2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

近藤信義 ゆらゆらと揺れる海の彼方

1 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 19:19 ID:o1owyuQ1
忘れていた感動を呼び起こす戦記ファンタジー登場、らしい。さあ語れ。


2 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 19:38 ID:zeJox36Y
らしい、ってなんじゃい。
読んでないのかよ。

3 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 19:38 ID:mkXgevoQ
だから3巻出る前にスレ立てるなよ。
七姫スレの二の舞になっても知らんよ?

4 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 20:04 ID:6vanzlBK
話題性があるといっても、一過性のものだしねぇ・・・ こういうのは。


5 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 20:22 ID:VKU49ERK
ところで近藤信義は何か賞を取ったのか?

6 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 21:51 ID:SjaIon6I
>>5
第九回の電撃大賞の2次選考まで残ったらしい。
アミューズメントメディア学院生w

7 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 22:10 ID:ogRvW3Db
読んでみたけど、それなりに面白い。ただ、電撃文庫スレで言われているように、突
っ込みどころは多い。世界設定は、元々SFで艦隊戦をやりたかったのを、無理矢理
ファンタジーに持ってきたので、かえって変わった設定にはなっている。ただ、あの戦
争を冥海で行うというのは、何か、ゲーム的だな。それから、敵のキャラクターがあり
がちな感じがする。

8 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 22:16 ID:O27ta1GR
英雄が来て大逆転でも良いけど、そこで英雄的行動を
きちんと書いてくれないとな。なんか、英雄到着で戦力修正+100で
勝った感じがする。

9 :沼底:04/01/15 22:35 ID:Oty3LW6w
海獣と戦闘に違和感があったけど、シュヴァルツシルト(EX以降)を思い浮かべたら
わりとしっくりきた。

10 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 22:57 ID:G+GsyU8B
次巻に期待だな。

11 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 23:00 ID:C8RsvsNi
電撃スレで銀英伝っぽいって聞いたんで期待して読んだんだが、
ちと期待が大きすぎたらしく、なんか肩すかし。
戦術はだめぽだし、主人公に魅力が感じられなかった。
さんざん言われているけど、ヒロインの設定も投げっぱなしだし。
せめて最後の決戦でヒロインパワーを使うとかすると思ったんだがなー。
まぁそれはそれで陳腐だが。

あと疑問に思ったんだが、あの世界の国って地上の地理的に
近くにあるわけ? ほとんどの移動が冥海を通しておこなわれているって
書いてあったが。辺境とかなんとか言っていたけど、これは冥海的に
辺境ってことでいいのか、それとも地理的に辺境なのかよくわからなかった。

いま思ったが、星界の紋章の平面宇宙みたいな設定だな。


12 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 23:21 ID:wJSx/Hjv
>>最後の決戦でヒロインパワー
その展開だけは勘弁してください(;´Д`)人
ヒロインについてはこの後の展開で徐々に明かされていくんだろうね
ぜひとも最後まできっちりと書かせてあげて欲しいなぁ

13 :イラストに騙された名無しさん:04/01/16 01:38 ID:0jdwH/br
内容から考えて、続刊出るのは前提で出たと思う。

>辺境とかなんとか言っていたけど、これは冥海的に辺境ってことでいいのか、
>それとも地理的に辺境なのかよくわからなかった。
 私は地理的&政治的な辺境だと受け取ってた。

 次の内容予想としては、体勢を整えた帝国による再侵攻。無理な迎撃を命じられた主人公達の奇跡の大逆転。
 ヒロインの海獣を従える力により、強大な力を持つ天然の海獣を得るジュラという展開もありそう。

14 :イラストに騙された名無しさん:04/01/16 04:54 ID:f0jZni5b
>>11
期待が高すぎたんじゃないかね。銀英伝LVとは誰もゆうとらんし。
俺は地雷かも・・・とドキドキして読んだんで逆にヒットしたよ。
ちょっと信者っぽく感心した点を挙げてみる。、
・巻末の戦い。味方陣営も人死んでんじゃん。脇役とはいえ、この展開に感心。

・兄貴は本当に戦いの才能が無いらしい。意図して敵に狙われやすい布陣ひいてるかと
 思ったら気づいてないだけかよ。ああいう知識が深い知的キャラは戦術にも深いっていう
 設定があるとおもっただけに、きっちり凡将にしたのは感心した。

・人の死に際の心理描写に感心。なかなか印象に残るじゃあないですか。

・キャラ。敵味方脇役問わず、中々立ってるんじゃないんですか?性格がかなりイメージしやすい。

あと単純にキャラ好きです。兄も弟も互いのための自分の役割を認識してるところとかね。
不満は、冥界周辺の設定が分かりづらいとか、不思議が目立つとか、
最後の勝ち方もうちょっとなんとかとかもあるけど、まあその辺は2巻以降の成長に期待します。

15 :イラストに騙された名無しさん:04/01/16 14:06 ID:7rQJdirD
とりあえず読んだので感想書いとく。

なるほど、確かに設定にでかい穴があるね。
SFから変更したのだから仕方ないのかもしれんが、
これで「この生物の能力は〜」とか「天才」とか「すぐれた人物」
とか言われてもバカにしか見えない。
これが気にならないのはあの世界の住人や作者と同じ程度の脳みそしか持ってないか
もしくはライトノベルはそこまで読むものじゃないと考えてる人だろうね。

後、カラー以外のイラスト手抜きすぎ、ヒロイン影薄すぎ
普通に駄作ですた、何故か>>14みたいな儲もついたことだし作者はもっと精進しる。

16 :イラストに騙された名無しさん:04/01/16 17:15 ID:r4lHPyZ8
>>13
でたまか課YO!

17 :イラストに騙された名無しさん:04/01/16 23:04 ID:OGdCBtiQ
おまいらね、戦術だとか設定だとか、そんなとこ突っ込んでる場合じゃないですよ
漏れが一番気になったのは

一 体 何 回 「 何 と な れ ば 」 を 使 っ て い る の か


18 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 01:16 ID:u/FQzdX+
電撃スレで話題になってたんで
七姫といっしょに買って読んだんだけど、
やっぱ、あの戦闘を不思議空間で行なう
意味ってのが全然説得力ないね。

実際に占領するためにはやっぱ地上部隊って
いるんでしょ?
そのへんのこともでてきてないし、不思議空間で
戦争ごっこしたかっただけかよってほんとに
感じたわ。

ただ、まあキャラはそれなりにかけてるから、
脇役のウィーラントってのがこれからの買いって
とこかいな?

あと国家体制がぜんぜんわからへんかったわ。


19 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 01:19 ID:lmSkn9Em
わざわざ専用スレ立てるようなものじゃないだろ

20 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 05:52 ID:SPebblvG
何となれば、電撃スレで荒れかけたからである

21 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 15:00 ID:2MQcG88A
別に荒れてる様子もなかったが。
新人の作品について色々語るのはあのスレの受け持ちなんだし
まだ一冊しか出してない自称遅筆の凡百作家に専用スレは早すぎる。
とも思うがまぁ立ったもんはしゃーないわな。

22 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 16:04 ID:CamkK8iJ
大崎スレより伸びない悪寒

23 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 16:33 ID:Oc2Cc1vm
戦術や世界設定の穴については目を瞑ったとしても、
駄作とは言わんが普通の凡作のような。
つーか後半はヒロイン絡みのストーリー放置して戦争描写に徹してる作品で、
戦術や世界設定の穴については目を瞑った評価ができるのかって気もしますが。

基本的な筆力はあると思うんで、次巻に期待・・・と言いたいところだが、
今後主人公のライバルになると思しき敵国の将軍が、どう見ても馬鹿にしか見えないんだよなー。
主人公の思いつき一発ネタで絶望的な戦局大逆転ってのは、
まあこの手の戦記モノのお約束として許容できなくもないけど、
それを「思いつきもしなかった」とか「凄い」とか「天才」とか絶賛してるのが限りなく痛い。
正直、作中でこの人が一番頭悪い人に見えた。

24 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 19:53 ID:0vKTifYB
音波は縦波だけです

25 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 20:12 ID:ttysBlYu
今日買って来た。これから読んで見る

26 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 20:20 ID:2DmjWmzV
>>23
銀英伝も陥った、主人公と相対すと敵は自動的にバカになる現象
ですな。敵は凄いが、主人公はもっと凄いと書いてこそ戦記物と
思うのだが。

27 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 20:35 ID:yKd/lUDz
まぁ作者以上に賢いキャラを書くというのは困難だからなー。
戦記物の場合は、史実をパクるという手があるから勉強すれば
なんとかなるんだけど。

この話でもにょったところといえば、ヒロインが保護されるところか。
単に仲間になるための導入部であってたいして意味のある
エピソードじゃないんだから、もうちょっと説得力のある理由で
保護させろや、と思った。

28 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 21:25 ID:PJBUy1Yp
皆さんきついですな、漏れは十分面白かった
確かに設定の突っ込みどころは多いし
ヒロインのカラーのスケベ絵は本文とは関係ないし
あれ、擁護してないな、まだ一巻目だし長い目で・・・

とにかく面白かった、あとは次巻がテンポ良く刊行されること
最低でも半年に一冊それ以上は読者が忘れる
新人さんにはスピードも大切と思う。

29 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 21:36 ID:xjuMs7A1
本日読了。分厚いから積んでおいたんだが読みやすかった。
ツッコミどころは皆が書いているとおりかと。

主役周辺のキャラはかなり魅力的。ただし戦記物としての英雄には向いてないかと。
ヒロインの設定ほったらかしは勿体ない。
敵がアホになって自滅する駄目戦記物より、ヒロインの謎を追う冒険物として書いたほうが
世界観の説明にもなってよかったと思う。つーか冥海のイメージがサッパリだ。
どうやって冥海に進入するのか、地に脚をつけて戦うのか、鉄砲あるのに剣で戦うのか、
もうわけわからん。

値段分は楽しめた凡作という評価かな。続刊は出ても評価待ちにする。

30 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 21:53 ID:3B6t/y8a
>>29
>どうやって冥海に進入するのか
歩いて、じゃないんですかね?確か歩いて出てくる描写があったような
>地に脚をつけて戦うのか
マスク浮いてたから無重力だと思われます
そのくせどいつもこいつも足がはえとりますなぁ
>鉄砲あるのに剣で戦うのか
冥海では火縄銃より海獣のほうがよっぽど強力だからかもしれませんね
あとは冥海にあるガスの影響で火種が使えないとか・・・
呼吸ができるようなので酸素はあるようですが
さらに言うと海獣が火の玉を吐いてますが、描写が無いので
火といっても一概には言えない気もしますけどね

