2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

作品タイトルでつくるリレー小説

1 :名無しのオプ:03/05/06 20:30
・ミステリ作品のタイトルを組み込んだ文章で話をつなげていくスレです。
・謎解き、伏線、どんでん返し等は特に気にせず、ストーリーの状況が
 よくわかるように書いて下さい。
・基本的に、一回の書き込みにつき、タイトルひとつ。国内外、長短編問わずで、
 ガイドブックなどの関連書籍もOKです。
・タイトルの部分が埋もれてしまわないよう、本文は短めにお願いします。
 ただし、1文である必要はありません。タイトル部分を含まない文章が
 あってもかまいません。
・同じタイトルが重複しないよう、なるべく過去ログをチェックして下さい。
・元ネタは、先月号のミステリマガジン(2003年5月号)に掲載の、
 原ォ氏による「ポケミス街で拾ったもの」です。ただ、こちらはページ制限等が
 ないですから、マターリいきましょう。

・【重要】どの部分がタイトルに該当しているのか、作者名も併せて、
 メール欄に明記してください。


 ↓それでは、一人称でスタートします。↓

 私が深夜の散歩に出かけたのは、奇妙な人恋しさに駆られたためだった。


2 :名無しのオプ:03/05/06 20:32
実はチンコやマンコが出てくるミステリを探していたのだ。

3 :名無しのオプ:03/05/06 21:14
と見せかけて実わ最強のミステリを探していた。

4 :名無しのオプ:03/05/06 22:04
これってミステリマガジンの4月号だか5月号で
誰だったか日本の作家がやってたのと同じでわ?

5 :名無しのオプ:03/05/06 22:49
4は1をちゃんと読めというワトソンであった。

6 :名無しのオプ:03/05/07 02:16
ヤラレタ

7 :名無しのオプ:03/05/07 17:43
1ですけどちょっと進めてみる。↓

歩き始めてから一時間、姿を見かけたのは乞食や浮浪者ばかりだった。
敗者ばかりの日だな、という思いが頭をかすめた。
私もそのうちの一人のように思えてきた。

8 :名無しのオプ:03/05/07 17:44
しばらく歩き続けると、そうした人々の姿もなくなり、街灯もぽつぽつと
まばらになってきた。
物音一つなく、街は眠れる美女のように横たわっている。
私は少し心細くなってきた。


9 :名無しのオプ:03/05/07 17:45
ここ半月ほど、街では通り魔事件が相次いでいるのだ。
同一犯の仕業のようだが、まだ容疑者はつかまっていない。
特に、この三日間で二人がナイフで刺され、亡くなっていた。


10 :名無しのオプ:03/05/07 17:46
やがて、赤い信号灯が明滅する十字路に出た。
私は不意に、いま自分がどこを歩いているかに気づいた。
通り魔事件の現場として、マスコミから殺人交叉点という
ありがたくない渾名を頂戴した場所だ。

11 :名無しのオプ:03/05/07 17:47
何かにつまづいて、転びそうになった。
見ると、人間の体のようだった。
その周りの路上に、液体がしみになって広がっているのがわかった。
明るいところで見たら、きっと真っ赤に染まっているのだろう。
誰の屍体かは見当もつかなかったが、女性のようだった。

12 :名無しのオプ:03/05/07 17:50
そのとき私が真っ先にしたのは、死体から目をそむけ、顔を上げて
辺りを見回すことだった。
右手の道に、こちらから遠ざかっていく影が見えた。
左手の方からは、こちらに近づいて来る者があった。
私は直感的に、どちらかが彼女を殺したに違いないと思った。

13 :名無しのオプ:03/05/07 22:28
>>8-12
原ォにしては異例のハイペースだ!

14 :名無しのオプ:03/05/07 23:04
と思ったら1はチンコをいじっていた。

15 :解答篇:03/05/08 00:17
*12 …… R.Bradbury "Something wicked this way comes"

16 :p.10、p.11の答え:03/05/08 00:23
『上路』クッアルケ・クッャジ、『路字十』歩乱川戸江

17 :解答篇:03/05/08 22:24
*12 …… 楳図かずお

18 :名無しのオプ:03/05/09 01:47
なんか小説の部分じたいもミステリ小説っぽいよね。

これが一見ミステリとは似ても似つかないと思える文章に
よく見りゃ実はどれもミステリ本のタイトルが隠されてました
というのであったら面白かったんじゃないかと思うんだけど。

たしかに原僚のもミステリ小説仕立てではあったけど
あれは短いページ数に凝縮されていたからこそ楽しめたんじゃないのか。
練達のプロによるお遊びというか、祝い事のお座敷用の即興芸というか。

それをマターリとしたリレー形式でやろうとすれば
どうしてもトートロジーの退屈さに陥りやすいんじゃないかと思う。

19 :エド・マクベイン『通り魔』:03/05/09 23:21
天才バカボンはその名の通り天才であり、
魔法使いサリーもその名の通り魔法使いだった。

20 :サー・アーサー・コナン・ドイル「まだらの紐」:03/05/10 00:00
そして彼の大好物はホッケの干物でもアジの開きでもなく、
まさしく真鱈の干物であった。

21 :松本清張『点と線』:03/05/10 00:21
1ですが、なるほど!
ただ、使える作品タイトルがかなり限定されそうな点と、線引きが難しそうなとこが
ちょっと気になりますけど…。
>>20みたいな変換はありか、とか、途中に句読点をはさむのはありか、とか。

22 :名無しのオプ:03/05/10 01:32
まあ、夜は長い。つい楽をしたくなるのもわからんではないが
まさにこういうときこそマターリと気長にいけばいんじゃないの?


23 :笠井潔『薔薇の女』:03/05/10 02:05
路上に横たわる女性の体は、流れ出た血液と信号の紅い灯火とに彩られ、
その姿は私に「薔薇の女」という隠喩を想起させた。

24 :ロス・マグドナルド『さむけ』:03/05/10 02:18
場違いな連想にふけっていたものの、次第にさむけを感じてくる。
それはまとわりついてくる夜気もさることながら、物言わぬ死体の、
しかし確実に何事かを伝えてくるかのような視線が私の肝を冷やした
からかもしれない。

25 :名無しのオプ:03/05/10 02:24
すいません。邪馬台国はどこですか?

