2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ライトノベルのよさはこれだ!!

1 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 01:45 ID:3BGBH+E2
妙な説明口調の会話、ちぐはぐな描写、断定的で性急過ぎる表現、おたく臭い(そしてあまり上手くない)表紙、痛々しい読者。
いいところ無し、と私には見える。
とはいえまがりなりにミステリや文学の方面のアカデミズムにも注目され始めたライトノベル(およびライトノベル的なもの)。
(ただの勘違いということも十分有りうるだろうが)いいところが無くしてこれだけの地位向上がありうるはずもない。

そんなわけでライトノベルの読者が一般小説(一応便宜的にこう呼ばせてもらう)には見られない、
ライトノベルの魅力はこれだ! というのを語ってもらいたいと思う。
うまく言葉にできない、というお方なら気に入った場面を箇条書きにするもよし。
ご協力お願いしまーす。


2 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 01:46 ID:wa2z5B79
2get

3 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 01:48 ID:VKAVF/Ko
3get

4 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 02:41 ID:QS2/22pk
表現の一種としての価値

5 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 02:57 ID:DVULhkWQ
ライトノベルっていう定義が実ははっきりしていないから、
今までに存在していたどんな物語とも違うモノを作り出せそうな可能性。
自分個人としては、電撃文庫に期待。

6 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 03:02 ID:G2aNznFB
1が長文だと痛々しいよな。文章変だし。

7 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 03:10 ID:Iqr5uCf9
っていうか注目され始めてたんだ。

8 :S ◆KI8qrx8iDI :04/01/02 03:14 ID:RUQsqazx
オタ文化の最前線はライトノベル及びエロゲなんです。
最近のアニメ化するライトノベルの多さなんかを見れば一目瞭然でしょう。
コバルト文庫の小説までアニメ化される日が来るとは思いもよりませんでしたが


9 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 03:28 ID:IieJm3E7
“活字を楽しむ”ことのスタートラインとしての存在意義は大きいと思う。
その場合、一般小説と対比されて欠点とされる事柄は利点となる。

10 :S ◆KI8qrx8iDI :04/01/02 03:35 ID:RUQsqazx
簡単な単語しか使われていないのはとても親切ですよね。
小学生の中学年程度の語力があれば
読めるというのは重要な魅力ですよ。

・・・10年前の話ですが

11 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 04:25 ID:TKm0Nnqo
エロゲーのノベライズを読む人の意味が良くわからないのですが、
あれを買う人は、パソコンを持ってないから、
小説を買うのでしょうか?
とりあえず、エロ小説が読みたくて、
何でもいいから買うのでしょうか?

12 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 05:58 ID:CVHUBFW9
それはそのゲームに出ているキャラクターが好きで
終わってしまうのが哀しいから、続きをみたくて、という普通のシリーズものの読み手とかわんないです。
以上ギャルゲオタ(?)の意見でした。

13 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 10:45 ID:/z0cvAPw
>>9
(´Д`)ソレダ!

でも高校生にもなって教室で読むのはどうかと思う…。いや、俺の友達の話なんだが。別に俺はそんな気にしないが(自分がオタだから)、少なくとも彼女はできなくなる。

14 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 15:48 ID:Pasw+2Z1
折れみたいな坊にピタリ

15 :イラストに騙された名無しさん:04/01/02 16:26 ID:UqY8UMcv
>>1
ネタスレは1が責任をもって盛り上げろ。ラインは100.

16 :イラストに騙された名無しさん:04/01/03 22:38 ID:jvtwMqlb
無理でしょ。

17 :イラストに騙された名無しさん:04/01/03 23:43 ID:lEJkYd+N
http://www.pumpkinnet.to/ranking/words/



18 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 01:41 ID:wSPPXR2K
>>11
それは、つまりグッズとしてでしょ、存在意義は。

でも、ライトノベルって、昔で云う、ジュブナイルとは違うよね。
どうも、アニメ的表現を文章に変換したものっていうイメージがあるんだけどな。

口パクパクだけで、微妙な表情の変化が見られないところとか、
お約束の展開、お約束のキャラのやりとり、などなど。

小説はこういうものだといって、これに慣れちゃうと、
ライトノベルしか読めなくなるかもしれないな。


19 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 10:22 ID:ZY8AEafW
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━
キタ━━━━━(゚∀゚)━━
キタ━━━━━(゚∀゚)━
キタ━━━━━(゚∀゚)
キタ━━━━━(゚∀゚
キタ━━━━━(゚∀
キタ━━━━━(゚
キタ━━━━━(
キタ━━━━━
キタ━━━━
キタ━━━
キタ━━
キタ━
キタ



なとこ

20 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 10:49 ID:nYx+dPhf
一般小説も同程度読んでる再入門組の、個人的嗜好に基づいた例だが。

・気軽に読める。疲れてる時でも読める(バカ小説など)
・一般小説ならトンデモになってしまう設定のお話が読める
 (高い自由度、またそれに伴って派生する、一般小説にない種類の面白さ)
・見え見えの展開を安心して楽しめる(予定調和ハッピーエンド嗜好)
・エンターテインメントに徹した話が多いのでカタルシスが得やすい
・キャラ萌えが出来る

寧ろ中高時代の方が無理に背伸びして「文学」に手を伸ばしてたがなぁ。
そういう人間も多いと聞くし、読まない人間はライトノベルすら読まないんだから
殊更ラだけの弊害を憂えることもないような気がするなぁ。

21 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 11:13 ID:Lce+1SA2
面白い。

22 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 22:49 ID:MlrOjHGs
>>20
本気で、いま流行りのライトノベルの自由度が高いと思っているのですか?

