2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【推理パズル 総合スレ】 第七回 モナギコ蜘蛛の会

1 :名無しのオプ:04/04/08 18:03
推理パズル、推理クイズの出題・解答に関する総合スレッドです。

あなたが作ったとっておきの推理パズルや、現実に起こったちょっと不思議な出来事、
お決まりの推理クイズに、どうしても分からない途方も無い謎……

試しに披露してみませんか? 

百戦錬磨のミス板住人が、直ちに謎を解き明かします。
今日の執事役は誰だ!?

※スレ乱立を防ぐため、単発の「推理パズル出題スレ」が立った場合には、このスレへの誘導をお願いします。

【前スレ】
【推理パズル 総合スレ】 第六回 モナギコ蜘蛛の会
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067774024/l50
【過去ログ】
【推理パズル 総合スレ】 第五回 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060368732/
【推理パズル 総合スレ】 第四回 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1055256873/
【推理パズル 総合スレ】 第三回 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/mystery/kako/1050/10509/1050968916.html
【推理パズル 総合スレッド】 モナギコ蜘蛛の会
http://book.2ch.net/mystery/kako/1021/10219/1021995064.html
%%僕の考えたトリックを評価してください%%
http://book.2ch.net/mystery/kako/1010/10107/1010729672.html

関連スレは>>2-5のいずれか

2 :名無しのオプ:04/04/08 18:06
【関連スレ(質問系スレ)】
思い出せないタイトル質問スレ
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/977814377/l50
第十一ミステリー板雑談所兼質問所
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1080569807/l50

【関連スレ(単発)】
100階建ての建物から飛び降りて助かった
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1000481391/l50
【密室】消えた死骸【推理求ム】
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1020513162/l50

3 :名無しのオプ:04/04/08 18:07
スレッドを立てられない奴はここへ書け!Part137
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/qa/1081262097/

4 :名無しのオプ:04/04/08 20:55
@乙

5 :名無しのオプ:04/04/08 20:57
前スレの最後の問題勝手に貼ります。

991 名前: 名無しのオプ [sage] 投稿日: 04/04/08 15:36
『ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷の犯罪』

     ┌───────┐      ※外観・表
  ┌─┤            ├─┐
  │  │            │  │     ▼…玄関 
  │  │            │  │     ≡…玄関前階段
  └─┤   ┌▼┐    ├─┘
    └┬─ ├≡┤─┬┘
      │   ├≡┤  │
─────────────────

6 :名無しのオプ:04/04/08 20:58
992 名前: 名無しのオプ [sage] 投稿日: 04/04/08 15:37
           三         ※一階見取り図
           三
    ┌────━────┐    @…螺旋階段
    │             │    ♯…梯子
    │             │    ┃━…ドア
 ┌─┼──┬─━─┬──┼─┐ ↑…上の階へ
 │↑│   │ ↑   │    │↑│ 三…玄関前階段
 │♯┃ A1 ┃  @  ┃ B1┃♯│
 │  │   │      │    │  │
 └─┼──┴─━─┴──┼─┘
    │             │
    │             │
    └────━────┘
           三

7 :名無しのオプ:04/04/08 21:01
993 名前: 名無しのオプ [sage] 投稿日: 04/04/08 15:37
   
                     ※二階見取り図
           
    ┌─────────┐
    │             │    @…螺旋階段
    │             │    ♯…梯子
 ┌─┼──┬─━─┬──┼─┐ ┃━…ドア
 │↓│   │ ↓   │    │↓│ ↓…下の階へ 
 │♯┃ A2 ┃  @  ┃ B2 ┃♯│
 │  │   │     │    │  │
 └─┼──┴─━─┴──┼─┘
    │             │
    │             │
    └─────────┘

8 :名無しのオプ:04/04/08 21:01
995 名前: 名無しのオプ [sage] 投稿日: 04/04/08 15:40
ある所に奇妙な屋敷がありました。
屋敷の形状がガンプラの関節を接続するプラスチック部品に似ている事から、
ひとはこう呼びました『ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷』 と。

このお屋敷には仲のよい双子の夫婦が住んでいました。
夫の一郎と次郎は双子の兄弟であり、嫁のまげ子とまげ美もまた双子の姉妹です。
そして、この兄弟と姉妹は共に一卵性双生児なので外見の見分けがつきません。

一郎とまげ子が姉(兄)夫婦で、次郎とまげ美が妹(弟)夫婦です。

『ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷』 には全く同じ形をした第一玄関と第二玄関がついています。
これは一郎と次郎の通勤先が全く逆方向にあるために表と裏、二箇所に玄関を作ったのです。

また『ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷』 には名前の由来となった、建物の脇の奇妙な出っ張りがあります。
この出っ張りの中の空間には、一階と二階の夫婦の部屋を繋ぐ梯子がかけてあります。

一階のA室には一郎、向かいのB室には次郎の部屋となっています。
二階のA室はボミ子、向かいのB室はボミ美の部屋となっています。

普段両夫婦は、お屋敷の中心にある螺旋階段を利用して階の昇降を行ないますが、
夫婦の時間を過ごすためのプライバシーとして、それぞれの部屋は内側から鍵が掛けられる他、
左右どちらの部屋の端にも梯子の空間を取り付けたのでした。

9 :名無しのオプ:04/04/08 21:13
途中で妻の名前が変わっているけど…。

10 :名無しのオプ:04/04/08 22:07
で?

11 :前スレ984:04/04/08 22:36
>>9 まげ子まげ美に訂正で

さて『ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷』 に事件が起こったのはある休日の晩のことです。
一郎の嫁であるまげ子が何者かに殺されたのです。

まげ子の妹のまげ美の通報の元、すぐさま警察が現場に急行しました。
現場ではまげ美の夫である次郎が、双子の兄である一郎を取り押さえていました。

捜査員が事情を聞いたところ、以下の通りの証言が得られたのです。

・まげ美の証言
「夫婦の就寝時間も過ぎた頃、私が自室で編み物をしていると、
姉のまげ子の部屋から叫び声が聞こえました。姉があんな声を出すのは5歳の頃、
大型犬に追いかけられたとき以来です。
私は部屋を飛び出してすぐに姉の部屋に駆けつけました。
姉の部屋の鍵は開いていて、中に入ると姉は仰向けに倒れていました。
胸に編み棒が深々と突き刺さって、たくさん血が出ているようでした。
私は姉に駆け寄り声を掛けましたが、姉はすでに息絶えていました…」

12 :前スレ984:04/04/08 22:37
・次郎の証言
「自分の部屋で眠っていると、ドアを激しく叩く音がしたんです。
あんまり騒がしいのでドアを開けると入り口で妻が血の気の引いた顔で立っていました。
『あなたは一郎兄さん?それとも次郎?』と聞いてくるから寝ボケているかと思って、
『おまえこそまげ美か?それともまげ子姉さんか?』と聞きました。
すると『まげ美に決まってるでしょ!!』と顔を震わせて怒りました。
私が『口からニコチンの臭いがするか?』といったらホッとした顔をして、
『よかった…あなた次郎なのね…』と妻はその場に膝をついて呆けていましたね。
『俺の部屋にくるんなら、梯子を使えばいいだろう?』と聞いたんですが、
『それどころじゃないの!!まげ子姉さんが…!!』そこで事情を聞きました。
私は妻に対して『犯人がまだ中にいるかも知れないから外に出てなさい』と言いました。
ついでに警察に電話をするように言っておいたんです。
妻が外に出た後、私はまげ子姉さんの部屋に行きました。
まげ子姉さんの胸に細い木の棒が刺さっていて、一応、脈をとったんですが死んでいたようですね…」

13 :前スレ984:04/04/08 22:37
・一郎の証言
「俺は誰も殺していない!!信じてくれ!!
あの晩、弟夫婦が自室に引きこもった後、俺は一人で外に出たんだ。
ワンカップ酒を自動販売機で買って飲みながら公園の辺りをブラブラしてたんだ…。
なんでそんなことしたって?あんたには関係ない!!事件にも関係ない!!
ほっといてくれ……!!
………しばらくして家に帰ったよ。そしたら玄関の外にまげ美の姿があったんだ。
俺はまげ子が心配して待っててくれたんだと勘違いして『ただいま』って声をかけたんだ。
そしたら基地外みたいに叫びやがって…玄関から次郎が飛び出してきた。
次郎の奴、俺を羽交い絞めにして地面に叩きつけやがった……。
そこへあんたたちが来たってわけさ…刑事さん」

…ここには捜査情報が一切、公開されていません。
また公開してしまうと謎は一瞬で解けてしまいます。
捜査に必要と思われる情報は皆さんが質問してください。

答えられる範囲で出題者がお答えします。ノシ

14 :前スレ984:04/04/08 22:43
自動二輪の教習所から帰ってきた所なんですが…

上記の内容で全文は終わりです。
九マイル読んだことないんですが質問を受け付けた方が、
それっぽいかと思って…手抜きじゃないですよ(;´Д`)

15 :名無しのオプ:04/04/08 22:50
次スレに気づいていない人が多いのでは・・・

「一卵性双生児なので外見の見分けがつきません」
なんて有り得ない設定が萎える・・・

ちなみに9マイルなら1レスで終わるほど短い出題ですよ。

16 :名無しのオプ:04/04/08 23:19
>>15
そーすか(;´Д`)
実は双子である意味は全くないです。

時間もないし一発で解けるようにします。

・まげ美は犯人じゃない。
・一郎は犯人じゃない。(大部分の伏線が消える)
・まげ美は死体発見直後に階段を降りて、最初に一郎と次郎の部屋を間違えた。(と思っている)
・まげ美が降りてきた直後、一階の部屋はどちらも鍵がかかっていた。
・部屋のドアの前にはネームプレートがかかっている
・夫婦がこの家に引っ越してきてからあまり日が経っていない。

さて、事件発生から警察到着までの間に何が起こったでしょう??

17 :名無しのオプ:04/04/08 23:22
>>16に書いたのが質問で答えるはずだった内容です。
むしろ質問を受け付けないことには問題として成立しないというか…( TДT)

18 :名無しのオプ:04/04/09 01:08
被害者は長女のまげ子じゃなくて、次女のまげ美のほうとか?
被害者がまげ子っていうのは確実なんですか?

19 :名無しのオプ:04/04/09 06:10
>>18
確実です。
双子トリックでは無いです。
(試しに使ってみようとしたんですが難しくて無理でした)

20 :名無しのオプ:04/04/09 12:10
一郎が外出したのを見はからって、次郎はらせん階段を上って義姉のまげ子の部屋へ向かった。
次郎とまげ子は、一郎やまげ美の目を盗んで、秘密の関係をもっていたのだ。
ところがその日はささいなことで口論となり、カッとなった次郎がまげ子を編み針で刺し殺してしまった。
次郎はまげ子の悲鳴に動転していたが、とっさにはしごの側から逃れた。
らせん階段の側は、悲鳴を聞きつけたまげ美に目撃されるおそれがあると判断したからだ。
とりあえず次郎は、一郎の部屋を経由して自室に戻る手段をとらざるを得なかったのだ。

姉の死体を発見したまげ美は、階下にいる男たちにそれを伝えるべく、急いでらせん階段を駆け下りた。
しかし、らせん階段はまげ美の知らないうちに、彼女の方向感覚を失わせていた。
一階に下りたまげ美は、一郎の部屋か夫の部屋かもわからぬまま、近くにあったドアを激しく叩いた。
そのドアは一郎の部屋のドアだったのである。

さあ、次郎、大変だ!――彼はまだ一郎の部屋の中にいたのだから。
しかし、聡明な彼は妻が部屋を間違えていることに気が付くと、
彼女を外へ追い出し、逃走したはしごの側の鍵を閉めるために、再び二階に上がっていったのである。

21 :20:04/04/09 13:55
いや、もしかして次郎は妻のまげ美を殺害するつもりで、間違ってまげ子を殺してしまったのか?
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

22 :名無しのオプ:04/04/09 21:17
TBSの馬鹿クイズの馬鹿ばかしさに馬鹿らしくなったのであげ


23 :名無しのオプ:04/04/09 21:24
5分どころか見た瞬間にバレバレだ。

24 :名無しのオプ:04/04/09 21:33
ごめん。
2問目でいきなり誤答した。

死ぬわ。

25 :名無しのオプ:04/04/09 22:05
あ、やっぱり。
このスレに癒やされに来たのは俺だけじゃなかったかw

26 :名無しのオプ:04/04/09 22:13
なんかホトちゃんに解かれるとむかつく(w

27 :名無しのオプ:04/04/09 22:19
久本がいるだけでむかつくんだがw

28 :名無しのオプ:04/04/09 22:54
ラストの問題、綾辻だったか。

29 :名無しのオプ:04/04/10 05:26
>>28
綾辻の問題だけ、どんなのだったか知りたい。
最初は見てたんだけど、あまりのくだらなさに3問目で見るのやめちゃったよ

30 :名無しのオプ:04/04/10 05:33
綾辻というか、Trap-TV(懐)ぽかった…

31 :名無しのオプ:04/04/10 10:26
>>29
メル欄

32 :名無しのオプ:04/04/11 03:04
>20-21
おお、それっぽい!
螺旋階段でぐるぐるっていいね。

33 :名無しのオプ:04/04/11 16:17
おーい、「犯人」はどうしたんだよおおおおおおおおおおおおおおお

34 :名無しのオプ:04/04/11 16:35
>>33

前スレの終わり辺りにあった、「本家第一話の再現」が犯行内容だったということで。

35 :名無しのオプ:04/04/11 17:17
とにかく「犯人」さんは犯行声明を!

