2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「キスは喋るより簡単な事、それが私の結論だった」

1 :名前はいらない:04/01/26 16:20 ID:yJXGsI4h
歯を磨き
口びるの具合を確かめ
相手の顔色をうかがい
自分の存在はキスに値するか考え
今日の気分で欲情も萎える

そんなことよりも突発的な行動が時間を消化し
それが後悔しないということでもある
キスとはそういうもので
言葉のアヤより
キスは簡単な事だった。

さよならだけが人生ならば
人生なんて いりません。

2 :抑揚:04/01/26 16:23 ID:uNbevBgd
2god!!

3 :BLUE HAWAI:04/01/26 16:26 ID:e1PHgiEb
あさくらみなみ

4 :しんしん:04/01/26 16:33 ID:8rSQ4T9g
さとうるみな

5 :名前はいらない:04/01/26 20:02 ID:mB0XntzE
そうかもね

6 :名前はいらない:04/01/26 20:13 ID:m30V6mGJ
このスレの表示おかしい。てすと書き込み。

7 :名前はいらない:04/01/26 20:14 ID:m30V6mGJ
書き込んだら直ったっぽい。

8 :哀愁☆GAL:04/01/26 20:14 ID:G6yVKxHs
キスしたい。
誰かしよう。

9 :名前はいらない:04/01/26 20:26 ID:m30V6mGJ
ちゅっ!

10 :名前はいらない:04/01/26 20:29 ID:C7hA6CSh
キスより抱きしめて いきなりやめないで!

11 :名前はいらない:04/01/26 20:31 ID:XsCIxQYM

(*´^`*)ドキドキ

12 :名前はいらない:04/01/26 20:54 ID:7+nAV/lG
そういやキスしばらくしてないな、、、、、

13 :名前はいらない:04/01/26 23:06 ID:zBLMbZ8F
すきすキス

14 :名前はいらない:04/01/26 23:13 ID:3kzy5HQm
キスしたぁーい!

15 :名前はいらない:04/01/27 01:30 ID:t5eAq2rz
キス大好き人間!

16 :名前はいらない:04/01/27 02:00 ID:hmH920mw
このセリフ、黒木瞳がなにかのドラマの中で喋ってくれないかなぁ〜・・・
あと、カンノミホがこれを喋ると、ダーク路線に移行しそうだ・・・
と、思いましたよ。

17 :名前はいらない:04/01/29 02:20 ID:DhR+Drcr
皆さんはキスをするとき、目を瞑りますか?それとも閉じたままですか?教えて〜。

18 :しんしん:04/01/29 12:23 ID:iFrJ8pdC
え〜男って閉じるの〜?
閉じないでしょ?がつんと見開いてまつよ!

19 :しんしん:04/01/29 12:25 ID:iFrJ8pdC
目を閉じるような素敵なキスなんてした事ないYO
だいたい俺の場合、潔癖チックだから
キス自体が嫌い、舌絡めるなんてもってのほか!!

20 :名前はいらない:04/01/29 14:51 ID:m5i2NCn3
当方男だが、目を閉じまつ。少数派か?

21 :名前はいらない:04/01/29 18:26 ID:bxlr9sfz
>>17に質問アリ

22 :17:04/01/29 18:54 ID:5E2kOVjM
なにか?

23 :名前はいらない:04/01/30 00:21 ID:gjFmErEJ
>>17 キスしたことありますか?

24 :17:04/01/30 00:47 ID:bKqJl2ci
あります。

25 :名前はいらない:04/01/30 00:54 ID:JBS//45y
大有り。

26 :芸人:04/01/31 18:40 ID:RWiNb+/J
キスが原因で彼女と別れた。

27 :Mana魔名:04/02/21 14:53 ID:P0uB38jG
キレイなくちびる舐め回したい
ステキなふともも撫で回したい
はやくおいで、こっちへおいで
喋らなくていいから、微笑みかけて
るつぼに嵌ったコバルトブルー
よろめきざまに奪ってあげた
りんご色のfuckin'-class heroine
簡単に出来ちゃった 少々興ざめつつ
単純に嬉しかった 満たされた征服欲
なんて味気ない唾液だっただろう
事象:接吻時にclosed eyes:そうかもね

28 :名前はいらない:04/03/14 23:51 ID:d+9Ue82B
喋らなくていいから、語ってくれ。


29 :名前はいらない:04/03/15 00:04 ID:NVXvRaZ5

ゆっくりと伝えていきたい事柄。
断片的な叫び。
呟きとも言えるかもしれません。
断裂した覚悟。

生き方ひとつで共同体の夢全体。
無理解には曖昧が付物で

鼻につく奴らも 遠目で見て悲しい
烏の詩。
それでいいじゃないとは言いませんが、

じっくりゆっくり ■を賭して。

<構い方>
もどかしい。
のだ、ゆっくりとせにゃならんことが。己が力が。
伝え様とゆっくりと。
美しさの欠片もない。
美辞麗句とは言えないけれど、
自虐的に進むべき道を記そう。



30 :名前はいらない:04/03/15 22:30 ID:NVXvRaZ5
誰かにまとわりつかれたような感情を表沙汰にしないことで私は変わっていないことを証明してきたし これからもそのつもりだ

