2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おれ小説書いてるんだけどちょっと手伝えよ

1 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:00
おれ文才ねーから一人じゃ書けないんだよね
うまく表現できないんだよ
でもストーリー造りにはかなりの才能を持っていると自負している

そこで皆さん手伝ってよ
文章直しとか。
あと良いアイデアとか浮かんだら書いてね

sage推奨


2 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:03
まず物語の舞台なんだけど

全世界で最も恐れられている観光地『ドーナツ道』
ドーナツ道はスタートとゴールが同じ位置であり
(ここでドーナツ道の説明)
未だかつて誰一人としてドーナツ道の試練をクリアしたものはいない
そんな危険な試練に自ら向かっていくクレイジーな2人がいた

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 05:04
無は>>1にある

4 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:05
つまり一周して戻ってくる長い道ってことなんだよ
これを表現できねーーんだよなー

これをカコヨク書きなおしてくんない?

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 05:26
まるまる書き直せってこと?
それともネーミング?

6 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:36
必要があればまるまる書きなおしもらいたいっす
とにかく本物の小説っぽく、いやそれ以上にしてほしいっす
かこよければいいっす

7 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:45
とりあえず第一話の構成は

ドーナツ道の説明

主人公の説明(主人公の目的)

主人公二人の会話

こうして二人はドーナツ道を進んでいくのであった・・・(第一話終了)

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 05:46
とりあえず「ドーナツ道」って雰囲気ないと思われ。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 05:48
一周するとなにかいいことあるの?名誉だけ?
あんまり危険だと、観光地として成り立たないよね?

10 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:52
>>8
そうかもなー
じゃあ改名案なんかあるかい?

『ドーナツ』って語句は必須

11 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:54
>>9
まぁ後の話は後でしようよ
一応ストーリーはおれの頭ん中で固まってるからネタには困らない
心配ナッシング

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 05:56
「ドーナツ」ってネタに関わってんの?
「永劫回廊」とか「ウロボロスの歩廊」「地上のオービット」
「インフィニティパッセージ」とかいくない?だみ?

13 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 05:59
ドーナツはつけなきゃだめ
だってドーナツみたいにリング状の道なんだもん
まぁ他にも意味はこもってるけど・・

永劫回廊もらってドーナツ回廊 にしようかな

14 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:01
いや!やっぱり単純な名前がいいなっ!
なんかないかなーー

ドーナツライン
ドーナツロード
ドーナツウェイ

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:02
>まぁ他にも意味はこもってるけど・・

それを説明するのが先だろ。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:05
思い切って地球を一周させろ。

17 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:06
ちくしょーーー!!!
これは言いたくなかったんだけど!!!
まぁおれは頼む方だから言う義務があるな!!!!

実はこの話全8話構成

ど れ み ふぁ そ ら し ど

第一話は『ど』の話ってわけ
どーはドーナツのーどー

つまり毎回のテーマはどれみの歌の通り決まっているのだよ

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:07
材料が少なすぎて書き直しようがない。
どこに行き着くのかイメージしてはじめて書き出しも決まるんだ。

19 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:07
8話で地球一周はつらいぜ!!

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:09
正直、期待できないぞ、そのネタ。

21 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:10
頼むよ!!
まず>>2を小説風に書いてみてくださいよー

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:11
>>19
一話ごとにちがう移動手段にしてヴァリエーションつければ?

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:12
>>18の言うとおりなんだな。

24 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:12
えっとー
車とか馬とか飛行機とかにのるってことっすか?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:14
>>24
そうすれば地球一周も可でスケールでっけー感じするじゃろ。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:16
一周すると地球が楽器みたいに鳴り出すとかな。

27 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:17
それいいかもしんない
そしてエンディングで偉いじいさんが
「ふぉふぉふぉ。実はドーナツ道とは地球という名のドーナツだったんじゃよ」
とか言うんでしょー?
うんうんいい

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:22
そういうふうに先がイメージできれば、
最初は芸術が行き詰って、娯楽に飢えた人類、
みたいな雰囲気でいこうかな。
とか想像が広がるにじゃ。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:30
物語は語り尽くされ、メロディは奏で尽くされて、人類は魂をゆさぶってくれるものに飢えていた。
命を引き換えにするほどの、強烈な刺激を求めていた。

とかなんとか。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:33
その壮大な建造物―史上最大の娯楽施設は、人類を長すぎた退屈の時代から
救い出すために計画されたのである。

とかなんとか。

31 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:38
なんかすごすぎだ!!!
そんなにスケールでけーもんは考えられないっす!!
もっとコジンマリとしたやつでお願い

