぞ。
時代小説のように既存のエピソードや人物を使えない分、嘘つくのがとっても難しいわけで。

実はライトな時代小説は、安定したファン層を持つ狙い目のマーケットだったりするw






101 :名無し物書き@推敲中?:04/04/15 21:17
ファンタジーの難しさ、というのは読者との共有の難しさなんだよな。
独りよがりでは嫌われる。迎合しすぎては軽んじられる。

>ライトな時代小説は、安定したファン層を持つ狙い目のマーケットだったりするw
えー?どこで?


102 :名無し物書き@推敲中?:04/04/15 21:22
>>99-101
お前ら、コピぺしておいたから
【幻想】ファンタジー小説書いてる奴逝け【妄想】
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/bun/1044404843/l50
に逝け!
ちょっと面白いから分散すると勿体ない。
※レス不要、あっちで盛り上がってくれ。

================終了================

103 :たむたむ:04/04/15 21:36
>>100さん。
99でレスした平家物語風云々、武士物云々というのは私の書きたいと
思っているファンタジーと切り離してお考え下さい。
異世界の戦士達に名乗りをさせてみるのは云々はまあ、ただその場限
りの思いつきようのようなものです。
また、史実に則った時代小説は手間もかかるし難しそうだ、だからフ
ァンタジーを書こうというような動機ではありません。勿論、ファン
タジーだからといって簡単に考えているつもりはないです。

>逆に嘘っぽい設定で 嘘っぽくない物語作るのも、実はとっても大変
なんだぞ。

確かにそうですね。難しそうです。納得できない世界観、設定では読
者は感情移入ができないでしょうし。

104 :たむたむ:04/04/15 21:44
>>102さん。
>>103のレスに考えをまとめるのに時間がかかっている間に提案が
でてますね。
う〜む、その方がいいかも。とりあえず、>>103は向こうにコピぺ
しておきます。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)