2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創作詩評価「鑑定君」 ver.1

1 :名前はいらない:04/02/05 19:19 ID:9VRa2W/t
あなたの作った詩をはんだんしまつ^^;
もちついて書きましょう
誤字などは判断できない可能性があります
ウマく読み取れない詩は判断できませんのでご了承下さい^^
ではレッツ詩創作

2 :名無し風来坊:04/02/05 19:23 ID:yQHwaykF
2ゲト

3 :名無し修行中:04/02/05 19:26 ID:XRE9E81V
3get!!!

4 :名前はいらない:04/02/12 18:32 ID:iQKVlzva
鑑定クン降臨待ち

5 :はりでん:04/02/12 18:38 ID:DM9oJMLR
なんだよー おい 鑑定君悲惨だな

6 :くらりnet:04/02/12 20:34 ID:YgTtstMG
「ぼんやり」

ぼんやり好き勝手に歩き回る。
そしたら、こっちの方が楽だとか。
こうした方が合理的だとかの声がする。

ふむふむ。
なるほど。その通り。

でもね。
僕はこうしたい理由。

遠回りにだって
気分転換だったりするから

お散歩がてらに仕事をこなしているのさ。

7 :くらりnet:04/02/12 20:37 ID:YgTtstMG
ドキドキ・・・。
鑑定って、なんだろ?



8 :通行人:04/02/12 22:54 ID:+QShxvGX
『ゲロゲロ・バスコ・ダ・ガマ』

アゲハッチョウの平たく言えばワキガなんだけど
ツーカイこの上ない村長と一戦マジえるべく来たのである
が、割れるヨウナ痛みに絶えかねて
シンコク過ぎるビルの群れノ中にはオスらいおんが「ウルル」ト唸ってイタ

チキューの裏っ側までキタのに
ミツケタノハ200carのだいやもんどかよ
アジけないね、ト村長さんが言いましたが、
私(主観)にはそうはおもえませんでした。

…逆光



9 :名前はいらない:04/02/13 00:55 ID:Oqna7Ezz
夢の国にも労働組合があるのだ
過労のストレスでミッキーは声がおかしい
ミニーはシミを隠すために厚化粧をおぼえた
ミッキーとミニーは会社の方針から性の快楽を奪われている
しかし、もはや二人の愛は冷めきっているのだから問題ない

二人は大声で喧嘩することができなかった
二人は嫉妬をぶつけあうこともなかった
二人は園内ではすれ違うだけの毎日だった
二人はセックスレスになった 

例年、バレンタインデーは大忙しだ
若い人間の男女が仕事帰りに駆けつけてきて
恋をもりあげるだけもりあげて
パンフレットを捨てるように
夢の国を去っていくからだ

夢の国の夜に安息が訪れる
労働者のための労働者たちは
無音のエレジィに聞き耳をたてている

10 :とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/13 09:32 ID:QO5OJY1z
「発信」

ぼくの声を

世界へ

届けてくれるなら

NHK受信料払います

11 :鑑定くん代理・とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/13 11:19 ID:QO5OJY1z
>>6
短い文ごとの改行に対して執拗なほど附される句点は、
反骨的なロマン主義や、19世紀末の前衛主義の特徴だと思います。
ということで、これは百年以上前にフランスの詩人によって書かれたものである、と。
しかしね。
これは、まだ詩になっていない、テーマの段階なんですよ。
つまり、下書。
書いたのがボードレールとかの有名な詩人であるかどうかなどは、
絵画のための走書き(メモ)からゴッホ作かどうかを見極めよみたいな話で、
わかりようがありませんね。
よって評価額はこれくらい↓
(10円)

12 :曾村益廊:04/02/13 11:23 ID:Sb2nkhh3
>>11
かなり強引な解釈だが面白い
(100円)

13 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 11:37 ID:QO5OJY1z
>>8
名のある詩人の文章ではないですね。
シュールレアリスム〜ポストモダンの流れの中で
掃いて捨てるほど生まれたエピゴーネンの一粒ってところでしょうね、作者は。
たとえば80〜90年代のユーロビートブームにのっかってヒット曲のひとつも飛ばさずに消えた、
今ではとんかつ屋の厨房で無言で皿を洗っている元歌手の30代女性といったところ。
ただ、そんな作者の残した駄作群の中でも、これは傑作ですね。
「〜が」「〜けど」等の嫌な感じのする流れを「です」と綺麗に受けて、
最後に綺麗に壊して、(875円)

14 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 12:03 ID:QO5OJY1z
>>9
内容はかなりおもしろいですね。個人的には100万円出してもいいです。
「愛は冷めきっていた」→「セックスレスになった」のところにもたつきを感じる以外は
まったく問題なしです。プロの仕事だと思います。
起承転結の構成、良質なポップ文学としての品質、アクチュアリティーのある批判精神、
どれをとっても問題なしに素晴らしいんです。
が、今日、このレベルのものは、古本屋で1冊100円で売っちゃってるんですね。
購買意欲をそそるパッケージ(タイトル)があれば、もっと出たんですが。。
(100円)

15 :曾村益廊:04/02/13 14:38 ID:EQxCVZ+L
『おとなのジュース』

お兄ちゃんの部屋の押し入れで見つけた「大人のジュース」と書かれた瓶28本
白かったりピンク色だったりなんだかとてもキラキラして見えた
蓋を開けてみる勇気はなかったけどお兄ちゃんがいない時はそっとぬすみ見てたのです
夕日に照らされて金色に輝く魔法の瓶はお兄ちゃんとボクの宝物なのだ
いつか中身を全部出して二人で遊びたい
想いは募ります


16 :曾村益廊:04/02/13 15:01 ID:NFwlnVrc
『1997年8月3日 タカシからミカへ』

今日は中庭の芝を苅れって執拗に言ってくる母さんの首を草刈り機でスッ飛ばしましたぁ。
今は母の生首が庭中を転がってたのが懐かしい。
兄きや父さんには芝刈り機の勢いが強すぎた、って嘘ついちゃった。
午後はおばあちゃんと灯油ストーブにガソリンを入れて、おじいちゃんの部屋に置いといた。
そしたらドッカーン!て音がしておじいちゃんお部屋から火が出て、
皮膚がベロベロに剥げたおじいちゃんが、「あつぅぃ、熱ぅいよぉう…」って。
あれはちょっとおもしろかったな。
でもおばあちゃんはいざって時になったらビビっちゃって腰抜かしてる。
それがちょっと頭にきたんで、後頭部をおもいっきり元気良くサッカーボールキック!
重いドーンって音の中に小さくて高いペキュッって音が混じってたのには結構ビックリした。
あれは録音して今作ってる家族の悲鳴や笑い声や喘ぎ声をリミックスしたトラックにサンプリングしたかったな。
いましたでは兄きと父さんがなんか言い争ってる。
馬鹿だよね。
どっちかが謝るか塩酸かければ済むことなのにね。
ミカはどう思う?
そうだ!今度の休み、二人だけで市民プール行かない?
去年買った銛今年まだ一回も使ってないんだよね。
今年こそ一発で仕留めたいよ!
やるぞぉ!
と言うわけで、今度のプールまでにちょっと今銛の試し撃ちをしてきます。
ははは、まだ喧嘩してるよ^^
じゃ、またね。

P.S. I LOVE YOU! チャオ!

17 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 16:34 ID:PhUuh6RT
濡れ衣


ああ‥
気持ちいいな…

背中にデッカイ包丁が一本突き刺さっているよ

見て 初春の日差しって不思議だね

壺の中から湧いて溢れているよ

こんなときにだって

糸を引く青空が

瞳の中で
ドクドクと鼓動を打っている

あのああ…
気持ちいいな…

ほら、
見えてるかい?

まったくこんなときに‥



18 :◆tr.t4dJfuU :04/02/13 16:55 ID:PhUuh6RT
リラでお願いします

扉の隙間ぐらいかな

的もって奴は。

自販機の下のオツリにだって手が届かない

死にかけの爺さんはガラガラと腰を折りながら出てきた

−イラッシャイマセ−

バカ馬鹿言ってんじゃない

鍵穴になすり込んだチューインガムを膨らますのはおよしなさい

三日月
夜の帳を這い蹲って
完全無欠の

こうもり傘は

焼いても
焼いても

消滅しない

19 :曾村益廊:04/02/13 17:40 ID:+FJxXEAU
『早く鑑定してください』

鑑定代理さっさと鑑定しろ!
お前の衒学遊びに付き合ってやってるこっちの身にもなれってんだ!
このゾウリ虫!

20 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 22:10 ID:ViBL9LjP
>>10
自分で出品したものを鑑定するのも何ですが、
誰も他に鑑定してくださる方がいらっしゃらないようですので、
自画自賛してみたいと思います。
はっきり申し上げまして、これは小品です。
しかし、作者の輝くばかりの可能性、未来への栄光の道が見えませんか?
どこがどう素晴らしいかは申しませんが、素晴らしいです。ええ、素晴らしいですとも。
軽くこのくらいは行くのではないかと↓
(300万円)

>>15
子供の文章における価値というものは、
いつの時代も同一の基準によって決定されます。
すなわち、その子供が不幸でなければ、価値がないんですね。
アンネの日記しかり、やまだかまちしかり、ヒッキールナ(うろ覚えですが)しかり、です。
そしてそれは、作者が子供のフリをしている場合も同様です。
すなわち、えーと。。。。。。アルプスの少女ハイジしかり、はだしのゲンしかり?
と、前フリが長くなりましたが、そういうことで、この作品には価値ありません。
すみません、こんなもんで↓
(3円)

21 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 22:29 ID:ViBL9LjP
>>16
これは1997年8月X日に「市民プールで幼稚園児7匹まとめて串刺し事件」で
一躍有名になった、、、、名前は忘れましたけど、なんとかタカシの
日記の1ページに間違いありませんね。ええ、本物です。
1行目の「スッ飛ばしましたぁ」からいきなり読者を愉快痛快な殺人劇に導いてくれます。
善も悪も超越した自由人の面目躍如たるものが文章が染み出しています。
ヒトラーの「わが闘争」の原本をも凌ぐ価値があるんじゃないかと私なんかは思っちゃいますね。
麻原なんとかや榊原なんとか、宮崎なんとかが書いたって、
こうは爽快な気分にはさせてくれないでしょう。
間違いなく、百年もすれば博物館所蔵モノでしょう。で、この鑑定価格が出ました↓
(9,300万円)

22 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 22:40 ID:ViBL9LjP
>>17-18
これはオマルハイヤームの「ルバイヤート」の欠片ですね。
ええ、本物だと思います。
なぜなら文章が見事に酔っ払っていますから。
また、17では繋がりがあるように見えるのに、18では完全に支離滅裂になっていますけれど、
このへんがいわゆる「本物っぽい」ですね。
自信はないですけど、本物だと思います。いえ、本物です。が、評価額には私の自信のなさが
表れてしまいました↓
(1万円)

23 :とるの@鑑定くん代理 ◆iunn6d5gI. :04/02/13 22:46 ID:ViBL9LjP
>>19
いい罵倒してますね。
最後の「ゾウリ虫」からすると、手塚治虫マンガの台詞の一部でしょうか。
このセンスは手塚作品に独自のものですからね。
それだけでも1万円はくだりませんが、その上に、
この罵倒が個人を名指ししての罵倒であるというところにプレミアがつきます。
ええ、これは立派に、名誉毀損です。訴えます。敗訴しました。
これくらいで勘弁してください↓
(50万円)

24 :名前はいらない:04/02/13 22:55 ID:PhUuh6RT
代人さんよー
ここでの本物の定義を教えて!

25 :曾村益廊:04/02/13 23:44 ID:TrW8hK7x
『とるの@鑑定くん』代理(戦争篇) ◆iunn6d5gI. 氏へ

面白くて愉快な気分にさせてもらいまた。
ありがとうございますす。

死神に気をつけよう!


26 :曾村益廊:04/02/14 21:54 ID:qZVLCXbH
『おしめ』

シャンゼリゼの学校裏通りには、花が罠のように咲いている

早速お出ましたな このポジションチェンジ野郎

見くびりやがってるってことは100年前の革命から承知よ

「メンス!」

そら、だんだんとお前のからだが痒くなって鬼太郎

まっ
+++++++++++++++++++++++++++
僕が君のことをいくらでも思ってると思ったら間違いだ馬鹿らろう!
+++++++++++++++++++++++++++
粗末な母は、趣味の味
言わせてくださいおっかさん
ぼくの
+++++++++++++++++++++++++++

サンキュゥ太陽〜!

よし、これで終わりにします。
+++++++++++++++++++++++++++
流れ

27 :くらりnet:04/02/14 22:37 ID:Ik59PYXf
僕って・・・。
生きてる間は、評価されない詩人なのかな?>\10-
なんか自信つけてる僕って・・・。
詩人向きでないような・・・。



28 :通☆行人:04/02/15 00:25 ID:6gCFIeum
>>27
いいじゃん、詩人に向いてなくても。
下水の配管工とかで食ってけば。
あんま気にすんなよ。
頑張れ!
俺は9300万円ついたけどさ。

29 :りんどう:04/02/15 00:41 ID:yBq3oFYY
死を恐れる夢を見た

何も無い
真っ白な光の世界で
独り 死の恐怖に晒される夢だ

死は怖くない
生に未練は無い

そんな風に思っていたけれど

その夢は恐ろしかった

誰かに殺されかけた訳でもない
医者に死を宣告された訳でもない

ただ

死が恐ろしくてたまらない夢だった


死は怖くない
生に未練は無い

それはただの思い込みで
本当は
死がたまらなく恐ろしいのかもしれない

30 :曾村益廊:04/02/15 00:59 ID:6gCFIeum
>>29
これは詩ではなく独白だろう。
「死」というモティーフが単なる独白の切っ掛けにしかなっていない。
いや、それにすらなっていないという感じか。
作者の死に対する視点が明確になっていないので、
どう転んでも作品として自立できていない、ということか。
次なる作品を期待したい。

2ペソ

31 :北l ◆tr.t4dJfuU :04/02/15 01:24 ID:SjkZS/eg
むげん



これ以上をお探しなのでしたら

私は蝉の抜け殻が好きです

32 :りんどう:04/02/15 01:39 ID:3F0s5/UP
「この想いがあなたに届きますように」…と

どんなに沢山の流れ星に願いを架けても
この想いがあなたに届くことはきっと無い

だって私は あなたの服の裾を掴むことは愚か
あなたに触れることすらできない

あなたの存在は私に近いけど
どんなにこの両手を広げて
あなたを抱き締めて、つなぎ止めようとしても
あなたは私をすり抜けて行ってしまう…

ねぇ…
あなたは私の存在に気付いてる?

せめて服の裾だけでも掴んで
あなたに気付いてもらおうとしている
私の存在に…


この思いを光にして、空に放ってもきっと叶わない

あなたは自由
どこまでも駆けて行ける

そんなあなたに

私の望は届かないから…

>30ちょっぴり期待してくれて有り難う★

33 :影華:04/02/15 02:26 ID:kcx7KyVG
「ある夏の日」

遠くに聞こえるセミの声
畳の縁を強く焼く日差し
じとりと肌に馴染む空気
緊張にひりつく咽喉

部屋に満ちるお経
線香のキツイ匂い
慣れない正座に痺れた足
陽炎に揺れる庭の木々

俯く黒い人々
お坊さんの鮮やかな袈裟
微かに聞こえる数珠の音
誰かの嗚咽

白い花と沢山の玩具に埋められて
静かに棺に眠っている君は
私達の葬式ごっこを完成させる
可哀想なお人形

不釣合いに華やかな霊柩車に乗せられ
きな臭い火葬場で焼かれ
安っぽい紙コップに集められ
墓石の中に納められ

君の前に立つ私達は神妙な顔
厳かに胸の前で合わせられた手
思わず込み上げた泣きそうな笑顔
あれもこれもみんな思い出

34 :曾村益廊:04/02/15 09:44 ID:ySGi6Cw0
>>32
もはやこの勢いを誰が止められようか?
怪物は動きだした。
怪物に喰われないことを切に思う。

2ルピー

>>33
「安っぽい紙コップに集められ」
この句がこの詩の全てである。

1ウォン


35 :名前はいらない:04/02/15 12:23 ID:GidLSIWE
>28
配管工って、溶接できないもん。
でも、あのマスク・・・。
ちょっとかっこいいかも。
似合うかどうかは疑問である。

で、残り700万の行方は?
なんてね。ありがと。
自分的には、読み返そうと思わなかった詩だからね。w
はまった詩は自作でもかなり読み返す。ナルである。
でも、最近書けない。>通さん

くらりnet

36 :曾村益廊=通行人:04/02/15 13:52 ID:KW7flj4r
>>35
>>通さん ですか、なんか厭な響きですね。

あなた、最近書けないっていうか、書いてますよ、かなりいろんなスレに。
大丈夫!頑張って!あなたが死んでも明日は必ず来ますから!
あ、死んだらダメですね、思わず真実を書いてしまいました、すいません。
とりあえず良い詩をかこうと思わずにただ書いてみてはどうですか?
あまり意識しないで、無意識にオチンチンを玩ぶ時のように気楽に気楽に。
ポエムなんてどうせおしっことかゲロとか精液とかと同んなじなんですから。
とりあえず僕のスレッドに少し入り浸ってですね、北とか快楽とかギリシャとかの毒を吸い込んで見なさい。
きっと新しい自分を発見できるはずです。
じゃあ待ってますよ^^
今日中に来い。


37 :りんどう:04/02/16 01:39 ID:St/uWuv1
聞こえてるよ あなたの声

いつも いつでも どこにいても
あなたの歌声は私のところにちゃんと聞こえてくる…

でも

あなたの姿は、なかなか見えない

あなたの歌声を辿って探してみても
なかなか見えてこない

あなたの姿を遠くで小さく見つけて追いかけても
次第に遠ざかって
また…見えなくなってしまう

どこまで追いかければあなたに追いつくのかな?

こんなにもあなたの存在が近いのに
その声の泉には辿りつけない

このもどかしい距離を無くしたい…

少しでも良いから

あなたに近付きたい


>34
えっと…ちょっと言ってる意味が解らないんですけど…
良い意味なのか、悪い意味なのか…
馬鹿ですいません…(泣)

38 :◆tr.t4dJfuU :04/02/16 01:55 ID:DV/R8Ccd
>>37
エーイ!
ためしにその詩のひらがなは全部とっぱらってしまおう!


39 :◆tr.t4dJfuU :04/02/16 02:09 ID:DV/R8Ccd
聞声歌声 
私聞 姿見
歌声 辿見
姿遠小見追
次第 
遠見失

40 :通☆行人:04/02/16 09:34 ID:8oMQnzUk
>>36
なんていうか、これってもう告白だよね。
恥ずかしいなあ。
でも恥ずかしいことを惜し気なくかけるところが才能だよね。
他人の言葉を気にせずに 自分の路を進みなさい
北の馬鹿の言うことは気にしてはいけない

20円

>>39
意味ありげで良い
そして自分の言葉でないところが更に良い。

100円

41 :◆tr.t4dJfuU :04/02/16 15:23 ID:Qsbsl8/T
さあ、目指せ1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000ぺそ

42 :高梁 深夜:04/02/16 16:27 ID:c3kIHySi
ああ。高橋さん、ナゼアナタハタカハシサンナノ!!
私は高梁です。だからあなたと一緒。違うのは漢字と体だけ。
いいたいのはそれだけです。

何が言いたいんだ・・・;。

43 :名前はいらない:04/02/16 16:53 ID:Ic+GCSMw
「メンソレータム」

こんにちは、メンソレータム
いらっしゃい、メンソレータム
ああ、メンソレータムメンソレータムメンソーレ

44 :クイロ:04/02/16 17:14 ID:ybVT2VNw
愛を知らない僕が
誰かを 本当に愛せるわけがなくて
ただの他人との気休めのキスしか
できるわけがなくて。

汚れた唾液が 口内に広がって
一瞬それに溶けそうになる
でも 我に返った瞬間
とてつもない 罪悪感と 不安感に襲われる

こんなことを何回も繰り返して 僕は
一体どこまで堕ちれば気が済むのか

本当の愛を知るまでは きっと
抜け出すことは出来ないだろう
真っ暗で 先の見えないこの箱庭から。

お願いだから
懐中電灯ほどの愛(ひかり)でも構わない
僕に 教えて下さい


不安に押しつぶされて 消えてしまう前に。



45 :北が来たー☆:04/02/16 17:35 ID:a8jZhKBw
評価と称し、馴れ合いたいヴァカ共が
したり顔で群れるむさいスレはここですか?