31 :名前はいらない:04/03/15 22:32 ID:NVXvRaZ5
ハイ、痛い文章書くので読まないようにね。此れは戒め。恥さらし。

誰かにまとわりつかれたような感情を表沙汰にしないことで私は変わっていないことを証明してきた
たとえば誰かの誰かを模倣したとばかりに静かに足を踏み外したような語らいをする時
目の前には悲痛に満ちた一筋の悲哀なる色が私を染めんとばかり交渉を持ちかけてくる
立ち止まる思考に辟易し 書きたくなるもとい書く意欲が失せる
誰かの言った才能とは何だ 俺にあると言ってくれるのは素直に嬉しいさ
だがなんだ 俺に言った才能とは何だ
別に誰に知られることもなく静かに眠りにつくはずだったのに のに
 「仕方ないよね」と優しさが味をしめる キモイ 失せろ
「責めろよ」無駄好きなお怒りクンだ ありがとう 失せろ

他には何も無く ほんとうに何も無く じゃあなんだこれからの力を過信せずに生きていくとは。
なんと滑稽で忍耐にあふれ地味に尽きるのか。

迷いの在るうちは何一つ向上せん 何も
甘んじて受けようとする態度が気に食わん だが
「仕方なく」「責めて」しまうのだ

俺は俺を何ものも揺るぎ無きものにしたいのか 死にたいのか
ポッとでるもんなんだ 負 なるものの言葉の力は強大過ぎて

抗いたい心が残ってる
・・・ムダ、ではない


32 :自由のスネ:04/03/15 22:36 ID:NVXvRaZ5

普遍的な事を言うがために 己が神経を研ぎ澄ますのは
 或る意味 でとても素晴らしい 形であり ぎゃくに言えば 「平等を破壊し単に安息でつないでいる」

傲慢がこぼれる事を書き散らすがために 己が魂を削るのは
 或る意味 でとても素晴らしい 形であり ぎゃくに言えば 「個性を愚弄し単に強がりや考えていない」

それも 自分の人生 という生くべく道 というものに対して疎かにしないながらも、だ


33 :自由のスネ:04/03/15 22:38 ID:NVXvRaZ5
理系人間でありまた 実力も判ってる。
俺がどうこう言おうとも、そこに論理性は無い。
しばらくは様子見、手作業と言う事のフィーリング。

34 :自由のスネ:04/03/15 22:47 ID:NVXvRaZ5
道しるべが多いけど、他人なんていうカテゴリーに自分が含まれてないっておかしいね、
とにもかくにも 歌い手を といわんばかりに 僕は私は俺は我は 其処に■があるので
詩を綴るべきという 歌を どこかで手に入れたので また繋ぎ合わせ屋な自分を 引きとめるため。


その時々の恩恵のための祈りに対して侮蔑か
矛盾と逆説と穴の空いたぽっかりな胸に表記される言語
皆何を思い何を知り何のためにはたまたつれづれと命は消える
くるくる回るという命に対して我々は怒りを抱かないし別に嘆くこともない

それが 何であろうとなかろうとした世界観に毒され もはや俺は 再び
俺で生きていくことに手いっぱい そうしてそのまま、、、、、、、、

意地とか維持のために時間は浪費されるし 繰り返しの歴史をつくり嘆きつつ僕は 「今サラダ」と呟く


     潮が染みこむので 彼女は生みの彼方に目をやりました
    悲哀の眼差しは 海に向けられるはずもないので
    空はただ青く 音だけが場を支配していきました
    流れる潮の 動く音・

35 :自由のスネ:04/03/15 22:49 ID:NVXvRaZ5
言語能力に乏しいダとか
判りきった当たり前のことダとか 判ってると思ってあげてクダサイ
今は沈黙。

36 :名前はいらない:04/03/15 22:54 ID:NVXvRaZ5
>自分の言葉とかいうものを必死で
どこかに繋ぎとめておきたいと思う そういう
こびへつらった顔が私はとてもきらいだ

無断転載。
否定されたくない怖がりで寂しがりで短慮で生生しいのだ俺。



37 :自由のスネ:04/03/15 23:03 ID:NVXvRaZ5

  |  (゚∀゚)ノキュンキュン!
 / ̄ノ( ヘヘ  ̄


38 :自由のスネ:04/03/15 23:12 ID:NVXvRaZ5
ゆくりなく過ぎる時の刑に処されている
と号しているにんげん達というのは概して
煮えきらないのだろう

あるもの ないもの全てが新鮮に思われてならないような あおいあおいそらの果てへ
とのぞんではくりかえすのだ
煮えきらないのだろう

其れは時折かなしいとか うれしいとか
ふたつだけど きもちのいいものなので
僕は毎日階段を降りては
其れに感化されながら生きている
というか そういうことをしている
悩んでいるわけじゃない かもしれない

其れは概して 垂れ流しても目にとまらないものであり
其れは事実であり
其れが述べる事は真実である

テキパキ動けるひとほど 受身がとりやすいから
パーソナリティとか 事実とか まとまりであることに
ほとほと嫌気はささないが(事実だが 嘘

其れを繕うとし ぬぐいさろうと また埋めようだなんて
塩があるから砂糖をかけよう とか
そういった一種 
          太陽じみた きびんな考えを嘲笑うかのような
          ああ 判りにくいのだが 至極単純な事を見て
          至極単純に笑い 笑ってフィニッシュとする事
◇リラと共に

39 :自由のスネ:04/03/15 23:13 ID:NVXvRaZ5
ふたつだけど →ふたつだけで

40 :自由のスネ:04/03/16 04:46 ID:isSM3SNd
俺はまだいいのだが、
(なぜかって、
「ほんとうに」「良い」「詩」「才能」「いわゆる他人」「恋」「前提」「運命」
ぐらいのキーワードですんでいるからである)
そのまさに他人サマはどのようにして克服なされたのだろうか。