36 :西尾:04/04/12 05:29
ちょっと長い文章になっちゃうけど、出題します。

37 :西尾:04/04/12 05:29
『ドラクエU殺人事件』

〜ある村人の手記〜
俺は、とある田舎の小さな村の一住人だ。
この村には兵士がおらず、住人は年寄りばかりなので
若くガタイの良い俺が、治安維持の係、つまり警官のような仕事をしている。
と言っても、こんな平和な村で犯罪が起こるはずもなく、
俺は単調で退屈な毎日を送っているわけだ。
しかし、あの日だけは違った。

なんと突然、旅の途中の勇者様御一行がこの村を訪れたのだ。
長老は村を挙げての歓迎パーティを開こうとしたのだが、
勇者様は、申し訳ないが静かに休みたいので止めてほしい、と丁重に断った。
きっとどこの町に行っても大騒ぎされて、もうウンザリしているのだろう。
勇者様も楽じゃないな。
勇者様達3人が宿に入ると、勇者様をなんとか一目でも見ようという村人が
大勢宿屋の周りに群がって離れようとしなかった。
中には一晩中宿の前から離れなかったやつらもいる。
まったく、田舎者丸出しじゃないか。
まあ、恥ずかしながら俺もその中の一人だったわけなのだが・・・。
そして夜が明ける頃、あの事件は起こったのだった。

38 :西尾:04/04/12 05:31
「うわぁぁぁぁ!」という悲鳴が、突如宿の中から聞こえた。
普段警官らしい仕事をしていない俺でも、こういう時には体が勝手に動くものだということがわかった。
俺はためらうことなくカギのついていない宿屋の入り口の戸を開け放った。
そこには1人の女の死体と、その周りで呆然と立ち尽くす3人の男の姿があった。

ここにおおまかな事件の概要を記しておく。
事件当夜、宿の中にいたのは4人。
ローレシアの王子、サマルトリアの王子、ムーンブルクの王女、宿屋の主人。
被害者はムーンブルクの王女。ベットの上で寝ているところを、宿屋の壁に掛けてあった
飾り物の剣で胸を刺し抜かれて死亡したらしい。
勇者一行は皆、寝ている時でも持ち物を肌身離さず携帯しているらしく
遺体の周囲には、王女が持っていた薬草・ラーの鏡・クサリ鎌・福引券が散乱していた。
皆ぐっすり寝ていたらしく誰かが犯行に及んでも気付かなかっただろうということだ。
つまりアリバイは誰にもないってことだな。
死体の第一発見者は宿屋の主人。一番早く起きて死体を見つけ、
俺が聞いたあの悲鳴を上げたとのこと。
なお事件の起こった晩は、俺を含めた多くの者が宿の周りにいて夜通し宿の戸や窓を監視していた。
宿屋の外部の人間の犯行ではありえない。
犯行が可能だったは宿の中にいた3人のうちの誰かだ。
また、何らかの魔法や魔法効果のあるアイテムも使用されてはいない。
よくわからんが、誰かが魔法を使えば自分達は絶対それに気付くと二人の王子が証言している。
そういうもんらしい。
教会で生き返らせてもらえば済むことなのでは?と俺は考えたのだが、
生き返らせることができるのは魔物に殺された者のみで、人間に殺されたのでは復活できないそうだ。
なるほど。どおりで2人の王子が落胆しているはずだ。
とりあえずこんなところだろうか。

39 :西尾:04/04/12 05:32
俺は容疑者達を村役場に移動させ、村人の一人に、近くの城まで事件を知らせに行くよう頼んだ。
城の兵達が到着するまで現場はこのままにしておくべきだろう。
しかし、俺一人の力でなんとかこの事件を解決できないものだろうか。
その日、俺は一日中現場で事件について考えていた。
窓の外を見るともう日が沈みかけている。
明日の夜明けには城の兵達が到着するだろう。
やはりそれまでに解決するのは無理か。
うなだれて顔を落とした時、ふと、ある物がおれの目に止まった。
その時、俺はある作戦を思いついた。
そうだ、これが上手くいけば・・・賭けだがやってみる価値はある。

40 :西尾:04/04/12 05:33
俺は宿を出ると村にある家を一軒一軒尋ね、今夜は決して外出しないよう、村人全員にきつく注意して周った。
そして最後に村役場に向かった。
椅子に掛けていた容疑者3人が神妙な顔で俺を見上げた。
「まあ、そう暗い顔をせんでください。明日の朝にはお城から兵達がかけつけます。
 それであっというまに事件解決ですよ。お城の兵達は優秀ですからね。
 なんせあれから指紋が見つかったんですから」
「しもん?」
宿屋の主人が聞き返してきた。
「ああ、こんな田舎に住んでたら知らなくて当然か。王子様達はご存知ですよね?」
二人の王子が頷いた。
俺は面倒だが宿屋の主人に指紋について説明してやった。
「田舎巡査の私でも、粉を使って指紋を検出することくらいはできます。
 あれについていた指紋は2種類。手の大きさからして、一つは被害者のもの。
 もう一つは男のものと思われます。その指紋の主は犯人でしかありえないでしょう。
 それが誰のものなのかまでは時間がなくて調べられませんが、
 お城の兵達が来れば、みなさんの指紋と照合して一発で事件解決ですな」
サマルトリアの王子が尋ねてきた。
「さっきからあれあれと仰っていますが、そのあれとは何なのですか?」
他の二人も興味深そうに俺の顔を覗きこんできた。
「それはね、これです」
俺は手元のメモ帳にその物の名前を書き、皆に見せた。
「つまり、・・・・・・ですな。」

41 :西尾:04/04/12 05:34
それを言い終えると私はすぐに立ち上がり、3人を村役場の2階に案内した。
「今日はここで寝ていただきます。みなさん個室の方が安心でしょう?
 なんせこの中に殺人犯が・・・ゴホン」
ヒクリと肩を震わせた3人は自分以外の容疑者を不信の目で見回した。
「え、えっと、みなさんに一室ずつありますので。ドアにはカギも掛かるようになっていますから。
 ゆっくりお休みになってください。今夜は村の者達にも決して外出しないよう
 きつく言い聞かせてありますから、静かなもんです。では私はこれで。おやすみなさい」
3人が部屋に入るのを見届けると、私も自宅に戻り布団に入った。
さて、上手くいくといいが・・・。

夜も明けかけて東の空が白んできた頃、俺は自宅を出た。
やはりあんな事件があった後じゃあ眠れないな。結局布団に入ったまま徹夜だ。
俺は現場となった宿屋に着いた。成功してくれているよう祈りながらゆっくりと扉を開く。
室内に入り被害者のベットに近づく。
やった!成功だ!!
あとは解決編をかっこ良く決めるだけだ。

42 :西尾:04/04/12 05:51
そんなことを考えていると、村の入り口の方が何やら騒がしくなった。
宿の外に出てみると、甲冑を纏った兵士達がドタドタとこちらに向かってきていた。
「殺人事件があった現場はここだな?容疑者は今どこにいる!!」
「ちょ、ちょっと待ってください。もう犯人はわかっています」
「なんだと?!それはどいつだ!!」
「今からご覧にいれますよ。ついて来てください」
俺は兵士達を引き連れて村役場に向かった。

村役場の広間に容疑者3人と兵士達が集った。
「さて、犯人がわかりました」
俺はゆっくりと話始めた。
「何ですって!!」
サマルトリアの王子が勢い良く立ち上がった。
「それは誰なんだ!早く教えてくれ!」
他の2人の目も真剣そのものだ。
「焦らないでください。かっこよく決めたいんだから。
 ふむ、では教えてさしあげましょう。犯人は・・・」
俺は華麗に一人の人間を指差した。
「あなただ!!」

43 :西尾:04/04/12 05:54
以上が問題文です。
探偵諸君の名推理を求む。

44 :名無しのオプ:04/04/12 06:04
これってドラクエに関する知識がないと解けないの?

45 :西尾:04/04/12 06:11
>>44
若干、そうかもしれません。

46 :西尾:04/04/12 07:11
だけどそれほどディープなヲタ知識は必要ないと思う。
一度でもこのゲームをプレイしたことのある人なら多分大丈夫なのではないかな。
この探偵役の村人が仕掛けた罠とはどんなものだったのか?
はたして犯人の正体は?

解決編は頃合を見計らって書きます。
ツッコミ所もあるかもしれないけれど、どうかお手柔らかに。

47 :名無しのオプ:04/04/12 07:34
凶器に使われた飾り物の剣に指紋が残ってたんでしょ?

48 :名無しのオプ:04/04/12 08:30
王女が死んだときほかのひとどこにいたの
同じ部屋で寝てた?別の部屋?で、主人はどこ?
個室としたら鍵はどうなってたんだ?・・・それ
すらわかんないのだけど

49 :名無しのオプ:04/04/12 12:34
三人の誰でも犯行は可能だった、という前提であって、
そういう事は問題じゃないんじゃね?
当然、指紋うんぬんはブラフでそれから犯人はわからない。

つまり考えるべきことは、次のような事だろう。
・巡査の思いついた作戦とは?一体メモ帳に何と書いた?
・それを聞いた犯人の取った行動とそれで犯人が特定できる理由

50 :名無しのオプ:04/04/12 13:25
ゲームなんかやらねーっつーの

51 :名無しのオプ:04/04/12 14:23
指紋がついていた物(アイテム)ってのが重要かと

52 :名無しのオプ:04/04/12 17:49
ふくびきけんをぐっとにぎりしめた。だっけか。

53 :西尾:04/04/12 18:44
>>48
宿屋は一室のみ。そこにある3つのベットに、パーティ3人が寝てた。
宿屋の主人は入り口近辺のカウンターの中で寝てたってことで。
>>49の言うように、そこはあんまりこだわらなくていいと思うよ。
容疑者全員に犯行は可能だったということです。

54 :西尾:04/04/12 18:48
自分としては今夜にでも解決編を発表したくてウズウズしてるんだけど、まだ早いかな?

55 :名無しのオプ:04/04/12 18:51
早い。
仕事帰宅組を待て。

56 :名無しのオプ:04/04/12 20:24
ドラクエ2未プレイ。

ところで、ガンプラの関節を止めるゴムの部品型屋敷殺人事件は
20-21で合ってるの?教えて出題者さん。

57 :西尾:04/04/12 22:31
今、解決編を書いてるんだけど、問題文以上に長くなりそうなので
解決編を前編・後編に分けようと思ってます。
とりあえず今夜中、明日の夜明け前までに解決編・前編をカキコするつもり。
前編だけではまだまだ真相にとどかないので、ヒントだと思ってくれていいです。

58 :名無しのオプ:04/04/12 23:05
>>56
・次郎の証言
>『俺の部屋にくるんなら、梯子を使えばいいだろう?』と聞いたんですが、
捜査情報
>・部屋のドアの前にはネームプレートがかかっている

まげ美は螺旋階段で方向感覚が狂っていたがドア前のネームプレートを見たため、
一郎と次郎の部屋を間違えてノックすることはなかった。
次郎はまげ子を殺してすぐ、梯子の空間に隠れていた。
まげ美が部屋を出たあと螺旋階段を降りていくのを見届けると、
次郎はまげ子の部屋を出て、向かいのまげ美の部屋に入り、梯子を降りて自室へと戻った。

>『あなたは一郎兄さん?それとも次郎?』
まげ子が死んでいるのに側に一郎がいる様子が無いので
一郎は自室…もしくは次郎の部屋にいるのでは、と勘ぐったから。(強引)

>>20-21は当初、解答の予定だったんですが質問を受け付ける事で
別の解答を導ける方が推理ものっぽいかなーと思って変更しました。

「ドアに特徴は無いの?」と質問があったら「ネームプレートがついてる」と答える予定だった・・ん・・です・が・・;
y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

59 :名無しのオプ:04/04/12 23:09

指紋はラーの鏡についていたんでしょ。

60 :西尾:04/04/13 00:49
『ドラクエU殺人事件』〜解決編・前編〜

私の指の先に立つ人物、それは、ローレシアの王子だった。
「あなたがその手で王女を殺害した。そうですね?」
皆の注目がローレシアの王子に集まる。
しかし王子は自分の足元を見たまま動こうとせず、何の言葉も発しようとはしない。
「やはり、何も答えてはもらえないようですね」
俺は皆に向かって振り返った。
「では、この事件の真相をお話いたしましょう」
私がそう言った、ちょうどその時だった。一人の兵士が村役場に飛び込んできて
兵達の隊長と思われる人物の耳元で何かを囁いた。
「そうか、わかった」
報告に来た兵士を下がらせると、
隊長はローレシアの王子に向かってまっすぐに歩いていった。
「現場検証の結果、被害者のスカートの下に隠れていた部分のシーツから
 自らの血で書いたと思われる『ローレシア』というダイイングメッセージが見つかった。
 我々の検証の結果、間違いなく本人が書いたものだ。
 やはり貴様が犯人だったのだな」

61 :西尾:04/04/13 00:50
隊長がそう言い終えるか言い終わらないうちに、
屈強な兵士達がローレシアの王子に飛び掛り羽交い絞めにした。
サマルトリアの王子は唖然としていた。
「そんな、どうしてお前が・・・」
しかしローレシアの王子はまったく動じない。おとなしく兵士達のされるがままになっている。
隊長は私の方に向き直ると、
「残念でしたな。あなたが名推理を披露する晴れ舞台はパーになってしまいました」
と、笑いながら言った。
「いえ、この事件はまだ終わってはいませんよ」
「えっ?」
「どういうことですかな?まさかダイイングメッセージが犯人による偽装だと仰る気か?
 我々の魔法と科学を駆使した最先端の捜査にケチをつけるおつもりなのですかな?」
隊長が不服そうな顔で私に詰め寄る。
「いえ、そのメッセージは本物でしょう。
 被害者が自分を殺した犯人である王子を示すために残したものです」
俺は不覚にも、そんなダイイングメッセージがある事に気がつかなかった。
遺体を動かさないように注意したのが仇になってしまったようだ。
しかし、もし初めからそのメッセージに気付いていたら、俺もおそらく
この事件の真実にはたどり着けなかったであろう。まあ、結果オーライか。
隊長は困惑したようだ。
「では一体、どういうことなのですか?」
「やはり、私の話を聴いていただかなくてはならないようですね」