46 :名前はいらない:04/02/16 17:52 ID:KmSRgAX8
はい!今日も皆さんの詩を鑑定させて頂きます、ごちそうさま、曾村益廊です。
それでは今日の一発目!
>>42 『高梁 深夜』
すごい!簡潔ですねえ!ものすごい自己完結です!
「いいたいのはそれだけ」って詩の中で作者が喋ってますね。
これはすごいですよ!蒲田行進曲の深作欣二もびっくりです。

70円

のっけからすごい作品が出てきましたねー!
では次いってみましょう!
>>43 『メンソレータム』
これもまた簡潔ですね!
舞台は沖縄でしょうか?
いいですねぇ、青い海、白い浜、苦い瓜。
なんだか不思議と読んでいてスーッとしてきますね^^
意識が遠のいてるんでしょうか?

50円

さあお次は。
>>44 『無題』
愛の詩ですね。
不倫でしょうか?お遊びの恋愛ゲームでしょうか?
どうも罪悪感を感じていらっしゃるようですね。
最終的に自分で解決できない大きな深みにハマってしまったようです。
恐いですね〜恋愛は。
それにしても懐中電灯の光りで照らせるほどの広さなら自分で這って出られるような気もしますが。

5ルピー



47 :名前はいらない:04/02/16 18:01 ID:GDK8qHl7
俺がバイク
バイクは俺
見つめる先は
コーナー出口の
遥か向こう
頭なんかで走らない
呼吸と一緒
意識をすること必要ない

ここが踏ん張り所
ここが我慢所
今が スロットルを回せる区域
ここで変えなきゃオーバーヒート
命を削る ライデイング
攻めろ 攻めろ
キレろ キレろ
音になる
俺は 音になる
そのエキゾーストノートから
空気を切り裂く
カン高い音と一緒に

(バイク乗りのひとへ:プロの人はどうか知らんけど
バイクのって攻めてたらこんな感じにならない? 俺だけ?汗)

48 :名前はいらない:04/02/16 19:11 ID:BoXDmI8l
冬は寒くて嫌いだ
僕はを冬を殴ります
でも冬は平気で
僕に冷たい風を吹きつけてきます
僕はとても冬が憎らしくて何もない空を殴ります
いつしか殴ることをやめると僕の体は暖かくなっていて冬に勝った気になる
冬はとても強い
僕なんかなにもしなくても殺せる
冬は寒いけどやな奴でもない
突風を起こし女子のパンツを見せてくれる
こんな冬と僕は仲良くしたい

49 :曾村益廊:04/02/17 13:21 ID:WjfuFOEb
さあ今日も皆様より送られてきた金の塊を皆様と御一緒に拝見していきましょう!

>>47 『無題』
ほぉ〜バイクの詩ですか。
これは「バイク」を「女」に置き換えることも出来ますね。
しかしこのお方はかなりのSですね。
もう悲鳴を聴いてエクスタシーを感じてる様子がうかがえます。
バイクの疾走観溢れるイメージトは裏腹に詩自体は時速2km位でしょうか?

20円(2km/h)

さあお次は?
>>48 『無題』
そうですね〜冬は嫌ですねェ本当に。
だから殴っちゃうんですね?
でも冬はとても強いんですね?
だけどいやな奴ではないんですか。
なるほどそうですか。
最後は喧嘩し終わって荒川の土手でねっ転がりながら
「お前なかなかやるじゃねーか」
「ヘッ、お前もな」
というお決まりのセリフのあと、夕日の中でがっちりと握手で終劇。
青春、この詩は青春そのものです!

150円(貸し本代)

さあ皆さんも御自分の詩に値段をつけられてみては如何ですか?


50 :名前はいらない:04/02/17 16:11 ID:iS8jc61O
真実




宇宙の果てからごきげんよう
僕たち皆さんと友達
太陽も酸素も全部僕たちが作った
皆さん僕らに生かされてる

宇宙の果てからごきげんよう

51 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 15:20 ID:ieeO9Z0I
狩人


喚き声が沈黙の椅子に座ると
あやふやな色彩をした心病の
木漏れ日

心地よい地下鉄の轟音
スクランブル交差点 社会の渦巻き
ビル群 総合病院 等

遠くこだまするサイレンの辺り
波間で翼を休める水鳥に
鮫がガブリと食らいつく

永遠の刹那
常に飢えた 狩人

52 :◆tr.t4dJfuU :04/02/19 15:34 ID:ieeO9Z0I
>>50
肯定も否定もする気持ちが起こらないので

ただ。

0円。

53 :BLUE HAWAI ◆jHhtPIEfFY :04/02/19 16:17 ID:8K2VzRXQ
<春風>
ピーシャラ ピーシャラ ピーーーーシャランラッ!
ふぅーむ 今日はキックベース日和ですなぁ
こりゃっ ニャンコ先生! なんですかぁ?
なんで勝手にネクストバッターズボックスに入るとですか?
パフパフしない! そこっ! もぉー危ないから・・・
大左衛門の蹴ったボールは
春の風と友達になってグランドの外れにキュルー



54 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 02:16 ID:rs73p0tn
>>53
九州の言葉が使用されているようだが、
それ以外は意味不明。
微量の摩擦から削り出された金額は



3円

55 :とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/20 15:01 ID:rw+1Z8hM
「奴らへの唄」

近頃、美しいものを簡単にけがしたがる
新しく美女が出れば、すぐに男根を突き刺してしまうのはどうか
けがすなら、時間をかけて、たっぷりと
今日も煮込みすぎたカレーが、俺の鍋で筋ばっている

56 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 15:20 ID:W+7CrYNg
近頃美簡単
親美女 出男根突刺

汚時間 今日煮込辛印度汁
我 筋鍋

57 :◆tr.t4dJfuU :04/02/20 15:31 ID:W+7CrYNg
>>1
仕事たまってますよ

58 :◆tr.t4dJfuU :04/02/22 10:38 ID:NBUA5scL
このスレにレスつける奴はバカだ。
バカな自分をあえて晒そうと努めるバカだ。
自分のバカを隠そう隠そうとするバカが増える中、
さあ、あなたはどちらのバカを選択しますか?

59 :とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/22 14:07 ID:YVs/Hx/g
>>58
隠すほうに努めます。

60 :赤翅あやめ ◆itabvZarVU :04/02/22 19:02 ID:0WM1I5/L
あら、変わったスレ。

61 :◆tr.t4dJfuU :04/02/22 19:10 ID:4x1aTW2V
>>59
とるのさんは隠す派ですね。
僕も隠す派ですね。^^

62 :とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/22 22:48 ID:esg3zr1X
>>61
じゃぁ、晒します。

ちょっと待ってね☆

63 :◆tr.t4dJfuU :04/02/24 02:21 ID:uCxB7uh0
>>62
いつまで待ったらよいのだろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

64 :名前はいらない:04/02/24 21:53 ID:pFn0MT3l
飲み屋帰りのオサーン

>>63
・・・・・・・・ってアンタ、自分が晒されてんじゃねえか?

65 :とるの ◆iunn6d5gI. :04/02/25 11:54 ID:A0HisDMg
「関係なしのふたつのことば」

ちんこは大切にしまっておきましょう


50年後に価値が出る



66 :◆tr.t4dJfuU :04/02/25 14:57 ID:m7UsqsHI
>>64
尿 道 も

観 る か ?

67 :名前はいらない:04/02/26 04:34 ID:PbL+x6oE
飲み屋帰りのオサーン

>>66

煮るか?

68 :名前はいらない:04/03/29 15:35 ID:5rNW1g6K
「列」

明かりを消したら
幽霊がでるなんて
言う人は
この世には
もう
いなくなりました

69 :曾村益廊:04/03/29 19:12 ID:gj4mrRQF
>>68
はい、ごちそうさまです。
詩を書く時は現実を見なくてはいけません。
この詩の作者は現実を見ていませんね。
「電気を消したら幽霊」
これは大昔からの常識です。
この常識はいまだなくなっていません。
嘘は良くありませんね。
もっとがんばりましょう。

50円

最後に、

明かりを消した(ら)
幽霊がでるなん(て)
言う人は
この世には
もう
いなくなりまし(た)

()内の真ん中の文字が(ぴゅ)だと良かったのですが。
もし(ぴゅ)だった場合は8,000万円の値が付いたでしょう。
残念でした。


70 :名前はいらない:04/03/29 19:34 ID:sY/LhoHI
「おかあさん」

おかあさん
鏡に淀君が映りました
りんごを食べさせてください
ナイフも此処にありますが
おかあさん
貴女のりんごが欲しいのです



71 :曾村益廊:04/03/29 20:37 ID:VRcbbSh5
>>70
おしゃぶり猫は出ていきなさい。
まるで夢を見ていたのか、と思わせる詩ですね。
そんな思いはやめてください。
迷惑です。
プライバシーは侵害しない方が良さそうです(反省)。
お母さんなのに他人行儀な貴女。
まるで赤子の時に生き別れた本当の母親みたい。
人生をナメすぎです。

100円玉3枚

72 :◆EtDBNAuDt. :04/03/30 05:35 ID:j8MQMUh0
夜鳴きのブルース


この街 おお 果実の太陽
いつになれば おまえの
二重三重に 繰り返される

ぼやけた輪郭 思い出は核心へ
あの日見た あんたの微笑み

優しく愛してほしいだけさ
缶コーヒーが冷めてしまった

シネマのスクリーンじゃ 狭すぎたよ
席を発つ 今日も明日も
いつの日も

今日の売上 どこまで運んでゆく
おお この街 明けてゆく
あたいの足跡 さらったままで



73 :曾村益廊:04/03/30 10:51 ID:VRCpQykp
>>72
「今日の売り上げ」
この言葉でこの詩は完結しています。
むしろ売り上げを全面に押し出した方がよかったかもしれません。
そしてなぜか作者は「あたい」という言葉を頻繁に使用する傾向が見て取れます。
女性になりたいんでしょうか。
いやむしろ、自身の中の女性性に目覚めつつあるのかもしれません。
オカマが似合う男になってください。

20年ものの20円

74 :ポインセチア1本:04/03/30 20:54 ID:idbieCO6
さあ この線路をたどっていけばいい
かげろうの中でゆれながら
踏切の音を鳴らしながら
さあ この線路をたどっていこう

いつまでも
このレールの上を
待つことも止まることも
泣くことも笑うことも
暑い日も寒い日も
まっすぐにまっすぐに

さあ

75 :夢想華:04/03/30 22:47 ID:uXRRzXAp
「早春・一時の熱情」

神々しいまでに
筆舌に尽くしがたい
魂が吸い込まれてしまいそう
そんな恐怖さえ感じてしまう

薄紅に染まりし
妖しくも狂おうしいほどに麗しい花よ

願わくば散り急ぐことなかれ
気紛れな風に吹かれ
悪戯な雨に打たれても

生きて再び逢い謁ことも叶わぬ夢やも知れぬ

願い天に届くならば
華の熱情
心に刻むまでは我が傍に留め賜え

76 :曾村益廊:04/03/30 23:33 ID:EXbb6KAV
うん、よし。
来たね、今回も盛り沢山でお届けするよ。

>>74
行ってくれ。
どこまでも、まっすぐに。
止まることなく、休むことなく。
勝手にしろ!

30円

>>75
うん、もっと言葉を選んだ方がイイネ。
黒薔薇とか黒蜥蜴とか黒い太陽とか、なんかそんな感じだね。
もしかしてビジュアル系?
それとも新宿歌舞伎町椎名林檎系?
江戸川乱歩?夢野久作?小栗蟲太郎?
まあなんでもいいや。

15円

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

どいつもこいつもまったくダメだな!
お尻の穴をローションで弛めるか、
下剤を入れるかしてから詩を書いた方がいいんじゃねえか?
下痢腹野郎を待つ。

77 :名前はいらない:04/03/30 23:44 ID:1dGtX94e

一日も終り 深い闇が訪れる      
一つまた一つと灯りが消えていく   
時は移り行き 古いものは衰え
僕の体も灰にもどる          

何も考えず眠りにおちたくても、
君に伝えられない気持ちだけが彷徨い
ただ会いたい想いがここへと運ぶ     

天窓からのぞく君の部屋は
やさしい光があふれていた      
ガラスの中の美しい世界
もどかしい、君に触れられないから

そばに行って抱きしめたい
それがたった一つの夢だった
永遠に叶わぬその願いを         
抱いてまた静かに流れゆく

78 :◆EtDBNAuDt. :04/03/30 23:47 ID:j8MQMUh0
僕は最近一般に喜んでもらえる詩を、
バカにしながら作っている。

79 :曾村益廊:04/03/30 23:54 ID:EXbb6KAV
>>77
はぁ、なんでこういう詩ばっかなのか…。
読んでて絶望的な気分になる一歩手前の気分に陥るよ。
こういう恋愛絡みの独白は日記と一緒でいちいち人に見せなくていいんだよ。
見せられた方は、自分に近い体験があれば共感するし、なければ何言ってんだコイツってなもんだ。
もし詩には意味がないって思って書くならもっと面白くするだろうし、
こういうことを本気で思って書いて人に見せようと思うなら、単なる趣味の悪い露出狂一歩手前でしかない。
結局作者も作品も何もかもが一歩手前ってことだ。

1円(こっちがお金払ってもらいたいくらいだ)

80 :名前はいらない:04/03/30 23:54 ID:ilLDQ0oG
誰も喜んでない

81 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 00:00 ID:BSwBhk2p
>>80
死ね

82 :名前はいらない:04/03/31 00:07 ID:zKK4raxC
一歩手前で留まれるってのが、あなたのエロさのよさだ。
うぅっ寸止めっ。みたいなかんじの。

83 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 00:08 ID:BSwBhk2p
>>80
おまえは世のために死んでくれ。
よくおまえの人生を振り返ってみろ。
おまえみたいなカス人間の利用価値は皆無。

喜びについてそういう観念を持って、
ああ、俺って・・・とか思ってるゴミ人間はいますぐ死ね。
役たたず。

84 :夢想華:04/03/31 00:09 ID:XtbLL/UP
75〉曾村益廊
黒薔薇?黒い太陽?黒蜘蛛?
そんな印象でしたか
意外や遺骸だったな〜

あっ!これは失敬致しました
江戸川乱歩って詩人でしたか、知りませんでした〜
椎名林檎も食べた事ありません
他の方も存じません

詩は全く素人で、掲示板以外では殆ど読んだ事も無いです。
ど素人がつまらぬものをお見せしました
しかし曾村益廊さんって下品ですね〜評価、一応参考にしますm(__)m

85 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 00:14 ID:BSwBhk2p
>>84
ほんま ど素人やね。
恥ずかしくって吹き出すわ。

86 :曾村益廊:04/03/31 13:14 ID:5tEePJ+x
>>1-85

『オッシコ飲んだりしながら詩について考えよう』

コンビニに夜な夜な集まるパジャマーたちと思考
跳躍するトランポリンズムの飛躍的発想
潤いを求めるならばサハラ砂漠(へ)
駱駝の骨とオアシスでじゃん拳
きょうび君らはポテトマジックするルービックキューブさ
カチャカチャ音をたてながら壊れていくのだ(or)が
がくらん番長のツメの甘さに嘆け春男児
明日を夢見れない亀は塩漬けにでもなれ
否定の否定を肯定しよう(ゼ)
カツラは虚像を創り出す
チェル(ノブイ)リンの壁、ガイガーカウンター振り切る勢い増す天テラス大御神
感情的な発想跳びで横綱を煙に撒くのが使命
カーネル・サンダースいじけた午後の太陽見て驚く星ギンチャク
カバ野郎の無花果的感情の美しき調べ(ドナウドナウドナウ)
知的中産階級のヒエラルキーの底辺で転べ
チョンガチョンガチョンガ!!!

87 :トシエ:04/03/31 13:55 ID:FJP9pwSC
>83
あのぉ。普通に考えて人に対して「死ね」とか「カス」とか
言える人ってものすごく最低な人ですよねぇ。
そんなに相手がいやなら自分が消えればいいじゃないですか。
あなたの方が世間では嫌がられますよ。
面と向かって言えない。(PCの前でしか言えない)
言葉には何の意味もありません。
むやみにそう言った言葉を発言しないでください。





88 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 15:05 ID:DJZNnkGy
>>87
ふーん あっそ^^

89 :名前はいらない:04/03/31 15:15 ID:bSkm3Qix
>>85のレスもひどいと思いますけど。
ど素人というのはどういう意味ですか。
ここはプロのための場ではないはずです。しかも貴方に書いたレスでもない。




90 :名前はいらない:04/03/31 15:26 ID:9IAdo4Eg
ヤバイ。俺のティムポヤバイ。まじでヤバイよ。マジヤバイ。
俺のティムポヤバイ。
まずデカい、もうデカいなんてもんじゃない。超デカい。
デカいとかいっても
「東京ドーム200000000個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
なにしろ無限らしい、スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超デカい。
しかも膨張してるらしい、ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とかは膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど俺のティムポはヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていったけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰にもわからない。ヤバイ。誰にもわからないなんて凄すぎる。
あと超熱い。約1ケルビン。摂氏で言うと272℃。サバイ。熱いすぎ。ターバンで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超精液出る、超ムキムキ、それに超高速ピストン。マッハとか平気で出てくる。マッハって、小学生でも言わねぇよ。最近。
なんつっても俺のティムポは馬力が凄い、無限とか平気だし
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに
俺のティムポは全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、俺のティムポのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ俺のティムポ振り回してるひろさんとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

91 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 15:35 ID:DJZNnkGy
>>89
プロは参加したらあかんのか?
そもそもプロってなんや?
おたくに聞いてみたい?

92 :名前はいらない:04/03/31 15:37 ID:hdOSoE5c
>>90
感度ーした。

93 :名前はいらない:04/03/31 15:39 ID:T/9DTUxe
>>89 スレタイ、スレタイ( ̄○ ̄;)

94 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 15:46 ID:DJZNnkGy
>>89
まだー?
ついでにもうひとつ質問。
ど素人って言葉は侮辱なんですか?
じゃあ、あんたは素人違うの?玄人なん?

なんだなんだ、善人ぶりやがって、
おまえのいってることわけ解らないんだが。。。

95 :89:04/03/31 15:48 ID:1Lxl25CY
>>93
うんうん、わかった。ごめんね。つい

96 :93:04/03/31 15:51 ID:T/9DTUxe
>>95 あなた間違っている

97 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 15:54 ID:DJZNnkGy
いや、間違えまくり。


98 :89:04/03/31 15:55 ID:1Lxl25CY
>ほんま ど素人やね。
>恥ずかしくって吹き出すわ。

詩を書いた人がこのレスを読んだらどんな気持ちになるだろうと思って
率直に質問しました。
ど素人イコール初々しいという意味に理解するには、「吹き出すわ」に
無理があったので。




99 :95:04/03/31 15:57 ID:1Lxl25CY
今間違っていると思いました。
スマソ

100 :名前はいらない:04/03/31 15:58 ID:29YN1LJH
89の言ってることは何も間違ってないと思う。
が、変な評価スレに投稿してしまったのが89の間違いか。深入りしないほうが
いいね>89

101 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 15:59 ID:DJZNnkGy
>>98
>ど素人イコール初々しいという意味に理解するには、「吹き出すわ」に
無理があったので。

とおまえが勝手に解釈したんだよな。
器の小さい女々しい奴だなW

102 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 16:04 ID:DJZNnkGy
>>100
ふーん 思う・・・ あんたはただそれだけね。

103 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 16:07 ID:DJZNnkGy
こうしてだんだん自信がなくなってくると、
・・・そう思うとか、思ったとか、思う思うののオンパレードですか?はぁ?

>面と向かって言えない。(PCの前でしか言えない)
言葉には何の意味もありません。
むやみにそう言った言葉を発言しないでください。

よく言えたもんだW





104 :◆EtDBNAuDt. :04/03/31 16:12 ID:DJZNnkGy
せめて、君の寝つきを、悪くしてやろうと思う。

105 :95:04/03/31 16:29 ID:1Lxl25CY
>>100
Thank you
>>104
(でもやっぱりトモエさんは間違ってないと…)

いい夢を。

106 :名前はいらない:04/03/31 16:41 ID:AUHH0nS4
北さんどしたん?

