2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■【劣化コピー猿】田口ランディ無能の叫び【Part 6】■

1 :盗作検証本もガンバッテマス:02/12/15 04:25
これは“盗作屋のランディ”こと田口けい子サンの、この先ヤバイ
“作家人生”(藁)について コッソ〜リ 相談するスレッドです。
趣味は温泉とネットストーキング・特技はコピペとウソ書き散らしという“ネット巫女”は、
いずこより暴走を重ねてここに至り、この先いずこへ消えるのか……?
 文壇のゴミ話に花を咲かせましょう!
(アッパー系電波を放出しまくるご本人と版元&狂信者による荒らしヤメレって!)

★ 前スレ:■【劣化コピー猿】田口ランディ無能の叫び【Part 5】■
   http://book.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1017045276/l50
★ 元スレ:■ネット巫女・田口ランディの人生相談「パクってナンボ」4■
   http://mentai.2ch.net/zassi/kako/1015/10150/1015070350.html
■ネット巫女・田口ランディの人生相談「パクってナンボ」3■
  http://mentai.2ch.net/zassi/kako/1006/10064/1006454742.html
■ネット巫女・田口ランディの人生相談「パクってナンボ」2■
  http://mentai.2ch.net/zassi/kako/999/999265650.html
■ネット巫女・田口ランディの人生相談「パクってナンボ」 ■
  http://mentai.2ch.net/zassi/kako/998/998626450.html
田口ランディのネット以前
  http://mentai.2ch.net/zassi/kako/980/980997867.html

●●関係リンクは >>2-15あたり
◆◆必見!ログ倉庫 ◆◆ http://oliinkai.hypermart.net/randay.shtml
  (これまでのランディの犯罪と破廉恥言動の膨大な記録倉庫です)
★検証本『田口ランディ、その「盗作=万引き」の研究」(from 鹿砦社)
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/484630468X/
  ◎『田口ランディ その「盗作=万引き」の研究』掲載URLリスト
  http://member.nifty.ne.jp/tatsushi/inpaku/urllist.html

270 :匿名希望さん:04/01/12 12:33
他人の「領土」どころか「財産」や「著作権」まで脅かす盗作猿が自己矛盾など
意に介さず、エセ社会評論で戯れ言をいってます。

http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/08.html
>人間はね、自分の領土を侵されるとものすごく不愉快なんだ。たとえほんの
>ちょっとでも、自分の縄張りに他人が侵入してくると、不快感と怒りがこみ
>あげてくるらしいんだ。特に男の人はそうらしい。
>以前に、新幹線の座席の肘置きを「二つ使った」という理由で、隣に座って
>いた人に暴力をふるった男性がいた。つまり「自分の肘置きに相手が肘を乗
>せていたから」という、それだけの理由で。いや、それだけの理由と言って
>しまってはいけないね。「肘置き」はその男性にとって自分の領地だったんだ。

なんか、他人事っぽく、男性特有の現象であるかのように書いていますが、
一年程前の「ぎょっとた」コラムでは何のことはない、新幹線で相手の肘が
はみ出していると「私は不愉快だったりする」と書いています。


他人に厳しく自分に激甘な性格と、異様なまでの忘れっぽさは相変わらず。
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200302181830000000104973000
> 人類がこんなに国家を形成し、戦いを繰り返すなら、その因子は私の中にもきっと
>ある。私が例外だという確率は少ない。新幹線で相手の肘が自分の側にはみ出すだけ
>で、私は不愉快だったりする。


271 :匿名希望さん:04/01/13 01:17
文学板の車谷スレから
----------------------------------------------------------------
546 :吾輩は名無しである :04/01/07 06:56
新潮2月新春特別号:車谷長吉「ぼんくら おわびと訂正」
なんだなんだ……?
1月号に掲載された「刑務所の裏」に、斎藤慎爾のことを
かなり辛辣に書いたところがあったが、あそこらへんにクレームでもついたのか?

547 :546 :04/01/07 13:36
斎藤慎爾云々は、はずれですた。おわびします、私もぼんくらである。
実際は、車谷に句を盗作されたとする女流俳人の抗議への謝罪文。
一応謝罪の形をとってるんだけど、最後まで読むと
おわびにも何もなってないところが笑える。さすが車谷!(以下略)

272 :匿名希望さん:04/01/15 01:30
自由って雑誌知ってる?