62 :西尾:04/04/13 00:51
俺は皆の前に歩み出た。ようやく俺の推理を披露する時が来たのだ。
「さて、何から話そうかな」
俺はわざともったいぶって、皆の顔をゆっくりと見回した。
「早く!」
隊長が俺を睨み付けて吠えた。
「はいはい、では始めましょう。御三人はこのメモ帳を覚えていますよね?」
俺は、昨日この村役場で容疑者3人に見せたメモ帳を胸ポケットから取り出した。
サマルトリアの王子と宿屋の主人は頷いたが、
兵士達に両側から取り押さえられているローレシアの王子には相変わらず何の反応もない。
「私はこのメモ帳に、ある罠を仕掛けました。昨夜はそれを皆さんに見せたのです」
「罠?」サマルトリアの王子が首を傾げた。
「そのようなものを見た記憶はないのだけれど・・・」
「ええ、このメモ帳に仕掛けた罠は、犯人だけを狙ったものですからね」
「どういうことですかな?」
それまでムスッとしていた隊長も、どうやら興味を持ってくれたらしい。
「私はこのメモ帳に、殺人現場にあったある物の名前を書き、3人に見せたのです。」
「確か書いてあったのは・・・『福引き券』でしたよね」
宿屋の主人が言った。サマルトリアの王子もそれに同意し、頷いた。
俺はニヤリと笑い、それに答えた。
「はたしてそうだったでしょうか?」
「えっ?間違いないと思いますが」
宿屋の主人は虚を突かれたらしい。
サマルトリアの王子も、間違いないはずだ、と何度も強く頷いている。

63 :西尾:04/04/13 00:53
「このメモ帳を見せたあと、私が何と言ったか、皆さん覚えていらっしゃいますか?」
「確か・・・『つまり、あの福引券ですな』と言いましたよね。
 僕は記憶力が良いんです。間違いないでしょう」
サマルトリアの王子が自信を持って断言した。
「やはり、この罠は私が思った以上の成果を挙げたようですね」
皆の顔を眺めてみたが、やはり誰も私が何を言わんとしているのかわからないらしく、ぼんやりとした表情が並んでいた。
しかしただ一人、今まで何の表情も見せなかったローレシアの王子だけが私の目を強く睨んでいた。
「その罠とは、どういうものなのですか?」
隊長がじれったそうに尋ねてきた。
「簡単なものです。漢字が一文字書いてあるだけです」
「はぁ・・・」
やはり隊長は腑に落ちないようだ。
「サマルトリアの王子に宿屋のご主人、まだわかりませんかな?」
「と言われましても・・・」
宿屋の主人にはわからないようだ。
サマルトリアの王子はしばらく記憶を探っていたようだが、突然「あっ」と声を上げた。
「そうだ!確かに書いてあったのは漢字一文字だけだった!」
「そのとおり。やはり記憶力が良いようですね。
 その罠にかかった犯人は、昨夜まんまとあんな行動に出てしまったわけです」
「その漢字とは何です?犯人の行動とは何なのです?!」
隊長はもう興奮を抑えられないようだ。
「まあまあ、焦らないで。私は昨夜、3人の容疑者に、現場のある物から犯人の指紋が出たという話をして、
 その後自宅に戻り、朝まで布団の中に入っていました。
 自分の指紋が証拠品に残っていると知った犯人は、今夜中にその証拠品を隠蔽しようとするのではないだろうか?
 と私は考えたからです。 それでこんな罠を張ってみたわけなのですが、大成功でしたね。
 犯人は見事その証拠品を隠蔽しました」

64 :西尾:04/04/13 00:54
興奮しすぎた隊長が、額に青筋を浮かべながら叫んだ。
「何だと!そんな大事な証拠品を隠蔽されたのか!!
 それさえあればすぐに真相がわかるのに!!」
「いやいや、そんな証拠品は初めからなかったんです。
 私には指紋を検出するような技術はありませんから。
 本で読んだことの受け売りですよ。 それも犯人を騙すための嘘、罠の一部なんです」
サマルトリアの王子が首を傾げて言った
「ちょっと疑問なのですが、そんな罠を仕掛けたのであれば
 犯人が現場に入るところを 待ち伏せして取り押さえれば良かったのではないですか?
 そうすればこんなややこしい話をしなくても良かったのに」
もっともだ、と言いたげに隊長が頷いた。
「いや、それではダメなのです。犯人にはキチンと隠蔽工作を実行してもらわなければならないのです。
 そうしないとこの事件の真相には辿り着けませんから」

65 :西尾:04/04/13 00:55
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
隊長が俺にすがり付いてきた。
「わ、わかりましたから、離れてください。コホン。私の仕掛けた罠とはつまりこういうものでした。
 私がメモ帳に書いた一文字の漢字、犯人はその漢字が読めなかったがために、 ある勘違いをしたのですよ」
サマルトリアの王子が俺の話をさえぎった。
「ちょっと待ってくださいよ。あなたはさっきローレシアの王子が王女を殺した犯人だと言いましたよね」
「確かに。間違いありません」
「あの程度の漢字なら、ローレシアの王子は読めるはずだ。
 まだ子供だけど、僕達は王子だ。 一流の教育を受けている」
「わ、わしだって漢字は得意だぞ!!小学生の頃、漢字のテストでは満点しか取ったことがない!」
それが本当かどうか知らんが、自分が犯人にされそうだと思ったのか宿屋の親父も必死だ。
「落ち着いてください。それは私もよくわかっています。
 それでもね、この漢字が読めない人がいるんですよ。つまり、それがこの事件の真犯人なのです」
「真犯人ですって!!」
「もう限界だ。これ以上焦らしたら私はお前を逮捕する。
 ただちにその真犯人とやらを指摘したまえ」
興奮が限界を超えた隊長の目は狂気を帯びていた。
「わっ!わかりましたよ!・・・で、では」
俺は一つ咳払いをすると、皆に背を向けてゆっくりと歩き出した。
「この冷酷な殺人事件の真犯人、それは・・・」
俺はクルリと振り向くと、さっきよりも一段と華麗に、一人の人間を指差した。
「あなたですよ!!」
皆が一斉に、私が指差したその先を見た。
「観念して私達の前に正体を見せなさい。あなたがこの事件の真犯人ですね?」

66 :名無しのオプ:04/04/13 00:56
長文書き続けて面白いつもりなのかね・・・
ゲーム板でやりゃうけるかもしれないけど板違い

67 :西尾:04/04/13 00:59
以上、解決編・前編でした。
明日解決編・後編をカキコしますので。

68 :名無しのオプ:04/04/13 01:06
面白くないので答えだけ書いて

69 :名無しのオプ:04/04/13 01:12
これってヤス、じゃなかった、プレーヤーが犯人という落ち?

70 :名無しのオプ:04/04/13 01:29
どうドラクエという舞台の設定が絡んでくるかが楽しみです
膝を打てるような解決だといいなぁ

71 :名無しのオプ:04/04/13 01:35
無駄に長い。
小説書きたいなら自分でウェブサイトでも作れっての

72 :名無しのオプ:04/04/13 02:29
っつーか、誰もちゃんとした解答出してないのに
解決編すぐ書くってただの自己満足ですか?

読み手を楽しませることができなくて、何が作家かと。
(プロアマ関係なく)

73 :72:04/04/13 02:33
あと漢字一文字ってヒントが出たんで一応解答
メモには「券」の一文字が書かれていた。これで十分かな。

74 :名無しのオプ:04/04/13 02:48
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」
「ワシはもう限界だ。まわりくどいことは止めて手短に話してくれ」

ほんとそう思うな

75 :名無しのオプ:04/04/13 05:07
ミステリだって文学の一形態だべ
俺はおもしろいと思うよ

答えが全然わからんけど(T-T

76 :名無しのオプ:04/04/13 05:40

>>69>>73を合わせたのが正解かな?
要するにメル欄ってことだよね?
でもこれだとそんなに長い解答篇はいらない?

あってても違ってても中篇と後篇、俺は読みたいな
あと、「解答篇、前篇」まで「問題篇」でいいんじゃない?

77 :名無しのオプ:04/04/13 05:48

う〜ん、でも俺の答だと、矛盾点というか
微妙なところがけっこうあるような気もしてきた

78 :名無しのオプ:04/04/13 06:59
プレーヤーが真犯人?
どうやって殺したのん?

79 :西尾:04/04/13 20:21
解決編・後編いきます。

80 :西尾:04/04/13 20:23
その光景は異様なものだった。
テレビ画面の中のキャラクターたちが皆一斉に私の方を向いたのだ。
背筋が凍りついた。

「かんねんして わたしたちのまえに しょうたいをみせなさい。
 あなたが このし"けんの しんはんにんですね?

>はい
 いいえ

私は動揺していたが、一息吐いて気持ちを落ち着けると、「はい」の選択肢を選んだ。

81 :西尾:04/04/13 20:24
さて、これでいよいよ事件は大詰めのはずだが。
俺は犯人を指し示していた指を下ろした。その時だった、誰かが突然笑い出したのだ。
その笑い声は機械的で、ひどくノイジーで、人間のものとは思えなかった。
しかしその声の主は、今まで一言も言葉を発しなかったローレシアの王子だった。
王子を組み伏していた兵士達も、思わず後ずさる。
「まさかお前みたいなやつがこんな辺鄙な村にいるとはね」
「ついに出てきましたね、プレーヤーさん。一体どうやって喋っているんですか?」
「2コンのマイクを通して話している」
「なるほど、それでそんな声なのですか」
隊長がささやいてきた。
「どういうことだ、説明してくれ」
「簡単な話ですよ。俺が仕組んだ罠、あの手帳に書いた漢字一文字とは、『券』だったんですよ。
 それを3人の容疑者に見せた後、私は声に出してこう言った。『つまり、現場のあの券ですな』と。」
「それがどうしたというんだ」
「まだわかりませんか?プレーヤーはそれを誤解したのですよ。このDQUの文字フォントには漢字がない。
 プレーヤーには、我々が使っている漢字を認識できないのですよ。
 だから『券』を『剣』だと誤解したんです」
「『剣』?現場からはそんな物は見つかっていないが・・・」
それを聞いてサマルトリアの王子が叫んだ。
「えっ!昨日は確かにありましたよ?!王女の胸に突き刺さった剣が・・・」
「だーかーらー、犯人がその剣を隠蔽したんですよ。
 ローレシアの王子を操っているプレーヤーの視点からすると、あの罠はこう見えるわけです」
俺は親切にも皆のために紙に書いてやった。

82 :西尾:04/04/13 20:25
「むらびとは かみに もじをかいてみせた。
 そこには 『けん』と かかれていた。

「つまり げんばの あの けん ですな。

「これを読んだら凶器の剣だと思うでしょ?それで昨日まで現場にあった凶器の剣がなくなったんです。
 漢字を読める人間なら、『券』という漢字を見せられた後に
 『現場のあの券』と言えば、当然福引き券のことだと思うでしょう。
 つまり、凶器の剣の隠蔽工作をしたのは、サマルトリアの王子でも、宿屋の主人でもない。
 犯人はローレシアの王子、いや・・・プレーヤーでしかありえないのです。
 サマルトリアの王子は、隠蔽するところを取り押さえれば良かったのに、と仰ったが、
 もしもプレイヤーが隠蔽工作を終える前に取り押さえたら、 それはローレシアの王子の犯罪でしかない。
 それを操る真犯人である、プレーヤーを引きずり出すことができないんですよ。
 プレーヤーの存在を証明するためには、どうしてもあの罠を仕掛ける必要があった。
 でも苦労しましたよ。犯人が現場に行きやすいように、村の家を一軒一軒訪ねて
 皆に今夜は外出しないようにと言い聞かせてまわらなきゃいけなかったんですからね。
 この村の住人は皆野次馬だから、人目を気にして犯人が現場へ行くのを諦めてしまうんじゃないかと心配でした。
 それに、罠を仕掛けたとしてもプレーヤーが隠蔽工作を行わない可能性もありました。
 指紋によって逮捕されるのは、ローレシアの王子の肉体のみ。プレーヤーは痛くも痒くもないのですから。
 まあ、結果的に上手くいったようで、良かったですよ。

83 :西尾:04/04/13 20:27
プレーヤーはフッと息を吐いた。
「そのとおり。私がこの事件の真犯人だよ。王女を殺したのはこの私だ。
 だが私が自分の金で買ったゲームを、自分の好きなようにプレイして何が悪いというのだ?」
今まで黙っていた長老が、ローレシアの王子に向かって叫んだ。
「最近のあんたらの噂は悪いものばかりじゃよ!ハーゴンに楽に勝てるだけの強さを持っているのに、
 あんた達は一向にハーゴンを倒そうとはしてくださらん!無駄にモンスター達と戦い、無駄に血を流す。
 あんたらがハーゴンを倒さないために、どれだけの人々が不幸を味わっていることやら・・・」
長老は泣き崩れた。そんな長老に寄り添ったのは、サマルトリアの王子だった。
「全てわかったよ!お前が王女を殺したのは、そんなお前の態度を咎めていた王女が疎ましくなったからだな。
 王女は時折僕に話していた。最近のローレシアの王子は様子がおかしい、
 昔は打倒ハーゴンに燃えていたのに、今の彼は無意味な殺戮を繰り返しているだけだ、と。僕だって、うすうすお前の変化には気付いていたさ。
 それでもいつかはあの頃のように、世界を救うために戦える日が再び来ると信じていたのに・・・」