うーん、こうしてみてみるとやっぱり全体的にちょっと苦しい感じがしますねぇ
まぁ新人さんなのである程度は仕方が無いでしょうし
私自身は凄く楽しめてるので細かいところはどうでもいいです(笑

31 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 22:46 ID:SPebblvG
無重力って設定はないほうがよかったなぁ。

なんで無重力なのに馬で走って剣で切ってんだ、って
気になって楽しめなかった。

32 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 23:35 ID:Z1JltUp8
馬ではなくて海獣。足は通常世界での移動用。

33 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 23:55 ID:uJMvYQcH
たぶん、SF書いてた時は、海獣って戦艦かMSだったんだろうなぁ
弟の乗ってる海獣は専用MSだったんだろう
ぶっちゃけ、SFでよかったと思った
無理にファンタジーにした感じがバリバリ

34 :イラストに騙された名無しさん:04/01/17 23:59 ID:Oc2Cc1vm
でもあの設定でSFやってたら、星界のモロパクリとして叩かれまくってたろうから、
ファンタジーにしたこと自体は間違ってなかったかと思われ。

問題は、その際の練り込みが足らなかったってところで。

35 :イラストに騙された名無しさん:04/01/18 00:03 ID:zrUAxkJC
無重力であることの描写って全然ないしなぁ。
陣形とかも平地にしか読めないし。
地に足着けて歩いてるわけ? 無重力で?

36 :イラストに騙された名無しさん:04/01/18 06:14 ID:uxvPM6xo
戦術や話の展開、または世界観の荒が気になる人が多いっすね。
個人的には、個人や国(社会)の魅力不足が否めない。

つーか、この手の架空戦記もの?って
こいつこの後どうなるんだろ?
この戦いはどう決着がつくの?
この国は最後どうなるの?
みたいな興味が湧いてきて、続きが読みたくなるもんだけど、
この作品はその手の要素が少なく感じた。
(うーん、まだ双星伝の方が面白い)

毒が無いのか、ある意味致命的か?

37 :イラストに騙された名無しさん:04/01/18 15:15 ID:Ehdy/CfC
穴言われりゃ気に成るが、ここで言われるまで全然気にしてなかった俺。
新人にしちゃあ十分じゃないですか?
冥界の設定は流石に分かりずらいけどな。矛盾が目立つというより
そもそも基本的な設定が良く分からん。
まあでも他はOK。キャラとか掛け合いとか地の文とかね。
ページ数の割には読みやすい作品だと思います。

>>36
俺はもっと先が知りたいと思いましたよ。敵さんの英雄出てないし、
他の騎士団の話も無いし。


38 :イラストに騙された名無しさん:04/01/18 15:23 ID:zrUAxkJC
>地の文

「何となれば」大杉w

39 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 15:58 ID:0qUrfhzO
叩いてばかりもアレなんで俺が馬鹿な作者様に代わって説得力をつけてみる。
実はな、冥海から出てきてすぐはかいじゅーさんたちは元気一杯だから
地上でもしばらく特殊能力が使えるんだよ。だから地上での篭城は不利なんだよ。
え、やけに驚いてた存在意義の薄いおっさんがいたって? あいつは無知なんだよ。
目のいい人はそんなに驚いてなかったでしょ。

これを次巻(出ればだが)で無理なく組み込む方法も考えた
敵が攻めてくる→ジェラ「地上で迎撃しよう」という
→周りの人「おまえも知ってるはずだろ〜」と説明とうんちくたれながら反対
→ジェラがなんか言う→何故かみんな納得→作戦成功
しかしあくまで奇策扱いで、次は敵に知られたら〜とか理由をつけて以後封印
これでどうだ。

40 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 16:19 ID:uEiyUw09
うわ〜
てんちゃい的な発想でちゅ〜

41 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 17:00 ID:/lBiBs08
>>38
気にしすぎでないのかね。具体的にどこさ。さらっと読み返してみたがあんま
見つけれんかったぞ。

>>39
相手して欲しいのか、欲しくないのかどっちなんだ。

42 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 17:30 ID:1jFkywj1
普段あんまり見ないような言葉だから印象に残るのかも
何となれば

43 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 20:56 ID:FTHK6y9w
しかし表紙といい、タイトルと第一章一行目との符合といい、
元々の構想がノウラを主人公とした萌えファンタジー冒険モノだったら笑えるな。
ゆらゆらと揺れてるのは作者の執筆プランでした、ってオチ。

44 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 21:08 ID:uEiyUw09
SFをファンタジーに変えさせられた時点で揺れまくりですよ。

45 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 22:38 ID:LzshhRPZ
1時間半ほど前に何気に>>44が上手いこと言った!

46 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 22:51 ID:Los8CdXb
SFもファンタジーもたいして違いないじゃん。
って言ったら、たこ殴りかな(w

47 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 23:12 ID:TAwhNy7G
何か、虚海が銀英伝やシュバルツに似てるって話だが…
自分は思いっきり「星界の紋章」の平面宇宙を思い浮かべてしまったよ。

虚海は平面宇宙をファンタジー風にアレンジしただけのような気がしたんだけど?
門の表現も酷似してるし…

しかし、デビュー作(?)で「この厚さ」…しかも完結してない辺りは凄い度胸だな〜
個人的には、ツッコミ所満載だが比較的面白かったと思うが、ノウラ関係が全く語られないままで一巻終わってるのは、多少疑問だな…
伏線と言うか、続刊を期待させる終わり方にもなってないし、「勿体無い書き方」って印象が強い。
ま〜2巻で上手く廻せるかが評価の分かれ目だろうね!

48 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 23:25 ID:TAwhNy7G
あれ…>>34が指摘してるな…星界のパクリだって…
見落としてたよ。

49 :イラストに騙された名無しさん:04/01/19 23:43 ID:uEiyUw09
>>45
ちょうど一時間半後に書き込むオマエは神か!

なんつーか、あれだけの量を書いても完結しないところで
続きを買うのをためらう。
伏線やキャラを増やしたら泥沼だよ。

ところで二巻の発売は決まってるの?
新シリーズがいきなり始まりそうな予感がするのだが……
って、さすがにないよな。途中だし。

50 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 00:01 ID:5r+6Xdgw
いや、個人的には新シリーズ希望!

(あくまで)新人にしては、そこそこの文章を書けるので、
ダメ作家とは思わないけど。

うーん、今ひとつ登場人物や世界観に
魅力(作者の思い入れ)が感じれない。
(架空のゲームのノベライズ見たいな印象)

何か本人の波長に合った、
人物配置&世界を、再度考えて再挑戦を希望!

>>49
確かにあの厚さで前哨戦のみってのはきついね、
全部終わるには、グイ○ぐらいになりそう・・・(大袈裟か?)。


51 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 00:49 ID:fTFV+Fc4
>>47
森岡もパクルならうまくパクッてくれよ、と思っているに違いない。
せっかく平面宇宙のSF考証とそれによる戦争・政治形態を
事細かに書いたのにがっかりしているだろう。

52 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 01:44 ID:1BGd/oxm
銃が有るのに何で剣なの?ってのが有ったけど、この世界は極初期の銃だよね。
「火種が暗闇で浮かぶ」って表現から極初期の火縄銃だと思われる…
でも、大砲は炸薬入りだよね〜>塔破壊の描写

で、音波兵器が効果を与える理由が解ってる所が微妙だよね…
超音波関連技術<火薬(銃器)技術だと考えてるんだろうか?
技術体系が歪な進歩を起こしてるのは、ファンタジーやSFの定石とは言え「この話」は異様過ぎる進歩の仕方だ!
途中でSFからファンタジーに転換した為かも知れないが、十分な考察が行われたようには見えないね。

>>51
森岡も最近評判落としてるけど(PC版ゲーム付録の書下ろしとか…)、これを見たら滝涙になりそうだよな…情無さ過ぎて!
この作家と森岡は方向性としては完全に逆なんだろうね。
綿密な裏設定の上に物語を構築するタイプ>森岡(ただし、書いてる途中で矛盾を起こしたり、構想力が持続しないので中断したまま放置になる事がある)
場当たり的に設定を変えながら(良く言えば臨機応変に)物語を構築するタイプ>この作者
矛盾を覆い隠せるだけの面白い文章で読者を惹付け続けられれば作家を続けられるが、出来ないと一発屋で終わる可能性が高い。
とりあえず、戦術・戦略や社会描写などバックボーンの魅力は無いので、キャラクターで惹くしかないような…

53 :52:04/01/20 01:53 ID:1BGd/oxm
肝心の事を書いてない〜
>銃が有るのに何で剣なの?ってのが有ったけど、この世界は極初期の銃だよね。
>「火種が暗闇で浮かぶ」って表現から極初期の火縄銃だと思われる…
の後ね!

極初期の銃だから連射出来ない。
状況としては種子島に鉄砲が伝来した後〜三段撃ちが考案される前(長篠・設楽原の戦いの前)辺りで
刀剣類が主役だったんだろうと思う。

ただ、一方で大砲類の進化が異常に促進されてる気がする。
石造りの城壁を一発で破壊出来るような大砲は、火縄銃を作っていた程度の技術だと作れないはず…
大砲付き軍艦の存在が、更に混乱を冗長してるような…


54 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 04:05 ID:J8oi4eLe
>>53
日本に火縄銃が伝来する前にコンスタンティノープルの城壁が砲撃で破られてるけど、「一発」じゃないからねえ。
飛ばし読みしたけど、熟読してチェックしてみるかな。

星界は世界設定もキャラの掛け合いも秀逸だったと思うけどな。
萌えキャラとしてのラフィールも斬新で魅力的だと思ったし。あちこちでパクられたくらいだ。
ゆらゆらには設定燃えもキャラ萌えも足りないな。

55 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 10:56 ID:0Le5CSeB
まだ未読だが、二巻でヒロインの萌え成分が増大したら買おうかな・・・・
他は荒もあるがまあいい感じな評価みたいだし
戦略・戦術の描写の甘さは気にしなければ何とかなりそうだし

56 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 11:27 ID:fTFV+Fc4
>>53
銃の前は弓と槍が主流だっつ-の。あと三段撃ちを
未だに信じるなよ。

57 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 13:24 ID:LXQN08zG
>>56
やれやれ、コレだから軍ヲタは。
人が納得できるように書けば良いものを。
ネタ元は鈴木眞也でしょ?