273 :匿名希望さん:04/01/18 09:25
黒澤プロ“パクリ”でNHK提訴 [1月17日6時8分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040117-00000021-spn-ent

昨年放送されたNHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」の第1回放送が、黒澤明監督の
映画「七人の侍」の“パクリ”だと指摘されていた問題で、黒澤プロダクションが同局
を提訴していたことが16日、分かった。同監督の長男で映画プロデューサーの黒澤久雄
社長(58)は「日本の著作権に対する考え方に疑問があり、中途半端な面を明らかにして
いきたい」と話している。

NHKが大河ドラマで訴えられるという前代未聞の事態が起きた。久雄氏は、NHKを
相手取り、損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こしたことを明らかにした。
「日本の著作権に対する考え方は、欧米に比べまだまだ中途半端。ルーズなところが
あることを国民に知ってほしい」と提訴した理由を説明。訴状の内容などについては
「法的に細かいことは弁護士と相談してから」と口をつぐんだ。

問題となったのは、昨年1月5日に放送された「武蔵」の初回。関ケ原の戦いを終えた
ばかりの武蔵(市川新之助)と親友の又八(堤真一)が、盗賊に狙われた民家を助ける
というストーリー。演出の数カ所が、黒澤監督の名作「七人の侍」に酷似していると
一部週刊誌が報じた。

その後、NHKの板谷駿一放送総局長(当時)は定例会見の中で「法的な意味で道を
外れているとは思わないが、名画からアイデアを借りた、ヒントを得たという面はある
だろう」と発言。その上で「製作した関係者の方々に敬意をこめて、事前のあいさつを
きちんとしておいた方がよかった」と述べた。

NHK側は、製作関係者が事情説明に出向き理解を求めたが、関係者によると、誠意ある
対応を求めていた黒澤プロは「ちゃんとこちらの求めに応えていない」(関係者)と判断。
放送から1年以上経過した今月16日までに、訴状を提出したという。すでにNHK側に
訴状は届いており、今後の対応が注目される。(スポーツニッポン)

274 :匿名希望さん:04/01/20 00:01
田口って結局才能あったんじゃない?
露骨なパクリさえバレなければいずれ直木賞獲ってたかもしれないし、
バレてからも食えてるようだし。

問題はその「才能」の質だけどね

275 :匿名希望さん:04/01/20 02:52
映画板の盗作「アンテナ」スレが更新されました。
     ↓

【原作は盗作絶版】アンテナ 【盗作のオコボレ映画】2
http://tv4.2ch.net/test/read.cgi/movie/1074533709/l50

276 :匿名希望さん:04/01/20 02:54
>露骨なパクリさえバレなければいずれ直木賞獲ってたかもしれないし、
>バレてからも食えてるようだし。

露骨なパクリを繰り返すのは無能の証明。
芸がないのに食えていると言う意味では、吉本興業のサンペイのほうがよほど才能がある罠。w

277 :匿名希望さん:04/01/20 04:51
>>276
それ、言えてる。
自分の言葉で言えない。
文章作れない。
何も考えられない。

278 :匿名希望さん:04/01/22 23:52
>>277
なのに作家になり食えてるってのが凄い
誉めてるわけじゃないよ 
サイテーだと思うけどある種の「才能」はあると思う
パクリがばれまくっていることを考えればパクリの才能は無いけどね

279 :匿名希望さん:04/01/24 11:58
盗作への認識が甘い読売新聞が大恥をかきますた。
----------------------------------------------------------------
読売新聞の投稿論文で無断利用の疑い受賞取り消し
http://www.asahi.com/national/update/0124/013.html

読売新聞社などが主催した少子化問題への意見募集で、14日付の同紙朝刊に
受賞作として掲載された論文に、日本経済新聞の記事とよく似た表現が多数
あることが分かった。同社は無断利用と判断して23日付で受賞を取り消した。

同社によると、問題の論文は山梨県内の大学生(23)が応募した。紙面へ
掲載後、外部から「似た記事がある」との指摘があり調べたところ、昨年7月
31日の日本経済新聞に掲載された武石恵美子・東京大学助教授の論文とよく
似た表現が多数見つかったという。

読売新聞東京本社広報部は「結果的に主催者としてのチェックが甘かった。
武石さんら関係者の方々にご迷惑をおかけして誠に申し訳ありませんでした」
とコメントしている。(01/2411:29)
---------------------------------------------------------------

280 :匿名希望さん:04/01/24 14:22
>>278
その“ある種の「才能」”が、結局のところ本人に大きな不幸をもたらした
ようにしか見えないという、皮肉な結末ですわね。
旦那に仕事を辞めさせたりしなければ、今みたいに売れなくなった(売れる
売れない以前の、量的にもロクに書けなくなったスランプ状態でもある)
としても、被害を最少限にくいとめることができたでしょうに。

281 :匿名希望さん:04/01/24 16:29
平凡社の本に無断引用 出版社と著者に謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040123-00000111-kyodo-ent

 平凡社が昨年9月に出版した横山良一著「山頭火と四国遍路」に、海鳥社(福岡市)が
同年6月に刊行した「うしろ姿のしぐれてゆくか」から無断引用した文章が計6カ所ある
ことが23日、分かった。
 平凡社は同日までに、海鳥社と同書の著者に著作権の侵害を謝罪、PR誌に謝罪文を掲載した。
海鳥社側は了承している。平凡社は「回収や絶版にはしないが、今後の出荷分には事情を説明
した紙を挟み込む」としている。
 無断引用があったのは、俳人種田山頭火を知る最後の俳人という男性へのインタビュー部分で、
計31行分。平凡社は「事情ははっきりしないが、著者は推敲(すいこう)中に誤って引用元を
削ってしまったと言っている」と話している。

