2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★東野圭吾ネタバレOKスレ★

1 :名無しのオプ:04/03/31 23:56
sage進行おながいします。
次スレは>>950が立ててください。
ネタバレ嫌いな人、作品未読の人は覗かない方がよいです。
閲覧書き込みは自己責任でよろしく

本スレ
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1076006675/l50

2 :名無しのオプ:04/03/31 23:58
どちらかが彼女を殺した、読み終わり
薬袋を破ったのが決め手になるみたいに袋とじに書いてあるんですけど

裏から見れば右手か左手なんて分からないでしょ!!

透明の粉薬のやつだよね?
親指と人差し指ではさんで逆の手で破る
どっちの手ではさんだか分かるくらいにあとが残るくらい強く力いれるのか?



3 :名無しのオプ:04/04/01 00:08
>>2

そこに、こだわりを持つと、キリがないと思うが、やはり漏れも同じように思う。

4 :名無しのオプ:04/04/01 00:12
開けたときに跡がついたんじゃない?
頭の中でシミュレーションしないで、実際やってみたらどうかな。

5 :名無しのオプ:04/04/01 00:15
>>4

指紋か?

6 :名無しのオプ:04/04/01 00:17
指紋じゃないでしょ

最後のとこで親友女を眠らすのに自分で開けさせたので確認してたじゃん
加賀刑事

7 :名無しのオプ:04/04/01 00:17
作家のネタバレスレなんてありなの?
削除依頼出しておくからね。

8 :名無しのオプ:04/04/01 00:17
一体いくつの東野スレ作れば気が済むんだか。
東野ファンは粘着系が多いのか?

9 :名無しのオプ:04/04/01 00:23
>>8
森スレに比べればマシ

10 :名無しのオプ:04/04/01 12:06
ネタバレ上げ

11 :名無しのオプ:04/04/01 16:33
東野厨ってのもいるんだね。

12 :名無しのオプ:04/04/04 11:54
>>11
スレにいるのはそんなヤツばっか。
フツーのファンとかはスレから逃げてったんじゃ無い?

13 :名無しのオプ:04/04/04 21:55
ドンと来い

14 :名無しのオプ:04/04/04 22:02
>>2
右手で右端を破った場合と
左手で左端を破った場合は裏返せば同じと言いたいんだろうが、
破る方向が違うから何らかの痕跡が残るだろ。

15 :名無しのオプ:04/04/04 22:33
>>8
ここ以外は本スレしかないと思うが

16 :名無しのオプ:04/04/04 23:01
同級生の終わりはどうなの?
死んだ子の責任をすっかり忘れてんじゃない?

17 :名無しのオプ:04/04/05 09:15
>>15
一般書籍板にも2つあるから、そのことを言ってるのかと

18 :名無しのオプ:04/04/05 19:42
http://www2.realint.com/cgi-bin/tbbs.cgi?takattiii



19 :名無しのオプ:04/04/07 00:50
直子はヤリマン

20 :名無しのオプ:04/04/07 01:06
何でやねん

21 :名無しのオプ:04/04/18 12:10
白夜行について、雪穂が好きなのは桐原なのか、篠塚なのか・・・?
篠塚を好きなように思うが(そのために江利子を襲わせているような感じだし)でも別の人と結婚しているし・・・
物語の本筋とはあまり関連がないけれどちょっと気になりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑この部分について、議論しようじゃないか!!

22 :名無しのオプ:04/04/18 12:17
私見です。
雪穂は誰も好きじゃないと思う。
求めているのは社会的(?)ステイタスと金銭のみ。
唯一の別格が亮司だけど、恋とか愛とかより同志のほうが近いような。

23 :名無しのオプ:04/04/18 12:37
漏れは、雪穂は亮司を愛していた・・と思いたい。

24 :名無しのオプ:04/04/18 18:12
愛してなかったら、手編みの小物入れなんかあげないでしょ。

25 :名無しのオプ:04/04/18 21:05
どーでもいいよ。そんなこと。

26 :名無しのオプ:04/04/19 13:28
>22
雪穂が好きというか、大事なのは、自分だけ。
亮司は、同志だけど主従関係はあったよね。

ところで、ここは幻夜の話題は既出?
亮司より雅也の方が…


27 :名無しのオプ:04/04/19 18:33
やっぱり、雪穂=美冬?