58 :イラストに騙された名無しさん:04/01/20 13:27 ID:IT/5IqOR
鈴木儲ハケーン。

59 :イラストに騙された名無しさん:04/01/27 21:25 ID:6BQPUPfa
だから3巻まで待とうと俺は言ったんだ

60 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 01:48 ID:R0RQGfid
そうだね…
ネタが1巻だけだと話が続かないもんな〜
完結してれば話も違うかも知れないが、未完で続編待ちだと伏線拾う程度だし…
このまま放置して、2巻が出るまでに落ちなければ活用で良いんじゃないか?

61 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 09:17 ID:oZuJ5cBu
なにがどう“だから”なのかサパーリわからんが。
こんだけスレ進めば十分だろ。
続刊でりゃまた進む。

62 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 11:58 ID:EIwcHXJo
十分じゃないだろう。続刊でるだろうしいいじゃんって態度で、
1冊程度でスレ立て行ってたら膨大なスレ数になるよ。スレ乱立の基。
実際続刊情報ないんだしよ。それまでスレストなんだろうけど、何ヶ月後にでるんだか。

63 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 12:44 ID:oZuJ5cBu
ラ板でそんなことにゃならん。
まだ100近くスレ立てても大丈夫なんだぞ。
要らんネタスレならともかく作家スレは重複でなければいくら乱立しても問題ない。

64 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 13:23 ID:6R8M9ufT
>>58あたりまでの長文の応酬を電撃総合スレでやられたらと考えると、
どう考えても単独スレ立ては正解でしょ。

正直、ラ板の場合は1年くらいほぼ放置されてるスレはいくらでもあるし。



65 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 13:24 ID:QNUYssiC
まあ作者のためにはレス無しで早く落とした方がいいのかもね
なにかの拍子にこのスレ見ちゃうと絶対続き書けないよ。
俺はそれでも一向に構わんがな、駄作家が一人消えるだけだし。

66 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 13:36 ID:6R8M9ufT
過去レス読む限りでは、熱狂的なファンが一人いるじゃん。
こんだけ熱烈な信者が一人でもついてくれたなら、駆け出しの新人作家としては大満足でしょ。




まあ、それが本人の自演だったりするとマジでショボーンだろうけど。

67 :イラストに騙された名無しさん:04/01/28 14:28 ID:oZuJ5cBu
ファン居たのか?
欠点が挙げられることはあっても手放しで誉めているレスは見当たらんぞ。
強いて言うなら28の人か。

68 :イラストに騙された名無しさん:04/01/29 14:49 ID:zvqo2XP4
ここにファンがいるぞ!|ω・´)ノ

69 :イラストに騙された名無しさん:04/01/29 21:51 ID:tV6SoccH
ファンじゃねえけど(ファンっていえるのは渡瀬くらいなもんだし)応援してるぞ!|ω・´)ノ

70 :イラストに騙された名無しさん:04/01/29 22:18 ID:gqSPxAyR
ファンではないが、2巻で上手く話を進めてくれたらファンになっても良いぞ!|ω・´)ノ


71 :イラストに騙された名無しさん:04/01/30 17:01 ID:pFB9HajV
ファンでつ(=゚ω゚)ノ

72 :イラストに騙された名無しさん:04/01/31 10:36 ID:Eoz/+CGU
俺もファンでつ(=゚ω゚)ノ

73 :イラストに騙された名無しさん:04/01/31 22:01 ID:ZoDOJ5tl
ファンまではいかないが、物凄く期待してますこの作者に。
伝勇伝みたいに、1巻が一番面白かったとかならないことを祈る。

74 :イラストに騙された名無しさん:04/02/01 04:22 ID:9ZKG5X/5
特にファンじゃ無いし、
この作品も面白いとは思わなかったけど、
何か可能性は感じる。
変に偏り(おかゆ的)が無い分今後いくらでも、
成長&転進はありうる。そこの可能性に期待!

小川一水なみの成長を期待


75 :イラストに騙された名無しさん:04/02/02 19:03 ID:pL8t+6HL
2巻は四月発売か…
遅筆と自称してた割には早かったな。
1巻はそれ程面白いと思わんかったんで、
2巻で最終的な評価を下して買い続けるかどうか決めるとするか…。

76 :イラストに騙された名無しさん:04/02/02 19:45 ID:F0X+jorE
なんか2巻でラスボスちっくな敵が出てきてるなぁ
顔見せぐらいなら良いんだけど、売り上げ次第ではこのままクライマックスの予感
もうちょっと続けて徐々に世界の謎を解いてく感じにしてくれないかなー

77 :イラストに騙された名無しさん:04/02/02 21:21 ID:LS+NKQXI
>なんか2巻でラスボスちっくな敵が出てきてるなぁ

も う 読 ん だ の か ?

78 :イラストに騙された名無しさん:04/02/02 21:30 ID:MfJD0qXh
メルマガの予告でないか?

個人的には、ラスボスっぽくは感じないけど…

79 :イラストに騙された名無しさん:04/02/02 23:38 ID:N1q/k0iY
とりあえずコピペ。

●ゆらゆらと揺れる海の彼方(2)
著/近藤信義 イラスト/えびね
征服したレールダム福音連邦についにその男が現われた。
一代にして帝国を築き上げた英雄、シグルド皇帝その人が……! 
人気の戦記ファンタジー、第2弾!

ほほぅ、人気なのか……



80 :イラストに騙された名無しさん:04/02/04 23:31 ID:qJK3Im1c
まあマイナーとは書かんだろう

81 :イラストに騙された名無しさん:04/02/05 04:41 ID:rkKxp1rU
せめて「新進気鋭」辺りを歌い文句にしてれば偽りが無いのかも知れないが…
人気…?

82 :イラストに騙された名無しさん:04/02/05 21:05 ID:2m+DJEkp
俺の近くの本屋は2軒あるが両方2週間ほどで売りきれてた。
大体、富士ミスですら大人気とか書くんだから気にするな。
シリーズにかかる枕詞みたいなものだ。
サーブにたいする稲妻だ。

83 :イラストに騙された名無しさん:04/02/05 22:05 ID:FAjJf30X
新人ってたいてい大型だよな

84 :イラストに騙された名無しさん:04/02/05 23:18 ID:edQ76VzQ
大人気って書かなかっただけ正直だろ

85 :イラストに騙された名無しさん:04/02/06 00:14 ID:HwShn79S
いっそのこと「巷の一部の人たちの間で絶大にややうけ」とでも書くか!

86 :イラストに騙された名無しさん:04/02/06 03:19 ID:459p8m4m
歌い文句考えてみた

人気の戦記ファンタジー、第2弾!
⇒注目の大型新人(自称)の戦記ファンタジー、早くも第2弾登場!
 (三巻は出せるのか?注目の二巻いよいよ登場〜)

87 :イラストに騙された名無しさん:04/02/06 10:05 ID:Tl7Wsd2U
>>86
編集が作者を嫌ってるとしか思えねえ文句だなw

88 :イラストに騙された名無しさん:04/02/06 11:50 ID:feoTC+SO
おかゆ・・・

89 :イラストに騙された名無しさん:04/02/06 20:38 ID:R1ctCZJ+
たしかにおかゆだ。

90 :イラストに騙された名無しさん:04/02/17 10:57 ID:uYbc/t0J
設定にやたら凝るのはダメなワナビの共通点だが、魅力的な設定をこさえないとファンもつかないということか。
星界スレなんか設定だけで延々と会話が成り立っていたりする。
主人公=ジュラはなんだか前田慶次がファンタジー世界で銀英伝をやってるような印象を受けた。
しかも良い意味での暑苦しいジャンプ的友情関係も、また前田慶次のもうひとつの特徴である教養人である面も、ジュラにはどちらもないな。このへんは作者の力量が出てる。
軍事的天才という設定をつけられたドキュソというか。しかも飛ばしまくる皮肉に(銀英伝や星界と違って)いまいち冴えが無いので、単に不快な人間に思える。

91 :イラストに騙された名無しさん:04/02/17 11:05 ID:uYbc/t0J
色の名がついた騎士団は「ベルセルク」を思わせるが、黝角騎士団は「ラフィールかよ!」と思ってしまったのは単にファンだからだろうか。

92 :イラストに騙された名無しさん:04/02/17 20:41 ID:dFkDp0Ez
>黝角騎士団は「ラフィールかよ!」と思ってしまった
うーん、どのへんが連想されるところだっけ、星界あんまり思い出せないな・・・
なんせ凄く遠い昔の話だからな・・・(遠い目

93 :イラストに騙された名無しさん:04/02/17 22:08 ID:x9jnYUKf
黝←の字だろう。
「黝の髪」と言う表現があったと思う。


遠い昔のことなので定かではないが。

94 :イラストに騙された名無しさん:04/02/18 00:34 ID:SIJ/FVMW
あー思い出した、「あおぐろ」だったけか。(なぜか変換できないけど
って、色がおんなじだったってだけじゃん。
まぁ普通使わない言葉ではあるけど、あおぐろ。
それに黝くて角があるなんていうとえらいことになるぞ〜

95 :91:04/02/18 07:12 ID:+ICpQjtn
考え過ぎと突っ込まれれば反論はできないねえ。ただ戦場の設定も似てたりしたからさ。
それと一般小説ではどうだか知らないが、それまで「黝」という言葉はライトノベルSFを問わず見たことが無かったからな。

96 :イラストに騙された名無しさん:04/02/18 13:05 ID:XfF53j/H
辛口評価が多いみたいですが、
漏れ的にはかなりキテマス。
無理に1巻に納めずきちんと書き込んで分冊したほうがいいと思いますね。


97 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 08:15 ID:r1r3u2iw
基本的な筆力はあるし、キャラも書き分けているし、盛り上げるべきところは盛り上げていると思うよ。