克服なぞ
するもんじゃない(しないべき)・しなくてよい・しないほうがよい・してはいけない かもしれない

忘れてかくことが ほとほと とぼやくほど 難スィ
まぁ、頭悪いのですから
というのは保険に聞こえるだろう間違いなく

許されるべき事柄はあっていいし 実際に存在するから 僕は許されるべきでない

忘れていいもんじゃないし とか言ってると、良さの基準にぼかされるわけで

堕落して居る と言われてもしょうがないが 本人全くそのつもりありません

自虐は確かに 良い さ己レにとって
事実に正直に
正直に

そのうち腐ったりするのだろうか
それは触られることか うんそうだ

触れば新鮮になるし 触られると

別にないよ ないってば、
首をとるなよ まだし寝ない

41 :自由のスネ:04/03/18 01:56 ID:44coYMjf
宣言した。

私は他人に宣言した。


勝ち取らなくてはならない。
肝に銘じておけ。
先ずがあり中略があっても最後を「フィニッシュッ!!!」とかいいながら笑ってポーズ決めて終われるように。

終わりのカタチが、結構全てに通ずる。

42 :自由のスネ:04/03/19 01:16 ID:ZhWF6+kR
言葉を選んで重みを持たせて。

詩をかかないとつまらないが、詩ってそもそも何のために私は?
書くことが呼吸をすることと等しいとは思えるが、思いたくない。
血が滴っている 最近そらが少し変だ
書。読むのも良いけど少し考えてみよう。

詩。

私は詩によってもたらす効果が云々とぬかすことはしないが、
詩を読まなかった人に対して、認めてもらえるような詩が書きたいのだろうか。
そもそも献身的な行為が好きだ。
それはアレだ。何より感謝の念を聞きたいのだ。

それで飯くって人生終えたらはっぴー?いや、そんなことも無い。
「とりあえず」限られている。使命なるものがあって、私が動こうとも、
限られていることがとりあえずであるのだから、立ち止まることのしばしば。

素直に。っていうと風呂上がりか酒後か。
といっても性格破綻者でもないしそれなりに普通の一般人であるわけで、
意志が何処まで世界に、自分がみる世界に浸透するのかをみていきたいし、
それによっちゃ私が生きるために、ていう(略


うーん。
いわゆる綺麗事を掲げてはいるが、其れは人のうんたらに限られているわけで、
ひょっとしたらひょっとするような、でもなぁ、ていう気持とごっちゃごっちゃ。

何がしたいのだろうか。
うだうだうだうだうだうだうだうだうだうだうだうづあづあうづあづあうd。

43 :自由のスネ:04/03/19 01:22 ID:ZhWF6+kR
初めにも書いたように、私は深く考えられない。
保険でも何でも無く、事実だから悲しい。
考えて何か言える、と言うのがなかなか難しいのだが。ま、慣れを待ちますか。

境界線をつけるべきなのだろうか。
人生とはこうだという大人さんではあるが。
すまないね、何も知らなくてと突っぱねていた日々はなんだったのだろうか。

レベルに差がありすぎて困る。
人と人と範囲が広過ぎるとゆー意味じゃ。

そりゃ誰だってと言うことはないけど、自分を高みにおいて置きたいし、て ああ、
俺が其れにコンプでも持っているのだろうかと突っ込みを受けましたが。確かにあるだろうな。

天才はいるが、天才同士で無いと判らない。
俺には天才は扱えない。ま、どーでもいいですよー。(話したくない。放置。)

整理すんために書いている、と言うことで。


44 :自由のスネ:04/03/19 01:29 ID:ZhWF6+kR
所詮、という言葉、強過ぎて嫌いダヨ。

このごろ自虐する度に違和感が在る。


破壊と創造。どちらにもへぇーボタン満点なのだが。
そもそも「すべき」って言っていいものか不安になっていく。
使命とは。1歩間違えば、間違わずともそりゃ電波だわ。

ちょっとココ等辺でティーブレイク。
うーん。誰か読むとやっぱりうつる。

真似したくなるというか、真似しちゃう。
模倣から上手になろうと初期のころ私は思っていたわけで、
其れはヤッパリ、考えでもなんでも、意識すると盗んだことになるよナァ、、

見苦しいよな。
酒に酔わずに自分に酔ってるみたいで。
そもそもスライサーに巻きこまれた自分は何になっているだろうって、特別そんなんでも無い・
それだから悲しみは拭い捨てられるし、どうしようもなく阿呆になってやるきでたりもする。

一が全。
一人の夢に向かって進み其をかなえることが全体に向かうって、、、、
単に共同体のなかにしか通じないのだろうか。
いや。そう思いたくないし、思えないと言う頃に、そしてまたという陽射が夏を彩る。

もう夏だ。


45 :自由のスネ:04/03/19 01:34 ID:ZhWF6+kR
我侭過ぎる。だが、、

夢を見なかった夏の陽射に私は手を重ね合わせようと。今更に。
素直さには完敗だが、いつまでもという言葉には反吐が出る。
ああ、何を否定したくてここに停まっているんだろう、
何をやりたいのだろう、無気力なわけじゃないと書いても嘘なのだろうね。