28 :名無しのオプ:04/04/19 19:13
どちらでも可

29 :名無しのオプ:04/04/20 08:51
>27
ダビンチでも匂わせてたね。
でも、雪穂そこまでの美雪の人生のっとる方がリスク高いと思うけど。
美雪の同級生にあったら、どうするつもりだろ、過去話とか。


30 :名無しのオプ:04/04/25 12:33
>>21
というか、あの2人は完全な共生関係なんだと思う。
表面上の接点は決して求めないけど、相手がいて自分がいてそれで一つみたいな。
んで、その根底にあるのは亮司の親父の性的虐待。
亮司は親父から性的虐待を受けていたからSEXの時に相手に心を許せない。
でも同じ傷を持つ雪穂相手なら射精できる。
雪穂もまた然り。
愛というか魂の繋がりかな?
自分の傷を本当に理解できるのは一人だけとお互いが思っているんだと思う。
傷を癒すことができないことも。

俺の結論
雪穂が茶道とか「風と共に去りぬ」とかに興味を示していたことから、篠塚の生き方、
人間性、生まれた環境に対する憧れみたいのはあったと思う。
でも亮司と篠塚は雪穂の思いのベクトルが根本的に違うから比較できない。
雪穂の心に近付けるのは亮司のみ。

31 :30:04/04/25 12:45
>30
「風と共に去りぬ」は亮司を取る方の理由付け用だった。
間違えスマソ

32 :名無しのオプ:04/04/25 18:41
亮司って虐待されてたの?

33 :名無しのオプ:04/04/25 18:48
>>30

>亮司は親父から性的虐待を受けていたから

ソースは?

34 :名無しのオプ:04/04/25 19:01
思い込みの激しい香具師がいるな

35 :30:04/04/25 20:52
>>32-34
・親父は亮司を溺愛していたという笹垣の話
・典子は手が小さいだなんという台詞
・性的傷害の原因
以上から俺が勝手に妄想した。
やっぱ苦しいかな?

36 :名無しのオプ:04/04/25 22:36
>>35
典子の手が小さくて射精できないことが、
なんで幼少期に父親から性的虐待を受けたことにつながるの?

37 :30:04/04/26 13:12
>36
典子は手が小さいんだなという台詞は誰かの手と比較した場合に出てくるもんでない?
とすると、同じ状況でより大きな手をあてがわれた経験があると考えられない?
実際典子もそんな風なこと思ってるという描写があるし。
それで、その経験を考察すると、雪穂の手が大きいという描写はないし(よね?)、
その他亮司と性的関係を持ちそうな人間の中で手の大きい人物が出て来たってこともない。
したら、幼少時代に大人の手を宛がわれたと考えられるわけよ。
でも、幼少期の亮司に大人の女性の影があるという描写はない(全くないとは
言いきれないかな?)。
また、射精できないってのはその経験に精神的外傷、トラウマがあると思うんよ。
それで、最後に親父が亮司を溺愛していたという話。

これらの辻褄を合わせるようとしたら、亮司が幼少期に性的虐待を受けていたという
説が成り立つように思うわけですわ。

38 :名無しのオプ:04/04/26 14:23
>>37
(゚Д゚)ハァ?
典子の手は「小さい」んでしょ?
「大きい」手が心の傷になっているのなら
「大きい」手で逝けなくなるのが普通だと思うが。

39 :30:04/04/26 15:59
>38
俺が言ったのは、大きい手で逝ける、逝けないの問題とはちゃうんよ。
「典子は手が小さいんだな」という“大きい手と比較する描写がある”と言っているのだよ。
わかるかな?
「典子は手が小さいんだな」って台詞は、あくまで大きい手の存在を示すだけの描写であって、
手の大きさに対するフェチ云々てわけではない。
で、もうちょい言うと、その後亮司は大きい手のことを思い出したんで萎えてる。
ここで大きい手がトラウマの原因になっている、ってところまで辿れる。

・親父は亮司を溺愛していたという笹垣の話 → トラウマを与えた人間
・典子は手が小さいだなんという台詞 → 大きい手の存在を(同時にトラウマを)示唆
・性的傷害の原因 → 性行為にトラウマがあったと思われる
という構図かな。