23 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:07 ID:7XJ7Ntk9
>22
「いま流行り」ってのが今イチよくわからんけど、一般小説との対比なら。
まぁ境界が曖昧になってるとこもあるけど

24 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:21 ID:MlrOjHGs
あのね、ライトノベルは、
それ以外の小説に比べてはるかに縛りが多くて自由度が無いんですよ。
多少の読書量があれば普通に気づくと思うけど…
>>20でも
>・見え見えの展開を安心して楽しめる(予定調和ハッピーエンド嗜好)
っていってるし。
ライトノベルライターがどれほど編集から規制を受けて悔しい思いをしていることか…

25 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:29 ID:7XJ7Ntk9
>24
あぁ、それは多分「自由度」の意味が違うんだと思う。
>24を見た感じだと「書き手のやりたいことをやれる」という意味?
>20は、ファンタジーだとかトンデモといった題材の自由度  …では?

26 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:33 ID:MlrOjHGs
ライトノベルじゃない小説で、
ファンタジーやトンデモをあつかってるものが
どれほどあるか知らないのですか?

27 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:41 ID:74YhFWFe
またなんか頭悪そうなのが来たな

28 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:45 ID:Xv3DfThH
エロ業界には昔から二八の法則という、八割エロなら
二割は何やっても自由というのがあるが、八割エロだ
から、自由なんてないに等しいという意見は聞いたこ
とがない。

29 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:50 ID:j8Z0amQB
まあ確かに、エロ本とか18禁PCのほうが、
ラノベ業界より設定は多種多様だし、自由にやってると思う。
お子様が見るかもしれないということを考えなくても済むからな。

30 :イラストに騙された名無しさん:04/01/04 23:58 ID:7XJ7Ntk9
レスろうと思ったら既に違う方向に…。
うーん確かにエロとかは見てないから、自分の読むのは結構偏ってるかもな。
明日早いんでこの辺で

31 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 00:12 ID:deXLZC21
>>28
そうなってしまうと、
小説の体裁として面白くできるのかあやしくちゃうとは思いますが、
それでも、エロを求めるニーズを満たしてるんならいいと思いますよ。

わたしは、ラノベを否定する気も、バカにする気も無いです、
面白いものは、面白いと評価したい。
気軽に読めるのはこのジャンルの長所で
それを軽いとかリアリティがうんぬんとか言うのは、的外れな批判だしね。

ただ、
>>20
の『自由度が高い』って意見は、錯覚もしくは、幻想です。

ゲームだと話は違うかもしんないけど、
小説は、元々自由度高いメディアなんでって、
言いたかっただけです。

32 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 00:36 ID:aiBqD7sj
それは食ってくのに不自由ない富豪の息子系文士か、上手くヒモになれ
た文士の話だろう?
自力で食ってくということを考えれば、ライトノベルほど自由度の高い
ものはないと思うが?

33 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 00:45 ID:Ufonl12v
自由度が高いってのは、つまりジャンルの縛りがないってことじゃないのか?
ファンタジーでも現代でも時代物でもミステリでも、それこそなんでもござれだろ。
編集側から受ける縛りなんて「女の子を出すように」くらいのものだと思うけど。

34 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 01:07 ID:deXLZC21
>>33
宮部みゆき、椎名誠、村上春樹、
大沢在昌だって、かなりぶっ飛んだ設定の小説を書いてる。
ラノベの設定の方が、
ステレオタイプでありがちな世界観(ファンタジーだろうが、時代劇だろうが)
じゃないと受け入れられない縛りの中で書いてるんです。
それが、自由に見えるのは、
軽いノリで設定の説得力を無視しても
ステレオタイプの世界だから読者から疑問を持たれずに
受け入れてくれるだけ。
ラノベでその世界を破った設定に挑戦するのはかなり冒険になります。
まず、編集からダメだしくらいます。

>>32
いまいち、言ってることがわかりませんが、
もしかして、
ラノベ作家の方がもうかってると思ってるってことですか?
だとしたら、絶対ありえねないっすね。

35 :電撃信者:04/01/05 02:19 ID:hlcko38x
電撃なら自由度高いよ。

36 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 03:41 ID:deXLZC21
確かに、斬新なアイデアや挑戦的な作品を出す作家や
出版社もありますね。
そういうのを読むとライトノベルの存在意義は、
やっぱり十代の人の欲求とか現実のいらだちを解放するためもんだと思えます。
(世代的に外れたおっさん、おばさんも引いた目線ではあるけど
その時代はあったので楽しめる)
一般小説では、青臭かったり単純に見えたりして受け入れられないことも
堂々とやれる。(その点で言えば一般小説の自由度が低いとも言える)
年取ってもそういう青臭いこととか純粋なものを求めたくなる心はどこかに残ってるはずで、
それをやれるっていうのは、
ライトノベルでしかできないことで良さなんだと思います。

37 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 05:46 ID:+Xov59fv
おお、なんか良スレに変化してるな(w

んじゃ俺もマジレスしよう。
俺はもともとSFの人なんだが、そうだな…25過ぎあたりから本格的に
ライトノベルを読み始めた。

最初の理由は単純。 刊行速度が早川とか創元なんかとは比べ物に
ならないほど早いから。
月にコンスタントに10冊程度の刊行がある、SF・ファンタジー系文庫なんて
ものは、富士見か電撃しか無い。それにスニーカーやソノラマを加えれば、
収拾選択したとしても、月に15冊程度は読める。飢えをしのぐための
代用食として、ライトノベルを選んだわけだ。
最初は文章になってない小説群に面食らったりもしたけどね。
もちろん主食はハヤカワや創元の翻訳SF。

しかしそのうち、この玉石混交でやたらエネルギーのあるライトノベルという
分野自体に興味を持ち始めた。おそらくパルプマガジン全盛時代のアメリカ
スペースオペラもこんな感じだったんだろうと思う。
即ち90%はどーしようも無いんだが、残り10%に光るモノがある。
それを探す楽しさと、90%のしょーもないゴミがいつのまにか化けるという面白さ…
そして、化けた作家をデビュー時から追っていけるという楽しさ。