全部嘘なら、其れはそれでいいのに。。なにがいいかって?
みょんみょん。


46 :自由のスネ:04/03/19 02:27 ID:ZhWF6+kR
全く世の真理でないものか。
何か氏にさうな勢いなのだが。たいした頭も無いくせに。

ぐるぐるぐるぐる・ぐるぐるぐるぐる。
こゆぴのはして゚
ちかうまに はやぐさかけて ちかごろは
いけどもにしへ ひがしにみなも

ぐるり、と。
だが氏ねない たくはない、というのが正直な気持なのだろう
それだから何かをして成し遂げたいだとか、わかっちゃいるけど手が出てしまふ、と。


〜〜に過ぎぬとかよくいったものだが、
でもなぁ、実際に人の立場でものをみるならば 上はそうぞうにかたくて
下になると凹んじまうのが相場だ
相方はほしいけれど そうでもないや
面倒くさがりではなくなった気がするや。

ひとつひとつ、見なおしてたもたれやじぶんよ

きらり きらいり きらぁらり すっきりしゃかしゃか ぽんで むん
魔法の言葉があるといひね。

〜時よ・止まれ♪ 花嫁・衣裳も〜♪

47 :自由のスネ:04/03/19 02:27 ID:ZhWF6+kR
時間の間に何があったのか。
ー別に何も。

48 :自由のスネ:04/03/19 02:34 ID:ZhWF6+kR
>>28-47 保存します田。
ーーーーーーーーーーー
「喋るにかたくてキスしたい」


あ?
ビンタ受けました マジ無理 マジ無理 ありえね〜〜〜!!
堅苦しい言霊よりもと言われるままにうんうんと
しかとかうまとか はじけるままに
言わすが花の 色褪せにけり
目を閉じらせて めをとじて
うっすらよって 近づけて

ここに解決 ダディナサーーーーン!!!!
アリエナーイ! アリエナーイ!!!!
近頃 春は 雷だらけです

気象予報士がくしゃみしてますタ



49 :自由のスネ:04/03/19 02:49 ID:ZhWF6+kR
『凹んでむん』


「頑張れよ いつか叶うさ」
電車の中で
いつまでも夕暮れ あいをください
あいなるものが 欲しい
血なまぐさい 枯渇

炎。 友情。 豆電球のともしび。 かなしみ。

挙動不審の蛙が店内をうろつくデパートで
宝石商が 占いやってた
水晶玉を 割ってやった いくらか腹の足しにもなった
宝石商が 泣いちゃった

「頑張れよ いつか叶うさ」
凹んでる奴に 言葉は無い
全てが全て 真実に凹ませる

夕暮れは 淡い   時を呑みこむ力をみた
みたこともない 淡い  夕暮れ

散歩 した ポケットの中に 水晶の欠片
 血が滴る程に握り締め ただただひたすら ぶらぶら歩いた 夕暮れ

いつまでも 俺はぼやいていた
ひとことの 重みすら忘れて



運命め

50 :自由のスネ:04/03/19 03:06 ID:ZhWF6+kR
『無題』


足の甲から
切っ先の錆びた剣が顔を出す
うめきなぞ 何の色香も無い

首を振る 誰も居なく 藍から千切りされる空がただ
叫んでる 聞えない声 届かないんだよ 脳は休んでいる

さ、みしさが 恐ろしい
声切れになる 言霊  ここは嫌だ 足が動かない
剣に文字が書いてある 読めるかボケ 会話終了

俺しか居ないとか思ってたら カメラは至るところに浮いていたわけで
気付かない俺は 声量をさげてつづけるしかない 滑稽過ぎて自嘲気味
嘘だ
とぽつりと言わされる
嘘だ 嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘ぉーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
内心 ぽつりと 汗の滴る音がすると 自分の体はもう 其処には無くて

それでも
地に足の血がついたまま 生えているような唇だけが微かに


聞えるか
この声が
返事はいらない
ちいさくていい 俺はいいと思う それがいい
陳腐な涙 俺はそう呼ぶ それが月にあればいい

アハハ と笑うと消えた

51 :名前はいらない:04/03/20 00:37 ID:xsKsUQ50
『今日の位置』


何日後を見通せた気になって
らうらうしくあるく

幼稚とか稚拙とか拙者、かぜを斬ってみたいのです

そらを睨み、
其処にはなきごえしかひびいてなくて
私は うたをおもいだしました

切り詰めたえがおで
塗りつぶされたてやあしや 表情だけが無理をしたまま 動けない
いっぱしの物となってみたく 崖ばかり選んで さああ 困った顔

拙者かぜの足に同情して

そらを睨み、
其処には何も無くて
おだまり としか 当然の如く
其処には切り詰めたえがおが埋もれていて


何日が終わっただろうかを思い出して
らうらうしく、あるいてる


つきへのおもいはせ きょりにしてあと1000ドル すーぱーになんかうってないよ

うってないってば

52 :浸透 ◆onemaOcYe6 :04/03/20 00:51 ID:xsKsUQ50
自由のスネ → (雨の)浸透



53 :名前はいらない:04/03/20 00:59 ID:xsKsUQ50
       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´  
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\   
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |  
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|     
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |


俺たちはとんでもない勘違いをしていたようだ。
◆以降の文字についてだが・・・・
onema、「オネマ」は一見 ネカマとオカマを足したような想起させるフレーズだが、
此れは間違いなくレジデントオブサンによる情報の隠蔽、詰まり日本は・・・

