2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サブリナ・マンモストン

1 :名前はいらない:04/01/28 10:44 ID:7Uf6pcu5
自然の美しさ
人間存在の美しさ
この人の詩には愛が溢れています
カール・ドライヤーの思想はこの人の詩から来ているとも言われています
御大を語りませう

2 :しんしん:04/01/28 11:46 ID:jlHKyFzM
またまた2GET
四番の皆様は2を欲しがりません
一人でビーチフラッグしてる気分です

3 :名前はいらない:04/01/28 13:23 ID:7Uf6pcu5
しんしん
2ゲットして嬉しかったか?
語りなさい。

4 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/28 13:26 ID:6/FwEll+
>>3
座布団、一枚!

5 :名前はいらない:04/01/28 13:42 ID:7Uf6pcu5
>>4
あなたの名前、感じが難しすぎて読めません
日本語に2つ目の漢字はありません
何と読むのか教えなさい
そして、マンモストンを語れ!

6 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/28 13:53 ID:6/FwEll+
>>5
「白鑞金」=「HAKUROUKIN」です。

>日本語に2つ目の漢字はありません

あります。
「鑞」=錫(すず)と鉛との合金で、とかして他の金属の接合に使うもの。
はんだの類。(「国語辞典・第六版」/岩波書店)参照。

>マンモストン
知りません。ほかの人達が語るのを見させてもらって、そののち、ぼくなりの
それを語らせていただこうかな、という感じです。


7 :BLUE HAWAI:04/01/28 23:57 ID:xc1VqAr+
サブリナタソはおしゃまな魔女っ子ダヨ

8 :名前はいらない:04/01/29 02:39 ID:jMT2y2Z5
>>1の人名を読んだら「ビバリーヒルズ青春白書」を思い出しますた。。。

9 :名前はいらない:04/01/29 02:57 ID:2NMh9g9g
サブリナ好き♪

10 :名前はいらない:04/01/29 03:03 ID:7SiDUEhK
アリーも良いよ

11 :名前はいらない:04/01/29 03:07 ID:2NMh9g9g
>>1さんは失踪中なのかな。放置しとくとdat落ちしそうだけど良いのかな?

12 :名前はいらない:04/01/29 03:13 ID:7SiDUEhK
マンモストンのこと知りたいよ。
マンモストンのこと何も知らないままdat落ちしちゃうなんてヤダよ

13 :名前はいらない:04/01/29 03:14 ID:tVDSXrno
>>12
ちょこっとワラタw
でも>>1さん来ないとどうにもならないー

14 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/29 09:03 ID:8rGFrUeg
マンソン?それともモノストーン?

15 :1:04/01/29 09:07 ID:yGuG2Ufo
留守にしてスイマセンでした。
案外知らない方が多くて少々面食らっております。
さて、マンモストンですが、ベルギー人の方です。
この方の詩に対しての哲学はといいますと、以下のようになります
1まず人生を詠う為には人生というものを肯定する。
世界を詠う際、その美を肯定するが為に過剰表現は用いない
それをしてしまうと、詩そのものがリアルではなくなってしまう
映画でもそうですが、舞台装置、台詞、演技それらを現実に近づけようとすればするほど
人工的なものになってしまう。
2過剰な説明を避ける。これにより受け取る側の思考に蓋をするのを避けます。
マンモストンの表現を引用しますと、「余計な言葉は蓋である。蓋の外側(上)で真空が欠伸する。」
3世界の美しさ、人生の美しさを表現する際、そのとき感じた気持ちを表現するには説明が不可欠である。
ここでも彼の例を引き合いに出して見ましょう。
「街を歩いていて、道ゆく自分の横を通り過ぎる人と目が合い、その時当惑したその気持ち。
これはその状況を再現するだけでは不可能である。何故なら彼のその抱いていた感情がそれを引き起こしたのだから。
その説明を言葉にしてはならない。(これは1で説明したとおりです)
例えばドストエフスキーの白痴のラスト。何とリアルな感情か!
その部屋の椅子の配置、人の位置、それらによりリアルを表現する事に成功している。」


16 :1:04/01/29 09:11 ID:yGuG2Ufo
長くなるので分けて書きます。
マンモストンいわく郷愁は死にいたる病であると。
彼の詩はある意味芭蕉の俳句に通ずるところがあります
彼は映像も取っております。映像詩人でもあるのです。
しかし彼が触れたもの全て、マンモストンという最後のフィルターを
通してみた世界は何と美しい事か!
未読の方は是非マンモストンを経験してください。

17 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/29 09:27 ID:8rGFrUeg
>>1

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%A2%E3
%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=



18 :1:04/01/29 10:59 ID:yGuG2Ufo
上げておきます。

19 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 11:05 ID:oPMUFdLR
たあいないなあ。ドストエフスキーの「白痴」をもってきて、それだけの理論
なのか。しかし、ベルギーという国風には歴史的にひかれるものがあります。
今後に期待させていただきたいとおもいます。

20 :1:04/01/29 11:28 ID:yGuG2Ufo
私ばかりがマンモストンについて書き連ねるのはいかがなものか?
掲示板という所は戦場でしょうが。
戦で言えば剣を言葉、思想に置き換えたと言って良い。
あなたは戦場で傍観者を気取るのか?
死合において、目の前で抜かれた刀に対し何もないのか?
あなたは卑怯だ。

21 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 11:29 ID:J7Vyt2iW
がんばれ、>>1

22 :1:04/01/29 11:31 ID:yGuG2Ufo
それだけの理論となぜ決め付ける事が出来るのか?
全て人から説明されなければあなたは満足できないのか?
まずは文章をきちんと咀嚼できる力を身につけてください。
しかしながらあなたはベルギーに興味がおありのようだ。
それならば何故知ろうとしない?何故傍観者を気取る?
ベルギーという国の空気を垣間見る、これはまさにチャンスなのですよ?
あなたには期待する権利など無い。あなたは卑怯だ!

23 :1:04/01/29 11:34 ID:yGuG2Ufo
入れ違いに書き込んだことを心からお詫びする。
ただ私はマンモストンの詩に心底感銘を受け、ただ共有したいだけ。
そこで頑張れと言って貰えるという事は冥利に尽きます。


24 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 11:35 ID:J7Vyt2iW
卑怯でない人間がこれまでどこかに存在し得たとでもおもっているのか!

すでにわたしは世界史関連の本を探しにいこうとしているのに。

早とちりの、馬鹿者!

25 :1:04/01/29 11:35 ID:yGuG2Ufo
私だって分かっていますよ、IDが違う事くらい。
しかしそれがそんなに重要であろうか?否!そうではない
言われなくとも頑張りますよ

26 :名前はいらない:04/01/29 11:36 ID:0obNEPe1
サブリナマンモストンなんて詩人わいねーよ

27 :1:04/01/29 11:39 ID:yGuG2Ufo
>>24
卑怯?あなたはその言葉をどう定義する?
自分に正直に生きる事も時として卑怯となるのか?
なぜ、卑怯な人間などいないと断言できるのか?
そこを私に教えて欲しい。
人間はそれ自体が卑怯なのか?
生きる事が卑怯である事を必要としてしまうのか?
あなたは主観だけで(あなたの価値観で)人を卑怯か否か判断できてしまうのか?
教えて欲しい。答えなければあなたは卑怯だ!

28 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 11:40 ID:J7Vyt2iW
どうかな?
古書店あさりに行ってくるよ。
ユーロの件もあることだし…。

29 :1:04/01/29 11:42 ID:yGuG2Ufo
卑怯でない人間がこれまでどこかに存在し得たとでもおもっているのか!

これによりあなたは自分を正当化しようとお思いか?
人間は卑怯な生き物で、それ故自分の行動を正当化出来てしまうのか?
教えて欲しい!
>>26自分の無知を棚に上げ、嘘を書くのはやめて欲しい!
自分の発言には責任を持って欲しい。


30 :1:04/01/29 11:44 ID:yGuG2Ufo
どうかな?ですと?

そうやってまた逃げるのか?
あなたも自分の言葉に責任をもてないものの一人だ!
言葉を軽く見るな!何故詩板にいるのか?分からない。私には分からない。
そういう態度を卑怯とは呼びはしないものか?

31 :名前はいらない:04/01/29 11:44 ID:0obNEPe1
ふーん、じゃあサブリナマンモストンの作品のタイトル挙げてみて
ほしいな。
だってまだ、具体的に作品の話はしてないですよね?

32 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 11:47 ID:J7Vyt2iW
「正当化」などと、するつもりはまったくございません。
いちいち、癇癪おこさないでいただきたい。
人には人それぞれに置かれている環境というものがあるはずです。
その範囲において、わたしは出来うるかぎりのことはさせてもらっています。

知らずにいうな。
早とちりの、馬鹿者!