つまるところ、俺がライトノベルを読む理由ってのは、「発見の楽しさ」これに尽きる。
思いもしない才能の開花をリアルタイムで見られるところ。

さあ、ワナビの諸君早くデビューして(煽りじゃないぞ)俺を楽しませる話を書いてくれ。
貶すときは思いっきり貶すけどな、誉めるときは思いっきり誉めるぞ。

38 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 06:42 ID:1RoQvrfx
>>34

いや、「世界観」という用語自体が、特有の業界用語だとは大塚英志が『キャラクター小説の作り方』で指摘してたじゃん。
正確には、ライトノベルからファンタジーからゲーム(RPGなどストーリー主体のゲームの源流はファンタジー小説)の用語ね。
文学業界では「世界観」という用語は、ライトノベルやファンタジー的な意味ではまず使われないはず。
民族学や文化人類学なんかでは微妙に違う意味で良く使う。ジャングルの奥地のなんとか族の神話や魔法の「世界観」みたいな意味で。
だから「世界観」を必要とする小説=ライトノベル
「世界観」の無い小説=文学
と言えると思うな。
ライトノベルに存在する自由とは、作品の「世界観」を共有することによって読者側が色々妄想できる自由のことだと思うな。
文学にはそういう自由は存在しない。読者の妄想は文壇の書評から現代文テストの設問に至る圧倒的な「権威」によって束縛されている。
その意味で読者が「文学」から「世界観」を持つ作品に逃げ出すのは必然だと思う。

そしてどのような作品であれ、大家が「自由」を持っているのは当然のこと。小説だけじゃ無く漫画もそう。宮部みゆき、椎名誠、村上春樹、大沢在昌はみんな大家。
もちろん新人が自由に書いた斬新な作品がいきなり受け入れられることもある。だが大家じゃないうちは、そのような自由は持てないのも事実。ライトノベルに限らず。

39 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 07:19 ID:1RoQvrfx
とまあ、「自由度」という言葉に関してニュアンスの大きな違いを感じたのでコメントしてみた。
書く側の「自由度」を強烈に意識するのは、物書き志望のワナビと、あるいは言論の自由がどうとか考えてる人だけなんじゃないかな。
純粋に書きたい物があるなら、今の時代はインターネットやコミケで発表するという自由がある。旧来の同人誌(本来の意味の文学同人誌)や、自費出版という自由もある。

40 :33:04/01/05 08:27 ID:Ufonl12v
>>34の言う「ステレオタイプな設定・世界観」って具体的にどういうもの?
ちょっと考えてみたんだが、「異能力者が出てくる」くらいしか思いつかん。
でもそれにしたって絶対的な縛りじゃないしなあ。キノの旅とか。
……ま、アレの銃技・剣技も異能といえば異能か。

41 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 09:48 ID:lDXzz9SF
漏れは34じゃないが、参考までに。

バカの一つ覚えな展開・その37
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1072281973/l50

42 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 16:54 ID:A7KEIolB
全てを新しく造りおこし目新しい独自の創作物で埋め尽くさなくても
既存の概念を使いまわして作品世界を構築しその中に1ポイントの独自性をいれる
そんな造り方が基本になっているのが多くのライトノベルだろ。

だから、1ポイントのアイデアと全体的な面白さがあれば全てを1から造れなくても
作品を送り出す事ができる。
反面、全てを新しく造りおこそうとすると読者がついてこないととめられる。

 それを自由と感じるか不自由と感じるかは作り手の捉え方しだいだろ。
 こういったジャンルが存在する事で、既存のSFや文学といったジャンルと
合わせて選択肢が増え、ライトノベルがなければ生まれなかった才能が世にでた
ことに大きな価値があるんじゃないかな?

43 :イラストに騙された名無しさん:04/01/05 19:00 ID:QsMCcRcU
>>34
儲かってない?
お前馬鹿だろ。もしくは学生か?
一万売れるか百万売れるか解らん本より、確実に一万だけ
売れる本の方がはるかに扱いやすい。
ここまで言えば解るだろ?
だから二八なんだよ。

44 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 04:14 ID:1wXIIfDP
>>38
その理論だとSF=ライトノベルってことになるぞ。
作家が構築した珍妙な世界観を楽しむのがSFの特徴だからね。

45 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 05:01 ID:1wXIIfDP
ああ、反省。
この話題はローカルルール違反だ。

やる場合は難民だな ↓

『ライトノベルの定義』議論スレッド@難民
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1061467455/


46 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 09:39 ID:0ZKHK+kO
>>44
 その発祥としてSFジャンル(ファンタジーも通常含まれる)に由来するのは
事実。ライトノベル黎明期の元になってたのは
 ソノラマ文庫→スニーカー文庫やファンタジア文庫だから

 これらはSFの少年向けレーベルだったんだから、ライトノベルの現状は兎も角
発祥においてはSF的なものだったのは間違いのない事実。

 現状を表す表現としては不十分でも、>>38の言い分が間違いとも言い切れないと
思う。

47 :38:04/01/06 10:31 ID:fhjzSynW
>>44

いや、ならないと思う。その証拠にファンタジーとは違ってSFでは「世界観」という言葉はほとんど使われないじゃない。
民族学や文化人類学の用語に準じるなら、「世界観」というのは神話や魔法の体系のこと。それぞれの部族の神や精霊や、薬草を練って作った魔法の薬とか。そして色んな形の世界創世神話。
それをファンタジー小説に当てはめれば、例えば「ロードス島戦記」なら大地母神マーファや破壊神カーディスや、古代語魔法なんかのことになる。そして始源の巨人の死から始まる世界創生神話。
こういうのの集積が「世界観」
SF、特にハードSFでは完全に「世界観」とは「科学」のこと。部族や古代文明の神話や魔法ではなく、近代科学文明の「世界観」。世界創生神話はビッグバンとか紐宇宙とか色んな仮説。
SFにおいては作者は「世界観」を構築したりしない。「科学」という「世界観」の延長上に、奇天烈な世界(ニーブンの小説なんかには多いね)を構築することはあるが。