俺が>37で書いている「その経験」ていうのは、「性行為(一般)」と読み替えてくれ。
そうするとわかりやすいかもしれない。

40 :名無しのオプ:04/04/26 17:13
>>39
ちゃんと読んだのか?
「典子は手が小さい」というのは雪穂の手と比べたんだよ。

41 :名無しのオプ:04/04/26 23:49
普通は>>40のように解釈するんだろうけど、>>30のも個人的には面白いと思った
別に正解がどうとかじゃなくね

42 :名無しのオプ:04/04/27 00:13
こじつけにしか思えんけどな・・・

43 :30:04/04/27 14:54
>>40
読み返してみた。斜め読みだが。
雪穂の手が小さいという描写はなかったが、逆に大きいという描写もなかった。
P429に「細い手」という描写があったが、大きいとも小さいともいえず微妙…。

それとは別に、雪穂は決して手や口を使って逝かせてくれるようなことはしない女だった、
という誠の心理描写を見つけた。
これを字面通りに捉えれば、雪穂は手とかではしてくれない女だから、亮司に手でした
相手は雪穂ということ自体を否定できる。
だが、手は亮司用に取っておいたという解釈の仕方もできないではないからまたまた微妙。

俺の説が正しいという積極的な材料はないけど、否定する材料もあえて用意されては
いないんじゃないかな?って思う。
まあ、俺はこう読めたってことだけみんなに知ってもらえればいいや。
変なこと言い出してスマンかったよ。スルーしてくれ。

44 :名無しのオプ:04/04/28 01:11
>>21
元々は篠塚と結婚して会社のデータいただく予定だったんじゃない?
それなのに篠塚はエリコに行っちゃったんでしょ?
雪穂的にはプライドも計画もズタボロ!
エリコにこれ以上邪魔されることの予防、仕返し、って意味でやったんじゃないですかね。
少しは気を許した友達だからこそ、面倒だしこれ以上関わらないよう仕向けたのかな、と。

45 :名無しのオプ:04/04/28 11:00
雪穂が篠塚を狙っていたかどうかはわからないけど
ダンス部で女王様になり、周囲の男の中から条件のいいのを選ぶつもりだったと思う。
しかし、それまで引き立て役だったはずの江利子がどんどん美しくなって、
自分の存在が脅かされるおそれが出てきたからあの事件を起こしたんじゃね?
篠塚は明らかに「条件のいい」ほうだし、これでおじゃんになるなら一石二鳥。

46 :名無しのオプ:04/04/28 13:44
東野作品で話題になるのは結局いつも「白夜行」だけなの?
まぁ、ベスト作品であることは認めるが。
逆にワースト作品って何?

47 :名無しのオプ:04/04/28 13:57
>>46
本スレ見れば?

48 :名無しのオプ:04/04/29 01:04
そう言えば雪穂って、江利子に、似合わない「聖子ちゃんカット」をさせて
たんだよね。自分より光る素質があるのを、脅威に感じてた事は確かだね。

49 :名無しのオプ:04/04/29 01:12
>>48
性質悪いよな。
そのエピソードだけ抽出して「悪意」として出版できそうだ。

50 :名無しのオプ:04/04/29 01:15
>>21

幻夜の話も混ぜて、
雪穂=冬美だったと仮定して、やっぱり彼女の中では、
亮司=かけがえのない最愛のパートナーで彼女の生きがい。
篠塚=>>30の言うとおり、生き方、人間性、生まれた環境に対する憧れのみ。
雅也(幻夜)=亮司と同じ臭いを一瞬感じ、最愛のパートナー候補だったが、
実際は、使えなかったゴミ男になると思う。

漏れが思うに「幻夜」の時の、冬美の目的は「風と共に去りぬ」のように「何としても上流
世界へ這い上がっていく!」・・というのは、あくまで見せかけで、実際は既に亮司と二人
で作り上げた生き方を、亮司の居ない孤独な世界でも貫き通す事で、亮司との暗黙の約束や
深い絆を、一生守り続けていく事だけに、病的に固執しているような気がする。

51 :名無しのオプ:04/04/29 07:59
>50
>亮司=かけがえのない最愛のパートナー
同志だとは思うけど、最愛とは思えない。
雪穂は自己防衛能力が強すぎて、相手に愛を注ぐって感じには見えないなぁ


52 :名無しのオプ:04/05/01 00:10
それにしても、「分身」の主人公の二人、あの後どうなったのかな?
研究施設が燃えてもね・・・。

53 :ケンシロウ:04/05/04 02:25
GWに読もうと思って楽しみにしていた「幻夜」を読了しました。
なるほど、これはまさしく「白夜行」の続編ですね。
「白夜行」程ではないにしろ期待以上に楽しませてくれました。
しかし、ラストシーンには納得がいきませんね。
要するに、彼女は又しても生き延びたのです。
何時の日か、また続編を書くために生かしたとした思えないラストでした。
東野作品の中でも最も魅力的なキャラクターであることは否められないが、
もはや、40過ぎのオバサンになってしまっているのである。
あそこで、死んでくれた方が良かったとしか思えない。
次回は、妖艶なオバサンとして登場するのか・・・・・・??