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:41
誰がなんのために造ったにょ?
「どーなつ道」。

33 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:44
おおまかなストーリーを書きます

主人公  少年トトム 少女ミサキ

ドの巻 >>7参照

レ〜ラの巻 数々の試練 襲いかかる刺客

シの巻 トトム『幸せ拳』を習得 ミサキのために幸せ拳を使いトトム死ぬ

ドの巻 エンディング











34 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:49
この話の大部分は抽象的かつ幻想的にする

ポイント↓↓

● トトムの目的は伝説と言われる『幸せ拳』の習得。
幸せ拳の効果、威力等は誰も知らない

● ミサキの目的は自分が失った言葉を取り戻すこと(つまりしゃべれない)


35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:52
題名:ドーナッツ・ロード
ん? 8話完結でドレミファソラシドってことはショートショートか。
あ? 地球であるところのドーナッツ道を巡る旅がどれみふぁそらしどなのか?

文章を直すも何も、もとのがなきゃどうしようもないが・・・

危険と快楽は常に背中合わせである。刃の上を渡る芸当のように、極限の恐怖はスリルと
興奮をもたらす。古代ローマの剣闘士の生死をかけた戦いは、また同時に最高の娯楽でも
あった。生は喜びに、死は恐れに、それぞれの力をふるう。今から隔たること数千年、はる
かな未来

ときて>>29 >>30 とつづく。

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:53
あ、書いてる間に話が進展してヤンの

37 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 06:55
>>35はプロですか?

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:57
トトムとミサキが「幸せ拳」に希望を抱くに足るだけの
説得力のある伝説かエピソードが必要と思われ。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 06:57
創作文芸板逝け

40 :35:02/12/13 06:59
なんでプロやねん。
レポート書くのめんどくさくなって、徹夜明け頭の寝ぼけまなこや。
はあ、ねむねむ。

こじんまりしたの・・・・・・

火浦功っぽいのかね。

41 :29:02/12/13 07:03
なんか親切な時間帯だな。

42 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:05
ドーナツ道をクリア(一周まわってくる)すると願いがすべて叶うと言われたり
すごいお宝があるとかいろんな説がある
その中でも幸せ拳が習得できるというのは有名な伝説らしい
幸せ拳は世界最強の必殺技

43 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:08
このくらいで>>2の文章だけでも書けませんか?
まだ足りないっすか?

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:09
文章力つける修行したほうがよくねーか?

45 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:10
そんなこといわないでよぉ〜
お願いだよぉ〜

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:17
幸せ拳・・・それはマターリ空間w

それを習得したものは、望んだ幸せを得る。
しかし、一番大切なものを失う。

望んだ幸せが得られるのならば、一番大切なものを失うはずがない矛盾が
ポイント。とか。

「オレはミサキが大切だ。他のどんなものより大切だ。ミサキが幸せになれ
るのなら、世界中を失ってもいい。だから、幸せ拳なんだ」
「でも、幸せ拳は一番大切なものを失うって……」
「きっと、オレが死ぬんだろ。誰しも、自分の命が一番大切だからな。それに
気づいて、結局みんな習得できないんだ。でも、オレは違う。オレの命はミサ
キの前には無に等しいんだ。ミサキのためならなんでもする」
「わたしは、トトムが死ぬなんてイヤ。あなたが死んだら、たとえこの目が開
いたって、ちっともうれしくない。……ねぇ、一番最初に見るものが、死んだ
あなただなんて。そしたらわたし、あなたを見たとたんに、きっとすぐに死ん
でしまう」
(トトムはミサキの肩に手を置くとか、目を見るとかする)
「……まぁ、幸せ拳の真相は誰も知らない。なんとかなるかもしれないじゃな
いか。ただの脅しかも知れないしさ。終わって見たら、案外あっけなかった、
ってことになるんじゃないかな。
 とにかく、行ってみようぜ。そして、確かめてみるんだ、何が起こるかを。そ
れからだって、遅くはないだろ?」

とかなんとか。
眠いのでもう寝る。
あとよろしくな!!


47 :29:02/12/13 07:19
あのな、あらすじだけ書いて直せっつっても無理。
本文書かないと直しようがない。


48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:20
ドーナツとか言わないで素直に「リング」にしたほうが
読者のハートをゲッチュできると思うぞ・・・。

で、一周して戻ってきたはずの主人公が、元の場所とは微妙に
違う世界であることに気がついて、999のように延々と自分探しの
旅をするわけか。
名作だな。



49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:23
直してくれっていうなら、それなりの量の文章ないとな・・・・・。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:25
なおしてくれってよりは、このネタで作ってくれ、って感じだな。

51 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:27
>>46
おれが考えてるやつはこれと一緒みたいな感じです!!!
つーかほぼ一致してるっす
ありがとう

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:28
>50
そうなんだよ、ツトムくんの言ってることは
「俺のアイディアでおまいら書け!」って言ってるのとおなじ。

53 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:29
よし!じゃあ文才は気にしないで本文書くよ!!!