……だけどネーミングがねえ。実在した名称を使うのは地雷っぽいよ。
「パルティア」だけなら許せる。だけど「黙示録」を崇める「ミスラ教」の「アーミッシュ教国」にはのけぞったね。
現代に実在する集団の名前を使っちゃいかんだろ。いや、何か現代社会とつながっているという裏設定でもあるなら別だが。
これがゲームのノベライズ小説なら、ゲームの企画段階でつけられたドキュソなネーミングに従わなきゃならないのかも知れないが、オリジナルだろ。
まあ基本語彙の少ないようなリアル工房なら気にならないかも知れないな。
だけど基本語彙の少ないリアル工房に読ませるには、難しげな言葉が多いんじゃないかと気になるのはお節介か。スマソ。

98 :イラストに騙された名無しさん:04/02/19 11:58 ID:HxTHwiaS
基本語彙が少なくて悪かったな!ヽ(`Д´)ノ
・・・そんなに実在する名称が多かったのか、ひとつも気がつかなかったよ。
難しげな言葉が多かったとは感じなかったな。
無意識に難しげな言葉は読み飛ばして雰囲気だけつかんだりしてたかもしれないけど。

99 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 01:51 ID:F+ORYM+2
まぁ実在するネーミングは気がつくと萎えるよな。
漫画だけど黒猫とかまでいくと笑えるんだが。

俺は主人公とヒロインに魅力を感じられなかったのが最大のマイナス。
ホントに軍事的に無能な兄貴とか有能な部下とかは魅力的なのにね。

100 :イラストに騙された名無しさん:04/02/21 16:07 ID:3n23D9t/
>>97
史学部かなんかか?
つか電撃自体工房(位)向けだろうよ。

悪かったな基本語彙の少ないリアル工房で。

101 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 19:19 ID:kBqskbh6
いやいや、工房ネタすまなんだ。
人間歳をとると作品のアラを探すような読み方をすること自体が娯楽になるんだよな。
キミも歳をとればわかるよ。
だけどさ、明らかに妙な記述があったりするじゃない。
322ページ「船首に立つ塑像に至っては丸ごと純金製である」とか。
まともに日本史か世界史か古文をやってる工房なら、このミスに気づいてもおかしくは無いと思う。
断言しても良いけど、この作者は後書きで「色々な国の歴史をモデルにしています」「歴史好きには避けては通れない」などと言ってるのとは裏腹に、実は歴史には全然興味無い人だと思うんだ。
ということを、歴史好きとして感じてしまう。
ま、この作品世界の黄金は、ミスリル銀とかオリハルコンとか、実はファンタジーにはありがちな魔法金属の類で何か特殊な性質でも持っているという設定でもあるなら別だけどね。

102 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 20:54 ID:gjhUYVYB
素人でスマンが、その「」内がどうおかしいのか教えておくれ。

103 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 21:59 ID:AsjUpswm
別にリアルの海航海する訳じゃ無し、純金でも問題ないと思うが(塩分のない海で腐食しないだろうし)

104 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 22:46 ID:XLZY1i7m
>人間歳をとると作品のアラを探すような読み方をすること自体が娯楽になるんだよな
こんな大人になりたくねー(つД`)
つーか、普通しねぇだろそんなこと・・・

105 :イラストに騙された名無しさん:04/02/23 23:08 ID:oLWlL4ij
純粋に作品を見れなくなったらファンタジーはつまらないのではないでしょうか?
私はリア厨の時に初めて読んだロードスと同じくらいに楽しめました。
設定厨だとかアラを見つけてどうだとかいうのも楽しみ方の一つかもしれませんが、
素直に受け入れられる柔軟さが一番重要なのではないでしょうか?

106 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 00:48 ID:3pONaZFn
普通に読んでつまらなかった。

なんでつまらなかったか考える。

他の人の意見が聞きたくてカキコする。

って人もいるだろう。

107 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 01:13 ID:YZX8KrH0
>>322ページ「船首に立つ塑像に至っては丸ごと純金製

読み飛ばしてたがたしかにイタタな間違いだな。気張って難しい言葉使うから……
漏れはむしろ カナン=約束の地 が気になった。何かの皮肉かと思ったがそうでも無いらしい。

>>純金でも問題ないと思うが(塩分のない海で腐食しないだろうし)

純金は塩水でも腐食しないよ。そんな化学知識で受験大丈夫か?
もうアミューズメントメディア学院生か?

108 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 01:16 ID:3pONaZFn
>>102-103

そ‐ぞう【塑像】‥ザウ
粘土でつくった像。木で心しんをつくり、藁などを巻きつけ、
これに土をつけて像の形をつくり、表面は細かい土で仕上げる。

109 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 01:20 ID:YZX8KrH0
>>108
表面に金箔を貼った塑像ならあるだろうけど、それなら「丸ごと純金製」じゃないからやっぱり変だよな。

110 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 01:49 ID:oxoawBTG
昔、近所の子供が誕生日に何欲しいと聞かれて「でっかいミニ四駆」と答えてたが、「丸ごと純金製の塑像」と程度が同じだよな…
近所の子供は、確か当時4歳の誕生日を迎える直前だったはず…

素直に「船首像」や「フィギュアヘッド」って書けば良かったのにね。
あまり使わないけど「鋳像」が正しいのかな…?(確か仏像に『鋳像』って分類が在った気がする)

111 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 19:43 ID:oqjc/TX1
>>107
>そんな化学知識で受験大丈夫か?
化学選択しないから大丈夫。

112 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 23:37 ID:YZX8KrH0
>>110
>>「でっかいミニ四駆」

同レベルだなあ。まさに「矛盾」(藁
敵役である決水州新総督の贅沢さと悪趣味さと軍事的な非効率性を強調しようとして、図らずも作者本人の語彙力をさらけ出しているわけで。
銀英伝や星界なんかは敵役の無能さの描き方はもっと巧かったよな。門閥貴族連合軍にせよ、自由惑星同盟や人類統合体の官僚主義にせよ。
ところで「鋳像」で良いみたいだね。
http://butsuzo.cside.com/buddha/html/bseisaku.html

113 :イラストに騙された名無しさん:04/02/24 23:40 ID:YZX8KrH0
ここで作者を弁護してみる。
仮説1:ゆらゆら世界の黄金は、粘土なのか金属なのか現代の科学力でもわからないような性質を持っていて、こねまわして塑像も作れてしまうという裏設定がある。
→二巻ではノウラを守るために件の船首像が動き出して空を飛んだり目からレーザーを出したりして要塞を撃破する燃える展開の伏線。

>>111
それは良かった(^^)

114 :イラストに騙された名無しさん:04/02/25 00:33 ID:6ud9yB40
そういや、電撃では「ローマ数字の8の字に回る」って珍表現も出たっけ。

115 :97:04/02/25 21:52 ID:T1HndQ6S
ラピュタですか(藁
そう言われて見ると、蝙蝠海獣がノウラを救出した展開はテディス要塞のシーンに似てるね。
ライトノベルが宮崎映画に似た展開になるのはこの作品に限らないから、別に突っ込むつもりは無いけどさ。

116 :イラストに騙された名無しさん:04/02/26 08:57 ID:8w3yFr/8
この人の作品はもう二度と読まん。
もっと勉強してから出直してこい。
こんなの二巻出す価値あるのか?

117 :イラストに騙された名無しさん:04/02/26 18:07 ID:hoGqV1uM
>>ラピュタ
「飛ぶ気か」だもんな。
冥海にゆらゆら浮かんでる天空の城とかがありそうな世界観だ。

118 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 13:58 ID:eNNsiBHe
ところで、冥海の空気が人体に毒、という設定が
激しくナウシカに聞こえた俺は駄目ですか?

119 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 17:29 ID:UxUUxWsg
どちらかと言えば、星界の紋章で「時空泡発生機関が壊れると分解される」の方かと思ったが…

120 :イラストに騙された名無しさん:04/03/03 20:01 ID:T53hTL3A
でも「鏑弾」も撃ってるしねえ。ナウシカ漫画版だよな。

121 :イラストに騙された名無しさん:04/03/04 01:46 ID:ZWQSqNgh
星界の森岡だってメタルダムとか荒神名義の某エロ小説とか、宮崎映画のモロパクリは多いぞ。
なんでゆらゆらはここまで叩かれるのか(藁

122 :イラストに騙された名無しさん:04/03/04 04:08 ID:62/feKV5
「二番煎じ」なら「味付け」で多少飲めるが、「三番煎じ」だと飽きる…
「五番煎じ」にもなれば、味なんかしないし文句言われても仕方無いよ。

で「ゆらゆら…」は何番煎じなんだろうな…
>>121
叩かれてる理由は、設定にオリジナリティーが無い事じゃないかな?
使い古されたアイディアをパッチワークにしたような印象だよ。
少なくとも一巻では、見るべきユニークな点は見当たらない。
真価は二巻で試される事になるが、二巻でも同じような評価だと三冊目の仕事は来ないだろうね。

ちなみに「森岡」の評価もそんなに高くないよ。
森岡スレでは、模倣した部分には遠慮なく突っ込みが入ってるだろ?
漏れは、ユニークな点は評価するけど劣化コピーなら評価しないよ。


123 :イラストに騙された名無しさん:04/03/04 10:12 ID:2j/LltfR
天華もナウシカとかラピュタとか言われてるわけだが

124 :イラストに騙された名無しさん:04/03/04 22:58 ID:0X4P8DmX
何番煎じかよりも、純粋に不味くて味のバランスが取れてないのが
駄目だと思われ。特に後者。

125 :イラストに騙された名無しさん:04/03/04 23:46 ID:ZWQSqNgh
>>122
オリジナリティーは……無いねえ。確かに。全然無い。

>>何番煎じ
意図して宮崎映画の二番煎じをやった初期の作品というと、やっぱ田中芳樹の「アップフェルラント物語」かな。
あれは良かった。
赤城毅の「虹の翼」が三番煎じくらいかな。

126 :イラストに騙された名無しさん:04/03/05 00:10 ID:2ojid6Js
まぁ十番煎じぐらいになれば「○○もの」というジャンルの作品という
評価になるので、でてきたのが早すぎたとも言える。

127 :イラストに騙された名無しさん:04/03/05 09:25 ID:y6MnGM+w
今さらどんなものにもオリジナリティーなど求めはせんが、
舞台設定パクるんならもっと上手にやってくれ。
それとあまりにも魅力のないツギハギキャラクター達ばかりで
読んでてイライラする。