107 :よいどれ:04/03/31 16:54 ID:4Dt7mqeK
>>90
やばい。ちょっと感動した。
ひろさんBig up!

108 :曾村益廊:04/03/31 17:19 ID:794KuUbz
>>90
まあまあ。
まだまだ荒削りなところがあったり、書き込みが足りなかったりはあるが、この勢いはイイ。
稲中前野の頭の中を端的に表してるようだ。
高校級ってかんじ(超ではない)。
今後はもう少しオリジナリティーが出てくると面白くなるかもしれない。

2000円


109 :名前はいらない:04/03/31 18:59 ID:o/d+4rFk
改造コピペを御丁寧に批評してくれるスレはここですか?(プ

110 :ポインセチア1本堂:04/03/31 19:28 ID:isyZxI/x
「とまらない」

ゆっくり遠ざかっていくの
視界の周り tika tika
ぼんやりと消えていくの
冷たい汗 kura kura

何もかも赤く染まる
あふれ続けてとまらない

111 :曾村益廊:04/03/31 19:48 ID:jcRR0Y+j
おネギを加えなさい喰わえなさい
お前の胆嚢を吸い出すホースフルバキューマー
来た!

>>110

語尾の「の」は効果的だが、擬音のローマ字標記はいただけない。
とても、あざとい。
普通にカタカナにした方がよかった。

それとまとめるのが早すぎる。
同じパターンで反復した方が鬱陶しくて良い。


というわけで、園児のおしっこでびしょ濡れて250円



112 :ポインセチア1本堂:04/03/31 19:55 ID:isyZxI/x
早き血が流れ
熱き血は溢れ
乾いた大地を潤し
豊かなみのりをもたらす

死線を越えて
兵士たちは明日の糧となり死す
カメラの向こうに
飽食の子供が飢え泣いている

113 :背脂ぬき:04/03/31 20:12 ID:ctgl+s0y
「からいのだーいすき」

君の涙を飲みほす前に
塩分の過剰摂取で死ぬ
そのしずくは凶器
淡く煌めき大地を焦がす
ラーメンが好きだな君は

114 :曾村益廊:04/03/31 20:52 ID:xy1mUipi
>>112
最悪。
言葉が躍動してない。
ピョンピョン跳ねてない。
新鮮じゃないからまったく美味しそうじゃない。

2円(だって腐ってるから…)

>>113
良い。
4行目は狙ったのか、素かわからんが余計だ。
しかし、それを差し引いてもまあ、それなりに面白い。
まとめ方も巧い。
タイトルの女の子っぽさとのコントラストがお洒落だ。

800円(ラーメン代として)

115 :ポインセチア1本堂:04/04/01 20:07 ID:/peZ7/GG
ふたつの大きな渦が
弓なりに沿った身体をよじ登ってくる
ギャルソンの運んできたワインの赤に
キャンドルの炎を映しながら
すこしずつ麻痺していく下半身の誘惑に
わずかな焦りと黒い不安が
すこしずつ確実に
引き寄せられていく




116 :曾村益廊:04/04/01 20:45 ID:5wUbI9P2
>>115
いい!
IDがすごくいい!
詩はまったく思わせぶりなだけ。
「下半身の誘惑」とか「黒い不安」とか「ふたつの大きな渦」とかもうぜんぜんダメね。
最後のオチも落ちてないし。
もう最悪。
読んでてイライらしてきt句ァtらウあうウあう亜ウ洗う亜r多雨rつ注意ェ照っT!!!!!!!!

醗酵し過ぎたワイン代として30円

117 :ポインセチア1本堂:04/04/01 20:51 ID:/peZ7/GG
キヴォンヌのアパートで
ショヴォンヌとつぶやく
イライラと短気な君に
臍帯血使ってくださいね


118 :曾村益廊:04/04/01 20:53 ID:5wUbI9P2
ふたなりの大きな鈴が
少女時の身体を滑りながら
ギャルソンが腸で運ぶ糞便の茶色に
蝋燭の蝋をしこたま滴らせながら
少しづつ麻痺してゆくケンタウロスの突起物を
熱く拡大してゆく白い海に
少しづつ確実に
染め抜いてゆく



119 :曾村益廊:04/04/01 21:00 ID:5wUbI9P2
>>117
3行目までは普通、
オチがダメ。
それから
4行に
分けた
意味がよくわからない。
特別な
意図もなしに
無駄に
行数増やしても
駄目。
発想はそこそこ(中学生のおちんちんくらい)。
でも全体がまだまだ貧弱。

中学生の未来に期待して50円

120 :優影:04/04/02 11:08 ID:q8Fv08qj

 綺麗な綺麗な水流れ、

 流血すべて消え流れ、

 残った者が嘆くだけ。

121 :曾村益廊:04/04/02 13:58 ID:/17ydlTQ
>>120
言いたいことはよくわかる。
でもそれだけ、だからどうしたという感じ。

10円

122 :名前はいらない:04/04/02 14:00 ID:zJhNEY24
120を誰か翻訳してくれ

123 :名前はいらない:04/04/02 15:19 ID:iDFj6QVw
>>120
うまい抽象ってかんじ
戦争にも、痛みを伴う世相にも、論理的にも当てはまる。

124 :名前はいらない:04/04/02 18:57 ID:q8Fv08qj
古い感じだな。一応韻は踏んでるみたいだけど。

125 :名前はいらない:04/04/02 19:12 ID:q8Fv08qj
ぺぺー

126 :ポインセチア1本堂:04/04/02 20:22 ID:Svykx52f
「四畳半変死体」

そんな時はまず心を落ち着かせて
このなにもない四畳半のまっ白な壁に向かって座りましょう

隊長、一面雪原のように真っ白であります
何も見えません。はっ、てっ敵?
これはおそらく敵の新兵器ですっ!
危険です。転進しましょう
隊長、手遅れになる前に

わが軍は転進などしない!
このまま進むのだ

た、たいちょう、お願いです
転進させてください
このまま進んでも我々は犬死です

わからんヤツだな
わが軍に転進という言葉はない!進むのだ
今度転進と言ったら、貴様はこの場で処刑だ!

なにぁ?うるせーヴォケがぁぁうぉりゃー
なにが我が軍じゃぁごちゃごちゃ言わずに転進じゃぁー!
殺れるもんなら殺って(銃声)

127 :曾村益廊:04/04/02 20:40 ID:fQH6Gwgm
>>126
駄目。
ネタになってない。
会話ネタというのは、映像のあるネタと違い、鑑賞者に登場人物のキャラを伝える要素は、台詞しかないのである。
この寸劇(といえるレベルではないが)に登場する人物は、隊長と隊員という曖昧模糊とした概念でしか語られておらず、
ひとりひとりのキャラクターは読み手の想像に任されたままである。
これはでは、作者の魅力が読み手に伝わるはずもない。
それでもネタが面白ければなんとかなるが、ネタは面白くないわ、オチはベタだわで、ダメ要素が三拍子揃っている。
もう少し様々なものを(シェイクスピアや天才バカボン)読んだほうがよいだろう。

ガリガリくんのはずれ棒一本。

128 :◆EtDBNAuDt. :04/04/02 21:41 ID:IQb1S+xr
おまえらレベルが低すぎる。

おまいらへ

そう、俺は天も地もない原始よりおまえに話がしたい。
月も太陽も星も雲も取っ払った、ただ俺が居る、
それだけで無と呼ばれた世界から顔を呆けのように突き出している俺に、
おまえは餌をやるべきではない。

鯨は海が良いという。
鳥は空が良いという。ジャッカルが果てしない大草原を背に、
腹ばいでその命を謳歌する。
ドブネズミやゲジゲジは人のひった糞のあいだでひと休み。

雨、雨、潤った林の光る葉っぱの裏で羽根を休める揚羽蝶。
おう、なんと美しい輪郭。
もうすでにおまえは居ない。それでもおまえが居たことで、
そこは今日も輝きに満ち溢れているぞ。

ああ、ところで人間、
そう、おまえだ、そこの人間よ、おまえはどこから来て、どこへ行くのだ。
そしておまえは今、どこに居るのだ。

俺は今日でも猿だけど。




129 :曾村益廊:04/04/02 22:14 ID:fQH6Gwgm
>>128
ヒトから自然、自然から宇宙、宇宙から己へ。
ミクロとマクロ、双方向の視点から世界を認識し、なおかつ自己へ回帰する。
大きい視点をもって描かれた詩えある。
詩自体の完成度はそれほどでもないが、作者の言いたいことはきちんと伝わってくる。
そして作者の考えも個人的に良く理解できる。
が、モチーフがあまりにも在り来たりすぎた…。
よって作者の独自の価値観や視点が重要になってくるわけだが、
まだそれが作者自身確立されていないようで、いまいちインパクトにかける。
生きている途中なので模索中ということだろうか。
今後に期待したい。

よって、888円(末広がり)

130 :◆EtDBNAuDt. :04/04/02 22:21 ID:IQb1S+xr
>>129
うん満足だ。明日は不満だ。明後日は険悪だ。
このままではいけない
このままではいけない。

131 :名前はいらない:04/04/02 22:28 ID:MaLQ2vO2
ttp://www2.ocn.ne.jp/~c-a_0825/
馬鹿丸出し

132 :◆EtDBNAuDt. :04/04/02 22:32 ID:IQb1S+xr
>>131
俺の後ろに糞レスつけるな

133 :◆EtDBNAuDt. :04/04/03 03:36 ID:YWcYmxjK
タイムリー

遠心力を振りかざし
マンモスを追いかけた
なんとも奇怪な29時
焚き火が朝焼けに沈む頃
きっと愛想を尽かせた毒リンゴも
ビルの谷間の野良猫を
追い回すのだ

134 :曾村益廊:04/04/03 10:02 ID:kdXJl5o7
>>133
意味がさっぱりわからないがとにかくすごい自信だ。
簡潔で大胆、言葉遊びに終始する文章は作者の自信と不安の表れだろう。
きっと酔って適当に書いたか、はたまた齟齬に齟齬を重ねたのかもうわけがわからん。
とりあえず「シュールですね^^」の一言で決着を着けさせてください。

穴の開いてない5円玉3枚(シュールですね^^)

135 :こっちに貼るべきだった:04/04/03 13:26 ID:MULozouL
これは自戒も込めてなんですが、批評的な態度によって
自分の立場を誤魔化し、超越的な語りをするような態度は、
ズルいというか青臭いというか、実のところ高級ぶってるようで
日本的世間と最悪の意味で相似形だと思うんです。

主体や内面が外から計量できないものだとしても、
それを引き受けることを忌避して、笑い叩くことで自分ひとり高みに置こうとするような
「渋谷系」的な表現にままみられる、「しょせんすべてフェイクであり、
それに無自覚にリアルを装っている奴がバカ」とうそぶいて済ますような態度にこそ、
今何よりも「批評的」になる必要があると思う。
このテの連中こそ、本気で自分に批評性を向け、公平な相対化をすることを
巧妙に避けようとするものだから。



136 :ポインセチア1本堂:04/04/03 19:44 ID:iCmo0Pek
>>135
高級とか高見とか超越とか誤魔化しとか
敢えて相対に意味を持たせる事はないと思うけれど
己(個)の中の絶対で良いと思うけれど
それもまた私の中で好きなように昇華するものでしかないけれど


137 :ポインセチア1本堂:04/04/03 19:51 ID:iCmo0Pek
「この海は」

この青黒く波立つ海は
水と空気の境界面の海だけれど
その下の深い海だから

人は自分が海に浮かぶ事を知っているから
その表面を海と捉えるのか
沈むなら深さを知るのか

電子的に構築されたこの海に
私は浮かぶのか沈むのか
その深さを知り恐れるのか

ひとりの白い服の少女が
鏡のように静かな湖水面を眺めているなら
私はそこに浮かんでいたい


138 :名前はいらない:04/04/04 00:56 ID:ij3n3vQ7
>>135

それはなんだ?
どうにも俺はトイレットペーパーの芯を集めるような輩を理解しようなんざ思わないんだが、渋谷系ってのはアレだ、アントニムで言うと、ガラス玉って所か。

そもそも、不公平だ! お、前、が!

俺にでもわかるようにとっとと書き直して来い、この白痴!
さもなきゃ、お前は一日中小便に悩まされる事になるぞ。

139 :135:04/04/04 23:33 ID:yDIK++4U
お前にも135が言わんとしていることが分かったから、そういうレスをつけてる
わけだろ?
いわゆる一つの教育的指導だよ。
一年中便秘に悩まされてるお前らへのな。

140 :◆EtDBNAuDt. :04/04/04 23:42 ID:iepPV01S
>>139
おこってるの?

141 :名前はいらない:04/04/04 23:45 ID:x5SMCAUY
AGE

142 :135:04/04/04 23:50 ID:pt5LpXQA
res速っ。


143 :135:04/04/04 23:52 ID:pt5LpXQA
あげてくれた141には悪いが、別に祭りをはじめたいわけじゃないんだ。

144 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:16 ID:HoKPEK+4
>>143
お祭りじゃないんだ・・ふーん^^
てことは135のレスは本気?嘘気?それとも何?

145 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:19 ID:HoKPEK+4
>>143
君は誰?


146 :名前はいらない:04/04/05 00:30 ID:cJ1N/1xp
>>145
2chでそこまで無意味な問いもないと思うがね。
135は批評家養成スレの390より。いい文章だろう。

147 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:40 ID:HoKPEK+4
>>146

ん!それは>>135の文章がいい?って僕に聞いているのかなぁ?

うん、いいよ、空に向かって唾をはいているみたいだ^^


     ∧_∧
    /  ・ ・ヽ  
  o⌒キ   w キ 
 |  ヽ、 _ ノ  
  UJ⌒し'  ∪



148 :名前はいらない:04/04/05 00:45 ID:cJ1N/1xp
>>147
じゃあお前の顔はお前のツバだらけだな。ちゃんと毎日顔を洗えよ。

149 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:45 ID:HoKPEK+4
>>146
君のレス?これのこと?


これは自戒も込めてなんですが、批評的な態度によって
自分の立場を誤魔化し、超越的な語りをするような態度は、
ズルいというか青臭いというか、実のところ高級ぶってるようで
日本的世間と最悪の意味で相似形だと思うんです。

主体や内面が外から計量できないものだとしても、
それを引き受けることを忌避して、笑い叩くことで自分ひとり高みに置こうとするような
「渋谷系」的な表現にままみられる、「しょせんすべてフェイクであり、
それに無自覚にリアルを装っている奴がバカ」とうそぶいて済ますような態度にこそ、
今何よりも「批評的」になる必要があると思う。
このテの連中こそ、本気で自分に批評性を向け、公平な相対化をすることを
巧妙に避けようとするものだから。

オタクだのヤンキーだのドキュンだの、何かの基準から指摘することだけなら
そんなのただの言葉の遊びだ。
それも、それを持って自分の優位を暗に誇り、
「正しさ」(あるいは安易なニヒリズム)に早上がりしたがるような、卑しい種類の。

アンバランスや間違いを保留しながら、中毒しない程度に負い目を噛み締め、
その分他者にもフェアに、寛容にいようとするような等身大の営為から目をそらし、
拒むことを正当化しようとするような連中(正しくなくても「そうなってしまう」ことはしょうがないが、、、)の声ばかりが
まかり通るような状況、文学やロックや映画が、なんだか正しさや強さの基準として振りかざされるような
韜晦を欠いた狭さには、やはり、微力ながらも力の限り抗していきたいです



150 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:46 ID:HoKPEK+4
>>148
おこってるん?

151 :名前はいらない:04/04/05 00:50 ID:cJ1N/1xp
>>北
とりあえずお前は「?」マークを使うのを禁止。
話はそれからだ。

152 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 00:52 ID:HoKPEK+4
>>151
どうして禁止なの

153 :名前はいらない:04/04/05 01:07 ID:FRwz3ell
>>152
うん。それで良い。
素敵に無意味な一行レスの出来あがりだ。
じゃあな。早く寝ろよ北。

154 :◆EtDBNAuDt. :04/04/05 01:07 ID:HoKPEK+4
>>151
?
つかってないおのー

寝よっと、おやすみなさい^^

155 :名前はいらない:04/04/05 01:11 ID:sJmeb/sw
いわゆるコピペ厨か。

156 :曾村益廊:04/04/06 09:50 ID:NEiTD2AI
>>137
「>電子的に構築されたこの海に」
こういった言葉遣いには少々辟易するが、
今までのものに比べれば自意識を消したおかげで全体をオブラートに包んだように見え、
漠然としていて、読み手任せの感が深まったが、以前ほど酷くはない。

120円

157 :曾村益廊:04/04/06 11:42 ID:owKvq/3+
オッス!馬鹿ども!
元気か?
お前らの大好きな「詩」書かねえの?
ガンバレ頑張れ!
才能なくても諦めんな。

158 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/06 13:35 ID:otPCqQcS
潮騒


きみ〜、それパーマあててんの?
今夜は冷めたミルクみたいな肌触りやわ。

浜に打ち上げられたワカメあるよ、

ぼくぅ、君の欲しがるもんなんて、一生あげられへんと思うけど、それでもかまへん?




159 :名前はいらない:04/04/06 14:41 ID:RXXOAnqH
気持ちのいいことしようよ
だってふかふかのお布団って気持ちいじゃない
包まって朝までじゃれあおうよ
夜中のつまらないテレビだって笑いあって
ビデオ見てゲームして
朝日見ながら抱き合おうよ
後悔したくないから、いつだって目いっぱいキスをして
こんな幸せな日常を大事にしようよ

160 :背脂ぬき:04/04/06 14:43 ID:MS/bpdOR
潮騒


きみ〜、それボディペイント?
乳首のあたり黄色くぬりすぎやわ。

浜に打ち上げられたワカメも首に巻きなよ

ぼくぅ、雨の日までは一緒にいけへんと思うけど、それでもかまへん?




161 :ポインセチア1本堂:04/04/06 20:24 ID:fdaW95Pf
「君の白いシャツ」

洗いたての真っ白なシャツを着た君
僕はその白いシャツの肩を
泥だらけの両手でつかむのだ
茶色く濁った泥水のしたたる両手でつかむのだ

君の真っ白なシャツを茶色い僕の泥が犯していく
それを見ながら僕は
何度も何度も泥だらけの手を
君の白いシャツになすりつけるのだ

何度もなすりつけるのだ
君の肩から腕にそして肩から胸に
君が泣き出しそうになって
君の白いシャツはあっというまに泥色に染まるのだ

それでも僕は君の胸に
何度も何度も泥だらけの手をなすりつけるのだ
柔らかい胸を包む白いシャツを何度も何度も汚すのだ
僕は泣き出しそうになりながら

君の頬が赤く染まって
うつむいてしまって
染みついた泥が乾いてしまって
ボロボロと落ちてしまって

それでも僕は君の白いシャツを
何度も何度もこの汚れた手で汚すのだ

162 :しんしん:04/04/06 20:31 ID:QzNlx1oK
ん〜北ちん、はっちゃけてるなぁ〜
のびのびとして楽しそう

163 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/06 23:41 ID:gv22EbHx
腐乱


死体達が折り重なっている。
その屍と屍の間、圧迫されるような狭い空間で、

俺は俺が名差した椅子に座り、
脂汗をたらしながら密かに息をしているのだ。

ツゥーと見知らぬ風が吹き、
毛穴に染み入る時間が、
俺の身体の腐乱してゆく過程をイライラしながら見守っている。

思想がはらはらと枯れ葉のように散り、
水面に揺れる波紋は、
消えるまでどこまでも広がり続けてゆく。

森の静寂に、
音を立てて降しきる雨、空の思い出、それぞれの記憶、
もう出会うこともない刹那のうたた寝達が折り重っていく。

その隙間に用意された、やはり俺の色付きの床。
輪郭の腐った棺おけ。


164 :ポインセチア1本堂:04/04/07 19:31 ID:3YPID5HZ
「烏賊」

イカだってさ
オレに食われるために生まれてきたわけじゃないんだよね
だけど何を間違えたのか
この皿の中で切り刻まれてさ
イカソーメンとか言われちゃってさ
食われちゃうんだよな
おまけに下手すりゃマズーとか言われてさ
散々だよな
なんかそんなふうに言われながら
オレに箸でつつかれまくったこのイカソーメンって
ある意味不幸なのかもなぁと思った
イカ食って寝るさ

165 :名前はいらない:04/04/11 01:14 ID:tZAy+eeg
おーい、お休みですかー。

166 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/11 01:15 ID:tZAy+eeg
おーい!

