2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<愛を語る> ハイネ <のような・・・>

1 :名前はいらない:04/03/10 22:24 ID:Ltoq6+D8
何故ここにはハイネのスレがないんだ?
ハイネ好きな人いますか?

2 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/11 03:29 ID:sfLCvoWC
なんで誰も2ゲットしないんだ?
ここにはハイネ好きな人はいねーのか?
なんちて

3 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/11 03:32 ID:sfLCvoWC
ちなみに僕は別にハイネファンじゃないですけど。
「春の嵐」だっけ?は読んだことがありますね。
足をケガしたイケメンが青春時代を棒に振って、作曲家になるやつ。

4 :1:04/03/15 23:45 ID:CMSb6N2u
>>3
春の嵐?
それはヘッセだろ?
ハイネだよ。

ボオオオオオオオオオオオオオ毛エ!

5 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 00:39 ID:3T49jMns
えっ、そうだっけ?マジボケでした。
じゃあ、ハイネは名前しか知らないな。


6 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 00:43 ID:3T49jMns
誰も2取らないから取ったのに。1さんがなんかネタを振らないとだれも
こんで。

7 :1:04/03/16 12:19 ID:bWnQOZWh
>>6
「山のこえ」

山峡を 騎士ひとり すすみゆく

かなすいげに うちしずむ 濁の音

「いま おれの 行先は 恋びとの 胸なのか

それとも ゆくては くらい墓」

山のこえが こたえる

「くらい墓」

8 :1:04/03/16 12:23 ID:bWnQOZWh
その騎士は ひきつづき ただ進む

そしてまた ふかぶかと 吐息する

「もう おれは このまま 墓へいくのか

それもよし 墓には いこいがある」

山のこえが またいう

「墓には いこいがある」

9 :1:04/03/16 12:25 ID:bWnQOZWh
うれいげの その騎士の 頬からは

一滴の なみだが おちる

「墓だけが このおれの いこいの場か

それならば おそらくは 墓がいい」

こえはうつろに こだまする

「墓がいい」

10 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 14:05 ID:22dLzjly
不勉強にしてよく知らないのですが、それはハイネの詩なのですか?
何か教訓を含んだ詩のようですが。
んー、僕の見たところその騎士はマザコンですね。
マザコンはいこいとか真実とかが大好きですからね。
彼が恋人の胸にたどりつけたとしても、安らげることはないでしょうね。
自分の声に導かれて彼が墓の中で安らげるのなら、
悲しくても、それもまた愛といえば愛かもしれないですね。


11 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 14:11 ID:22dLzjly
まあその、もうちょっと愛の歌らしい詩ってないですか?
ちょっとへこみ気味で。「山のうた」みたいなのは正直キツイので
す。

12 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 14:14 ID:EAGZ/8Eo
×「山のうた」→ ○「山のこえ」

13 :1:04/03/16 15:07 ID:bWnQOZWh
>>11
「ばら ゆり」

ばら ゆり はと 太陽

むかしは それらに うっとりとした

だが もういまは おまえだけ

ちいさな かわいい きよらかな

愛のいずみよ ああ おまえこそ

ばら ゆり はと 太陽


14 :1:04/03/16 15:12 ID:bWnQOZWh
「夜のおもい」

夜 ドイツをおもうと

ぼくは眠れなくなる

どうしても目がふさがらず

あつい涙がながれ出る

年は来て 年は去る

母と会えなくなってから

もう十二年たった

せつないあこがれは増すばかりだ

15 :1:04/03/16 15:15 ID:bWnQOZWh
せつないあこがれは いよいよ増す

心は母のことばかり

老いた姿をいつもおもう

神さま 母をおまもりください

母もぼくをおもっている

手紙をみるとよくわかる

どんなに母の手がふるえ

どんなに心が動いたか

16 :1:04/03/16 15:18 ID:bWnQOZWh
母はぼくの胸にやどってる

ぼくの腕で抱けなくなってから

十二年もの年がながれた

十二年もの年が去った

ドイツはいつまでもつづく

ドイツは心から じょうぶな国だ

樫や菩提樹とともに

ドイツは変わらないだろう

17 :1:04/03/16 15:19 ID:bWnQOZWh
母さえいなければ ぼくは

こんなにドイツをあこがれまい

祖国は ほろびることはない

だが 年寄りは死ぬかもしれぬ

18 :1:04/03/16 15:22 ID:bWnQOZWh
ぼくがドイツを去ってから

いいひとが たくさん死んだ

指を折ってかぞえると

こころから血がながれそうだ

でも かぞえずにはいられない

亡骸がこの胸のうえに

ころがってくるようだ


19 :1:04/03/16 15:24 ID:bWnQOZWh
それも消え ああ 朝だ

窓にさすフランスのあかるい陽のように

うつくしい妻がほがらかにやってきて

にっこりとドイツの憂いを追いはらう

20 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 17:17 ID:vSVix6wN
「夜のおもい」はなんだか、「山のこえ」と対をなすような詩ですね。
騎士がマザコンというのは僕の勝手な解釈だったわけですが、
マザコンも悪くないですよ。マザコンの人は優しいから。
「ばら ゆり」の「おまえ」は、恋人じゃなくて自分の娘のことなのかな。
そんな気がしました。
まあ、ばら ゆり はと 太陽にうっとりするというのは最近はなかなか
無いですけどね。でもこういうの好きです。



