2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩っておもしろいか?

1 :名前はいらない:04/04/08 00:26 ID:IYBpVKsX
前やたら詩の好きな先生居ったけどそんないいものか?

2 :うたた寝死人 ◆SIBITp2nLc :04/04/08 00:32 ID:f5WVFOE6
そうですなぁ、そんなに面白いものでもないような。
面白いから書く、というよりは
気付けばつい考えているですとか
考えた以上は勿体無いので完成させてしまうですとか
手慰みに組み立て始めるですとか
私にとってはもっと惰性的な行動です。>詠む

ふと思い立って引き出しのなかみを整理するのや
用もないのに冷蔵庫を覗くといった行為に似ています。

3 :名前はいらない:04/04/08 00:51 ID:IYBpVKsX
ほほーぅ、いやまじめに返答ありがとう

4 :名前はいらない:04/04/08 00:59 ID:GzF3e29M
面白いからこそ、詩を書くのだ
つまらなかったら書かないよ

5 :名前はいらない:04/04/08 01:18 ID:wC+P1JaC
溜まったら出したくなるって感じかな。

6 :きよはる ◆riqWqftSgc :04/04/08 01:20 ID:Bzpx3W1p
で、

読むのは面白いのか?

7 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 02:13 ID:w6/aM+N9
>>1
正直いうと、もの凄く疲れる。
だからいきなり結論になるけど、
「詩を詠むのは、たのしくない。」
すくなくとも僕は。
でも、やめられない。そんなかんじ。ヤバイ。

8 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/04/08 03:05 ID:JRTQ5Ige
とりあえずなんかピンときたら書くって感じだな
ピンときても書けない(PC、ノート、砂等ない)状況だと書かんな
あたりまえだな

で、ピンときたことが残ってたら書ける状況の時書くな
書いててノらなかったりおもろくないとやめるな
別の時にそのアイデアが出てきたら趣向を変えたりずらしたりして書くな
結局書ききった時以外でも書いてるよ。多分みんな
おもろくなくても書いてるよ。おもろくなったら書ききって推敲したりしなかったり

で、おもろくないなぁって時でも書ききったりしてるよ。多分みんな
そんな時は読み直して胸が薄くなるよ
おもろいかっておもろい時に聞かれたらおもろいし
おもろくないかっておもろくない時に聞かれたらおもろくないし
詩っておもしろいかって言うのは
お前っておもろしろいかっていうことだなつまり


9 :名前はいらない:04/04/08 08:11 ID:iGFQZQpr
書くのは、普通に楽しい。
読むほうは、賢治とタゴール意外はカス。思想がない。

10 :名前はいらない:04/04/08 08:36 ID:+TyDo/PX
フラストレーション吐き出すために書く。やるせない時とか

11 :名前はいらない:04/04/08 08:37 ID:+TyDo/PX
フラストレーション吐き出すために書く。やるせない時とか

12 :しんしん:04/04/08 08:53 ID:Eny+0AJi
>>10
>>11
俺も同じ

13 :きよはる ◆riqWqftSgc :04/04/08 09:01 ID:Bzpx3W1p
俺は
「有名詩人の作品」とか
「名詩だといわれている作品」とか
関係なく
いい詩だと思える詩を読む時は
最高に楽しいね
つーか
酔う
酒以上に
深く

大部分の詩はまことにつまらんけどね(笑)
あるいは疲れて眠くなる(笑)

14 :きよはる ◆riqWqftSgc :04/04/08 09:04 ID:Bzpx3W1p
この板でいえば

トゥルモギ最高(笑)

あれはカタルシスがある(笑)

他にもコンスタントにいいの書く人はいるね
あえて名前は出さないけどね(笑)

15 :しんしん:04/04/08 22:14 ID:bBffrDi+
>>14
詩なんて価値観の共有なんだから
人によって良い詩の基準も変わるもんなんだよ
ちなみにチミが良い詩を書くという詩人をおしえてちょ
一応読んでみたい