48 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 12:00 ID:tzUbbAGS
>>43
500円の文庫印税が10%で50円
10000×50=500000
一冊書いて50万にしかならねーよ!
これで、年収500万ポッチでも儲けること考えてみろよ

ちなみに一般書籍の初版は、普通3万から刷るよ
これくらいの計算できる頭を持ってから発言しろよな

49 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 13:06 ID:m/UZsy6J
小生は

ライトノベルの初版は平均して25000から30000部
ノベルス(新書版)の初版は20000部前後。
ハードカバーの一般書籍の初版は15000部。

 と、編集部から示されていますが。何か?

50 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 13:15 ID:tzUbbAGS
残念ですが、それは、数年前の古いデータですね。

51 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 13:17 ID:lkO65MQt
>>48
残念ながら新書などは1万部が初版の標準。
純文学の中には初版2700部という、大手系ライトノベルの最低増刷部数(3000部)未満の作品もある。

52 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 13:33 ID:tzUbbAGS
ああ、一般書籍は一般の文庫と言う意味で言いたかったのだ

53 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 13:40 ID:0ZKHK+kO
>>47
 その反論は的を外していると思うな。

 ファンタジーで使われる『世界観』は『神』『魔法』などで表される世界の根本法則と
その世界の住人が受け止めている受け止め方をして『世界観』と称している。

 SFでは、『科学』によって表される世界法則(時間移動ができるかとか、超高速航法は
とか、地球外知性体はとか)が『世界観』として捉えられている。

 だから、SFとファンタジーは『科学』と『魔法』という異なる言葉で表されていても
同じ様に独自の世界観を語っているものだという点で共通しているだろ。

54 :49:04/01/06 16:54 ID:fUa6m64O
>>50
昨年の末に、俺が今年の出版スケジュールを編集者と組んでいるときに
示された数字なのだがね。

そうか、もう二週間も古い数字だから通用しないのか。
光陰矢のごとしだなあ(w

55 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 17:55 ID:tzUbbAGS
だとすると
なかなか実績のある作家さんですね。
それともアニメかなんかのノベライズですか?
で、
生活は苦しくなくできてるんですかね?

何かいてるか、できれば教えてほしいところではあるけど

56 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 18:43 ID:WJXEkVg4
>55(tzUbbAGS)
>これで、年収500万ポッチでも儲けること考えてみろよ
いまの世の中年収500万かせぐのも大変ですよ
ええ、漏れは年収300万にもみたない負け犬ですが。

57 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 19:42 ID:tzUbbAGS
いや、男性サラリーマン平均年収程度という意味で言ったのよ
ってそんなところ突っ込むか?

58 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 19:55 ID:1wXIIfDP
悲しいこと言うなよ(w

59 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 20:02 ID:2nOX5gLP
>>55
実績も何も、デビュー4年に満たない新人です。
複数のシリーズを持ってるから、なんとか食って行けていますけどね。

編集さんからハードカバー一般向け小説を書かないか? と言われて、今書いているんですけどね
いわゆるライトノベルの「縛り」が無いぶん「社会」を書くのが楽であるのは事実ですね。
 ライトノベルの持つ自由さと不自由さというのは、同じものの裏表じゃないのかな?


60 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 20:12 ID:1wXIIfDP
>>59
あ゛ー ネタかマジか知らないけど、プロの作家さんがこういうとこに
出張ってくるのは良く無いよ。何度か見たけど大荒れの元だよ。
ましてや騙ってるのだとしたらよけいマズイ。
ご配慮頂きたく一筆啓上。

61 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 20:16 ID:2nOX5gLP
了解しました。撤収します。

62 :イラストに騙された名無しさん:04/01/06 21:23 ID:O6cXyZt5
そうだね2CHにはまって仕事しなくなった森〇浩〇の例もあるし(w

63 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 02:32 ID:Ws2mZLE2
おいおまいら>>1を良く読んどくれ。
ここはライトノベルの読者が一般小説(一応便宜的にこう呼ばせてもらう)には見られない、
ライトノベルの魅力はこれだ! というのを語るスレだぞ。
作家や出版事情の話は自粛しる、というかスレ違いだ。

64 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 03:16 ID:81oZA5RR
イメージに反さなければだが、イラストがあったほうが入りやすいのは事実だよな。

65 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 03:18 ID:Xwvio/8D
しかしラノベのイラストはずいぶん適当というか、文章で描写されたものとは全然ちがうのがあったりするだろう。

66 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 04:11 ID:81oZA5RR
>>65
だから、イメージに反さなければといったし、
そのような事態がそんなに頻繁にあるとは思わない。具体例をキボン。

67 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 23:27 ID:OgYVrqoM
バブリーズ・リターン。
あの絵師付けた編集は氏ね。

68 :イラストに騙された名無しさん:04/01/07 23:35 ID:yUCJaN/H
宇宙戦艦ムサシ
戦艦武蔵がなんで似非ディスカバリー号に化けるねん

69 :イラストに騙された名無しさん:04/01/08 14:03 ID:7fM8ej0V
>>65-68
 まあ落ち着け。
 ここは悪いライトノベルをあげるスレじゃない。
一般小説になく、ライトノベルにある良さをあげるスレッドだ。

 (多くの)ライトノベルがイラストでイメージ補完されて良い
という意見に対して、例外があるだろって言うのは話がそれる。
 もし(殆ど)全てのライトノベルでイラストが邪魔になるというなら
スレ趣旨に違わない範囲での反論だ。しかし、そういう意見じゃないんだろ?