21 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/16 17:22 ID:vSVix6wN
まあ、ハイネのことはあんまり知らないので感想しか言えないわけです
が。

22 :1:04/03/16 17:40 ID:bWnQOZWh
近代抒情詩の黎明を告げたハイネの詩は、
その若い生命と力ゆえに
永遠に読みつがれる青春の書ですわ。

23 :1:04/03/16 17:43 ID:bWnQOZWh
「はじめほとんど」

はじめほとんど絶望し

たえられまいと思ったに

どうやらしのんでこられたが

問うてくれるな そのわけは

24 :1:04/03/16 17:46 ID:bWnQOZWh
「むかしゆめみた」

むかしゆめみた やきつく恋を

きれいな髪に 天人花(ミルテ)に木犀草(レセダ)

甘いくちびる にがい言いわけ

かなしい歌のかなしいしらべ

25 :1:04/03/16 17:47 ID:bWnQOZWh
いつしか夢は色あせ消えて

いとしいひとの姿もうせた

あついこころをささげて書いた

あまいしらべの歌だけのこる

26 :1:04/03/16 17:49 ID:bWnQOZWh
すてられた歌よ おまえも行けよ

そしてさがせよ むかしの夢を

会えたらよろしくつたえておくれ

はかない影におくるはかなさ

27 :1:04/03/19 22:17 ID:8Q4QtA7Z
だれも来ないみたいだから
ここでハイネの傑作、

「ローレライ」

かなしみに胸ふたぐ

ゆゑこそは知らねども

ただそぞろ うかびくる

ふるき世のものがたり

ゆふされば風ひえて

ラインいま音もなし

しづむ陽に山のみね

くれないにかがやきて

見よ 岩にすわりたる

うるはしきかのをとめ

こんじきのかざり映え

くしづける金の髪

28 :1:04/03/19 22:22 ID:8Q4QtA7Z
金の櫛うごかしつ

かのをとめ歌うたふ

うたごゑのあやしくも

こころゆするそのしらべ

小舟やるふなびとは

きき惚れてなやましく

岩の上をあふぐのみ

舟路をもきはめえで

ああ 波にのまれなむ

舟もそのふなびとも

げに 歌のちからもて

魔の岩(ローレライ)のなすわざぞ

29 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/19 23:15 ID:b+7hgtd6
おお。それは知ってるかも。
歌詞じゃなかったですか?

30 :1:04/03/20 16:37 ID:ggu4RtVp
ハイネと言えば「ローレライ」,「ローレライ」と言えば ハイネ,ハイネの名を知らない者でも,ジルヒャーの

「ローレライ」の曲を聞いたことのない人は少ないだろう。

その作詞者がハイネだ。ハイネはユダヤ人だった。それでハイネはユダヤ人解放を促したナポレオンに傾倒し,

その一方で,世間の偏見・差別と身を以て闘わねぱならなかった。彼の受難は死後も続く。あのナチスの時代,

彼の著作は焚書の難にあい,ナチスによって禁止された。だが,彼の「ローレライ」は「よみ人知らず」として

大っぴらに歌われていた。あのナチスでさえ,ハイネの名詩を弾圧できなかったのである。



31 :1:04/03/20 22:33 ID:ggu4RtVp
「悲劇」

春の夜に霜が降ったよ

やわらかい青い花にも

その花は枯れて死んだよ

32 :1:04/03/20 22:34 ID:ggu4RtVp
若者が娘にほれて

親たちの知らないうちに

こっそり駆け落ちしたよ

33 :1:04/03/20 22:36 ID:ggu4RtVp
国々をさすらい歩き

幸せにめぐりあわず

二人ともやつれ死んだよ


34 :1:04/03/20 22:38 ID:ggu4RtVp
娘の墓場に一本の菩提樹が立っている

小鳥がそこをさえずり 夕風がざわついている

水車場の若者が恋人といっしょにすわる

35 :1:04/03/20 22:39 ID:ggu4RtVp
木下の青草のうえで

36 :1:04/03/20 22:42 ID:ggu4RtVp
風がしずかに気味わるく吹く

鳥が甘くかなしく歌う

しゃべっていた二人は急に口をつぐみ

泣いてしまったがなぜだかさっぱり解らない

                        (ラインの河畔でふと聞いた
                         これはまことの民謡です)

37 :1:04/03/24 19:28 ID:7IHmlUQ5
ハイネはあんまり人気がないみたいだな(w
sirabeさん。
ハイネの詩を聞いてみてどうですか?