54 :名無しのオプ:04/05/04 02:38
ネタバレスレageんなよ。
しかもマルチ

55 :名無しのオプ:04/05/04 03:28
どちらかが彼女を殺したの犯人は結局、佃ですよね?
かよこは左利きなのだよね?

56 :名無しのオプ:04/05/04 03:35
「宿命」の最後の一文の意外性って??

57 :名無しのオプ:04/05/04 12:57
>>55
その作品はなかったことにしてやれ。
どっちが犯人でも辻褄合わせが可能だから。

58 :55:04/05/04 14:33
>>57
かよこが犯人でも辻褄があうってこと?どのように?
かよこは右利きだと考えるとか?
でも最後の方に、犯人は絶叫した、犯人じゃない方は悲鳴を上げたって描写があるよね?
普通、悲鳴って言うのは女って感じじゃないですか?
絶叫と悲鳴の使い分けをわざわざしているってことは、やっぱりこれは犯人は佃しか考えられない…と思ったわけですが。

59 :名無しのオプ:04/05/04 14:46
そもそもかよこが犯人なら2袋目を開ける必要なんてないんじゃないのか?
佃が帰った後、すぐ殺せばいいだけだし。

60 :57:04/05/04 14:54
>>58
佳代子が、被害者が右利きだと勘違いして偽装工作を行ってしまった可能性。

61 :57:04/05/04 14:59
まあ、東野圭吾の模範解答は「佃が犯人」だよ。

62 :名無しのオプ:04/05/04 15:01
>>59
ageないように

63 :名無しのオプ:04/05/04 15:33
>>60
高校時代からの親友なのだから、利き手くらいは知ってるんじゃないかなァ・・・

64 :名無しのオプ:04/05/04 18:53
>>63
それが不確かな以上、犯人の特定はできないって話になるでしょ?
佃に罪を着せるためにわざと右手で破った可能性だってあるし。

65 :名無しのオプ:04/05/04 19:11
>>64
うーん、でも>>58>>59を見たら分かるように、他の点でやはり佃が犯人だと物語っていると思うよ。
それに加賀や康正は犯人が分かった時点で、そのようなかよこの可能性はいってないし。

66 :名無しのオプ:04/05/04 19:27
>>65

>加賀や康正は犯人が分かった時点で、そのようなかよこの可能性はいってないし。

だから、作中人物のこいつらにも犯人は特定できないはずなんだよ。

>>58の「悲鳴と絶叫」は何の物的証拠にもならん
あと、>>59は全然意味分からん

67 :名無しのオプ:04/05/04 21:20
>>66
つまり……

貴方は犯人は佳世子だと言いたいの?

佳世子犯人説は初めて聞いたかも

68 :名無しのオプ:04/05/04 23:05
どちらかが彼女を殺した、に似たような小説もう一つあったよね?なんて名前だっけ?そっちも読みたくなっちゃった

69 :66:04/05/04 23:07
>>67
いやいや、そうじゃなくて。
作者が「佃が犯人」という模範解答を用意してるのは分かる。
読者がその結論に達するよう伏線を張ってるのも分かる。
ところが、決め手となる利き腕の論理に上記のような穴があり、佳代子犯人説を否定しきれない。
要するに「犯人当てミステリ」としては破綻していると言いたいわけ。
読者が推理できるのは「加賀刑事がどちらを犯人と考えたか」であって、
「どちらが犯人か」ではない。

70 :名無しのオプ:04/05/04 23:11
>>68
「私が彼を殺した」だね。
こっちも穴がある。
第三弾の構想もあるそうだが、やめといた方がいいと思う。
この形態で傑作は生まれないだろう。

71 :名無しのオプ:04/05/05 00:45
>>70
あ、それそれ!面白くなかった?ちなみにそちらにも加賀は出てるの?