84 :西尾:04/04/13 20:28
サマルトリアの王子の言葉を鼻で笑うと、プレイヤーは冷たく吐き捨てた。
「ハーゴンなどいつでも殺せるさ。今の私にとって大事なのは、レベル上げとアイテム収集だけだ」
「つまり・・・やりこみ、ですか」
「そのとおり、私はゲーマーなんだ。SFC版ではなく、今時FC版のこんなレトロゲームをやっているのも
 ゲーマーであるゆえのこだわりなのだよ。たかがゲームの世界で殺人を起こしたといって、それが何になる?
 まあ、今日はなかなか楽しめたよ。そろそろお開きにしようか。リセットボタンを押させてもらうとしよう」
「ちょっと待ってください。たしかにあなたにとって、ここはゲームの世界でしかないでしょう。
 だが我々にとってはここが全世界なのです。 この世界で人を殺した罪は重い。あなたには罰を受けてもらいます」
「ハッハッハ・・・!!どうやってこの私に罰を与えるというのだ?このローレシアの王子を死刑にでもするのか?」
「いえ、死刑よりもつらい罰でしょうね」
「死刑よりもつらい罰?お前らドット絵に何ができるというのだ!!」
「我々にだって、こんなことくらいはできるんですよ?」
俺はそう言うと、右手を頭の横に上げた。
「3・・・2・・・1・・・」
パチンッ、と俺は指を弾いた。

85 :西尾:04/04/13 20:31
「あれ?」
その時、突然画面がフリーズした。コントローラーを操作しても何の反応もない。私はやむなくリセットした。
もうちょっとプレイしたかったので、再びふっかつのじゅもんを入力する。
じゅもんが ちがいます
メモを確認しながらもう一度入力してみたがやはり間違っている。何度試しても駄目だ。
「まさか・・・、あいつが言っていた罰とは・・・」
苦労して集めたレアアイテムが・・・レベル上げに費やした時間が・・・うわああああああああ!!
私は絶叫し、力なく膝をついた。
「うるさいよ!!今何時だと思ってるんだい!また遅刻するよ!!」
母ちゃんの怒鳴り声も、もう私の耳には届いていなかった。

『ドラクエU殺人事件』〜完〜

86 :名無しのオプ:04/04/13 20:45
さて。
ネクストカモン

87 :名無しのオプ:04/04/13 20:51


88 :名無しのオプ:04/04/13 20:55
はい40点
次の問題どうぞ


89 :名無しのオプ:04/04/13 21:31
ほんとに無駄に長いだけだったな

90 :名無しのオプ:04/04/13 21:37
>>58
うーん、>20の回答の方が好きかな・・・
なんつって(笑)
とりあえず乙でした。おもろかったです。

>>西尾
ひらがなしか云々てのは好きかも。
けどやっぱり未プレイなのでなんとも…
あと長い。乙でした。

91 :名無しのオプ:04/04/13 22:05
(´-`).。oO(答えさえあれば長くても構わないけど…)

92 :名無しのオプ:04/04/13 22:07
うーん、まあまあかなぁ
オチはお約束ですねw

93 :西尾:04/04/13 22:16
確かに、長すぎですね。
問題文カキコんだ後に解決編が
こんな長くなっちゃうとは思わなかったんです。
次にまた問題を出す機会があったら、そのへんにも気をつけて書くようにします。
つきあってくれたみなさんに感謝。

94 :名無しのオプ:04/04/13 22:26
>>93
メタミステリでありながら文明批評でもあるという見事な作品だと思いますよ。
ていうかこんな過疎板で披露するなんてもったいない。
長編作品に膨らませば新人賞だってとれるかも

95 :雷昔 ◆iARAGEPVgk :04/04/13 22:29
>>西尾
よかったよ。
今後もがんばってくれたまえ。

96 :名無しのオプ:04/04/13 23:16
辛辣な意見が多いようだけど結構楽しめた。

97 :名無しのオプ:04/04/13 23:28
なんだかんだ言っても問題あるだけで俺はしあわせ。
春休みは寂しかったからな。

98 :蝙蝠男:04/04/13 23:30
ああ、そっか。ひらがなかあ。たしかにたいていの人なら知ってるな。

99 :名無しのオプ:04/04/13 23:42
西尾氏いいなあ
漏れなんて問題考えても怒られるかスルーばっかりだ…(・∀・)オツ!!

100 :名無しのオプ:04/04/14 01:51
>>93
次は「東野」でヨロシク!

101 :名無しのオプ:04/04/14 10:49
SFC版は漢字あったような記憶があるが…
まぁそれはいいとしてちょっと反則臭さもあったけど
まぁ面白かった


102 :名無しのオプ:04/04/14 11:52
>>101
>>84
>SFC版ではなく、今時FC版のこんなレトロゲームをやっているのも

103 :名無しのオプ:04/04/14 12:45
このオチで出題編する段階でFCと書かれてないのは反則じゃないかと


104 :西尾:04/04/14 20:35
>>101 >>103
確かに反則な部分もありますね。
SFC版も出ていることや、ゲーム内の人物がゲーム外の情報を知っていることなど。
さっき思いついたんだけど、問題文の前に
『これはファミコンソフト「ドラゴンクエストU」のゲーム内の世界で起こった事件である。
 登場人物や世界観の設定は、このゲームのオリジナル設定に忠実であるものとする。
 私は神の視点から、この事件を記述する。』
と書いておいて、最後のプレーヤーの動機語りで
「いわば神である私に、貴様らドット絵が何をできるというのだ」
というふうにすればもうちょっとキレイにまとまったでしょうか?
それでも、ゲーム外の情報を知ってるという問題点はクリアされないか・・・。

105 :名無しのオプ:04/04/14 21:25
英知恵の謎
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1076041704/442-

106 :名無しのオプ:04/04/14 22:08
福引券ってSFCでも平仮名じゃなかった?

107 :名無しのオプ:04/04/15 12:44
「犯人」待ち。
ぶっちゃ並に不可解なままおわらすつもりか、「犯人」よ。

108 :西尾:04/04/17 01:55
また問題出します。今度は前のやつほど長くはないので。


109 :西尾:04/04/17 01:55
『仙台山荘の殺人』

これは、ある吹雪の山荘で起こった事件です。
外部犯の可能性は考慮してくれなくて結構です。
犯人は容疑者3人の中にいます。

〜事件概要〜
事件が起こったのは宮城県の山奥にある「仙台山荘」。
この辺り一帯は豪雪地帯として有名で、毎年冬には凄まじい降雪量を記録する。
山荘の主人の意向で、仙台山荘には電話が存在しない。山奥であるため携帯電話も通じない。
皆が山荘に到着してしばらくしてから、山荘と外部の町を繋ぐ唯一の道が塞がってしまった。
事件当時、山荘にいたのは4人。この山荘を別荘として所有する工藤源太郎(くどう げんたろう)と、その友人3人である。
工藤は「この季節は山荘からの景色が素晴らしいから」と言って友人を招待したらしい。
そして事件が起こった。

被害者は山荘の主人、工藤源太郎。自室で、ナイフで刺し殺されていた。
死亡推定時刻は午後10時頃から朝の9時までの間。
事件前夜、被害者はこの山荘に集まった友人達と酒を飲みながら語り合っていたが、
10時頃、もう眠いので、と3人にことわって一階にある自分の寝室に入っていった。
それでその場はお開きとなり、他の3人も各々にあてがわれた寝室に入った。
翌朝9時、容疑者の一人である白石竜助(しらいし りゅうすけ)が遺体の第一発見者となった。
早起きであるはずの工藤がなかなか寝室から出てこないので気になって部屋を覗いてみたら、
背中にナイフが刺さって床にうつ伏せに倒れている死体があったというわけだ。
他の2人の容疑者、吉野恵美(よしの えみ)と金沢幸一(かなざわ こういち)も白石竜助の悲鳴を聞きつけて現場に駆けつけた。
現場となった被害者の寝室は窓が開け放たれており、吹雪が室内にも入り込んでいた。
死体は窓の方を指差したまま硬直していた。
容疑者3人は皆、その夜は寝室に入ってからすぐに寝たと証言している。
寝室は全て個室である。アリバイは誰にもない。
また被害者の寝室にもカギは付いておらず、誰にでも出入りは可能だった。
つまり、容疑者全員に犯行は可能だったわけである。

110 :西尾:04/04/17 01:56
その後、彼ら3人はなんと、約二ヶ月も山荘に閉じ込められたのだった。
幸い、工藤が充分すぎるほどの食料と燃料を用意していたために、3人は無事保護された。
もっとも、腐乱していく死体と殺人犯と共に過ごす二ヶ月は、相当な極限状態であったことだろう。
3人が保護されてから数日経って、捜査が開始された。

〜捜査責任者、山下警部の独白〜
私は殺人現場で、この「仙台山荘」で起こった事件について考えていた。
やはり気になるのは、被害者が指差していた窓だろう。窓の外の景色を眺めてみる。広大な庭が広がっている。
庭と言っても、敷石や花壇があるわけではなく、若葉が萌え始めた木々が見渡す限りに林立していた。
地面からは様々な草花が芽吹いている。ほとんど自然に手を加えていない庭なのだろう。
この地方のことだ。冬にはこれらの景色も、雪で真っ白に覆われていたのだろうな。
今目の前に広がる春の景色も美しいが、冬の真っ白な世界もきっと美しいことだろう。
そんなことをぼんやり考えながら、私は再び室内に目を戻す。
腐乱した死体はすでに現場から運ばれて、床には被害者の形にマーキングがされている。
ん?これは・・・。
私は現場の床から、ある物を拾い上げた。
私は近くにいた部下に、窓の外を指差しながら尋ねた。
「なあ、あれって・・・・・・」
「ええ、・・・・・・ですよ」
そうか。そういうことか。簡単なことだったのだな。
被害者は確かにその指で犯人が誰かを示していたんだ。


さて、犯人は白石竜助、吉野恵美、金沢幸一の中の誰か?
また被害者のダイイングメッセージとはどういったものだったのか?

111 :西尾:04/04/17 01:59
以上が問題文です。質問があったら、答えられる範囲で答えます。
わかっちゃっても、できたら回答はメル欄を使って欲しいです。
あんまりあっさり終わっちゃっても、問題提出者としては切ないので・・・。

112 :名無しのオプ:04/04/17 08:53
西尾氏、乙です

やべ、全然わからん…(^^;

113 :名無しのオプ:04/04/17 08:57
多分、違う(メル欄)

114 :名無しのオプ:04/04/17 08:59
つまり(メル欄)ということで犯人からメッセージを守ったのです



というのはどうでしょう?
かなり当てずっぽうです

115 :名無しのオプ:04/04/17 09:03
>>113
メル欄訂正

116 :名無しのオプ:04/04/17 09:07
ものすごい連続投稿すいません、、、

でもメル欄はどうなんだろ?
庭に「ほとんど自然に手を加えてない」って…

117 :名無しのオプ:04/04/17 09:46
事件がおきたのは(メル欄)
あとは>>113かな

118 :名無しのオプ:04/04/17 10:03
なるほど

119 :名無しのオプ:04/04/17 10:26
多分117で正解だと思うんだけど

>その後、彼ら3人はなんと、約二ヶ月も山荘に閉じ込められたのだった。

>今目の前に広がる春の景色も美しいが

とあるので、もしそうだったら完全にアンフェア。

120 :名無しのオプ:04/04/17 12:37
3月に閉じ込められて、5月に出ればまだ春・・・
なんだけど、調べてみたら<メ欄>なんだよね。

121 :名無しのオプ:04/04/17 12:43
って、今問題文を読み直したんだけど
あの書き方だったら(ぎりぎり)フェアだと思う。
だから上で書いたメ欄部分も気にしなくていいわけだ。
別荘の所有者が死んだので<メ欄>とか?

122 :名無しのオプ:04/04/17 13:20
>>119 と同じく
犯行当時が(メル欄1)であろう、と推測される表記がないのと、
捜査当時を「春」と表記して、そこから2ヶ月前に犯行ときっちり書いてしまっているので
(メル欄2)だったら100%アンフェアになってしまいます。

また保護されて数日後に捜査、と書いてあるので>>121 も無理がありますね。


123 :名無しのオプ:04/04/17 13:33
>>122
> 犯行当時が(メル欄1)であろう、と推測される表記がないのと、

(メル欄)なので問題ないと思うが。


124 :名無しのオプ:04/04/17 13:45
さて。
恒例ですが・・・「犯人」やーい

125 :名無しのオプ:04/04/17 14:19
>>123
地の文に嘘を書くのはアンフェアですが、
適切な手がかりを「書かない」のもアンフェアになります(パズラー型本格だとしたら)。
123のメル欄の記述は「嘘ではない」けど、ただそれだけです。
手がかりとなる捜査時の「若葉が萌え始めた」「春の景色」がアンフェアにあたります。

ということで、この西尾という人の文章力から言えば、季節うんぬんの推理は
深読みすぎるのでは、と推理します。
つまり普通に犯行時は冬で捜査時は春。
春になって>>113 に気づいた、というオチなのでしょう。
推理を限定する適切な手がかりがあるとは言えませんが・・・


126 :名無しのオプ:04/04/17 17:18
このスレの皆様に助けて頂きたいことがあります。

一昨日(木曜)財布を無くしました。大騒ぎをした結果、
今朝、財布はバッグの中から発見されたのですが、おかしなことがあります。
それは、財布が入っていたバッグは先週の日曜に使ったきりであった
ということです。月曜から水曜に別のバッグを持って出かけ、
買い物をしたりご飯を食べたりした(=財布を使った)ことは確かなのですが、
どうしてそのバッグから財布が出てきたのでしょうか?
勿論財布はひとつしかありません。

子供の頃、夢遊病の気があったので、寝ている間に財布を
(日曜に使った)バッグに移し変えてしまったのではないかと少し心配です。
教えてヘンリー!