128 :イラストに騙された名無しさん:04/03/05 21:32 ID:9zLhryXW
ライトノベルは従来のジャンルに萌えをブチ込むのがひとつの手法だと思っていたが。
萌え比率が星界どころか銀英伝より低そうだからな。
かといってBLでも無いし、何がしたいのかよくわからん。

129 :イラストに騙された名無しさん:04/03/06 15:20 ID:nZUotoWi
>>125
「虹のつばさ」はアップフェルラントの劣化コピーにしか見えない。。。
つか奴はとっとと帝探出しやがれと。

130 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 18:12 ID:V1PhHvaK
ラピュタの悪役=ナチスをモチーフのひとつにした帝国っぽい軍隊と特務機関
アップフェルラントの悪役=帝政ドイツ
虹の翼の悪役=ナチスそのもの

確かに劣化コピーというか、原点に帰っているというか。
悪役に魅力が無いのは致命的だな。虹の翼もゆらゆらも。

131 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 18:24 ID:gnH3pLBW
ラピュタの軍はロシア軍がモデルだぞ。
アップフェルラントの選択は史実と絡めるためだな。
最後の一行は禿胴。

132 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 18:32 ID:V1PhHvaK
ラピュタは確かに主に帝政ロシアがメインのモデルだね。だがナチスドイツもモチーフのひとつに混じってるよ。
……「ゴリアテ」とかさ。

133 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 19:32 ID:QQ1ys19W
ラノベに限らないけど「魅力的な敵&ライバル」は、名作と呼ばれる作品には必ず存在する要素だね。
最近のラノベには魅力的な敵が居ないよな〜

稀に優秀な敵キャラが居るかと思えば、寝返ったりキチガイに謀殺されたりするし…
個人的には、『萌』ってのは「敵キャラorライバルキャラ」にこそ装備して欲しいスキルなんだが…

134 :イラストに騙された名無しさん:04/03/07 20:32 ID:V1PhHvaK
>>133

魅力的な敵や美味しい敵は必要だよね。
敵が卑小だと、主人公までペラいキャラに見える。ゆらゆらとか(藁
ラピュタだってムスカとドーラと将軍がいなければ、田舎の芋姉ちゃんと都会のドキュソ少年の話にしかならないかも。
ゆらゆらは二巻で一番の敵役の軍事的天才の皇帝が出てくるみたいなんで、いちおうそれを見て判断するかな。

135 :イラストに騙された名無しさん:04/03/08 22:52 ID:0/zFvPxS
>>132
ゴリアテ……


自爆戦車かッ!

136 :イラストに騙された名無しさん:04/03/08 23:52 ID:d7E7dCvD
あのゴリアテは単に巨人の意味で、あのラジコン戦車とは関係ないと思う

137 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 01:06 ID:FMFQ6mrL
「雑想ノート」や「泥まみれの豚」を見ると、やっぱナチスっぽさは通底してると思うんだけどさ。ラピュタも。
「雑想ノート」なんかパクってライトノベルのネタにしたら傑作ができそうなネタが満載だし。こっちをパクれば良かったのに。ゆらゆらも。

138 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 01:24 ID:8IJ8opov
ま、なんにせよブレイクして欲しいものだ。このジャンル最近みないからな。
こいつが売れれば、これが売れるなら俺も・・・とたくさん出てくるだろう。
さっさと続刊書いていただきたい。

139 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 03:07 ID:sh9Jy1w3
ジュラは・・・『双頭の鷲』のデュ=ゲクランに似すぎ

140 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 11:53 ID:5JwMm+/2
架空戦記ものはちゃんと勉強してからじゃないと書いちゃ駄目。
とくに大軍同士がぶつかりあうようなのはセンスだけじゃ絶対無理。
故に早いペースで新刊が出ても糞なのは目に見えてる。

141 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 12:10 ID:DZncLe/2
まあなんにしろ、4月の2巻で白黒付くな。
買い続けるか見限るか。

142 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 12:54 ID:cs53bUKh
二巻には期待している
評判聞いてからこのシリーズ読むか決める

戦記もの好きだから、頑張って欲しい

143 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 14:54 ID:XsEQmj5S
>>136
ただ単にボケてみたんでそんなにマジレスされても……

144 :イラストに騙された名無しさん:04/03/09 23:46 ID:uonPQ7Da
読み直してみたら、なぜか最初読んだ時より面白く感じた。
ラシードがなかなか良い感じ。2巻で活躍して欲しいな。

145 :イラストに騙された名無しさん:04/03/11 02:16 ID:+Z0IyR1c
読了
前半と後半の繋がりが良くないかな
つーかヒロイン必要なry

俺の印象は、ジオンの勝つガンダム0083
ジュラが1人で戦力として突出してる(=ガトー)
強いライバルが欲しいな
レオナルトみたいなキャラは好きなんだけど

146 :イラストに騙された名無しさん:04/03/21 16:00 ID:2x8ik9/3
 



                              −END−

147 :イラストに騙された名無しさん:04/03/23 10:04 ID:LAMcFB+M
保守age

148 :イラストに騙された名無しさん:04/03/23 14:09 ID:TpGU7eLU
戦記物で必要不可欠なロジスティックな部分。
補給、兵站、食料その他の自給率。国家の生産性、国民、兵士の教育程度。
こういった部分を読者に突っ込ませないようにするには、キャラクターを魅力的に描き、
ストーリィにメリハリをつけて、読者に「そんなこと、どーでもいいじゃん」と
思わせるだけの能力が必要になる。

 電撃文庫の読者の八割以上は中高生で、戦争というのは個人のバトルではなく
システムとシステムの戦いである、なんてことは知らないから、その辺は「ふぁんたじー」で
てきとーに書いてもツッコミはあんまりないし、売れ行きにも関係ないけどね

 でも、実をいうと本当に怖いのは残りの二割だったりする。
それに気が付いていれば、三年後もこの作者は新刊を出しているだろう。

149 :イラストに騙された名無しさん:04/03/23 18:21 ID:bksnniiF
3年経てば中学が高校になるし、成人迎えるやつもでるしな
その時に、続刊を読んでもらえるかが勝負

150 :イラストに騙された名無しさん:04/03/23 19:11 ID:R5LBwBhe
>148
三年も保つかな?

151 :イラストに騙された名無しさん:04/03/25 14:47 ID:FtCb6xSX
>150
二割の読者を省みないで八割の読者について行くと、飽きられて終わり。
いわゆる一発屋。
打ち上げ花火みたいに派手に売れればそれでもなんとかなるけど、線香花火レベルの
一発屋じゃあ、ただ消えるだけ。
新人作家の八割はこのレベル。まして電撃は作家の層が厚いから。


152 :イラストに騙された名無しさん:04/03/25 16:07 ID:MPnNaJfG
万人受けがどういう運命辿るかはっきりしてるわな
安室ナミエが今どこで何してるかっつの
アユも消えかけ
そりゃドリフターズや石原裕次郎みたいな例外もいるが

153 :イラストに騙された名無しさん:04/03/25 20:52 ID:vnOGSVYG
>152
ドリフも裕ちゃんも万人受けと言うより『国民的スター』だからな
一過性のブームになると消えそう感が漂ってくる

154 :イラストに騙された名無しさん:04/03/25 23:00 ID:yDSD9yNv
基本的にこのジャンルが好きな香具師が買ってる気がするな。
銀英伝、星界、タイタニア、野望円舞曲、双星記、あと何だろ。そういうファンタジーっぽさが漂う戦記。
ゲームで言えば……挙げてくとキリが無いな。
ひとまずこのジャンルを求めている読者(漏れも含めてね)をひきつけて、ゆらゆら本来の魅力を見せてシリーズ化するという戦略なんだろう。萌え美少女やヤオイっぽい伏線もちゃんと張ってある。
その大戦略自体は極めて正しいと思う(藁
ただ問題はゆらゆら本来の魅力がまだ全然見えてこないことだ。指揮官(作家)の能力が明らかに不足している。
このままでは艦隊は全滅ですぞ。閣下。

155 :イラストに騙された名無しさん:04/03/26 01:15 ID:KQs42q2B
基本的につかみの一巻で爆発しない時点でポピュラーな
売れ線は無理。

156 :イラストに騙された名無しさん:04/03/31 19:41 ID:gsw6wzV1
作家業を続けられるか?
あと10日ほどで審判が下るな〜

イマイチ期待出来ないが2巻までは付き合ってやろうかね。
面白くなければ…次は立読み、その次は無関心と…(2作目で評判悪ければ3作目は出してくれんだろうけど>電撃編集)

157 :イラストに騙された名無しさん:04/04/07 22:58 ID:i5+ZIOkA
新刊ゲッツ
読後の評価・・・・1巻を読み終えたときとたいして変わらず。超標準的佳作。
それなりに長くやってるネットのファンタジー小説LVっていうか。
まーでも3巻は買うだろうな。

うーん最後まですらすら読める程度ではあるが、特に人に勧めるところがあるわけでもないって感じだな。

158 :イラストに騙された名無しさん:04/04/08 00:37 ID:aXCWrJbm
なんかこのスレの方が面白いよな(藁
このスレに書きこむためには読みたいが、一巻の感想から判断する限り買うほどの面白さではないので悩むところだ。

159 :イラストに騙された名無しさん:04/04/08 02:59 ID:Jq1MhSPh
シグルド皇帝はネオコンですた。

160 :イラストに騙された名無しさん:04/04/08 22:55 ID:tFo1X2BF
ネタバレになるんかも知れないが......
何で〈アストライオス〉(紫苑騎士団の主力海獣)とか〈ルビガンテ〉(ジュラの乗騎)とか
カラーで紹介しないかなぁ〜 2巻で絶対に拝めると踏んでたのによぉ〜


しっかり購入したけどさ。

161 :イラストに騙された名無しさん:04/04/09 00:11 ID:TyPCaMvd
一巻買って、いまいちだったんで
二巻は様子見というかこのスレの
レスを見て判断しようと思った
んだけど.....



やっぱ、スルーっすかね?