167 :曾村益廊:04/04/13 09:26 ID:+JwMXHUf
>>158
意味分からないね。
「浜にワカメ〜それでもかまへん?」の流れはそれなりに美しいかな。
210円

>>159
勝手にしてって感じだね。
そんな日常今さら言われなくても知ってるよ。
視点がつまらなさ過ぎる。
5円

>>160
パロディをするからには、原作を超えることが条件だが、これは一応超えてるんじゃないかな。
イメージ豊かで面白い。
なかなか力量あると思う。
1000円



168 :曾村益廊:04/04/13 09:27 ID:+JwMXHUf
>>161
読むのが辛い。
だいたい長いよ。
意味なく長い。
同じことの反復だもの〜。
sukijanai.
1円

>>163
まあこの作者らしいと言えばらしいし、らしくないといえばらしくない。
文を読んでていちいち寸詰まりになるのは、考えながら書いたからかな。
締めの言葉は力強いね。
70円

>>164
最悪だね。
もうダメだよこりゃ。
才能ないよ。
イカでも白シャツでもなんでもいいけど、兎に角発想も何もかもが貧弱。
魅力が一切ない。
0円


169 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/13 20:44 ID:wVPCmiFY
作者よりもその作者から
作り出されたものの方が、
金銭的な価値があるのか。

うう・・・俺は生まれ変わりを信じんぞ!


170 :曾村益廊:04/04/13 23:53 ID:cmqAi4ET
現象に価値があるってことで。

171 :名前はいらない:04/04/14 00:46 ID:wuMOL6+T
腹の底に力を入れる
やり過ぎるとケツの穴から糞が出そうになるが
そこでふっと鼻から息を飲み
飲み込んで、
ふーっと口からゆっくり吐く

…ああ、いつかケツから糞が漏れるまでやるさ、
意味があっても無くてもやるさ、
だから、もうすこし俺を生きさせてくれ。



172 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/14 01:10 ID:W4decJRK
「色の塊」

―白の断章―
水面鏡に投げ込んだ石、
乾いた白シャツのはためく音、
隠された鳩が暴れている午後
飛んだレコードの針。

―青の断章―
どこまでも遠ざかる青い空の音、
土から突き出された無数の腕、
胴体を切り離された洋人形、
雫に映りこんだ過去。

―赤の断章―
大講義室であがる赤い歓声、
水槽に落ちていった脆い太陽、
金魚の腹に群がる死体、
眼球を抉り出した老紳士。

―黒の断章―
縄が首を絞める音、
顔を覆った布、
暗闇に焦点をあわせる、
閃いた純白の星ぼし。


//


173 :曾村益廊:04/04/14 08:00 ID:wtr7hnqe
>>171
面白くないよ。
どんなに馬鹿馬鹿しいネタ的なものを書こうが、最後に奇麗に終わらせようとしてんじゃん。
根性無し。
10円

>>172
まあ、普通って感じ。
一応イメージを言葉にする力はあるんだろうけど、普通。
特に説得力のある表現が見当たらない。
100円


174 :曾村益廊:04/04/14 17:57 ID:8+f/Ijoo
>>16を超える作品が出ないねえ。
>>21の評価額は9,300万円だよ。


175 :曾村益廊:04/04/14 17:58 ID:8+f/Ijoo
IDがポエムっぽいね。
へけけ。

176 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/17 00:57 ID:QjZpxUeS
ボーリング



たまごがけごはんの中、
一粒一粒の艶やかレーンで立ってますから、
いつかはきっとストライク。

おばさんが頭でモップがけ。
旦那の帰りも知れずに。

三角頭巾の対角線を結び、
明日の狙い定め、
草を掻き分け転がり飛び出た青い球を抱きしめた。

透明のゴミ袋の中へ一目散。

生まれたり死んだりすることも忘れた
たまごがけごはんの中を、

スペアでは物足りないのだ。

177 :曾村益廊:04/04/17 09:08 ID:HnwbRhPs
>>176
いい。
ボーリングはコスモだからね。
詩もコスモだからね。
お互いが引き付けあって跳ね返ってる。
イメージの跳躍力、言葉のターキー。
3ピン残りました。

70010円


178 :耀耶:04/04/17 18:31 ID:xepZ1cjL
「キミ」

世界はとても痛いから
何処か戦いの無い場所へ

星は何処までも遠いけど
君はそんなに遠くないから

雑音に溺れずそこにいて
闇から僕を引き上げて

君の瞳は輝く星で

君の心は月の安らぎ

君の肌には太陽の光

銀河の夜が流れる髪と

そこには時間
そこには生命

悪魔も神もいない其処

君は 僕の 宇宙 なんだ


だから

生きて

179 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 21:21 ID:auFBJS5t
ああどうしてこう生きるのってつらいのかねえ
2ちゃんねるで一人レスを待つ
2ちゃんねるで一人レスを待つ
だけどどうだってことは無いのさ
始めっから決まっている
無駄だと

それでも今夜何をすることが出来る?
君のいない場所で
僕は歌を創って生きているが
そんなことはもう何もかも終わってしまった事を
覆い隠す茶番に過ぎないのさ

2ちゃんねるで一人レスを待つ
2ちゃんねるで一人レスを待つ
時にはポッポーと叫んで機関車ごっこをする事もあるが
だけどどうだってことはないのさ
始めっから決まっている
無駄だと

それでも今夜何をすることが出来る?
僕は君に向けて歌を作っているが
そんなことは全て終わった事を覆い隠す
茶番に過ぎないのさ

今夜2ちゃんねるでレスを待っている
今夜2ちゃんねるでレスを待っている
だけどもそれは生まれたことが続いていくと
確認しているだけに過ぎないのさ

あと二年早く気付いたら……

180 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/17 21:39 ID:bjq5ch6T
一ヶ月の食費は稼いだぞ!

181 :名前はいらない:04/04/17 21:41 ID:HFv5t4Mn
ネコを電子レンジで乾かしたオバサンが
電子レンジの製造メーカーを訴えた
ハンバーガーの食べすぎで太ったアメリカ人が
マクドナルドを訴えた
ああ PL法 訴えた者がちさ
負けても特にリスクはないぜ 勝ったら一躍大金持ちだ
ぼくも訴えるよ ホットコーヒーがホットだからやけどしたってね
君も訴えようよ ほっとコーヒーがぬるくてホットじゃ無いと


182 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 21:54 ID:auFBJS5t
僕はマルクスを読んでいます
半分も理解できませんが
それはきっと僕の頭のネジが
もげかかっているからでしょう

唯物論
唯物論
唯物論がとまらないのです
全て物ですませられれば
僕なんかこうして苦しまないのに

唯物論
唯物論
唯物論がとまらないのです
全て物ですませられれば
僕なんかこうして苦しまないのに

僕はマルクスを読んでいます
半分も理解できませんが
それはきっと僕の頭のネジが
もげかかっているからでしょう
外では雨が降っています
水溜りは出来ませんが
汚れた僕の車を磨いてはくれるでしょう





183 :名前はいらない:04/04/17 22:13 ID:pq0qtwCR
スネ夫くん、私は黒白じゃないんだよ。
悪知恵が全く働かないんだ!!!!

のび太

184 :曾村益廊:04/04/17 22:14 ID:pM48kk+e
はい、今日もみんなの力作を査定していきましょうね〜♪
じゃあ今日も、、、、Let's 鑑定!

>>178
はーい、今日の一番惨だねー!
おわーッといきなりの力作登場だー!
かなりリキ入ってるね〜♪
デモまったく面白くない!
これは酷いぞ〜!
でました2円!

>>179
さてお次は?
おっと2ちゃんねる批判なのか自己批判なのかとにかく何かを批判してるぞ〜!
中身のNASAと自分のことを棚に上げて他人を批判する肝の座り方は厚顔無恥の詩人そのものだ〜!
最終的には人間失格になっちゃいました〜^^
太宰に免じて30円(生まれてきてごめんなさいって言えよ!)

>>181
さてお次も斜からの視点で来ました!
最近のマックのCMが正直鬱陶しいと感じてるのは僕だけではないはず!
阿呆マック私用よ!ダラッタッタッタ〜、ン〜ラーミレス!
あ!詩のことすかっり忘れてた!
え〜と、8円でよろしかったでしょうか〜。

>>182
は〜い、本日2回目の登場だね。
頭でっかち尻窄み、アイデア オンリー ノーハート!ってのはこういうことかな?
おっと言い過ぎた!
アイデアも頭も無かったよ!
「ごっめ〜ん?、まったー。」って『?』と『。』の位置逆じゃねえかお前!?
ハチ公前で拾った1円

185 :名前はいらない:04/04/17 22:24 ID:7+u0OUzB
行こう おっぱいを揉みに
行こう 乳首を舐めに
君におっぱいがあるから 僕は揉みたくなるのさ
何故おっぱいを揉むのか そこにおっぱいがあるから
おっぱいは不思議だね とても柔らかいのに
おっぱいは不思議だね 先っぽはコリコリ
おっぱいを揉もうよ
おっぱいを揉もうよ
ぺチャパイはせめて舐めようよ 

186 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 22:35 ID:auFBJS5t
原子心母でポコチンパンチ
まったく今日はドストエフスキーを
読まなければならないのに
まったくどうしたというのだ
うんこ
つまり小便ということか?

原子心母でポコチンパンチ
まったく今日はドストエフスキーを
読まなければならないのに
まったくどうしたというのだ
うんこ
つまり小便ということか?

パイあーるの2錠
薬を飲んで
歯を磨いたら
屁が出た
つまり実と言う事か?

原子心母でポコチンパンチ
まったく今日はドストエフスキーを
読まなければならないのに
まったくどうしたというのだ
うんこ
つまり小便ということか?




187 :曾村益廊:04/04/17 22:47 ID:pM48kk+e
>>185
そこそこ良いが、作者の自意識が露呈していてそこが厭らしい。
まあ、今まで投稿されてきたモノの中では比較的まともなほうだと思うが。
後はもっと突き抜けた感じを意図的に出せるとなお良くなるだろう。

5000円

>>186
まあピンクフロイドもいいけどさ。
知識とかそういうものをそのまま使ったって面白くもなんともないんだよね。
案の定詩は全く面白くないわけで、本末転倒なんだな。
知識を持ってる奴が読んだ時に少しニヤッとするくらいのレベルまでもいってないし、
同じものをリフレインするのも、ネタが思いつかなかった言い訳でしかないしね。
まあ、半端だよね。

0.5円


188 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 22:56 ID:auFBJS5t
31・5円
パンの耳でもかじるか
歯茎から血が出る
血友病なら死んでいる

189 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 22:58 ID:auFBJS5t
俺自衛隊に入って国をまもりまつ
どこかの地方の歩兵連隊
秋冬早朝と国をまもりまつ
それ以外は訓練にでません
休まなければならないからでつ

俺自衛隊に入って国をまもりまつ
どこかの地方の歩兵連隊
秋冬早朝と国をまもりまつ
それ以外は訓練にでません
休まなければならないからでつ
訓練にでないと
連帯責任で小隊みんな
腕立て伏せ
俺は殴られて
歯が一本
それも虫歯で消えてしまいました

俺自衛隊に入って国をまもりまつ
どこかの地方の歩兵連隊
秋冬早朝と国をまもりまつ
それ以外は訓練にでません
休まなければならないからでつ


190 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/17 23:03 ID:bjq5ch6T
ふぁわああああ・・・・

寝よっと。

191 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 23:12 ID:auFBJS5t
春だからといって
何が変わるんだ?
歯車が
僕の耳の中を
音を立てて
通り過ぎる
やめてくれないか
耳掃除をするときに
耳垢に血がこびりついているんだ

白いふくろうのであったのは
去年の事
しばらく待てといわれたけど
いつまで待てばいいのだ?
今年の春
何か変わるとまた期待させるのか?
そして来年の春また同じ事を繰り返すのか?
再来年……

春だからといって
何が変わるんだ?
歯車が
僕の耳の中を
音を立てて
通り過ぎる
やめてくれないか
耳掃除をするときに
耳垢に血がこびりついているんだ

192 :BLUE HAWAI ◆jvBtlIEUc6 :04/04/17 23:18 ID:cm4MsbX/
「かくれんぼの鬼」

私の幼少期にはかくれんぼの鬼と呼ばれる子供達が何人もいた。

体中の関節をすべて外し、机の引き出しにもぐり込む者。
カメレオンさながら体色を変え樹木と同化する者。
一瞬にして逆進化を遂げ公園の鳩や池の鯉に混じる者。

そんな中でもひときわ輝いていたのがヤッサンだった。

彼女は当時すでに肉体を液化させることに成功していたのだ。
川や海でのかくれんぼにおけるヤッサンの雄姿は、今でも私の目蓋を離れない。

先日届いた風の便りによれば、ヤッサンは遂に己を気化させ天に召されたそうだ。

193 :名前はいらない:04/04/17 23:29 ID:mM9ueyuI
わたしにはなんだかわかりません
まいにちみていたのに
ほんものだとおもっていたのです!

194 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆hhhB7.B.co :04/04/17 23:36 ID:auFBJS5t
今日ラーメンを食べたら
まったく消化されないで
肛門から出てきた
だから器に戻して
彼女に食べさせた
彼女はおいしいと言った
僕は笑った
だけど僕は知っている
もう僕らは決してセックスしない
決して決して


195 :名前はいらない:04/04/18 00:06 ID:hGEba6UW
「肉声」

神を象徴している光すら幽閉される
万年牢獄の雪
俺が昔手に入れた虫は
ひび割れた羽を丁寧に広げた形で
採集板にピン刺されていた
デジタル鼠の鳴き声は
悲鳴に近かったが
誰も気に止めない瞬間、瞬間毎に
消えていった
俺の声はひび割れているが
まだ聞こえるだろうか?
明日には消えてなくなるかもしれない
俺の声は

196 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/18 00:24 ID:aENmC1uN
刹那の住人


春の藪から、
鎌首を持ち上げたような雲が日差しを遮り、
空は空き缶のように静まりかえっている。

風に切り刻まれた桜の羽も
時間を啄むのをやめて
ふと、こちらを振り向いた。

今、
僕が生まれたことと
僕が死んだことが
ピッタリと一致している。

首筋に白粉を叩くように、
白い光が音もたてずに通りすぎる。

そして何もなかったような顔をして、

君を迎えにいっている。



197 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/18 00:36 ID:aENmC1uN
訂正します!


刹那の住人


春の藪から、
鎌首を持ち上げたような雲が日差しを遮り、
空は空き缶のように静まりかえっている。

風に切り刻まれた桜の羽も
時間を啄むのをやめて
ふと、こちらを振り向いた。

今、
僕が生まれたことと
僕が死んだことが
ピッタリと一致している。

首筋に白粉を叩くように、
光が音もたてずに通りすぎる。

そして何もなかったような顔をして、

君を迎えにいっている。



198 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/18 00:46 ID:uON0+vkI
[tet]


ダイスのなかに
灰をおとす
弦でフェンシング
防具つける?
お茶に氷をいれようか
絵筆を乾燥させようか
なんか吐く
なんか食べる?


199 :幼精 ◆0RR5g3ijLY :04/04/18 01:14 ID:N37XTK3l
いつもの曲がり角
今だけの特別な景色
懐かしい昨日
全部捨てて空を仰ぐ

幾億の月を踏みしめながら
ここへまた辿り着く
入り口でもない 出口でもない
ここへまた辿り着く

軋んだ笑顔で
肉の欠片が揺れる
最後は笑顔で
肉の欠片が転がる

動かない体で
入り口でもない 出口でもない
ここを見つめる

明日からはここが
私の昨日になる

200 :幼精 ◆0RR5g3ijLY :04/04/18 01:16 ID:N37XTK3l
ぎゃータイトルつけ忘れた

「鬱ぶる石ころ」って感じ?きゃー

201 :曾村益廊:04/04/18 02:07 ID:LJyM09L+
>>188-189 >>191
面白くない。
0円

>>192
かっこいいね、なかなか。
こういう作品はだいたい発想した段階で完成しているものだけど、
それを具体化する作業でつまづくことが多いんだ。
でもこれはうまく成功してると思う。
巧い。
2000円

>>193
チカラあるね。
シンプルだけどきちんと作者の意思が伝わってくる。
3000円

>>194
最後の2行はよく踏ん張った。
今までのように垂れ流さないで、強引でも結末を付けた。
そこを評価したい。
500円

>>195
全然ダメ。
なに言ってんの?
0円

>>197
まだ途中という感じがする。
それは作者が生きている途中であり、死へ向かって生きているからだ。
8000円

202 :曾村益廊:04/04/18 02:10 ID:LJyM09L+
>>198
まあ、それなりに巧いというか慣れてるね。
その分勢いは感じられないな。
1200円

>>199
こういった作品は評価が難しいね。
真面目に詩を書いているようで、どっかで照れがあるようにも感じる。
ま、今回初投稿だから良しとしよう。
次回も同じテイストだったら評価はしない。
600円


203 :BLUE HAWAI ◆jvBtlIEUc6 :04/04/18 02:30 ID:hPO+BuZK
>>201
ありがと 2000円も
明日ケーキバイキングに行こっと♪

204 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/18 13:59 ID:w0A/IDJr
[鉄棒人間]


彼の六本足のうち二本は
黄色い校庭のすみっこ深くにうまってる
彼、いつもタンクトップにゼッケン
雲の真ん中で踊ってた
とんぼの先にラブレターつけてわたせば
彼、照れていつまでも連続後転してた
黄色い校庭のふたり
鉄の足は成長をつづける

205 :名前はいらない:04/04/18 15:12 ID:QVl7eYSm
英会話にきてた吉田さんは勉強家だけど
耳がそんなに良くないのか
お手本発音の再現ができなかった
仕事が過酷に忙しいらしく
しょっちゅう遅刻してきてそのたびに
ソーリーベリベリレイト
と頭を下げた

あのとき吉田さん独身だったんだねえ
可愛い奥さんもらって今や三人の子持ち
この間特急列車に乗り合わせたとき
お久しぶりですねと言ったら
ベリベリロングタイムノーシー
と言ってくれた

会社つぶれる前に転職しててよかったね
これからも俺がやらない冒険いっぱいして
会社の不正人事や高血圧と
いさましく闘ってくれ給うことを

206 :曾村益廊:04/04/18 16:04 ID:oSeTk3xL
>>204
はい普通ですね。
良くも悪くも平均的。
発想はいいけどそれを生かしきれてない。
500円

>>205
ダメ。
俺がこういうスタイルに高評価をつけるのを知って書いたんだろう。
くだらない、この作者の力じゃこの程度のモノしかあがってこない。
悪い見本の典型。
0円


207 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/18 17:17 ID:rfuSaE/J
>>206
>生かしきれてない。
同感。チキショウ

208 :背脂ぬき:04/04/18 18:24 ID:pyAOl2LJ
「春風になびいて」

ガムテープで
すね毛か雑草のどちらかを抜く
よくのびてるぜ

209 :曾村益廊:04/04/18 19:51 ID:MLf/zUKv
>>208
まあね。
わかるけどね。
300円

210 :かーめん:04/04/18 20:16 ID:Q14BCEqX
あかね雲

君の引きずっているものが何なのか
今の僕には解らないけど
茜色の夕焼け空の意味は
紫雲の映りこんでいる君の瞳に
見つけ出すことが出来た
その高貴な薄紫は
人の心を落ち着かせ、沈ませる
話すべき言葉も何も見当たらなくて
僕は君の背中を猫のように撫でてみた
安堵の脱力感を感じられるのが嬉くて
もっともっと君の事を知りたくて
君を抱きしめてしまった
君の想いが体から染み込んできて
少しだけ君の事が解ったような気がした

211 :(゚c:っ゚ア:04/04/18 20:33 ID:YRCk5xTw
自転車

今朝も自転車で日の下を走る
ペダルの軽さに心が弾む

ただ走りぬけるだけの時が健やかなのは
心を見つめる暇がうれしいから
そこに映る貴方を想うから

212 :曾村益廊:04/04/18 20:38 ID:/GmmHbOB
>>210
また日記か。
いっておくけど日記は詩じゃないから。
放り投げ出した40円

>>211
クソ下らない恋愛オチだけど、文才は微弱ながらありそうだね。
希薄な未来に乾杯の200円


213 :曾村益廊:04/04/18 20:44 ID:/GmmHbOB
『諦めろ!才能のない人。』
ほんと成長しねー連中ばっかりだな!
ほとんど才能の欠片もない奴らが詩だと思い込んで書いてるものは、
実際は錆びたバタフライナイフくらい役に立たないようなしろもんだ。
3回くらい投稿して1000円以上もらえない奴は諦めろ。
グッバイ才能ない人たち♪


214 :名前はいらない:04/04/18 20:45 ID:GdxQXN2a
そこまで才能にこだわり過ぎなくても・・・

215 :名前はいらない:04/04/18 20:47 ID:rWFpbvi2
僕、まだ10円しか稼げてない。


216 :名前はいらない:04/04/18 20:53 ID:GdxQXN2a
って、>>213って詩だったのか。
今気が付いた。野暮なツッコミしてごめん・・・。

217 :名前はいらない:04/04/18 20:54 ID:ZMWRR8tj
http://mcbattle-2ch.hp.infoseek.co.jp/
ここのやつ

218 :名前はいらない:04/04/18 21:10 ID:ugB7HEDT
>217
そこのやつが何?