33 :名前はいらない:04/01/29 11:49 ID:0obNEPe1
ごめん、なんか大変そうだからまた今度でいいや……>作品


34 :BLUE HAWAI:04/01/29 11:53 ID:7SiDUEhK
がんばれ、>>白鑞金さん
1さん サブリナマンモストンがもし実在してなかったらさすがに俺怒るよ。
いやあなたにたいしてじゃない自分に対してだけど。


35 :1:04/01/29 11:56 ID:yGuG2Ufo
19で人の書き込みを中傷し、かといって反論を求められれば自分の都合が云々とのたまう。
それを卑怯と呼ぶ!
それは私だって、あなたが本当に古書屋に行く予定を立てていたなら引き止めたりはしない。
今は時間が無いなら返信する必要は無いが、あなたは肝心な事に何一つ答えていない。
これは卑怯だ。
自分で卑怯なのを認め、人は卑怯なものだと断定するのはいかがなものか?
論点のすり替えではないか?自分の発言に責任を負わず、時間が無いと言う。
時間があるときで構わない。もし私が間違った事を言っているなら指摘して欲しい。
出来無いならばもう少し建設的にマンモストンについて語りたい

36 :1:04/01/29 12:00 ID:yGuG2Ufo
作品は有名なものからそうでないものまでかなりあります。
何故にマンモストンがいないなどと言う人は多いのか?
マンモストンは実在するし、現に私はファンです。
もし名前が珍しいとか自分が聞いたことが無いという理由のみで実在しないなどと
言うのは少し卑怯だとは思いませんか?
では有名な作品の名前を少し挙げておきましょう。
野いちご
帰還
イタリアからの書簡

煙草を吸う犬
などがあります。

37 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:01 ID:qTCHueUq
°∵。゚:。゚:.。゚::。(*TДT*)バカバカ 。:゚:。.:゚:゚:゚.:゚:
ドッチもモウイイヨ‐
ウワーン!!

38 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:03 ID:7SiDUEhK
煙草を吸う犬読みたいです。


39 :1:04/01/29 12:04 ID:yGuG2Ufo
他にも
2週間後
ブルジーンズと株式市場
ジャンキー
詩人の吐息などがあります。

ベルギーの作家、ブリューゲルが好きな方は是非試してください
ブリューゲルの絵同様、一度読めば物語が浮かんでくる事でしょう。


40 :名前はいらない:04/01/29 12:05 ID:IiXomMmW
>>36
いや、あまりにマイナーなのか、日本語のページではぐぐっても
出てこないし。
できたら、綴りを教えていただけませんか?
カールドライヤーは分かったんですが。

41 :名前はいらない:04/01/29 12:06 ID:IiXomMmW
あと、邦訳は出ているのですか?

42 :1:04/01/29 12:08 ID:yGuG2Ufo
残念な事にマンモストンの作品はフランス語または英語のみとなります。
私はフランス語で読んだのですが、英語翻訳版もあるはずです.
ちなみにHAWAIIではありませんか?
あなた様がわざとIを一つにしているなら余計なおせっかいですが。
でしゃばった事を言ってすみません。

43 :1:04/01/29 12:11 ID:yGuG2Ufo
sabrenha mammothtonだったかと思います。


44 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:12 ID:7SiDUEhK
煙草を吸う犬のフランス語読みたい!俺は読めないけど・・・
でも見たいです。

45 :名前はいらない:04/01/29 12:13 ID:IiXomMmW
>>42
うーん。じゃあ日本では知られてないわけですね。
綴りは「Sablina Manmosten」とかですか?

ところで、上で挙げられた作品の題名は、1さんがご自分で訳されたの
ですか?



46 :1:04/01/29 12:15 ID:yGuG2Ufo
かなりマイナーな部類に入るでしょう。
しかしドライヤーやブニュエル、タルコフスキーといった映像監督達に
支持されている事からも分かるように、凄い方です。
ただ、この方はかなりの変わり者らしく、全て自費出版ですので
手に入れるのはかなり困難かと思われます。
なにせ手刷りのコピーのみですし。自分のやりたい様にやるという姿勢を
貫いた結果です。ファンとしてはもったいないと思うのですが。
この辺がマイナーである由縁でしょう。

47 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:16 ID:7SiDUEhK
1さんが約したやつでもいいから煙草を吸う犬読みたいです。
煙草を吸う犬、興味あります。





48 :1:04/01/29 12:16 ID:yGuG2Ufo
私が訳しました。直訳です。
全て名詞で構成されていますのであまり大きな誤訳は無いと思われます。

49 :名前はいらない:04/01/29 12:18 ID:IiXomMmW
>>46
いや、作品を手に入れるどころか、43の綴りでググってもぜんぜん
出てこないですよ…。

50 :1:04/01/29 12:18 ID:yGuG2Ufo
興味を持っていただいて嬉しいです。
私はこの方の作品に多大な影響を受けました。
この作品の数々をマイナーの一言で歴史の中に埋もれさせたくないという思いも込めて
ここにスレを立てさせてもらいました。
訳しますので少しお待ちください。

51 :しんしん:04/01/29 12:19 ID:iFrJ8pdC
サブリナにでてくる黒猫かあい〜よねぇ
名前なんだっけ?わすれちった

52 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:19 ID:7SiDUEhK
俺 いろんな詩が読みたい。
あつかましいかもしんないけど煙草を吸う犬読みたいです。

53 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:21 ID:7SiDUEhK
あーなんだっけ?超かわいいよね。

54 :1:04/01/29 12:22 ID:yGuG2Ufo
マイナー過ぎてインターネットでは難しいかもしれませんね。
そもそも私がマンモストンの作品に出会ったのはイタリアなんです。
もうかれこれ10年ほど前になります。
ヨーロッパを回っている間、ボローニャにジャズを聴きに行きまして
ライブの後、バーに行ったのです。ボローニャという街は学問の町、大学生の町
なのですが、私そのバーでイタリア人の方と知り合いました。
話をしているうちにお互い映画の話で盛り上がりました。

55 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 12:23 ID:J7Vyt2iW
いいや、「すり替え」を先において、そののちに「間違い」をどうやって指摘
すればあなたは満足なのでしょうか。
わたしはおのれの「卑怯」さの「度合い」については、あくまで相対的でしか
ありませんが、ある程度は自覚しているつもりですよ。そのうえで、あなたの
ことまで同じ程度に「卑怯」だなどと、どういった論旨をもって断定できるの
でしょうか。わたしがいっているのは、あくまでもその「加減」であって、そ
れもまた、立場の異なる側あるいは異文化から見れば、まったくもって「無効」
となる怖れは充分に考えられます。従って、秤にかけて、固定した尺度で、そ
れをどうこう言うことは、論者として慎重にならなければならないのではない
か。こういう意味で申し上げたわけです。
また「建設的」とおっしゃるけれども、話者の総数や志向性にもし「偏り」が
出てきたとしても、いったん夢中になってしまえば、少数の声は届かなくなっ
てしまう事態がまったく発生しないとはいいきれない。そこで提案です。もし
「無効」「偏り」等々に対して、より慎重になり出来うるかぎり「建設的」に
語りもしたいとおっしゃられるのでしたら、多くの「陪審員」の参加が不可欠
ではないかとおもいます。たとえその「陪審員」が、なんらかの形で「買収」
されていたとしても、従わなくてはならないような形であっても。
完璧な議論なんて存在しないとおもっていますから、わたしの経験上では。ま
ず、あなたが歴たる土俵を用意されて、ルールも設定される。それからの作業
は上に述べたとおりです。
>どうかな?
あなたへ宛てた言葉ではありません。

早とちりは止めろというのだ、馬鹿者!

56 :名前はいらない:04/01/29 12:23 ID:IiXomMmW
ずっと待ってても、多分1さん以外にこの詩人を知っている
人が出てくるとは思えないので、ここは1さんがサブリナマンモストンを
紹介するスレにするといいんじゃないでせうか。
疑ってすいませんでした…。

>>51
吹き替えの声優は小倉寛久だった

57 :1:04/01/29 12:27 ID:yGuG2Ufo
どちらもレアリズムや形式主義に興味があり、彼女から
マンモストンのことを紹介されたのです。
その後ベルギーはアントワープに向かいましてベルギー人作家の詩のみを
扱うお店にあったという情報を元に探しました。
それは大変なものでしたが、初めて辞書を引き引き読んだときの感動からすれば
いい思い出です。
煙草を吸う犬は訳してここに乗せますので少し時間をください。

58 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:29 ID:7SiDUEhK
煙草を吸う犬読みたいなー なんかかわいい でも俺だったら禁煙させると思うよ。

59 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:30 ID:7SiDUEhK
楽しみに待ってます。すいません わがままゆって。

60 :しんしん:04/01/29 12:32 ID:iFrJ8pdC
思いだした!!
セーレムだ!!
声がいいYO!!

61 :1:04/01/29 12:33 ID:yGuG2Ufo
白鑞金 さん。
あなたはまた早とちりをしていますねえ。
わたしはあなたの「卑怯で無い人間などいない」という言葉に言っているのです。
もしあなたがこの言葉を自分が卑怯でも仕方はあるまい、人間とはそういうものであるのだから
というのならそれは卑怯だ。
私は一言もあなたが私に対して卑怯と言ったなどと思ってはいないし、書いてもいない。
何処をどう読んでそのような書き込みにいたったのでしょうか?
理解に苦しみます。そこのところはどうなのですか?

62 :名前はいらない:04/01/29 12:36 ID:IiXomMmW
>>57
イタリア経由でベルギーの現地で詩集を手に入れられたのですか。
すごい経験ですねー。
ブリューゲルはぎりぎり知ってますが、ベルギー人作家は知らないなあ。


63 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:36 ID:7SiDUEhK
そうそうセーレム! ルームメイトの黒髪の子なんだっけ
俺好きだった。性格がいい

64 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 12:36 ID:J7Vyt2iW
>しかしドライヤーやブニュエル、タルコフスキーといった映像監督達に
>支持されている事からも分かるように、凄い方です。

この時点ですでに「権威」に寄りかかって「上」からの圧倒的影響下において、
なされていることに気づいていただきたい。

はやく翻訳してください。あなたが。対訳という形があるでしょう。
それを読んでみないことには本人の語とあなたのそれとの比較さえできない状
態じゃあないですか。

だから早とちりだというのですよ、馬鹿者!

65 :1:04/01/29 12:37 ID:yGuG2Ufo
主観と客観話ではなくあなたはこういった
卑怯でない人間がこれまでどこかに存在し得たとでもおもっているのか!

