2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆☆しりとり詩☆☆☆

1 :名前はいらない:03/10/07 01:13 ID:H7Waxfbq
前の人の最終行
もしくは最終節
もしくは最終語
もしくは最後の文字を
頭にもってきて
詩を書いてください

2 :名前はいらない:03/10/07 01:14 ID:H7Waxfbq
距離

こんなにも
ちかくにいるのに

あんなにも
とおいひとなのに

そんな魔法が
距離にはあって

ぜひ下さいと
欲しくないのに


けっこうですと
欲しいのに

3 :名前はいらない:03/10/07 18:13 ID:Uy7GG169
 
欲しいのに
イラナイと言って
それでもやっぱり欲しくて
立ちつくしたら
空気の群れにおしながさて
欲しいが迷子になっている

4 :4th ◆HdqTLODCXU :03/10/07 20:29 ID:LttvXWM/
迷走の足は夢の中の斧でズタズタと音を割れんばかりに目覚まし 勝手は気分さ起きた者勝ち

5 ::03/10/07 21:48 ID:YPYT0rBO
起きた者勝ちというなら俺は負けっぱなし
やはりそうか
役に立たぬ逡巡に気づきもせず
俺は惰性で叫びを押し殺していた


6 :*´ー`).。оO〇(〜) ◆bnmjdO.VgI :03/10/07 22:02 ID:XBc3Efe7
押し殺していた気持ちは

まだ手の中で暖かく

命の在り処を知ったような気がして

僕はそいつに止めをさした

7 :ペーパーナイフ:03/10/08 00:46 ID:7rQoARDQ
さしたる理由もなく 殺す
隣の人の目の中にもそれは在って
燃やす、埋める、沈める、裂く、と言う。
木っ端微塵にしても
いいじゃないでしょうか。


8 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/08 00:52 ID:wor3rXTj
 松花堂弁当を買ってみました
いつもの同じ道をタクシーで
 外苑東から牛込へ
 小雪のちらつく有栖川亭

9 :名前はいらない:03/10/08 01:03 ID:qLkjfd8P
停留所の桜は
春に咲きこぼれたあと
優しい程の青空を
季節ごとに葉の隙間から
見せてくれたのです

今はもう水底に沈んだ
あの場所の名残りが
私の胸に変わらずに
息づいているのです

10 :ペーパーナイフ:03/10/08 01:54 ID:7rQoARDQ
デスマスクをとろう

ぼくも
道に捨てた枯れ木のバット
石ころを打って
タンポポ蹴散らした夕日に

にかっと笑った友の顔
デスマスクをとろう


11 :名前はいらない:03/10/08 02:55 ID:YGvFSRSZ
デスマスクをとろうと
デスマスクに手をかける

瞬時の悪寒

いまはまだだめだ
やつは信用できない

かけたその手を
ごまかしながら
甲冑の紐を
締めなおす

12 :名前はいらない:03/10/08 08:44 ID:ZWIXpDuq

紐を締める事に、気をとられ
どうやら、ひらりと落ちた
機密文書を私が口に含んだ事に
気づかずにいた貴方。

君に解読は不可能だった様。
私は口を割らない。
微笑とともに・・・。



13 :通☆行人:03/10/08 09:23 ID:SkaEB45z
微笑とともに・・・。
君は去った・・・。
僕は待った・・・。
8年待った・・・。
同じ場所で・・・。
君を待った・・・。
でも君は来なかった・・・。
いやもしかしたら来てたのかもしれない・・・。
でも僕は気づかなかった・・・。
近視だったし、眼鏡もなくしたから・・・。


14 ::03/10/08 14:44 ID:Tql9TJj8
……………………引け、鎖
……………………目にも止まらぬ速さで地下を潜り這って行く
……………………僕の足から伸びて行く 今頃都庁に絡みついている

15 :名前はいらない:03/10/08 19:08 ID:ts5B1GtC
絡みついているのは
過去のなにかか
それとも
未来のなにかか
それとも
きみのなにかか