延々自分探しってのもなんかフレーズがいいかもな!!!
迷っちゃうぜったくよーーーー!!!!

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:29
>>51
あー、よかったな。じゃ俺も落ちる。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:32
本文書いたら、今度は創作文芸板に立てろよ。
ここじゃ板違いだからな。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:32
>>52
まぁ、あれだ。
ちょっとチープでセンチメンタルだけど、SF版住人の遊びには意外といいんじゃ?
下手に小難しいこと言ってないあたりが、ちょうどいいかもとおもわれ。


……つか、どうせクソみそに叩かれて沈んでいくんだろうが。

57 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:37
下書きです


全世界で最も恐れられている観光地『ドーナツ道』
ドーナツ道はスタートとゴールが同じ位置である
つまりリング状になっているのだ
ドーナツ道を一周するとクリアだ
そしてドーナツ道にはこの世の全てがあると言われている
すんげーお宝もすんげー知識 また願いごとが叶うという伝説もある
でもだれもクリアしたことないから本当のところを知る者はいない・・・

未だかつて誰一人としてドーナツ道の試練をクリアしたものはいないからだ
そんな危険な試練に自ら向かっていくクレイジーな2人がいた

少年トトムは世界で最強にして最凶の技『幸せ突き』を会得するため
少女ミサキは失った言葉をとりもどすため死をも覚悟でドーナツ道の攻略を目指す


トトム:ここがドーナツ道だぜーーー!!!
ミサキ:うにゅう
トトム:必ずマスターしてみせる・・・『幸せ拳』をな!!!!
ミサキ:にゅっにゅっにゅっーーー!!
トトム:お前はっきり言って何言ってんのかわかんねーよ!!!意味不明なんだよ!!
ミサキ:うにゅ〜・・・
トトム:何落ち込んでんだよ!!!!らしくねぇな!!!
ミサキ:みゅ!

そして二人はドーナツ道を歩き始めた

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:41
>>57
ツトム!このままで充分おもしれーよ。見直した!

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:44
会話がイイ!

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:44
>58
胴衣ーw

ぜひ続きを書いてくれ

61 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:47
まず小説風に直してくださいよ
一話一話完璧に完成さしていきたいんで

62 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:48
なんか評判いいぞ!

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:52
この会話じゃカコイクしても合わん。
あきらかに言葉使いまちがってるとこ教えてもらうくらいでよい。

あと、完璧をめざすな、完成をめざせ。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 07:57
文章飾れないなら飾れなくて問題なし。
とりあえず1話のあらすじだけでも仕上げてみれ。

65 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 07:59
カコイクしてくれよーーー

っていうか一話のあらすじは完成してるんだけどぉ

66 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 08:00
>>57で第一話は終わり
なんか問題ある?短い?

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 08:06
>>66
いや、ドーナツ道で1話完結すると勘違いしてたから気にしないで。
導入としては別に問題ないんじゃない。
問題は中身と結末。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 08:28
第二話キボンヌ。
うーん、というところがあったら言うよ。
まだなんとも言えん。先をみれば、「最初の方こうしたら?」
っていうところも出てくると思われ。

69 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 08:32
すまんレモンをどうだすか考え中
それと二話はいますぐにはできないよー

で、レモンをどう出すかアイデア募集だぜ!!

70 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 08:33
今のところレモン汁が流れてきてトトムとミサキに襲いかかるってのが
一番候補

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 08:39
道をふさいでいる巨大なレモンを掘って通過。
スッパ〜!!!

72 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 08:53
>>71
それ二話後半で使う!!!

それで二話の前半の下書きを書いてみたぜ!!!

73 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 08:56
第二話 下書き

ドーナツ道を歩き初めて5分。何かのトトムが何らかの殺気に気付く
トトム:なんか流れてる音がすんぜーーー!!!!
ざぁぁぁぁぁ  何かが流れているような音
明らかに音が大きくなっていく中でミサキは不安を隠せない

そして二人は見た。前方から洪水が襲いかかってくるのを

ミサキ:にゅうぅぅ・・(怯)!!!
トトム:なんか流れてくるぜ!!!うぜぇ!!!!

ドーナツ道の幅いっぱいに広がった洪水が二人の100メートル前にきた!
二人は逃げても無駄ということを悟り目をつぶった。次の瞬間突然波が消えた

トトム:ん?
ミサキ:うにゅ?
トトム:波が消えたぜーーー!!!いやっほーーー!!!
ミサキ:にゅっにゅっにゅっーーー!!!

しかし甘かった。二人は背後からすさまじい衝撃を受けた
消えたはずの洪水によって。

トトム:さっき消えた洪水が後ろからきやがったぜ!!!!だまし討ちってやつか!!!!
そうか!!!さっき目を閉じた瞬間に後ろに回りこみやがったんだな!!!
しゃらくせぇことしやがる・・・!!