127 :名無しのオプ:04/04/17 19:09
>>126
木曜日に出かけようとしていったんそのバッグに財布を入れた後、出かけるのを忘れたのではあるまいか。

128 :西尾:04/04/17 20:00
用意していた答えも出てるので、解答を。
犯人は吉野恵美。被害者は庭に咲く桜を指差していた。
この桜の品種は『仙台吉野』というもので、それが山荘の名前の由来にもなっていたのでした。
桜吹雪が舞い散る山荘で起こった凄惨な事件、これが真相です。

色々とミスをツッコまれてしまいましたね。
宮城の桜の開花時期を見落としていたのは致命的でした。
最初は救出されたのは一ヶ月後にしていたのですが、
欲張って2ヶ月としてしまったために綻びが出ちゃったな。
地の文で、桜吹雪を吹雪としか書かなかったのはたしかに反則でした。
みなさんのレス読んでると胃が痛くなってくるよ・・・(泣。
それではまた。

129 :名無しのオプ:04/04/17 23:36
>>128
乙です!面白いアイデアで楽しめました
次も期待してます

130 :名無しのオプ:04/04/17 23:51
>>127
レスありがとうございます。
実は木曜に使ったバッグは月曜から水曜に使用したバッグとはまた違うもので、
出かける直前にそっくり中身を移し変えたのです。
財布が無いということに気づいたのは出先ですので、
荷物を移し変える→出かける→財布が無い→騒ぐ、の一連の行動が妄想でない限り
それはないと思います。本当に不思議です。

131 :西尾:04/04/18 00:29
>>130
サイフがどこにあるかを知ってるのはあなただけですか?
家族とかはどう?

132 :名無しのオプ:04/04/18 00:59
>>126
とりあえず同居人がいるのか否かが重要。
同居人がいるのなら話は簡単

133 :西尾:04/04/18 01:08
>>132
同居人が金をくすねようとして、隙を見てカバンからサイフを抜き取る。
しかしそのままサイフを戻す機会を逸してしまい、126さんは外出。
犯人はしかたなく部屋にあった別のカバンに放り込んでおいた。
現実的にはこんなとこだよね。

134 :名無しのオプ:04/04/18 01:16
同居人・・・姉っ!
しかし財布を無くして(そう思い込んで)パニクった私は姉に電話→
お金を持って助けに来てくれました。演技?

135 :名無しのオプ:04/04/18 02:21
>>126
なんだかよくわからんな。
結局バッグは三つあったのか?
ひとつめ:日曜日に使った、財布がでてきたバッグ
ふたつめ:月曜日から水曜日に使ったバッグ
(同期間内、財布はこの中に入っていた)
みっつめ:木曜日に使ったバッグ
(財布はでてこなかった)

↑これでいいのか?

考えられることとしては、木曜日(の外出まえ)に
「ひとつめのバッグをもっていこうとして
ふたつめからひとつめに財布を移したが、
そのこと(財布を移したことと、ひとつめの
バッグをもっていこうとしたこと)
を忘れ、みっつめのバッグをもっていった」
ということかな?


136 :西尾:04/04/18 02:37
>>134
親のサイフから金を抜き取った経験がある自分としては、
もしそういう状況で家族が困っていたら、罪悪感から演技して助けると思う・・・。
でもこれはあくまで文章を読んだ上での推測なので。
もし私のレスを読んで家族への不信が生じてしまっても、私にはその責任は取れません。
確かに姉は疑わしいと思うか、いや、その推測は間違ってると思うか、
そこから先は126さんしだいです。

137 :名無しのオプ:04/04/18 08:26
皆様のお返事ありがたいです。
>135
バッグは三つです。使用の順番もその通り。
>136
姉は嘘がつけないタイプなので、彼女ではないと思う(思いたい)のです。

考えれば考えるほど不思議です。本当に可能性としては>136さんが
仰る通り私が忘れていたとしか思えません。
しかも忘れていたことさえ忘れてしまったなんて・・・


138 :名無しのオプ:04/04/18 11:08
>>137

木曜日のバックうを
木曜日に持っていくとき、財布はどうしたの?
憶えてないの?
外出先で「そういえば財布入れてくるの忘れた!」って感じ?

139 :名無しのオプ:04/04/18 13:47
>138
自分では入れたつもりでした(前日の荷物を丸ごと移した)ので、
外出先で「無くした!」と思ったのです。



140 :名無しのオプ:04/04/18 14:02
木曜に使うバッグを選んで、財布や荷物移し変えてる途中、「あっ、このバッグ
日曜に使ったから」と気づき実際使ったバッグに移し変え。財布だけ移し忘れ。

これが現実的だな。


141 :名無しのオプ:04/04/18 14:05
ややこしい日本語だな

日曜のバッグ・・・A
月〜水のバッグ・・・B
木曜のバッグ・・・C

として、BにあったものをAに移し変えてる途中Cにしようと気持ちがかわる。
結果、Aのなかに財布だけ残して荷物はC。そういうことだな

142 :名無しのオプ:04/04/18 14:24
そこら辺に置きっ放しにしていた財布を見つけた姉さんが
カバンに入れておいてくれたんだけどバッグが違う事に気がつかなかった。
っていうのはどうですか?

143 :138:04/04/18 14:48
>>139
移し変えた後、すぐそのままバックを持って出かけたの?
それとも出かけるまで、暫くの間バックはそのまま放って置かれてた?

144 :名無しのオプ:04/04/18 16:23
>143
すぐに持って出かけました。

145 :名無しのオプ:04/04/18 16:29
前日の荷物を丸ごと移しかえる時に、どうして財布がないことに気がつかなかったの?
それから日曜から月曜には、丸ごと移しかえはやらなかったの?

146 :名無しのオプ:04/04/18 16:58
>145
日曜(仮にバッグA)→月曜(同B)に移し変えしました。
その後、月曜から水曜にかけて財布を使用したため、財布はバッグBに入っているものと思い、
木曜の朝に荷物を(バッグCへ)全部移し変えた=バッグBに入っていた財布も
当然移し変えたものだと思い込んだのです。すると財布はバッグAから見つかったというわけです。


147 :138:04/04/18 17:00
えーと
バックの中に内袋のようなものがあって、それごと移し変えたのかな?
物を一個づつ移し変えたのではなく。

148 :名無しのオプ:04/04/18 17:05
つまり、
日曜:バッグA使用。財布も使った。
月曜:バッグA→Bへ丸移し。バッグBを使用。財布も使った。
火曜:バッグBを前日のまま使用。
水曜:同上
木曜:バッグB→Cへ丸移し。バッグCを使用。出先で財布が無いことに気づく。
   もしかしたら前日に使用したバッグから移し忘れたかなとバッグBを
   覗くも、財布は発見されず・・・無くしたかな・・・?
土曜:なぜかバッグAから財布発見。なぜ・・・?

ということです。もう何がなんだかわかりませぬ。お姉さん大好きです。


149 :名無しのオプ:04/04/18 17:07
>146
いや、それだけじゃ前に書いたことの繰り返しだよ。
バッグCへ移し変える時に、全く個々の品物を見ずに移し変えるような方法をとったわけ?
移し変え方をもっと具体的に書けば、何かヒントになるかもしれないよ。

それから、A→Bに移し変える時には、丸ごとじゃない移し変え方をしたの?
具体的にはどういう風に移し変えていったわけ?

150 :149:04/04/18 17:11
あ、A→Bも丸移しなのか。
とにかく君の言う丸移し方法を、もう少し具体的に。

151 :名無しのオプ:04/04/18 17:50
>149
説明が下手でごめんなさい。
丸移しはですね、ただバッグを二つ並べてルーズリーフ、ペンケース、辞書、
定期入れ、文庫本などを一方から別の方へ入れてゆくだけです。
B→Cに移した時(木曜の朝)は、Bの中のものを全て移したことを確認しましたが、
個々のものをチェックしたりはしませんでした。

152 :149:04/04/18 18:15
つまり、個々の品物はひとつひとつ手に取って移し変えてはいるが、
その作業は無意識に行われているので、財布があったかどうかは
覚えていない、と。うーん。

ではあとはバッグの色や形状、それから収納場所ですね。
3つのバッグそれぞれ全くの別物で、一目で違いが分るのか。
水曜の夜から木曜の朝にかけて、3つのバッグはそれぞれどこに置いてあったのか。

そして最後に、移し変え作業中に何か変わったことはなかったか。
例えば、途中で席をはずして、戻ってからまた作業を続けたとか。
うっかりバッグを倒し、起こしてから作業を続けたとか。
どんな些細なことでも構わないので、何かありましたら教えて下さい。

153 :名無しのオプ:04/04/18 18:16
だから>>141が一番ありえるのでは?

気が変ったことを忘れてるだけでさ。

154 :名無しのオプ:04/04/19 06:40
>152
三つのバッグの特徴と収納場所は以下です。
A:黒、布、A4サイズ。箪笥の横に放ってありました。
これ、着物の時しか使わないバッグなんです(日曜は着物だった)。
 だから>>141はないと思います。
B:黒、皮、A4サイズ。机の横に置いてあります。
C:茶、布。結構大きい。チャック等ついていないので
 ”閉める”ということが出来ないタイプのもの。

作業中に起きた事・・・携帯に母から電話がかかってきたのと、コンタクトを
忘れていたので取りにいったような気がします。
なんだか本当に自分がボケていただけのような気がして・・・皆様には感謝です。


155 :名無しのオプ:04/04/19 14:11
仲間はずれを探して

1、Yの悲劇 2、IT 3、隣の家の少女 4、皇帝の嗅ぎ煙草入れ

156 :名無しのオプ:04/04/19 14:12
2番か?

157 :155:04/04/19 15:30
理由も言ってね。

158 :名無しのオプ:04/04/19 18:00
1)ひらがな・漢字がタイトルに含まれない
2)一冊で話が完結しない
3)唯一のベストセラー

159 :名無しのオプ:04/04/19 18:17
4)”の”がない

160 :名無しのオプ:04/04/19 18:18
5)2だけに超自然の化物が出てくる

161 :名無しのオプ:04/04/19 18:25
6)2の作者の姓にだけgが付く。

あと2が仲間はずれの理由はないかね?

162 :名無しのオプ:04/04/19 18:27
7)2にだけ「〜と呼ばれた子」という題名の本がある。他のにはない。


163 :名無しのオプ:04/04/19 18:45
3の作者以外は複数のペンネームがある

164 :155:04/04/19 19:35
残念ながら違います。
ヒント:こうしないと一目瞭然なので…

165 :名無しのオプ:04/04/19 20:04
ここに出てる答えでも正解だと思うけど。

166 :名無しのオプ:04/04/19 20:29
何らかの叙述ネタかな?

167 :名無しのオプ:04/04/19 20:31
なんか作品のネタバレにつながる危険な香りのする問題なので
しばらくここは遠慮しておこう・・・

168 :名無しのオプ:04/04/19 20:58
ネタバレ的な観点からは4が仲間はずれか(理由はメール欄)

169 :168:04/04/19 20:59
すまんメール欄書き忘れたw

170 :名無しのオプ:04/04/19 22:02
>>165
厨房ハケーン

171 :名無しのオプ:04/04/19 22:14
ちょっと>>162でワラタ

172 :155:04/04/19 22:38
>>168
ネタバレなんてしませんよ。
といいつつ、ちょっと意識はしてましたw

173 :名無しのオプ:04/04/19 22:43
つーか、155が正解を決めることができるのか?
>>158-162がはずれだって理由を書いてみろよ。

174 :名無しのオプ:04/04/19 22:47
よっぽど悔しかったらしい

175 :名無しのオプ:04/04/19 22:53
どうせ複数の回答がありえる問題だし、ネタバレ絡みそうだし・・・
もう正解イラネ

ってことでネクストカモン&「犯人」カモン

176 :名無しのオプ:04/04/19 22:56
出題者が用意していた答えと違ってても、回答として間違ってはいないよ?

177 :名無しのオプ:04/04/19 22:56
複数の回答があり得ない問題ってどれだけあったっけ?

178 :155:04/04/19 22:58
はわわ・・・。

正解は4番。クイーン、キング、ジャック・・・

すいません。もう来ません。
2ちゃんって怖いところなんだなぁブルブル・・・

179 :名無しのオプ:04/04/19 23:01
>>178
「これらの共通点は?」という問題にすれば良かったのに

180 :名無しのオプ:04/04/20 00:13
>>178
一人ヘンなのが紛れ込んだだけなので気にしないでまた問題出してくださいね〜

181 :名無しのオプ:04/04/20 01:23
ぴったり3つだしいいんじゃね。外れもなんかのメタファになってるといいのかも。

182 :名無しのオプ:04/04/20 04:55
まあ、ぶっちゃけ>>170>>174は155のジエンなんだろうな・・・。

183 :名無しのオプ:04/04/20 09:12
( ゚Д゚)ポカーン

184 :名無しのオプ:04/04/20 11:31
ハァ?

185 :名無しのオプ:04/04/20 14:56
仲間はずれを探して

1、鑢 2、警官嫌い 3、ディミトリオスの棺 4、大いなる眠り

186 :名無しのオプ:04/04/21 03:16
仲間はずれの答えがわかるとかの以前に
 1 の読み方がわからなかった俺は負け組



悔しいからGOOで検索した

やすり 0 【▼鑢】

(1)鋼(はがね)の表面に細かい溝を刻み、焼き入れした工具。
 工作物の面を平らに削ったり、角(かど)を落としたりする
 のに用いる。形や目の切り方などによりいろいろ種類がある。
 「―をかける」
(2)謄写(とうしや)版の原紙を切る下敷。
  板状の鋼をやすりにしたてたもの。

三省堂提供「大辞林 第二版」より




でも答えは和漢ね _| ̄|○

187 :名無しのオプ:04/04/21 03:55
ディミトリオスの棺だけメル欄だっけ?

188 :185:04/04/21 14:44
>>187
それもありますね。
でも僕が用意した答えとは違っています。

189 :名無しのオプ:04/04/22 07:13
2以外はK官が犯人?