鼓動の間に間にあふれ

ともかく顔を
顔を見せてくれ

16 :名前はいらない:03/10/08 19:19 ID:Ko9VB76d
顔を見せてくれ
ともかく顔を・・・。

そう願い、通い詰め
君を想い、通い慣れたこの路。

名も知らず
呼び鈴を鳴らす理由すら持たず






17 :しはす:03/10/08 19:26 ID:0+bLL1Z7
呼び鈴を鳴らす理由すら持たず

ただ玄関でたたずむ

まさにストーカー

ただ

きみはもういないけど

18 :名前はいらない:03/10/08 19:42 ID:Ko9VB76d
きみはもういないけど


僕は、手紙を書くよ。
宛先など分からないけど、

きみのいない寂しさが
偽者じゃないって思えるから
きみがほんとうに必要だと
そう思うから。

「君が好き」と手紙を書くよ。

いつか、どこかで手が繋げるように・・・。


19 :名前はいらない:03/10/09 01:44 ID:hZqJ4W9V
投げるように・・・。
おもいきり
さりげなく
問いかけてみた
風に
流されるように
たよりなく
それは飛んだ
けれども
たしかに

しっかりと
きみの手のなかに

20 ::03/10/09 11:34 ID:6r2yJCtK
蟹ばっかり食べてる私の妻
ラッキョウを吸ってナンバンを折る
帰宅しても顔は見えず
台所の奥から響くパキンパキンの音
玄関に点々と続く夥しい殻の山
磯臭く腐敗した居間でビールを飲みながら
妻の顔を思い出せない

21 :名前はいらない:03/10/09 23:00 ID:V8gUW7HI
思い出せない・・・。
たしか、大切な約束が入っていたはず。

カレンダーを見れど、印もなく。
気のせいかと、
首を振って、耳から出す。

手のひらには、確かに、そこに。



22 :しはす:03/10/09 23:19 ID:R4YT6GHO
手のひらには、確かに、そこに。

生命線が、あるはずだった。

そこには、なにもない。

だけど、もう

釘で書こうとするのもあきらめた。

ただいまは、時にまかせて

ただようだけ

時間のドザエモンとして

23 :名前はいらない:03/10/09 23:34 ID:7JMJh3ds
そこに身を隠せ
声は出すな

それがやつの最期のことばだった

骨を噛み砕く音
なにかかたい乾いたものを折るような

喰い続けている 
それより
静寂が がんがんとうるさい

銃はすでに撃ち尽くした
萎縮してすでに他人の足みたいな骨と肉のなにかとなった二本が重くて動かない

のしかかる空気の層

あああいつが今度は 意識を失った女の 女のほうへ

24 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/10/10 00:55 ID:gKFGhcH9
意識 を 失った 僕 は

固い 何かに

ぶつかって

また









25 :緋陽 碧谷 ◆m0T5I/FREE :03/10/10 01:23 ID:Yie/LRc9
んっとね
やっぱりね
大切なもの捨てることとかさ
あたしには
無理なんだよね

だから
少しずつ
少しずつでいいから
捨てちゃった分は
拾い集めたいんだよね

そんなあたし、今月19

26 :犬大好き:03/10/10 01:35 ID:iGIK8wob

9月はいつのまにか遠くて、
キッチンの小窓からさす青い朝が、ますます湿度をさげる。

少しずつはじまった町に鉄橋が鳴れば、
それだけでホームシックぎみに、ためいきが出たりする。

もうかなり空気が変わった。

ためいきはむりやり 不安を連れてくる。
黒い金魚がちっとも育たないこと、

ミルクを何月から暖めはじめるのか、今年も忘れてしまっていること。

パンが焼けるころ、また鉄橋が鳴る。
電車にゆられてる人のことを、なんとなく想像する10月。


27 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/10/10 01:56 ID:ePux83Xh
ゆられて僕は大きくなった
笑われて僕は大きくなった
殴られて僕は大きくなった
泣かれて僕は大きくなった

大きくなってぽつんとしている

ぽつんと立っている

28 :緋陽 碧谷 ◆m0T5I/FREE :03/10/10 02:00 ID:Yie/LRc9
ルート18突っ走れ
あたしの生まれ育った街
今でも君らはそこで輝いてる?