(共同通信)[1月23日12時55分更新]
----------------------------------------------------------------


282 :匿名希望さん:04/01/25 16:36
2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー

不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg


佐々木史朗プロデュ ーサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

283 :朝日の映画評。猿の写真なし(笑):04/01/26 18:06
田口ランディ「アンテナ」を映画化(朝日新聞、2004/01/24)
    http://www.asahi.com/offtime/movie/TKY200401240243.html

 デビュー作「鬼畜大宴会」の過激さで話題をまき、続く「空の穴」で繊細な演出力を
見せた熊切和嘉監督の第3作「アンテナ」が、東京・渋谷のシネ・アミューズで公開
されている。トラウマを抱えた青年の魂の彷徨(ほうこう)を見すえたドラマ。自傷癖、
カルト教団、オカルト、心の病……と、現代社会の病理のサンプル集のような物語を、
緊迫感ある映像に焼き付けた。
 大学院で哲学を専攻する祐一郎の一家は、15年前の事件の影を引きずっている。幼い
妹がこつぜんと姿を消し、いまだに行方不明なのだ。父が死に、母は新興宗教に傾倒し、
弟は心を病み、家族が崩壊するなか、祐一郎は妹を救えなかった罪悪感に苦しむ。
 田口ランディの同名小説の映画化。初の原作ものに挑戦した熊切監督は「オリジナル
より楽だと思ったら大間違い。原作に引きずられて、映画としての軸を見いだすのに
苦労した」と振り返る。
 困難な脚本作りに道を開いたキーワードが「魂のカンフー」。迷える祐一郎がSM
クラブの女王ナオミに導かれて新たな地平へ踏み出す姿を、武侠(ぶきょう)映画の
修行者と達人の関係に重ねた。
 「ありえないようなジャンルの構造を流用するのはよくやる手。主人公が困難を克服
して現実を受け入れるまでの戦いは、精神のアクション。頭で世の中を理解しようとして
いた青年が肉体で真実を勝ち取っていくところも面白い」
 激しい責めを受けることで自己解放していく祐一郎に若手実力派の加瀬亮。繊細な
たたずまいからは想像もつなかい感情の奔流を全身で演じた。
 「熊切監督とは、初対面の日に家に泊めてもらうほど波長が合った。信頼できる相手
だから、あそこまで自分をさらけ出すことができた」と加瀬。帰国子女として思春期に
味わった疎外の痛みもよみがえる「痛い物語」だったという。
 「でも、演じてみたら祐一郎の強さがわかった。苦しくても、困難から逃げない。
僕がそうだったように、この作品が何かを乗り越えるきっかけになればうれしい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

284 :匿名希望さん:04/01/26 22:45
>>278
凄い、んじゃなくて、目を覆いたくなるような全体的レベル低下と
モラル低下がそもそも問題なんじゃん、という話なんですけどね。

他の人がやってるから、っていう
悪しき平等主義は唾棄すべきだろう、というだけのこった。

作家じゃねーよ。作れてねーんだからよ。

285 :匿名希望さん:04/01/27 06:21
いやランディがなぜ叩かれるのかはわかってるし、叩かれて当然だと
思いますよ。
ただ、他人の作品を劣化コピーした程度のものを商品として編集者
に認めさせた、その営業力や人脈、ハッタリのかまし方に「才能」
があって「凄い」のでは? という話です。出版社の助けも大きい
でしょうが、出版社をその気にさせたのもランディの話題性(兄の死
とか)あってのことでしょうし。

「 」をつけていることからもわかるように、正の意味で凄いとか
才能があるといってるわけじゃないですよ。


286 :匿名希望さん:04/01/27 11:02
林真須美はすごいとか宅間守はすごいとかそういう論理ですね。>285

287 :匿名希望さん:04/01/27 12:09
そうです。宅間も林も「凄い」。
良い/悪い、好き/嫌いとは別の次元で判断すればそうなるということです。
もちろん田口など好きではないし擁護する気などさらさら無いです。

288 :匿名希望さん:04/01/27 12:11
田口がこのスレで話題になっているのも「凄く」最低だからでしょう。

289 :匿名希望さん:04/01/27 23:53
文学板の新スレです。

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラ Part25
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1075211641/l50

こちらもよろしくお願いします。

290 :匿名希望さん:04/02/17 09:15
大阪での「アンテナ」上映宣伝イベント、必死にやってますな。
アンテナと何が関係あるんや、赤犬は……と小一時間。
http://www.bls-act.co.jp/news/domestic.html#akainu

けれども宣伝イベントに盗作猿がまったく呼ばれないというのは
ちょっとした事件だね。だって盗作絶版とはいえ原作者だからな。

291 :匿名希望さん:04/02/28 17:33
347 名前:吾輩は名無しである :04/02/28 17:10

これってランディと、そのストーキング行為で自殺に追い込まれた人との
哀しい寓話でつか……?