16 :名前はいらない:04/04/08 22:24 ID:e9Y9yrtG
>>1
おもしろくなければ詩など書きません。
当然ではありませんか?
無駄な行為に心血を注ぐのは愚の骨頂。
時間の無駄です。
限りある資源を有効活用する義務が、人類にはあります。
しかし「おもしろいなぁ」と常に意識しているわけではありません。
これも当然ですね。
詩作をしているのですから、当然、詩作の事しか頭にありません。
そのとき人は、おもしろい事に集中&熱中しているのです。
「詩作=おもしろい」という前提条件があるからこそ、私たちは詩作を行うのです。
おもしろくない事をするのは、人間として恥ずべき行為だと思います。

17 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:33 ID:/SQhqFjK
>>1が 詩っておもしろいか?
と問う理由は>1が詩っておもしろいか?かどうか分からないからなんだろう?

てことはだな>1がもっと詩を読むか書くかしてしない限り、この問いに答えなんぞ
生まれんだろう。

18 :しんしん:04/04/08 22:35 ID:bBffrDi+
俺の場合
面白いというよりてっとり早く
ストレスを解消する手段かなぁ・・・・・
あまり面白いと思う事はないな
ただ後から読んで書いた時の自分の心境を
分析するのは面白い
後は人に読ませて反応を見るのも面白い


19 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:38 ID:/SQhqFjK
詩が内容より先に目的を持ったら、どうする?

20 :名前はいらない:04/04/08 22:41 ID:sUZUKpfh
>>19
詩人になりたくて、有名になりたくて、人に認めてもらいたくて、
詩を書く人だっているでしょ。

21 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 22:43 ID:w6/aM+N9
詩を書くときというよりも、
詩の事ばかり考えてたら、
詩を中心に生活を送っていたら、
詩的なものに囚われて生きたら、
疲れるから、詩はたのしくないと思うよ。
詩を書くときに限ると、面白いか面白くないかの二つで、
分けて考えることはできない。
湯水のごとき才能と底しれない知識がある奴ぁ、
たのしくてしょうがないのかもしれないけど。

22 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:45 ID:/SQhqFjK
>>20
ん、有名にならな詩人になれんのか?

>詩人になりたくて、有名になりたくて、人に認めてもらいたくて、
詩を書く人だっているでしょ。

この問いならそうにもとれたよ、僕にはね^^

詩人が有名になったとしても、そりゃ結果だと思うなぁ・・・

23 :名前はいらない:04/04/08 22:46 ID:bBffrDi+
>>北
詩が内容より先に目的を持つとはどういう事?
内容よりも詩を書く事自体に意味を見いだしたらっていう意味?
そういう事に意味を見いだすということは
詩をコミニケーションとして見ている人だよね

なんか自分で書いてて意味わからん、すまそ



24 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:48 ID:/SQhqFjK
>>23
日にちをかけてわけわかるようになるまでゆっくり整理してくらさい^^

25 :名前はいらない:04/04/08 22:49 ID:sUZUKpfh
>>22
目的をもっても、どうということはないってこと。
詩に限った話じゃないでしょ。

26 :23=しんしん:04/04/08 22:51 ID:bBffrDi+
>>20
自分の価値観を知ってもらいたくて
あるいは
自分の存在意義を確かめたくて詩を書くって事はあるな

27 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:51 ID:/SQhqFjK
>>25

スレタイ
詩っておもしろいか?


28 :クッキー ◆p0KB7L1N7M :04/04/08 22:54 ID:k5XFi6wv
書きたいから書く
オナニーと一緒だね





誰か

29 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:55 ID:/SQhqFjK
>>28
うんうん^^

30 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 22:56 ID:w6/aM+N9
どうするもなにも、詩にはなにかを誰かに伝えたいという目的があるのではないのん。
書き記すということそのものには常に目的が内在しているのではないのん。
目的を意識して書くことと、意識しないで書くことに、違いはあるけど。

31 :しんしん:04/04/08 22:56 ID:bBffrDi+
>>1
詩を媒体にして意見交換や価値観の共有をできるのは面白い
正直一人で書くだけなら
そんなに面白いとは感じない

32 :しんしん:04/04/08 22:58 ID:bBffrDi+
>>28
まあ結果的にオナニーなんだよね

33 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 22:58 ID:/SQhqFjK
>>30
誰かに伝えたくて書き記すならべつに詩じゃなくてもいいじゃん?