26 :ブラッドベリ『何かが道をやってくる』:03/05/10 02:27
急に弱気になってくる。今この場に表情を与えているのは、職務に忠実で
勤勉な信号の光と、時おり聞こえてくる遠い犬の鳴き声、そして道端に
転がった空き缶が風にもてあそばれて発するうそ寒い乾いた音だけだ。
漠然とした不安感が首をすくめさせる。怖気が背中を撫でる気がして、
「何かが道をやってくる」……そんな子供じみた感慨にとらわれはじめた。
その時、

27 :名無しのオプ:03/05/10 02:30
惜しい。
>>25>>26の順番が逆だったら笑えたんだけど。

28 :ハメット「マルタの鷹」:03/05/10 02:32
などといつも通りの埒もないおしゃべりをしながら入ってきた人物がいた。
現場の指揮を執る鷹取警部であった。人のよさげな容姿ながら京都府警
きっての切れ者であり、生家の地名から「丸太の鷹」との異名を取るほどの
人物である。


29 :noririn:03/05/10 02:39
真面目な書込みもあるが、茶化す書き込みがたびたび混じり、
スレの主旨が曲げられようとしている。
これぞまさに>>1の悲劇であった。

30 :大沢在昌『新宿鮫』 チャンドラー『事件屋稼業』:03/05/10 05:24
西の丸太の鷹は、東の「新宿鮫」と双璧をなすとの評判だった。
その鷹、まさに猛禽のごとき眼光の持ち主は、「事件屋稼業は大変だねぇ」と
言葉とは裏腹に、飄々とした風情でこちらにやってきた。


31 :エーコ『薔薇の名前』:03/05/10 05:37
鷹取警部は死体を一瞥すると深くため息をついた。
私が先ほどまでの物思いを話すと、
「なるほど、薔薇な……。なら、さしずめこの薔薇の名前はブラッディローズ
といったところか。花言葉は美しき死」
そう言い、鷹取警部は自嘲気味に「不謹慎だけどな」と付け加えた。

32 ::03/05/11 21:20
おお、微妙にこのスレ、人が集まってきている!?
わーい嬉しいな、皆さんありがとうございます。

特に>>22、なんか名前欄の色かわってないからおかしいなと思って、
クリックしてはじめてヤラレタと思いました。ちくしょー、超嬉しいです。

作品タイトルについては、わかりやすく名前欄に張るか、皆見えない
メール欄に隠してクイズぽくするか、2タイプになってしまったんですが、
どちらも一長一短だと思うので、「書き込む人が考える」という修正案で
どうでしょうか。


33 ::03/05/11 21:22
あと、スレタイにリレーとつけてしまったので、とりあえずリレーメインで
いきたいんですけど、それ以外の書き込みもOKかと思います。
まず作品タイトルの含ませ方を、工夫や重視すべし、という方向で行きましょう。

では、>>31の続きを。↓

34 ::03/05/11 21:25
私は死体の発見者になるのは慣れているので、事情聴取もすらすらと進んだ。
開放されたのは午前5時。
帰り道、雲の切れ間から射しはじめた光が、アスファルトを掃き清めて
しまったかのように、浮浪者たちの姿は消えていた。
夜明けの光の中に浮かぶ我が家は、別天地のように見えた。

35 :名無しのオプ:03/05/11 21:27
娘のつくるトーストの匂いで、目が覚めた。既に12時を回っていた。
カーテンが降りていて、辺りが暗かったので、真夜中まで眠り続けて
しまったのではないかとぎょっとした。
ベッドに入ったままカーテンの裾をつかみ、ちょっとめくってみる。
外は明るかった。
娘の呼ぶ声で、気を利かせてくれたのだとわかった。

36 :名無しのオプ:03/05/11 21:29
窓を開け、暖かな陽射しを浴びながら伸びをした。今日は良い日に
なりそうだ。
ところが、食堂に入り、トーストに盛られた真っ赤なジャムを見た瞬間、
昨夜の死体を思い出し、現実に引き戻された。
もう探偵はごめんだと思うのは、こんな時だ。
私が起きだしてきたので、娘はオーブンレンジに新しいパンを入れてくれた。

37 :名無しのオプ:03/05/11 21:30
事件の報道を見ようとテレビをつけたが、映ったのは外国のサッカーの特番だった。
チャンネルを変えた途端に、娘にリモコンを取り上げられた。
娘は特にサッカーのファンと言うわけではなかったはずだが。そう思った時、
チーンとオーブンが鳴った。仕方がないので自分でトーストを取りにいった。
後ろで、娘が「頑張れベッカム様〜!」と画面に叫ぶのを聞いて気づいた。
けっこうミーハーな女の子だったっけ。

38 :名無しのオプ:03/05/11 21:31
こういう時の娘に何を言っても無駄だ。仕方がないので、食事が済んでも
まだサッカーが済んでいなかったら、外に出ることに決めた。
どうせ、まだニュースではたいした情報は流していないだろう。
私は鷹取警部の性格なら、よく心得ているつもりだった。

39 :名無しのオプ:03/05/15 01:59
そんな私の思惑をよそに、インターネットの匿名掲示板では
早くも昨夜の事件が報じられていた。それによれば、夜でも
目につく黄色いハイヒールの死体の女性は八重歯と瓜実形の
顔が特徴だという。思わず私のマウスをにぎる手が止まった。

40 :名無しのオプ:03/05/15 02:28
「黄色いハイヒールか……。被害者はDQNですね(藁」
という書き込みが私の目をひいた。どうやら被害者を知る者による
証言らしい。居間からは相変わらず娘の声援が聞こえてきて、私の
集中力はかき消された。時間がないのでパソコンの電源を落として
外出のしたくを始めたが、DQNという謎の文字が頭から離れない。

わかった。これは「ドラッグ・クイーン・ナオミ」の略ではないか。
そういえば現場の近くで「ドラッグクイーン談話室」という名前の
風俗店の看板を見たような記憶がある。被害者はナオミという女だ。

41 :_:03/05/15 02:32
〜oノハヽo〜                
  ( ^▽^) < こんなのございまーす♪ 
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz07.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz08.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz06.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz01.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz03.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz04.html

42 :名無しのオプ:03/05/15 02:39
>>39
おしい。
瓜につめあり、爪につめなし。

43 :名無しのオプ:03/05/15 03:02
私はいまある双生児を尾行していた。彼らの青白く不気味でどことなく幽霊のような男たちだった。
彼らは指環盗難事件で指名手配されている犯人たちだ。しばらくすると彼らはとあるビルに入った。
私が外で様子を見ているとそのビルの五階の窓に何者かの影が見えた。私はいそいで中に入ると
その部屋に向かった。扉を蹴破るとそこはカーテンで太陽の光が遮られ真っ暗だった。まるで
大暗室だ。しだいに闇に目が慣れてくるとそこに何か闇に蠢くものが見えた。それは虫だった。
赤い部屋の壁の一面がびっしりと芋虫に覆われていた。アッ、私は床に倒れている死体を見て驚いた。
彼は堀越捜査一課長殿ではないか。まさかあの双子は彼の一人二役では・・・、私はそんな疑惑を持った。
胸に銃弾が残されていた。ということは兇器は火縄銃であろうか。こんなひどいことをするなんて
犯人は鬼か!?悪霊か!?怪物か!?私は死体に向かって指で十字を切った。私は死体のポケットに
入っていた警察手帳を拝借した。そこには彼の日々の出来事が書かれていた。まるで日記帳のようだ。
私は逃げ出すようにして建物から離れ、十字路を右に曲がった。しばらく歩くと本屋があったので、そこで
息子のために一寸法師を買ってやった。映画館ではスパイダーマンが上映されていた。スパイダーマン、
つまり日本語で蜘蛛男だ。私は妻に失恋した男である。だから通りの女に接吻をすると毒草を飲んで
死んでやるのだ。私が死んでも木馬は廻る、そうそれが世界というものなのだ。