わたしがいっているのは、あくまでもその「加減」であって、そ
れもまた、立場の異なる側あるいは異文化から見れば、まったくもって「無効」
となる怖れは充分に考えられます。従って、秤にかけて、固定した尺度で、そ
れをどうこう言うことは、論者として慎重にならなければならないのではない
か。こういう意味で申し上げたわけです。

この書き込みには私は賛同します。
慎重にならねばならないと言っているあなたが先の発言をした。
これは矛盾してはいないでしょうか?

66 :名前はいらない:04/01/29 12:41 ID:IiXomMmW
まあ…あんまりその人と問答しない方がいいですよ。
キリがないので……。
1さんもお見受けしたところ問答好きのようなので、ムリに引き止めは
しませんが…。

67 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 12:42 ID:qTCHueUq
マンモストンさんが、−どんな人かしらないけど−
>1が日本語に訳して紹介をしようとしていることを知れば彼は1対して感謝し、喜ぶと思う。
けれどこんな論議は期待してなかっと思う。彼は可哀想だよー(*T_T*)グス

68 :1:04/01/29 12:42 ID:yGuG2Ufo
そうですね。権威、そうかもしれません。
しかしながら私はそのお三方も尊敬しているのです。
他にもマンモストン好きはいますがそこは私にとって紹介する際の
目安にはならないと思い書かなかったわけです。
あなたはどうでしょうか?私は世間的に地位がある人間の意見だから
全体であるなんて事は言っておりません。
ただ私はこのご三方を尊敬し、彼らの価値基準が私にとって意味のあるものであるから
書いたわけです。ここは主観的な意見であるということを書いておくべきでした。
それは私の過失でしょう。
あなたはあなたで私の問いに対する答えを書いてくださいませんか?

69 :1:04/01/29 12:45 ID:yGuG2Ufo
私も大人気なかったです。
趣旨とは違うので論議はこの辺でやめにしておきます。
不毛な論議ではなく、詩について語りたいですから。
白鑞金 さんも詩について語っていただけると嬉しいです。

70 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 12:46 ID:J7Vyt2iW
>>65
「矛盾」していないはずです。順を追って、読み返していただければ、ありが
たいとおもいます。他の人の書き込みも追いつつ、考えかんがえしながら、打
ちこんだものです。あなたの早とちりほどには乱れていないと考えます。

「逃げる」等々の言い方は本当にいい加減にされたほうがよいとおもいます。
そんな言葉を安易に用いてくるところで、はっきり申し上げて、詩を論じて果
たして甲斐のある議論が構築されるものなのかどうか、懐疑的にならざるをえ
ません。

71 :名前はいらない:04/01/29 12:48 ID:N2HMHGR9
>>1さん
煙草を吸う犬お願いします。
本当にキリがなくなるんですから。
>>1さんはご存知ないんだ…シクシク時間が無駄になるだけです。



72 :名前はいらない:04/01/29 12:50 ID:N2HMHGR9
>>1
期待してます!!煙草を吸う犬!!

73 :1:04/01/29 12:51 ID:yGuG2Ufo
もうこの議論はいいです。
私達2人が遣り合っても埒があかないと思いますので。

今訳していますので少しだけお待ちください。
短い詩なので時間はかかりません

74 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:51 ID:7SiDUEhK
1さんの大好きな煙草を吸う犬を読む事によって俺詩の技術的なことはわからないけど
マンモストンがどんなひとか1さんがどんなひとか知りたいです。

75 :1:04/01/29 12:54 ID:yGuG2Ufo
煙草を吸う犬

バウワウワウワウ、ウーーーーウワワン
スーーーーーーー、バウワウワウュュュ

76 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 12:54 ID:J7Vyt2iW
>>66
あなた、面白い人だなあ。

>>74
上手くまとめてくれて、ありがとう。

77 :1:04/01/29 12:55 ID:yGuG2Ufo
スイマセン、上に書いたものはネタです。
論議に疲れてついつい馬鹿なことをしてしまいました。
もう少しで訳し終わるので少しお待ちください。

78 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:55 ID:7SiDUEhK
75まじですか?

79 :BLUE HAWAI:04/01/29 12:58 ID:7SiDUEhK
77よかった

80 :1:04/01/29 13:06 ID:yGuG2Ufo
煙草を吸う犬

俺は世界初の喫煙犬 雑種だ
両端切りしか吸わないぜ
街行く人の吸殻をこっそり集めて吸うのさ
今午前二時 俺は犬なのにロンリーウルフさ
俺は火がつけられない 何故なら4足歩行だから
俺は人間が嫌いだ 奴らは犬の事をリスペクトしない
吸殻を踏んだ俺の右足は根性焼きで一杯さ
俺たちみんな地球に生まれし生き物 神の子さ
おっとこんなところにダビドフが
3時の方向にジターン発見
俺はダンディー犬 仏蘭西煙草は吸わないよ?
今宵はダンヒルで渋く決めるぜ
俺の全盛はきっと名も無い露西亜で死んだ兵士さ
誰にも悲しまれずに死んだのさ
きっと俺が死んでも誰も涙を流さないだろう
お月様、今宵は好きなだけ泣かせておくれ
煙であなたが良く見えないよ・・・・・

81 :1:04/01/29 13:08 ID:yGuG2Ufo
遅くなって申し訳ございませんでした。
助詞の部分などは翻訳の段階でニュアンスが変わってきますので
どうかお許しください。何か感じられる事があれば嬉しく思います。
やはり皆様にはフランス語でお読みになられる事を強くお勧めします。

82 :72:04/01/29 13:11 ID:yQz0GAhJ
>>77
一瞬目の前がまっしろになった…
おもしろかった!!!いい人ですね

83 :しんしん:04/01/29 13:13 ID:iFrJ8pdC
ここまで読んで俺は思った
壮大な釣りのヨカーン

84 :1:04/01/29 13:15 ID:yGuG2Ufo
私はこの詩を初めて読んだ夜を今でも覚えています。

マンモストンの詩の美しさ、人生を賛美するという姿勢を
感じ取っていただければ幸いです。


85 :1:04/01/29 13:16 ID:yGuG2Ufo
せっかく訳したのに未だに釣りとか言われるとさすがに少しショックです。
まあ詩というものは感じる事が全てですから、合わない方には無理にお勧めはしませんが。


86 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:16 ID:7SiDUEhK
1さん ありがとう
根性焼きって約すのたいへんだったでしょ?
マンモストン想像してより気さくなかんじですね。

87 :しんしん:04/01/29 13:16 ID:iFrJ8pdC
サブリナのルームメイトっていたっけ?
おばさん2人いたのはおぼえてるよ
第二部の話なのかなぁ?
残念ながら二部はみてないのだ

88 :名前はいらない:04/01/29 13:17 ID:r2ab61me
>>80
ニュアンスがどうこうと言うよりも、ずいぶん1さんの意訳が入って
いますよね?

89 :1:04/01/29 13:18 ID:yGuG2Ufo
いえいえ根性焼きの語源はラテン語なのですよ?
私も初めてこの作品を読むまでは知りませんでしたが。
私のフランス語が上手ければこんなに悔しい思いをしなくて良かったのですが。


90 :しんしん:04/01/29 13:19 ID:iFrJ8pdC
いやいや
詩は素直におもしろいとおもうよ
でも場の空気って奴がネタ臭いのだよ
1のキャラもハクロウキンとの絡みも含めてね

91 :ρ(=$ω\)ノ さぃきょぅ ◆PsyCHO8eyE :04/01/29 13:19 ID:crKe1T+E
オレの思うに
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1075254344/
このスレとか参考になるんじゃないかな。

92 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:19 ID:7SiDUEhK
そうか1部と2部わかれてるんだ。


93 :1:04/01/29 13:20 ID:yGuG2Ufo
はい。意訳といわれればそうかもしれません。
やはり文法上の品詞の並びが違うためどうしてもそうなってしまいます。
フランス語での輝きがすっかり失われていますね。悔しいです。

94 :72:04/01/29 13:21 ID:yQz0GAhJ
ゲラゲラ  面白すぎる!
何だかオーソン・ウェルズみたいな顔つきで煙草を咥えている
犬が浮かびました
それから冷たい石畳の街道も、街灯も次々に

95 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:21 ID:7SiDUEhK
俺・・・騙されたの?

96 :しんしん:04/01/29 13:22 ID:iFrJ8pdC
>>HAWAI
プッ

97 :名前はいらない:04/01/29 13:23 ID:r2ab61me
>>89
1さんのキャラや物言いが、どうも全体的にネタくさいのが気になります
が、まあ80の詩想自体はたしかにその時代のヨーロッパぽくは
あります。
ただ、単語のはしばしに見られる意訳が、ネタ疑惑を再び起こさせる
ということもまた、付け加えなくてはなりますまい。

98 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 13:23 ID:7GG4z2af
だから「対訳」にすれば、と提案しておいたのに。一目で「意訳」の入りすぎ
を疑われてしまいそうな訳文ですよ。やり直していただきたいと強くおもいま
した。

99 :1:04/01/29 13:24 ID:yGuG2Ufo
>>72さん
そうです。感じることは人それぞれですが。
オーソンウェルズとは今まで考えた事がなかったですねえ。
面白いという意見も初めて耳にしました。
私の場合、読むたびに胸が締め付けられるような、悲しい気持ちになります。
ヨーロッパのファンの間では悲しいという意見が多いようです。
その辺の感じ方の違いも興味深いですね。

100 :しんしん:04/01/29 13:26 ID:iFrJ8pdC
盛り上がってきましたね
おらドキドキすんぞ!!