70 :イラストに騙された名無しさん:04/01/09 05:08 ID:ouUk+OaM
良いイラストは本当に良いからな。

十二国記の山田画伯とかな。
古くは、火星シリーズの武部本一郎画伯だな。

71 :イラストに騙された名無しさん:04/01/11 18:09 ID:kRGBuzau
不夜城の畑正憲さんがライトノベルを書いていた頃は
縛りが多くてキツかったってインタビューで言ってたね。

72 :イラストに騙された名無しさん:04/01/13 19:03 ID:J7kWpcYg
ライトノベルの良さといえばあとがきに決まってるでわないか

73 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 13:27 ID:2sZceirp
俺が読む最大の理由は、疲れている時でも読めて、布団に入った状態で暇つぶしができることかな。
ゲームは少数の比較的ハードなのしか買わないし、マンガはあっという間似終わって間が持たないし。
テレビと違って時間に縛られないで利用できるしな。
疲れている時にためになる本を読むほど酔狂でもない。

74 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 17:34 ID:fj2anW49
ぶっちゃけ、難しい本は疲れる。
ラノベのよさひたすら読みやすいこと。
でも、最近、ライトノベルにも小難しい文章が目立つような気がする。


75 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:17 ID:b0FarUQ3
小難しい文章目立つか?
あれだけ改行多いのにリーダビティで村上春樹より劣りそうなのはマズイだろうけど。

76 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:25 ID:JcC1zq1c
よくぅ、オーフェンとかロードス島とかを「文が難しくて読むの疲れる」って言う人いるけどぉ、そういう人って、きっと小学校の国語ちゃんとやってなかったんだろ〜ネ☆
>>74ちゃんみたいに♪♪♪

77 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:28 ID:jEULbLIA
>>75-76
古い人だね?
改行が多い?
いつの話?
最近のラノベ読んでないだろ?

78 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:45 ID:b0FarUQ3
>>77
確かにライトノベルを沢山読んでいるというわけじゃないが、古いものばかりだとも思われない。
一応あげておくと「悪魔のミカタ」「パラサイトムーン」「キノの旅」「ブギーポップ」はあたりを読んだ。
まあ書いた人の意図を自分成りに汲もうとする場合、小難しいというか、
谷川流の「ハルヒ」はいわゆる「日本語練習帳」にダメな文章の手本として紹介されるくらいの悪文だと思ったことが、
それらしいライトノベル体験だろうか。


79 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:52 ID:JcC1zq1c
>>77
つい最近終わった作品と現在進行形の作品を古い小説なんて言ってるようじゃ、流石にどうしようもないカナ★
キミにとって新しい小説ってのは一体どんなのなのっ???
もしかして、まだ発売していないものを編集部に乗り込んで読んで来いとでも?
あぁぁん、気持ち悪い人だねっ♪♪♪

80 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 20:53 ID:JcC1zq1c
メル欄直し忘れた。


81 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 22:28 ID:nHL7exgz
特異なキャラ作れば認知されると思ってんじゃねーぞ!
ラウンジか物質に行って帰ってくるな!

82 :イラストに騙された名無しさん :04/02/19 23:54 ID:CBhFkBBV
うん。ちょっとスレの空気を読まないでマジ話してみようか。
アレは俺が中学二年くらいのとき、蓬莱にハマりこんで、家に帰ったら蓬莱、蓬莱と言いまくってた頃のことだ。
飯食うときもNPCとか考えてたし、初恋とか魔獣は当時十回以上は読んでた。暗記とかしてた。
あんまりうるさいもんで、ウチのお袋が呆れて。
「なんにのめりこんどるの」
とか言ってきた。勢い込んで「蓬莱です!」とか言ってる俺は、当時厨房ヲタ。最悪だw
ネットゲームとかよくわからんだろうから、小説だけ見せてやった。ジュブナイル、という言葉を知ったのはその時だ。フランスだかイギリスだかから発祥したんじゃなかったかな、と齢50の母は語った。
「お母さんのころは、明治大正の文豪たちだったけどなぁ」
「日本文学全集、ってやつですか」
太宰病、とかがあった時代だ。それを考えると、蓬莱も急にしぼんだように思えた。中一の時に安部公房を読破していたから、余計になんつーか、「軽さ」みたいのを感じた。
が、お袋は笑って言った。お母さんは、それと別に神話にハマッタ。ゼウスのやつがね、エロイやつなんだよ。
厨房ながら、さすがにお袋が話を合わせようとしてくれるのが分かった。ちょっと感動した。
で、お袋の結論はこうだ。
「こういうのも、いいんじゃない?」パラパラと「犯罪!」をめくる。うわ、挿絵が多い。漫画みたい。
「今の子は、ゲーム世代だからね」
「本当に字を読まなくなったよ」
「あんただって、お母さんに言われなきゃ安部読まなかったでしょ。漱石もだけど」

「だから、こういうのもいいかもね。漫画感覚で読める。内容がどうであれ、字に接する機会を設けられるからね」

さすがに自立している俺は、今は月に一冊買うか買わないかだが。
なんつーか、そういうところにもライトノベルの良さってあるんじゃないかな。
長い上にまとまってなかった。スマソ。……ちなみにお袋は生きてるぞw

83 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 02:53 ID:MIv8wiXZ
小難しいラノベの文章ってなんだ? まさか西尾維新?w

84 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 05:04 ID:dFQZu51x
ラノベの良さはイラストレイターとのコラボでしょ?
漫画と同じ、絵と物語が会っていればその面白さを100倍にも高めるのは常識