(略)
・・よってonema を逆さまからローマ字に添って読むと→ ameno、「雨の」となり、
ちゃんとした日本語になっていることがわかる。



54 :名前はいらない:04/03/20 01:06 ID:xsKsUQ50
       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _| つまり、>>51から>>52への間、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  ◆の奴はHNを変えようと思考を巡らせ、結果
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > ノストラダム(ry
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠_  
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /   つまり全てはノストラダムス!!
       l   `___,.、      ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,     /   ノストラダムスに相違ないのだよ!!!
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ  /_    「onema のn≡ノストラダムス」(証明終)
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、  
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | ` l/ ヽ   ,ヘ
     /   !./l   \    ./    │   _    \/ ヽ/
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i       
.     |     | .l. /   |=  ヽ/ .| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」        
      l.    | .l./    !    /  | i´|.ー‐' | / |    |. !   l       
.     l.   |   !    |  /  |"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;       
     l   |  l     | /   | i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //    
       l  |   l    |/    │  l    l、 :|    | } _|,.{::  7 


55 :名前はいらない:04/03/20 01:07 ID:xsKsUQ50

      _人人人人人人人人人人人人人人_
      >.  +  +   ヽ .+   ヽ  | |  <
        >  十 、十 ユ ノ 十 ユ ノ . . <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /    .   |'     |ノ  ' ` ` ` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ 。   。 !.     ii 。   。  !'       、 .|
.   ,`|   ヽ___/  !     ‖. ヽ___/   (} 。   。  |',`i
_,,.-<:::::\   V  /      !   V   / |  ヽ___/   |i'/
. |、 \:::::\  /        \   /〃.ヽ   V   , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`


56 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:10 ID:xsKsUQ50
>52-53 脳内消去。すまそ....

57 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:19 ID:xsKsUQ50
次のフレーズを 絶え間ない脈動を
描く姿に影はない 2通りをぶち壊そうとしているだけ
語尾に「だけ」とつければ気が楽になる気がする 勘違いも痛い

僕が歩いて 絶え間ない人の波に無関心でいる事は難しいんだ
とか言っちゃって 如何にでもなれると信じているのだ
と言って 其れはなりたくないんだ

口をつけたくない エスプレッソは苦い
塩とレモンが あればいい

溜息をつきたくなるような人でも
何とか難とかにできるのだろうか たとえば じゃない例を挙げるとつまらないので
真直ぐに見れないような方 オ知り合いで大変ですよう 其れは私の創造主だったりするんだけれど

口をつけたくない エスプレッソが苦い
爽やかな川に吹く風の 在り処を常に 自分の胸にしたくて


次のフレーズを
絶え間ない脈動を
其れしか浮かばない

抱きつづける価値を測るか
目の都合の言いようにするか
心を蔑むようにするか

なんて

58 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:24 ID:xsKsUQ50
空は何時でも というフレーズはまさにそら そうだよみたく言わせるので僕はみとめないんだ

ん   bb 月 dd  対角化するのかさせられるのか
 ん    b dd  ゆkk   あるく   鋭さをマス
     なんてない    創ってる
   意味             dから止めたくない

  気高き意味サン 拳握り かかげる ひかりささない顔のはんぶんのかげ
         とかげみたいな ニンゲン
  まっしろなんだって?       むかし から むかし いまからいま
           歩みW
               お
           絶え間ナイ 脈動を
           ゆううううううううううううう
           うつのさえずる ときを
           たいせつな むねのなかの じかんで



59 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:30 ID:xsKsUQ50
目の前にPCがあるのに僕は其処をみつめていない
いつでも画面の中にいるようなもんだし 気にするなよ

たとえば草むらが激しい夜でも いつでも風がふくようだから気にしない
たとえる我が身を 順応とか言葉にしたくない のは応用のし方が判らないのだ な

水よりは風

要素を 取り込むような力を


――――いままDえ の閉じた ふrえーず F7 をどうしますか?
1.自分にしかわからないのだから なんかやだから 脳内消去 あらまぁ ご都合のよろしいことで
2.                                 ご都合のよろしいことで
3.椅子から落ちた衝撃で 手元が狂いました ハイこれ。




60 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:31 ID:xsKsUQ50
たびたびのたび。

61 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 21:51 ID:xsKsUQ50

終了。

62 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 22:02 ID:xsKsUQ50
ダメ。

今まで書いたものとの融合を果たしたいと言うのに
首を傾けてしか書けない現状は 嘆かずにいられない

アスファルト 潮騒 なづむ あきらむ de le la
明らかに

なにかが大切であるのに アスファルト 夕暮れ賞賛でたいしたことナイネ
潮騒 ちかく聞えるトコロすむようになるけれど まるで海に なづめない

月が あきらむ よう で あるく姿をみたいものだよ ゆりのはな のようにさ
le ふらんす la ふらんす まいなす よう というと なくなっちゃうんだね

潮騒に さうなし アスファルトに ようなし ラ・ウスラ・デラ・ギポン・デ・リルカ 
えええええええ

そして戻れ。

63 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 22:26 ID:xsKsUQ50
この手がどんなに汚れていようとも私はピアノを弾くでしょう
野ざらしの肢体でも 星雲を垣間見る
夢であろうと
なかろうと
否定
ではなくて
刺に包まれた
傷だらけの思考でも 最古の記憶見る
この手がどんなにひしゃげていようとも私はピアノが弾きたいのです

惹かれているのです
音色。
誰にでも引けるがゆえに優越をしたいなどとひざけた 膝をけったような妄想に妄執せず
たんと タタンと見据えた あでやかに身が焦がされることを

私が
弾き
たい
とするままに 連なってゆくのが

私はみたいのでしょう

私・推量 本日はここまで。



64 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 22:32 ID:xsKsUQ50
このスレッドに書いたもので今まででまともといえてしまうのが63であり、だがメル欄に(ry