38 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/24 23:29 ID:mGQ9jAYN
悲しい雰囲気の詩も多いっすね。難解でもなく。
いわゆる詩らしい詩、という感じで。
他にも色々読んでみたいような。
1さんは昔からハイネが好きなのですか?



39 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/24 23:36 ID:mGQ9jAYN
おっとアゲっておきましょう。

40 :1:04/03/25 00:01 ID:CeLpFxCQ
>>38
昔、古本屋でハイネの詩集が100円で売ってて
何となく買って読んでみたら、けっこうよっかた。
それ以来好きになった。
僕は中原中也が好きなんだけど、
中也に比べて確かに易解ですね。
入っていきやすかったです。

41 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/25 00:15 ID:7UHWLFCe
なるほど。
古本屋の詩集安いですよね。古い文庫本の詩集が多いけど、どれも100円
くらいで。ハイネの詩集も今度探してみようかな。
分かりやすいのは、歌詞だったりするからですかね。
読みやすい。

42 :1:04/03/25 17:05 ID:CeLpFxCQ
>>41
買うなら井上正蔵の訳がいい!

「中国の皇帝」

わしの親父あ 朴念仁で

いつも素面の 偽善者じゃった

けれどもわしゃあ 焼酎飲むぞ

わしゃあお偉い 皇帝様じゃ



43 :1:04/03/25 17:08 ID:CeLpFxCQ
魔法の酒よ この酒こそは

わしが思案の 霊薬じゃぞい

わしが焼酎 一杯やりゃあ

支那の全土に すぐ花咲かあ

44 :1:04/03/25 17:09 ID:CeLpFxCQ
中華の国あ 見ろたちまちに

花の牧場に かわっちまうぞ

わしゃあ立派な 丈夫(おとこ)になって

わしの奥さん 子供をはらむ

45 :1:04/03/25 17:11 ID:CeLpFxCQ
いたるところが 精気あふれて

病人どもも 達者になるわ

抱え学者の 孔子のやつあ

ええ考えを 思いつくのじゃ

46 :1:04/03/25 17:16 ID:CeLpFxCQ
兵卒どもの 粗末なパンも

杏仁(マンデル)入りのかおぴんになる

この国に住む ごろつきどもは

絹やびろうど 着てふらつくわ

47 :1:04/03/25 17:19 ID:CeLpFxCQ
マンダリ−ンの 高官どもの

つるつる禿げた 頭でさえも

妙齢の気を また吹きかえし

その辮髪(べんぱつ)を 降りまわすのじゃ

48 :1:04/03/25 17:24 ID:CeLpFxCQ
宗旨の結晶 あの多宝塔

五重塔も 竣工(しゅんこう)成って

ユダヤのやつらも 法名を受け

蛟竜勲章 さずけらるるぞ

49 :1:04/03/25 17:26 ID:CeLpFxCQ
革命ごころ 消えてなくなり

満人たちの 貴族らも言う

「憲法などは もういりませぬ

刑具のむちと つえがいります」

50 :1:04/03/25 17:28 ID:CeLpFxCQ
医生のやからや 薬司どもらは

わしに禁酒を すすめておるが

かまわずわしゃあ 焼酎あおる

わしの社稷を 祝うがためじゃ

51 :名前はいらない:04/03/25 18:44 ID:JsE0mIt6
「海(タラッタ)よ 海(タラッタ)よ」が好きでつσ(゚∀゚ オレ!!

52 :1:04/03/26 14:34 ID:UzvpdL5b
>>50続き

どんどん焼酎 さあひっかけろ

まるですっかり 満那の味じゃわ

気は狂っても 民は幸福

「恭嬉恭嬉(こんしこんし)」と 嬉しがるわい

53 :1:04/03/26 14:44 ID:UzvpdL5b
>>51
「海へのあいさつ」ですね。あれも有名だね。
長いからカキコできないけど・・・
僕はあれを読むと、ランボーの「永遠」を思い出す。

「永遠」

見つかった!