もしも もしも何もかもが変わってしまっても
君たちの輝いた足跡は変わらないでいて

29 :みるぅ ◆jMy.vROSfw :03/10/10 15:39 ID:bkFSOetk
鉄棒にぶら下がったままの僕
何年前も前からずっと小学校の校庭で遊んでいます
良ければ 君も一緒に遊びませんか
誰にも見えない楽園で

30 :名前はいらない:03/10/10 19:17 ID:RK70wYtk
 
楽園だ

観客席と演壇がセットになった
壮麗なこのステージ

陽のあたらない人たちの
裸でいっぱい

僕らは宮殿で
ゆっくりお茶でも飲もうよ
戦争や平和を換金して建造されたこちらのほうが
安くて無難だ

31 :ペーパーナイフ:03/10/11 01:43 ID:lW/WsY6I
大丈夫。
とキスをした頬のやわらかさ

運動会のスターター。
テッポウ撃つなんて パーン!!

駆け出した子供たち
土ぼこり湧き

沸騰の運動会
久しぶりで目が痛い

太陽に光る ピッカピかの
おむすび

・・・・・・・

思い出して、思い出した。

32 :名前はいらない:03/10/11 08:21 ID:wrI2m/Hc
思い出した
霙交じりの雨のなか
徳川勢に射撃を浴びせてた

夏だった
その闇の濃度に空は耐え切れず
霙を降らせた

古文書を探してもどこにも記載がなかったので
俺は陣へもどることにした

33 :名前はいらない:03/10/12 01:07 ID:L/jbb2h/
舌の先から
焦げ付きやしないさ
火は
遠くに点ずるもの

なぜならおまえは枯野だからだ

してやられたな

34 :名前はいらない:03/10/12 01:18 ID:a7srAqaP
られたなんて思わない
負けてられない 照らさない
ないないない。
ないないない。

そんなわけない。あっ、失礼
という


間に薄ぼやけた月のつぶつぶが我を照らう
闇の中に音があるかと聞かれて震えていた
苦しみの欠片もない ないことがつまらせ
そして暮れた静けさも薄れた
そのような月のひかりにあって格別なのはまんげつだった。

苦しみが無いことが恐ろしく焦らせる
時 すでにまわり そして終わりを告げる
鐘 終わり そしてまわる振動に浴びる音
影 始まる そして終わる静かになる音

音 聞けこの音を。 苦渋の歪すら知らぬくせをして

35 :通☆行人:03/10/12 06:30 ID:AHVwOSyk
知らぬくせをして
見違える
裸の私の会ったらば
きちんと挨拶できないと
容赦しないぞ
それ!いいか?



36 :名前はいらない:03/10/12 16:56 ID:/UiUd2+6

烏賊のように
手淫の肘を
かじる
ピンク色の
そう
あの穴のように
だからねじれてどうしようもないんだ

その後頭部をくれ
空気頭に
コードは刺さってないから
本物の心配をするな
あいかわらずエビフライのようなサイトに浸かって
何日風呂に入ってないんだ あ
俺のこころを
ゆれるカーテンのしぐさでさわるな
蚊のくせに
明け方
死ね


37 :名前はいらない:03/10/13 00:33 ID:Cn4IuQRq
猫が
蒼くなった地面で横になれなくて
いつもの顔で
いつもの姿勢で

38 :じゃみろ:03/10/13 00:51 ID:I/G7yLbt
しえー

39 :名前はいらない:03/10/13 08:46 ID:H1+xzqDh
いつもの姿勢で
街を放り投げて
地球は自由になろうと
足掻いている

40 :名前はいらない:03/10/13 13:05 ID:hPURf2Fw
足掻いている
影に追われてひた走り
影に逃れて息をつき
気付けば暗闇
井戸の中
出口捜して穴を掘り
気付けばどん底
墓の中

41 :名前はいらない:03/10/14 00:55 ID:AoubjXEr
墓の中
何も遣って来ないかげりが見える?
嘘を付け。

嘘を付け 御前は騙して居る 
気付かないなんて嘘だ 気付けないなんて嘘だ
救急車のサイレンに人知れず泣いていたのも嘘だ
実は寝ていた

伝えられぬから わからぬ といえ


遅まきながらの光は光らず
ただ俯くのみであり
人は誰しもとかいうと
気付くやつとか 傷つくやつとか どうしてもとはいわぬが 飛ばしてしまうのだ
もちろん 垂れ流す 川を俺は知らぬわけではない 故にもあれば
気付かないやつだとか 傷つかないやつだとか どうしてもいえるが 飛ばしてしまう故にもある