101 :名前はいらない:04/01/29 13:26 ID:r2ab61me
>>91
さすが最強氏ですね。
しかし、1さんの奮闘っぷりもまた、敢闘賞ものだったということを
ここで付け加えねばなりますまい。

102 :72:04/01/29 13:27 ID:yQz0GAhJ
2ちゃんだから
面白ければいいのに。
>>HAWAI
騙されたっていいじゃん
素直に楽しめるほうが。

103 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:28 ID:7SiDUEhK
しんしんさん俺 最後まで信じるよ。 疑った瞬間もうなにも信じられなくなるからね。
それじゃなんにも得られない。俺は疑って知れないより、信じて知りたいよ。

104 :1:04/01/29 13:28 ID:yGuG2Ufo
失礼しますが、91を見ましたがどうやらここを見た誰かが立てたようですねえ。
こういうことがあってか、釣りという人が見受けられたのでしょうか。
残念ですね。一人でも多くの人に見てもらいたい、ただそれだけなんですが。

105 :しんしん:04/01/29 13:29 ID:iFrJ8pdC
俺にはブラックユーモアにしか見えないんだが?
もう一回読んでみるか

106 :1:04/01/29 13:30 ID:yGuG2Ufo
>>103
そういっていただけて嬉しいです。
マンモストンも彼の作品の中でこういっています。
「人生を表現するには人生を啓蒙し続ける事だ」と。

107 :名前はいらない:04/01/29 13:31 ID:r2ab61me
>>104
じゃ、他の詩作品も翻訳きぼん>1さん
あ、これはお願いじゃなくて義務な。

108 :1:04/01/29 13:32 ID:yGuG2Ufo
詩についてそろそろ意見を語りませんか?
例えば犬は何かのメタファーなのか?煙草は何を象徴しているのか?
月や夜が出てくる。真夜中に町をさまよう犬。
この当たり、皆様の意見を聞いてみたいものです

109 :1:04/01/29 13:33 ID:yGuG2Ufo
訳して皆さんにマンモストンを知ってもらう事はいいのですが、
私としては詩について掘り下げたいという気持ちもあります。

110 :しんしん:04/01/29 13:34 ID:iFrJ8pdC
つうか
これがネタがどうかは別にして
詩はどうなのかってこった
俺はなかなか面白いと思ったよ
悲しいなんて感情はでないけどな

111 :72:04/01/29 13:34 ID:yQz0GAhJ
>>99
確かに悲しいかも知れないけど、それに「うら悲しさ」もあって
ユーモアを感じます。「訳し方」云々よりもその情景が面白くて
「両切り」しか吸わないとか、ジタンはいやだとか
…やっぱり面白い!ネタでもネタじゃなくてもかまいません。
ありがとうございます。詩って面白いです。

112 :名前はいらない:04/01/29 13:35 ID:r2ab61me
>>109
いやー私たちとしては、その詩はもう十分に堪能したから、
もっと他の詩を紹介してほしいなー。

113 :1:04/01/29 13:36 ID:yGuG2Ufo
あまり詩の中において商品名を出したりするのは一般的ではありませんよね。
しかしマンモストンはそれを平気でやってしまう。
俗っぽさを、リアリティーに昇華する。これは中々難しい事だと思います。

114 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 13:38 ID:7GG4z2af
そうだなあ、ブラックユーモアね。
「スターリンの夜に吠えようを失われた負け犬のダンディズム」
という感じがしました。そんな悲しさがつまり、オーソン・ウェルズなんかの
イメージとどこかでリンクしたのかもしれません。

115 :1:04/01/29 13:38 ID:yGuG2Ufo
次は何を訳しましょうか?
前のレスで有名どころの作品名は書きましたので希望があれば
お教えください。

ただ私、煙草は死を暗示するものだと考えております。
死刑囚の話など、煙草についても少し考えてみたいですね。

116 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:39 ID:7SiDUEhK
やべぇ俺>>103みたいなこと言ったけどなんか拭い切れない。
こうなったらヤベェなー


117 :名前はいらない:04/01/29 13:41 ID:r2ab61me
>>115
では、「ブルジーンズと株式市場」をよろしくお願いします。

118 :1:04/01/29 13:44 ID:yGuG2Ufo
分かりました。今から取り掛かります。

119 :BLUE HAWAI:04/01/29 13:44 ID:7SiDUEhK
>>115あと アンバサ買ってきて!なかったらメローイエローでいいや

120 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 13:45 ID:7GG4z2af
>>117のリクエストの後はご自身のお好きな順を希望します。

121 :しんしん:04/01/29 13:53 ID:iFrJ8pdC
いやぁ〜今日は出かけなくて良かったよ
こんな素敵な時間をありがとん!

んじゃ此処で詩を一つ

   「快楽ビジネス」
冷めた目で女を上から見つめる
あぶく銭で買った くだらない快楽
一刻だけの優しい恋人
束縛も詰問も愛も 邪魔な物は何も無い
ああ これはビジネスの話か クールな頭で処理しなきゃな
店を出て歩く こういう時は 
なぜか一人になりたがり 月を見上げる
情熱のリビドー抜き取られた後
いつも こんな気持ちになるの何故だろう

ああ そうか
これはビジネスの話しか クールな頭で処理しなきゃな

122 :名前はいらない:04/01/29 13:55 ID:08mo5IYR
>>121
>ああ これはビジネスの話か クールな頭で処理しなきゃな

ここカコイイね。

123 :しんしん:04/01/29 13:55 ID:iFrJ8pdC
今の気分は上の詩のような気分ですよ

124 :しんしん:04/01/29 13:57 ID:iFrJ8pdC
実は
ここが言いたいだけの詩です

125 :しんしん:04/01/29 13:58 ID:iFrJ8pdC
1さん、まってまつよ

126 :名前はいらない:04/01/29 13:59 ID:08mo5IYR
そうなんだ。

127 :1:04/01/29 14:00 ID:yGuG2Ufo
ブルージーンズと株式市場

何処へ行こうか?あてどなく町を歩く俺は名前の無い人間
コーヒーの染みのついたこのブルージーンズが俺の友達
ポケットに手を突っ込んで少しカッコつけて口笛を鳴らす

ここは何処?君は誰?
気がついたらそこは丘の上
目の前に広がる街に道行く人々
あの古いビルは証券取引所、勿論ジーンズじゃ入れない
でも気にしないさ、こいつは俺の友達

俺の友達の心に穴が開いた
でも俺にはどうする事も出来ないから口笛を鳴らす
証券取引所の屋上で女がパンを食べている

証券取引所
夜が来たら俺の城さ、ダンディーハウス
友達の鼻先についた土埃を払って口笛を鳴らす

屋上の女がパンを捨てた
彼女はきっと悲しいんだろう
今宵俺は鬼になる


128 :1:04/01/29 14:01 ID:yGuG2Ufo
プラウザがおかしくてしばらく書き込めませんでした
この詩は彼の初期の作品です

129 :しんしん:04/01/29 14:03 ID:iFrJ8pdC
その詩
ジーンズとその穴のくだりが
俺が暖めてる詩にくりそつだべ
ああああ〜なんてこったい

130 :1:04/01/29 14:04 ID:yGuG2Ufo
マンモストンと同じような考え方を持っているなんて
凄い事ですよ。少なくとも私はそう思います。

131 :名前はいらない:04/01/29 14:07 ID:08mo5IYR
>>127
なるほど。「ブルジーンズ」ではなくて「ブルージーンズ」だったの
ですね。

>あの古いビルは証券取引所、勿論ジーンズじゃ入れない

ブリューゲルと同時代にブルージーンズをはいてベルギーの町を
歩いていたとすれば、さぞかし目立つ男だったでしょうね。
また、屋上のある証券取引所というと、どこの証券取引所だった
のでしょうか。歴史的な興味をかきたれられます。


132 :BLUE HAWAI:04/01/29 14:07 ID:7SiDUEhK
マンモストン なんかいいっすねー
1さん ちょっとでも疑った俺を許してください。
ジュースも自分で買ってきます。すいませんでした。

133 :しんしん:04/01/29 14:07 ID:iFrJ8pdC
俺がかってに思った事だがサブリナ・マンモストンって
俺に近い人間なのかなと詩よんで思ったよ
現実にいるかいないかは別としてな

134 :1:04/01/29 14:11 ID:yGuG2Ufo
現実にいない人間がどうやって詩を書くのですか?

ブリューゲルと同時代?
マンモストンは1879〜1944です。
ただ同じベルギーという事で引き合いに出したのですが、ややこしかったようですね
すみません

135 :しんしん:04/01/29 14:14 ID:iFrJ8pdC
俺の前世はサブリナ・マンモストンだったのか、、、、
今日は 
どでかい発見をしたもんだ

136 :1:04/01/29 14:14 ID:yGuG2Ufo
凄く映像的な詩だとお思いになられませんか?
私には丘の上の土埃
花一輪咲いてもいないまるでエドワードホッパーの絵画のような
情景が思い浮かびます

137 :名前はいらない:04/01/29 14:15 ID:08mo5IYR
>>134
そっか。古い年代の詩人だと思いこんでたので。
それにしても、戦前にベルギーでブルージーンズをはいていた男は、なかなか
いなかったでしょうね。

138 :しんしん:04/01/29 14:19 ID:iFrJ8pdC
俺がブルージーンズを履かない理由と
なんら変わらん事だろう

139 :1:04/01/29 14:23 ID:yGuG2Ufo
変わった人だったらしいですからねえ
出生は絶対に明かさなかったらしいです
この後世界的な大不況が来たのかと思うと
この詩の深みが2重3重に増幅されます。
証券取引所、その頃の写真を見ましたが活況に満ちていたみたいです
それを丘の上から一人眺める男
このコントラストが悲しみを誘います。

その理由参考までにお聞かせ願いますか?