190 :名無しのオプ:04/04/22 18:27
>>189
おもいっきりローカルルール無視してるな

191 :名無しのオプ:04/04/23 00:59
うん、死ねばいいのにな

192 :頭の割られたネコのお話1:04/04/23 01:58
別にパズルではないのですが、私が子供の時に体験した奇妙な出来事を書きます。なおこの話はちょびっとエグかったり、グロかったりしますのでそういうのが苦手な人は避けて下さい。

私が小学2年か3年の時の事です。その日、学校の数学の時間に学校から家までの距離を測ってみましょうといった事をやったのです。
それで授業中に10メートルの距離を何歩でいけるかを計測し、学校の帰りに家までの歩数を数えれば、計算によって家と学校までの距離が解るといった物でした。
それでその日の帰りに3人の友達と共に歩数を数えながら一緒に帰っていたのです。しかし私はどうにもやる気が無く、途中で飽きてしまい数えるのを止めてしまいました。友達は依然として声を出しながら歩数を数えていました。
私はそれでとても退屈になったのです。いつもならば友達と話しでもしながら帰るところなのですが、真面目に学校から与えられた課題をこなそうとしている友達に話し掛けることはできず、唯々友達の後ろをトボトボと歩いていました。
しばらくそうして歩いていると、民家のブロック塀の傍に建つ電柱の影に、伏せて俯いているネコの後ろ姿を見つけたのです。確か体毛は灰色だったと思います。後ろ姿だけでも毛並みは悪く、餌を取るのも四苦八苦してそうな野良ネコであると思いました。


193 :頭の割られたネコのお話2:04/04/23 02:01
動物好きであり、何よりも酷く退屈していた私は何の躊躇も無くそのネコに近付くと、後ろからその背中を撫でようと手を伸ばしたのです。するとその気配を察したのかそのネコがこちらに顔を向けたのです。
その顔には何か白茶色した粘り気のある液体がべっとりとついていました。
右目はその液体に完全に隠れており、薄く液体の付いた左目は閉じていました。狭い額も低い鼻も全く見えず、口の周りにまでその液体はついていました。そして顔を向けたネコは一声にゃーんと鳴いたのです。
その顔を見た私は非常に驚き、このネコは車に引かれてでもして脳みそが頭から出ているんだと思いました。そう思ってしまうと今度は良く解らない恐怖が襲ってきてしまい脱兎のごとくネコの元を去ると、先を行く友達の元へと走りました。
まだ友達は声を出しながら歩数を数える事に集中しており私の方には見向きもしませんでした。私はその時心底びびっており、友達に今起きた事態を説明する事ができないでいたのです。
そして歩数を数え続ける友達と共に私は混乱する頭のまま家に着きました。
家に帰ってからも家族に話す事ができず、あのネコはもう死んでしまったのかな等と考えながら眠りに就きました。


194 :頭の割られたネコのお話3:04/04/23 02:07
次の日学校に行っても昨日の事は誰にも言えずにいました。
この時点ではもう恐怖があったとか混乱していたとかではなく、明
確な自責の念によって話せずにいました。自責の念とは、私が見た
時あの頭の割られたネコは確かに生きていたという事実です。すな
わち私があの時にネコを病院に連れていけばあのネコは助かったか
もしれないと思ったからです。私はあのネコを見殺しにしたと思い
込んでいたのです。ですから誰にも話せずにいました。またあの日
以来、しばらくはあのネコのいた道は通らずに学校に通っていました。一緒に帰る友達にも何だかんだと言って違う道を通って帰って
いました。

それから私も年を重ねて行き、細々とした記憶は段々と風化してい
ったのですが、あの頭の割られたネコの顔だけは忘れる事ができず
にいました。それだけあのネコの顔にはインパクトがあったのです。
しかし、年々疑問に思う様になってきていたのです。本当にあのネ
コは頭が割れて脳みそが飛び出していたのだろうかと。
そして先日ある話しがきっかけになり私は真相に辿り着いたのです。
真相と言うのは少し違っているかもしれません。あのネコがその後
どうなったのかは知らないのですから、ただ私が大いに納得する推
論であるといった方が正しいかもしれません。

そこで皆さんならばどういった推論を導き出すのか聞きたくてこの文章を書きました。色々な推論を出して下さい。
また私が導き出した推論では誰かの悪戯により白茶色の液体をかけられたというのではありません。


195 :名無しのオプ:04/04/23 04:56
単純にハチミツやピーナッツバターをあさってた、っていうんじゃないだろうな・・・。

196 :名無しのオプ:04/04/23 19:34
頭が割れてるネコって見た事ない
自転車に轢かれて、胴体だけぺちゃんこになった子猫なら見た事あるけど…
見つけた直後は生きてたから可哀想だったなあ…殺ったの誰だよ!!
すれ違いsage

197 :名無しのオプ:04/04/24 22:09
解答待ちage

198 :185:04/04/25 00:15
正解は3でした。

それ以外の作品の作家は皆ヒッチコック映画の脚本書いた経験有り

199 :頭の割られたネコのお話:04/04/25 03:04
>>195
ハチミツの様な半透明な液体ではありませんでした。
また、ピーナッツバターの様な半固形物でもありませんでしたが、そのほうが気分は良いかも

200 :名無しのオプ:04/04/25 15:41
>>185
それじゃ作品名出す意味ない。悪意のあるミスディレクションだな。


201 :185:04/04/25 16:08
>>200
自分の回答が間違ってたからって逆ギレされても・・・

202 :名無しのオプ:04/04/25 22:11
>>185
いや、単純に君の解答がつまらないだけ。

203 :名無しのオプ:04/04/25 22:13
つーか、正解が一意に決まらない問題はそろそろやめにしない?


204 :名無しのオプ:04/04/25 22:52
正解が一つでなくても楽しければいい。
出題者が>>201みたに独善的なこと言わなければOK

205 :名無しのオプ:04/04/25 23:54
>>203
たしかにいくつもいくつも続くと呆れてくるな

206 :名無しのオプ:04/04/26 00:02
オタじゃないとわからない問題はなあ・・・。
まあミス板だからいいのかもしれんけど。

207 :名無しのオプ:04/04/26 01:39
>>203
出題者の好みとか着眼点を出題されても困るよな。

三角形、四角形、五角形、六角形
この中で仲間はずれは?

メール欄だけど、納得できる?

208 :名無しのオプ:04/04/26 03:57
>>185
ツマンネ。出直して来い

209 :名無しのオプ:04/04/26 04:18
>>207
それは科学的に明確なことなので納得せざるをえないね


でも、「仲間はずれ」問題って、着眼点とか論理的思考とかの
能力を試すための試験じゃなかったっけ?もともとは
心理屋がやる知能テストかなんかの方法の一つでしょ?

回答者の(心理的)能力を鑑定するのが目的であって、
出題者を納得させられるかどうかがポイントなんじゃないの
それでカウンセリングや配属なんかに役立てるという

一応模範解答は用意されてるけど、それを当てても
「期待通りのこたえを用意する定型的に能力の高めの人間」
とかそういう話になるだけだとそう想像する

210 :名無しのオプ:04/04/26 11:32
おまけに「仲間はずれ」問題はものによってはネタばれも覚悟しないと
いけない、と。

211 :A.M.:04/04/26 15:14
仲間外れクイズに挑戦してみます。

Q.次の5人の中で仲間外れは誰でしょう?

1.明智小五朗 2.金田一耕介 3.星影龍造 4.火村英生 5.法月倫太郎

これなら答はほぼ一つに絞れるかと。でも簡単すぎるかも。

212 :名無しのオプ:04/04/26 17:05
そりゃ法月でしょう。

213 :名無しのオプ:04/04/26 17:08
1かな?(理由はメル欄)

214 :名無しのオプ:04/04/26 17:13
4かもな(理由はやはりメル欄)

215 :212:04/04/26 17:18
だって字が違うもんw

まじめに考えれば作者と同じ名前だから。

216 :名無しのオプ:04/04/26 17:18
ほんとだ。結構間違ってる人いるね。

217 :名無しのオプ:04/04/26 17:19
2。
「きんだいち」だけ姓の読みが五文字。

218 :名無しのオプ:04/04/26 17:22
2番

これだけ苗字が三文字

219 :名無しのオプ:04/04/26 17:25
>>215
惜しいなぁ
これは絶対4でしょう(理由はメル欄)


220 :名無しのオプ:04/04/26 17:25
探偵の名ぐらい正しく書けよなー

221 :217:04/04/26 17:40
>>218
そっちの理由付けの方がスマートだった_| ̄|○

222 :名無しのオプ:04/04/26 19:04
>>211
3だけ俺が知らない。


223 :A.M.:04/04/26 19:07
正解者もいらっしゃいますが、>>211の解答を
(メール欄)の方に書き込んでおきます。

224 :A.M.:04/04/26 19:10
追補を(メール欄)に。

225 :名無しのオプ:04/04/26 21:21
くだらん

226 :名無しのオプ:04/04/26 21:38
>>223
ミス板としては妥当な解答だね。
この板では唯一の正解と言ってもいいかも。

227 :名無しのオプ:04/04/26 21:59
>>211
実はこれはすごくいい問題だと思いますよ。
2ちゃんねる上ではわざと誤字を使うことが多いので
ほとんどの人が誤字に気付きながらも2ちゃんねる独特の表記方法だと思い、気に留めなかったはず!
ところがその誤字こそが正解を得るためのカギだったとは!
もし仮にその問題がクイズ本として出版されている問題集の中にあったら誰もがすぐに正解に気づいたことでしょう。
なぜなら出版物においてそのような致命的な誤字は(しかも3つも!)ありえないからです。
2ちゃんねるだからこそ騙すことが出来る見事なトリック!
ある意味メタです!


228 :名無しのオプ:04/04/26 23:24
そろそろ違うタイプの問題を・・・。

229 :名無しのオプ:04/04/26 23:32
こういう問題は仲間はずれも「なるほど」と思えるように絡めて欲しいのです。

230 :名無しのオプ:04/04/26 23:34
所謂「仲間はずれ問題」は差別意識を助長するので良くないと思います。

231 :名無しのオプ:04/04/26 23:49
お兄さんは18歳
弟は15歳
兄弟ゲンカをして負けたのはどっち?

232 :名無しのオプ:04/04/27 00:00
>>231
リアルタイムすぎ

233 :名無しのオプ:04/04/27 13:33
はいはい、負け惜しみはいいからw

234 :名無しのオプ:04/04/28 10:16
>>192の答えまだー?(AA略

235 :名無しのオプ:04/04/28 11:47
鳥の糞だろう、多分

236 :名無しのオプ:04/04/28 19:42
つーか普通に病気です。
目を引っ掻いてしまい化膿したのでしょう。

237 :名無しのオプ:04/04/28 23:07
とりあえず「ぶっちゃ」の答えと「犯人」の声明を希望する。

238 :名無しのオプ:04/04/28 23:41
お約束カキコする暇あったら問題考えれ

239 :頭の割られたネコの推測1:04/04/29 02:35
まず、私がなぜ年々疑問を感じてきたのかと言いますと、私の記憶には赤がなかったからです。
赤色というのは非常に印象の強い色ですから、もし私が赤色を目にしていればそれを忘れることはないはずです。
したがって、あのネコには赤色がなかったのでしょう。赤色とはすなわち血の事です。
仮にあのネコが事故にあうなり、どこかの悪童に金属バットや鉄パイプで頭を叩き割られていたのなら、脳みそだけではなく大量に出血していたことでしょう。
そう考えてあのネコは別に死にそうになっていたわけではないと思いました。けれども、あのネコがなぜあんな状態に陥ったのかは皆目検討もつきませんでした。


240 :頭の割られたネコの推測2:04/04/29 02:37
しかし某掲示板の書き込みを見ていた時にある推測に至りました。
その掲示板には、カラスがゴミを荒らすなどして害鳥と言われているが、鳩も病気を持っているし体中に寄生虫がおり、非常に不衛生な鳥だからある程度は駆除した方が良いのではないかという内容でした。
そして続けてこういう書き込みがありました。
「朝の駅のホームで鳩が誰かのゲロを啄んでるのを見て、無茶苦茶気持ち悪くなった」と。
そこで私のネコの記憶と結びついたのです。
そう、あのネコは餌に困ってしまい、酔っ払いがまき散らしていた吐瀉物を貪っていたのだろうと。その吐瀉物は電柱やブロック塀にも付着しており、地面の吐瀉物を貪る時に額や鼻を電柱やブロック塀に擦り付けていた為、顔中に吐瀉物が付着してしまったのだろうと。
そう思い至った私は長年胸の中にあった疑問がすっと氷解し、とても良い気分に・・・・・・・・・・はなりませんでした。


241 :名無しのオプ:04/04/29 02:50
乙age

242 :名無しのオプ:04/04/29 22:25


243 :名無しのオプ:04/04/29 23:11
ちょっと思いついたんで書かせて。
「犯人」は>227。犯行内容は「ほめ殺し」

なんか、そのうち「ぶっちゃ」と「犯人」に触れると
ガッってされるようになったりして。

244 :名無しのオプ:04/04/30 12:22
  Λ_Λ   \\    ♪
  ( ・∀・)   }三{  /
 と    つ==□    ピコッ!
   Y  イ    }三{
    し'ヽ_)   <  >_Λ∩   >>243
           (^V`Д´)/
         〉     /

245 :名無しのオプ:04/04/30 19:05
違う板でここの存在を知り
過去ログを読んで勉強して
ようやく参加できると思ってたのに…

246 :名無しのオプ:04/04/30 20:25
>>245
そんな時は出題者になろう。

247 :名無しのオプ:04/05/03 04:44
問題期待age

248 :名無しのオプ:04/05/03 11:57
もしかするとここなら答えがわかるかも、と思い、
長年の謎を書きこませて頂きます。私自身にも
正解は全く分かりません。皆さんの推理力だけが
頼りです。

2年ほど前、大学生だった私は電車通学をしていました。
私が下車するある駅にはホワイトボードの伝言板が設置されて
いて、普段はほとんど書きこみがないのですが、6月のある日から、
そこに不思議な文章が書かれ始めました。
決まって伝言板の左端に

「オートロック=JS」
「シンガポール=WT」

249 :248:04/05/03 11:58
初めのうちはあまり気にしていなかったのですが、
何しろ毎日のように新しい文が書かれていきます。
そしてそのうち、これは暗号なのではないか、と思い始めた私は
メモをとって考えるようになりました。

「砂時計=SI」
「チャンネル=4」
「文庫本=RE」
「カナリヤ=QL」
「タバコ=55」
「時計=GB」
「ネコ=CU」
「海図=XK」
と、当時使っていた手帳には記録されています。

250 :248:04/05/03 11:58
これが10日ほど続くと今度は
「私は誰なのか?」
という、これまでと同じ筆跡で書かれた文章がありました。
私には意味が全くわかりません。
しかし翌日、その隣の行にこれまで見たことのない字で
『リカルドさんですか?』と。

ここからはやり取りだけを書きますが
「よくわかりましたね。」
『なんとかわかりました。』
「失礼ですが、あなたは?」
『私はリンダです』
「エクセレント!完璧です。素晴らしい。」
『面白い問題をありがとう。今まで楽しかったです。』
「いいえ、こちらこそ解いてくれてありがとう。」
これを最後に謎の文章による出題(?)は終了しました。

251 :248:04/05/03 11:59
これが2年前の6月頭から中ごろまでに起こった
私の小さな事件です。書いている本人ですら
全く意味がわかっていません。きっと暗号みたいなもので、
出題された暗号に誰かが回答したんだとは思うのですが…。
どなたかわかる方はいらっしゃいませんか?