44 :名無しのオプ:03/05/15 03:03
まずは被害者を知る証人にあたってみよう。ハイヒールの色だけで
被害者がナオミであることを即座に思いつく人間。おそらく彼女と
同じ店で働いていた女だろう。それにしても気になるのは先ほどの
証言にある「(藁」という文字だ。最後に書かれているところから
すると当人のペンネームのようなものと思われるが、それであれば

 黄色いハイヒールか……。被害者はDQNですね(藁)

と閉じカッコまで書くはずだ。いや、もしかすると、この藁の女は
何らかの不可抗力によりカッコを閉じることができなかったのでは
ないだろうか。書き込み中に何者かによって背後から襲われて……。

私はあわてて鷹取警部に連絡をとった。私に先を越されてよっぽど
悔しかったのだろう、警部は「ちきしょう、比ぶ者なしと言われた
オレの推理力が泣くぜ……。ま、ありがとうよ」と電話口で嘆いた。

45 :名無しのオプ:03/05/17 00:43
>>43の解答篇キボンヌー!

乱歩詳しくないから、

大暗室

芋虫
堀越捜査一課長殿
火縄銃
十字路
一寸法師
妻に失恋した男
毒草

これくらいしか分からねっす。
ネタないしsage。
リレーの続き書きます↓。

46 :名無しのオプ:03/05/17 00:50
玄関に出て、家賃の請求書に気がついた。
同時に、事件を調査するのも結構だが、依頼人を見つけるのもまた、
とても結構なことだと気づいた。
何しろ、ここ二週間ほど、ずっと待っているだけの日々だったのだ。
そろそろこちらから探しに行っても悪くない。
まず、鷹取警部のもとに寄ってみることにした。事件の関係者が来て
いるだろうから、誰か依頼人が見つかるかもしれない。

47 :名無しのオプ:03/05/17 00:51
娘が見送りに出てきてくれた。
「遅くなりそうだったら、電話してね。私も今日、バイトがあるから」
後ろ手にドアを支えたまま、微笑む。早くテレビに戻りたいのだろう。
請求書を手渡しながら、私のためにどれだけ娘が自分の生活を犠牲に
しているか、という考えがふと浮かび、後ろめたい気持ちになった。
こうしてみるとわが娘は、まるで天使のような気がする。

48 :名無しのオプ:03/05/17 01:00
娘は請求書に目尻を吊り上げるでもなく、晩ご飯はお父さんの好きな
コロッケだからね、と言って笑った。
つい、靴紐を結ぶ手がのろくなる。機嫌がいい時の娘の顔は、ずっと見て
いたいものだ。
「ああ〜ッ、ベッカムボールをとられた、ゴール、逆転です!!」
突然の居間からの奇襲に、娘の顔がキッと強張り、唇の端がねじれた。イエーッと、
相手チームサポーターたちの容赦ない連続攻撃が続き、娘の顔をさらに引き攣らせる。
私は急いで帽子をとり、戦火に巻き込まれる前に逃げ出すことにした。



49 :名無しのオプ:03/05/17 01:03
警察署では、刑事たちが輪になってひとしきり笑い、笑い倒した後だった。
ただ独り輪の中心にいる鷹取警部だけが、顔を赤らめ、拳を握り締めていた。
私に気づくと、警部の目に殺意が宿ったような気がしたが、何も気づかない
ふりを決め込むことにした。
私のせいで警部がどんな目にあったのかは知らないが、こういう時は黙って
おくに限る。私は鷹取警部の性格なら、よく心得ているつもりだった。



50 :名無しのオプ:03/05/17 01:18
署に着いてからも、いや、だからこそなのだろうか、
バイトがあると言っていた先ほどの娘の言葉が耳について離れない。
いつだったか、学校での進路指導のために提出する用紙をはさんで、
娘に訊いたことがある。専業主婦とキャリアウーマンのどちらを
めざすのかと。血は争えないものだ。「そうねー、あたしなら」と
娘は言った。「かわいい女より仕事に生きる女をとりそう」左官屋を
やっていた彼女の父方の祖父も、そういえば仕事一徹の男だった。

51 :名無しのオプ:03/05/17 01:33
大学の授業は頑張っているのだろうか。
私達の頃は優、良、可、不可だったが、最近ではA、B、C、Fだそうだ。
Fだけ飛んでいるのはなぜだと聞いた事があるが、「不可のイニシャルかな?」と言っていた。
1年の頃は遊びすぎたようで「すべてがFになる〜!」と騒いでいた事もあった。

52 :名無しのオプ:03/05/17 01:34
>>45
他に挙がっている乱歩作品としては以下ぐらいではないでしょうか。
・双生児
・指輪
とか言ってみるテスト。

53 :名無しのオプ:03/05/17 01:42
そういえば、テストの答案が返ってくるたびに娘は唇をツンと尖らせて
つぶやいていたものだ。「まったくもお」ところで何の話だったっけ?

54 :名無しのオプ:03/05/17 02:33
「貴様ら」警部が顔をあげて刑事たちを睨みつけた。「今に一人残らず
どっかの田舎の駐在にでも飛ばしてやるぜ」そして私を廊下に誘い出すと
「早く、くれ」と手を差し出す。私がポカンとしていると「娘さんから
オレ宛の預かり物があるだろう。さっさと渡してくれ」と催促する。
ドアが細めに開いて刑事たちの顔が縦に並び、ニヤニヤ笑って見ている。
わけがわからない。「預かり物って?」私が訊くと警部は押し殺した声で
「もちろんチョコレートさっ」人事権を行使されるのを恐れて爆笑こそ
できないものの、背後の刑事たちは必死で笑いをこらえているようだった。
そういえば今日はバレンタインデーだったのだ。

55 :名無しのオプ:03/05/17 02:37
>>54
あ、よく考えたらそんなタイトルじゃなかったですね。
しかも他のタイトルでいくらでも使えてしまうな(藁