219 :かーめん:04/04/18 21:30 ID:Kb/+6mEM
居心地が良さそうなスレだなあ。どっこいしょ。


「際限なく」

蒸気がボッと音を立てて発生して
ボボッとお互いにくっ付きあって
ボボボッどんどんどんどん膨らんで
もう地上には留まれなくらいに大きくなったら
ドーンと巨大な飛行船のように
ヒューン空の遠くに飛んで行ったよ
よく見たら、ここだけじゃないんだ
あっちにも、こっちにも
そうだね
何にも心配する事はないんだね

220 :かーめん:04/04/18 21:41 ID:Kb/+6mEM
コピペ、スマソ

あかね雲

君の引きずっているものが何なのか
今の僕には解らないけど
茜色の夕焼け空の意味は
紫雲の映りこんでいる君の瞳に
見つけ出すことが出来た
その高貴な薄紫は
人の心を落ち着かせ、沈ませる
話すべき言葉も何も見当たらなくて
僕は君の背中を猫のように撫でてみた
安堵の脱力感を感じられるのが嬉くて
もっともっと君の事を知りたくて
君を抱きしめてしまった
君の想いが体から染み込んできて
少しだけ君の事が解ったような気がした

221 :名前はいらない:04/04/18 21:42 ID:ugB7HEDT
なんだかそう。
遠くに来てしまったよ。
僕が欲しかったのは君の目で
君の心で。
決して僕は、君そのものを手に入れたかったわけでなく

あの頃はそう。
僕が信じていたのは僕の目で
僕の心で
決して君そのものを信じていたわけでなく

今ではもう
僕は君そのものを疑い信じ
未来はもう
僕は君なしじゃ生きられないなんて錯覚まで起こしている。

あの頃は、ただ君の事が好きだった。


222 :かーめん:04/04/18 21:42 ID:Kb/+6mEM
誤爆だw

223 :くらりnet ◆9CuvrHqVpI :04/04/18 21:55 ID:I+7ONluT
「藤の花」

三年ぶりに藤がうすい紫色の花を垂れたよ
僕は、初めてその木をその枝を
その花を見たよ
うすいうすい紫の髪飾りの様な花でした
今年ようやく花を咲かせたよ
その木にその枝に控えめながらもしっかりと色つけて
僕はただぼんやりその木をその枝を
その藤の花を見てた
ようやく会えたんだね



224 :名前はいらない:04/04/18 21:56 ID:jM6qhJbx
「Suck me !」

アメリカンチェリーは甘かった
煙は肺に絡みつく
青缶コークで喉を潤し
息の匂いをごまかした。

窓をあければ群青の空
機体が雲を描いてた
30秒の呼吸の後
真っ赤なペンキで書きなぐった

FUCK YOU !!


225 :名前はいらない:04/04/18 22:15 ID:E7JBykyE
「公園」

家に近い 公園で遊ぶ子供たち 昔の自分と重ねあわせて
いつか君と ブランコで交わした小さな小指 その小指も見る影 なくした

揺れる枯葉が 枝から落ちて 僕や子供たちの上 舞い上がった

この枯葉 地面に落ちる時には 僕も君も少し 大人になって
また新しい思い 空に浮かべる

この汚れた 公園のベンチで僕は一人 寂しい思い胸に並べて

揺れる枯葉は 風に吹かれて こんな僕の足元に 転がりこんだ

この枯葉 地面に落ちた時から 公園の仲間たちと 別れを告げて
また新しい出会い 風に委ねて

足元の枯葉は 風に吹かれて やがて誰かに踏まれ静かに 眠りについた

この枯葉 土に還る時には 小さな公園に また小さな
何にもない土の上 新しい生命に変える

公園の出入口 「また明日」 交わした小指
 

226 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/18 23:11 ID:KArV6EME
ネレイの白髭


最後にネレイはブリザードに帆を立てて足跡を消した。
もう地図は犬の餌にもならない。
白いだけの羅針盤の上では、阿呆だけが生きていける。
彼が見ているものの嘘はすべて死んでしまった。

ここは砂漠のように暑くない。

ただ胸に収まった小さな黒点が、
無限と旗を靡かせている。


「この身に犇く風 風よ、
いったいおまえはどこから来たのだ。
この絶景をおまえは知らないのだろう。
ならばこれ以上を私に問わないでおくれ。」


そう言ってネレイは幽閉されたオーロラの中へ鞭を打った。

獣の耳はさらに精細を欠いて、ひとつへ集まりだした。



227 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/18 23:13 ID:KArV6EME
ちー8000円かぁ。

228 :あーあ:04/04/19 01:25 ID:nhF+UBT/
どうでも良さげな気分の時は
あなたの事を思い出すけど、どうでもいいよ
どうでもなりそな気分の時は
君の事思い出して、会いたくなったりするね
どうしようもなくなった時は
君の事だけ考えてしまう、でも誰かといるのかな
電話しようか、しないでいようか
メールにしとこう午前1時

229 :背脂ぬき:04/04/19 06:26 ID:aJQNecbS
「おさえられないこの思い」

父さんの背中虫眼鏡で焼いた
大きなほくろが気になったから
病院のベッドの上で
己の不幸を嘆いた

ナースコール百連打
好奇心旺盛九歳児

いつかまた不幸を嘆く

230 :背脂ぬき:04/04/19 06:46 ID:aJQNecbS
「ホワイトモーニング」

雪の降る朝 裸足で駆けて
君の庭に不法侵入
ふわふわの新雪かき乱した

あるときは肉体を駆使して
また ある時は体液をつかって

大便で作ったかき氷に
僕の想いそっと混めた
昨日はコーンサラダを食べました

231 :名前はいらない:04/04/19 08:43 ID:JkAC3uGM
しかし鑑定君の詩>>16かよ。
これで偉そうにしてるんだからすさまじいな。

232 :名前はいらない:04/04/19 08:52 ID:JkAC3uGM
あ、みんなネタでムイシュキンをからかってたの?
だとしたらゴメン。

233 :曾村益廊:04/04/19 10:55 ID:6dE+uMVP
>>219
うん、まあまあ。
不定形な言葉で上手くイメージを覆い隠してる。
ヒューンと飛んできたUFOから落ちた600円

>>220
ありがちだけど、そこまで酷くはない。
一応かたちにはなってる、けどそれ以上の魅力はない。
君の背中から飛び出した500円(硬貨)

>>221
前フリ長いね。
最後の1行だけでいいじゃん。
遠くの方でスッ転んだ君の20円

>223
うーん、以前よりは心像を具体化できる力がついたのかな。
ただ詩自体は日常の一コマと心模様をくっつけるといったオーソドックスなモノ。
面白みに欠け過ぎる。
ようやく会えたけどブスだった女の子のポケットに入って10円。

>>224
まあ少し勉強した高校生の詩って感じ。
言葉が浮ついてる。
未発達の性器を弄りながら目にした母親の顔に30円。

234 :曾村益廊:04/04/19 11:08 ID:6dE+uMVP
>>225
長い、全部読む気にならない、全部読ませる力がない。
意味もなくだらだらと書き綴っただけ。
鬱陶しい芋掘りおばさんにドロップキックした時に転がった1円。

>>226
やっとマトモなのがきた。
作者の漠然とした自信と、目をそらしている不安が表現されてる。
ただし液体的な作品なので、動きが止まってしまうとすぐに腐り出すような感は否めない。
固体じゃないのよ!と叫んだガールに1500円。

>>228
『私』しちゃってるねぇ。
でも今時風の写真と同じで、「空(くう)」だね。
そこにある背景を感じさせないと人は感動しないな。
アラーキーのメガネを割った100円(玉)

>>229
面白くなる素材を生かしきれてない。
個々の言葉は活き活きしてるけど全体に修まると一気に収縮していく。
ナースコール1万回押した指で掻き回せ300円。

>>230
ネタに走り過ぎて最後のオチがコーンサラダじゃあ大便も拭くに拭けねぇな。
けつの穴にねじり込め50円(玉)。


235 :名前はいらない:04/04/19 13:06 ID:1zuySlqa
北さんだけ名前で評価が違うのにはワラタ

236 :名前はいらない:04/04/19 13:13 ID:JkAC3uGM
ははは、ムイシュキン大暴れ。w

237 :じゃ、オレも一つ貼っとこう(笑):04/04/19 13:21 ID:1zuySlqa
お兄ちゃんの部屋の押し入れで見つけた「大人のジュース」と書かれた瓶28本
白かったりピンク色だったりなんだかとてもキラキラして見えた
蓋を開けてみる勇気はなかったけどお兄ちゃんがいない時はそっとぬすみ見てたのです
夕日に照らされて金色に輝く魔法の瓶はお兄ちゃんとボクの宝物なのだ
いつか中身を全部出して二人で遊びたい
想いは募ります

238 :名前はいらない:04/04/19 13:27 ID:1zuySlqa
やっぱ厨房が書いた詩を評価するスレに貼ってきますね^^

239 :BLUE HAWAI ◆jvBtlIEUc6 :04/04/19 16:02 ID:snjycufR
「マネキン」

マネキンになりすましたあなたはダイエーの婦人服売り場で
上下セットでゴッキュッパのスーツを誇らしげに着こなしている

ジェラシー? 
ジュラシー・ジェ・ノワーレ

マネキンの視線から私を見下ろすあなたのあまりの美しさに
少しカチンときた私は店員を呼びだした

すみませ〜ん 
これ試着したいんですけど

い〜え
洋服ではなくマネキンのほうを

240 :詩の虜姫:04/04/19 18:31 ID:R6eprmwQ
一日

今日の忙しさの余韻が私の体をベッドへといざなう。
心地よい疲労感とはまた違う、肩に何かがのっているような 
迷惑な上司 ゆうことを聞かない部下 無神経な同僚
みんな脱ぎ捨てて布団にもぐりこむ。
一日の終わり。

ただなんとなく生きてる私にとって
なんの変哲もない一日

それでも今日は終わり
明日はやってくる。


 





241 :曾村益廊:04/04/19 19:05 ID:Jolarlw2
>>237
すばらしい!
内向的な次男の心理描写が良く描けてる。
一見するとまったく意味も脈絡もない単語の羅列のように思うが、
その実細かなディティールまで練り込んでいる。
完成度の高さとコケティッシュな次男に100万円。

>>239
なかなか面白い。
笑わせ方も上手い。
マネキンの下半身だけくださいと言ってみる店員に、2000円

>>240
うん、会社員の日常が淡々と描写されていて良いね。
まとめ方も上手いし。
でもそんだけだ。
明日のラッシュに400円。

242 :かーめん:04/04/19 19:27 ID:o5R/4N4o
昆虫

コガネムシの七色のテカリはいけない色
蝶々の危なげな飛行は不器用な少女への愛
スマートなオニヤンマの黄色はトラ柄の色気
昆虫って、なんてエッチなんだろう
え、ピンで串刺しにしろって?
君は標本箱の死体を見て興奮するほうかい?

243 :曾村益廊:04/04/19 19:32 ID:Jolarlw2
>>242
いいね〜。
君、なかなか工口いの持ってんじゃない。
もっとハァハァさせてくれよ。
4万円でどうだい?


244 :かーめん:04/04/19 19:39 ID:yvzrWjJD
数日おきくらいで
ちょくちょく抜かせてもらうんで、よろしく。ブルッ、ブルッ。

245 :三重ハリー ◆EyKpiIWxBI :04/04/19 19:44 ID:3M1XBdiv
『CASE』

関係ないよと 目の前の物を素通り 駆け出した 君の興味ありげな眼差しも 気付いちゃいるけどね
優しいだけじゃ いまひとつ押しが弱いかな? そう思ったのが全ての始まりだったよ

無理矢理でもね 詰め込んでしまえば ほら 同じ形に変わってしまうんだ みんな
このままフタをして持ち帰ってしまいたい ショーケースに飾りたいな

冷たい風切り裂きながら歩く 春を先取った 軽快なスマイルで
だまし討ちさ コースは決めさせてよ 恋人じゃない じゃないけどイイ感じだね

不意に道を 見失った僕は 一寸先も見えない闇の中で ひどく恐れ 矢印探していたんだ
手を取られ 足を引っ張られて さらわれそうになっても 光が射すのを待っている そうだ 自分で歩かなきゃ

また逢えたね いつまでもこうして逢いたいね 出来れば今度は君の好きな場所へと行きたい
わがままもう終わりにして 僕が君の形に変わっていくべきなんだろう

246 :名前はいらない:04/04/19 20:25 ID:1zuySlqa
その評価が作って事は、
二ヶ月前から全く進歩してないのか…。
まったく、驚くべき感性だ。

247 :名前はいらない:04/04/19 20:32 ID:6tQSHgG4
曾村益廊さんって普段何してる人なの?

248 :曾村益廊:04/04/19 21:13 ID:QESpcUgW
>>245
長い。
10円

249 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/19 21:32 ID:hHJED810
おまえら、ほんと損な性格してんな。

250 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/19 22:23 ID:hHJED810
くーっ1500円かぁ、
100万円かぁ・・・いいなぁ・・・

251 :カナリー:04/04/19 22:54 ID:q6kxMN6o


もう何年も昔 2階の教室
冷たい窓のそば 君は座っていた
冬空の下でウクレレ弾く男を
ほっぺた赤くした君がずっと見つめていた

踏み切りの音で目を覚まし
俺は空っぽのビール缶を握って
ウクレレの男に 手を振る君の姿を
思い出そうとしているけれど
なぜか君の顔がぼやけてしまう

まだ灯がついてる部屋が見える
そこに君がいるような気がする
ベランダから見下ろす公園で
君が散歩してるような気がする

新しいビールを持ってきた
こうして月に照らしたら君の顔が見えるんじゃないか?

そのうちにまた踏切が鳴って
身構える間もなくまた俺は
眠りだす
眠りだす・・・・・・

252 :MR.LONERY:04/04/19 22:54 ID:BlEU0Q4s

 『君だけに遭いたい』
 こころから誰かに愛されたいのに
 誰も愛してくれない。
 みんな口先だけ、軽い気持ちで愛を語る・・・。
 口先だけの「アイシテル」なんて意味がない。
 その場しのぎの、うわべだけの「アイシテル」なんて
 意味がない。
 ねぇ、「本当の愛」ってなに?ひとつの恋がおわったとき、
 あるヒトがアタシにこう言ったよ。「男なんて星の数ほどいる」って・・・。
 人間は確かに星の数ほどいるかもしれない。 
 でも「運命の男」は、赤い糸でむすばれてるヒトなんて、
 そうそういない・・・きっとね、この世にただひとりだけ
 なんだよ・・・。
 ねぇ、神さま。早くアタシに遭わせてよ!
 寂しさとむなしさで溢れる涙の河で泳ぎつづける
 孤独なアタシに。一人ぼっちで孤独で暗い夜道を
 ただアタシに出会う為に泣きながらさまよいつづける
 もうひとりのアタシに・・・。

 もうこれ以上、離れ離れにしないで・・・。
 お願い、神様。そのヒトと一緒に死なせて、
 もう誰もアタシたちを苦しめない天国(そら)
 へ連れて行ってよ・・・。

 
 

 君に遭えなければ意味がないよ・・・。
 

253 :名前はいらない:04/04/19 23:15 ID:nauBBL8e
ふろで のぞき
つまが さると
またを ひらき
すみに こごむ
かびと わたし

254 :曾村益廊:04/04/19 23:28 ID:lxctsstL
>>251
出だしは良かったのにどんどんテンションが下がっていくなあ。
もう最後なんか眠りだしてるもん。
おやすみなさいのkissは200円

>>252
ねらってんのかねらってないのか分からないけど、とにかく面白くはない。
あと長いよ。
長いものには捲かれない女80円

>>253
よし!(早い)
きた!(安い)
うまい!
吉野屋みたいな詩だ。
まいった。
お前の心にカビキラー、30,000円


255 :詩の虜姫:04/04/19 23:51 ID:R6eprmwQ
ひとり・・・・・

熱い情欲を ひとり かたづける
唇からこぼれる 吐息 あなたの名前 溜息
ふとんの中 いきがあがる
むなしさと後ろめたさ 
からだは満たされても こころは・・・
ひとりじゃ
ひとりじゃせつないね・・・・


256 :Yui:04/04/20 00:21 ID:iuuAQ8vX
早いね
あたし達出逢ってからもう結構たつね
付き合う前に
ファミレスで二人きりにされてずっこい恥ずかしかった事とか
一緒に見た初雪とか
幸せだったな
今でもドキドキするよ
こんなに好きになったの
あなたが初だ
自分でもビックリしてるもん
これからもずっと
あなたの後ろをピョコピョコついていくよ
小さいけど本当は大きい
そんなあなたが大好きです☆

257 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/20 00:46 ID:UqmDxupf
歯科助手


新垣から、
いつもの通りが透けて見えているので、
もう余計なお節介は止しな。

土砂降りの雨の向こうから、
ビニール傘の下で爪先達が跳ね上がっている。

向かいの歯医者に勤める女子達がお弁当を買いにやってきている。

「あのセンセ、時々私をジッと見つめるの!」
「やだぁ、あのセンセの奥さんを私知ってるのよ!」

つぼみは晴空は知らないけど、
太陽のことはよく知っているんだね。
君達は不安の限り、
大きな夢で溢れているんだね。

今日の日替わりは白身魚のフライだよ。
君達は僕の噂をするかい?
タルタルソース越しに忘れかけていた思いが、
女子達の無邪気すぎた笑顔のせいで透けて見えてきた。

雨はあがり、
新垣の向こうに袋を下げて遠ざかってゆく若い女子達の声に、
道端は不思議な落ち着きを感じている。

小さな小蠅が僕のそばへ嬉しそうに飛んできた。

258 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/20 01:31 ID:yg+a7gVc
[穴]


穴に入るためには
影の中の骨を
なるたけ細かく砕いて
ちぢめてかさを低くしよう
ふるえあがった影をつまみあげて
穴にポイッとすればいい

259 :三毛 ◆Neko/ziGXw :04/04/20 02:07 ID:OK2Lx7K9
閃光花火の落ちるところ
焦げた臭いと すねた黒
大柄な男性が 身を焦がし吼える
情熱とは違う なにか
夜の闇にとどろいた

遠くでひびく カラスたちの叫び声
ビルの群れのなかで こだました

都会には珍しい
赤と白の 古い車
洒落たスーツに身を隠し
有毒な煙をすーと吐く
夜の町並みに目を細め
縮む血管 錯覚に酔う
男の名を誰も知らない

コンクリートとガラスの巨人は
いつも しずかに 佇んでいる

260 :曾村益廊:04/04/20 12:39 ID:scyIqkNs
>>255
そうでっか、あんさん、なんや切ないでんなぁ…
孤独っちゅうもんは、ほんま嫌なもんやなぁ…
儲かりまっか?ぼちぼちでんなあ…3円

>>256
!!!!!キターーーーーーーーーーーーー!!!!!
すげーーー天才あらわれたーーーーーーーーーーーー!!!!!
ここね、この箇所ね、「ファミレスで二人きりにされてずっこい恥ずかしかった事とか」
                         ↑
                   『ずっこい』恥ずかしかった事とか
すげーーーーーーーーー!!!!!意味わかんねぇ!!!!!ずっこいってなんだよ!なんでここで彼氏ずっこくなっちゃってんのよ!
ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーース!!!!!!
そんでもってここね、『こんなに好きになったの あなたが初だ』
言い切ってる!言い切っちゃってますよ!全体の文の流れ無視して言い切っちゃってます!!!
「あなたが初だ」って、『初だ』って言い切ってるみょーーーーーーーーーーーーーん!!!
コレすごい、出来そうでなかなかできない!!!!
もう文の背景とか作者の意図とか超越したところに作品ひとり飛んでったね。
処女が気を使ってあらぬ体勢を取った時に男の方が逆に引くような500万円!