個人的には最近のアニメチックな絵は好みじゃないけど・・・
ちなみにいうとこういう感じがすき(ちょっとアメコミ?)
http://www.pandora.nu/tv/src/img20040220022349.jpg

85 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 13:26 ID:XeBlBC06
作家の立場から言わせてもらうと、ライトノベルほど扱いやすい品物は無いと言える。
400×250ならプロの作家の場合1週間で上げる事も難しくない。
私は仕事の気分転換に短編を書く事があり、すでに何作か出来あがっているのだが、
以前小説家志望の友人に出来上がった作品をみせる機会があり、友人の名前で賞に応募したいとい言われ、私はOKと言ってしまった。
その遊びで書いた作品があっさり受賞したのは思わずワロタよ。
実名はまずいが・・・しゃべる小物と乗り物が出てくるお話だよ。
PS、作品がわかってもそっとしていてあげて欲しい。後週マガに私の話の物があるよ。

86 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 13:27 ID:FXoizO6E
ふつう小説には小説的な側面と物語的な側面の二つがある。
ここで1があげているようなライトノベル「いいところ無し」に見える個所は、
小説的な側面に位置している。
他板のライトノベル叩きなどは
小説を物語的な面しかよむことの出来ないライトノベル読者(=ラ豚)に向けられているものだろう。

漫画と同じ、だってさ。

87 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 13:41 ID:aM7QyaOL
>>85
週マガに面白いマンガってあったっけ?
オタク向け以外は激しく衰退してる印象しかないんだが。

88 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 13:59 ID:z2Bd5mmT
自己顕示欲にまみれてるなー。
まずいとかそっとしといてとか書いてるが、
わざわざわからせるように……
しかも、どの流れからつけたレスなのだろうか。

89 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 14:26 ID:p++l+jE8
ジャンプとか好きな奴が好きな内容だから。
学校やらで読んでる奴を見かけるが「本を読んでてまじめそう」なんて間違った評価も付く


俺は個人的にラノベは小説として認めてないが

90 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 17:09 ID:FpUBE8lx
>>85
ワナビは専用スレに逝け

91 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 17:19 ID:bRdv1XFg
>>89
固いな。認めれば楽になるのに。俺は逆に小説はラノベだと認める。
大体どっからが小説だ。ハリーポッターはラノベでいいか。マルドゥックスクランブルもラノベ?
シャーロックホームズはラノベ以外の何者でもないな。富士ミスで出ないのが残念だ。
罪と罰もラノベだ。学問のススメは同人誌でよかろう。話が闘争も同様だ。

92 :91:04/02/20 17:23 ID:bRdv1XFg
話が闘争は、我が闘争だ。失礼。
この際書籍は全部ラノベという風にすれば大分手に取りやすいと思うんだがな。どうだろう。
思想本は同人誌ということで。良い感じな距離感だと思うがどうだろう。

93 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 19:01 ID:RpUhL0tO
「イラスト付の小説」でいいよもう。
小説として認めないなんて言うのは時代遅れな気がするし、
かといって文学=ラノベなんてアホなこと言う馬鹿にもしょんぼりだ。


94 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 20:08 ID:ec6ViBiM
>>81
認知してもらおうなんて思ってないよ〜だ、べ〜っ!
赤ちゃんができたって、女手一つで育ててみせるんだからぁ♪♪♪

95 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 21:16 ID:FBqKtBYQ
こんな板でネ釜やってるのがキモ居

96 :イラストに騙された名無しさん:04/02/20 21:39 ID:1REqaIy7
>>95
暖かく見守りましょう。
というよりも、見てると心が落ち着いてきませんか。
どんな香具師がキーボードの前であの文章を考えているのかと思うと楽しい。
近年まれに見る癒し系の煽ラーです。

97 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 10:23 ID:lLCMNw1q
不毛な言い争いしてるスレだな

98 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 13:55 ID:ANi3eTw2
そういや、ラノベの女子ってキモイ口調が多いよな。特に十代なんか、
男の喋りをを少し女性的にするだけでいいのに。

99 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 14:55 ID:3vvYr0Ac
リアルの腐女子などに萌えるほど
病んではいませんが何か。

100 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 16:19 ID:YL+yBiA4
>>98-99
話が噛み合ってねえな(w

101 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 18:07 ID:MPPTTjDt
>>100
つまり98はリアルの女が大好きで、99はラノベの伽羅が大好き。


102 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 21:27 ID:CwHR8sTM
ネカマだの煽りだの、何の根拠をもってそんな妄想じみたことを言ってるのやら★
この板には分裂症患者がい〜っぱいいるみたいだねっ♪
あぁぁん、可愛い人達だよぉ♪♪♪

103 :イラストに騙された名無しさん:04/02/22 00:04 ID:TIWxiedL
持ち運びが楽。サイクルが早い。

104 :イラストに騙された名無しさん:04/02/22 01:08 ID:+2vbOloN
娯楽の一種の一言で終わるかと。
ライトノベルだけが良いとかそういう感じはしないがな

105 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 02:21 ID:4K/oQEr3
そんなものはない、という結論に到達しつつあるのかな?

106 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 08:00 ID:9LoEXizg
自由度が高いっていう意味だったら、「キノの旅」
みたいな、残酷なのは普通の小説としては出せない。

107 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 09:39 ID:z7sdHqz7
あまり普通の小説読まないけど村上龍の「インザミソスープ」はすごく残酷だったぞ。

108 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 19:23 ID:C/b8mzcb
>>106
ライトノベルだけではなくいろんな本を読んでからものをいえ
キノの旅ごときで残酷って・・・

109 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 01:53 ID:g7DpKwXS
キノで残酷だったらバーカーのミッドナイトミートトレインなんかどうなるんだよ

110 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 02:15 ID:QdWXWL6F
106がバトルロワイヤルとか模倣犯とか読んだらショックで3日は寝込みそうな予感

111 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 05:02 ID:2Hh8SjAp
「ライトノベルは自由度が高い」って幻想はどこから出てくるんだ?