140 :名前はいらない:04/01/29 14:24 ID:08mo5IYR
や、でも詩はすばらしいですよ。うん。

141 :名前はいらない:04/01/29 14:25 ID:08mo5IYR
>証券取引所、その頃の写真を見ましたが活況に満ちていたみたいです

もうカンベンしてください。。

142 :1:04/01/29 14:30 ID:yGuG2Ufo
かんべんしてくださいとはどう受け取ればいいのでしょうか?
確かに素晴らしい詩に心を打たれたときはキャパシティーがなくなりますものね
やはりマンモストンの詩はパンチが強いです。


143 :名前はいらない:04/01/29 14:31 ID:08mo5IYR
矢継ぎ早なリクエストで申し訳ありませんが(これで最後にします)、
「詩人の吐息」がぜひとも読みたいです。

144 :しんしん:04/01/29 14:31 ID:iFrJ8pdC
何故最初に若者はブルージーンズを履いたか?
それは反抗心からだと思う
ところが今やブルージーンズは制服と同じだ
誰もかれもが履きやがる
それなら履かない事こそ今現在の反抗の仕方だ
まあ、理由なき反抗って奴だが

145 :1:04/01/29 14:36 ID:yGuG2Ufo
しかし反抗のシンボルが友達ほどになりますかね?


146 :しんしん:04/01/29 14:37 ID:iFrJ8pdC
今の若い奴等は押し付ける者には反抗する癖に
結局選ぶ先は皆と同じ物を選び安堵する
俺はそんな奴等が嫌いだ
良くも悪くも俺が全て判断する
たとえ後ろ指さされてもだ
よく変わってるねぇと言われるが
それって誉め言葉だろ?違うのか?
違うと思った奴はその時点で瓦礫に埋もれてる鉄屑だ

147 :しんしん:04/01/29 14:41 ID:iFrJ8pdC
他の奴と違う道を歩く奴にとって
同じ方向をみてるだけでも親友になれるだろう
事実俺には学校で作った親友は一人しかいない
後は皆、年齢もバラバラだ
でも皆、俺の大切な親友だ

148 :しんしん:04/01/29 14:44 ID:iFrJ8pdC
やばい
熱く語りすぎたピョン
俺のキャラにあってないピョン

149 :BLUE HAWAI:04/01/29 14:45 ID:7SiDUEhK
いや しんしんさん 良い事ゆってる。

150 :1:04/01/29 14:48 ID:yGuG2Ufo
詩人の吐息  (注)イグルーとは雪で作った避難所らしいです

北極に詩人がいる
辺りには白しかなく彼はイグルーの中でじっと息を潜める
何と皮肉な事か
彼は気づいた、壁が迫ってきている事に
彼の吐く息が凍りつき壁が押し寄せる
生きるために息を吸うのか、自分を殺すのか?
氷の棺桶
彼は何かを呟く
彼には風の悲鳴しか聞こえない
彼は一人しりとりを始める
ゴリラ ラッパ パリス!
パリ!
詩人はパリの友達に手紙を書いた
あて先、パリ市
届くはずが無いこの手紙は今も彼のポケットの中



151 :名前はいらない:04/01/29 14:54 ID:efnZojPr
>>150
ありがとうございます!

1の…もとい「詩人の吐息」も、すばらしい詩作品ですね。
なるほど、「吐息」というのは、北極にいる詩人が吐く白い吐息の
ことだったのですね。

>彼は一人しりとりを始める
>ゴリラ ラッパ パリス!

このくだりの不条理さがまた、なんともいい味を出していますね。



152 :72:04/01/29 14:54 ID:yQz0GAhJ
>>1
丘の上からの景色が戦前のモノクロフィルムのように浮かびます。
木々のない乾いた街、ただ寂しく平たくあるだけの屋上、そこに小さな女の姿。
まるで映画を見せられているようです。
女がパンを捨てる肘の投げやりな感じまで見えるようでした。

訳してくれてありがとう。

153 :BLUE HAWAI:04/01/29 14:54 ID:7SiDUEhK
(・∀・)イイ!!



154 :1:04/01/29 14:54 ID:yGuG2Ufo
同じ考えしか持たず自分の無い人たち
彼らに変わってるねえといわれる事がほめ言葉だとは思いません
服装で反抗を示すという事自体に私個人として疑問を抱きます
もし自分がいいと思えば人と同じでもいいのでは?
私も変わってるねえと言われますが私から見れば彼らの方が変わっています
自分が無いのですから
しんしんさんは自分を持っているのでしょう
年齢もばらばらだというセンテンス、普通のことではありませんか?
変わっているということに自己性を見出すのは彼らを意識しすぎでは?
マンモストンにおけるジーンズはまた違った意味があるのではと思いました。
あくまでジェームスディーンの様な意味とはまた違った・・・

155 :しんしん:04/01/29 14:56 ID:iFrJ8pdC
今日からここは僕が反吐をはくスレになりました

156 :BLUE HAWAI:04/01/29 14:56 ID:7SiDUEhK
詩人の吐息 が今のところ1番好きです。

157 :1:04/01/29 14:56 ID:yGuG2Ufo
いや、皆様とマンモストン作品を共有できて幸せです。
感想、解釈など参考になります。

158 :1:04/01/29 14:58 ID:yGuG2Ufo
まるで映画を見せられているようです。

私も同じような情景が心に浮かびました。乾いた世界。
映像的な詩ですね。

159 :1:04/01/29 14:59 ID:yGuG2Ufo
>>156
私もこの詩は好きです。
一人で死の間際にしりとりをする。
人間というものは深いですね。

160 :名前はいらない:04/01/29 15:00 ID:iFrJ8pdC
まあ、俺がいいと思えははやりもすたりも
関係無いのは当たり前で
さっきの文は俺が選んだ生き方の結果にすぎません

161 :名前はいらない:04/01/29 15:01 ID:efnZojPr
>>157
1さんの、サブリナ・マンモストンにかける情熱が痛いほどに伝わる、
そんな良スレに育ったと思います。

162 :名前はいらない:04/01/29 15:02 ID:efnZojPr
>>159
そうですよね。何語でしりとりをしたのかが分からないところがまた、
深いですよね。

163 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:02 ID:7SiDUEhK
しりとりのセンスがいい!やるなぁーベルギー人

164 :1:04/01/29 15:02 ID:yGuG2Ufo
いや、私もあなたが言わんとすることは分かります。
短い文章で言い表す事は難しいですからね
だから我々は詩に魅せられるのでしょう


165 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:03 ID:7SiDUEhK
期待age!

166 :1:04/01/29 15:05 ID:yGuG2Ufo
はい。何語であるか?などというのは重要ではありませんから。

ふと思ったのですが、としをとってからしりとりしなくなりました。
子供がしりとりを好きな理由とこの詩人に関連性は見出せませんかね?

167 :しんしん:04/01/29 15:08 ID:iFrJ8pdC
あのな俺実は
サブリナ・モリンストンが書いた詩を
どっかのスレで読んだことあるのよ
記憶の片隅から見つけ出したよ
1よ、サブリナの詩を名を伏せて投稿したことあるか?
それなら話しは解るが、、、、、、、
未だにネタだというのが払拭しきれん


168 :1:04/01/29 15:08 ID:yGuG2Ufo
きっと子供は夢想家でそれぞれの宇宙を持っているからでしょうか?
私はやはりこの世界に浸かっています。
いつの頃からか自分の世界というものをなくしてしまった気がします。
マンモストンはそんな私に何かを訴えるのです。

169 :名前はいらない:04/01/29 15:09 ID:efnZojPr
>>166
関連性、何でしょう?
1さんは何かそこに関連性を見出されているのですか?

170 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:09 ID:7SiDUEhK
し・ん・し・ん・さん!
ダメッ!

171 :1:04/01/29 15:09 ID:yGuG2Ufo
私は詩板に来たのは昨日が初めてですよ。


172 :名前はいらない:04/01/29 15:09 ID:efnZojPr
ああ、168のような。

173 :1:04/01/29 15:11 ID:yGuG2Ufo
もし何か書くとしても名を伏せてマンモストンの詩を書いたりしません。
それではこのスレの存在意義がないですから。

174 :72:04/01/29 15:12 ID:PtsMf4kr
イグルーは「家」という意味ですから、必ずしも「非難所」とは
限らないと思います。イヌイットの冬季の住まいだったりします。

死に怯えつつ蹲るというより、むしろ気づいてからは、自らの吐いた暖かな息の作った氷に
包まれて静かにそのときを待っているような光景が浮かびます。
人間はひょうきんないきものだから、そんな事態でもしりとりをしたり
出せるはずもない手紙を書いてしまったり、
うー、かわいい



175 :しんしん:04/01/29 15:13 ID:iFrJ8pdC
う〜ん、やはりというかなんというか、、、、
もごもご
このスレはやはりアレなんですよね
面白いからいいけどね

176 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:16 ID:7SiDUEhK
し!ん!し!ん!さぬ!
ダメッ!