56 :名無しのオプ:03/05/17 02:51
>>43
解答編
「双生児」「幽霊」「指環」「盗難」「五階の窓」「大暗室」「闇に蠢く」「虫」
「赤い部屋」「芋虫」「堀越捜査一課長殿」「一人二役」「疑惑」「兇器」
「火縄銃」「鬼」「悪霊」「指」「日記帳」「十字路」「一寸法師」「蜘蛛男」
「妻に失恋した男」「接吻」「毒草」「木馬は廻る」


57 :bloom:03/05/17 03:24
http://homepage.mac.com/ayaya16/

58 :名無しのオプ:03/05/18 14:12
これでも娘は生まれたばかりの頃はわがままだったものだ。
気に入らないことがあると、ちっぽけな拳で親でもポカポカ叩いてくるのである。一番たいへんだったのは離乳食にきりかえる時期だったろうか。
「はーい、ごはんですよー」ポカッ「痛ッ。もう、ほら、おとなしく食べて」
ポカッ「お願いだからさー、お嬢さまーあ」ポカリ「スプーンがイヤなのかな?」
離乳食を哺乳瓶につめかえて与えてみたところ、どうにか口にしてくれた。
今から思えば、当時の私は育児ノイローゼ寸前のような状態だった。

59 :名無しのオプ:03/05/18 14:14
あ。最後の2文字が逆だった。

60 :名無しのオプ:03/05/18 14:57
ちょっと家に電話を入れてみた。娘はまだ家にいた。電話の向こうで
相変わらずテレビの音が聞こえている。私は言った「あんまり家でテレビ
ばっかりみてると豚になっちゃうよ」「何それ、もうちょっとマシなこと
言ってくれないの」豚は言いすぎだったかな。「つまりその、運動不足に
なるっていうか……」「あたしだったねー」娘が怒鳴った。「動くときは
動くもん」とうとう怒らせてしまったようだ。ひとまずお茶を濁して
電話を切るしかなかった。

61 :名無しのオプ:03/05/18 15:11
昔飼っていた三毛猫を思い出した。当初は精悍な顔立ちだったので
娘はウルフと名づけて可愛がっていたが、そのうちブクブク太りはじめた。
そのわりに夜遊びが絶えないので娘はよく「寝ろ、ウルフ」と命令していた。
私は単に三毛と呼んでいた。いつのまにか近所には三毛の妻やら子供やら
一夫多妻制のハーレムが形成されていた。ところがある日、近所の家の犬が
三毛の一族に威嚇をかけ、三毛たちはいずこへか姿を消してしまったのだった。

62 :名無しのオプ:03/05/18 15:23
そのとき部屋の中の刑事たちがにわかに動き出した。パトロール中の
署員から入った連絡が繰り返されている。「怪しげな路上駐車の車を発見。
今から署に先導」勝手に思い出にふけっていた私はようやく現実に引き戻された。

63 :bloom:03/05/18 15:25
http://homepage.mac.com/ayaya16/

64 :名無しのオプ:03/05/18 21:34
そうそう、鷹取警部の性格の話をしていたのだった。あれは何年前だろうか、
警部に誘われて古い日本映画のリバイバル上映を観にいったことがあった。
ある日、主人公のユミという少女は難病にかかっていることをと宣告される。
彼女はしだいに心を閉ざしていくが、幼なじみの男の子の励ましによって
最後には生きる勇気を取り戻していくという話。映画のラストシーンは
少年のこんなセリフで締めくくられる。「ユミッペ、生きよう」失礼ながら
私は笑ってしまった。が、隣の鷹取警部はホロホロと涙していたのだった。

65 :名無しのオプ:03/05/18 21:50
そんな鷹取警部だが、ふだんは威厳を保つために無理して九州男児っぽい
喋り方で通したりする。「おいどんは動機から推理していく手法は好かんたい。
まず攻めるべきは容疑者のアリバイばい」演じえるのか、そんなキャラクターを。
涙もろい警部の素顔を知っている私は、つい心配してやりたくなったりする。

66 :名無しのオプ:03/05/18 22:00
窓の外に目をやる。今日はゴミの収集日なのだろう、ポリ容器のはてしなく続く
警察署の裏庭が見える。あの容器の中に死体の一部でも混じってはいないだろうか。

67 :名無しのオプ:03/05/19 03:09
主旨変わってない?


68 :45:03/05/20 01:27
>>52>>56
どうも、サンクスです。
こういう一作家固め撃ちみたいな企画も、愛があっていいですね。

>>67
いやいや、OKの範囲内だと思いますよ。
つか、みなさん凄すぎ。


69 :名無しのオプ:03/05/20 01:34
刑事部屋に戻ってみると、ただひとり、鷹取警部が残っていた。
「おいどんは留守番ですたい」しれっとした目つきで私を見る。
先ほどもらいそびれた、チョコレートを催促しているのだと気づいた。
この九州男児喋りが出たときは、まずい徴候である。それも相当の。
あくまで私の娘が自分にチョコをくれるはずだと、確信しているのだ。

70 :名無しのオプ:03/05/20 01:36
気まずくなってポケットをさぐると、先日行きつけの古書店の
おばちゃんがくれた10円チョコに手が触れた。
義理チョコ以下だが、ないよりマシだろう。
「えーと、警部、うちの娘がね…」と言って手渡そうとすると、
目を見開いて10円チョコを凝視したまま、ポカンと口を開けて
警部の顔が凍った。間違いだったふりをして、私はすぐに手を引っ込めた。
「手作りチョコにしたから、明日まで待ってくれって言ってたよ」


71 :名無しのオプ:03/05/20 01:38
とりあえず、警部の機嫌は直った。私はチョコの代わりにハンカチを取り出し、
額の汗をそっと拭った。
昔気質の刑事部屋に置かれた、場違いなモニターだけがザーっという微かな
音を立てている。銀色の車が映っていた。光の加減のせいか、私にはブリキの
自動車のように見えた。

72 :名無しのオプ:03/05/20 01:41
「それにしても、あんたのせいでえらい目にあったよ。まあ、他人の説を
 まんま拝借して、仲間に披露したオレも悪かったんだが…」
私には、自分の推理のどこが間違っていたのかわからなかったが、とりあえず、
いや、あれは冗談だったんだよ、と言ってみた。少しウケたようで、警部は
笑みをもらした。「おい、冗談で下手な推理を吹き込むのは勘弁してくれよ。
今回は笑い事で済んでよかったけど、うっかり無実の人間を逮捕なんぞしち
まったら、腹かっ捌くのは俺だからなあ」

73 :名無しのオプ:03/05/21 00:00
ひとしきり軽口を叩いたあと警部はふと真顔になって言った。「久しぶりに
君を食事に誘ってもいいかな」「ええ、喜んで」私たちは近所のレストランに
入った。人気のある店らしく混雑している。文字通り注文の多い料理店だ。
厨房の中ではでっぷり太った料理長が多すぎる注文にてんてこまいしている。