※私の単なる憶測ですが、最後のやり取りを見ていると
「リンダ」という名前すらもこの暗号の答えっぽいと思うのです。
「私=リカルド」、「あなた=リンダ」という風に。

252 :名無しのオプ:04/05/03 19:55
オラ、ワクワクしてきたぞ。

253 :名無しのオプ:04/05/03 21:31
すまんギブアップw

254 :名無しのオプ:04/05/03 22:03
とりあえず、リカルドとリンダにイライラしてきたw

255 :名無しのオプ:04/05/03 22:06
カッコいいやり取りだなー、ちくしょう。
えーい、ageだageだ、みんな悩め悩め!(w

256 :名無しのオプ:04/05/04 00:10
何かのキーボード配列に当てはめるんじゃないか?

257 :名無しのオプ:04/05/04 00:21
ぶっちゃ化しそうな悪寒。

「チャンネル」と「タバコ」が数字なのがなあ・・・。
この設問でどうやったらふたつの名前が導き出せるんだろう?


258 :名無しのオプ:04/05/04 00:47
248を恨むよ…
GWはリンダとリカルドで頭がいっぱいさw

259 :名無しのオプ:04/05/04 02:26
どこの地方だろ?
チャンネル=4ってのは関西だとMBS?
でもそんな単純なものじゃないのかな?
全然解らない

260 :名無しのオプ:04/05/04 09:53
時計と砂時計が突破口になりそうなんだが・・・さっぱりだ

261 :名無しのオプ:04/05/04 10:22
>>248-251
名探偵求む……。

262 :名無しのオプ:04/05/04 11:46
とりあえず出題者がどの辺りに住んでるのか
教えて欲しい所だね。

263 :名無しのオプ:04/05/04 15:25
メモをとっていなかったはじめのうちに

「私はリカルドです。あなたの名前を聞いたらリンダってこたえてね!」

とか書いてあった。

264 :名無しのオプ:04/05/04 17:21
なんか248のって、これだけじゃ解けない悪寒。
質問者と回答者に何か共通の知識があって、それがわかんないと解けないような。
オタクがオタクに「同志いますか?」的にメッセージを発してるような印象を
受けるんだけど。
リカルドってなかなか出てこないよね。。。



265 :名無しのオプ:04/05/04 17:58
リカルド=リンダの自作自演

266 :名無しのオプ:04/05/04 19:04
http://www.google.co.jp/search?q=cache:IC44RE17w3UJ:village.infoweb.ne.jp/~fwjd8214/htm/papa/list2/NA/pickard.html+%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80&hl=ja

これが関係ありそうじゃね?

267 :名無しのオプ:04/05/04 20:35
>>266
それ読んでないと分かんないんじゃ辛いね。
そうじゃないことを祈りつつ挑戦中…。

268 :名無しのオプ:04/05/04 21:19
>>266
俺も問題を見た後にリンダとリカルドで検索したさ。
それにぶちあたってチリコンカルネも検索したさ。
あと怪しい人名辞典も見て意味とかアナグラムかとか色々……
リンダとリカルドが頭の中を回ってます。

このまま連休が終わってしまったら気になって学校に行けません。
>>248-251 誰かー

269 :名無しのオプ:04/05/04 21:25
10の単語にアルファベット・数字が二個ずつ。ひとつだけのものが一個。
的外れかもしれないけど・・・

わたしはりかるどです(10文字)
あなたはりんだです(9文字)

なのよね。なんか気になるんだよなあ

270 :名無しのオプ:04/05/04 21:46
>>249
タバコのところ、55じゃなくてSSということはない?

271 :名無しのオプ:04/05/04 21:54
んじゃ4もAとかDとか?

272 :名無しのオプ:04/05/04 22:36
英語が導き出されるのかな?
RicardoとLinda、うーむ・・・。

273 :名無しのオプ:04/05/05 00:00
これ、日本語で考えていいんでしょうかねぇ?
元々英語の問題なんじゃないかって気がするんですが。

274 :名無しのオプ:04/05/05 13:12
とりあえず良くわからないので

オートロック=auto lock
シンガポール=Republic of Singapore
砂時計=sandglass
チャンネル=channel
文庫本=book?
カナリヤ=canary
タバコ=tobacco cigarette cigar
時計=watch clock
ネコ=cat
海図=chart



275 :>>274:04/05/05 14:03
文庫本=pocket book
かな

276 :名無しのオプ:04/05/05 17:19
paper backもしくはpaperback bookという表記もある。
日本でいうノベルスも入る場合が多いんで>275が無難だけど。

…イニシャルで考えるとどっちみちPBか。

277 :名無しのオプ:04/05/05 17:46
砂時計はhourglassも使うよね。
文庫本=paperback
とすると全ての単語にaが含まれてる。cも多い。だから何だと言われるとアレだけど。

チリコンカルネの原題は『The 27-Ingredient Chili Con Carne Murders』
27というのはチリコンカルネに27種類の材料を使うかららしい。
タイトルを示してる…訳ではなさそうか。

278 :名無しのオプ:04/05/05 19:49
タバコとチャンネルの数字がきっかけになりそうな気がするが、さっぱりわからない・・・。
チャンネル=4、タバコ=55・・・う〜ん・・・。

279 :名無しのオプ:04/05/05 20:15
そもそも>>248は本当に解答を知らないのか?
出題文のくだりは実話?

結構、これポイントだと思う。
実話だとしたら、懐広く構えないとね
もしかしたら全くのスレ違い、板違いかもしれないしね

>>248が解凍知ってるとすると
少なくともミステリ板に向いた問題だと捉えていいかな?

280 :名無しのオプ:04/05/05 20:37
実話の形を取った出題のようにも見えてしまう
そのうちメモをとって考えるようになった、と言うわりに
10日分の暗号文(?)がきちんと残っているし
10個で1セットで、メモし忘れた部分とかは無いのかな?

281 :名無しのオプ:04/05/05 20:38
どうしても気になったので>>248-251をガイドライン板に通報しますた!
謎のスレのガイドライン。
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/gline/1027949350/337

282 :名無しのオプ:04/05/05 20:54
やべー
これ解らないと明日の仕事できないよー

283 :名無しのオプ:04/05/05 20:58
実話だったら、とっくに248が再登場して「いえ、実話です」って言うよ。
あと「エクセレント!」なんて普通言わない。
これは英語のクイズを翻訳した証拠。
ワールドダウンタウンで聞けるけどあれも翻訳の強調。

284 :248:04/05/05 21:01
いえ、実話です

285 :名無しのオプ:04/05/05 21:02
>>284
もっと情報ないの?

286 :名無しのオプ:04/05/05 21:05
チャンネルだけ一文字というのがね…
ほかと何が違うのか

287 :名無しのオプ:04/05/05 21:07
図書館の本の分類記号ではないかといってみる。

288 :名無しのオプ:04/05/05 21:18
もしかして>>265が正解?
んでもってこの問題って叙述トリック?
問題の暗号を書き「私は誰なのか?」と問い掛けた人物と『リカルドさんですか?』と書いた人物は
筆跡からいって別人なんだろうけど「よくわかりましたね。」以後のやりとりについては
どちらの筆跡だったかは明記されてない(「」と『』を使い分けてはいるが)
つまり『リカルドさんですか?』と書いた人物がその後も「よくわかりましたね。」「エクセレント!完璧です。素晴らしい。」
などと、あたかも正解しているかのような書き込みを自作自演していたのでは?

289 :名無しのオプ:04/05/05 21:24
「チリコンカルネ」、誰か読んでる?
この本の中にそのまんまの暗号が出てくる、というのが一番ありそうな解答な気がする。

でも、そう考えると最後の方のやり取り(>250)が不自然なんだよな。
「リカルド」を知っている時点で既読である事は明らかなので、「リンダ」について問い直す必要は無い。
それに、「解いてくれて」という感想が出てくるのもやや不自然。

290 :名無しのオプ:04/05/05 21:27
>>286
それだ!!

291 :名無しのオプ:04/05/05 21:33
「エクセレント」だけ半角なのが謎を解くカギなのか?

292 :名無しのオプ:04/05/05 21:46
チソコクワエルネ

293 :名無しのオプ:04/05/06 03:08
やった!
>>248-251がやっと分かった!
純粋な暗号問題だよ。
もしかしたらミステリマニアよりも数学の知識が必要かも。
よかったら他の例を参考にしてください。


*****!!ヒント!!見たくない人は注意!!*****
コーヒーカップ=TE
自転車=PZ
万年筆=BF
枕=LS
ラジオ=WI
キュウリ=37

294 :名無しのオプ:04/05/06 03:18
>>293おめ

>>248-251
つーか、暗号なら数学板でやったら?


295 :名無しのオプ:04/05/06 09:42
>>293
リンダとリカルドは?
暗号の発案者とか、その暗号がでてきた小説の登場人物?

296 :名無しのオプ:04/05/06 10:43
>>295
>>293です。
ええと、暗号に関する専門的な呼び方はよく分からないのですが、
「私はリカルド」がそのまま暗号の鍵になっているという感じ。。。
で、それでいくと「あなたは○○」を埋めようとすると「リンダ」とするより他にないと。
たぶん○○には任意性はないと思うのでこれで正解だと思います。

297 :名無しのオプ:04/05/06 12:53
なるほど数学ね
おれさんすうもできないし、リタイアしよう。

餓鬼のように口あけて正解待ちモードに突入w

298 :名無しのオプ:04/05/06 18:07
正直、ぶっちゃの時にもないはずの正解をほのめかす書き込みがあったことだし、本当に解けてるのか半信半疑だったりする。
なので>>293氏もあんまりひっぱらないで正解教えてもらえるとうれしいな。

299 :295:04/05/06 18:11
>>296
それだと、

>『リカルドさんですか?』と。
>
>ここからはやり取りだけを書きますが
>「よくわかりましたね。」
>『なんとかわかりました。』
>「失礼ですが、あなたは?」
>『私はリンダです』
>「エクセレント!完璧です。素晴らしい。」

が噛み合ないような気がするけど・・・

>>298
同意。

300 :名無しのオプ:04/05/06 20:06
数学がいるんでしょ?
だったら犀川先生のとこにでもメールしろよ

301 :名無しのオプ:04/05/06 20:26
どうしても自力で解きたい人ももう居ないと思うのでw
293さん回答よろ〜щ(゚Д゚щ)

302 :293:04/05/06 23:05
ネタですた。。。
意外と食いつきが良くて良心が痛みます。。。
すみませんでした。。。

303 :名無しのオプ:04/05/06 23:17
答えは分からんが
「失礼ですが、あなたは?」に対して「私はリンダです」
と答えてる部分が腑に落ちない。
その理由は「私は誰なのか?」という問いに対して「あなたはリカルドさんですか?」
という風に答えていないから。

これが問題であるなら、人称そのものも暗号の一部と考えるほうが妥当と思うので
私=リカルドと前提されている下で「私はリンダです」と答えてしまうと
私=リカルド=リンダ になってしまうような気がしてならない。
なので「あなたは?」の問いには「リンダです。」と答えるべきなはず。


まぁ「私は誰なのか?」という暗号に対する答えが「リカルドさんですか?」
「失礼ですが、あなたは?」に対する答えが「私はリンダです」
という答えしかあり得ないという可能性もあるんですけどね。
そーなると法則見つけない限りもはやお手上げヽ(´ー`)ノ


俺の腐った脳みそじゃ_ 答えあるならそろそろ_| ̄|○

304 :名無しのオプ:04/05/06 23:27
>>293を読んだ時点では、ぶっちゃキタ━━━━ !!!!!
と流して読んでいたんだけど、
>>296見て、ほんとに解けたのかと思ってしまった。
ちとくやしい。とりあえず、乙。

305 :名無しのオプ:04/05/06 23:29
クソッ、キバヤシを呼ぶしかないのか!!?