112 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 07:28 ID:ZSdVzOmB
(一般常識からすると)むちゃくちゃな設定から。

113 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 14:57 ID:g7DpKwXS
まあその実、それほど自由でもないけどな。

114 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 15:38 ID:PcXQ+yMo
現実原則に縛られることがない代わりにラノベ特有の商業的原則に縛られます。

115 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 18:55 ID:Gl8slyTx
>>112
何を持って一般常識とするかにもよるがな
んなこといいだしたらファンタジー、SFの全てがむちゃくちゃだといわれてしまう。

116 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 20:28 ID:gMhCPRVg
ファンタジーはともかく、もともとSFというものはその作品の中で
その作品で起こる現象を説明する架空の理論を書いてたんだよ。

117 :イラストに騙された名無しさん:04/02/25 11:07 ID:x9WRAnDV
少なくとも、宇宙戦艦やらライトセーバーやらが出てるだけの作品は
『サイエンス・フィクション』じゃないと思うんだが。

118 :イラストに騙された名無しさん:04/02/25 20:15 ID:b39fSRpj
設定はむっちゃ自由だが執筆に際して一定の様式が求められるって所で
SFよりもスペースオペラと近似っぽい。

119 :イラストに騙された名無しさん:04/02/26 00:45 ID:NV5lIw19
幼馴染の出撃回数が半端ではないところかな。

120 :イラストに騙された名無しさん:04/02/27 11:43 ID:4/nrIPJH
アレはみんな好きで書いてるのかと思ってた>幼なじみとかぱんちらとか
それでもラノベは自由度高いと思う。
SFはぶっちぎりで自由度の高いジャンルだが、ミステリはかなり自由度低い。
低いというか、狭い。
アレより狭いのは、架空戦記物くらい。
ん?架空戦記物は、ラノベ?
ジャンル毎に、自由度の高い部分と低い部分が違うから、一概には言えないけど。
いや、言えないと思うけど、かな?

121 :イラストに騙された名無しさん:04/02/27 13:05 ID:jSLMrdZu
ヒロイン出さなきゃ売れる可能性がガタ落ち、っつーのは足枷だよな。きっと。

122 :イラストに騙された名無しさん:04/03/02 20:33 ID:j6c5TsTo
よく考えるとぉ、そもそも「ライトノベルの良さ」が何かなんて今更考えてるようじゃ、読書家として恥ずかしいんじゃないかなぁ☆

123 :イラストに騙された名無しさん:04/03/02 20:43 ID:us/nWoA/
キモ…

124 :イラストに騙された名無しさん:04/03/02 20:49 ID:vuaZe3l8
ヒロインいなくても、美少年、美青年が3人ほどいれば問題なしです

125 :イラストに騙された名無しさん:04/03/02 22:55 ID:nd6nxDDp
ダメダメな1がいるスレはここですか?

126 :イラストに騙された名無しさん:04/03/02 23:01 ID:ZTRQxm3H
刊行ペースが速い

127 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 00:41 ID:4+63GwfH
>ヒロインいなくても、美少年、美青年が3人ほどいれば問題なしです
ラノベにまでボーイズ持ち込まれたら堪らん。

128 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 00:56 ID:b0WsHbY8
ボーイズはライトノベルじゃないなんて言ってたら金と銀の旅は読めませんよ?

129 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 03:56 ID:y6QOiQ54
>>128
じゃあ読むな

130 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 10:31 ID:YOMRgFaD
なんかこの系統の小説、暫く見ない内に10代の少年少女しか主人公にならなくなってるのな。
飯島健男風主人公はもうウケんのかあ。

131 :イラストに騙された名無しさん:04/03/06 14:43 ID:tiKu7zXM
「しか」、ねえ・・・♪
カワイ〜イ、人だねっ・・・♪

132 :放浪者:04/03/06 18:00 ID:u5vdB7R/
>>130
漫画やアニメの延長にある分野だからなぁ。。


133 :イラストに騙された名無しさん:04/03/06 19:27 ID:7OvTksKU
>>130
まぁラノベの対象が10代〜20代中盤くらいだからな。
主人公がそれに近い方が読者も世界にのめりこみやすいだろ。

134 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 17:22 ID:y8EG53Pv
>>133
まあ、この業界ではそれが定説らしいな
逆に敵役や憎まれ役中年のおじさん世代あたりが良く起用される

135 :イラストに騙された名無しさん:04/03/14 23:24 ID:oztyQG0J
主人公の青臭さはラノベのいいところだよ・・・

136 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 12:20 ID:2uWbLOL0
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.                  | 
    |::::::::::   (●)     (●)   | 
   |:::::::::::::::::    ___      | 
    ヽ:::::::::::::::::::.          ノ 


137 :イラストに騙された名無しさん:04/03/17 16:45 ID:u+iBVtlh
萌える
でいいんじゃないの?