あと、東野圭吾の他の本で面白いのあったら2、3冊教えてくださいな。
放課後、同級生、宿命、むかし僕が死んだ家、秘密…などは読みました。

72 :名無しのオプ:04/05/05 01:23
「眠りの森」なんてどうよ。
ラストがとても印象的。
加賀はカッコイイし、
未緒はハァハァだし。

73 :名無しのオプ:04/05/05 01:29
>>71
「私が〜」にも加賀刑事が出てます。
「どちらかが〜」が気に入ったのであれば大丈夫でしょう。
人気作品については、下記本スレの1を参照するといいでしょう。

東野圭吾 Part13
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081036839/l50

74 :名無しのオプ:04/05/05 04:19
>>71
変身とか手紙とかがおもしろいよ。
どっちも主人公は不幸だけど

75 :71:04/05/05 09:28
>>72-74
レスありがとう。
おすすめの眠りの森、変身、手紙、そして私が彼を〜をも読んでみたいと思います。
楽しみだ〜

76 :名無しのオプ:04/05/06 17:31
>>69
右利きだからといって必ずしも、加賀の指摘したように袋を破るわけではないので
利き手は関係ないんじゃないの?
結局決めては、現場にあった二つの薬の袋と、女が開けた袋が違う開け方だったから
男が犯人だと特定できたんじゃないの?
もし、現場の袋と女の袋が同じだったら犯人が特定できないし。


77 :69:04/05/07 02:10
>>76
いや、だからそれは「利き手」が決め手になったんでしょ?
二つ目の袋を利き手で破ったとは限らないでしょ?って言ってんの。
分かるかなー?

78 :名無しのオプ:04/05/07 15:52
少なくともこの作品では
薬袋を破る手=利き手 と定義されてるな。

79 :名無しのオプ:04/05/07 16:27
幻夜読了。ついでに、白夜行読み直し。
白夜行も、あのころ俺らはアホでしたを読んだ後
の今では、第一章の描写にもかなりのめり込むことができた。

幻夜を読んだ上で、白夜行を最初に読んだときに不思議に
感じた、亮司の射精しない理由が自分なりに納得できた。

美冬=雪穂は前提で、

亮司は、花岡夕子の屍体に射精しているから
少なくともその時点では、射精できない傷害を負っていない。

典子を抱いても射精しないし、手が小さすぎて逝かない
というのは、雪穂が相手じゃないからと思えた。
それは、美冬の中出しするような弱い人間にならないでというセリフ。
あれは、自分の意志で射精をコントロールできる亮司のことを
指していたような気がする。
とか、美冬がレバー食べさせながらフェラするシーンを
みると、雪穂が高宮には淡泊だったのは、その程度の
人間と見切っていたからで、自分が大事にしていた
亮司にはフェラしていたのかもと思える。

白夜行では、3回レイプシーンがあるが、
最初に二回では、どちらの母親も体を汚されていない
というが、今回読んで思ったのは、亮司の射精しない特技を
生かしたレイプではなかったのかと思う。
つまり、貫通はさせたけど、残留精液は残していない。

ありきたりの感想になってしまったが、すごいな。


80 :名無しのオプ:04/05/07 23:09
>>79
え?!白夜行ってそういう官能的なストーリーなの?
私は読んだことまだないんだけど、勝手に電車での旅行の話かと思ってたよー(恥

81 :名無しのオプ:04/05/07 23:32
未緒タン萌え。
主人公にして続編出せ。

82 :名無しのオプ:04/05/07 23:32
>>80
sageれ
つーかしょうもないこと書くな

83 :名無しのオプ:04/05/08 00:25
>82もしょうもないことだと思うのは俺だけ?
ところで、秘密は好きだ。
映画も観たけど、ラストはやはり小説の終わり方が良かった。泣けたね。

84 :名無しのオプ:04/05/08 00:46
で、何を語りたいわけ?