黒い物を持っていて
其れにならないよう

みぞれだらけのそらですが
わたしはあすにかえるでしょうか
かえないでしょうか

ニヤニヤ

とならないために
ひつうになって
そうならないために
くみあわせしか と言う概念を外して。
――――――――――――――――
どうにか「破壊」か「創造」か。
且つをいれて仕組むべきか 迷い中な訳だkら妄執 いや、

65 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 22:33 ID:xsKsUQ50
色がみえなくて路頭に迷う。
前もあったような、、凍っているから使え ない手、泣いて。

66 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 22:55 ID:xsKsUQ50
いいや、何を書いているのやら(苦笑
書けばいいじゃないか。
(ちなみに俺、今暇そうにしてるのは確かに暇だからな訳です。
 いいご身分なものです。)

67 : ◆b/aLNEw6lk :04/03/20 23:08 ID:xsKsUQ50
冷静に。と。

68 :黙せよ。:04/03/22 02:04 ID:4UAY8kRH
黙れよ 黙れよ なぁ 黙れよ

69 :名前はいらない:04/03/22 02:07 ID:4UAY8kRH

イントロが判りづらくても一言が よく響くのだ
特に打ちのめされそうな 時とかは

猫が顔を洗って かわいいです
犬が咆えても かわいいです
言うても効力感じないから 黙します

ちょっと待てよ ひとまず 落ちつけよ
とりつくしまのない とり
カラすが寝床を探していた

サビしそうに 鳴いて





70 :名前はいらない:04/03/22 02:16 ID:4UAY8kRH
茶をすすり 部屋を見渡し 天井へ目を向け あぐらかく
うーんと唸って 目を閉じる ぐんぐん加速、目が回る
目玉と言うのはふしぎなもので まぶたを閉じても 関係ない

みている

正確にいうとみえる 只其れが毎日 まっくらにみえながら眠りにつくだけで
本当に目玉ってやすんでないもんなァ 無理に休まそうときつくしめたって まァなんとも
金色の 城やら 車やら 機会仕掛けのさかなやら 馬とかも みえてくるわけで
それが過ぎるとあわがやってきて 途端に壁にぶちあたるんだ 古代文字のようで
血のしたたるような赤色の光を放ってるんだ


干渉しない
素敵な響きには騙りがあるとかナイとか
其れでも黙っちゃお終いなんだ 内心申し訳ない気持でいっぱいでもさ

前を向いている

其れだけで ちから 涌き出そうだよ
めまぐるしい生活に戻ったら 思い出すのだろうねぇ?
皮肉でも何でもいいよ 贅沢過ぎて すべては薔薇色と 脳内変換するよ

たとえ緑一色の部屋にしたって

目があり 前を向いてる どうしたって 色が光なら 私は其れを認めるし

もっと良くなれる


71 :名前はいらない:04/03/22 02:25 ID:4UAY8kRH
優しくなれたらいいね
馴れ合い満セーでもないケド 柔らかに言うね

笑われるようなものでなく
笑ってしまうようなものでもなく

真直ぐに言おう
其れは厳しかったりするね
其れは激しい感情で共感する事だったりもスルね
其れは真摯なる人として思いやることだったりも

実直 真面目 じゃ 通り抜けできまへん

いつも笑っていることだって
いつも笑われることだって

刹那其れが優しさだと 言えるような時には
嬉しくなるのだろうか


虚しく笑い声のこだまする



72 :名前はいらない:04/03/22 02:32 ID:4UAY8kRH
嘘吐きだから なんとなくね

されたと感じているのならしているだろうし 逆も然り

白夜から醒めても 松の木のしたにいるもんだから 仕方なく音楽を聴いているんだ

走ること ただ走るなんて 楽すぎたね

「答を探すことは出来ないけれど、走ることならできるから。。」

おーーい、おーぃ、 アナタ今 何処を走っているんですか?道 坂道ですよ

別段 坂道は黄金じゃなく 鉄筋でもなく 欠陥があるわけでもなく

ここが島だとしたら とりつきまくっているわけだ

抜け出そうにも橋が少ないって?

所詮。いいわけにすぎないよ(ハァト 安らかに眠るには早過ぎる

海の風にでもあたってこいよ    そしたら こっちゃこ。


73 :名前はいらない:04/03/22 02:33 ID:4UAY8kRH
>>71

キスしたらいいよ。



74 :名前はいらない:04/03/22 02:38 ID:4UAY8kRH
一言も言ってないこと 熱めに飲んだらヤケドしちゃった
テクニックを要するね 使用者の感想に書いてあった

流れ弾に当ったような 衝撃からもういちねん
いちねん 早いものだ

だんだん 判ってきた こと だって そこいらの 塊に 黙らせる
記憶には さまざまで 手首 にさえ 時限爆弾を 抱え 募らせる
思い出がありました なくしたらかわいそうでした
今度はゆっくりあげました


パンドラに絶望したような感






75 :名前はいらない:04/03/22 02:55 ID:4UAY8kRH
PC,,おまえまでもかッ!
何故強制終了なんだ........