何が

永遠。

太陽といっしょに行ってしまった海。



スレ違いでスマソ。

54 :1:04/03/26 19:13 ID:UzvpdL5b
「わかれには」

わかれには おたがいに

こいびとは 手をかわし

なきぬれて ためいきは

いつまでも つきぬもの

わかれには ぼくたちは

なきもせず ためいきも

出なかった そのあとで

なきぬれた せつなくて

55 :1:04/03/26 19:17 ID:UzvpdL5b
「はじめて恋を」

はじめて恋をするものは

かたおもいでも 神なのだ

けれど二度まで恋をして

かたおもいなら おろかもの

56 :1:04/03/26 19:18 ID:UzvpdL5b
ぼくはそういうおろかもの

また むくわれぬ恋をする

日 月 星は 笑ってる

ぼくも 笑って 死んじまう

57 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/27 01:37 ID:mCwG2TeS
上の2つはせつねー。
あと中国の皇帝はすごいな。なんでこんなにヤケクソなんだろう。すごい。

58 :1:04/03/27 12:25 ID:k7oXMMvc
「中国の皇帝」は、プロシャの国王フリードリヒ・ブィルヘイム四世を風刺した作だそうです。

59 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/03/29 20:45 ID:QDXk3U8Y
背景まで含めて、ですか。
昔の詩人はすごいっすね。風刺のことがその国王に知れたらたぶん殺されるわけ
だから。


60 :1:04/03/30 13:50 ID:935sb04U
>>59
そうですね。すごい。
ところで、ハイネの名前はこのスレタイにあるように
「四季の歌(春を愛する人は〜・・・の方)」にも出てきますよ。

61 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/04/02 01:38 ID:T8WQ7e7O
あー知ってるかも。
「ハイネ」って語感がいいですよね。
こう、「ランボー」は乱暴な感じですが、ハイネは花の名前みたいで。

愛を語るハイネのようなぼくの恋人、なんすね。
まあ、ハイネを僕の恋人にたとえるってのはちょっとアレですが。


62 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/04/02 19:59 ID:S1HAEH65
そう、それでずっとハイネのことを女性だと思ってました。
小学校の時歌った歌かな。


63 :1:04/04/07 00:44 ID:Li7Fkj8S
>「ランボー」は乱暴な感じ

・・・そのままですね。

一週間ほど旅にでてて、
今日、帰ってきました。
つかれた。。。

64 :1:04/04/08 20:13 ID:e7DJ87Wb
「ある若者が」

ある若者が娘にほれた

娘はほかの男にほれた

そいつはほかの女にほれて

そしていっしょになったとさ


65 :1:04/04/08 20:15 ID:e7DJ87Wb
娘はおこってやけになり

ただきまぐれにふと会った

男の女房になったので

その若者は病みついたとさ

66 :1:04/04/08 20:16 ID:e7DJ87Wb
これはむかしのはなしじゃあるが

いつになってもよくあることだ

こんなはなしの身にでもなれば

だれでも胸はさけるだろ

67 :1:04/04/10 12:36 ID:5Lv4pH2T
「たがいにほれて」

たがいにほれていたけれど

うちあけようとはしなかった

かえってつれないそぶりして

恋にいのちをちぢめてた

68 :1:04/04/10 12:38 ID:5Lv4pH2T
しまいに会えなくなっちまい

ただ夢にだけ出会ってた

とっくにめいめい死んじゃって

それさえてんで知らなんだ

69 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/04/17 01:00 ID:2zLYtvl7
なんかこう、ハイネは悲しい詩が多いんですね。
片思いで死んだりとかw
ところでハイネの詩集は未だ手に入らない、っていうか売ってないのかな?
探し中。



70 :ポエマー (1):04/04/19 20:09 ID:1WOt/+O0
ハイネはよくゲーテと対比して解釈されます。

71 :1:04/04/19 20:54 ID:1WOt/+O0
ゲーテとハイネ。
霊のひびきと生身のこえ。
諦念の完成と未完の青春。



72 :1:04/04/19 20:56 ID:1WOt/+O0
おとろえることのない春。くもりない理想。さびることない黄金の時代。


永遠の青春・・・

73 :1:04/04/19 20:57 ID:1WOt/+O0
・・・ああ、僕の青春の日は遠い(ガクッ

74 :1:04/04/19 21:26 ID:1WOt/+O0
ハイネのように永遠に若くありたいものです。
ホント、sirabeさんしか来ないな(w
もう閉めようかな。

75 :名前はいらない:04/04/21 07:07 ID:gyO82SyQ
作詞 ハインリッヒ・ハイネ
作曲 ジルヘル
訳詞 近藤 朔風

なじかは知らねど 心わびて
昔の伝説(つたえ)はそぞろ身にしむ
寂しく暮れ行く ラインの流れ
入り日に山々 赤く映える

美わし乙女の 巌頭(いわお)に立ちて
黄金の櫛とり 髪の乱れを
梳きつつ口ずさむ 歌の声の
くすしき魔力(ちから)に 魂(たま)もまよう

漕ぎ行く舟人 歌にあこがれ
岩根(いわね)も見やらず 仰げばやがて
波間に沈むる 人も舟も
怪(くす)しき魔歌(まがうた) 歌うローレライ

76 :名前はいらない:04/04/21 07:12 ID:gyO82SyQ
これは歌用の訳詞でつ

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)