74 :名無しのオプ:03/05/21 00:17
「昔、NHKに宮崎緑という女性キャスターがいたろう」食事を待つ間、
警部はかつて手がけた事件の話をした。その事件の犯人は奇妙な妄想に
とりつかれていたらしい。なぜか毎晩テレビで見るニュースキャスターの顔と
ツタンカーメンの顔の区別がつかなくなっていたというのだ。「そいつは
取調室でも『宮崎緑は危険なオーラを発している』とかなんとか、ブツブツ
つぶやいていたっけ。まあ、実際にやったことといえば近所の電器屋の
テレビを壊してまわったくらいのものだったんだが」

75 :名無しのオプ:03/05/21 00:37
この店はペット同伴で入れるらしい。私たちの隣のテーブルの
裕福そうな老婦人の膝の上には、プードルがおとなしく座っていた。
プードルの向こう側にはチワワが、そのまた向こうにはヨークシャーテリアが
顔を覗かせている。「雑種はいないらしいな」警部がぼそりと言った。

76 :名無しのオプ:03/05/21 01:04
いつのまにかプードルが警部の膝の上に引っ越してきていた。
首輪につながれた紐をいじくりながら、警部はさらに奇妙な犯罪者の
話をつづけた。「今度は女さ。『私が苦手なのは鏡よ、鏡じゃなければ
怖いもんなんかないわ』と豪語していたが、ためしに鏡を見せてみたところ
一言『ゲッ』と言って気を失った。その隙に逮捕したってわけさ」

77 :名無しのオプ:03/05/21 01:19
「家でもこんな話ばかりしているせいか、息子がこんな作文を書くように
なってしまったよ」警部は苦笑まじりに背広の内ポケットから丁寧に畳んだ
原稿用紙を取り出した。受け取って開いてみると、たどたどしい文字で
「ごはんのときミステリおペラペラめくっていたら、おとうちんに
しからねた。ごめんなちい、もうしません」と書かれていた。

78 :名無しのオプ:03/05/21 01:48
「お待たせしました」その声にふと顔を上げると、警部は一瞬ぎょっとした。
「困りますよ、留守番をお願いしてたのに」ウェイターの服装をしてはいるが、
それは警部の部下の若手刑事だった。「なんだおまえ、ギャルトンの恰好
なんかして」「それを言うならギャルソンです」「うるさい。ギャルトンで
いいんだ、ギャルトンで」一度言ったら後には引かない警部である。
「それで、なんだギャルトン事件でもあったのか」「それがですね…」

79 :山崎渉:03/05/22 04:28
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

80 :名無しのオプ:03/05/22 21:47
「事件というわけではないんですが…そのう…鮫島警部が、署の方に見えて
るんですよ」口を濁しながら言う。それを聞いて、鷹取警部の口が大きく
への字に曲がった。息子の作文を丁寧に折りたたんでポケットにしまい、
代わりにメニューを取り上げて立ち上がり、机に叩きつける。「本当か!?」
若手刑事は、周囲の目を気にしながら小声で返事をした。「本当です」
「やれやれ」警部は再び腰をおろした。若手刑事がホッとした様子を見せる。
私もホッとした。「チョコおあずけに、ドキュン推理に、鮫島参上か…。
とにかく、これで今日一日の悪運は使い果たしたな」と警部が言った。

81 :名無しのオプ:03/05/22 21:49
「鮫島警部が嫌いなのかい?」と私は聞いてみた。鮫島警部というのは、
”西の丸太の鷹”の異名をとる鷹取警部と並んで、”東の新宿鮫”と称される
警察界の巨人だ。この二人が犬猿の仲だとは、聞いたことがなかった。
「別に。あいつは慈悲深いし、度胸もあるし、何より頭が切れる」頬杖をつき、
部下のほうをねめつけながら、警部は答えた。「まあオレほどじゃないけどな」

82 :名無しのオプ:03/05/22 21:51
「よし、じゃあラーメンと餃子だ」メニューを再び手にとると、警部は言った。
あまりに自然な口調だったので、私も刑事もきょとんとしてしまった。
「注文だよ。ほら、お前はギャルトンだろ。早く行ってこい」
若い刑事は不意を突かれて、おたおたと机の上を見回した。「いや、でもここ、
醤油もラー油もおいてませんよ」ここはファミレスなんだから当たり前だ、
と私は思った。「醤油だのラー油だのまどろっこしいこと言うな! さっさと
行って来い!」警部が怒鳴りつけたので、彼は慌てて厨房のほうに駆けて行った。

83 :名無しのオプ:03/05/22 21:53
その後姿を見送りながら、警部は愉快そうに笑った。機嫌を損ねることがあると、
こういう意地の悪い、子供の悪戯のようなことをやるのは警部の悪い癖だった。
どうやら鮫島警部とは本当にそりが合わないようだ。店の奥で、本物の店員を
相手にしどろもどろになっている気の毒なギャルトン刑事を残したまま、
私たちは勘定を済ませ、すたすたと店を出た。

84 :名無しのオプ:03/05/22 21:57
警察署の前には、蟻の列のように高級車が並んでいた。黒いトランクが
太陽の光を反射し、こちらの目を刺してくる。
この車一台で、私の家賃の何か月分に相当するのか計算してみようとしたが、
見当もつかなかったのでやめた。
代わりに、先ほどから気になっていたことを、思い切って聞いてみた。
「ねえ警部、さっき言ってたドキュン推理って何のことだい?」
警部は白い歯をむきだして苦笑いし、「また今度教えてやるよ。鮫島には言うなよ」
と言った。

85 :名無しのオプ:03/05/22 22:01
署に入ると、見知らぬ顔の警官が何人かいたので、その中心にいる人物が誰だか、
すぐに分かった。濡れ羽色の長い髪の毛と、ノンフレームの眼鏡、知性の輝きを
たたえた、切れ長の目。私も一度か二度、新聞で顔を拝見したことがある。
鮫島京子警部。
「お久しぶりね」
彼女は取り巻きの警官たちの輪の中から進み出ると、まず眼鏡を直して、
それから鷹取警部に手を差し出した。眼鏡に触れた時に、私は彼女が左利き
だと気づいた。差し出された手も、左手だった。


86 :名無しのオプ:03/05/22 22:04
「久しぶりだな」そう言って、鷹取警部は右手を差し出した。
だから二人の握手は、妙な形になってしまった。ごつごつした中年の男の手と、
若い女のマニキュアの手は、触れ合ってすぐに離れた。
私と鮫島警部を簡単に紹介した後、鷹取警部は手近な椅子を引き寄せてまず自分が
座り、それから、「まあ座れよ」と言って鮫島警部に手振りで別の椅子を勧めた。
「東西名探偵の世紀の対決だな」と、老警官の一人が冷やかした。