そして大波に流されていく中二人は気付いた
洪水は水ではなくレモン汁ということに・・・

74 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/13 09:22
寝るっ!!!

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/14 01:26
幸せ突きワラタ

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/15 02:55
第3話案 下書き

レモン汁に流されて5分。何かのトトムが何らかの殺気に気付く
トトム:なんか泳いでる音がすんぜーーー!!!!
ざぁぁぁぁぁ  何かが泳いでくるような音
明らかに音が大きくなっていく中でミサキは不安を隠せない

そして二人は見た。前方から人が泳いでくるのを

ミサキ:にゅうぅぅ・・(怯)!!!
トトム:なんか泳いでくるぜ!!!うぜぇ!!!!

ドーナツ道の幅いっぱいに広がったスイマーたちが二人の100メートル前にきた!
二人は逃げても無駄ということを悟り目をつぶった。次の瞬間突然彼らが消えた

トトム:ん?
ミサキ:うにゅ?
トトム:彼らが消えたぜーーー!!!いやっほーーー!!!
ミサキ:にゅっにゅっにゅっーーー!!!

しかし甘かった。二人は背後からすさまじい衝撃を受けた
消えたはずの人たちによって。

トトム:さっき消えたスイマーたちが後ろからきやがったぜ!!!!
そうか!!!さっき目を閉じた瞬間に後ろに回りこみやがったんだな!!!
しゃらくせぇことしやがる・・・!!

そしていっしょに泳いでいるうち二人は気付いた
泳いでいる人はみんな背泳だということに・・・


77 :ボルフォス:02/12/15 03:35
名無しになってるゼ!ツトム!

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/15 07:18
ツトム、けっこう面白いぞ。さっさと続きカケヤ

79 :超光速宇宙船コンピラフネフネ:02/12/15 16:10
クリアした二人の顔はタコになっていた(余りにすっぱかったので)と予想

80 :山口ツトム ◆TOTOMUUjlM :02/12/17 19:52
あーなんか書くのめんどくさくなった
でも安心しとけ!!
絶対書きあげるから!!

今日は書かねーけどな

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/20 22:15
>1・・・・・・。いってよし!

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 04:02
>81
おせーよ(藁

83 : :02/12/26 07:32
ワラタ

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/27 05:05
ツトム君は天才。
もうこれ以上、推敲する必要はないよ、このままで十二分に通用する。
良く言えばシェークスピア式でいいじゃないですか。
というわけで、クレイジー文学賞を進呈する。おめでとう!

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/27 05:49
貶すも誉めるも>1のジサクジエン度が極めて高し・・・と。

だって、第3者の目から見たらどうでもいいような電波ポエム(新宿路上生活者風)
だけど、「読みすすめて感想いう奴」がいるってのが
そもそも不自然でな

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/27 05:55
自演上等。
とにかく続けてくれ。

87 :84:02/12/27 06:53
傲慢には傲慢に言い返すとだねぇ。
マトモなセンスがあれば、笑えてしかたないはず(得に「うにゅう」のタイミングが)。
笑えるということは面白い。だから感想があるのは当然。
じゃなきゃ冷笑してなにも書かずに去ればいいんだ。
というわけで、ツトム君カムバーック!

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/27 08:41
実は俺も「うにゅう」ワラタ

しかしこのスレは厨房創作文の特徴を余すところなく再現した名ルポルタージュですね

89 : :02/12/27 20:31
つぅかこんな文を書ける人はいないと思うよ。
皮肉混じりな言い方だけどね・・
幸せ突き何て思いつかないよ。


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/27 21:52
ミサキ:うにゅう

萌える!!

続きキボンヌ

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/28 00:12
説明じゃなくて描写をしような

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/28 01:20
センスオブワンダー? センスオブクレイジー?

93 :カルガリ博士:02/12/28 03:14
じーー・・・・・・

94 :山崎渉:03/01/12 04:08
(^^)

95 :山崎渉:03/01/23 03:47
(^^)

96 :山崎渉:03/03/13 17:25
(^^)

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/08 09:38
期待age

98 :山崎渉:03/04/17 11:43
(^^)

99 :山崎渉:03/04/20 06:06
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

100 :100:03/04/26 04:29
100

101 :triptest ◆BADseX8xpg :03/04/26 05:34
世界で一番不思議で一番危険な観光地『ドーナツみち』
『ドーナツみち』の始まりと終わりは繋がっていて、リングの様になっていました。
噂では、『ドーナツみち』を一周した者は、どんな願いも叶うと言われています。
莫大な財宝も、膨大な知識も、望むままに授けられると言われています。
ですが、本当の事は誰も知りません。