>>257
君は何を言ってるんだ。
君は本当にまずい事になってるぞ。
助けておくれよお母さん仮面ーーーーー!!!!!
昭和41年の200円。

261 :曾村益廊:04/04/20 12:42 ID:scyIqkNs
>>258
上手だけど面白くない。
手慣れてるんだけどパワーを感じない。
朝日カメラ半玄人写真みたい。
500円

>>259
小林紀晴?藤原新也?
アジアへ逝ってきなさい。
そしたらもう少しリアルなもんが書けるから。
牛の糞にまみれて2000ルピー。


262 :名前はいらない:04/04/20 12:49 ID:9O++sKGT
ようやく会えたけど、ブスって・・・。
3詩のトータル40円。
可能性なしって事ね。

263 :名前はいらない:04/04/20 17:40 ID:Mt5XfwAp
“輪の中の光”

その何十何人の中で
何故私なのだろうかと
理由を知るのに考える
無限の可能性とか
友情の輝きとか
永遠の愛とか
そんなことを唱えながら
犠牲に
生贄に
白羽の矢を立てる

孤独へと追いやっていき
自らの正当性の為に悪者を作る
――ねぇ、そんなこと、もう、やめない?
そう言いたくても
穢れた過去を持つ私に何が出来ようか

あの輪の中へ入れたら
どうなっていただろう
真実の輝き
見つけていたのかな?


264 :三毛 ◆Neko/ziGXw :04/04/20 17:41 ID:S81je6zD
>>261
その二人、検索してみました。
本出してるみたいなので、参考に読んでみようと思います。
よく御存知なんですね。勉強になります。

それにしても、ルピーかぁ・・・。
1ルピーって日本円で今いくら…

265 :名前はいらない:04/04/20 18:59 ID:XoBOJsFE
ムイシュキン相変わらず飛ばしてるなあ。
もう誰に求められないぞ。w
早くスイスに戻った方がいいんじゃないか。w

266 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/04/20 19:19 ID:XoBOJsFE
ムイシュキン
ムイシュキン
ご機嫌だね
でも書いた
詩は>>16
欝と言う感情を知らないんだね。
ムイシュキン、ムイシュキン
幸せなムイシュキン。

267 :曾村益廊:04/04/20 21:00 ID:sPQSEhsy
>>263
白羽の...までの流れはまあまあだったが、そこからが酷い。
たぶん後半が作者の本質に近いのだろう。
白羽の矢についた50円

>>266
作者の感情が程よく出ていて面白い^^
ただ軽やかさに欠ける感が否めない。
クリティークは浅田くんのように軽やかに。
地面にこびりついたガムを取る仕事をただ見てるだけの仕事、日給10円


268 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/04/20 21:12 ID:XoBOJsFE
ムイシュキン
ムイシュキン
お口をあけて待ってるのさ
鳥のウンコを待ってるのさ
ムイシュキン
ムイシュキン
そんなの誰もおいしくないって

269 :名前はいらない:04/04/20 21:19 ID:vSrZVP38
マクロの宇宙にまっくろくろすけ
君がこのサラダ美味しいねと言ったから
毎月第二土曜日はチームの集会日
いいないいな 人間っていいな
みんなで仲良く 集団リンチ
あったかい布団で簀巻きで東京湾
驕れるもの久しからず おごったアイスはガリガリ君
そんな時僕は思う 超MMって感じ
チョベリバでもうMK5 意味わかる?

270 :曾村益廊:04/04/20 21:41 ID:f3o84IMV
>>268
うーん。
0円

>>269
ネタもいいけど、もう少し期待を裏切らないと笑いにはならない。
あと田原町は好きじゃないので超減点〜♪
あとホワイトキックって感じ〜5・円


271 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/21 00:34 ID:KLxF+L+O
>>261
手慣れてないぞ すげーてさぐり。
まあいいや

272 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/21 00:37 ID:KLxF+L+O
[液体]


凝固はとんでもない
だけど私は単子の集合
分子間力を引きはがす為に
エネルギーを使わなければ
しかしどうやって自由を確かめればいいんだろう

気化するわけにはいかない
私を逃がしてたまるか
立ち上る汗すら
蒸留して回収しよう
しかしどうやって実存を確かめればいいんだろう

沸点と融点の間をいったりきたり

してるつもりだったらどうしよう

273 :名前はいらない:04/04/22 21:12 ID:DSG6i1Dp
300円で買ったガンダム ツノが折れた
かっこ悪いので爆竹で爆破した
頭がきれいに吹き飛んだ 胴体に亀裂が入った
山田君がくれた 腕無しのザク
ガンダムの胴体にザクの頭を乗せて修理
翌日 爆竹を2箱買ったよ

274 :詩の虜姫:04/04/22 21:20 ID:Hw9QdC/s
百円だま

はぁあ
うーーーーーーーーーーーーーん
どう考えても百円たんない
もうーーーー
この服ほしかったのに

きらびやかなショーウィンドー
映るスカート様

昨日のジュースがまんしてりゃ
買えたはずのスカート様

バーゲンは今日までなのに

・・・・・
百円玉
キラキラ輝く百円玉よ
今は誰より君がいとおしい・・・


275 :曾村益廊:04/04/22 22:04 ID:nhTT0Stz
>>272
ああほんとだ、すげー試行錯誤してるわ。
だいたいこういう真面目に考えて書いた詩って面白くないんだよな。
立ちのぼる蒸気に咽せ返り振り返るとそこに10円が。

>>273
テーマはいいのにセンスないから台なし。
センスは頑張ってもどうしようもないから諦めよう!
爆発で吹っ飛んだガンダムの頭の価値20,000円-19,999円

>>274
そんなに悪くないじゃない♪
後悔が襲ってきたときは記憶をすり替えちまえ!
そんなお前に恵むドレス代、5,000円


276 :詩の虜姫:04/04/24 15:02 ID:kv9mNFko
>>275さま

一応3作品で5403円稼がせてもらえましたw
目指せ100万円でチョコチョコ乗せてもらおうかとおもいます。
誰かの心に残るような面白い詩を考えたいと思います。
詩を作ったそのときはまた評価おねがいしますね^−^

詩の虜姫より


277 :uno ◆mdm4jQk4Iw :04/04/24 23:20 ID:kacvuE6V
曾村はすごいな
わからんけど エネルギー的に なんとなく
俺は結局個人的なものしかでてこないよ

278 :ななし:04/04/25 05:27 ID:2HdbQIwr
【±】

微かな光に希望を感じ

タイルの欠片を幾多も集め

私の空想を描いた

床に広がる奇瑞の世界は

まだ序章にすぎないが

すべてを思わせる

殺伐としたものになった


279 :曾村益廊:04/04/25 10:44 ID:gt+woirn
>>278
まあまあ。
今の自分を捉えてると思う。
だからどうしたの?
今の自分から未来の彼方へ100円のエアメール。

280 :詩の虜姫:04/04/25 21:37 ID:DD4aHO62
国士無双

あああーーー
またイーピンがこない
これがきたら役満なのに・・・

いっつもそう・・・
さいごのいっちょがこないのさ。

周りは器用にないてあがる。

でもいつか

いつかきっと

あがってやるのさ国士無双

向かうととこに敵はいないぜ。

そう、向かうところに敵はいない。



281 :名前はいらない:04/04/25 22:12 ID:gcaQll3y
金子さんの奥さんは淫乱の好きなお方である
午前11時
カーテンも閉めずに

尊厳てやつをおれによこしてくれ
そのティッシュ一枚
そうそれ が おれの

282 :曾村益廊:04/04/26 00:51 ID:OSL/SM2h
>>280
うん、確かに空回りだ。
向かうところに敵がいないんじゃあ寂しいなぁ。
4円。

>>281
奥さんは淫乱なんじゃなくて、淫乱好きだからなぁ。
ひっかかるなぁ。
奥さんに免じて20円。


283 :名前はいらない:04/04/26 01:04 ID:rNWnfVdY
 
   「うさんくさい」

   ひらいてもひらいても
   わからない心があるよ
   めくってもめくっても
   変わらないキャベツのようだ

   平日午前8時32分に
   横切る交差点をどう思うか
   どうでもいいと、なにも関係ないと
   いつもと変わらず通行人A

   ひらいてもひらいても
   わからない心があるよ
   歩行者信号が点滅している
   ここにいるよ、ここにいるよ
   僕がいるよ、ここにいるよ

   会いたいのは愛をくれる人だ
   恨みも妬みも消してくれる
   よくある文だ、叶うはずないな
   少しも変わらず通行人A

   めくってもめくっても
   続かない小説を読んだ
   歩行者信号がぼんやりしている
   ここにいるよ、ここにいるよ
   僕がいるよ、ここにいるよ
   ここにいるよ、ここにいるよ
   僕がいるよ、ここにいるよ
    

284 :曾村益廊:04/04/26 01:31 ID:OSL/SM2h
>>283
そんなに己の存在感を認めて欲しいのかー!
いいよ。
伍円あげよう、チョコを買いなさい。

285 :詩の虜姫:04/04/26 20:55 ID:jBfcVNaI
秘め事


知らないふりしてくれたっていいんじゃない?
   だって弟の秘め事だって知らないふりしてる
馬鹿な親たちはそこまでしりたいんかね?
       だれだって人間
秘め事のひとつやふたつもってるんじゃないの?

気持ちいいことしたっていいじゃない
                  女でいること
それって悪いことなの???

教えてよ?

そうして貴女も私をうんだでしょ?


286 :曾村益廊:04/04/27 16:38 ID:0wPcEhGz
>>285
私小説ならぬ私詩ですね。
こういうのって1つ見せられてもピンと来ない。
ダーッて日記みたいになって、始めて物語性を獲得するんじゃないのかな。
まあ個人の好きずきだろうけどね。
僕は私小説より他人の日記派、20円。


287 :名前はいらない:04/04/27 17:42 ID:q+gqXdIB

Back to you

カラスが鳴いたって帰れないのよ
どんなに暗くたって出られないのよ
この深い空間で
大好きなあなたはいない

声を出さなきゃ来てくれないのよ
想っていたって届かないのよ
この透明な空間で
どうかどうかむかえに来て

手を伸ばしても届かないのなら
名前を呼んで
背伸びしても触れられないのなら
踏み台がある
踏み台をもってくる力すら
もう残っていないのなら
きっときっとあなたを呼ぶから
もしこの声が届いたのなら
どうかどうかむかえに来て

カラスが鳴いたって帰れないのよ

あたしが求めなきゃ 何も始まらないの


288 :曾村益廊:04/04/28 01:43 ID:eCSxU1dO
いいかげんにしろよ。
くだらねえ詩ばかり投稿して来やがって。
あ、>>287個人の事じゃなくて、これまでの詩全体に言えることだから、気にしないで。
まあでもあんたの詩もくだらないことには変わりないんだけどさ。

なんでお前らはすぐ絶望とか恋とかをモチーフに選ぶわけ?
そういった普遍的なものをモチーフにするなら、
少なくとも今まで先達によって書かれてきた同じモチーフの作品を最低限読んでから書いてるんだろうな?
そこんとこ、もう一回お前らお得意の齟齬したほうがいいと思うぜ。

>>287の詩はゼロ円。


289 :手紙:04/04/28 02:53 ID:933wRaqI
ある日僕は恋をした
ある日僕は手紙を書いた
返事は遠く街へ消えた・・・
それはどうでもよかった
ある日また手紙を書いた
心の中で手紙を送った・・・
さよならと
僕は君じゃなく夢を追いかけると心に誓います
さよならと・・・・・

290 :柚木乃:04/04/28 14:11 ID:QXuiSn9V
【茜空舞う枯葉想う】

ちょうどその時
窓を開けたから
もうすっかり
茜空
あの青い季節は
とうに過ぎ去ったのだ

小さき影の その行方は
あの人の声で
カラス何故鳴くの…

だから
裏のお山の影を追う

この 茜空を
舞う枯れ葉を
目には映らぬ愛しさよ
どうぞ この胸へ舞い降りて
どうぞ あの人よ元気で居て

少し冷たきこの風よ
ちょうどその時
窓を開けたから
その流れる姿無き

ゆるやかに舞いたまえ
茜空へ


291 :詩の虜姫:04/04/28 14:11 ID:5F2rjCoR
まだいや!と
拒んだとたんに怒って帰った男性(ひと)
やりたいだけかよ?!

一人でつっこみ・・・

涙も出さずに汁だした。




前評価どもでした。
いやぁ〜〜狙うとだめっすね。
だから今回力いれずに作ってみました。
若干力抜きすぎのような気もするんですが・・・いかがでしょう?



292 :名前はいらない:04/04/28 14:21 ID:ONNZ+FLR
唇は色を失ってはいますが、ぷっくりとしていてやけに厭らしいと思います。
乾いた冷たさの唇を、ぼくは可愛いとさえ思うのです。
足が唇に吸い込まれていくのを、ぼくは抗えないでいます。
つま先をしゃぶられて、ふくらはぎを舐められ、太ももに舌が巻きつく。
お母さん、聞いてください、ぼくは食べられているのです。
ゆっくりと、体が飲み込まれていくのです。
舌に横たえられると、冷たさが鋭く、骨髄を貫くのです。
体が次第に沈んで、どこまでも沈んで、ぼくは悦びに震えるのです。

すっかり食べられてしまうと、ぼくは夢を泳ぎます。
お母さん、ここは、お母さんの中みたいです。
温かいのです。
柔らかいのです。
心地よいのです。
お母さん、ここが胃袋でも、子宮でも、どちらだって、ぼくは構わないのです。
翌朝お母さんに「おはよう」と言うことで、
毎晩布団に食べられていることを、ぼくは忘れるのですから。

293 :名前はいらない:04/04/28 16:16 ID:+rJfpCss
世界に私とあなたしか居なくなればいい
私とあなたふたりっきり
きっと話し相手いないなんて耐えられないよね
あなた 私を裏切ることはできなくなる
いい
いいな
いいなあ
ずっと
ずっと
ふたりっきり
絶対裏切られないから
安心していられる
素敵だな
いい
いいな
いいなあ
ずっとずっと
ふたりっきり
だあれもいないから
私は愛することしかしなくていい
なんて素敵なんだろう

294 :マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg :04/04/28 16:34 ID:gELiF3YM
「アイ・ドクター」

アイ アイ アイ
ドクタドクタドクタ
私の胸こがくるうしいのです

メイ メイ メイ
ドクタドクタドクタアア
あなたの胸にくすりつけたいのです

笹がかき消えて
竹藪意味をなくしたように
熊もでない白けたこの庭に
ドクタ
あなたが恋しいのです

ええ
ですのよ

やられてしまった視力は
熊の爪でないことだけ確かでした
見えすぎるものですのね
すべてが見えてしまっているのです
あなたの他は

ドクタ
私毒食った

ええ
ですわ

295 :名前はいらない:04/04/28 18:33 ID:s5wIX/vp
年老いて 
布団に横たわり
過ぎし日を思い出す

後悔なきよう
後悔なきよう

あの日僕にできたこと

あの一言を伝えていたら

年老いて
僕は布団に横たわり
君の両手を感じているのか・・・

瞳を閉じて 願わくは
僕が愛した全ての人よ
幸あれ
幸あれ

終焉の日に
後悔なきよう

296 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/04/28 23:25 ID:qwc3N9pL
シット! ポエム大会に間に合わなかったぜ
ムイシュキン値段つけてくれ

孤独ではない

お元気でしょうか?
と入ってもあなたは私の事を忘れてしまったのでしょうが
私はあなたのことしか好きになれないのです。
あなたと私は色彩の世界にいましたね。
今はもう抜けてしまいましたが、
プロヴァンスに思いをはせたし、
タヒチの海を夢見ました
でも遠い昔の事
私は色の無い世界にいますし、
あなたも多分そうでしょう。
嘘をついていました。
実は私はあなた以外にも好きな人がたくさん
いるのです。
それを思うと孤独ではない。
でも寂しいのです。
あなたの事が好きだったのはきっと
本当の事だったのですから。

297 :名前はいらない:04/04/29 00:52 ID:fSP5rqgi
君は出ていった
馬鹿でかいタンスを残して

君は 僕の心を傷つけ
タンスは 僕の行く手を遮り
何度も何度も 僕を傷つけた

変形した足の小指は
もう 元には戻らない


298 :名前はいらない:04/04/29 01:01 ID:C5DY4Zl7
君は出ていった
馬鹿でかいタンスを残して

君は 僕の心を傷つけ
タンスは 僕の行く手を遮り
何度も何度も 僕を傷つけた

変形した足の小指は
もう 元には戻らない


299 :名前はいらない:04/04/29 01:27 ID:glBTZrSn
交差する虹の線
あの向こうに君がいる
いつの間にか忘れていた君のバースデイ

自転車で坂道をくだるように過ぎてゆく日々
眺めた街並み ネオンの灯りを一人見てた

ポケットの中に君のぬくもり探しても
さまよう僕の手は寂しさだけをかきまわす

交差する虹の線
あの向こうに君がいる
いつの間にか忘れていた君のバースデイ

交差する人並みに
流されて立ち止まる
仰いだ青空 夢の形を思い出してみる


300 :もなこ:04/04/29 01:59 ID:kKJysCxp
僕らはみんな作りもの シリコンとプラスチックから生まれてきた
地下鉄に乗ってやってくる 僕らは取り替えの利く代用品
あそこの子供の首が取れていた
関節がきしんでる
灰色の雨が肩を濡らしてる
僕たちは自らを作ってる
柔らかな皮膚もその体温も全ては疑似感覚だってことに
視界がだんだんとぼやけてきた ピントがあわなくなってきた
トンネルの奥から新しいやつがぼんやりとやってくる
そいつは僕を放り捨てて僕のいた場所におさまるんだ
終わりのない高層ビル
僕らはシリコンとプラスチックから生まれてくるんだ 僕たちみんな代用品 取り替えの利く再生品


301 :よいどれ:04/04/29 02:05 ID:VdghtmFY
「忘れたいスレタイ」

俺が詩板を開く度
いつもドキっとさせられる
今まで何故だかわからなかった
やっと気付いたその理由

「創作詩評価」

ボケっと見てると見えてくる
こんなとこにもサブリミナル


そうか、そうだったのか…orz
明日は代々木か信濃町…orz

302 :Yui ◆EVGnqD7ryo :04/04/29 02:49 ID:MTrHHdX4
この間は評価ありがとうございました。自分でも読み返して、あたしホント馬鹿だなとw
今回もお願いします。

ほつれ始めた糸は
いつかもとに戻るの?
何も知らなかった
わかったつもりでいた今はもう
身動きがとれない
変に動けばより開いていく
これならいっそ
ほどける前に
切ってしまおうか…

303 :曾村益廊:04/04/30 18:07 ID:4hu2K8wB
>>289
がんばってください。
3円。

>>290
言いたい事と、言葉遊びが上手く融合していません。
二つの要素が乖離し合っているので読んでいて白けてしまいます。
5円。

>>291
悪くないと思います、良くもないですが。
まだまだ遊び慣れていない感まる出しで恥ずかしさが伝わってきます。
4円。

>>292
うん、巧い、読ませ上手だ。
2、3鼻に付く表現はあるものの、それを覆うだけのイメージの力を持っている。
1,300円

>>293
「いい、いいな、いいなあ」の表現に可能性を感じる。
次回はもう少しテーマで遊んでみては?
1,000円

>>294
いいね。
散漫で浅薄な言葉の羅列は、言葉を記号化している意味でも美しい。
内容を感じさせない文章に好感を持つ。
1,500円

304 :曾村益廊:04/04/30 18:18 ID:4hu2K8wB
>>295
まあ、全然良くないね。
悔いなき人生を。
0円

>>296
ずいぶん調子のいい野郎だな。
詩はくずだ。
0円。

>>297
いい。
その一言だけしか思いつかない。
1,000円

>>299
鬱陶しい。
梅雨か?
20円

>>300
もう少しがんばりましょう。
島田雅彦でも読みなさい。
300円

>>301
うん。
0円


305 :曾村益廊:04/04/30 18:31 ID:4hu2K8wB
>>302
普通に読むとひどいが、縦読みするとなかなか面白い。
通ぶった口調も身に着けるとなおいっそう世界は開けるだろう。
におい立つものを持つにはもう少し経験が必要だ。
読者を引き付ける独自のボキャブラリーが今後の課題。
むりせず、ゆっくり、力をつけていけばいい。
とにかく、焦らないことだ。
面の皮を厚くする必要はないが、厚顔無恥も詩には必要な要素。
白けさせない言い回しや、言語世界の構築も勉強すること。
くるしみや、ねたみ、そねみといった負の要素だけでなく、
ないがしろにされがちな、希望をもっと盛り込むことで、
いままでとは違った世界が開けるだろう。
0円


306 :よいどれ:04/04/30 18:55 ID:U7nuujtn
>>304
0円評価ありがとうございました。
「むしゃくしゃしてやった」
0円でなんか買ってきます。


307 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/04/30 22:18 ID:c/aL3WLP
ムイシュキンこいつはどうだ?