87 :山崎渉:03/05/28 12:41
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

88 :名無しのオプ:03/05/28 22:48
ここ1週間ほど美人警部をネタに妄想に耽っていたオレだが、
久しぶりに来てみたら能天気に笑う山崎渉のAAが書き込まれており、
すっかり萎えてしまったのだった。

89 :名無しのオプ:03/05/28 22:59
「東西てぇけつかぁ」
老警官のセリフを受けて、鮫島警部に付き添ってきた、
これも同年輩の刑事が言った。どうも東北のほうの出身らしい。
「そういや、うちの姫んとこにゃ、西ん方のイヌエィツケーからも
取材が来とったでな」鷹取警部を差し置いて、NHKの関西支局が
何かの番組で鮫島警部を取材したということらしい。

90 :名無しのオプ:03/05/29 07:52
>西ん方のイヌエィツケー
ワラタ!!!!!

91 :名無しのオプ:03/06/01 21:31
「ま、取材っていっても、たいしたもんじゃなかったけどネ」
鮫島警部は脚を組み、メンソール煙草をプハーッと吹かす。
私の中で、思わず何かが弾けた。と、鮫島警部がこちらを振り向いた。
「あら、先生。それを言うなら『何様のつもりだ』でしょ」
うっ。どうしてわかったのだ。たしかに私は今、(この女、何者のつもりだ)
と思っていたのだった。が、やはり何様というより何者のほうが合っている。

92 :名無しのオプ:03/06/13 02:46
「ごたくはいいんだよ。用件を早く言ってくれ」
鷹取警部が、机の角でコツコツとパイプを鳴らした。
凝り性の警部は、愛用の古い骨太なパイプを持っている。だが、普段は大切に
引き出しにしまっていて、人前でそれを吹かすことは滅多になかった。
鮫島警部が説明しようと向き直ったとき、鷹取警部は思い切りそのパイプを吹かした。
目の前が煙る。メンソールの煙は押し流され、鮫島警部はたまらず咳き込んだ。
巻き添えを食って、私も思い切り咳き込んだ。
「すまん、すまん」
鷹取警部は再びパイプをコツコツと鳴らした。
鮫島警部が涙をにじませた目で睨み付ける。先ほどの老警官が、その肩に手をかけた。
「用件ならだいたい察しとるじゃろ。今度の通り魔事件に、姫とわしらも一枚噛ませて
もらう事になったってことさ」

93 :名無しのオプ:03/06/13 02:52
そんなことではないかと思っていた私には、鷹取警部が露骨に顔をこわばらせたのも
また、意外ではなかった。老警官は苦笑いしていたが、鮫島警部は、真っ直ぐに
鷹取警部の目を見据えている。場に緊張した空気が漂うのがわかった。
私が二人をとりなさなければならないだろう。
先手を打って、どういう風に切り出すべきかを検討することにした。
しかし、ふと気がつくと、二人は管轄がどうしたの、捜査の権利がどうしたのと議論して
いたので、いきなり気力が萎えてしまった。私にはチンプンカンプンな話だ。
今頃になって私は、自分が蚊帳の外にいることに気がついた。

94 :名無しのオプ:03/06/13 02:54
口を挟んだところで、言い負かされてしどろもどろになってしまうのは目に見えていたので、
私は出来るだけポーカーフェイスを繕い、澄ましていることにした。
「ハッキリ言ったらどうだね、わしらが足手纏いになると思っとるんじゃろ?」
老警官が口を挟んだ。勇気のある老人だと私は思った。
鷹取警部が突然立ち上がって彼の胸倉を掴んだので、尚更そう思った。
「そんなことはひとことも言っちゃいない。俺はただ、自分の仕事に横から嘴を
突っ込まれるのが我慢ならんだけだ」
怒っている時の鷹取警部の顔は、普段からは想像も出来ないほど恐ろしいものになる。
これは警部の天性の武器の一つで、私も何度か直に拝ませてもらっているから、
老警官がかたくなな表情の下で冷や汗をかいているのが、手に取るようにわかった。

95 :名無しのオプ:03/06/13 02:56
「わかったかい?」
鷹取警部が聞いたが、老警官はうめいただけで、返事が出来なかった。
鮫島警部が立ち上がり、氷のような手で鷹取警部の腕を掴んだ。
「私は、あなたのこういうところが我慢できないわ」
彼女の白い肌に血管が浮き上がる。鷹取警部が、唇を噛んだ。
「それに、この通り魔事件に対するあなたの処置は充分じゃない。私たちの援助を、
拒む理由はないはずよ」
私は心臓が飛び上がるほど驚いた。
古参の鷹取警部は、警官仲間のうちでは人気者で人望もあり、からかいや冷やかしの
対象になることはあっても、そのやり方を正面切って批判する者など見たことがなかった。
二人はしばらく無言で睨み合っていたが、老警官が苦しそうに咳き込んだので、鷹取警部は
大人しく手を離した。鮫島警部もそれに習った。
鷹取警部の袖の陰から、掴まれていた部分が赤くなっているのが見て取れた。
”西の丸太の鷹”と”東の新宿鮫”が再び対峙する。
緊迫した空気を破ったのは、私の娘だった。
私のポケットの中の携帯電話が、大音量で鳴り始めたのだ。


96 :名無しのオプ:03/06/13 02:59
私の携帯の着メロは、中島みゆきの「悪女」である。
いまだに携帯電話の扱いになれない私は、娘にセットしてもらった。
娘は中島みゆきなど見向きもしていなかったのだが、「地上の星」がヒットした
途端、いつのまにか着メロに登録していて、お父さんはどの曲が好きなの、と
聞いてきたのものだ。以来中島みゆきは、私たち父娘を繋ぐ、貴重な絆の一つになっている。
しかし、今は中島みゆきを聞きたい気分ではないのだ。
学生時代、私の愛した「悪女」のメロディが、意地悪く、陽気に刑事部屋にこだましている。
場にいる全員がこっちを見ていた。ものすごく気まずかった。


97 :ひと休み(*゚ー゚):03/06/13 03:14
これまでに使用された作品タイトルを著者名あいうえお順でリストにしました。
重複確認の際などにご参照ください。
分かる範囲で書いているので、ミスがありましたらご指摘お願いいたします。