『ちび象ランディと星になった少年』
坂本 小百合著 文春ネスコ刊 \1,300
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?bibid=02415157&aid=ex
----------------------------------------------------------------
349 名前:吾輩は名無しである :04/02/28 17:15
田口ランディ って、最近太ったの?
----------------------------------------------------------------
350 名前:吾輩は名無しである :04/02/28 17:25
ランディは昔から子象のようだったよ。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg

★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー

★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg

★佐々木史朗プロデュ ーサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

292 :匿名希望さん:04/02/29 01:23
書籍板の盗作猿監視板が新しくなりました。
春がきて、産廃汚物に涌く蛆虫のように、盗作猿の中途半端な作品群が
続々と出版されるようです。 監視のほうも力を抜けません。

★産廃物&盗作屋・田口ランディ監視スレ Part55★
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1077980245/l50

293 :匿名希望さん:04/03/01 07:11
///////////////////////////////////////////////////////////
日刊ゲンダイが1面2面で特集

1面(カラー) http://ahiru.zive.net/joyful/img/901.jpg
2面 http://ahiru.zive.net/joyful/img/902.jpg

YBB恐喝容疑者は創価学会元幹部: 竹岡誠治
現在、聖教新聞社広告部長(記事より)。

また、共犯の湯浅も創価学会員 (記事より)
竹岡の息子は、創価学会本部職員

選挙活動・布教活動に使えるので、YBBの加入者名簿に目をつけた
////////////////////////////////////////////////////////////
2月26日の赤旗は、竹岡容疑者の顔写真を1面で公開
http://ahiru.zive.net/joyful/img/900.jpg
////////////////////////////////////////////////////////////
3月1日発売の週刊ポストは、「選挙目的」でYBB加入者名簿が(創価に)入手された可能性を指摘
http://ahiru.zive.net/joyful/img/914.jpg
//////////////////////////////////////////////////////////


294 :匿名希望さん:04/03/03 23:22
娼文社ウェブの盗作猿と極左クズレの鼎談:http://www.shobunsha.co.jp/html/tyosya/

──ランディさんは物を書いている1つの基盤にお兄 さんの死があるんですよね。
肉親の死であると同時に 絶対的な他者というか死者というか、そういう存在として
お兄さんがある感じがしたのですが。

田口 肉親の死はあるていど了解可能なの。兄の鎮魂なら私はできます。
そうではなく、地球のどこかで身も知らぬたくさんの人たちが、何かとてつもない
巨大なものに押しつぶされて、いきなり殺されてしまうよう な状況がある。
-----------------------------------------------------------

自分が追い込んで殺したも同然の兄貴について「肉親の死はある程度
了解可能なの。[←そりゃそうだろテメエが追い込んだんだから]
兄の鎮魂なら私はできます」という言い分は、死人に対する最大の侮辱だろ。
それにランディとその盗作で商売しようとした幻冬舎や筑摩などの「巨大なものに
押しつぶされて、いきなり」作家として“強盗殺人”に遭った人々のことは
配慮できないようだな。すくなくともランディは現実に、作家のT氏を死に追い込んでいるし。
その作家T氏が自殺したのちに。「あいつはあたしのことを本当は好きだった」
と自己愛性の病的な”勝利宣言”を公表していたのもランディだし……、

295 :盗作猿は「レヴィ」ストロースも悪食してたね:04/03/04 01:04
■■■田口ランディのコラムマガジン■■■ 2003.9.03
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000135.html
----------------------------------------------------------------------------
「ゲテモノ喰い」
(中略) しょせん私なんて生きていてもしょうがない。他人から必要とされて
いると思えない。自信が持てない。こんなめんどくさい日々を過ごすくらいなら
生きていない方が楽なんじゃないか。死んでも生きても同じような気がしてくる。
「ダメだ。私はウツだ」  どうしようもなくなって、私は友人に電話した。
 この友人は気功とか整体に精通している。国立大学の物理学科を卒業した秀才だけ
れど、なぜか世界放浪の末に中国の気功師に弟子入りし、翻訳の仕事の傍ら人間の身
体の研究に没頭しているのだ。「ヤバイ。私は鬱だよ。生きているのがめんどうで
たまらない」 友人は電話の向こうで「またか〜」という顔をした(のが伝わった)。
「それは困りましたね、でも、たまには鬱状態を楽しむのもいいのでは?」
「楽しむなんて、そんな気持ちになれないよ」
 古い友人である彼は、私のことをよく知っている。なぜかと言えば、彼は私の元カ
レなのだ。人生のある時期、私たちはたくさんエッチをしてたくさん旅行した。たく
さんお酒を飲みたくさんケンカした。いまや良い友達……というよりも兄妹のようだ。
「だいたい、ランディが鬱になるのは、脳の肝硬変の時です」 (中略)
【つづく】