34 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:00 ID:w6/aM+N9
>>28
「書きたいから書く」ということはオナニーと一諸じゃないでしょ。
ひとりでこいてるから「オナニー」であって、
読者のない詩がオナニーなんでしょ。

35 :ヨイヨイッ! ◆pHTL3qz2aI :04/04/08 23:00 ID:gTnw1XbB
詩だけでしか伝えられないことって、、、ないかな?

36 :名前はいらない:04/04/08 23:02 ID:sUZUKpfh
>>30
それを突き詰めれば「人は独りでは生きていけない」となりそうです。
「誰かと繋がりを得たい」という欲求(性も含め)は、誰にでもあるものですから。

37 :しんしん:04/04/08 23:03 ID:bBffrDi+
たまたま選んだ表現の仕方が詩だっただけじゃないの?

詩集なんて読みもしなかった俺が
なんで俺は詩をえらんだんだろう、、、、、うーん
一番楽な方法だったからかな?

38 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:04 ID:/SQhqFjK
>>35
なんやろね、それがわかればいいね。

39 :名前はいらない:04/04/08 23:05 ID:sUZUKpfh
>>35
それを追い求めているのかもしれませんね。

40 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:06 ID:w6/aM+N9
>>33
うん。詩じゃなくてもいい。音楽でもいい。絵でもいい。文字を書かなくてもいい。方法は一杯あると思うけど、なんで詩なんだろ。北はなんで詩なの。音楽もやってるけど、詩との違いは。
印象悪いいい方だろうけど、俺は、言葉が一番“手っ取り早い”からだと思う。1億2千万人の可能性をもってる。一番身近な方法。いっぱいセックスできる可能性があるか。まぁ、めんどくさがりやってこってす。
>>32
オナニーじゃないよ。しんしんの詩を読んで、感動した人としんしんは、ちゃんとセックスしてると思うよ。

41 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:10 ID:/SQhqFjK
>>40
表現の違いだろう。
ヴァレリだったか、音楽と詩の違いについて舞踏の比喩を用いて説明してたぞ。
まぁ、俺はその理解が出来ていないと思うので、コメントは控えるけど。

42 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:13 ID:/SQhqFjK
今、確認、ヴァレリィだわ。
まぁ、それが正解かどうかもわからないけどね。

43 :しんしん:04/04/08 23:14 ID:bBffrDi+
>>40
正直どっちでも良いや
自分が気持ち良けりゃw

44 :しんしん:04/04/08 23:16 ID:bBffrDi+
でも正直
他の人も気持ちよくなりゃもっと良いとも思うよ

45 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:16 ID:/SQhqFjK
>>40

>音楽もやってるけど、詩との違いは。

一定のリズムが刻みたいからじゃないかな?

46 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:20 ID:/SQhqFjK
>>43>>44
どっちが正直だ?
あっ、わるい、どっちもかW

47 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:21 ID:/SQhqFjK
おまんこー

48 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:27 ID:w6/aM+N9
「生きてる俺を表現する」時に、それを言葉によって表現すると、言葉は意味を持っているから、
たとえば、「寒い」とい記号の持っている「意味」と「熱い」という記号の持っている「意味」は、「矛盾」してしまう。
だから「熱い部屋」、と言ってしまったら「寒い部屋」というのは、文の規則に殺害されてしまう。
だけど、「生きてる俺」は実は、「熱い」だけじゃなくて「寒い」とも感じてる。
でも「熱くて寒い部屋」というのは、「普通の文章」では、“おかしい”ということになる。
詩では「熱くて寒い部屋」という表現は、それなりに“アリ”な気がする。