わたしはまったくの無から歌をつくろう、
わたしの事を歌うのでも、他のものを歌うのでもなく、
愛でもなければ、若さでも、
いかなるものについての歌でもない。
それはわたしが車に乗りながら、
眠っていたときにひらめいた。

308 :ほげー:04/04/30 22:28 ID:Xt06Al0h
空はいつまでも晴れることはない
いつまでも続く雨
水溜りに映る雲
部屋の中のもやもやはもう一杯
誰かが窓を開け放した
そこにいたはずの影
床一面にちらばってる手紙
全部に「愛してる」って書いてた
ガラス窓に映る顔
多分僕の顔じゃない
どこかに雷が落ちた音
雨はいつまでも降り続ける


309 :柚木乃:04/04/30 23:57 ID:yaQFXB0c
「尋常ヂヤナイ」
「サナトリウム行ツテ来ヌカイ」
煩かつた栽培教師の戯言
見つかつてしまつたら/まう隠し様も無いぢやない?
巧い事滑り込むだ学舎は曚
誰も彼も同じ形してゐるね/全部均等さ
煩はしい彼れつてなあに?/光速で走る次世代の俥

もんどり打つて/今こそ滑つて来ぬかい
も少ししたら又復活するさと
嘘吐いてしまつた妾が愚かしい
閉じた扉に意味は無いけど/軽く見栄張つて置かう哉
さうやつて考え出したら止まらないし
楽しめない理由何て見つかりつこ無い
諦めた背後で声が聞こえるよ
「まう良いかい?」/「まあだだよ」
其れに興じたい。

310 :名前はいらない:04/05/01 00:40 ID:7g+aCHal
もし、誰かが

俺に何でもいいから望みを一つだけ、叶えさせてくれるって言ったら、


まぁ俺は叶えられる望みを2つにしてくれ、て言うね。


その後で、


俺は全部消してくれ、ていう。



全部だ。



オール。


漕ぐやつじゃなくて。



お前らには想像もできないところで、俺は世界と拮抗している。

311 :名前はいらない:04/05/01 04:09 ID:CELaUbK3
ネズミたちが遊んでる
ベッドの下で光ってる
影の奥で泣いてる目
誰も見てない
誰にも聞こえない
冷蔵庫がうなってる
蛇口から漏れている
そこに立って泣いている
どこにもいないのに
どこかで人が死んでいる
僕はそこにいない
乾いた風景
誰かの涙が流れてる
匂いのしない花が咲いている
見たこともない色
遠くで旗が燃えている
コップの底でしゃべってる
なにかがそこにいる
すみっこにしゃがんでる
どこにもいないのに

312 :名前はいらない:04/05/01 12:02 ID:gg6Yx5ox
ヘッドフォンのノイズを手の中に握り

凍えた喉の奥で朝を嘲笑する

爪の一枚一枚に符を書き込みながら

薄い白紙を撫でるように遊ばせる

片頬にだけ冷たい涙を垂らしながら

歌詞の意味すら知らずに夜明けを迎える

313 :曾村益廊:04/05/01 12:39 ID:H7/q1Ljn
>>307
全然駄目。
才能ない。
0円

>>308
悪くはない。
言葉のチョイスやボキャブラリーの不足、
稚拙な文章表現など、数え上げたらきりがない欠点が在る。
しかし、センスはなくは、ない。
200円

>>309
だめ。
力不足のくせに遊び過ぎ。
50円

>>310
気持ち悪いナルシスト。
20円

>>311
悪くない。
しかしまだまだ成長できる可能性は多分にある。
なにが重要か、それを考えること。
400円

>>312
自己陶酔は気持ち悪い。
美しくもないくせに着飾るな。
1円

314 :17歳浪人:04/05/01 16:55 ID:1RF/1Tav
ここからサキに進むとき
手を離してはいけませんね
あなたとあなたで進むなら

一人で行くなら
行きたいならバ
頭を半回転してシェイクしながら
ゴベニアの花びらを口に一杯詰めて
振袖を着て長靴を履いて
緑色の液体を撒き散らして
それから進むと良いです

行きたくないヒト
木の皮のめくれあがった所に
水平線と地平線がひょっこり顔出してるのが
見えねぇダボは
一生オナニーしてろブタ
どっちかを選ぶなんて事は贅沢すぎるから
毎日歯と眼鏡だけは磨きましょうネ

315 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/05/01 17:05 ID:Asp+tWtw
>>313
あはははは
相変わらずのムイシュキンだな
トルバドゥールの元祖の詩を剽窃してやったら、
才能無いだとさ。
宮廷内で笑われ者になるの道化がお前の前世だろう?
かわいいムイシュキン

316 :名前はいらない:04/05/01 17:25 ID:bgsuA8mG
>>315
昔優れていた作品が今優れているとは限らない。
少なくとも評者である彼にはそう思えたのだから、剽窃する対象を選択した
者は認識を改めなおしてみる事も選択肢に入れてみるか、もしくは感想など
求めなければいいのだ。

317 :名前はいらない:04/05/01 17:31 ID:2p3nYRQc
>>315

愚か

318 :幻想楽団:04/05/01 19:12 ID:gg6Yx5ox
静かなる幕開け
白じむ空に瞬く星々の欠片
世界の胸はまだ冷たく凍り
誰人がかざす焚き火は存在しない

指先の合図とともにまるで生命のように
緑の粒状の光たちが虫のように
私の左手を包み出す
それはまさに そう覚醒のように
あるいは騒々しい朝焼けの動き
無限に等しいこの言葉の暗号を解読せよ
誰人もこの朝陽を待ちはしないぞ
ここにあるものだけで何とかしなければならないのなら

詩をいざ紡ぎ出せ

虹色の貝殻を拾い 耳に当てるのもいいだろう
遠く潮騒の響きとともに微かな音色も聞こえてくる
それこそお前をただ一つのものへと導く三部作
砂浜の黄金にも触れるといい
霧のように現れた楽団はたちまちの内にそれぞれの得意とする楽器や
その美声を持って陽気に破裂の目覚めのように演奏を始める

留める壁 未来の予感 光の御劔

海という海たちが互いにひしめき合ってこの偉大なる瞬間を見守っている
あの杖を手にとってこの導の上を歩くがいい
時間は諸人を待ちはしない
我々は悠久の最中

あなたが
この三部作を完成させよ

319 :名前はいらない:04/05/01 19:15 ID:yxjHsUei
左後頭部に詰まったものを常に気にして
言葉も視線も身ごなしも
様式どおり
女は不思議についてくる
目的は道徳観念を低下させるのか?
二人の女がおれを通過する
おれはすぐに彼女らを忘れる
考える
ビルから飛び下りるようにことはすまい 決して

320 :319:04/05/01 19:19 ID:yxjHsUei
最終行マチガエタ。「飛び下りるように」→「飛び下りるような」スマン。

321 :曾村益廊:04/05/01 21:10 ID:GZ4j7+Yn
>>314
散漫とし過ぎてる。
もっと出汁を煮詰めて。
30円

>>318
偉大な作品です。
大きすぎて溢れ出さんばかりです。
14円

>>319
まあまあかな。
テーマが普通だから、もう少し文章に面白みを持たせるとよかったかも。
300円


322 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/01 21:59 ID:HksIyiLC
>>315
おまえみたいな最もなアホは初めて見た。
どんな詩でも歌でもおまえが書いたなら、これからはカス以下だ。
取って借りてきた他人の言葉をわざわざ晒して(その意味さえ知れず)
で、おまえ自身の言葉っちゅうのが

>あはははは
相変わらずのムイシュキンだな

これか?

嫉妬するにもほどがある。これじゃまるでお笑いお岩さんじゃん!
皿かぞえるかぁ?自分の足りない器の分を。女々しい腐った根性の分を。

323 :名前はいらない:04/05/01 22:00 ID:FDkhNrrr
雨の降る日は
僕チンコです


324 :名前はいらない:04/05/01 22:06 ID:3pffYlag
静かな会社の帰り道、頭の上から声をかけられた

「ちょっと待てよ、もうちょっとだけ、じぃーっくりと
 俺を眺めてみても、悪くないんじゃないかい
 見間違っている可能性がある
 認識の違いの見誤りってこともある
 それを、考えたことはあるかい

 ―信号に声をかけられたのは初めてだ

「よく見ろよ、本当に青かい
 赤だったら大変だ、誤るなよ
 いいからよく聞け
 その青はお前だけが見えてる青かもしれない
 逆もある
 よく考えろ、青でも止まったっていいんだぜ
 俺がただ、気まぐれで色を変えてるだけかもしれない

 ―ああ、よーくわかっている 今は青だ、痛いほどの青だ 渡らせてもらうよ

「渡るなら渡ればいい
 けれど、最後に一つだけ言わせてもらう
 信号は俺だけじゃない
 道は他にもいっぱいあるのだ

 ここが本当に、お前の道なのか

325 :ハナミズキ:04/05/01 23:15 ID:oh0Xr2Pq
君が横にいることが
こんなにも自然になっています
君がいることが
こんなにも僕を笑顔にします

ビルの上から見下ろす景色
流れる車
せわしく流れる時の中で
目を閉じて
口付け交わす
キミと僕

 次はいつ逢えるかな?

その言葉に僕はあせる
まだもう少しここにいて
声に出せない想いは
君の手を握り締める

温かな君の手
せめて僕の手が温まるまで

326 :名前はいらない:04/05/01 23:19 ID:UUJQaAZe
今日 君が家に来た
勇気を出して
電話で告白したから

始めて君に振れた時
弱々しくブルブルと震えている
優しく触ると 君の震えは止まった

新しい電池に替えると
ギュイーン ギュイーンと
君は元気良く動き始める

長い付き合いになりそうだ


327 :曾村益廊:04/05/01 23:24 ID:6qFvBVfp
>>323
おしい!
僕「はorが」チンコです
だったら、100万円はいったね。
10,000円

>>324
体育会系の先輩っぽいね、言うことが。
暑苦しいし、説教臭いよ。
先輩、110円では缶ジュースは買えないんですが…。


328 :曾村益廊:04/05/01 23:29 ID:6qFvBVfp
>>325
なに?君たちはセンチメンタルな自分に酔ってるの?
もういいよ、こんな類いのはさぁ…。
生きざまに魅力のない人間の『(私)詩』なんてまったくよくねえよ!
0円

>>326
ミニ四駆かバイブレーターだな。
まあどっちにしろ、電池が新しいうちは、恋も機械も調子がいいもんさ。
長くはないと思うけど。
800円


329 :名前はいらない:04/05/02 01:18 ID:BEMt4xaN
「岐路」

時に人は岐路に立ち
時に人は岐路で思う

岐路に立つ時 人は願う 明日の輝きを
岐路に立つ時 人は悔やむ 昨日までの行いを

誰かが言う 悔やめば 人は成長す 悔やまねば 人は反省しない 
反省するから 成長す

明日の輝きは 昨日の悔やみからくる反省の克服
明日の輝きは これまでの自分を進歩させる事から始まる
昨日の自分に目を背けるなんてやめよう

そこには輝きへのヒントが一杯詰まっているから
昨日の自分を嫌いになるなんてやめよう
それまでのどうしようも無い自分が明日の輝きを想像させるから

岐路に立つ時 人は思う 今度は違う方向へと・・・・

ネット上にありました
僕は良いと思うのですけど。



330 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/02 01:22 ID:oWVgOJg9



わーい俺は海だー!!

331 :ねこいるか@チチカイリュー:04/05/02 01:26 ID:wwJxbx+9
ますむらさん(でほんとにあってたのかな!?)お願いします。
他スレ「香り」というテーマに投稿しようとして間に合いませんでした
た、た、、タマヒメデンッ! ポ(*-ω-)つヒュー、、ン・、。
<

332 :ねこいるか@チチカイリュー:04/05/02 01:27 ID:wwJxbx+9
命の咲く春の道で>
桜の舞い降りていった花壇からも
また違った春の花が もう 
咲いている 
帰り道で、いつも寝そべっている犬に
立ち止まって見つめれば
立ち上がり、近寄って来ては、同じように見つめ
少し鼻を動かし、匂いをかいだ
それきりまた寝そべる利口な犬よ
どうだい
私に花は咲いていたかい

けしてむやみに吠えたりせず、
くっ と常に眼をひらけている
利口な犬よ
私はもしうまれかわれるとするのなら
猫かイルカになろうと決めてはいたのだが
おまえを見て、おまえに見つめられて
犬になれるとするならそれもいいかと思っているのだ

今日が善い日であるよう生きよう
明日は、明日も善い日であるよう生きよう
出来る限りに涙は流さず
出来る限りに明るい笑顔で
私という季節がいつか終わり、その選択を迫られたときに
もしも水の足りぬことのないよう そして
もしも陽の足りぬことのないよう またそして
いくらかの肥やしに恵まれているよう
春にはまた、たくさんの花が咲くことを祈りながら
また今日を生きていこうと思う

333 :名前はいらない:04/05/02 01:34 ID:FUJ658ld
小麦色に焼けた君

 いただきます

334 :名前はいらない:04/05/02 01:45 ID:YUofuf0m
「春夜」

夜空を見上げよう
まだみぬ嘆きを嘆こう
歌は雲のようにちぎれてゆく
ことし生まれた猫と
バンパーの下で話そう
やがて来る夏の光のことを


335 :自動筆記:04/05/02 02:30 ID:+C07JVBS
こごみこごみはちくのさんざし
しにたいやからはむこうごころで
とんでもはっぷんあるきゃびいふん
よめにいくのはてがるかつがるか
はるばるはるかりにじますおよげ
よいちもさむいころあいないで
まいしんまいしんぜんしんれん
ぜんがくれんしゅうごうもたがわず

#ぴいえす#
ますむらせんせいよろしくおねがいします


336 :17歳浪人:04/05/02 02:41 ID:7jVLeKAA
>>331
>>335

ストカだから代わりに答えるけども、
「ひ(い)むらますろう」さんですよ。
ますむらと読んでしまうなんて不思議なもんですね
日向ぼっこすると、頭冷えて、良い塩梅ですよ。

337 :名前はいらない:04/05/02 02:41 ID:e2b7uVHm
風の強い日も
僕はチンコです

338 :長い詩が書けないのです:04/05/02 02:50 ID:+C07JVBS
どうでもいいことを
書かないでみると
短い詩しか書けないのです

よくないと思います

339 :名前はいらない:04/05/02 02:52 ID:+C07JVBS
>>336
ご指摘ありがとうございました。

ではあらためて

ひいむらせんせいよろしくおねがいします


340 :名前はいらない:04/05/02 02:54 ID:+C07JVBS
>>335
>>339

おぁ、今気付きました。IDがVBSてなんだか……。

341 :Yui ◆EVGnqD7ryo :04/05/02 03:14 ID:FKWj20Mq
この間はありがとうございました。今回は特に考え込まずに浮かんだままに書いてみました。

おい犬、
お前は何を考えてるんだ?
離れ離れになった家族のことか?今の飼い主のことか?それとも今日の晩飯のことか?
おい少年、
お前は何を考えてるんだ?
自分の将来への不安か?昨日の自分への後悔か?それとも希望に満ち溢れた未来のことか?

342 :SP:04/05/02 03:40 ID:1PlP2eVO
表通りを外れた小道の
街頭がいやに明るい
今宵の別れを惜しむことなく
僕らを照らす
星の見えない夜空には
ニヤけた三日月だけが眩しい
今宵も別れを告げるべく
タバコの煙が
すり抜ける
別に何かしてほしいんじゃない
君と一緒にいたいだけ
「マタアシタ」のフレーズが
今の僕には淋しすぎる
何かしてほしいんじゃない
ただ君と一緒にいたいだけ
ただ 君の傍にいたいだけ

343 :曾村益廊:04/05/02 09:19 ID:w56+6QgK
>>329
途中で2回、読むのを止めようと思った。
最後まで読むとそんなに酷くはなかった。
説教節を軽やかにする最後の行。
これに免じて、300円

>>330
笑わせてくれるじゃん。
少しだけまいったよ。
500円

>>332
>犬になれるとするなら...
で終わっていれば恰好良かったのに残念だ。
詩自体はそんなに悪くない。
言葉の言い回しや文体の流れを大切にしていて初々しいさと好感を感じる。
こんな感じで進めばいいんじゃない。
なんとなく手にとった本が1,000円(税)だったら買うかもしれない。

>>333
うん、ダメ。
小麦色の日本人は頭悪そうに見える。
0円

344 :曾村益廊:04/05/02 09:27 ID:w56+6QgK
>>334
うーん、悪かないんだけどなー…。
いまいちクるもんがないんだよな。
固まってねーからだな、チンコも詩も固めてから出直しなさい。
20円

>>335
自動筆記って書いてあるんだからそうなんだろう。
言葉ひとつひとつは悪くないが、全体に内包された時にまったく効果を失ってる。
(男らしく)嫁に来ないか!って言ったら、キモイってフラれた男のポケットには42円

>>337
なんだよ。
0円

>>338
いい!
これぞ詩です!
簡潔明瞭、日常を生きている。
30,000えん♪

345 :曾村益廊:04/05/02 09:32 ID:w56+6QgK
>>341
だからなんだよ。
続きが重要なんだよ。
ここに書かれてる前戯G(自慰)の部分はいらねえよ。
ただでヤラせてもらうのもなんかアレだから、とりあえず3円。

>>342
めんどくさい。
読むのも考えるのも、見る事も。
10円。


346 :日雇いくん ◆HIyaTOiQcI :04/05/02 10:07 ID:+C07JVBS
>>344
ありがとうございます。 >>335 >>338 は自作です。
3作品合わせて1000円以上にならないやつと言われなくてホッとしました。
やっぱり思ったことを素直に書く方がいいみたいですね。
そうだ、素直がいちばんだ。うん。
忘れていた事を気付かせていただきました。重ねてありがとうございました。

347 : ◆DQN/B4pdlU :04/05/02 10:22 ID:7jVLeKAA
これがナマだったのか。よしもう一度。

348 :名前はいらない:04/05/02 10:39 ID:cVqN2VPh
   話しづらい言葉なら
   背中向けて話して
   無口すぎる夏が過ぎ
   心変わり知らせた
   少しだけサンセット
   離れるシルエット
   暮れなずむ愛は
   さよなら
   白い貝のブローチは
   似合わないわ秋風

   目立たなくて地味な娘を
   変えた人はあなたよ
   ハイビスカス髪にさし
   今日は逢いに来たのに
   泣き顔はサンセット
   突然シルエット
   何もかもこれで
   終わりね
   海の見える国道で
   逃げるように別れた

   少しだけサンセット
   離れるシルエット
   銀色の時が
   哀しい
   白い貝のブローチを
   海に捨てて泣いたの・・・

349 :名前はいらない:04/05/02 12:37 ID:e2b7uVHm
自分で選んだチンコじゃないけど
結局のところ
小さなチンコを誇りに思っている
僕のチンコ 僕だけのチンコ

350 :くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE :04/05/02 13:57 ID:SXQhjqqw
>>316>>317>>322
愚かだな。評価されるなら、その腕を知りたいと思うのが
当然の感情ではないか。
それがこの始末と言うわけだ。
まあ、ムイシュキンの詩でもありがたがって読んでいるがいい。
素晴らしい。嫉妬するよ。君たちは素晴らしい人間だ。

351 :ほげげ:04/05/02 20:10 ID:7F9oRWhm
もう意味はなくなった
悪魔が泣いている
いつまでも終わらない
何も書いてない標識が続いてる