296 :盗作猿は「レヴィ」ストロースも悪食してたね【続き】:04/03/04 01:05
【つづき】

「なんて言ったらいいのかな。あなたが自分の生活の原動力にしているのは、他者な
んだ。それも違和なる他者。自分とは違うもの。あなたは人間を食べるタイプの人な
んだ」
  恐ろしいことを言う。
 「レヴィ・ストロースという文化人類学者が面白いことを言っている。人間には二つの
タイプがある。人間を食べる人間と、食べない人間。それでいくとあなたは前者のタイプ」
 「それって、人食い人種の子孫ってことかいな?」
「直接的だなあ。もっと言葉をぼんやり受け取ってよ。あなたが最も得意とするのは、
特にアクの強い人間を自分の中に食らい込んで、それを取り込み生命エネルギーに変
換する……みたいなことなんだな。早い話がゲテモノ食い。それが最近、ステーキみ
たいな欲望ののりきった人間とばかり会っているから、体内エネルギーが過剰になっ
てるんだよ」  (以下略)

297 :匿名希望さん:04/03/04 07:16
>>294
>娼文社ウェブの盗作猿と極左クズレの鼎談

老婆心ながら申し上げておきますが、「鼎談」って3人で話すことですよ。

298 :294:04/03/06 10:37
>>297
ご忠告感謝。 いま辞書で確認しました。
あなたのご忠告がなければ、このまま間違い続けるところだった。
ありがとうございます。

299 :匿名希望さん:04/03/06 10:50
自作自演して訂正レスしてるー

自分で馬鹿晒しageしてどうする?

300 :匿名希望さん:04/03/06 14:52
ヤフーBB事件を追う

赤旗日曜版3月7日号 YBB特集号 絶賛発売中
http://www.jcp.or.jp/akahata/week/
■ヤフーBB事件の闇・恐喝未遂で逮捕された創価学会の幹部

 インターネット接続業界第一位の「ヤフーBB」で起きた、
史上最大の452万人もの顧客情報流出事件が衝撃を与えています。
流出規模の大きさとともに、流出したデータを悪用して会社を恐喝しよう
とした容疑者の正体が意味するものは。大手新聞が書かないタブーを報じています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/week/sunday3-7top.jpg (竹岡容疑者の顔写真など)

購入について〜各地区委員会にいけば、購入できる
(東京都内の地区委員会)
http://www.jcp.or.jp/jcp/address/tiku_add/tokyo_.html
(全国都道府県別の地区委員会)
http://www.jcp.or.jp/jcp/address/tiku_add/
http://www.jcp.or.jp/akahata/address-sokyoku.html

国会で、もっと取り上げて欲しいかたは、各議員に電話・メールしる!

衆議院議員9名:
http://www.jcp.or.jp/diet/syu-giin.html
参議院20名:
http://www.jcp.or.jp/diet/san-giin.html

450万人のユーザーが注目する事件なので、貴誌でもトップ面で特集すれば売れますよ

301 :匿名希望さん:04/03/06 18:33
文学板でコテハンの美香さんから貴重な報告あり――
------------------------------------------------------------
439 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/06 13:46

どうも、お久しぶりです。
過去ログはまったく読んでいないので既出だったらごめんなさい。
あと流れも読めていないです。

ランディさんが「サントリー・クォータリー」という雑誌に書いた
短編小説「いま、ここにある聖なる時間」についてです。
これって村上春樹「回転木馬のデッド・ヒート」に収められている
短編小説「プールサイド」にやたら似ているんですけど……。
春樹のは35歳で人生の半分だと気づく。
ランディのは36歳で人生の半分に到達したと考える。
このぐらいだったら許されるのかな。盗作といえるかは不明。
きっと春樹の小説を読んだランディさんの友達が、
その話をそうとはにおわさずにランディさんに話したのを使った、
このぐらいの好意的な解釈はしてあげてもいいかもしれないけど。
わたしは「いま、ここにある聖なる時間」を読んだとき、
あ、ぱくりだ、またランディさんやっちゃったのねと苦笑いしました。
以上、報告終わります。既出だったらすいません。
------------------------------------------------------------

ちなみに盗作猿の本件の仕事先
http://www.suntory.co.jp/enjoy/quarterly/index.html
(サントリー宣伝部を籠絡か?)