「熱くて寒い」という現実を表現するためだけに、数行使うのが詩なんじゃないのか。
また「生きてる俺」の「現実」は実は、言葉で表現され、“作品”として“完成”された時点で、「全的俺」ではなくなってしまう。
詩人には、このジレンマが常にあるんじゃなかろうか。
できるだけ「全的俺」を表現しようとするが、文章にする事で暗黙に殺されている部分の俺がでてくる。
短い言葉で、殺さず「俺」に近づこうとしているのが、詩なんじゃないか。
「沈黙」が最も優れた詩ではあるのだけど、しかしそれが同時に「詩」ではないというのある。
語れることを最大限にできるかぎり語って表現しようとするのと、一切語らずに表現しようとするものにわかれる。
音楽は、直接現実担っているという事が凄い。
詩的感動と音楽的感動についても、詩が朗読、つまりリズムや韻と関係しているような気がする。
わからない。自分の考えをまとめてみた。


49 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:35 ID:w6/aM+N9
確信を持ちたいために芸術があるのは、たぶん、人間の弱さからだと思う。
心に確信をもつため。“あの頃”に確信をもつため。“過去の記憶”に確信をもつために、人間は表現するのかもしれない。
記憶や自分というものの危うさに恐れを抱いて、人は表現する。
だけど、その表現方式も、実は不完全で、過去はやはり取り戻せない、いくら写真に残したり、絵に残したり、言葉に残したりしても、
全的な過去の自分を表現できない。
本当に強い人は、何も残さなかった。
孔子やソクラテスやキリストなどの大思想家には、どれも、著書がない。

50 :クッキー ◆p0KB7L1N7M :04/04/08 23:36 ID:k5XFi6wv
ま、セックスと同じなんやな
つまり
自分が快感を与えたい⇒詩を書く
しかし気持ちよくないと言われる⇒酷評される
中にはこうすれば気持ちいいよ、と教えてくれる人も⇒評価人
だんだんセックスが上手くなっていく⇒詩が上手くなっていく
時には体位を変え⇒違う書きかたで新しい自分を


初めて評価人で萌えました(´∀`)

51 :名前はいらない:04/04/08 23:42 ID:LX3J8MBr
歌詞はどうなんですか?

52 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/08 23:46 ID:IjX7UvMD
俺は詩集という物を買う前まで歌詞を音なしで読んでたな
楽しかったぞ

53 :しんしん:04/04/08 23:47 ID:bBffrDi+
セックスも詩も
数こなせば小手先だけは旨くなるよねw

54 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:47 ID:/SQhqFjK
で、俺の>>45はどうなった????
まじめにレスしたのにーー!!!!

55 :名前はいらない:04/04/08 23:51 ID:LX3J8MBr
どうして詩集は売れないのですか?

音楽は売れていますよね?
詩はリズムや韻を留意しますよね、
音楽でもないのに。

どっち付かずですね。

56 :しんしん:04/04/08 23:53 ID:bBffrDi+
歌詞って詩ほど言葉に気を使わなくても
心にしみるよね
つまり音は偉大なんだよ

詩の最大のテーマは
考えるな、感じるんだ
          ブルース リー
それを容易にできる音楽は素晴らしい

57 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:54 ID:w6/aM+N9
>>45
ごめん、それはどっちのこと?
「違い」が「一定のリズムを刻みたいからじゃないかなあ」というのはちょっと意味がわからなかった。
詩的感動と音楽的感動の共通点が「一定のリズム」ということだろうか。音感もあるよね。韻というか。
>>51
歌詞って、詩に音楽がついたもの?音楽に詩がついたもの?どっちなんだろう。
>>53
そうだね。あとは「本物の愛」(しんしん、こういうの嫌いっていうけど。。。)があるかどうかだよね。
となると、詩も「愛」が重要になってくる。「愛」について、考えなくては。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
また、理解には、トートロジーをさけなければいけない。

Aさん「今日の私、悲しい気分」→Bさん「今日の君、悲しい気分だね」。
これじゃ理解した事にはならない。
Aさん「今日の私は、悲しい気分」→Bさん「今日の君、雨が降ってるみたいだ」
これだと、理解したことになる(?)