なぜなら『ドーナツみち』を回りきった人は只の一人もいないのですから。
望みを叶える為には、『ドーナツみち』の試練を乗り越えなければなりません。
試練に破れ逃げ帰った者もいますが、命を落とした者も挑んだ者も大勢いるという話です。
これは、そんな危険な試練に立ち向かっていく勇敢な少年と少女のお話。

少年は世界最強の必殺拳『幸せ突き』を会得するために、少女は失った言葉を取り戻すため、
死をも恐れず『ドーナツみち』制覇を目指します。

トトム:ここがドーナツ道だぜーーー!!!
ミサキ:うにゅう
トトム:必ずマスターしてみせる・・・『幸せ拳』をな!!!!
ミサキ:にゅっにゅっにゅっーーー!!
トトム:お前はっきり言って何言ってんのかわかんねーよ!!!意味不明なんだよ!!
ミサキ:うにゅ〜・・・
トトム:何落ち込んでんだよ!!!!らしくねぇな!!!
ミサキ:みゅ!

そして二人は『ドーナツみち』を歩き始めます。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/26 05:34
トリップテストついでに、ちょっとお手伝いしてみました。
もういないみたいですけど。
キャラが変わるのでセリフはそのままです。
原文があるのは>>57です。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/27 05:17
トトムとミサキの1代目の子孫ですが

@やまぐちさんちのツトムくん このごろすこしへんよ〜 ど〜したのか〜な〜
Aだいじにしていた『ドーナツ道』 スレッドのそこ〜にしずんでる
B
C「き〜たい〜age」
Dへんじがない〜

おれ、Bに入る歌詞が思い出せないんだけどちょっと手伝えよ

104 :山崎渉:03/05/22 01:59
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

105 :山崎渉:03/05/28 16:57
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/31 22:25
>>1
それでSFは結局書いたのか。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/31 22:49
こんなスレがあったのか・・・

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 13:39
ttp://briefcase.yahoo.co.jp/clumsy_writer2003

とりあえず、こいつの痛い文章をまともな文章にしてくれ。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 22:42
>>103
きょ〜は 元気になったかな

110 :山崎 渉:03/07/15 11:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

111 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 06:07
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:34
姉が指をぱちんと鳴らした。
とたんに妹はへたり込んでしまった。
あたまが、だるい。
むき出しの燭台が、ちらちら光るのが鬱陶しくてかなわない。
カーテンのひだが、目の前にあるのか、遠くにあるのか分からなくって思わず手を伸ばしてみる。何
も触れない。今度は、伸ばしたこの手がどこにあるのか分からなくなってしまった。
ひばりの声がきんきんと耳に響く。響くたびに胸が縮む。
足元の床が、柔らかい。

もう一度、ぱちんという音が鳴ったような気がした。
ふと、激痛を感じる。
激痛?だが、どこが痛むのだろう。それでも、痛いことはわかる。
それと、不快感。体の一部が妙に自己主張している。
だが、どこがどう主張しているのか、まるでわからない。
というより、わかるってどういうことだったっけ。思い出すって、確か。

なにもかも、もうどうでも良くなってきた。

(どうでもいいから、ぬけだしたい。)
この一言が、100万回言っても伝えきれないことのように感じる。
その前に、口が動くかどうか・・・


113 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:35
>>112続き
床にへたりこんだ妹が動く気力をなくしたのを確認すると、その額に当てていた人差し指を姉はゆっくりと引き寄せた。
風とは違う空気の揺らめきを、鳴らしたかっこうのままの指が知らせる。
疲れが、どっと押し寄せてくる。
でも、ぴんと張った糸にも似た術式は、まだ終わったわけではない。ここで気を緩めては、何もかもがおしまい。
何とか気力を奮い立たせて、自分の意識を乗せた息を、ゆっくりと吐きかける。
「さよなら」という言葉の、その、言霊に乗せて…

まるで、抜け殻のようになった体を引きずって、後ろを振り返らずに扉を閉める。
あと、丸一日は放置しておかなくてはいけない。
「切断」には成功した、はず。
それなのに、「正常」な感覚はまだ戻ってこなかった。
血のつながった妹が、犠牲になった。それすらも、現実味がない。

罪悪感がないわけではなかった。
少なくとも、そういうものがあったという記憶ならある。
だが、その記憶は、遠い遠い昔のことのようだ。
術式を始める前、30分もたたない大昔のことだった。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:36
>>113続き
(馬鹿野郎・・・)
その言葉に叩き起こされて、妹はのそりと体を起こした。
顔の上を、西日が這っている。
(くそったれ・・・)
まただ。
耳をふさいでもどうにもならなかった。自分の頭から響いている声にならない声。音なんかなくてもはっきりとわかる。
その「声」が髣髴とさせるのは…柔らかい笑顔、優しい口調、の、姉さん。
(この、ひとでなし・・・)
思い出した。熱を出して寝込んだとき。姉さんがプリン持ってきてくれたっけ。そして、暖かい声で。
「この、ひとでなし」って、確か。…え?