302 :匿名希望さん:04/03/07 13:30
ランディのメルマガ、毎週発行を謳い文句にしていたのに、盗作監視が
厳しくなって書けなくなり、5か月ぶりに出たと思ったら、メルマガ撤退宣言だった。
----------------------------------------------------------------
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000104973
>■終了のごあいさつ
> 田口ランディです。メール読者のみなさま、私のメールマガジンはこの回をもって
>終了となります。ほんとうに長い間、ご愛読をありがとうございました。
----------------------------------------------------------------

303 :匿名希望さん:04/03/07 14:58
ランディこと田口けいこの性格や行動にも勿論問題がありますが(常習盗作癖、
詐言癖、言葉なぶりによる仲間などへの虐待など)、むしろこういう問題人物を幇助して
犯罪的な行為を増長しつづけてきた出版社の編集者などの責任が問われるべきだと
思います。現在では、晶文社・文藝春秋・朝日新聞出版局・角川書店などの
ランディ担当編集者が、彼女のご機嫌をとることで、犯罪を煽っているわけです。

ランディとは直接関係ないけど、今、下山事件のルポをめぐって週刊朝日
編集部が森達也氏の原稿から大々的なパクリをした挙げ句に卑劣な
隠蔽工作までしていたことが、出版&ジャーナリズム方面でかなり話題に
なってます。

(週刊朝日の盗作騒動については、下記の有田芳生のHPの一番下を
参照してください。 http://www.web-arita.com/sui043.html
詳細は下記を参照。

「葬られたのは誰か?」――週刊朝日の“下山事件”真相追究報道をめぐって浮上した疑惑
http://www.asyura2.com/0401/war48/msg/963.html

このように、盗作に関して最も悪質なのは、今現在は朝日新聞の出版局
なのではないかと思うのですが、そういう連中の責任が追及されない
かぎり、第二、第三の盗作猿は懲りずに現れるでしょうし、いい気になって
他人に迷惑をかけるでしょうね。

304 :匿名希望さん:04/03/13 17:09
昨晩の日本テレビ「きょうの出来事」の特集が「若い女性の着物ブームにせまる」。

いま若い女性(←これがポイント)の間でなぜ着物がブームかというと、
二束三文の値段で大正時代や昭和初期の中古着物が大量に流通し始めて
いるから、というのが真相だとのこと。某呉服商がブックオフに入ったときに
「この商法を着物でやれば大当たりするぞ!」とひらめいて、ジジババの
タンスのコヤシになっていた着物をまったくの二束三文で買い取って
それに若干のマージンをつけて大量に売りさばいているのが実態。
つまり、盗作猿がいまごろになって猿踊りしている「昭和モダンの着物」
というのは、まともに呉服を揃える経済力とは無縁の、ゴスロリには
なれないけどチョット変身したい平凡少女たちが、貧乏故に群がっている
という、じつは浅ましい現象なのであった。w
つまり食文化における(10年前の不況突入期に大ブームになった「モツ鍋」
フィーバーと本質的には変わらない、チョット情けない現象だというわけです。)

ランディ、おまい40代も半ばなんだから、貧乏な女学生みたいに昭和モダンの
中古布まとって喜んでんじゃねえよ。w

305 :匿名希望さん:04/03/21 20:52
盗作猿が最後の砦、ダサヒ新聞出版局の矢坂信者を籠絡して連載開始。

----------------------------------------------------------------
243 :無名草子さん :04/03/20 23:04
今発売中の小説トリッパーに
田口ランディ
読み切り100枚
「この夕暮れに、呼びあうもの」
と言うのが、掲載されているのですがガイシュツ?(以下略)
----------------------------------------------------------------
246 :無名草子さん :04/03/20 23:21
漏れも今日偶然小説トリッパー見たよ。
内容は読む気しなかったけど、「新連載」だってさ。
ま、季刊だけどな。
----------------------------------------------------------------
247 :無名草子さん :04/03/20 23:30
なるほど。月刊の連載が二つ減って(「海のアリア」と晶文社のやつ)、
季刊の連載を一つ増やした、と。
しかし、「小説」の連載を、あのランディにやらせるんですか?
ちくまウェブでは最初の二回だけ書いたのはいいけど、その後一年間も
続きを書けずに放ったらかしという、驚異の実績を誇るランディさんに……。
----------------------------------------------------------------

306 :匿名希望さん:04/03/21 20:52
小説盗リッパーの新連載小説のプロット

----------------------------------------------------------------
249 :無名草子さん :04/03/20 23:39
(中略)
就職浪人をしていて、たまたま飲み屋で知り合った鍵屋の社長にアルバイトに誘われ、
ピッキングの技術を学んだ主人公は、その技術で他人の住居に侵入し、その部屋で住む
住人達の生活感を感じることを趣味にしていたのだが、ある日入った家で、虐待されている
女の子を見つけてしまう。
自らも幼いときに実母が家を出ていってしまってから一時的に、父親から虐待を受けていた事が
あった主人公は、少女の存在を無視しようとしたがそれが出来ずに、幼女の保護者の留守を
狙って、幼女の様子を見に行き、食事や怪我の治療、排出物の処理を行うようになるが、
空き巣の噂が立ち始め、その噂を聞いた主人公の雇い主が苦悩していると言うことを飲み屋のママさん
から聞いて、主人公は飲み屋のママさんに事実を話し、ママさんの説得で虐待の事実を警察に
通報し、これからは不法侵入はしないと誓った上で、自らも鍵屋を辞める。
新たな就職先を探す中で、別の鍵屋の面接を受け、経験者という事で内定寸前までいったが、
以前の勤め先に連絡を取ったときに「彼は鍵屋に向いていない」と言われ、その話しもなくなる。
自暴自棄になったところで、虐待されていた少女の事が気になり、主人公は少女いる部屋に向かう。
しかしそこで主人公が見たものは…
----------------------------------------------------------------