162 :イラストに騙された名無しさん:04/04/09 02:03 ID:nmksLEjw
>>161
答えるのは難しいな。1.2巻読んだ俺の感想は、この作者は化けない。という結論になった。
悪くはないがそれほど良くもない。金があるなら買ってもいいが、無理して買うほどではない。
個人的にこの作品には燃えが足りねえと思う。空鐘とちがってこれからどうなるんだろう
ワクワク(古い)って感じが薄いな。

うーんそうだな。ファンタジー戦記、というジャンル自体が好きなら買ってもいいんじゃないのかね。
まー代金分はぎりぎりあると思うよ。うん。

一応俺この作者にはかなり期待してるんだけどね。是が非でも成長しろ。

163 :イラストに騙された名無しさん:04/04/09 09:12 ID:mQv5yFjO
もう2巻出たの?

164 :イラストに騙された名無しさん:04/04/09 10:53 ID:dWTpOUFK
そこかしこに既視感があるなぁ。銀英伝の読者層が一回りしたと感じたよ。
リアルタイムで銀英伝読んでた人なら、二回りとか三回りしたと思うかもしれない。


165 :イラストに騙された名無しさん:04/04/09 22:20 ID:iAH57qJN
既視感というより、劣化コピーかな。2巻でその傾向がより顕著に。

まあ、劣化コピーとはいえそこまで精度は悪くない(良くもないが)ので、
>>162と同じになるけど、こういうのが好きなら買いでいいんでね?

ただ、1巻いまいちだった人は無理に買うことはないと思う。
良くも悪くも、1巻から安定した出来なので。

166 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 00:19 ID:fEJLRwwf
3巻目が勝負だね。空鐘は間違いなく4巻以降も出るだろうと確信できるが、こっちは3巻で打ち切りか続投かは微妙な所。
前線で戦う女性騎士も出して、もうちょっと華が欲しいな。
個人的には、成長して押しも押されぬ美女となったノウラに、周囲の男性陣の見る目が変わってヤキモキとか見たい気もする。



167 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 03:11 ID:VvQxdmJs
>>166
おまいは3巻でたら4巻が勝負!とか言いそうだな。
俺は3巻目も、1,2巻と変わるまいと断言できるぞ。よくなりそうで良くなってない、
出てしまったものに期待はできないので仕方なく次に期待、という感じだ。

しかしこの作者帝国側と辺境側と、完全に切り離さないと欠けないのだろうか。
もうちょっとリンクしてるようなのを見せて欲しいのだが。

168 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 13:51 ID:UCBIWsXP
2巻読了
いろいろとモザイクなネタの組み合わせな感じがしたなぁ。
各将軍のエピソードも冥界の設定もなんだか浮いている。
籠城した将軍(名前失念)も、部下へのフォローを忘れたら単なるDQNだろ。

3巻がでても買うか微妙。
本棚からBOOK OFFへのリストラ候補に急浮上。



169 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 14:25 ID:VvQxdmJs
>>168
>部下云々
自分も思った。なんで篭城戦に部下が付き合う必要があるんだろう。
ぺーぺーもいるみたいだし。もしかして最後まで国を護る!みたいに騙し演説したのかなあ。
それとも俺は腕を売り込むお前らもついてこい!みたいに語ったんだろうか。
後者だとすると謁見で部下のことに触れないのは変だしなあ……。

あと、たかが100名ちょいを数日潤す水がないってどういう軍事拠点なんだ……。
建設された当時は想像もしなかったってあるけど、だったら今も使ってるのは変だろ。
唯一の弱点とかを越えて致命的な欠点だと思うが。

170 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 14:46 ID:CP1kJ6nH
だから「補給」「兵站」という部分が、軍事活動においてどれほど重要な要素なのか
そういった部分を考えていないだけの話。
戦争というのは、個人のバトルの延長にあるものとしてとらえて書いた方が楽だし、
「補給を考慮していない軍事拠点はありえない」なんてことは読者の八割は気づかない。
作者がストーリィの展開上、ご都合主義的に作った問題点も「わあ、水が無いんだ、大変だなあ」と
無邪気に思ってくれるわけだ(対象年齢15歳だからね、電撃文庫は)
 読者の無知に甘えて、ストーリィを練らずに書けば、残りの二割の読者は離れて行って二度と戻ってこない。

 八割の読者は通りすがりの客で、二割の読者は固定客だ。
 固定客を逃がすような店は潰れるだろうね。
 




171 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 14:46 ID:OMKx/VAs
で?
ヒロインはどうよ活躍する?
じゃなかったら、骨のある敵役はいるかい?

172 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 14:49 ID:OMKx/VAs
全ての戦記ものが補給の点を毎回事細かに書いているわけではない。
というかその辺は省略されることが多い。
ただ、上の話だとその戦いの大きなポイントらしいから、その辺の
掘り下げが甘いのはちょっと致命的かも??

173 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 16:34 ID:Df/96oZf
>>172
補給のことを実際に書いていなくても、
作者がそれを意識してプロットを創るのとそうでないのとでは
作品の完成度が段違いと思われ。

つまり近藤タンは戦記もの書くならもっと脳味噌を磨けと。

174 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 17:27 ID:L45EK4GD
別にいいだろ。戦記物じゃなくて銀英伝ものを
かいているだけなんだから。

175 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 17:35 ID:VvQxdmJs
>>174
釣りならもうちょいマシな餌頼むぜ

176 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 17:43 ID:OMKx/VAs
>>174
銀英伝ものと言うジャンルははじめて聞くが、
この作品の評価からすると、よっぽど酷いジャンルなんだろうね
ほかにそのジャンルに属してる作品はなに?
教えてください。避けてとおるから。

177 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 18:36 ID:G34xTxBn
なんかこの本読んでて疲れないか?

178 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 19:30 ID:Z/s1Op8B
>>176
>銀英伝ものと言うジャンルははじめて聞くが、
>この作品の評価からすると、よっぽど酷いジャンルなんだろうね
>ほかにそのジャンルに属してる作品はなに?
>教えてください。避けてとおるから

銀英伝ものというジャンルを定義するなら……
・架空歴史物。
・長年の戦争状態にある二つの国がある。
・長い戦争の中、国の上層部は腐敗している
・ほぼ同時期に両方の国にカリスマ溢れる軍事的な天才が出現。お互いを好敵手視しながら、それぞれの国で地位を得る。
・既製権力からの迫害があるが、それを乗り越える中、民衆の支持と有能な仲間達を集める。片方ないし両方が国の頂点に立ち、国を革新。
・避けられない決戦。お互いを誰よりも理解し、敬意を感じながらも、自分が信じるもののために戦いあう二人。
・宇宙艦隊戦にしろ、中世風の戦争にしろ、メインの戦いは戦争である。

この要素がかなり含まれてる作品です。
決して酷いジャンルではないが、最初の銀英伝があまりに傑出してるため、「パクリ」「劣化」の評を甘んじて受ける必要があるのです。


179 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 20:56 ID:HuB/2SQt
補給がねえ銀英伝なんてあってたまるか。
1巻からして話が変わってくるじゃねえか。

180 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 21:12 ID:XRdF29y0
>>銀英伝ものというジャンル

銀英伝、星界、タイタニア、野望円舞曲、双星記
かな。やっぱ。
個人的には星界は銀英伝より上だと思う。スレ違いスマソ。
銀英伝は銀英伝で凄いと思うけどね。

181 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 21:24 ID:VvQxdmJs
>>179
やっぱ補給の軽視は気になるよねえ。
なんでこんなとこに篭城しようとする奴が能力高いんだかさっぱり分からん。
篭城の計画を立てた時点で愚者の烙印を押されても仕方ない気がするのだが。
謁見でいつそれに突っ込まれるかと冷や冷やものだったよ。

いや、むしろ突っ込まれてこうこうこういう理由から、あの城への篭城がベストだと
判断しましたとかそういう納得のいく説明があればよかったかもな。

しかし100人程度が数日で尽きる水って…。軍隊留まれないじゃん。一日ももたん。
あと火薬とか大砲創る技術があるのに、ろ過したり蒸留水を作り出したりする技術はないのだろうか。

182 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 22:21 ID:L45EK4GD
>>179
作者の都合に応じて補給が困る。つうか、イゼルローンが
反則。なんだよ自給自足できるって。近代軍をなめていないか?

183 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 22:28 ID:ZbMGs4uL
>>170
さすがに15歳前後を甘く見過ぎてるんじゃね〜か?
「後方支援活動(自衛隊風に言って見ました)の重要度」や「兵力の集中」程度は、理解出来るはずだ。
ま〜思慮が浅いヤツは少なくないが、敢えて戦記系ラノベ読むヤツが「この程度の考察」で納得すると思ってんのかね…

184 :イラストに騙された名無しさん:04/04/10 23:34 ID:XRdF29y0
>>183
同感。何も考えずに読む香具師は萌えだけの作品で大満足するわけだし。
というか何も考えない香具師は、最初から何も読まないだろう。

二巻はまだ読んでないのだが、ここで読んだ材料だけで考察して見るかな。
一応人間の大人は、一日に2リットルから2.5リットルの水分を必要とする。
100人前後の軍勢なら、合計して一日に200リットルから250リットル程度だ。
比較対象というか、日本のトイレの水槽がだいたい12リットル、風呂に入る水がだいたい200リットル程度だ。
そして学校にある25メートルプールに至っては、900トンつまり90万リットルだそうだ。
25メートルプール級の貯水池を用意しておけとは言わないが、風呂桶数個分程度の水しか用意していない場所に篭城するのは妙な話だよな。
読む気無かったけど、読むことにした(藁

185 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 02:25 ID:tFH2h1E3
開戦に持ち込みたいのは分かるけど、ちと強引過ぎないか?

続々と人が集まっているらしいが、それなり以上の階層社会なら、昔の
支配層を根絶して体制維持するだけで各地で反乱頻発という事態には
ならないと思うんだが。
それともどこかに愛国心旺盛で非道な仕打ちを侵攻軍から受ける民衆
の描写でもあったか?