(ふざけるな・・・何様だと思っているんだ・・・くたばっちまえ・・・)
姉のほわんとした笑顔と、柔らかな「声」を借りて、ありとあらゆる罵詈雑言が自分の中にぎっしりと詰まってきた。
じっとりと湿った砂袋のように。胸の中に。頭の中に。心の中に。体の中に。
「声」が、指しているものは、「私」
(ぼけなす・・・)
違う。 いや、違わない。
思い出した。熱を出して寝込んだとき、妹の心配もしないで遊びに行ったら、友達のおばさんが心配してくれてプリン持たせてくれたっけ。それで妹の心配もできなかったのがすごく恥ずかしくて、それで自分のこと、
「この、ひとでなし」って、確か。…え?

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:36
>>114続き
腕を上げて、指先を見る。ぎこちなく首を回して、視点を動かす。手の甲から腕、腕から肩へ、そこからつながっている胴体。「自分」のもの。「自分」の体。「自分」の・・・記憶。
捨てたかった。悪いところみんな捨てたかった。でも、移すことしかできなかった。
激痛が頭を走る。涙が、ぼろぼろと落ちる。詰まった砂を全部洗い流すように、ひたすら泣いた。
体がひからびてくる。最後の水の一滴を落としてしまっても、砂のような姉の記憶は少しも流れ出てはいなかった。
のどが乾いた音を立てる。
残らなかったものなんてない・・・ぜんぶ、残されている。「私」も、「私」になった「もの」も。
すがりつけるのは、たった一言の確かに感じる自分の思いかも知れない。
「私は、私よ」
嗚咽とも、咳ともつかぬかすれた一言をやっと吐いた。
東の空が、白みかかっていた。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:37
>>115続き
姉は、トマトを切っていた。薄切りにした白チーズと、オリーブの実を皿に並べ、ヨーグルトを添える。横のなべには、レンズ豆のスープができていた。
朝食の時間だから支度をしていた。
空腹感、そんなもの知らない。はるかおとついの昔に忘れ去った感覚。どうでもいいこと。
決まりきったことするだけのこの幸せさえあればそれでいい。

扉を開いて、妹が入ってくる。
「オハヨウ、ゴハン、デキテルワヨ」
言うべきことをひどく無機質な声で言って迎えた。顔には、固い笑顔が張り付いたまま。手を休めずに朝食をテーブルに並べる。

妹には、‐とりあえず水をコップに五杯飲み干した妹には、
「姉さん」
の一言しか掛ける言葉が見つからなかった。
何が渦巻いていようが、もう戻る手段がないこと。何より、姉に戻る気がないことがわかりきっていたから。
だから、その先の言葉は飲み込んでしまってしまった。水と一緒に。
姉の返事は、虚ろなほほえみだけだった。

117 :112-116:03/08/21 10:39
スレ違いでしたら申し訳ありません
もしよろしければ感想お願いします。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/22 16:36
「妹」か「姉」を、「私」にしたほうが良いのでは。
主語が不明瞭なのでひとつ???でした

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/22 16:53
衝撃の4P作品。しかも3人とも処女喪失の瞬間なのだ。
あっけらかんとした彼女達にはビックリ。かなりマニアックな作品だ。
出血こそ確認できませんでしたが痛い、
と言っていた女が次第に感じていくプロセスがかなり興奮しました。
この作品には続編があります。またのお楽しみということにしておきましょう。
素人の援交のみ!無料ムービーをどうぞ。
http://members.j-girlmovie.com/main.html

120 :112-116:03/08/23 10:48
では手直しを。114差し替え
(馬鹿野郎・・・)
その言葉に叩き起こされて、妹はのそりと体を起こした。
顔の上を、西日が這っている。
(くそったれ・・・)
まただ。
耳をふさいでもどうにもならなかった。自分の頭から響いている声にならない声。音なんかなくてもはっきりとわかる。
その「声」が髣髴とさせるのは…柔らかい笑顔、優しい口調、の、姉さん。
(この、ひとでなし・・・)
思い出した。熱を出して寝込んだとき。姉さんがプリン持ってきてくれたっけ。そして、暖かい声で。
「この、ひとでなし」って、確か。…え?

(ふざけるな・・・何様だと思っているんだ・・・くたばっちまえ・・・)
姉のほわんとした笑顔と、柔らかな「声」を借りて、妹はありとあらゆる罵詈雑言が自分の中にぎっしりと詰まったのを感じた。
じっとりと湿った砂袋のように。胸の中に。頭の中に。心の中に。体の中に。
「声」が、指しているものは、「私」
(ぼけなす・・・)
違う。 いや、違わない。
思い出した。熱を出して寝込んだとき、妹の心配もしないで遊びに行ったら、友達のおばさんが心配してくれてプリン持たせてくれたっけ。それで妹の心配もできなかったのがすごく恥ずかしくて、それで自分のこと、
「この、ひとでなし」って、確か。…え?
何で、姉さんの記憶が…
「私」は、誰?