307 :匿名希望さん:04/03/21 20:53
はやくも盗リッパーの小説に既視感が漂い始め……

----------------------------------------------------------------
252 :無名草子さん :04/03/21 00:04
>>249
うーん。筒井氏のエッセイをほんのり思いだしたです。
鍵屋というのは、その気になれば他人の住居に侵入し放題という職業で、
その性質を生かした小説を書きたいと思ったけど、結局書かなかったとか
何とかいうやつ。
それに乱歩の「屋根裏の訪問者」と、流行の虐待ネタをからめたような感じ?
しかし、あらすじを読んだだけでも、ちょっと苦しいじゃないかな?と
思われる箇所が……。
>空き巣の噂が立ち始め、その噂を聞いた主人公の雇い主が苦悩していると
>言うことを飲み屋のママさんから聞いて、
主人公は空き巣もやってたのか、盗みはしないまでも部屋の中の物をいじって
移動させたりしていたのか。主人公の雇い主が苦悩したのはまあ、主人公を
疑ってのことでいいとして、それを飲み屋のママにしゃべったりするのかとか。
筆力のある人なら、読者にあまり疑問を感じさせることないように書けるかも
しれないけど、あのランディにできるかな?
----------------------------------------------------------------

308 :匿名希望さん:04/03/21 20:53
ネタがネタだけに社会問題に発展する予感……

----------------------------------------------------------------
254 :無名草子さん :04/03/21 00:14
ここもちょっとわからない。
>これからは不法侵入はしないと誓った上で、自らも鍵屋を辞める。
> 新たな就職先を探す中で、別の鍵屋の面接を受け、経験者という事で内定
>寸前までいったが、
>以前の勤め先に連絡を取ったときに「彼は鍵屋に向いていない」と言われ、
>その話しもなくなる。
就職浪人がバイトで鍵屋をやっていたはずが、バイト先じゃなくて就職先として
鍵屋に面接に行ったと? それならそれで前の鍵屋を辞めなきゃよかったのに。
責任をとって辞めたと言うけど、鍵屋自体は辞めたくなくて、別の鍵屋で働くのは
オッケーという判断なんでしょうか。
文章力のある人ならともかく、ランディがこのプロットで書いた日には、
わけわからない小説になりそうなんですが……。
----------------------------------------------------------------
266 :無名草子さん :04/03/21 20:22
児童虐待の発見と通報、というのはネタとしては
まことにタイムリーで、それゆえ他人の不幸をネタにするという
ランディの常習的な行動パターンを考え合わせると、
ヘドが出るほど“あざとい”のだが、実際問題として、
これは短編でさらりと書いたりお気楽な価値観を押しつけてハイおしまい、という
題材ではないだろう。現実に家庭内の虐待にどう対処するか、日々、頭を抱えている
行政関係者がたくさんいるわけだから。
無責任なことを書いているなら、これはちょっとした社会問題になるかも知れないな。
矢坂編集者も当然そこまでのことを考えたうえで書かせているんでしょうが……。

309 :匿名希望さん:04/03/23 12:18

育児板でランディの“テクスチュアル児童虐待”を論じたいと思います。

【盗作の次は】田口ランディ【児童虐待ネタでオフザケ】
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/baby/1080011454/l50

310 :文学板からご案内:04/03/30 19:49
文学板は粘着荒らしの久々の“原爆荒らし”で
わずか2週間で前スレが消耗され、新スレに移行しました。

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart27
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1080642140/l50

ランディ御本人が来てる模様……。
「ランディがどうすれば気がすむのか教えてくれる? 」というカキコの
実態は如何? 連続荒らしも自分がやったことを白状しているような
ものなのに。 ……激情発作でそういう判断すらできなくなってるようです。

311 :匿名希望さん:04/04/01 22:35
また文壇の産廃汚物猿が精薄オトナ相手にウソ吐いてるよ。(苦笑
----------------------------------------------------------------
http://www.randy.jp/goreturn.html
2004年3月30日
■言葉で伝えるってこと
田口ランディ
今泉さま
(中略)
「プレゼント」って言葉、あるでしょ。
これって不思議だなあって思うの。プレゼントって、ようするに「pre- sent 」っ
ことなのだよ。
「プレ-あらかじめ」「セント-送る」
私が、手にするプレゼントは、つまり誰かが私の知らないところで、
私のために選んで送ってくれたもの。それが私が手にすることのできる「プレゼント」。
つまりさ、すべて私が受け取るものは、「あらかじめ」「送られている」んだよ。
----------------------------------------------------------------