177 :名前はいらない:04/01/29 15:18 ID:efnZojPr
うん。でもサブリナ・マンモストンの詩はどれもすごくいいと思ったですよ。

さっきのでリクエスト最後にしようと思いましたが、「野いちご」「2週間後」
「ジャンキー」あたり、まだ気になってるタイトルなんですよね…。
どうですか1さん、もうひとつ。

178 :1:04/01/29 15:19 ID:yGuG2Ufo
72さんの解釈面白いです。
静かに死を受け入れたという考えはなかったですね
確かにそういう気がします

イグルーについてあまり調べてませんでした
ありがとうございます

今訳しますのでしばしお待ちください

179 :72:04/01/29 15:21 ID:PtsMf4kr
手紙はきっと自分の不幸な死を綿々とつづったものではなく、きっと
やあ!元気かい?僕はこんなになっちゃったけど、君はまあのんびりやりたまえ、
みたいにユーモアたっぷりのものだったと思う、バカなわたし。

180 :しんしん:04/01/29 15:26 ID:iFrJ8pdC
1 俺は127と150の詩を詩坂て読んだことがある
2 1はマンモストンの名を伏せて投稿したことは無い
ましてや詩坂に来たのは最近と言う
3 日本語訳された詩は無い、このスレにある詩は1の訳
もし他の人がマンモストンの詩を訳したのを
投稿したのならここまで日本語での詩が一致するわけがない
よって導かれる結論はアレだよアレ
どっちにしろ1の詩は面白いよ、うん

181 :しんしん:04/01/29 15:28 ID:iFrJ8pdC
>>180
つい勢いで書いてしまった
空気悪くなったらスマソ

182 :しんしん:04/01/29 15:31 ID:iFrJ8pdC
ごめんよぉぉぉぉ
魔がさしただけなんだよぉぉぉぉぉ
ゆるしてよぉぉぉぉぉ

183 :名前はいらない:04/01/29 15:35 ID:JNluwa4y
大丈夫。誰も180は見えてない。とくに1、は見えてないから安心しろ。

184 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:35 ID:7SiDUEhK
しーーーーー
んーーーーーしーーーーーんーーーーーーー
さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん
メッ!

185 :1:04/01/29 15:40 ID:yGuG2Ufo
かれはルーレットジャンキー
彼は赤にしか賭けない
どうしてかと尋ねたら彼はこう答えた”俺の血は赤いから”
ルーレットが回る間彼は息を止める
それが彼のルール

ウェイトレスの服を着た豚がカクテルを運ぶ
孔雀が歌い、象が踊る
次のルーレットに彼は全てを賭けた
ルーレットが回る、彼は息を止める
次の瞬間嫌われ者のコヨーテが彼を外へ連れて行った
 
ルーレットは回り続ける
みんな何が何だか分かりはしない
孔雀は歌い象が踊る


186 :72:04/01/29 15:42 ID:PtsMf4kr
おもしろいんだから、いいのw

ここは2ちゃんねる

187 :しんしん:04/01/29 15:42 ID:iFrJ8pdC
さあ、サブリナ・マンモストンの詩について語ろう
俺はジーンズと穴の詩を完成させようかな
俺の予定では履きつぶしたジーンズは俺自信で
穴があいて
その穴の中には幸せな世界があるみたいな詩を
作りたかった訳だが

188 :1:04/01/29 15:44 ID:yGuG2Ufo
これは動物園の動物達の事を詠った詩のようです
何が何だか分からない悲しさ

しんしんさん、私は書き込んだ事は無いですよ
検索してみてはいかがでしょうか?
絶対出てきませんから。マンモストンのコピーは日本人では
殆ど持っている人はいないでしょうからね。

189 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 15:45 ID:qTCHueUq
しんさん!
しんさん!

オレハビンボ-ハタモトノサンナンボ-トクダシンノスケダ
(*^Д^*)暴れん坊将軍より

190 :しんしん:04/01/29 15:47 ID:iFrJ8pdC
俺はやっぱ犬の奴が好きだなぁ
あれはすごく良いよ

191 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:51 ID:7SiDUEhK
1さんフェデリコ ガルーシア ロルカの詩もおねがいします。

192 :しんしん:04/01/29 15:51 ID:iFrJ8pdC
>>189
このスレの状況を見事に現しているのを
北が発掘したね
俺たちは視聴者じゃないんだ
しんさんの素性がわかっちゃ駄目なんだね


193 :72:04/01/29 15:52 ID:PtsMf4kr
いぢわるしちゃだめ

194 :名前はいらない:04/01/29 15:53 ID:JNluwa4y
>>185
「ジャンキー」ですね。

これは…なにかこう、抜き差しならない状況が伝わってくるようです。
なぜ、彼が賭博場の外へ連れ出されなければならなかったのかが、この詩を
読み解くカギになる気がします。
この詩に「ジャンキー」という題名がつけれられているのが、意味深ですね。

195 :1:04/01/29 15:53 ID:yGuG2Ufo
>>191
残念ながらその方を知りません

196 :しんしん:04/01/29 15:53 ID:iFrJ8pdC
はぁ〜い

197 :BLUE HAWAI:04/01/29 15:55 ID:7SiDUEhK
>>195失礼しました


198 :1:04/01/29 15:56 ID:yGuG2Ufo
悲しさを紛らわせるための宴かもしれませんね
ジャンキーというのは何かにとらわれて抜け出せないという状況を
あらわしているのかもしれないですね。
酒麻薬などだけでなく。

199 :名前はいらない:04/01/29 15:59 ID:JNluwa4y
>>198
しかし、ルーレットの結果を見ることなく、彼は「嫌われ者のコヨーテ」に
よって外に連れ出される、という。

200 :1:04/01/29 16:03 ID:yGuG2Ufo
結局勝ち負けは問題ではなかったのかもしれないですね
私は外に連れ出される=死と解釈していました
ただ中にいても生きている感覚がえられず無謀な賭けを繰り返した
孔雀の歌や象の踊りって何故かリアリティーがないんですよね
そこにあるのだが大事なものは何一つ無い
どちらに転んでも死
赤と黒。関連性があるかもしれませんね


201 :名前はいらない:04/01/29 16:06 ID:JNluwa4y
んー。なんか生々しい解釈ですが、真実はサブリナ・マンモストンのみが知る、
といったところでしょうね。
ただ、彼が外に連れ出されるところまで書いているのは、それが実現可能なこと
だからだと思いましたよ。


202 :1:04/01/29 16:07 ID:yGuG2Ufo
中に居続けることが赤
連行されるのが黒
彼は虚栄の世界でもいいから内部に居たかったのでしょうか?
動物園の動物達は自分達はもはや外では生きていく力が無いということに
気づいているのでしょうか?
ジャンキーの彼だけが気づいていた、と考えたりしてみました。

203 :名前はいらない:04/01/29 16:08 ID:JNluwa4y
あ、「実現可能」っていうのは、外に連れ出される=死とは必ずしも違う
ってことです

204 :1:04/01/29 16:11 ID:yGuG2Ufo
連行された先が分からないので自分の想像力に任せるしか無いですね
ただ嫌われ者のコヨーテという言葉が不吉さを連想させます
私のイメージでは部屋の中は真っ赤なんですよ。
自分の血は赤いというのも俺は生きているんだという意思表示か?と
考えたりしました。
マンモストンのみぞ知るといったところですね

205 :72:04/01/29 16:13 ID:PtsMf4kr
ものすごく不思議
「動物園」=「人間同士」の交われない主張、としか思えませんでした
「血が赤いから」→こう生きるしかないんだ
孔雀も象も理解しあえない人種(精神的に}のこと
コヨーテは殺したりせず、ただ自分より嫌われ者になる彼を待っていて
嬉々として弾き出しただけのこと
その椅子に今度はコヨーテがつくのだと




206 :1:04/01/29 16:13 ID:yGuG2Ufo
あ、成る程。
彼だけが自由になれて、友達は虚栄の世界に残されるというのも
残酷ですね。
我々の社会に置き換えるとどういったことが連想されるでしょうかね?
皆様の意見は参考になります

207 :名前はいらない:04/01/29 16:14 ID:JNluwa4y
>>202
生きる力がある無しよりも、自分が賭博場の中にいたいかいたくないか
ってことじゃないですか?
動物たちは別に外で生きれなくても、その中にいたいわけでしょう?
でも、ジャンキーの彼はルーレットの中毒だから、その中毒性のために
ルーレットの側にいなくてはならなかった。
むしろ、彼が中にいる理由の方が希薄なんじゃないですか?

208 :名前はいらない:04/01/29 16:16 ID:JNluwa4y
>>207訂正

×いたいかいたくないか
○居たいか居たくなかったか

209 :1:04/01/29 16:20 ID:yGuG2Ufo
いや、私の解釈では動物達は一様にコヨーテが来るのを恐れている
コヨーテは何かその上の大きな力の手下なのです
そして動物達はコヨーテに連れて行かれると戻ってはこれない事を知っている
殆どの動物達は与えられた環境に(虚栄であっても)満足してるけど
ギャンブルジャンキーの彼は気づいてしまった
どちらにも本当の世界は無い
彼はギャンブルにのみ生の感覚を求め、生きている証(彼なりの)が欲しくて
血の色の赤に賭け続けた

しかし皆さんの解釈の方がすっきりしますね

210 :1:04/01/29 16:25 ID:yGuG2Ufo
つまりルーレットジャンキー
すなわち生きているという自分なりの価値観に中毒になっている
どちらにも救いが無い中で、ルーレットを廻し続けたという解釈です

しかし72さんの人間社会に置き換えた解釈や207さんの解釈興味深いです

211 :名前はいらない:04/01/29 16:26 ID:JNluwa4y
コヨーテっていうのはこれまた謎な存在ですね。


212 :1:04/01/29 16:27 ID:yGuG2Ufo
ただ私には賭博上というのは仮の世界、我々の生きている本当の世界とは
かけ離れた、浮世離れしたイメージがあるのでこういう解釈になったのでしょう

213 :1:04/01/29 16:29 ID:yGuG2Ufo
ハイエナで無いところがベルギー人と日本人の違いですかね
日本人だとハイエナのような奴という通り、ネガティブなイメージが
ありますからね。ただ怖いというイメージはありますね

214 :名前はいらない:04/01/29 16:30 ID:JNluwa4y
>>212
ま、これも「人間存在の美しさ」が詠われた詩なんでしょうね。
ある意味、赤に賭け続ける彼は美しいですよ。