比喩でしか、意味を理解している事の表明は出来ないし、感情の表現もできない。
あらゆる比喩の発明が、詩を書くものが抱く、感動かもしれない。
上の例であげた「悲しい気持ち」→「雨」というのは、古典的だけど、
新たな比喩を発明した時やより高度な(「嬉し悲し」気持ちの比喩ができた時の)比喩を提示できたときの感動が詩人を励ます。

58 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/08 23:54 ID:/SQhqFjK
自分の中では答えが既にあるのでもう寝るるー
それは・・・決め付けたり、しないことだ。

59 :ヨイヨイッ! ◆pHTL3qz2aI :04/04/08 23:54 ID:gTnw1XbB
>>55
考えないと刺激がでないから、かな?
頭使わなくても面白いものは楽でいいよ。。。多分

60 :名前はいらない:04/04/08 23:58 ID:LX3J8MBr
なんで詩ってマイナーなんだろうね。

61 :しんしん:04/04/08 23:58 ID:bBffrDi+
つまり今日の結論は

考えるな、感じるんだ
          ブルース リー

62 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:58 ID:w6/aM+N9
>>55
音楽は普遍的だから。国、関係ないから。
詩は、確かにリズムや韻を気にするけど、それが本質じゃないとは思う。
やっぱり意味って言うのがあって。言葉っていうのがさきにあって。
たとえば、俳句なんかは「5・7・5」と「季語」というルールがあるけど。
もしどっちかのルールを無くすべきというなら、おそらく「5・7・5」のほうだと思う。

あと詩は、水みたいなもんですから。
日常に溢れかえってる、味付きの水のほうが、
日常で飲むには、いいんじゃないかな。
でも、いつかミネラルウォーターみたいに、詩も売れるときがくるかも。

63 :クッキー ◆p0KB7L1N7M :04/04/08 23:58 ID:k5XFi6wv
ものごとは必ずしも変わる

64 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/08 23:59 ID:w6/aM+N9
>>58
決め付けられる前に、なんか言っていこうよ。
それか決め付けられたら、違うよ!っていってよ。

65 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/09 00:01 ID:5/BI+jif
>>57
音楽には楽譜があるから、ある程度読めないかしないと仕事にならん。
でも究極は分からなければ上手に質問できるために、いらんプライドは捨てることだな。余談だが・・・

66 :しんしん:04/04/09 00:03 ID:ryGQJm/7
きっとね
セレブやファッションリーダーがこぞって
「私の最近の気分は詩を読むこと」
なんていうと大衆がドッと詩を読むと思うよ

67 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/09 00:03 ID:5/BI+jif
>>58
おれは無理をせん性質なんだ。

68 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/09 00:06 ID:IIjObN99
>>65
うん。楽譜読めないから、俺は詩を書いているのかも知れん。
>>67
俺は無理する性分なんだ。

69 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/09 00:09 ID:5/BI+jif
寝るるー

70 :名前はいらない:04/04/09 00:11 ID:YYiPWcKd
おもしろけりゃ、それでいいのよ。恋愛と同じ。複雑に考えると痛い目に遭うよ(;´Д`)

71 :名前はいらない:04/04/09 00:13 ID:7eg2Q24x
詩は心の安定剤

72 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/09 00:17 ID:5/BI+jif
これでいいと思わないことと・・・・ああ、寝る気にさせないなみおの罪

73 :クッキー ◆p0KB7L1N7M :04/04/09 00:17 ID:Opc8dEZ5
単純
味がある
複雑
面白い

74 :名前はいらない:04/04/09 00:20 ID:YYiPWcKd
詩はおもしろい!でも売れてない!わはは!

75 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/09 00:22 ID:IIjObN99
>>70
そうだ。おもしろけりゃそれでいい、すでに痛い目にあってる。
>>71
不安定な自分を露出するのだろうか。どういう風に、安定さすのだろう。
>>72
これでいいと思わないこと、、、、これ、
本当にそう思うよ。詩を完成させたり、ものごとを完成させるときは、
なにか「諦め」ちゃう。完成なんて本当は、できないし。死は完成だけど、そのとき俺生きてないし。
風呂はいって寝ようぜ。ひさしぶりに暴れた。俺、基本は負けず嫌い。だから、しつこいよ。北も、そんなかんじなのかな。それだと終わらない。
音楽やりたいと思った。昔はクラリネットやってたけど。あ、でも歌は歌える。へたくそ。カラオケ行ったら、マイクはなさないな。俺。

76 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/04/09 02:33 ID:M1krFtQK
>>1

>前やたら詩の好きな先生居ったけどそんないいものか?