つまり、

本当に沈んでるから こんな意味の無い薄れた機械的な棒読みの逆立ちでキーすら進まずにミスるような
運命にあると、

考えるから 屈んでしぬ しぬしぬしぬ
擬似的にかかれたたぐいであれ、 己が命を賭してまで募ろうとせぬ故に

欠片も無い私が存在する、かげりも闇よと同値なものだと。

42 :名前はいらない:03/10/14 02:06 ID:AoubjXEr
age

43 :名前はいらない:03/10/14 03:58 ID:Mn0VtR7W
同値なものだと
爪切りで
地下鉄を
細い肩ひもを切るみたいに
きみの
そう
きゃみそーるの
それをそうするみたいに
厄介じゃなかったらいいのに

パンフレットに
記載されてない
って言ったら
地下鉄を裏返せばいいらしい
その
鳩胸には
ぼくの
原色の報復が待っているよ
困った街だ

44 :名前はいらない:03/10/14 18:03 ID:BgnloO8e
困った街だ
何もない
何でもあるのに
何もない
欲しい物も
買いたい物も
行きたい所も
会いたい人も
ここにはない
何もない
困った街だ
それなのに
ボクはここから
出られない

45 :名前はいらない:03/10/14 18:18 ID:tuM6uS7q
街だ
偽の巡礼者がゆく
この裁判のさなか
一躍では有名にはならなかった
グループとしての活動は
秘書にまかせて
暗躍を選んだらしいおまえが

着ぐるみぐるみ巻き取られて
どんなに値が動いても
精製が不充分だとみるのは
大変な誤りであれ
どのみちばら撒かれる運命にあるのだ
そのとおりにシュミレートされてある
子宮から

46 :名前はいらない:03/10/15 00:13 ID:9NplaLZW
子宮から
すえた子宮から
ひとかたまりの恨みが生まれる
この世に生まれるという悲劇を呪って
血の色をした恨みが
泣き叫ぶ

47 :名前はいらない:03/10/15 00:33 ID:ayU59IuK
「ブレーキを踏んだら
 なんだって止まる
 たぶん
 止められる」

『それはあなたの思い込みです』と
断罪されるまでは、信じてもいい筈

突き付けられた罪を
目の当たりにしたら初めて

僕らの思考は停止する

48 :名前はいらない:03/10/15 05:42 ID:0w3XGQdU
停止する手前では
それは踏み潰された自殺者か他殺者のように
しずかに酒を 口にはこぶしかなくて
畳の上にならんだ男たちは
そろって居場所をさまよう
うつろな苦痛だった

49 :名前はいらない:03/10/15 19:41 ID:9hXcg64O
>>46>>47間がしりとりになってない。
スレタイ読めよ

50 :名前はいらない:03/10/15 22:50 ID:8prLt7LK
苦痛だった。
手術したあとなんか、
特にねぇ・・・
麻酔するんだけど、
別に眠ったりするわけじゃないのよ、
だって目をつぶる訳にはいかないもの、
目の手術なのに。
そうしてちゃんと開けたままの目にね、
メスの先がググっと突き刺さって、
いやもちろん、痛くはないんだけど・・・

眼科の待合室は、
今日も白い眼帯がたくさん並んで、
盛り上っています。




51 :犬大好き:03/10/16 01:04 ID:dQZpYSEk

眼科の待合室は、今日も白い眼帯がたくさん並んで、盛り上っています。

右目眼帯人は左回り、左目眼帯人は右回りで、トランプに興じています。


そこは真昼の森の、古い野外病院です。

眼帯をくわえた百舌鳥が、テーブルの上に羽ばたいています。

昔の歌がちいさく聞こえてきますが、誰も歌詞など知りません。

高い空には、花びらみたいに薄い月が、空気と一緒に震えています。


ふいに誰かが立ち上がって、森の奥へと向かいます。

そしてそれきり、帰りません。

右目眼帯人は左回り、左目眼帯人は右回りで、森の奥へと向かいます。


52 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/16 02:22 ID:JwrHUYY4
右目眼帯人は左回り、左目眼帯人は右回りで、森の奥へと向かいます。