306 :名無しのオプ:04/05/06 23:30
単語がアルファベット2文字なり数字なりになるとするなら、

「私は誰なのか」についても私=**という回答は想定しえないんだろうか?
もちろん「あなたは?」についても同じ。

それなのに「リカルド」「リンダ」で「エクセレント」でイヤッホーはちょっとなあ・・・

307 :名無しのオプ:04/05/06 23:33
>>283-284のやりとりを見てると問題そのものがネタっぽく思えてきた。

308 :名無しのオプ:04/05/06 23:34
>>306
そこは、
リカルド=ME または I
リンダ=U
かなと思いました。
最初から日本語の問題だと思ってなかったので。

309 :名無しのオプ:04/05/06 23:35
私(という単語)=(例えば)KY=リカルドとなるのか
暗号の中に「私」の情報が隠れているのか、という事もちょっと気になるね

310 :名無しのオプ:04/05/06 23:49
普通に行くと同じアルファベットを共有してるオートロックと砂時計
共通の日本語を含む砂時計と時計のこの三つ、特に砂時計がキーになりそう
あとはタバコかな、正直チャンネルはそれ自体から答えを引き出せなさそうな悪寒

311 :名無しのオプ:04/05/06 23:59
問題は法則らしきものが見つかっても、リカルドにもリンダにも
つながらなさそうなことっすね。

312 :名無しのオプ:04/05/07 00:15
>>293は99%ネタだと判っていた。
だけど1%の可能性に期待していたんだよ、うう…。
まあおもしろかったよ。

313 :名無しのオプ:04/05/07 01:55
>>307
284が偽者だとしても、提出者が一度もレス返さないのはねえ。
この問題も早く忘れるのが吉かな・・・。

314 :名無しのオプ:04/05/07 02:03
どう考えても正解ないみたいだものなあ

リンダ、リカルドの筆跡が本当に別だったか、リカルドの筆跡が本当にそれまでと同
じひとのものだったか、ノートに転写したものが正確だったか・・・・
疑ったらきりがないしね。

315 :295:04/05/07 03:42
ものすげーがっかり・・・(AA略

316 :名無しのオプ:04/05/07 12:32
Σ(・ω・`)なんだこの問題・・・

317 :名無しのオプ:04/05/07 12:57
この中にチリコンカルネを読んだことのあるお医者様はおられませんかぁ〜?

318 :名無しのオプ:04/05/07 13:45
2年前の6月というと、ちょうどワールドカップがあった頃。
このケースは、日本に応援に来ていたリカルドとリンダが
互いの日本語能力向上のために筆記の練習をしていたものとみられる。

319 :名無しのオプ:04/05/07 14:24
オートロック=JSとはなっても
JSからオートロックを導き出すのは不可能ぽ



320 :名無しのオプ:04/05/07 17:53
タバコ=55で思いつくものといえばBATのタバコ「555」
BATは555(とラッキーストライク)の宣伝目的でF1チームBARを設立
このBARで99,00年にドライバーを務めたのがリカルド・ゾンタ
248は「ゾンタ」という見慣れない名前を「リンダ」と読み違えた

・・・な訳ないか
無理がありすぎる

321 :名無しのオプ:04/05/07 18:36
>>320
ものすごい強引だが納得させられるから不思議だw

555とくるならWRCのドライバーとコドラのコンビで
リカルドとリンダってないかね。

322 :迷探偵ゆーりる:04/05/07 20:15
このスレ読んでたんだけど面白いスレですね。
リカルドの途中だけど自分もひとつ。

あるボクシングの試合。
AとBの対戦でAがBの顔面にパンチを当てた。右ストレート!
するとBの頬には血が!しかもなんとその血はCのものだった。
Cはこの時トイレにいたしA,Bとは面識さえない。
A、Bの所有物も触ったことがないしリングにも上がったことがない。
このパンチはこの試合での初ダメージで試合も最初の最初。
Bの顔に最初から血がついていたわけではもちろんなく、
誰かが血のついたものを投げ入れたわけでもない。
ましてや天井から垂れたのでもマットからとんだのでもない。
パンチを受けたBも口内ですらケガはなし。Aも。
さてこれはどういうことだろうか?


323 :迷探偵ゆーりる:04/05/07 20:19
最後の方、かなり制約を付けてしまいました。
あ、血はA、B及びその装備、会場からとんだってのもナシで。

324 :名無しのオプ:04/05/07 20:26
AがCの対戦相手が使っていたグローブを
間違えて使っていた。

325 :名無しのオプ:04/05/07 20:39
>>322
CがトイレでTV観戦していて、Bの頬の上に鼻血をたらした。

326 :名無しのオプ:04/05/07 20:47
>>325
トイレで雑誌の記事読んでて鼻血、の方が自然かな?

327 :名無しのオプ:04/05/07 20:47
Cの血を吸った蚊がBの顔面に吸い付いていたってことで。

328 :名無しのオプ:04/05/07 20:49
誰の持ち物だろうが、Aが身に着けてたら、Aの装備じゃないのかなぁ。

リンダとリカルド問題は、ゲームのモータルコンバットDeadly Allianceで、
XKがHint: DS: Death Shipを意味してたから、XK=海図=死の船で、なにか
関係ありそう〜と考えたけどダメでした。
明日チリコンカルネ読みに図書館行こうかなぁ。

329 :迷探偵ゆーりる:04/05/07 20:51
>>324-326
違いまつ。
事件は現場で起こっています。
装備はCが見たことも触ったこともないもの。
Cの血がついたことは今まで一度もなくA本人のもの。靴他、装備同様。
Cは生まれてから一度も出血したことがない。

330 :迷探偵ゆーりる:04/05/07 20:53
あるひとつの解答を言わせたいがために
制約をつけすぎてキモくなってしまいますた。
ゴメンナサイ。
正解はメル蘭で。

331 :名無しのオプ:04/05/07 22:10
おもしろいけど、なんか「ウミガメ」ちっくだよね。
ウミガメとモナギコ蜘蛛の線引きってどの辺りなんだろうか。
あのスレが大人気で、このスレが過疎ってるのはなんか理由があるんだろうか。

332 :名無しのオプ:04/05/07 22:22
>>331
俺がふざけすぎた_| ̄|○
…に一票

333 :名無しのオプ:04/05/07 22:34
ウミガメははっきりいってミステリ小説のネタばらしまで問題にしてたから
近寄らないことにしてる。

334 :名無しのオプ:04/05/07 22:43
藤原が事務所で昼飯のミートソーススパゲティを食べていると、ベティが楽しそうに入ってきた。
「どうした?」、と藤原が聞いてみると、ベティはシャツを脱ぎ捨てソファに座り、ちょっと笑った。
「ねえ、サイタロー。この問題解ける?」、そう言って、ベティは話を始めた。

ある大学の教授をしている男がいた。その教授が、ある用事で、助手と二人、ある人物を訪ねたときの話だった。
その人物はなかなかの金持ちだった。教授が指定された場所につくと、そこには大きな屋敷があった。
屋敷にはその金持ちと家族、召使が住んでいると教授は聞かされていた。
その日はその屋敷で豪勢な食事が二人に振舞われた。金持ちの家族は皆よい人のように思われた。
特に、その美しい娘に教授は心ひかれた。
移動の疲れのせいか、それとも娘に勧められてついつい飲みすぎてしまったせいか、教授は酔いつぶれるようにして眠ってしまった。
ふと目がさめると、そこは薄汚い、納屋のような場所だった。あたりを見回すと、助手が鍋を火にかけて湯をわかしていた。
「やあおはよう」、そう言って体を起こそうとすると、頭がガンガンした、思わず顔をなでると、朝剃っていないせいだろう、少しだけ伸びたヒゲがチクチクした。
「ああ、教授、おはようだ。すまねえだ、おら寝すぎちまったみてえだ」、助手はにこにこしながら言った。
「うーん、今何時だ?そもそも昨日私はどうしたんだ」、と教授が言うと、助手はにへらにへらと笑った。
「教授は、酒飲みすぎただ。いきなりドテーっと倒れたでおらおどろいただよ。あれから丸々一日寝てただよ」
「なんだって、そいつはいけないな。ご家族の方にご挨拶しないとな」、そう言って教授は身支度をして、小屋の外に出た。

335 :名無しのオプ:04/05/07 22:43
しかし、驚いたことに、そこは何も存在していない、ただの更地だった。
「な、そんな馬鹿な」、教授はあたりを見回してみた。たしかに見覚えのある場所だった、しかし、屋敷だけが忽然と姿を消していたのだった。
「屋敷はどうしたんだ!!」、教授は助手に尋ねた。
「それが、昨日の内に無くなっちまっただ」
「無くなった?たった一日でそんな馬鹿な」
「嘘じゃねえだ。おらはちゃんとみただ。おらは馬鹿だけれども数は数えられるし、記憶もしっかりしてるだ」
お供の助手には、知的障害があった。しかし日常一通りのことは教えてあるし、まじめで決して教授を裏切るような人間ではないのも確かだった。
この時にも嘘をついているようには見えなかった。
この後も何が起こったのか聞き出そうとしたが、助手の答えは要領を得なかった。
「一体何が」、教授は屋敷が存在したその場所に立ち尽くし、暗くなった空を、じっと見上げていた。

「ね、不思議でしょ」、とベティが言うと、藤原はミートソーススパゲティを食べ終わったところだった。
「ふむ」、藤原はそう言ってしばらく考えると、ベティが脱ぎ捨てたシャツで口を拭いて言った。
「なに、簡単なことさ」

さて、消えた屋敷の謎、考えてみてください。

336 :名無しのオプ:04/05/07 22:47
ウミガメは馴れ合いの空気がすごい

337 :名無しのオプ:04/05/07 22:53
>>335  文字通り、教授の寝てるうちに解体されたってのは?
これなら助手も裏切ってない

あと、ウミガメとの線引きは提示された条件だけで答えにたどり着けるか否か、じゃない?

338 :名無しのオプ:04/05/07 22:58
よくある車で家ごと運んじゃうって奴じゃないの?

339 :名無しのオプ:04/05/07 23:08
そういえば今ウミガメスレってどこの板にあるの?
最近ミス板では見かけないような気がするんだけど

340 :名無しのオプ:04/05/07 23:21
オカルト板にあるのがすでに300近くになってる

341 :名無しのオプ:04/05/07 23:57
藤原、サイタロー、ベティって関係ないじゃん。
パクッてきたなら引用元書けよ。著作権侵害だぞ。

342 :名無しのオプ:04/05/08 00:00
>>341
えっと……?

343 :名無しのオプ:04/05/08 00:02
ともかく答えまだ?正解か不正開花ぐらいいってよ

344 :名無しのオプ:04/05/08 00:08
サイタローキター!
以前似たような問題があったが今度は別の解答だろう…
夜の内に溶けてなくなった

345 :334:04/05/08 00:14
ども、出題者です。
>>341
一応自分で考えたものですが、ネタが他人のものと被ってる可能性を否定することはできません。
>>343
いい感じの解答もありますが、今のところ私の用意した正解はでていないです。

346 :名無しのオプ:04/05/08 00:15
バーチャル・リアリティーかな?

347 :名無しのオプ:04/05/08 00:25
>>334いつものサイタローシリーズとは別な方ですか?

前あった似たような問題は
金持ちがホームレスになってたって奴だっけ。
ホームレスにしては豪勢な食事を振る舞って
家を折りたたんでリヤカーで移動した、とかだったと思う。

348 :名無しのオプ:04/05/08 09:02
遊牧民だったw

349 :名無しのオプ:04/05/08 09:34
>>334
何かにそっくりだと思ってたけど、思い出した。
(ネタがかぶったときのためにメール欄1)だ。
半端な(メル2)の伏線のくだりとか。

350 :名無しのオプ:04/05/08 16:51
知障が助手してるって何の教授だよ(プ

351 :名無しのオプ:04/05/08 18:31
ま、そこがポイントなんじゃないの?

つかなんか一人必死な人がいるね

352 :334:04/05/08 18:38
ども出題者です。
あんまりひっぱってもなんなので夜ぐらいに解答を書きます。
我ながら無理があるような気がしてますが。

>>347
いつもの奴です。今回は前に出題されてた館消失問題の人のを参考にしたので違う感じになってます。

>>349
その作品については不勉強で読んだこと無いです。なので被ってる可能性もあるかもしれません。

353 :名無しのオプ:04/05/08 18:50
遅レスだが、>>322の問題だと、それがCの血であることに、
何らかの意味が欲しいよな。
例えパズルだとしても、組み合わせて絵にならなければ、
それはパズルとは言えないだろ。

354 :名無しのオプ:04/05/08 21:12
>>336  今見てきたけど確かにすごいな

355 :334:04/05/08 23:08
遅くなりましたが正解を書きます。

>>337氏の解答が一番近いです。
助手は日数を数える際に、昼と夜がきたら一日と数えていました。
ところが、二人が訪ねた屋敷は北極圏近くにあり、ちょうど白夜の季節だったため、
日が沈まず、そのため助手は実際には一ヶ月近く経過しているのに一日と数えてしまったわけです。
教授は飲みすぎと、倒れたときに頭をうったせいで、それだけの間昏睡していました。
ヒゲが伸びていないのは助手が教授の世話をし、ヒゲを剃っていたからです。
教授が昏睡している約一月の間に、屋敷は解体されたというのが正解です。

今にして思うとちょっと無理がある上に、問題文にヒントが足りなさすぎたかなと思います。
解答してくださったみなさんありがとうございました。

356 :名無しのオプ:04/05/08 23:39
干乾びた教授を抱えて助手が北極警察に駆け込んだら面白かったのに。

357 :名無しのオプ:04/05/09 00:58
サイタローはなんでわかったんだろ?

358 :名無しのオプ:04/05/09 00:59
ヒゲ>昔マジカルミステリー劇場にそんなネタがあったような気が…

359 :名無しのオプ:04/05/09 01:04
一月も昏睡してたら
病院で点滴でもしてない限り
死んじゃうんじゃないかと

360 :蝙蝠男:04/05/09 04:09
点滴はあまり意味ないらしい。大した栄養は入ってないとか。
むしろ昏睡からの回復の方が難しそうな。

あと、北極近くだと二階堂の短編にも館消失があったな。
あれはけっこう解答が奇麗だった(二階堂短編はけっこう佳作が多い)。

361 :名無しのオプ:04/05/09 10:26
助手は「一日」に何度も教授のヒゲを剃ったの?
一月も昏倒してた割には教授が普通に行動してるな(筋力低下は?)
およそ一月の間昏倒している教授がいるのに金持ちは医者も呼ばず立ち去ったの?

362 :名無しのオプ:04/05/09 10:44
まぁまぁ、わざわざ出題してもらったのにそんなに突っ込むのもアレかと
それよりリカルドについて糸口をつかんだ人いない?

363 :名無しのオプ:04/05/09 11:57
リカルドはもう忘れたほうがいいかも。
出題者も消えたし。

364 :名無しのオプ:04/05/09 13:28
「おら一日に何度も何度も寝たり起きたりしちまっただよ・・・」

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)