あと、最後に出てきた文書。
各地で反乱が起きると困る…とか言ってたが、ゲリラ的活動を出来る程
民衆の支持を得ているとはとても思えないとか。
逆に支持が得られるなら、権力基盤がどうなってるかによるが、本当に
人が集まって臨時政府でも名乗られたら外交上は少なくとも面白くない
だろうとか。

186 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 08:41 ID:JGxiPM6Q
以後このスレは作者に代わって、世界観や設定を練り直すスレになりました。

とりあえず水のない軍事拠点なんて、ガソリンのないガソリンスタンド並。
というか、そういう設定をつける理由なんてなくないか?
そうすれば篭城したときに兵糧攻めは無理だから、変な問答描写せずに自然と攻城戦になるのに
なぜいらん設定をつけたのやら。敵将の調査能力SUGEEのためだけにつけたんだろうか。
でもおかげで、わざわざこんなとこに篭城した将軍(名前失念)が馬鹿に見えてしょうがない。

187 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 12:38 ID:TbDBFETE
オスターデが「騎士の館」に籠城したのは、ただ単に
「他に選択肢がなかったから」
てのが大きかったんじゃないだろうか?
全州総督も帝国の急襲を受けた際、守りの堅い「騎士の館」じゃなくて
「大海の真珠」に籠もってるから、「騎士の館」はもともと防御拠点として
用を為していなかった可能性が高い。
オスターデ自身も、
「相手が挑発に乗ってこなければおしまい」
と判っていたようだから、かなり追いつめられたなりふり構わない
(失敗しても「忠臣」として歴史に名が残る、成功すれば儲けもの)
捨て身の行動だったんじゃないだろうか、と善意に解釈。

・・・謁見した際に、つきあってくれた部下の処遇について全く口にしないのは
正直どうかな、とは思ったけど。

188 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 13:34 ID:JGxiPM6Q
>>187
「大海の真珠」は「騎士の館」より防御が上だからって言う理由で拠点に決められたわけでは
ないと思う。むしろ防御が低いのを承知で出てった趣がある。
でも「騎士の館」より防御もろいのか…。オスターデは、2日耐え切ればとか
将軍に具申してたけど、あれは2日しかたえれないとかそういう意味ではと思ってしまう。

189 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 13:37 ID:TbDBFETE
>188
 いや、俺の言葉が足らなかった。
「まともに水を確保できない」致命的欠点を抱える「騎士の館」は、
物理的な敵軍の攻撃に対しては頑強でも
「大軍を率いて籠城するには致命的に不向き」、と言いたかった。

190 :イラストに騙された名無しさん:04/04/11 14:53 ID:lNUTdcXD
「騎士の館」ってそれまでに他の味方が篭城してたんじゃなかったけ?
元から合った水はそいつらが使ってしまう、あるいは降服の時に破棄されてて
自分らで持ち込めた水がその程度の量だったとおもったんだが。

191 :188:04/04/11 15:39 ID:JGxiPM6Q
>>189
いやそれはわかるんだ。。でも結局補給不足になってるんだから、やっぱり軍の数に関
わらず致命的欠陥をもつ城なんでは。
真珠も大して使えない城ではあるが、騎士はより使えないという結論でいいだろうか。

>>190
最大限に善意に解釈するとそうなるな。
でもそうするとやはり6日程度で尽きる水ってのもどうかと思うが…。
破棄および持ち込みが一番妥当かね。持ち込む暇があったのかはともかく。

192 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 17:40 ID:bMv6mV3d
あまりにも書き込みがないんだが、皆語ること無いのか?
色々進展あったし、敵将軍もたくさんでてきたし、いろいろとあるだろ?
例えば……こう、何を語ろうか、とか何で語らないといけないのか、とかさ。

193 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 18:02 ID:Lpsd2lct
ごめ。
昨日買ったばかりで電車でしか読まない人だからw

194 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 18:39 ID:ZsZdSx+v
シュニッツラー最高

195 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 21:47 ID:aYOGRR5N
じゃあ感想を書こうか。

エミリア最高。特に乳。

196 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 22:15 ID:W6dnTDlS
この手のジャンルは作者が遅筆だったり、打ち切りを食らったりすることが
多いので、安定したペースで書ければ生き残れるのではないかと思う。
例)遅筆「星界」「皇国の守護者」「タイタニア」「アルスラーン」「七姫」

待っている作品が多いYO!w  


197 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 22:49 ID:abl0HRJk
皇国はこの間出たろうが。

198 :イラストに騙された名無しさん:04/04/13 23:32 ID:xCRgCL9C
イラストに惹かれて購入した一巻が読みかけのまま放置されてる。
文章は普通だし決してつまらなくはないのだが何だろう、
何か一つ足りないような感じがする。

199 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 00:13 ID:xwmLyLu+
何故か、近所の本屋で「ゆらゆら2」だけ置いてない。
売れないと見て入荷数を減らしたのか、出荷数自体が少なかったのか…

200 :買ったよ:04/04/14 01:49 ID:ZXQtze61
ゆらゆら2は、敵方の紹介かね?
      皇帝陛下と皇后陛下は、幼馴染で
      その妹が部下、敵方の将軍をスカウト
      する話かよ。
      ゆらゆら3でやっと本編に突入かな?
      早く書いてくださいよ、作者様!

201 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 03:07 ID:uRPq9PV8
>195
激しく同意。あの乳は(・∀・)イイ!!

>200
エミリアが姉、皇妃が妹じゃね?

このスレでもいろいろ挙がっているとおり、ツッコミどころが多いんじゃが、
一巻のクライマックスで「ジュラキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!」と
マジ感動して目頭が熱くなってしまった身としては、続きを買わざるをえんのじゃよー。


202 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 04:15 ID:+GcEjiM1
ツッコミのために買おうと思ってるのだがどこにも無いな。まだ入って無いのか。
「純金製の塑像」のような藁えるネタを目を皿のようにして探そうと思っております。

203 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 11:10 ID:9ZDM2Z+y
ここの反応を見ると、駄目そうな割に案外悪くないのかも
2巻確かに売り切れてるね>>渋谷の文庫タワーでも

発刊部数自体少ないのか、徐々に人気が出ているのか・・・・

204 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 15:22 ID:1Ou6fE4J
1巻は英雄? 以外が無能だったんで、
2巻で英雄の活躍を期待してみたんだが、
ごく普通の攻城戦で終わってしまったな。
3巻に期待・・・・・・できるか?

205 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 16:50 ID:ke6A2KWG
>>203
いや、読めない本ではないよ。再読する本でもないけど。

>>203
個人的にはごく普通以下(´・ω・`)
文中で、天才的な戦術とか用兵とか書かれるたびにだったらもっと(ryと
思ってしまう……。

206 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 22:57 ID:RHQF69cp
2巻は帝国側の話がメインだったわけだが、一巻よりも面白かったと思う。
個人的に気に入ったキャラはロンベルク。あの厨房っぽいところがたまらん。
石田三成みたいな感じかね。

皇帝はどーも嘘くささが全面にでてしまい、イマイチだったな。
もう少し、人間くささが欲しい。
でも皇帝の考えた新戦術はけっこう面白かった。
火薬が大量にあるのに誰一人としてその利用法に気がつかなかったという
点はとりあえずおいといて。

207 :イラストに騙された名無しさん:04/04/15 00:44 ID:Cxdst7eb
>>206
あーどうかな。あのやり方で爆発するかね。

208 :イラストに騙された名無しさん:04/04/15 01:21 ID:tBarjF9o
爆発はするんじゃない。
ただ威力のほとんどは外に抜けて壁に被害を与えられないと思うが。

209 :イラストに騙された名無しさん:04/04/16 23:51 ID:eABeXGK7
密閉空間での爆発なら破壊力が期待出来るけど、外壁に火薬投付けても城壁を破壊出来るほどの威力には為らないね。
しかも、炎は水堀に流れてる油から発せられてるんだが、着火させようと思ったら堀に撃ち込む事に為るから…更に破壊力に期待できない…
率直に言って、砂利を混ぜて打ち込んだ方が有効だった気がする。
殺傷目的なら城壁越えで原始的な遅延信管と砂利を混ぜた火薬を袋に詰めて撃ち込んだ方が効果的!
(ま〜殺傷が目的では無かったんだが…)

あと「弾が無い」って、木製弾頭でも効果が有るはずだ!
木製弾頭の中身を刳り貫いて石でも金属でも錘を入れてれば更に破壊力が期待出来る。

「純金の塑像」ほどのネタは無かったが、ツッコミ所が多いね〜

210 :イラストに騙された名無しさん:04/04/17 15:57 ID:dWY8WX+E
>>209
まあ、おおむね賛成だな、

ただ木製弾頭とか言うより、石弾だろ?この場合は?
投石器が出てきて、なぜ石弾の発想が出ないのか、その方が不思議だった。

鉄の球が不足したら石を変わりに使ったと言う話を聞いた事があったから、そう感じるのかな?

211 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 00:42 ID:/Sm4vSxb
>>210
石材弾頭ではなく木製弾頭にした理由は、加工の難易度なんだ。
適当に金属溶かして鋳型に入れれば、単なる大砲用弾頭なんて簡単に作れるはずなんだが…
コレが入手出来ないとか言ってるから、製造期間が短く材料が豊富で特別な機材を必要とせず
技能も不要な代替弾頭と考えたんだ。
大砲の直径と同じに加工した円筒形の木材なら比較的簡単に作れるが、石材だと大砲の直径に
合わせて加工するのが難しい。
木材だと、円柱に加工した後適当な長さに切断して、弾頭部分に石でも入れれば重心が安定し
て、命中率と破壊力が期待出来るよ。(投擲槍と同じで軌道が安定する)

読み直してて思ったんだが、今回の劣化コピーは銀英伝と十二国記かな…
セリフとか人物設定とか、何処かで見た人聞いたセリフが多いぞ〜

212 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 01:59 ID:CyQoAoh+
どこ言っても2巻がない_| ̄|○
ついでに埋葬惑星もない……

213 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 16:58 ID:M5k+gK/X
あの妹とやらは登場時点で既に死亡フラグがたってるようにしか見えんのは俺だけか。

214 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 17:18 ID:Vsxi2pgC
タイトルが、ユラララ!に変更されます。

215 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 18:31 ID:agW35+NV
銀英伝だって科学考証はグダグダだからね。そこまで突っ込むのは可哀相かも。
だけど劣化コピーにしか見えないのは、セリフやキャラにオリジナリティが見当たらないからかな。

216 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 20:51 ID:wdUZgUJR
登場人物紹介が欲しい。
年齢とか特に。
主人公?とその弟って何歳ぐらいなの?