森の奥には、泉があります。

サイケなお城が泉のほとりに佇んでおります。

そして、些細な事から娘が、人身御供に。

村娘がまた、今夜も捧げられます。

今では、昔の出来事ですが、ある日の森の補聴器に

聞こえてきます。天昇

53 :名前はいらない:03/10/16 04:36 ID:QkK7aLSw
昇りつめてしまった夕陽のなかでの

微熱を承知のうえでのキスが

いけなかったのか

もう成し遂げられ得ない

この笑顔の画像の裏側にたしかにあったもの

54 :名前はいらない:03/10/16 23:44 ID:fcqEWsuW
たしかにあったもの

灰色の道・・・轢かれた仔猫・・・やまない雨

なかったもの

お墓・・・かつおぶし・・・猫語のお経



55 :名前はいらない:03/10/16 23:50 ID:KAQ1lkw7
お経なんか要らない
僕はまだ死んでない

僕以外のものは皆死んだ
詠むなら彼らにやってくれ

僕に必要なのは
ただの静寂

56 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/10/16 23:51 ID:VKvZ8lbv
ただの物は高い


生まれたてが


一番高い

57 :名前はいらない:03/10/16 23:52 ID:mJHnwTfN
経を詠む坊さんだ そうだ
乾ききった流木のなかにある太陽かなんかを
きみは知っているといいたそうだ そうだろう
その飛び散った鏡の破片が
いかにも不細工だと知らないだろう
おまえいつも
その瓦礫のなかで
おまえが捨てつづけている鏡しかじっさいには目にしていないのだっって

58 :名前はいらない:03/10/17 23:27 ID:s6GN3Pln
だっってさぁ
薄くひろがりつづける僕たちっってぇ
けっきょくはさ、
機械仕掛けのアスファルトみたいにィ
ただ延ばされてきただけだったじゃん!

59 :名前はいらない:03/10/18 00:25 ID:yvz572cF
ジャングルジムの
ペンキの匂いのする手のひらを
半ズボンのすそに入れて

自分の性器に触る
大人に見つからないように触ってみる

甘いペンキの破片が
性器のひだに貼りつく
少しでも動くと

破片が性器を刺す


ちくっ!

60 :名前はいらない:03/10/18 17:52 ID:MVeBTTjE
ちくっ!と
アイスピックの鋭利な先端の感触が
おれの鼻の穴の奥の奥
じくじくと
おまえがこじる
痛覚をつかんで全身をひきずりまわす
言い知れぬ痛み
じくじくと 鼻水のように
血は普通に音をたてると
とろとろと流れ

やがてぷすりと
右足がとまり
ぷすぷすと
目と左手が利かなくなり
ずぶりと
糞尿が下半身を温めた
そして気がつけば
おれはからだ
をうしなっていた

身軽にかまえなおすと
おまえの脳を
両方からしめつける

おまえは
いてもたってもいられなくなり
ついに狂って
生きた

それはおれがからだを犠牲にして
おまえを葬ることに成功した瞬間だった

61 :名前はいらない:03/10/18 18:18 ID:pulzh6wm
おまえを葬ることに成功した瞬間だった
3徹の夜明けに乾いた目を血走らせて
叩きまくったディスプレイに並んだ文字は
そのリアルなおまえのアドレスは
数時間後にはあぼーんの文字に変わるとしても
俺が勝利した戦いの勲章だった
あれ以来、おまえは二度と俺の前に立つ事はなく
逝き残った俺は今日もまた
葬られる事もなくディスプレイに向かっている

62 :名前はいらない:03/10/18 23:10 ID:ydEBI0QM
葬られる事もなくディスプレイに向かっている
いつもいつもいつも
埋め尽くされる文字は世界の鏡
温度と匂いを突き放した無情の記号を見つめるうちに
俺の眼球は
少しずつ中和を取り戻す


63 :名前はいらない:03/10/18 23:43 ID:7sM6mURv
取り戻すまで
忘れない

取りこぼすまで
覚えない

取り返すまで
帰らない

取り殺すまで
疲れない

64 :名前はいらない:03/10/20 07:51 ID:5ZT0Rs+g
疲れているのか
疲れていないのか
そのまま そっと
日々のひびに
さらわれるように
みちてゆくもの
ひいてゆくもの

陽射しは 秋だ
それは わかっている

すこしずつ
すこうしずつ
かわっていかないもの
それは微動だにしないもの
随分と未来にまで貼りついて
ながめまわしているよ

65 :名前はいらない:03/10/20 23:14 ID:AYVdyvt4
ながめまわしているよ
たとえばそこのザクロの花が

あなたが花をながめていいるのではなく
花が
そこに咲くすべての花々が
何も言わずに
賢い大人のつもりでいるあなたを
ながめまわしているよ

においを嗅いでいるよ

66 :名前はいらない:03/10/21 02:34 ID:jrsw3EoV
においを嗅いでいるよ
あるかないようなことや
すくえないようなことの
あるかないようなにおい