121 :112-116:03/08/23 10:50
116差し替え
腕を上げて、指先を見る。ぎこちなく首を回して、視点を動かす。手の甲から腕、腕から肩へ、そこからつながっている胴体。「自分」のもの。「自分」の体。「自分」の・・・記憶。
捨てたかった。悪いところみんな捨てたかった。でも、妹に移すことしかできなかった。
激痛が頭を走る。涙が、ぼろぼろと落ちる。異物のように詰まった姉の記憶を全部洗い流すように、ひたすら泣いた。
体がひからびてくる。最後の水の一滴を落としてしまっても、砂のような姉の記憶は少しも流れ出てはいなかった。
のどが乾いた音を立てる。
残らなかったものなんてない・・・ぜんぶ、残されている。「私」も、「私」になった「姉さんの記憶」も。
すがりつけるのは、たった一言の確かに感じる自分の思いかも知れない。
「私は、私よ」
嗚咽とも、咳ともつかぬかすれた一言を妹はやっと吐いた。
東の空が、白みかかっていた。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 11:02
>>121は、116じゃなくて>>115の差し替えでした。失礼しました

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 20:07
@笑わせないで。だれがあなたなんかと。
Aな、何するの!この卑怯者。
Bさ、触らないで。汚らわしい!
Cはあぁ? な、何なのこの感じぃ?
Dち、違うわ、そんなはずは・・・
E負けない! 私は負けない!
Fああ、駄目、駄目、いやあああああああ!(絶頂)
Gこの前は何かの間違いよ! う、嘘、また!? そんなあああ!(絶頂)
Hく、身体は穢されても心までは! あ、ああ、ああああああ!(絶頂)
Iああ、ああ、身体が熱い… こ、このままでは… 誰か助けて… 
Jもう我慢できない、ああ、いくっ、いくっ、またいっちゃう! 
Kい、嫌ぁ、そんなこと言えないぃ。
Lはぁ〜ん。もうだめ、チ○ポちょうだい。
Mあぁ〜ん。気持ちいぃ〜。こんなの初めて〜。
Nお願い、優しくして・・・
Oいやぁ〜ん。意地悪やめないでぇ〜
Pはむぅ。チ○ポおいしいぃ〜
Qあはぁん。私は今からあなたの奴隷ですぅ〜
Rお帰りなさいませ、ご主人様。今日も可愛がってくださいませ。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/24 02:05
>>112-116
まぁ、なんだ
どっちにしても、↓のスレのほうが合ってると思うよ。

おまいら短編SF書いてください
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1042728362/

125 :112-116:03/08/25 09:07
すみませんでした。
そちらに再投下してよろしいでしょうか。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/30 07:26
駄目ですか

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/30 22:55
いや、好きにしたらいいと思うよ、、

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/09 16:06
俺、書く。お前ら、読む。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1065396644/


129 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/12 01:32
>>57
>>73
>>76

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/12 17:35
>>1
リングワールドって言う小説知ってる?

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 01:38
面白いよ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 02:13
幸せ突きがいつのまにか幸せ拳になっててワラタ

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 02:34
ミサキ:実は私喋れますが何か?

トトム:うにゅ?

トトム:・・・・・・・´Д`

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 02:56
天才だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 11:16
ドレミファソラシド、いいと思う。
有名な漫画家の昔の漫画で全然面白くないやつを洒落でブックオフで買ったやつみたいで。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 11:58
>>1
「ドーナツ道」を「Do Not Do」とかけてみてはどう?

Don't do. やるな。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/13 21:34
関連スレ巡回中
こんなに笑ったのは久しぶりだ

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/14 01:29
なんだ。
せっかく文豪に出会えたと思って喜んだのに。
>>1はもう来ないのか。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/14 07:58
ドーナツとスタートとゴールが一緒ってところで
マリオカートしかイメージがわきませんでした。

140 :オナペッツ大将 ◆AMbE6oISVo :03/10/14 22:47
1はドーナツ道の宝を発見してしまったと思われる
そしてその帰り道=ドーナツ道でうっかり迷って出られなくなったと

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 03:34
とりあえず>>1を待つ住人どもは余計なことすんな

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 07:55
じゃあ、待ってる間続きを考えるとか。
「ミ」はやっぱみんなが襲ってくるのかな。
トトム:しゃらくせえぜ!
ミサキ:みゅっ!