尚、メール欄に書かれていない等、記述の曖昧なものは省略させて頂きました。
ご了承ください。


【国内】

<ア行>
鮎川哲也「誰の屍体か」>>11『黒いトランク』>>84
有栖川有栖『双頭の悪魔』>>69
江戸川乱歩「灰神楽」>>52「蜘蛛男」>>53「二銭銅貨」>>63「猟奇の果」>>66「何者」>>91
「双生児」「幽霊」「指環」「盗難」「五階の窓」「大暗室」「闇に蠢く」「虫」「赤い部屋」
「芋虫」「堀越捜査一課長殿」「一人二役」「疑惑」「兇器」「火縄銃」「鬼」「悪霊」「指」
「日記帳」「十字路」「一寸法師」「蜘蛛男」「妻に失恋した男」「接吻」「毒草」「木馬は廻る」
(以上は>>43>>56を参照)
大沢在昌『新宿鮫』>>30

<カ行>
笠井潔『薔薇の女』>>23『サマー・アポカリプス』(?)>>58−59『バイバイ、エンジェル』>>65


98 :名無しのオプ:03/06/13 03:45
国内作家の<サ行><タ行>はナシ。

<ナ行>
法月綸太郎『一の悲劇』>>29『密閉教室』>>64

<ハ行>
花村萬月『笑う山崎』>>88『二進法の犬』>>89
東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』>>12
福永武彦・中村真一郎・丸谷才一『深夜の散歩』>>1

<マ行>
松本清張『点と線』>>21
森英俊・山口雅也編『名探偵の世紀』>>86
森博嗣『すべてがFになる』>>51

<ヤ・ラ・ワ行>
山田正紀『女囮捜査官』>>50『ミステリ・オペラ』>>77
横溝正史『獄門島』>>60『犬神家の一族』>>61


99 :名無しのオプ:03/06/13 13:17
【海外】

<ア行>
フランシス・アイルズ『殺意』>>49
コーネル・ウールリッチ「もう探偵はごめん」>>36
ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』>>31
スタンリイ・エリン『鏡よ、鏡』>>76
アーロン・エルキンズ『古い骨』>>92

<カ行>
E・S・ガードナー『氷のような手』>>95
フレッド・カサック『殺人交叉点』>>10
エラリー・クイーン『顔』>>94
パトリック・クェンティン『わたしの愛した悪女』>>96
アガサ・クリスティー『ねじれた家』>>48

<サ行>
トマス・スターリング『一日の悪』>>80
レックス・スタウト『料理長が多すぎる』>>73
ネヴィル・スティード『ブリキの自動車』>>71
ミッキー・スピレイン『裁くのは俺だ』>>72


100 :名無しのオプ:03/06/13 13:20
<タ行>
G・K・チェスタトン『奇商クラブ』>>44
レイモンド・チャンドラー『事件屋稼業』>>30「待っている」>>46
ジョセフィン・テイ『時の娘』>>38
カーター・ディクスン『ユダの窓』>>82
ダフネ・デュ・モーリア『レベッカ』>>37
サー・アーサー・コナン・ドイル「まだらの紐」>>20

海外作家の<ナ行>はナシ。

<ハ行>
A・バークリー『チョコレート殺人事件』(?)>>54−55
ダシール・ハメット『マルタの鷹』>>28
ビル・S・バリンジャー『歯と爪』>>39『消された時間』>>40
レジナルド・ヒル『子供の悪戯』>>83
レイ・ブラッドベリ『何かが道をやってくる』>>26
ディック・フランシス「敗者ばかりの日」>>7
クリスチアナ・ブランド『緑は危険』>>74
ニコラス・ブレイク『野獣死すべし』>>33
ローレンス・ブロック「夜明けの光の中に」>>34『慈悲深い死』>>81
アン・ペリー『見知らぬ顔』>>85
E・D・ホック「長い墜落」>>22


101 :名無しのオプ:03/06/13 13:23
<マ行>
ロバート・R・マキャモン『遥か南へ』>>32
ロス・マクドナルド『眠れる美女』>>8『さむけ』>>24『ドルの向こう側』>>75『ギャルトン事件』>>78
エド・マクベイン『通り魔』>>9 >>19『凍った街』>>70『死が二人を』>>93
マーガレット・ミラー『まるで天使のような』>>47

<ヤ・ラ・ワ行>
ルース・レンデル「カーテンが降りて」>>35


以上です。
101ゲト。100まででキリよく収まらせたかったであります。

102 :名無しのオプ:03/06/29 00:10
私は可能な限りクールな声で「失礼」と言い、席を立った。
ここで電話をとるわけにもいかないので、着メロは流しっぱなしにするしかない。
視界の隅で、鷹取警部と鮫島警部が顔を見合わせていた。
まあ、取り合えず二人の諍いに一石を投じることは出来たわけだ。
そう自分を慰めて、ドアへ向かった。その時、着メロが消えた。娘を呪うのは
筋違いだと分かっていたが、自分の口元が引き攣るのがわかった。

103 :名無しのオプ:03/06/29 00:13
誰も彼もが私を笑っているように思える。警官たちが道をあけてくれたが、
彼らが意図しなかったにせよ、その仕草は私を憐れんでいるようにしか思えなかった。
私はあくまで何事もなかったかのように胸を張り、キビキビと歩くよう心がけたが、
皆にはどう見えたのか、自信はなかった。
入り口のドアを開けると、ちょうどゴミ収集車がやってきたところで、キンコンカンコンと
お馴染みの音楽が流れ込んできた。いいだろう。確かに今の私に相応しい、退場のBGMだ。

104 :名無しのオプ:03/07/13 01:33
警察署入り口の階段を下りながら、ここで電話をするのもどうかと思ったので、裏庭の方へ
回ることにした。道端で眠っていた野良犬が、目を覚ましてひょこひょこと後をついてくる。
外は、先ほどまでとは違った空模様になっていて、雲が少し増えてきており、風が肌寒かった。
暖冬とはいえ、まだ冬には違いない。鷹取警部にあげ損ねた10円チョコを包み紙から出して、
犬に投げてやった。嬉しそうに平らげ、尻尾を振ってついてきたので、こちらも気分が明るくなった。

105 :名無しのオプ:03/07/13 01:36
あまりなつかれ過ぎても困るので、それ以上は相手にせず、携帯電話を取り出して、
歩きながら娘にかけた。電話に没頭する風を装ったが、犬は伸び上がってこちらの足に
じゃれついてくる。
その時、鮫島警部を乗せてきた高級車の列を迂回して、ゴミ収集車が不恰好に緑色の
巨体をあらわした。私も犬も、慌ててわきに退く。路上に転がった空き缶をぺきぺきと
踏み潰しながら、収集車が止まった。灰色の制服を着た若い収集員が二人、降りて陽気に
挨拶をしてきたので、私も手を振って応えた。
彼らが無造作に、だが力強く、仕事を片付けていくのを見ていると、ゴミ容器に死体でも
入ってはいないかと想像していたことが急に現実離れして思い出され、何とはなしに
気恥ずかしくなった。