217 :イラストに騙された名無しさん:04/04/19 11:26 ID:iIT7NVip
銀英伝のポイントは、SF考証とかじゃなないから・・・・
架空世界を設定するなら、細部にはこだわってほしい所

218 :イラストに騙された名無しさん:04/04/20 07:56 ID:PmFFD80D
銀英伝の売り物は田中史観だからな。時代の変移に弱いのが難点だけど。

219 :イラストに騙された名無しさん:04/04/20 16:21 ID:CnOrdsGL
では田中史観の逆の戦記モノを……って森岡浩之と佐藤大輔がとっくにやってるな。
斬新な作風を築くのはなかなか難しいようだ。

220 :イラストに騙された名無しさん:04/04/21 21:28 ID:NcsVABkt
ここの書き込み見て期待しないで読んだんだが、
思ったよりも楽しめたな。
なりゆきで養女にしてるラシードたん萌え。

>>185
人が集まるのは別にそんなに不思議でもないと思うが。
今回首都以外の州はろくに戦いもしないで降伏したんだから、
軍議の時のロイスダールみたいに抗戦を訴えるヤツは普通に各州にいるだろ。
そいつらが適当に配下の連中つれてくればそれなりの人数になるんじゃないか。

反乱については、
帝国としては上記したような連中に、また隙をつかれて
城を奪われるようなことを危惧してるんじゃないか。
いきなり攻め込んできた帝国に、
民衆の支持がそれほどあるとも思えないし。

221 :イラストに騙された名無しさん:04/04/21 22:42 ID:+Sjcmnbk
>>220
ふむ。適当に配下の連中を連れてくる、ね。一応これって「軍隊」の
話なんだけどな。
その書き込みもそうだが、作者も兵卒や民衆はゲームのパラメータ
とでも思ってるのか? 飯も食えば士気が下がって逃げもするぞ。
今回防衛側なら故郷が近いんだから逃亡はなおさらだ。

いきなり攻め込んできて民衆の支持があるか、だけど帝国が民衆に
対して「今まで通り」と言った場合に(普通はそうする)果たして反乱
こそ支持されるか? 別に逐次進撃して焼け野原を大量生産した
わけでもないのに?

222 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 17:37 ID:PuFBERmu
ま、ここで誰がどんなこと言っても、
『異界の話なんだから、こちらの常識は通用しない。』とか
『異界人だから、物の考え方、感じ方が違う。』とか
考えれば全部無理にでも納得できるんだけどね。

僕らライトノベル評論家でもなんでもないだから、
少しでも楽しめればそれでいいんじゃない?
こんな風に揚げ足とるのが、好きな人もいるかもしれないけど・・・・

223 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 19:48 ID:UbDk60Th
結局、一番普通なキャラのシュニッツラーをうまく動かせるかで力量が見えるだろ
普通のやつが普通に動かないと、英雄や天才が目立たない

という意味で、1巻より2巻の方がまだ質が上に見える漏れ

224 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 19:49 ID:gQAyarRv
>『異界の話なんだから、こちらの常識は通用しない。』とか
>『異界人だから、物の考え方、感じ方が違う。』とか >
>考えれば全部無理にでも納得できるんだけどね。

異世界だから異世界の法則がある、というのは別にいいんだよ。
ただ、そうならそういう風に描写して欲しいね。
読者に無理に納得してもらわなきゃいけない作品なんて評価、
作者も惨めなんじゃないか。

225 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 22:07 ID:MtcFsqfV
>>222
読者の前に、その「異世界」を示すことができなかった。
という時点で、いかなる擁護も解釈も言い訳も無意味なんだよ。

よほどの思い込みか、作者への愛でもないかぎり
読者には、無理にでも納得しなければならない理由は無い。

226 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 22:42 ID:DQKSe5LQ
思い込みって言うより、妄想に取り付かれてるな…>納得出来る人

ファンタジーならファンタジーなりのリアリティーがある。
ゆらゆらには「それ」が無い。
高等知性体が運営する社会が書けてないと言うか…

>>222
>少しでも楽しめればそれでいいんじゃない?
確かに楽しめれば構わないと思うが、楽しめてない人が少なくない現状では良くないんじゃないか?
少なくとも、ストーリー進行上に違和感を感じて興醒めするようでは…

ちなみに「黄金製の塑像」は異世界の常識で説明するような内容ではない。
読者に対して説明する文言であるから、現代の文法で書く必要がある。
つまり文法上のミスである。
もし「黄金製の塑像」が成立するとすれば、キャラクターのセリフの中で使われた上で翻訳ミスとして扱う事になる。

この作者を全否定するつもりは無いが、全肯定する事は出来ない。
資質として良い部分は有るが、技能が著しく拙い。
構成力を磨き文章力を付ける必要がある。


227 :イラストに騙された名無しさん:04/04/25 22:59 ID:N3IZO1xQ
>>226
文章力は及第点というか読めるレベルではあると思う
そしてラノベではそれで十分でしょう
足りないのは構成力と総合的な
他の点は禿あがるほど同意

228 :イラストに騙された名無しさん:04/04/26 00:07 ID:YvJ72hgX
>>222
なぜかこのスレは理屈っぽい人が多いんだよね。
スレの最初の方はもうちょっといろいろな種類の人が居たと思うんだけど・・・
俺みたいな特に何にも考えないで読んで、何にも気づかない人が
このスレを見るといろんなところが気になって少し不幸になるかも。
俺はファンタジーで異世界モノなんだからどうでもいいじゃんって思うんだけど
「ここんとこが気になってすんなりよめねぇ」って人がいるのも納得できる。
まぁ読み方にも色々スタイルがあるってことで。

229 :イラストに騙された名無しさん:04/04/26 01:38 ID:R8sYojdR
同感だな。
ゆらゆらはある意味凡作アニメ「猫の恩返し」に良く似ていると思う。
今まで他の大御所たちが築いてきた作品の定石をただなぞれば、ファンタジーというものが成立すると思っているようなフシがある。
全然違うんだよな。ファンタジーであるからこそ、異世界に惹き込むパワーと説得力が必要なんだよ。
「千と千尋の神隠し」なんかを見ると異世界転移描写のあまりもの巧妙さに宮崎駿の天才ぶりを感じてしまうわけだ。海外の賞を総舐めにできるだけのことはある。
ファンタジーってのはこうでなくっちゃいけない。ファンタジーってのを言い訳にしちゃいけないんだよね。
だけど「猫の国」程度のファンタジーに満足できる視聴者も世の中にはいるようなので、それはそれで「いいんじゃない」とも思う。

しかし世の中つくづく宮崎駿作品の劣化コピーばかりだな。

230 :イラストに騙された名無しさん:04/04/26 02:49 ID:UCmnHRnm
考えないで読む人にむけて、適当に作った世界の適当な話なんだから
ムキになるほうがおかしいと思う。
買って、読んで、売るか捨てる。記憶にすら残らない。というランクの本だし
作者も、三年ぐらいしたら「そんな作家もいたよね」の世界に行っちゃうだろうから
いちいち突っ込む気も起こらない。
次はブックオフで見つけたら買うつもりだ。

231 :イラストに騙された名無しさん:04/04/27 22:57 ID:xMVQ2ONZ
>>229
> しかし世の中つくづく宮崎駿作品の劣化コピーばかりだな。

そうか?宮崎だって世評とかマスコミにのってやってるようなところ多いし、今の深夜アニメなんてヲタ向けに作ってあるから正直宮崎云々じゃない。(>>229はわりと純粋な作品を観てるんだと思う)
猫は監督が本当に自分の作りたいものとして作ったのかも怪しいから、それと一本の作品を没にしてまた新たに作り直した千尋を引き合いに出しちゃいけないだろ。

まあ所詮は受け手が面白いと感じるかつまらないとするかだから。さんざスレ違いなこと書いてスマソ

232 :イラストに騙された名無しさん:04/04/28 00:27 ID:s5BTm4WP
今更だが巻頭の折込、冥海の説明で無重力に
さっぱり触れてないのはどうかと思った。

233 :イラストに騙された名無しさん:04/04/29 12:15 ID:U++lpftK
今叩かれてる一番の原因は田中と近藤の学問量の差、だろうな。
(学歴の差ではないことに注意。というか東大行っても遊んでたら同じ)
田中はああ見えて学習院の博士課程まで行ってるから、資料の読み方も分かってるし
中国だけでも史実という事例の蓄積がある。小説ではそれを応用すればいいから
それだけでリアリティが出る。
多分近藤に足りないのはそれだ。

234 :イラストに騙された名無しさん:04/04/29 23:18 ID:fGWfYr6y
それよりも経験の差だと思う。凡人・一般人(と彼らから見たリアル)を
ちゃんと描写できないのを見ると、おそらく理不尽な社会経験がほとんど
無いんじゃないのかな?
逆に「欠点もあるが尊敬できる上官」とか「正念場の小市民」が書ける
ようになったら、持ち味の中のとんがった何かが生きてくると思う。

235 :イラストに騙された名無しさん:04/04/30 11:23 ID:g5358Xwd
経験ということなら、今後の成長も多少は期待できるな
・・・・現在はまだまだだが

236 :イラストに騙された名無しさん:04/04/30 11:50 ID:M0oIHo9P
ガイエは歴史に詳しくてそれを応用してるし、森岡も言語学という従来無かったネタを盛り込んでるのが斬新だった。
実社会でほとんど役に立たないそういう文系の学問を有効に利用できるのはある意味小説だけなんだよね。
(英国の官僚や政治家は歴史や古典をメインに勉強するそうだけど、日本社会ではという意味ね)
この作者はどうなんだろ。学歴厨とか言われそうだが、「純金製の塑像」といい、AM出身と言う経歴といい、大学教育は受けてない感じがする。
まあ大学出でもびっくりするくらい物を知らない人は多いし、高卒の有名作家にはすごく勉強熱心な人が多いのも事実だけど。
でもあんまり勉強してる感じもないしな。

237 :イラストに騙された名無しさん:04/04/30 22:05 ID:W+CrUY3F
つまり、戦記物じゃなかったらそこそこ面白かったって事でFA?

238 :イラストに騙された名無しさん:04/04/30 23:34 ID:GRsbqx6z
戦記物だったから、内容は括弧にくくっておくにしろ派手な合戦シーンとか盛り上がる場面も書けたわけだし。
上の方でも、「ファンタジー戦記物が好きな人なら、価格分はある」という評価は出てる。

戦記物じゃなかったら、記憶喪失の女の子を拾った天才的な戦士&その兄の魔術師(実は生まれが高貴な出)の冒険譚みたいな、イマドキそんな……な話になってさらに見向きもされないと思う。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)