352 :曾村益廊:04/05/02 22:20 ID:iSAXJWa1
>>348
ねらってるんだろ。
面白く、ねえ。
0円

>>349
ふーん。
0円

あっそ。
0円


353 :曾村益廊:04/05/02 22:21 ID:iSAXJWa1
>>352における、最後の鑑定は、>>351に対してです、と。
失礼をば。

354 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/03 00:47 ID:UxHWMmJB
>>350
おまえはなんにもわかってない

355 :曾村益廊:04/05/03 10:09 ID:emMmh9jz
> くろしろ@社会学白痴断見教教祖 ◆oP1E0fjvmE へ

−君にこの言葉を贈る−

内容とは何ものかの片鱗であり、束の間の出会いにすぎない。
ちっぽけな、まことにちっぽけな代物だ−内容というやつは。
 −ウィレム・デ・クーニング、あるインタビューより。

浅薄な人間に限って、自分は外見によって判断しないなどと言う。
世界の神秘は目に見えぬものではなく、目に見えるもののなかにある。
 −オスカー・ワイルド、ある手紙より。

君はもう少し生長すべきだ。
たまねぎからっきょうの様に。
 −曾村益廊、今偶然思いついた一言より。

356 :シフレディ ◆lGElFePT7. :04/05/03 14:36 ID:MRBczFQz
>>355 稚拙杉。
0円

357 :曾村益廊:04/05/03 18:42 ID:71sJXrY9
>>356
鑑定してもらって悪いが、>>355は詩ではないよ。
いい加減、「しろくろ...」にうんざりしていたので彼に手紙を書いただけだ。
まあ稚拙と思うのは君の勝手なのでどうぞご自由に。

358 :シフレディ ◆lGElFePT7. :04/05/03 20:29 ID:MRBczFQz
つうか、教養の無いお前に他人の鑑定なんて無理な話だわなwW

359 :cie ◆ow1oBFc37U :04/05/03 20:37 ID:vMzWtc3C
↑これが悪人ね。ネタにするならどうぞ。

>>シフレディ
やめときなよ。君がどう思っても曾村益廊は面白いよ。


ねぇ、
でも、こんなのやってて面白い?趣味の違いかなー。

360 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/05/03 21:30 ID:8XvSQ6uH
「ドミソdeわかりやした」

ドからはじまる わかりやした
ミからはじまる わかりやした
ソからはじまる わかりやした
いっせいのーで わかりやした



361 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/05/03 21:35 ID:8XvSQ6uH
訂正。
いっせいのーで×
和音で○

362 :名前はいらない:04/05/03 21:36 ID:4AG3ELlp
「想いは無しに」

触れてみる?
心の扉

触ってみる?
心の隙間

あなたが一つの鍵で 私が鍵の空いた扉
触れるのはあなたの吐息。
触ってるのは私の乳房。

激しい嘔吐感にも似た
この焦燥

味の無いステーキを食べた様。
ただ欲という腹を満たすだけの食事。


363 :曾村益廊:04/05/04 01:39 ID:zbm0cq21
>>360-361
訂正しようがしまいが、ぜんぜん面白くない。
発想はまあまあだけど。
ギザギザのついた30円。

>>362
きっついなぁ、露出狂のナルシストじゃん。
まあ、ステーキ食い過ぎて消化不良をおこさないよう気をつけて。
胃薬代の足しとして4円。



364 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/05/04 03:23 ID:0Xn4HD5k
>>363
ありがとう!
無理したのがバレバレだったか。。。

365 :名前はいらない:04/05/04 12:52 ID:YpjYWY6W
この曾村益廊っつう人ゴールデンウィーク中毎日いるんだね
すごいね

366 :名前はいらない:04/05/05 00:35 ID:dniUCpmh
つうか、村チャンぬるぽ

367 :名前はいらない:04/05/05 01:01 ID:1Gx4DvFp
曾村益廊ってのはコテハンじゃないんだよ
ホントだよ
だっておれ見たんだもん
アイツのアレが
次の日には棒になってたのを

368 :曾村益廊:04/05/05 10:11 ID:T1SLKyQf
>>367
曾村益廊はコテハンだよ。
俺は曾村益廊だよ。
曾村益廊は俺だよ。
お前は曾村益廊じゃないよ。
俺の棒は今では木枯らしになってるよ。


369 :名前はいらない:04/05/05 11:58 ID:8L+CV6i6
>>368

0円

370 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/05 20:23 ID:N9gR6UeS
この道は嘘だ
へし折られた枯草のてっぺんで
てんとう虫が轟音をたてて羽根を広げる

お嬢さん 握り潰した左手の
血へどをごらんなさい

私がこうして殺し続けた
ホルマリンに漬けられていく
君達 ほこりに煙るサンプルの目玉

斜めに その歩みを止めてはいけない
どうしてお嬢さん この平穏な日々に
キスをを叩き割るのだ




371 :名前はいらない:04/05/05 21:02 ID:ZbJtW2c0
お前の武器は何だ!
さっさとそれを取れ!
最速で!
笑うことか笑うことが武器なら笑え!
大食が武器なら食え!
死に物狂いで!
眠れ!買え!吐け!白旗を振れ!
世界は狭くて深いぞ覚悟しろ!
慌てて生きろ!
信じるなわかったか!

372 :曾村益廊:04/05/05 23:15 ID:lghWsJb6
>>370
確実に北の詩は変わってきてる。
以前の様に直接ぶつかっていくわけではなく、
半歩ひいたスタンスから書いてるように思う。
よい感じだ。
700艶。

>>371
勢いはいいけど浅いなぁ。
ま、今後だな。
300円。


373 :名前はいらない:04/05/06 05:48 ID:tMXtI36k
姉さんが
改造人間になった

少しづつ
増え始めた髪の毛が
怪し過ぎる父に
似ていた姉さん

今は 母親似の姉さん

374 :曾村益廊:04/05/06 12:14 ID:ARxSUdvJ
>>373
いいぞ。
面白いぞ。
姉さんはたぶん、キャシャーンだね。
でも、850円。


375 :詩の虜姫:04/05/06 22:45 ID:UzlDs0/o
もうちょっと


ん・・・んむ・・むむむ
もうちょっと
もうちょっとなんだ

あと少し
あと少しなんだ

背伸びしたら届きそう
本棚の最上階

それは数年前までかなわぬ夢

それは成長の証し?!

376 :SP:04/05/06 22:50 ID:h00Rp4cC
独りぽっち

独りぽっちって、響きが
さびしいよなぁ
寂しさを増すよなぁ
商品いっぱい持ってレジ並んで
お金が足りなかった時の寂しさに
似てるよな
似てないね
独りぽっち
寂しいぜ

377 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/06 23:35 ID:h28B1x7O
世界の終わりに


ひとりとり残されたイグアナが
ただ何食わぬ顔をしている

他の奴等が心を偽ったのだ
だから真実の光に焼き殺された

だんだんと巨大化してゆく
太陽に未だイグアナは気付かないで居る

宇宙の果てから
メラメラと地面から燃え盛るその炎にも

イグアナは無知だった
それゆえに焼けるものが何もなかった

からだは炭化してぽろぽろと
剥がれ落ちていくとも

イグアナは炎に包まれながら
実に暖かそうだ



378 :曾村益廊:04/05/07 00:14 ID:3RL9zW93
>>375
だめだな。
思いつきで書くのはいいが、嘘はヤメロ。
20円

>>376
弱いな。
考えながら書くのはいいが、嘘はヤメロ。
20円

>>377
だんだん自分から言葉が離れていくんだろう?
お前の言葉はお前から消えかかってるよ。
遠くにある焔か、近くの影か。
そのどちらを取っても、お前には何も残らない。
100円


379 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/07 02:44 ID:eE34w3JD
三寸


竹ざおはいつも見切りの三寸で、
高原は名無しの案山子が立っている。

雲は有名どころのおぼっちゃま。
肌切る風を、ここぞとばかりに見下ろした。

愛想笑いに小便の切れも悪くなり、
逝きつく女郎の座布団の、上で果てたか富士山も、

逆さに映った湖面には、我が夢な詩屋六兵衛、三面鏡。



380 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/07 02:51 ID:eE34w3JD
>>377
僕はそんなに純情じゃないぞ!

381 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/07 02:52 ID:eE34w3JD
あ、>>378だった。

382 :たこ七郎 ◆sJRfx0tR5Q :04/05/07 07:18 ID:V0u1Uud3
一回ぐらい遊びたい
王様気分で遊びたい

383 :曾村益廊:04/05/07 08:56 ID:cvyJMtEA
>>379
いや〜ん、よくないわ。
どうしたのかしら?
あら、毛、はみ出てるわよ。
40円。

>>382
遊べ!
君の血決金を使ってパーッと遊べ!
自分で使わず人にふるまうのもいい!
もうすぐ死ぬんだから。
20円以下。

384 :タコ七郎 ◆sJRfx0tR5Q :04/05/07 09:11 ID:V0u1Uud3
オレの名前は貧乏
あげるものが何もない
珍しいだけ
赤いご飯は目出たいな
デカイ面して貧乏
辺り構わず貧乏
自慢したって彼女がいない
口では言っても働く気もない
歯医者に行けない
薬じゃもたない
家賃払うの大嫌い

オレの名前は貧乏
相変わらず貧乏
汚い、醜い、暗い
ずるい、危ない、頭が悪い
毎日ブラブラしながら
幸せになりたいな
だけど貧乏
無理を承知の貧乏
同情なんて要らない
残酷なほど貧乏
歳を取るだけ
むしり取るなよ
オレの唐揚げ

385 :曾村益廊:04/05/07 09:35 ID:cvyJMtEA
>>384
センスはいいけど表現がまだ稚拙。
醜さや汚らしさ、美しいさなどをその言葉を使わずに表現できるようになると良い。
アイデアはいいよ。
100円

386 :名前はいらない:04/05/07 14:23 ID:Swkw0tGF
私を底辺として。
幾人ものおんなが通過していく
たまに立ち止まることもある
輪郭が歪んでゆく、
私は腐敗していく。
きれいな空だ
見たこともない青空だ
涙は蒸発し、
雲に成り
我々を溶かす酸性雨と成る
はじまりから終わりまで
首尾一貫している
私は腐敗していく。
どろどろになる
悪臭漂い
君の堆肥となる
君は私を底辺として。
育っていく
そっと太陽に手を伸ばす
腕、崩れる

387 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/05/07 16:40 ID:86BS7Kgu
ひいむらさんて読むんでしたんですね!
間違えててゴメソなさい! で 前回は評価ありがとうございます(遅くなりましたが)
0円が飛び交う中で税込み1000円分も読み解いていただけて嬉しかったです
で、いつもポエム大会用に毎回練ってはみるんですが、
どうもあすこは進行が速くて間に合いませんのですよ
せめて「鑑定君」の中の人に評価していただければ、この詩も報われますので、
また置いてきますね。よろしくお願いします

388 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/05/07 16:42 ID:86BS7Kgu
<マイゴボシ>
今夜は空へのぼろうか
流れ星の尻尾 雲にひっかかって
あのこの願いごと叶わないから

幼さを隠し 誰もが自分を騙してきたね
あたりまえの幸せあてつけられ
瞳の奥に 夢 閉じ込めてきたね
闇に消えるはレーサー、アイドル、四番打者
消えたい月も光に飽いて
ずっと眩んでる

ぼくだけは知ってるんだ
その瞳の向こう
もうひとりのきみがいること
さぁ
いっしょに空へのぼろうか
いつかの流れ星 みごと救い出して
あのこの願いごと叶えるために

ほんとうは知ってるんだ
夢を捨てない限り
物語の主役なんだって
さぁ
みんなで空へのぼろうか
いつかの流れ星 みごと救い出して
あのこの願いごと叶えるために

/ここまでやっちゃうと、やっぱダメかなー? て思ってるんですが、
 自分では心地好いカンジです。ヌメヌメしちゃってますかね?

389 :タコ七郎 ◆sJRfx0tR5Q :04/05/07 17:46 ID:V0u1Uud3
愛する頭はカラッポ
相手にされない不細工
一方通行の逆恨み
嘘をつけない馬鹿正直さで
勝手に生きてる自閉症
雨の降る日は何処へも出掛けず出会系
携帯開いて薄笑い
とっても素敵な愛を見つけるよ
顔が無いから不思議な気分
今日は返事が来るかな
サブアドNo.072−BUSAIKU
誰か返事ちょうだい

愛する頭はカラッポ
一発勝負のラブコール
上手く行ったらこれ見よがしに
遠慮を知らない不細工
携帯開いて薄笑い
サブアドNo.072−BUSAIKU
気が付けば迷惑メールの嵐
お願い、誰か僕に紹介してよ
エッチ好きな娘がイイな

390 :詩の虜姫:04/05/07 18:15 ID:h6mLc9Vm
最後の・・・・・・

スカートのチャックが閉まらない ウエストキューキュー鳴いてる。
昨日食べたハンバーガー きっとやつの仕業に違いない。

鏡で自分を映し出し ぷくりと出たお腹掴んでみる。

嫌悪と後悔のかたまり。

明日から、うん、明日からダイエット頑張ろう。
 
だからこれが最後のひとくちだ



これこそ真実!嘘偽りのナイ詩です。
女性なら誰でも一度はあるはずw
 

391 :曾村益廊:04/05/07 18:19 ID:f0mbv0u/
>>387
うん、いいよ。

>>388
ヌメヌメはしてないよ。
これが心地いいなら、続けたほうがいいよ。
俺は二回裏の表で打順は5番が好きだよ。
星の王子様も変化球には慣れてなかったよ。
君は猫なのか海豚なのかはっきりしろよ。
評価額は2割5分5厘だよ。

>>389
だめだ!
君は思いつきで書くと面白くないんだ!
もっと熟考しなさい!
なんとなく思い浮かんだ言葉を脚色したってちっとも子供なんか出来やしないぞ!
増えては減っていくように!
気持ちが悪いなら5円でもイイからね。


392 :曾村益廊:04/05/07 18:24 ID:f0mbv0u/
>>390
真実がすべて良いとは限らない見本のような詩ですね。
いくら腹の肉を掴まえたところで、愛する上司は振り向きません。
そんな事よりその肉を使ったエロ仕掛けでパックン×2するほうがよっぽど大切です。
貴女の欲を詩にのせてお肉と一緒に召し上がらせなさい。
30オキサ・ヘキサ・ド・ドフリーク。


393 :tata:04/05/07 18:35 ID:iuy/1HsV
「New World」

お前の手の中にあるものを僕だけにこっそり見せておくれ
僕は誰も貶したり尊んだりしない
ただ その手の中にあるものが見たい
誰も見たことのない新世界を覗きたいだけなんだ
我々の頭上にある空と太陽は誰のものでもない
何者も貶したり尊んだりしない

ただ その手の中にあるものが見たい
この雲も空も本当は何者のものでもなくて
この世のものですらないんだ

お前が眠りに就くまで僕は待とう
きっと死とは眠りの延長線上にある新世界なのだと
だからあなたの傍らでその瞳が静かに閉じるまで待とう
新たな世界を覗きにいったのなら それは素晴らしいことだ
お前の手の中にあるものを僕だけにこっそり見せておくれ
僕は誰も貶したり尊んだりしない
ただ その手の中にあるものが見たい
誰も見たことのない新世界を覗きたいだけなんだ

ただ その手の中にあるものが見たい
この雲も空も本当は何者のものでもなくて
この世のものですらないんだ

394 :名前はいらない:04/05/08 00:58 ID:rfy1EbKp
さいたま

海のあるところは
気の荒い人が多い
ケンカばかりしている
実際僕は
そういうところでは
ひどい目にばかりあっている
そんな場所には住みたくない
さいたまは海がない
山ばかりでのんびりしている
人ものんびりしてるような気がする
だから僕はさいたまに住んでいる
僕はさいたまが好きだ


395 :曾村益廊:04/05/08 01:31 ID:28Pei26W
>>393
希望は君の占有物なのですね。
誰も見たことのない世界があるなんてどうして言えるんだい?
僕は嘘臭い希望が恐くてたまらない。
0→3円也

>>394
君はこの詩でどれだけの埼玉県人の心を動かせると思う?
それを考えたかい?
31玉



396 :keee:04/05/08 20:16 ID:juLDx6vB
産まれた場所  
好きな人に告白した場所 
仲間が待っている場所  
僕がはじめて血を流した場所
初めて人を撃った場所    
みんな同じ場所

397 :前内 隆:04/05/08 23:28 ID:iQNbvVoq
似た目でうごめき
今日 僕は悲しかった

地団駄踏んで 
僕に夜は来なかった

週末の電車の中
僕の自画像は濁って
とても見れるものじゃなかった

ああ!明日の朝、僕はどんな惨めな気分で洗顔をしよう!
どうやって歯を磨けばいいんだ!ああ!

夜が淡々と疾走している
音を立てて疾走している

398 :名前はいらない:04/05/08 23:54 ID:r/glTKw4
「とわ図がタリ」

坂を転げ落ちるとちゅう
額を蒼くしたサルを見かけた
つと尻尾をつかんで
しばらくおしゃべりしたさ
なかなか頭の良いサル
互いの人生の核心には触れない
釣魚大全の歌について
シーザとコロッセオ
南米の思想家の詩
さそりと蛙の寓話とかなんとか そんなもの

やがて小雪が舞いちりだす
しばし沈黙
それぞれは遠い目をして
それぞれの未来について考えた

サルは、つるりと顔をなでると
「ってぇことで、んじゃ!」と、
軽々と雪の積もったガシュマルの枝に飛び
「楽しかったよ Good Luck!」と答えて
坂を転がるのを続けたさ

それは おおかた10年前のいまじぶん
なに?
その後?
俺はまんまこのとおり
あのサルには逢わず じまいっ

399 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/09 04:37 ID:kjxHxMoh



         
                 ○

400 :◆Ui8SfUmIUc :04/05/09 04:45 ID:kjxHxMoh
                                    //:\
                                 / /::::::::::\         __
                      ___ /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,...........
 l_l::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;''''┴‐―‐―‐―‐┘'''''''''''    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ___  ::::::;;;: :: ::::::. :::::;;;;;;;; ::::::::::;;;;;;;;;; :::;;; :::
400!!!GET!!!

401 :タコ七郎 ◆sJRfx0tR5Q :04/05/09 08:27 ID:ulsXzlvB
アヌスが熱い
俺は今日下痢だから
屁に自信がねぇ


402 :曾村益廊:04/05/09 09:49 ID:PsbphXst
>>396
だからどうした?系ですね。
わざとかな^^
あ、血管が、、、、、0円

>>397
これねぇ、なかなかいいよ。
言葉の置き方に不馴れな感じがするけど、それを超えるパワーを持ってる。
中だるみの失速感も最後でなんとかケリつけたし、いい詩、いい音楽ってすぐに映像が浮かぶんだ。
これは映像が浮かんだ。
1,000円+特別手当て200円

>>398
最初は「おっ」と思ったんだけど、だんだんテンションが下がっていく。
出だしから「さそりと...」までの流れは、くんずほぐれつかなり良い。
「やがて小雪が...」から後はひどい。
最初の文に期待を込めて400円

>>399
幅がなぁ…もう少し幅があったら良かった。
6円

>>400
ブラックマジックウーマン
20円

>>401
いいんじゃない、オチもよくできてるし。
100円

403 :前内 隆:04/05/09 10:58 ID:zlOyjGua
惨めな朝は唯やって来て 僕の小脇をつついてる
部屋いっぱいの惨めさで 僕を執拗に責めてくる

そうじゃない

僕は纏っている 日常の中、気に入ったものを選んで 纏っている
これはあの時買ったコップ
これはあの時買ったお酒
みたいに

現実は寸分の狂いもなく 唯僕を狂わせる
ドアを出た所に やっと目覚め際の自分が居る
だからといってどういうことはない
また性欲に目覚めた少年少女のように
出掛けるつもりだから

404 :名前はいらない:04/05/09 18:30 ID:BSr5yvNj
鳩がベランダに住みついている
何回追い払ってもまたやってくる
気がつくと巣までつくっていた
おまけに死んだヒナを置いていく
おかげでベランダはものすごい匂い
いっそのこと殺しちゃおうかと
同居人に提案した

ここではやめてくれ

仕方ないのでほっとくことにした
肉料理ばかり食べるくせに
そういう彼は虫なら平気で殺す
おかげでベランダは鳩の糞と死骸でいっぱいだ
洗濯物もまともに干せやしない
もちろん掃除なんてやる気もない

だるい気分



162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)