85 :名無しのオプ:04/05/08 02:00
79は釣り?
うっかりかかるとこだったw


86 :名無しのオプ:04/05/08 12:59
>85
釣りのつもりはなかったけど、
官能小説の感想文になってしまったみたいですな。

亮司の射精しない云々が、どういう意味なのか
何かの伏線なのか、最初に白夜行だけ読んだとき
さっぱり分からなかったんだけど。


87 :名無しのオプ:04/05/08 13:23
2回目のレイプの時、「幸い江利子の処女は守られていた」という文が
あるんだけど、それはどういう風に解釈すればいいんだろう?
江利子が処女なら、犯されたかどうかは本人が一番よく分かっている事だし、
残留精液がどうこう言う問題じゃないと思うんだけど……

88 :名無しのオプ:04/05/08 15:13
正直わからんよ、穏便に隠そうとしてただけのような気もする。
実際そうするのが普通なのかもしれない。

89 :名無しのオプ:04/05/08 16:14
まぁ、素直に読めば犯されてないと読めるがな

90 :名無しのオプ:04/05/08 16:44
地の文で「処女は奪われていなかった」って書いてあるんだから
疑いを入れる余地は無いよ。

91 :名無しのオプ:04/05/08 17:38
>>79で亮司は射精を自由にコントロール出来るとかいう意見があったけど、
だったら、栗原典子が相手の時は射精しとかないとまずいだろ。
典子に妙な疑いを抱かせる事になるからな。

92 :名無しのオプ:04/05/08 18:14
確かに…

93 :名無しのオプ:04/05/09 01:34
スレ立てました
【東野圭吾】白夜行、幻夜について語ろう
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081036839/


94 :名無しのオプ:04/05/09 01:35
↑アドレス間違えた・・・・・_| ̄|○il|li
こっちです
【東野圭吾】白夜行、幻夜について語ろう
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1084032085/

95 :名無しのオプ:04/05/09 11:27
なんでこのスレじゃダメなのか理解に苦しむ
ミステリ板にあるからか?
一般書籍とミステリ板で東野スレ5つもあるぞ

96 :79:04/05/09 11:34
2度目のレイプ事件は、地の文を読み飛ばしていました。
レイプに関しては、私の勘違いです。

栗原典子が、妙な疑いを持つようになったというのは
確かにストーリー展開に絡む大事な表現、これも分かります。

でも、なんで?
ちょうどいい大きさの手でさわられないと逝かない
(都合のいい解釈では、雪穂の手)。
一回目に読んだときには、そのように納得していた。

で、幻夜をよんで、美冬の中出しするような意志の弱い人間に
ならないでというセリフ(今手元にないから、またしても勘違い
かもしれないが)は、亮司は、そういう人間だったという
ことを暗示しているように思ったのですけど、
つまり、美冬は亮司のことを頭に浮かべながらしゃべっている
ように持ったんだけど、それも深読みなのかな?

97 :名無しのオプ:04/05/09 11:49
本スレpart11の688が同じようなことを書いてる
違う人だったら読んでみ

98 :79:04/05/09 12:21
part11の688ではありません。

本スレは、part12のリンクしかないですけど、
なんとなくdat落ちっぽいですね。
気になるので読んでみたいですが...。

99 :名無しのオプ:04/05/09 14:25
>>98
本スレのテンプレサイト行けば?

100 :名無しのオプ:04/05/09 17:48
とりあえず100げと

>99
ども。

ちらっと読んできました。
テンプレサイトというのははじめて見た。
東野ファン恐るべし。

似たような議論になっているようなので
腰を据えてじっくり読んでみます。


101 :名無しのオプ:04/05/09 18:07
亮司ってルックス的にはどうなのかな?
栗原典子を誘惑出来たんだから、それなりのルックスなのかなとか思うけど、
作品の中で、亮司の顔とか体型について、あんまし語られてないんだよな。
性格については、暗い、頭がキレる、冷静とか結構語られてるんだけど……

102 :名無しのオプ:04/05/09 21:08
ねえ・・・本スレどこ行ったの?

103 :名無しのオプ:04/05/09 21:11
消えたね
駿河マジックか?w

104 :名無しのオプ:04/05/09 21:16
なくなった(ノД`)

105 :”削除”依頼担当:04/05/09 21:48
削除人さんに問い合わせてみました。
返答があるまで新スレ立てるのはお待ちを。

106 :名無しのオプ:04/05/09 21:48
マジかよ

107 :名無しのオプ:04/05/09 21:51
依頼すれば復活も可能らしいので様子を見よう

108 :名無しのオプ:04/05/09 21:54
正式にはここで呼び出すんじゃなかったかな>削除人
その人が見ているかどうかわからんけど

☆ 連絡&報告 3 ☆
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/saku/1076626229/

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)