138 :イラストに騙された名無しさん:04/03/17 17:00 ID:lxUcw3p9
>>137
禿同。
「萌え」以外に思いつかん。

139 :イラストに騙された名無しさん:04/03/18 12:47 ID:PDfH2ifB
「萌え」嫌い

140 :イラストに騙された名無しさん:04/03/21 16:44 ID:OEEiBm9C
気楽に読める読みやすさ、刊行ペース、漫画的面白さ
ここらへんが自分がライトノベルを読む理由

それに、一般小説にも文章が稚拙なものや面白くないものは一杯あるしね
正直、俺にとってはその辺りに関しては一般小説もライトノベルもあんま変わらん


141 :吾輩は名無しである:04/03/25 12:07 ID:z61+8fmp
はあ(;´Д`)ハァハァ

142 :イラストに騙された名無しさん:04/03/26 15:39 ID:/yrNb5E0
刊行ペースが速い=手抜きの粗製品

143 :イラストに騙された名無しさん:04/03/26 15:46 ID:Z6TvzK/s
出ないよりはマシ

144 :イラストに騙された名無しさん:04/03/26 16:37 ID:WtSzkT7u
まさにlight novel、軽く読める小説って事が醍醐味なんでしょ。
ファストフード感覚で楽しめる。
現実のファストフード業界でも健康志向や差別化があって、
一定の制約の中にも自由度がある。
ファストフードだけ食べていく人生でもそれなりに楽しめるが、
病気になりやすいし深みが得られないと。

145 :イラストに騙された名無しさん:04/03/26 23:19 ID:9dmBud1v
深見なんていらん。

146 :イラストに騙された名無しさん:04/03/28 00:21 ID:Ohz+lNHB
漫画は400円で30分も楽しめない。
ライトノベルは600円くらいするのだと3時間くらい楽しめる。


147 :イラストに騙された名無しさん:04/04/05 21:06 ID:r0PYwm7W
ライトノベルって一生懸命書いてるみたいで悪いけど笑える。笑っちゃう。
英語が不自由な日本人が一生懸命話してる英語みたい。
ネイティヴから見れば悪い冗談にしか見えない。

148 :イラストに騙された名無しさん:04/04/05 21:16 ID:9VXvPWPv
藻前の文の方が、よほど日本語として不自由で笑える。笑っちゃう。

149 :イラストに騙された名無しさん:04/04/06 00:31 ID:7BJdgnBW
でもさ、軽く読めるって言うけど(割合から言ったら)ラノベって文章
下手な人が多くないですか?文章がどうしてもひっかかっちゃって軽く読めない。
ブギーポップとかはすっと読めちゃうんだけども。

150 :イラストに騙された名無しさん:04/04/06 00:43 ID:2bEDF5C7
文学的基礎を踏まえずともいいのがライトノベルのある意味いいところなわけだから、
売る以上日本語として間違えてるのは問題だが、文章の下手な奴がいてもそれはそれで、
他の部分で秀でているところがあれば良いんじゃない?

151 :イラストに騙された名無しさん:04/04/06 02:30 ID:UMe1AQz7
>>149の頭が固いだけなんじゃないのか?

152 :149:04/04/06 13:14 ID:7BJdgnBW
>>150
確かにその通りです。でも、こと「軽く読めるかどうか」と言う事に関して言えば
(文章が下手だと)読みにくくてどうしても軽く読めないのです。
ん?漏れがおかしいのかな?

>>151
そうかもしれません。でもライトノベル自体は別に嫌いじゃないですよ。

153 :イラストに騙された名無しさん:04/04/07 13:24 ID:Qoj2GtZN
よく電車の中で読んでる。
内容が漫画のノリをまんま持ち込んだような感じなので、
途中でしおりを躊躇することなく挟める。
こういう気軽さがいいところだと思う。
本格推理とか読もうとするとどうしても
土日に一気に読むってスタイルになっちゃう。

154 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 10:24 ID:lF2KxJHf
妙な説明口調の会話、ちぐはぐな描写、断定的で性急過ぎる表現

割合から言ったらラノベより普通の小説の方が多い気がするがどうか?

155 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 13:21 ID:FrqwTS4o
>154
多いね。むしろライトノベルの方ががんばって状況説明しようとして努力してる
分だけ気を使っってる。一人称な小説なら説明口調はしょうがないし。
そもそも説明しなければいけない特殊な舞台設定が多いから、どうしたって状況
説明がくどくなてしまう傾向は否めない。
「普通の小説」が「現代だ」で済ませられる。ミステリーで殺人の動機は説明す
るけど、現在日本の刑法では殺人は重罪であってなんて説明する小説はない。
「ここは剣と魔法の世界なんだけど東洋テイストが入ってて魔法も万能ではなく
魔物もいるけど、魔王はいなくてえーとえーと」と説明しなけりゃならんわけで、
しかも設定ミスを指摘して喜ぶタイプの読者も多いし、大変だよなぁ。


156 :イラストに騙された名無しさん:04/04/20 22:12 ID:q0cGwiu+
今のライトノベルは、言うなれば「記号の文学」なんじゃないかなと思う。
メディアミックスなんかで作り出された「記号」化された描写を使う事で、書き手も作品を書きやすくなるし、読者も記号さえ心得ていればストレスなく読む事ができる。
記号に依存しているため大きな変化が望めないのは問題だが、パターンを楽しむ者には良い点と言っていいだろう。

157 :イラストに騙された名無しさん:04/04/20 22:30 ID:yJXY/vTv
>156
はまりやすい罠なんだが、その記号云々ってのは思考停止キーワードなんだよ。
一見、よくわかったつもりになるけど、だったら記号を並べてあれば良いのかと
ちゃんと考え直す必要がある。
古典落語がなぜ面白いのかは、落語家それぞれに語り口が違っていて、その表現
する世界が違うから、知ってるはずの話も新鮮に笑える。

記号と乱暴に言ってしまえば、ライトノベル以外の小説も全て同じようなもん。
歴史小説とて「江戸時代、貧乏侍が事件を解決」でなんとなく話が始まってしま
うだろうし、青春小説「少女が両親の離婚をきっかけに」で十分に記号として成
立した舞台設定となる。
「記号があるから」ではなく「新しい記号を定義されるのを理解出来れば」であ
るかもしれない。これは昔、SFが通った道で、なにもライトノベルだけのもので
はないね。
記号に依存しているって、どんな小説も依存してるよ。
ただ、その記号要素が現代オタクの求めるものに最適化してあるだけ。

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)