ハア? present =「プレ-あらかじめ」+「セント-送る」だって〜?w
だからバカは救いようがない。高校英語のレベルでも充分トンデモだってわかることなのに、
怠け者でウソ吐きだから、平気でウソをつく猿。w 
大体「セント-送る」ってなんじゃ?> 中学英語からやりなおしだよ、こいつは。w 
語源をその辺の辞書で比べりゃ一目瞭然だっての。
presentはラテン語 praesens (pres.p.) に由来し、「プレ」は「とりあえず空間的に前、目の前」
を意味し、「セント」は「存在する(esse)」の過去分詞「sun」、つまり「現にここに存在する」と
いう意味の「praeesse →praesent」が本旨なわけで、だから現物呈示や「表象」を「presentation」
と言い、現在形を「present tense」というのに、猿には想像もできないんだろーな。w
一方、send は古英語の「sendan」に由来する北方系の言葉で原義は「前に出す、前にいく」だし、
同系の言葉としてはドイツ語の「senden」が「送る」という意味で今も使われている。
……「“あらかじめ送られてる”んだよ」とは、ウソ吐き妄想猿のとんでもない勘違いってわけダヨ。w

312 :匿名希望さん:04/04/11 09:20
age

313 :匿名希望さん:04/04/22 14:15
保守age

314 :匿名希望さん:04/04/22 19:22
>>311

うひゃあ、相変わらず恥ずかしいことしてんだなあ。

315 :匿名希望さん:04/04/25 19:57
文学板の新スレです。

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart28
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082889068/l50

こちらもよろしくお願いします。

316 :匿名希望さん:04/04/25 20:00
ついでに、文学板の前スレから。
------------------------------------------------------------
969 :他スレからコピペ :04/04/23 11:26
148 :吾輩は名無しである :04/04/23 10:34
文藝春秋からのインサイダー情報だけど、
編集者がランディ押しつけられて半狂乱になってたんだけど
ようやくオール讀物からもカットできたって喜んでたよ。

970 :吾輩は名無しである :04/04/23 18:13
>>969
その編集って山田?

973 :吾輩は名無しである :04/04/24 00:28
>>970
>>648にコピペされている、この書き込みが正しいとすれば、
>>969の人は山田氏じゃなくて、彼にランディを押し付けられた気の毒な人。

》364 :無名草子さん :04/04/06 21:01
》置いてくれる書店と置いてくれない書店が露骨にわかれてるらしいよ(w
》「うちはそういうのはちょっと…」という反応が多くて営業が困ってるらしい。
》あと、連載時の担当はY田だけど、単行本の担当からは逃げたみたい。
》よっぽどいやだったんだね。ゲラゲラゲラ

317 :匿名希望さん:04/04/25 20:01
(>>316続き)
これだけだったら判断に迷う所だけど、荒らしちゃんもいっさい否定してどころか、

>673 :吾輩は名無しである :04/04/07 11:20
>雑誌編集部と書籍出版部で、担当が違うのは当然だろう。バーーカ。
>零細企業の人?  きみら。
>大手の出版システム、知らねーーだろう。気の毒に。
>早く、本屋回りに走れ、
>走れ、
>走れ。

974 :973 :04/04/24 00:32
【誤】荒らしちゃんもいっさい否定してどころか、
【正】荒らしちゃんもいっさい否定していないどころか、
スマソ。

まあ>>673の書き込みが「担当が違うことも当然あるだろう」だったのなら
まだしも、「担当が違うのは当然だろう。バーーカ。」ってのは……。

318 :匿名希望さん:04/05/01 05:51
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/dokusho/news/20040425ddm015070129000c.html
先週日曜日の毎日新聞の読書ページ下隅の、珍しい人が本を出すと「話題の著者」と
して紹介する(だから職業作家なんか滅多に登場しない)コラムに盗作猿が紹介されて
いたので、毎日新聞文化部は狂ったかなと思ってたんだけど、案の定、盗作猿をもてはやす
ほどの「盗作病」に蝕まれていたことが発覚しますた。w

----------------------------------------------------------------
毎日新聞(2004年5月1日朝刊、22面)
【おわび】
別刷り「日曜くらぶ」に連載した「ロバート・キャパ 知られざるその素顔」
の2月8日付第17回《崩れ落ちる兵士》から《身を置き切れなかった……》
までの29行、3月21日付第23回《もちろん、これは自らの死を》から
《「つぶやき」だったに違いない》までの10行は、沢木耕太郎の著書
「不思議の果実 象が空をU」(文春文庫)所収のエッセー「三枚の写真」
からの引用に基づくものでした。引用の事実および出所を明示しなかったこと
について、沢木氏および文藝春秋、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを
おわびいたします。
----------------------------------------------------------------



319 :匿名希望さん:04/05/01 10:22
>>318
キタ━━━━━━(゚∀゚(゚∀゚逮∀゚)逮∀゚)━━━━━━!!


263 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)