76 :名前はいらない:04/03/22 22:33 ID:4UAY8kRH
『こんにゃく』


いれる前からつづいてる 黒いつぶつぶ
程好い湯加減で取り出す と 染みこんでなく

味が好きなんて期待しなかったヨ と 空笑いをし
しびれてる顔を震わせて 食べられてく

あるものが いのちに相違ない のなら
彼はもう 枯れ果てて



77 :名前はいらない:04/03/22 22:37 ID:4UAY8kRH
残忍な笑い方をいくつも想定しながら
歪めた顔立ちを整えよう なんてぽにぽにしてる

さらさらと髪がゆれて

風は吹いていないのに

さらさらと

さらさら


夕に焼け 照り映える
輪郭が美しいほどに スクリーンには万華鏡のように

つややかな肌
真直ぐな瞳

薄ら笑いを氏ながら映画をみる 名ばかりの酔っ払い
自分に酔ってやがる


残忍に笑いながら


78 :名前はいらない:04/03/22 22:44 ID:4UAY8kRH
新たな朝を迎えたら海へ
潮の匂いがするといいな

           闇夜を一日、また一日と
           干からびたさかなを引きずりながら
           笑い あるく

青年と少年がいて
幼馴染には灯火が渡された
かれらは 考えてた

           踊るような二枚舌で
           己が理想を振りまわし
           顔をしかめては 豪快に笑っていた男に
           
ああ、この人は狂っているのだろうか
―ああ、狂ってるのだろう

投げつけた言霊からガラスは弾け
透明に世界がそのままのし上った
後には リピーター と
ひょろい心のターピーパンが 焼かれて踊って笑って残忍な目で



79 :名前はいらない:04/03/22 22:51 ID:4UAY8kRH
反射する光にはパンプキンボム くっついて
ヒーターは石油漏れ 透明な虹など存在しない

簡単なことを殴りたくて
無性に苛立っては逆に殴られ
いつも いつまでも という反省文を こくばんに三万回

氏にものぐるいに 童話を遡り
渦潮に飲まれゆくさまを キャッキャッと笑う声が嫌いです
いつも いつまでも というはんせいぶんを 黒板に さんまんかい

おいで という呼び掛けには応じず
寒がりな毎日が 明るみになるにつれて
束の間の整理整頓を
楽しむ振りして


透明な虹の存在を 否定し 或いは 七色を 否定し 或いは 所詮という唾を吐きまくり
勢いのありそうで ないばかりの 心持を壁に叩きつけたふりをして
今があり 昔を思い 未来へ 前へ と

軽やかにイルカ、はずむような水飛沫に 光



80 :名前はいらない:04/03/22 22:53 ID:4UAY8kRH
言わないよ

81 :名前はいらない:04/03/22 23:07 ID:4UAY8kRH
156 :名前はいらない :04/03/22 23:06 ID:4UAY8kRH
勢いがあれば 涙を堪えるのか
血肉があれば 生きているのか
スーパーで100円の肉を買った
焼いて食った 生焼けだった
むせて吐いて 其の後は覚えてない

反りかえると その勢いがてら  はっとして振りかえることもしばしば
よくよく生きてることの生焼けなんだ

美しいとかいうように 感性の赴くまま 行き当たりばったり 七回転んで 8.5回ずるした
遊んでるわけでもなく その勢いがてら  涙をながすこともしばしば

と言うのは嘘で
よくよく嘘吐きなのか 正直なのか
此れが 過度なのか ああ今過渡期なのだろうか

道端で深海魚
其れもいいかもしれない


82 :名前はいらない:04/03/24 02:01 ID:/ubhoZ+m
笑ってください と
言われたら そりゃもう笑うしかないわけだ
露ほどの珈琲を 美味しそうに舌で転がすと
クルクルまわるストーブが点火し
カレンダーがゆれる


惜しげもなく参月が過ぎ
夕刻見るものといえば青空との境界の ただの光
そう いわゆる光の色をした 少し肌色を混ぜたような空
光ってはいないのに なぜか物悲しい
「立体」
今日せかいは立体化した
張りぼてに貼られた酷く上手に遠近感のある色使いの影にしかみえぬ絵世界が
僕からの距離
酷く適当にある距離 をまるでレーザーのような半直線が
いくつもの器官から いくつも伸びて
物を捕らえ 暗い影から解放し みえない距離を創る
色は光である
たのしい散歩である ただ憂鬱なだけだ


カレンダーはスープをすすっている
たぶん此れをみるのも最後だろうな と
思いながら 今日も眠ってしまう

参分の一の時を
ニンゲンの睡眠時間を

「笑ってください。」


83 :名前はいらない:04/03/24 02:10 ID:/ubhoZ+m
少年老い易く、学あまりにも成り難し

正直 如何でもイイのだ と
言うと否定する輩が芽生えてくるのだが 嬉しいか悲しいか 別に  なのか
藍の空をみなくなった
生憎夜は帝王ジャないんでね という言い訳はつうじない
電話も


イメージの飛躍から生み出すものは 皆無
そうして自虐をたのしむほか 道はない
過程のない 「ように感じてしまう」 この無力さは何だ
此れだけは真実なのだ
切れ端から 理解は生まれない

だから少しでも伝え様と言う種を蒔く
一々みずもやらねばならない
それは面倒くさいのか 無意識の大義か
ああ風もやらねばならない

正直 其れは楽しいことのはずである

少年老い易く
学 やはり成り難し
ゆえに私は 博学を選ぶべきなのだ

興味のあるとこイイとこ取りで


84 :名前はいらない:04/03/24 02:14 ID:/ubhoZ+m
追求するな
口ずさむのだ
褪せる事ナかれ
焦る事ナかれ
沈みこむ事す べからず

丸い溜息を洩らして言葉


85 :名前はいらない:04/03/25 00:35 ID:cFVKPPPY
「見て見て。」に成り下る今
「こころづくし。」は如何に


86 :名前....:04/03/25 00:41 ID:cFVKPPPY
毎日の疲れと言うのは 年をとったからであって
思えば日 一日の疲れと言うのが 昔のことであった