215 :72:04/01/29 16:34 ID:PtsMf4kr
>>213
賭博場は、わたしにとっては「世の中の縮図」そのもののイメージです
ハイエナも、「誰よりも鋭く嗅ぎつけるもの」を喚起させます
そこらへんでわたしはずれたのかも知れません。

216 :1:04/01/29 16:37 ID:yGuG2Ufo
マンモストンには珍しく救いが無い詩ですね
しかし彼の哲学は人間存在を表現するというところにありますから
この場合救いの入り込む余地はなかったのでしょう。
人間存在を訴えたという点を顧みれば、やはりジャンキーは追い詰められた
人間を暗示しているのでしょう。

>>72さん
なるほどねえ
実際人間社会で嗅覚の鋭いものは取って代わろうとしますしね

217 :名前はいらない:04/01/29 16:43 ID:vkdQumZy
いやー埋もれた詩人っているんですねー。
素晴らしい詩人を紹介していただいて、どうもありがとうございました。>1さん

218 :1:04/01/29 16:48 ID:yGuG2Ufo
明日からも少しずつマンモストンの作品を紹介したいと思います
では明日。

219 :BLUE HAWAI:04/01/29 16:51 ID:7SiDUEhK
後半レベルが高すぎて話しにくわわれなかったけど
いい勉強になりました。
お疲れ様でした。

220 :ρ(=$ω\)ノ さぃきょぅ ◆PsyCHO8eyE :04/01/29 19:05 ID:crKe1T+E
>>101
いや、確かに遊びとして面白いと思うよ。
お互いに了解事項として認識しておけばもっと面白いと思ってるだけ。

他の板は即死寸前みたいだからお早めに(笑
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/sci/1075254541/
http://life.2ch.net/test/read.cgi/model/1075255160/
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/drama/1075254469/
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1075254662/
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/art/1075254743/
http://that.2ch.net/test/read.cgi/meikyu/1075264076/
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1075254612/
http://human.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1075255016/
http://life.2ch.net/test/read.cgi/cigaret/1075255060/
http://life.2ch.net/test/read.cgi/megane/1075255107/

221 :名前はいらない:04/01/29 19:38 ID:bxlr9sfz
ものすげぇマルチポストだな、、、、ここまでするかぁ?
詩板のもそのうちの1つってこと?乱立した張本人って、もしかして>>1さんなの?
それほどまでにサブリナ・マンモストンのお話をしたかったのか、、、、なんだか泣けてくるな。。。

222 :名前はいらない:04/01/29 19:42 ID:bxlr9sfz
よく読んでみると、サブリナ・マンモストンが野球選手になったり俳優になったり煙草になったりしてるw
意味分からんw

223 :名前はいらない:04/01/29 19:44 ID:bxlr9sfz
連続書き込みになって申し訳ないのだが、、、、
いま「サブリナ・マンモストン」でグーグル検索したんだが、、、、
0件じゃねぇかよ!!!!!!!!!!

ちょっとこのスレのログ熟読してくる。

224 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/29 19:50 ID:8rGFrUeg
ああ、やっぱりルーシー・モノストーンの伝説と一緒だ。

225 :名前はいらない:04/01/29 19:59 ID:bxlr9sfz
無名の詩人なのか、、、、?
世間的には知られておらず、検索しても発見できないと。
ネット世代といっても必ずしも100%網羅できているわけではないし、
説得力はあるにはあるが。。。。
まあ、なんだか突発的にカキコしてスマンかった>>1
このスレの今後の動向に期待してます!
がんがれ!

226 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/29 20:18 ID:oLgaH8HO
というか1が>>36>>39でこれをあげていないのはなぜだ?
モグリ?それともサビーの存在をどうにかしたいの?卑怯だよ。
この作品こそサビーのもっとも言いたかったことだろ?
たしかに時代が時代だけどさ・・・でも消せないよ・・・!
じゃ、載せとくよ。俺のいやサビーファンにとっての心の詩を


「ふりむいた四十女」

老若男女 その日は近い
いつかは来るんだ だれだって
肩書き 名声 財産 時間
そんなものには意味ない

そう 四十女にふりむかれる
その日の気分は自分次第

大きなおしりにはじかれて
とんでいったは北酒場
つまみに少しの若い蜜
酔いどれ千鳥、泣く子はいねが?

四十女にふりむかれる
その時君は我を知る

なってみなけりゃ、わからない

227 :しんしん:04/01/29 20:42 ID:AFpsOGBl
実は俺もサブリナ・マンモストンの詩をばくっていました
すんません、深く反省してます。
今載せますね

228 :名前はいらない:04/01/29 20:46 ID:LTG12mdP
>>227 どういうこと?

229 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 20:53 ID:qTCHueUq
>>しんしん

別に載せなくてもいいんじゃないかい?

一人で苦しめー!
(*^_^*)

230 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 20:57 ID:43S7NuaD
>>229
同感だなあ。

231 :BLUE HAWAI:04/01/29 20:57 ID:7SiDUEhK
快楽さん それホントにベルギー人の詩なんすか?
マジで腹筋つったよ。

232 :しんしん:04/01/29 20:57 ID:AFpsOGBl
    「幸せな少女が見る世界の現実」
少女は空を見上げた 真っ赤な太陽と目があった
遠くに見える家族と行った海 とても綺麗な青
大地には様々な草木が輝いてる 鮮やかな生命の緑
「あっ可愛い花嫁さん」少女は思わず声をあげる
汚れを知らない純白のドレス
手には何時も持っているカサ お気に入りの黄色いカサ
早く帰らないと夜になっちゃう 暗い夜になっちゃう

少女は この世界の全ての物を美しいと感じた
この世界に生まれて幸せを感じた

少女は家に帰るとカバンから絵の具を取り出す
「今日見た物よりも どんな物よりも綺麗な色を作るの」
この世界で一番美しい物を作ろうと全ての色を混ぜる

パレットの上には
今日少女が見た全ての色がある 世界の色がある
これが世界の本当の色「灰色(グレイ)」だ
混沌の色だ これが世界の真実だ


233 :名前はいらない:04/01/29 20:58 ID:LTG12mdP
>>232 あれ?この詩みたいことある?しんしんさんの過去作だよね?

234 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 20:58 ID:qTCHueUq
僕ね、他人の事実を知るのヤダ。

それが秘密で、ちっちゃな真実ならば、重いよ。

そんな、や〜な空気を背負うのが嫌なんだな。

しんしんのこと好きだよ。

でもその重い秘密がイヤなんだな。
一人で苦しめー!

235 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 21:01 ID:43S7NuaD
>>232
そうだね。哲学的な文脈が底流している。
ラストはなくともよいとおもいます。
当り前すぎて。

236 :しんしん:04/01/29 21:02 ID:AFpsOGBl
この「幸せな少女〜」は
生涯、独身を貫いたサブリナの負の部分を
よく現している詩だと思います
つたない訳なのでサブリナの詩を旨く伝えられたか心配です
最後にパクってすいませんでした
他にサブリナの事しってる人がいるなんて、、、、、
穴があったら入りたい気持ちです

237 :名前はいらない:04/01/29 21:03 ID:LTG12mdP
http://49.dip.jp/~up/up/img/49up6348.mp3

この曲に中毒れ!

238 :しんしん:04/01/29 21:04 ID:AFpsOGBl
みんなもサブリナの詩、ぱくった事あるだろ?
ここで反省しる!!

239 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 21:07 ID:qTCHueUq
>>しんしん

哲学的な文流がなんたらかんたらだってさ。

なんか内容は知らないけど、

よかったね。

(*^∀^*)

240 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/29 21:08 ID:oLgaH8HO
>>231

いや、リヒテンシュタイン生まれだって言ってたよ

うちのオカンが


241 :しんしん:04/01/29 21:09 ID:AFpsOGBl
みんなもサブリナの詩アップする
どうやらサブリナは人格破綻をしていて
沢山の人格がいたらしい
ビリーミリガンも真っ青ですね
100の人格がいたとかいないとか

242 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 21:09 ID:qTCHueUq
>>しんしん

パクったこと‥

ないわいウ゛ォケ!(`Д´)

243 :名前はいらない:04/01/29 21:09 ID:CG35OSpl
あと2,3日遊びたかった…


244 :しんしん:04/01/29 21:11 ID:AFpsOGBl
北はこのスレの趣旨を理解してる?
もっかい始めから
ちゃんと見るべし!!

245 :しんしん:04/01/29 21:13 ID:AFpsOGBl
>>快楽
ヲカンが言うなら間違いないね

246 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 21:14 ID:qTCHueUq
はい、知りません。(*^_^*)
趣旨なんですか?>>1とちゃうの?知らなかった。
ごめんなさい!
サラバ!!

247 :名前はいらない:04/01/29 21:14 ID:vVQ33ioN
誤爆った。ヽ(`Д´*)ノ

248 :名前はいらない:04/01/29 21:15 ID:CG35OSpl
ヴァンダム・イン・コヨーテはつまらなかった…

249 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/29 21:15 ID:oLgaH8HO
>>232

『近場でもぐれ』からだね。
ぱっくってもしかたないくらいの詩だから
気にすんなよ

250 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/01/29 21:16 ID:43S7NuaD
万華鏡ですな。鏡が五万面あれば、そう「見える」。
終ってほしい、こういう無意味な乱闘は。
場外乱闘は楽しいけど、こういうのは、つまらないですよ。

つづけたい人はつづけてくださいね、ぼくは抜けます。

251 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/29 21:16 ID:oLgaH8HO
食ってどうする・・・オレ

252 :しんしん:04/01/29 21:17 ID:AFpsOGBl
北ちん
スレを最初から見る!!楽しいよぉ!!