106 :名無しのオプ:03/07/13 01:40
9回ほど呼び出し音を待ったところで、やっと先方につながった。苦笑しつつ、少々冗談
めかしながら話しかけることにした。
「ひどいじゃないか、あんなタイミングでかけてくるなんて」
「現在、電話に出ることができません。ピーっとなったら、」
娘の声とは似つかない、機械的な女性の声が応えた。私は電話を切った。
収集員たちのほうにちらと目をやったが、彼らは無論、とうに私の方など見ていなかった。
野良犬は一生懸命ゴミ袋をあさろうとして、その度に追い払われていた。
また一人に戻り、やることのなくなった私は、ぶらぶらと表に戻ることにした。


107 :山崎 渉:03/07/15 10:51

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

108 :名無しのオプ:03/07/16 22:14
途中、喉が渇いてきたので、通りを渡ってコンビニに寄ってみた。
いい加減、署の前の自販機の品は、どれも飲み飽きているからだ。
店内は大学生らしい若者が数人いるだけだった。講義の合間の暇な時間を、立ち読みで
潰しているのだろう。アルバイトの店員も親しい様子で、商品の整理をしながら、二言三言、
軽口を叩き合っている。レジには誰もいない。
私は期間限定と書かれたベトナム系という触れ込みの乳酸菌飲料を持って、募金箱の文句を
読みながら待ったが、なかなか店員は戻ってこない。なので、棚を見て回るふりをしながら、
レジの付近をうろうろするはめになった。ポテトチップスのコーナーに紛れ込んでいた
カラムーチョを、元の場所に戻してやる。
二言三言どころではなかった。若者よ、君は死ぬまで無駄話を続けるつもりか。

109 :名無しのオプ:03/07/16 22:17
「今週号のジャンプ、どうやった?」「うーん、俺の好きな作家が取材で休んでんのが、
やや不満。ハンターは、相変わらずやなあ」「ははは、載ってるだけましやん」
彼らの会話を聞きながら、棚の整頓に飽きた私は、再びレジの横に置かれた募金箱の文句を
読んでいた。もう8回目くらいである。そろそろジュースの紙パックに浮き出した水滴が
気になりだしたので、一度もとの棚に戻そうとした時、ようやく店員が気がついてやってきた。
小銭が500円玉しかなかったのでそれで支払い、おつりは思い切って全部募金箱に入れた。
約400円は、私にとっては結構な大金だが、まとめて8回分の募金だと思えば、そう高い額
でもないだろう。

110 :名無しのオプ:03/07/18 12:13

信号を渡ったところで、念のためもう一度娘にかけなおしてみたが、やはり留守電だった。
おまけに、うつむいて歩きながら携帯の操作をしていたため、署の前で雑談していた
二人の刑事に、私は頭から突っ込んでしまった。
この場に居もせず、電話で一言発するわけでもなく、私をこうまで振り回すとは、
我が子ながら全くなんという娘だろう。こんな所で毒づいてみても、娘にこちらの
泣き声は聞こえないだろうが、いやはや、感心するほかない。
本能的に腕を振り回してもがきつつ、刑事の一人を道連れにすっ転びながら、私は
そんなことを考えていた。

111 :名無しのオプ:03/07/18 12:28
「うわ、驚いた。先生じゃないですか、名探偵の。起きてください、大丈夫ですか?」
苦笑しながら私を助け起こしてくれた刑事の顔には見覚えがあった。
「やあ、そっちはどうだったい? 確か、怪しげな路上駐車の車がいる、っていう通報で
出かけていったんじゃなかったかな?」
はっきりしない頭をさすりながら、立ち上がる。
照れ隠しとはいえ、我ながら間抜けな質問をしたものだと思った。
眼の前に、私が署を出たときまではなかった、見るからに怪しい青いミニが停まっていたのだ。
彼らが署に先導してきた車に違いない。

112 :名無しのオプ:03/07/19 12:34
事故でも起こしたのだろう、右側のヘッドライトが砕け、付近のボディが潰れている。
それほど大きな傷ではないが、離れた所からでもかなり目立つ。何しろ、そこ以外は
キレイな新車なのだから。
しかし、それ以上に驚かされたのは、ピカピカのブルーの車体の内側の方だった。
そこには、真っ白な、嘘のような世界が広がっていた。
というより、私は、車の中に雪が降っているのをはじめて見た。
(後で分かったが、実際にはフロントガラスの内側に敷き詰められた、綿だか何だかだそうだ。)
その上に可愛らしくデフォルメされた猫のぬいぐるみが並び、散りばめられたアクセサリーと
戯れている。よくこれで運転できるものだ。実際に街中を走っている車だとは信じられなかった。

113 :名無しのオプ:03/07/19 12:37
「いやあ、これが飛んだ笑い話でして。実は、このけったいな車の持ち主、今回の通り魔事件の、
被害者の知人だったんですよ。今、署の中で話を聞いてるところですけどね。まあ、探し出す手間が
省けたってもんですよ」
そういって彼は笑ったが、これは私には耳寄りな話だった。ついに、依頼人になってくれそうな
人物に行き会ったのである。新車の中の女物の装飾から、派手好きな若い女性だろうと見当を
つけたが、果たして見込みはあるだろうか。
「どんな人なんだい?」と聞いてみたが、刑事は含み笑いをして「いや、会えば分かりますよ、
絶対驚きますよ」というばかりだった。いったい何だというのだろう。


114 :名無しのオプ:03/07/19 12:40
「それよりも、早くそいつを起こしてやらないと。持ち場を離れ、わざわざやって来たってのに、
災難な奴だなあ」
その一言を聞くまで、私は足元に目を回して伸びている、気の毒なもう一人の刑事のことを
すっかり忘れていた。彼がクッションになってくれたおかげで、私は怪我をせずにすんだのである。
「うーん」とうめく彼を、私たちは二人がかりで引っ張り起こした。後頭部に、はっきりと
分かるほど大きなこぶができている。背中をはたいてやると、小石やアスファルトのかけらが
ぽろぽろと落ちた。
こちらの刑事も知った顔だったが、路上駐車の件で出て行ったうちの一人ではなかった。
鷹取警部と昼食をとった時、レストランで見かけたギャルトン刑事である。

115 : :03/07/26 23:21
 

116 :山崎 渉:03/08/02 02:03
(^^)

117 :山崎 渉:03/08/15 15:59
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

118 :名無しのオプ:03/12/10 01:19
とん

119 :名無しのオプ:03/12/18 17:53
ゴールデンレター
このスレを見た人はコピペでもいいので
30分以内に7つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白され、17日後に
あなたに幸せが訪れるでしょう

120 :名無しのオプ:04/01/04 05:29
文太

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)