今さら思うけどものすごく素朴な質問だ
素朴な答えってないのかな

77 :名前はいらない:04/04/09 07:03 ID:ue9GnB+e
詩は言葉
でも口にすると恥ずかしい。
だから文にする。
でも文章は長すぎる・・・
短い文のなかに自分を露呈する。
誰かにみてほしいと思うのは
その気持ちを見てほしいから
自分勝手な欲望ですw

78 :名前はいらない:04/04/09 21:38 ID:dVq8gVfC
>>21
×湯水のごとき才能
○湯水のごとき感受性

感受性があり過ぎる事も辛い。
良い物を受け取る事によってしか癒されない訳だから

79 :名前はいらない:04/04/09 21:44 ID:WLXZ2v4N
単に人の面白がるものを珍しく見る人って何?
私の兄は写真のことなら相当詳しそうだけど、
写真やってて面白い?などと聞いたことありません。

>>1教師って面白い?

80 :名前はいらない:04/04/09 21:54 ID:WLXZ2v4N
まず、詩に興味がなければ読まなければよろしい。
黒田三郎、川崎洋、大岡信、田村隆一、高村光太郎
彼らの本を、まず一回読んでみて
何にも感じないなら別に興味を持たなくてもよろしい。
私は音楽はあまり好きでないのでほとんど聞かない。
だから音楽好きな人に音楽って面白いかなどと聞こうと思わないヽ(`Д´)ノ

マア一生進学率アップのためにひたすら教職に励んでいただきたい。
しかし、あなたの授業はすごく眠気を催すので私は国語の偏差値が落ちてしまった。
まずは人のことどうこう言う前に自分の授業を見直すがよろし┐('〜`;)┌

81 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :04/04/10 00:58 ID:QB/xYafx
>>79-80
>>1はまぁ教師かもしれない。しかも国語の。しかしそうでないかもしれない。
"やたら詩の好きな先生"の教え子、やその他という立場も十二分に考えられますわな。
決め付けての喧嘩腰はどうなんでしょうか、、

私は>1を
より表層に近いレベルでの深層心理としての教師Aへの親愛 と
ほのぼの受け取りましたけどなぁ。
「そんなにいいものか?」には理解しようと歩み寄る姿勢が半歩は見えたりで勝手に好意。
そして>>76に同意。
ついでに云えば>>80に挙げられた作家に幾ばくかの興味も無い者でも
それなりに詩が好きだったりするもんです、私ですとか。

82 : ◆SCodz99rtY :04/04/10 01:11 ID:fwpAIVyY
何か作りたいとかの延長のような。とりあえずは手軽だし。
めんどくさがりで、それでいて気分屋で、かといって寂しがりで、あと金が無ければ
その人は向いているかも。

83 :名前はいらない:04/04/10 15:48 ID:bdsHL1HK
もちろん私はあなたが進学率アップのために授業などしてないのを知っている。
あなたの持っているのは温かい眼差し
授業中の眠気
くだらないものに対する思いやり

そして可愛い生徒に対してのちょっとしたひいき


・・・。

84 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/10 22:05 ID:fD+okCaa
「詩っていいもんなのか?」
「いいもんですよ。」
「ふーん。」

たしかに、こんな素朴な会話のほうが説得力あるよね。



俺ってアホみたい。
「どんなふうに」とか「なんで」とかになって、机上の「分析」を始めると、
たちまちつまらなくなっちゃう。


85 :見ろ!!:04/04/10 22:07 ID:XyMy+4U6
http://pr1.cgiboy.com/S/0505272

86 :名前はいらない:04/04/13 15:45 ID:rL5Ltskz
つまらないよ

87 :名前はいらない:04/04/13 16:21 ID:5lpkbPPQ
>>86

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)