67 :犬大好き:03/10/21 04:31 ID:Msj26qzc

あるかないようなにおい それは煙草のにおい
制服を嗅いで 私が吸ったと思ってる

何人家族ですか 三人です 私と娘と子犬(笑
きっと彼氏ができたことも知ってる 他のことも

でもなにも言わない 幸せな家族 あなたは
momoにずっと ひとりごとを言ってればいい


あるかないようなにおい 季節の移るにおい
私の誕生日のつぎの日曜日 お母さんはケーキをつくる

病院のめがねを外して 壁の気球を見ている
あなたには 私が見えない


momoはりっぱになって よく眠る 眠る 七年後の
予想通り 私には彼氏もなく

今年も 律儀に秋がきて
お母さんはケーキをつくる 白いケーキを

68 :名前はいらない:03/10/21 18:17 ID:IAKxZNmz

白いケーキを欲しがったのは子供の頃で
今はほろ苦いブランディケーキのほうが好きなのに
あなたは今年もふわふわのケーキを作ってみせて
わたしは今年も無邪気な子供のように喜んでみせる
おままごとの幸せを望んでいるのは
どちらなのだろうかと
すっぱいイチゴに訊ねてみても
答えなどかえるはずもなく
眉を寄せた言い訳にしながら
のどの奥で詫びてみる

ごめんね、ごめんねって言えなくて

69 :名前はいらない:03/10/21 19:00 ID:BUvgXtr4
ごめんねって言えなくて
僕の家の猫が殺したジュウシマツの首を
いつまでも見つめる

ごめんねって言うかわりに
僕も猫を殺して
鳥の飼い主に許してもらおうと思う

猫が死ねば
きっとお父さんは
かわりにチワワを買ってくれるから

僕って頭がいい

70 :名前はいらない:03/10/23 07:20 ID:qmqvR1hA
いいか
ここでは
声をたてるな

顔に
泥を塗ったら
出発だ

71 :名前はいらない:03/10/25 02:10 ID:LmWz6h0G
出発だ
垂直なところのない
八千八百那由他拍子の
賛美歌を
聴かせておくれ
この闇のない底に
よく響く
平素はめったに発言しない
きみの最善じゃないやつを
ほどよい不平の
めりはりで綾なす
燻る焔が温かで
おもわず逃げ出したくならない
鼻歌よりも
空気に近い
いつものやつを


72 :名前はいらない:03/10/26 04:18 ID:fPE4/4HH
いつものやつを
いつものにおいを
いつもの安らぎを

ある日手放し
人は新しい旅を始める

73 :名前はいらない:03/10/26 04:26 ID:RzQq5xAR
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?●●● http://natto.2ch.net/mass/kako/988/988402795.html
864 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/25(金) 02:10
>>860
856じゃないけど、盗聴/盗撮は、トイレの音や、自分の過去、
今日その日思いついた事、買ったもの、自分の体までネタですよ、
気持ち悪いですよ、
本当に大変だから、気軽にそう書かない方がいいですよ。(マジレス)
(笑)って冗談のように書く時あるけど、別に気楽な気持ちで書いているんじゃ
なくて、悲しい事を楽しく表現する事で、重い気持ちを無くしたいんです。
じゃないと、体にくるから・・・

949 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/28(月) 18:46
>>916
直接の実行犯はわからなかった。ただし、その盗聴機関がマスメディア産業の
各方面につながっていることは確認済み。団体名なんか書く必要ないでしょ?
フジ・テレビとか読売新聞社とか電通とか...みんなが知ってるあの会社って
感じ。講談社の週刊誌(現代とかフライデイとか)が政治家の過去を暴露する記
事や写真をよく掲載するでしょ。あの手の記事は、盗聴/盗撮で得た情報で商売
をしている人達がいるという証拠。あういう人達に、オレの個人情報をつかまれ
ているんで非常に心配ですが、現状では、対抗策がない。


74 :名前はいらない:03/10/27 06:19 ID:hQ6+utPO
始めるまえは
いつも不安で
始めてしまえば
なんてこともなくて
だから
始めるまえばかりを溜め込みすぎると
不安だらけになる
というわけか
なるほど夢を
現実に変えていく作業
おそろしいわけだ