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 10:58
1はまだ執筆活動自体はしてるし
この作品の事忘れてないみたいだから
気が向いたら再開してくれるかもな

1の中ではもう完結した作品になってるみたいだがw

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/16 13:59
おれはそうだ最強の男だ
なにが最強かはスベテだ
特に俺はベーゴマが強い
こうれは嘘だけど
たまには本当のことを言ってやるよ!!
しかたないな!

おれはケシゴムが割れるのが嫌いなんだよ!!!!!!!!!!!!!!1

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/17 00:01
気長に1の光臨を待つか…

146 :_:03/10/18 00:20
オヤ、コノ1ハ、クルッテイルゾ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 20:30
トトムとミサキがドーナツ道に入って半日が経った。日が暮れかけている。
「今日はこのあたりで野宿するしかないな」トトムが言った。
「でっふみゅーと!」ミサキが意味不明な言葉で同意した。

前方の茂みでがさがさと物音がした。トトムとミサキは緊張して身構えた。
茂みから現れたのは三人の屈強そうな男たちだった。三人とも銃を構えている。
「お前たち、何者だ?どこから来た?」真ん中の背の高い男が訊いた。
落ち着いた低い声だ。男の銃はトトムに向けられている。
トトムの足は恐怖で震えた。自分が怖がっていることをミサキに知られるのが何よりも恥ずかしかった。
「お、お前たちこそ、な、何ものだ?」トトムは精一杯強がって言ったが、声は震えていた。
「ほう」男は仲間の一人の方を向き、口をとがらせて驚いて見せた。そしてトトムを睨みつけた。
「威勢がいいな。ここで死ぬか?」男はそう言うと、トトムの胸を撃った。一発。二発。
トトムは地面に叩きつけられた。左胸に手をあててみると、手のひらが血でべとべとになった。
男が歩いてきてもう二発打ち込んだ。トトムはもう痛みを感じなかった。

トトムの耳にミサキが何かわめいているのが聞こえる。
トトムは体の自由がほとんどきかなかったが、なんとか首をひねってミサキの声のするほうを見た。
ミサキは衣服を剥がされ、背の高い男に犯されていた。他の二人がミサキの腕を押さえている。
「ア…ア…イイ…イイ…」ミサキのよがり声がドーナツ道に響く。
ミサキが言葉を…そう思いながらトトムは目を閉じた。その目が開かれることは二度となかった。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/23 11:49

  ,,,,.,.,,,,
 ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!
  """"

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/31 01:04
a

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/04 04:27
さいたまのAAきぼん

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 01:34
俺、書く。お前ら、読む4
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1067848439/l50

俺さん、いたらお願いします!

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 18:27
いっそガチで有名作品の「外伝」とか書いて練習、とかは?
ガチというか同人パロディだが。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 19:34
小説なんてノリで書くもんだろ。なんかペンはしらせてみろよ。
できたもんを修正していくんだよ。肉付けしていくんだよ。
伸ばして広げてくっつけていくんだよ。とにかく書いてみることだよ。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 16:15
>>147
バッドエンドだなw

ほっしゅ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 16:18
このスレそろそろ一周年記念なのか
なんか歴史を感じるぞ
これでDAT落ちしないSF板威圧しすぎ!

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 16:19
これ→一年もって意味ね

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 21:53
IQ低いと小説はかけないのか?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1067936430/

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/23 10:56
面白いスレだ。
しかし 101 は 57 の良さが分かっていないな。


159 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/24 17:46
>>158
というより何がしたいのかわからない・・

俺は、うぜぇ!!!にワラタ

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/28 21:25
俺書くスレとは別人だよね??

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/28 21:35
>>158
もちろん>>57がワンピースのパロだってのは判ってるんだよな?

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/01 18:04
ツトムーッ!

続編期待age

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/01 20:44
>>160
同じだよ〜
ここの人はみんな俺書くスレ知ってる?

新年gae

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/02 17:22
おいおい ツトムはどうしたんだ?

誰か! 山口ツトム ◆TOTOMUUjlM を召喚してくれ!

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/03 10:05
>>164
幸せ拳を覚えれば召喚可能DA!

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 22:58
>>161
いや、時間の流れを考えるとパクったのはワンピのほうだぞ

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 23:01
まじかよ・・・こんな純真そうな女の子がマンコを・・・

黒髪で小さな膨らみを片手で抑えながら泣きながら・・・

これはちょっとまずいよ・・・

http://pc.2ch.net/test/read.cgi/avi/1076247637/l50



168 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/10 07:34
>>166
いったいどういう理屈だ?気違いか?お前?

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/10 17:38
クソ作家には臭いがある。臭う!このスレは臭うぜ!!

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/07 14:02
続き読みたいYO

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/07 19:56
1に見捨てられた

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/07 11:16
1は忙しいんだね
待ってるよ

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)