253 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:19 ID:7SiDUEhK
最初から読むと俺としんしんさんバカみたいだよ

254 :しんしん:04/01/29 21:20 ID:AFpsOGBl
>>快楽
よく知ってるね、あれはいい詩集だよね


255 :◆tr.t4dJfuU :04/01/29 21:21 ID:qTCHueUq
>>しんしん
ただいま。

え〜、初めから観るの〜?

やだ!

(゜ε゜)マンドクサイ
やっぱサラバ!

ごめんね、よけいな口出しして。

バイバイ。

>快楽

ウンコ(^Å^)/

256 :名前はいらない:04/01/29 21:22 ID:vVQ33ioN
>>243   >>1さんかな??

257 :しんしん:04/01/29 21:22 ID:AFpsOGBl
>>HAWAI
そんな事ないやい!!とても楽しんだじゃないか!!
かっこ悪くないよ、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん

258 :名前はいらない:04/01/29 21:23 ID:vVQ33ioN
サブリナキタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

259 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:25 ID:7SiDUEhK
楽しかったけど、他の詩もみたかったよ。
っていうかあの詩はコピペなの?

260 :名前はいらない:04/01/29 21:26 ID:vVQ33ioN
ぜんぶパクりだったらしいでつよ⊃д`)

261 :しんしん:04/01/29 21:29 ID:AFpsOGBl
>>HAWAI
ネタを書きたい余りにわざわざ書いたんだよ!!
俺コピペできない(プレステだから)
暇人っていうな!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん

262 :名前はいらない:04/01/29 21:29 ID:CG35OSpl
>>1さんはもうきっと出てきてくれないとおもう

263 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:30 ID:7SiDUEhK
マジですか。やっぱ あのときアンバサ買いに行かせとけば良かったなぁ

264 :しんしん:04/01/29 21:31 ID:AFpsOGBl
>>260
サブリナだもの、しょうがないよ

265 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:32 ID:7SiDUEhK
これで消えたら俺は1のことを憎む
また何食わぬ顔できたら尊敬します。

266 :名前はいらない:04/01/29 21:33 ID:vVQ33ioN
サブリナщ(゚Д゚щ)カモーン

267 :しんしん:04/01/29 21:34 ID:AFpsOGBl
彼は来るさ だって漢だもん!!

268 :名前はいらない:04/01/29 21:36 ID:CG35OSpl
またあした、って言ってた

269 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:37 ID:7SiDUEhK
うん 信じようよ

270 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/29 21:37 ID:oLgaH8HO
昭和二十年七月末オアフ島に仕掛けた地雷のうち
ようやく一つだけが、小さく鳴った

そんな気分だ

271 :BLUE HAWAI:04/01/29 21:40 ID:7SiDUEhK
快楽さん それはまだまだこれからだと?

272 :1:04/01/30 03:43 ID:hngc2UeJ
1です。すみませんが朝方にしか時間が取れないもので
明日の朝にまた書き込みさせてもらいます。
何故かネタであるという意見が散見されますがそれはありません。
皆さんマンモストンの詩をお知りなのですか?
もしマンモストン作品を知らず彼の作品のように書き込みするのはどうかと思いますが。


273 :1:04/01/30 03:45 ID:hngc2UeJ
なぜかマンモストンの人格までくさそうとする意見が見られますが
彼は人間としても尊敬するに値する方です。
私はただ良い作品を世に出したい、マンモストンという名を広めたい
その気持ちだけです。

274 :1:04/01/30 03:48 ID:hngc2UeJ
では明日の昼前までには戻って書き込みをしたいと思っておりますので
皆様宜しくお願いします。
あるものをあるがままに受け入れる気持ちを持っていただければと思います。
マンモストンは私が初めから書いている通りの方です。


275 :1:04/01/30 03:53 ID:hngc2UeJ
マンモストンの人格が破綻しているとありますが、彼は自分に正直な方でしたよ。
少なくとも私はそう伝え聞いております。
そのため世間からは変わり者と言われることもあったようですが。
あくまで彼は彼であり続けました。
世界をありのままに純粋な気持ちで受け入れていたようです。
人格は一つしかありません。あるものはマンモストンという一人の男の生き様です。

276 :1:04/01/30 03:53 ID:hngc2UeJ
では後にお会いしましょう

277 :BLUE HAWAI:04/01/30 13:03 ID:lOobfDPH
1 いいからメッコール買ってきて!

278 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/30 13:24 ID:oo3wGI5O
>>1
[深い森/S,L,Mnnosthon著]

279 :名前はいらない:04/01/30 22:09 ID:am+p8xmW
ありゃ、今日は1さん来なかったみたいだね。
どうも、きのうの名無しです。
あれから、色々検索してみたけど、サブ「リ」ナ・マンモストンじゃなくて、
サブ「レ」ナ・マンモストンで検索したら何件か出てきたよ。
著書もあった。これとか↓

http://images-jp.amazon.com/images/P/4759222197.09.LZZZZZZZ.jpg



280 :名前はいらない:04/01/30 22:15 ID:OpxFqMnA
>>279
アメリカ人?かなり最近の人のように見えるけど?

281 :名前はいらない:04/01/30 22:33 ID:lyLn0G44
>>279
経済学の学者か。ふーん。

282 :1:04/01/31 05:03 ID:bRuv41LH
2週間後

潮干狩りが好きな彼女の手はぼろぼろ
そんな彼女には右目が無い
潮干狩りに右目はいらないから僕ら二人は浜に出る

彼女がヒトデを摘み上げた
僕は焚き火の傍で彼女を見ている
彼女は少し知恵足らず

彼女が言う、2週間後には潮干狩りが出来なくなると
だから彼女は潮干狩り
僕だけが知っていた、2週間後には彼女は左目を失う事を
そして僕らは潮干狩り

283 :1:04/01/31 05:07 ID:bRuv41LH
丸い男

俺は丸い、とても丸い
太っているわけじゃない
ただ丸いだけ

転げ落ちる石と同じ
俺は人間の最終形

街行く人が振り返る
人は俺にこう聞いた、どうしてそんなに丸いのか?
答えは一つ、俺は最終形



284 :1:04/01/31 05:18 ID:bRuv41LH
猫1908

冬は奴の背中を丸くする
髪を逆立て奴は行く
足音を消して夜の街をあてどなく
夜の街に奴の影が伸びる
奴の言いたい事は一つしかない


ニャーーーゴ

そこに意味はなく、あるものといえば奴の生き様
猫100万ボルト

285 :1:04/01/31 05:23 ID:bRuv41LH
煙草を吸う犬2

今日の俺は不機嫌だ
だからいつもより多く吸う
おい人間、そこをどけ
今の俺はナイフだぜ
暗闇に妖しく光る冷たいナイフ
そしてしとしと雨が降る

お空さん、泣くのをやめておくれ
煙草の明かりが消えちまう
4足歩行のこの俺は、自分で明かりがつけられる

空さん空さんお空さん
お願いだから泣くのをやめて、俺を月光で暖めておくれ


286 :1:04/01/31 05:24 ID:bRuv41LH
つけられぬの間違いでした
何という初歩的な過ちを犯した事でしょう

287 :1:04/01/31 05:25 ID:bRuv41LH
マンモストンは永遠に不滅です
あなた達の心に生き続けます

288 :1:04/01/31 05:26 ID:bRuv41LH
ではまたあう日まで

289 :名前はいらない:04/01/31 07:23 ID:CTrhlozI
マンモストンの詩は悲しい感じのが多いね、こうしてみると。

290 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/31 10:32 ID:gWeWih0K
マンモストンって生まれてすぐトイレに流されて、
下水道のワニに育てられたんだよね。

291 :BLUE HAWAI ◆0TVXpbI.gM :04/01/31 11:51 ID:y61oLyjU
>>1それよりちょっとこのタマゴッチ育てといて!

292 :名前はいらない:04/01/31 17:10 ID:C9D/M8d5
>>1 バイナラ!

293 :名前はいらない:04/01/31 18:07 ID:y61oLyjU
>>1 ランバダ!

294 :名前はいらない:04/01/31 18:10 ID:v/5Jzmfj
>>1 サバビタカレー味!(はごろもフーズ)

295 :名前はいらない:04/01/31 18:15 ID:y61oLyjU
>>1 ビタワン!(愛犬元気)

296 :名前はいらない:04/02/01 09:39 ID:VUnzn3q+
お前ら早く寝ろ

297 :名前はいらない:04/03/12 00:24 ID:/UUTa8Dq
まんこーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

298 :マンモス西:04/03/12 02:16 ID:CH1hko6L
>>1 バター犬!

299 :マンモス西:04/03/13 06:15 ID:IPwhvQYN
>>1 ケンケン!

300 :名前はいらない:04/03/13 08:37 ID:6zfe/EpY


          イタダキマス!!

          ヘ(`・ω・)ノ
        ≡ ( ┐ノ  
       :。;  /  




301 :マンモス西:04/03/13 17:08 ID:IPwhvQYN
>>1 ハイネケン!

302 :マンモス西:04/03/24 19:36 ID:oUEhl2yM
>>1 ドッケン! トゥースアンドネール

303 :名前はいらない:04/04/04 17:01 ID:YkbZYt9h
mamamamamamamammamamannnnnnnnnkokokokoiokookokokokokokokkekkokko

304 :名前はいらない:04/04/04 17:01 ID:YkbZYt9h
まんこまんこまんこまんここいけえいこ

305 :名前はいらない:04/04/04 17:02 ID:YkbZYt9h
やいやいてめーら!
こんなところで油売ってねえで、高校野球見やがれ!!!
実況したくても重過ぎて出来ねえゼ!

306 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/04/04 17:37 ID:07XAttFH
そうしてバーバラ・モンスーンが生まれたってわけ。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)