75 :名前はいらない:03/10/27 19:49 ID:cx+Wep4q
おそろしいわけだ

無実の通行人のふりをして
くしゃみをするように
人を絶望に追い詰める
止まることのない流血さえ
今ではただの風邪や腹痛程度の騒ぎでしかない

くるってるわけだ

76 :名前はいらない:03/11/01 23:05 ID:DPLjyaBj
誰がお前の事なんか気にかけるものか
誰がお前の事なんか心配するものか
誰がお前の背中なんか追うものか
誰がお前の事なんか好きになるものか

・・・私です。

77 :名前はいらない:03/11/02 23:31 ID:Mw2ScQ9R
だから前のヤツと繋がっていないのなら飛ばしてもいいスか?>

78 :名前はいらない:03/11/02 23:49 ID:1keZZf8s
>>77に一つ確認
>>75の最後の文字は「だ」で
>>76の最初の音は 「だ」なんですが
これは>>1 にある
>もしくは最後の文字を
に合致している事にしてもらえないのでしょうか?
文字として同じでないとダメですか?

79 :名前はいらない:03/11/04 00:39 ID:O/tBTD4P
かくにんしてほしいんですが、
俺は>>76をすっとばして>>75から繋げたつもりですが、
何か?

80 :77でした:03/11/04 00:42 ID:O/tBTD4P
何か
というのはつまり何をしたいのかがよく判らないです、、
もしかして繋げて詩を書いていらしたのですか?
それなら申し訳ないっす。
駄目なのは、、

 ・・・私です。

81 :77でした:03/11/04 00:49 ID:O/tBTD4P

ん??
スイマセヌ ヨクヨンデナカッタッスケレド、
「してもらえないのでしょうか?」
というに、それは自分のレスに対して詩を繋げていたのかな?
それか・・・なんだろう、というかスレ立てた主は来なさそうだし、
了承とれる方がいらっしゃらないと思われます。
ので自分が判断しますところ、普通に良いかと思われまし。
一応..「か」で終わろうと思ったが...もう遅いだろうか、

82 :名前はいらない:03/11/07 19:35 ID:f9OVBGyZ
かたくちいわしを
わしづかみにして
してやったりと
タリバンに対する
ブッシュの顔で
おでんをえらぶ
アラブの石油王を
大阪城公園で見たが
彼がおでん好きかどうかは聞けずじまいに
写真を
撮られたさ
私を着ていた着物が

83 :名前はいらない:03/11/08 23:15 ID:u18GsX+i
着物がはだけて
おまんこまるみえ
がふつーだろがてめえ
パンティのライン出てるよ(ひびいてる、、、なあんて通販語つかうなカス)
着物ぐらい
日本人の真似をしろよなこの茶髪のグレイよ
オレはおまえを脱がすことに価値ないんだそれよ
りおまえ自身が価値なんだおまえたちすべてだお
まえたち自身のその自信ヘンだよ不安もヘンだよ上も下も両方おかしい
オレは脱がしたいとはおもわんがいやすこうしはおもうがそれより
パンティは違うと すなおに おもえおもえおもえよな
でないとマッカーサーの企画商品に過ぎなくなるんだよおまえよくてもオレかなしい
死んでいったご先祖様もっっっっっと無言以上だわかれ!!!それを!!!
だからって右にも左にも傾くなよゴルア!!!!!!!!!!

84 :名前はいらない:03/11/09 17:19 ID:wdWbZSK+
!!!!!!!!!!
??????????    ?
!!
!!!
………‥ ?!?
☆?
☆☆☆???
☆☆☆☆☆!?!?!
キタ━(゜∀゜)━( ゜∀)━(  ゜)━(  )━(  )━(・  )━(∀・ )━(・∀・)━!!!!!
(^^)v



85 :名前はいらない:03/11/10 01:57 ID:fQAXtXSt
(^^)v







86 :名前はいらない:04/02/06 21:44 ID:fYdIP/3N


おまる

はじまる

まるまる坊主

87 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/02/18 17:59 ID:Oa5bynd9
坊主
肉蹴りゃ
今朝までに
食い

88 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/03/29 10:16 ID:JG5Qw+z+

食いそびれた桜餅落とした上野公園
道行くカップルバカップル
満開花びら絢爛なれど
紅差す親父が水をさす


27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)