正直に悩む

たかが保守的なるのが生まれたからと言って
金輪際 自分を客観的にしか見ないなんて事はない

と言えるのは
たまたま願いがそうさせるわけで

願いが実らないのは周知の事で
力をいれるのは


掲げる拳を眼前に

誓え 誓え 誓え

正直に誓え


87 :名前....:04/03/25 00:49 ID:cFVKPPPY
俺の目を俺がみれることは 未来永劫ありえません

そして仕方なく
枯らす

涌き出てた源泉に あなたの魂はいましたか
叫んでいましたか 疎ましいですか

目がみえなくなると 鼻が利かなくなり
耳が詰まって口が閉ざされる

自分が揺れる

絶え間無い振動が ―ぶよぶよと
ぶよぶよ ぶよぶよ
肉の塊 ゆれて


ああ、もしもし 聞えますか?
ゆれて ゆれて まわって ゆれて
にじんで 肉の塊が にじんで

闇 の暗く 奈落の底には 雨滴る




88 :名前....:04/03/25 00:57 ID:cFVKPPPY
「泥の団子をおいしそうに頬張ると 飴玉がもらえるのです」

「無機質なやる気とか オーラでしたっけ? アナタ生きてね」

「一行 詰まっていようが みられるのはいつも変わらない
 それが理由にはならないし そうとも思っていないし あらためての発見が多い」

「てことは」

「今日は何の日か知ってるか? カレンダー確認した時点で御前はもう負けている」

「時は弐年と はやいようで 実は遅いんだなぁ  たとい人それぞれと言う単語が 貫通しても」

「いちねんじゅうえいぷりるふーる わたしにとっては其の日がはじめて」

「ネタ 事実 あぼーん 弐ch」

「どれもログは変え様が無い 消す事も叶わない
 んー、だから叩きたいというわけでもなく 喝なら歓迎ですし
 んー、だからがんばってみましょうね」



89 :名前....:04/03/25 01:01 ID:cFVKPPPY
数を考えた人は凄いね。

90 :名前....:04/03/25 01:06 ID:cFVKPPPY
っと、

自分が感じてる訳でもないとすると まして況や他人をや。 ってとこかな。

イタイ詩を晒すスレ見たけれど。


91 :名前....:04/03/25 01:25 ID:cFVKPPPY
ああ、すごいくらい感じてないよ。
こげなショートストーリーになんか。
ショートと言うより宙と半端、まぁ浮いちゃってますね、と。


orz ⇒ OTL



92 :“名前”!:04/03/26 01:14 ID:cdZC+FBU
ばか。
馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!バカ!

 どーしておまえはそう閉じタ考えかたしかできんのだ
どーして 諦める素振りをするのだ 個人に逃げるだなんて許さない
俺にだけ言ってやる 努力を怠った自分が悪い

批判されたら 自分だけ 自分だけのマイペースをつくれ!
誉められたら 偉業を 成し遂げうるアイツを思い出せ!


「達者でナ」


言葉の重みがわかっているのか
生きることをなしとげるにきりひらいた夢のナをかたってくれる奴を如何おもうのか

おまえはそのままでいいのか
ああ そうだ 努力をおこたるためのいいわけにしかすぎないんだよ バカ!


「達者で。」

ナ    名          名をよべ  夢の名 切り開け そして見せろ


生きろ



93 :“名前”!:04/03/26 01:16 ID:cdZC+FBU
ああ もう!

忘れてしまうのか
色褪せてしまうのか
いつか 思い出すたびに鬱に成るのか

記さずにはいられない
記さずにはいられないのだ
 生きたい 私は そして

無性に


薄れて苦r 薄れるなッ  薄れるなァ!!

名前を呼べ

そして言え!  

94 :“名前”!:04/03/26 01:26 ID:cdZC+FBU
もしかしたら単に意味の無い あまり意識の無い そして友としての話だったかい
もしかしたら傷つけてしまう事に 違和感を感じたまま両極端を避けるのかい

目を閉じ いつもの姿勢で考える
車輪をまわしたまま 両手放しの夜道をチャリン

判らない判ら判らな 判らない
と;満たされてく 脳内というか 目が内側をみたソコ
そもそも答なぞ期待しない ドッチも全ても正解にお;もうてしまうのだ

行動をおコスことの難くて
平穏を生くことも難くて
だが もっとも情熱を注ぎ まさしく難いといえるのは前者だし 私は勿論そう思う

明確な理由と共に広がる世界
とけこんでく とけてく衣 羽衣 オーロラのような包み
そうなんだ
どうしてからからになっているのだ
とじこまなくてはならないのか
きちんと果たすさね

うーんそうなんだ バカ! 御前もアイツモ正しいからこそ 私は正しいといいたいのだ
いいえ


全く いいえ  の晴れ間に水を差すことだ

全く 凄い奴  だ
                          「国外から。」

95 :“名前”!:04/03/26 01:27 ID:cdZC+FBU
忘れたくないのにまったくだ。
ショウガナイ事のショウガナイ性にはほとほとなのだが
あいにく 持ってないのだから進むべきだと 私は とらえる。


96 :名前はいらない:04/04/09 22:42 ID:d0YHgrh6
baibai


またね


会えたらね




97 :名前はいらない:04/04/30 04:16 ID:Gy0xelqH
>>1

そんなわけねーじゃん。

何考えてんのさ?

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)